FC2ブログ

大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

特撮リボルテック 2月分新作

毎月恒例、特撮リボルテックの新作です。
今回は個人的に待ちに待ったキャラクターが発売されました。

特撮リボルテック ガイガン
未来怪獣 ガイガン
「地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン」にて初登場した宇宙怪獣で、
頭部から背中にかけて生えている棘、釜ような両腕、電動ノコギリになっている腹、
鋭い嘴に横に開くトゲのような顎など全身が凶器のようなデザインになっているサイボーグ怪獣です。
M宇宙ハンター星雲人(正体は巨大ゴキブリ!)によって呼び寄せられた地球攻撃用の怪獣で、
同じく宇宙から呼び寄せられたキングギドラ(2代目)と共に都市部を破壊して回りました。
デザイン上も背中の金色の羽や全身の金色の鱗など、キングギドラと共通する点が多々見られるのも特徴ですね。
特にインパクトのあるお腹の回転ノコギリは、
ビルを破壊したりゴジラやアンギラスを流血させるなど非常に恐ろしい武器として印象的でした。
その後もゴジラ対メガロやTV作品の流星人間ゾーンにゲスト出演したり、
平成ではゴジラファイナルウォーズにて物凄くかっこ良くアレンジされて再登場を果たしています。

特撮リボルテック ガイガン0
顔のドアップ。
特徴的な赤い一つ目やその上にある小さな目も再現されており、
口は両脇にある顎まで全て可動する徹底ぶりでした。
しかし今見ても十分通用する悪カッコイイ顔付きですね~
あの金属的な鳴き声が今にも聞こえて来そうです
(ウルトラマンメビウスのディノゾール等の鳴き声にも流用されています)

特撮リボルテック ガイガン1
いやー、フィギュアの出来も本当に素晴らしいです。
スーツのかっこよさはそのままに、ちゃんと全身が可動してもスタイルが崩れません。
股の部分だけが開きすぎると少し空洞が目立ちますが、
そんな細かい事が気にならないぐらい他が素晴らしいですね。
色は劇中だと夜に登場したのでもう少し暗めですが、実際のスーツは明るい緑だったので違和感はありませんね。

特撮リボルテック ガイガン2
背中の羽と尻尾は軟質パーツ製で、尻尾は毎度お馴染みの可動式となっています。
中の針金で自在に曲げる事が可能ですね~

特撮リボルテック ガイガン3
可動フィギュアなので、当然飛行ポーズも取らせる事が出来ます。
うーん、動くガイガンのフィギュアは初めてなのでこういうポーズが自然に決まるのは感動ですねw

特撮リボルテック ガイガン4
今回のオマケパーツは劇中でも襲ったコンビナートのパーツが3つ付属します。
並べ方は自由自在なので、好きにレイアウトする事が出来ますね。

特撮リボルテック ガイガン5
更にガイガンの攻撃で倒壊した煙突パーツも差し替えで再現出来ます。
こうやってミニチュアが付属するだけで怪獣フィギュアは何倍も楽しめるというもの。
流石、海洋堂さんはその辺を理解していますよ本当に。

以上がガイガンの軽いレビューとなります。
先に出たアンギラスやメーサー殺獣光線車と並べるも良し、
見栄えが良いので単体で飾って楽しむも良しと、
特撮リボルテックの怪獣フィギュア中でもかなり良いものだと思います。
まぁ私の大のお気に入りキャラという事もありますけどw
デザイン的にはウルトラマンエースに登場した超獣の始祖たる存在とも言えますし、
その辺りが好きな方はきっと気に入って頂ける怪獣だと思います。

同時発売のプレデターは買うかどうか検討中です。
エイリアンを既に所持していますし、こちらも大好きな洋物クリーチャーなんですがね~
なんせ財布との相談が第一ですので・・・w

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



関連記事
Permalinkコメント:(8)トラックバック:(0)|00:01
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ