大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

第2弾!

20070517210131.jpg

ようやくプレイできました!
しかし子供達が居たため、あまり長時間プレイできず・・・

それはさておき、今回も中々楽しめました。
待ちに待ったキングジョーやバキシムでプレイすると、また一味違うというものです。
ストーリーモードも第4~6話までプレイできますが、詳しい事はネタバレになるためあまり書けません。
その理由は第6話のクライマックスです。
ある程度予想していた展開でしたが、まさか本当にそうなるとはw
それに「あのキャラ」も本格的にストーリーに絡んでくるようで、
早くも「第3弾をプレイしたい!」という気持ちが強くなってきました。

ソフビ人形もNO.20まで発売され、玩具売り場も賑わってきました。
今月は食玩のミニソフビや、大怪獣バトルの重要アイテムである「バトルナイザー」も発売されます。
カード集めだけに没頭しすぎて、それらを買い逃さないように気をつけないといけませんねw
スポンサーサイト
関連記事
Permalinkコメント:(14)トラックバック:(0)|22:53

orz

近所の稼働日は明日だそうです・・・orz

早くプレイしteeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee!!!!
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|20:25

いよいよ明日&第2弾のカード詳細

20070517210131.jpg

明日は6月28日、いよいよ大怪獣バトル第2弾の稼働日です!
待ちきれずに行き着けのジャスコに行ってみると・・・見事に第1弾でしたw

しかし、第2弾のカードが全て載っているチラシを入手!
それによると、第2弾のカードリストは以下のようになっています。


・全46種

怪獣カード(24種)
055、056 レッドキング
057、058 ダダ
059、060 キングジョー(059は金レア!)
061、062 グドン
063、064 ツインテール
065、066 ヒッポリト星人
067、068 バキシム
069、070 サタンビートル
071、072 キリエロイド
073、074 モンスアーガー
075 ゴモラ
076 メフィラス星人
077 ジェロニモン
078 超コッヴ

技カード(22種)
079 ペギラ
080 ペスター
081 スカイドン
082 チブル星人
083 ミクラス
084 ガッツ星人
085 キングザウルス三世
086 バードン
087 カタン星人
088 ブリザード
089 シーリザー
090 ガギ
091 エンザン
092 ラグストーン
093 シャマー星人
094 ナツノメリュウ
095 クラウドス
096 ボガール
097 デスレム
098 グローザム
099 メフィラス星人
100 エンペラ星人


なんと、技カードで暗黒四天王(の内3人)、皇帝、バードン、ガッツ星人等の大物キャラが多数登場です!
これは予想外。
能力は当たってからのお楽しみという事で・・・(今日か明日に公式HPで明かされるでしょうがw)

しかしこれだけは言えます。
今回は強力な能力を持った技カードが多数登場し、怪獣カードは技カードを使えるタイミングが早いキャラが少し居ると。
前回よりは技カードの重要度が上がっていると思います・・・それでも実際プレイしてみるまでは解りませんが。

更に公式HPによると上級を凌ぐ「認定モード」なる新モードがあるとか。
明日からはボタン連打のやりすぎで、指を怪我なさらないように注意して下さいw
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|20:01

第1弾 シーン8 「勇者の旅立ち」

20070517210131.jpg

ボクは、ゴモラと一緒に、とうとう三体の復活怪獣を倒した。
逃げようとするブルトンと一緒に四次元の渦が周囲のものを巻き上げた。
「クワーッ」
ピグモンが叫ぶ。ボクとピグモンは四次元の穴の中に吸い込まれてしまったのだ。
「これから先、君を待っているのは戦場だ!
もう後戻りはできない!平和のために戦え!」
謎の宇宙人からのテレパシーが届いた。
気が付くとボクたちは、見知らぬ惑星に辿り着いていた。

運命に導かれるまま、ボクたちの冒険が始まったのだ。


第一弾のストーリーはこれで終わりです。
敵か味方か、謎の宇宙人の正体とは一体?
四次元空間に吸い込まれてしまった少年の運命は?
続きはもうじき稼動する第二弾にて!
(第2弾 シーン1へ続く)
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|20:49

第二弾と第三弾

20070517210131.jpg

公式HPに、明日より始まる次世代ワールドホビーフェア用のムービーが公開されました。
第二弾だけではなく、第三弾の一部まで公開されている太っ腹っぷり!
やはりナックル星人の声優はメビウスと同じあの人のようですねw
更に一瞬だけ色んなカードが出てくるシーンがありますが、タイミングよく停止ボタンを押せばそのカードの詳細がよく解ります。
第3弾以降だとは思いますが、技カードとしてウルトラマンメビウスの重要キャラクターが多数登場するみたいで楽しみですね。

そして、ついに今月28日より第二弾が稼動開始!
またコンプリートまでの長い道のりが始まるかと思うと不安だったり楽しみだったりw
第二弾の全カードリストもそろそろ公式HPで公開されるはずなので、更新を楽しみに待ちましょう!
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|20:24

慢性ガス過多症宇宙人 ベンゼン星人

20070618143737.jpg

身長:2~63m
体重:123キロ~4万トン
登場話:劇場用作品「ウルトラマンゼアス」に登場

体が毒ガスで犯されている宇宙人。
金エネルギーを受けることで毒ガスを頭の穴から放出できるので、コッテンポッペを使い地球の金を狙った。
頭の穴はガスを放出するだけではなく、破壊光線を放つ事もできる。
破壊や汚しに美を感じており、それを口癖のように話している。
続編であるウルトラマンゼアス第2作には奥さんであるレディベンゼン星人が登場した。
地球上では「悪神亜久馬(おがみあくま)」という人間に姿を変えており、ヘリに変形できる車を使いゼアスを監視する。
尚、人間体や声は俳優の鹿賀丈史氏が演じている。

ゼアスは当時、映画館に見に行きましたねぇ。
今思うととんねるずや鹿賀丈史さん、科学特捜隊メンバーの方々など出演メンバーがもの凄く豪華ですねw
さすが30周年記念作品なだけはあります。
ベンゼン星人も楽しい悪役キャラなので印象深い奴でした。
一々MYDO基地であるガソリンスタンドに来て、ゼアスに嫌がらせをして帰って行くのがなんともw
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|19:00

関連書籍

今更ながら購入しました。
まずは「大怪獣バトル ウルトラモンスターズ 大怪獣バトル図鑑1」です。
20070619220502.jpg

絵本なので幼児向けかと思いきや、
ポリゴン怪獣の三面図や技カードのイラストの全体図が見れるという豪華さに驚きました。
しかし、三面図の怪獣がみんな棒立ちでなんだか可愛いですw



続いて「大怪獣バトル ウルトラモンスターズ公式ひみつブック」です。
20070619220512.jpg

こちらは大怪獣バトル第一弾の様々な詳細が載っている本です。
各カードの使いやすさやレア度もしっかり記載されているのが好印象。
更に付録として、分身攻撃バルタンの絵柄と能力違いのカードが封入されています。
コンプリートを目指す者にとっては見逃せない本ですね。

どちらの本も、弾が出るごとにどんどん発売されるタイプの本だと思うのでこれからが楽しみですね。
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|22:19

第1弾 シーン7 「友好珍獣ピグモン」

20070517210131.jpg

ピグモンは絶滅した怪獣たちが復活するわけをボクに説明してくれた。
「四次元怪獣ブルトンのしわざだっピ。ブルトンが怪獣や宇宙人たちを地球に送り込んでいるんだ。」
このままだと、世界中で被害が増えつづけてしまう。
「よし、ブルトンを退治しよう」
ピグモンに案内されてブルトンを発見したボクは、バトルナイザーを握り締め勝負に挑む。
ブルトンは、ジェロニモン、レイキュバス、超コッヴの三大怪獣を呼び出した。
バトルナイザーから、ゴモラを呼び出し、ボクは戦う!!

今度の敵は強そうだけど、勝てるのだろうか?


黒幕、ブルトンの登場です。
しかしブルトン自身が本当に怪獣を呼び出しているのでしょうか?
もしくは何者かに・・・
(シーン8へ続く)
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|22:11

再生怪獣 サラマンドラ

20070618143715.jpg

身長:60m
体重:4万トン
登場話:「ウルトラマン80」第13話に登場

ゴルゴン星人の手によって操られる宇宙怪獣。
体をミクロ化した星人が、この怪獣の細胞と一体化していると思われる。
武器は上顎から放つロケット弾や高熱火炎で、最大の特徴はその強固な皮膚や再生能力である。
弱点である喉の赤い組織を破壊しない限り、その再生能力を封じる事はできないと言われている。
メビウスでも同族が登場したが、この固体はゴルゴン星人が連れてきたもう一匹のサラマンドラらしい。
覚醒する前に80時のサラマンドラごとゴルゴン星人が倒されたので、覚醒しないまま眠りについていた。
しかし何者か(レッサーボガールと思われる)が呼び覚ましてしまい、25年ぶりに地上に出現した。

このサラマンドラ、小さい頃にソフビ人形を買ってもらったのをよく覚えています。
メビウスでも、テッペイがそのソフビ人形を持っていたのに思わず笑ってしまいましたがw
突如ビルを突き破って出現するシーンは、特撮のレベルが高い80の中でもかなりの名シーンなので必見です。
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|14:50

祝 DVD化

20070616233222.jpg

皆様、「ヒカリサーガ」というものをご存知でしょうか?
NTT東日本フレッツ光の加入者のみが見ることができたウルトラマンメビウスの外伝です。

主人公はウルトラマンヒカリで、
・本編の前日談となる「アーブの悲劇」キング、ボガール、アーブ人登場
・ヒカリが一旦地球を離れた直後の話「勇者の試練」ゾフィー、ベムスター登場
・ヒカリが再び地球を訪れるきっかけとなった「光の帰還」ゾフィー、父、母、キング、ババルウ星人登場
以上の全3話構成になっています。

内容は人間が一切出てこず、ウルトラマン、宇宙人、怪獣のみでドラマが進行していきます。
ある意味かなり挑戦的な企画に思えますが、視聴した方々の感想を見るとかなり満足度が高いようなので楽しみです。
10月下旬発売との事なので首を長くして待ちましょう。
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|23:43

風邪

コロコロと変わる天気や気温のせいで熱が出ていました(汗)
皆様も体調管理には十分お気をつけ下さい。

明日明後日のうちに、メビウスのファンコレが出るそうなので楽しみです。
超全集のように裏設定が色々載っていたら嬉しいですね。
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|20:58

第1弾 シーン6 「激突!ゴモラVSレッドキング」

20070517210131.jpg

ボクはバトルナイザーでゴモラを呼び出した。
町でのバトル開始だ!
パワーでぶつかり合うゴモラとレッドキング。
レッドキングの攻撃に苦しめられたが、激しいバトルの末にゴモラが勝った。
吹っ飛ばされたピグモンはボクの腕の中で光の粒となり、バトルナイザーに吸い込まれていった。
バトルナイザーを見ると、新しくピグモンのデータが加わっていた。

ピグモンが新たな仲間に加わったんだ!


これよりピグモンは、怪獣の詳細や一体何が起こっているのかを解説してくれる頼もしい相棒になります。
怪獣界にはかなり詳しいらしいので、これ以上ない心強い味方ですね。
そしてピグモンは少年に語りかけます・・・
(シーン7へ続く)
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|23:08

透明宇宙人 バイブ星人

20070612183648.jpg

身長:2.8~50m
体重:170キロ~3万トン
登場話:「ウルトラマンレオ」第13話に登場

馬の首星雲にあると言われているバイブ星出身の宇宙人。
目的は不明だが、人間を次々と殺害し回った。
能力は体を回転&超振動させ、自らの姿を消す事ができる。
その能力でウルトラマンレオであるおおとりゲンに、殺人の濡れ衣を着せた。
人間サイズの時はピエロのような姿だが、巨大化すると怪獣風の姿になる。
この大きさによって見た目が変化する能力は、レオに登場する宇宙人の特徴でもある。
最後はモロボシダン隊長の特攻攻撃で敗れたため、レオとは直接戦っていない珍しい星人だ。

名が能力を現すレオの代表的宇宙人、バイブ星人です。
大怪獣バトルでは巨大化版の姿で参戦しました。
しかしレオの宇宙人は通り魔的なものが多くて不気味ですねぇ。
喋らずに、笑いながら殺人を重ねる姿は狂気に満ちています。
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|18:47

第1弾 シーン5 「レッドキング出現!」

20070517210131.jpg

各地で、怪獣が復活し、被害が広がっていた。
怪獣を怖がっている大人達は、町に現れたピグモンをいじめていた。
「ピグモンは人間の味方なんだよ!」
ボクは大人達に必死に言ったけれど、話を聞いてくれない。
「グォー!」
その時、唸り声が響いて、四次元の穴からレッドキングが現れた!
それを見た大人達は、ピグモンを放り出して逃げ出した。
逃げ遅れてしまったボクの前に、甲高い声をあげてピグモンが現れた。
レッドキングの注意を自分に向け、助けようとしてくれたんだ。
怒ったレッドキングは、太い腕でピグモンを吹っ飛ばした。

危ない!ピグモンのピンチだ!


相変わらずいじめられっこポジションのピグモンが泣かせてくれますw
ゲームでは吹っ飛ばされ、壁に「ぺちゃっ」とくっ付くような軟らかめの演出がされていました。
ピグモンを助けようとする少年はゴモラを召喚します・・・
(シーン6へ続く)
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|10:01

木枯し怪獣 グロン

20070608110626.jpg

身長:60m
体重:2万9000トン
登場話:「ウルトラマンタロウ」第32話に登場

暗雲から突如出現した謎の怪獣。口から吐く暴風や吹き矢が主な武器である。
子供を2人、頭に乗せたまま大暴れした。
怪獣というよりは妖怪に近いかもしれない。

上でも書きましたが、昔から妖怪の一種だと信じているグロンですw
バリケーンのように生理的に風を起こしてるわけでも無さそうなんですよね。
風の化身のような存在なのでしょうか・・・
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|20:33

現時点での最強カード

20070517210131.jpg

バイトのせいで更新を怠ってしまい申し訳ございません。

さて、突然ではありますが第一弾のパラメーター別での最強怪獣カードを書き殴りたいと思います。
部門は
パワー、アタック、スピード、ディフェンス、必殺技
の5部門としたいと思います。
技カードについては、状況によって使い勝手が違うので割愛させていただきます。
応援カードもパワーが無いので同様です。


ではパワー部門です。いわゆるHPが多いカードは
・007古代怪獣ゴモラ
・019超古代怪獣ゴルザ
この2体で、1200ものパワーがあります。さすが正統派怪獣といったところでしょうか。

続いてアタック部門。相手を押し込む強さが凄いカードは
・007古代怪獣ゴモラ
・022宇宙海獣レイキュバス
・028宇宙戦闘獣超コッヴ
以上の3体です。またもや007のゴモラが入選!主役級だけのことはあります。
どれも1200という高い数値で、攻撃的なフォルムをしたやつばかり。

スピード部門です。目押しバトルを制しやすい強力カードは
・004宇宙忍者バルタン星人
やはり金バルタンの1200という数値でしょう。これは驚異的です。

ディフェンス部門。これは相手を押し返す力が強いため低いスピードを十分補えます。
・022宇宙海獣レイキュバス
冷キュバス、ここでも入選です。
1100という数値は1弾ではかなり強い部類に入りますね。

最後は必殺技部門。必殺技の威力が高いのは
・010悪質宇宙人メフィラス星人
・016極悪宇宙人テンペラー星人
この大物宇宙人コンビが制しました。
威力は共に3900!ウルトラ戦士を苦戦させただけの事はあります。


1弾目はこんな所です。
これからますます強力なカードが出てくるでしょうが、
ゲームバランスが崩壊しないように一長一短なパラメーターが目立つだろうと思います。
というか、そうしてくれないと先に出た怪獣が可哀想になりますからw
2弾目以降の部門別最強カードは果たして!?
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|11:56

火炎超獣 ファイヤーモンス

20070608110607.jpg

身長:64m
体重:4万7000トン
登場話:「ウルトラマンエース」第39話に登場

ファイヤー星人に操られている炎の超獣。
口から吐く高熱火炎やロケット砲が主な武器だが、
ファイヤー星人から渡された炎の剣が最強の武器であった。
それはメタリウム光線を弾き、更にエースを一度倒してしまったほど強力なものである。
しかし最後はTACの強力な秘密兵器、シルバーシャークによって倒されてしまった。

大怪獣バトルの第一報が飛び込んできた時、私は目を疑いました。
技カードとしてファイヤーモンスが堂々と載っているではありませんかw
このマニアックさに心を打たれ、今に至るわけです。
ファイヤーモンス自体はそれほど強くないんですが、炎の剣の威力が凄いこと凄いこと。
攻守共に優れた、まさしく必殺武器なのです。
最後はシルバーシャークで倒されてしまいますが、このシルバーシャークはメビウスでも後継機が大活躍しましたね。
やはり超獣を倒した実績が認められたのでしょうか?
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|11:17

第1弾 シーン4 「大怪獣の死闘!」

20070517210131.jpg

激しいバトルを繰り広げるゴモラ。
ネロンガ、ゴルザ、ガンQの三大怪獣は手強い。
ボクは、ゴモラに三大怪獣の弱点や戦闘パターンを伝えた。
「ズガーン!」
ゴモラが、ネロンガ、ゴルザ、ガンQをやっけた。
ゴモラの勝利だ!
ゴモラは光の粒になってバトルナイザーの中に戻った。
「凄いや!ゴモラがボクの思い通りに動くなんて!」
本物の大怪獣バトルを見たボクは大興奮した。

このバトルナイザーの力があれば、地球を救えるかもしれない!
(シーン5へ続く)
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|22:09

第一回、大怪獣バトルトーナメント大会

20070517210131.jpg

公式HPが更新し、大怪獣バトルの大会が開催される場所が決まりました。
参加すると背景が違うゴモラのカードが貰え、優勝すると特製デッキケースが貰えるそうです。

私も行きたいのですが、個人的な都合のため行けません・・・
うーん、残念。

次は夏休み辺りに開催するのかな?
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|21:31

第二弾の情報、解禁!

20070517210131.jpg

もうご存知の方も多いと思いますが、公式HPが更新され第二弾の詳細が一部明らかになりました。
やはりソフビ人形が発売する面子が怪獣カードになるみたいですね。
技カードも相変わらずのマニアックさ。シーリザーですよシーリザーw
今月1日に発売されたハイパーホビー誌でもちゃんと特集を組んでいました。

私個人の目玉としては、やはりキングジョーでしょう。
子供の頃からずっと好きなロボット怪獣なので、大怪獣バトルでの相棒は決まっているようなものですw
キングジョーといえば、ウルフェス限定カードとしてキングジョーブラックなるものが・・・
これは後々に紹介していきたいと思います。
あと、サタンビートルという獣選も素晴らしいと思いますw

話がそれますが、本日アリオ八尾でウルトラマンショーを見てきました。(凄い人の数でした)
内容は
「円谷ジャングル内での投票で決まった人気ベスト5戦士をショーで紹介!」
というもので、メビウス、タロウ、セブン、ヒカリ、ティガが選ばれていました。
うーん、納得のいく面子です。
しかし、案の定ただ紹介するだけではありませんでした。
ババルウ星人やウルトラマンマニアのピッコロの提案により、ベスト5の戦士と強敵5を戦わせようという企画が。

ティガvsイーヴィルティガ
ヒカリvsザムシャー
セブンvsガッツ星人
タロウvsモットクレロン
メビウスvsニセヒカリ(ババルウ星人)

こういう組み合わせで、スタッフも「わかっている人」なのが伺えますw
最後は全員で大乱戦と見応えのあるショーでした。

円谷ジャングルにも大怪獣バトルが3台設置してあり、親子連れが途絶えないほどの人気っぷりでした。
しかし驚いているのもつかの間、更に驚いたのがアリオ八尾内には大怪獣バトルが合計で5台も設置されている事です。
円谷ジャングルに3台、玩具売り場に1台、ゲームコーナーに1台、これで合計5台。
まさに大怪獣バトルの聖地といった所でしょうかw恐るべしアリオ八尾。
どれも子供や大人、親子連れが常時プレイしていて安心しました。

この調子で人気が続いてほしいものです。
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|23:59

第1弾 シーン3 「四次元からの来客」

20070517210131.jpg

ズガーン!
宇宙港で大爆発が起きた。
四次元の穴からネロンガ、ゴルザ、ガンQが現れ、大暴れをはじめた。
このままでは港が壊されてしまう。
「なんとかしなくちゃ!」
すると、ボクの不安を感じ取ったかのようにゴモラの目が鋭く光った。
ゴモラはズシン、ズシンと地響きをたて、三大怪獣に突進した。

頑張れ!ゴモラ!


少年とゴモラが、始めて共に怪獣に挑むシーンです。
怪獣の中にはなんとネロンガの姿まで。
当初は1弾で参戦する予定だったのでしょうか?
別世界から現れた怪獣に、少年とゴモラは勇敢に立ち向かうのでした・・・
(シーン4へ続く)
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|23:39

冷凍怪獣 ガンダー

20070531004046.jpg

身長:45m
体重:2万トン
登場話:「ウルトラセブン」第25話に登場

地球を三度目の氷河期にするために、ポール星人によって操られる怪獣。
武器は口から吐く強烈な冷凍ガスで、地球防衛軍基地を氷付けにしてしまった。
また、カプセル怪獣ミクラスを得意の飛行能力で翻弄した。
尚、ウルトラセブンはこの話で体力を消耗しすぎてしまい、これ以降は活動時間に制限ができてしまう。

奇怪なデザインが素敵なガンダーです。
基地の心臓である動力炉を破壊し、
更に冷凍ガスを送り込むことによって基地を壊滅寸前まで追い込んだやっかいな奴です。
独特の鳴き声も印象的でした。
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|00:50
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ