大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

てれびくん付録DVDで、ゼロとゾフィーがバードンに挑む!

児童誌のてれびくんとテレビマガジンを購入して参りました。
テレビマガジンでは、ミニ冊子で映画「ウルトラマンサーガ」の内容を詳しく紹介しています。
バット星人がどういう方法でハイパーゼットンを使い「神」になろうとしているのか等、
まだ公開されていないネタバレも少しだけ掲載されています(まぁ予想はついていましたが)。
惑星ジュランに居る怪獣も、少しだけ画像が大きくなっていてもう数種類が判明。

てれびくんでは、付録の目玉である
ウルトラマンサーガ ゼロ&ウルトラ兄弟 飛び出す!ハイパーバトル!!
というDVDが付属しています。
付録の3D眼鏡を使うと、一部シーンの映像が3D仕様で見る事が出来る新規撮影のバトルDVDですね。
ネタバレになるのであまり深くは突っ込まないですが、軽く内容をご紹介します。

ウルトラマンサーガ ハイパーバトルDVD
怪獣墓場を何者かが荒らし回る事件が多発している時、
ウルトラマンゼロは宇宙空間に浮かぶ小惑星上で宇宙恐竜ゼットンと交戦。
エメリウムスラッシュを反射する等、やはりゼットンは強敵です。
ゼロは大きく飛び上がり、
ウルトラゼロキックをお見舞いしようとするのですがゼットンは突然消え去ってしまいます。

ウルトラマンサーガ ハイパーバトルDVD0
ゼットンを連れ去ったのは、怪獣墓場を荒らし回っていた張本人である触覚宇宙人バット星人!
バット星人は怪獣墓場の魂を利用し、怪獣兵器を生み出す実験を行っていたのでした。
邪魔なゼロを倒すべく、小惑星上にゼロのエネルギーを奪う特殊な緑色のフィールドを展開。
更に、1体の怪獣兵器をゼロの元に向かわせます。

ウルトラマンサーガ ハイパーバトルDVD1
それは火山怪鳥バードンから生み出された、怪獣兵器バードン!
エネルギーを奪われた挙句、強敵のバードンを差し向けられピンチに陥るゼロ。
バードンの怪力や嘴の連続攻撃に苦しめられますが、そこに何者かが放った光線がバードンを直撃。
バードンを怯ませます。

ウルトラマンサーガ ハイパーバトルDVD2
その光線は、宇宙警備隊長ゾフィーが放ったZ光線!
ゾフィーはゼロのピンチに駆け付け、
ウルトラコンバーターを手渡してゼロのエネルギーを補充するのでした。
ここにゼロとゾフィーのタッグが結成、怪獣兵器バードンに挑みます!

大まかなあらすじはこんな感じでしたね。
声優はゼロとゾフィーが劇中通りでしたが、バット星人の声は当たり前ですが東国原さんではありません。
聞き覚えのある渋い声なのですが、今回は声優クレジット等が無いので不明。
恐らく大御所声優だとは思うのですが、一体誰なんでしょう・・・?
(ウルトラマン列伝の公式ブログで、柴田秀勝さんである事が明かされました)

ゾフィーはバードンに苦い思い出があるはずですが、そんな事は微塵も感じさせない勇士に軽く感動しますw
最後にはウルトラマンゼロとの合体技も披露しますし、
短い収録内容ながら映画の前哨戦としては満足の行く内容でした。
次元移動が可能であるウルティメイトゼロの解説として、
前作の映画「ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国」や、
OV作品「ウルトラマンゼロ外伝 キラーザビートスター」の映像も一部収録されています。

更に来月末のウルトラマン列伝第39話にて放送される、
ウルトラ兄弟vs怪獣兵器軍団の映像も先行公開。
5対5の映像を見るだけでもかなりワクワクさせられる内容でした。
(そういえばナックル星人は、登場怪獣を振り返る過去の映像で登場だそうです)

ここでしか見られないウルトラマンゼロの特別バトル。
そしてゾフィーがバードン相手にリベンジを果たすという内容なので、
ウルトラファンなら絶対に3月1日発売のてれびくんは「買い」だと思います。
3D映像部分は、メガネ無しでも映像が少しブレるだけなので普通に肉眼でも見る事が出来ますし、
顔見せ程度ですがウルトラマンダイナ、ウルトラマンコスモス、ハイパーゼットン、
そしてウルトラマンサーガの新撮映像も収録。
書店で見かけたら、是非てれびくんを手にとって下さいませ~

ちなみに、毎年恒例の書籍「超全集」もウルトラマンサーガのものが3月末に発売決定。
更にてれびくん特別編集である、
ウルトラマンサーガ特集の書籍も映画公開と同時に発売される事が告知されています。
こちらには、対決セットのウルトラマンサーガミニソフビの特別クリアバージョンが付録で収録。
どちらも見逃せませんね~

本日放送のウルトラマン列伝の記事は、明日に投稿する予定です・・・


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
関連記事
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|14:06

ウルトラゾーン 第18話&CD情報

ウルトラゾーン
遅ればせながら、サンテレビにてウルトラゾーン第18話が放送されました。

まずはウルトラゾーンチャンネルより、
公園清掃員の挑戦!という事で誘拐怪人ケムール人が登場。
都内の綺麗な公園で機嫌良く走り回るケムール人。
園内の花を見て楽しんでいましたが、虎太郎と名乗る清掃員から声をかけられます。
清掃員はケムール人の足元に落ちていたゴミをケムール人が捨てたものだと勘違い。
必死に潔白を訴えるケムール人でしたが、
服を脱ぎ捨て自慢の肉体を披露した清掃員は問答無用と襲い掛かってきます。
ほうきの仕込刀を振り回し、それを必死に避けるケムール人。
しかし素早い身のこなしに翻弄され、遂にケムール人は追い詰められてしまいます。
驚いたケムール人は頭頂部から液体を発射。
その液体がゴミに降りかかり、ゴミは消滅してしまいます。
それを見た清掃員は「解れば良いんだ」と満足げに立ち去って行きますが、
ケムール人の足元には清掃員が脱ぎ散らかした服が落ちているのでした・・・

続いてのウルトラゾーンチャンネルは、ラゴン一家という事で海底原人ラゴンが登場。
冬にもかかわらずアイスキャンディーを売るおじさん。
こんな季節に売れる訳が無いのですが、そこに子供ラゴンが通りかかります。
おじさんが売れ残りのアイスキャンディーをあげると喜ぶ子供ラゴン。
しかし、そこに子供ラゴンの両親まで現れます。
両親もアイスキャンディーを美味しそうに食べるのですが、
今度は一家揃っておじさんの家に居候。
凄い食欲に呆れるおじさんでしたが、日が経つ内にラゴン一家に愛着を感じ始めます。
宝くじで500万円が当たったり、アイスキャンディー好きな恋人もゲットするおじさん。
しかしおじさんの恋人を見たラゴンは突然彼女にビンタを浴びせます。
彼女は家を出て行き、おじさんはラゴン一家に怒って彼らを家から追い出してしまいます。
しかし、彼女が玄関で悲鳴をあげているので急いでそこに向かうおじさん。
すると彼女は子供ラゴンに捕まり、その手には宝くじの券を握り締めている所でした。
彼女は結婚詐欺師であり、ラゴン一家はその事を見抜いていたので彼女に迫ったのでした。
その事に気付いたおじさんは、ラゴン一家を追い出してしまった事を激しく後悔します。
アイスキャンディーもまた売れなくなり、自暴自棄になるおじさん。
そこにラゴン一家が現れ、人々にアイスキャンディーを売っている姿をおじさんに披露します。
おじさんはラゴン一家に抱き付き、今度は1人と3匹でアイスキャンディーを人々に手渡すのでした・・・

メフィラスの食卓は後編という事で悪質宇宙人メフィラス星人が登場。
総理大臣と会食をするメフィラス。
総理は必死に破壊活動を止めるように説得しますが、
ホームレスのおじいさんが事件の引き金だと知るとそんな人間の為に・・・
とおじさんを見下した様な発言を連発。
メフィラスはその言葉を聞き、言う事は尤もらしいが何処か欺瞞に満ちていると指摘。
世捨て人を救うのは総理の責任では無いのかと言い、そのまま超能力で総理を何処かに飛ばしてしまいます。
都内では空から巨大なラッキョが落下し、次の瞬間に巨大な姿となった総理大臣が出現。
自分の意思ももはや無く、メフィラスの超能力で晒し者となってしまいました・・・
続いて子供を召還するメフィラスでしたが、赤ん坊だった為に流石に無理だと判断。
その母親と共に食事をする事となります。
しかし母親は自分だけ美味しいものを食べるのはおかしいと食事を拒否し、
自分よりも大切な家族に食べさせたいと話します。
メフィラスは人間には自分よりも大切な存在があるという事に驚き、
家族で食卓を囲んで食べる料理こそが一番美味しいものである事を知ります。
この食卓を世捨て人から貰ったと話すメフィラスですが、
母親は見覚えがある食卓だと気が付いて目を潤ませます。
再びホームレスのおじいさんの元へと戻り、食卓を返すメフィラス。
メフィラスは自分にも兄弟が居る事を話し、おじいさんは餞別だとラッキョ入りのビンを手渡します。
自分は故郷に帰るが、おじいさんはやり直さないのかとテレパシーで話すメフィラスでしたが、
おじいさんはもう遅すぎたとやり直す事を諦めている様子。
するとメフィラスは食卓を裏返し、そこのラクガキをおじさんに見せます。
ラクガキはお父さんの事が嫌いだと書かれていたはすでしたが、
今度はお父さんの事が大好き、帰ってきて!というメッセージに変わっていたのでした。
それを見て、まだやり直せる事に気づいたおじいさんは号泣。
メフィラスはその様子を見守り、恐らくその後は宇宙へと帰って行ったのでしょう・・・


メフィラスの食卓は、前後編共にメフィラス愛に満ちた良作でしたね~
後編では巨大フジ隊員ならぬ、巨大総理大臣まで登場させるとはw
他人を思いやる心を知り、おじいさんにやり直すチャンスを与えたメフィラス。
彼は如何なる心中で故郷へと帰還したのでしょうかね。
今回のアイキャッチは、かまくらの中でおしるこを食べるガンダー、
みんながうなだれる中で一人だけハイテンションにカラオケをするペガッサ星人、
灯油販売車に注文するタッコング(しかし販売車の運転手はタッコングを睨み付けるザザーン)でした。
ザザーンはまだタッコングを怨んでいるんでしょうかねw

そしてブルーレイ&DVDソフトが発売中のウルトラゾーンですが、
来月の第2巻には初回特典としてこの番組のサウンドトラックCDが付属するみたいですね。
この番組のBGMは、基本的にウルトラQと初代ウルトラマンのスコアを再演奏したもの。
これはウルトラゾーンに関係無く、
ウルトラQとウルトラマンの名曲が今の音質で聞けるというちょっとした事件では無いでしょうか。
何処まで収録されるかは不明ですが、お金が無い私としてもこの巻だけは何としても欲しい所です・・・

さて、明日はウルトラマン列伝の放送日。
特別総集編という事で、ゾフィーとウルトラマンゼロが登場するゼットン特集となります。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|19:53

ウルトラ怪獣シリーズ 2月分新作その3

色々とあってこの数日間は1日10分程度しかPCを触れていません。
コメント返信などはしばらく出来ませんので、どうかご了承下さいませ・・・

では、バット星人に続いてウルトラ怪獣シリーズの新作ソフビ人形をご紹介したいと思います。
久々の登場となったのは、こちらのキャラクターとなります。

ウルトラ怪獣シリーズ グビラ
深海怪獣 グビラ
初代ウルトラマンに登場したグビラは海底基地や潜水艦を襲い、
ウルトラマンと水中で一戦を交えた後に地上へと逃亡。
そこでウルトラマンと激突し、敗れ去っています。
特徴的な鼻先のドリルで地中を掘り進み、いざという場合は敵を貫く武器として使用。
更にウルトラマンの八つ裂き光輪をドリルに引っ掛け、逆に打ち返すといった離れ業も披露しています。
深海怪獣らしく泳ぎは大の得意で、更にクジラの要領で威嚇の為に敵に向かって潮を吹き付ける能力も。
映画「ウルトラマンサーガ」でまさかの再登場が決定しており、
バット星人が怪獣墓場にあった魂を実験材料として蘇生させたというのが出現理由だそうです。
ウルトラマンコスモスと戦うシーンがあるみたいですが、映画公開前なので詳細はまだ不明です。

映画やウルトラマン列伝の放送に合わせて、グビラのソフビがリメイクとなりました。
旧版はお世辞にも似ているとは言えない造型&塗装でしたが、
今回は実際のスーツのイメージを踏襲した出来となっていて一安心。
四足怪獣の為、ややボリューム不足なのが難点でしょうか。

ウルトラ怪獣シリーズ グビラ0
正面から見ると、かなりユニークな外見となっていますw
スーツの皺の造型も再現されており、素晴らしいですね~
ちなみに頭頂部には、潮を噴き出す穴まで造型されています。

ウルトラ怪獣シリーズ グビラ1
やはりグビラは横から見るのが一番ですね。
白い模様は再現されていますが、
黄色い模様は流石にコスト的限界があったのかスプレー塗装で表現されています。

ウルトラ怪獣シリーズ グビラ2
背面です。
後ろ足は一体成型なので可動しません。
ちなみに成型色は黒。

出来は中々良いのですが、やはり小さめな点だけが残念でしたね。
ちなみにウルトラマンサーガハイパーゼットンも通常版が同時発売となっていますが、
先行販売分と中身は同一の様なので私は買っておりません。
各地で先行分は瞬く間に売り切れていたので、
前回手に入れ損なった方は映画公開の前に入手しておく事をお勧めします。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|18:03

ウルトラ怪獣シリーズ 2月分新作その2

アパテーに続き、今月のウルトラ怪獣シリーズの新作ソフビ人形を購入しました。
映画「ウルトラマンサーガ」より、まずはこちらのキャラクターをご紹介します。

ウルトラ怪獣シリーズ バット星人
触角宇宙人 バット星人
かつて「帰ってきたウルトラマン」の最終話に登場した宇宙人の同族で、
以前の個体はゼットン2代目を引き連れてウルトラマンジャックを襲撃。
更に仲間の一団がウルトラの星を攻撃するという「ウルトラ抹殺計画」を実行しました。
しかしその作戦は見事に打ち砕かれ、地球とウルトラの星の平和は守られたのですが・・・
今回のバット星人は別の宇宙に移動出来る特殊な宇宙船に搭乗。
様々な宇宙から怪獣のデータを収集しつつ、実験と称して宇宙に壊滅的な打撃を与えた事が知られています。
その野望は、究極のゼットンを生み出し自らが全宇宙の神となる事。
如何なる犠牲も問わず、実験を繰り返すマッドサイエンティストの様な存在みたいですね。
まだ映画本編を見ていないので、どういったキャラクターとなるのか今から楽しみな一体です。

バット星人の商品化は、ウルトラ怪獣シリーズでは初となりますね。
そもそも初代バット星人があまり立体化に恵まれていないという理由もあるのですがw
リメイクデザインとはいえ、ようやく定番ソフビの仲間入りというのは喜ばしい事です。
このバット星人の声優は、元宮崎県知事である東国原英夫さん。
CMなどでも、その怪演ぶりを窺う事が出来ますね~

ウルトラ怪獣シリーズ バット星人0
正面から。
造型は申し分無い出来だと思います。
こうやって見てみると、腕のアーマーはハサミが展開したような形になっていたり、
全身の鎧的な感じなど初代バット星人の面影が要所要所に感じられるデザインになっていますね。
彩色は元のスーツの配色が細かいので、一部は省略されています。

ウルトラ怪獣シリーズ バット星人1
背面です。
バットの名の通り、コウモリの羽状マントが背中に存在しています。
初代は腕の間に翼がありましたが、マント状にするだけで割と大物感が漂っていますねw

ウルトラ怪獣シリーズ バット星人2
可動部分は両腕のみ。
ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟のザラブ星人、ガッツ星人、ナックル星人、テンペラー星人、
大決戦!超ウルトラ8兄弟のスーパーヒッポリト星人に続くリメイクデザインの宇宙人。
映画だけではなく、今後も様々な媒体で活躍しそうですね~
次回は同時発売のグビラをご紹介する予定です。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(7)トラックバック:(0)|16:01

ULTRA-ACTでジャンキラー発売決定!&グリッドマンも・・・?

6月発送予定のアンドロメロスに続いて、
ULTRA-ACT(ウルトラアクト)の限定商品が発売決定となりました。
こちらもイベントにて試作品が展示されていた、ジャンナインことジャンキラー!

ウルトラアクト ジャンキラー
http://p-bandai.jp/tamashiiwebshouten/a0011/b0013/item-1000015153/

商品発送予定
・2012年7月を予定
商品仕様
・交換用頭部(ジャンナイン再現頭部)
・交換用手首(左右)×各2種
・交換用手首(ジャンボット専用 開き手左右)
・交換用頭部(ジャンボット 赤目Ver.)
・バトルアックス(発光無Ver.)
・ジャンバスター再現パーツ

やはりパーツ差し替えで、黄色い目になったジャンナインも再現可能という仕様になりましたね。
腹のパーツが展開する、必殺技のジャンバスター用パーツも嬉しい所です。
最大のポイントは、ビートスターに洗脳されて暴走したジャンボット用パーツが付属する所でしょう。
赤目頭部とクリアパーツ無しのバトルアックスをジャンボットに差し替えてやれば、
エメラナ姫を襲ったあのシーンも再現可能となりますね。
暴走用にもう1体ジャンボットが欲しくなる所・・・w

しかし、ジャンナインでは無くジャンキラー名義の商品なんですね。
最近アクトは敵役が少ないので、これで一応補充という括りになっているのでしょうか?
本体はジャンボットと同じく一部ダイキャスト仕様になっており、
あの完成度の高いジャンボットの仕様を受け継いでいるので出来はかなりのものとなるでしょう。
現在予約受付中なので、ウルトラマンゼロ、ミラーナイト、グレンファイヤー、
ジャンボットを所持している方は5人目の仲間であるジャンナインも是非入手して下さいませ。


そして、魂ウェブの公式日記ではイベントにて情報が出ていた、
ウルトラアクトのグリッドマンの開発が進行中である事を公開しています。
http://tamashii.jp/staff_diary/diary.php?eid=00800&level=01
http://tamashii.jp/staff_diary/diary.php?eid=00801&level=01
http://tamashii.jp/staff_diary/diary.php?eid=00804&level=01
ウルトラアクト グリッドマン 開発中
世代人としてはワクワクが止まらない画像ばかりw
ウルトラヒーローではありませんが、
円谷ヒーローである事には間違いないのでウルトラアクトでの商品化に決まったんですね~
グリッドマンだけではなく、アシストウェポンなど武器や合体するギミックも搭載するかどうか検討中。
これが実現すれば、かなり面白いアクションフィギュアになると思うので是非企画が進んで欲しいものです。
このグリッドマンに対するアンケートも日記内のページで受付中なので、
商品化を実現させる為にもファンの皆様は一度答えてみては如何でしょうか?
宿敵のカーンデジファーもオプションパーツの一員として候補に入っているのは期待せざるを得ませんw


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(6)トラックバック:(0)|15:43

フィギュア王より、列伝が結構凄い!?

本日発売のフィギュア王を購入して参りました。
まずはウルトラマン列伝情報から。

3月7日放送  第36話「新たなる影!ゼルガノイド出現!!」
3月14日放送 第37話「スフィアの脅威!太陽系消滅!!」
3月21日放送 第38話「ウルトラマンダイナ!明日へ!!」
3月28日放送 第39話「超決戦!ウルトラヒーロー!!」

まずはソフビ人形のゼルガノイドとの連動で、ウルトラマンダイナ最終章を3話連続放送ですね。
これを見れば、映画「ウルトラマンサーガ」をより楽しめる構成となります。
そして第39話なんですが、映画内で尺の都合で大幅にカットされたと噂されている、
ウルトラ兄弟VS怪獣兵器軍団の戦いの模様が放送されるとの事!
私としては大スクリーンでこのバトルが見たかったという気持ちが強いですけど、
本来カットされたはずの映像がウルトラマン列伝の中で放送されるというのは異例中の異例。
ソフト化の際に特典映像で陽の目を見るべき映像を、映画の宣伝の為に使うという方針は賛成です。

内容自体はウルトラマンサーガの特別総集編で、
映画の見所を紹介しつつウルトラ兄弟vs怪獣兵器の戦いの模様を流すとの事。
更に、未だ情報が出ていない暗殺宇宙人ナックル星人も登場が決定。
新規撮影でウルトラマンゼロと絡むのか、それとも怪獣兵器と共にウルトラ兄弟に挑むはずだったのか?
とにかく、39話はファン必見の内容になる事は間違い無いでしょう。

もう一つのポイントですけど、3月末の回は「最終話」ではなく「第39話」なんですよね。
以前の記事で触れた通り、これは放送延長が決定したと見て良いでしょう。
1クール延ばして丁度1年放送にするのかは不明ですが、
今は放送延長が決定した事をファンの一人として喜びたいと思います。


玩具情報は食玩の「アクションアーカイブシリーズ」の新作がお披露目。
前回は差し替え変形のジャンボットが出て驚きましたが、
今回のラインナップはこんな感じになっています。

・アクション!ウルトラマンサーガ
・変身!ウルトラゼロアイ&ウルトラマンサーガブレス
・変形!Uローダー

目玉はやはりUローダーでしょう。
劇中通り変形が可能で、現在唯一の商品化となっています。
複数集めて怪獣ソフビやULTRA-ACT(ウルトラアクト)と並べれば面白そう・・・
発売は4月で、1個525円となっています。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|18:52

ウルトラマン列伝 第34話

ウルトラマン列伝 タイトル
本日、第34話が放送されました!
第34話 「真の勇者!その名はムサシ!!」
ウルトラマンコスモス最終話「真の勇者」の内容を放送しました。

本編も前回の続きとなっており、
カオスヘッダーに対してSRC及びチームEYESも遂に決戦を望む決意を固めます。
そんな中、善でも悪でも無い存在だったカオスヘッダーが感情を持った事を指摘するムサシ。
ムサシはただ一人で、カオスヘッダーとも分かり合える日が来る事を信じていたのでした。
その時、地球にカオスヘッダーの集合体であるカオスダークネスが来襲。
市街地を破壊し、進撃を開始します。
ヒウラキャップはムサシの話を理解しつつも、
このままにしてはおけないとチームEYESを出撃させます。
続いて攻撃を加えますが、平然と突き進むカオスダークネス。
その前に立ちはだかったのは、島から逃亡したはずのリドリアスでした。
更にボルギルスやモグルドンが出現し、
防衛軍の司令官は怪獣達がカオスヘッダーに向かっている事を察します。

容赦無くリドリアスをカオス化させようとするカオスダークネスでしたが、
リドリアス達は何時もと鳴き声が違い、カオスダークネスに何かを訴えかけている様子。
カオスダークネスはその鳴き声を聞いて戸惑いの表情を見せますが、
尚もリドリアスに攻撃を続けます。
ムサシは地上で単独行動をとり、
カオスダークネスに戦いを止める様に訴えかけますがまたしてもカオスダークネスの返答は攻撃。
ムサシの絶体絶命の危機を救ったのは、
エネルギーがほとんど残されていないはずのウルトラマンコスモスでした。
コスモスはムサシを救い出し、コロナモードへとチェンジをして戦闘を開始。
もはや交渉不可能と断定したのか、カオスダークネス相手に本気の戦いを仕掛けます。
その事に気付いたムサシはコスモスにさえ戦いを止める様に説得しますが、
エネルギー切れ寸前のコスモスは必殺光線もロクに撃てない状況である事を察します。
カオスダークネスの反撃に合い倒れ込むコスモス。
リドリアスは尚も鳴き声でカオスダークネスを説得し続けますが、
頭を抑えて苦しがるカオスダークネスはムサシに光弾を放ちます。

倒れこんだムサシは、コスモスから貰った青い石を発見。
その石の力がムサシの信念を感じ取り、太陽の光を受けてムサシと融合。
ムサシは再びコスモスと一つとなり、ミラクルナモードとなって最終決戦に挑みます。
しかしその決戦はただの戦いでは無く、カオスヘッダーの荒ぶる心を静める事。
リドリアス、ボルギルス、モグルドンの説得に加えコスモスのフルムーンレクト、
そしてルナファイナルを浴びてカオスダークネスの心が浄化されて行きます。
平静を取り戻したカオスダークネスは、黄金に輝く光の巨人「カオスヘッダー0」へと変化。
コスモスはカオスヘッダーに争いの無い場所へ還ろうと話し、カオスヘッダーを宇宙へと導きます。
敵を倒す事無く、説得して無力化する。
チームEYESの信念とも言える事を成し遂げたムサシを見てヒウラキャップは満足げな表情を浮かべます。
コスモスはムサシと分離し、遂に別れの時が来た事を察するムサシ。
子供の頃の様に一緒に飛ぼうと誘うムサシでしたが、
コスモスはムサシに対し「君はもう、一人で飛べる」とムサシの成長を見届けてこちらも満足げな様子。
宇宙へと飛び去るコスモスを見て涙を流しながら見送るムサシとチームEYES。
この地球とそこに住む様々な生命体は、
ウルトラマンから人類へとその未来を託されたのでした・・・
ウルトラマン列伝 カオスダークネス

カオスヘッダーとの戦いも終結し、ムサシの元を離れる事になったコスモス。
ムサシの少年時代、そして青年時代を見ていたコスモスにとっても、
自分にすら出来なかった「カオスヘッダーの心の浄化」を成し遂げたムサシは大きい存在となった事でしょう。
この後も何度か地球の危機にコスモスが駈け付け、ムサシと共に立ち向かう事となります。
来月末公開の映画「ウルトラマンサーガ」もそんなお話の一つ。
ラストに新規撮影でメッセージをくれた、春野ムサシこと杉浦太陽さんの特別出演にも驚かされました。
サーガではムサシを取り巻く環境がどうなっているのか、その辺りも見所の一つになりそうです。
最後まで信念を曲げずにラスボスすら説得した、ムサシの成長ぶりが楽しみですね。

さて、次回は歴代ゼットン特集!
ウルトラマンゼロとゾフィーが登場する新規撮影映像を交えながら、
過去のゼットンとの戦いを紹介する予定の総集編です。
更に、このお話はOV作品のキラーザビートスターの直後という時系列!
ウルトラマンサーガの予習編とも言える内容なので、録画は必須でしょう。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(9)トラックバック:(0)|19:36

ウルトラゾーン 第17話

ウルトラゾーン
遅ればせながら、サンテレビにてウルトラゾーン第17話が放送されました。

いきなりウルトラゾーンチャンネルが始まり、
M1号はつらいよという事で人工生命M1号が登場。
さすらいの旅を続けるM1号でしたが、一人きりの旅なので身も心も寒く感じてしまいます。
そこで海底原人ラゴンが妹役を立候補し、二人は部屋を借りてそこに住み始めます。
更に友人の誘拐怪人ケムール人を呼び、ラゴンを喜ばせる為にパントマイムをするのですがウケは今一つ。
M1号の怪談ネタもウケず、どうすればラゴンが喜ぶのか頭を悩ませます。
そんな時、ラゴンは同じ種族であるインテリサラリーマンのラゴンの事を気に入り、
M1号はサラリーマンラゴンに妹と交際して貰う様に頼み込みます。
半ば強引に交際が決定したのですが、祝賀ムードのM1号達の前に再びサラリーマンラゴンが現れます。
彼の部下が話すには、怪獣としてでは無く人間として生きる決意を固めているので、
交際する相手は人間の女性が良いと話し、M1号は妹の心中を察して怒りを爆発させます。
しかし妹ラゴンは交際を諦め、泣きながらその場を立ち去ります。
それを見たサラリーマンラゴンは後を追いかけ、
やはり自分が間違っていたと純粋な心を持った妹ラゴンを愛してしまいます。
こうして恋は実り、いきなり子供が誕生w
部下が話すには、この種族は恋が実るだけで子供が誕生するそうです。
幸せそうな妹ラゴンの顔を見て、安堵の表情を浮かべるM1号。
しかしそれと同時に、自分の役割は終わったと再び旅に出る決意を固めます。
ケムール人、ラゴンの部下、ラゴン一家に見送られ、
少し寂しい気持ちを隠しながらM1号は新たなる地へと旅立つのでした・・・

ウルトラゾーンチャンネルは尚も続き、帰ってきたさすらいのM1号がスタート。
再びM1号が主役で、一人残されたインチキ商売人のおじさんから物語はスタートします。
あんな奴でも、居なくなると寂しいと肩を落とすおじさん。
そこにM1号が現れ、おじさんは喜んで抱き着こうとするのですが何故かM1号に攻撃されてしまいます。
M1号の裏には別の商売人が存在し、彼の命令でおじさんの店を破壊しようとします。
おじさんは怒り、ハリセンで一撃を喰らわせるのですがそのショックでM1号は我に返ります。
記憶が戻りおじさんと抱き合うM1号・・・
と思いきや日頃こき使われた恨みだとおじさんの首を絞めるM1号w
「そんな事しとる場合や無い」と、別の商売人を倒す為におじさんとM1号は再びコンビを結成。
何と別の商売人はM1号を催眠術師に頼んで洗脳し、利用していたのでした。
催眠術師は再びM1号を洗脳しようとしますが、M1号は催眠術師を掴み腕力で圧縮。
サイズを人形ほどに縮めてしまいます。
どういう理屈だと突っ込む別の商売人でしたが、M1号は彼もその手にかけてしまいます。
時は流れ、インチキ商売人とM1号は再び露店を出して商売を開始。
射的の景品として、人形サイズに縮んだ別の商売人と催眠術師を的と共に並べていたのでした。
結局M1号は旅を中断して元の鞘に収まったわけですが、
インチキ商売人と働く彼は何処か幸せそうな顔をしているのでした・・・

新作のメフィラスの食卓では、悪質宇宙人メフィラス星人が登場。
捨てられた弁当を拾って食べているおじいさんの前に、メフィラス星人が出現。
おじいさんはメフィラスをテーブルに招き、お弁当をご馳走します。
誰かと食卓を囲むのは楽しいと話すおじいさん。
おじいさんはメフィラスに他に欲しいものは無いかと話しますが、
メフィラスはテレパシーで「地球」だと話します。
ホームレスのおじいさんにとっては地球全てが家だとメフィラスに話し、
今囲んでいるテーブルは昔おじいさんにとってある思い出があったもの、それをあげようと話します。
誰かとテーブルを囲んで会話をする楽しみや意味が解るまで、
自分と同じ家無しのメフィラスにとって地球は「家」だと話すおじいさん。
場面は変わり、メフィラス星人はおじいさんの発言を受けて地球侵略を開始。
部下の宇宙人に都市部を攻撃させ、地球をくれた人間が居ると声明を発表している模様です。
おじいさんがくれたテーブルに座り、廃墟の中佇むメフィラス。
そこにおじいさんが食べた弁当を捨てた青年を召喚し、共にラッキョを食べます。
誰かと食べる食事は美味しいという意味を理解する為に、青年に色々と質問をするメフィラス。
青年は自分を認めようとしない周囲の者を恨んでおり、メフィラスの侵略を歓迎する素振りを見せます。
しかしメフィラスは青年に対し、全部他人任せだと青年の芯の無さを指摘。
逆上した青年はメフィラスに殴りかかりますが、
暴力は好まないメフィラスの超能力により停止させられてしまうのでした。
続いて内閣総理大臣を召喚するメフィラス。
会食がラッキョだけというのに驚く総理でしたが、
メフィラスは相手が喜ぶ食べ物を出すのが会食だと耳にして寿司を出します。
恐る恐る寿司を食べる総理を尻目に、ラッキョを口にするメフィラスでした・・・


まずはM1号のお話が一応の完結を迎えましたね。
一番驚いたのは、ラゴンのスーツが3着あったという所でしょうかw
子供ラゴンは顔まで違いますし、短い出番ながら凝っていましたね~
そしてメフィラスの食卓は、
地球をくれた人間に出会えたメフィラスという何時かやりそうだな~と思っていたネタを遂に映像化!
直接地球を売り渡した訳では無いですが、
おじいさんの言葉を受けて地球の文化に触れる宇宙人という展開もかなり気に入りました。
独特の効果音や物体を浮遊させる能力、
停止光線にラッキョを摘むという過去作品へのオマージュも多数あって大満足ですw
後編ではどういったオチをつけるのか楽しみですね。
ちなみにメフィラスの食事シーンも映像化されましたが、
何時も後ろ向きな上に妙な効果音が鳴るので口の部分が開いたりしているんでしょうかねw

今回のアイキャッチは鹿に鹿せんべいをあげているキングゴルドラス&キングシルバゴン、
サーカスをするガロン&リットル、ミス岩根島に選ばれて喜ぶラゴンでした。
ミス岩根島なんてラゴンオンリーじゃないかと突っ込むのは無しでw

明日はウルトラマン列伝の放送日。
こちらではウルトラマンコスモスが完結する予定となっております。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|00:18

ULTRA-ACT ウルトラマンダイナ

ULTRA-ACT(ウルトラアクト)の最新作を購入して参りました。
ジャンボット以来なので久しぶりの新作ですね~
今回はこちらのキャラクターが商品化となりました。

ウルトラアクト ウルトラマンダイナ
ウルトラマンダイナ(フラッシュタイプ)
宇宙でアスカ・シン隊員が光と同化し、
火星でのスフィアとの戦いにおいて感情が高ぶった時にこの姿へと変身しました。
数年前に活躍していた「ウルトラマンティガ」と同じ種族の巨人だと思われ、
ティガと同じく状況に応じてタイプチェンジをする事が可能となっています。
名前の由来の一つでもあるダイナミックな戦い方で数多くの敵を打ち倒し、
スフィアの親玉であるグランスフィアと同士討ちとなり行方不明となっていましたが、
別の宇宙で生存が確認されており、
ウルトラ兄弟達と共闘してウルトラマンベリアルの野望を打ち砕きました。
そして今年、映画「ウルトラマンサーガ」にて再登場を果たし大活躍する予定となっています。

ウルトラマンダイナもウルトラアクトにてアクションフィギュア化となりました。
今回は通常形態である「フラッシュタイプ」が商品化となっており、
造型や可動範囲はウルトラマンガイア(V2)以降のフォーマットを踏襲。
実にカッコイイ仕上がりとなっています。

ウルトラアクト ウルトラマンダイナ0
顔のドアップ。
額のクリスタルもクリアですし、顔の造型も特徴を良く捉えていますね~
目の色は少しクリーム色っぽい感じで表現されています。

ウルトラアクト ウルトラマンダイナ1
最近ではお馴染みとなっている、集光頭部パーツも付属。
何時も通り、背面から透かせると目が輝く仕組みになっています。

ウルトラアクト ウルトラマンダイナ2
ダイナと言えば思い浮かべる方も多い、サムズアップ用の手首パーツも付属。
これをやるだけで実にダイナらしい雰囲気が醸し出せます。

ウルトラアクト ウルトラマンダイナ3
必殺技の代名詞である、ソルジェント光線のエフェクトパーツが付属。
クリアパーツ成型で、半透明になっています。
かなりアレンジが加えられた造型になっていますね~

ウルトラアクト ウルトラマンダイナ4
ソルジェント光線ポーズ用に、専用の胸プロテクターが差し替えで表現可能となっています。
肩の形に合わせて歪んでいるので、プロテクターが干渉せず腕を十字に組み易くなる仕組みですね。
お馴染みのピンチ演出用である、赤いカラータイマーも付属。

ウルトラアクト ウルトラマンダイナ5
更にシルドロン相手に一度しか使用していない、ウルトラフォークのエフェクトパーツも付属します。
これを使って投球フォームをとらせてやれば、劇中のシーンを再現・・・
と軽く書いていますけど、この投球フォームは支え無しで自立可能という凄さ!
それだけダイナの可動範囲や全体のバランスが優秀なんでしょうね~

ウルトラアクト ウルトラマンダイナ ティガ ガイア
これでティガ、ダイナ、ガイアと平成3部作の主役戦士が揃い踏みとなりました。
ここにウルトラマンアグル(V2)を加えて4戦士を揃い踏みさせるも良し。
ウルトラマンメビウス、ゴモラ、ウルトラマン、ウルトラマンレオ、アストラ等と並べて、
大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIEの最終決戦メンバーを再現するも良し。
ウルトラマンコスモスが出れば、ウルトラマンゼロと並べてウルトラマンサーガも再現出来ますね~
それだけダイナは他キャラと並べ易いので、アクト的にとても有難い存在でもあります。

今回も出来には大満足でした。
これで平成3部作は一旦ピリオドが打たれ、
5月からはいよいよウルトラ6兄弟中心の展開へと移行する予定となっています。
次の新作は5月のゾフィーと、追加アイテムであるブラザーズマント。
少し間が空きますが、その間に資金を溜めておきましょうw


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(7)トラックバック:(0)|03:53

映画「クレしんパラダイス!メイド・イン・埼玉」の内容とキャラクターをご紹介

※注意!本編のネタバレが多大に含まれた記事となります。

前回の「電撃!ブタのヒヅメ大作戦」に続き、
クレヨンしんちゃんの映画第7作目と同時上映である短編作品、
クレしんパラダイス!メイド・イン・埼玉をご紹介します。

これはバラエティに富んだクレヨンしんちゃんの短編作品集となっており、
映画「爆発!温泉わくわく大決戦」と同時上映されました。
現在の所、クレしん映画においてこういう形で違う作品が同時上映されるのは、
このメイド・イン・埼玉が唯一となっています。
何時ものレビューとは違い、キャラクターよりもそれぞれの作品を中心にご紹介していきたいと思います。
ちなみに監督は、後に2本のクレしん映画を手掛ける事になる「水島努」さんが手掛けられております。

「野原刑事の事件簿」
クレしんパラダイス!メイド・イン・埼玉 野原刑事の事件簿
まず一発目は、クレヨンしんちゃんスペシャルでも何度か放送した「野原刑事の事件簿」です。
野原ひろし、川口、部長、見ているだけのぶりぶりざえもんに尋問を受ける園長先生。
容疑は下着泥棒であり、園長先生の態度を見る限りは本当にやっていた様子w
証拠はあるのかと反論する園長先生の前に、ボスである野原しんのすけが登場。
緊張する園長先生を前に、突然机を叩いて脅すしんのすけ・・・
と思いきや、ただ蚊を潰しただけで全員がズッコケ。
建物まで倒壊し、タイトルが登場してメイド・イン・埼玉がスタートとなります。

登場キャラクターや設定は、TVスペシャルの同作品と同じ世界観である事が窺えますね。
毎回何故か事件を解決した手柄をしんのすけに取られるひろし。
何時の間にかボスは昇進を続けていたしんのすけになっていた・・・
という辺りも設定が共通しています。
(川口だけはこの映画で野原刑事の事件簿に仲間入り)
ベタなネタですが、良い導入部ですねw

「ひまわり ぁ GOGO!」
クレしんパラダイス!メイド・イン・埼玉 ひまわりぁGOGO!
2発目はひまわりが主役のショートストーリー。
寝転んでいたひまわりの前に、何処からか迷い込んできた蝶が舞います。
興味を示したひまわりは蝶を追いかけ、周りを巻き込みながらハイハイで猛ダッシュ。
みさえとしんのすけをかわし、2階に上がる階段を登りそこでひろしに捕まりそうになります。
しかし蝶は再び1階に向かったので、ひまわりは飛び出しひろしはその衝撃で階段から転げ落ちますw
そのままみさえも巻き込まれ、ひろしと共にダウンするのを尻目に進み続けるひまわり。
しんのすけも食い止めようとしますが、ひまわりの頭が股間に強打し悶絶w
ひまわりは庭へと向かい、その進撃をシロも食い止める事が出来ません。
そこでようやくひろしに捕まり、軽くみさえに怒られるひまわり。
しかし蝶はひろしのたんこぶに停まっており、ひまわりは蝶を捕まえようとして両手でたんこぶにアタック。
蝶が優雅に空を舞う中、ひろしの絶叫が周囲に響き渡るのでした・・・

今回はひまわりの主観視点で物語が進められており、臨場感はかなりのものです。
周囲の物が動く動く、作画にもかなり気合が入っている様に見受けられますね。
悪意の無い赤ん坊の行動なのですが、最後のひろしはあまりにも痛々しいので笑いましたw

「ふしぎの国のネネちゃん」
クレしんパラダイス!メイド・イン・埼玉 ふしぎの国のネネちゃん
ある日、公園でお母さんに本(週間ダイエット)を読んで貰っていた桜田ネネちゃん。
退屈そうなネネちゃんの前に、何時もボコボコにしているぬいぐるみ「しあわせウサギ」が通りかかります。
その後に着いて行くネネちゃんでしたが、穴に落ちてしまい違う世界へと迷い込んでしまいます。
おとぎ話の主人公みたいと喜ぶネネちゃんでしたが、着いた先は泥んこレスリング会場w
そこでしんのすけ扮するレスラーと、ビアホールで観戦するしあわせウサギの集団の前で戦うのですが、
やたら目立つしんのすけに対してブーイングを飛ばすうさぎの集団。
嫌になったネネちゃんは泥の中に潜り、今度は森の中にある風呂の中に出現。
その前ではしんのすけ、風間くん、ボーちゃん、マサオくんが賭けマージャンをしており、
負けて身包みを剥がされて連れて行かれるマサオくんを目撃します。
しあわせウサギにより強制的に参加させられるネネちゃんでしたが、
そこにマサオくんが刑事ウサギを連れてこの賭け事の現場を告発。
何故か容疑はネネちゃん一人だけにかかり、他の4人により裁判所へと連れて行かれます。
そして4人が扮する裁判官により、おままごと禁止法違反の罪で死刑を求刑されてしまい怒るネネちゃん。
しあわせウサギはそれを見届けて飛び去ってしまい、ネネちゃんは無数の花札に囲まれてしまいます。
あまりの理不尽さに叫ぶネネちゃんでしたが、気が付くとそこは最初に居た公園。
夢だと解り一安心するネネちゃんでしたが、その前にしあわせウサギが再び通り掛ります。
後を追うネネちゃんでしたが、今度は穴に落ちる前に素早くウサギを殴り倒すのでした・・・

TV本編でもホラー回としてありましたが、
普段から桜田家でサンドバッグにされている「しあわせウサギ」の逆襲編みたいな内容ですねw
不思議の国のアリスをモチーフに製作されているのですが、出てくる人物はトランプでは無く花札ばかり。
しかも競輪、ボートレース、パチンコなど何故か賭け事ばかりのイメージで登場しています。
理不尽さや少し不気味でシュールな内容等、元ネタに忠実なのも良いですが、
しんのすけ達がネネちゃんに「おままごと禁止法」の罪をかけるのも笑えますw
現実の世界では、ネネちゃんが他の4人に対してリアルおままごとで大迷惑をかけていますからね・・・

「ヒーロー大集合」
クレしんパラダイス!メイド・イン・埼玉 ヒーロー大集合
突如市街地に出現した、巨大怪獣ス・ノーマン・パー!
その前に現れたのはカンタム・ロボ、アクション仮面、ネネママセヴン(ネネちゃんのママ)、
おにいちゃん仮面(しんのすけ&ひまわり)、マタニティ・ライダー(みさえ)、サラリーマン仮面(ひろし)
の6大ヒーロー!
しかしアクション仮面の「何でお前らいっぺんに出てくんだよ!」の一言から始まり、
6大ヒーローは誰がス・ノーマン・パーを倒すかで大揉め。
市街地は6人のヒーローが戦う戦場と化し、その間にこっそりとス・ノーマン・パーは逃げ出すのでした・・・

アクション仮面とカンタムロボというお馴染みのヒーローに始まり、
TVアニメ(主に夢の中)で登場したオリジナルヒーロー4人も勢揃いという豪華さw
この4人の中では、ひまわりが産まれる話に登場したおにいちゃん仮面が一番有名でしょうかね?
台詞は無いですが、ヘンダーランドの大冒険の人気キャラであるス・ノーマン・パーも再登場です。

「~私のささやかな喜び~ -A motion for a long time.-」
クレしんパラダイス!メイド・イン・埼玉 私のささやかな喜び
ある意味野原家の日常とも言える、野原みさえの便秘。
しんのすけに便秘の辛さとそれに伴うみさえの凶暴化を教えるひろしでしたが、
余計な一言が機嫌の悪いみさえの耳に入りボッコボコにw
来る日も来る日も運動などに励み、便秘を解消したいみさえでしたがそれでもお通じは来ません。
しかしある日、寝転ぶみさえのお腹が鳴り、みさえは慌ててトイレに駆け込みます。
ようやく便秘が解消され、「出たー!」とひろしと共に喜び合うみさえ。
ここで突然歌が始まり、
クレヨンしんちゃんの登場キャラクターを巻き込んだミュージカルが始まるのでした・・・

まずはひろしの余計な一言、「お便秘怪獣うんこマン」に爆笑ですw
ミュージカルはある意味歌詞が最低(誉め言葉)であり、
便秘の歌だと思わなければ「幸せとは何か」を突き詰めたものになる・・・はずですw
登場人物はみんなノリノリであり宝塚ばりの舞台が始まったかと思えば、
サウンドオブミュージック、タイタニック、メリーポピンズ、雨に唄えば、ブルースブラザーズ、
イージーライダーなど名作映画のパロディも目白押し(絶対小さな子供には解りませんw)。
歌自体も結構良い曲で、嵐を呼ぶモーレツ!サウンドトラック大全集にも当然収録されています。
「小さな小さな幸せだけど 心も体も澄み渡ってる♪
大きな夢は無い事無いけど 身近な所から~♪
出た~出た出た出た出た出た出た出た~ あぁ~♪」

ちなみに上の画像の通り、このシークエンスこそがメイド・イン・埼玉なる所以です。
歌はクレしん登場人物の合唱で締めくくられ、最後はほぼ全てのキャラクターが登場。
本当にコアなファンしか解らないキャラまで居るのが凄いですよねw
左下には地獄のセールスレディこと売間久里代(うりまくりよ)がチラっと居ますし、
左上辺りにはアクション仮面の宿敵であるメケメケZの姿まで・・・
他にもアクションデパートの人や双葉商事の人間なども居るので、
見れば見るほどその細かさに脱帽出来ます。

「ぶりぶりざえもんのぼうけん 銀河篇」
クレしんパラダイス!メイド・イン・埼玉 ぶりぶりざえもんの冒険 銀河篇
トリを飾るのはTVスペシャルで作画監督の湯浅政明さんが数々の名作を披露し続けた、
「ぶりぶりざえもんのぼうけん」の最新作!
今回は(恐らく)湯浅さんでは無いでしょうけど。
野原ひろし役である藤原啓治さんの力の入ったタイトルコールで始まり、
しんのすけのナレーションから物語はスタートします・・・
クレしんパラダイス!メイド・イン・埼玉 ぶりぶりざえもんの冒険 銀河篇0
しんのすけ「むか~しむかし、あるところに
ぶりぶりざえもんという豚がおりました。」

クレしんパラダイス!メイド・イン・埼玉 ぶりぶりざえもんの冒険 銀河篇1
しんのすけ「おわり。」
ぶりぶりざえもん「終わるなぁ~っ!!」
(地球へ落下)

あまりに意表を突かれたので、当時劇場で爆笑したのを思い出しますw
壮大な始まり方をしたのでどんな内容になるのかとワクワクして見ていたら、
ものの数秒で幕引きという肩透かしっぷりは流石ぶりぶりざえもんですね・・・w
オチとしては最高の作品であったと今でも思います。
実はこのストーリーには続きがあるのですが・・・それはまたの機会に。
この後エンドロールが始まり、本編である温泉わくわく大決戦へと物語は移行します。

●登場キャラクター(声付き)一覧
野原しんのすけ(声優:矢島晶子)
野原みさえ(声優:ならはしみき)
野原ひろし(声優:藤原啓治)
野原ひまわり(声優:こおろぎさとみ)
園長先生(声優:納谷六朗)
よしなが先生(声優:高田由美)
まつざか先生(声優:富沢美智恵)
上尾先生(声優:三石琴乃)
アクション仮面(声優:玄田哲章)
カンタムロボ(声優:大滝進矢)
ぶりぶりざえもん(声優:塩沢兼人)
風間くん&シロ(声優:真柴摩利)
ネネちゃん(声優:林玉緒)
マサオくん(声優:一龍斎貞友)
ボーちゃん(声優:佐藤智恵)
ネネママ(声優:萩森子)
部長(声優:郷里大輔)
川口(声優:中村大樹)
ミッチー(声優:草地章江)


不定期更新のこの企画、
次回は本編である「爆発!温泉わくわく大決戦」の内容をご紹介したいと思います。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|01:36

ウルトラゾーン 第16話

ウルトラゾーン
遅ればせながら、サンテレビにてウルトラゾーン第16話が放送されました。

久しぶりの怪獣マッサージは、策謀宇宙人デスレムが来店。
上司であるエンペラ星人の考え方がよく解らないと愚痴を零したり、
大きい左手をやたらマッサージ師にイジられ、
更に例え話でどうでもいいマッサージ師の親父の話をされたりともう散々w
最後は「あいつ、絡み難いわー」と言いながら店を後にするのでした。

続いてはウルトラゾーンチャンネル。
新・さすらいのM1号という事で人工生命M1号が登場。
人工生命体のM1号に母親など居ないのですが夢の中にまで架空の母親が出てくる等、
どうしても母親に会いたい様子。
お参りに来ていたお姉さんを母親と勘違いし、抱き着くのですが化物呼ばわりされて肩を落とすM1号。
インチキ商売人にまで見境無く母親と思い込み襲い掛かりますが、今度は返り討ちにされてしまいます。
もちろん商売人はM1号にカミナリを落とすのですが、何時も通り宇宙へと逃げ出すM1号・・・
と見せかけて、新天地を探し新たな旅に出るのでした・・・

今回の怪獣ことわざゲスラ、ケムジラが題材に。
お隣さんにスイカを勧められるケムジラのほのぼの具合が素敵ですw

再びウルトラゾーンチャンネルが始まり、ウルトラゾーンファイトがスタート。
人工生命M1号海底原人ラゴン誘拐怪人ケムール人の3人がリンゴの取り合いになり、
「ウルトラゾーン世紀の対戦!」とタイトルが出てウルトラファイトのパロディがスタート。
動きはスローモーながら、全く巨大感の無いという所も完全再現w
パイプ椅子や机を使った凶器攻撃から、プロレス技の応酬と三つ巴の大バトルが展開。
所々ガチで痛そうなアクションが見えたのに爆笑w
乱戦は続き、ラゴンとケムール人が戦う中リンゴはM1号の元に。
M1号は二人の戦いを止め、リンゴは3人で分けようと説得をします。
それに納得したのか、最後は3人でリンゴを分け合いめでたしめでたし・・・


ウルトラマンメビウスより、まさかのデスレムが抜擢という所に驚きましたw
体が骨と筋肉が逆転しているデザインですし、
そういう所もしっかりイジられていたので良いチョイスだとは思いますが。
出現シーンでは、しっかりデスレムインフェルノを使用していたのも高ポイントです。
ウルトラゾーンファイトは、個人的にウルトラゾーンチャンネルの中では現状でトップですw
パロディながらアクションが面白いですし、ナレーションのキレの良さも好印象でした。
うーん、思い返せばウルトラファイトのパロディ自体にハズレが少ないのかも・・・

今回のアイキャッチは
映画を見て感動し硫酸の涙を流すホー、手を掴んでもらいながらサメクジラに乗るバルキー星人、
銭湯で子供と背中の流し合いをするセブンガー、合唱団に混じるヤメタランスでした。
男子合唱団のイラストは何処かで見た様な気が・・・


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|20:42

ウルトラマン列伝 第33話

ウルトラマン列伝 タイトル
本日、第33話が放送されました!
第33話 「カオスダークネス!月面の決戦!!」
ウルトラマンコスモス第64話「月面の決戦」の内容を放送しました。

冒頭でウルトラマンゼロが、エクリプスモードやカオスウルトラマンの事を軽くおさらいしてくれます。
本編ではカオスヘッダーに占拠されてしまい、
大ピンチに陥ったチームEYESの本部「トレジャーベース」の姿が。
すぐに救援に向かうと言うムサシを止めるのはフブキ隊員。
連戦によりムサシの疲労がピークに達しているのを察しているばかりか、
ムサシとウルトラマンコスモスが融合していた事も既にお見通しだったフブキ。
フブキは怪我をしていながらも、実力で止めるべくムサシに攻撃を仕掛けます。
よろめくフブキの身を案じて殴られてしまい、倒れこむムサシ。
その甘い性格を前々から気に入っていなかったフブキでしたが、
皮肉混じりながらも仲間としてムサシの身を心配したが故の行動でした。

一方トレジャーベース内では酸素の残りも少なく、徐々にカオスヘッダーに乗っ取られていきます。
駆けつけたフブキが攻撃を仕掛けますが、それでも全く通用しません。
そこに現れたのはウルトラマンコスモス!
ムサシと共にボロボロになりながらもまだ戦い続ける気の様で、
カオスヘッダーもコスモスを憎んでいるので決着をつけるべく共に月へと飛びます。
トレジャーベースは危機から脱しましたが、
今度はSRCが保護していた地球怪獣が次々と姿を消すという報告を受け、
何としてもカオスヘッダーを早急に撃退したいヒウラキャップは単身でカオスヘッダーの集合地に向かいます。
フビキはキャップを止めますが、どうやらヒウラキャップもムサシの正体を察している様子。
アヤノも既に勘付いており、
フブキの口から遂にウルトラマンコスモスはムサシであるという事実がチームEYESに告げられるのでした。

月面ではコスモスと、カオスヘッダーが変身したカオスウルトラマンカラミティが会話を始めます。
カオスヘッダーはそもそも宇宙人に作られた人工生命体であり、
全ての生き物と融合して意識を共有し、秩序を生み出す事が使命であるという事。
同化した怪獣がカオス化して暴れ回るのも秩序をもたらす前の段階であり、
カオスヘッダーのせいで滅びた星は目的を遂げる為の犠牲であるとコスモスに話します。
コスモスは必要な犠牲などあってはならないとし、遂に戦いが始まってしまいます。
コロナ、エクリプスと次々にモードチェンジをして戦うコスモスでしたが、
やはり体力が限界に近付いているのか普段通りの力を発揮出来ない様子。
そこに進路を変更して援護に現れたのはヒウラキャップ!
ムサシの身を案じての行動でしたが、それでもカオスウルトラマンカラミティは倒せません。
コスモスは戦いの最中に何かに気付き、その場所にカオスウルトラマンカラミティを誘導。
背後にあった岩を破壊するのですが、
その岩の中にはカオスヘッダーが嫌う「ソアッグ鉱石」が埋まっていたのでした。
ソアッグ鉱石を光を浴び、弱るカオスウルトラマンカラミティ。
続いてコスモスの攻撃を浴びて、カオスウルトラマンカラミティは遂に倒されてしまうのでした。

その瞬間、カオスヘッダーの本体が転移して月面の上空に出現。
全てのカオスヘッダーが集合して実体化を果たし、カオスダークネスとなってコスモスを襲います。
念動力の連続攻撃により手も足も出ないコスモス。
しかしヒウラが放ったカオスキメラ入りのミサイルを受け、カオスダークネスに隙が生まれます。
そこに必殺のコズミューム光線を放ち、怯んだカオスダークネスは一時撤退します
コスモスはムサシと分離し、ムサシはヒウラの元に預けられますがその瞬間にカラータイマーが停止。
コスモスは消滅し、ムサシの悲痛な叫び声が響き渡るのでした・・・
ウルトラマン列伝 カオスウルトラマンカラミティ

最終回前編という事で、カオスヘッダーの秘密が遂に明かされるストーリーでしたね。
カオスヘッダー自体に悪意は無く、ただプログラミング通りに動いていただけ。
更に地球に来てから人間と接する事で感情というものを知り、
自分の行動を邪魔するチームEYESやコスモスに怒りをぶつける所まで来ていたのでした。
秩序(コスモス)をもたらすはずの存在が、
周囲から見れば混沌(カオス)であったというのは何という皮肉・・・
人類、ウルトラマン、怪獣、カオスヘッダーの関係は次回にて完全決着という事になります。

次回はウルトラマンコスモスの最終話。
「優しさのウルトラマン」は如何なる方法でこの事件を解決するのでしょうか。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|19:54

ウルトラゾーン 第15話

ウルトラゾーン
遅ればせながら、サンテレビにてウルトラゾーン第15話が放送されました。

まずは都内に変身怪人ピット星人が登場。
巨大キャラクターでは無いので、円盤内での紹介となりました。
シチュエーションは怪獣職務質問です。
今回は津田さんが警官役になっていますねw
目が黄色い個体が活発的な女性、目がピンクの個体が控えめな女性といった性格になっています。
エレキングを飼っている事やウルトラアイを手に入れる事が目的だと警官に話しますが、
2人の黙秘など、警官はただ質問が空回りするだけだったので今回は見逃される事となりました。

次はウルトラチャンネルゾーンが始まり、お笑いに参加というシチュエーション。
何と人工生命M1号誘拐怪人ケムール人海底原人ラゴンが初の揃い踏みとなっています。
お笑いコント集団「フラミンゴ」の一員になっているM1号とケムール人、観客のラゴンという構図ですね。
色んなボケを披露しますが、ラゴンには何をしてもウケず。
あまりにウケないのでフラミンゴ内で軽く喧嘩が始まりますが、
それにラゴンはウケ出し調子に乗ったフラミンゴの面子はM1号やケムール人を殴り始めます。
しかし怪獣の闘争本能に火が付いたのか、M1号とケムール人は大暴れを始めラゴンはそれを見て爆笑。
暴れっぷりもエスカレートし、最後は3体が巨大化してフラミンゴのメンバー達は逃げ出すのでした・・・

怪獣ことわざではチンペ、マーゴドン、アギラが題材になりました。
アギラの出番が少ないネタや、ちゃんとリッガーが居る芸の細かさが素敵ですw

東京ジュラ紀は後編に突入。
正体を現し、秘宝であるアカンバロの瞳を狙う分身宇宙人ガッツ星人でしたが、
中谷マユが投げたヨーヨーに縛られ、自慢の光線もダイヤ製の鏡により反射されてしまい遂に観念。
しかし豪力怪獣アロンの進撃は止まらず、
ガッツ星人の狙い通り探偵達の居る場所へと徐々に近付く音が聞こえます。
そこに地底怪獣テレスドン宇宙怪獣エレキングの声が加わり、
音を聞いている限りではその2体がアロンの進撃を食い止めている様子?
その異変に気付いたアカンバロの瞳を守る様に頼んだ依頼主であるおばあさんは、
残る探偵二人も怪しみ始め、遂にその正体を暴いてしまいます。
何と西園寺の正体はテレスドンを操る地底人で、中谷の正体はエレキングを操るピット星人だったのでした!
おばあさんの正体は怪獣特捜隊の一員であり、
アカンバロの瞳を使って3人の侵略者を誘き寄せるのが使命と聞いて驚く小早川。
3人の宇宙人は連行されてしまいますが、
夜の市街地ではアロンを倒したテレスドンとエレキングが大怪獣バトルを繰り広げています。
そこに刑事の松原が現れ、小早川を怪盗赤色の変装だとして逮捕したのですが、
松原こそが怪盗赤色が変装した仮の姿であり、正体を現した赤色はアカンバロの瞳の力を解放します。
その瞬間、あちこちから地球怪獣が目を覚まし市街地は火の海に・・・
まさしく「東京ジュラ紀」と化してしまうのでした・・・


今回はピット星人祭りでしたねw
アロンは残念ながら鳴き声のみの出演でしたが、地底人がまさかの復活に驚きました。
ちゃんと目元の部分まで再現してありましたしw
復活した地球怪獣はモングラーやペギラが劇中で呼称されており、
鳴き声ではゴメスやシーモンス等、多数の怪獣が登場していて何気に嬉しかったです。
夜の市街地での大バトルも迫力がありましたし、
やはりテレスドンには夜が似合うなぁとつくづく感じました。

今回のアイキャッチは友達の部屋で談笑するピット星人、逆上がりの練習をするテペト、
子供と馬飛びをして遊ぶルナチクス、空手の要領で次々と板に穴を空けるグビラ、
阿波踊りを踊るボーグ星人でした。
ここでもピット星人が・・・w

明日はウルトラマン列伝の放送日。
ウルトラマンコスモスの最終回前編となります。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|21:12

ウルトラゾーン 第14話

こちらも溜まっているので消化していきたいと思います。
3週分ぐらいあるかな・・・

ウルトラゾーン
遅ればせながら、サンテレビにてウルトラゾーン第14話が放送されました。

今回は導入がいつもと違い、何と怪獣が現れないのでタカダ・リホ隊員が宇宙怪獣エレキングと特訓!
格闘ゲーム風の画面な上、相手は「エア怪獣シリーズ でっかいエレキング」なので風船w
完全な一人芝居で、警戒しつつも見事エレキングに勝利するタカダ隊員でした・・・

怪獣漫才では棲星怪獣ジャミラ炎魔戦士キリエロイドⅡがコンビに。
どちらもウルトラ怪獣シリーズのソフビ人形を使用しています。
ジェネレーションギャップがテーマという事で昔ながらのデザインのジャミラと今風のキリエロイドⅡという、
対照的なチョイスになっているのが面白いですねw
キリエロイドの勢いだけの名乗りギャグにも笑いました。

続いてウルトラゾーンチャンネルが始まり、ラゴン、ダンパに行くという事で海底原人ラゴンが登場。
以前に登場したビーチバレーチームが再登場し、
ダンスパーティー中に女子メンバーに取り合いされる等、またもやイケメンのリーダーはモテモテ。
そこにラゴンが乱入し、リーダーを奪うべく他の女子メンバーに威嚇を開始。
しかしケイという踊りの上手い女性が現れ、ラゴンとのダンスバトルが始まります。
ほぼ互角の戦いを繰り広げますが、
焦ったラゴンは磯臭い息を吹きかけて失神させるという反則技を使用w
他のメンバーも次々と襲い、最後はリーダーにも息を吹きかけてリーダーは失神。
ラゴンはリーダーをそのまま何処かへと連れ去ってしまうのでした・・・

久しぶりの怪獣Englishでは奇獣ガンQが題材に。
資格どころか生命すら持たない事や、
「目の中に入れても痛く無い」ということわざの意味が解らない事を英文で訳していました。

新作の東京ジュラ紀では地底に潜む地底怪獣テレスドンから物語がスタート。
宇佐美探偵事務所の秘書である小早川がまたまた登場し、
怪盗赤色に狙われる秘宝「アカンバロの瞳」を守る為に名の知れた有名探偵3人と護衛に着きます。
その3人とは腹筋をする事で推理する浦賀ケン、シャワー浴びる事で推理する中谷マユ、
腹話術人形を使う事で推理する西園寺ユウヤという一癖も二癖もある変人ばかりw
彼らはお互いをライバル視しており、一人だけ場違い感が漂う小早川。
そこに突如地響きと怪獣の鳴き声が鳴り響き、小早川は逃亡しようとしますが西園寺はそれを制止。
テレスドンの鳴き声だと分析しますが、
建物の倒壊する音がこの近隣の住宅のものでは無い事からこの音はフェイクである事を見抜きます。
(地底に潜む本物のテレスドンも、今は睡眠中)
続いてまた怪獣の鳴き声と建物の倒壊する音が鳴り響きますが、
今度は浦賀ケンが豪力怪獣アロンの鳴き声だと分析。
建物が倒壊する音も本物かもしれないと西園寺は動揺します。
しかし冷静な中谷マユはシャワーを浴びて推理開始。
他の2人もこれがフェイクなのかどうか推理を始めますが、
西園寺と中谷の2人が導き出した答えは、
浦賀ケンが分身宇宙人ガッツ星人が化けた偽者であるというものでした。
理由は本物の浦賀が推理型ではなく直感型の探偵であったという事と、
マイナーなアロンの鳴き声を知っている訳が無いというものw
その推理は正しく、浦賀は本性であるガッツ星人の姿を現した所で次回へと続く・・・


今回は完全に出オチでしたねw
今後もタカダ隊員の活躍?場面が増えて行くのでしょうか。
本格特撮パートの雰囲気を醸し出す、東京ジュラ紀も後編に期待出来そうです。

今回のアイキャッチはサスペンスドラマ風に崖に追い詰められたバット星人、
子供達が花火を見る為の足場になっているガヴァドンA、
トリオ漫才のオーディションを受けるクール星人&チブル星人&ビラ星人、
スケートで転び女性に手を差し伸べられるペギラ、温泉卓球を楽しむギガキマイラでした。
ガヴァドンのイラストがほのぼのとしていて素敵でしたね~


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|21:05

ウルトラマン列伝、放送延長か?

ウルトラマン列伝 タイトル
ウルトラマン列伝絡みの話題で、嬉しい情報が飛び込んで参りました。
放送前の雑誌記事では2012年の3月まで放送するという記述が多く、
それを鵜呑みにしていた私は「全3クール予定の番組」だという前提で今まで居た訳ですが・・・

この度、ウルトラマン列伝の新オープニング曲の予約がamazonにて開始しています。
その名も明日への勇気(仮)
まだ仮タイトルですが、歌い手はお馴染みのVoyager(ボイジャー)であり発売は4月を予定。
4月にウルトラマン列伝の新曲が発売するなんておかしい話ですよね、
番組は3月までの予定という事だったので。
単純に、これは番組の放送が延長したと考えて良いのでは無いでしょうか?

そもそも、ウルトラマン列伝の番組コンセプトは平成ウルトラシリーズを中心に、
過去の名エピソードや特別総集編を放送。
そして番組終盤に公開する、映画「ウルトラマンサーガ」の宣伝も兼ねて製作されていました。
ウルトラマンサーガ公開後も番組を続けるという事は、
何かしら延長する為の理由があったんじゃないかな~と思ってしまいます。
もちろん、ファンの私としては大歓迎ですがw

もし放送延長が決定であれば、
毎月発売されているウルトラ怪獣シリーズのソフビ人形との連動も続くと見て良いのですかね?
既に4月にスラン星人、5月にボガール、6月にメトロン星人の再販が決定していますし。
このラインナップが今まで通り番組との連動を兼ねているのであれば、
4クール目は待望の「ウルトラマンメビウス」も大きく取り上げられるかもしれません。
(CBCが権利を持っているのは今年の3月末までというのがよく言われていますし)

ちなみに、Voyagerのスペシャルクルーであるレイこと南翔太さんのブログでは、
先日にZAPの服を着てスタジオで何らかの撮影があった事を記事にされています。
http://ameblo.jp/minamikaze327/entry-11159851079.html
恐らく、これが新OP曲のPV撮影だったのでは無いでしょうか?

何にせよ、1クールでも放送延長であれば本当に嬉しいです。
続報などがあれば、またこのブログでも触れていきたいと思います。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(7)トラックバック:(0)|10:37

ウルトラ怪獣シリーズ 2月分新作

今月の新作怪獣ソフビを購入して参りました。
ウルトラマン列伝と連動して、今月再販となったのはこちらのキャラクターとなります。

ウルトラ怪獣シリーズ アパテー
金属生命体 アパテー
宇宙より飛来した金属生命体の集合体であり、
当初は流線型の飛行形態で東京を目指して進んでいましたが、XIGの攻撃を受けると槍型の形状へと変形。
更に人型の姿となり、戦闘機を次々と撃墜しました。
アパテーは宇宙空間で地球から発されている情報を受信し、
その情報の中に含まれていた地球が生み出した巨人「ウルトラマンガイア」に目をつけて、
ガイアの姿を模そうとして地球へと飛来したのでした。
そのウルトラマンガイアと一戦を交えるのでしたが、全身に強固な鎧を出現させ、
更に右腕を槍型の武器に変形、全身を多数の槍に変えて攻撃する等、戦闘力はガイア以上でした。
ガイアの攻撃を受けて一度はバラバラに吹き飛ぶのでしたが、それでも再生し尚もガイアに迫ります。
しかしそこに割って入ったウルトラマンアグルの攻撃を受け、今度こそ粉々に砕け散ってしまうのでした。

金属生命体の一番手、アパテーが再販となりました。
ソフビ化しているのは、全身に鎧を出現させて右腕が槍になっている完全体?とも呼べる姿ですね。
全身の細かいディテール等、元々造型が良かったキャラクターだけに嬉しい復刻です。
定番シリーズから消えて久しかったですからね~

ウルトラ怪獣シリーズ アパテー0
今までのソフビと大きく異なる点は、
通常のシルバーでは無く再生後の土が混じった様な感じの色合いに仕上がっている所でしょうか。
茶色い成型色に、上から薄くシルバー塗装されているのでブロンズみたいな渋い色合いになっています。
特徴的な一つ目や、胸のタイマー部分もしっかりと塗装。

ウルトラ怪獣シリーズ アパテー1
背面です。
こう見ると何かの石像にも見えますねw
それだけ造型がしっかりしているという事なのでしょうか。

ウルトラ怪獣シリーズ アパテー2
可動箇所は人型ではお馴染みの両腕と腰です。
ULTRA-ACT(ウルトラアクト)でも試作品がイベントで展示されていましたし、
是非ともアクションフィギュア化してほしいですね~
西洋の騎士的なスタイルだけに、アクション映えしそうなものなんですが。

次の新作ソフビは、月末にてウルトラマンサーガ関連のラッシュが開始します。
そちらにも期待したいですね。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|14:35

ウルトラマン列伝 第32話

風邪のせいですっかり寝込んでしまい、今週はベッドの上で過ごす日々となっていました。
流行のインフルエンザで無いだけ救いがありましたが・・・

ウルトラマン列伝 タイトル
今週水曜日に、第32話が放送されました!
第32話 「グビラ出現!海底基地を救え!!」
ウルトラマン第24話「海底科学基地」の内容を放送しました。

本編は科学特捜隊が完成した海底センターの視察をするのですが、
パイプラインが破壊されムラマツキャップ、ホシノ君、少女ジェニー、総裁が閉じ込められてしまう事態に。
そのパイプラインを破壊したのは、フジ隊員の操縦ミスだと誰もが信じてしまい、
フジ隊員もそう思っていたので危険を顧みずに救助活動を開始します。
しかし、パイプラインを破壊した真犯人は深海に潜む怪獣だったのでした・・・

よくある海底に閉じ込められるパニックものを意識したストーリーになっていますね。
しかも、その中に必ず一人は要る空気が読めない人間w
今回は総裁がその役割を担っており、キャップが引き止め続けていなければ一体どうなっていた事か・・・
それとは対照的に、落ち着いて行動をするホシノくんとジェニーの2人の素晴らしい事w
一方責任を感じて勇気ある行動を見せる、フジ隊員の主役回という側面も持ち合わせています。
(実際は何一つ彼女に責任は無かったのですが)
キャップ不在の中、リーダーとして指揮を取るハヤタ隊員。
何時も通り血の気が多いアラシ隊員、発明品などでサポートをするイデ隊員。
本当に科学特捜隊はバランスが取れた良いメンバーになっていますよね~

何とか救出が完了した科特隊でしたが、真犯人である怪獣グビラが出現。
ハヤタは皆が気絶した隙にウルトラマンに変身し、水中でグビラと交戦します。
驚いたグビラは鼻先に付いた自慢のドリルで地中に逃亡し、今度は地上へと出現。
ウルトラマンもそれに続き、地上で戦いを繰り広げます。
ウルトラマン優位かと思いきや、八つ裂き光輪をドリルで弾き返すなどグビラも抵抗を続けます。
しかしウルトラマンの攻撃でドリルを折られ戦意喪失。
スペシウム光線を受けて爆発してしまうのでした。
閉じ込められた4人も全員無事で、ジェニーは父親と再会してめでたしめでたし。
ウルトラマン列伝 グビラ

ウルトラマンゼロが「ユニーク」だと評していましたが、
グビラのデザインは本当に地球怪獣なのかと疑いたくなりますよねw
イッカクの様な角ならまだしも、こっちは回転するドリルですし。
帰ってきたウルトラマンのグロンケンなんか回転ノコギリを所持していましたし、
この何とも言えない辺りがウルトラ怪獣の魅力でしょうかw

今回の放送もグビラが映画「ウルトラマンサーガ」に登場する為のおさらいという意味合いが強いですね。
列伝内でも映画の新映像が色々と流されており、
公開が近付いているんだなぁという気持ちがより高まります。
次回から2週連続でウルトラマンコスモス最終章を放送しますが、
その予告PVがyoutubeのウルトラチャンネルにて公開されています。

コスモス本編もウルトラマンサーガのある程度のリンクがありますし、
映画「ウルトラマンコスモスvsウルトラマンジャスティス」とセットで見るとより解り易いでしょうね~


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|14:56

新作ソフビ情報&魂ウェブ限定であのキャラが登場!

新作フィギュアの予約情報が色々と出てきたので、そちらだけ今回はご紹介しておきます。
コメント返信などは今週中に必ず・・・

まずはウルトラ怪獣シリーズの新作ソフビ人形の予約が開始されました。
場所はお馴染み、ハピネット・オンラインからです。
4月
ウルトラ怪獣シリーズEX スラン星人(新彩色)
5月
ウルトラ怪獣シリーズEX ボガール(新彩色)
6月
ウルトラ怪獣シリーズEX メトロン星人(新彩色)

ウルトラマンマックスより、ハイパーホビー誌上限定商品であったスラン星人が一般販売決定!
サラマンドラに続いて嬉しい限りです。
ウルトラマンメビウスからは、序盤の宿敵であるボガールが再販決定。
ハンターナイト・ツルギの相手役にもってこいですね。
ウルトラセブンからはメトロン星人が再販決定ですが、
紹介文を見るとマックスについても触れられているので、どちらの造型が再販されるのか気になる所です。
とりあえず、今年も毎月1体のソフビが出るみたいなので一安心。
例年のように平成シリーズ中心になるのでしょうかね?


続いて魂ウェブ商店にて、気になる限定商品が2つ予約を開始しています。
まずはS.H.MonsterArts(エス、エイチ、モンスターアーツ)の限定商品です。
リトルゴジラ&結晶体セット
モンスターアーツ リトルゴジラ
http://p-bandai.jp/tamashiiwebshouten/a0011/b0012/item-1000014936/
リトルゴジラの造型を手掛けられたのは、オリジナルスーツの造型も担当された若狭新一さん!
愛嬌のある仕草やお座りポーズなど、小さいながら各部も良く可動するみたいですね。
既に発売済みのゴジラとも同スケールなので、
スペースゴジラと合わせればバース島での初戦を再現可能となります。
更にオマケパーツとして、スペースゴジラが作り出した結晶体が4本付属予定。
これでリトルゴジラを閉じ込めたり、スペースゴジラの周囲に置いて飾りにしたりと色々楽しめそうですね。

ULTRA-ACT アンドロメロス
ウルトラアクト アンドロメロス
http://p-bandai.jp/tamashiiwebshouten/a0011/b0012/item-1000014997/
イベントでの展示で話題をさらった、コスモテクターを身に纏うアンドロ超戦士が商品化決定!
ウルトラアクト自体の限定品も久しぶりですが、商品化が決まったというのが何より嬉しいです。
商品ページでは、アンドロメロスのOP映像も見る事が出来るなどこれは本気w
武器であるダブルサーベルやダブルランサーも付属しますし、
胸パーツの差し替えでウルトラクロスの有無も選択が可能。
という訳で、5月発売予定のゾフィーとの頭部パーツ交換も実現出来るとの事です!
これでゾフィー装着時のアンドロメロスも再現可能になる訳ですね~
商品化の機会が少ないキャラクターなので、アクションフィギュア化自体がかなり奇跡的。
これはウルトラファンならゾフィーと合わせて「買い」でしょう!

しかし並べたら緑色のキャラクターばかりですねw
どちらも発送は6月を予定。
ウルトラアクトは夏からウルトラ6兄弟展開が始まりますし、
今年の夏も商品展開がアツそうで楽しみです。
例年より私の予算も少ないですが、出来るだけこのラインは抑えておきたい所・・・


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|17:12

映画「電撃!ブタのヒヅメ大作戦」の内容とキャラクターをご紹介

こちらも以前に作り置いていた記事の投稿となります・・・

※注意!本編のネタバレが多大に含まれた記事となります。

前回の「暗黒タマタマ大追跡」に続き、
クレヨンしんちゃんの映画第6作目である電撃!ブタのヒヅメ大作戦をご紹介します。

ふたば幼稚園の園長先生が福引で当てた屋形船でのお食事会。
勿論、しんのすけ達幼稚園児にとっては早すぎたのか、みんな景色に目もくれず食べまくっています。
そんな中酔っ払ったまつざか先生がカラオケをしている最中に、
突如海から屋形船に這い上がってきた謎の女性・・・
お腹が空いて衰弱していたのか、園児達のご飯を食べ漁り自分は国際秘密組織「SML」の一員で、
コードネームは「お色気」だと話します。
食べ過ぎたのかトイレに篭るお色気、呆気に取られる先生達でしたが、続いて屋形船に大きな振動が伝わります。
空を見上げると、巨大な飛行船がふたば幼稚園が貸切にしている屋形船を持ち上げようとしているのでした。
次々と脱出する先生や園児達でしたが、よしなが先生は「何時もの5人」が居ない事に気が付きます。
しんのすけの長いトイレを心配して、風間くん、ネネちゃん、マサオくん、ボーちゃんも取り残される羽目に。
トイレを終えたしんのすけでしたが、時既に遅し。
お色気と共に飛行船へと連れ去られてしまうのでした。
連絡を受けた野原ひろしとみさえは、海面に打ち付けられ粉々になった屋形船の映像を見て大泣き。
しかし野原家に押し入ってきた巨漢のスーツ男、コードネーム「筋肉」は息子は生きていると二人に話します。
しんのすけ達をさらった組織の正体は、世界征服を企む悪の秘密結社「ブタのヒヅメ」。
一悶着ありながらも、しんのすけを救う為に世界へ出る決意を固めたひろしとみさえ(そしてひまわり)。
ここに世界の命運を賭けた、大救出撃が始まるのでした・・・

今回はクレしん映画の中でも、一番「映画らしい映画」に仕上がっている作品だと私は思っています。
根本がハリウッドのアクション映画をイメージして製作されており、
お色気や筋肉といったオリジナルキャラクターの活躍を前面に押し出していますからね~
春日部を飛び出し、香港、そしてチベット?奥地の大秘境と物語のスケールが大きい一方、
クレしんらしいギャグや気の抜けたシーンも多く挿入されています。
作中に登場する銃は実在するものであったり、リアリティを追及する一方、
SFチックなトンデモ装置や兵器も多く登場する辺りも映画らしいなぁとw
家族愛、夫婦愛、友情を要所要所で感じさせてくれるストーリーも見事でした。

今回はブタがキーワードという事で、ぶりぶりざえもんの存在は欠かせません。
卑怯でどうしようもない性格のキャラクターですが、
それでも今までは味方として登場していたぶりぶりざえもん。
しかし今回はブタのヒヅメが作り出した悪のコンピューターウィルスとして登場し、
本気でしんのすけ達と(最初は)敵対する存在となっています。
ただ、やはりぶりぶりざえもんだけにシリアスなキャラ作りは不可能w
それでもラストの下りは、クレしん映画史上でも5本の指に入る感動シーンとなっていましたが。
しんのすけが語る「救いのヒーロー」の物語も良く出来ていました。

●個人的名シーン
電撃!ブタのヒヅメ大作戦 劇画トイレ争奪戦
電撃!ブタのヒヅメ大作戦 劇画トイレ争奪戦0
電撃!ブタのヒヅメ大作戦 劇画トイレ争奪戦1
ぶりぶりざえもんの最後を挙げたい所でしたが、
やはりこのインパクトが強烈すぎたのでこちらが私のお気に入りシーンとなっていますw
筋肉にしんのすけ捜索の同行を申し出たひろしとみさえですが、当然拒否されてしまいます。
そこでみさえが下剤たっぷりのお茶で一服を盛り、
トイレの場所を教えてほしければ同行可能という誓約書にサインをしろと筋肉に詰め寄ります。
しかしそれでも拒否し、トイレの場所など大体検討が付くとトイレに千鳥足で向かう筋肉。
それを阻止する為に、全身を使ってトイレ侵攻を食い止めるみさえとひろし・・・
という流れなのですが、いきなり絵のタッチが劇画になり、当時劇場で見ていた私は爆笑したものですw
筋肉の妙な動きや、オーバーすぎるみさえとひろしのアクション等この一連の流れは全編が笑い所。
筋肉の「正義の味方が、クソなど漏らすかぁーっ!!」という名言も忘れられませんw
せっかく光り輝くトイレを見つけても阻止され、最後は両足を捕まれてそのままお腹に強い衝撃を受けダウン。
これが決め手となり、みさえとひろしはサインをゲットしてサムズアップ。
筋肉は無事トイレへと行く事が出来たのでした・・・
(最も、その後も同行は拒否するのですが)


●以下、主な映画登場キャラクター紹介
お色気(声優:三石琴乃)
電撃!ブタのヒヅメ大作戦 お色気
あんた、子供産んで育てた事ある?
国連直属の国際的な秘密組織「SML」の女性エージェントであり、
ブタのヒヅメが所持していた世界に危機をもたらすディスクを奪い取り飛行船から脱出。
しかし屋形船で休憩していた隙を突かれ、しんのすけ達と共に拉致されてしまいます。
自分を犠牲にしてしんのすけ達を一度脱出させましたが、結局は再び合流する事に。
盗んだディスクも人質の命には代えられないと、ブタのヒヅメに引き渡してしまいます。
バツイチの母親であり、離婚した夫は同じSMLで働く筋肉。
しかし今回の騒動の内に、再び筋肉との間に信頼感が生まれ夫婦仲も回復に向かうのでした。
銃よりは格闘で相手を倒す事を得意しており、劇中ではその強さを常に発揮。
母親らしく子供達に優しい一面も持ち合わせており、
「戦うおねいさん」を地で行く様なキャラクターでした。
美人でスタイルも良く、
最強の武器は夫婦喧嘩で鍛えたフライパンの格闘術という辺りも人気の秘訣でしょうかw

筋肉(声優:玄田哲章)
電撃!ブタのヒヅメ大作戦 筋肉
おもしれぇ、どっちかって言うと俺も殴り合いの方が好きでね・・・
お色気の元旦那であり、同じくSMLに所属するエージェントの一人です。
ブタのヒヅメの悪巧みを潰し、更にお色気やしんのすけ達を救う為にひろしやみさえと行動。
幾度と無くピンチを潜り抜け、ブタのヒヅメ本部でお色気と再会しています。
劇中では上でも触れたトイレ争奪戦から始まり、
ジョークを無視される等とにかくひろしとみさえに引っ掻き回される役所でしたw
ただ、ひろしとみさえの息子への愛を認め同行させたり、
銃火器や体術を駆使してブタのヒヅメと渡り合うなど活躍シーンも多め。
お色気と共にほぼ全編に渡って登場しています。
ちなみに離婚の原因は、筋肉の浮気にあったそうで・・・w
SMLの本当の意味が「S・正義の M・味方 L・LOVE」だと大真面目に話すシーンも最高ですねw
戦いが終わった後は、野原一家と共にお色気や息子のセーギを連れてピクニックに。
EDではお色気と共に再びSMLの活動を続けている様子が描写されている等、
夫婦仲はほぼ修復された様ですね。

かすかべ防衛隊(声優:野原しんのすけ、矢島晶子
風間くん、真柴摩利  ネネちゃん、林玉緒
マサオくん、一龍斎貞友  ボーちゃん、佐藤智恵)

電撃!ブタのヒヅメ大作戦 かすかべ防衛隊
かすかべ防衛隊、ファイヤー!
「「「「ファイヤー!!」」」」
野原しんのすけ、風間トオル、桜田ネネ、佐藤マサオ、ボーちゃんの5人で結成されたチームです。
今回の映画ではブタのヒヅメにさらわれ、お色気の手によって脱出したのは良いものの、
辺境の地に降り立ってしまい孤独ながらも5人で人が居る場所に向かって歩き続けます。
その場所こそがブタのヒヅメの基地だったのですが、捕まっても良いと決意を固め突入。
案の定捕まってしまいますが、ブタのヒヅメの悪巧みを阻止する為に大きな活躍を見せる事となります。
この5人は初期シリーズからのレギュラーキャラクターですが、
劇場版でかすかべ防衛隊という名称が登場したのはこの作品が初めて。
能天気なしんのすけ、実質的なリーダーである風間くん、泣き虫のマサオくん、
キレると怖いネネちゃん、チームの頭脳であるボーちゃんとキャラクターもかなり固まっていますね。
中でもボーちゃんの「どこでもいい、ここは地球の上、怖がらなくて大丈夫。」
という一言は道に迷った時にかなり勇気付けられる素晴らしい名言だと思います。

大袋博士(声優:滝口順平)
電撃!ブタのヒヅメ大作戦 大袋博士
あんたのお尻の型を取らせてくれんか?
電子工学の権威と呼ばれている天才学者であり、
春日部に住んでいた時に偶然しんのすけが書いたぶりぶりざえもんの落書きを見て驚愕。
これこそが自分の求めていた電子生命体の姿だと、プログラミングを開始します。
その時にブタのヒヅメにさらわれてしまいますが、研究の手助けをしてくれると聞いて喜んで参加。
助手のアンジェラ青梅と共に、
世界最強のコンピューターウィルスであるぶりぶりざえもんを完成させるのでした。
色んな「妙な発明品」を作るのが趣味ですが、人類最大の発明品はスリッパであると豪語し、
常にスリッパを履き続けているなど変わった一面も持ち合わせています。
更にとてつもない「尻フェチ」で、お色気にお尻の型を取らせてくれと何度もせがむ程でしたw
ブタのヒヅメの悪巧みに気付いた後は、ウィルスを消去させるワクチンを使う等裏方として活躍。
EDではその見返りとして、お色気のお尻の型を取らせてもらいご満悦な姿が描写されています。
(もちろん、筋肉は激怒w)

アンジェラ青梅(声優:増岡弘)
電撃!ブタのヒヅメ大作戦 アンジェラ青梅
私のダーリンをいじめる奴は許さないわよ!
大袋博士の助手であるオカマで、劇中ではひろしに一目惚れしてしまいますw
基地に侵入したしんのすけ達を匿うなど、性格は優しくどこか抜けている一面も。
警備兵に襲われていたひろし達を救う為に、
関取スーツを使用して救出に来るなど要所要所で活躍を見せました。
IZAMの大ファンであり、博士の発明品でなりきりをして遊ぶのが趣味。
事件解決後は、博士と共にSMLへと所属している姿を見せています。
本作のオカマ枠ですが、
アンジェラ青梅というキャラクターは「アンジェラ小梅」として原作漫画にも実は登場していたりします。
オカマキャラの例に漏れず、見た目やキャラクターのインパクトが中々強烈ですねw

セーギ(声優:佐藤ゆうこ)
電撃!ブタのヒヅメ大作戦 セーギ
ねぇしんのすけくん、なぁにそれぇ?
筋肉とお色気の実の息子であり、普段はお色気の元で暮らしています。
劇中ではラストのピクニックの場面で登場し、
しんのすけが書いたぶりぶりざえもんの落書きを眺めていました。
筋肉とお色気の本名が劇中で明かされる事はありませんでしたが、
このセーギという名前は恐らく本名でしょう。
EDでは、お色気がフライパンの品定めをしている所を嫌そうな顔付きで見る場面もw

IZAM(声優:IZAM)
電撃!ブタのヒヅメ大作戦 IZAM
綺麗な男が居ても良いでしょ~ぅ?
本作のゲストキャラクターは、
当時大人気だったSHAZNA(シャズナ)のボーカリストであるIZAM(イザム)です。
雛形あきこさんと同じく、映画の主題歌を担当しているので抜擢された訳ですが、
本人では無く大袋博士が発明した機械でアンジェラ青梅が演じている立体映像として登場。
しかし本物と勘違いした大ファンのネネちゃんと、
女性だと勘違いして近寄ったしんのすけはまんまと引っ掛かってしまうのですがw
しかし今見ると時代を感じますねぇ。

臼井儀人(声優:臼井儀人)
電撃!ブタのヒヅメ大作戦 臼井義人
電撃!ブタのヒヅメ大作戦 臼井義人 0
エ~ックスキュ~ズミ~?
アジアカラオケ選手権の会場はどちらでしょうか~?

暗黒タマタマに続いて、原作者である臼井先生がまた登場ですw
冒頭でクリスタルキングの「大都会」を熱唱。
続いて香港でも前回と同じく野原一家にカラオケ大会の会場を訪ねるのですが、
みさえに「邪魔!」と殴られまたもや地面に倒れこんでしまうのでしたw
毎回ひろしやみさえの気が高ぶっている所に現れる間の悪さが何とも・・・
ちなみに大都会は「臼井儀人の大都会」として、
「映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!サウンドトラック大全集」に声入りで収録されています。
少しのフレーズだけですが、臼井先生の肉声を聞く事が出来る貴重な音源ですよw

マウス(声優:石田太郎)
電撃!ブタのヒヅメ大作戦 マウス
坊や、言っておくが私は子供が・・・大嫌いなんだよ!!
秘密結社「ブタのヒヅメ」のリーダーであり、頭脳明晰なプログラマーでもあります。
性格は冷徹で、いざとなれば自分や仲間の犠牲を省みない判断を下すほど。
ぶりぶりざえもんを使用したサイバーテロを行い、
あらゆる機能をマヒさせ自分達が世界を支配しようと企み今回の事件を引き起こしました。
しかししんのすけやぶりぶりざえもんの性格に翻弄され、
大袋博士の裏切りもあり計画は失敗。
他のメンバー共々、SMLに命を救われた後に逮捕されています。
かなり真面目なキャラクターのはずなんですが、
ぶりぶりざえもんにコケにされ続けるなど扱いが酷かったですねw
プログラミングをひまわりにイジられ、半分発狂しながら再構築する場面も笑いました。

バレル(声優:山寺宏一)
電撃!ブタのヒヅメ大作戦 バレル
さぁ小僧、お遊戯の時間だぞぉ・・・!!
ブタのヒヅメの幹部であり、3幹部の中では事実上のリーダーを勤めています。
スーツの下には銃を仕込んであり、しんのすけにコケにされ数々の銃を発砲していました。
アンジェラ青梅の進撃を止めるなど、銃の腕自体は中々のもの。
しかし欠点は背の低さで、しんのすけに靴がシークレットブーツである事を指摘されていましたw
更にこの靴をかすかべ防衛隊に脱がされると途端に戦意喪失。
爆発する基地から部下を逃がす様に筋肉から命令される等、最後はなすがままの状態でした。
バレルと言えば、シークレットブーツの下りが最高でしたね~
しんのすけに指摘された後に突然シークレットブーツの宣伝が始まり、
ついノリでやってしまい他の仲間全員から引かれる場面はかなり酷いですw
「昨日までの暗い貴方にさようなら。これさえ履けば、何もしないで背が7cmア~ップ。
自身が持てる、女に~モテる!」

ママ(声優:松島みのり)
電撃!ブタのヒヅメ大作戦 ママ
よぉバレル、あの女いじめていいかい?体が鈍っちまうよぉ
ブタのヒヅメ3幹部の一人で、紅一点なのですが見た目は筋肉モリモリの女レスラー。
性格もかなり荒々しく、男顔負けの怪力や格闘術でお色気や筋肉を苦しめました。
本気になったお色気ともほぼ互角に渡り合いますが、
最後はお色気の言う「子供を育てた事があるかどうか」の差からか、強烈な一撃を頭部に受けダウン。
筋肉に担がれ、爆発する基地から脱出しています。
恐らく、本作最強レベルのキャラクターがこのママでしょうか。
筋肉に力で押し勝っており、
ライバル視しているお色気ともほぼ互角かそれ以上に渡り合っていましたからね~
ブレードのつまらないダジャレに、バレルと引いていた姿も見所ですw

ブレード(声優:速水奨)
電撃!ブタのヒヅメ大作戦 ブレード
お酒を飲みすぎると、肝臓にいかんぞう
ブタのヒヅメ3幹部の一人で、身に着けたコートの下に多数の凶器を隠し持っています。
普段は無口ですが、たまにダジャレを言って一人で大笑いしているかなりの変り種。
暇な時は一瞬で切り絵を作るなど、手先の器用さは軍団一でしょう。
ナイフやハサミ、鍵爪など多彩な武器や素早い身のこなしで筋肉を追い詰めますが、
ダジャレに弱い事を聞いた筋肉やアンジェラ青梅、ひろしがダジャレを連発。
しかしそのダジャレはなっていないと言い、自分で言ったダジャレに再び大笑い。
隙だらけの所を筋肉の一撃を受け気絶してしまうのでした。
基地から逃亡する際は、コート内に仕舞ってあった無数の武器を捨てている所が描写されています。
コイツもある意味強烈なキャラクターでしたねw
BGMすら消し、面白く無いダジャレをボソっと言う所は筋肉で無くても静止してしまいます。

警備兵
電撃!ブタのヒヅメ大作戦 警備兵
ブタのヒヅメに所属している一般兵で、本作の戦闘員的なポジションとなっています。
こういう作品では珍しく、恐らく一人の死者も出ていないのでは?
銃の扱いだけでは無く、格闘もこなせるので数が多いとSMLのエージェントでも苦戦するほどです。

ぶりぶりざえもん(声優:塩沢兼人)
電撃!ブタのヒヅメ大作戦 ぶりぶりざえもん
いいって事よ、これも人助けだ・・・
大袋博士が生み出した、自分の意思を持って行動する電子生命体。
ブタのヒヅメはこのぶりぶりざえもんをコンピューターウィルスとして世界中にバラ撒き、
あらゆる機器をマヒさせて世界を我が物にしようと企みました。
しかし、ぶりぶりざえもんという事だけに性格は最悪w
マウスすらコケにし続け、電子世界に行ったしんのすけとも最初は壮絶?な戦いを繰り広げるほど。
しかししんのすけから聞かされた「ぶりぶりざえもんのぼうけん」の話の中で、
本当に大切なものを見つけ改心。
その後は大袋博士のワクチンソフトで消滅する道を歩み、
「救いのヒーロー」として最初で最後の仕事をこなすのでした。
爆発する基地から逃げる飛行船を消滅したはずのぶりぶりざえもんの幻影が押し上げ、
満足げな表情と共に爆発の中に消えて行くシーンは涙無しでは見られません。
その事実に気付いたのはしんのすけだけという演出も良かったですね~
恐らく、唯一泣けるぶりぶりざえもんと言っても過言ではありませんw


改めて見直してみると、やはり完成度が高い作品だったな~というのが正直な感想ですかね。
ぶりぶりざえもんのPV等ギャグシーンも織り交ぜながら、シリアスに進む物語のバランスも良かったですし。
今回もしんのすけの分身とも呼べるぶりぶりざえもん消滅シーンでしんのすけが涙を流しますが、
毎回着実に男の子として成長を遂げているのが実感出来る時期の作品でもありますね。

不定期更新のこの企画。
次回は短編作品集「クレしんパラダイス!メイド・イン・埼玉」のレビューを予定しています。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|15:17

ウルトラマン列伝 第31話

ウルトラマン列伝 タイトル
今週水曜日に、第31話が放送されました!
第31話 「青き巨人!アグル登場!!」
ウルトラマンガイア第3話「その名はガイア」の内容を放送しました。

宇宙より地球の報道を受信しながら接近する謎の物体。
人類はその物体の存在をまだ知る由もありません・・・
我夢は深夜のエリアルベース内で、ウルトラマンガイアの活躍を見直しています。
アッコも現れ、我夢と話をする内に巨人の名前はウルトラマンガイアで良いんじゃないかという流れに。
一方、宇宙より飛来した物体は集合して一つの姿となり地球に飛来していました。

TV局のKCBのクルー達は、我夢の正体が天才集団アルケミースターズのメンバーである事を突き止めます。
後に彼らも重要な役割を果たして行く事になるんですよねぇ。
その我夢もガイアの光を納める機械を開発。
名前をエスプレンダーと名付けたと同時に警報が鳴り響きます。
宇宙より飛来した物体の正体は、金属生命体の集合体だと判明。
新たなる破滅将来体だと認識し、石室コマンダーはピースキャリーとチームライトニングを出撃させます。
アドバイザーとして我夢の同行を許した石室コマンダー。
千葉参謀は不安がりますが、コマンダーは最初から我夢の素質を見抜いていたんでしょうね。

KCBのキャスター、玲子はウルトラマンの報道を終えスタジオから出た時に何者かに話しかけられます。
ウルトラマンの事を世界に余す所無く伝えろと言い、立ち去る謎の人物。
この男こそ、もう一人の主人公である藤宮博也。
今回が初登場となっていたんですねぇ。
東京に向かう金属生命体を迎撃する為に出撃したチーム・ライトニング。
砂漠の上空で激しい空中戦が繰り広げられ、ライトニングは金属生命体を撃墜する事に成功。
しかし、墜落した金属生命体は槍の様な姿になりライトニングの面々に襲い掛かります。
そして槍が変形し、人型の姿「アパテー」となりXIGファイターは撃墜。
金属生命体から放たれる微弱な電波を解析した我夢は、
こいつがウルトラマンの情報を得てそれを欲する為に地球に来た事を悟ります。

堤チーフ達にバレない様にコッソリと抜け出し、ガイアへと変身する我夢。
砂漠でガイアとアパテーの戦いが繰り広げられますが、ガイアとほぼ同じ能力を持つアパテーに苦戦します。
戦いの中、アパテーは全身に装甲を出現させ、防御力が向上。
続いて右腕を槍状に変化させ、更に全身を数本の槍に変形させガイアに襲い掛かります。
ピースキャリーの援護もあったのですが、戦い慣れていないガイアは体力を消耗。
初めて胸のタイマーが赤く点滅します。
必殺技のクァンタムストリームを受け、大爆発するアパテーでしたが尚も再生し襲い掛かるしぶとさ。
もう駄目かと思われたその時、青い光線を受けアパテーは粉々に砕け散ってしまいます。
ガイアが目をやった先には謎の青い巨人、もう一人のウルトラマンが・・・
ウルトラマン列伝 アパテー

ウルトラマンアグル初登場のストーリーという事でしたが、本当に登場するだけなんですよねw
人間体の藤宮と共に番組を盛り上げるもう一人の青いウルトラマン。
そのクールさが受け、当時は主役のガイアを凌ぐ人気を誇っていたほどでした。
最後のウルトラマンゼロの解説では、第4話の映像も少しだけ使用されていましたね。
そして金属生命体も今回が初登場。
アパテー、アルギュロス、ミーモスの3体はそれぞれ曲者揃いの強敵でしたね~

次回は、ウルトラマンのグビラ登場回を放送。
アーストロンに続き、映画「ウルトラマンサーガ」の予習回ですね。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|10:37

ウルトラマン列伝 第30話

※前回放送分の記事となります。
ウルトラマン列伝 タイトル
遅ればせながら、第30話が放送されました!
第30話 「怪獣総進撃!ジャック誕生!!」
帰ってきたウルトラマン第1話「怪獣総進撃」の内容を放送しました。

ウルトラマンやウルトラセブンの回と同じく、
DVD版のデジタルリマスター映像を使用していました。
音声もDVDのステレオ版ですね。
冒頭のナレーションが少し端折られていましたが、
地震~や地殻変動~の下りは現実味を帯びすぎているのでカットされたんでしょうね・・・
本編は第2期ウルトラシリーズの1話目という事で、怪獣ブームの煽りを受けてか何と新怪獣が3体も登場!
まずは東京湾から出現した、オイル怪獣タッコングとヘドロ怪獣ザザーンの大バトル!
プール特撮や周辺の倉庫の細かなセットの組み方は、今見ても凄い出来ですね~

そしてワンダバBGMと共に迎撃に出る防衛チーム、MAT!
怪獣攻撃隊だけに、1話目からバトルシーンが連発する事となります。
一方、坂田兄妹と共に自動車工場で働く主人公の郷秀樹。
動物を助ける為に命を落とす所だった少年を救い、代わりに命を落としてしまいます。
しかし、その勇敢な行動を見て感動し、一心同体となって郷を救ったのはウルトラマン!
体が無い状態でもザザーンを倒したタッコングを追い払い、
これからは郷と共に地球の平和を守ろうと彼は話しかけます。
生き返った郷でしたが死んだと思い込んでいた坂田は、
郷が乗ってレースに出るはずだった流星号を燃やしてしまった後。
また作り直せば良いと話す郷でしたが、
坂田はMATの加藤隊長と話し合った後で何と郷のMAT入隊を勧めていたのでした。

そんな中、郷は怪獣の鳴き声が聞こえ一人で何処かへと走り去ってしまいます。
加藤隊長も同時に怪獣出現の連絡を受け、MATチームと共に出撃。
山村を襲っているのは、新たに出現した凶暴怪獣アーストロンでした。
ここでも広大な山間のセットに、緻密に組まれた家の模型と本当に凄い特撮を拝めます。
MATの攻撃を受けてもほとんど怯まないアーストロン。
郷も駆けつけ、瓦礫に巻き込まれた人々を助けた時に光が体を包みます。
光の中から現れたのは、光の巨人ウルトラマン!
ウルトラマンはアーストロンの破壊活動を食い止め、角を折られたアーストロンは戦意喪失。
スペシウム光線を浴びたアーストロンは、火口に落ち大爆発を遂げるのでした。

戦い終わり、川辺でMATに発見された郷秀樹。
加藤隊長は新入隊員だと他のメンバーに郷を紹介します。
郷は改めてウルトラマンと融合した事を自覚。
戦士としてあらゆる脅威から地球と人々を守り抜く事を誓うのでした・・・
ウルトラマン列伝 アーストロン

帰ってきたウルトラマンこと、ウルトラマンジャックの誕生編でしたね。
大暴れする怪獣達や一般人視点からの物語など、
1話目にして第2期シリーズの魅力を前面に押し出していました。
何気に地球を守る為に派遣されたウルトラマンは、このジャックが最初なんですよね~
本編の監督も、ゴジラシリーズでお馴染みの本多猪四郎監督。
映画「ウルトラマンサーガ」にアーストロンが登場するのでそれのおさらいという意味合いもありますが、
色んな意味で豪華な話だったので列伝で放送されて良かったと思いました。
ちなみに今回逃がしたタッコングは、第2話目でウルトラマンに退治されるのでご安心をw

次回はウルトラマンガイアの第3話を放送。
そちらの記事は明日か明後日に・・・


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|21:04

ハイパーホビー&ウルトラアクトのゾフィー!

本日発売のハイパーホビーを購入しました。
映画「ウルトラマンサーガ」情報はハイパーゼットン(ギガント)の解禁など、
大まかな内容は児童誌と同じ。

しかしまだ公開されていない画像が多く掲載されており、
中でも驚いたのは春野ムサシが、アヤノ隊員と結婚してソラという名の息子も誕生していた事!
3人はスコーピスの襲撃で壊滅状態に追い込まれ、
その後に「怪獣と人類の共存出来る場所」として復興を遂げた惑星ジュランに在住。
ジュランは驚くほど美しい自然の風景が再生されており、
そこには友好巨鳥リドリアス地中怪獣モグルドンの群れなど、たくさんの怪獣達の姿が!
ここでウルトラマンコスモスの怪獣も映画に登場する事が決定しましたね~
ウルトラマンダイナのスフィア、
ウルトラマンゼロのレギオノイドとメインキャラクターの登場怪獣もこれで出揃った感があります。

多世界宇宙も複雑に入り混じる今回のお話。
宇宙警備隊本部が存在する、いわゆる「M78ワールド」
ウルトラマンゼロが、ウルティメイトフォースゼロと活動している「アナザースペース」
ウルトラマンティガやダイナが、闇から宇宙を救った「ネオフロンティアスペース」
ウルトラマンコスモスや、ジャスティスが存在する「コスモスペース」
そして今回バット星人が地球を侵略した新たなる世界。
この5つの世界観もそれぞれ少しずつですが描写されるという事で、
本編のその後が描かれたダイナやコスモス周りの細かいネタも楽しめそうですね。

ハイパーゼットン ギガント&イマーゴ ソフビ
ハイパーゼットン(ギガント)のソフビも公開されており、
「ウルトラヒーローBEST 輝く希望SP」に入っているハイパーゼットン(羽が無いイマーゴ)の、
スモーククリア仕様ソフビとセットで販売される事が決定しています。
このイマーゴをギガントの背中にマウントさせる事によって劇中イメージを再現可能との事ですが、
私的にはギガントの中からイマーゴが誕生するシーンに見えますね~
3990円で3月中旬に発売予定、恐らく映画公開と同時期か1週早いタイミングになるのかな?
しかし背面から見ると、まさしくナウシカに出てきた王蟲そのもの・・・w
確かに、虫好きにはお勧めと書いてある理由にも納得です。
ウルトラマン列伝と連動したゼルガノイドのソフビ人形もサンプルが掲載。
ガンメタ塗装で、より劇中イメージに近付いていますね~

ULTRA-ACT(ウルトラアクト)情報は、5月に発売が決定した宇宙警備隊長ゾフィーと、
ウルトラ6兄弟用のブラザーズマントが紹介されています。
ウルトラアクト ゾフィー
ゾフィーのオマケパーツは
・赤いカラータイマー
・ファイヤーエフェクトパーツ
・M87光線
・M87光線エフェクトパーツ
・ベーターカプセル
・ウルトラコンバーター
M87光線は画像の様に、手元に渦の様な専用エフェクトパーツを取り付けられるとの事です。
もちろんエフェクトを外して、劇中の様な光線発射にする事も可能。
ベーターカプセルを持てば、デザインが少し違いますけどウルトラマン最終話を再現。
ウルトラコンバーターを持てば、エース時や来月のてれびくんDVDを再現可能ですね。
ファイヤーエフェクトパーツは・・・例の大ピンチ時を演出可能との事w
棚に飾ってあるバードンのソフビを使って(ry

ウルトラアクト ブラザーズマント
こちらはブラザーズマント。
ゾフィー以降に発売される、ウルトラ6兄弟の面々に取り付けが可能になっているそうです。
マントには可動軸が儲けられており、表情を付ける事が可能で様々なポージングに対応。
しかし既出のマンやセブンには取り付け不可との事なので、
これはこの2人のリメイクが近いというフラグなのかも・・・?
値段も1260円という事なので、私は6個買い決定です。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|21:31
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ