大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

てれびくんにゼロの新バトルDVDが

てれびくんとテレビマガジンを購入して来ました。
てれびくん付属のDVDでは大怪獣バトルシリーズのCGポリゴンを使用した、
ウルティメイトフォースゼロ アナザースペースアドベンチャー
という「ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国」の後日談的なストーリーが収録されています。
10分ほどの内容ですが、声優も豪華で中々楽しめました。
では簡単なレビューを・・・

宇宙を旅するウルトラマンゼロ、ミラーナイト、グレンファイヤー、ジャンボットの4人は、
突如現れたワームホームに吸い込まれてしまい、謎の異空間へと辿り着きます。
そこに現れたのはレギオノイド軍団、ダークロプスゼロ、メカゴモラ!
ウルティメイトフォースゼロの4人が、倒したはずのベリアル軍の亡霊(とメカゴモラ)に戦いを挑みます。
ウルティメイトフォースゼロ アナザースペースアドベンチャー

それぞれの必殺技で敵を倒しますが、そこに倒したはずのカイザーベリアルまでもが登場!
黒いオーラを身に纏い、笑いながらゼロに攻撃を仕掛けてきます。
格闘などでベリアルの攻撃をかわし、反撃するゼロでしたが・・・
突如ベリアルの体が紫色に光り、その正体を現します。
ウルティメイトフォースゼロ アナザースペースアドベンチャー0

その正体は異次元空間の支配者、巨大ヤプール!
倒されたベリアル軍の怨念エネルギーを感じ取り、それを利用してゼロ達に攻撃を仕掛けた様です。
ベリアル軍の代わりに自分がこの宇宙を支配してやろうと豪語するヤプール。
ウルティメイトフォースゼロ アナザースペースアドベンチャー1

そうはさせるかと巨大ヤプールに戦いを挑むゼロ達でしたが、
我等が操れるのはベリアル軍の怨念だけでは無い、と配下を呼び出します。
EXタイラント、カブトザキラー、バキシマム、ベロクロン!
ウルティメイトフォースゼロ アナザースペースアドベンチャー2

再び戦いが始まり、大乱戦の中ゼロはヤプールに飛び掛ります。
しかしヤプールの放つ邪悪なオーラに捕まるゼロ。
こうなればウルティメイトゼロに・・・とウルティメイトブレスレットを使おうとしますが、
腕にブレスレットが無い事に気付きます。
ワームホールに飲み込まれた際、既にヤプールの手によって奪われていたのでした。
ウルティメイトフォースゼロ アナザースペースアドベンチャー3

更にヤプールは切り札を呼び寄せます。
Uキラーザウルスを更に邪悪に進化させたような姿の巨大超獣、ゼロキラーザウルス
更に強力な怨念の塊となっており、頭部や触手の先にゼロスラッガーのような突起物が付いているのが特徴ですね。
ウルティメイトフォースゼロ アナザースペースアドベンチャー4

ゼロを助けようとするミラーナイト、グレンファイヤー、ジャンボットの3人でしたが、
ゼロキラーザウルスが口から放った強烈なビーム攻撃により大ダメージを負ってしまいました。
ウルティメイトフォースゼロ アナザースペースアドベンチャー5

ゼロもどうすればいいのか苦しみますが、そこに光の国からエールが届きます。
ウルトラセブン、ウルトラマンエース、ウルトラマンレオから励ましの言葉を貰ったゼロは、
最後の力を振り絞り「絆」の力を求めます。
ウルティメイトフォースゼロ アナザースペースアドベンチャー6

その心に応じたのか、ヤプールの手中にあったブレスレットは姿を消し、ゼロの腕へと再び戻ります。
そしてウルティメイトゼロの姿になり、ミラーナイト、グレンファイヤー、ジャンボットと共に、
ヤプール&ゼロキラーザウルスへと挑む所で物語は終了。
ウルティメイトフォースゼロ アナザースペースアドベンチャー7


いやー、ヤプールのしつこさは本当に凄いw
遂に別の宇宙にまで手を出して来ましたね。
こうやってゼロ達の新たなる戦いが見れるのは嬉しいですし、
また何らかの形で見たいものですね~
(ウルティメイトフォースの3人は今回喋らなかったのが残念でしたので)
ちなみにこの戦いの続きは今月号と来月号の記事内にて書かれているので、
気になる方はそちらもチェックする事をお勧めします。
●声の出演
ウルトラマンゼロ:宮野真守
ウルトラセブン:森次晃嗣
ウルトラマンエース:草尾毅(ゴーストリバース版のエースも担当)
ウルトラマンレオ:真夏竜
巨大ヤプール:玄田哲章

ちなみに今月号のてれびくん及び、小学館の児童誌では
ゼットンパワーアップアイデアコンテスト
が開催されています。
毎年恒例の怪獣を強化するデザインコンテストですが、今年のお題はゼットンで決定しました。
カブトザキラー、バキシマム、アンドロ・ザ・キラーメカバルタンのように、
最優秀賞作品に選ばれるとウルトラ怪獣シリーズにてソフビ化が決定!
EXゼットンとはまた違うゼットンの強化形態だけに、どうなるのか楽しみですね~
応募方法などは雑誌内に記載されているので、こちらも是非ご覧になって下さいませ~

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|15:17

大型イベントが続々

ウルトラシリーズ誕生45周年記念という事で、今年も各地で大型イベントが開催されるそうです。

まずは毎年恒例となったウルトラマンフェスティバル2011ですが、
去年は開催20回記念、そして今年はシリーズ45周年という事で2年連続のメモリアルとなりましたね。
まだ何も情報が出ていませんが、恐らく45周年に相応しい仕掛けを用意してくるんじゃないかと期待しています。
ライブステージや限定ソフビなども果たしてどういう内容になるやら?

4月9日と10日は、こちらも毎年恒例となっているウルトラファミリー大集合inすかがわ2011が開催されます。
H.jpg
http://m-78.jp/special/36heroes/
ウルトラ戦士全員集合や、アークベリアル登場など見所が多そうなイベントですね。
舞台上でベリアル銀河帝国との対決が見れるとは、豪華です。

5月1日~5日にはウルトラマンプレミア2011が名古屋市の中日劇場で開催です。
H0.jpg
http://m-78.jp/special/premiere/
あのプレミアステージが1年のブランクを経て復活!
去年は改装工事と重なって公演出来なかったそうですね。
私は08年と09年の公演を見に行っていますが、
これは本当に素晴らしい舞台なので今年も開催決定するのは素直に嬉しいですね~
今回もハヤタ役の黒部さん、ダン役の森次さん、ゲン役の真夏さん、レイ役の南さんが出演決定だそうですが、
何とウルトラマンゼロの新たな人間体として、
イカルガ・ジョージ役をかつて演じていた渡辺さんが出演するそうです。
一体どういう内容になるのか、物凄く気になる所ですね・・・

他にも3月から全国の各地で様々なイベントを行うそうですが、
個人的な大本命はこちら。
H1.jpg
https://ssl.m-78.jp/jungle/ultrakids/pc/
何と去年開催されたウルトラマンレジェンドステージが今年も開催決定!
円谷ジャングルのあるアリオ八尾から、徒歩数分で行ける「八尾プリズムホール」にてまた開催するそうです。
7月2日と3日に各2回開催、つまり4回公演という事ですが、
今年は撮影で使用された小道具の展示物もあるそうで更に期待出来そうです。
ウルティメイトフォースゼロや、全ウルトラ戦士登場という事で関西では最大級のイベントになりそうですね。
また円谷ジャングルとのコラボ企画などもあるでしょうし、関西在住のウルトラファンは必見ですよ!

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(17)トラックバック:(0)|00:09

今年末も映画の公開が決定

既に「ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国」の上映終了後に告知されていた事ですが、
本年度もウルトラシリーズの映画が公開という事になっています。
シリーズ45周年映画の第2弾というだけしか情報がありませんでしたが、
松竹の公式HPにも公開予定である事が記載されていますね。
http://www.shochiku.co.jp/cinema/lineup.html

2011年 ウルトラマン 映画

相変わらず内容などはまだ公表されていませんが、正式に公開が決まった様でホッとしました。
ウルトラマンゼロが主役なのか、新たなウルトラヒーローが登場するのか、
既存のキャラクター達が活躍するのか等、どういう展開になるのか楽しみですね~
恐らく公開はまた年末辺りでしょうし、また10ヶ月以上待たないといけませんがw

何時も通りなら児童誌などである程度内容が初公開されますが、
毎年お馴染みの4月1日のエイプリルフールネタでもその辺りに触れてほしいものです。
(去年も映画の情報が漏れる前に、セブンがゼロに思わせぶりな発言をする事がありましたし)

少なくとも、春ぐらいには第一報が届く事でしょう。
毎年の事ですが、それまでは辛抱強く待たないといけませんね~w
シリーズ45周年という事で今年もイベントが盛り沢山のようです。
その辺は次回の記事で・・・

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(13)トラックバック:(0)|00:09

ULTRA-ACT にせウルトラマン (限定品)

では、魂フィーチャーズVOL.2にて入手してきた、
ULTRA-ACT(ウルトラアクト)のにせウルトラマンのご紹介です。

ウルトラアクト にせウルトラマン
にせウルトラマン
ザラブ星人が人間を欺く為に変身した姿で、鋭く釣り上がった目や足先、
体の一部に黒い模様が入っているのが本物と異なっています。
しかし本物のウルトラマンと力比べをした後に撃墜され、本性であるザラブ星人の姿に戻ってしまいました。
大怪獣バトル ウルトラギャラクシーNEOや大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説にも登場し、
同じく同族のザラブ星人がこの姿に変身していました。

基本は既に発売された初代ウルトラマンをベースに、
顔と尖がった足先、体の黒い模様部分が変更されています。
関節もウルトラマンよりは強度が増しており、ストレス無く可動させる事が可能になっていましたね。
可動範囲等もウルトラマンとほぼ同等で、様々なポージングが可能となっています。

ウルトラアクト にせウルトラマン0
顔のドアップ。
目の内部ディテールや彩色も凝っていて関心しました。
顔付きはウルトラ銀河伝説に登場した姿が一番近いですかね?

ウルトラアクト にせウルトラマン1
ウルトラマンと同じく、八つ裂き光輪(ウルトラスラッシュ)のエフェクトパーツも付属。
しかしこちらは赤い彩色で表現されており、如何にも偽者という感じが出ていて素晴らしいですねw
この技(フェイク・ウルトラスラッシュ?)は恐らくどの媒体でも使用されていない・・・はず。

ウルトラアクト にせウルトラマン2
当然ながら、スペシウム光線のエフェクトパーツも付属します。
こちらも悪そうな色合いで、まさしく「フェイク・スペシウム光線」といった感じですね。
映像作品では光線を撃たなかったにせウルトラマンですが、
ゲーム等では撃つ姿を披露しているのでこれは嬉しいオマケパーツでした。
(ちなみに代え手首はありますが、ブラザーズマントや赤カラータイマーは付属しません)

ウルトラアクト にせウルトラマン3
ウルトラギャラクシーNEOで披露したザラブポーズもお手の物。
この回はザラブ星人が完全にギャグキャラだったので、
アクトで面白いポーズを取らせても何の違和感も感じられないのが凄いですw
持ち手が不十分ですが、無理やりギガバトルナイザーを持たせてウルトラ銀河伝説の1シーンも再現可能ですね。

ウルトラアクト にせウルトラマン4
最後は外箱。
会場限定品という事だからか、中身が見えない仕様の箱となっていました。
裏面にも写真や付属パーツ紹介などは掲載されていません。

以上がにせウルトラマンの軽いレビューとなります。
一番嬉しかったのはやはり関節の緩さが改善されていた事でしょうかね~
5月に再販される初代ウルトラマンもそうなりそうですし、もう1体買おうかどうかも悩み所ですね。
ダークロプスゼロに続く2体目の限定品となったウルトラアクト、
今後もどんなキャラクターが限定品に回されるのか気になる所です。

ちなみに後日魂ウェブにて、会場限定品が「抽選販売」という形で受付を始めるそうです。
にせウルトラマンも当然該当するので、
気になる方は魂ウェブを毎日チェックしてみてはいかがでしょうか?

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|00:20

魂フィーチャーズVOL.2 in大阪は怪獣祭り

という訳で、魂フィーチャーズの会場へ行くために梅田まで行ってきました。
朝早く行ったにも関わらず、既に入場&物販購入待ち列が長かったのに驚きましたね~
お目当ての「ULTRA-ACT にせウルトラマン」も無事ゲットし、
今日の本来の用事を済ませてから、撮影解禁となる午後2時より展示コーナーへと足を運びました。
色々と展示されていましたが、私が興味あるもの以外は写真を撮影していないのでご了承下さいませ・・・


では、まずは先日話題になったゴジラのアクションフィギュアからです。
ゴジラ フィギュア
まずはゴジラ!
いわゆるVSシリーズに登場した、私にとって一番馴染み深い姿をしたゴジラですね。
vsメカゴジラかスペースゴジラ辺りに登場したタイプで良いのかな?
大きさはウルトラアクトの怪獣と大体同じぐらいですが、小顔な分こちらの方がやや小さく感じましたかね?
勿論全身が可動するアクションフィギュアです。
原型担当者は以前お伝えした通り、あの酒井ゆうじ氏が手掛けているというのが最大の驚きですね~

ゴジラ フィギュア 0
顔も実際のスーツそのもの!
このまま商品化されたら私は泣きますw

ゴジラ フィギュア デスゴジ
VSシリーズのゴジラを語る上では外せない、
vsデストロイアに登場したバーニングゴジラ(通称デスゴジ)もありました。
全身の赤く発光する部分はクリアパーツが使われていて中々綺麗でした。
もし商品化されたら溶けた背びれパーツなんかも付属するのでしょうかねw

ゴジラ フィギュア デスゴジ0
こちらも実際のスーツと見紛うばかりの顔をしています。
ちゃんと目も赤くなっていますね。

ゴジラ フィギュア メカゴジラ
もちろんシリーズを盛り上げた敵役も展示されていました。
こちらはvsメカゴジラに登場したメカゴジラのパワーアップ形態である、スーパーメカゴジラ!
背中にガルーダと呼ばれる戦闘機が合体した姿で、機動力も火力も数倍パワーアップしています。
もし商品化されたらエフェクトパーツの数が物凄い事になる予感・・・w

ゴジラ フィギュア モゲラ
最後にvsスペースゴジラに登場したMOGERA(モゲラ)!
スターファルコンとランドモゲラーという2機の戦闘機に分離する事が可能で、
劇中では最終決戦でスペースゴジラを倒すきっかけを作っています。
腕を開いてスパイラルグレネードミサイルを発射する姿も再現出来そうですね~
流石に分離する事までは無理でしょうけど。

以上がゴジラコーナーになります。
まだ正式なシリーズ名や価格帯などは決まっていない様ですが、
もし展開されるのであれば私は是非買わせて頂きます。
世代人ですし、怪獣大好きですから!

次はUMW(ウルトライド メカニクス ワールド)です。
UMW ガッツウイング1号
まずはGUTSよりガッツウイング1号。
細かい部分まで非常に精巧に作られており、かなりの好感触でした。
以前発売されたポピニカの通り、2パターンに変形する事も可能だそうです。

UMW XIGファイター
次はXIGよりXIGファイターSS、XIGファイターXGです。
こちらも素晴らし出来栄えで、格納時の箱のような形態にも変形可能の様です。
これは是非小隊を組んで飾ってみたいものですね~

こちらは既出情報ばかりでしたが、実際の目で見るとやはり出来が良い事を再認識出来ました。
現存する撮影に使われたプロップを取材して製作したらしいですし、
こちらも何処まで広がりを見せるか楽しみですね~

そして個人的な目玉であるULTRA-ACT(ウルトラアクト)コーナーです。
展示 ウルトラアクト ミラーナイト
まずはミラーナイト!
細身のスタイルや各部のクリアパーツが映えてかっこいい一品でした。
暴走状態の姿が出れば、是非三角座りをさせてあげたいものですねw

展示 ウルトラアクト グレンファイヤー
続いてグレンファイヤー!
こちらも頭部や胸のクリアパーツが綺麗で、全身の筋肉質な表現が素晴らしかったです。
ファイヤースティックを持たせて派手なポーズを決めてやりたいですね~

展示 ウルトラアクト ジャン
ウルティメイトフォースゼロ最後の一人であるジャンボットは展示されていませんでしたが、
アンケートの中間報告では東京会場に続き、ROBOT魂枠で1位を死守していました。
是非変形可能な同サイズのジャンボットを見たいものですね。

展示 ウルトラアクト アストラ
そしてウルトラマンレオコーナー!
こちらではアストラが展示されていました。
やはりレオが出るとなると、当然アストラも欲しくなりますよね~
ダブルフラッシャーのパーツやウルトラキーなんかが付くとかなり嬉しいのですが。

展示 ウルトラアクト レオゼロ
OVのvsダークロプスゼロで見せた師弟の合体技、
レオゼロダブルフラッシャー!・・・を他のエフェクトパーツで簡易再現したものだそうです。
ウルトラマンゼロが微妙に届いていないのに笑いました

展示 ウルトラアクト マグマ星人
特別ジオラマでは宿敵であるマグマ星人と対峙!
マグマ星人は銀色の口パーツも付属決定で嬉しいですね~
髪の塗装も中々凝っていました。

展示 ウルトラアクト ティガ
会場では発売前のウルトラマンティガを自由に触れるコーナーもありました。
試作品だそうですが、各関節は中々優秀だと思いましたね。
ゼペリオン光線のポーズもOKですし、来月の発売が楽しみです。

展示 ウルトラアクト ティガ スカイタイプ
こちらは展示されていたティガスカイタイプ。
「もっと高く!」を思わせるシチュエーションで飾られていたのにグッと来ました。

展示 ウルトラアクト ティガ パワータイプ
こちらはバリアを張っているティガパワータイプ。
体系が少しガッシリしたものになっていたのが嬉しかったですね~
ただの色変えで終わらさない辺りに好感が持てます。
夏に発売予定との事ですが、
会場のPOPを見ていると「夏にティガに登場したあの強化する怪獣も?」的な一文が書いてありました。
確実にゴルザの事でしょうけど、実現すれば嬉しいですね~

展示 ウルトラアクト キリエロイド
3月にティガと同時発売予定であるキリエロイド。
宿敵同士の組み合わせだけに、文字通り燃えるキャラクターですねw

展示 ウルトラアクト イーヴィルティガ
宿敵といえばこちらも忘れてはいけません。
暴走した光の巨人、イーヴィルティガも参考出展されていました。
体系はパワータイプに準じたものにしたいとの事なので、
製品版がどうなるか楽しみですね~

展示 ウルトラアクト マント 握手
そしてティガには初代ウルトラマンと握手出来るパーツも付属するそうです。
「ウルトラの星」の名シーンが遂に再現出来る日が来るなんて・・・
ウルトラセブンはブラザーズマントを羽織っていますが、このマントは可動式のものらしいです。
商品化されれば6兄弟分買うのですが、どうでしょうバンダイさんw

以上がウルトラアクトコーナーです。
やはり今回のイベントの目玉の一つだけはあり、色々あって楽しめました。
人だかりが出来ていたので撮影し辛かったのが難点でしたがw

最後は私の世代直撃の商品を少しだけご紹介です。
超闘士 ウルトラマン
まずはウルトラマン超闘士激伝より、超闘士ウルトラマンです。
今回は可動式フィギュアとして展示されていましたね~
ゼロやベリアルなんかも新しく出すらしいですが、果たしてどういう展開方法なのか気になる所です。

超闘士 ウルトラマンタロウ
こちらは超闘士ウルトラマンタロウ。
黄色く伸びた角は差し替えで再現される様ですね。
まだ無可動の試作品でした。

超闘士 メフィラス大魔王
そしてマンのライバルであり、タロウの師であるメフィラス大魔王。
こちらも無可動の試作品でしたが、商品化するとなればやはり主要メンバーは全員欲しい所ですね~
特にエースとエースキラーのコンビが欲しかったり・・・

展示 ロックマンX
展示 ロックマンX0
こちらはD-artsのロックマンXよりエックスです。
SFCでやり込みましたね~Xシリーズは。
こちらは発売が既に決定済みでしたが、後ろにメットールが居るのが気になりますね。
更にXシリーズ真の主役?であるゼロのシルエットも展示されていました。

展示 メダロット
展示 メダロット0
最後は同じくD-artsよりメダロットからメタビーです。
メダロットも思い入れがある作品なのですが、
ラインナップが充実すればパーツ交換をして∞に楽しめるのでしょうか。
そうなれば私の資金は死にますw
しかし超闘士、ロックマンX、メダロットとボンボン押しが目立ちますね~

以上がレポートとなります。
画像貼り過ぎてとんでもない事になっている気がしますが、まぁいいやw
こういうイベントは素直に楽しいので、定期的に開催してくれると嬉しいですね~
もちろん大阪で。

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(10)トラックバック:(0)|18:51

さようなら 大怪獣バトル

2007年4月27日
データカードダス界に新たなるカテゴリーが加わりました。
その名は大怪獣バトル ULTRA MONSTERSです。
特撮史上初となるデータカードダスとのコラボレーション作品で、
玩具界のロングセラー商品であるソフビ人形の「ウルトラ怪獣シリーズ」と連動。
ソフビを買うとオマケでゲームに使用出来るカードが付属するというものでした。
久しぶりのソフビリニューアル&ウルトラマンメビウス放送終了直後という事もあり、
好調な出だし&幅広い年齢層に好評を持って迎え入れられました。

そして特撮作品であるウルトラギャラクシー 大怪獣バトルもスタート。
歴代シリーズの怪獣同士が夢の競演を果たす一方、ゲームのストーリーモードと巧みに話がリンクするなど、
低年齢層以外にもアピール出来たコラボレーションとなりました。
(あの古代怪獣ゴモラもまさかの主役怪獣に抜擢!)
ZAPクルーやレイオニクスという魅力的なキャラクター達を産み出し、
遂には大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIEとして映画化。
ウルトラマンゼロやウルトラマンベリアルという強烈な個性を持つ新キャラクターも話題を呼びました。

ゲームの方はOV作品や新作映画などと連動。
EX、NEO、NEO-GL、RRと幾度もシステムやカードデザインが変更されて行きました。
昭和や平成シリーズを問わず多数のキャラクターが参戦しましたが、
大怪獣バトルのオリジナルキャラクター達も多数登場。
この戦いの仕掛け人であるレイブラッド星人やその血を受け継ぐ正義のレイオニクスであるレイモン。
キングジョーブラックやアーマードメフィラス、EXゴモラやEXレッドキングなど、
既存の怪獣をパワーアップさせた新キャラクターも話題を呼びましたね。
(その一部は晴れて実写作品にも登場したのが驚きでした)

ウルトラマンゼロの登場によりRRからはウルトラマン達が本格参戦。
怪獣と合わせると軽く120以上のキャラクターが参戦していた事になります。
元々はPS2のゲームのCGデータ流用から始まった企画でしたが、
まさかここまで膨れ上がるとは私は予想出来ませんでしたね~

思い起こせば第一弾の稼働日。
ワクワクしながら地元のジャスコに行ってデータカードダスというものを初体験。
初めて当たったキラカードがSRのジェロニモンでした。
「本当にこんなものがフルコンプ可能なのか?」「一体いくら注ぎ込めばいいんだw」
等と考えながらゲームをプレイしていたのが懐かしく感じます。
そうこうしている内にソフビ熱も再燃。
見事にバンダイの罠にかかってしまい、今に至ります・・・w

私はメビウス熱が冷め切らないのとこの怪獣を中心にした新たなる企画に感動し、
第一弾稼動日にこのブログを立ち上げました。
当時ブログというものに興味を持っていた事と、
影ながら大怪獣バトルを応援しようという気持ちで気が付けば今年で開設4年目となりそうです。
当初は大怪獣バトルが続く限りこのブログも続けようと思っていましたが、
今ではすっかり記事を書く事がライフワークの一つとなってしまいました。
しかし大怪獣バトルを中心に、と書いてあるだけに今後どういう方向で行くかは未定のままです。
普通にウルトラシリーズを応援するのか、それ以外の趣味関連の事も書くようになるのか、
それともブログ自体を終わらせてしまうか・・・ってこれは今の所有り得ない選択肢ですね。

何はともあれ、大怪獣バトルは今回のRR第6弾にて稼動が終了。
カード切れになると順次撤去されるそうです。
ファンの一人として最後の最後までプレイしたい所ですが、
以前の記事で触れた通り地元は全滅。
八尾まで行くのは難波に行くより手間がかかりますし、
明日開催の魂フィーチャーズVOL.2に行くついでにプレイする時間も無いと来ました。
仕事の関係で来週も休みがありませんし・・・最後の最後で何という八方塞がり。
流石に最後ばかりは時間を見つけてプレイしに行きたい所です。

こうやって一つのものが終わるというのは悲しい事ですが、
新たなる展開への布石だと信じて私はこのシリーズを最後まで見届けたいと思っています。
何より今年はウルトラシリーズ45周年記念&年末に新作映画も控えている事ですしね。
悲観的にならずに、次に来る新情報をワクワクしながら待ち続けたいと思っています。

4年近くもたくさんの人々を楽しませ続けてありがとう、大怪獣バトル。
何時の日か、また・・・

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(24)トラックバック:(0)|00:36

大怪獣バトル 稼動終了

終了


あんな記事を書いた矢先に公式HPにて発表されました。
色々と言いたい事がたくさんあるので、次回の記事にてその辺は纏めたいと思います。
3年以上よく頑張ったよ、本当に・・・

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(17)トラックバック:(0)|18:27

大ショック

近所にあった大怪獣バトルの筐体が置いてあるゲームセンターが潰れてしまいました・・・
私の家の近隣で唯一大怪獣バトルが設置されていた場所でしたが、
この不況と建物の老朽化が理由で解体が決定したそうです。
小学生の頃から馴染んでいた場所だけに、知っている場所が無くなってしまうのは辛いですね~
お手軽に筐体でプレイする事もこれで叶わなくなってしまいました。
これからはプレイする為に天王寺か難波まで行かないといけない事に・・・
う~ん、何時かこういう場面に直面する時が来るとは思っていましたけど、まさかこのタイミングとは。
時代の移り変わりというものなのでしょうかね~
(最近、ゲームセンターが潰れる話はよく聞きますし)

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(14)トラックバック:(0)|01:22

ウルトラ怪獣シリーズ 2月分新作

ウルトラ怪獣シリーズの新作ソフビ人形を購入して来ました。
今月の新作はこちらになります。

ウルトラ怪獣シリーズ ディノゾール
宇宙斬鉄怪獣 ディノゾール
ウルトラマンメビウス第1話に登場した宇宙怪獣で、
ボガールにより地球に呼び寄せられた初めての怪獣という事になりますかね。
1話目から旧クルーGUYSを壊滅させ、都市部に大きな被害をもたらした事でインパクトを残しました。
口内から伸びる細長い器官を素早く動かし、
どんなものでも真っ二つにしてしまうのが宇宙斬鉄怪獣と呼ばれている所以です。
更に首の付け根や背中から破壊光弾を連続発射する等、見た目以上に攻撃的なスタイルを持っていました。
その後も何度か別個体が地球に接近し、
首を破壊された個体がディノゾールリバースとして蘇り大暴れをするなどメビウスを象徴する怪獣の1体として活躍しました。

今回より「平成カッコイイ怪獣大復活プロジェクト」が始動ですね。
メビウス放送当時に発売されたディノゾールが遂に再販されました。
手と足が可動するので、それなりにポーズも付けれるはずです。

ウルトラ怪獣シリーズ ディノゾール0
全体的に成型色の青が若干明るくなった印象を受けますね。
各部には茶色やメタリックブルーでアクセントが付けられています。
一応口内も赤く塗られていますね~

ウルトラ怪獣シリーズ ディノゾール1
メビウス当時に出たものと比べると、トゲや尻尾など一部塗装が省略されています。
しかし尻尾の先が塗装されているなど、細かい部分で仕様を変えてきていますね~

ウルトラ怪獣シリーズ ディノゾール2
実物のスーツの通り、頭やトゲの先には金ラメっぽい塗装が追加されています。

以前のディノゾールを買い逃した方にとっては良いチャンスだと思うので、
気になる方は是非手に入れて下さいませ。
長い首や尻尾など全体的にボリュームがありますし、
何よりディノゾールはデザインがカッコイイですからね~

来月の「平成カッコイイ怪獣大復活プロジェクト」はウルトラマンマックスよりナツノメリュウ!
ディノゾール共々再販が熱望されていたキャラクターなので、こちらも楽しみですね~

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(11)トラックバック:(0)|20:21

魂フィーチャーズが凄い事になっているらしい

本日より秋葉原で開催されている「魂フィーチャーズVOL.2」ですが、
一部サイトやブログ、掲示板などで展示物の詳細が徐々に判明して来ましたね~

It'sAllTrue.Net様
http://www.itsalltrue.net/?p=11637
でじたみん様
http://ameblo.jp/digitamin/entry-10796709722.html
今回は会場の内容はあまり明かさない方針になっている様で、
明日ぐらいから本格的に情報が解禁される流れになるんでしょうかね。
(というか、まだ撮影解禁されてなかったのでしょうか?)
なので一部は行って来た方のブログなどからの情報となっています。

まずは一番ぶっ飛びそうになったこちらから。
ゴジラ
なんとゴジラのアクションフィギュアが始動!!
特撮リボルテックで超メジャー級怪獣が中々出ない理由がようやく判明といった感じですね・・・
原型担当者は怪獣フィギュアの造型者でトップに君臨していると言っても過言では無い、「酒井ゆうじ」氏!
酒井さん造型の怪獣がフル可動するなんて、これはいくら何でも凄すぎます。
しかも私のドストライク世代であるVSシリーズばかりではありませんか!
スーパーメカゴジラにモゲラにデスゴジに・・・あぁ、夢なら覚めないでくれ・・・
続報にも超期待しちゃいますよ、これ!?

続いてはこちら。
メフィラス大魔王
以前のイベントでも展示されていた「ウルトラマン超闘士激伝」のフィギュアですが、
今回はウルトラマンタロウとメフィラス大魔王が展示されていたそうです。
こちらもストライク世代なのでテンションが上がり続けますね~w
果たしてどういう展開の仕方をするのか、こちらも今後が楽しみです。

色々突っ込みたい新情報ばかりですが一応今回の記事のラストはこちら。
ミラーナイト
やはり目玉となるのは「ULTRA-ACT(ウルトラアクト)」でしょうか。
画像では待望のミラーナイトとグレンファイヤーの試作品が展示されていた模様ですね。
どちらも素晴らしい出来栄えですが、
何と最後の一人であるジャンボットはROBOT魂の商品化希望アンケートで初日の第1位を獲得したそうです。
となると、ジャンバードから変形するジャンボットがウルトラアクトと同サイズで出る可能性もアリ!?
一体どうなってしまうんだ・・・w
更にウルトラマンティガ(パワータイプ)の姿もありますが、
どうやらガッシリした体系まで再現されている様で?

ここからは画像無しの情報となります。
・アストラが参考出品として展示されていた
・イーヴィルティガが参考出品として展示されていた
・布製のウルトラアクト用マントも展示
・夏頃にティガの「あの強化する怪獣」も決定?
・ティガにはウルトラマンと握手出来るパーツ付属
・マグマ星人は口が銀色バージョンのパーツも付属

どの情報もワクワクさせられるものしかありませんね~
私は大阪会場に行く予定でしたが、これは何としても行かざるを得ない状況になりました。
ウルトラアクト、超闘士激伝、ゴジラの参考出品がある時点で行くしかないでしょう。
詳しいレポートなどは大阪会場の模様を記事にするつもりなので今一度お待ち下さいませ。
(限定品のにせウルトラマンも良い出来だそうで楽しみです!)

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(6)トラックバック:(1)|21:15

新作ソフビ情報・続報

海外のサイトにて、4~6月に発売される怪獣ソフビ人形の画像が掲載されていました。
http://www.toy-world.com.hk/forum/forumdisplay.php?fid=3&page=1

0016500985201.jpg
まずは4月発売予定のウルトラマンネクサスよりガルベロス。
以前とは違い、体全体が成型色で表現されていますね。
また、中央の口にある牙の塗装も変更されています。

deka.jpg
次は5月発売予定のウルトラマンコスモスよりネオバルタン。
何と両腕がピコとセットになっていたバージョンに変更されています。
通常で単品売りされていたのは両手が鉤爪になっていた姿だけに、これは嬉しい変更点ですね~
各部の塗装もよりスーツに近付いている印象を受けます。

A-3746_1.jpg
最後は6月発売予定のウルトラマンガイアよりカイザードビシ。
以前より全体的にダークな雰囲気になっており、
暗闇の街中に姿を現した劇中イメージの彩色といった感じでしょうか?
艶消しになっている点もポイントですね。

今回一番嬉しかったのは、やはりネオバルタンの腕ですかね~
このバージョンは所持していないですし、初の単品売りになるのも喜ばしいです。
これ以降の再販組も要注目ですね。

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(7)トラックバック:(1)|19:08

新作ソフビ情報

各ネットショップにて新作ソフビ情報が出ています。

4月
ウルトラ怪獣シリーズEX ガルベロス

4月は「ウルトラマンネクサス」よりガルベロスが再販決定です。
劇中でしつこくネクサスを狙ったスペースビーストですし、
大怪獣バトルシリーズでも出番があったキャラなので当然のチョイスでしょうか?
劇中同様のリアルな彩色になってくれると嬉しいのですがね~

5月
ウルトラ怪獣シリーズEX ネオバルタン

5月は「ウルトラマンコスモス」よりネオバルタンが再販です。
映画第一作目のボスキャラにして、
定番シリーズに入っているバルタン星人(ベーシカルver.)の強化形態なのでこちらも納得のチョイスです。
ネオバルタンのソフビは通常販売された両腕が鉤爪になっているバージョンと、
ピコとセット売りされた腕が剣などの武器に変化しているバージョンの2種類が存在します。
後者の再販なら嬉しいのですが、どうなるのでしょうね。

6月
ウルトラ怪獣シリーズEX カイザードビシ

6月は「ウルトラマンガイア」よりカイザードビシが再販されます。
最終章にて根源的破滅将来体の尖兵として無数に登場した印象的なキャラクターでしたね。
こちらは以前の定番シリーズに組み込まれていたキャラクターなので目新しさは少ないですかね?
しかし何体手元に置いても良いキャラクターなので、またついつい買ってしまうんだろうなぁ・・・w


今月よりスタートする平成カッコイイ怪獣大復活プロジェクトがいよいよ始動した感じですね。
今月は「ウルトラマンメビウス」よりディノゾール、
来月は「ウルトラマンマックス」よりナツノメリュウが再販されますし。
今の所は再販ばかりですが、いずれ新規造型でまだソフビ化していないキャラクターも出て欲しいものです。

現在の所、メビウスから順番に過去のTVシリーズに遡って怪獣が再販されていますが、
この調子だと7月に「ウルトラマンダイナ」、8月に「ウルトラマンティガ」という具合に流れて行きそうですね。
それぞれのシリーズから如何なる怪獣がチョイスされるのか楽しみでもありますが、
ティガ以降はどういう道に進むかも気になる所です。
ネオスやゼアス、グレートにパワードなども果たしてこのプロジェクトに含まれているのかどうかw

http://twitter.com/ultra_toypark
それと↑のウルトラトイパークの公式twitterによると、
ディノゾールよりソフビに付いているタグがプチリニューアルされるとの事です。
平成デ
ウルトラマンとその怪獣が戦っているスチール写真がタグに大きく載せられるようですね。
売り場には小さな怪獣紹介POPも付けるようですし、今までよりは賑やかになりそうですね。

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(8)トラックバック:(1)|00:00

買ってしまったよプレデター

前回の記事で財布と相談すると言っておきながら、
臨時収入(数千円)が入ったので考える間でも無く買ってきてしまいましたw

特撮リボルテック プレデター
プレデター
映画「プレデター」にて初登場したキャラクターで、狩りを生き甲斐にしている宇宙人です。
高度な文明を持ちながら「獲物を狩る事」を中心に文化が発展している様で、
狩りに役立つ様々なアイテムを駆使する知的さと内に秘めた野蛮さを兼ね備えている面白い種族ですね。
他の惑星に住む凶暴な生物や武器などで武装した知的生命体を対象に狩りを行い、
無防備な者や妊娠している者、重病を患っている者等は狩りの対象外にする個体も存在します。
また、相手と一騎打ちを望んで行ったり、力を認めた者には敬意を表するなど人間臭い一面も持っていました。
登場作品は「プレデター」、「プレデター2」、「エイリアンvsプレデター」、
「エイリアンvsプレデター2」、「プレデターズ」の5作品。
私は全て視聴済みですが、
様々な性格を持つ個体が居るので見比べてみるとまた新たな発見があるかもしれませんね。

今回特撮リボルテックにて商品化されたのは第一作目に登場した個体で、
アーノルド・シュワルツェネッガー演じるダッチ少佐の部隊と密林にて死闘を演じました。
フィギュアの出来は少しスタイルがおかしいと思いましたが、
やはり動かしてみるとイメージ通りだな~とすぐ思い直してしまいました。
全身の網タイツのような防具の塗り分けもただただ関心してしまうクオリティです。

特撮リボルテック プレデター0
顔のドアップ。
今回は口が閉じた状態になっていますが、ちゃんと中まで造型&塗装されているのにはビックリ。
頭部の斑点模様も塗装で再現されていますし、
特徴的なドレッドヘアーのような髪は軟質パーツなので可動に干渉しません。
う~ん、凄い情報量・・・

特撮リボルテック プレデター1
プレデターに無くてはならないマスクも当然付属します。
そのまま顔に覆い被せる形で取り付ける事が可能です。
劇中ではこのマスクで赤外線や紫外線など様々な光線を見て獲物を探索していましたね。

特撮リボルテック プレデター3
左肩に付いている「ショルダー・プラズマキャノン」も可動します。
ここからプラズマ弾を発射して人間やエイリアンを吹き飛ばしていましたね。

特撮リボルテック プレデター4
右腕に付いている「リスト・ブレイド」は中からブレードを引き出せます。
普段は収納して短めにしておくと腕の可動に干渉しません。

特撮リボルテック プレデター5
左腕に付いている「コンピューターガントレット」も劇中通り開閉可能です。
これを操作する事で体をステルス状態にして周囲の景色に溶け込んだり、
装備を増設したり、自爆用のスイッチを起動させる等プレデターが使うアイテムの代名詞的な存在でした。
ちゃんとフィギュアでも彼らが使う赤い文字がパネルに刻まれています。

特撮リボルテック プレデター6
こうやってパネルを操作しているシーンも簡単に再現出来ます。
少し下半身の関節が緩めでしたが、人型キャラなので大体のアクションはこなせますね。

特撮リボルテック プレデター2
興奮するとよくこんなポーズで吼えたりしていました。
やはり口が開いた状態の顔も欲しいですね~

特撮リボルテック プレデター7
以上がプレデターの簡単なレビューになります。
既に発売済みのエイリアン達と組み合わせれば、卓上でエイリアンvsプレデターが再現出来ちゃう訳ですね。
今回はオマケパーツはありませんでしたが、各武装のギミック等が充実していて大満足でした。
この調子で2以降のプレデター達も商品化されれば嬉しいですね~
武装が充実すれば更に楽しみが広がるというものなのですが。
・・・その前に限定でクリアのステルスバージョンとかが出るかもしれませんねw

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|00:00

特撮リボルテック 2月分新作

毎月恒例、特撮リボルテックの新作です。
今回は個人的に待ちに待ったキャラクターが発売されました。

特撮リボルテック ガイガン
未来怪獣 ガイガン
「地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン」にて初登場した宇宙怪獣で、
頭部から背中にかけて生えている棘、釜ような両腕、電動ノコギリになっている腹、
鋭い嘴に横に開くトゲのような顎など全身が凶器のようなデザインになっているサイボーグ怪獣です。
M宇宙ハンター星雲人(正体は巨大ゴキブリ!)によって呼び寄せられた地球攻撃用の怪獣で、
同じく宇宙から呼び寄せられたキングギドラ(2代目)と共に都市部を破壊して回りました。
デザイン上も背中の金色の羽や全身の金色の鱗など、キングギドラと共通する点が多々見られるのも特徴ですね。
特にインパクトのあるお腹の回転ノコギリは、
ビルを破壊したりゴジラやアンギラスを流血させるなど非常に恐ろしい武器として印象的でした。
その後もゴジラ対メガロやTV作品の流星人間ゾーンにゲスト出演したり、
平成ではゴジラファイナルウォーズにて物凄くかっこ良くアレンジされて再登場を果たしています。

特撮リボルテック ガイガン0
顔のドアップ。
特徴的な赤い一つ目やその上にある小さな目も再現されており、
口は両脇にある顎まで全て可動する徹底ぶりでした。
しかし今見ても十分通用する悪カッコイイ顔付きですね~
あの金属的な鳴き声が今にも聞こえて来そうです
(ウルトラマンメビウスのディノゾール等の鳴き声にも流用されています)

特撮リボルテック ガイガン1
いやー、フィギュアの出来も本当に素晴らしいです。
スーツのかっこよさはそのままに、ちゃんと全身が可動してもスタイルが崩れません。
股の部分だけが開きすぎると少し空洞が目立ちますが、
そんな細かい事が気にならないぐらい他が素晴らしいですね。
色は劇中だと夜に登場したのでもう少し暗めですが、実際のスーツは明るい緑だったので違和感はありませんね。

特撮リボルテック ガイガン2
背中の羽と尻尾は軟質パーツ製で、尻尾は毎度お馴染みの可動式となっています。
中の針金で自在に曲げる事が可能ですね~

特撮リボルテック ガイガン3
可動フィギュアなので、当然飛行ポーズも取らせる事が出来ます。
うーん、動くガイガンのフィギュアは初めてなのでこういうポーズが自然に決まるのは感動ですねw

特撮リボルテック ガイガン4
今回のオマケパーツは劇中でも襲ったコンビナートのパーツが3つ付属します。
並べ方は自由自在なので、好きにレイアウトする事が出来ますね。

特撮リボルテック ガイガン5
更にガイガンの攻撃で倒壊した煙突パーツも差し替えで再現出来ます。
こうやってミニチュアが付属するだけで怪獣フィギュアは何倍も楽しめるというもの。
流石、海洋堂さんはその辺を理解していますよ本当に。

以上がガイガンの軽いレビューとなります。
先に出たアンギラスやメーサー殺獣光線車と並べるも良し、
見栄えが良いので単体で飾って楽しむも良しと、
特撮リボルテックの怪獣フィギュア中でもかなり良いものだと思います。
まぁ私の大のお気に入りキャラという事もありますけどw
デザイン的にはウルトラマンエースに登場した超獣の始祖たる存在とも言えますし、
その辺りが好きな方はきっと気に入って頂ける怪獣だと思います。

同時発売のプレデターは買うかどうか検討中です。
エイリアンを既に所持していますし、こちらも大好きな洋物クリーチャーなんですがね~
なんせ財布との相談が第一ですので・・・w

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(8)トラックバック:(0)|00:01

ハイパーホビー誌より限定ソフビ

ハイパーホビーを購入して来ました。
大怪獣バトルRR第6弾が他紙と同じく全カードリストが公開されています。

バンダイ製のウルトラヒーローシリーズやウルトラ怪獣シリーズ、
ウルトラシティシリーズやその他ウルトラマン関連フィギュアを使用したフォトコンテストも開催中です。
最優秀賞にはゼットンの特別仕様ソフビが進呈される上に、
審査員にも豪華な人を招くとの事で結構気合が入った企画となっています。
締め切りは3月1日までなので、参加したい方は紙面にてご確認下さいませ。

そして誌上限定ソフビ人形もやってまいりました。
今回はミラーナイト(レッドアイ)&レギオノイドβの2体セットとなっています。
限定 ミラーナイト、レギオノイド
どちらもウルトラヒーローシリーズやウルトラ怪獣シリーズの仕様変更品ですが、
レギオノイドは両手と下半身が新規造型になっている拘りぶりです。
複数欲しい所ですがどうしようか悩みますねぇ・・・

そして今回は特別に「プレミアムバンダイ」のサイトでも受け付けているそうです。
gege.jpg
http://p-bandai.jp/b-boys-shop/item-1000008543/?TOP_B

誌上限定ソフビがネットでも受付するのは割と珍しいですね~
個人的にはこちらの方が買いやすいので有難いですが。
さて、上でも書きましたが複数買うかどうかが悩み所です。
レギオノイドの為にミラーナイトが何個も増えるのは流石にどうかと思いますからね・・・w
やはり最終的には財布との相談となりそうです。

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(9)トラックバック:(0)|19:00
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ