大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

児童誌よりウルトラマンサーガ情報など

てれびくんとテレビマガジンをフラゲして来ました。
まずは「ウルトラマン列伝」情報から。
2月分の放送内容は他紙とほぼ同じ紹介でしたが、
ゼットン特集のお話では初代ゼットン、ゼットン2代目&バット星人、ウルトラマンマックス版ゼットン、
EXゼットン、ハイパーゼットンが取り上げられるみたいですね。
「ウルトラマンメビウス外伝ゴーストリバース」の映像もこれで流される事が決定しました。
ゾフィーとゼロの絡みなど、新撮映像にも期待したい所です。

続いて映画「ウルトラマンサーガ」の続報です。
今回はウルトラマンサーガの必殺技が特集されており、
両腕から放つ光弾「サーガプラズマー」
腕にサーガエフェクトを集めて放つ「サーガパンチャー」
八つ裂き光輪状の必殺技「サーガスラッシャー」
腕先から放つ光の矢「サーガシューター」
腕に現れる光の刃「サーガカッター」
が明かされました。
この中でメインとなるのは、サーガプラズマーかな?

既に予告編でチラっと姿を見せている巨大ゼットンも正式に公開となっています。
名前は「ハイパーゼットン(ギガント)」で、紫色のコクーン(繭)から現れた巨大怪獣という事です。
ウルトラマンサーガ ハイパーゼットン(ギガント)
大きさはこんな感じです。
やはり多脚型の昆虫タイプみたいですね。
腕にある巨大な鎌や背中から放つ暗黒火球で敵を攻撃。
主人であるバット星人があらゆる怪獣などのデータを取り込ませており、
劇中ではウルトラマンダイナの宿敵である「スフィア」を食うシーンもあるとの事。
ウルトラマンサーガ 予告編2
ウルトラマンサーガ ハイパーゼットン?
ウルトラマンサーガ 予告編3
そして大まかな話の流れから推測するに、
このギガントの状態こそがスマートで人型なハイパーゼットン(イマーゴ)の幼虫なんでしょうね。
(サーガとは戦わず、ゼロ達と交戦予定なので)
何時もの映画では巨大怪獣がボスキャラになるのが恒例化していましたが、
今回はその逆で最強形態は通常怪獣サイズという事なんでしょうか。
いわゆるドラゴンボールの「フリーザ」タイプのキャラクターなんでしょうねw
ちなみにテレビマガジンには、このギガントのソフビ人形の画像も掲載されています。
やはり商品化予定はあるみたいなので、近い内に予約が解禁するかも?

さて、目玉は来月号のてれびくんでしょうか。
何と新規撮影映像による、ウルトラマンサーガ特別DVDが付属!
内容はウルトラマンゼロとゾフィーが、怪獣兵器バードンに立ち向かうストーリーだそうです。
バードンは他の怪獣兵器と同じく、体の各部にゼットンの記号が浮かび上がり目は真っ白。
単純にゾフィーがバードンにリベンジするという見所もありますし、
どうやらウルトラマンエース以来に「ウルトラコンバーター」も登場する模様。
他にもゼットン、バット星人、ウルトラマンサーガが登場するみたいなので、
映画の前に是非チェックしておきたいですね~
(そういえば、4月7日の朝8時からトランスフォーマー・プライムがテレビ東京系で始まるとか)

明日はウルトラマン列伝の放送日。
先週分の記事も消化しないと・・・


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
関連記事
Permalinkコメント:(7)トラックバック:(0)|19:35

ウルトラ怪獣シリーズプレミアム 腹ぺこカネゴン

先日、我が家に「総天然色ウルトラQ プレミアムBlu-rayBOXⅡ」が届きました!
これでBOXⅠと合わせて、総天然色ウルトラQはコンプリートとなります。
ブルーレイBOXⅠのプレミアム版は新規造型のナメゴンのソフビ人形が付属していましたが、
今回のブルーレイBOXⅡでは一部金型流用のカネゴンの特別ソフビ人形が付属しています。
ではそちらのご紹介を・・・

ウルトラ怪獣シリーズ 総天然色ウルトラQ カネゴン
まずはプレミアムソフビ恒例の特製BOX。
今までと同じ、モノクロTVを模したデザインになっていますね。

ウルトラ怪獣シリーズ 総天然色ウルトラQ カネゴン0
中身はコイン怪獣カネゴンのソフビ人形が封入されています。
頭部はウルトラ怪獣シリーズとして今も販売されているカネゴンの原型を流用していますが、
プレミアム版という事でそれ以外の部分が完全新規造型となっています。
有名な地面に散らばったお金を拾って食べるシーンのポーズに変更されていますね。
口の周りや体の各所に塗装が細かく施してあり、これだけでもプレミアム版ソフビだと実感出来ますね。
画像では見え辛いですが、
胸のカウンターはウルトラQが放送された年である「1966」となっている辺りも非常に芸細。

ウルトラ怪獣シリーズ 総天然色ウルトラQ カネゴン1
背面もしっかり塗装されています。
可動部分は頭と両腕で、底面部分の造型も割りとしっかり作り込まれていました。

ウルトラ怪獣シリーズ 総天然色ウルトラQ カネゴン2
そして手の表情を見れば誰もが思いつく事ですが、
何と実際の小銭を両手に持たせる事が可能となっています。
何処までお金と縁が深いキャラクターなんでしょうかw
そもそもこのソフビを手に入れようと思うと3万円以上が飛んでしまう訳で、
やっぱりお金とは縁が切れない関係にある様で・・・

ナメゴンとは違い完全新規造型ではありませんでしたが、
ポーズが付いているので飾り映えがするソフビ人形となりました。
総天然色ウルトラQもこれで商品展開は一段落といった感じですが、
ウルトラQ怪獣はウルトラマンサーガの劇場限定ゴメス等がまだ控えていますね。
しばらくはソフビを堪能しつつ、ブルーレイBOXの本編も楽しみたいと思います。
(とりあえず2020年の挑戦を見てみましたが、陰影の付け方がより際立っていてかなり良かったです)


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|00:15

S.H.MonsterArts ゴジラ対応エフェクト&東宝特撮超兵器(限定品)

今更過ぎる話題となりますが、去年に作り置いていた記事を投稿しておきます。

S.H.MonsterArts(エス、エイチ、モンスターアーツ)初となる魂ウェブ限定商品である、
「ゴジラ対応エフェクト&東宝特撮超兵器」を今回はご紹介します。
こちらは発売済みのゴジラと組み合わせる事が可能な小物セットとなっており、
怪獣などのキャラクターは付属しておりません。

モンスターアーツ ゴジラ対応エフェクト&東宝特撮超兵器
まずは放射熱線エフェクト。
こちらはゴジラに封入されていたエフェクトパーツのリペイントとなっており、
VSメカゴジラやVSスペースゴジラで見せたトドメの一撃、赤い放射熱線を再現可能となっております。
ファイナルウォーズでも登場した時は嬉しかったですね~
デスゴジも赤い熱線を放射しますけどもっとエフェクトの表現が凄いので、
もしデスゴジが商品化された暁には新規で再現して欲しい所ですね。

モンスターアーツ ゴジラ対応エフェクト&東宝特撮超兵器0
こちらは「92式メーサービーム戦車」。
VSシリーズ常連の人気メカニックであり、平成のメーサー戦車として名高いですね。
スケールはゴジラに合わせているのでかなり小さいですが、
一部がクリア仕様になっている上に砲塔が回転する等、良く出来ています。
今回のセットには5機付属。

モンスターアーツ ゴジラ対応エフェクト&東宝特撮超兵器1
続いて「93式自走高射メーサー砲」、通称ツインメーサータンクと呼ばれる超兵器です。
こちらもVSシリーズに多く登場しているメカニックですね。
メーサービーム戦車と同じく砲塔が回転し、5機付属しております。

モンスターアーツ ゴジラ対応エフェクト&東宝特撮超兵器2
こちらは航空兵器を飛ばす役割を持つ「専用ディスプレイスタンド」。
ロゴはG-FORCE(ジーフォース)のシンボルマークになっているのがカッコイイですよね。
専用の支柱は1本につき、戦闘機3機を飛ばす事が可能となっています。

モンスターアーツ ゴジラ対応エフェクト&東宝特撮超兵器3
まずは「G-FORCE戦闘機」、媒体によってはF-16改とも呼ばれるGフォースの主力戦闘機ですね。
こちらは3機が付属。

モンスターアーツ ゴジラ対応エフェクト&東宝特撮超兵器4
続いては「93式メーサー攻撃機」。
初めて見た時は、子供ながら空飛ぶメーサーが出たのかと驚いたものですw
こちらも3機が付属。

モンスターアーツ ゴジラ対応エフェクト&東宝特撮超兵器5
スタンドはもう1つ付属しており、こちらはゴジラのシルエットが台座に描かれています。
シルエットでも、VSシリーズのゴジラだと解りますねw

モンスターアーツ ゴジラ対応エフェクト&東宝特撮超兵器6
真打登場、平成を代表する東宝特撮メカニック、「スーパーX Ⅱ」です。
スーパーXシリーズの第2号機であり、VSビオランテにて登場しゴジラと激闘を繰り広げました。
空中や海中を自在に移動可能であり、その装甲はゴジラの熱線を物ともしない頑丈さ。

モンスターアーツ ゴジラ対応エフェクト&東宝特撮超兵器7
そして最大の売りは、前面が展開して出現する「ファイヤーミラー」でしょう!
人工ダイヤモンドで固められた装甲部分でゴジラの熱線を増幅&反射するという超兵器っぷり!
これにはゴジラも思わず怯んでいましたが、何度も熱線を受けすぎて装甲が焼け爛れ、
逆にウィークポイントとなってしまったのが唯一の欠点でしょうか。

モンスターアーツ ゴジラ対応エフェクト&東宝特撮超兵器8
このフィギュアではパーツ差し替えによって再現が可能で、
上部から出現するミサイルパーツも同じく差し替えで表現されています。
例によってゴジラと同スケール(しかもフィギュア的には100mサイズ時のゴジラ)なので、
物自体は小さいのですがファイヤーミラー展開が再現出来るのは高ポイントでしたね~
当然ながら、こちらは1機のみとなっています。

モンスターアーツ ゴジラ対応エフェクト&東宝特撮超兵器9
とりあえず色々と並べてゴジラに立ち向かわせてみるのがこのセット1番の楽しみ方かもしれませんw
本編では脇役ながらも、東宝特撮シリーズには欠かせない超兵器群が商品化されたのは嬉しい限りでした。
まだ発売は未定ですけど超兵器セットの第2弾にも期待していますが、
色んな怪獣にオマケとして戦闘機を付属させていくという方法でも面白いかもしれませんね~
特にスーパーXシリーズは是非3機揃えたい所なので・・・


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|01:19

ウルトラマンサーガ コメディ?な新予告編公開

仕事疲れもあり寝ようと思っていたら、
映画「ウルトラマンサーガ」の新たな予告編がyoutubeのウルトラチャンネルにて公開されたので、
そちらだけでもご紹介したいと思います。
今回の予告は一味違う・・・


何時になくシリアスな場面から始まる新予告編。
レジスタンスとしてバット星人に立ち向かうチームUの面々すらも、
ゼットンの脅威にはほぼ諦めムードの模様です。
しかしタイガ達に勇気付けられたのか、Uローダーに搭乗しバット星人の宇宙船に立ち向かう彼女達。
そんな中、ウルトラマンゼロは融合したタイガに「これを装着して、俺になれ!」
と変身道具のウルトラゼロアイを渡します。
ウルトラマンサーガ 予告編
腕に付けたウルティメイトブレスレットより召還されるウルトラゼロアイ。
「俺と一緒に戦うんだ!」とゼロもタイガを促し、
タイガは神妙な顔付きでウルトラゼロアイを手にするのかと思いきや・・・

ウルトラマンサーガ 予告編0
ハイッ!
とウルトラゼロアイを叩いてブレスレットの中に戻してしまいますw

ウルトラマンサーガ 予告編1
流石のゼロも「うそぉん!?」と仰天w
タイガはウルトラマンに変身したがらないというキャラクターですが、
まさかここまでとは思いもしなかったので笑ってしまいましたw
この2人の関係はコメディタッチだと監督がインタビューに答えていましたが、
こういうノリだったんですね・・・これにはゼロも苦労しそうですw

もちろん予告全編がギャグな訳では無く、
あのハイパーゼットンの幼虫と噂されている巨大ゼットンの全身が垣間見えるシーンが。
ウルトラマンサーガ 予告編2
両腕の鎌を使って、ウルトラマンゼロを狙い岩山を切り崩すシーンの様ですね。
下半身も何となく見えましたが、これは完全に虫の様な多脚型の姿の予感・・・

ウルトラマンサーガ 予告編3
顔のドアップを見る限りは、無機質なゼットンと有機的な昆虫の要素が合わさったイメージですかね?
こう見ると顔だけはゼットンらしいですw
児童誌での情報解禁も間近?


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|01:11

ウルトラマンサーガ 劇場限定ソフビ発表

先日のフィギュア王の記事でも触れましたが、
今年の劇場限定ソフビ人形が正式にネット上でも発表されています。
毎度お馴染み、ウルトラマン列伝 オフィシャルブログですね。

以前の記事でも触れた通り、今年の限定品は古代怪獣ゴメス(S)です。
今までウルトラQの初代ゴメス仕様でしか発売されていませんでしたが、
大怪獣バトルシリーズ以降に登場した大型種、「S(スペシャル)」仕様では初の商品化となっています。
ウルトラマンサーガ 劇場限定ソフビ人形 ゴメス(S)
今回掲載された画像では、フィギュア王に載っていた画像とは全く違う色合いとなっています。
フィギュア王の写真ではモスグリーン及びエメラルドグリーンのかなり鮮やかな成型色でしたが、
今回の画像ではグレーとブルーの中間色という劇中イメージ通りの成型色になっていますね~
目はフィギュア王と同じくオレンジと黒という色合い。
この仕様で製品版になるのなら私はかなり嬉しいのですが、果たしてどうなるのでしょうかね。
(ちなみに、フィギュア王によると値段は1050円だそうです)

ウルトラギャラクシー大怪獣バトルNEOをイメージして、
ウルトラマンメビウスのガッツ星人と並べるも良し。
宿敵のリトラ(S)と並べるも良し、映画通りグビラやウルトラマンコスモス(ルナモード)と並べるも良し。
劇場限定とはいえ、単体での一般流通は久しぶりの怪獣だけに良いお土産になりそうですね。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|19:06

ウルトラゾーン 第13話

ウルトラゾーン
遅ればせながら、サンテレビにてウルトラゾーン第13話が放送されました。

まずは宇宙海人バルキー星人が登場。
シチュエーションは、怪獣職務質問となります。
早速警察官から疑われ、更にヤルキー星人と名前を間違われるバルキー星人w
海獣サメクジラに逃げられたと話すバルキー星人でしたが、
そのサメクジラを探している目的は地球の海の支配という野望でした。
更にバッグに隠していた武器のバルキーリングが見つかり、
銃刀法違反だなぁ~と警察官に言われ、そのまま武器のサイズを測るという方便で捕まり、
確保されてしまうのでした・・・

続いてウルトラゾーンチャンネルが始まり、
ケムール、ファッションモデルになるという事で誘拐怪人ケムール人が登場。
女性カメラマンに指示され様々なポーズで写真を撮られるケムール人。
しかし怪獣らしいフェロモンを出せという指示に困り、全くポーズが取れないケムール。
流石にカメラマンに怒られてしまい、代わりは居ると代役を紹介されてしまいます。
それは何と人工生命M1号
カメラマンの要求に答え様々なポージングを披露するM1号でしたが、
ケムール人に対しての挑発的な態度にカチンと来たのか、ケムール人は頭部から液体を発射。
M1号を消し去ってしまいます。
そしてカメラマンにもうモデルはやらないと言わんばかりに怒り、そのまま走り去ってしまいます。
カメラマンは今の怒った表情こそ求めていたものだと、ケムール人の後を追います。
しかしケムール人は、もうモデルの仕事はこりごりだとカメラマンから逃走し続けるのでした。

久しぶりの怪獣ことわざでは、ミクラス、ダリー、ザンドリアスが題材に。
ミクラスの所ではウインダムとアギラも登場しております。

前回に続き、いつも隣にホーがいるという事で硫酸怪獣ホーが登場。
後編はタマエの恋人を殺した張本人である満月超獣ルナチクスが出現した所から始まります。
タマエはルナチクスに怒り我を忘れてルナチクスの元へ行こうとしますが、
ノボルに引き止められてしまいます。
目から光弾を発射して暴れ回るルナチクスから逃げる二人。
しかしタマエはルナチクスの攻撃に巻き込まれ、炎の中に消えてしまいます。
泣き叫ぶノボルのエネルギーを受け、巨大化するホー。
ホーはルナチクスに立ち向かい、市街地で2体の怪獣の激闘が繰り広げられます。
ホーに噛み付くルナチクス、しかしホーの目から出る硫酸の涙を受けルナチクスは怯み、
口から吐く炎攻撃をホーに浴びせ再び地下へと逃げ去ってしまいます。
呆然と立ち尽くすノボルでしたが、その前にボロボロになったタマエが現れます。
タマエは自分のホーに助けられたと話しますが、
安心したのもつかの間、今度はノボルの巨大化したホーが赤く輝き暴走を始めます。
タマエを命懸けで助けながら逃げるノボル。
ノボルはタマエが死んだと思い込み、
その負のエネルギーが大きすぎた為にホーは暴走したんじゃないかと話すタマエ。
2人は逃げるのを諦め、強く抱き合いますがその瞬間にホーは消え去ってしまいます。
ホーは悲しみのエネルギーから生まれた怪獣、
タマエへの愛情の気持ちが高まった故にノボルのホーは消滅したのでした。
事件は終わり、ノボルは何時もの公園で空を見ながら寝転んでいます。
そこにタマエが現れ、二人は手を繋いで公園内を散歩します。
もう、二人の背後にはホーの姿はありませんでした・・・


今回の見所は、ホーvsルナチクスの大バトルでしょうか。
オープンセットを煽りで撮影し、遠景は実景合成というかなり挑戦的な特撮となっています。
このクオリティでウルトラマンの戦闘シーンを一度見てみたいものですね~
前情報ではコントの他に本格的な特撮シーンもやるというお話でしたが、
ダダの話やスフラン島など、確かにそういうストーリーも増えています。
今後はどういった映像が飛び出すのか、益々楽しみになって来ました。

今回のアイキャッチは
授業が終わって帰ろうとしているグランドキングとバケツを持って廊下に立たされているジュダ、
プロレスのリングに入るコダイゴン、女子学生と雨宿りをするキングゲスラ、
女湯の時間に露天風呂に入ってしまったベムラーでした。
グランドキングとジュダの関係に思わず笑ってしまいましたw


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|21:25

ウルトラマン列伝 第29話

※前回放送分の記事となります。
ウルトラマン列伝 タイトル
遅ればせながら、第29話が放送されました!
第29話 「完全生命体!イフ対マックス!!」
ウルトラマンマックス第15話「第三番惑星の奇跡」の内容を放送しました。

ミズキ隊員に励まされながら手術を開始する少女、アッコ。
しかし病状は手遅れであり、彼女は視力を失いました。
目が見えないながらも健気な少女はピッコロを習い、音楽の発表会を開くまであと少し・・・
といったタイミングで宇宙から正体不明の落下物が。
その白くてブヨブヨした巨大な塊は生命反応が無く、解析も不能。
無害ではあるのですが、そのままにはしておけないので焼き払う事に決定。
ダッシュバードから投下された爆弾によって炎に包まれたのですが・・・
消化した中から現れたのは、白い塊が変化した茶色いゴツゴツとした物体。
その物体は突起物から炎を発射してダッシュバードを襲います。
反撃してミサイルを撃ち込むダッシュバードでしたが、
今度は茶色い塊から砲身が出現し、そこからミサイルを発射。
更に2本の足と醜悪な表情をした頭部が出現し、移動能力までもを身に付けます。
エリーは受けた攻撃に応じて体を変化させ、強力になる怪獣だと分析。
ヒジカタ隊長は攻撃をしているショーン隊員とコバ隊員を一旦退かせます。

怪獣イフが向かう先には少女アッコが音楽の発表を行う予定である公会堂が。
何としても怪獣を食い止めるべく、ミズキ隊員はカイト隊員に場を任せて一人で出撃。
しかしミズキ隊員をミサイル攻撃が襲い、それを救うべくカイトはウルトラマンマックスへと変身します。
マックスはミズキ隊員を救い、公会堂を守る為イフにマクシウムカノンを発射。
粉々に砕け散るイフでしたが、一瞬で再生を果たし復活。
二足歩行の怪獣型へと進化し、マックスに対してマクシウムカノンを発射します。
格闘能力もほぼ互角であり、更に受けたマクシウムソードまでもをコピー。
活動時間が限界へと近付いたマックスはミズキ隊員に逃げる様に促され、
悔しそうな表情を見せながら退却をするのでした。
そしてマックスの背後にあった公会堂は、イフによって破壊されてしまいます・・・

市街地へと進撃したイフは依然破壊活動を続けており、街は炎に包まれ絶望的な状況に。
決して開けてはならないパンドラの箱を開いてしまった人類。
ヒジカタ隊長は絶対に兵器の力では勝てない相手だと確信しており、
DASHも迂闊に手を出せないまま、ただその状況を見守るしかありません。
ミズキ隊員はアッコちゃんに声をかけますが、彼女は完全に気持ちが沈んでいます。
マックスですら勝てない相手にDASHが勝てる訳が無いと言い放つアッコ。
ミズキの目を盗んで外へ出た彼女はたった一人で燃え盛る街を歩き、ミズキ隊員は彼女を探し回ります。
カイトもイフを攻略する術が見つからず、状況はまさしく「最悪」の一言。

夜になりイフは眠り始めますが、DASHはその間もイフの監視を続けます。
目が見えないアッコでしたがそのイフの足元まで何とか辿り着き、
泣きながらもイフに対して「音楽、嫌い?」と語りかけます。
そして「私は、大好きなの」と手に持ったピッコロを演奏し始めます。
その音楽はショパンの「別れの曲」。
美しい音色を聞きつけてミズキ隊員が駆け寄りますが、目を覚ましたイフは何故か大人しいまま。
イフの体からは、アッコが奏でるのと同じ「別れの曲」が流れているのでした。
イフの体は更に変化を見せ、全身が楽器となり頭には女神のような像が付いた形態へ。
驚きながらも全てを悟ったミズキ隊員は銃を下ろし、再び現れたマックスも攻撃は加えません。
ミズキ隊員とアッコはダッシュアルファへと搭乗し、それを手に持ったマックスは空へと飛びます。
その後へ続いて飛行するイフ。
隊長達もその光景を見て、攻撃には攻撃を、音楽には音楽を・・・とイフの特性を理解。
こうやって、争いだけでは物事は解決しないという事を改めて実感します。
綺麗な音色を奏でながらイフは成層圏を離脱し、マックスに続いて宇宙空間へと飛び出すのでした・・・
ウルトラマン列伝 イフ

マックスらしからぬ、重いシーンから始まる異色作。
盲目の少女とミズキ隊員の交流が中心となっていますが、
やはりイフの強力な特性が目を惹きますね。
あらゆる攻撃をコピーし、それと同じものを出せる能力というものほど恐ろしいものはありません。
マックスの攻撃を受けて、マクシウムカノンやマクシウムソードと同等の技が出せる様になったイフ。
その能力で市街地を蹂躙し、瞬く間に街を火の海で包んでしまいました。
しかしこうなってしまったのも、全てはイフと人類のファーストコンタクトが「攻撃」であったせい。
盲目の少女が奏でる音楽を聞いたイフは途端に大人しくなり、
全身から同じメロディーを放つ「楽器」となりマックスによって宇宙へと導かれて行きました。
もし最初にDASHが攻撃を加えず、他の方法でイフをどうにかする事が出来たなら、
また違った話が展開されていたのかもしれませんね。
無限なる可能性を秘めた存在であるイフ。
宇宙の何処かでは、違った姿&違った能力を身に着けた同種族が存在しているのかもしれません。
しかし登場スーツの多さ、特撮シーンの多さ、セットの多さ等、
三池監督が手掛けた事もあってか本当に豪華だなぁと思えるお話でしたね。
この次のお話では、今回とは真逆の路線のストーリーである「わたしはだあれ?」を放送するんですが・・・w
実はこのお話、DVDではオマケ映像で「アナザーエンディング」が収録されています。
その内容は・・・オチが違うだけでしかもギャグなのかホラーなのかw
ある意味、一見の価値はあるかもしれません。

次回のウルトラマン列伝は、ウルトラマンサーガに登場する怪獣アーストロンの予習編という事で、
帰ってきたウルトラマン第1話を放送します。
そちらの記事も近い内に・・・


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|20:54

フィギュア王より新情報色々と

コメント返信出来ない日々が続き申し訳ありません。
来月頭までには通常運営に戻れるはず・・・です。

さて、本日はフィギュア王の新刊の発売日でした。
まずはS.H.MonsterArts(エス、エイチ、モンスターアーツ)の情報から。
3月発売予定の新作、スペースゴジラの製品版に近い見本写真が多数掲載されています。
クリアパーツを多様している点や、そのボリュームの凄さが実感出来ますね~
そしてイベント展示されていたMOGERA(モゲラ)は5月に発売が決定!
差し替えによる飛行形態の再現や、
プラズマメーサーキャノン&スパイラルグレネードミサイルのエフェクトパーツが付属する模様です。
更に、6月には魂ウェブ商店限定商品としてリトルゴジラ&結晶体セットが発売決定!
近々受付を開始するらしいですが、
まさか短期間でVSスペースゴジラのメインキャラがほとんど揃ってしまうとは・・・

続いてウルトラマン列伝の今後の放送情報です。
2月1日放送・第31話「青き巨人!アグル登場!!」ウルトラマンガイア第3話より
2月8日放送・第32話「グビラ出現!海底基地を救え!!」ウルトラマン第24話より
2月15日放送・第33話「カオスダークネス!月面の決戦!!」ウルトラマンコスモス第64話より
2月22日放送・第34話「真の勇者!その名はムサシ!!」ウルトラマンコスモス第65話より
2月29日放送・第35話「最強のウルトラ怪獣!ゼットン登場!!」総集編
順当な流れの中、最後のゼットン特集編には驚かされました。
何と新撮?映像でウルトラマンゼロがゾフィーに呼び出され、
ゼットンの記録映像を見せられるという流れになっているそうです。
映画「ウルトラマンサーガ」への序章とも呼べる内容だそうですし、これは絶対に見逃せませんね~

更に今年の劇場限定ソフビ人形が公開されました。
それは何とゴメス(S)!
ウルトラ怪獣シリーズSPという事で、体色がエメラルドグリーンになり、
目がオレンジ色になったかなり明るめのカラーリングの特別仕様となっています。
リアル感というよりは玩具感が強い色合いですが、クリアバージョン等では無い劇場限定ソフビ、
しかも怪獣枠というのが珍しいですね~
果たして今回の限定ソフビはこれだけなんでしょうか?

明日はウルトラマン列伝の放送日。
まずは先週の分の記事を消化しないと・・・


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|19:32

ウルトラマン列伝 第28話

ウルトラマン列伝 タイトル
遅ればせながら、先週の水曜日に第28話が放送されました!
第28話 「勇者立つ!ウルトラマンガイア!!」
ウルトラマンガイア第2話「勇者立つ」の内容を放送しました。

まずはOPの映像が一部差し替えになっており、
映画ウルトラマンサーガよりウルティメイトゼロの時空移動シーン、
火星でのスーパーGUTSvsスフィア軍団、会話をするゼロとダイナ、
バット星人の命令を受け炎の中から出現するハイパーゼットン等の映像が初公開となっています。
更にウルトラマンアグル(V1)、ウルトラマンジャック、ゾフィー、サーガがOP映像に初登場ですね。

冒頭ではウルトラマンゼロがガイア第1話のダイジェストを紹介。
根源的破滅将来体の第一号であるコッヴが宇宙から飛来し、
ガイアと主人公の高山我夢が一体となるまでを軽く説明してくれました。
そして本編の第2話の内容に突入。
コッヴに立ち向かうべく我夢は赤い巨人「ウルトラマンガイア」へと変身。
両者は都心部で激闘を繰り広げますが、戦い慣れないガイアは苦戦します。
しかしかつて我夢が量子空間で見たガイアの必殺技を思い出し、フォトンエッジを発射。
コッヴは跡形も無く吹き飛ぶのでした。
元の姿に戻った我夢はXIGの基地であるエリアルベースへと行く事を志願します。
天才集団アルケミースターズの一員である我夢は、エリアルベースのリパルサーリフトを設計した張本人。
ウルトラマンになった事もあり、何か使命を感じたのか我夢はXIGに入隊する事を決意。
戦闘機シュミレート等のアドバイスをしていたのですが、昨日コッヴが出現した地点に異変が発生。
XIGは速やかに現場へと急行したのですが、何と同じ地点の地下から怪獣ギールが出現!

XIGの石室コマンダーはコッヴがただの生体兵器では無く、
地下に眠っていた怪獣を呼び覚ます引き金だったのではないかと考えます。
暴れて街を破壊し回るギールに対し、チームライトニングとチームハーキュリーズが出撃。
ギールの腹部を狙い総攻撃を加えますが、ギールは腹の一部を開放しそこから火炎弾を周囲に放ちます。
ハーキュリーズに同行して地上に降り立った我夢は、XIGのピンチを見てガイアへと変身。
砂煙を巻き上げながらガイアとギールは激突しますが、
ガイアはギールの強固な装甲やパワー差に苦しめられます。
しかし腹を開いたギールに向かって、チームライトニングが腹を目掛けて攻撃。
ギールが怯んだ隙にガイアはフォトンエッジを放ち、ギールは大爆発を起こすのでした。
堤チーフは勝手に地上へ降りた我夢を軽く叱り、我夢の根性を叩き直す事を示唆。
我夢は「うへぇ~」と地面に倒れこんでしまうのでした・・・
ウルトラマン列伝 コッヴ

ウルトラマンガイア誕生編という事で、ダイナと同じく戦闘シーンがある第2話のチョイスとなりましたね。
どちらも2体の怪獣と戦うシーンがあるという豪華さもありますし、
第1話だけだとウルトラマンが登場して終わりという半端さですからね~
ガイアの代名詞である、地面の粉塵を巻き上げながら降り立つシーンも最初からガンガンやっていますし、
XIGに所属している様々なチームの描写も1話と2話で細かくやっていたんだなぁと再認識。
ライバルキャラクターである、ウルトラマンアグル登場編も来月に放送される予定となっています。

次回はウルトラマンマックスより、完全生命体イフ登場回を予定しております。
記事も明日か明後日には必ず・・・


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|16:19

ウルトラマンサーガ 公式HPグランドオープン等

映画「ウルトラマンサーガ」の公式HPが遂にグランドオープンしました!
http://www.ultramansaga.com/

全体的に動画などを使っているのでやや重いですが、
主な登場人物やキャラクター紹介などがより詳しく描かれていますね。
近頃発表されたニュースでは、
黒幕のバット星人役の声優としてそのまんま東こと東国原英夫さんが担当される事、
映画の主題歌はAKB48内のグループであるDiVAの新曲「Lost the way」である事が明かされています。
主題歌は予告コーナーにある新着動画にて少しだけ聞く事が出来ますね。

バット星人の声も既に流れている予告動画で聞く事が出来ますが、
今回のバット星人は頭脳明晰な科学者であり監督の要求で少しカマっぽい演技になっているとの事w
動画を見る限りでは演技力は思っていたより良かったので、
映画本編でどんなキャラに仕上がっているのか楽しみですね。

予告映像コーナーではウルトラマン列伝内で流された新CMも公開中。
ゼロ編という事でDAIGOさん演じるタイガがメインとなっていますが、
ハイパーゼットンの瞬間移動攻撃の描写がかなりカッコイイですね~
ウルトラマンサーガ 予告
一瞬空間から消え去り、残像と共に現れ一撃をお見舞いするとまた消滅。
初代ゼットンのテレポート能力をより強化させた印象を受けました。
ウルトラマンゼロ、ウルトラマンダイナ、ウルトラマンコスモスを圧倒するというのも頷けます。
ハイパーゼットンと言えば、店頭用PVで噂の幼虫形態?も少しだけ登場しています。
ウルトラマンサーガ ハイパーゼットン?
タイガ、チームU、子供達を背中から放つ火球で攻撃していますが、
描写を見る限りでは巨大なフルCGキャラクターの様ですね。
体型も人型では無く、昆虫の様な感じですが本格的な情報解禁は今月末からですかね?

ハイパーゼットンが産み出す5体の怪獣兵器やそれと戦うウルトラ兄弟、
物語のキーとなるウルトラマンダイナの宿敵であるスフィア、
ウルトラマンサーガvsハイパーゼットン等が今後の本格的な予告編の見所となるでしょう。
(スフィアはウルトラマン列伝の新OPで少しだけ登場していましたが)
youtubeではお馴染みのウルトラチャンネルだけでは無く、
メイキング映像を配信する「メイキングムービーチャンネル」も設立。
http://www.youtube.com/m78SAGA#p/u/0/uOhixQBI-sM
毎週新動画が投稿されていくみたいなので、こちらも要チェックですね。
映画公開まで、あと2ヶ月と少し!
(ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2012にて、1月早く先行上映されるのが羨ましいです)


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|02:03

ウルトラゾーン 第12話

では、昨日に引き続き溜まっていた番組の記事です。

ウルトラゾーン
遅ればせながら、サンテレビにてウルトラゾーン第12話が放送されました。

まずは宇宙恐竜ゼットンが登場。
前回に引き続き、不良怪獣ゼットンからスタートします。
遂に不良仲間に正体を知られ、
強すぎるが故に孤独さを感じこの街に引っ越してきたんじゃないかと問い質されるゼットン。
しかし不良仲間との友情の絆は以前と変わらず、遂に赤王高校との決戦に臨む事となります。
女の子を人質に取られながらも、どくろ怪獣レッドキングの攻撃を受けきるゼットン。
そして不良仲間が赤王高校の不良の背後から近付いて女の子を救出し、
ゼットンはパンチの連打と一兆度の火球を放ち遂にレッドキングを退ける事に成功します。
赤王高校の不良達もたちまち逃げ出し、
女の子を救出して勝利を呼び込んだ仲間達がゼットンにお菓子等をおごれとせがみます。
何処か満足げなゼットンは女の子と共に、不良仲間が待つ駄菓子屋の店内へと急ぐのでした・・・

続いてウルトラゾーンチャンネルが始まり、ラゴンの恩返しという事で海底原人ラゴンが登場。
ある家庭にあったお菓子を貰っていた(盗み食いしていた?)恩返しとして、
青年の家庭教師として現れたラゴン。
しかし方程式が解けるはずも無く、ノートは破るわ鉛筆は折るわページを破いて食べるわと大荒れ。
今度は肩がこったお爺ちゃんのマッサージをするべく現れますが、
力の加減が出来ないばかりかエスカレートしてヘッドロックまでしだす始末w
家族はラゴンの暴れっぷりに怒り攻撃を仕掛けようとしますが、
偶然作動したレコードの音色を聞いて大人しくなるラゴン。
お爺ちゃんは案外優しい怪獣かもしれないとラゴンを評価し、
ラゴンもその気持ちが伝わって嬉しいのか家族と共に踊りだすのでした。

その次は新企画、いつも隣にホーがいるという事で硫酸怪獣ホーが登場。
主人公の青年ノボルは公園に座り込んでカップルが破局する様子などを眺めています。
そうすると、破局した人物の背後に薄っすらと怪獣の影が現れるという現象を目撃するのでした。
自分も彼女に振られて落ち込んだ時に突然目の前に現れた謎の怪獣。
その失恋の際に出現した怪獣をホーと名付けますが、それを目視出来るのは自分だけという事に気付きます。
今日も公園で人々を眺めるノボル、
しかし自分が持つホーと同じぐらい濃くはっきりとしているホーを持っている女性を発見します。
その女性もノボルのホーがはっきりと存在している事に気付き、歩み寄ります。
ノボルと同じくホーを見る事が出来る女性はタマエと名乗り、
自分も恋人と別れた時にホーが出現した経験を語ります。
しかし彼女の恋人は破局では無く事故死によって死別しており、
死亡の原因は突如出現した地割れから彼女を守る為に飲まれてしまった事だと話します。
タマエはその地割れの裂け目に白い怪獣が存在していた事を目撃しており、
どんな怪獣もホーの様な無害な存在であって欲しかったとノボルに語ります。
その時、突如地震が起こり目の前の建物が崩れ去ってしまいます。
咆哮と共に出現したのは、満月超獣ルナチクス
タマエの彼氏を殺してしまった張本人が現れた所で、後編へと続く・・・

最後はタカダ・ミホ隊員が、DVD&ブルーレイソフト発売の告知をしてくれました。
発売は2月22日より!


不良怪獣ゼットンは今回で一応完結と見ていいのでしょうかね?
赤王高校のトップを倒し、女の子を救出して不良仲間との友情も深まったゼットン。
一切感情を表に出さないゼットンでしたが、最後はとても幸せそうでしたね~
ウルトラゾーンチャンネルでは、特別ゲストとして古谷敏さんと星光子さんが出演!
ラゴンを見て懐かしいなぁと語る古谷さんも笑えましたが(初代ラゴンのスーツアクターでもあります)、
アマギ隊員と南夕子の夢の共演が見られるとは・・・やはり凄い番組です。
ホーのお話では敵役としてルナチクスをチョイスしたのも良かったですね。
北斗と南の仲を結果的に裂いた原因でもあった訳ですし。
ノボルを演じた北条さんは何処かで見た顔だなぁと思っていたら、
仮面ライダーレンゲルの変身者でしたねw
昔何回か見ていたのでビックリしてしまいました。

今週のアイキャッチは毛糸のマフラーを編むウー、ライフセーバーに救助されるバリケーン、
龍踊りをするワイルド星人と龍役になっているナース、七福神の船になっているアイアンロックス、
荷台に乗っているリトラを追いかけるゴメスとなっています。
バリケーンってクラゲの怪獣なので海も大丈夫だったはずなんですがw


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|23:35

ウルトラゾーン 第11話

しばらく私生活がバタバタするので、
コメント返信が出来ませんがどうかご了承下さいませ・・・
では、ここ最近溜まっていた番組を消化して行きたいと思います。

ウルトラゾーン
遅ればせながら、サンテレビにてウルトラゾーン第11話が放送されました。

まずは宇宙恐竜ゼットンが登場。
不良怪獣ゼットンからスタートします。
前回知り合った女の子と仲良く談笑?するゼットン。
その様子を見守る不良仲間達でしたが、ゼットンはお菓子などを買う為に一度お店へと入ってしまいます。
ゼットンを待っている女の子の前に現れたのは赤王高校の面子。
女の子を守る為に不良仲間も駆け付けますが、
そこに現れたのは赤王高校最強と言われているどくろ怪獣レッドキング
最強の名に恥じぬ戦闘力を見せ付けるレッドキング。
ゼットンが帰って来た頃には不良仲間は叩きのめされており、
女の子はさらわれてしまった後でした。
お菓子を落としショックを受けるゼットン。
いよいよ赤王高校との決戦なるか!?

続いてウルトラゾーンチャンネルが始まり、ケムール人、走るという事で誘拐怪人ケムール人が登場。
得意の液体噴射で人の上に落ちる看板を消して人助けをしていたケムール人でしたが、
地球にやって来てから何十年も経過しており、ケムール星からは人間電送を求める電話が止まりません。
自分の見た目の怖さのせいで人間にも中々近づけない上に、
催促の電話が止まらない事で色々と限界を感じたケムール人は自暴自棄になって大暴走。
そこら中で人が持っていた物を片っ端から消してしまい、走りながら逃走するケムール人でしたが、
その前に少女が立ちはだかり悪い事はいけないと怒られてしまいます。
我に帰ったケムール人は頭の触覚から液体では無く一厘の花を出し、少女にそれを渡します。
ここからケムール人と少女の逃避行が始まったのでした・・・

久しぶりの怪獣漫才隕石怪獣ガラモン暗殺宇宙人ナックル星人がコンビを勤めます。
これまた久しぶりのウルトラ怪獣シリーズのソフビ人形を使用していました。
ガラモンはピグモン、ガモラン、ガラゴンなど自分に似ているキャラのネタを使っていたのにウケましたw
ウルトラマンタロウで紹介された時に、
自分の肩書きか違うと言っているナックル星人もかなりマニアックなネタですね・・・

前回に続いてスフラン島の秘密も後編に突入。
ピグモンを探す熱が高い余り、崖から転落してしまったガイド。
ガイドを救出しようとした一行が見たものは、山で佇むアースロポッドタイプビースト・バンピーラ
更に上空からは火山怪鳥バードンが現れ、餌とばかりにバンピーラを襲います。
山間で激闘を繰り広げる2大怪獣。
その隙にガイドを助け出した刑事達でしたが、
友好珍獣ピグモンとピグモンに助けられた男は洞窟はもう駄目だと、別の場所へと刑事達を案内します。
更に出現した怪獣はどくろ怪獣レッドキング
ここにレッドキング、バードン、バンピーラの3つ巴のバトルが始まってしまいます。
羽ばたきで強烈な風を起こすバードン、口から糸を吐いて相手を縛り付けるバンピーラ、
岩を投げて相手を攻撃するレッドキング・・・まさしく大怪獣バトルw
前回地雷に捕まった隊員もピグモンが代わりになる事で一命を取り留め、
ピグモンは自分を犠牲にして一行を避難させます。
その隊員達に再び襲い掛かる怪奇植物スフランの攻撃を退けながら逃げる刑事達。
しかしガイドは本性を現し、
ピグモンの血には不老不死があるという研究成果を信じてピグモンの血液を取りに戻ってしまいます。
見事血液を手に入れる事に成功したのですが、そこに3大怪獣が現れて地雷原へと倒れ込んでしまいます。
山を削るほどの大爆発が起き、刑事達一行はようやく助かったと安堵の表情を浮かべますが、
以前の防衛軍の怪獣掃討作戦は失敗であった事を思い出し、
あの程度の地雷では怪獣にはビクともしていないんじゃないかと考えます。
その考え通り、3大怪獣は未だに健在。
逃げろー!!と爆発する島を全力で走る一行でした・・・


今回はオープン撮影でセットを組み、本格的なバトルシーンが見れたスフラン島の秘密に驚かされました。
まさかこの番組で大怪獣バトルを見る事が出来るなんてw
雑誌の記事によると、レッドキング=ゴジラ、バードン=ラドン、バンピーラ=モスラ幼虫なんだそうで。
何故あのチョイスなんだと思いましたが、そういう理由なんだと納得しましたw
糸を吐くバンピーラも、何気にウルトラマンネクサス以来ですね。
不良怪獣ゼットンも、いよいよクライマックスみたいなのでどういう展開になるのか期待しています。

今週のアイキャッチは不良の前で戦うアントラーとサタンビートル、
アイスラッガーでケーキを切ろうとしているパンドン、手に持つハンマーで鐘を鳴らそうとするピッコロ、
競馬に紛れてレースをしているナツノメリュウとジャンボキング、
東京タワーをクリスマスツリーに見立てて頂上に星を立てるベリュドラでした。
ナツノメリュウが長い首を活かしてトップに立ち最後尾は遅そうなジャンボキングという構成に笑いましたが、
どういう発想でああいうイラストが描けるのでしょうかねw


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|21:24

ウルトラ怪獣シリーズ 1月分新作その2

では、昨日のミクラスに続いての今月の新作怪獣ソフビ人形です。
今月2体目の再販となったのは、こちらのキャラクターとなります。

ウルトラ怪獣シリーズ イフ
完全生命体 イフ
ウルトラマンマックスに登場した宇宙怪獣で、最初は巨大な白い塊といった姿で登場。
DASHが処分しようと攻撃を加えた所、その爆発エネルギーを受けて茶色いゴツゴツとした塊へと変化。
攻撃能力を付加した塊はDASHに向けて火炎攻撃を放ち、
更にビームやミサイル攻撃を受けると全身の突起物からそれと同じものを発射する事態に。
意思を持つかのように怪獣となって暴れだしますが、ウルトラマンマックスの攻撃を受けて更に状況は悪化。
今度は直立した怪獣型の姿となってマックスと交戦し、マックスが繰り出す技の全てをコピーして逆襲。
エネルギーが尽きる事も無く、マックスを退けてしまいます。
その後も暴走が止まる事は無く、街を火の海にして進撃を続けますが、
盲目の少女が奏でるフルートの音色を聞くと大人しくなり、
その音楽をコピーする事で今度は楽器の塊の様な姿へと変化。
攻撃能力も失われ、盲目の少女とミズキを乗せた車を持ったマックスが上空へと誘導。
巨大な楽器となったイフは宇宙空間へと旅立つのでした・・・

マックスの中でも1、2位を争う人気怪獣が本放送以来の再販となりました。
(クリアイエロー版がスラン星人とのセットで販売された事もありますが)
マックスどころか、全てのキャラクターの中で「最強」との呼び声も高いのがこのイフ。
名前の由来である「if(もしも~)」の通り、
その姿や性格等は外からの刺激によって決まる性質を持ち合わせています。
綺麗な音楽に反応するとその音楽を奏でる無害な存在に、
強力なエネルギー攻撃を受けるとそれと同じものを無差別に発射する武器庫に。
この生命体自体に悪意などは存在せず、
善にも悪にもなる可能性があるのでそれを決めるのはこの生命体の周辺にある環境次第という事になりますね。
触らなければそれまでですが、一度手を付けてしまうと間違いなく倒すのは不可能でしょう。
そういう意味では最弱であり、最強であるとも言えるかもしれませんね。

ウルトラ怪獣シリーズ イフ0
イフといえばマックスと戦ったこの「第4形態」が一番メジャーですね。
過去物の再販なので今回もその姿で商品化されています。
成型色が以前のものより全体的に濃くなっており、金色の塗装もより渋い色合いに調整されています。
前回に比べると細かい部分の塗装省略が目立ちますが、
この渋い雰囲気は炎の中で暴れ回るナイトシーンをイメージした色合いなんでしょうかね。
新規塗装部分として、口の一番奥の牙が赤っぽくなっている点も見逃せません。

ウルトラ怪獣シリーズ イフ1
最近のソフビと同じく、相変わらず塗装が寂しい背面です。
しかし背面にある長い突起物など、こんな形状でよく型抜きが成立しますね~
怪獣型なので、尻尾も結構長いです。

ウルトラ怪獣シリーズ イフ2
可動部分は頭、両腕、胴体、尻尾の部分です。
ナツノメリュウと共に再販を望む声が大きかったマックス怪獣だけに、
過去に手に入れ損なった方にとっては良いタイミングでの再販なのではないでしょうか。

このイフが活躍するお話は、明日のウルトラマン列伝にて放送される予定となっています。
ストーリー自体も名作に位置付け出来る内容だと思っているので、
まだ見た事が無い方は一度ご覧になっては如何でしょうか?


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|20:01

ウルトラ怪獣シリーズ 1月分新作その1

遅ればせながら、今月のウルトラ怪獣シリーズの新作ソフビ人形を購入して参りました。
こういう時に、安価な怪獣ソフビ人形は買いやすくて助かります・・・
では、今月に再販となったのはこちらのキャラクターとなります。

ウルトラ怪獣シリーズ ミクラス
カプセル怪獣 ミクラス
ウルトラセブンが所持しているカプセル怪獣の1体であり、
M78星雲内にあるバッファロー星の出身。
モロボシ・ダンがセブンの姿に変身不可能な状況に陥った時にカプセルより召還され、
初登場時にはピット星人が操る宇宙怪獣エレキングと交戦。
自慢の怪力攻撃でエレキングを投げ飛ばす等の活躍を見せますが、
エレキングに巻き付けられた尻尾からの放電攻撃を受けダウン。
2度目はポール星人が操る凍結怪獣ガンダーを迎え撃つべく登場。
こちらも怪力攻撃や口から吐く熱線攻撃で応戦しますが、
ガンダーの飛行能力による素早い攻撃に翻弄されダウンしています。
以降はセブン本編では登場せず、平成ウルトラセブンでようやく再登場。
ウルトラマンメビウスではこのミクラスをモデルにしたマケット怪獣のミクラスが登場し、
ウルトラギャラクシー大怪獣バトルNEOでは、
主人公のレイがセブンによりミクラスを一時的に貸し与えられ、ゴモラやリトラ等と共闘しています。
大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIEではダンによって召還され、
仲間のカプセル怪獣であるウインダムやアギラと初の3体揃い踏みを披露しました。

大怪獣バトルNEO放送以来となる、ミクラスの再販となりました。
本来は定番ソフビで存在すべきキャラクターだと思うのですがねぇw
今回はウルトラマン列伝放送に合わせての再販で、
列伝の放送共々ウルトラセブン45周年記念のアイテムという事になっているんでしょうか。
造型はメビウス時のものを使用しており、彩色が色々と変更されています。

ウルトラ怪獣シリーズ ミクラス0
まず目を惹いたのは、鼻の中が赤く塗られている点でしょうか。
これはメビウス時にも大怪獣バトル時にも無かった塗装で、
オリジナルのセブン版のミクラスを意識したんでしょうね。
他にも目の淵がピンク色では無かったり、全体的に淡い感じの色合いになっていたりします。

ウルトラ怪獣シリーズ ミクラス1
背面です。
一部模様の塗装は省略されていますね。
塗装だけでは無く、茶色い成型色も淡い感じになっています。

鼻の穴の塗装やタグを見る限りはウルトラセブン版だとは思うのですが、
この全体的な雰囲気を見るとセブン本編やウルトラ銀河伝説で雪原で戦っていたイメージを受けましたね。
お相手はガンダーかベムスターにお願いしましょうかw
次回は同時発売のもう1体のソフビ人形をご紹介する予定です。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|19:14

ウルトラマンサーガ 店頭用PV公開

youtubeのウルトラチャンネルにて、
映画「ウルトラマンサーガ」の店頭用PVが公開されています。


今まで流れていた予告編映像とは大幅に内容が異なっており、
AKB48の面々が演じるチームUの顔ぶれ、DAIGOさん演じる主役のタイガ・ノゾム、
つるの剛士さんが演じるアスカ・シン、杉浦太陽さんが演じる春野ムサシの新規カットが流れたり、
地底から出現するアーストロンや喋るバット星人、巨大なCGゼットン(恐らく幼虫?)、
レギオノイド軍団を撃滅するウルトラマンゼロ、八つ裂き光輪の様な光線を放つウルトラマンサーガ、
飛行するハイパーゼットンなどかなり見所満載の内容になっていますね。

個人的に気になった点は、フルCGの巨大ゼットンの声がゼットン2代目であった所w
やはりバット星人製だとこうなる運命なのでしょうか。
ハイパーゼットンはお馴染みのゼットンの声を少し加工したものになっていましたね。

そしてもう一つ、ウルトラマンゼロが宇宙空間の惑星上で、
レギオノイド軍団と戦うシーンも気になる所です。
雑誌などの情報によればベリアル銀河帝国軍の残党と戦うシーンが冒頭にあるらしく、
その描写がこのシーンという事になっているのでしょうかね?
(今回のOVでもラストは前作の映画の舞台であるアナザースペースへと帰還していましたし)
もしかすると、ウルティメイトフォースゼロの面々も顔出し程度の出演があるのかも?

CG等も以前の予告より細かくなっており、
これがほとんど完成映像と言って差支えが無いんでしょうかね。
今回は店頭用PVという事でしたが、近い内に予告編も見る事が出来そうなのでそちらも楽しみです。
公開までまだ2ヶ月以上あるのが少し長く感じますねぇw


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|00:27

近況報告

皆様、多数の励ましのコメントをありがとうございます。
とりあえず荷物の整理なども一段落し、実家に戻って一息ついている最中です。
アルバイトの面接も終え、採用であれば来週から動き出す予定となっていますが、
やはり前職より収入面が大幅に劣ってしまうので今まで通りの生活は出来そうにありませんね。
アルバイトと並行して就職活動もやらないといけませんし、
出来れば今年中に再就職しないと色々とマズいので時間との戦いも強いられる事になるでしょう。

一番キツいのは、今まで組んでいた予定などが全て崩れ去ってしまった事。
買いたいものや小旅行の予定が全て無くなってしまい、
私にとっての至福の一時がかなり後回しになってしまいそうですね。
(むしろ再就職出来なければもう完全消滅しそうな勢い)
貯金も生活費に当てるしかありませんし、
こうなるとやはり趣味代が真っ先に切り捨てられるというお話は本当なんだなぁと今更ながら感じています。
所持しているグッズを売り払うという選択肢も視野に入れないといけないと思うと、
今まで何で集めてきたんだという気持ちが大きくなるのでそれは出来るだけ避けたい所です。

しかし、こうなる前に映画「ウルトラマンサーガ」の前売り券を買っておいたのは本当に良かったです。
もし仕事を辞める前に買っておかなければ、最悪レンタル待ちという状況になっていたかもしれませんし。
総天然色ウルトラQのブルーレイBOXⅡ用のお金も既に用意していたので、
その2つだけは何とか堪能する事が出来そうです。
当面はその辺りに希望を見出して何とかやって行こうかな、と考えております。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|11:47

とりあえずご報告

さて、年も明けて2012年になった訳ですが・・・
年末年始の無理が祟って風邪をひいてしまい、それも治った矢先の出来事ですよ。
何処からお話すれば良いのか解らないので、とりあえず事の発端から・・・

まず私の勤めている職場なんですが、去年の半ばに他企業に買収され、
上層部がほぼ総入れ替えとなりました。
簡単に言うと、以前その地位に居た人間は全員会社を去っています。
下っ端の私にとってはあまり関係の無い事でしたが、
見知っている顔ぶれが少なくなったのには違和感しか感じませんでしたね。

勿論新しい上層部との折り合いが良いはずも無く、
以前の様な上下の意思疎通が図れないばかりか、有り得ない指示を受ける事も度々ありました。
最初の内は現場の事を理解していないんだなぁと同僚と話したりしていましたが、
一向に良くなる気配が無く、流石に物申すレベルだなとある時気付いた訳です。
そして行われた他の同僚や上司を巻き込んでの上層部へのクレーム。
これで上も少しは考え方を変え、私達の仕事も以前のやり方に段々と近付いていたのですが・・・
それでも改悪が目立つ所が多々あり、
私の知っている上司がそのやり方や上層部の態度などに反発して何人も辞めて行きました。

そんな中、一昨日に突然発表されました、今働いている職場を閉鎖するとの命令が下ったのは。
関西に数ヶ所同じ様な職場があるのですが、その内の2つを閉鎖するとの話が会議で持ち上がり、
その内の1つが私が勤めていた職場だった訳です。
確かに他の場所に比べれば利益が少なかったのは事実ですが、
この時期に何故!?という気持ちが流石に抑えきれませんでした。
しかしもう何を言っても覆らない決定事項の様で、私が5年ほど勤めた職場は閉鎖決定。
今月中旬をもって私も職を失う事となりました。

上層部との折り合いが悪かったのは私の職場だけではありませんでしたし、
単純に利益関連だけで閉鎖命令が下ったんでしょうかね。
前々から話に聞いていましたけど、どうやら前の上層部のカラーがかなり強すぎて、
そのイメージを変える為に一度規模を縮小。
新たに自分達のカラーである新しい職場を作り出す気で居るというのが本音なんでしょうね。
しかしそのイメージチェンジの為に下っ端が被害を被るなんてもっての他です。
先に辞めていった上司達も薄々その事に気付いていたので、早めに会社から脱出したのでしょうかねぇ。

以前の記事で今年こそは明るい年になればいいなと思いを綴っていましたけど、
新年早々にこんな目に合うとは思いもしませんでした。
閉鎖の話題を耳にした私は今まで溜まっていた鬱憤が爆発し、
その場で上司に辞表を出して会社を辞めて来ました。
なので今は実質プーですw
とりあえずアルバイトでも何でも良いので早めに職を見つけるのが最優先ですね。
友人のコネで繋ぎのバイトは何とかなりそうですけど、再就職先も今から探さないとなぁ。

このブログも更新自体は続けたいと思いますが、時間や金銭的余裕が今後どうなるか解りません。
グッズなども貯金を切り崩して本当に欲しいものだけを買う様にしないといけないですし、
もしかすると掛け持ちのバイトをやる事になればパソコンにすら触れなくなりますからね。
記事の更新頻度も落ちるかもしれませんが、その辺もどうかご了承下さいませ・・・

人生、一寸先は闇。
臨機応変に生きる力を身に付けておくのは、
学業よりも遥かに大事だという親父の言葉が身に染みました。
(そんなに成績が良かった訳でもありませんでしたがw)


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(24)トラックバック:(0)|02:12

ウルトラマン列伝 第27話

ウルトラマン列伝 タイトル
遅ればせながら、昨日の朝に第27話が放送されました!
第27話 「湖のひみつ!セブン対エレキング!!」
ウルトラセブン第3話「湖のひみつ」の内容を放送しました。

お正月のウルトラマン列伝は特別編という事で、火曜日の朝9時からの放送となりました。
OPもウルトラマンゼロのナレーション入りの特別仕様となり、
動画もウルトラマンサーガ、ウルトラマンゼロ外伝キラーザビートスター、
ウルトラマン、ウルトラマンガイア、ウルトラマンコスモス、ウルトラマンマックスの映像が登場。
初日の出を拝みながらウルトラセブンの45周年記念を祝う等、
今回限りの映像もありましたねw

さて、本編はウルトラセブンの第3話。
DVDでもお馴染みである、デジタルリマスター版での放送となりました。
ウルトラセブンでは珍しい怪獣中心のお話であり、ウルトラ警備隊の隊員の活躍、
発進シークエンス等細かなメカニックの描写、ピット星人やその円盤内の不気味な描写、
盗まれたウルトラアイ、基地内に侵略者が潜入、カプセル怪獣と宇宙怪獣の戦い・・・
等々、これからのウルトラセブンの魅力を詰め込んだお話になっているんですよね。
ストーリー自体は割と王道な造りになっていますが、
キングジョー前後編と並ぶ小さな子供が楽しめるウルトラセブンとしては良いチョイスだと思います。

登場宇宙人はピット星人。
双子の姉妹に化けてウルトラ警備隊やモロボシ・ダンを翻弄し、
基地内部で破壊活動を行ったり、ウルトラアイを盗むなど結構凄い宇宙人だったりするんですよねw
後にもエレキングが登場するシリーズには高確率で出現しております。
その配下は宇宙怪獣エレキング。
今やウルトラシリーズを代表する人気怪獣の1体として認知されていますが、
目が無くクルクルと回転する角、電撃攻撃を放つ、長い尻尾と個性は抜群。
後の様々なシリーズでも登場し、
ウルトラギャラクシー大怪獣バトルでは主人公のレイが使う怪獣の1体として選ばれる等、
近年も色んなメディアで活躍していますよね。

対するはカプセル怪獣の1体であるミクラス。
ウインダム、アギラと共にウルトラセブンに仕えている怪獣ですが、
セブン本編ではやられ役といった印象があるのが悲しいですよねw
(今回もエレキングの電撃攻撃でダウンしてしまいますが)
その後は平成ウルトラセブンやウルトラマンメビウス、
ウルトラギャラクシー大怪獣バトルNEO、ウルトラ銀河伝説 THE MOVIEでも大活躍。
ウインダムやアギラと共に、勝ち星を挙げる事も多くなりました。

最後に登場するのは我らのヒーロー、ウルトラセブン。
エレキングの電撃攻撃を受けても反撃を続け、アイスラッガーでエレキングを切断!
(このシークエンス、今回はまさかのノーカット放送でしたw)
そして逃げるピット星人の円盤も追い詰め、エメリウム光線でトドメ。
こうしてまた一つ、侵略者の野望は打ち砕かれたのでした。

最後のウルトラマンゼロのコメントでは、
自分達ウルトラ戦士と共に戦う仲間だとカプセル怪獣を紹介しております。
ウルトラマン列伝 ウルトラ4兄弟
さて、このウルトラ4兄弟の中で帰ってきたウルトラマンは今月末に放送するのが確定しているので、
残るはウルトラマンエースだけですが今年に40周年を迎える彼のお話は果たして?

次回は平成3部作のトリである、ウルトラマンガイアが登場!
コッヴ、そしてギールと戦う第2話の内容と第1話の軽いおさらいを放送予定です。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(6)トラックバック:(0)|18:15

お正月だよ!ウルトラマン開催中&ミラーファイト2012

皆様、新年明けましておめでとうございます。
どうぞ本年も当ブログを宜しくお願い致します。
ここ3日ぐらい睡眠時間がロクに取れず、友人達との忘年会、会社の忘年会、
親戚一同集まってのお正月、友人達との初詣・・・等々凄まじいハードスケジュールでした。
普通に仕事しているよりよっぽど体に悪い気がしますw

さて、2012年という事で今年はウルトラセブン誕生45周年記念のメモリアルイヤーですね。
3月には映画「ウルトラマンサーガ」が公開されますし、当面はそちらの話題が中心になるでしょうか。
年末からは恒例行事となりつつある「お正月だよ!ウルトラマン全員集合!!」が東京ドームシティで開催され、
その速報レポートがyoutubeのウルトラチャンネルにて公開されていますね。

ウルトラマン列伝効果か、去年より客入りはかなり向上していると公式ブログにも記載されています。
ウルトラマンサーガの劇中で使用された展示物などもありますし、
ショーではハイパーゼットンとウルトラマンサーガのバトルが一足早く拝めるとの事。
まだ公開されていない映画の最新予告編も見れるそうですし、
これが京セラドームで開催なら私も行く事が出来るのですが・・・w
1月7日まで毎日開催中との事なので、気になる方は是非チェックしておいて下さいませ。

同じくウルトラチャンネルでは、巨年末に放送40周年を迎えたミラーマン関連の動画が公開されています。
その名も「ミラーファイト2012 ウルトラマンランドの決斗」!

ウルトラマンランド内で、ミラーマンとレギュラン星人ヅウォーカァ将軍&アイアロンとの激闘!
・・・と言うよりはかなり緩~い戦いに仕上がっていますw
ウルトラファイトと同じく、ミラーマンもミラーファイトと呼ばれる番組がかつて放送されており、
新DVDシリーズ発売記念としてその最新作が製作されたみたいですね。
全5話が製作されており、その模様はDVD第10巻目に収録されるとの事。
プレビュー版として、ウルトラチャンネルとニコニコ動画で各1話ずつ配信されるみたいですね。
あるお話ではリメイクヒーローであるミラーナイトとの共闘も実現する等、私的にもかなり気になっています。
1月11日にはニコニコ動画でもう1つのお話も公開予定なので、そちらも楽しみですね~

さて、明日はウルトラマン列伝の放送日。
お正月という事で、火曜日の放送な上に時間帯は朝9時からという変則ぶり。
忘れない様に、今から録画予約しておく事をお勧めします。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(8)トラックバック:(0)|13:45
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ