大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

児童誌よりウルトラマン関連情報色々と

てれびくんとテレビマガジンをフラゲして来ました。
まずはOV作品の「ウルトラマンゼロ外伝 キラーザビートスター」情報ですが、
今回はテレビマガジンにそちらの情報が集中していましたね。
案の定、ジャンキラーがジャンナインとして正義に目覚める事が書かれていました。
やはりロボット戦士だけに武器も豊富で、胸の黄色い部分から発射する「ジャンフラッシャー」、
更に上半身を回転させて撃ち出す「ジャンアタック」、目から放つ光線「ジャンレザー」、
右腕から放つ光線「ジャンキャノン」、両手から放つ電撃「ジャンサンダー」、
そして必殺技の腹部から放つ「ジャンバスター」といった具合でした。
しかし来月に出るジャンキラーのソフビ人形名がジャンナインなので、
ネタバレも何もあったもんじゃありませんねw

映画「ウルトラマンサーガ」情報も勿論ありました。
前回シルエットで隠されていた「怪獣兵器」の残り4体も明かされており、
やはりキングパンドン、ブラックキング、ベロクロン、タイラントがその正体でした。
ウルトラマンサーガ 怪獣兵器
アントラーと同じく体にハイパーゼットンに似た器官が浮き出ており、白目になっています。
設定も同じくスフィア細胞より生まれし、命を持たないバット星人の操り人形との事。
それぞれウルトラセブン、ウルトラマンジャック、ウルトラマンエース、ウルトラマンレオと対決予定です。

そしてハヤタ役として黒部進さんが出演されるという情報に続き、
モロボシ・ダン役で森次晃嗣さん、郷秀樹役で団時朗さん、北斗星司役で高峰圭二さん、
おおとりゲン役で真夏竜さんが出演される事も明かされています。
ハヤタとダンは「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」の衣装とほとんど同じで、
残りの3人もそれに合わせた様な格好になっていますね~

更にてれびくんの「ウルトラソフビ100名大プレゼント」というコーナーでは、
ジャンナインとハイパーゼットンのソフビ人形の画像が初公開されています。
ジャンナインは上半身だけですが、それでも出来の良さが窺えます。
ハイパーゼットンは正面では無く斜めで飛んでいる様な格好の画像ですが、
こちらも出来は良さそうで背中の羽もちゃんと付いています。
価格は1050円を予定しているそうですが、発売日などは書いてありませんでした。
もしかすると年末年始用商品として12月辺りに出ちゃうのかもしれませんね。
続報が待ち遠しいです。

てれびくんの次号予告コーナーでは、例の謎のウルトラ戦士の姿があり、
サーガ、その姿を現す!」との文字が。
あのウルトラ戦士の名前は、やはりウルトラマンサーガなのかも?


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
関連記事
Permalinkコメント:(7)トラックバック:(0)|16:16

ウルトラゾーン 第2話

ウルトラゾーン
昨夜、サンテレビにてウルトラゾーンの第2話が放送されました!

まずは極悪宇宙人テンペラー星人が登場。
シチュエーションは「怪獣転校生」で、
サドラと同じく転校生としてテンペラー星人が登場。
前の学校では態度が悪いせいでクラスと馴染めなかったそうですが、
クラスに入ってきたと同時に初代を彷彿とさせる高笑いw
更に生徒に向けて「特殊スペクトル光線」を発射してウルトラ兄弟が隠れていないか探したり、
先生に向けて「ウルトラ兄弟必殺光線」を発射。
先生は何ともありませんでしたが、この光線ってウルトラ兄弟以外には無害なんですねw
流石に先生に怒られていましたがw

お次は喫茶店で上司の噂話をする「OLのウワサ話」
その上司は何と火山怪鳥バードン課長w
頬の毒袋や派手な配色などに突っ込みを入れるOL達というシチュエーションでした。
最後に付けられたあだ名は「赤いプレスリー」。

続いては「怪獣English」
今回のお題は悪質宇宙人メフィラス星人でした。
彼の知能指数1万や暴力を嫌う性格などを英語で解説してくれます。

「怪しい者じゃないです」硫酸怪獣ホーが前回と同じ部屋を訪問。
今回は部屋の中からマイナスエネルギーが漏れていると、お姉さんを誘い出そうとします。
もちろん、最終的に断られてしまいますが。
毎回大変ですねぇ、このお姉さんも・・・w

お次は「怪獣漫才」
今回は究極合体怪獣ギガキマイラ百体怪獣ベリュドラのソフビ人形で漫才を披露。
ギガキマイラはちゃんと5体の合体素材を紹介しましたが、ベリュドラは流石にスルーw
しかし合体素材1体ごとに保険料が掛かるなんて、大変ですねぇw
(ベリュドラが226体なのに100体とサバを呼んでいるのもその為だとか)

今回の「怪獣ことわざ」は、
ガヴァドンA、グドン&ツインテール、ウーを題材にしていました。

最後は凶悪宇宙人ザラブ星人が登場。
シチュエーションは「怪獣マッサージ」で、
自分の成り済まし仕事やウルトラマンへの嫉妬心などを店員に語っています。
(にせウルトラマンの目が釣り上がっているのは、ウルトラマンが嫌いという深層心理の表れだそうでw)
ザラブ星人のスーツも、頭はウルトラ銀河伝説のものですが体は新規造型に見えますね。
しかし、一体何処にあるんだザラブ星人の肩w

アイキャッチのイラストは、
1体で二人三脚をするペスター、列車に乗る子供を見送る恐竜戦車、
星斬丸で野球をするザムシャー、恋人?と離れ離れになり列車へ乗ろうとするヒッポリト星人、
学校へ遅刻するので焦って登校し可愛い女の子とぶつかる寸前のバド星人、
サンマを咥えた猫を追うイカルス星人でした。
個人的にバド星人が一番ツボに入りましたw

毎回核となるコントは同じシチュエーションになるのでしょうかね?
それとも何回か毎に新たなシチュエーションとなるのでしょうか。
次回以降も楽しみですねぇ、怪獣達の本音も垣間見える瞬間もありますし。
特にアイキャッチのイラストの味わい深さといったら・・・w


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|20:33

映画「ブリブリ王国の秘宝」の内容とキャラクターをご紹介

※注意!本編のネタバレが多大に含まれた記事となります。

前回の「アクション仮面vsハイグレ魔王」に続き、
クレヨンしんちゃんの映画第2作目であるブリブリ王国の秘宝をご紹介します。

ひょんな事から商店街の福引でブリブリ王国への旅行チケットが当たった野原一家。
タダで海外旅行に行けると大はしゃぎのひろし、みさえ、しんのすけでしたが、
ブリブリ王国へと向かう飛行機の中で謎の組織である「ホワイトスネーク団」に襲われてしまいます。
ホワイトスネーク団の狙いは野原しんのすけ。
福引でわざとブリブリ王国行きチケットを野原一家に与え、
専用の飛行機内へと誘い出し、しんのすけを捕まえる事が目的だった様です。
そうはさせまいと飛行機から脱出し、ジャングルへと逃亡を図る野原一家。
ジャングルの中を彷徨いながらも、サルの協力などによりジャングルを脱出し、
無事列車に乗る事が出来て一安心。
しかしそこでまたもやホワイトスネーク団に襲われてしまいますが、
偶然同じ車両に居合わせた「ルル・ル・ルル」と名乗るブリブリ王室親衛隊の少佐に救われます。
彼女はホワイトスネーク団により誘拐されたブリブリ王国の王子を探していたと説明しますが、
続いて現れたホワイトスネーク団幹部「ミスター・ハブ」の力には勝てずに敗退。
しんのすけは誘拐され、ホワイトスネーク団の本部である潜水艦へと移送されてしまいます。
そこで待っていたのはホワイトスネーク団を率いる「アナコンダ伯爵」と、
しんのすけと瓜二つな姿をしている「スンノケシ王子」だったのでした・・・

前回は宇宙からの侵略者が敵だったり、舞台がパラレルワールドだったりと現実離れした世界観でしたが、
今回の敵は同じ「人間」であり、舞台は同じ地球上の異国。
野原一家がまたしてもトラブルに巻き込まれてしまうわけですが、
敵の目的が野原しんのすけという事で、しんのすけを誘拐されまいと奮闘するみさえとひろしが目立っています。
特にひろしは前回あまり目立てなかった反動か、
今回は一家の大黒柱としてしんのすけやみさえを先導するシーンが多い印象を受けますね。

本作品は架空の国となる「ブリブリ王国」が舞台となりますが、
スリランカより南東にある赤道上にある設定なので基本イメージは東南アジア諸国ですかね。
多い茂るジャングルや罠がたっぷりな古代遺跡など、
「インディ・ジョーンズ」シリーズを思い起こさせる場面も多いですね。
ちなみに野原一家はこの映画より前にグアム島へと海外旅行をした経験があるので、
しんのすけの飛行機に対するリアクションも薄めとなっております。
この映画も当時映画館に見に行きましたが、
やはり秘宝を求めて遺跡に行くというシチュエーションは子供心をくすぐりましたね~
ルルとミスター・ハブのバトルやラストの魔人同士の対決など、戦いも見所たっぷりの作品でした。

●個人的名シーン
ブリブリ王国の秘宝 野原ひろし&みさえ
命がけのスカイダイビングに成功し、ホワイトスネーク団より逃げ延びた野原一家。
しかしジャングルに惑わされ「どうしてこうなった」と険悪なムードになるひろしとみさえでしたが、
突如始まった謎のミュージカルにより仲直りw
「果てしない このジャングル、でも私は希望を捨てずに、家族を~守り抜いて~見せ~る~♪」
というひろしの歌詞も心情をストレートに表しているのが良いんですよねぇ。
声優であるみさえ役のならはしみきさん、
ひろし役の藤原啓治さんによる歌声も実に良い味を出しているんですよねw
ちなみに曲名は「ああ 果てしないジャングルの中で」 で、映画のサントラ集にもしっかり収録されています。
そして歌いきった後に、「・・で、どうするの?」と冷め切った表情で見つめるしんのすけも素晴らしいw


●以下、主な映画登場キャラクター紹介
ルル・ル・ルル(声優:紗ゆり)
ブリブリ王国の秘宝 ルル・ル・ルル
ブリブリ王国の秘宝 ルル・ル・ルル チャイナドレス
殺す!殺すって!気安く言わないでよ!
子供が見ているでしょうが!!

ブリブリ王室親衛隊の少佐である、本作の「戦うおねいさん」です。
しんのすけもメロメロな美人の女性ですが格闘術のレベルは相当なもので、
並みの相手だと数人がかりでも難なく倒してしまいます。
誘拐されたスンノケシ王子を追っている最中に野原一家に出会い、
続いてしんのすけが自分の前で誘拐された事によりひろし&みさえと行動を共にする事となります。
ミスター・ハブとの決戦では戦闘服であるチャイナドレスに身を包み、
パンチやキックの連打でハブを撃沈。
その後復活したハブとの戦いでは、相手が武器を使うのを確認し鋼鉄の扇子を使用しています。
根は真面目な性格なのですが、自分の格闘術の師匠が「子連れのボクサーカンガルー」だったり、
救命ボートが可愛いアヒルの姿だったりと何処か他人とズレた所も。

スンノケシ王子(声優:山田妙子(現:川田妙子))
ブリブリ王国の秘宝 スンノケシ王子
良かった、しんちゃんに会えて。
僕、とっても心細かったんだ・・・

しんのすけと瓜二つの姿をしたブリブリ王国の王子で、
名前もしんのすけという文字を入れ替えたものになっています。
性格はしんのすけと真逆であり、気品がありとても素直な5歳児。
幼い頃よりブリブリ王国に伝わる伝説を教えられ、
終盤にその教えに従って魔人を封印する為の方法を皆に伝える役目を果たします。
しんのすけと共に、遺跡の封印を解く為の「鍵」の役割も果たしました。
事件解決後は、しんのすけの影響を受けてしまい「ぞうさん踊り」を披露w

ブリブリ王国王様&王妃(声優:宮内幸平、無し)
ブリブリ王国の秘宝 王様&王妃
王子、そんな踊りを何処で覚えてきたのじゃ?
ブリブリ王国を治める国王と王妃で、スンノケシ王子の両親。
ホワイトスネーク団にさらわれた王子を探す為に、親衛隊を総動員させ国中へと手配させました。
事件解決後は王子救出に関わったメンバーを王宮に招いてパーティーを開きましたが、
野原一家の帰宅後にぞうさん踊りを覚えた王子を見て唖然とするのでした・・・w

おサルさん(声優:こおろぎさとみ)
ブリブリ王国の秘宝 サル
キー、キッキッ!
ブリブリ王国に広がるジャングルに住んでいる小猿で、
ジャングルを彷徨っていたしんのすけに興味を示して友達になりました。
野原一家を気遣い自分たちの住処である古代遺跡跡へと案内し、
自分が所属している猿の群れと仲良くなったしんのすけ達にたくさんの果物を分け与えています。
その後、興味を示したしんのすけのチョコビを全て食べてしまい、
その見返りとして魔人封印のキーアイテムである「結びの鍵」の一つをしんのすけに手渡し、
人が住んでいる方角を教える等地味に重要な役割を果たしています。
声優は、後に野原家の長女である「野原ひまわり」を演じる事になるこおろぎさとみさん。

小宮悦子(声優:小宮悦子)
ブリブリ王国の秘宝 小宮悦子
その代わり、取材させて頂けますか?
えー、まず日本の印象は?

まさかのゲストキャラクターとして、
当時ニュースステーションのキャスターを務めていた小宮悦子さんが登場w
実は映画の最初の方でしんのすけが名前を出しており、登場の伏線は張られていたわけなんですが。
今回は本人役としてしんのすけの願いを聞き入れたブリブリ魔人と共演。
しんのすけ当てのサインをあげる見返りに、ブリブリ魔人にちゃっかり取材を行っています。
その後もクレしんの劇中で「小宮のえっちゃん」等と名前が度々登場しています。

ブリブリ魔人(声優:加藤精三)
ブリブリ王国の秘宝 ブリブリ魔人
兄弟よあの音を聞け、我らの時は尽きた!
我らは消えねばならない

ブリブリ王国の秘宝である、壷の中から現れた精霊。
人間の願いを一つだけ叶える事が出来ますが、
封印を解いたアナコンダ伯爵はしんのすけに出し抜かれ、
「小宮のえっちゃんのサインが欲しい」が願いとなってしまいました。
その願いを実行し、黒ブリブリと融合したアナコンダ伯爵の妨害を受けるも、
巨大化してほぼ互角の戦闘能力を見せ付けています。
最後は伝説通りの行動を見届け、壷と共に再び封印され何処かへと消えて行くのでした。
デザインはぶりぶりざえもんをベースにしていますが、設定などは完全な別人となっています。
(むしろ性格はこっちの方がマトモw)

アナコンダ伯爵(声優:富田耕生)
ブリブリ王国の秘宝 アナコンダ伯爵
ハブ!お前はもう人間を辞めろ!
ワシの奴隷となれ!!

ホワイトスネーク団を率いるボスで、
首には常にペットの白蛇である「アレクサンダー」を巻きつかせています。
蛇と葉巻を愛しており、性格は冷酷であり自己中心的。
ブリブリ王国の秘宝を手に入れる為なら手段を選ばず、子供嫌いも自称しています。
一度は野望が失敗したかに見えましたが、
ミスター・ハブを出し抜き魔人の力を得てしまいます。
その力でハブを洗脳し、自分に忠実な操り人形としてしまいました。
しかし魔人の力は自分が思い描いていた通りにはならず・・・
クレしんでは珍しく、コミカルな部分がほとんど無いキャラクターとなっています。

ミスター・ハブ(声優:中田浩二)
ブリブリ王国の秘宝 ミスター・ハブ
ブリブリ王国の秘宝 ミスター・ハブ 0
おあいにく様。
悪党は、悪党らしくしないとな!

ホワイトスネーク団の№2であり、
優れた武術の使い手でありながら頭もキレる人物として描写されています。
普段は冷静沈着な性格をしており、格闘術でルルを一度敗退に追い込む場面も。
しかし再戦時はルルの本気の攻撃を受け、武器を使用する等手段を選ばない姿も見せています。
普段はアナコンダに忠誠を誓っていますが、
隠されたもう一つの財宝を手に入れた事によりその本性を現します。
しかしその野望もアナコンダにより打ち砕かれ、
魔人の力により額に三角形のマークが付けられアナコンダの忠実な僕となってしまうのでした。
洗脳後も性格や体術などは健在でしたが、
ルルに対し本気で殺しにかかったり挑発を受けて怒りを露にする場面も見せました。
最後は黒ブリブリと融合したアナコンダの手に捕まり、
永遠の闇の中へと消えるという悲惨な最後を遂げています。
漫画版だとアナコンダと共に愛嬌のある姿も見せていますが、
この作品ではアナコンダと同じくコミカルなシーンはほぼ0となっています。

ニーナ&サリー(声優:屋良有作、塩沢兼人)
ブリブリ王国の秘宝 サリー&ニーナ
金は勝手に頂いて行くわ!
オカマは気まぐれなのよ・・・
ホワイトスネーク団の幹部であり、スンノケシ王子としんのすけを誘拐したオカマの2人組。
サングラスをかけている方がニーナで、色白の方がサリーとなっています。
ハブの指示を受けて数々の任務をこなしていましたが、
その扱いの悪さに常々愚痴を溢す毎日。
格闘術も優れていますが、ルルには敵いませんでした。
遺跡調査にも同行しましたが、アナコンダの「子供を殺せ」という命令に大反発。
今までの不満も爆発し、ホワイトスネーク団を抜けてルルや野原一家に協力する姿勢を見せます。
根が悪人では無い為か、事件解決後は野原一家と共に王宮に向かった事を示唆する台詞も。
初期映画恒例のオカマ枠ですが、今回はこの2人組。
敵から味方に転ずるオカマキャラクターは結構珍しかったりします。

ホワイトスネーク団員
ブリブリ王国の秘宝 ホワイトスネーク団員
ホワイトスネーク団に所属する戦闘員で、主にニーナやサリーに率いられて任務をこなしています。
全身が白いタイツに覆われており、いかにも戦闘員という風貌ですねw
飛行機内では素顔を晒しており、みさえ好みのイケメン揃いだという事実が発覚しています。
劇中では多数登場していましたが、事件後どうなったのかは不明です。

黒ブリブリ(声優:納谷六朗)
ブリブリ王国の秘宝 黒ブリブリ
やって来た、
願いを一つだけ叶えよう

もう一つの黒い壷から現れたブリブリ魔人の兄弟で、
体色が黒っぽい他、目が細く赤く輝いているのが大きな違いとなっています。
こちらも人間の願い事を一つだけ叶える事が出来、
アナコンダの「お前の力を全てワシにくれ!」の願いを聞き入れ、
アナコンダと融合を果たしました。

黒ブリブリ魔人(アナコンダ融合)(声優:富田耕生)
ブリブリ王国の秘宝 アナコンダ伯爵 黒ブリブリ魔人
ワシが望んだのは能力だけだ!
こんな醜い姿を望んだわけでは無い!

魔人の力を手に入れたアナコンダ伯爵でしたが、
その力が徐々に抑えきれなくなり巨大な魔人の姿へと変貌してしまいました。
ブリブリ魔人とアナコンダ伯爵の特徴を併せ持っており、
右手はペットのアレクサンダーを模した蛇状の姿になっています。
こんな姿に変貌したのはお前のせいだと怒りを爆発させ、
ブリブリ魔人と怪獣映画さながらの激闘を繰り広げます。
両者の力は互角でしたが結びの鍵により遺跡は崩壊を始め、
ブリブリ魔人と共に壷の中へと呼び戻され、壷ごと何処かへと消滅してしまいました。
アナコンダ伯爵も黒ブリブリと分離出来た様ですが時既に遅し。
ミスター・ハブと共に奈落の闇へと真っ逆さまに落ちて行くのでした・・・

味方側はやはりルルのキャラクターがお気に入りです。
綺麗で強くて、何処かズレている性格が印象的でしたね~
そして今回の敵キャラクターは、悪に徹するシリアスな部分が目立ちます。
そんな中、悪になりきれず組織を裏切るニーナとサリーは良い味を出していました。
不定期更新のこの企画ですが、クレしん映画は残り17作。
次回は私が一番気に入っている作品である「雲黒斎の野望」をレビューしたいと思っています。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(6)トラックバック:(0)|01:33

ウルトラマン列伝 第17話&ダイナのアクト化決定

ウルトラマン列伝 タイトル
本日、第17話が放送されました!
第17話 「光よ集え!ウルトラマンティガ勝利の時!!」
ウルトラマンティガ第52話(最終話)「輝けるものたちへ」の内容を放送しました。

邪神ガタノゾーアの前に敗れたウルトラマンティガ。
世界中でその戦いの模様を見ていた民衆は、肩を落とし落胆してしまいます。
しかしそんな中、ティガを応援している子供達の姿勢だけは変わらず・・・
一方GUTSは何とかダイゴ隊員=ウルトラマンティガを復活させようと考えますが、
巨人のメカニズムを解明した人間はたった一人しか居ない事に気付きます。
欲望の果てに暴走した、あのイーヴィルティガになってしまったマサキ・ケイゴだけだと。
独房でマサキも暗雲を見つめあざ笑いますが、既に希望の光は自分で無かった事を悟っている様子。

石像と化したティガの中に閉じ込められるダイゴ。
その様子を笑っているのは精神生命体キリエル人達。
警告通りに行動しなかった報いだと、
邪神復活で闇に覆われた地球を見捨て何処かへと去って行きました。
再び場面は変わり、GUTSの元に京本政樹氏が演じるハヤテ・シンが登場。
助っ人を連れて来たと、マサキとタンゴ博士を差し出します。
シンジョウやホリイ等と同じく、何者かのテレパシーを聞きつけ揃っていく役者達。
看護婦のシンジョウ・マユミと話す眼鏡をかけた男こそ、
かつてガルラ戦の際にダイゴと出会った超能力者であるキリノその人。
キリノは自分のテレパシー能力により、ティガ復活作戦の手助けをしていたのでした。

ティガを救出し、ガタノゾーアを倒すGUTS最後の作戦が始動。
ゾイガーも妨害に現れますが、イルマとハヤテのコンビネーション攻撃には敵わず撃墜。
海底には光をティガに届ける為の装置が沈められ、そこにはマサキ・ケイゴが搭乗。
キリノのテレパシー通りにシンジョウとホリイが協力し、ティガに光を届ける作業が始まります。
しかしガタノゾーアはそれを察知したのか大暴れを始め、海底の作戦を妨害。
もう駄目かと思われたその時、世界中のティガを信じる子供達が輝き始めます。

最後まで諦めずに闇に立ち向かった人類に起きた奇跡か、
子供達の体から光が立ち上り世界中からティガに届けられます。
ダイゴの元に駆け寄る子供達、そしてレナも・・・
ウルトラマンティガは復活を果たし、黄金に輝く巨人「グリッターティガ」へと変身。
子供達の動きとシンクロしながらガタノゾーアに光の技をぶつけ、
最後はグリッターゼペリオン光線とタイマーフラッシュスペシャルでトドメの一撃。
世界の闇は晴れ、ティガも光の粒子となって消滅するのでした。

作戦に関わった人間も全員無事で、喜びに沸き立つ世界中の人々。
GUTSもメンバー全員が集結し、ムカナタ達もダイゴとレナの様子を見守ります。
そしてラストはヤズミがカメラ役を任され、GUTSメンバーの記念撮影で〆。
ウルトラマンティガの物語は、これでひとまず終わりとなったのでした・・・
ウルトラマン列伝 ウルトラマンティガ

「希望の光」を具現化し、
それをウルトラマンと結びつけた最初のケースがこのウルトラマンティガ最終話となっています。
これ以降数々のウルトラシリーズでこの表現が見られる様になりますが、
共通しているのはただの奇跡ではなく、人間が最後の最後まで諦めずに戦い抜いた末の現象だという事。
昭和シリーズにおける「人類は自らの手で地球を守らなければならない」精神の、
現代版解釈と言えるものだと私は思っています。
しかしティガ最終話はそれまで登場したゲストキャラクターが大活躍でしたね。
この手法も、後のシリーズに継承されていく事となります。
そして、最終回限定の強化されたウルトラマンの姿も。

次回よりウルトラマンティガの続編となる、ウルトラマンダイナの特集が開始!
それに合わせてか、ウルトラマン列伝公式ブログにて突如新作発表がなされました。
ウルトラアクト ダイナ
何とULTRA-ACT(ウルトラアクト)にて、ウルトラマンダイナの発売が決定!
ティガ、ガイア、アグルに続いてアクションフィギュア化となりました。
これで平成3部作シリーズの4戦士を揃える事が出来ますね~
発売予定は来年の2月。
来月のイベントでも試作品が展示される事でしょう。
映画「ウルトラマンサーガ」でも活躍が予定されているだけに、
ウルトラマン列伝と共にダイナ熱が盛り上がりそうですね~


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(8)トラックバック:(0)|19:33

電撃ホビーマガジンより

電撃ホビーマガジンを購入しました。

まずは「Another Genesis(アナザージェネシス)」の第4話から。
ブラストは夢の中で「ロックス伍長」、「ジョー」、「ジャン」という人間だった時の同僚達が登場し、
戦闘の中で親友のジャンを手で貫いてしまう光景を見てしまいます。
そして宇宙を飛行中にエメラルド色に光る惑星(ブラストのかつての戦場)を発見し、
そこに降り立つブラスト。
しかし地下より突如巨大な戦艦が浮上し、更に2体の機人がブラストの前に現れます。
緑色の人型ロボットは「ジャンボット」、金色の大柄なロボットは「キングジョー」、
大型の赤い戦艦は「アイアンロックス」と呼ばれ、
それぞれブラストが怪物と化した時に手をかけてしまったかつての同僚の成れの果て。
ブラストの光の力を受けた彼らは機械を吸収し、己の意思を持たない殺戮兵器となっていたのでした。
ブラストは必殺技の「ヴォルテック・インパクト」で3体を倒しますが、
ジャンボットだけは半壊した姿でブラストに迫ります。
しかしかつての様にブラストに手を差し伸べるジャンボット。
ブラストはジャンボットの正体に気付き声をかけますが、既にジャンボットは機能を停止した後でした・・・

今回は3体のロボット怪獣が登場し、赤い巨大宇宙戦艦にリニューアルされたアイアンロックス、
巨大なゴーレムの様なロボットになったキングジョー、
大まかなデザインはそのままに緑色になったジャンボットがイラストで紹介されています。
しかしジャンボットまで敵となって登場するとは・・・先が読めませんねぇ。
ブラストのかつての戦友という大幅に異なる設定にも驚かされました。
次回はウルトラマンジャック、エース、タロウも登場するそうです。

企画記事ではウルトラ怪獣シリーズのカネゴンのソフビをリペイントし、
総天然色ウルトラQバージョンに仕上げたものが掲載。
限定ブルーレイBOXⅡにはお金を拾い集める為に座り込んだポーズのカネゴンが付属しますが、
立ちポーズ姿のカネゴンは何時かリメイクされるのでしょうかね~

今回の目玉は「S.H.MonsterArts(エス・エイチ・モンスターアーツ)発売に合わせて、
平成ゴジラVSシリーズ特集の小冊子が付属している所でしょうか。
VSビオランテ、VSキングギドラ、VSモスラ、VSメカゴジラ、VSスペースゴジラ、
VSデストロイアの内容紹介や、VSシリーズ常連俳優の紹介、
川北紘一監督、スーツアクターの薩摩剣八朗氏、造型家の酒井ゆうじ氏のインタビュー記事、
モンスターアーツPVのメイキング、イベントで披露されたジオラマ紹介、
幕張大決戦のジオラマといった内容になっています。

さて、明日はウルトラマン列伝の放送日。
ウルトラマンティガ最後の戦いが始まります。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|19:32

ウルトラゾーン 第1話

ウルトラゾーン
遂に大阪府でも、昨日よりサンテレビにて放送が始まりました。
円谷プロダクションが送る、ウルトラ怪獣が主役のバラエティ新番組!

まずは恒例のタイトルからですが、まんまウルトラマンのパロディでしたねw
(青と黄色の配色までほぼ同じ)
この番組で使用されているBGMも、ウルトラQやウルトラマンのもののアレンジという拘り様。
一応この番組の中心核となる「怪獣特捜隊」基地もミニチュアで製作されており、
その司令室にはタカダ・リホ隊員が常駐。
街中に出現した怪獣を報告するという役割を果たしています。
(ただし、出動はしません)

そしていきなり出現した岩石怪獣サドラ
新規撮影で、ビル街で暴れ回るシーンを挟みながら軽く特徴などを紹介します。
ただし、舞台はそのビル街ではなく私立小学校・・・!?
というわけで
「怪獣転校生」の物語がスタートします。
突然小学校に転校して来たのは怪獣であるサドラ。
クラスメイト達も一瞬驚きますが、ウルトラゾーンの世界観なのか普通に受け入れてるのがシュールですねw
先生からサドラの紹介や特徴(公式設定に基いた正確なもの)解説が入りますが、
サドラも普通に日本語を喋るのでちゃんと物語が成立しています。
何でも切れるハサミを触ると危ないので気を付ける事や、
腕が伸縮可能な事、耳が弱点である事などを話し席に着くサドラ。
ウルトラゾーンの導入部のお話となっていましたが、初見の方はポカーンでしょうねこの光景w
これこそウルトラゾーンの核となる、「もしもこんな所に怪獣が現れたら・・・」というテーマです。

そして始まるオープニング。
ウルトラQのメインテーマ曲に、映像はウルトラマンの影絵パロディという豪華さ。
影絵はカネゴンレッドキング恐竜戦車キングジョー怪獣特捜隊マークゴモラ怪獣特捜隊員
エレキングノーバジャミラザムシャーガラモン(ピグモン?)バルタン星人ゼットン
といった面子でした。
ザムシャーが居たのにビックリでしたねw

CMが空けるといきなり始まる「怪獣漫才」
黒子がソフビ人形のアントラー&恐竜戦車を使い漫才をするという短編コーナーです。
着ぐるみすら使わないなんて、これがウルトラゾーン・・・w

短編は続き、お次は「怪獣English」です。
レッドキングを題材に英文を日本語に訳すコーナーでした。

再び怪獣特捜隊基地に入る怪獣出現の知らせ。
今度は宇宙大怪獣ベムスターが都内に出現。
こちらも街中で暴れ回るカットが挿入された後、「怪しいものじゃないです」が開始。
マンションのお宅を訪問し、
不要なエネルギーをタダで回収し周ろうとする怪しい訪問員役をするベムスター。
あの手この手で女性を口説きますが、拒否され最後はウルトラセブンを呼ぶと言われる始末w
(ちゃんとセブンはジャックにウルトラブレスレットを託したという解説文も挿入)
今度は改造ベムスターが来るかもという捨て台詞にも笑いました。

またも唐突に挿入される短編コーナー。
今度は「怪獣ことわざ」で、
昭和臭全開のレトロなイラストと共にダダ&ババルウ星人&ガボラ
を題材にしたことわざ集が流されます。

ラストは地底怪獣グドンが街中で大暴れ。
今度の舞台はマッサージ店で「怪獣マッサージ」のドラマが始まります。
体の硬さや好物のツインテール、腕のムチ等を店員に話すグドン。
ウルトラマンメビウスのマケット怪獣ネタまであったのがマニアックだなぁとw
あと、何気にスーツのムチが以前より短くなっていましたね。

1話目はこんな感じで終了しましたが、本当にやりたい放題やっているな~と。
細かいネタもテロップで解説していましたし、初心者にも一応解り易く作ってありましたね。
CMの前や後には1枚のイラストが挿入されており、
床屋に扮するババルウ星人、職務質問されるケムール人、自動販売機の下にある小銭を取るノーバ、
ババルウと同じく床屋に扮するマグマ星人、一兆度の炎でバーベキューをするゼットン
といった感じになっていました。
(例としてノーバの画像を)
ウルトラゾーン アイキャッチ

カオスでシュールな新番組でしたが、これは全話見るっきゃないでしょう。
放送地域も今後拡大して行く予定だそうですし、
放送時間や日にちは地域によってバラバラですが怪獣好きなら見て損は無いかと。
この番組の為に新規で作られたウルトラ怪獣も登場するそうですしね~
今後も追いかけてみたいと思います。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(8)トラックバック:(0)|00:55

ULTRA-ACT ウルトラマンガイア(V2)

ULTRA-ACT(ウルトラアクト)の最新作を購入して参りました。
今月の新作はこちらとなります。

ウルトラアクト ウルトラマンガイア(V2)
ウルトラマンガイア(V2)
主人公である高山我夢が変身するウルトラマンガイアの第2形態で、
ウルトラマンアグルの力を取り込みバージョンアップした姿です。
デザイン上の大きな違いは胸部のプロテクターに黒いラインが入った事で、
更に最強形態のスプリーム・バージョンへと変身する事も可能となりました。
またウルトラマンアグルの技も一部使用可能となっており、
バージョンアップ後はこの姿が基本形態となっています。

平成3部作シリーズより、ウルトラマンティガに続いてウルトラマンガイアがアクションフィギュア化!
前回のグレンファイヤーからパッケージのデザインや造型&可動面が見直されており、
ウルトラ戦士ではこのガイアがリニューアル版第一号となっています。
全体的に可動範囲が広がった他、体の筋肉のラインがより強調されたり、
エフェクトパーツが派手なものになっているのが今までとの違いとなっていますね。
更に今回は画像にある通り、初回購入特典として「光臨エフェクト」が店舗で配布されています。
ガイアでお馴染みの土煙を上げながら着地するシーンが再現出来る他、
全く関係の無いアクションフィギュアにも使用可能な万能エフェクトとなっています。

ウルトラアクト ウルトラマンガイア(V2) 0
画像では伝わり辛いですが、太もものラインが綺麗なんですよねw
全身の筋肉の流れが一目で解るので、どんなポーズを付けても様になるのにビックリ。
今後発売されるウルトラ戦士もこの造型方法が主流になるんでしょうね~

ウルトラアクト ウルトラマンガイア(V2) 1
顔のドアップ。
ガイアらしい顔の造型が再現されている他、
目はグラデーション塗装で表現されています。

ウルトラアクト ウルトラマンガイア(V2) 2
こちらは今回から実装された「集光頭部」で、差し替えにより交換可能となっています。
後頭部の一部がクリア仕様になっており、後ろから光を透かせる事で目が輝くギミックを搭載しています。
(トランスフォーマーの玩具などではお馴染みですよね)
目の色は白というよりは黄色になっています。

ウルトラアクト ウルトラマンガイア(V2) 3
付属エフェクトパーツその1、「クァンタムストリーム」の再現パーツです。
本編よりかなり派手な表現になっていますね~
(光線ポーズを少し間違えているのはご愛嬌)

ウルトラアクト ウルトラマンガイア(V2) 4
付属エフェクトパーツその2、「フォトンエッジ」の再現パーツです。
こちらは頭部を丸ごと交換する事で再現可能。
発射スタイルと言うよりは、発射直前でビームがしなっている場面ですね。
胸のライフ・ゲージも交換で赤いバージョンにする事も可能です。

ウルトラアクト ウルトラマンガイア(V2) 5
最後に握手撮影会っぽいポーズで〆。
こちらのアイテムも全体的に完成度は高く、腕がもっと内側に動けばほぼ満点だったかもしれません。
しかし初期のアイテムと比べると、造型や可動レベルがかなり向上しているのが実感出来ました。
これ以降に発売するアイテムも素直に期待が持てます。

来月はライバルであり友であるウルトラマンアグル(V2)と、ミラーナイトが発売。
早くガイアとアグルを揃えて並べたいものですね~


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(11)トラックバック:(0)|01:34

ウルトラマン列伝 11月分放送予定&本日よりウルトラゾーン

フィギュア王の新刊をフラゲしてきました。
映画「ウルトラマンサーガ」関連情報は、
ウルトラマンVSアントラーなど既出のものなので割愛。
ULTRA-ACT(ウルトラアクト)の新情報も無く、
こちらは来月のイベントで新作発表という流れになるのでしょう。


ウルトラマン列伝情報は11月分の予定が発表されており、

・11月2日放送 第18話「地球を守る新たな光!ウルトラマンダイナ!!
(ウルトラマンダイナ第2話「新たなる光(後編)」の内容を放送)
・11月9日放送 第19話「受け継がれる魂の絆!ウルトラマンネクサス!!
(ウルトラマンネクサス本編の総集編)
・11月16日放送 第20話「巨大ロボ発進せよ!マウンテンガリバー5号!!
(ウルトラマンダイナ第42話「うたかたの空夢」の内容を放送)
・11月23日放送 第21話「ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国 絆の章
(映画「ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国」の内容を放送)
・11月30日放送 第22話「ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国 炎の章
(映画「ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国」の内容を放送)

という予定になっています。
ウルトラマンティガが終わり、続編であるウルトラマンダイナの特集が始まりましたね。
そして新OPでも目立っているウルトラマンネクサスがスペシャル総集編で登場。
続いてウルトラ怪獣シリーズの新作ソフビに合わせて、マウンテンガリバー5号の登場回。
そして何と去年公開の映画編へと突入します。
ネクサス総集編は、この映画に登場するウルトラマンノアの紹介も兼ねているみたいですね~

ウルトラマンゼロ THE MOVIE編は5週連続放送を予定。
なので12月放送分の内3話はもう予定が埋まっちゃいましたね。
新作OV「キラーザビートスター」やULTRA-ACTで続々登場予定のウルティメイトフォース・ゼロ。
ウルトラマンゼロとミラーナイト、グレンファイヤー、ジャンボットと、
彼らの出会いが描かれる映画をこのタイミングで放送するのは良い判断だと思います。
既に前日談の「VSダークロプスゼロ」も放送した事ですしね~

既に東北放送、三重テレビ、BSジャパンなど放送局も続々と増えていますし、
この調子でウルトラマン列伝の放送地域拡大を期待しちゃいます。

そして本日の深夜より、サンテレビにて新番組「ウルトラゾーン」が我が大阪府でも放送開始!
近隣にお住まいの皆様はお忘れないようお気をつけ下さいませ~
(ウルトラアクトの新作、ウルトラマンガイアの記事は深夜にアップ予定です・・・)


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|14:55

映画「アクション仮面VSハイグレ魔王」の内容とキャラクターをご紹介

クレヨンしんちゃんと言えば漫画とTVアニメを主軸に展開している作品ですが、
毎年恒例の劇場版アニメもクレしんを語る上では当然外せない存在となっています。
という訳で、不定期ながら「映画クレヨンしんちゃん」を1作ずつレビューして行こうかと思います。
来年で映画シリーズも20作目という節目を迎えますしね~
それへの応援も込めて、過去の19作品を振り返ろうではありませんか。
(都合上、毎回記事の長さがかなりのものになる予定なのでご了承下さいませ)

※注意!本編のネタバレが多大に含まれた記事となります。


まずは記念すべき第1作目
アクション仮面VSハイグレ魔王
です。
TVアニメも軌道に乗り、良くも悪くも社会的に話題となったクレヨンしんちゃん。
そのクレしんが劇場用作品としてスクリーンに登場!
第1作目という事情もあってか物語の前半はTVシリーズと似たような日常的なシーンが中心となり、
おバカなしんのすけ、お仕置きをするみさえ、家族を愛するひろし、物知りで見栄っ張りな風間くん、
組長と呼ばれて豹変するふたば幼稚園園長、口喧嘩が絶えないよしなが先生と松坂先生・・・
といった具合に「お約束」のシーンが多数登場します。
しかし冒頭で描かれたアクション仮面の身に起こった大事件。
それが物語の中心となり、野原一家は「アンバランスゾーン」へと足を踏み込む事になるのです・・・

こう書くとウルトラQみたいですが、映画版は基本的に「日常の中の非日常」が上手く描写されており、
第1作目にして何と「パラレルワールドの地球」へと野原一家は迷い込む事となります。
その別次元の地球では突如襲来した「ハイグレ魔王」一味の手により、
人々はハイレグ水着姿へと変貌させられ魔王に洗脳されつつある事を野原一家は知る所となります。
そしてしんのすけが普段TVで見ていた特撮ヒーロー「アクション仮面」は、
この世界からやって来た本物のヒーローだと知らされ驚きを隠せない野原一家。
しかもアクション仮面にとって大切な「アクションストーン」を飴と間違えて飲み込んだしんのすけ。
そのアクションストーンを狙って襲撃するハイグレ魔王一味と、
アクション仮面をサポートしていた人々との戦いに巻き込まれる事となります。
(最も、野原一家は最初からアクション仮面達に選ばれパラレルワールドへと送り込まれたのですが)

・・・といった具合に、後半はパラレルワールドの地球を舞台にしたSF編となっています。
特殊な装置により喋れるようになったシロや、
キャラクターが濃いハイグレ魔王一味の面々との対決、
クライマックスのアクション仮面対ハイグレ魔王の戦いと映画ならではの要素が満載になっています。


当時TVアニメや原作コミックを好んで見ていた私でしたが、
映画になると知った時は飛び上がって喜んだ記憶がありますね~
親も理解ある人間だったので、何回も映画館に連れて行って貰ったのは良い思い出です。
当時は単純にしんのすけやアクション仮面等がハイグレ魔王一味と戦うシーンで盛り上がっていましたが、
今見るとパラレルワールドに迷い込む原因となった駄菓子屋の登場シーンや、
ひろしが海に行きたくなったポスターを見るシーン、
海沿いのアクション仮面の施設の雰囲気等の幻想的な描写がたまりません。
それに真っ当な「ヒーローもの」作品でもありますし、とにかく魅力が尽きない作品だと感じさせられました。

●個人的名シーン
クライマックスの、しんのすけとアクション仮面による「ダブルアクションビーム」発射場面でしょう。
アクション仮面対ハイグレ魔王 ダブルアクションビーム
しんのすけはアクションストーンの力で発射しているわけですが、
後にも先にもこのコンビによる光線発射シーンはこれだけだった・・・ハズ。
王道ながら、素晴らしい決め技だと思いました。
しかしウルトラマンと仮面ライダーの良い所取りみたいな存在ですよね、アクション仮面w


●以下、主な映画登場キャラクター紹介
アクション仮面(声優:玄田哲章)
アクション仮面対ハイグレ魔王 アクション仮面
アクション仮面、参上!
ハッハッハッハッ!ワーッハッハッハッハッハッ!!

アクション星からやって来た、平和を愛する正義のヒーロー。
本作ではパラレルワールドからしんのすけ達が住む世界へとTV番組撮影の為に出張中という設定で、
特撮ヒーロー番組の主役とは仮の姿。
つまり、本物の宇宙からやって来たヒーローであるとされています。
しかしスタジオでの撮影中にハイグレ魔王の不意打ちを喰らい、
次元を超える力の源である「アクションストーン」を盗まれてしまいます。
しんのすけの活躍により復活した後は、ハイグレ魔王と直接対決。
しんのすけとのコンビネーション攻撃により、見事悪を打ち砕く事に成功しました。
ラストではお礼として、しんのすけにアクション仮面変身セットを送っています。

桜ミミ子(声優:小桜エツ子)
アクション仮面対ハイグレ魔王 桜ミミ子&郷剛太郎
そりゃそうよ。何時も『助けて~アクション仮面~』
じゃ、パートナーとして情け無いもんね。

常にアクション仮面のパートナーとして連れ添う女の子で、
番組内ではよく敵に捕まってアクション仮面に助けを呼ぶ役割となっています。
しかし本作ではアクション仮面のピンチを逆に助ける役割を果たし、
野原一家を知らず知らずの内にパラレルワールドへと案内する役目を担いました。
後のアクション仮面が登場する作品には、ほとんどが彼女もセットで登場しています。
ちなみに隣に居る男性は、アクション仮面の普段の姿である「郷剛太郎」です。

桜リリ子(声優:小桜エツ子)
アクション仮面対ハイグレ魔王 桜リリ子
全ては真実よ!
この桜リリ子の言う事を信じてちょうだい!

桜ミミ子の双子の姉で、服装が青かったり性格がやや活発気味である点が大きな違いとなっています。
普段はパラレルワールドの世界で北春日部博士の助手をしている女の子。
パラレルワールドへ迷い込んだ野原一家に事の全てを説明し、
共に行動する本作の「戦うおねいさん」(お姉さんではなく、おねいさんなのが重要w)。
出番はあまりありませんが、しんのすけにスーパー三輪車を授ける重要な役割を果たしました。

北春日部博士(声優:増岡弘)
アクション仮面対ハイグレ魔王 北春日部博士
うぅっ・・・だ・・・大丈夫・・・
うんこしたいだけじゃ・・・

アクション仮面の手助けをしている博士で、埼玉県奥秩父に秘密基地を所有しています。
何故か、何時もお腹の調子が悪いイメージがありますねw
科学力はかなりのもので、アクションストーンのレプリカ生成やバリア装置なども開発しています。
基本的にTVシリーズには出ていませんが、
後に映画「嵐を呼ぶジャングル」にて再登場を果たしています。

スケルトン教授・ゾンビリビー(声優:青野武)
アクション仮面対ハイグレ魔王 ゾンビリビー
ワーハハハハハハハ!
もっと泣け!もっと叫べ!!

アクション仮面の劇中に登場した「ブラックメケメケ団」の怪人の1体で、
桜ミミ子を人質に取り、アクション仮面を呼び寄せようと企みました。
しかし特撮作品の登場人物なので、
撮影中にハイグレ魔王の襲撃があった時には傷ついたアクション仮面を心配する素振りを見せています。
その後、撮影が再開した後は台本通りアクション仮面のアクションビームを受け倒れました。
「アクション仮面ひみつ大百科」の表紙にブラックメケメケ団幹部と並んで映っている等、
ブラックメケメケ団の中では結構大物だったのかもしれません。

ブラックメケメケ団戦闘員
アクション仮面対ハイグレ魔王 ブラックメケメケ団戦闘員
ビー!!
ブラックメケメケ団の戦闘員で、アクション仮面の劇中には欠かせない存在となっています。
常に集団でアクション仮面を襲いますが、戦闘力は高くありません。
今回は両腕に鉤爪を付けた姿でアクション仮面を襲いますが、
「アクションローリングサンダー」や格闘技の前に次々と倒されてしまいました。

パンスト団
アクション仮面対ハイグレ魔王 パンスト団
ハイグレ魔王配下の戦闘員達で、おまるの様な物体に乗り飛行しています。
パンストを被ったようなマスクをしており、それぞれに人格が無いのか一切喋りませんでした。
担いでる大型銃で人間を狙い、その光線に当たった者はハイグレ人間となってしまいます。
戦闘員故か、個々の戦闘力もあまり高くはありません。

Tバック男爵(声優:郷里大輔)
アクション仮面対ハイグレ魔王 Tバック男爵
さぁ、残ったもう一つのアクションストーンを、
大人しく渡してもらおうか!!

ハイグレ魔王に従う幹部で、下着は名前の通りTバック。
北春日部博士曰く「手段を選ばない冷酷非情なホモ」だそうですw
自分の考えや力に絶大なる自信を持っていますが、そこをハイグレ魔王に叱られる場面も。
専用の飛空艇に搭乗しており、大型ミサイルを発射してしんのすけを迫撃しました。
しかしその作戦が裏目に出てしまい・・・

ハラマキレディース
(声優:井上瑤、渡辺久美子、稀代桜子)

アクション仮面対ハイグレ魔王 ハラマキレディース
「「「このハラマキレディースに、
お任せ遊ばせ~!
」」」

Tバック男爵と共にハイグレ魔王に従う3人1組のチームで、
ハラマキの様なコスチュームに身を包む美人トリオです。
(ちなみにリーダーは中央の緑色の髪の人物)
洗脳した松坂先生をスパイとして送り込み、北春日部博士の研究所の在り処を知りそこを占拠。
スーパー三輪車で逃亡したしんのすけを追い、激しい空中戦の末に敗れ去っています。
しかししんのすけの助けにより地上への落下を逃れ、
地球人を改めて見直した後に何処かへと去って行きました。

ハイグレ魔王(声優:野沢那智)
アクション仮面対ハイグレ魔王 ハイグレ魔王
アクション仮面対ハイグレ魔王 ハイグレ魔王 0
アクション仮面対ハイグレ魔王 ハイグレ魔王 1
あたしはハイグレ魔王!
あたしはこの地球の支配者!!

宇宙よりやって来た宇宙人であり、地球を侵略しようと企んでいる今回の事件の首謀者です。
性別はオカマであり、品が無い者や行為を嫌っている一面も。
相手を電撃によりスパークさせる力や、
しんのすけの体内からアクションストーンを取り出す等、超能力を使用する事も可能。
体力もアクション仮面とほぼ互角であり、登りっこ対決や真剣勝負で激闘を繰り広げました。
しかし剣での戦いに敗れた後は怪物の様な本性を現し、
アクションビームを無力化する等桁違いの強さを見せ付けています。
終始アクション仮面を圧倒しましたが、最後はダブルアクションビームに敗北。
潔く今回の地球侵略を諦め、再び来るかもと言い残し宇宙へと去って行きました。
また、最後にアクション仮面としんのすけに惚れた様な言い回しも・・・w

しかしこう見ると、第一作目からとんでもないインパクトを放つ敵キャラのオンパレードですねぇw
今回の敵キャラクターは、それぞれ下着などがモデルになっています。
こんな感じで19作品をご紹介していく予定なので、
お時間がある方はお付き合い下さいませ~
不定期更新のこの企画、次回は2作目の「ブリブリ王国の秘宝」となります。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(8)トラックバック:(0)|00:48

ウルトラマン列伝 第16話

ウルトラマン列伝 タイトル
本日、第16話が放送されました!
第16話 「暗黒の支配者!ガタノゾーア出現!!」
ウルトラマンティガ第51話「暗黒の支配者」の内容を放送しました。

冒頭でウルトラマンティガとウルトラマンゼロの2ショット!
ゼロは第50話のゾイガーとの戦いを解説してくれましたね。
ゾイガーを辛くも撃退したダイゴとレナ隊員でしたが、
基地からの報告で全世界にゾイガーが出現し、暴れまわっている事を知ります。
それと同時に海底から浮かび上がる禍々しい古代遺跡。
ゾイガーも海中から飛び出し、日本の都市部も襲います。
各国はゾイガーに立ち向かいますが、戦闘力の差は歴然。
次々と戦闘機が撃ち落されてしまいます・・・

更にダイブハンガーに闇が侵食し、GUTSの面々も基地の撤退を余儀なくされます。
基地の職員達をアートデッセイ号に急がせる一方、
ダイゴは一人で闇と戦う決意を固めます。
前回ダイゴがウルトラマンティガである事を確信し、共闘したレナ。
そして今までの戦いを通じてダイゴがティガであると感じていたイルマ隊長の2人に見送られ、
ダイゴはスパークレンスで変身!
ウルトラマンティガとなり、浮上した古代遺跡へと急ぎます。

ダイブハンガーを捨てねばならない辛さ、
ゾイガーの襲撃を受け非難する人々、
海底遺跡の調査中に潜水艦内に閉じ込められたシンジョウとホリイ、
様々な想いが交錯する中、遂に海底神殿より邪神ガタノゾーアがその姿を現します。
たった一人でその前に立ち塞がるウルトラマンティガ。
しかし海上での戦いの上に、辺りには闇が立ちこめた圧倒的に不利な状況。
人々もTVのアナログ回線を通じて、この戦いを見守っています。
触手攻撃に苦戦しながらも、パワータイプにチェンジし反撃開始。
しかしその怪力や光線技の全てが通用しません。

点滅が早まるカラータイマー。
それを察したのかガタノゾーアは触手でティガの身動きを取れなくし、
ティガの体を光線で貫いてしまいます。
全ての力を失い、石化するウルトラマンティガ。
勝ち誇ったかの様な雄叫びを上げ、ガタノゾーアは石化したティガを海底に沈めてしまいます。
思わず「ダイゴー!!」と叫ぶレナ、TPCの面々もティガの正体を悟りましたが、
石像になったティガは虚しく海底に沈んでいくばかり。
人類の希望、ウルトラマンティガはもう居なくなったのか。
世界は闇に覆われて滅亡してしまうのか・・・
ウルトラマン列伝 ガタノゾーア

ウルトラマンティガ事実上の最終回前編という事もあり、
世界レベルの危機、GUTSの基地放棄、圧倒的な強さのラスボス、敗北するティガ、
と盛り沢山の内容になっていましたね。
この後の平成ウルトラシリーズでも終盤に世界の危機が訪れますが、
その先駆けとなったのがこのウルトラマンティガ。
ラスボスの尖兵怪獣が多数登場する所も後のシリーズに受け継がれていますね~

そして圧倒的な存在感を放つ邪神ガタノゾーアの素晴らしいデザインも魅力的です。
クトゥルフ神話の邪神や海洋生物を盛り込んだ上に、顔が逆さに付いているのも凄いですよね。
上半身だけでもティガを超える大きさですし、
何よりティガを石化させて海中に没させたシーンは当時衝撃を受けました。
この途方も無い強敵に人類とティガは打ち勝つ事が出来るのか。
次回のウルトラマン列伝は、いよいよウルトラマンティガ最終回の放送となります。

そういえば、
列伝内のCMでウルトラアクトのウルトラマンガイアとウルトラマンアグルの紹介がありましたね。
ガイアはいよいよ今週末発売という事で、非常に楽しみにしています。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|19:38

メカゴジラのお供が予約受付中

魂ウェブ商店にて、「S.H.MonsterArts(エス・エイチ・モンスターアーツ)」
の限定商品第2弾が予約受け付け中となっています。
http://p-bandai.jp/tamashiiwebshouten/item-1000012893

モンスターアーツ Gフォースガルーダ
今回はイベントでも展示されていた、メカゴジラと合体可能な「ガルーダ」が商品化決定。
ゴジラvsメカゴジラの劇中ではラドンを相手に奮闘し、
メカゴジラと合体してスーパーメカゴジラへとパワーアップさせる役割を果たした対G兵器として活躍。
以前のゴジラ用エフェクト&東宝特撮兵器セットと加えると、
早くもG-フォースの超兵器が充実してきましたね~

付属品は専用台座やガルーダの光線エフェクトパーツだけではなく、
メカゴジラと合体させる為の専用パーツやメカゴジラの必殺武器である「Gクラッシャー」までもが付属。
メカゴジラを買う予定の方は是非とも必要なセットとなるのではないでしょうか。

現在の所、残る試作品はバーニングゴジラ、スペースゴジラ、モゲラの3体。
次のイベントで、それ以降に商品化するかもしれないキャラクターが色々と展示されそうですね。
このままVSシリーズ中心でやるのか、それ以外のシリーズのキャラクターも投入するのか、
ゴジラ以外のシリーズから抜擢するのか。
私は今後も注目して行きたいと思います。

さて、明日はウルトラマン列伝の放送日。
ウルトラマンティガ最後の戦いの前編となります。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(7)トラックバック:(0)|00:56

クレヨンしんちゃんグッズ色々

先日春日部にて、クレヨンしんちゃんのグッズを少しだけ購入してきました。
基本的にはララガーデン春日部内にある、
「ゲーセンクレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶブリブリシネマスタジオ」で買ったものになります。
春日部旅行記はこちらからどうぞ
クレヨンしんちゃんの住む街、春日部 前編
クレヨンしんちゃんの住む街、春日部 後編&熱海など

クレヨンしんちゃん チョコビ
まずはクレしんの名物お菓子、「チョコビ」です。
こちらは全国のお菓子売り場等でも見かける事が出来ますね。
しんのすけの大好物としても知られていますが、
こうやって本物のお菓子として商品化された時は驚いたものです。
(今まで数社から販売されており、バリエーションも時期によって違ったり)
現在販売されているのは画像のものとなっており、
劇中ではコアラのマーチの星型版といった感じでしたが、
こちらはチョコレートで味付けをしたスナック菓子として商品化されています。
(味もチョコの他に数種類存在)
オマケとしてご当地しんちゃんシールが1枚封入されており、私は日本列島が当たりました。
大当たりはぶりぶりざえもんのストラップが封入されているそうですが、何時の日か当ててみたいものです。

クレヨンしんちゃん しんのすけ フィギュアマスコット
こちらはシネマスタジオの限定品である、ミニフィギュアマスコットです。
シネマスタジオの看板通り、監督に扮したしんのすけのデザインで商品化されていますね。
しかし立体物だから可能である、真正面から見るしんのすけは何とも言えない表情ですねw

クレヨンしんちゃん ス・ノーマン・パー フィギュアマスコット
ミニフィギュアマスコットは2種類存在し、もう1種類は何とス・ノーマン・パー!
普通ならぬいぐるみ等と同じくシロをチョイスする所でしょうけど、
まさかのス・ノーマンを抜擢した所にビックリ。
シネマスタジオだけに、映画キャラクター代表という所でしょうか。
ス・ノーマン・パーは映画「ヘンダーランドの大冒険」で初登場し、
その巧妙な手口で劇場に観に来た小さな子供を恐怖のドン底に叩き込んだ張本人として有名ですが、
見た目の解り易さやそのインパクトのあるキャラクターが受け、
後にTVシリーズ等で度々再登場(と言っても別人扱いで喋らない)する人気キャラクターとなりました。
他媒体にまで影響を与えた映画キャラは、このス・ノーマンと吹雪丸ぐらいかも?
(「雲黒斎の野望」に登場した吹雪丸は、後に劇中の漫画作品の主人公として何度も登場)

クレヨンしんちゃん ス・ノーマン・パー フィギュアマスコット 0
ちゃんとおしりにある「パー」の手袋もしっかり再現されています。
小さいながら、細かい作りに関心。

クレヨンしんちゃん すげ~なすげ~ですトランプ
こちらもシネマスタジオ限定品である、「すげ~なすげ~ですトランプ」です。
もう絵柄とかを見れば一目瞭然、こちらもヘンダーランドの大冒険に登場するキーアイテム、
「スゲーナスゴイデス」のトランプをモチーフとしたファンアイテムとなっています。
名前が違うので、呪文を叫んでも魔法は使えませんw

クレヨンしんちゃん すげ~なすげ~ですトランプ 0
トランプの裏面は、劇中にかなり似せたデザインになっています。
ちなみにエースがしんのすけ、ジャックがひまわり&シロ、クイーンがみさえ、
キングがひろしのデザインになっています。
その他のカードはヘンダーランドのマスコットキャラクター、ヘンダーくんが担当。
オマケとしてトッペマ・マペットデザインのカードも1枚付属しています。

クレヨンしんちゃん すげ~なすげ~ですトランプ 1
劇中で最も印象的だった「ジョーカー」のカードも再現されています。
ボスキャラであるオカマ魔女「マカオとジョマ」の命の源であり、
呪文を唱えるとトランプの精「スゲトラちゃん」が色々と解説してくれる優れもの。
終盤のこのカードを巡る攻防戦はクレしん映画史上屈指の爆笑シーンですよねw
ちなみにトランプなので、当然ジョーカーは2枚封入されています。

やはりクレヨンしんちゃんのテーマパーク(と言ってもゲームセンターですが)だけに、
ヘンダーランドをモチーフにしたグッズが目立ちますね~
他にもシネマスタジオ限定のぬいぐるみやクッション等もクレーンゲーム内に設置してありました。
歴代映画をモチーフにしたシール等もありましたかね。
以前の記事でも言いましたが、やはりファンなら一度訪れて損は無い空間になっているので、
近場の方はグッズ目当てに立ち寄ってみるのも良いかもしれません。


ヘンだヘンだよ ヘンダ~ランド~♪
嘘だと 思うなら チョイとお・い・で~♪

映画公開当時、耳から離れない魔力があったテーマソング


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(6)トラックバック:(0)|00:01

キラーザビートスター 予告映像&冒頭数分配信

今年のオリジナルDVD&ブルーレイ作品である
「ウルトラマンゼロ外伝 キラーザビートスター」ですが、
公式にてウルトラマンゼロ、ミラーナイト、グレンファイヤー、ジャンボット、
エメラナ姫等が登場する本編映像の冒頭数分間が配信されています。
http://dbeat.bandaivisual.co.jp/bambino/zero_gaiden/

カイザーベリアル率いるベリアル銀河帝国との戦いから1年後のストーリーという事で、
ウルティメイトフォースゼロの面々も更に生き生きしているのが伝わりますね。
(グレンファイヤーの寝坊や、ミラーナイトの身だしなみのチェック等ツッコミ所満載ですがw)
一足先にエメラナ姫と再会しているジャンボットでしたが、
突如出現した天球に囚われてしまい、そのまま天球ごと消滅してしまう所で映像が終了。

予告編はyoutubeのウルトラチャンネルでもアップされています。

ZAPのレイ&ヒュウガ船長が毎度お馴染みの騒動に巻き込まれる所から始まり、
アロハシャツを着込んだ休暇中のクマノという凄い画も登場していますw
天球内の荒地にそびえ立つ無数のキングジョー&インペライザー軍団。
エメラナ姫と出会う二人、そしてロボット怪獣に立ち向かうレイのゴモラ。
エースキラーを吹っ飛ばすグレンファイヤー、キングジョーを蹴るミラーナイト、
キングジョーを切り裂くウルトラマンゼロ、赤き眼となり支配されているジャンボット。
ビートスターが生み出した最強のロボット兵器ジャンキラー。
救援に向かうゾフィー、ウルトラマン、ウルトラセブン・・・等と見所満載になっていますね。
ビートスターやジャンキラーの声も今回が初露出となっています。

プレビュー版の映像より、更にCG等が追加されて中々良い画面になっていて驚きました。
天球内はゼロ達の力を奪う濃霧が立ち込めており、常に霧がかかった様な風景になっているそうです。
音楽も機械の星という事で、
シンセサイザーによる無機質なものにしたとアベユーイチ監督が語られていましたね。

そして今回初出になる映像で一番気になった場面はこちら。
キラーザビートスター バット星人
炎の中に浮かぶ不気味な宇宙人のイメージ。
これはどう見ても映画「ウルトラマンサーガ」に登場予定のバット星人ですよね。
今回のOVも映画とリンクするそうですが、
やはりビートスターの背後に存在する黒幕はこのバット星人なのでしょうか。
設定上、次元を超える技術を持ち合わせているのは確かですし。

全ての有機生命体を抹殺するプログラミングを受けているビートスター。
このマシーンの目的や、エメラナ姫の言葉により揺れ動くジャンキラーが本作の見所となっているそうです。
前編は来月末発売という事で、早く手元にソフトが届いて欲しいですね~

<オマケ>
本日午後6時より、BSジャパンにて「ウルトラマン列伝」の放送が開始します。
http://m-78.jp/news.php?id=1173
いきなりウルトラマンゼロVSダークロプスゼロ編からとなりますが、
ようやく列伝を全国で見る事が出来ますね~


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(6)トラックバック:(0)|00:27

ウルトラ怪獣DVDコレクション ガラモン

ウルトラ怪獣DVDコレクションの最新号を購入しました。
今回はウルトラQの人気怪獣、隕石怪獣ガラモンの特集号となっています。

ウルトラ怪獣DVDコレクション ガラモン
DVDの内容はウルトラQ第13話「ガラダマ」、
第16話「ガラモンの逆襲」の2話を収録しています。
特典映像では総天然色ウルトラQの「ガラダマ」の映像や、
ウルトラマンのピグモン、ウルトラマンコスモスのミーニン&ガモランを紹介しています。

書籍部分の内容は
・ガラモン(ガラダマ・モンスター)特集
・ガラモン(再登場個体)&セミ人間特集
・ガラモンの誕生
・品田冬樹さんが語る、造形物としてのガラモン
・ガラモンエピソードガイド
・その後のガラモン
(ウルトラマンコスモスよりミーニン、ガモラン、ガモランⅡ、
ウルトラQ ~dark fantasy~よりガラQ、ガラゴン、セミ女、ガラゴン2号)
・ピグモンの系譜
(ウルトラマン、アニメちゃん、ウルトラマンパワード、ウルトラマンマックス、
大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE、シュシュトリアンより)
・佐々木明氏のインタビュー記事
・ガラモン解剖図解
・ガラモンの倒し方
・少年時代の身近なガラモン
・ウルトラQプラモデル最新研究
となっています。

ピグモンの系譜ではウルトラシリーズ以外からも紹介される等、かなりマニアックな趣向にw
しかし改めてガラモンを見ると魚の様な顔付きで手足が骨、
体中にヒレがあるのにロボット怪獣という個性の塊の様な存在ですね。
セットを広く見せる為にスーツそのものをかなり小さく作ったそうですが、
その小ささや愛嬌のある表情&仕草などがとても可愛いキャラクターに映り、
ピグモンという名キャラクターが誕生したそうですね。
侵略ロボット兵器がマスコットキャラクターに上り詰めるなんて、
後にも先にもこのガラモンぐらいではないでしょうか。

次回はウルトラセブンを代表する強敵宇宙人、ガッツ星人の特集号となっています。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|19:57

ウルトラマン列伝 第15話

ウルトラマン列伝 タイトル
本日、第15話が放送されました!
第15話 「ウルトラマンマックス誕生!たおせ2大怪獣!!」
ウルトラマンマックス第1話「ウルトラマンマックス誕生!」の内容を放送しました。

時は21世紀、環境破壊が進んだせいで自然界のバランスが崩れ、
突如火山を切り崩して怪獣が登場した所から物語はスタートします。
火山から出現したのは、溶岩怪獣グランゴン!
その名の通り体内に溶岩を宿した4足歩行の怪獣で、
出現するや否や何かに引き寄せられる様に進撃を開始します。
その先には火山災害で逃げていた人々が居るキャンプ地があり、
そこに「トウマ・カイト」という青年が人々を助ける活動をしていました。
彼は人々を逃がす為に躍起になりますが、そこにチームDASHが駆けつけ冷凍弾でグランゴンを凍らせ、
ダッシュバードの攻撃で粉々に砕き撃破する事に成功します。

DASHのミズキ隊員から無謀な行動を咎められるカイト。
しかしカイトは自分なりの信念に基いて行動しているのだと語ります。
しかし、その直後2体目の怪獣が海より出現します。
その名は冷凍怪獣ラゴラス!
海岸沿いの街を破壊しながら進撃するラゴラス。
この怪獣もまた、何かに引き寄せられている様です。
一方、火山が噴火し溶岩が溢れ出ますが、その溶岩に触れたグランゴンの破片が再び合体。
元の姿を取り戻し、再び進撃を開始します。
そしてグランゴンとラゴラスは惹かれ合う様にお互いを目指し、ついに山林部で激突!
お互いを倒そうとしてこの怪獣は出現していたのでした。

両者の激突を阻止しようとDASHも攻撃を開始しますが、あまり効果は無い様子。
撃墜されたダッシュバードからミズキを救出したカイトは、
自分は昔DASHの試験を受けて落ちた事があると明かします。
戦闘機の操作方法もその時知っており、引き止めるミズキを他所に飛び立つカイト。
しかし、怪獣の攻撃を受け急降下してしまいます。
それを助けたのは突如宇宙より飛来した赤い球体。
その中に居た宇宙人は、カイトにアイテムを渡し自分と一心同体になる事を諭します。
そしてカイトはみんなを救う為に、マックススパークを使い変身!

地球上に初めてウルトラマンマックスが登場です。
突如出現した赤い巨人は2大怪獣に攻撃を仕掛け、大ダメージを与えます。
この攻撃に一時的に協力関係になった2大怪獣は同時に攻撃を仕掛けてきますが、
マックスは物ともせず必殺技のマクシウムカノン1発で両者を撃破!
怪獣を倒したマックスは、人々の声援を受けながら空へと飛び去るのでした・・・
今回の活躍(と言っても無謀ですが)を受け、正式に入隊が決まったカイト。
新たなる職場で、人々を救う為に彼のDASH隊員としての人生が始まったのでした。
ウルトラマン列伝 ラゴラス、グランゴン

ウルトラマンネクサスの後を受け、アクの強い強豪怪獣と戦う強いヒーローとして創造されたマックス。
最強!最速!というキャッチコピー通り、この第1話ではかなりの強さを見せ付けてくれました。
しかし今後話が進むにつれ、敵も最強!最速!レベルのキャラが多くなってくるのが凄い所ですw
登場キャストも、今見ると結構豪華なんですよね~
黒部さんや桜井さんがレギュラーで出たのも当時驚きました。
(その翌年、ウルトラマンメビウスでハヤタが復活したのはもっと驚きましたw)
金子監督が手掛けているだけに、王道な怪獣モノとして楽しめた第1話。
今後はストーリー部分も良作が続出して行くので、
そういったエピソードも列伝内で取り上げて欲しいですね~

次回より2週に渡り、ウルトラマンティガ最終章を放送予定です。
ゾイガーやガタノゾーアが世界各地に多大な被害を与え、
ティガも絶体絶命のピンチに追い込まれてしまう緊迫したストーリーとなっています。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|19:22

クレヨンしんちゃんの住む街、春日部 後編&熱海など

では、昨日の記事に続いて関東への小旅行レポートの後編です。
ララガーデン春日部内の、
「ゲーセンクレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶブリブリシネマスタジオ」へと入ります。
(画像はクリックすると拡大します)
クレヨンしんちゃん 春日部 ブリブリシネマスタジオ i クレヨンしんちゃん 春日部 ブリブリシネマスタジオ j クレヨンしんちゃん 春日部 ブリブリシネマスタジオ k
クレヨンしんちゃん 春日部 ブリブリシネマスタジオ l クレヨンしんちゃん 春日部 ブリブリシネマスタジオ m クレヨンしんちゃん 春日部 ブリブリシネマスタジオ n
クレヨンしんちゃん 春日部 ブリブリシネマスタジオ o クレヨンしんちゃん 春日部 ブリブリシネマスタジオ p クレヨンしんちゃん 春日部 ブリブリシネマスタジオ q
クレヨンしんちゃん 春日部 ブリブリシネマスタジオ r クレヨンしんちゃん 春日部 ブリブリシネマスタジオ s クレヨンしんちゃん 春日部 ブリブリシネマスタジオ t
クレヨンしんちゃん 春日部 ブリブリシネマスタジオ u クレヨンしんちゃん 春日部 ブリブリシネマスタジオ v クレヨンしんちゃん 春日部 ブリブリシネマスタジオ w
クレヨンしんちゃん 春日部 ブリブリシネマスタジオ x クレヨンしんちゃん 春日部 ブリブリシネマスタジオ y クレヨンしんちゃん 春日部 ブリブリシネマスタジオ z
これで全てではありませんが、
ゲームセンター内には至る所にクレヨンしんちゃんの映画キャラクターの看板が設置されていました。
クレーンゲームの景品の取り方解説や、両替機に至るまでクレしん尽くし。
それぞれの映画を解説したPOPも壁に貼ってありました。
第1作目の「アクション仮面vsハイグレ魔王」から、
第16作目の「ちょー嵐をよぶ 金矛の勇者」までの16作品を主に展示してありましたね~

内部にあるアーケードゲームは基本的にゲームセンターによく置いてある様なものが中心ですが、
ここでしか遊べない特別ゲームも存在します。
クレヨンしんちゃん 春日部 ブリブリシネマスタジオ 0
こちらは「栄光のヤキニクとばしゲーム」。
よくある射的の様なゲームになっています。

クレヨンしんちゃん 春日部 ブリブリシネマスタジオ 1 クレヨンしんちゃん 春日部 ブリブリシネマスタジオ 2
続いて「爆発!温泉わくわく大決戦」をモチーフにしたモグラ叩きゲーム。
こちらはモグラの代わりに、劇中で大暴れした巨大ロボットであるモグラロボを叩くゲームに。

クレヨンしんちゃん 春日部 ブリブリシネマスタジオ 3 クレヨンしんちゃん 春日部 ブリブリシネマスタジオ 4
限定グッズ売り場は、ふたば幼稚園のネコ型バスの形になっています。
この側面では、タッチパネル式のパズルゲームが遊べます。

クレヨンしんちゃん 春日部 ブリブリシネマスタジオ 5
メインスクリーン付近では、野原一家の等身大像が設置。
撮影スポットにはもってこいの場所ですね。

クレヨンしんちゃん 春日部 ブリブリシネマスタジオ 6
「電撃!ブタのヒヅメ大作戦」の劇中を思い起こさせる、
しんのすけとぶりぶりざえもんの「男らしい対決」のブロンズ像ですw

クレヨンしんちゃん 春日部 ブリブリシネマスタジオ 7
こちらはメインスクリーンの両脇にある、「最優秀ブリブリ賞」の黄金像。

クレヨンしんちゃん 春日部 ブリブリシネマスタジオ 8
ボーちゃんをモデルとした、「ボスカーぞう」もあります。

クレヨンしんちゃん 春日部 ブリブリシネマスタジオ 9 クレヨンしんちゃん 春日部 ブリブリシネマスタジオ 99
クレヨンしんちゃん 春日部 ブリブリシネマスタジオ 999 クレヨンしんちゃん 春日部 ブリブリシネマスタジオ 9999
アクション仮面の手形、カンタム・ロボの足型、しんのすけの尻型、ひまわりの手形、
みさえの手形、ひろしの足型、シロの手足の型、ぶりぶりざえもんの鼻と足の型です。
みさえの手形に血管マーク、ひろしの足型に臭いマークがあるのが細かいですねw

クレヨンしんちゃん 春日部 ブリブリシネマスタジオ 小道具 クレヨンしんちゃん 春日部 ブリブリシネマスタジオ 小道具0 クレヨンしんちゃん 春日部 ブリブリシネマスタジオ 小道具1
個人的に一番感動したのが、劇中に登場した様々な小道具を立体化し、再現したこの展示物達でしょう。
まさかアニメに登場したものを実際に見る事が出来るなんて・・・

アクション仮面vsハイグレ魔王より、「アクション仮面カード №99」
ブリブリ王国の秘宝より、しんのすけが持っていた方の黒い「結びの鍵」
雲黒斎の野望より、オタスケ機能がある赤い「タイムスーツ」
ヘンダーランドの大冒険より、「トッペマのゼンマイネジ巻き」
暗黒タマタマ大追跡より、「伝説のジャークの珠」
電撃!ブタのヒヅメ大作戦より、電脳世界へ行く事が出来る「大銀杏ヘルメット」
爆発!温泉わくわく大決戦より、全ての事件の元凶である「彩の湯 下駄箱 3番板鍵」
嵐を呼ぶジャングルより、パラダイスキングの「星型のサングラス」
嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲より、ひろしが欲しがった万博の「迷子ワッペン」
嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦より、しんのすけが貰った小刀「右手指」
嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロードより、洗脳装置である「熱海・サイ子」
嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズより、「ヒーローパンツ」
伝説を呼ぶ ブリブリ3分ポッキリ大進撃より、「ぶりぶりざえもんの絵」
伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴより、「幸運のサンバホイッスル」
嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!より、「ケツだけ星人が落とした爆弾」
ちょー嵐を呼ぶ 金矛の勇者より、「封印されたマタ(下敷き)とマタの帽子」
以上が展示物となっています。

クレヨンしんちゃん 春日部 ブリブリシネマスタジオ 臼井先生サイン
レジカウンター内には野原一家の住民票と、
原作者である故・臼井義人先生のサイン入り色紙が飾られています。
臼井先生、貴方は亡くなるにはあまりにも早すぎましたよ・・・

以上がブリブリシネマスタジオのご紹介となります。
ファンなら一度は是非訪れて下さいませ・・・


そして春日部を満喫し、電車や新幹線を乗り継いで静岡県熱海市へと到着しました。

ここは映画「嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード」の終盤の舞台となった観光地で、
春日部市と同じく一度は行ってみたかった場所なので、ただただ感激している自分が居ましたw
怪獣ネタだと、「キングコング対ゴジラ」でも終盤の舞台になっていますね~
(ガッパでも登場しています)
クレヨンしんちゃん 熱海 クレヨンしんちゃん 熱海 0
熱海駅を出てすぐ右手に見えるのが「平和通り名店街」と呼ばれる商店街です。
ここもヤキニクロードで何度か登場している場所ですね。
ラストでしんのすけが夕食を食べたがっていた洋食店らしき場所もちゃんとあります。
(当然ながら、メニューは違いましたけどw)

クレヨンしんちゃん 熱海 1
坂を下り続けると海岸沿いに出ます。
久々の海だったので記念に1枚。
初島もぼんやり見えていますね。

クレヨンしんちゃん 熱海 2
温泉が多いので、もやがかかった様な山並みと景色がたまりませんでした。
思えばこういう観光地に来た事自体がかなり久しぶりのような気がします。

クレヨンしんちゃん 熱海 3
丁度夕暮れ時だったので、景色の綺麗さも5割り増しでした。
ヤキニクロードでも夕方辺りに到着していましたしね。

クレヨンしんちゃん 熱海 4 クレヨンしんちゃん 熱海 5
クレヨンしんちゃん 熱海 6 クレヨンしんちゃん 熱海 7
劇中でひまわりを抱いたひろしとシロが駆け回った様々な場所です。
恐らく元になったであろうという憶測で撮っていたのですが、
何箇所かは解らなかったのでこれで全部ではありません。
それらしい場所はたくさんあったのですが・・・

クレヨンしんちゃん 熱海 8
スウィートボーイズ熱海の本社ビルへと続くロープウェイは、
この秘宝館へと続くロープウェイがモデルになっていると思われます。
劇中だと、本社ビルは熱海城の辺りに位置していたような記憶がありますね。
しかしロープウェイの施設に何でドンチャックのイラストが・・・w

ちなみに劇中で、
スウィートボーイズの社員達を野原一家が蹴散らしまくった場所は実際にはありません。
その場所に位置する所は、個人ヨットなどが停泊する場所になっていますからね。
しんのすけが自転車で下ってきた長い坂道も恐らく無かったんじゃないかと思われます。

キングコング対ゴジラ 熱海
小さいですが、山の上に見えるお城が熱海城となっています。
ここをキングコングとゴジラが破壊しまくっていましたねw

キングコング対ゴジラ 熱海0
両者がもつれ合い、海に落下した現場はこの辺りなんでしょうか。
このホテルも見覚えありますね~

観光も済ませ、熱海の山間にある小さなホテルで一泊しました。
温泉もありましたし、良い所でしたね~
翌日、再び東京へと向けて出発。
帰宅前に、渋谷駅周辺を一通り歩いて周りました。

渋谷
ハチ公の銅像がある付近です。
ガメラ3ではハイパーギャオスを倒す為に吐いたプラズマ火球のせいで、
この一帯がとんでもない事に・・・

渋谷0
「ゴジラ×メガギラス G消滅作戦」では水道管を破壊したメガヌロンのせいで、
この一帯が完全に水没。
ビルの外壁では無数のメガヌロンが羽化し、メガニューラへと成長を遂げていました。

渋谷1
幼虫から羽化したメガギラスは、この109(実際にはそれを模した架空のビル)を破壊しています。
新宿に負けず劣らず、この渋谷も怪獣に縁の深い場所でした。

この後飛行機で大阪へと帰宅。
小旅行は終わりとなりましたが、「行って良かった」と素直に思えました。
また機会があれば熱海や春日部を訪れてみたいものです。

さて、明日はウルトラマン列伝の放送日。
ウルトラマンマックス第1話の内容を放送予定です。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(7)トラックバック:(0)|20:24

クレヨンしんちゃんの住む街、春日部 前編

今回の記事は、先日の小旅行の模様をお送り致します。
当ブログのメインである、ウルトラマンや怪獣ネタ成分はほとんどありませんのでご了承下さいませ。

私が小さな頃から大好きだった漫画&アニメ作品である「クレヨンしんちゃん」ですが、
その主な舞台として設定されているのが「埼玉県春日部市」だというのは有名ですよね。
(最初の頃などは春我部市という架空の街でしたが、一時期より春日部市に統一されています)
クレヨンしんちゃんを見る度に、ここはどういう所なんだろう、行けばしんのすけ達に会えるのだろうか、
等と子供ながらに考えた事も度々ありました。

しばらくクレヨンしんちゃんから離れた時期もありましたが、
再び作品の良さに気付き漫画やDVD等を少しずつ集める様になり、
その再燃したクレしん熱を受け「一度は春日部に行ってみたいな~」と再び考えるようになりました。
そしてつい先日、関東方面に小旅行に行く事が出来る様になったので、
初めて埼玉県春日部市に行ってみようと思い立った訳です。

まずは大阪から深夜バスで向かい、朝には埼玉新都心に到着。
大宮で乗り換え、念願の春日部市・・・の前に武里駅にまずは降り立ちます。
何故武里かというと、ここにはクレヨンしんちゃんらしい施設が存在するからでした。
(画像はクリックすると拡大します)
クレヨンしんちゃん 春日部 a
日本有数の巨大団地群であるこの武里団地内に、「武里ふたば幼稚園」という幼稚園が存在します。
もうお気付きの方も多いでしょうが、
アニメの劇中に登場するしんのすけ達が通っている「ふたば幼稚園」の名前と全く同じなんですよね。
(原作漫画ではアクション幼稚園ですが、どちらにせよ掲載雑誌名や双葉社から取ったネタです)
ここが劇中のふたば幼稚園のモデルという訳ではありませんけど、
この名前を見るとやはり行っておくべきだろうと思った訳です。
ふたば幼稚園の明確なモデルは恐らく無く、
この近辺の幼稚園のイメージを総合したものなんじゃないかな~と勝手に思っていますが、
実際の所はどうなんでしょうね?
幼稚園の制服も劇中と結構似ていると感じましたが。

そして再び電車に乗り、今度こそ春日部駅に到着。
念願の春日部の地に降り立つ事が出来ました。
クレヨンしんちゃん 春日部 b クレヨンしんちゃん 春日部 c
春日部か~、いや~懐かしいぜェ~。初めて来たけどな、ハハハハハ!!
と春日部駅に到着したス・ノーマン・パーの言葉を思い出してしまいましたw
ここも劇中と比べると細部が違いますが、間違いなく同じ春日部駅である事を実感しました。
この駅は劇中で頻繁に登場する場所だけに、クレヨンしんちゃんの街にやって来たんだなぁ~と感動。
ちなみにここは西口になります。

クレヨンしんちゃん 春日部 d
そして目の前のビルの上には、しんのすけとシロが目立つ看板が!
「オラの街 春日部!!」という文字と原作漫画から取ったイラストに再び感動ですw
他にも街の案内表やお店の飾り等、様々な場所でしんのすけ達を見かける事が出来ました。
姿こそ見えなくても、間違いなく野原一家はこの街に住んでいるんでしょうね~

そして携帯でMAPを見つつ、劇中で頻繁に登場した場所を探索。
まずは東口を出た川沿いにある、大きなデパートからです。
クレヨンしんちゃん 春日部 e
「ロビンソン百貨店」という大型店舗ですが、
よくみさえが買い物に行く「アクションデパート」はこの春日部店がモデルとされています。
中にはみさえ等の主婦が好きそうな洋服などがズラリと揃っていました。

西口を出てすぐ右側にはみさえとしんのすけがよく買い物をしてそうな商店街があり、
その奥にもお馴染みの場所が存在します。
クレヨンしんちゃん 春日部 f
一見何処にでもある「イトーヨーカドー」の店舗ですが、
こここそ劇中でよく出てくる「サトーココノカドー」のモデルになった場所です。
映画「嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」では、
この内部でしんのすけ達かすかべ防衛隊とオトナ帝国隊員の追いかけっこが繰り広げられていましたね~
内部は勿論、普通のイトーヨーカドーでしたw

西口正面の大通りを真っ直ぐ進むと、春日部市の市役所があります。
ここにもクレヨンしんちゃんスポットがありました。
クレヨンしんちゃん 春日部 g
「オラも春日部 好きだゾ!」とクレヨンしんちゃんの看板が内部に設置。
春日部の歴史や名産品などに囲まれて存在するのが本当に凄い事だと思います。

クレヨンしんちゃん 春日部 h クレヨンしんちゃん 春日部 i
更にぬいぐるみや臼井先生の描かれた複製原画も展示されています。
シロとの初めての出会いなど、かなり初期のお話ですね。
この市役所内では野原一家の住民票も販売されている等、ファンなら訪れて損は無い場所だと思います。

西口を出て左側に進むと、ここにも大型ショッピングモールが存在します。
クレヨンしんちゃん 春日部 ブリブリシネマスタジオ
「ララガーデン春日部」と呼ばれるこの場所は、「ババガーデン」という名前で劇中に登場しています。
この中には「ゲーセンクレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶブリブリシネマスタジオ」と呼ばれる場所が存在し、
内部はクレヨンしんちゃんの様々な映画をモデルにしたゲームセンターになっています。
大規模なものではありませんが、ここもファンなら訪れて損は無い場所となっていました。

クレヨンしんちゃん 春日部 ブリブリシネマスタジオ a
シネマスタジオの入り口には巨大看板などが目白押し。
野原ひろし、みさえ、ひまわり、シロが「野原一家、ファイヤー!」のポーズでお出迎え。

クレヨンしんちゃん 春日部 ブリブリシネマスタジオ b クレヨンしんちゃん 春日部 ブリブリシネマスタジオ c
脇にも映画に登場した様々なキャラクターが存在しました。
横にあるTVでは歴代映画の予告編が流されています。

クレヨンしんちゃん 春日部 ブリブリシネマスタジオ d
監督の姿をしたしんのすけがメイン玄関の上に居ました。
両脇にはシロも。

クレヨンしんちゃん 春日部 ブリブリシネマスタジオ e
風間くん、マサオくん、ボーちゃん、ネネちゃん、とお馴染みのかすかべ防衛隊の面々も。

クレヨンしんちゃん 春日部 ブリブリシネマスタジオ f
映画「爆発!温泉わくわく大決戦」の最終決戦で変身した、
温泉戦隊野原一家のコスチュームも展示。
元がアニメ映画だけに、わざわざ展示用に作ったのかと驚きと同時に笑ってしまいましたw
マネキンに着せてあるので、恐らくサイズさえ合えば着用も可能だと思われます。
敵のドクターアカマミレはこの姿を見て、「出来損ないの漫画みたいな格好」と評していたのを思い出します。

クレヨンしんちゃん 春日部 ブリブリシネマスタジオ g
映画「伝説を呼ぶブリブリ3分ポッキリ大進撃」に登場した怪獣達の姿も。

クレヨンしんちゃん 春日部 ブリブリシネマスタジオ h
しんのすけがピンチになると現れる、
アクション仮面、カンタム・ロボ、ぶりぶりざえもんの「3大ヒーロー」の姿もありました。
私は映画やTVスペシャルでこの3人が出る回は大のお気に入りで、
毎度裏切ってはアクション仮面とカンタムロボに罵声を浴びせられボコボコにされるぶりぶりざえもん、
という黄金パターンは何度見ても笑ってしまいますw

シネマスタジオの外観はこんな感じになっていました。
次回の記事では内部の模様などもレポートしたいと思います。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(8)トラックバック:(0)|20:59

ウルトラ怪獣シリーズ 10月分新作その2

昨日のキリエロイドⅡに続き、
今月発売のウルトラ怪獣シリーズの新作ソフビ人形をご紹介します。
もう一つの新作は、児童誌のデザインコンテスト最優秀賞作品を立体化となりました。

ウルトラ怪獣シリーズ ファイヤーゼットン
ファイヤーゼットン
てれびくんを中心に小学館主導で行われた、
「ゼットンパワーアップアイデアコンテスト」の最優秀賞受賞作品です。
カブトザキラー、バキシマム、アンドロ・ザ・キラーメカバルタンに続く4体目が、
ゼットンを題材にした今年のデザインコンテストでした。
ゼットンの必殺技である1兆度の火球をイメージしたのか、
炎の力が加わってパワーアップしたゼットンというデザインになっていますね。
ゼットンでは珍しい明確な「眼」を持っていたり大きく垂れ下がった頭部の2本の角など、
従来のゼットンとは大きくイメージを変えている点もポイントですね。

ウルトラ怪獣シリーズ ファイヤーゼットン 0
大きな角の間は流石にソフビの金型状の関係か、頭部と一体に成型されています。
イメージを大きく変えている両腕もポイントの一つで、
右手は普通の5本指、左手は炎のディテールが刻まれている鎌状になっています。
腰は接着されているので、可動部分は両腕のみとなっています。

ウルトラ怪獣シリーズ ファイヤーゼットン 1
背面です。
背中の羽状の甲羅も小さく、そこから炎のようなトゲが生えていますね。
怪獣ソフビにしては珍しく、
彩色されている部分は全てメタリック調の色合いになっているのが豪華な印象を受けました。
しかし毎年デザインコンテストの怪獣は、
ソフビの造型や塗装のレベルが他のソフビより綺麗に作ってある印象を受けます。
やはり全国の子供から募集したデザインだけに、気合を入れて作っているのでしょうかね~

来年公開の映画「ウルトラマンサーガ」にもハイパーゼットンというゼットンの強化体が出演しますが、
それに先駆けてのファイヤーゼットン発売となりました。
ゼットン一族も、ウルトラシリーズ45周年という事で様々な方向からアプローチを試みている様ですw
こうなると試作段階で没になった、ゼットン2代目のソフビ人形も復刻してほしいですね~
来月も2体のソフビが発売予定です。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(10)トラックバック:(0)|19:22

ウルトラ怪獣シリーズ 10月分新作その1

無事、小旅行から帰宅しました~
楽しい数日間でしたが、その間に新情報も色々と来ているみたいですね。
しかしブログに書く事も溜まっているので、
そちらを消化し終えたらまたその辺りにも触れて行きたいと思います。

まずは本日発売となった、ウルトラ怪獣シリーズの新作ソフビ人形からです。
今月は待ちに待ったこのキャラクターです。

ウルトラ怪獣シリーズ キリエロイドⅡ
炎魔戦士 キリエロイドⅡ
ウルトラマンティガに敗れた精神生命体キリエル人が再び活動を開始し、
街中の人々の間に天使信仰(キリエル人=天使)を広めた上、
ウルトラマンティガこそ悪魔だと人々に信じ込ませるやり方で自分達こそ救世主だと訴えます。
そして天使の幻影やTVを通しての洗脳で天使ブームも頂点に達し、
キリエル人の世界と地球とを繋ぐ「地獄の門」を開き、
地球上に多数のキリエル人を呼び寄せようと企みます。
それを阻止しようと現れたティガに対し、再び巨大化したキリエル人の姿がこのキリエロイドⅡ。
顔がより凶悪な表情になり、更にティガに対抗してマルチタイプ、パワータイプ、
スカイタイプとタイプチェンジを遂げる能力も身に着けています。
その全ての能力がティガを上回っておりティガも大苦戦を強いられましたが、
人々から与えられた光を受けて立ち上がったティガに敗れ去っています。

ティガ放送から15周年記念となる今年、
ウルトラマン列伝の放送に合わせて遂にキリエロイドⅡがウルトラ怪獣シリーズの仲間入りを果たしました。
当時から「何で出ないんだ?」と思い続けていたキャラクターの1体だっただけに、
ようやく手に入れる事が出来て感動しましたw
完全新規造型の平成3部作キャラクター自体もかなり久々ですからね~

ウルトラ怪獣シリーズ キリエロイドⅡ 0
キリエロイドⅡの代表的な姿である、スカイタイプの姿で立体化されています。
白に近いクリーム色の成型色で表現されており、部分的に汚し塗装も入っていますね。
翼は胴体と一体成型になっており、可動するのは両腕のみとなります。
両腕のトゲも、成型の関係上他のトゲと繋がる形で表現されていますね。
しかし、何処からどう見ても「お前の方が悪魔だろ!」と突っ込みたくなるデザインですねw
非常にカッコイイ事に間違いはありませんが。

ウルトラ怪獣シリーズ キリエロイドⅡ 1
背面です。
一部模様がメタリックブルーのスプレーで表現されていますね。
ソフビの大きさは他の人型キャラより数ミリ小さい程度で、並べてもさほど違和感はありませんでした。
翼を含めると結構なボリュームとなっています。

今まで対決セットなどでしか商品化されていなかっただけに、
ようやく定番のソフビ人形で出た事にただただ感謝です。
まだまだ商品化されていない魅力的なキャラクターは山ほど存在するので、
何時かこのキリエロイドⅡの様にスポットを浴びて貰いたいですね~
ウルトラマンメビウスの暗黒四天王など、
エンペラ星人配下のキャラクターも放送終了後に脚光を浴びた事ですし。

次回の記事は同日発売のファイヤーゼットンをご紹介します。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|21:08

小旅行へと出発

何とか連休を確保出来たので、以前記事にて触れていた小旅行へと出かけてきます。
とりあえず土曜日まで仕事の事は忘れて、大いに楽しみたいですね。
さて、行き先はと言うと、夏のウルフェスに続いて再び関東方面へと行く予定になっています。
今回の行き先は3つ。

1つ目はそういえば行っていなかったあの場所、渋谷駅周辺です。
ゴジラやガメラなど怪獣映画で度々舞台になった印象的な場所でしたが、
東京に行く度に時間が無く、泣く泣く諦めていた場所でした。
ついでに個人的なお買い物も色々と考えています。

2つ目は関東有数の観光地、熱海です。
ここもキングコング対ゴジラの最終決戦の地であり、
単純に温泉で疲れを癒そうと思ったので今回行く事になりました。
そして下に記載している「とある作品」の映画の舞台になった場所でもありますしね~

さて、最後の3つ目は埼玉県・春日部市です。
幼い頃からある意味「最も行きたい場所」として私の中でランキング上位に居続けたこの街。
何故かと言うと、小さな頃から大好きだった漫画&アニメ作品である、
クレヨンしんちゃん」の舞台である街ですからね~
今回一番メインになるのがここかもしれません。
アニメや漫画の劇中で登場した様々な場所は実在のものを参考にしたり、
漫画などで独自に作っているそうですしそれを見比べて楽しもうかな~と思っています。
(私の様な隠れクレしんファンって結構居るのでしょうかね)

ちなみに熱海が舞台になったのは劇場版第11作目である、「嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード」です。
劇場版第7作目である「爆発!温泉わくわく大決戦」は巨大ロボットが春日部に向けて街を蹂躙する内容で、
非常に怪獣映画愛に溢れた作品なので春日部訪問も怪獣に縁があると言えるかもしれませんねw

ウルトラマン関連の話題はほとんど無い記事になるとは思いますが、
そもそもの目的は「日頃の疲れを癒そう」なのでそのお話にオマケが付いた程度の内容になるでしょう。
少しの間、ブログの更新もストップさせて頂きますのでご了承下さいませ。
では、行って参ります~


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(10)トラックバック:(0)|01:37

ウルトラマン列伝 第14話

ウルトラマン列伝 タイトル
本日、第14話が放送されました!
第14話 「大逆襲キリエロイド!ティガ絶体絶命!! 」

ウルトラマンティガ第25話「悪魔の審判」の内容を放送でした。
そして今回から2クール目に突入し、宮野真守さんが歌う新主題歌の「DREAM FIGHTER」に変更。
映像も完全に一新され、ウルトラマンゼロ、ウルトラセブン、ウルトラマンダイナ、ウルトラマンティガ、
ウルトラマンネクサス(アンファンス)、ウルトラマンマックス、ミラーナイト、ジャンボット、
グレンファイヤー、ウルトラマンメビウス等のウルトラ兄弟&ウルトラ戦士達が映像に居ましたね。
基本はウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国からの映像が中心でしたが、
色々と新規カットも多くて楽しめました。
目立っていたダイナ、ネクサス、マックスが第2クール目で目立つウルトラマンになるのでしょうかね~
曲自体もスピード感があってかっこよく、歌詞も平成ウルトラらしいものになっていて良かったです。

さて、ティガ本編は第3話「悪魔の預言」の続編となっており、
街に天使を待望する人々が溢れかえっている所からスタートします。
キリエル人が人々に天使(自分達の事)信仰を広めさせ、自分達が光臨する舞台作りをしているのでしょう。
イルマ隊長の母親も例外では無く、息子のともき君から助けて欲しいとせがまれます。
過去にイルマ隊長の夫が実験事故で死亡し、
息子とは忙しくて中々会えない等彼女の周りの話がより深く語られますね。
ダイゴとレナもイルマに会ってその事を話しますが、
そこに女性タイプのキリエル人がダイゴを挑発しに登場。
ダイゴに変身しろと迫りますが、ダイゴはそれを拒否します。

悪魔の預言に登場した男性タイプのキリエル人はTVを電波ジャックして再び登場し、
天使信仰をより広めようと企みます。
街には天使の幻影まで現れ、ウルトラマンティガこそ悪魔だと人々を洗脳。
キリエル人の世界と通じる巨大な「地獄の門」を空中に出現させ、
それを開放して自分達の仲間を地球に呼び寄せる事が今回の目的でした。
ダイゴもそれを阻止しようとティガに変身、キリエル人の男女もティガ出現を確認すると合体変身、
キリエロイドⅡとなりティガにリベンジ戦を挑みます。

より凶悪な顔になっただけでなく、格闘戦でもティガを圧倒するキリエロイドⅡ。
更にティガに合わせて全身の装甲を強化させ、パワータイプにチェンジ。
ここでもティガを圧倒してしまいます。
ならばとスカイタイプになり空中に飛び上がるティガでしたが、
それに対抗して背中に翼を生やして追撃するキリエロイドⅡ。
ここでもティガにスピードで勝利し、ティガは地面に叩きつけられてしまいます。
キリエロイドⅡは余裕の表情で門を開こうとしますが、
イルマ隊長はティガに光をあげようと行動を開始します。
それを見た街の人々も光を持ってティガの元に集まり、
更にともき君がPCでハッキングし、電圧を上げて街中を光で包み込みます。
その光を浴びたティガは復活。
キリエロイドⅡに猛攻撃を浴びせ、門ごとゼペリオン光線で爆破するのでした。

人々は天使を捨て、街は再び元通りに。
おばあちゃんが元に戻ったともき君はイルマ隊長と抱き合い、親子の溝も無くなった様です。
しかし捨てられた天使のグッズを拾う何者かの姿。
キリエル人は完全に死滅したわけではありませんでした・・・
ウルトラマン列伝 ゼロ、ティガ、マックス

ティガの中でも名作と呼ばれる話だけに、内容が盛り沢山でしたね。
イルマ隊長のプライベート、キリエル人のリベンジ、ティガを助ける為に立ち上がる人々・・・
ダイゴとレナの関係も深まる等、最終章への伏線も数多くありました。
キリエル人はこの後、最終章にてもう1度だけその姿を現す事となります。

さて、次回は大阪の再放送で記憶に新しいウルトラマンマックスが登場!
グランゴンとラゴラスの2大怪獣が登場する、第1話の内容を放送予定です。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|19:33

ウルトラQ怪獣がyoutubeに登場

昨日の記事にて新番組の「ウルトラゾーン」について触れましたが、
youtubeのウルトラチャンネルにて、ウルトラQ怪獣が活躍する新規動画がアップされていました。
(アップされたのは結構前になりますが、改めてご紹介を・・・)
総天然色ウルトラQのプロモーション的な役割を果たすと同時に、
ウルトラゾーンもコントパートはこんな感じに仕上がるのでは?と思わせられる動画になっています。


1つ目は「全力ケムール坂」。
ケムール人がひたすら上り坂を疾走するというシュールな動画になっていますw
ケムール人のスーツはアトラクションショー等でよく見るやつですね。


2つ目は「ウルトラQファイト」。
タイトル通り、ウルトラファイトまんまの内容になっています。
ゴメスとガラモンが結構ガチでバトルしているのが笑いを誘いますねw
効果音などもちゃんとQの本編通りになっている辺りが細かいです。
こちらも、スーツはアトラクション用のものになっています。


最後の3つ目は「ぶらりカネゴンの旅」。
祖師ヶ谷大蔵にある、ウルトラマン商店街をカネゴンが紹介する内容になっています。
ウルトラマン関連のモニュメントや、限定商品などを軽くご紹介。
カネゴンのスーツは動画「カネゴン」やイベントでよく見かけるタイプですね。

今回の動画はウルトラQ怪獣のみですが、
ウルトラゾーンは歴代から色々チョイスされるみたいなので楽しみですね。
マグマ星人とババルウ星人が床屋になったりするお話もあるみたいですしw
特撮パート等にも期待出来そうです。

さて、明日はウルトラマン列伝の放送日。
主題歌が新しくなり、第2クール目に突入です。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|20:52

新番組、「ウルトラゾーン」放送開始!

さて、ウルトラシリーズ45周年である今年に、
テレビ東京系列の「ウルトラマン列伝」に続くローカル局製作番組が放送される事が決定しました。
その名も「ウルトラゾーン」!
ウルトラゾーン
http://m-78.jp/ultrazone/
http://www.cinematoday.jp/page/N0035778
http://mantan-web.jp/2011/10/03/20111003dog00m200016000c.html

公式HPによると、

2012年には新作映画「ウルトラマンサーガ」の公開も決まった「ウルトラマン」シリーズ。
その「ウルトラマン」シリーズに登場する怪獣が主役のバラエティ新番組
「ウルトラゾーン」の放送がスタートします。
本物の円谷怪獣が登場するコントパート、本格特撮パート、
新造形の怪獣によるコメディなど複数のコーナーからなる30分番組です。
◆「ウルトラゾーン」とは?
コントパートは「もしも怪獣がマッサージを受けに来たら…」「もしも転校生が怪獣だったら…」
「もしも宇宙人がカリスマ美容師だったら…」などのシチュエーションコントに、
怪獣たちの特徴やウルトラマン本編でのエピソードを散りばめ、
気づいたらウルトラ怪獣に詳しくなっているというコーナー。
本格特撮パートは「ウルトラQ」を彷彿とさせる特撮ショートストーリーとなり、
ほかにも新造形の怪獣「ラゴン」、「ケムール人」などを使ったコミカルなショートムービー、
初期ウルトラの俳優陣を迎えてのバラエティコーナーなどを予定しています。
番組のBGMはウルトラQ、ウルトラマンの音楽を再録音して使用するなど、
ウルトラマン世代にとって感涙ものの要素もありつつ、
広く視聴者のみなさまに楽しんで頂けるバラエティ番組となっています。

といった内容の番組になるそうです。
何時もの特撮ドラマとはかなり趣向が違うバラエティ番組になる様ですね。
何にせよ、ウルトラ怪獣が出るバラエティ番組はハズレ無しだと私は勝手に思っているので、
もちろん視聴決定ですけどw


■出演者
津田寛治
山崎樹範
角田晃広(東京03)
高田里穂
石井智也
ほか

出演者の方々も中々個性派揃いの面々ですねw
特にヒロイン?の高田さんは防衛チームの隊員服に身を包んだ画像が公開されています。
ウルトラゾーン 隊員服
番組内で怪獣出現を告げる役だそうですが、この隊員服も新規で製作されていますね。
(歴代防衛チームのデザインが混ざった様な印象を受けます)


■登場怪獣・宇宙人
M1号
ケムール人
ラゴン
ザラブ星人
サドラ
グドン
ベムスター
テンペラー星人
マグマ星人
ババルウ星人
ホー
他ぞくぞく登場!

コントや特撮パートなどでは歴代ウルトラ怪獣が続々登場予定だそうです。
製作発表会にはベムスターやホーも駆けつけていたそうですね。
新規造型でウルトラQの怪獣も登場が決定しているのも嬉しかったり。


■放送予定局
•tvk…10月16日(日)スタート 23:00~23:30
•テレ玉…10月18日(火)スタート 24:30~25:00
•とちぎテレビ…10月18日(火)スタート 22:00~22:30
•TVQ九州放送…10月18日(火)スタート 25:53~26:23
•札幌テレビ…10月19日(水)スタート 26:08~26:38
•YBC山形放送…10月20日(木)スタート 25:13~25:43
•サンテレビ…10月22日(土)スタート 24:30~25:00
•チバテレ…10月23日(日)スタート 22:30~23:00
•群馬テレビ…10月23日(日)スタート 21:30~22:00
•ATV青森テレビ…10月31日(月)スタート 25:00~25:30
•メ~テレ…2012年1月スタート予定

放送も、現在の所全国11局で決まっています。
我が大阪府はサンテレビで視聴可能となりますね。
個人的メモも兼ねて、大阪での放送日は10月22日(土)スタート 24:30~25:00
と大きく書き出しておきますw
東京都にお住まいの方は近隣の県では放送するみたいなので、
お住まいの場所によってはTVに映るのではないでしょうか。
ウルトラマン列伝も宮城県やBSジャパンで遅れて放送が決定していますし、
このウルトラゾーンももっと視聴可能な地域が増えてほしいですね~

最近TVをほとんど視聴していない私ですが、
ウルトラマン列伝と共に楽しみな番組がまた一つ増えました。
この番組も列伝と同じく、毎回ブログにて追いかけてみたいと思います。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(13)トラックバック:(0)|19:34

ULTRA-ACT アストラ(限定品)

魂ウェブ商店限定品である、ULTRA-ACTの新作、アストラが届きました。
ウルトラ兄弟の一員でもありますし、
兄のウルトラマンレオを所持している方にとっては是非とも抑えておきたいキャラクターだと思います。
では軽くレビューを・・・

ウルトラアクト アストラ
アストラ
L77星に住んでいたウルトラマンレオの双子の弟で、
マグマ星人の襲撃によりレオと生き別れになっていました。
永らくマグマ星人によって囚われていましたが、ウルトラマンキングの手により救出され、
キングの元で修行を積み、レオのピンチに宇宙から駆けつけ地球にて再会を果たしています。
その後はレオのピンチに度々飛来し、何度も危機を救っています。
左足に付いている拘束具「マグマチックチェーン」はキングの力でも取り外せない代物で、
アストラが囚われていた時の名残となっています。
ババルウ星人の陰謀を砕いた後は正式にウルトラ兄弟入りを果たしており、
エンペラ星人の力で広がった太陽の黒点を攻撃したり、
レオと共にウルトラマンゼロを指導する等して活躍しています。

ウルトラ兄弟の8番目、アストラがウルトラアクトにて登場です。
レオの発売が決まった時その内出るんだろうなぁと思っていましたが、意外と早く商品化されましたね。
しかしウルトラ6兄弟より早くレオ兄弟が揃う日が来るとは・・・w
レオ好きにはたまりませんよ、本当に。

ウルトラアクト アストラ0
基本ベースはウルトラマンレオの素体を流用しているので、幅広いアクションが可能です。
ウルトラアクトの中でもグレンファイヤーとレオは1、2位を争う出来ですからね~
顔の造型もかなり似ているので大満足。
カラータイマーは赤いバージョンも付属しています。
シルバーの部分が、レオより気持ち暗めかも?
足の鎖もチェーンで表現されており、リアル感が増しています。

ウルトラアクト アストラ1
何と言っても注目すべき点は、ウルトラキーが付属する所でしょう。
これを持たせるだけで、ババルウ星人が変身した「にせアストラ」に早変わり!
これを見越して2個注文した私ですが、
もう1個はババルウ星人が商品化した時に開封して並べましょうかね~
キー自体は持たせるというより、手の上に置くといった状態で抱えています。

ウルトラアクト アストラ2
付属エフェクトパーツは、当然ながら兄弟合体技の「ウルトラダブルフラッシャー」!
上を担当するキャラは両手首を外し、エフェクトパーツに付いている両手を差し込むといった形です。
下を担当するキャラは、両手を手刀状態にして差し込むだけ。
なので劇中通り、レオとアストラの立ち位置を入れ替える事も可能となっています。
そればかりか手首が赤いキャラなら誰でも上側を担当出来ますし、
下側はどんなウルトラ戦士でも担当可能という万能さ。
光線の色合いが違いますけど、レオゼロダブルフラッシャーも一応再現可能です。

ウルトラアクト アストラ3
最後はレオ兄弟を並べて〆。
やはりこの二人は並べてナンボですよね~
元々優秀なウルトラマンレオのリデコ商品だけに、このアストラも大満足でした。
来年はウルトラマンサーガの公開も控えていますし、
11月のイベントでこれから商品化されるキャラクターが一挙に発表されそうですね。
ウルティメイトフォースゼロの次はウルトラ兄弟か、それとも平成ウルトラ戦士か・・・

ファンの皆様はもうやっている事と思われますが、
魂web公式HPのアンケートでは商品化してほしいキャラクターを書く項目があるので、
ウルトラアクトを買った後はアンケートに答えてみるのも良いかもしれませんね。
コレクターズ事業部の商品は要望が多ければある程度反映される傾向にありますし、
私はこのシリーズが好きなのでこれからもアンケートに答え続けたいと思います。
今月は下旬にウルトラマンガイア(V2)が発売されますし、そちらも楽しみですね~


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(6)トラックバック:(0)|00:01
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ