FC2ブログ

大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

S.H.Figuarts ツインテール

S.H.Figuarts(エス、エイチ、フィギュアーツ)の最新作が、昨日より発売開始となりました。
今回商品化されたのは、こちらのキャラクターです。

フィギュアーツ ツインテール
古代怪獣ツインテール
帰ってきたウルトラマン第5話「二大怪獣東京を襲撃」、第6話「決戦!怪獣対マット」に登場した、
一度見たら忘れられないスタイルをした人気怪獣です。
地底より発掘された卵より孵化をし、東京の市街地を蹂躙。
天敵である地底怪獣グドンと共に、ウルトラマンジャックを一度倒しています。
武器は鋭い牙と二本の長い尻尾、そして全身に生えている毒針です。

フィギュアーツ ツインテール0
フィギュアーツ ツインテール1
フィギュアーツ ツインテール2
ウルトラシリーズを代表する人気怪獣、ツインテールがウルトラアーツにて遂にアクションフィギュア化!
その特異なスタイル故にアクションフィギュア化は難しいと思われていただけに、まさかの抜擢に驚きを隠せませんでした。
造形も見事なもので、背面の棘に至るまで徹底的に再現されているほか、
体節を利用して可動部分をできるだけ目立たないようにするなど、スタイルと可動の両立が追及されています。
いやー、アルティメットルミナスに続いて凄いツインテールですよ本当に。

フィギュアーツ ツインテール3
フィギュアーツ ツインテール4
フィギュアーツ ツインテール5
顔周りのアップ。
口内までしっかり造形されているほか、口の付け根にある例の「エアー噴射用ホース」まで再現w
目の塗装がややのっぺりとしていますけど、雰囲気は掴めていると思います。
汚し塗装をしてやれば、もっと劇中イメージに近付きそうですね~。

フィギュアーツ ツインテール6
底面から。
顎の裏まで造形されているほか、こちらも例によって再現されてしまった「足の裏側」w
アルティメットルミナスの時にも触れましたけど、これは実際のスーツ通りに造形されているんですよね。

フィギュアーツ ツインテール7
第二の目こと「発光する三半規管」周りのアップ。
発光器官はメタリックグリーンで塗装されていて綺麗です。
左右で数が違うトゲの部分まで再現されていますし、本当に細かいなぁ・・・

フィギュアーツ ツインテール8
フィギュアーツ ツインテール9
可動範囲ですが、やはりデザインがデザインだけにかなり限定されてしまっています。
とは言っても体節が細かく分割されていますし、首なども動くのでツインテールらしいアクションは大体可能かと。
鞭のような尻尾もパーツが部分的に回転することによって、ある程度「動き」をつけることが出来ました。

フィギュアーツ ツインテール10
パーツ差し替えにより、相手に巻き付けている状態の尻尾にすることも可能です。
こちらはウルトラマンジャックを筆頭に、対人型キャラクター用のボーナスパーツですね。

フィギュアーツ ツインテール11
そして背面にある下部パーツを取り外すことにより・・・

フィギュアーツ ツインテール12
フィギュアーツ ツインテール13
ウルトラマンメビウスで初披露した、「水中を泳ぐツインテール」に変形させることも!
今回は帰ってきたウルトラマン版のツインテールだっただけに、
こうして平成版のギミックまで取り入れてくる遊び心には脱帽でした。
この姿だと「古代生物」かつ「水生生物」なのに説得力が出てくるんですよね。

フィギュアーツ ツインテール14
以上がツインテールの軽いレビューです。
アクションフィギュアでしか出来ないギミックまで搭載されていますし、
何より怪獣では久しぶりの一般販売商品なので、多くの方に手に取って貰いたいフィギュアだな~と。
(プレバンでグドンの発売も決まったことですしね)
同時に到着したアトロシアスは、明日以降に取り上げる予定です。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|19:24

アルティメットルミナス グドン&ツインテール(限定品)

アルティメットルミナス グドンツインテール
プレミアムバンダイ限定の、アルティメットルミナス グドン&ツインテール(早期購入特典付き)が到着しました!
まずは両者のLEDをOFFにした状態から。
こう見ると何だか死んでいるみたいですね・・・(特にツインテールが)

アルティメットルミナス グドンツインテール0
ということで、まずは地底怪獣グドンのルミナスユニットをON!
グドンには赤いルミナスユニットが付属しており、目が赤く点灯します。

アルティメットルミナス グドンツインテール1
いやー、素晴らしい出来です。
帰ってきたウルトラマンに登場した、初代グドンのスーツを見事に再現。
過去に発売されたアルティメットモンスターズよりも、遥かに劇中スーツに近付いています。

アルティメットルミナス グドンツインテール2
横から。
頭部から尻尾にかけての「S字型体型」もイメージ通りです。
手の鞭も、有名なスチール写真を元に「うねり」が取り入れられていますね。

アルティメットルミナス グドンツインテール3
背面です。
アンバランスに配置された棘パーツもある程度鋭く造形されており、手に持つとグサグサ刺さりますw
このシャープさもグドンの魅力の一つですね。

アルティメットルミナス グドンツインテール4
アルティメットルミナス グドンツインテール5
アルティメットルミナス グドンツインテール6
アルティメットルミナス グドンツインテール7
そして見て下さい、この顔付き!
グドンのカッコよさが余すところ無く詰め込まれた、素晴らしい造形です。
更にルミナスユニットを点灯することにより、黒目が浮かび上がる仕様がカッコいいの何の。
思わず溜息が漏れてしまうほどのカッコよさ、さすがアルティメットルミナスです・・・


アルティメットルミナス グドンツインテール8
続いては古代怪獣ツインテールです。
ツインテールには白と緑のルミナスユニットが付属しており、それぞれを使用すると上下の目が白と緑に点灯します。

アルティメットルミナス グドンツインテール9
このツインテールも、サイズが近いアルティメットモンスターズより格段に良い出来となりましたね。
初代ツインテール特有のスマートな体系も再現されています。
グドンに比べるとどうしても分割線が目立ってしまいますが、そこはデザイン上仕方ないですかね。

アルティメットルミナス グドンツインテール10
横から。
顔を少し持ち上げ、体と尻尾をやや前に出している臨戦態勢を表現したポージングが素晴らしいです。
ディテールも良い感じですけど、もう少しモールドを強調させるような塗装でも良かった気がします。

アルティメットルミナス グドンツインテール11
背面です。
今回、造形面で一番苦戦したと言われている棘パーツの配置は流石の仕上がりでした。
また、微妙に土にまみれたような塗装もされているのが嬉しいです。

アルティメットルミナス グドンツインテール12
アルティメットルミナス グドンツインテール13
アルティメットルミナス グドンツインテール14
ツインテールの表情も中々いい感じです。
口内もある程度再現されていますし、下口の付け根にある空気を出すホース部分までしっかりと造型w
少し光量が強いので、劇中よりも目力が強くなっちゃっていますが。

アルティメットルミナス グドンツインテール15
更に、ツインテールの足もしっかりと造型されていました。
例の「スーツアクターの足の裏」まで・・・w
(実際のツインテールのスーツもこうなっています)

アルティメットルミナス グドンツインテール16
少し暗いところで点灯。
ゼットンやキングジョーほどの衝撃はありませんが、やはり光が灯った怪獣はカッコいいですね。
これぞアルティメットルミナスの醍醐味です。

アルティメットルミナス グドンツインテール17
帰ってきたウルトラマンこと、ウルトラマンジャックと並べて。
画像を加工しまくって夕焼けの戦い風にしてみましたが、カラータイマーが青い状態なので何か違和感が。
ジャックがブレスレットの無い初期の状態で商品化されたのは、これを見越してだったのでしょうか?


アルティメットルミナス グドンツインテール18
グドンとツインテールのルミナスユニットは取り外し可能なので、ウルトラマンギンガに使用してギンガファイヤーボール!
(目とカラータイマーまで赤くなるので怖いですけど)

アルティメットルミナス グドンツインテール19
もう一丁、ギンガコンフォート!
(こちらも目とカラータイマーが巻き添えに)

アルティメットルミナス グドンツインテール20
更に、ベリアルに支配されたり暴走状態の時に見せた、闇堕ちウルトラマンジード(赤目)も!
まさかこれまで可能とは、本当にこのセットを買って良かったです・・・

アルティメットルミナス グドンツインテール21
そして早期購入特典ということで、今後展開される予定の「アルティメットストラクチャー」のプロモーションも兼ねて、
電灯、高速道路、トラックのミニチュアが付属していました。
かなり小さいですけど、これはたくさん集めると凄いことになりそうです。

アルティメットルミナス グドンツインテール22
アルティメットルミナス グドンツインテール23
残念ながら高速道路は一つしか付属しないので、ドアップで使用してそれらしいアングルで収めてみました。
こちらは今後のアルティメットストラクチャーと連結可能らしいので、それから真価を発揮しそうです。
以上がグドンとツインテールの軽いレビューです。
新作のウルトラマンエックス&グリーザ(第二形態)も進行中らしいですし、予約開始が待ち遠しいですね~。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|21:05

フィギュアーツのパンドン、モンスターアーツの3式機龍が予約開始!

モンスターアーツ 3式機龍予約
http://p-bandai.jp/item/item-1000123746

S.H.MonsterArts MFS-3 3式機龍 品川最終決戦Ver.
発送予定:2018年8月
税込価格:12960円
◆商品内容
・本体
・メーサーブレード
・レールガンユニット
・バックユニット
・交換用ヘッド2種
・アブソリュート・ゼロ エフェクトパーツ
・ダメージ再現パーツ2種
・エフェクト用台座



フィギュアーツ パンドン予約
http://p-bandai.jp/item/item-1000123814

S.H.Figuarts パンドン 史上最大の侵略セット
発送予定:2018年8月
税込価格:8100円
◆商品内容
・本体
・改造パンドン用 腕パーツ
・改造パンドン用 脚パーツ
・頭部世界観再現パーツ
・アイスラッガー持ち手首



昨日から、モンスターアーツとフィギュアーツの最新作がプレミアムバンダイにて予約開始となりました。
モンスターアーツは予約中の釈ゴジに合わせて、機龍が豪華仕様となって再販決定。
終盤のシーンを再現できる破損パーツや、アブソリュート・ゼロのエフェクトパーツなど盛り沢山の仕様ですね。
かねてより再販要望が高かったキャラクターだけに、今回が入手できる最後のチャンスになるかもしれません。

そしてウルトラアーツ最新作は、ウルトラセブン最終回を再現可能なパンドンセット!
まさかのパーツ差し替えで改造パンドンにもなれる上に、受け止めたアイスラッガーを手にしたり、
それを投げ返されて絶命したシーンまで再現できるパーツ付きとは・・・w
ゼットンやジャグラスジャグラーも居ますし、これでゼッパンドンに超合体している最中のシーンが遂に再現可能に!
うーん、値段が値段だけに今回はジャグラーのように2個買いするかどうか悩みますね・・・



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|21:59

少年リックより、ウルトラマングレートの新作ソフビフィギュアが予約開始!

ショウネンリック ウルトラマングレート
http://www.ric-toy.ne.jp/products/detail/120
大怪獣シリーズ
ウルトラマングレート ショウネンリック限定版

発送予定:2018年5月
税込価格:14040円




大怪獣シリーズ
ウルトラマングレート 一般流通版

発送予定:2018年5月
税込価格:10800円



エクスプラス製のソフビシリーズ、少年リックより大怪獣シリーズのウルトラマングレートが発売決定となりました!
ウルトラマンパワードに遅れること約5年、ようやく商品化となりましたね~。
ショウネンリック限定版は目とカラータイマーが発光&点滅するギミック付きであり、
その他は通常版とほぼ同じ仕様のようです。

何よりポージングと造型が素晴らしい!
独特のパールがかった色味も再現されていますし、ウルトラマングレートの決定版フィギュアでは?と思える仕上がりです。
限定版は2018年4月9日までの限定受注なので、欲しい方はお早めにどうぞ。
うーん、どちらを予約するか悩みますねぇ・・・w
この辺りは財布と相談しつつ決めたいと思います、どっちにしろ買いますよ!買わせて頂きます!!



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|20:50

S.H.Figuarts ダダ(限定品)

遅ればせながら、S.H.Figuarts(エス、エイチ、フィギュアーツ)最新作が発送されていました。
今回、魂ウェブ商店限定商品として商品化されたのは、こちらのキャラクターです。

フィギュアーツ ダダ
三面怪人 ダダ
ウルトラマン第28話「人間標本5・6」にて初登場した、ダダ星からやってきた宇宙人です。
サンプルとして地球人の標本を集めるために宇宙線研究所を占拠し、職員を一人一人襲っては、
手にしたミクロ化機で収縮して集めて回っていました。

フィギュアーツ ダダ0
その独特すぎるデザインが忘れられないダダも、フィギュアーツでアクションフィギュア化となりました。
頭でっかちなスタイルに全身の複雑怪奇な模様など、初代ウルトラマンに登場したダダの特徴をよく捉えていると思います。
膝も、現在発売されているソフビ人形と同様に、黒く剥がれた状態ではなく初期の白い状態で再現されていますね。

フィギュアーツ ダダ1
横から。
頭部に入ったの線のようなディテールも再現。

フィギュアーツ ダダ2
背面です。
模様がほぼ完璧に再現されている辺り、限定品になったのも頷けます。

フィギュアーツ ダダ3
バストアップ。
顔面に空いた穴も黒く塗装されている拘りよう。
目付きや表情なども良く出来ていますね~。

フィギュアーツ ダダ4
開き手などを使用して、様々なアクションポーズで遊べます。
流石にウルトラヒーローに比べると、可動範囲は少し狭めですかね。

フィギュアーツ ダダ5
とは言っても、胸や腰、股など可動軸は多めなのでハイキックポーズも可能です。
(劇中では逆に、ウルトラマンに思いっきり蹴られていましたが)

フィギュアーツ ダダ6
必殺技、ダダシウム光線!
(※こんな技は劇中にありません)

フィギュアーツ ダダ7
顔パーツは前面を取り換えることが可能で、まずは青い瞳が特徴のダダ(Bタイプ)に。
髭(?)のようなラインも塗り分けが細かくて凄い・・・

フィギュアーツ ダダ8
続いては黄色く小さな瞳が特徴のダダ(Cタイプ)に。
何というか、3タイプの中で一番「成田亨さんがデザインした!」感が強い表情だと思います。

フィギュアーツ ダダ9
最後に、スペシウム光線が顔面に直撃して焼け爛れた状態のAタイプマスク!
まさかこんなマニアックなパーツが付属するとは、これを再現した商品は初ではないでしょうか?w

フィギュアーツ ダダ10
そして目玉とも言える付属品が、こちらの「ミクロ化機」になります。
専用の右手と一体になっており、左手で支えることにより安定感もバツグンでした。

フィギュアーツ ダダ11
金属感のある塗装に、先端がクリアパーツ仕様になっているなど素晴らしい出来だと思います。
やはりダダはこれが無いと!

フィギュアーツ ダダ12
最後はお馴染みのダダポーズで〆。
以上がフィギュアーツのダダの軽いレビューです。
先日開催されたイベントではウルトラマンジード勢の他にも、
アントラー、パンドン、グドン、ツインテールなども展示されていたそうですし、ウルトラ怪獣アーツの今後に期待ですね!



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|18:05
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ