大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

恐怖の円盤生物フィギュアシリーズ! ブラックガロン その3(恐怖の円盤生物キーホルダー!)

では、私が所持している円盤生物のフィギュアを紹介する、不定期コーナーの第24回目となります。
第9回目に続いて、三度目の「円盤生物ブラックガロン」を取り上げます。


円盤生物 ブラックガロン 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト
こちらは「株式会社キャスト」の「恐怖の円盤生物キーホルダー!」シリーズの一つであり、
デモスと共に第3弾のラインナップとして抜擢されています。

円盤生物 ブラックガロン 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト0
カエルやカメのようなフォルムに、全身が岩や火山のようになっているブラックガロン。
本キーホルダーでもデフォルメされた造形ながら、各部の特徴がリアルに再現されています。
二本足の怪獣型キャラクターだけに、キーホルダーでも自立させやすくて助かります。

円盤生物 ブラックガロン 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト1
円盤生物 ブラックガロン 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト2
横と後ろから。
各部には土で汚れたような塗装もしてあるので、より出来が良く感じます。
ディテールもこのサイズにしては申し分なし。

円盤生物 ブラックガロン 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト3
上から。
赤く爛々と輝く瞳も良い感じ。
キーホルダーは首~左腕の付け根辺りに刺さっていますね。

円盤生物 ブラックガロン 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト4
下から。
今回もよく作り込まれています。
残念ながらブラックガロンの武器である、長い舌までは造形されませんでした(一応キーホルダーですしね)。

円盤生物 ブラックガロン 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト5
最後は袋に付いていたヘッダーで〆。
以上がブラックガロンの軽いレビューです。
京都みなみ会館が一時閉館となり、キャストのイベントも途絶えているので、
現時点での円盤生物キーホルダーはここまでとなります。
またウルトラ大全集のような企画が復活すれば、その時に続きを出すとのお話なので期待したいですね~。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|20:12

恐怖の円盤生物フィギュアシリーズ! デモス その3(恐怖の円盤生物キーホルダー!)

では、私が所持している円盤生物のフィギュアを紹介する、不定期コーナーの第23回目となります。
第10回目に続いて、三度目の「円盤生物デモス」を取り上げます。


円盤生物 デモス 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト
こちらは「株式会社キャスト」の「恐怖の円盤生物キーホルダー!」シリーズの一つであり、
第3弾の内の一体として抜擢されています。

円盤生物 デモス 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト0
クモヒトデのようなフォルムをしたデモスを、小さいサイズながら見事に再現しています。
7本ある触手も一体成型で再現されており、難しそうな所は触手同士で繋がったような形で造形されていました。
レジンキャスト製ですし、ある程度の破損対策でもありそうです。

円盤生物 デモス 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト1
円盤生物 デモス 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト2
横と後ろから。
デモスは口のような穴が複数存在しているのですが、そちらの造型は再現されていません。
触手のカラーリングは青というよりはバイオレットに近いかも?

円盤生物 デモス 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト3
上から。
(さすがに立たせられないので、ウルトラカプセルに支えてもらっています)
何を考えているのか分からない表情の目玉、不気味で良いですねぇ。

円盤生物 デモス 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト4
下から。
デモスの触手は上下で色が違うのですが、その辺りも再現されていますね。
造形と塗装で表現された、柔らかそうな質感もよく出来ていると思います。

円盤生物 デモス 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト5
最後は袋に付いていたヘッダーで〆。
以上がデモスの軽いレビューです。
次回は同じく第3弾の商品をご紹介します。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|17:52

恐怖の円盤生物フィギュアシリーズ! ハングラー その2(恐怖の円盤生物キーホルダー!)

では、私が所持している円盤生物のフィギュアを紹介する、不定期コーナーの第22回目となります。
第12回目に続いて、二度目の「円盤生物ハングラー」を取り上げます。


円盤生物 ハングラー 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト
こちらは「株式会社キャスト」の「恐怖の円盤生物キーホルダー!」シリーズの一つであり、
アブソーバと共に第2弾に抜擢されています。

円盤生物 ハングラー 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト0
チョウチンアンコウそのものなデザインのハングラー。
正面から見ると、ぶ厚い唇と相まって何だかオトボケキャラみたいな雰囲気ですね。
頭部にある触角は針金製で、かなり慎重に扱わないとポキッと折れてしまいそうです。

円盤生物 ハングラー 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト1
円盤生物 ハングラー 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト2
横と後ろから。
表面は二重に塗装されていて、ギラギラとした魚の「ぬめり」のような質感が出ています。
このシリーズは基本的にデフォルメ気味の造型ですけど、ハングラーは元とあまり変わらない気がしますね。

円盤生物 ハングラー 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト3
上から。
足が見えなければ、円盤形態に見えなくもない角度です。
背面のトゲは丸めに造形。

円盤生物 ハングラー 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト4
下から。
こちら側も造形&塗装ともに手抜き無し。
単純に出来が良いです、このハングラーは。

円盤生物 ハングラー 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト5
最後は袋に付いていたヘッダーで〆。
以上がハングラーの軽いレビューです。
次回は第3弾の商品をご紹介します。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|19:04

恐怖の円盤生物フィギュアシリーズ! アブソーバ その2(恐怖の円盤生物キーホルダー!)

では、私が所持している円盤生物のフィギュアを紹介する、不定期コーナーの第21回目となります。
第5回目に続いて、二度目の「円盤生物アブソーバ」を取り上げます。


円盤生物 アブソーバ 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト
こちらは「株式会社キャスト」の「恐怖の円盤生物キーホルダー!」シリーズの一つであり、
アブソーバは第2弾に抜擢されています。

円盤生物 アブソーバ 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト0
クラゲのようなデザインだけに自立するのは不可能なので、ウルトラカプセルに支えてもらっています。
上部に本来存在しないはずの丸いポツポツが造形されていますけど、
恐らく爆破演出をするための火薬玉(弾着)も一緒に造形したのでしょうかね?

円盤生物 アブソーバ 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト1
円盤生物 アブソーバ 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト2
横と後ろから。
アブソーバはどの方向から見てもほとんど同じデザインですねw
赤い下部は艶有りですし、塗り分けも細かくていい感じです。

円盤生物 アブソーバ 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト3
上から。
頭頂部の赤いランプのような器官も再現。
ここにキーホルダーの軸が刺さって無くて良かったです。

円盤生物 アブソーバ 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト4
下から。
無数の触手は数本が纏めてあったり、本体と一体化させることで再現されていました。
レジンキャスト製の商品ですし、細長いパーツがあるとすぐに折れてしまいますからね~。

円盤生物 アブソーバ 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト5
最後は袋に付いていたヘッダーで〆。
以上がアブソーバの軽いレビューです。
次回は同じく第2弾の商品をご紹介します。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|18:41

恐怖の円盤生物フィギュアシリーズ! サタンモア(恐怖の円盤生物キーホルダー!)

では、私が所持している円盤生物のフィギュアを紹介する、不定期コーナーの第20回目となります。
今回も円盤生物キーホルダーの一種類をご紹介します。

円盤生物サタンモア
円盤生物 サタンモア 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト
ブラックスターから飛来した円盤生物第9号で、鳥に似た姿をしています。
鋭い嘴や体当たりで攻撃を行うほか、口から発射するミサイルや目から放つレーザーなど飛び道具も備えており、
更に腹部の穴からは自身の分身体とも言える「リトルモア」と呼ばれる小型怪鳥を放てます。
劇中では新宿に襲来し、高層ビル周辺を旋回して周囲を大混乱に陥れました。
円盤生物の中では珍しく円盤形態を持っておらず、この姿のまま地球へと飛来しています。

円盤生物 サタンモア 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト0
ブラックドームに続いて、同じくキーホルダー第1弾からサタンモアも史上初の商品化!
こちらは「株式会社キャスト」の「恐怖の円盤生物キーホルダー!」シリーズの一つであり、
ややデフォルメされた造形とリアルな塗装が特徴的です。
ブニョと並ぶ円盤生物の変わり種、そんなサタンモアも遂にフィギュアになったんだなぁ・・・と感慨深くなりました。

円盤生物 サタンモア 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト1
円盤生物 サタンモア 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト2
横と後ろから。
やはり横から見るのが一番様になるデザインですね。
(超音速旅客機のコンコルドのように見えます)
このサイズながら、瞳まで塗装されているのが細かい!

円盤生物 サタンモア 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト3
円盤生物 サタンモア 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト4
上下から。
深緑色で硬質感のある上部に対し、朱色で柔らかそうな質感の下部もよく再現されています。
下部の方がどこか生々しく、人間目線で見た時に恐怖感を煽るデザインになっているなぁと。
汚し塗装も決まっていますし、本当にクオリティが高いシリーズです。

円盤生物 サタンモア 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト5
最後は袋に付いていたヘッダーで〆。
以上がサタンモアの軽いレビューです。
あとはブラックテリナが出れば、円盤生物が一通り商品化されたことになるのですが。
次回は円盤生物キーホルダーの第2弾をご紹介します。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|20:24
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ