FC2ブログ

大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

ウルトラ怪獣シリーズ ギャラクトロンのソフビをリペイントしてみた

ウルトラ怪獣シリーズ ギャラクトロン リペイント
先日発売された500サイズソフビのギャラクトロンですが、やはり塗装が寂しかったのでリペイントしてみました!
使用したのはお馴染みの「ガンダムマーカー」。
メタリックセット シルバー、メタリックセット ゴールド、蛍光ピンク、ガンメタリックの4本を使いました。
白い部分は成型色そのままであり、汚くなりそうなので墨入れ塗装は行っていません。
また、目の周りなど元からメタリックレッドで塗装されていた部分も手を付けておりません。

ウルトラ怪獣シリーズ ギャラクトロン リペイント0
ウルトラ怪獣シリーズ ギャラクトロン リペイント1
ウルトラ怪獣シリーズ ギャラクトロン リペイント2
ウルトラ怪獣シリーズ ギャラクトロン リペイント3
4方向から。
ウルトラマンオーブとウルトラマンジードの超全集に掲載されていた、ギャラクトロンのスーツ写真を参考に塗装しています。
塗っていて分かったことは、腕と脚はシルバー部分の面積が意外と大きいという事。
そして全身にあるパーツの隙間から見えているコードの様な部分が多すぎて、塗装省略されるのは仕方ないな~と。
何より500ソフビのギャラクトロン、やはり造形自体はかなりレベルが高いことを再認識。

ウルトラ怪獣シリーズ ギャラクトロン リペイント4
ウルトラ怪獣シリーズ ギャラクトロン リペイント5
ウルトラ怪獣シリーズ ギャラクトロン リペイント6
バストアップ。
角にある金色のパーツは小さすぎて塗り分けに苦労しました。
目も蛍光ピンクを使って、起動しているような雰囲気を狙っています。
やはり目を塗るだけでも、ギャラクトロンのフィギュアは印象が変わるな~と。
今まで発売されたギャラクトロンのフィギュアは、総じて目の塗装が省略されていたので・・・

ウルトラ怪獣シリーズ ギャラクトロン リペイント7
最後はリペイント前とリペイント後の比較画像で〆。
かなり雰囲気が変わったのではないでしょうか?
以上がリペイントしたギャラクトロンのソフビ紹介です。
DXソフビは塗装失敗した時のことを考えてしまいそのままにしていますが、500ソフビなら・・・ということで実行。
やはりお手軽に買える定番商品は簡単に手を付けられるので良いですね、皆様も機会があれば是非チャレンジを!



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|19:39

ウルトラマンの新作ソフビをフラゲ!(ギャラクトロン)

明日発売の、ウルトラマン新作ソフビをフラゲしました。
今回は1種類が発売となっております。

ウルトラ怪獣シリーズ ギャラクトロン
ウルトラ怪獣シリーズ 105
シビルジャッジメンター ギャラクトロン

ウルトラマンオーブ第14話「暴走する正義」、第15話「ネバー・セイ・ネバー」にて初登場したロボット怪獣です。
異次元からオーブの守る地球へと送り込まれた存在であり、地球の事を調べ上げた上で、
食物連鎖によって繁栄している地球生物の存在を否定し、全てを滅ぼそうとしました。
全身に様々な武器が仕込まれている強力な戦闘マシーンでもあり、
後にギルバリスの手によって様々な宇宙へと送り込まれている存在であることが判明しています。

ウルトラ怪獣シリーズ ギャラクトロン0
ニュージェネレーションシリーズ・・・いや、すっかり平成ウルトラマンを代表する怪獣の一体となったギャラクトロン。
ウルバトでもお世話になっているキャラですが、遂に500サイズの定番ソフビとして商品化となりました!
DXソフビはあまりにもビッグサイズ&高価格すぎたので、
このようにお手頃なサイズと価格で定番商品になるのを待ち望んでいた方も多いと思います。

ウルトラ怪獣シリーズ ギャラクトロン1
ウルトラ怪獣シリーズ ギャラクトロン2
ウルトラ怪獣シリーズ ギャラクトロン3
横や後ろから。
塗装はかなり簡略化されていますが、このサイズでよくあの複雑なデザインをソフビに落とし込んだな~と感心です。
特徴的な後ろ髪のようなパーツ「ギャラクトロンシャフト」は胴体と一体成型にすることで再現。
右腕はビーム発射状態、左腕はブレード収納時の造型になっています。

ウルトラ怪獣シリーズ ギャラクトロン4
顔周りのアップ。
口は閉じた状態で造形されていますが、牙パーツがチラっと見える辺りが芸細。
角は抜きの関係でやや上向きになり、デフォルメされた造形になっています。
各部のディテールはこのサイズにしては申し分なく、見れば見るほど細かいな~と。

ウルトラ怪獣シリーズ ギャラクトロン5
可動箇所は両腕とギャラクトロンシャフトの先端です。
腰は接着されているので稼働しません。

ウルトラ怪獣シリーズ ギャラクトロン6
同じく500サイズのギャラクトロンMK-Ⅱと比較。
サイズはMK-2に比べるとほんの少し小さいぐらいで、むしろウルトラ怪獣シリーズの中では背が高い方です。
(超動シリーズとほぼ同じです)
こう見比べると、MK-2のディテールやモールドの甘さが目立ちます・・・特に顔周りが。

ウルトラ怪獣シリーズ ギャラクトロン7
最後はギルバリス&ギャラクトロン一族のフィギュアを並べて〆。
オーブで初登場してから、毎年何らかの新玩具が発売されている辺りが人気キャラクターの証明でしょうか。
(今年に入ってから超動、ウルトラビークル、500ソフビと一気に出ましたし)
以上がギャラクトロンの軽いレビューです。
来月はジェネクロの〆として、ウルトラマンベリアル アトロシアスが500ソフビで発売予定です!



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|20:07

S.H.Figuarts ウルトラマンオーブ サンダーブレスター(限定品)

ようやく休みが取れたので久しぶりにブログを更新します。
S.H.Figuarts(エス、エイチ、フィギュアーツ)の最新作が、プレミアムバンダイから発送されました。
今回、魂ウェブ商店限定で商品化されたのは、こちらのキャラクターです。

フィギュアーツ ウルトラマンオーブ(サンダーブレスター)
ウルトラマンオーブ(サンダーブレスター)
ウルトラマンオーブ第12話「黒き王の祝福」にて衝撃の初登場を果たした、オーブのフュージョンアップです。
ゾフィーとウルトラマンベリアルの力を併せ持っており、その強力さ故に制御するのは非常に困難。
変身したクレナイ・ガイも自制心を失ってしまい、敵味方の区別なく目の前にあるもの全てに攻撃を仕掛けました。
戦い方も非常に暴力的であり、制御後もその圧倒的なパワーを武器に大暴れをしています。
「光と闇の力、お借りします!」

フィギュアーツ ウルトラマンオーブ(サンダーブレスター)0
フィギュアーツ ウルトラマンオーブ(サンダーブレスター)1
フィギュアーツ ウルトラマンオーブ(サンダーブレスター)2
初登場回が国内外問わずネットを騒がせた、あのサンダーブレスターがフィギュアーツ化です!
オーブの中では異質とも言えるデザインですが、そのマッシブさも造形に反映されており、
実際のスーツ以上に筋肉質なイメージとなっています。
こうして全身がフル塗装となるサンダーブレスターのフィギュアはこれが初ですが、
改めてじっくり見てみると、ゾフィーの模様がこんな風に使われていたんだな~と。

フィギュアーツ ウルトラマンオーブ(サンダーブレスター)3
フィギュアーツ ウルトラマンオーブ(サンダーブレスター)4
フィギュアーツ ウルトラマンオーブ(サンダーブレスター)5
バストアップ。
顔は実際のマスクよりも少し丸めな印象を受けます。
特徴的な形状の「ベリアルの瞳」もクリアパーツで再現されており、
部分的に黄色っぽくなっている点も塗装で表現されていました。

フィギュアーツ ウルトラマンオーブ(サンダーブレスター)6
フィギュアーツ ウルトラマンオーブ(サンダーブレスター)7
可動範囲はそれなりで、肩はデザイン的にあまり上がらないのが残念でした。
しかし引き出し式の構造になっているので、前後にはちゃんと動きます。
足周りは結構優秀ですかね。

フィギュアーツ ウルトラマンオーブ(サンダーブレスター)8
フィギュアーツ ウルトラマンオーブ(サンダーブレスター)9
やはりサンダーブレスターにはワルそうなポージングが似合います。
そのマッシブさも相まって、悪役レスラーみたいな雰囲気も出ていますねw

フィギュアーツ ウルトラマンオーブ(サンダーブレスター)10
フィギュアーツ ウルトラマンオーブ(サンダーブレスター)11
大暴走!
ということで、アルティメットストラクチャーやSHODOの建造物を手に持たせて遊べます。
(スケール的におかしいですけど、そこはご愛嬌)

フィギュアーツ ウルトラマンオーブ(サンダーブレスター)12
ピンチ時を演出できる赤いカラータイマーも付属。
取り外しも簡単であり、スペシウムゼペリオンに続いてポロりしない構造になっていました。

フィギュアーツ ウルトラマンオーブ(サンダーブレスター)13
付属エフェクトパーツは、必殺技の「ゼットシウム光線」!
少々エフェクト不足な気もしますけど、まあ雰囲気は出ているんじゃないでしょうか。
しかしこんな肩をしていても手を十字に組めるとは、フィギュアーツ恐るべし。

フィギュアーツ ウルトラマンオーブ(サンダーブレスター)14
最後は同じベリアルの力を持つ、ウルトラマンジードと2ショットで〆。
(劇場版ジードでも並び立ってくれて感激しました)
以上がサンダーブレスターの軽いレビューです。
さあ、いよいよ週末にはツインテールが発売予定!
秋にはウルトラマンエックスも出ますし、フィギュアーツの充実っぷりが本当に楽しいです。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|18:03

ウルトラ怪獣シリーズ最新作、円盤生物ノーバのソフビをフラゲ!

明日より発売の、ウルトラ怪獣シリーズ最新作をフラゲしてきました。
今回商品化されたのは、こちらのキャラクターです。

ウルトラ怪獣シリーズ ノーバ
ウルトラ怪獣シリーズ 90
円盤生物 ノーバ

ウルトラマンレオ第48話「恐怖の円盤生物シリーズ!大怪鳥円盤 日本列島を襲う!」のラスト及び、
第49話「恐怖の円盤生物シリーズ!死を呼ぶ赤い暗殺者!」に登場した、円盤生物第10号機です。
てるてる坊主に化けて、次々と身内が殺されて傷心の梅田トオル少年へと近付き、彼に幻覚を見せて利用した挙句、
口から赤い発狂ガスを撒き散らして街中を大混乱に陥れました。
目から破壊光線を発射できるほか、赤い雨を降らせてバトルフィールドを形成することも出来ます。

ウルトラ怪獣シリーズ ノーバ0
遂に、遂に円盤生物ノーバがバンダイの定番ソフビとして登場です!
ウルトラマンメビウスでの復活から10年以上が経ち、その間にも様々なシリーズで活躍してきたノーバでしたが、
ウルトラマンオーブ第22話「地図にないカフェ」にブラック指令と共に登場し、同話の再放送に合わせて商品化となりました。
造形ですが、顔付きはレオ版に似ている気がしましたが、首元のリボンや触手の感じを見ると平成版スーツが元のようです。

ウルトラ怪獣シリーズ ノーバ1
ウルトラ怪獣シリーズ ノーバ2
横から。
頭部と胴体は艶消しの赤い成型色で、両腕は艶有りの赤い成型色で表現されています。
500サイズソフビにしては、何気にパーツ分割が多いのも特徴。

ウルトラ怪獣シリーズ ノーバ3
背面です。
何気にマントの造型も優秀。
そして正面のリボンの間、目、口のみが塗装されている潔さ・・・
これでも許されるんです、何せノーバですから!

ウルトラ怪獣シリーズ ノーバ4
可動箇所は両腕のみです。
こんな感じで鎌と鞭はグルッと回せます。
鞭はもう少し長く造形して欲しかったですが、ソフビの「抜き」の都合などでこれが限界だったのでしょうね。

ウルトラ怪獣シリーズ ノーバ5
ウルトラマン対決セットのノーバと並べてみると、今回のノーバはやはり良い出来だな~と。
以上がノーバの軽いレビューです。
しかしオーブ放送時に商品化されなくてガッカリしていた所に、
まさかウルトラマンオーブ THE CHRONICLEに合わせて商品化とは・・・
念願の定番ソフビ入り、本当におめでとう!



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|19:04

明日発売の新作怪獣ソフビをフラゲ!(マガオロチ、ビオランテ)

明日発売の新作怪獣ソフビをフラゲしました。
(3式機龍改は売り切れていました・・・)
ということで、まずはウルトラ怪獣シリーズの方からご紹介します。


ウルトラ怪獣シリーズ マガオロチ
ウルトラ怪獣シリーズ 89
大魔王獣マガオロチ

ウルトラマンオーブ中盤の強敵、魔王獣の頂点に君臨するマガオロチが500サイズソフビの仲間入りを果たしました!
現在TVではオーブCHRONICLEが放送中なので、それに合わせて定番入りとなりましたね。
以前発売されたマガオロチはDXサイズなので、完全新規造型となっております。

ウルトラ怪獣シリーズ マガオロチ0
正面から。
龍のようで甲殻類のような独特のデザインが、このサイズでも再現されています。
DXソフビで塗装されていたお腹の目は、今回は省略されていますね。

ウルトラ怪獣シリーズ マガオロチ1
横から。
少々デフォルメされていますが、背面に突き出た突起パーツも健在です。
なので、このサイズでもボリュームは中々のもの。
ちなみに首、両腕、尻尾が可動します。

ウルトラ怪獣シリーズ マガオロチ2
背面です。
DXソフビでは突起の先端が塗装されていましたが、今回は省略。
手足の裏にある触手が絡みついたような部分は、メタリックパープルで塗装されていました。

ウルトラ怪獣シリーズ マガオロチ3
高さ自体はタイラントなどのように、500サイズ怪獣の中でも少し低めなのですが、
上でも触れた通り、背面から尻尾にかけてのボリュームが凄いので、値段以上の満足感がありました。
これから定番ソフビとして売られ続けるわけですし、これは人気が出そうです。

ウルトラ怪獣シリーズ マガオロチ4
最後はウルトラ怪獣DXシリーズのマガオロチと並べて。
こう見ると完全に親子サイズですね。
ディテールや再現度はDXサイズに軍配が上がりますが、顔付きは500サイズの方が似ているかも?


ムービーモンスターシリーズ ビオランテ
ムービーモンスターシリーズ
ビオランテ

映画ゴジラVSビオランテに登場した人気怪獣、ビオランテが遂にムービーモンスターシリーズの仲間入り!!
ソフビ自体はVSシリーズが盛り上がっていた頃に発売されましたけど、
バンダイのボーイズトイ事業部からはそれ以来のソフビ化となりますね~。
私も世代人の一人ですけど、やはりビオランテは特別な思い入れのある怪獣です。

ムービーモンスターシリーズ ビオランテ0
正面から。
いわゆる後半戦に登場した「植獣形態」がチョイスされています。
高さは他のムービーモンスターシリーズと比べて小さいのですが、触手などのおかげで結構なボリュームに。

ムービーモンスターシリーズ ビオランテ1
横から。
やはりビオランテは真横から見ると一番カッコいいです。
頭部から背面にかけては、明るめのグリーンで塗装されていますね。

ムービーモンスターシリーズ ビオランテ2
背面です。
こちらに生えている触手2本は、本体と一体成型という形で再現されています。
コストや売り場に陳列した時のサイズに配慮したのでしょうか。
(当時のビオランテのソフビも、箱入りでしたものね)

ムービーモンスターシリーズ ビオランテ3
顔周りのアップ。
本当に出来が良いです、顔も別パーツになっていますし。
メタリックオレンジで塗装されている内蔵も含めて、ディテールもこのサイズにしては頑張っていると思います。

ムービーモンスターシリーズ ビオランテ4
鋭い牙もソフビらしく落とし込んでおり、口内のディテールもある程度再現されていました。
ここから見ると、まるで飲み込まれそうになっているゴジラ目線。

ムービーモンスターシリーズ ビオランテ5
前に生えている2本の触手は、根元から可動します。
ビオランテのフィギュアは何かと場所を取るので、これで置き場のスペースを調整しましょう。
(幸いなことに、今回は後ろの触手があまりスペースを取らない仕様ですし)

ムービーモンスターシリーズ ビオランテ6
新旧ビオランテのソフビを並べて。
サイズは旧ソフビに軍配が上がりますが、やはり造形面では新ソフビの方が劇中似ですね。

ムービーモンスターシリーズ ビオランテ7
最後はかつて食玩のミニバトルGでソフビ化された、ビオランテ(花獣形態)と並べて〆。
こう並べてみると良いサイズ感だと思います。
以上がマガオロチとビオランテの軽いレビューです。
どちらも好きな怪獣ですし、こうやって新商品が発売されたことが嬉しい!
3式機龍改も、明日買いにいかないと!



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|20:21
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ