FC2ブログ

大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

特撮大百科「ビースト・ザ・ワン ベルゼブア・コローネ」のクオリティが凄すぎる!

少し前になりますが、株式会社キャストさんのお店を訪れまして、ウルトラマンの新商品を購入してきました。
その内の1つが特撮大百科シリーズの「ビースト・ザ・ワン ベルゼブア・コローネ」でして、
以前に発売されたものが再販されるとの報せを受けて、ようやく入手することができました。
今回はそちらをご紹介します。

特撮大百科 ビースト ザ・ワン
映画「ULTRAMAN」に登場し、ウルトラマン ザ・ネクストと激闘を繰り広げたスペースビースト、
ビースト・ザ・ワンが特撮大百科シリーズでフィギュア化となりました。
このシリーズはこれまでゴジラやガメラなど、映画怪獣を中心に商品化してきたオーナメントフィギュアであり、
塗装済みのレジンキャスト製品という、言わば完成品のガレージキットに近い仕様となっているのが特徴。
破損が怖い素材ですけど、その分フィギュアのディテールは原型に近いので、クオリティはかなりのものです。

特撮大百科 ビースト ザ・ワン0
まず「ビースト・ザ・ワン ベルゼブア・コローネ」はザ・ワンの最終形態とも言える姿であり、
その超巨大な翼のせいもあって、今まで墨絵スイングぐらいでしかマトモに商品化されていないキャラクターでもあります。
しかし特撮大百科はやってくれました、リアルタイプの造形で劇中のイメージ通りにフィギュア化!
本体のザ・ワン自体は10cmほどの大きさですが、両翼を合わせると40cmオーバーというとんでもないサイズです。
羽や尻尾など一部パーツはバラされており、接着剤で組み立てることで完成となります。

特撮大百科 ビースト ザ・ワン1
大きさのインパクトに目を奪われがちですが、造形&塗装ともに非常にハイレベルなのも特撮大百科シリーズの特徴。
スペースビースト特有の複雑なディテール、そして意外なほどカラフルなザ・ワンの体表、
どちらも実物のスーツに可能な限り似せているのが凄いな~と。

特撮大百科 ビースト ザ・ワン2
特撮大百科 ビースト ザ・ワン3
特撮大百科 ビースト ザ・ワン4
特撮大百科 ビースト ザ・ワン5
左右と背面から。
羽がデカすぎて取扱うのに苦労しますw

特撮大百科 ビースト ザ・ワン6
特撮大百科 ビースト ザ・ワン7
特撮大百科 ビースト ザ・ワン8
顔周りのアップ。
凄まじい完成度です。
触ると折れそうなぐらい棘や牙が鋭く造形されています。
これもレジンキャスト製ならではですね。
左右に突き出たカラスの顔もしっかりと再現。

特撮大百科 ビースト ザ・ワン9
下半身のアップ。
膝のパーツから爪先まで細かく作り込まれています。
改めて見ると、後のガルベロスやイズマエルに受け継がれるデザイン構成になっているんですね。

特撮大百科 ビースト ザ・ワン11
特撮大百科 ビースト ザ・ワン12
両翼のアップ。
こちらはとにかく壊れやすそうな薄さと鋭さなので、特に扱い方に気を使わないといけません。
重量は意外と軽めなので、接着さえしてしまえば本体が傾いたりすることは無さそうです。

特撮大百科 ビースト ザ・ワン13
特撮大百科 ビースト ザ・ワン14
背面や尻尾のアップ。
こちらもこんなにカラフルな配色をしていたんですね。
トゲの一本一本が黒く塗られているのも拘りを感じます。

特撮大百科 ビースト ザ・ワン15
特撮大百科 ビースト ザ・ワン16
最後は台座です。
ザ・ワンが翼を広げたシーンの足元付近を再現しているようです。
恐らく新宿中央公園の一部かな?

特撮大百科 ビースト ザ・ワン17
以上が特撮大百科ビースト・ザ・ワン ベルゼブア・コローネの軽いレビューです。
株式会社キャストさんは最近ウルトラシリーズなどの円谷作品の商品も多く手掛けられていますし、
この特撮大百科シリーズで、バンダイが商品化し辛いキャラクター達を続々と立体化してくれると嬉しいのですが。
(円盤生物キーホルダーみたいなデフォルメタイプでもいいのでw)
次なる新作にも期待しています!



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|18:01

ウルトラ怪獣バトルブリーダーズ(ウルバト)参戦キャラクターのリスト

昨日からスマートフォン向けのアプリゲーム、「ウルトラ怪獣 バトルブリーダーズ」が配信開始となりました!
元を辿れば、PS2のウルトラマンFE2からの流れを汲むキャラクターが大勢参戦しており、
大怪獣バトルにハマった身としては歴史を感じるな~と。
そこで個人的なメモも兼ねて、以下にゲーム登場キャラ登場しそうなキャラをリスト化しておきます。

最終更新日:2020年3月17日


参戦が決定しているキャラクター
(まだ操作不可能なキャラも含む)

◆ウルトラQ
ガラモン
ケムール人
カネゴン

◆ウルトラマン
ウルトラマン(ウルトラ必殺技)
ゾフィー(ウルトラ必殺技、新規CG)
ベムラー
バルタン星人
ネロンガ
アントラー
レッドキング
ガヴァドンA(新規CG)
ブルトン
ザラブ星人
にせウルトラマン
テレスドン(新規CG)
ジャミラ
グビラ
ゴモラ
ダダ
メフィラス星人
ジェロニモン
ゼットン

◆ウルトラセブン
ウルトラセブン(ウルトラ必殺技)
ウインダム
エレキング
ミクラス
メトロン星人
イカルス星人
ナース
キングジョー
ガンダー
ギエロン星獣(新規CG)
恐竜戦車
アギラ
ガッツ星人
にせウルトラセブン(新規CG)
パンドン

◆帰ってきたウルトラマン
ウルトラマンジャック(ウルトラ必殺技)
タッコング(新規CG)
グドン(新規CG)
ツインテール
ベムスター
ブラックキング(新規CG)
ナックル星人

◆ウルトラマンエース
ウルトラマンエース(ウルトラ必殺技)
ベロクロン
バキシム(新規CG)
ドラゴリー(新規CG)
エースキラー
エースロボット
巨大ヤプール
ヒッポリト星人

◆ウルトラマンタロウ
ウルトラマンタロウ(ウルトラ必殺技)
アストロモンス(新規CG)
バードン
テンペラー星人
モチロン
タイラント
ピッコロ
バルキー星人

◆ウルトラマンレオ
マグマ星人
サタンビートル
ババルウ星人
ノーバ

◆ザ☆ウルトラマン

◆アンドロメロス

◆ウルトラマン80
ホー
ザンドリアス
サラマンドラ

◆ウルトラマン物語

◆ウルトラマングレート

◆ウルトラマンパワード
パワードバルタン星人

◆ウルトラマンネオス

◆ウルトラマンゼアス

◆ウルトラマンティガ
ウルトラマンティガ マルチタイプ(ウルトラ必殺技)
ウルトラマンティガ パワータイプ
ウルトラマンティガ スカイタイプ(ウルトラ必殺技)
ゴルザ
メルバ
キリエロイド
ガゾート(新規CG)
キリエロイドⅡ(新規CG)
イーヴィルティガ(新規CG)
ガタノゾーア(新規CG)

◆ウルトラマンダイナ
ウルトラマンダイナ ストロングタイプ(ウルトラ必殺技)
モンスアーガー
レイキュバス
ニセウルトラマンダイナ
ゲランダ
デスフェイサー

◆ウルトラマンガイア
ガンQ
超コッヴ
キングオブモンス
バジリス
スキューラ

◆ウルトラマンナイス

◆ウルトラマンコスモス
ギギ
ワロガ
グローカービショップ

◆ウルトラQDF

◆Nプロ(ノア、ネクスト、ネクサス)
ガルベロス(新規CG)

◆ウルトラマンマックス
ラゴラス

◆ウルトラマンメビウス
ケルビム
ボガール(新規CG)
ザムシャー
ファイヤーウインダム
インペライザー
ゾアムルチ(新規CG)
デスレム
グローザム
Uキラーザウルス
テンペラー星人(平成版)
ニセウルトラマンメビウス(新規CG)
EXゼットン

◆ウルトラセブンX

◆大決戦!超ウルトラ8兄弟
スーパーヒッポリト星人

◆大怪獣バトル
ゴモラ(超振動波)
ファイヤーゴルザ
キングジョーブラック
EXゴモラ
EXレッドキング(新規CG)

◆ウルトラマンゼロ
ウルトラマンゼロ(ウルトラ必殺技、新規CG)
ウルトラマンベリアル(新規CG)
メカゴモラ
ダークロプスゼロ(新規CG)
レギオノイドα
レギオノイドβ(新規CG)
ダークロプス(新規CG)
ゼロダークネス(新規CG)

◆ウルトラマンサーガ

◆ネオウルトラQ

◆大怪獣ラッシュ

◆ウルトラマンギンガ

◆ウルトラマンギンガS
シェパードン(新規CG)
ファイブキング
エタルガー

◆ウルトラマンエックス
デマーガ(新規CG)
ガーゴルゴン(新規CG)
ツルギデマーガ(新規CG)

◆ウルトラマンオーブ
マガゼットン
マガバッサー
マガグランドキング
マガジャッパ
マガパンドン
ハイパーゼットンデスサイス
ジャグラスジャグラー(新規CG)
ギャラクトロン
ゼッパンドン
ガピヤ星人サデス
デアボリック

◆ウルトラマンジード
スカルゴモラ
サンダーキラー
ペダニウムゼットン
レギオノイド ダダ・カスタマイズ(新規CG)

◆ウルトラマンルーブ
ウルトラマンロッソ フレイム(ウルトラ必殺技)
ウルトラマンブル アクア(ウルトラ必殺技)
グルジオボーン
グエバッサー(新規CG)
ウルトラマンオーブダークノワールブラックシュバルツ(新規CG)
ホロボロス(新規CG)
グルジオキング(新規CG)

◆ウルトラマンタイガ
ウルトラマンタイガ(ウルトラ必殺技)
ヘルベロス(新規CG)
セグメゲル(新規CG)
ナイトファング(新規CG)
グリムド(新規CG)

◆ゲームオリジナル


参戦する可能性があるキャラクター
(過去のゲームで流用&操作可能なCGが存在するもの)

◆Q

◆マン

◆セブン

◆エース

◆タロウ

◆レオ
シルバーブルーメ

◆アンドロメロス
メカバルタン

◆80
妄想ウルトラセブン

◆物語
グランドキング

◆グレート

◆パワード

◆ネオス

◆ゼアス
ウルトラマンシャドー

◆ティガ
カミーラ(デモンゾーア)

◆ダイナ

◆ガイア
ミズノエノリュウ
ゾーリム

◆ナイス

◆コスモス
バルタン星人(ベーシカルバージョン)

◆QDF

◆Nプロ
ダークザギ

◆マックス
ダークバルタン

◆メビウス
エンペラ星人
アーマードダークネス
メカザム

◆セブンX

◆超8兄弟
キングゲスラ
ギガキマイラ

◆大怪獣バトル
カブト・ザ・キラー
レイモン
レイモン(バーストモード)
リトラ(S)
アーマードメフィラス
キングジョースカーレット
アーマードグローザム
レイブラッド星人
バキシマム
キール星人グランデ
キール星人ヴィットリオ

◆ゼロ
ベリュドラ
テクターギア・ブラック
カイザーベリアル
アークベリアル
メフィラス星人魔導のスライ
ヒッポリト星人地獄のジャタール
テンペラー星人極悪のヴィラニアス
デスレ星雲人炎上のデスローグ
グローザ星系人氷結のグロッケン
カイザーダークネス

◆サーガ

◆ネオQ

◆大怪獣ラッシュ
バルタンバトラー・バレル
ガッツガンナー・ガルム
ガッツ星人シーズ
マグママスター・マグナ
マグマ星人フッグ
マグマ星人トライド
マグマ星人ヴァイザー
メフィラス星人ジェント
メフィラス星人スライサー
メフィラス星人シックル
カネゴン・ア・キンド
ノダチザムシャー
ナギナザムシャー
ユミザムシャー
ダダA(エリートナンバーズ)
ダダB(ブレイカーナンバーズ)
ダダC(コマンドナンバーズ)
メトロン星人デストロイ
メトロン星人メルド
メトロン星人ウィップ
メトロン星人メタバー
チブル星人(チブローダー)
チブル星人(チブローダーストロング)
チブル星人(チブローダーリミテッド)
デスレ星雲人デフレイム
デスレ星雲人デスラル
デスレ星雲人デスレード
デスレ星雲人ダイロ
グローザ星系人グランザー
グローザ星系人グロウラン
グローザ星系人グロール
ザラブ星人レイント
ザラブ星人ザラガン
ザラブ星人ウェイバ
イカルス星人アロウ
バルキー星人ラース
バルキー星人キルバ
バルキー星人グーガー
ババルウ星人フガク
ババルウ星人ドマノ
ババルウ星人ハマー
ナックル星人ラボラ
ナックル星人ジェイラ
ナックル星人ブランケ
ヒッポリト星人アーチャー
ヒッポリト星人ヒルガ
ヒッポリト星人ケイプ
ピッコラ星雲人ピッタ
グレンファイヤーインディゴ
グレンファイヤーヴェルデュール
グレンファイヤーバーミリオン
アースゴモラ
マグマレッドキング
プラズマルチタイラント
アクアペスター
プラズマメタルキングジョー
サンダービートスター
ライトニングシーボーズ
スーパーアースゴモラ
プラズマボーンバードン
プラズマキラーザウルス
(一般プラズマ怪獣や色違いは割愛)

◆ギンガ

◆ギンガS
チブル星人エクセラー

◆エックス

◆オーブ
マガタノゾーア
マガオロチ
ベムラー(強化)
戀鬼(紅蓮騎)
メトロン星人(ラウンドランチャー)
マガタノオロチ
ジャグラスジャグラー(アーリースタイル)

◆ジード
ゼガン
キメラベロス
キングギャラクトロン
ウルトラマンベリアルアトロシアス

◆ルーブ
ルーゴサイト

◆ゲームオリジナル
EXエレキング
EXタイラント
EXタイラント(デスボーン)
カオスキリエロイド
カオスワロガ
カオスロイドU
カオスロイドS
カオスロイドT
ネオカオスダークネス
ネオカオスダークネスⅡ
幻影ウルトラマンアグル(V2)
禍々アークベリアル
ストロング・ゴモラント
ベムゼード
バーニング・ベムストラ


参戦する可能性があるキャラクターは、PS2「ウルトラマン」や「ウルトラマンネクサス」など、
開発元が異なっているのでCGを流用できないものに関しては全て省いております。
最近出た「なりキッズパーク ウルトラマンルーブ(R/B)」についても同様ですね。

あとは置物状態だったブラックギラス&レッドギラスや背鰭のみのゲオザーク、
ムービーのみ登場したゾイガーやギガエンドラなども省いております。
現時点で200体以上は参戦可能なウルバト、一体どこまで手を付けてくれるのか楽しみですね。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
Permalinkコメント:(8)トラックバック:(0)|12:14

S.H.Figuarts ザラブ星人(限定品)

S.H.Figuarts(エス、エイチ、フィギュアーツ)の最新作が、プレミアムバンダイから発送されました。
今回、魂ウェブ商店限定で商品化されたのは、こちらのキャラクターです。

フィギュアーツ ザラブ星人
凶悪宇宙人 ザラブ星人
ウルトラマン第18話「遊星から来た兄弟」に登場した侵略者です。
当初は人類の味方として地球人を「兄弟」と呼び、友好的な素振りを見せて接触してきましたが、
本性は他人を騙して信頼感に付け込み、その間に文明を滅ぼすために暗躍を続けていた工作員でした。
ハヤタ隊員を拉致して彼が不在の間に「にせウルトラマン」へと変身し、街で大暴れをしましたが、
本物のウルトラマンが現れてからは形勢逆転、空中戦の末に倒されています。

フィギュアーツ ザラブ星人0
魂ウェブ商店限定商品として、ザラブ星人もウルトラアーツの仲間入りです。
まさかにせウルトラマンに先駆けてザラブ星人のアクションフィギュア化とは!
ウルトラアクトと見事に差別化をしてきているので嬉しいですね~。
造形も初代ザラブ星人が元になっており、少々スマートですがよく出来ています。

フィギュアーツ ザラブ星人1
横から。
ザラブ星人は真横から見ると本当に「薄い」ですね。
肩が存在しない奇怪なフォルムといい、見事なデザインだと思います。

フィギュアーツ ザラブ星人2
背面です。
チャック跡の造形はもちろんのこと、頭と胴体を結ぶベルト部分まで再現w
ザラブ星人のスーツはラゴンのものを改造したので、その名残も各所に見られますね。

フィギュアーツ ザラブ星人3
フィギュアーツ ザラブ星人4
フィギュアーツ ザラブ星人5
顔周りのアップ。
左右で少し形状が異なる目も再現されていますし、青い発光部分も綺麗ですね。
(さすがに口は可動しませんが)

フィギュアーツ ザラブ星人6
人型のキャラクターなので、各部がある程度可動します。
流石にウルトラヒーローほどではありませんが、それなりに動きますね。
(何だかめっちゃ楽しそうなポーズになってしまいましたが)

フィギュアーツ ザラブ星人7
胡坐もかけます。
メトロン星人の相手役にピッタリですね。

フィギュアーツ ザラブ星人8
フィギュアーツ ザラブ星人9
こちらはオマケパーツ一覧。
ザラブ星人お馴染みの電子頭脳入り翻訳機と、予備用のアンテナパーツです。
右端の茶色い謎のパーツですが、こちらは耳パーツ取り換え時に使用するものでした。

フィギュアーツ ザラブ星人10
手首を差し換えて専用の持ち手首を利用すれば、等身大の怪しげなザラブ星人の完成です。
「やぁ、諸君。我々の兄弟!」

フィギュアーツ ザラブ星人11
更に耳パーツを差し換えて、巨大化時の引っ込んだ状態も再現!
まさかこれまで再現できるとは、流石フィギュアーツです・・・
ザラブ星人2代目もコレですよね。

フィギュアーツ ザラブ星人12
最後は必殺技のザラブバルカンっぽいポーズで〆。
以上がザラブ星人の軽いレビューです。
どんどん充実してきたウルトラアーツの怪獣枠、これからも続々とリリースが決定しているので本当に嬉しいです。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|20:16

S.H.Figuarts ガッツ星人をフラゲ!

明日発売の、S.H.Figuarts(エス、エイチ、フィギュアーツ)最新作をフラゲしてきました。
今回商品化されたのは、こちらのキャラクターです。

フィギュアーツ ガッツ星人
分身宇宙人 ガッツ星人
ウルトラセブン第39話「セブン暗殺計画(前篇)」、第40話「セブン暗殺計画(後編)」にて初登場した侵略者です。
まず怪獣アロンをセブンと戦わせて戦闘データを集め、作戦を立てた後に攻撃を仕掛けてセブンを一度倒してしまいました。
用意周到な作戦で数々の戦果を上げており、自らを「如何なる戦いにも負けたことのない無敵のガッツ星人」と称しています。

フィギュアーツ ガッツ星人0
ウルトラセブンの強敵宇宙人であるガッツ星人が、一般販売枠でフィギュアーツ化です。
私は限定品で出ると思っていただけに発表時は驚いてしまいましたが、
やはり分身用に2体購入する人が多いと判断されたのでしょうか。
ウルトラセブンに登場した、初代ガッツ星人を元に造形されていますね。

フィギュアーツ ガッツ星人1
横から。
鳥人そのものなフォルムと、複雑かつ奇抜なカラーリングが特徴的ですね。
色使いといい、個人的にかなりオシャレな部類に入る宇宙人ではないかと。
フィギュアーツでもダボっとした手足の造型や、独特のカラーリングが見事に再現されています。

フィギュアーツ ガッツ星人2
背面です。
頭部のピーコック模様もモールドと塗装によって表現されています。
体の各部にあるメタリックグリーンの模様も綺麗ですね。
分割線もデザインに合わせて目立たなくされているのが好印象。

フィギュアーツ ガッツ星人3
フィギュアーツ ガッツ星人4
顔周りのアップ。
実際のスーツに比べると目や嘴がやや大きめに感じますが、口は何とこのサイズで開閉するギミック付き!
このギミックを仕込むために、ややサイズアップしたのでしょうか。
グロテスクな喉元の造型もよく出来ています。

フィギュアーツ ガッツ星人5
見てお分かりだとは思いますが、ガッツ星人は頭部が大きいのでバランスを取るのがかなり難しいです。
(ハイキックポーズも、壁にもたれさせて何とか撮影しています)
なので可動範囲などは少々厳しめといった印象。

フィギュアーツ ガッツ星人6
足首や膝パーツもあまり曲がりませんが、股パーツはある程度動くのでお座りポーズはできました。
首元も前後に結構動きます。
(何だか尻もちを着いているようなポーズに・・・)

フィギュアーツ ガッツ星人7
やはりガッツ星人と言えばコレ、腕を前に突き出した元祖ガッツポーズ!
肩周りもよく動くので、デザインの割にはストレス無く可動させられます。
ちなみにエフェクト以外の交換手首は無し、まあガッツ星人は劇中でもほぼ開き手ですものね。

フィギュアーツ ガッツ星人8
付属エフェクトパーツその1、ウルトラセブン用の「ウルトラノック戦法」パーツです。
私はフィギュアーツのセブンをまだ所持していないので、こちらの使用はお預け。

フィギュアーツ ガッツ星人9
付属エフェクトパーツその2、ガッツ星人の得意技である拘束光線ことバインドビーム!
こちらは両手首を交換して、差し替えにより再現可能です。

フィギュアーツ ガッツ星人10
最後は暗闇がよく似合うキャラクターなので、それらしい画像で〆。
「我々ハ 如何ナル闘イニモ負ケタ事ノ無イ 無敵ノ ガッツ星人ダ!」
以上がガッツ星人の軽いレビューです。
敵キャラクターも段々充実してきましたし、ウルトラアーツが更に楽しくなってきました。
来月は限定品のザラブ星人が楽しみですね!



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|20:37

ウルトラマンガイア20周年記念、「根源破滅天使ゾグ」のソフビ人形を一気にご紹介!

今年、2018年は「ウルトラマンガイア」放送20周年という記念すべきメモリアルイヤー。
そこで、TV本編のラスボス怪獣である「根源破滅天使ゾグ」のソフビ人形を一気に取り上げたいと思います。
近年では、ウルトラマンジードにてベリアル融合獣キメラベロスの融合素材になりましたね~。


ウルトラ怪獣シリーズ ゾグ(第一形態)
根源破滅天使 ゾグ(第一形態)
ウルトラマンガイアの第49話「天使降臨」、第50話「地球の叫び」、最終話「地球はウルトラマンの星」に登場。
巨大なワームホールを通して根源的破滅招来体が送り込んできた「最終兵器」であり、
カイザードビシ軍団に苦戦するガイアとアグルの前に降臨、天使の様な神々しい姿を人類に見せ付けました。
二人のウルトラマンにエネルギーを分け与えましたが、油断している隙に攻撃を仕掛けて倒し、人類を絶望させました。
主な攻撃技は両腕から発射する波動球や、目から発射する破壊光線。

ウルトラ怪獣シリーズ ゾグ(第一形態)0
まずは天使の様な姿をした第一形態から。
こちらは一部店舗にて流通した、「SGS ウルトラマンガイア 天使降臨セット」というソフビ人形セットに入っていたもので、
この他にミニサイズのウルトラマンガイア(V2)&ウルトラマンアグル(V2)も封入されていました。
降臨シーンは音楽から演出まで何もかもが印象的であり、個人的に大好きなキャラクターです。
この女神の様な姿も、人類に希望を与えてから絶望の淵に叩き落とす為に用意されたというのも実に良いです。

ウルトラ怪獣シリーズ ゾグ(第一形態)1
ウルトラ怪獣シリーズ ゾグ(第一形態)2
ウルトラ怪獣シリーズ ゾグ(第一形態)3
このゾグは全身がフル塗装で仕上げられており、ホワイトやパールのカラーリングがとても美しいです。
塗装省略箇所もありませんし、本当に素晴らしい出来栄え。
現時点で再販されたことが無いのが残念なぐらいです。

ウルトラ怪獣シリーズ ゾグ(第一形態)4
ウルトラ怪獣シリーズ ゾグ(第一形態)5
ウルトラ怪獣シリーズ ゾグ(第一形態)6
バストアップ。
微笑みを浮かべたような表情も良い出来です。
個人的にカミーラと並んで、ウルトラ美人の一人だと思っています。

ウルトラ怪獣シリーズ ゾグ(第一形態)7
可動箇所は両腕と背中のローブです。
ただ、藤宮の台詞ではありませんがゾグはあくまで「天使面」をしているだけで、その本性は・・・


ウルトラ怪獣シリーズ ゾグ(第二形態)
根源破滅天使 ゾグ(第二形態)
ウルトラマンガイアの最終話「地球はウルトラマンの星」に登場。
復活したガイアとアグルの猛攻撃に押され、怒ったゾグが変身した「真の姿」とも言える形態です。
サイズが5倍以上に膨れ上がり、歩くだけで市街地が破壊されるほどの巨体を武器に暴れ回りました。
波動球攻撃も健在であり、第二形態では両腕の他にも口から発射することが可能で、
ガイア、アグル、そしてミズノエノリュウを相手に使用しています。

ウルトラ怪獣シリーズ ゾグ(第二形態)0
続いては悪魔の様な姿となった、第二形態のソフビ人形です。
こちらは当時の「ウルトラ怪獣シリーズ」にラインナップされていたもので、ガイア最終回付近にリリースされたような覚えが。
流石に劇中の様な巨体ぶりは再現されていませんが、他の怪獣と同価格でこのボリュームは凄いです。
他のキャラクターより背が低いとはいえ、四足+両翼のあるデザインが再現されていますからね~。
ガタノゾーアもそうでしたが、ラスボス怪獣が記憶の新しい内に商品化されたのは嬉しかった思い出があります。

ウルトラ怪獣シリーズ ゾグ(第二形態)1
ウルトラ怪獣シリーズ ゾグ(第二形態)2
可動箇所は両腕、前足、後ろ足です。
角や爪などはピンク色で塗装されており、何だか女の子怪獣(?)らしい雰囲気が出ています。
実際のスーツに比べるとやや寸詰まりな体型ですが、造形そのものは良いですね。

ウルトラ怪獣シリーズ ゾグ(第二形態)3
ウルトラ怪獣シリーズ ゾグ(第二形態)4
ウルトラ怪獣シリーズ ゾグ(第二形態)5
顔周りのアップ。
怒り狂っているからか、ゾグ(第二形態)は左右で顔が歪んだような表情になっているのが特徴。
ソフビ人形でもそこが再現されているのは嬉しいですね。
あの悲鳴の様な鳴き声が今にも聞こえてきそうです。

ウルトラ怪獣シリーズ ゾグ(第二形態)6
ウルトラ怪獣シリーズ ゾグ(第二形態)7
ウルトラ怪獣シリーズ ゾグ(第二形態)8
ウルトラ怪獣シリーズ ゾグ(第二形態)9
そして、こちらは上記のソフビのリペイント商品です。
確か2000年頃に、定番ソフビがリニューアルされた時にカラーリングが変更されたはず。
成型色の色味が濃くなったほか、全体的なカラーリングが劇中イメージに近付いていますね。
特に足回りの塗装が大きく変更されており、シルバーの墨入れ塗装になっているのがカッコいいです。
口内も、舌の部分が赤く塗られていますね。

ウルトラ怪獣シリーズ ゾグ(第二形態)10
ついでなので、こちらは底面もご紹介。
刻印は足の裏ではなく、腹の部分に掘られています。
裏側とはいえ、造形も塗装も手抜きなし、お見事!


ウルトラ怪獣DX ゾグ(第二形態)
最後は、2014年に発売された「ウルトラ怪獣DXシリーズ」のゾグ(第二形態)です。
こちらは旧ウルトラ怪獣シリーズの金型を一部流用しており、
そこに新規造型パーツが加わることで大きな変化が付けられています。

ウルトラ怪獣DX ゾグ(第二形態)0
ウルトラ怪獣DX ゾグ(第二形態)1
ウルトラ怪獣DX ゾグ(第二形態)2
はやり目を惹くのは、全身のガンメタ汚し塗装でしょう。
これにより今までで一番劇中に近いイメージになり、各部のカラーリングも実際のスーツを強く意識しています。
そして両腕と両翼が新規造型となり、翼を広げた状態で商品化されたのも大迫力!
翼の裏面の塗装が省略されているのは残念ですが、これも時代の流れなのでしょうかね~。

ウルトラ怪獣DX ゾグ(第二形態)3
底面も一部塗装が省略されています。
左前足にはライブサインが付けられており、この商品も「スパークドールズ」の一つであることがよく分かりますね。
こちらはDXギンガスパークやDXビクトリーランサーなどで読み込んで遊びましょう。

ウルトラ怪獣DX ゾグ(第二形態)4
さて、新規造型なのは両腕と両翼だけではありません。
何と後ろ半分の胴体も新規造型で、尻尾が更に長くなっているのが分かりますでしょうか?
更に左の前足と後ろ足もどうやら新規造型らしく、微妙にディテールが異なっていました。
前足はライブサインを付ける場所を設ける為に新規にしたのでしょうが、後ろもわざわざそれに合わせたのでしょうかね?
おかげで旧ウルトラ怪獣シリーズのものに比べると、より安定感が増しています。

ウルトラ怪獣DX ゾグ(第二形態)5
最後は一同を集結させて〆。
以上がゾグのソフビ人形の軽いレビューです。
というか、ゾグのフィギュア自体この4種類しか発売されていなかった・・・ハズ?
ガイア20周年を記念して、何か新商品が発売されたら嬉しいのですがね~。
もちろんゾグに限らず、ウルトラマンガイア怪獣全般で!



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|17:34
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ