FC2ブログ

大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

ウルトラマンの新作ソフビをフラゲ!(ウルトラの母、ウルトラマンノア)

明日発売の、ウルトラマンの新作ソフビをフラゲしました。
今回は2種類が同時発売となっています。


ウルトラヒーローシリーズ ウルトラの母(ウルトラウーマンマリー)
ウルトラヒーローシリーズ 71
ウルトラの母(ウルトラウーマンマリー)

ウルトラの父と夫婦であり、ウルトラマンタロウの母親であり、ウルトラマンタイガの祖母でもある、
ウルトラの母ことウルトラウーマンマリーが500サイズのソフビ人形で定番化となりました。
これまでガシャポン版ソフビでしかこのサイズでは発売されていなかっただけに、満を持しての商品化ですね~。

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラの母(ウルトラウーマンマリー)0
造型は平成版のスーツを参考にしているようで、目付きは鋭めになっていますね。
独特の体型や頭部の銀十字勲章なども見事に再現されています。
足も少し閉じ気味になっているのが女性キャラクターらしいですね。

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラの母(ウルトラウーマンマリー)1
ウルトラヒーローシリーズ ウルトラの母(ウルトラウーマンマリー)2
横と背面です。
いつも通り、背面塗装はほとんど省略されています。

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラの母(ウルトラウーマンマリー)3
ガシャポン版ウルトラの母と比較。
大きさや造形など、今回発売されたソフビはまるで別物であることが分かりますね。
というか、何回見ても前の母がデカすぎる・・・w

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラの母(ウルトラウーマンマリー)4
親子3世代が500ソフビで遂に揃い踏み!
突然の発売に驚きましたけど、やはり孫であるウルトラマンタイガと連動した商品ということになるのでしょうかね?
ありがたい話です。


ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンノア
ウルトラヒーローシリーズ 72
ウルトラマンノア

Nプロジェクト最初のウルトラマンにして最終形態とも言える、人気ウルトラヒーローが500ソフビの仲間入りを果たしました。
宿敵のダークザギに遅れること数年、こちらも満を持しての定番化と言えるでしょうw
(データカードダスでもダークザギの方が先行登場でしたね)

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンノア0
こちらは全身がシルバーの「くるみ塗装」仕様であり、成型色はどうやらグレーのようですね。
ウルトラマンゼロビヨンドのようにラメ入り成型色でお茶を濁されるかと思いましたけど、とりあえずは一安心。
中国でも先行して500サイズのノアが発売されていますが、造形物はどうやら別物のようです。

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンノア1
ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンノア2
横と背面です。
全身シルバー塗装なのでギラギラしています。
やはり背中のノアイージスはデザインが美しい・・・

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンノア3
ダークザギと比較。
流用箇所などは無く、造型は完全な別物ですね。
ノアの方がディテールがやや甘め&少しスマート気味な体系なのが惜しいです。

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンノア4
以上がウルトラの母とウルトラマンノアの軽いレビューです。
当然ながら、どちらもライブサインはありませんでした。
また、これらと同時に絶版状態が続いていた「ウルトラマンネクサス(ジュネッス)」、
そして「ウルトラマンマックス」も再販されたので、まだ入手されていない方がいればこの機会に是非!



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|19:27

ウルトラマンベリアルの新作ソフビをフラゲ!(アークベリアル)

明日発売の、ウルトラマンの新作ソフビをフラゲしました。
今回は1種類が発売となっています。

ウルトラ怪獣シリーズ アークベリアル
ウルトラ怪獣シリーズ 119
超銀河大帝 アークベリアル

映画「ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国」に登場した、カイザーベリアルの強化形態です。
大量のエメラル鉱石を体内に取り込んだことにより、カイザーベリアルが超パワーアップを遂げた姿であり、
全身が怪獣のように変化したほか、全身も300メートルと超巨大になっています。
更に口からは星をも破壊する威力を持つ、「アークデスシウム光線」を放つ事が可能です。

ウルトラ怪獣シリーズ アークベリアル0
ベリュドラに続いて、ウルトラマンベリアルの超巨大怪獣が500サイズの仲間入りを果たしました。
他の怪獣と並べられるサイズなだけに小ぢんまりとした印象は受けますけど、
DXソフビに比べると実際のスーツに近いバランスで造形されているのは嬉しいですね。
(ディテールについてはDXソフビの方が凄すぎますが)

ウルトラ怪獣シリーズ アークベリアル1
横から。
尻尾は結構長めに造形されています。

ウルトラ怪獣シリーズ アークベリアル2
背面です。
塗装箇所は前面の一部のみ。

ウルトラ怪獣シリーズ アークベリアル3
ウルトラ怪獣シリーズ アークベリアル4
ウルトラ怪獣シリーズ アークベリアル5
顔周りのアップ。
角やトゲがやや丸めに造形されていますけど、細部はスーツにかなり近付きましたね。
これはリペイントしてやれば化けるんだろうなぁ。

ウルトラ怪獣シリーズ アークベリアル6
可動箇所は両腕と尻尾です。
しかし腕がデカい怪獣ですねアークベリアル。

ウルトラ怪獣シリーズ アークベリアル7
最後はDXソフビやHDシリーズのアークベリアルと並べて〆。
以上がアークベリアルの軽いレビューです。
来月以降も新作ソフビが色々と発売されますが、果たしてスケジュール通り発売できるのでしょうか。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|19:32

ウルトラマンベリアルの新作ソフビをフラゲ!(ベリュドラ、カイザーベリアル)

明日発売の、ウルトラマンの新作ソフビをフラゲしました。
今回は2種類が発売となっています。


ウルトラ怪獣シリーズ ベリュドラ
ウルトラ怪獣シリーズ 117
百体怪獣 ベリュドラ

映画「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」に登場した、超巨大な合体怪獣です。
追い詰められたウルトラマンベリアルが怪獣墓場に眠る無数の怪獣たちの亡霊と融合した姿であり、
その肉体を構成する怪獣の数は200体以上と言われています。
全身から光線を放つことができるほか、その圧倒的な巨体であらゆる攻撃を寄せ付けません。

ウルトラ怪獣シリーズ ベリュドラ0
ウルトラマンゼロ&ウルトラマンベリアル10周年を記念して、まさかのベリュドラが500サイズソフビの仲間入りです。
他のキャラクターとほぼ同じサイズのベリュドラというだけでかなりシュール。
しかしベリアルの一形態な上、映画のボスキャラでもあるので定番ソフビ化は大歓迎です。

ウルトラ怪獣シリーズ ベリュドラ1
ウルトラ怪獣シリーズ ベリュドラ2
ウルトラ怪獣シリーズ ベリュドラ3
横と背面から。
触手状のパーツは、以前発売されたDX版ソフビと同様に胴体に巻き付いた状態で造形されています。
全身は黒い成型色で、各部にガンメタのスプレーが吹いてありますね。
可動箇所は両腕のみです。

ウルトラ怪獣シリーズ ベリュドラ4
顔周りのアップ。
小さいソフビ人形とはいえ、ディテールはかなり頑張っています。
頭部もウルトラマンベリアルやベムスターのパーツがしっかり目立っていますね。

ウルトラ怪獣シリーズ ベリュドラ5
ウルトラ怪獣シリーズ ベリュドラ6
ウルトラ怪獣シリーズ ベリュドラ7
ウルトラ怪獣シリーズ ベリュドラ8
金型は完全新造形です。
簡略化されているとはいえ、各部に存在する怪獣もしっかり作り込んであるのに驚き!
高さ13cmほどのソフビとは思えないですねぇ。

ウルトラ怪獣シリーズ ベリュドラ9
ウルトラ怪獣シリーズ ベリュドラ10
ウルトラ怪獣シリーズ ベリュドラ11
下半身や背面も省略なし。
触手が巻き付いてある部分以外は、ほぼ完璧に造形されています。
見る限り過去のソフビとは各部のディテールも異なっていますし・・・
う~ん、これぞ職人技。

ウルトラ怪獣シリーズ ベリュドラ12
最後は大中小のベリュドラを並べて〆。
何気にウルトラ怪獣シリーズにおいて、3種類もソフビ人形が出ている怪獣なんですね。
そう考えると破格の扱いと言えるでしょう。


ウルトラ怪獣シリーズ カイザーベリアル
ウルトラ怪獣シリーズ 118
銀河皇帝 カイザーベリアル

映画「ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国」に登場した、ベリアルの新たな姿です。
アナザースペースと呼ばれる宇宙にて皇帝として君臨したウルトラマンベリアルであり、
顔の右側にはウルトラマンゼロによって付けられた傷跡があります。
以前よりもパワーアップしており、ゼロを圧倒しつつアークベリアルへと変身を遂げました。

ウルトラ怪獣シリーズ カイザーベリアル0
続いてはこちらもまさかの定番入り、カイザーベリアルのソフビ人形です。
以前にウルティメイトゼロとセット品として発売されたものとは異なり、完全新規造型です。
なので定番ソフビとして売れるように、マントと胴体が一体成型となっているのが特徴ですね。

ウルトラ怪獣シリーズ カイザーベリアル1
ウルトラ怪獣シリーズ カイザーベリアル2
横と後ろから。
成型色は上半身と下半身が赤、両腕が黒となっています。
なので胴体のベリアルの部分は、成型色を利用せず塗装によって表現されていますね。
可動箇所は両腕のみでした。

ウルトラ怪獣シリーズ カイザーベリアル3
顔周りのアップ。
顔の傷跡も塗装とモールドによって表現されています。
胴体の赤い部分も塗装ですし、500ソフビにしては塗装箇所がかなり多い方ですね。

ウルトラ怪獣シリーズ カイザーベリアル4
通常のウルトラマンベリアルやセット品のカイザーベリアルと比較。
マントのボリュームがあるので、両者より少しだけ背が小さくなっています。

ウルトラ怪獣シリーズ カイザーベリアル5
以上がベリュドラ&カイザーベリアルの軽いレビューです。
月末にはアークベリアルが500ソフビの仲間入り。
まだまだウルトラマンベリアル祭は続きます!



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|20:41

ウルトラヒーローシリーズEX ウルトラマンゼロ10周年記念セット!

昨日より、ウルトラマンの新作ソフビ人形が発売開始となりました。
今回はゼロ10周年を記念して、
ウルトラヒーローシリーズEX ウルトラマンゼロ10周年記念セット」なるソフビセットが商品化されています。
基本的に過去ソフビのリペイント商品ばかりなので、それぞれ比較しながらご紹介したいと思います。
全て左側が今回のセット品です


ウルトラヒーローシリーズEX ウルトラマンゼロ10周年記念セット
ウルトラヒーローシリーズEX ウルトラマンゼロ10周年記念セット0
まずはウルティメイトゼロから。
こちらはゼロクロ放送時に、カイザーベリアルとセットで発売されたソフビのリペイント商品ですね。
ボリューム的に定番シリーズ化はできないので、こうやって再販されるのは良い事だと思います。

ウルトラヒーローシリーズEX ウルトラマンゼロ10周年記念セット1
過去商品と比べると目の色がゴールドからイエローに変更されているほか、
今回は首回りまでシルバーで塗装されているのが特徴でしょうか。
ただし鎧の各部にある青いパーツは、塗装が省略されてしまっています。


ウルトラヒーローシリーズEX ウルトラマンゼロ10周年記念セット2
ウルトラヒーローシリーズEX ウルトラマンゼロ10周年記念セット3
お次はストロングコロナゼロです。
過去に限定ソフビとして商品化したり中国限定で発売された事はあったものの、
こうやって500サイズの通常ソフビとして商品化されたのは今回が初!

ウルトラヒーローシリーズEX ウルトラマンゼロ10周年記念セット4
限定版のガンメタっぽい塗装に比べると、シルバーの色味が鮮やかに変更されています。
しかし全体的に塗装箇所が大幅減、せめてウルティメイトブレスレットぐらいは塗って欲しかった・・・
ちなみに金型は通常のウルトラマンゼロの流用でした。


ウルトラヒーローシリーズEX ウルトラマンゼロ10周年記念セット5
ウルトラヒーローシリーズEX ウルトラマンゼロ10周年記念セット6
最後はルナミラクルゼロです。
ストロングコロナゼロに続いて、こちらも500サイズでは一応の初商品化。
ちなみに限定版に付いていたライブサインは、当然ながら削除されております。

ウルトラヒーローシリーズEX ウルトラマンゼロ10周年記念セット7
こちらもシルバーの色味が鮮やかになっているのが特徴。
そしてストロングコロナゼロと同様に、限定版に比べると塗装箇所が減っています。
金型も通常版ウルトラマンゼロの流用ですね。


ウルトラヒーローシリーズEX ウルトラマンゼロ10周年記念セット8
以上がウルトラマンゼロ10周年記念ソフビセットの軽いレビューです。
せっかくここまで来たんですし、テクターギア・ゼロやゼロダークネスなども商品化して、
500サイズでもゼロやベリアルのバリエーションを全て網羅して欲しいですね~。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|17:10

ウルトラファイトオーブ 第5話~8話感想

「ウルトラマンゼロ THE CHRONICLE」内にて、ウルトラファイトオーブが連続放送中でした。
本日放送の分で完結したので、主に後半戦の感想を書いていきたいと思います。

この作品にはオーブとゼロのほかに、ゾフィー、ウルトラセブン、ウルトラマンジャックが参戦したわけですが、
それぞれバードン、キングジョー、グドン&ツインテールと一度勝てなかった相手と再戦するのが燃えましたね~。
しかもゾフィーはファイヤーヘッドを克服し、セブンは逆にキングジョーに馬乗りになり、ジャックは挟み撃ちでも苦戦せず!
忌まわしい過去を乗り越えたウルトラ兄弟、あの雄姿は本当にカッコよかったです。
特に単独でバードンにリベンジを達成したゾフィー、本当におめでとう!

オーブの戦いもオーブトリニティの強さ、そしてそれを上回るレイバトスのしぶとさが良く描かれていたと思います。
レイバトスの強さは怪獣の怨念を操るだけではなく、その驚異的な生命力にもあった。
精神体でも恐ろしい能力を秘めていた、あのレイブラッド星人の血を引く存在だけに一筋縄ではいかない相手ですね。
(目的達成の為に、レイオニクスにとっての最強アイテムであるギガバトルナイザーを復活させたのにも納得です)
オーブトリニティのやられ方も、ほぼ不意打ちに近い攻撃だったので株を下げない演出だったのではないかと。

そんなオーブを鍛えるために、シャイニングゼロの能力でいわゆる「精神と時の部屋」を作ってしまったのにはビックリ。
そしてセブンとゼロという、鬼親子による特訓がその中で行われたのもビックリ。
更に外と流れる時間が違うので、その中で10年間も修行を続けていたのにもっとビックリ!
特訓の全貌は明かされませんでしたが・・・オーブ、よく無事でしたね・・・w
(ガイは数千年以上生きているので、彼らの感覚からすればそれほど長い時間では無さそうですが)

特訓の成果によるパワーアップ、そしてセブンからもフュージョンカードを授けられて、いよいよ真打登場!
これまでガイの脳裏にも度々現れていた、セブンとゼロの力でフュージョンアップしたエメリウムスラッガー。
そのビジョンがゼロの時を操る力の作用だったという理屈にも納得ができましたし、
両者のパワフルさ、そしてスマートさが出ているエメリウムスラッガーのアクションもカッコよかったです。

10年分の修行による成果が出ていた、オーブとセブン&ゼロの連携攻撃の数々。
フュージョンアップの元になったウルトラ戦士とオーブの本格的な共演はこれが初ですし、
タイラントを圧倒する力強さにも惚れ惚れしてしまいました。
レイバトスへのリベンジ戦も、3本のアイスラッガーを多用して再生を上回るほどのダメージを叩き込む荒業!
オーブの「2万年早いぜ!」も聞けましたし、やはり修行の間に相当あの親子の影響を受けたんだろうなとw

そして待ち受けていた、衝撃のラストシーン。
レイバトスの勉強不足というよりは、あの時点でベリアル生存を知っているのはダークネスファイブだけなんですよね。
(列伝ではゼロとグレンファイヤーも察しており、今回のゼロの描写を見る限りでは彼も既に勘付いているでしょうが。
あとはプラズマギャラクシーに遠征した関係者も知っている・・・?)
最初に奴が来ると見せかけておいて・・・ズドン!という演出にもやられました。

こうしてレイバトス事件は幕を下ろし、オーブも再びクレナイ・ガイとして旅に出ることで「ウルトラマンオーブ」は完結。
約1年間、様々な媒体で展開されてきただけに、オーブ終了はとても名残惜しいものがあります。
しかし何かを感じているゼロの表情、そして今回の衝撃の幕引き。
ゼロザクロニクルは次回からベリアルが復活を果たす作品である「ウルトラゼロファイト」を連続放送し、
いよいよ来月からスタートする新番組「ウルトラマンジード」への橋渡しが始まります!


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|20:32
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ