大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

レトロ系ソフビ人形 ツルク星人

では、レトロ系怪獣ソフビ人形の記事です。
今回取り上げるのは、こちらのキャラクターとなります。


レトロ風ソフビ ツルク星人
奇怪宇宙人 ツルク星人
ウルトラマンレオに登場した、両腕を刃に改造した猟奇的な宇宙人です。
人間を簡単にバラバラにしてしまう様など、多くの視聴者にトラウマを与えた存在でもありました。
このソフビ人形は2004年頃に「やまなや」から発売された「怪獣郷シリーズ」ものになり、
緑色の成型色である、一番最初に販売されたバージョンになります。
造形もスーツに近い雰囲気を残しながら微妙にデフォルメタイプで、赤いお腹など塗装は少し派手な印象になっていますね。

レトロ風ソフビ ツルク星人0
背面です。
腕や足に続き、背中にもスプレーしてあるゴールドカラーが実に綺麗です。
各部にはメタリックグリーンでもスプレーしてありますね。

レトロ風ソフビ ツルク星人1
可動箇所は、首、両腕、両足です。
手も左右で表情が違い、右手が閉じた状態、左手が開いた状態で造形されています。
このカラーリングだと、そのデザインが更に「トカゲ」っぽい印象を受けますね。

レトロ風ソフビ ツルク星人2
そして、オマケとして「ツルク星人(人間大)」のミニソフビ人形も付属!
こちらは過去にブルマァクから発売された「ミニサイズ」シリーズの復刻版で、
目の塗装が正しい位置になった、リニューアルカラーバージョンです。
造形そのものは、当時ものとしてはスーツの特徴を上手く捉えていると思います。

レトロ風ソフビ ツルク星人3
背面です。
藤色の成型色が綺麗ですね。
可動箇所は首のみでした。

レトロ風ソフビ ツルク星人4
以上がツルク星人ソフビの軽いレビューになります。
この他にもピンク色や、茶色い成型色のバリエーション違いも存在しています。
個人的には茶色い成型色のバージョンが、一番劇中に近いカラーリングだと思いますが、
この緑色のツルク星人も、中々良いセンスをしているのではないかと。
現時点では、人間大&巨大化のどちらの姿も、これが唯一のソフビ化ですね~。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|18:00

アートストーム製怪獣ソフビ「楳図かずお版ドラコ」

今回の記事は、東京遠征の際に購入した怪獣ソフビ人形をご紹介します。
結構あちこち探し回った末に、ようやく見つけたものになります。

楳図かずお ドラコ
彗星怪獣ドラコ
漫画家の楳図かずおさんが手掛けられた、コミカライズ版ウルトラマンに登場したドラコです。
楳図版ウルトラマンのキャラクターたちは「アートストーム」というメーカーでソフビ化されたのですが、
その中でも漫画内でのアレンジと、ソフビとしての造形が素晴らしかったこのドラコは、
前々からずっと探し続けていたものなのでようやく入手することができました。

楳図かずお ドラコ0
本来は真上を向いたような姿で造形されていますが、私は顔を正面に向かせるために、やや前傾姿勢で飾っています。
このソフビはカラーバリエーションが幾つかあるのですが、
こちらは蓄光成型色に、茶色にほど近いワインレッドでスプレー塗装されているタイプですね。
全身に艶があり、生々しい感じが実にカッコいいです。

楳図かずお ドラコ1
楳図版ドラコはNG版ドラコを元にしていまして、こちらは左手が巻尺のような姿になっています。
尻尾もやや長めですね。

楳図かずお ドラコ2
羽に吹かれたブルースプレーが美しく、造形も細部までしっかりしていました。
ディテールも申し分ありませんね。

楳図かずお ドラコ3
口の中まで造形&塗装されています。
青い舌に黄色い目、まさしくクリーチャーじみた配色ですね。
ちなみに首、両腕、両足、尻尾が可動します。

楳図かずお ドラコ4
ボケボケの画像ですが、蓄光ソフビなので暗闇だと緑色に発光します。
怪しくボウッと光る蓄光ソフビは、個人的に大好きですね~。

楳図かずお ドラコ5
最後は500ソフビのドラコと並べて〆。
そのボリューム加減も、これでお分かり頂けるのではないでしょうか。
楳図かずおさんの大胆なアレンジが炸裂する漫画版ウルトラマン。
怪獣や宇宙人も実に怪しく生き生きと描かれているので、まだ未見の方は是非!


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|18:50

キングザウルスシリーズ アントラーのソフビ人形

何時ものレトロ系ソフビ人形のカテゴリーに入れるかどうかは微妙な所でしたが、
かつて「ポピー」より発売されていた定番ソフビ人形シリーズ「キングザウルスシリーズ」も一応所持しております。
流石に数は少ないですが、その中の1体を今回はご紹介します。

キングザウルスシリーズ アントラー
磁力怪獣 アントラー
ウルトラマンの序盤に登場した、アリジゴクに似た強敵怪獣ですね。
定番ソフビ人形の昆虫怪獣枠として常連のアントラーですが、キングザウルスシリーズでも勿論ラインナップされています。
キングザウルスシリーズの特徴として、これまでのシリーズよりはリアルな造形ながらも、
塗装は派手目なものが多いというものがありますが、このアントラーは割と劇中イメージに近い塗装ですね。

キングザウルスシリーズ アントラー0
こちらは数年前に中古ショップで格安で手に入れたものなのですが、その状態は何と泥だらけw
そこで念入りに洗浄してみると、新品とほとんど変わらない状態だったので驚いてしまいました。
スタイルも良くブルマァク時代のアントラーに比べると技術の進歩を感じますが、
全身がやたらザラザラした質感だったり、よく見ると足の爪が3本あったりとスーツのイメージとは微妙に異なります。
この「惜しい」感じがキングザウルスシリーズ特有のイメージだったり・・・w

キングザウルスシリーズ アントラー1
焦げ茶色の成型色の上に、各部がメタリックイエローやガンメタなどで塗装されています。
可動箇所は両腕と腰になっていました。

キングザウルスシリーズ アントラー2
キングザウルスシリーズ特有の特徴としては、足の裏に「足型」が刻印されている点にあります。
ちゃんと設定に近い形になっているのですが、何とアントラーは足型の設定画の段階から三本指なんですよねw
そこから逆算した結果が、足の指が3本の造形になってしまったという事なのでしょうか。
辻褄を合わせるのは悪い事ではありませんが・・・w

以上がアントラーのレビューになります。
キングザウルスシリーズは後の時代に復刻されるケースが少なく、
どれも割高になってしまっているのが惜しいんですよね~。
大きさも「ウルトラ怪獣シリーズ」とほぼ同じだけに、コレクターの方も多いそうです。
オークションなどでも高騰しているケースが多いですし、これからますます人気が出そうな予感・・・

youtubeでは、ウルトラマンギンガSの最新話が期間限定で配信されています。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|18:26

レトロ系ソフビ人形 グリーンモンス

では、レトロ系怪獣ソフビ人形の記事となります。
今回取り上げるのは、こちらのキャラクターとなっています。

レトロ風ソフビ グリーンモンス
怪奇植物 グリーンモンス
ウルトラマンに登場した、オイリス島に住む植物が怪獣化した姿です。
人間を次々と襲い、巨大化した後はウルトラマンにも襲いかかりました。
このソフビ人形は2000年頃に「M1号」から発売されたものになり、
カラーリングは劇中に一番近い、一般販売バージョンのものになります。

レトロ風ソフビ グリーンモンス0
濃い緑色の成型色の上から、各部にメタリックグリーンとシルバーでスプレーがしてありますね。
特徴的な口?の部分も黄色くスプレーされています。
シルバーの部分の造形から察するに、成田亨さんが描かれたデザイン画の要素も取り入れた造形なのでしょうか。
目は赤く、黒目がある所がレトロ風になっているな~と。
本体の「うねり」のある造形も良い感じです。

レトロ風ソフビ グリーンモンス1
背面です。
こちらも薄くメタリックグリーンでスプレーされています。
そのデザイン故か、あまりディフォルメされている感じがしませんね。

レトロ風ソフビ グリーンモンス2
玩具オリジナルギミックとして、本体と一体化している左腕を動かす事が出来ます。
なので可動部分は両腕と腰になっています。
比較的地味な怪獣なのでこのソフビもそれほど人気は無く、今でも安価で買う事ができます、
ですがイベント限定のカラーバリエーションが多く、その点は侮れない存在と言えるかもしれません。
私も安かったのでつい購入してしまいましたが、インテリアとしては結構いい線を行っているソフビではないかとw


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|18:44

レトロ系ソフビ人形 デスレム&グローザム

※本日22時55分よりNHK総合で放送予定の、
探検バクモン」にてウルトラマンギンガSの特番が放送されます!
http://www.nhk.or.jp/bakumon/nexttime/index.html



では、レトロ系怪獣ソフビ人形の記事となります。
今回取り上げるのは、こちらのキャラクター達となっています。

レトロ風ソフビ デスレム
策謀宇宙人 デスレム
ウルトラマンメビウスに登場した、エンペラ星人に仕える暗黒四天王の謀将です。
卑劣な謀略を張り巡らせ、ウルトラマンジャックやウルトラマンメビウスと戦いました。
このソフビ人形は2009年か2010年頃に「ぶたのはな」から発売されたものであり、
「ウルトラマンメビウス外伝 ゴーストリバース」の展開と合わせてリリースされました。

レトロ風ソフビ デスレム1
サイズは他のレトロ系ソフビよりも小さく、ウルトラ怪獣シリーズと500ソフビの間ぐらいですね。
平成ウルトラ怪獣でこういう路線のフィギュアが出るのは珍しく、長年探し求めていた商品を最近になってようやく入手。
(何千円使ったかは言えないw)
造形は非常に緩く、このデフォルメ感は何とも言えない空気を醸し出していますw
水色の成型色の上からクリーム色でスプレーされていて、更にメタリックブルーやメタリックレッドで塗装されています。
目が赤いので、今見ると「炎上のデスローグ」に見えますねw

レトロ風ソフビ デスレム2
背面です。
ディテールが半端無いキャラクターなだけに、適当な造形ではなくわざと崩して造形されているのがよく分かります。
それにしても涼しげな色合いだなぁ・・・

レトロ風ソフビ デスレム3
何と言っても、頭部にある丸い部分がピンク色で塗装されているのがたまりませんw
このワンポイントは更に「ゆるさ」を加速させています。
何というか、これぞセンスオブワンダー?


レトロ風ソフビ グローザム
冷凍星人 グローザム
ウルトラマンメビウスに登場した、エンペラ星人に仕える暗黒四天王の豪将です。
不死身の肉体と圧倒的なパワーを武器に、ウルトラセブンやウルトラマンメビウスと戦いました。
デスレムと同様に2009年か2010年頃に「ぶたのはな」から発売されたものであり、
「ウルトラマンメビウス外伝 ゴーストリバース」の展開と合わせてリリースされました。
(こちらも結構な値段で購入)

レトロ風ソフビ グローザム1
基本仕様はデスレムと同様で、こちらもグローザ星系人特有の「シャープさ」が微塵も無い造形ですw
と言っても手を抜いている訳ではなく、各部にはちゃんと「溝」が掘られていますが。
そのカラーリングもブッ飛んだセンスを感じるもので、成型色は何と黄緑色。
その上からイエロー、レッド、メタリックブルーで各部がスプレーされています。
トロピカル風というか、サーモグラフィー的と言うか・・・
こちらの目はオリジナル通り青く塗装されていますが。

レトロ風ソフビ グローザム2
背面です。
各部のトゲも頑張って造形されていますが、いかんせん緩いですw
大自然を守護していそうな色合いだなぁ・・・

レトロ風ソフビ グローザム3
口の中も赤く塗装されていますが、口紅にしか見えませんw
目の塗装もはみ出した状態がデフォルトのようですし、
ぶたのはな製のレトロソフビ(ソフト焼き玩具シリーズ)は色んな意味で着眼点が違う!
これぞメーカーの個性ですねぇ。(もちろん褒めています)


レトロ風ソフビ デスレム&グローザム
どちらも、首と両腕が可動します。
・・・ダメだ、踊っているようにか見えないw
色違いなど、バリエーションは無かったはずです。
この緩いグローザムは、「氷結のグロッケン」ならキャラクター的に合いそうな気がします。
レトロ系ソフビ人形の世界は、本当に深いものだなぁと改めて感じた次第でした。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|18:13
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ