大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

新たな参戦者達

大NEO

前回の続きです。
NEO1弾目には5体の怪獣が新たに参戦しますが、今回はその詳細を・・・
ステータスは恐らく最下位カードの能力だと思われます。

宇宙剣豪 ザムシャー
№ N002
必殺技「星斬丸-閃-:2300」
アタック:1400 ディフェンス:700 スピード:900 パワー:800
スタミナ:2ラウンド
コンボ:インペライザー
得意属性:無し
苦手属性:無し
作戦カード発動タイミング:カウンター(15%)

ご存知、宇宙をさすらい数々の宇宙人と一戦を交えてきたザムシャーです。
愛刀「星斬丸」を手に
マグマ星人やバルキー星人、そしてインペライザーを倒し皇帝に挑んだ姿は記憶に新しいですね。
ウルトラマンメビウスのファンコレに掲載された小説では、
謎の老人(ウルトラマンキング)やツルク星人、テロリスト星人にガラガラ星人、
若き日のガルタン大王やミステラー星と戦争をしているアテリア星人にも挑んでいた事が明かされています。
能力も宇宙人にしては珍しいアタック型。劇中通り様々な敵に挑むには十分なステータスですね。

無双鉄神 インペライザー
№ N004
必殺技「インペリアル・ソード:1900」
アタック:1000 ディフェンス:1300 スピード:300 パワー:1200
スタミナ:2ラウンド
コンボ:スーパーヒッポリト星人
得意属性:高熱、毒
苦手属性:雷
作戦カード発動タイミング:カウンター(20%)

ウルトラマンメビウスやGUYS、そしてウルトラマンタロウを圧倒したスーパーロボットです。
エンペラ軍直属の尖兵だけはあり、高い攻撃力と防御力、そして自己再生能力で圧倒しました。
ステータスは劇中を意識してか、ディフェンス&パワー型。
低いスピードをどれだけ補えるかが決め手となりそうです。

原始怪鳥 リトラ(S)
№ N006
必殺技「エアリアル・スパイク:2100」
アタック:900 ディフェンス:600 スピード:1500 パワー:700
スタミナ:3ラウンド
コンボ:ゴモラ
得意属性:高熱、毒
苦手属性:冷気、水
作戦カード発動タイミング:タクティカル(3ラウンド)

ウルトラQ第一話に登場し、その後ウルトラギャラクシーにて主役級にまで昇格したリトラです。
今回は(S)と付くので、ウルトラギャラクシー版に登場した少し大きめの個体ですね。
ステータスは怪獣タイプでスピード型。
スピードゲージが非常に止め辛いだろうので、上級者向けのキャラになるかもしれません。

暗黒魔鎧装 アーマードダークネス
№ N008
必殺技「ダークネス・トライデント:2300」
アタック:1300 ディフェンス:1300 スピード:600 パワー:1100
スタミナ:1ラウンド
コンボ:リトラ
得意属性:毒、闇
苦手属性:光
作戦カード発動タイミング:タクティカル(5ラウンド)

今夏に発売されるメビウスのその後を描いたオリジナルビデオ作品
「ウルトラマンメビウス外伝 アーマードダークネス」や雑誌、ショーなどで活躍するキャラです。
その正体はエンペラ星人が光の国再侵攻の際に身に着けるはずだった幻の鎧。
様々な宇宙人のエネルギーを吸い取り、ついに独りでに動き出してしまったようです。
ステータスもスピード以外はかなり強力。
エンペラ星人の遺産に相応しい実力を兼ね備えています。
ただし、作戦カード発動が遅めになるのとスタミナ切れしやすい所が弱点のようですね。

地獄星人 スーパーヒッポリト星人
№ N010
必殺技「ヒッポリト・ファイヤーボム:2300」
アタック:1200 ディフェンス:700 スピード:900 パワー:1000
スタミナ:2ラウンド
コンボ:EXゴモラ
得意属性:闇
苦手属性:光
作戦カード発動タイミング:タクティカル(3ラウンド)

今秋に劇場公開される作品「大決戦!超ウルトラ8兄弟」に登場するヒッポリト星人の同族です。
キング怪獣軍団を従え、現実世界に極めて近いパラレルワールドを侵略しようとしているようです。
ステータスはまさにヒッポリト星人をパワーアップさせた感じですね。
やはり最上位必殺技はヒッポリトタールの系統でしょうか?


上で紹介した5体の新参戦怪獣は8~9月頃にソフビ人形が発売されます。
勿論人形には怪獣カードが1枚付属。
ステータスも色々変わっているみたいなので、そちらも要注目ですね。
更にNEO1弾には、過去弾の様々な怪獣が少しステータスを向上させて収録されています。
今夏より、戦いはますます熱くなりそうですね!
スポンサーサイト
関連記事
Permalinkコメント:(6)トラックバック:(0)|23:40

ケロケロエースより

大NEO

ケロケロエースを購入してきました。
やはり大怪獣バトルの記事はNEOが中心でしたね~。

さて、まずはNEO1弾目のノーマルカードとレアカードが全て?公開されています。
怪獣カードは
ザムシャー、インペライザー、リトラ(S)、アーマードダークネス、スーパーヒッポリト星人
の5体が新規参戦。
その他の面子は過去弾より色々選ばれています。
過去弾怪獣の注目点はやはり最上位カードのレア落ちカード。
今回はカネゴン、バキシム、グローカービショップの3体がレア落ちとなりました。
更にメフィラス星人になんと新技が!
デモニッシュブレイカー 雷属性 3900
見た目はグリップビームに円盤からの攻撃?をプラスしたものみたいですね。
こうやって既出怪獣も新たな技を持って登場する事もあるようなので、今後が楽しみですね。

技カードの面子は以下の通り。
ケロニア、ベル星人、ゴーロン星人、マグネドン、アプラサール、スノーギラン、アイスロン
ミエゴン、ガルラ、ギジェラ、タラバン、ギアクーダ、アパテー、レザイト、タブリス
リドリアス、キングゲスラ、キングゴルドラス、キングシルバゴン、キングパンドン
援軍カードは
ジェットビートル、ガッツウイング2号、ガンフェニックストライカー、スペースペンドラゴン
の4種が参戦です!
そういえば援軍カードは技カードと違い、コンボマークが無いんですね。
扱い的にはスーパーコンボカードと同じだからでしょうか?

コンボマークといえば、今回も新たな顔ぶれが公開されています。
キングゲスラのコンボマークにガッツ星人の姿が。
ウルフェスのサイトやチラシに載っていましたが、やはり怪獣カードとして参戦確定のようです。
そしてキングシルバゴンのコンボマークにはなんとデスレムの姿が!!
ムービーで登場が確定視されていたグローザムに続き、暗黒四天王が続々と怪獣カード化ですね。
こうなると残りの巨大ヤプールや、暗黒四天王が仕える「皇帝」の怪獣カード化も案外近いのかも・・・?


<オマケ>
連載されている漫画の方は、やはりナックル星人やヤプールとの戦いに巻き込まれていきます。
ベムラーを新たに仲間にしたイオ、強敵相手にどう立ち向かう!?
そして来月号のケロケロエースには特製大怪獣バトルカードが付属!
時期的にNEOのプロモーションカードになりそうですね。
関連記事
Permalinkコメント:(6)トラックバック:(0)|19:22

雨は降り続く

円谷ジャングルに行ってきました(もちろん昨日のお話)
大怪獣バトルは相変わらずの盛況ぶりでしたが、子供達が使用している怪獣は中々面白かったです。
まずはグドン。ノーマルカードな上に最上位カードという事もあってか比較的よく見かけましたね。
7弾に続いてEX怪獣勢も目立ちましたが、
2P対戦でお互いに最上位ブルトンを使い腕試しをする子供達も居て見ごたえがありましたw
アストロモンスが当たって喜ぶ子やキングジョーブラックが当たって喜ぶ子・・・
ただ戦うだけではなく、こういう楽しみ方こそ大切ですよね。


さて、マグマ星人主催のショー「大決戦!?超ウルトラニセ兄弟」です。
いきなりイーヴィルティガ、ニセダイナ、ニセガイアがメビウスを襲いますが、
なんとこれはマグマ星人の自主制作映画の撮影との事。
司会のお姉さんがメビウスに「もしかして・・ヒマだったの?」突っ込むと「テヘっ」とごまかす姿が可愛いw
続いてにせウルトラマン、にせセブン、エースロボットも現れ会場は大盛り上がり。
マグマ星人は会場の中から子供達をエキストラ役として呼び、舞台上に招待。
上った子供達、少し緊張ぎみなのがこれまた可愛いw保護者の方も喜んだ事でしょう。
子供達は怪獣役のメビウスから逃げ回り、ニセウルトラマン達に助けを求めるという役柄。
「メビウスが怪獣役なんて!」とお姉さんは怒りますが、メビウス本人はノリノリで演じてお姉さんも唖然w
無事撮影も終わり、マグマ星人がお開きにしようとした所に・・・突如ウルトラマンが傷ついて登場。
なんと続いてダークザギも出現!
どうやらマンはダークザギに襲われたようです。
ニセ勢とマン&メビウスはザギを食い止めるために奇跡の共闘。
しかしにせセブンはアイスラッガーを取られて捨てられたり、イーヴィルとニセダイナのタッグも退けられ、
ウルトラマンとニセマンの史上初のタッグも破れ大ピンチに。
会場の声援を受けて立ち上がったマンとメビウスの光線を受けてようやく動きを止める事に成功しました。

ダークザギはマグマ星人に詰め寄り、暴れていた理由を明かします。
「何故撮影に呼ばれなかったのか」
ただこれだけの理由だと解り全員ズッコケ。
仕方なくマグマ星人は全員を招集。
急遽ザギが全員を光線で倒すシーンを追加し、何とかザギを満足させる事ができました。
(棒読みで「ザギさん素敵ー」と叫ぶマグマ星人が面白かったw)
最後は全員で記念撮影(もはや呆れ気味のイーヴィルティガ)
話わわわわ

こうして「平和な」ショーは幕を閉じたのでした・・・
関連記事
Permalinkコメント:(6)トラックバック:(0)|20:20

明日は雨かなぁ

明日はアリオ八尾での円谷ジャングルショー!
今回の内容は・・・
にせ

大決戦!超ウルトラ8兄弟にあやかって?マグマ星人主催のダークヒーロー祭!
久しぶりのお祭りショーみたいですね。
ニセウルトラマン、ニセウルトラセブン、エースロボット、イーヴィルティガ
ニセウルトラマンダイナ、ニセウルトラマンガイア、ダークザギ・・・果たしてマンとメビウスの運命は!?


<皇帝軍の規模はどのくらいだったのか?>
しつこくもエンペラ星人の話題は続きます。
設定上では結構大規模な数の怪獣や宇宙人を従えているというエンペラ星人。
以下が今の所確認されている関連キャラクターです。

・テンペラー星人(タロウ時に出現した固体。この星人が倒された頃から皇帝は地球に目をつけた?)
・インペライザー(皇帝軍の尖兵。凄まじい能力を秘めたスーパーロボット)
・ロベルガー、ロベルガー二世(ブラックスターの破片より生み出された新種の円盤生物。)
・ババルウ星人(ヒカリを仲間に引き入れようとしたが失敗。ヒカリの話だと尖兵の一人らしい)
・サーペント星人(GUYS基地の動力部を破壊しようとした、尖兵の一員)
・巨大ヤプール(封印の結界を皇帝の力によって解放されたからか、暗黒四天王の邪将として従う)
・デスレム(ウルトラ大戦争の生き残り。知略に長ける暗黒四天王の謀将として従う)
・グローザム(ウルトラ大戦争の生き残り。戦闘力に長ける暗黒四天王の豪将として従う)
・メフィラス星人(暗黒四天王のリーダー、知将として従う。初代や二代目とは兄弟であるらしい)
・アークボガール(ボガール一族を治める王。かつては邪将だったが、皇帝の逆鱗に触れ封印される)
・ジオルゴン(ウルトラ大戦争の生き残り。てれびくんやショーで活躍したパワー派の強力宇宙人)
・エンディール星人(ウルトラ大戦争の生き残り。テレビマガジンやショーで活躍した頭脳派宇宙人)
・カタン星人(DVD付属の小説に登場。訓練中のメビウスとタロウを襲った)
・円盤生物群(カタン星人の配下。ロベルガーも存在し、カタン星人だけの力ではないとレオ達は推測)
・メフィラス星人四代目(漫画限定キャラ。遺された皇帝軍の巨大要塞を使い光の国を攻撃しようとした)
・アーマードダークネス(皇帝が光の国再侵攻時に身に着けるはずだった、超スペックの暗黒の鎧。)
・アーマードメフィラス(四天王のメフィラスが身に着けるはずだった鎧を、同族のメフィラスが装着した)
・その他、時空波に惹かれたり皇帝の配下であった円盤生物、宇宙人、宇宙怪獣達が多数

とりあえずこんな感じでしょうか。
ちなみに、本拠地は「ダークプラネット」と呼ばれる暗黒惑星だったとか。
それに皇帝が身に纏っていた赤黒い炎は「ダークネスフィア」という宇宙船らしいですね。
このダークネスフィアは来月より発売の
「ウルトラマンメビウス外伝 アーマードダークネス」にて詳細が明らかにされるようです。

しかし、TV以外のメディアも含めると相当な規模だった事が伺えますね。
やはり伊達に「皇帝」を名乗ってはいませんw
大怪獣バトルにも中心キャラは全員参戦して欲しいですね~
関連記事
Permalinkコメント:(6)トラックバック:(0)|20:03

皇帝について&平成3部作漬け(後編)

続きです。
まずは平成三部作漬けの意味ですが・・・
矢ティガ0

ウルトラマンティガ、ダイナ、ガイアのメモリアルDVD-BOXを(今更)購入しました!
それぞれの劇場版やオリジナルビデオ、スペシャルなどを網羅したBOXです。
大怪獣バトルで活躍中の
ゲランダ、デスフェイサー、キングオブモンス、バジリス、スキューラなどの活躍も見る事ができます。
久しぶりに見返すと当時を思い出しますねぇ。
特典映像もかなり豊富なので、まさしく3部作ファン必見の内容になっていました。


さて、皇帝の方も続きです。
<ウルトラ大戦争とは?>
エンペラ星人はある時、「光の国」の噂を耳にします。
それは太陽を失いながらも、人工太陽の力によって光を取り戻し超人に進化した人間達が住む星・・・
自らと同じ境遇を辿りながらも、全く逆の方向に進み幸せを掴んだ者たち。
エンペラ星人はその事実に激怒したのでしょう。
大軍勢を率いて、自らが忌み嫌う「光」が溢れる星光の国を攻撃しました。
それに立ち向かうは若きウルトラの父や多数のウルトラ戦士達・・・
これが今より3万年前に起きた出来事、後にウルトラ大戦争と呼ばれる伝説の戦いです。
この戦いでウルトラの父はエンペラ星人と引き分け、互いに深い傷を負います。
傷ついた父は、後に「ウルトラの母」と呼ばれる看護婦に出会い治療してもらったようです。
(このウルトラ大戦争の話は内山まもる氏がてれびくんで連載していた
「ウルトラマンメビウス外伝 超銀河大戦」の単行本にも少し収録されているので要チェック!)

この設定は(というかエンペラ星人の存在が語られたのは)ウルトラマンタロウのムルロア前後編。
劇中では内山まもる氏の手により、怪獣軍団を率いるエンペラ星人のイラストが描かれています。
ウルトラ大戦争

画像の通り、エンペラ星人は多数の怪獣や宇宙人を配下に従えているようですが
その正確な規模や数は把握されていません。(というかなんでジャミラが?)
大半はウルトラ大戦争時に消滅したと思われますが、エンペラ星人同様生き残った者も居ました。
デスレム、グローザム、ジオルゴン、エンディール星人なんかがそうですね。
次回は皇帝軍の勢力について!
関連記事
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|20:27

皇帝について&平成3部作漬け(前編)

お久しぶりです、仕事のドタバタ具合でネットどころじゃありませんでした。
(というか新人さん、入社3日で音信不通ってどういう事よ!?)

そんな事はさておき、ようやく平成3部作戦士をコンプできました!
矢ティガ

ウルトラマンティガ、ダイナ、ガイア。
大決戦!超ウルトラ8兄弟で久しぶりの復活となる光の巨人ですね。
大怪獣バトル8弾、残すカードは2枚なのでコンプまであと僅かです!
タイトルの3部作漬けというのは・・・(次回へ続く)


超獣名鑑の時と同じく、フィギュアを手にすると熱が高まるというもの。
デスレムを手に入れて久々にウルトラマンメビウス終盤を少し見返していました。
メビウスは基本的に話はGUYSを中心に描いているので、
本作最後の敵であるエンペラ星人周りの事はあまり触れられていないんですよね。
なので、様々なメディアで裏設定が作られたりしてその補完がされています。
それを私なりの解釈などで纏めてみる事にしました。

<そもそも、エンペラ星人とは何者なのか?>
公式HP等の設定で語られていますが、彼も元々は我々と似たような知性体でした。
しかしある時彼が住んでいた星の太陽が燃え尽き、世界は暗黒に閉ざされてしまいます。
科学力がまだ今の地球とあまり変わらなかったレベルだったのか、
その星の人類はどうする事もできずにそのままその星の文明や生命は滅んでしまいました。
しかしどういった方法かは不明ですが、たった一人その闇の中で生き残った人間が居ました。
そう、それが後に「エンペラ星人」と呼ばれる人間です。
彼は闇の中を彷徨う内に光あるもの全てを憎むようになりました。
そして闇を自らのエネルギーとし、超人となったのです・・・

太陽が燃え尽き、あるきっかけで超人となった。
そう、ウルトラの一族とまったく同じ道を歩みながらも、
光を手にする事ができずに彼は闇の申し子となってしまった・・・悲しい話ですね。
まさしく光の申し子であるウルトラマンとは対極の存在であるわけです。
光を憎むようになった彼は闇の力で数々の太陽を滅ぼし、自分に賛同する宇宙人達を従えていきました。
そして彼は暗黒宇宙を支配する大皇帝「エンペラ星人」と名乗り宇宙を恐怖に陥れていきます。

よくある話題で
「エンペラ星人というからには、エンペラ星があってそこにはたくさん同じ星人が居るのでは?」
というのがありますが、この設定の通りエンペラ星人の故郷は既に無く、同族も存在しません。
唯一無二にして唯我独尊の存在・・・ある意味彼も孤独だったのかもしれませんね。
(後編に続く)
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|18:44

ガシャポンも大怪獣バトル&リペイント

今回はフィギュアを中心に。

HGウルトラ大怪獣バトルスペシャル2を回してきました。
10回で目当ての新規造型組が揃ったので一安心。平成デス様

バキシムは以前とは比べ物にならない大ボリュームになって大満足です。
本当に出来がいいですよこれ。
デスレムは残念ながら塗装がかなり省略されています。
デザイン的にやはり200円じゃ無理があったんでしょうね。
一応目の部分は金色に塗装されていますが・・・
それでも造型自体は本当に素晴らしいものです。
このサイズであの複雑な造型をよく再現したなぁと感心しきりな私。
8月発売の3弾目に入っているメフィラス星人、キングジョーブラック、グローザムにも期待です!
四天王!


食玩のPDウルトラマン2も購入しました。
平成エ

1弾目のエンペラ星人&メフィラス星人を加えると皇帝軍がこれだけ揃います。
HGみたいにデスレムやグローザムも欲しい所!

なんと言っても目玉は初商品化のアーマードダークネスでしょう。(ご主人様と2ショット)
平成エンペラよろい

こちらもフィギュアのサイズはかなり小さいのに出来は凄いです。
しかしこう並べてみると、
兜の形はエンペラ星人のトサカがちゃんと収納できそうなデザインになっているんですねw


<オマケ>
さすがにデスレムの塗装は納得いかないのでやっつけですがリペイントしました。
0desu0.jpg

0desu1.jpg

0desu2.jpg

ネットの情報を見てガンダムマーカーを使用したのですが、相性は抜群ですね。
時間があれば更に手直ししていきたいと思います・・・
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|20:02

NEOについて(ストーリー編)

大NEO

最後はストーリー編です。

既に公開されている情報通り、今回はウルトラマンティガの世界観が舞台になるようです。
大怪獣バトルの世界より、ストーリーモードにも登場したあのカネゴンが飛ばされてくるみたいですね。
そこでとある少年がレッドキング入りのバトルナイザーを手にし、
カネゴンと共に戦いの道へ・・という感じみたいです。

ご存知の通り、ウルトラマンティガの世界観はM78星雲ウルトラシリーズとはまったく関係無い別次元です。
なのでティガ怪獣しか出てこない・・・と思ったら大間違い。
カネゴンと共に様々な怪獣や星人達もティガ世界に飛ばされ大事件勃発!
既に公式のムービーでティガとグローザムが一戦交えていますね。
更に大怪獣バトルの世界より来たキリエロイドがキーマン?として物語に絡んでくるようです。

今年は大決戦!超ウルトラ8兄弟でウルトラマンティガが主役に。
そしてダイナやガイアも交えてメビウス等M78世界のウルトラ兄弟と初競演します。
それに連動してのティガ世界。
ティガ世界を初めて他次元とリンクさせる狙いがあるのかもしれませんね。
(本編でも初代マンが出たりした事もありましたが)


<オマケ>
youtubeより面白い映像を。
http://jp.youtube.com/watch?v=WPvCebgkqIU
http://jp.youtube.com/watch?v=XzvjJGqLVmI&feature=related

どうもニコニコ動画経由らしいのですが、大怪獣バトルのプレイ映像なんですよね。
カードを一切スキャンしないデフォキャラで7話をクリアしていますが・・・
何かおかしいとは思いませんか?
そうなんです。筐体をデジカメ等で撮ったのではなく、本当にプレイ画面そのままなんですよね。
こういう動画作りなどには疎い私w一体どうやって映像を保存したんでしょうね?
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|20:01

「怖いのはウルトラセブン、君だけだ!」

logo.jpg

引き続き大怪獣バトルEX8弾の話題です。

今回は総集編という事ですが、新キャラが居ない代わりにイラストが全体的にかっこいいですよね。
個人的に、怪獣カードはネロンガが一番気に入りました。
本当のイラストのような雰囲気が出ていて良い感じです。

技カードはUキラーザウルス、ゾグなどが好きですが、
何と言ってもウルトラマングレートより初登場のリュグローでしょう。
平成リュグロー

これからも精力的にグレート怪獣をカード化してほしいですね。
ハイパーホビー誌上人気投票7位だったシラリーも含めて。


さて、本日はウルトラ怪獣シリーズのメトロン星人が発売されました。
輪めと

やはり彩色レベルが格段に上昇していますね。
そして、ソフビ人形に応援カードが付属するのもこれが最後となります。
以前にもお伝えした通り、これからの付属カードは怪獣カードが中心になりますからね。
ザラブ星人、カブトザキラー、メトロン星人は定番ではなくEX枠なので、お早めにどうぞ・・・
関連記事
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|20:58

第8弾稼動開始!

logo.jpg

NEOの前に・・・

本日より大怪獣バトル第8弾目が稼動開始です!
EXのシリーズとしてはこれで最後となりますね。
今回は4弾目と同じく全てのカードがキラ仕様の特別弾!
怪獣カードも5~7弾に初登場した面子が中心となっています。
技カードは強力なロボットや宇宙人対策の効果を持つものが目立ちますし、
シリーズを代表するボスキャラが多いというのも惹かれます。

さて、仕事帰りに6000円ほど注ぎ込んできました。
ウルトラマンティガ、SRナース、SRデスボーン、SRゲランダ、スペシャルアビリティ8
それにレアカード色々という結果でした。
ウルトラマンティガがゲットできたのは嬉しい!
レアカードもレア落ちバルタン星人、アストロモンス、
リュグロー、アークボガールなど目当てのものが大体手に入りました。

今回はストーリーモードの更新はありません。
しかし怪獣の最上位カードや強敵対策技カードが多いので、バトルの方がかなり楽しめると思います。
このEXのバトルシステムも大怪獣バトルNEOが稼動する8月までなので、
それまで別れを惜しみつつプレイしてみるのもいいかもしれませんね。
関連記事
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|20:55

NEOについて(システム編続き+色々)

大NEO

前回の続きです。

応援カードの変化
NEOからはチーム戦&入れ替え製という事で、今まであった制度が一部廃止されています。
まずはソフビ人形に付属していた応援カード。
応援システムが無くなった事により、その役目も終えるわけですが・・・
勿論使えなくなるわけでは無いそうです。
ちゃんとNEOにも対応しており、スキャンさせるとパワーが自動的にチーム内に加算されるとの事。
これは安心しました。
ちなみに夏以降より発売される大怪獣バトルソフビ人形(インペライザーやアーマードダークネス等)には、
応援カードの代わりに怪獣カードが付属するみたいです。

技カードの変化
ルール改定により、技カードにも一部変化が現れるようです。
今の所言及はされていませんが、恐らく応援カード関連などの効果でしょうかね?
NEOではそういう旧ルールの効果を「効果読み替え」して対応させるそうですが・・・
勿論、今までの大怪獣バトルカードは全てNEOに対応できるようです。

援軍カードで敵を狙い撃て!
NEOより作戦カードの1つとして歴代防衛チームの戦闘機が「援軍カード」として登場します。
使い方はウルトラマン等のスーパーコンボカードと同じく、技カードスキャンタイミングでスキャンできます。
スキャンすると照準のようなものが現れ、それをうまく敵に合わせる事ができれば成功。
敵に向かって戦闘機が攻撃を仕掛けるという感じみたいです。
スーパーコンボのダメージルーレットと同じく、
必ずしも大ダメージを与える事ができるとは限らないようですね。
今の所参戦が確定している戦闘機は
科学特捜隊 ジェットビートル
GUTS ガッツウイング2号
GUYS ガンフェニックストライカー
ZAP スペースペンドラゴン
の4種類。
これからもどんどん増えていきそうですね!

新たな属性
今まで属性攻撃には
高熱、冷気、水、雷、毒
の5属性が存在していましたが、NEOからは光、闇の新属性が新たに加わるようです。
ウルトラマンティガの世界観らしい属性ですね。
例を挙げると、アーマードダークネスが闇に強く光に弱いという感じです。
闇属性を持つ怪獣は色々居ますが、光となると結構限られてくるわけです。
もしかすると、ウルトラ戦士の光線技に光属性が付加されるかもしれませんね。


とりあえず纏めるとこんな感じでしょうか?
次回はストーリー編!
関連記事
Permalinkコメント:(6)トラックバック:(0)|16:47
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ