FC2ブログ

大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

ウルトラマンタイガの新作ソフビをフラゲ!(ゴロサンダー)

明日発売の、ウルトラマンタイガの新作ソフビをフラゲしました。
今回は1種類が発売となっています。

ウルトラ怪獣シリーズ ゴロサンダー
ウルトラ怪獣シリーズ 113
雷撃獣神 ゴロサンダー

ウルトラマンタイガ第19話「雷撃を跳ね返せ!」 にて初登場する、宇宙怪獣の一種です。
ある程度の言葉を話すなど怪獣にしては知能が高いほか、戦いを生きがいとしている鬼神でもあり、
宇宙の各地で「災いの神」としてその名を轟かせているようです。
その肩書き通り、非常に強力な雷系統の技を繰り出せるほか、手にした棍棒も武器として使用するそうです。

ウルトラ怪獣シリーズ ゴロサンダー0
あまりにもインパクトのあるデザインが既に話題になっている、ゴロサンダーが定番ソフビとして登場です。
このウルトラマンタロウ・・・というか、第二期ウルトラシリーズの香りがするデザインが本当に令和の怪獣なのかとw
鬼や雷様、そしてどことなくアヒルっぽい口元に悪そうな目付きなど、ウルトラ怪獣における変化球そのものといった印象です。
胸のマークも雷様が叩いているあの太鼓そのものですよね、タイマー風のおへそはドロボンのタイマー?
いやはや、そのぶっ飛んだ設定も含めて放送前から心が鷲掴みにされました。

ウルトラ怪獣シリーズ ゴロサンダー1
ウルトラ怪獣シリーズ ゴロサンダー2
横と後ろから。
インパクト抜群の前に比べて、後ろは意外と鎧っぽいデザインをしているのも特徴ですね。
ちょこんと突き出た尻尾も可愛いです。

ウルトラ怪獣シリーズ ゴロサンダー3
ウルトラ怪獣シリーズ ゴロサンダー4
ウルトラ怪獣シリーズ ゴロサンダー5
顔周りのアップ。
この何とも言えない目付きがたまりません。
塗装省略が多いとはいえ塗り分けも丁寧ですし、ソフビ人形としても良い出来栄えではないかと。

ウルトラ怪獣シリーズ ゴロサンダー6
以上がゴロサンダーの軽いレビューです。
ウルトラマンタイガというかニュージェネレーションの中でも相当際立っている存在だけに、
その恐ろしい設定と強さというギャップを本編で見せ付けてくれるのでしょうか。
明日が色んな意味で楽しみです。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|17:50

ウルトラヒーローシリーズEX ウルトラマンリブットのソフビ人形を購入!

昨日から、全国各地のウルトラマンオフィシャルショップや、EXPO LIVE会場にて、
ウルトラマンの新作ソフビが先行販売されています。
私も本日に大阪の公式店へと足を運び、さっそく購入してきました!

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンリブット
ウルトラヒーローシリーズ EX
ウルトラマンリブット

マレーシアで放送されているCGアニメ「Upin & Ipin」にて初登場したウルトラヒーローであり、
「ギャラクシーレスキューフォース」という組織に属しているウルトラマンでもあります。
現地の言葉で「嵐」を意味する名前の通り、素早い身のこなしと飛行能力で相手を翻弄しつつ戦い、
更に左腕に装着されている「リブットブロッカー」を巨大な盾として使用することも可能です。
主な必殺技は、腕から発射する光線「ギャラクシウムブラスター」など。

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンリブット0
新作「ウルトラギャラクシーファイト」に参戦中のリブットが、まさかのソフビ化となりました!
500サイズのウルトラヒーローシリーズでは初のEX枠となるので、生産数は限られている様子。
しかしアニメでの初登場から5年の間に、スーツが制作されたり日本の番組やショーにも出演を果たすなど、
徐々に知名度を上げていたキャラクターだけに、遂に映像作品出演&商品化を果たしたのは何だか感慨深いですねぇ。
こちらは上記の通り先行販売品であり、一般販売は2020年2月頃を予定しているそうです。

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンリブット1
ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンリブット2
ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンリブット3
左右と後ろから。
左腕にあるリブットブロッカーは、メタリックブルーで塗装されています。
腕はほとんど色分けされていませんが、シルバーでのくるみ塗装仕様になっているのは嬉しかったり。

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンリブット4
ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンリブット5
ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンリブット6
顔周りのアップ。
初代ウルトラマン・・・というよりは、ゾフィーに近い顔立ちでしょうか?
しかしマスクやカラータイマーの形状、そして体のラインに至るまで、
歴代ウルトラヒーローとはしっかり差別化されたデザインになっています。
割と奇抜なデザインの多いニュージェネレーションヒーローの中では、リブットはどこか王道で逆に個性的ですねw

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンリブット7
最後は同期のウルトラマンギンガS勢と並べて〆。
実はリブットは2014年に初登場したヒーローなので、エックス達よりも先輩になるんですよね~。
以上がウルトラマンリブットの軽いレビューです。
今月は怪獣ソフビも色々と出ますし、何だか豊作の予感・・・?



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|19:56

ウルトラマンタイガの新作ソフビをフラゲ!(トライストリウム)

明日発売の、ウルトラマンタイガの新作ソフビをフラゲしました。
今回は1種類が発売となっています。

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンタイガ トライストリウム
ウルトラヒーローシリーズ 69
ウルトラマンタイガ トライストリウム

ウルトラマンタイガ、ウルトラマンタイタス、ウルトラマンフーマ、そしてヒロユキの心が一つになった時に誕生する、
トライスクワッド&タイガ最強の姿と言われています。
手にした炎の剣「タイガトライブレード」からはタイガ、タイタス、フーマの強化技を放つことができるほか、
トライスクワッドの力を一つにした最強技「トライストリウムバースト」も使用することが出来るそうです。

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンタイガ トライストリウム0
恐らくウルトラマンタイガのTVシリーズ最強形態であろう、トライストリウムが定番ソフビとして登場です。
タイガをベースに炎の力で強化したかのようなデザインになっており、
ベースカラーもシルバーからレッドへと変化しているので、父であるウルトラマンタロウにどことなく近付いた気が。
兄弟子とも言えるウルトラマンメビウスも友情の炎でパワーアップしているだけに、
何だか感慨深くなる姿ですねえ。

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンタイガ トライストリウム1
ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンタイガ トライストリウム2
ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンタイガ トライストリウム3
左右と後ろから。
残念ながら、トライストリウムの特徴である肩にある青いアーマーは塗装されていませんでした。
変身アイテムのタイガスパークは相変わらず塗装されていましたが。

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンタイガ トライストリウム4
ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンタイガ トライストリウム5
ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンタイガ トライストリウム6
顔周りのアップ。
角が大きくなり炎のようなディテールになって、更にメタリックレッドで塗装されているのが目を惹きます。
胸のプロテクターもどことなくタロウに近付いてきた気が。

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンタイガ トライストリウム7
最後はウルトラマンタイガで一人トライスクワッドを組ませて〆。
見た目だけならフォトンアースが一番強そうですけど、トライストリウムは剣を持つので劇中ではまた印象が変わりそう。
以上がウルトラマンタイガ トライストリウムの軽いレビューです。
最近はウルトラマントレギアに散々やられっぱなしですが、明日の放送でどこまで反撃できるのでしょうか?



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|18:13

【動画投稿】 ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻 part58

第1回目の記事はこちらになっています!
http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1466.html


ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻58
https://www.nicovideo.jp/watch/sm35812792

ゆっくり怪獣解説動画の第五十八回目を投稿致しました。
今回はウルトラセブンより、「宇宙スパイ プロテ星人」をご紹介。
隠れた強豪にして後のイベントが話題満載だった宇宙人、そして物語の方も大きく動きます。

さて、今回はウルトラセブン指折りの強敵と言えるプロテ星人を取り上げました。
後のガッツ星人を先取りしたようなトリッキーな戦法と、戦わせているのはあくまで「抜け殻」だったというずる賢さ。
地球でのスパイ活動もそうですし、戦いも潜入も上手な非常に狡猾な宇宙人だと思います。
結局セブンは敵わなかった訳ですし、一の宮が勇気ある行動を取っていなければどうなっていたことか。

「ひとりぼっちの地球人」自体も個人的にはセブンの中でもかなりお気に入りでして、
ゲストキャラクターである一の宮の悲哀さと丹羽教授の存在感、
ミニチュアセットの細かさ、合成を多用した煙に巻くようなプロテ星人との戦闘・・・
などなど、何度見ても見応えがあるお話だなぁと。
舞台となった学習院大学のピラミッド校舎も、取り壊される前に一目拝みたかったですねぇ。

そして物語の方も大きく前進させました。
バット星人グラシエ、はたて、文、ブリッツブロッツ、そしてメカザム。
特にメカザムはようやく「この物語でやりたかった事」が一つ実現できたので、
ここからは中心キャラクターの一人として活躍させる予定です。
まだまだ謎も残されていますが、それはまた次回以降にでも・・・

今回も面白いと感じて頂けたら動画へのコメントや、マイリスト登録して頂けるとありがたいです。
では、お楽しみ下さいませ~ 。




にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|19:30

ウルトラマンタイガの新作ソフビをフラゲ!(スカルゴモラ)

明日発売の、ウルトラマンタイガの新作ソフビをフラゲしました。
今回は1種類が発売となっています。

ウルトラ怪獣シリーズ スカルゴモラ
ウルトラ怪獣シリーズ 112
ベリアル融合獣 スカルゴモラ

ウルトラマンジード第1話「秘密基地へようこそ」にて初登場した、ベリアル融合獣の一種です。
レッドキングとゴモラの怪獣カプセルを使い、ライザーで伏井出ケイがフュージョンライズした姿であり、
両者の怪力を併せ持つパワー型の怪獣でもあります。
頭部の角から放つ「スカル超振動波」、炎の岩石をぶつける「ショッキングヘルボール」、
口から吐き出す「インフェルノ・マグマ」など、攻撃技も多彩です。

ウルトラ怪獣シリーズ スカルゴモラ0
ジードの第1話怪獣でもある、スカルゴモラが500サイズのソフビ人形として定番入りとなりました!
ウルトラマンタイガでは「培養合成獣」という形で登場するので、それに合わせての商品化ですね。
後でも触れますが、こちらは中国で先行販売されていた商品と同じ金型を使用しているようです。

ウルトラ怪獣シリーズ スカルゴモラ1
横から。
ボリュームは500怪獣ソフビにしてはかなりのもの。

ウルトラ怪獣シリーズ スカルゴモラ2
背面です。
こちらは頭部の角以外は塗装されていませんね。
可動箇所は両腕と尻尾です。

ウルトラ怪獣シリーズ スカルゴモラ3
ウルトラ怪獣シリーズ スカルゴモラ4
ウルトラ怪獣シリーズ スカルゴモラ5
顔周りのアップ。
造型自体はこのサイズにしては申し分ない・・・というか、やはりDXサイズのスカルゴモラとそっくりです。
↓の中国限定ソフビの記事でも触れましたが、収縮版なのか新規造型なのかはハッキリしないままですね。
http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-2865.html

ウルトラ怪獣シリーズ スカルゴモラ6
中国限定ソフビの500サイズ版スカルゴモラと比較。
金型は同じものが使用されています。
中国版の方はDXソフビを元にした彩色なので、かなり豪華なイメージですね。
日本版は定番商品として、値段相応の塗装に留まっていますが。

ウルトラ怪獣シリーズ スカルゴモラ7
最後はDX版ソフビと並べて〆。
以上がスカルゴモラの軽いレビューです。
中国版の塗装に比べると見劣りしてしまいますが、
この500サイズにしてはボリュームたっぷりの造型は、是非お手にとって確かめて頂きたいですね。
この調子で、他のベリアル融合獣も500サイズでどんどん発売してくれないかな~。




にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|19:09
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ