大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

大怪獣バトルNEO第4弾+円谷ジャングル

大NEO
大怪獣バトルNEO第4弾、プレイしてきました。
ストーリーモードはグローザムのリベンジやウルトラギャラクシーNEOの前日談、
更にNEOの時代へさえも行ってしまうという豪華さ。
キール星人の二人もついにご対面です。

さて、いつも通り8000円ほど注ぎ込んだ結果です。
大う10
ウルトラレアカードの2枚がとりあえず揃ったので良しとしておきましょう。
この2枚には他と少し違う点があり、EXゼットンは最下位よりアタックが+300となっています。
一方レイモンは最下位より全ステータスが+100なのに最上位扱いとなっています。
(裏面のキャラの背景もちゃんと金色)
中位カードは果たして?
ノーマルやレアカードはあまり良い結果では無かったので、また近々リベンジですかね。

しかしEXゼットンは意外な動きが多いキャラですね。
アタックバトル時には走らずに浮遊、コマンドバトル時の攻撃では少しテレポートして近付く。
果たして映像作品でもこの動きをしてくれるのでしょうか。
100トリリオンメテオも4900という過去最高の威力でインパクトがありました。


<オマケ>
次の日曜日である3月1日は久々のアリオ八尾での円谷ジャングルショー!
更に今回は数々のイベントも用意されています。
つん
上記の4組によるパフォーマンスを見て、
最も良かった組に投票し1位に輝くと次のショーの主役になるそうです。
ウルトラマンヒカリの相方はあの剣豪?
ウルトラマンナイスとゼアスの漫才コンビも果たして大阪ではウケるのか!?

ウルトラヒーローが登場する握手会もとんでもない状態に。
ひな祭りなのでウルトラの母、ウルトラウーマンベス、ブース子が来てくれるのはいいですが、
なんとあの暗黒宇宙大皇帝エンペラ星人が光臨!
平成エンペラ握手

・・・これは行くしかあるまい!!
(ちなみに握手会の方は3月1日限定のイベントではありません)
スポンサーサイト
関連記事
Permalinkコメント:(9)トラックバック:(0)|00:51

ケロケロエース

ケロケロエースを購入してきました。
まずは今月の目玉、付録のレイオニクスチャレンジカード・御蔵イオ
大う
イオが召喚したゴモラ、ベムラー、ガラモン(ピグモンの代役)と戦う事ができます。
ステータスも大幅に強化された強敵のようなので、戦うのが楽しみですね。

内容はNEO4弾の全カードリストやNEO5弾の新情報がメイン。
大う0
前回お伝えした通り、ダークヒーロー祭になっています。
ベロクロンやアーマードグローザムの実力も楽しみですね。
ウルトラマンゼアスまで来たらもうグレートも出してもらわないとw

漫画の方は惑星ボリスが炎に包まれた後、ちゃんとウルトラマンは生還している事が判明。
やはりウルトラマンは不死身でしたね。
次回よりいよいよヴィットリオとの決戦。そしてレイブラッド星人復活へと物語は進むのかな?
NEO編ではビラ星人やインペライザーなども登場。
東京を氷漬けにした犯人であるグローザムは次回より登場のようです。


さて、本日より大怪獣バトルNEO第4弾が稼動開始となります。
ウルトラギャラクシーと連動したストーリーモードも気になるので、
明日までにはプレイしたい所ですね~
関連記事
Permalinkコメント:(7)トラックバック:(0)|13:08

大盛りのウルトラファンブック4

大怪獣バトルウルトラファンブック4が早売りしていたので買ってきました!
大フ0
今回はNEO第5弾の情報が満載!
ウルトラギャラクシー大怪獣バトルの情報は少なかったですが、
裏表紙にゴモラと対峙するアーマードメフィラスの写真もあるので月末の児童誌に期待。

さて、NEO第5弾の面子ですが。
参戦怪獣は
にせウルトラマンベロクロンウルトラマンシャドーダークザギアーマードグローザム
というとんでもない面子。
ダークザギはまさかの登場ですし、ニセ系キャラクターも今後どんどん増えてきそうですね。
DVDによるとダークザギとウルトラマンシャドーはNEO4弾の上級バトルにて強敵怪獣として出現します。
どちらもアタック&スピード型!ウルトラマン系は全員このステータスのようですね。

スーパーコンボカードはウルトラマンレオ&アストラウルトラマンゼアス
ウルトラダブルフラッシャーとスペシュッシュラ光線を引っさげての参戦です。
ゼアスはシャドーと上手くタイミングを被せてきましたね。
援軍カードには宇宙人の円盤も登場。
ウルトラストライカーはタロウとキングが新たに手を貸してくれます。

新タッグ技は
ベロクロン&バキシムの「超獣爆撃作戦
ゼットン&にせウルトラマンの「ゼットンファイナルビーム
アーマードメフィラス&アーマードグローザムの「暗黒双魔刃
の3種類。
出るか出るかと噂されていたゼットンファイナルビームは掟破りの出し方ですねw

小学館の各雑誌で行われる最強怪獣パワーアップコンテストではバキシムが題材に。
前回のカブトザキラーのようにカード化&ソフビ化されるようですね。
年末ごろ参戦という事なので、今年も大怪獣バトルはちゃんと続くみたいです。
とりあえず一安心かな?

そして付録のDVDでついに公開されたのが、wii版の大怪獣バトルウルトラコロシアムの最後の隠しキャラ。
「41308284」と入力するとEDで顔を見せていたレイブラッド星人が現れました。
必殺技は
LV1「レイオニクスドレイン」(相手のエネルギーを奪う技)
LV2「トラクターシュート」(赤い光線で相手を宙に浮かせ、落下させる技)
LV3「メタレイオニクス」(ゼットンを召還し、相手に一兆度の炎を浴びせる技)
でした。
これでwii版のバトラーは恐らくフルコンプリート!ですかね?

他にも様々な情報が詰まったこの一冊。
今回も大ボリュームなので、書店にあれば是非お買い求め下さいねw
関連記事
Permalinkコメント:(11)トラックバック:(0)|15:02

第10話「新たな戦いの地平で」

平成ギャラ3
ウルトラギャラクシー大怪獣バトル、第10話です。


まずはOP映像がマイナーチェンジ。
エレキングがミクラスに差し替えられたり、
キングジョーブラック軍団やアーマードダークネスの姿もチラリ。果たしてこの映像が意味するものとは?

のっけからフック星人操る再生ドラコゼットン星人操るテレスドンの一騎打ち!
初代ウルトラマンでの因縁の対決ですね。
アクロバティックに戦うテレスドンに対し、パワーの強さを見せ付ける再生ドラコでしたが、
突如現れたキングジョーブラックの攻撃により大爆発!
更にダイルの手によって両レイオニクスも射殺されてしまいます。
しかし妙に苦い気持ちになるダイル。レイとの出会いが彼を少しずつ変化させているようですが・・・

ペダン星人のレイオニクス討伐部隊の本拠地でもある巨大な司令母艦。
そこには討伐部隊の女司令官であるハーランの姿が。
怪我から復帰し活躍するダイルを褒め称えますが、レイとの一件が気になる様子。
再びレイの討伐指令を下します。
一方レイはリベンジに燃えるガッツ星人と激突中。
ガッツ星人はケルビムを繰り出し、レイはウルトラセブンより託されたミクラスで応戦します。
この対決もウルトラマンメビウス第4話での因縁がありますね。
セブンの怪獣とあって期待するZAPクルーでしたが、やはりイマイチなパワーで全員唖然。
しかしレイの掛け声に反応し、メビウスでもお馴染みのやる気モードへと突入。
迫り来る火球を物ともせず、パンチや角、突進攻撃でガッツ星人もろともケルビムをKO!
成長したレイは一味違い、仲間の怪獣に向かってこれからも頼むと言葉をかけます。

そこに襲来するはキングジョーブラック&ダイル!
ZAPクルーとレイに何故まだ惑星ハマーに残っているのかと理由を尋ねますが、
レイとZAPクルーは既にレイブラッドの野望を阻止するという理由が出来ており、ダイルも驚愕。
ならばキングジョーブラックを倒して証明してみよと戦いを挑んできます。
レイはゴモラを召還しますが、やはり相手はあのキングジョーブラック。
強固な装甲に攻撃は阻まれてしまいます。
惑星ボリスでのデータを引き継ぎ強化されていると話しますが、今のレイとゴモラはあの時とは違います。
何とレイオニックバースト状態のゴモラをも制御できるようになったレイ!
その圧倒的パワーでキングジョーブラックを破壊してしまいました。うーん、本当に強いですね。
ダイルも背中を見せるレイに向けて発砲する事もできず・・・

一方キール星人グランデもキングジョーブラック&ペダン星人一般兵に戦いを挑まれていました。
グランデのタイラントに続く怪獣は何とレッドキング
ペダン星人は「レベル3、キングジョーブラックの敵では無い」と余裕の表情。
しかしレイと同じく第二覚醒を果たしているグランデ。
レッドキングの圧倒的パワーでこちらのキングジョーブラックも破壊されてしまいます。
かっこよく立ち去ろうとするグランデでしたが、ペダン星人の発砲によりまた逃げてしまいました。
そしてダイルは一連のレイとZAPクルーの行動からついに心が揺れ動き・・・!

今回も盛りだくさんな内容でしたね。
ペダン星人やダイルの物語もいよいよ来週で決着が付くとの事。
果たしてどんな結末が待っているのか・・・?
次回は強敵バードンやキングジョーブラック軍団との壮絶な戦い。
よーく見ると軍団の中に赤いアイツの姿も!?

そして大怪獣バトルのHPでは来週木曜より稼動するNEO第4弾の情報も。
そこにはEXゼットンがギャラクシーNEOに登場という衝撃的な文章も見受けられます。
一体12話と13話はどんな展開に!?
関連記事
Permalinkコメント:(17)トラックバック:(0)|00:43

NEO第4弾以降の展開

大怪獣バトルNEOのオフィシャルコンプリートバインダー3の画像が公開されています。
大オフィ
ベロクロン、アストラ、アーマードグローザムはNEO第5弾からの登場になるのでしょうか?
バインダーの付属カードもザラブ星人のレイオニクスチャレンジカード&EXゼットンの怪獣カードと、
技カードの付属が多かったバインダーにも変化が見られますね。
裏面のNEO第6弾のメインビジュアルも激しく気になる所ですが・・・

個人的な予想ではそろそろNEOから更に変化してバージョンアップするのかと思っていましたが、
どうやら1年間は今のスタイルを続けるみたいですね。
参戦怪獣も色々な手段や情報で何体かは明らかになっていますし、
それが出尽くすまではNEOのままなんでしょうか。

しかしベロクロンの描き方、妙に力が入っていますねぇ・・・w
アストラも恐らくスーパーコンボ技でウルトラダブルフラッシャーを放てるのでしょう。
ウルトラストライカーにレオも来るのかもしれませんね。
ケロケロエースなどの雑誌情報が待たれます。
関連記事
Permalinkコメント:(15)トラックバック:(0)|22:17

ウルトラマンプレミアステージ3

ゴールデンウィークに中日劇場で行われるウルトラマンプレミアステージ。
3年目となる今年も無事公開が決定しましたね。
http://premia3.com/index.html

公式HPによると今回はウルトラセブンが目立つようです。
キャストもセブン絡みの人が多く起用されていますね。
おおとりゲン=ウルトラマンレオ:真夏竜
高山我夢=ウルトラマンガイア:吉岡毅志
レイ=レイモン:南翔太
ハヤタ=ウルトラマン:黒部進
モロボシ・ダン=ウルトラセブン:森次孝治
小森杏由:平田弥里
永瀬愁輝:小杉彩人
ペダン星人シャーラン:内田ゆか
何といっても注目なのはゲンとレイ!
共にウルトラセブンと縁が深く、ゲンとダンは久々の共演という事もあって非常に燃えるものがあります。
ペダン星人とレイが登場するという事は、大怪獣バトルの要素も取り入れた内容になるかもしれませんね。
もう一つ注目なのは平田さんがコノミではなく「アンヌ」として登場するという事。
苗字が違うのでウルトラ警備隊のアンヌ隊員とはまた違った役みたいですが、果たして・・・?

一昨年の第一回目はメビウス終了直後という事もあってか、エンペラ星人や暗黒四天王の復活。
更にファントン星人の子供などが登場するメビウスの後日談的な内容に。
私が昨年見に行った第二回目はアーマードダークネスとある程度連動した内容になっていました。
第三回目となる今年はセブンを中心に物語が展開されるようですが、どういう内容になるのでしょうか。

プレミアステージの特徴は演出面にもあります。
舞台に役者が直接出演しないキャラでも、一部キャラだけはTVで演じた役者本人が声を当てたり、
通常のショーではできない演出(光線技の表現やスモーク&火薬の使用など)が毎年目を惹きます。
去年はその辺も感動した部分があるので、今年も恐らく見に行く事になりそうですw
監督も平成シリーズではお馴染みのベテラン、村石監督。
今年も期待大です!
関連記事
Permalinkコメント:(7)トラックバック:(0)|00:30

ソフビ化という意味

タイトルに深い意味はありません。
さて、先日お伝えしたグローザムとデスレムのソフビ化ですが。
amazonなどでも予約を開始したためか、あちこちで話題になっているようですね。
ウルトラマンメビウスの放送終了後から結構経ってからのソフビ化。
大怪獣バトルにも参戦中とはいえ、本当によくぞ商品化したと言いたいですね。

ウルトラ怪獣シリーズは他の商品とは違い裸売りで売られるので、
ラインナップされるキャラは基本的に知名度が高いか人気キャラが中心になっています。
しかし平成シリーズなど現役放送時に偶然商品化され、
ソフビのギミックやそのデザインが子供に受けて現在もラインナップされ続けているキャラも多数居ます。

今回のグローザムとデスレムのソフビ化は
・メビウスファンがずっと待ち望んでいた
・大怪獣バトルで活躍中
・これで暗黒四天王が全員揃う
・新規造型キャラ
などという要素から結構な反響がありました。
過去にも雑誌の投票やファンからのリクエストに応じて突然ソフビ化された例も結構多いですが、
そういうサプライズ的な要素もあるのがウルトラ怪獣シリーズ。
つまり、何が起こるか解らないシリーズでもあるんですよねw

個人的に驚いたのは
ゴメス、ペギラ、ケムール人、ペスター、ウー、恐竜戦車、パンドンなどと、
子供よりはマニアが喜びそうなソフビが2000年辺りに出た事ですかね。
当時のソフビはまだ一部を除いて彩色が甘かったりして、
「やっぱり子供の遊ぶものだなぁ」という認識が強かったんです。
しかし上記のソフビを見た時は目を疑いたくなるような造型&塗装(今とほとんど変わらないレベル)で、
一時期ソフビから離れていた私も見事に取り込まれてしまいましたw
まぁ見事にバンダイの思惑通りって感じですね。

大怪獣バトルと連動した今のシリーズは彩色を劇中のイメージに近付けたり、
人気キャラをソフビ化したりする事で更に購入層を広げて成功を収めています。
人気のババルウ星人やインペライザーの初ソフビ化、リトラやEX怪獣まさかの定番入りと話題性も抜群。
果たして6月以降はどんな展開でファンを驚かせてくれるのか。
バンダイさん、期待していますよー!
(そういえばグランドキングはバンダイではなくインスパイアから夏頃出るみたいですね)
関連記事
Permalinkコメント:(8)トラックバック:(0)|20:36

第9話「暗黒の鎧」

平成ギャラ3
ウルトラギャラクシー大怪獣バトル 第9話です。


「私は負けた・・・テンペラー星人に負けた・・・」
冒頭よりレイオニクスバトルに敗れ、砂漠を彷徨うメフィラス星人が登場。
しかも負けた際にテンペラー星人によってバトルナイザーを踏み潰されてしまう始末。
しかし失意のドン底にあったメフィラスの前に、巨大なる暗黒の剣がその姿を現します。
メフィラス星人の声は加藤氏、テンペラー星人の声は郷里氏。
共にウルトラマンメビウスやゲーム版大怪獣バトルに引き続きいての起用となりました。

一方ペンドラゴンでは、オキがアイスラッガーの持ち主の正体をレイに明かします。
やはりあの赤き巨人、ウルトラセブンのものだと・・・
メフィラス星人は暗黒の剣「ダークネスブロード」に選ばれ、
それを手にする事でアーマードメフィラスへとその姿を変貌させてしまいます。
10戦10勝とノリにノっているのはレイオニクスのダダ
メフィラスを馬鹿にしますが、メフィラスは問答無用の一閃を繰り出しダダを撃破。
レイもアイスラッガーに導かれメフィラスの下へと急ぎますが、ペンドラゴンはメフィラスにより墜落。
レイはレイモンへと姿を変え、光に呼ばれし物vs闇に呼ばれし者の戦いが始まります。

そこに繰り広げられる戦いはレイとメフィラスが見た、炎の中で戦う二つの影そのもの。
剣技もメフィラスの方が上手で、レイをあっさりと退けます。
メフィラスがたどり着いた先は暗黒に包まれし場所。
そこにあるのは見覚えのある三又の槍・・・と、そこへテンペラー星人が再び登場。
今度はメフィラスも余裕の表情を見せてテンペラーを挑発します。
一方ZAPクルーに助けられたレイはオキにウルトラセブンと戦う謎の黒き鎧の事を告げます。
オキが示したのは、かつて暗黒宇宙大皇帝エンペラ星人のために鋳造された暗黒の鎧、
人呼んでアーマードダークネス

テンペラー星人はアリゲラを召喚しますが、
メフィラスの持つダークネスブロードに見覚えがあったのか動揺。
その隙にアリゲラ共々倒されてしまいます。
そしてメフィラスはついにアーマードダークネスを復活させますが、
この時「ついに我が主に捧げる時が来た!」と何やら意味深な発言をしたのが気になりますね。
しかもアーマードダークネスは見境無くメフィラスを攻撃。
メフィラスの事ですからこれで出番が終わりというわけでは無さそうですが・・・

アーマードダークネスはダークネスブロードを手にし、ゴモラ&リトラと激突。
しかしアーマードダークネスはやはり強敵。
ZAPのミサイル攻撃も受け付けず、リトラも撃墜されてしまいます。
しかしアイスラッガーに導かれたレイはそれをアーマードダークネスへと投げ、鎧にヒビが入ります。
ヒビから見えるのはウルトラセブンの顔!
レイはセブンが自ら鎧を纏い、力を制御していたと理解し救出を決意。
ゴモラの超振動波とウルトラセブンの力により鎧は砕け散り、ついにセブンの救出に成功します。
セブンはレイへのお礼と自らの代わりになると、カプセル怪獣ミクラスを託し飛び去って行きました。
果たして彼の向かう先は・・・?

今回は色々と盛りだくさんな回でしたね。
ウルトラセブンもこんなに早く救出されるとは、以外な展開でした。
アーマードダークネスとアーマードメフィラス、何かこのままでは終わらない気がしますね・・・
次回はダイルとグランデ、更に多数のレイオニクスも再び登場。
ペダン星人のレイオニクス討伐部隊もついに動き始めます!
関連記事
Permalinkコメント:(12)トラックバック:(0)|15:11

暗黒四天王集結

ホビーネットという大手玩具通販サイトにて、6月辺りまでの玩具の予約受付が始まりました。
ウルトラマンからはウルトラ怪獣シリーズの新作が発表されています。

4月下旬発売
ウルトラ怪獣シリーズEX にせウルトラマン


5月下旬発売
ウルトラ怪獣シリーズEX グローザム


6月下旬発売
ウルトラ怪獣シリーズEX デスレム


ついにエンペラ星人に仕える暗黒四天王がコンプリート!
先週ウルトラギャラクシー大怪獣バトルNEOにて活躍した、にせウルトラマンも再販されるみたいですね。
デスレムとグローザムはインペライザーのように放送当時から望まれていたアイテムなので、
素直にソフビ化が嬉しいですね。
この調子で大怪獣バトルに参戦している怪獣をどんどんソフビ化してほしいですね。
関連記事
Permalinkコメント:(13)トラックバック:(0)|18:49

NEO第4弾の技

大NEO
ハイパーホビー誌の記事で大怪獣バトルNEO第4弾の作戦カードの効果がようやく判明しました。
ケロケロエースの記事だと文字が小さくてまったく読めなかったんですよね。
特に強力な効果をピックアップすると・・・

・ダンカン「3ラウンドの間、相手のスピードを200下げて、相手のスピードゲージを妙な動きにする
スピード型怪獣への対抗策に使えるカードですね。
対人戦では特に効果を発揮しそうです。

・キュラノス「3ラウンドの間、200ずつ相手のスピードをアタックを吸収するが、光攻撃に凄く弱くなる
バルンガも真っ青な超強力カードです・・・
光攻撃に弱くなるというデメリットを物ともしない効果。どの怪獣に対しても有効ではないでしょうか。

・ヌアザ星人イシリス「3ラウンドの間、ディフェンスが200上がり、光攻撃に強くなる
光攻撃に弱い怪獣に対するサポートカード。オマケにディフェンスも強化されます。

・キングオブモンス「3ラウンドの間、スタミナが2の時だけ、アタック、スピード、ディフェンスが700上がる
能力強化系カードの中では最強クラスのこのカード。
スタミナが2のラウンド時しか効果は発揮しませんが、
これでほとんどのキャラがスタミナ1の強力怪獣に対抗する事ができます。
是非1枚は所持しておきたいカードですね。

・ゲシュート「自分のレイオニクスパワーを4増やして、相手の必殺技パワーを2減らす
使えば戦いが断然有利になるこのカード。どのタイミングで使っても効果を発揮できます。

・ダークメフィスト「ずっと、相手のストライカーと怪獣の相性が悪くなる
ウルトラストライカー対策のカードです。
これを使えば相手のウルトラマンと怪獣の連携を軽く崩す事ができますね。

今回も強力な効果が目白押し。
スペシャルアビリティの効果はまだ判明していませんが、恐らくいつも通り強力な効果でしょうね。
キングオブモンスなんかスタミナが2以上のどの怪獣に使用しても、
アーマードダークネスを超えるとんでもない怪獣が誕生してしまいます。
大会では禁止確定でしょうが、ストーリーモードの強敵対策にはもってこいかもしれませんね。
関連記事
Permalinkコメント:(8)トラックバック:(0)|15:32

第8話「潜入者を撃て!」

平成ギャラ3
ウルトラギャラクシー大怪獣バトルNEO、第8話です。


「何がレイオニクスだ、宇宙最強はこの俺様、ザラブ星人よ!」
冒頭から飛ばしています。
今回の主役はレイオニクスではなくバトルナイザーをコレクションするために惑星ハマーに来た変人、
かつて地球で2度に渡り騒ぎを起こしたザラブ星人の同族です。
声優は初代、メビウスと同じく青野武さん!

ゴースタードラゴンではボスとレイが物資をペンドラゴンへと運んでいる途中。
レイはハルナの忘れ物を見つけますが・・・
一方オキはクマノにザラブ星人のソフビを紹介。
何とオキのお手製!バンダイに就職できるぞw
ハルナはドラゴンスピーダーで輸送中にザラブ星人に見つかり、例のベルトで拘束。
ザラブ星人はレイオニクスを探すためにハルナに変身します。
オキとクマノを見てレイオニクスだと予想するザラブ。
クマノ「行って下さい、ガルベロス!」
オキ「じゃーん!行っちゃえ!モットクレロン!」
どんな妄想だよザラブw

ボスに忘れ物を聞かれるもザラブポーズと仮病で誤魔化すにせハルナ。
医務室でザラブのソフビを見つけるも首が取れて大ショックw
オキの部屋に侵入するとネロンガのパーツや数々の怪獣フィギュアに怪しげな大怪獣バトルファイル。
ファイルには怪獣や宇宙人のデータが満載で、ザラブの解剖図もあり更に大ショックw
砂嵐のせいで暇になったオキとクマノはなんと大怪獣バトルをプレイw
クマノがアーマードダークネス、インペライザー、ガッツ星人を使用。
オキがゴモラ、メフィラス星人、バルタン星人を使用。
クマノがガチすぎる・・・というかちゃんとあの世界でも売ってるんですねw

一方ハルナは涙を流しベルトから脱出。初代とまったく同じ展開ですね。
案の定ボスに叱られ、ハルナを探すオキ。
ドジを踏み、にせハルナはオキとクマノに拘束されます。
更に先ほどの会話からオキをレイオニクスだと勘違いする始末。
外に脱出すると全員鉢合わせ。
ハルナとにせハルナも顔を合わせますが、
にせハルナはオキをレイオニクスだと思い込んだせいですぐバレてしまい最後の手段を決行。
なんとにせウルトラマンに変身してしまいます。
しかしオキは一発で偽者と見破り、ポーズも全然決まらないにせウルトラマンw
レイも応戦するためにゴモラを召喚。
案の定、戦ってもまったく良い所無しのにせウルトラマン。
スペシウム光線も出せず、一瞬怖がったゴモラも大反撃。
尻尾攻撃を一切受け止められず、ハルナの攻撃と超振動波であっけなく敗北。
腰を叩きながら逃げるザラブ星人でした。
レイはハルナに忘れものを届けるも最後まで鏡の意味が解らず・・・

とにかく今回は楽しんだもの勝ちな内容でしたねw
オキの部屋は一時停止などでよく見ると結構面白いものが並んでいるので是非じっくり見て下さい。
次回はいよいよ後半戦。
アーマードダークネス、アーマードメフィラス、テンペラー星人、ダダ、ウルトラセブンなど見所満載です!
関連記事
Permalinkコメント:(10)トラックバック:(0)|00:28

怪獣標本

巷で話題の新商品、怪獣標本を購入してきました。
ソフビ魂の新シリーズで、徹底的に着ぐるみの質感や造型などを再現しようというこの企画。
第一弾は人気のレッドキング&ゼットンがチョイスされました。怪獣標本
レッドキングは左右の脚の大きさの違いまで完璧に造型されている細かさ。
手のパール風塗装や眼や口のクリアパーツによる表現で初代レッドキングを再現しています。
この白とも黄色とも言い難い独特の塗装も見事!
欲を言えばオマケで岩が欲しかったですねw

一方ゼットンは現在発売されているゼットンのフィギュアの中でも、
最上位と言っても過言ではない素晴らしい出来栄えでした。
体のバランスや塗装、クリアパーツでの表現など個人的には文句の付け所がありません。
顔もどの角度から見てもゼットン!

このシリーズ、何故購入したのかと言うとそのサイズにあります。
怪獣標本0
ウルトラギャラクシー大怪獣バトルの主役、レイモンのソフビと並べるとこんな感じです。
ウルトラヒーローシリーズの初代ウルトラマンを基準に大きさが設定されているので、
並べても違和感が無いように作られているんですよね。

値段がやや高めなのが唯一のネックですが、出来栄えはご覧の通り。
次はドドンゴの発売が予定されているので楽しみですね。
この調子でウルトラ怪獣シリーズに「足りないもの」を補完していくシリーズになればいいなぁ・・・
関連記事
Permalinkコメント:(6)トラックバック:(0)|19:47

多忙

また私生活が忙しくなってきました・・・
うーん、眠い。

大怪獣バトルですが、現在発売されているハイパーホビーにアントラーのカードが付属しています。
本の記事でもそのカードを活かしたデッキ紹介や、
来月発売のソフビ(アントラー、ベロクロン、ヤプール、エンペラ星人、キングジョーブラック)情報なんかも。
ソフビに付属するカードは来月紹介でしょうかね?
今まで発売された大怪獣バトル定番ソフビ60体を3名にプレゼントという企画もありますね。

ハイパーホビー付属のアントラーは最下位カードの強化版で、
ディフェンスとアタックの数値が入れ替わったりコンボがウルトラマンだったりと色々変更されていました。

ウルトラギャラクシー情報は特撮ニュータイプが一番豊富。
11話までに登場するキャラクターが軽く紹介されているので必見です。
しかしリフレクト星人までもが登場とは・・・
関連記事
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|01:03
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ