FC2ブログ

大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

ウルトラマンルーブの新作ソフビをフラゲ!(ホロボロス)

明日発売の、ウルトラマンR/B(ウルトラマンルーブ)の新作ソフビをフラゲしました。
今回は怪獣1種類が発売となっています。

ウルトラ怪獣シリーズ ホロボロス
ウルトラ怪獣シリーズ 95 豪烈暴獣ホロボロス
ウルトラマンR/B第10話「湊家の休日」にて初登場した、哺乳類のような姿をした怪獣です。
愛染マコトが使用した怪獣クリスタルにより召喚され、ビルの真上に出現。
その素早い動きでロッソやブルを翻弄しつつ、爪などで行う攻撃「メガンテクラッシャー」で圧倒し、
更に光線を何度受けても倒れない強靭さも兼ね備えた強敵です。

ウルトラ怪獣シリーズ ホロボロス0
ウルトラマンルーブで初登場となる新怪獣が、定番ソフビとして登場です。
第10話では四足歩行で目が白く輝いている姿でしたが、今回商品化されたのは第11話に登場予定の、
目が赤く輝いて二足歩行になっているスタイルの方ですね。
なので獣人のようなフォルムになっており、このタイプの新怪獣はかなり久しぶりな気がします。

ウルトラ怪獣シリーズ ホロボロス1
横から。
ブルーの体に白い体毛、そしてオレンジ色の爪など結構派手なカラーリングです。

ウルトラ怪獣シリーズ ホロボロス2
背面です。
体毛のディテールは結構いい感じに造形されています。

ウルトラ怪獣シリーズ ホロボロス3
可動箇所は両腕、腰、尻尾と結構多めでした。
ボリュームも怪獣型にしてはそこそこありますし、早くも結構気に入っています。

ウルトラ怪獣シリーズ ホロボロス4
以上がホロボロスの軽いレビューです。
明日はこの二足歩行スタイルでどれだけの活躍を見せてくれるのか、楽しみですね~。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|22:13

ウルトラマンルーブ 第9話&第10話感想


台風の影響で職場が滅茶苦茶になってしまい、その片付けなどに追われていたのでブログを更新できませんでした。
ウルトラマンR/B(ウルトラマンルーブ)、
先週に第9話「ウルトラマンの名のもとに」、昨日に第10話「湊家の休日」が放送されました!

第9話は愛染マコトが変身したウルトラマンオーブダークノワールブラックシュバルツへのリベンジマッチということで、
湊兄弟の猛特訓(主にカツ兄のノリノリっぷり)が中心となりましたね。
やはりロッソもブルも「人間ウルトラマン」なだけに、特訓をするとその分強くなれるのが特徴の一つ。
古くは帰ってきたウルトラマンやウルトラマンレオなどでも見られましたが、
勝てない強敵を越えるために体を鍛えて活路を見い出す流れは実に王道です。

コンビネーション攻撃や光線技の命中率を上げ、更に武器の使い方までマスターする。
ただ闇雲に鍛える訳ではなく、全てのトレーニングがウルトラマンとして戦う時に有効的なメニューばかり。
この辺りは野球の訓練などでお得意としているカツミと、鋭い分析力を持つイサミの合わせ技といった所でしょうか。
そしてアサヒが導かれて辿り着いた先には、ウルトラマンビクトリーのルーブクリスタルが。
こうして新たな力も手にし、リベンジマッチへの下準備が丁寧に描かれていたと思います。

一方、愛染マコトはマッチポンプめいた活躍を人々に見せ付けるヒーローにあるまじき行為を連発。
自作自演でヒーローを演じるその姿はウルトラマンには程遠く、精神的にはロッソやブルの方が圧倒的にヒーローらしいです。
(汗染みTシャツを本当に買って、有効活用していた律義さには笑いましたが)
リベンジマッチでも圧倒的な強さを見せたオーブダークノワールブラックシュバルツでしたが、
ウルトラマンロッソはグランドへと変身、重力波とブル ウインドの同時攻撃で遂に敗れ去る愛染マコト!

オーブリングNEOは湊兄弟の手へと渡り、第10話の冒頭ではゴメスを相手にロッソがスペリオン光線を発射。
ブルもグランドへと初変身をし、苦戦をしながらもゴメスを撃破、そして人々からは声援が・・・
まだまだ未熟ながらも、二人もすっかりウルトラマンとして受け入れられているようですね。
しかしただ一人、それを見逃せないのが愛染マコト。
今回は二人が本当にウルトラマンとして相応しいかどうか、採点をしようと企んでいるようですが・・・?

一方、湊家は4人でピクニックに。
久しぶりの息抜きを満喫する湊兄弟でしたが、ここでもさり気なく怪しさを振りまくのが妹のアサヒ。
ウシオの回想でようやく過去の姿が登場したアサヒでしたが、赤ん坊の頃には知らないはずの記憶まである様子。
これまでの言動を見ていると、やはり母親であるミオの記憶を一部受け継いでいるとしか思えないのですが・・・?
(特に2話のイサミを助けようとする件のセリフがそれっぽい気がします)

そんな湊家の前に現れ、カツミとイサミを挑発しに現れたのは愛染マコト。
二人に美味しい就職話を持ち掛けるなど、その地位を活かした嫌らしい誘惑も躊躇しないようですね。
(当たり前ですが、二人からは真っ向から断られてしまいましたが)
そして「採点」をするべく、ジャイロとクリスタルを使って新怪獣である豪烈暴獣ホロボロスを召喚!

ホロボロス、動き辛いであろう四足怪獣ながら、その素早さを強調した演出が素晴らしいですね。
ビルの上に乗っかったり、ビルを盾にしつつウルトラマンが見失うほどの速さで移動したりと猛獣感が凄い!
飛び道具は一切使わず爪や尻尾などでスピーディーに攻め、尚且つ光線技を物ともしない高い防御力を誇る。
小細工無しに強く、狼やライオンなどを彷彿とさせるデザインもTHEケモノ怪獣といった印象です。
本作の中ボス的なポジションでもありますし、やはり新しい上に強い新怪獣は良いですね。

ロッソとブルもすっかり翻弄されてしまい、遂に敗れ去ってしまったのを見て愛添マコトは本調子に。
ウルトラマンオーブを彷彿とさせるセリフ、そして演出の連発・・・さすがに変身場所までは全く同じではありませんでしたが。
それでいて独善的であり、クレナイ・ガイには程遠い性格であるこの男。
果たして、ウルトラマンオーブダークノワールブラックシュバルツは筋書き通りにホロボロスを倒せるのでしょうか?
次回はホロボロスに変化が訪れるほか、新キャラクターである美剣サキが遂に初登場です!



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|16:33

ウルトラマンルーブの新ソフビをフラゲ!(ロッソ グランド、ブル グランド)

明日発売の、ウルトラマンR/B(ウルトラマンルーブ)の新作ソフビ人形をフラゲしました。
今回は2種類が同時発売となっています。

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンロッソ グランド
ウルトラヒーローシリーズ 60 ウルトラマンロッソ グランド
湊カツミが、ルーブジャイロにウルトラマンビクトリーのルーブクリスタルを装填して変身した姿です。
土の属性をエネルギーとし、超パワーで敵を倒す怪力戦士でもあります。
主な必殺技は「グランドエクスプロージュン」など。
「纏うは土、琥珀の大地!!」

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンロッソ グランド0
ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンロッソ グランド1
本編登場に合わせて、ロッソの新タイプが定番ソフビ入りとなりました。
火、水、風と来て最後は土・・・これにて四大属性コンプリートですね。
基本的な仕様はこれまでのロッソと変わりなく、下半身以外が新規造型です。
ブルのウインドと同様に、グランドはロッソが中心に使用することになりそうですね。


ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンブル グランド
ウルトラヒーローシリーズ 61 ウルトラマンブル グランド
湊イサミが、ルーブジャイロにウルトラマンビクトリーのルーブクリスタルを装填して変身した姿です。
土の属性をエネルギーとし、超パワーで敵を倒す怪力戦士でもあります。
主な必殺技は「アースブリンガー」など。
「纏うは土、琥珀の大地!!」

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンブル グランド0
ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンブル グランド1
続いてはブルのグランドです。
こちらも基本的な仕様は今までのブルのソフビと同じ。
こういう風にブロンズカラーであるウルトラマンは数が少ないので、ちょっと新鮮な気持ちになれます。
ブル グランドはロッソより後に登場するみたいですね。

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンブル グランド2
最後は兄弟の四大属性タイプを並べて〆。
以上が新作ソフビの軽いレビューです。
さあ、明日は新しい姿でオーブダークノワールブラックシュバルツにリベンジなるか!?



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|18:50

プレミアムバンダイ限定商品ラッシュ!(ゴジラやウルトラマンルーブなど)

ウルトラレプリカ エボルトラスターブラストショット
http://p-bandai.jp/item/item-1000127223/

ウルトラレプリカ エボルトラスター&ブラストショット
発送予定:2018年12月
税込価格:10800円
◆商品内容
・エボルトラスター…1
・ブラストショット…1



フィギュアーツ ウルトラマンブル ウインド 予約
http://p-bandai.jp/item/item-1000127788/

S.H.Figuarts ウルトラマンブル ウインド
発送予定:2019年5月
税込価格:5400円
◆商品内容
・本体
・交換用手首左右各4種
・ルーブスラッガーブル
・交換用カラータイマー



ウルトラフュージョンカードEX
http://p-bandai.jp/item/item-1000127252/

ウルトラフュージョンカード コンプリートセットEX
発送予定:2019年1月
税込価格:4995円
◆商品内容
・ウルトラフュージョンカード…32枚



DXオーブダークカリバー
http://p-bandai.jp/item/item-1000127915/

DXオーブダークカリバー
発送予定:2019年1月
税込価格:4860円
◆商品内容
・オーブダークカリバー…1



モンスターアーツ キンゴジ予約
http://p-bandai.jp/item/item-1000126571/

S.H.MonsterArts ゴジラ(1962)
発送予定:2018年12月
税込価格:9936円
◆商品内容
・本体
・光線エフェクト
・専用台座一式



怪獣番外地 バラゴン
http://p-bandai.jp/item/item-1000128373/

怪獣番外地 地底怪獣(バラゴン)
発送予定:2019年1月
税込価格:6499円
◆商品内容
・地底怪獣(バラゴン)
・フランケンシュタインの手




という訳で、ここ最近にプレミアムバンダイで予約開始となった商品の中から、
個人的に気になるものをピックアップしてみました。
(要するにメモ代わりということで)
一気に取り上げたので凄い量になっていますけど・・・w

担当者が変わったのであろう、やたら気合の入っているウルトラレプリカからはウルトラマンネクサスが抜擢。
エボルトラスターは当時の玩具が劇中と異なる変身音だったので、それだけでも買う価値がありそうです。
ウルフェスにもサンプル品が展示されていましたけど、かなり良い仕上がりだったので楽しみですね。
大攻勢を仕掛けているウルトラマンルーブのフィギュアーツからは、ブルのウインドが限定販売。
恐らくロッソのグランドなどもこれに続く形で限定品となるのでしょうね。

ウルトラフュージョンカードの最新作は、他のカードとデザインを合わせた80、アグル(V2)、ネクサスなどが初収録!
まさかここまで補完されるとは、ウルトラマンオーブ人気の高さを実感しますね~。
そして記憶に新しい、ウルトラマンオーブダークノワールブラックシュバルツの武器、オーブダークカリバーも発売が決定。
こちらは愛染マコトのセリフなども収録される、とても豪華な仕様になるみたいですね。
闇のなりきりアイテム枠、今年も継続されるのがとても嬉しいです。

ゴジラからはモンスターアーツの新作として、遂にキンゴジが登場。
初ゴジやモスゴジに並ぶ人気昭和ゴジラですし、遂に商品化となりましたね。
怪獣番外地もガイラ、サンダ、フランケンシュタインに続いて真打となるバラゴンがソフビ化。
オマケでフランケンシュタインの手も付属するそうですけど・・・いる?このオマケいります!?w
プレバン商品大攻勢、嬉しい悲鳴を上げてしまいそうですけど、財布が軽くなる一方ですねぇ。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|17:45

ウルトラマンルーブ 第8話感想


ウルトラマンR/B(ウルトラマンルーブ)、昨日に第8話「世界中がオレを待っている」が放送されました!
冒頭から「アサヒの友人二人が共にアサヒの誕生日を覚えてない」という何とも不穏なスタートを切りましたが、
道路陥没からのアリブンタ出現、そこからの火炎放射で逃げ惑う車と、特撮の気合の入れようが凄い!
アリブンタ自体は愛染マコトの差し金で現れただけなのでアッサリ倒されてしまいましたけど、
恒例の「超獣訂正」やカツミとイサミが成長していることを表すなど、ただの噛ませ犬としては終わりませんでしたね。

そして今回の主役である、アイゼンテック社を率いる愛染マコト。
その正体は、愛染マコトという人間に乗り移った宇宙生命体「チェレーザ」である事が判明しましたね。
妖星の落下により拡散したウルトラマンの力、それを手に入れる為に他の宇宙から飛来し、
本性がガス状のエネルギー体であるからか、愛染鉄工の若き御曹司の体を乗っ取って彼に成り代わり、
長きに渡って地球上で暗躍し続けていたと。

あのハイテンションかつ変人とも言える性格もチェレーザ由来のものであり、
愛染鉄工が急成長を遂げたのも、チェレーザが持つ他の天体の文明力から来ているものなのでしょうね。
侵略の意思は無いそうですが、目的の為なら手段を選ばない性格は厄介者でしかありませんね。
しかし15年以上かけて今の地位まで上り詰めた所は努力家とも言えますし、
何とも憎めない所もあるのが敵キャラクターとしては面白い点だと思います。

ルーブジャイロも湊ミオと愛染マコトが共同開発したアイテムであることが判明。
つまりジャイロ自身はチェレーザの知識も入っているとはいえ、地球産ということに!?
しかし何かに勘付いたのか、二つのジャイロはミオの手で持ち出され彼女はそのまま失踪してしまったそうですが、
そうなると第1話で、爆発の中から2つのジャイロが突然出現したのは一体どういう訳なのでしょうね。
何者かが湊兄弟のピンチを見て、あの場に投げ込んだのでしょうか・・・?

気になる点は愛染マコトの言動もですけど、今回はウルトラマンガイアの主題歌の一節を台詞に入れていましたね。
メタネタと言えばそうなんですけど、オーブの主題歌も知っている上にウルトラマンの大ファンである点を見ると、
彼がやってきた宇宙では私たちの世界のように、ウルトラシリーズがTV放送されていたのかもしれませんね。
それを裏付けるような、ウルトラ通信簿の存在もそうですが・・・w
あれ、一時停止で文面を読むとかなり笑える内容になっていたので、皆さんもぜひお試し下さい。

そして愛染マコトは遂に本性を表し、人間の脳波エネルギーから抽出されたオーブリングNEOを使用して、
ウルトラマンオーブダークノワールブラックシュバルツへと変身!
そう、ウルトラマンオーブダークではなく、ウルトラマンオーブダークノワールブラックシュバルツが正式名称!
そんなノワール・ブラック・シュバルツの意味は、全て黒・黒・黒!!
宇宙生命体だからかは分かりませんけど、このぶっ飛んだセンスこそが愛染マコト流なのでしょう。

変身カットから必殺技、そしてインナースペースに黒タイツなど、とことんオーブを忠実にトレースしていたのも笑えますが、
本当に上っ面だけウルトラマンオーブである紛いものとして描かれていたのが流石。
とは言っても実力は非常に高く、ロッソをブルを赤子同然に扱って破ったパワーは本物のようですが。
愛染のメタネタを含んだダメ出しの連発、あれもよくネットに現れる面倒なウルトラマンオタクそのものですよね・・・w
別に批判するのはいいんですけど、あそこまで偏った思考の全部乗せは正にクソオタ、凄い奴が現れたものです。

このウルトラマンに対するアツい想い、そして正義の有り方を履き違えまくっている思考、
ウルトラマンがべらべら喋るなと言っておきながら自分が一番喋っているという見事なブーメラン。
とにかく濃い、濃すぎるぞ愛染マコト。
ジャグラスジャグラーや伏井出ケイとはまた違った方向性の悪役がここに爆誕、
このルーブという作品における大きな起爆剤となる存在になるでしょうねオーブダークノワールブラックシュバルツは。

次回は見事なまでに叩きのめされた湊兄弟のリベンジマッチ!
特訓を重ねる上に、どうやら残る土のクリスタルも初登場のようです。
果たして愛染マコトこと、ウルトラマンオーブダークノワールブラックシュバルツを倒せるのでしょうか?



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|19:09
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ