FC2ブログ

大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

シン・ウルトラマンのソフビ人形を購入!

では、昨日に引き続きウルトラマンの新作ソフビをご紹介します。
今回もシン・ウルトラマンからです。

ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン
ムービーモンスターシリーズ
ウルトラマン(シン・ウルトラマン)

今夏公開予定の映画「シン・ウルトラマン」に登場するウルトラマンです。
成田亨さんが描かれたウルトラマンのデザイン+スーツアクターの古谷敏さんの体型を組み合わせ、
徹底したオリジナルへの回帰が図られたのが今回のシン・ウルトラマン。
身長&体重を含めた全てのデータは現時点では不明で、その見た目や正体不明さから、
ヒーローというよりは宇宙人というイメージが非常に強くなっているのが特徴でもあります。

ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン0
昨日に取り上げたネロンガやガボラと同時に、主役のシン・ウルトラマンのソフビもムビモン枠で発売となりました。
ソフビでも第一報の画像や雛型モデルと同様に、素立ちの姿で造形されています。
画像ではかなりシュールな印象を受けましたけど、こうやって立体物になるとカッコいい・・・というより美しいの一言。
ソフビ人形でありながらも、どこか彫刻のような雰囲気を醸し出しております。

ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン1
ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン2
ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン3
色んな角度から。
初代ウルトラマンとは異なり、カラータイマーや背鰭、そして手足の繋ぎ目はおろか覗き穴まで廃されたその姿は、
まさにシンプルイズザベストと言えるのではないでしょうか。
太ももなど、一部の模様も初代ウルトラマンとは異なっていますね。

ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン4
ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン5
ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン6
バストアップ。
全ての元となった成田亨さんのデザインをベースにしているだけではなく、
初代ウルトラマンにおける3タイプのスーツのイメージを上手くブレンドしてある印象を受けます。
その一方で右耳には電飾のスイッチまで造形されているのが細かいw

ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン7
細長い腕は指先まで造形が細かく素晴らしい出来栄え。
腕は中空成型ではなく、更に全塗装で表現されているのもポイントでしょうか。

ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン8
肋骨や腹筋まで感じさせる胴体のディテールも凄いです。
胸元にカラータイマーが無いので本当にシンプルですねぇ。

ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン9
膝から下は腕と同様に、中空成形ではない別パーツで表現されています。
この事により足元に重量が増し、ちゃんと自立するようになっているほか、Bタイプのように尖った爪先も再現できていますね。
こちらも全塗装です。

ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン10
背面も塗装省略されている所はありません。
なんというか質感も肉感も子供向けソフビの粋を超えている気が。

ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン11
足の方も手抜きなし。
劇中ではフルCGで表現されるようですが、どのようなアクションを見せてくれるのでしょうかね。

ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン12
成型色は上半身と下半身が赤、顔と両腕と両足が白です。
可動箇所は人型ソフビらしく両腕と腰のみ。

ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン13
現行ウルトラヒーローシリーズのウルトラマンと比較。
大きさは約17cmほどです。

ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン14
近くに置いてあった旧ウルトラ怪獣シリーズのイーヴィルティガと比較。
いわゆる800サイズとほぼ同じ大きさですね。

ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン15
< うるせぇ、ブルトンぶつけんぞ
という懐かしいネタでも遊べます。

ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン16
以上がシン・ウルトラマンの軽いレビューです。
予想以上のクオリティにただ驚くばかり。
映画公開はしばらく先になりそうですし、今はネロンガやガボラと共に飾って楽しみたいと思います。
果たして映画にはこの3キャラクターしか出ないのか、もしくは隠し玉が待っているのか!?
今後のソフビ情報にも注目したいと思います。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|20:24

シン・ウルトラマンの新作ソフビをフラゲ!(ネロンガ、ガボラ)

本日2度目の記事更新となります。
では、ゼルガノイドに続いて明日発売の新作ソフビをご紹介します。
まずは怪獣2種類からとなります。


ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン ネロンガ
ムービーモンスターシリーズ
ネロンガ(シン・ウルトラマン)

今夏公開予定の映画「シン・ウルトラマン」に登場する怪獣が、早くもソフビ化となりました。
こちらはウルトラマン第3話に登場した、透明怪獣ネロンガのシン・ウルトラマン版となるようです。
現時点では詳細は一切不明であり、予告編ではネロンガらしく体を透明にしているシーンや、
頭部の一本角が光るシーンなどが公開されています。

ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン ネロンガ0
話題作であるシン・ウルトラマンの商品展開が、2月6日より早くもスタートです!
まずウルトラマンのシリーズでありながら、ソフビ人形がムービーモンスターシリーズ枠で発売されるのにビックリです。
シン・ウルトラマンのソフビはどれも劇中CGをベースに造形されているようで、その辺りはシン・ゴジラと同じですね。
このシン・ネロンガも現代風にアレンジされており、各部のディテールが凄い事になっております。
しかし全体のイメージは正にネロンガそのものであり、大幅なアレンジは加えられていないですね。

ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン ネロンガ1
ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン ネロンガ2
ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン ネロンガ3
ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン ネロンガ4
横から。
サイズは高さ約14cm、横幅約14cm、長さ約35cm。
ムビモンと考えても、とにかく尻尾が長いです。

ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン ネロンガ5
ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン ネロンガ6
背面です。
ネロンガ特有の背中から尻尾にかけての黄色い部分は、ほぼ塗装されていました。
しかしバラゴン型の怪獣だけあって、背中もボリュームがありますね。

ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン ネロンガ7
ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン ネロンガ8
ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン ネロンガ9
顔周りのアップ。
オリジナルのネロンガに比べると目が小さいほか、角や牙などがボリュームアップしています。
対象年齢的に仕方なかったのでしょうが、頭部の二本の触角が一体成型になっているのが残念です。
赤く光る首元の器官は塗装されていませんでした。

ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン ネロンガ10
可動箇所は両腕と両足です。
こんな感じで何となく4足歩行っぽい雰囲気にすることも可能。

ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン ネロンガ11
800サイズソフビこと、旧ウルトラ怪獣シリーズのネロンガと比較。
高さは800ソフビの方が上ですが、尻尾の長さなど全体的なボリュームはムビモンの方が遥かに上です。
6本の鋭い爪が生えた腕もそうですけど、全体的に地底怪獣感がアップしたような印象を受けますね。
果たして劇中ではどのような形で登場するのでしょうか?


ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン ガボラ
ムービーモンスターシリーズ
ガボラ(シン・ウルトラマン)

ネロンガと同様に、映画「シン・ウルトラマン」に登場する怪獣が早くもソフビ化です。
こちらはウルトラマン第9話に登場した、ウラン怪獣ガボラのシン・ウルトラマン版となるようです。
現時点では詳細は一切不明であり、予告編では山を登る姿が映ったほか、
体の各部がドリルのように回転する姿を見せてファンを驚かせました。

ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン ガボラ0
続いてはガボラです。
まずバンダイのボーイズトイ事業部からガボラのソフビが一般販売されたのは、ウルトラマンパワード以来となりますね。
ウルトラ怪獣シリーズではパワードガボラしか発売されていませんし、ウルトラ大怪獣シリーズ5000は限定商品なので。
こちらはネロンガ以上にバリバリのアレンジが入っており、シルエットこそガボラですが細部はかなりの別物。
特に骨化したような無機質な顔が、オリジナルと大きく異なっています。

ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン ガボラ1
ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン ガボラ2
ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン ガボラ3
ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン ガボラ4
横から。
サイズは高さ約15cm、横幅約9cm、長さ約33cm。
ネロンガに負けず劣らずのボリュームです。

ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン ガボラ5
ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン ガボラ6
背面です。
背中の回転するコイルのようなパーツは、メタリック塗装でギラギラした質感です。
見れば見るほどサイボーグ感が凄い。

ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン ガボラ7
ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン ガボラ8
ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン ガボラ9
顔周りのアップ。
上でも触れましたけど、生物感がかなり薄い無機質な作りになっていますね。
予告編では顔の穴から赤い目が覗いていましたが、ソフビでは再現されていません。
というか公開されたCG画像では、このソフビのような仕様になっているんですよね。
土壇場でデザインが変わったのか、もしくは何か映画に関わる秘密があるのか・・・

ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン ガボラ10
可動箇所は顔、ヒレ、両腕、両足です。
ドリルのようになっているヒレも別パーツなのでグリグリ回せるのが楽しいですね。
接着すればヒレを閉じたバージョンにもできる・・・かも?

ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン ガボラ11
ウルトラ大怪獣シリーズ5000のガボラと比較。
シルエット以外はかなり別物感が強く、ヒレや背中のパーツがドリル状に回転しているので、
デザインも含めて「何者かに改造されたサイボーグ怪獣なのでは・・・?」と予想しています。
そうなると、元になった怪獣は・・・?


ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン ガボラ12
ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン ガボラ13
ネロンガとガボラを並べて。
よーく見ると、腕、足、そして胴体はほぼ同じパーツである事が分かります(ソフビは別造型ですけど)。
元が同じバラゴンのスーツを改造した怪獣だからという小ネタなのか、劇中に関わる大きな意味があるのか。
全ては映画が無事公開された頃に判明するでしょう・・・

ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン ガボラ14
以上がネロンガとガボラの軽いレビューです。
同時発売のシン・ウルトラマンのソフビは何と完売していました・・・(フライング販売で完売って!?)
そちらは明日に何とか購入してご紹介したいと思います。
シン・ゴジラの時にも感じましたが庵野作品、恐るべし。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|21:24
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ