大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

第7話「第二覚醒」

平成ギャラ3
ウルトラギャラクシー大怪獣バトルNEO、第7話です。

今回よりOP映像が一部変更されています。
いよいよ折り返しって感じですねー。
さて、いきなりペダン星人の円盤郡が来襲。
ダイルが仲間を呼んだのでしょうか?いよいよレイオニクス討伐部隊も本格的に動くようですね。
助け出されたレイも既に意識は無く・・・
と、そこに現れたのは1期目で散ったはずのケイト
レイブラッド星人と同じく、精神体としての再登場となりました。
エレキングが自らレイとのリンクを断ち切り、レイの命を救ったと・・・泣かせますねぇ。
バトルナイザーさえあればレイモンを蘇らせる事ができると告げ再び消えるケイト。

ZAPクルーはレイの命を救うため再び惑星ハマーへ。
一方余裕のグランデの前に現れたケイト。レイ復活を予言して再び消え去ります。
バトルナイザーの中ではレイとケイトが再会。
ここだけ見ると良いお姉さんにしか見えませんね、ケイトw
バトルナイザーをレイに手渡したは良いものの、ペダン星人の円盤郡がペンドラゴンを強襲。
あわや撃墜という寸前でリトラが!
レイは再び意識を取り戻し、更にタイラントの攻撃で円盤は壊滅。

キール星人グランデとレイのリターンマッチが始まります。
バトルナイザーもついにネオバトルナイザーへと覚醒!
ゴモラの召喚シーンも新たに新規のものへと差し替えられました。
グランデもノリノリで戦闘開始。
ゴモラも以前とは違い、タイラントと互角の戦いを繰り広げます。
タイラントの冷気攻撃や爆炎放射も今のゴモラには通用せず!
リトラのファイヤーストライクと超振動波0シュートの二段構えの攻撃でタイラントをついに撃破!
ベムスター戦の時の応用技ですね、細かいです。

エレキングに感謝するレイとZAPクルー。
と、グランデはタイラントとのリンクを自ら断ち切るという反則技で生還。
「次に会うときは美人の姉ちゃんを紹介しろよ!」と逃げ去ってしまいました。
しかしタイラントに続く強力怪獣が居るとは・・・再登場に期待です。
レイとZAPも誓いを新たに、平和のために惑星ハマーでの戦いへと挑む事を決意!

次回はザラブ星人&にせウルトラマン登場!
ウルトラギャラクシー初のギャグ回!?
声優の青野武さんもノリノリですねw
スポンサーサイト
関連記事
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|00:39

ウルトラ怪獣シリーズ

バンダイより1983年から発売されているロングラン商品、「ウルトラ怪獣シリーズ」。
昨年末に発売25周年を迎えたのと、
ウルトラマン情報コーナーのリニューアルに伴ってフィギュア王ではこのシリーズの特集が組まれています。
これから毎号、今販売されている分まで全てリストに写真を掲載していくとか。
これは楽しみな企画です!
ソフビ人形
今回は第一回販売分と画像にはありませんが好きに塗装できるホワイト成型色のものが紹介されています。
当時ウルトラマンやウルトラセブンが再放送されており、それに合わせてのラインナップになっています。
この頃は「ウルトラ怪獣コレクション」とシリーズ名が付けられていました。

いやー、懐かしいですねぇ。
私はこのちょっと後に産まれますが、
2歳ぐらいには誕生日プレゼントか何かでこの辺りの怪獣を色々貰った記憶があります。
思い出深いのは今も大好きなキングジョー。
胸や頭の発光する部分がシールで表現されていたので、
お風呂場なんかに持っていくとすぐダメになったんですよねw
この頃は硬質ソフビだったので、エレキングは角がポキポキ折れましたね・・・
(ネットで色々見ていたらほとんどの人が経験していたそうですw)

ガンダー、ヒドラ、キーラなんかは当時としてはかなりハイレベルな出来で、
今でも塗装を変えれば通用しそうな気までします。
現にメフィラス星人とゼットンは今でも現役ですもんね、本当に凄いです。

ちなみにこの年から今現在まで一番売れたウルトラ怪獣ソフビはバルタン星人だそうです。(もちろん初代)
90年代に一度造型が変わり、2000年代に今の型にリニューアルされています。
人気キャラだけあって数多くバリエーションキャラがソフビ化され、
二代目、三代目、ウルトラファイト版、ジュニア、五代目、メカバルタン、パワードバルタン
サイコバルタン、ベーシカルバルタン、ネオバルタン、チャイルドバルタン
とこんなにも出ているぐらい。
大怪獣バトルでもバルタン一族の怪獣カード化率が高い理由が頷けます。

当時は手軽に買えるリアル思考な怪獣フィギュアとして。
今は大怪獣バトルに登場したキャラクターのフィギュアとして人気のあるこのシリーズ。
時代と共に造型や塗装などがどんどん変化していくのも楽しみの一つ。
その辺もちゃんとリストに載せてくれるのか期待ですね。

次回は第一弾ラインナップの後編。
マンやセブンの残りの怪獣や、帰ってきたウルトラマン以降の怪獣が続々と登場します。
今では考えられないようなマイナー怪獣も現れるのでこうご期待!
関連記事
Permalinkコメント:(9)トラックバック:(0)|00:36

ケロケロエースより

大NEO
ケロケロエースより、大怪獣バトルNEO第4弾の情報です。
スーパーレア以上のレアリティである怪獣カードは、
ミクラス、レイモン、レイブラッド星人、EXゼットン、エレキング、アーマードダークネス
この6枚のようですね。
バードンの中位カードはなんと普通のレア。
シャークノーズと呼ばれるウルトラ兄弟を苦しめたクチバシ&毒攻撃です。
ステータスもベムスターをより強化した印象ですね。

新必殺技を携えて帰ってきたのはダダ、テンペラー星人、マグマ星人の3体。
ダダは「ダダ弾プレス」と呼ばれるヒップアタック攻撃。ファイティングエボリューションではお馴染みです。
テンペラー星人は「クローショット連射」。ハサミより放つ光弾攻撃ですね。
マグマ星人は「ベノムクローラッシュ」。左腕の毒カギ爪攻撃です。
更にインペライザーの中位技、「三連装ガトリングガン」も初収録ですね。

レア落ちはナックル星人のアサシンパンチ、モンスアーガーの大破壊光弾、
ワロガの光球光線の3枚となりました。

作戦カードは
キングジョー、プロテ星人、ダンカン、フェミゴン、ガマス、キングカッパー、キングトータス、カネドラス
ファイヤードラコ、キュラノス、モンスアーガー、ヌアザ星人イシリス、キングオブモンス
ゲシュート、ダークメフィスト、リフレクト星人、スペシャルアビリティネオ4
以上の17枚です。
スペシャルアビリティはEXゼットン、レイモン、バードンのいずれかの効果が発動とか。
ダークメフィストはにせウルトラマンに続いて2枚目のダークヒーロー系作戦カード!
にせウルトラマンと同じく怪獣カード化する日は来るのでしょうか。

にせウルトラマンといえば、ウルトラギャラクシー情報のコーナーで驚きましたよw
まさかウルトラギャラクシーNEOにも登場するとは・・・
アーマードダークネスやアーマードメフィラスもいよいよ姿を現すようなので期待ですね。

スーパーコンボカードは
ウルトラマンキングのキングフラッシャー、バーストレイモンのバーストレイモンスロード、
キングジョースカーレットのペダニウムランサーでした。

漫画のウルトラアドベンチャーはイオとヴィットリオがババルウの野望を阻止し、
ついにレイモンが覚醒する瞬間を目撃します。
NEO編ではレッドキングをカネゴン以上に手懐けてしまったアイ。
そしてキリエロイドに謎の氷の槍が突き刺さり・・・!

ケロケロエースの来月号にはなんと御蔵イオのレイオニクスチャレンジカードが付属!
ゴモラやベムラーなんかと戦えちゃうのでしょうか?待ち遠しいですね~。
関連記事
Permalinkコメント:(11)トラックバック:(0)|14:08

第6話「史上最強のレイオニクス」

平成ギャラ3
ウルトラギャラクシー大怪獣バトルNEO、第6話です。


冒頭より、いきなり唐橋さん演じるキール星人グランデが登場。
キール星人はウルトラQにて宇宙エイのボスタングを侵略のために送り込んできた宇宙人で、
好戦的な種族であるという設定のみ存在した宇宙人。
大怪獣バトルのデータカードダス版やケロケロエースで連載されている漫画版では、
同じくキール星人であるヴィットリオというレイオニクスの少年がライバルキャラとして登場しています。
しかしキール星人も随分出世したもんですねぇ。

レイに地球の事を語るオキとクマノ。
今度こそ帰還できればいいのですが・・・
しかし、ペダン星人ダイルが宇宙船に乗って登場。
レイはリトラに乗り単身立ち向かいます。
そこにペダン星人の別働隊も出現!
ダイルとは宇宙服のデザインが違い、こちらは漫画版にも登場したペダン軍の一般兵のようですね。
ダイルの電撃棒とレイのアイスラッガーが衝突。
お互い良い勝負をしている所に謎の砲撃が。

ビームを放ったエイ型の宇宙船より現れたのはグランデ!
掴み所の無い性格をした好戦的な青年で、手にしているのはあの「ネオバトルナイザー」!
ネオバトルナイザーより召喚したのは、
かつてウルトラ兄弟を5人倒し、7体の怪獣&宇宙人&超獣の怨念が結集して誕生した暴君怪獣タイラント
レイと話すためにタイラントにタイムをかけるグランデ・・・凄いキャラしてますねw
レイも負けじとゴモラを召喚。
しかしタイラントは本当に強い!
バラバの両腕、キングクラブの尻尾に圧倒され、
更に超振動波はベムスターの腹部で吸収されてしまいます。
最後はレッドキングの足でトドメ、ゴモラを戻さざるを得ないレイでした。

次にエレキングを召喚するレイ。
グランデは面白がり、「真のレイオニクスバトル」をついに仕掛けてきます。
エレキングは電撃攻撃を仕掛けますが、それもグランデの肩こりを取る程度の痛み・・・
お返しとばかりにタイラントはイカルス星人の耳よりアロー光線を発射!
これはオリジナルのタイラントも使わなかった技、ちゃんとイカルス星人の技なのが嬉しいですね。
余裕のグランデ&タイラントは「そろそろ本気出しちゃう?」と〆にかかり、
援護しにきたスペースペンドラゴンを庇いエレキングは消滅
レイも地面に倒れ、ついに敗北してしまいました・・・

今回驚いたのはペダン星人の一般兵登場&イカルス星人の攻撃。
タイラント、残る頭部のシーゴラス&背中のハンザギランの能力も使ってくれるんでしょうかね?
グランデも予想以上の掴み所の無い名キャラです。
そして1期目の9話目よりレイの怪獣として活躍したエレキング、短い間でしたがお疲れ様でした・・・

次回はレイの第2覚醒&ケイト再登場!期待です。
関連記事
Permalinkコメント:(10)トラックバック:(0)|00:51

NEO第3弾フルコンプ

大グランドキング
ようやく大怪獣バトルNEO第3弾がフルコンプできました!
今回のウルトラレアなどは自力でウルトラの父以外当てれなかったのがちょっと響きましたねw
ウルトラマンネクサスとグランドキングは今回一番欲しかったのですが、結局最後になっちゃいました。
とりあえず私的にはこれで一安心w

次はNEOの拡張第2弾とハイパーホビーに付属するアントラーのプロモカードですかね。
関連記事
Permalinkコメント:(8)トラックバック:(0)|19:30

大怪獣バトルのイベント

ここ数週間、大怪獣バトルに関するイベントが結構ありましたね。
ウルトラチャンネルでは1月10日~12日に行われた
ウルフェス×大怪獣バトル!の会場の模様が紹介されています。

レイ、ボス、モロボシ・ダンがステージ上でウルトラマンやゴモラと共に大活躍。
更に昨年ウルフェスで行われたライブステージ第2部の完全版も公演されたとか。
このイベントに行ってきた人のブログなどを拝見していると、
会場の子供達からの質問コーナーでレイとボスに
「好きな怪獣は何ですか?」と質問した子が居たみたいです。
そこでボスは子供の頃好きだったカネゴンと答え、
レイはゴモラ・・・では無くレッドキングと答えたそうです。
何故ゴモラでは無いのかと問われると「ウルトラギャラクシーNEOの後半で」とはぐらかされたみたいです。
大怪獣バトルNEOに合わせてギャラクシーでもレッドキングが目立つ回があるみたいなので、
どうなるか楽しみですね。


次は先週の日曜日に京セラドームで開催された「次世代ワールドホビーフェア'09 Winter」
データカードダスのブースではもちろん大怪獣バトルNEOのコーナーもあり、
ウルトラマンとレイオニックバースト状態のゴモラのスーツが展示。
更に来月発売されるバーストレイモン、ミクラス、EXゼットンのソフビ人形も展示されていたようです。
待ち時間は40分超えととんでもない状態だったそうですが、
大スクリーンでデモ画面などが流れていたのであまり待った気にはならなかったそうです。
このデモ画面では大怪獣バトルNEO第4弾の映像も流れ、
それぞれの怪獣の必殺技やキングジョー&キングジョーブラックのタッグ技など新情報満載だったようです。
うーん、仕事が休みだったら行っていたんですがね・・・
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|19:50

第5話「暴走の果てに」

平成ギャラ3
さて、ウルトラギャラクシー大怪獣バトルNEO第5話です。
今回でレイの暴走編もとりあえず一段落?


ボスより惑星ハマーはレイオニクス達が集結する惑星だと聞かされたZAPクルー。
レイも正気を取り戻し、仲間を傷付けまいとペンドラゴンより去ろうとしますが、
ボスはレイに付けられた傷を「宇宙の男の勲章」と表現。
他のクルーもレイを励まし、絆の深さを再認識します。
と、そこへ現れたのはメトロン星人のレイオニクス!
前回やられた屈辱を晴らすべく、再び戦いを挑んできます。
ZAPクルーは応じるはずもなく、ペンドラゴンは空へ。
メトロン星人は逃がすまいとちゃぶ台とお茶をひっくり返し、超獣バキシムを召喚します。
バキシムのバルカン攻撃に翻弄されるペンドラゴン。
更に脱走したダイルがレイに襲い掛かり、船内は大混乱。
レイとダイルは船外でも戦いを繰り広げます。

しかし、バキシムが地上へ降り立つとレイは再びバーストモードへと姿を変え、
レイオニックバースト状態のゴモラを召喚。
「やっとやる気になったようだな、歓迎するぞ!」
とゲーム版と同じ台詞で戦いを挑んでくるメトロンが細かいですね。
激突するゴモラとバキシム。
真のレイオニクスバトルのため、レイオニクスもダメージを負う激しい戦いです。
ほとんど互角の戦いでしたが、やはりレイオニックバースト状態のゴモラは一枚上手。
超振動波(0シュート)でバキシムを葬り去り、メトロン星人も消滅してしまいました。

ZAPクルーに再び襲い掛かるレイでしたが、
ボスの投げたアイスラッガーが邪気?を消滅させレイは正気を取り戻しました。
アイスラッガーを受けた傷も「宇宙の男の勲章」とボスの言葉を借りて表現するレイ。
再びZAPクルーは元の絆を取り戻し、今回はめでたしめでたし。

次回はいよいよ2期目のキーキャラクターの一人であるキール星人グランデが登場!
そしてウルトラマンメビウス、超ウルトラ8兄弟と何度も復活を断念されてきた超強力な怪獣、
「暴君怪獣タイラント」もついに姿を現します!
どうなるレイ!?
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|20:14

熱い戦い!

大NEO
アリオ八尾内にある円谷ジャングルにて、本日大怪獣バトルNEOのウインターカップが開催されました。
ルールはウルトラストライカーを使用して戦う事以外は特に指定無し。
いつもウルトラマン達が登場する奥のステージ前に大怪獣バトルの筐体を移動させ、
TVにてその戦いを中継するという方式で開催されました。

以下画像がありますが、
立ち位置や人の顔が映りこむ関係から妙に小さかったり斜めになっている画像ばかりです。
この辺りはご了承下さい。

まずはトーナメント用のデモ画面。
つぶ
NEO第4弾以降のキャラが登場していますね。

戦いは2ブロックに分かれたトーナメント方式で16人が戦い、
勝ち残ったブロックの代表者が決勝戦で戦うという方式でした。
それぞれハイスペックな能力を持つキャラが中心のデッキでしたが、
ウルトラストライカー使用という事で勝敗にかなり影響が出ている感じでした。

面白かったのは作戦カード使用タイミングでダイナのグリッターバージョンを登場させ、
光属性に弱いキャラに対して威力4500のソルジェント光線を撃ち込み一撃でKOした子が居た事。
これは見ていたギャラリーからも思わず驚きの声が上がっていましたw

さて、決勝戦です。
つぶ1
1P側の子のデッキは
インペライザー、デスフェイサー、ガタノゾーアと強豪揃いのデッキ。
2P側の子は
グランドキング、ゴモラ、リトラとストライカーとの相性も考えたデッキ。
両者互角の戦い(スピードゲージはほぼMAX止め&物凄い連打力)を繰り広げ、
思わず見ている側も熱が入ります。

すかさず1P側の子はアタックを減少させるサイコメザードを使用。
つぶ2
自分のデッキがディフェンス型なので連打力で勝負する気みたいですね。

そして2P側の子はウリンガを使用!
つぶ3
これで相手の連打力を押さえ込もうという作戦。これは熱いw

両者のウルトラストライカーも空へ飛び去ってしまい、戦いは後半戦へ。
ウリンガの効果はやはり想像以上の厳しさで、
2P側の子はグランドキングのアタックやリトラの超スピードで必殺技を発動。
タッグチャレンジが見事成功し、ゴモラ&リトラのダブルインパクトが炸裂!
つぶ4
見事2P側の子が勝利!
タッグ必殺技でトドメとは、絵に描いたような素晴らしい戦い方でした。

優勝者と準優勝者にはウルトラマンタロウから表彰状と商品が手渡されました。
つぶ5


16名の小さなレイオニクス達、お疲れ様!
つぶ6
関連記事
Permalinkコメント:(9)トラックバック:(0)|18:58

ウィンターカップ

明日はアリオ八尾、円谷ジャングルにおいて大怪獣バトルNEOの公式トーナメント大会
「ウィンターカップ」が開催されます。
時間は午後3時からで、円谷ジャングル内のステージ前にて行われるそうですね。
16名の参加枠は締め切り済みで、参加資格も小学校3年生以下という事。
当然私が参加できるはずもありませんがw

先週のイベントは結局行きそびれたので、この大会の見学ぐらいはしようかなぁと思っている所です。
本当は日曜に休みが取れれば、京セラドームで行われる
「次世代ワールドホビーフェア09」内の大怪獣バトルブースにでも行こうと思っていたのですがね。
まぁ土曜に休みが取れたので、今回は円谷ジャングルの方にでも行くとしますか。

そういえばルールなどは告知されていませんが、ウルトラストライカーは使用できるのでしょうかね?
それによってはデッキが大幅に変わると思うのですが。
ハイスペックなアーマードダークネスなんて、まずウルトラストライカーでは使えませんしね。
もし見学できれば、その辺も軽くレポしたいと思います。
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|12:27

色々と収集

大ん
大怪獣バトルNEO第3弾、ウルトラレアの巨大ヤプールとスーパーレアのアギラを入手したので、
残るはウルトラレアのグランドキング、ウルトラヒーローレアのウルトラマンネクサスだけとなりました。
もう一歩!

玩具ですが、ネオバトルナイザーも入手しました。
比較用に前回のバトルナイザーも。
大んん
今回は怪獣の育成機能や通信機能がありませんが、
ボタンを押すとゴモラ、リトラ、エレキングをレイの声で召喚できるなりきりアイテムになっています。
後ろのボタンを押すとレイブラッドの印の部分が割れてモンスロードできます。(中央が赤く光る)
ネオバトルナイザーは色までレイ仕様ですが、
旧式の方は色々なレイオニクスが使用しているので色んなレイオニクスになりきれますね。
両方持てば結構ウキウキしてきますw
ウルトラギャラクシー大怪獣バトルNEOでの本格的な登場は第6話辺りからになるみたいですね。
関連記事
Permalinkコメント:(6)トラックバック:(0)|19:44

第4話「困惑の再開」

平成ギャラ3
風邪も治ったので更新を再開します。
ウルトラギャラクシー大怪獣バトル 第4話!


まずはいきなりゴモラvsドラゴリー
ドラゴリーを操るのは「超獣使い」を自称するメトロン星人のレイオニクス。
ちゃぶ台と例のお茶を母星より持参とはw一癖ありそうなレイオニクスです。
怪獣より強いはずの超獣でもレイオニックバースト状態のゴモラを止める事はできず、
あえなくドラゴリーはバトルナイザーに戻されてしまいます。
更にレイモンはメトロン星人にも襲い掛かりますが、
怪獣の声が聞こえるとすぐに興味がそちらの方へ移り去って行きました。
「忘れぬぞ!この屈辱ー!!」と宇宙ケシの実を投与された人にように真っ赤になるメトロン、細かいですw

レイを探すボスの前に見覚えのある虹色の磁力光線が。
光線を出していたアントラーが姿を現し、それを操るババルウ星人のレイオニクスも登場。
ボスを踏み潰そうとしますが、そこに謎の尻尾を投げつけたゴモラが登場。
この尻尾、ナツノメリュウやグランゴンなど既にゴモラの餌食になった怪獣のもののようですね。
ゴモラはアントラーに挑みますが、超振動波を破る強固な皮膚には通用せず。
更に怪獣のダメージがレイオニクス自身にも及ぶ「真のレイオニクスバトル」も始まり、
スタミナ切れのレイモンはもう立ち上がる事すらできません。

そこにスペースペンドラゴンが!
ついにメンバーはついに惑星ハマーへ到着し、アントラーに攻撃を仕掛けます。
ゴモラも再びレイオニックバースト状態となり、アントラーの顎をへし折ってKO。
ババルウ星人と共に逃亡してしまいます。
戦いに勝利したレイモンですが、暴走は止まらずボスさえも手にかけようとします。
ハルナ、オキ、クマノも合流し、ついにボスの口からレイモンの正体が明かされます。
1期目ではオキとクマノはレイモンの存在を知らないんでしたよね。
今回も暴走を止めたのはアイスラッガー。次回へと続きます。

今回はついにZAPメンバーが合流。
彼らはレイの暴走を止める事が出来るのでしょうか?
次回はダイルとレイの再開、超獣バキシムの登場とまだまだ盛り上がりを見せますね~
関連記事
Permalinkコメント:(11)トラックバック:(0)|12:51

ダウン中・・・

ここ数日、あまりにも体調が悪いため、病院へ行った所
ノロウイルス
に感染していると言われました・・・
ようやく今日になって回復してきましたが、噂以上のキツさですね・・・
皆様も流行風邪などにお気をつけて下さいね。

明日の円谷ジャングルは成人の日ならぬ星人の日ミニイベント!
ウルトラマン代表のウルトラセブン、そしてメトロン星人やマグマ星人がやってくるそうです。
いつものショーではありませんが、何か色々ありそうなので楽しみです。
明日までに完治すればいいのですが・・・
関連記事
Permalinkコメント:(15)トラックバック:(0)|14:03

続・ペンドラゴンの謎

バンダイより発売中の玩具、DXスペースペンドラゴンの話題です。
以前にも記事にした通り、発売日前日に買って来ました。
かか
後ろのスロットより大怪獣バトルのカードを読み込ませると対応した音声が鳴るのはご周知の通り。
とりあえず遊んでいて解った点は

怪獣カード化されているキャラはほとんど専用ボイスが用意されている
怪獣カード化されているキャラの技カードを読み込ませても同じ反応をする
基本的に技カードはレイやボスの「怪獣が現れた!」的なボイス
スペシャルアビリティなどの特別なカードは「凄いパワーを感じるぞ!」とレイが反応
援軍カードやウルトラヒーローレアもちゃんと専用ボイスあり(一部キャラ除く)
何故かノーバの怪獣カードだけ反応しない(技でも駄目)
怪獣カードによっては専用ボイスが流れないものもある(ちゃんと専用ボイスが流れるキャラなのに)
今後怪獣カード化確定のキャラの技カードを読み込ませたら一部だけ反応する
こんな感じでしょうか。
援軍カードやウルトラマンもちゃんと反応してくれたのはビックリ。
(例:ジェットビートルを援護せよ!:ウルトラマン!「ヘアッ!」)

ちなみに技カードを読み込ませて今後の参戦怪獣を探るというやつですが、
地道に頑張ってNEO第3弾までの技カードを全てスキャンしましたよ。(本当に疲れた・・・w)
やはりいくつか反応したのでご紹介しておきますね。 

まずは怪獣カード化が既に確定しているこの面子。
ミクラスバードンニセウルトラマンレイモン
この4体はちゃんと専用ボイスが流れました。
ミクラスとレイモンは当然レイが解説してくれます。(ウルトラギャラクシー繋がりで)

次はカブトザキラー
現在の所スーパーコンボ限定キャラですが、その内怪獣カード化はするでしょう。
ちゃんと専用ボイスも流れます。

変り種としては
ナツノメリュウピグモンセブンガーモグルドンリドリアス
ナツノメリュウはミズノエノリュウと何故か同じ解説ボイス(龍繋がり?)
ピグモンはデータカードダス版のストーリーモードと同じ声で助けを求めてきます。
セブンガー、モグルドン、リドリアスは善玉怪獣だからか、「共に戦うぞ!」とボスがキメてくれます。

さて、ここからが本題。
技カードなのに何故か詳しくオキが解説してくれるキャラです。
バードンなどの例を見ると、今後怪獣カード化する確立がというキャラになるのでしょうか。
その面子は
ペギラクレージーゴンモチロンの3体です。
ペギラは前回お伝えしましたが、ウルトラQ怪獣の代表格という事で妥当な所でしょう。
次はクレージーゴン。確かにウルトラシリーズのロボット怪獣の中ではキングジョーと並ぶ大御所。
特徴的なフォルムで昔から人気ありますもんね。
最後はモチロンです。
いや、モチロンって。
一目見たら忘れられない強烈なキャラ&相撲が得意というのが選抜理由でしょうかw
確かに人気が出ない事も無い・・・かも?

前回も言いましたが、既に参戦が確定済みのベロクロンの技カードなどは反応しませんでした。
なので、反応しない=参戦しないというわけでは無いのでご安心を。
今後がますます楽しみになってきましたね~
関連記事
Permalinkコメント:(14)トラックバック:(0)|01:30

第3話「大暴走!レイオニックバースト」

平成ギャラ3
本日はウルトラギャラクシー大怪獣バトルNEO第3話の放送日です!
まぁネット配信では先週から先行配信しているんですがw
以下、ネタバレ注意!


ボスとレイは銀色に輝く巨大な物体を目撃し、レイはその物体に触れると頭の中に映像が流れ込みます。
この銀色の物体、説明する間でも無くアイスラッガーですよねw
更にレイの頭の中に流れたイメージはトサカの無い戦士と禍々しいオーラを放つ暗黒の鎧が戦う姿。
前者は予想通りのチョイスでしたが、まさか相手があの暗黒魔鎧装なんて・・・
メインビジュアルに大きくアーマードメフィラスの姿はありますが、こっちの鎧は驚きのキャスティング。
さぁ、物語にどう絡んでくるのでしょうか。

OPが終わるといきなりレイオニオクスバトルの幕開け。
アーストロンが何者かの攻撃を受けて倒れてしまいます。
アーストロンを操るのはこちらも驚きのチョイス、ゼラン星人
相手はナックル星人のレイオニクス。
相棒はガルベロスですね。ゼラン星人共々アーストロンを倒してしまいました。
自分の感情が抑えられないレイがボスに励まされているその時、
ペンドラゴンはキール星人の円盤と遭遇します。
キール星人といえばゲーム版のライバルであるヴィットリオ。円盤の形も同じくボスタング型ですね。
今回は出番無しでしたが、このキール星人も大きく物語に関わってくるようで・・・

さて、レイの前にはついにナックル星人が姿を現します。
なんと現れたのはゼットン
ゴモラが果敢に挑み、見事撃破しますがゼットンは復活。
レイはついにレイモンへと姿を変えますが、それでも復活。
ボスがあのゼットンは幻影だと見抜きますが、
レイはついに感情を抑え切れなくなりレイモン バーストモードへと姿を変えてしまいます。
ゴモラもレイオニックバースト状態に突入。
正体を現したガルベロスとナックル星人を超振動波で消滅させてしまいます。
戦いが終わった後も暴走を続けるレイとゴモラ。
そこに現れたのはあのアイスラッガー!
暴走を止めたかに見えましたが、レイモンは怪獣の声を聞き再び暴走状態へと突入、次回へと続きます。

今回よりレイモンとゴモラは暴走状態を披露。
いかにして覚醒した自分をコントロールし、1期目の最終回のような戦いをする事ができるのか。
それが2期目のキーポイントとなりそうですね。
次回よりZAPクルーとも再会し、物語も盛り上がりを見せる事でしょう。

あ、今回の大怪獣バトルファイルでしたが、お約束のように
ガルベロスにやたら詳しいクマノをやってくれましたねw
さすが解っていらっしゃる・・・
関連記事
Permalinkコメント:(8)トラックバック:(0)|01:59

1日遅れで・・・+ハイパーホビー

モチロン
新年あけましておめでとうございます
今年もよろしくおねがいします        まなしな


さて、ハイパーホビーより大怪獣バトルNEO第4弾の続報です。
今回の怪獣カードはミクラスバードンレイモンレイブラッド星人EXゼットンの5体。
スーパーコンボカードとして、ウルトラマンキングキングジョースカーレットレイモンバーストモード
が参戦するようですね。
援軍カードは小型ビートルタックアローマッキー2号ガッツイーグルの4機。
2009年最初の弾&ウルトラギャラクシーNEOの終盤に稼動という事で、
いきなり大ボリュームの内容ですね。

EXゼットンとミクラスはソフビ人形付属カードでステータスが明かされています。
ミクラスはクリティカル持ちのアタック&パワー型で、得意属性が何と4つもあります。
EXゼットンはアタック重視のバランス型。キングオブモンスに似ているステータスですね。
レイモンバーストモードのソフビにはスーパーコンボカードが付属。
この3種のソフビ人形は4弾が稼動する2月下旬辺りに発売するようです。

更にハイパーホビーの来月号には人気投票で1位に輝き、
参戦を果たしたアントラーのプロモーションカードが付属。楽しみですね~
さぁ、明日はウルトラギャラクシーNEOの第3話が放送!
関連記事
Permalinkコメント:(11)トラックバック:(0)|13:58
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ