大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

ウルトラマンオーブ 第23話感想


本日、第23話「闇の刃」が放送されました!
常にガイを付け狙い、周囲の被害を顧みずに暗躍を続けていたジャグラスジャグラー。
彼が目指すのはただ一つ、打倒クレナイ・ガイ。
自分より劣っているはずの男が、今や光を手にしてウルトラマンオーブとして活躍し続けている。
そんな事実は認められない、あっていいはずがない、そんな妬みと嫉妬の感情を糧に・・・

これまでにも少しずつ触れられていましたが、やはりジャグラーは自分ではなくガイが光に選ばれたことに憤っている様子。
その明暗が分かれたシーンも遂に映像化され、そこで一つの謎が解明されましたね。
ウルトラマンオーブ(オーブオリジン)になる為に必要なアイテム、オーブカリバー。
あれは元からガイの持ち物では無かったようで、あれを手にした瞬間にガイが巨大化するような描写がありましたし、
恐らくガイはオーブカリバーを手にすることでウルトラマンになったのではないでしょうか。

M78星雲人など、過去の例を見てもヒューマノイドタイプの知的生命体が超人化したパターンも多いですし、
仮にオーブが変身した人間体がガイであれば、道具を使う内部描写が不自然になってしまいますからね。
あくまで本体はクレナイ・ガイという存在、そう考えればアイテムを駆使する場面も納得ができます。
一方でオーブカリバーにウルトラマンオーブが宿っていてガイと一体化したのかも、とも考えましたが、
あの成り行きやこれまでの言動から察するに、それは無いと思えます。

ジャグラーも地球に眠る闇のエネルギーを得て、特訓の末に新必殺技を編み出したというのが何ともw
元は光の勢力に身を置く存在というだけに、努力や鍛錬で目的を達することを心得ているようですね。
(その目的が邪悪なのは置いておくとして)
遂に巨大化を果たし、オーブとの決戦に挑む姿も実にライバルらしく、
悪辣さの中にも一騎打ちを望む姿勢が見え隠れするのが、彼の複雑なキャラクターをよく表しているな~と。

その戦いも決してスタイリッシュなものではなく、どこか泥臭い描写だったのも二人の関係性が出ていましたね。
特にオーブオリジンが馬乗りになり、ジャグラーに一喝するシーンがお気に入りです。
敗れたジャグラーもビートル隊に囲まれては流石にどうにもならないらしく、遂に御用に。
しかし、霧島ハルカも予言していた「地球を覆う闇」の存在を知っているからか、
その口元が歪んだニヤつきはそのままだったジャグラー・・・彼の真意は果たして?

最後は今回の歴代サブタイトルネタですが。
ジャグラーの台詞の中にあった、帰ってきたウルトラマンの「この一発で地獄へ行け!」でしたね。
両腕が回転ノコギリになっている怪獣グロンケンが登場する、今回と同じく「かまいたち」のようなお話でした。

次回はいよいよ最終回前編ということで、予告編もどこか絶望的な雰囲気に。
ゴメス、テレスドン、デマーガなど地底から次々と蘇る怪獣たち、そして遂に出現する超大魔王マガタノオロチ!
ジャグラーも未だ健在の中、どのような最終決戦が始まるのでしょうか。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|19:58

劇場版ウルトラマンオーブの特報映像&映画に登場する新怪獣が公開!


http://m-78.jp/news/n-4332/
http://hobby.dengeki.com/news/306345/
http://www.moview.jp/958955468.html


公式HPや各ニュースサイトでも発表されていますが、
本日より「劇場版 ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!」の特報映像やスチール写真などが公開となりました。
キャスト面では声の出演が追加され、

ガピア星人サデス:山寺宏一
ガッツ星人ドッペル、ヒッポリト星人カリスト、テンペラー星人バチスタ:ジャングルポケット(おたけ・太田博久・斉藤慎二)
ウルトラマンエックス:中村悠一
ウルトラマンギンガ:根岸拓哉
ウルトラマンビクトリー:宇治清高
ウルトラマンゼロ:宮野真守


という具合に。
これで声だけの出演ではない森次さんは、モロボシ・ダン役としての出演が濃厚になりましたね。
ウルトラマン達もオリジナルキャストで嬉しいですし、何より山寺さんが遂に宇宙人役でウルトラシリーズに参戦!
グレートの吹き替えやザ・ウルトラマンのアニメなど、これまでにもシリーズに関わられてきた方ではあるのですが、
こうやって実写映像作品で本格的に声を当てるのは初なんですね~。

ガピア星人サデスは既に児童誌でも公開されていましたが、四ツ目の顔や体に浮き出たメカニカルな骨など、
結構不気味な印象を受ける宇宙人ですね。
(脚本の中野さん曰く、セブンの没キャラであるピニヤも意識されているんだとか)
あの姿で山ちゃんの声・・・あの方は様々な声色で演じられるので、現段階では想像もつかないですねw

そして今回が公式解禁となった、既にソフビの予約も始まっている奇機械怪獣デアボリック
見た感じ、生身とメカパーツで構成されたサイボーグ怪獣のようにも見えますね。
如何にも何かを発射しそうなパーツが全身に装備されていますし、初代メカゴジラばりの大暴れに期待したいと思います。
田口監督が手掛ける新怪獣、最近はそれだけで心躍るようになりました。

ガイと大地の夢の共演、ジャグラーの手に渡ってしまったエクスデバイザー(というかエックス)、
相変わらずのSSP&渋川、またもや他の宇宙人と対立しているジャグラスジャグラー、
宇宙人軍団と戦うギンガ、ビクトリー、エックス、オーブトリニティ!
見所満載の特報映像でした、今後公開されるであろう本予告編にも期待です。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|19:38

1月~3月までのウルトラマン玩具発売予定まとめ

各所で予約が始まっているので、今後にバンダイのボーイズトイ事業部から発売される予定の、
ウルトラマン玩具をざっと書き出してみました。


1月
・ウルトラBIGソフビ ウルトラマンベリアル

・ウルトラセブン&ウルトラマンゼロ 50th SPECIAL SET
【ウルトラセブン、ウルトラマンゼロ】


2月
・ウルトラBIGソフビ ウルトラマンオーブ(オーブオリジン)

・ウルトラ怪獣DX サデス

・ウルトラ怪獣DX デアボリック

・ウルトラヒーローオーブシリーズ 06 ウルトラマンオーブ(オーブトリニティ)

・DXオーブスラッシャー

・ウルティメイトゼロ&カイザーベリアル BATTLE SET
【ウルティメイトゼロ、カイザーベリアル】

・ウルトラフュージョンカード ウルティメイトゼロVSカイザーベリアルセット
【ウルティメイトゼロ、ティガ(パワータイプ)、ダイナ(ストロングタイプ)、ジャスティス(クラッシャーモード)
カイザーベリアル、ダークロプスゼロ】


3月
・ウルトラBIGソフビ ウルトラセブン

・ウルトラBIGソフビ ウルトラマンレオ

・ウルトラ怪獣DX ベリュドラ



しばらくはウルトラマンゼロ&劇場版ウルトラマンオーブの関連グッズが続くみたいですね。
ウルトラ怪獣DXには劇場版登場キャラクターが、BIGソフビにはレオが追加されています。
しかし本当にゼロ&ベリアルまみれのグッズ展開になるんですねw
6~7年ぐらい前にタイムスリップしたような感覚です。
(データカードダスの方も、大怪獣バトルRRを思い出してしまう面々ですね)

他にもガシャポンや食玩の方で色々と出るそうですが、そちらは情報が出切った所でまた纏めたいと思います。
今年のソフビ買い収めは、イベント限定のオーブオリジン・ザ・ファーストになるのかな?
Amazonプライムの方も、どれだけ商品展開をするのでしょうかね~。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|18:41

祝・ウルトラマンティガ放送20周年! 「ティガモンスター超全集 第25話~第28話までの怪獣

では、ウルトラマンティガ20周年企画のミニフィギュアレビューとなります。
第六回目は、第25話~第28話までに登場したキャラクターをご紹介します。


ウルトラマンティガ怪獣 ティガモンスター超全集 キリエロイドⅡ
炎魔戦士 キリエロイドⅡ
第25話「悪魔の審判」に登場。
キリエル人が化けた預言者と巫女が合体変身した姿であり、以前のキリエロイドよりも大幅にパワーアップ。
パワータイプやスカイタイプに対応するように、次々と肉体を変化させてティガを追い詰めました。

ウルトラマンティガ怪獣 ティガモンスター超全集 キリエロイドⅡ0
このシリーズではスカイタイプ対応の姿で商品化されています。
(キリエロイドⅡとなると、やはりこの姿が一番印象的ですしね)
体の紫と茶色の塗り分けもちゃんとしていますし、ミニサイズながらも凝った印象を受けます。

ウルトラマンティガ怪獣 ティガモンスター超全集 キリエロイドⅡ1
背面です。
ちなみに背中の大きな翼を取り外してパワータイプ対応の姿にすることも可能ですが、
その場合はバランスが悪く倒れてしまうので、他キャラの台座を使用しないといけません。


ウルトラマンティガ怪獣 ティガモンスター超全集 シルバゴン
剛力怪獣 シルバゴン
第26話「虹の怪獣魔境」に登場。
樹海に存在する異空間に潜む凶暴な性格をした怪獣ですが、動くものしか見えないという弱点を持っています。
体表の硬さや超強力な腕力を駆使して戦うなど、典型的なパワータイプの怪獣です。

ウルトラマンティガ怪獣 ティガモンスター超全集 シルバゴン0
全身がシルバーで塗装されている、シルバゴンにしては珍しいフィギュアですね。
少々頭でっかちですが、シルバゴンのキャラクター的には違和感の少ないデフォルメ感かと。
劇中スーツ以上に目力も強いですねw

ウルトラマンティガ怪獣 ティガモンスター超全集 シルバゴン1
背面です。
一部分は体のラインまで塗装されていました。
やはりメタリック塗装は質感が良いですね~。


ウルトラマンティガ怪獣 ティガモンスター超全集 ガギⅡ
バリヤー怪獣 ガギⅡ
第26話「虹の怪獣魔境」に登場。
シルバゴンと同様に異空間に生息していたガギの別個体であり、こちらも周囲にバリアーを張り巡らして、
その中に入った人間を襲っていましたが、シルバゴンとの戦いに敗れて倒されてしまいました。

ウルトラマンティガ怪獣 ティガモンスター超全集 ガギⅡ0
通常のガギとは全く異なる、完全新規造型なのが嬉しいガギⅡ。
躍動感のあるポージングは良いのですが、顔までお腹と同じ色なのはちょっと頂けませんね。
こちらは口が開いているのもポイント。

ウルトラマンティガ怪獣 ティガモンスター超全集 ガギⅡ1
背面です。
私が大好きなガギですが、このシリーズの2種類ぐらいしかバンダイから商品化されなかったのは本当に勿体無い!
いつかソフビ化されることを祈ります。


ウルトラマンティガ怪獣 ティガモンスター超全集 オビコ
妖怪 オビコ(オビコボウシ)
第27話「オビコを見た!」に登場。
彦野町に昔から住んでいる正真正銘の妖怪であり、影法師と共にあちこちを騒がせて自分の存在をアピールしていました。
闇から闇へと移動することが出来るほか、巨大化後は口から火炎を発射して敵を攻撃します。

ウルトラマンティガ怪獣 ティガモンスター超全集 オビコ0
ティガ怪獣の中でも宿那鬼と並んで、やたらインパクトのあった妖怪であるオビコ。
少々ずんぐりしている体型など、細部までよく出来たフィギュアだと思います。
体の鎧も、塗り分けが細かいですね~。

ウルトラマンティガ怪獣 ティガモンスター超全集 オビコ1
背面です。
赤星昇一郎さんが演じられているからか、どことなく子泣き爺のような雰囲気が。
まわしのようなパーツもちゃんと造形されていますね。


ウルトラマンティガ怪獣 ティガモンスター超全集 ジョバリエ
甲獣 ジョバリエ
第28話「うたかたの…」に登場。
突如住宅地の辺りに出現した昆虫によく似た怪獣で、TPCの戦車隊と交戦。
角からは電撃状の光線などを発射し、周囲に甚大な被害を与えています。

ウルトラマンティガ怪獣 ティガモンスター超全集 ジョバリエ0
ややスマートなイメージで造形されているこのジョバリエ。
両腕を大きく広げたようなポーズになっているのがカッコいいですね。
彩色もソフビ人形よりは劇中に近い印象を受けます。

ウルトラマンティガ怪獣 ティガモンスター超全集 ジョバリエ1
背面です。
羽に刻まれた、少し派手目な模様も再現されています。
こう見ると、暖かい地域に棲んでいる昆虫みたいですね。


以上が第25話~第28話までのミニフィギュアです。
次回は第29話~第32話までのキャラクターを取り上げる予定です。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|17:59

ウルトラマンオーブ 第22話(神回)感想


本日、第22話「地図にないカフェ」が放送されました!
いやー、以前の馬場先輩よりも衝撃的だったかもしれません。
あの円盤生物&ブラック指令という凶悪コンビを使って、こんなに哀愁漂う侵略のお話を作り上げてしまうなんて。
何というかブラックコーヒーみたいなお話でしたよね、大人向けのビター感溢れる味わいがあると言いますか。
最終決戦の前の箸休め、ただそれだけでは終わらない魅力が溢れていたと思います。

かつて地球侵略に燃えながらも、その夢を諦めて宇宙人向けの喫茶店を運営していた一人の侵略者・・・
それがあのブラック指令であり、お店の名前も「カフェ★ブラックスター」なのは直球すぎて笑ってしまいました。
(真ん中の★には、例のドクロマークが入っている細かさ!)
それがたまに紛れて入ってくる地球人の間でコーヒーの美味しさの噂が広がり、
SSPの目に留まることで今回のお話が動き出すという流れも無理が無くて良かったですね。

お店には多数の宇宙人が顔を出しており、クレナイ・ガイやジャグラスジャグラーはもちろんのこと、
ババルウ星人ババリュー、ピット星人、ペガッサ星人、ザラブ星人、ゼネキンダール人、マノン星人、ネリル星人、
フック星人、レギュラン星人、ダダ、スチール星人と、劇中で確認できただけでも凄い顔ぶれでした。
コーヒーの味はもちろんのこと、店内の良い雰囲気やブラック店長の人柄など、
地球での宇宙人の数少ない「憩いの場」として有名だったのでしょうね。

ナオミも反応していましたが、今回も夢を追い続けることの難しさが物語に関わってきましたね。
ですがブラック指令の相棒であるノーバは、その夢を諦めていなかった。
恐らく今の地球で暴れても、ウルトラマンオーブと戦う運命にあることはノーバも分かっていたでしょう。
それでもかつて共に夢見た目的を果たすべく、指令を奮い立たせて二人の力を合わせ大暴れを始めた・・・
あの流れはノーバの心中を思うと何だか泣けましたね、最後の最後までブラック指令の事を気遣っていたのでしょうか。

今回は映像のコントラストがいつもより強めで、ちょっと雰囲気が違っているのも特徴でしたね。
シンプルすぎるノーバとの対比かのように、ミニチュアセットの作り込みも尋常じゃないぐらい細かかったです。
(アングルによっては「平成ガメラだこれ!」と驚いてしまいましたw)
コントラストが強めだったから、余計にミニチュアの見映えが良く見えたのでしょうかね。

オーブのリアクションやノーバのコミカルな描写の数々も、かつてのノーバ回とは大違い。
ですがこれでいいんです、むしろ今回はこうでなければいけなかったんです。
柔らかノーバの頭をグシャっと掴むウルトラマンなんて、今回でなければ成立しない絵面でしょう。
シュール、ひたすらにシュール。

夢破れ、すっかり意気消沈気味のブラック指令。
そこにやってきた常連客、クレナイ・ガイの言葉を受けて消えてしまった指令・・・
そして衝撃(?)のオチに思わずニヤけてしまうガイの姿は、視聴者と完全にシンクロしていたのではないでしょうか。
ウルトラマンオーブ、宇宙人がとことん人間臭く描かれているのが本当に素晴らしいです。
円盤生物ファンである私にとっては、この第22話は一生モノの宝物です。

最後は今回の歴代サブタイトルネタですが。
まさかの変化球、セリフではなく劇中の馬場先輩が書いた文字が該当するそうですw
それは帰ってきたウルトラマンの「星空に愛をこめて」でしたね。
ケンタウルス星人とグラナダスが登場する、岸田隊員の悲哀モノ物語でした。

しかし地球から次々と宇宙人たちが脱出を始めているなど、依然として不穏な雰囲気が漂っていますね。
次回からはジャグラスジャグラーが動き始め、物語も最終章へと突入する模様。
普通は「巨大化は死亡フラグ」などと言われていますが・・・果たしてジャグラーの運命や如何に!?

余談ですが、今回ブラック指令役を演じられた赤星昇一郎さんは、実際にカフェの店長もされている俳優さんです。
その「Reading Cafe ピカイチ」というお店では定期的にイベントも催されていますし、
お店でコーヒーを頼んでカフェ★ブラックスターに居るような雰囲気を味わうことが出来るかもしれませんね~。
ちなみに撮影で使われた場所は他所の「珈琲館くすの樹」というお店らしいので、
そこを訪れて聖地巡礼を楽しむのも良いかもしれませんね。(というかどっちも超行きたいですハイ)


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(7)トラックバック:(0)|20:51
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ