大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

【動画投稿】ゆっくり霊夢とやる夫が学ぶ ウルトラ怪獣大百科

という訳で、以前より前振りを続けてきた動画が遂に完成致しました。
(↓のURLよりその動画へ飛べます)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm18222506


ゆっくり霊夢とやる夫が学ぶ ウルトラ怪獣大百科
タイトルはゆっくり霊夢とやる夫が学ぶ ウルトラ怪獣大百科となります。
内容は2ちゃんねるやニコニコ動画ではすっかりお馴染みになった、
「ゆっくり」と「やる夫」のキャラクターを使ったウルトラ怪獣の解説動画となっております。
この2種類のカテゴリーを選んだ理由は、解説やゆっくり実況プレイ動画ではすっかりお馴染みの存在なので、
ニコニコユーザーが内容に入り易いかな?と思ったからで、
私自身はゆっくりの元となったゲーム「東方Project」には詳しくありません。
(キャラクター設定などは大体理解しているつもりですが)
一方の「やる夫で学ぶ~」シリーズはよく見ていたので、
AA(アスキーアート)ものの代表格として認知しているので迷わずチョイスという形になりました。
とりあえず以下に簡単な解説などを書いておきます。
(動画より先にこちらを見ていると内容が理解し易いかも?)


■登場キャラクター解説(+動画では語れなかった裏設定など)
ゆっくり霊夢
ゆっくり霊夢
東方Projectのキャラクターである「博麗霊夢(はくれい れいむ)」・・・に似た何か。
性格は素直で少し単純な所もありますが、今回の動画では可愛いものに目がありません。
普段は「幻想郷」と呼ばれる隔離された日本のとある土地に住んでいますが、
今はゆっくり魔理沙と共に「外の世界」にある友人のやらない夫の家で遊んでいます。
元ネタ通り神社に住む巫女という設定ですが、本動画ではあまり意味の無い設定になるでしょうw
基本的に顔だけの存在なので、端からは饅頭扱いされる事も。

ウルトラ怪獣については超メジャー級なのを少し知っている程度で、
基本的には子供の頃に何回かウルトラマンを見ていたという人間の代表格。
ピグモンが大好きであり、上でも触れた通り可愛いものには何でも飛びつくタイプです。
本動画ではウルトラ怪獣を学ぶポジション。


ゆっくり魔理沙
ゆっくり魔理沙
東方Projectのキャラクターである「霧雨魔理沙(きりさめ まりさ)」・・・に似た何か。
霊夢と同じく女性ですが男勝りな性格で、口調にもそれが現れているん「だぜ」。
魔法の森(幻想郷)に住む魔法使いで、その粗暴な性格故か破壊系の魔法が非常に強力。
その魔力のせい?で今回はとんでも無い事態を引き起こす事に・・・
霊夢と同じく顔だけなので、こちらも饅頭呼ばわりされる事が度々あります。
最近はTRPG(テーブルトークRPGというアナログのロールプレイングゲーム)に夢中。

ウルトラ怪獣については子供の頃からのファンという設定で、外の世界から齎された怪獣図鑑が全ての元凶。
とにかく怪獣の大暴れする姿に目が無く、時には感情が先走ってしまい暴走する事も。
怪獣マニアのポジションであり、同時に防衛チームの超兵器などについても詳しさを発揮する予定・・・
本動画の進行役を勤めますが、メインは後述のやらない夫に手綱を握らせています。


やる夫
やる夫
掲示板「2ちゃんねる」生まれのAA(アスキーアートと呼ばれる記号で作られたイラスト)の一人。
性格はお調子もので、駄目人間の象徴の様な存在ですが本動画では「今の所は」控えめにしてあります。
やらない夫とは長い付き合いであり、凸凹コンビながらも関係は良好の模様です。
今回、霊夢と魔理沙を外の世界に誘ったのはこのやる夫であり、
理由は「クトゥルフ神話のTRPG(邪神の悪戯に巻き込まれる人々を描いたもの)」をやりたかったから。
(しかし魔理沙のせいでゲーム内容は散々なものになるのですが)

ウルトラ怪獣についてはほとんど知らないのですが、衛星放送などで怪獣映画は見た経験があり、
ゴジラやガメラなどのシリーズの知識は豊富です。
他にもアニメ作品などの知識はかなり強め。
ゆっくり霊夢と同じく、本動画ではウルトラ怪獣を学ぶポジション。


やらない夫
やらない夫
やる夫と同じく、掲示板「2ちゃんねる」生まれのAAキャラクターの一人。
不機嫌そうな顔をしていますが、本人は気分が悪い訳ではありません。
性格は常識人寄りであり、ツッコミ役を任される事がほとんど。
今回はやる夫が半ば無理やりにやらない夫の自宅に霊夢と魔理沙を招き入れ、
彼らが遊んでいる間に仕方なくジュースやお菓子を買出しに行っている所から動画冒頭の流れに繋がります。
博識であらゆる知識が豊富。

ウルトラ怪獣についても非常に詳しく、特撮ものは自身が好むSFホラージャンルなどと同列に扱っています。
その反面、防衛チームの超兵器などになると魔理沙の方が一枚上手になる事も・・・
暴走気味な魔理沙を抑えつつ、本動画のメイン進行を担当しています。
ポジションは、テッペイやオキの様な「怪獣博士」ですね(性格などは大きく異なりますが)。


こういう本格的な動画作成は初となっているので、至らない点が多いと思われます。
もし感想やご意見などがあれば、この記事のコメント欄か動画で直接コメントして頂けると有難いです。
動画を見て感じた事も動画に直接コメントして頂けると嬉しいですし、
面白いと感じた方は「マイリスト登録」して頂けると私のモチベーションも急上昇するはずですw
ただ、権利的に内容がヤバめなのでもし動画が削除された場合は・・・
構成を画像メインに変えて再チャレンジとする予定です。

基本的にはウルトラ怪獣に詳しく無い人でも、その怪獣を理解出来る様に解説しているつもりです。
一人でも多くの人に、ウルトラ怪獣の良さを知って頂けると幸いです。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
関連記事
Permalinkコメント:(11)トラックバック:(0)|00:01

児童誌より、ウインダム強化アームコンテスト結果発表

児童誌のてれびくんとテレビマガジンを購入しました。
トランスフォーマープライムは本編のメガトロン復活に合わせて、
ボイジャークラスの新商品である「メガトロンダークネス」の特集が中心になっています。
玩具はメッキのギラギラ感と、傷だらけのディテール部分がたまらなくカッコイイ・・・
他にも主要登場キャラクターのスペック表一覧も掲載されています。

ウルトラマン列伝情報は新展開の「ウルトラゼロファイト」が中心に。
ウルトラマンゼロの新モードであるストロングコロナゼロとルナミラクルゼロもお披露目となり、
両者の必殺技が初公開となっています。
ルナミラクルゼロは超能力を多用する超高速戦士であり、
無数のゼロスラッガーで相手を切り裂く「ミラクルゼロスラッガー」が必殺技。
ストロングコロナゼロは肉弾戦を得意とする超パワー戦士であり、
炎を纏ったパンチとキックで攻め立てる「ストロングコロナアタック」や、
右腕から撃ち出す超強力エネルギー弾である「ガルネイトバスター」が必殺技みたいですね。
変身した詳しい経緯は描かれていませんが、
ダイナとコスモスと一度融合した事でウルティメイトブレスレットに彼らの力が宿ったんでしょうかね~?
両モードでベムラー、テレスドン、グドン、サドラを破ったゼロでしたが、
怪獣墓場に居るゼロの前に「バット星人グラシエ」が出現。
ゼロ達が倒したバット星人の別個体の様で、
レッドキング、ベムスター、ガンQ、ガルベロスで構成された「地獄の四獣士」を率いてゼロに襲い掛かります。
面子的に、これがウルトラマン列伝内でゼロが戦うメンバーになるのでしょうかね?

さて、児童誌内でデザイン公募をした「ウインダム強化アームコンテスト」も結果が発表となりました。
テレビマガジンで最優秀賞作品に選ばれたのは・・・
ウインダム強化アームコンテスト
山田かなめさんがデザインをした、「光のパワーシールド」を装着したウインダムとなりました。
アイスラッガーが装飾として付いていたり、防御専門では無く攻撃も可能なデザインになっていますね。

てれびくん側ではこちらが最優秀賞作品に選ばれています。
ウインダム強化アームコンテスト1
下澤創太郎さんがデザインをした、「トゥインクルスター」を装着したウインダムとなりました。
流れ星のドリルの様な形状になっており、流れ星が流れる一瞬の間だけ何でも願い事が叶うのだとか。

どちらも、7月下旬より開催される「ウルトラマンフェスティバル2012」のライブステージや、
両紙面のウルトラゼロファイト記事内で大活躍予定。
(指人形も商品化されるそうです)
当選された皆様、おめでとうございます。
そして次号予告では、来月のてれびくんに豪華付録が付属する事が明かされています。
銃に変形するミニフィギュア「アームズマイクロン・オプティマスプライム」のクリアレッド版が付属し、
付録DVDの中では「ウルトラセブン45周年記念のビックリ情報」が掲載されるそうです。
どちらも楽しみですね~


<オマケ>
以前の記事で触れた私が作っている動画ですが、第一弾が遂に完成しました!
本日の深夜か、明日の朝にはニコニコ動画に投稿出来るものと思われます。
投稿した後、記事にてご案内する予定となっています。
もうしばらくお待ち下さいませ・・・


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|15:30

私が愛する悪役名簿 その7「スモーキングマン(肺ガン男)」

不定期更新の企画です。
私が好きな作品の中でも、特にお気に入りの悪役をご紹介していくこのコーナー。
前回の記事ではゴジラVSモスラのバトラを取り上げましたが、
第7回はTVドラマ作品「The X-Files(Xファイル)」より、
シガレット・スモーキング・マン(肺ガン男)をご紹介します。

Xファイルとはアメリカやカナダを中心に製作されたTVドラマ作品であり、
いわゆる科学の力では解明不能な「超常現象」に纏わる事件を、
FBI捜査官が解決していくという内容になっています。
アメリカでの大ヒットに続き、日本を含む世界中で人気を獲得した海外ドラマ作品の1つなのですが、
TVドラマとは思えない大規模を誇る内容であったり、
SFものでありながらドラマ部分が濃密で、メインストーリー部分は先が気になる構成になっている等、
様々な魅力が詰まっている作品だったので人気を勝ち得る事に成功したんでしょうね~
主人公は優秀ながら変わり者と評される「フォックス・ウィリアム・モルダー」と、
その相棒を務める理知的な医者である「ダナ・キャサリン・スカリー」の特別捜査官コンビ。
過去のトラウマから超常現象を信じ易いモルダーに対し、
否定的なスカリーが抑え役となって彼を手助けするという名コンビは解説がいらないほど有名ですよね。
この名コンビに加え、副長官であり上司の人格者「ウォルター・スキナー」が加わり、
数々の難事件を解決に導いてきました(最も、謎が謎のまま終わるストーリーも多いのですが)。
シリーズ終盤では、新たに超常現象に否定的ながらも自らの信念を貫く「ジョン・ドゲット」と、
その相棒である悪魔教絡みの事件の専門家である「モニカ・レイエス」という新しい仲間も加わります。

基本的には1話完結の内容が多く、幽霊から超能力者、UMAや突然変異のミュータント、
狂った人間からタイムリープもの、天使や悪魔などバラエティ豊かな事件が取り上げられました。
(時折、通常のXファイルでは有り得ないギャグ話などもあるのが面白かったですw)
そんな中、Xファイルの中核として最後まで中心であり続けたのは「宇宙人」絡みの事件。
異星人やUFOの存在は公にされていませんが、
Xファイルの劇中では米国政府も関わるとてつもないプロジェクトの一部である事が序盤から示唆されています。
モルダーの過去に深く関わり、スカリーもその事件に巻き込まれて人生を大きく左右されるなど、
主要キャラクターやその家族の運命すら決めてしまった政府の影に存在する謎の組織。
謎の組織は影の政府「シンジケート」と呼ばれ、世界中の様々な有力者が関わって結成されています。
その代表格となるのが、今回取り上げるスモーキング・マンと呼ばれる白髪の男。
まさしくモルダーやスカリーの宿敵として、幾度と無く彼らを追い詰め破滅の道へと導き続けた存在でした。

シガレット・スモーキング・マン(肺ガン男)
本名:C.G.Bスペンダー
(演:ウィリアム・B・デイヴィス)

Xファイル 肺ガン男 スモーキングマン0
「私がその気になれば何時でも殺せるんだが…だが今日はよそう。」
序盤から終盤まで登場したXファイルにおける悪役の代表格であり、中盤までは本名すら解らなかった謎の男。
常に煙草を吸っているのが特徴で、
名前が解らない為にスモーキングマンや肺ガン男の愛称でモルダー達から軽蔑されていたのでした。
幾度と無くFBI本部に圧力をかけ、自分が関わっている異星人絡みの捜査を妨害。
その事件の痕跡や関係者を消し、証拠を抹消するのが彼の主な役割となっています。
部下でありモルダーのライバルとなる「アレックス・クライチェック」を送り込み、
彼にモルダーの父親やスカリーの姉を殺害させたりと、2人に脅し以上の行為を見せ付け、
更にモルダーの協力者に見せかけて様々な人物を彼の傍に送り込んでいます。
こういった行為を平然と行うのを見れば解りますが、性格は冷酷非道そのもの。
しかし裏切ったクライチェックを再び自分の部下に戻したり、
一度追放されたシンジケートに再び力を貸すなど、
利用出来るものは私情を挟まずにとことん利用するという狡猾な面も見せていました。
(モルダーに対しても、彼の熱意と能力の高さを非常に高く評価しています)
彼には妻と息子が居るのですが、どちらも心より愛しながらも壮大なプロジェクトに関わる要員となってしまい、
妻は自ら死を選び、息子は自分の手で射殺する事になってしまいます・・・(息子は結局生きていましたが)
その事もあり全て吹っ切れたのか、終盤は更に非道な手段を選ぶ事となるのですが。

Xファイル 肺ガン男 スモーキングマン
そんな彼も当初はただの軍人であり、政府高官からスカウトされて歴史的な事件に関わり続けた結果、
今の立ち位置に居るんですよね。
(ケネディ大統領やキング牧師の暗殺など、その影響力は数知れず・・・)
巨大な金が動くスポーツ関連の試合結果や世間を騒がせた事件の情報操作などにも関わっており、
まさしく米国民は彼の掌の上で踊り続けていた事になります。
しかし長年そんな事を続けていたせいか、流石に疲れてしまい一度は裏の世界から身を引く決意を固めます。
幼い頃から読書が趣味であり、夢は作家になる事。
老いてもその夢を追い続けており、自分の半生を元にした小説を書いて出版社に投稿し続けていたのでした。
ある日、とある出版社から採用が来た事で彼は辞表まで書き、
作家としての第二の人生を歩もうとしていたのですが・・・
出版社からの意向であらすじや内容が大幅に直される事となり、
その事がショックで再び元の生活へと戻る事になるのでした。

そんな人間臭い面も見せる一方で、別の異星人の介入によってシンジケートが崩壊してしまい、
家族の死などもあって彼は独断で計画を進める事になります。
(実は彼にはもう1人の息子が居るのですが・・・それは物語の終盤で明らかになります)
元はというと圧倒的な科学力を持つ異星人に協力し、地球に入植する手助けをするのが彼らの役割でしたが、
その一方で宇宙人のウィルスに対抗出来るハイブリッドの人類を生み出して、
人類滅亡を回避しようとしていたのがシンジケートでした。
メンバーの相次ぐ死亡によりそれを引き継いだスモーキングマンは、
生き延びる為に自らをハイブリッド化しようと画策しましたが結果は失敗。
後遺症で老いが進んでしまい、大好きな煙草も喉にある装置で吸う羽目になってしまいます。
更にクライチェックの手により殺されたかに見えましたが、TVシリーズの最終回で生存が判明。
モルダーとスカリーに宇宙人の入植が始まり人類が滅ぶ事を伝えて、
彼らの強張った表情を見て満足しながらそのまま爆風の中へと消えて行くのでした・・・


最後の死の瞬間までモルダー達の敵であり続けたスモーキングマン。
一度死亡したかに見えた第8シーズン以外は全て登場しており、
黒幕としての存在感を発揮し続けたのは素直に凄いと思います。
映画の第1作目でも登場しており、死亡後の話である第2作目では出番が無いのが残念でしたね~
XファイルはSFものドラマが好きな方にはお勧めの作品です。
難点は、全9シーズン+映画2本という膨大な量を誇る本編の長さでしょうかw
(私も1年ほどかけて全部見ましたし)
基本はシリアスですが、ユニークな描写や話もあるので最後まで飽きずに見る事が出来た海外ドラマでした。
(面白3人組ローン・ガンマンが主役のスピンオフドラマも何時か機会があれば見てみたいですね)



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(6)トラックバック:(0)|14:24

ウルトラマン列伝 第52話

ウルトラマン列伝 タイトル
本日、第52話が放送されました!
第52話 「母の奇跡!ウルトラマンヒカリ!!」
ウルトラマンメビウス第11話「母の奇跡」の内容を放送しました。

宿敵のボガールモンスを倒し、力尽きたハンターナイト・ツルギ。
光に包まれた彼の横には、銀十字軍隊長であるウルトラの母とメビウスの姿があるのでした。
命が尽きようとしているツルギは母の助けを拒み、もう自分の使命は果たしたと呟くのですが、
母はツルギと同化しているセリザワを見て、ツルギの死を望まない者が居る事を伝えるのでした。

一方、ツルギが消えて全てを吹っ切った仕草を見せているリュウ。
そんな中、旧GUYSを壊滅させたディノゾールの群れが地球に接近している知らせを受けます。
ディノゾールの群れは宇宙に仕掛けてあった「ライトンR30マイン」と呼ばれる機雷で数体が爆発し、
何とか軌道を変える事に成功するのですが、その内の1体が地球へと降下。
かつてと同じ過ちを繰り返さない為にリュウ達GUYSは出撃し、
メテオールを使用した集中攻撃でディノゾールの頭部を吹っ飛ばして今のGUYSの強さを見せ付けるのでした。
怪獣撃退に成功し、喜ぶ補佐官達でしたが全員が帰還した後にディノゾールの死体が動き出します。
体が反転し、尻尾が頭部になり「ディノゾールリバース」と呼ばれる双頭の怪獣に変身。
水分欲しさに、熊谷ダムへ向けて進行を始めるのでした。
リュウは作戦などどうでも良く敵を倒せれば良いと呟くのですが、
ディノゾールを撃破するだけに頭がいっぱいである事をミライに指摘され、
それはボガールを憎んでいたツルギと同じだとミライは珍しく声を上げるのでした。
ミサキは作戦の概要を説明し、作戦は新型マケット怪獣「ウインダム」を使ってディノゾールを足止めし、
その間にメテオールで総攻撃を仕掛けるというもの。
目標地点にディノゾールリバースが現れ、
心を改めたリュウとGUYSは一丸となって作戦を実行に移します。

手はず通り、召還されたウインダムがビーム攻撃でディノゾールの正面から足止めをし、
背後からガンウインガーがメテオールで攻撃を仕掛けるのですが、
首も反転出来るディノゾールリバースにとっては無力。
作戦は失敗し、ウインダムも時間切れで消滅してしまいます。
そこでミライはウルトラマンメビウスに変身し、ディノゾールリバースに攻撃を開始。
しかし2本の首を持つディノゾールリバースの攻撃は容赦が無く、メビウスは苦戦を強いられてしまいます。
リュウもガンウインガーで援護しようとするのですが、あわや墜落という所を何者かに助けられるのでした。
リュウ達を救ったのは、謎の青いウルトラマン!
彼はメビウスを共にディノゾールリバースに挑み、
抜群のコンビネーション攻撃でディノゾールリバースを見事粉砕するのでした。

戦いが終わり、ミライはセリザワと再開します。
ウルトラの母の力で復讐の鎧は砕け散り、ウルトラマンとして再生したと話すセリザワ。
しかしリュウの元には戻らず、後の事をミライに託して何処かへと立ち去るのでした。
リュウは青いウルトラマンをツルギの新しい姿だと感じており、セリザワが帰ってきた事を喜びます。
そして彼の名前を「ピカっと光って出てきたからウルトラマンヒカリ」だと話しますが、
他のメンバーからは却下の連続。
そんな中ミライだけはその名前を気に入り、リュウはミライの賛同に一人喜ぶのでした・・・
ウルトラマン列伝 ディノゾールリバース

ウルトラの母の助けにより、ウルトラマンヒカリとして地球に現れたツルギ。
彼はメビウスと共にこれから様々な敵と戦い、そして人知れず宇宙空間でも戦い続ける事になります。
主役作品である外伝の「ヒカリサーガ」も作られましたし、
メビウスと並ぶ人気キャラクターとして列伝内でも取り上げられ続ける事でしょう。
マケット怪獣のウインダム初登場や、ライトンR30爆弾の登場などウルトラセブンネタも多かったですねw

さて、次回はウルトラマンマックスよりナツノメリュウの登場回を放送です。
特撮が綺麗なお話で、実に夏を感じさせてくれる内容になっております。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|19:21

特撮・造形スタジオLSSのHPが面白い

円谷プロダクション内にある造形スタジオ、
「LIGHT SCULPTURE STUDIO(通称LSS)」のHPが面白かったので今回は取り上げたいと思います。

LSS
http://lss.jp/japanese/

そもそも最初は円谷プロダクションの特撮スタジオ造型部門として発足し、
映像作品に登場する様々なスーツや小道具を製作していましたが、
怪獣造型士の品田冬樹さん等、特撮界で活躍し続けている新メンバーを加えてパワーアップ。
関連商品の監修を行うという新たな仕事も加わり、名前がLSSになったという経緯みたいですね。
円谷プロ関連以外にも様々な造形物を世に送り出しており、
HPではそのほんの一部を見る事が出来ます。

平成ウルトラマンサーガ
記憶に新しいウルトラマンサーガだったり・・・

平成アークベリアル LSS
映画「ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国」に登場した、アークベリアルだったり・・・
他にもゴモラ、ジャンナイン、カイザーベリアルのスーツが手掛けた作品の一例として掲載されています。
かなりアップで細かい部分まで見れる写真が多いので、資料的には結構貴重なものも多いですね。
(ゴモラの瞳の色がパープルである事には個人的にビックリ)

シャプレー星人 銃
劇中で使用されたプロップも数点掲載されており、
映画「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」で登場したシャプレー星人の銃なんかも。
他にはウルティメイトイージス、ウルトラゼロスパーク、ウルトラマンサーガのサーガブレス、
ウルトラゼロアイ、ハヤタがシャプレー星人相手に使用していた銃なんかも掲載されていますね。

ウー ジオラマ
商業用のジオラマ関連も画像が数点存在し、
去年のウルトラマンフェスティバルにて展示されていたウーのミニチュアジオラマなどもありますね。
今年のウルフェスはウルトラセブン祭りで、セブン関連の新規展示物も数多いそうなので楽しみです。
電撃ホビーマガジンにて連載中の「AnotherGenesis」関連のジオラマも掲載されていました。

他にも所属メンバーを見る事が出来るスタッフ紹介の欄でも、
その方が過去に手掛けられた造型物の一部を見る事が出来ます。
グリッドマンだったりクイーンモネラだったりと、中々レアな画像もあるので必見です。
アトラクションショー用の怪獣スーツも一部掲載されていますねぇ。

怪獣好きには中々楽しめるHPでした。
こういう資料を纏めた雑誌を何時か出して貰えないのでしょうかね~
個人的に悲願の1つでもあるのですが。
さて、明日はウルトラマン列伝の放送日。
ウルトラマンメビウスより、ウルトラマンヒカリ初活躍のお話を放送予定です。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|17:19

映画「ウルトラマン物語」 無料配信中

Yahoo!JAPANにて、ウルトラ6兄弟の特集ページが公開されています。
ウルトラ6兄弟特集
http://event.yahoo.co.jp/ultraman2012/
内容はゾフィー、ウルトラマン、ウルトラセブン、ウルトラマンジャック、ウルトラマンエース、
そしてウルトラマンタロウの紹介記事や、マン~タロウの人気怪獣投票などが中心になっています。
フィギュアでは、ULTRA-ACT(ウルトラアクト)が取り上げられていますね~

一番注目すべき点は、映画「ウルトラマン物語」の動画が無料配信されている事でしょう。
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00935/v00012/v0000000000000000229/
ドックン、ジュダ、グランドキングなどが登場するタロウが主役の映画作品が期間限定で無料公開となりました。
タロウとウルトラの母の声優は後にウルトラマンメビウス以降の作品にも影響を与えているので、
メビウスでウルトラ兄弟を知った方も入り易い内容になっているかもしれませんね。
(レオと80関連の時系列が無茶苦茶な内容なので、パラレルワールドとして割り切ってご視聴をどうぞw)

・・・しかし、怪獣人気投票で超メジャーな怪獣の中、エンマーゴが混じっているのに笑いましたw
確かにタロウの首をすっ飛ばしたインパクトは抜群でしたが。
私は誰に投票しようかな・・・?


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|18:08

ウルトラエッグ キングジョー

バンダイから発売中のウルトラ怪獣をテーマにした新玩具シリーズ「ウルトラエッグ」ですが、
私も遂に手を出してしまいました。
ウルトラエッグとは卵型の状態から変形させる事で怪獣型の姿に出来る商品なのですが、
今回は変形にも一工夫があったのと、
それを活かしたギミックがあったので必ず買おうと決めていたものになります。
では、ご紹介の方を・・・

ウルトラエッグ キングジョー
ウルトラエッグ キングジョー
ウルトラセブンに登場した、人気キャラクターの「宇宙ロボットキングジョー」がウルトラエッグになりました。
シャンパンゴールド風の成型色のお陰で、EG(エッグ)モードではまさしく金の卵といったイメージですね。

ウルトラエッグ キングジョー0
裏面はこんな感じです。
キングジョーの特徴である、背中のタンク部分も再現されていますね。

ウルトラエッグ キングジョー1
通常のウルトラエッグはパーツの差し替え無しで変形が可能なのですがキングジョーは例外で、
一旦4つのパーツに分離してから組み替えるといった変形方式になっています。
何故パーツが4つになるのかというと、この通り分離モードが再現出来るギミックがあるからなんですよね~
劇中と同じく、4つの円盤形態になって相手を攻撃するという設定みたいです。

ウルトラエッグ キングジョー2
そしてパーツを組み上げて合体させると、キングジョーのAT(アタック)モードに。
ウルトラエッグらしく、ディフォルメが効いたデザインで可愛いですねw
ちなみに、頭部と胸の発光パーツはシールで表現されています。

ウルトラエッグ キングジョー3
背面です。
シルエットが古風なブリキのロボットみたいに見えますねw

ウルトラエッグ キングジョー4
可動部分は腕と手首が水平に可動するのみとなっています。
まぁアクションフィギュアでは無いので、そこまで可動部分を求める商品ではありませんが・・・

やはり分離合体が出来るという点で、他のウルトラエッグよりはプレイバリューが高い商品ですね。
変形方法も単純で解りやすいですし、パズル的な面白さもあるのでお勧めです。
ウルトラエッグはとりあえず年末まで発売スケジュールが決まっているそうですし、
今後も多彩なキャラクターが売り場を彩りそうですね~


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(7)トラックバック:(1)|13:16

列伝7月放送分&ウルフェス限定ソフビ追加

発売中のフィギュア王より、色々と新情報です。
トランスフォーマープライムは7月発売予定の、
ボイジャークラス「メガトロンダークネス」やデラックスクラス「ジェットビーコン」が掲載。
EZコレクションではメディックノックアウト&エネルゴンドリラーという大型セットも登場予定です。
マスターピースはランボル、アラート、サウンドウェーブが掲載。
他にもカバヤ製「トランスフォーマーガム」シリーズの担当者インタビューも載っていました。
しかし、プライムはディセプティコン勢の新商品が多くて嬉しい限りですね~

ウルトラマン列伝は7月分の放送スケジュールが掲載されています。
・7月4日放送 第53話「救えマックス!伝説の龍!!」
(ウルトラマンマックス第9話を放送)
・7月11日放送 第54話「悪魔はふたたび!アボラス対バニラ!!」
(ウルトラマン第19話を放送)
・7月18日放送 第55話「不死鳥の砦!ガンブースター発進!!」
(ウルトラマンメビウス第15話を放送)
・7月25日放送 第56話「倒せキングジョー!ウルトラ警備隊西へ!!」
(ウルトラセブン第15話を放送)

まずはマックスより、ソフビがちょっと前に再販されたナツノメリュウのお話を放送。
これは少し意外なチョイスで驚きました。
続いてはウルトラマンより、赤と青の2大怪獣が激突するお話を放送。
対決セットのラインナップにアボラスが居たのはこういう理由だったんですね~
続く3週目は、メビウスよりグロマイトとガンブースター初登場のお話を放送。
GUYSとメビウスの連携プレーが見所です。
最後の4週目は、ウルトラセブンよりキングジョー回の後編ですね。
神戸港を舞台にセブンとキングジョーが激突する豪華なお話となっています。

そしてこの第56話のラストで、「ウルトラゼロファイト」の予告編も流されるみたいですね。
続く8月からは「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」や、
「ウルトラマンゼロ外伝 キラーザビートスター」が連続放送開始。
ウルトラゼロファイトも8週連続で放送されますし、夏のウルトラマン列伝は更に盛り上がりそうですね。

ソフビ人形情報も掲載されており、今年のウルトラマンフェスティバル限定ソフビが明かされています。
既出のストロングコロナゼロとルナミラクルゼロのメタリックバージョンだけでは無く、
ウルトラ怪獣シリーズ 凶暴怪獣アーストロンの特別バージョンも発売が決定しました!
正式名称は不明ですが、
写真を見る限りスモーククリア成型でお腹の部分がメタリックパープルでの塗装となっていますね。
こちらの発売日は8月11日(土)より。
通常版のアーストロンは10月発売予定なので、2ヶ月近く早く入手する事が出来ますね~
期待しています。


<オマケ>
前回の記事で触れた動画ですが、音声に少しトラブルが生じたので投稿は月末になる予定です。
やはり動画作りって難しいですね・・・


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(8)トラックバック:(1)|17:00

人生初挑戦の巻

ただ今、とあるものを製作しています。
それはPC内で作れるものです。
私としては色んな意味で初挑戦の領域となっています。
正直、作り始めるまでこんなに大変な作業だとは思いもしませんでしたw
簡単に出来る方法が何かあるんじゃないかと考えていました。
しかし、そんなものはありません。
ひたすら自分のセンスに委ねられる作業となっています。

3月頃からちまちまと作り始めて、既に3つのものがほぼ出来上がっています。
何時発表しようかと迷っていましたが、恐らく今月中にはお目にかけれるものだと思います。
正直な話、著作権的な意味で一発アウトかもしれません。
所詮、自己満足の範囲内ですし、そうされても別に構わないかなぁと思っています。
一人でも多くの人に見て貰えれば嬉しいですからね。
それはこのブログだって同じ事ですから。

ここまで前振りしておいてアッサリと答えを言ってしまいますが、
ただ今「ニコニコ動画」向けの動画を製作中です。
もちろん、内容はウルトラマンや怪獣ファンに向けたものとなっています。
極力、初心者や全年齢対象という名目で作ってはいるのですが、
ニコニコをやっている人にしか解らないネタも気が付けば増えて行くばかりw
こればっかりは作っているのが夜中ばかりだから、という受け止め方をしてやって下さい。

動画の第一弾は最終編集段階に入っています。
残る第二弾、第三弾は少し先になりそうですが、
たとえどれだけウケが悪くてもその3本は必ず投稿しようと思っています。
もし気になるという方は、今からでもニコニコ動画のアカウントを作ってお待ち下さいませ。
youtubeとは違い、それが無いとニコニコを観覧する事は出来ませんからね。
(プレミアムでは無い、一般会員枠は無料で製作が可能です)

動画の詳しい内容については、投稿した時に改めて記事にして説明したいと思います。
ニコニコでしか聞かない意味不明な単語が出てくるかもしれませんので、
それの補足なども記事内で行っていきたいと考えています。
完成まで、今しばらくお待ち下さいませ・・・

・・・どうでもいい事ですけど、雨ヤバくね?


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|01:36

ウルトラマン列伝の新展開発表の模様など

youtubeの円谷プロダクション公式チャンネルであるウルトラチャンネルにおいて、
先日の「東京おもちゃショー2012」で行われた、ウルトラマン列伝の発表会の模様が公開されています。


THE ALFEE所属の高見沢俊彦さんが手掛ける、新主題歌の「ULTRA STEEL」が少しだけ流れており、
更に今後放送予定の「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」や、
「ウルトラマンゼロ外伝 キラーザビートスター」の映像が使われた新OP映像も少しだけ見れますね~
以前からウルトラシリーズの楽曲に縁がある高見沢さんもノリノリであり、
夏に行われる自身のソロライブにウルトラマンゼロの登場を依頼する一面もw
ウルトラセブンとコラボしたエレキギターも発表されていますし、
たかみーとのコラボ企画はまだまだ続いて行きそうですね。

既出の情報通り、ストロングコロナゼロとルナミラクルゼロもこの会場で初お披露目。
動画では一足早く、動く両モードを見る事が出来ます。
TVでは8月からウルトラマン列伝内に登場予定なので、放送が今から楽しみですね~

更に同会場の一般開催日にて行われたウルトラヒーローショーでは、
ウルトラマンゼロ、ウルトラマンメビウス、ウルトラセブンが敵に大苦戦。
その敵キャラクターとは・・・
暗黒四天王 ショー
エンペラ星人に仕える、メフィラス星人、グローザム、デスレム、巨大ヤプールの4人で構成された暗黒四天王!
こうやって4人全員が揃い踏みというのは、
OVの「ウルトラマンメビウス外伝 ゴーストリバース」以来となりますね~
(厳密にこの姿で揃ったのは、2007年公演のウルトラマンプレミアステージ以来?)
大ピンチを迎えるゼロ達でしたが、
ゼロの体からダイナとコスモスの力が湧き上がってストロングコロナゼロやルナミラクルゼロの姿へと変身。
強力なパワー技や超能力攻撃で圧倒し、セブンとメビウスも協力して見事撃退する事に成功したゼロでした。
しばらく後になるかもしれませんが、
メビウスを推している列伝でも暗黒四天王との戦いの模様が放送されそうですね~


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(6)トラックバック:(1)|00:01

ウルトラマン列伝 第51話

ウルトラマン列伝 タイトル
本日、第51話が放送されました!
第51話 「GUYSの誇り!ツルギの決意!!」
ウルトラマンメビウス第10話「GUYSの誇り」の内容を放送しました。

ボガールが進化したボガールモンスとの戦闘中、
リュウはツルギがセリザワ前隊長の体を乗っ取っていた事を知ってしまいます。
セリザワを入れ物呼ばわりしたツルギに対して激しい怒りを見せるリュウでしたが、
リュウの声にセリザワの感情が反応し、ツルギに思わぬ感情が流れ込んでしまいます。
隙を見せたツルギに対してボガールモンスは攻撃を仕掛け、そのまま逃走。
ミライの姿になったメビウスはセリザワの姿になったツルギと話し、
ツルギが徐々にウルトラ戦士としての心を取り戻しつつある事に気が付きます。
本人もそれを自覚している様ですが、ボガールへの復讐は変わらないと話しその場を立ち去るツルギ。
ミライは彼が本当の戦士として復活する時が近いと考えるのですが・・・

クルーGUYSは太平洋を防衛するGUYSオーシャンとの共同戦線でボガールを殲滅する方針が決まり、
太平洋上の無人島にボガールをおびき寄せ、
磁場フィールドで島ごと包み込みそこで撃破する作戦をミサキが説明します。
(ボガールの体内のエネルギーは増大しすぎて、強力な爆弾の様な状態になっています)
しかしフィールド内にメビウスやツルギが現れた場合、彼らはどうなるのかという隊員の呼びかけには対応せず。
そこでサコミズ隊長はGUYSジャパンとしての独自のサポートに回る作戦を立案し、
他の隊員も徹夜でその作戦を練る事になるのでした。
リュウはセリザワの体を乗っ取ったツルギを許さないという感情を露にしていましたが、
翌日にメテオールの力で磁場フィールドの一部に1分間だけ穴を空け、
そこからメビウスとツルギを脱出させる作戦を聞いて驚きます。
GUYSクルー達はメビウス、ツルギ、そしてセリザワの身を案じた作戦を立て、
それに感動したリュウは思わず目が潤んでしまうのでした。
メビウスであるミライもこの作戦を聞いて嬉しそうにし、
ここにGUYSの誇りを懸けた作戦「プライド・オブ・GUYS」が始動するのでした。

ガンウインガーに乗るミライを追って、作戦通り無人島に飛来したボガールモンス。
島は磁場フィールドで包まれ、
手筈通りに無人兵器が総攻撃を浴びせるのですが、ボガールモンスには通用しません。
あんな玩具では無駄だとミライの前にセリザワが現れ、
ボガールとの決着の為に力を貸して欲しいとミライに話します。
ミライはそれを快く了承し、ここにウルトラマンメビウスとハンターナイト・ツルギのコンビが誕生。
2人の出現をGUYSも確認し、作戦は決行されます。
メビウスとツルギは抜群のコンビネーション攻撃でボガールモンスを攻撃し続け、
光線の同時発射でボガールモンスの動きがストップします。
この隙に磁場フィールドに穴が空けられ、GUYSのクルーは脱出する様に呼びかけるのですが、
体内エネルギーが暴走を始めたボガールモンスは尚も立ち上がって来ます。
それを見たツルギはナイトブレードでボガールモンスを突き刺して足止めしようとするのですが、
爆発寸前にメビウスはツルギを抱えて磁場フィールド内から脱出する事に成功。
ボガールモンスは磁場フィールド内で大爆発を起こしてしまうのでした・・・

メビウスとツルギを助け出し、ボガールとの決戦が終わった事に喜び合うGUYSクルー達。
しかし長きに渡る戦いのダメージが響き、ツルギは遂に力尽きてしまうのでした。
GUYSクルーの表情も硬くなり、メビウスとリュウは悲しみの気持ちを抑えられません。
そこに天より金色の光が出現し、ツルギを天空へと持ち上げてそのまま消え去ってしまいます。
金色の光に包まれた空間の中に、一人佇むツルギ。
その背後には、あのウルトラの母の姿が・・・!
ウルトラマン列伝 ボガールモンス

ウルトラマンメビウス序盤の山場という事で、2人のウルトラ戦士が見事な戦いを披露してくれましたね。
クルーGUYSも一体となり、実にメビウスらしい燃えるストーリーでした。
(まだミライの正体が知れ渡っていないのに、見事な連携プレーでしたね)
最後にウルトラマンゼロがツルギの紹介をし、
そこから次回予告までウルトラマンヒカリのテーマソングをBGMとして通してくれた演出が嬉しいですね~
あの演出通り、次回のウルトラマン列伝は今回のお話の続きとなり、
地球に初めて「ウルトラマンヒカリ」が登場するエピソードを放送する予定となっています。
ディノゾールが再登場してパワーアップしたり、
ウルトラの母やウインダムも登場する見所が多いストーリーですね。

夜中にまた記事を更新する予定です・・・


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|19:12

大阪にウルトラ警備隊がやって来る!?

アリオモール八尾の中に存在する、
関西では一番大きいウルトラマンオフィシャルショップである円谷ジャングルですが、
7月10日のウルトラマンの日を記念して、その前後に数々のイベントが行われる事が決まっています。

00000000000000.jpg
【ウルトラセブン】ウルトラ警備隊スペシャルトークショー【45周年記念】
ひし美ゆり子さん(アンヌ隊員)、古谷敏さん(アマギ隊員)、満田監督の3名がステージに登場!
ウルトラセブン45周年を記念して、トークショーのイベントを行うみたいですね~
関西ではこういうイベントは珍しいですし、セブン当時の様々な裏話が生で聞けるかもしれませんね。
古谷さんと言えば初代ウルトラマンのスーツアクターとしても有名ですし、
今も健在な長身のスタイルはしっかり目に焼き付けたい所。
開催日時は7月8日(日)の午後1時からのみとなっています。
当日に円谷ジャングルで3000円以上のお買い物をすると、
先着50名に今回のイベント用サイン色紙付き握手会の券が手渡される特典もあるそうです。
更に同日の午前11時と午後3時は、「ウルトラセブンショー」を開催。
しかも時間によって内容も違うみたいなので、この日は1日中セブン祭りといった感じになりそうですね。
(私は恐らく仕事の予感・・・)

ついでにもう1つの面白そうなイベントがあるのでご紹介します。
今年の7月10日「ウルトラマンの日」に、
何と全国に展開しているオフィシャルショップの名誉店長が人事異動を受けるという企画があるそうです。
これまで名誉店長はそのお店に決まったウルトラヒーロー(円谷ジャングルならウルトラマンナイス)
が定められていましたが、ウルトラマンキングの命令により遂に総入れ替えとなる模様です。
一体どのお店にどのウルトラヒーローが名誉店長として定められるのか!?
7月10日に公式HP上で発表予定となっています。

その発表の後に、円谷ジャングルではこんなイベントが開催される予定です。
00恐竜
【円谷ジャングル】新・名誉店長就任式
長年名誉店長を務めてきたウルトラマンナイスより、
新名誉店長へバトンタッチする引継ぎイベントみたいなものでしょうかw
開催日時は7月16日(月・祝日)海の日の午後2時より、円谷ジャングル店内バトルステージ上にて。

更に、同日にはこんなイベントも開催されます。
00なーす
【海の日】さわやか握手会
ウルトラマンアグル(V2)がMCを勤めるスペシャル握手撮影会。
時間帯によって、
ウルトラマンヒカリ(ハンターナイト・ツルギとしても登場)
光の国の住人(ブルー族が2名ほど)
ウルトラマンティガ(スカイタイプ)
ウルトラマンダイナ(ミラクルタイプ)
ウルトラマンコスモス(スペースコロナモード)
ウルトラマンネクサス(ジュネッスブルー)
といった青や紫の涼しげなカラーリングのウルトラ戦士が登場するそうです。
握手撮影会に特殊な姿のウルトラ戦士が来る事は滅多に無いので、かなりレアな写真が撮れるかも?
特に光の国の一般人は激レアですw
更に店内では「ブルーな話」を投稿するコーナーが設置され、大賞に選ばれるとステージ上に上がれるとか。
ウルトラ戦士から祝福を受けるチャンスかもしれませんね。

他にも様々なイベントが催される予定です。
しかし、夏休みも段々近くなって来たんですね~
ウルフェス開催も来月下旬からですし、通りで蒸し暑くなって来たわけです・・・

さて、明日はウルトラマン列伝の放送日。
ウルトラマンメビウスより、ボガールモンスとの最終決戦を放送する予定です。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|00:14

映画「嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」の内容とキャラクターをご紹介

※注意!本編のネタバレが多大に含まれた記事となります。

前回の「嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」に続き、
クレヨンしんちゃんの記念すべき映画第10作目である
嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦をご紹介します。

何時もと変わらぬ夜中に、とある「夢」を見てしまった野原しんのすけ。
それは着物を来た綺麗なおねいさんが、静かな湖畔に佇んでいる姿なのでした。
そのおねいさんが美人だったので、しんのすけはニヤニヤしながら再び眠りに就くのですが・・・
朝になってみると、なんとシロを含む野原一家全員が同じ夢を見ていた事に気が付きます。
野原ひろしとみさえは、同じ夢を見るほど家族の絆が深いんだと笑いますが・・・
幼稚園が終わり、家に帰ってみると何とシロは泥だらけ。
何かを探しているかの様に、庭を穴だらけにしてみさえを怒らせているのでした。
飼い主の責任としてしんのすけは穴を埋める羽目になりますが、
シロは何としてでも穴を掘りたい様子。
しんのすけもそれに同調して掘り続けてみると、何と古い手紙が発掘されるのでした。
そこには見覚えのある挿絵とよく解らない文章が書いてあり、
夢の事と何か関係があるのではないかとしんのすけが目を閉じ、再び目を開けたその時、
しんのすけは何故か綺麗な湖畔の前に立っているのでした。
草むらを少し進んでみると、そこでは鎧を着た武士達が戦をしている真っ最中!
「天正二年」という時代で訳が解らないまましんのすけは「春日家」の武将達と行動を共にする事となり、
後々に「大蔵井家」との大戦に巻き込まれて行く事となります・・・

「嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」と共に劇場版クレヨンしんちゃんの中で人気が高いのが、
本作の「嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」となっております。
前作に続いて子供向け映画として製作しつつも、何処か大人に向けたシーンも数多いのが特徴的ですね。
物語の主軸は、春日家に仕える武士と春日家の姫君の間で巻き起こるラブストーリー。
後にも先にも、クレヨンしんちゃんの映画で恋愛模様を主軸にしたのは本作のみとなっております。
何よりその道の専門家からも絶賛された戦国時代の「時代考証」の細かさも本作の見所の1つであり、
武具や家具、殺陣のあり方から合戦における戦法などが事細かやに描写されています。
(その辺の時代劇ドラマや映画より、よっぽど本格的であり正確であると評されているのは凄いですねぇ)
上でも触れた恋愛劇やまさかの展開が話題を呼び、
オトナ帝国に続いて数多くの賞を取った「名作」と呼ぶに相応しい1本でしょう。
話はシリアスながら今まで通りギャグシーンも飛ばしており、
過去に吹雪丸との間でも見られた「過去と未来の人間のギャップ」も上手く消化されていました。
(これから起こる歴史を知ってしまっている、野原ひろしの苦悩も結構好きでしたね)
本作までの間で自分が出来る事はやり尽くしたという事で、
長きに渡って監督を務め、数々の名作を生み出した原恵一さんが降板。
クレしんの歴史に、1つの区切りが付けられる事となります。

同じく戦国時代を題材にした「雲黒斎の野望」は1人の剣士が悪を討伐するアクション時代劇であるのに対し、
こちらは恋愛劇と合戦が主軸であるというのが大きな差別化となっていますね。
時代背景などもほとんど同時期であり、舞台となるのも後に春日部が誕生する「武蔵国(むさしのくに)」。
雲黒斎の野望では春日部城が登場しましたが、今回は春日領に存在する春日城が主な舞台で、
周囲の景色や登場人物も全く違う点から、
両者の世界は同じ過去ながらパラレルワールドとして見るのが正解なんでしょう。
吹雪丸と廉姫は同じ春日家の姫君でも、境遇が違えばあそこまでキャラクターが異なってしまうんですねw
しかし今回の映画もラストは泣いた泣いた・・・

●個人的名シーン
嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 大蔵井高虎撃破
嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 大蔵井高虎撃破0
嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 大蔵井高虎撃破1
大蔵井家の大名である、
本作のボスキャラ的存在の「大蔵井高虎」が野原一家にやられるシーンが一番のお気に入りです。
相変わらず一般人の主婦やサラリーマンとは思えない活躍ぶりを見せる野原夫婦w
これより少し前に車に乗りながら合戦に乱入するシーンも最高に盛り上がりますが、
その流れからの又兵衛の活躍、そして美味しい所を掻っ攫う野原一家というクライマックスは最高です。
しんのすけの一喝に怒る高虎の攻撃をみさえが真剣の鞘で受け止め、
その隙に持って来たボディーブレードでひろしが高虎の顔を一撃。
トドメにしんのすけが高虎の真下から石頭で頭突きをして見事KOという・・・
シロとひまわりは流石に見学だけでしたが、この最初期から主役の野原家トリオは未だ無敵ですねw


●以下、主な映画登場キャラクター紹介
井尻又兵衛由俊(声優:屋良有作)
嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 井尻又兵衛由俊
嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 井尻又兵衛由俊0
お前の言う通り、最後にそれを使わないで良かった。
きっと姫様も同じ事を・・・

(名前の読み:いじり またべえ よしとし)
春日家に仕える侍で、戦場では敵から「鬼の井尻」と恐れられている名の知れた存在でもあります。
あだ名は「青空侍」で、それは考え事をするとボーっと空を眺めている姿のせい。
なので自分の旗もそれを模したデザインになっています。
戦場では勇敢な侍なのですが普段は人柄が良く、
周囲からは慕われたり時にはからかわれたりといった存在です。
未来からタイムスリップしてきたしんのすけと出会い、
しんのすけが語る未来の話を楽しく聞きつつ彼のお守りを任される羽目に。
しかし、しんのすけの出現により命を狙われた又兵衛は危機を救われており、
彼の運命を大きく変える事となります。
春日家の姫君である廉姫とは幼馴染であり、
密かに想いを募らせていましたが身分の差から中々想いを打ち解けられずに居る姿がもどかしいですねw
(劇中でもしんのすけに冗談を言われてキレたり、踏みとどまるとしんのすけに足を蹴られていましたし)
そんな戦国時代の不器用な侍の姿はとても印象的であり、
本作品をより一層奥深いものとした名キャラクターだと私は思っています。
最後の展開は賛否両論かもしれませんが、元々辿るはずだった運命が訪れてしまっただけで、
むしろしんのすけとの出会いで幸せな時間を過ごせたから彼は幸せだったと思いたいですね・・・

春日廉(声優:小林愛)
嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 春日廉
嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 春日廉0
私の願いが届いたせいで、
しんのすけには辛い思いをさせてしまったな・・・

(名前の読み:かすが れん)
春日家のお姫様で、野原一家の夢に登場した「綺麗なおねいさん」。
常に凛とした態度ながら優しい性格をした女性であり、
しんのすけの話を聞いて又兵衛と共に大笑いしてしまう一面も。
戦嫌いで身分などには拘らない主義であり、
未来では戦国時代に比べて争いが減り、恋に身分など関係が無いという話に興味を持っています。
幼馴染の又兵衛に想いを寄せていますが、
大蔵井家との婚姻の話や身分に拘る又兵衛の性格の前に中々想いを打ち明ける事が出来ていません。
戦は嫌いですがいざとなると野武士が相手でも怯まず、
戦う兵士の為に他の女性と共におにぎりを作ったり、
又兵衛の事が心配になり戦中に矢面に飛び出すなど姫らしからぬ大胆な一面も見せました。
本作のヒロインである廉姫ですが、前回のチャコに続いて戦う姿は見せておりません。
しかし、ひろしやしんのすけが一目惚れしてしまうほどの美人であり、
又兵衛と共に本作を代表する人気キャラクターとなりましたね~
ラストの展開の後の彼女の姿が、全てを理解しつつも何処か悲しげである所が涙を誘います。
実はチャコと同じ声優さんが担当されており、最初は全然気が付きませんでした・・・

かずま、ねね、おおまさ、ぼうしち
(声優:かずま、真柴摩利  ねね、林玉緒  
おおまさ、一龍斎貞友  ぼうしち、佐藤智恵)

嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 かずま、ねね、おおまさ、ぼうしち
おおまさ一家、ふぁいやぁ!
「「「「ふぁいやぁ!!」」」」
しんのすけが出会った、春日領に住んでいる4人の子供たち。
風間くんにソックリの「かずま」は、とても気が弱い男の子。
しかしピンチに追い込まれると得意の饒舌ぶりを発揮したり、
しんのすけにイジられると怒ったりと風間くんらしい一面を見せます。
ネネちゃんソックリの「ねね」はとても大人しい女の子。
ウサギが苦手な一面も見せますが、怒ると凶暴になりネネちゃんに近い一面を見せました。
マサオくんソックリの「おおまさ」は4人のガキ大将。
普段は威勢が良くまとめ役を担っているのですが、
ピンチになると泣いて逃げ出すなどマサオくんそっくりの行動を取る事に・・・
ボーちゃんソックリの「ぼうしち」は普段をボーっと過ごしており、
特にボーちゃんと変わらなかったのでしんのすけは一安心していました。
4人共に、しんのすけは彼らの遠いご先祖だと信じている様子。

春日和泉守康綱(声優:羽佐間道夫)
嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 春日和泉守康綱
虚しいのぅ・・・
戦に明け暮れ国を守っておるが、いずれは消え去る定めか

(名前の読み:かすが いずみのかみ やすつな)
春日家の当主であり、春日領を治めているお殿様。
妻や息子を亡くしているので、一人残った娘である廉姫をとても大切にしています。
人柄も良く皆に好かれており、劇中では度々その器の大きさを見せていました。
しんのすけやひろしが話す未来の事柄にとても興味を持っており、
ひろしが語るこの後の春日領や周辺国の歴史を聞いて空しさを感じるも、
その事がきっかけとなり大蔵井に廉姫は嫁がせないという大きな決断をする事が出来ました。
城が攻められると理解しながらも、自分の気持ちに従った正直な所が大好きなキャラクターですね。

春日家三長老(声優:玄田哲章、大塚周夫、納谷六朗)
嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 春日家三家老
うまし、うまし
なかなか
ちと、辛うござるな
春日家に仕える3人の長老達で、左より戦の指揮を取る榊隼人佐晶忠(さかき はやとのすけ あきただ)、
常に冷静である犬居兵庫助頼久(いぬい ひょうごのすけ よりひさ)、
少し怒りっぽい所がある堀川新八郎忠継(ほりかわ しんぱちろう ただつぐ)の3人で構成されています。
最初は未来の話を信じていませんでしたが、徐々に野原家の話を理解して行きます。
みさえが作ったカレーライスを食べて、辛いながらも美味しく味わう一面もありました。
大蔵井との大戦を前に、家族を連れて逃げ出した隼人佐という存在が妙にリアリティがありましたねぇ。
(自分が撒いた種なので、それを許した康綱の寛大さも凄いですが)

吉乃(声優:山本圭子)
嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 吉乃
お待ちなさい!私が・・・行きます!!
(名前の読み:よしの)
廉姫に仕える上臈の老女で、廉姫の姫らしく無い振る舞いに度々釘を刺していましたが、
しんのすけが又兵衛の事を「お股のおじさん」と呼ぶのを聞いて思わず笑ってしまう一面も。
終盤では廉姫が高台に上るのを食い止めようとしましたが、
彼女の想いには勝てず自分が責任を持って連れ戻すと話し、彼女の傍で戦を見守るのでした。
少し厳しい所もありますが、誰よりも廉姫を理解している数少ない人物の一人でしたね。

仁右衛門&お里(声優:緒方賢一、上村典子)
嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 仁右衛門&お里
仁右衛門「あーあ、嫁も居ないのに子持ちになっちまって
お里「あんた・・・!
井尻家の足軽頭であり、又兵衛の父親の代から仕えている大ベテラン。
家族を全て戦で無くした又兵衛を補佐しており、妻のお里と共に身の周りの世話を任されています。
結婚しない又兵衛によく軽口を叩いていますが、
仁右衛門も息子を戦で亡くしているので又兵衛とは本当の親子の様な絆で結ばれています。
陽気で冗談が好きな性格故か、戦場でも彼はムードメーカーとして大きな存在となっていました。
しかし妻のお里には頭が上がらず、よく怒られているシーンが目立ちましたねw
お里は主に家事を担当しているしっかり者でした。

彦蔵&儀助(声優:宮迫博之、蛍原徹)
嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 彦蔵&儀助
勝手は承知だが、だんなに貰った命だ。だんなの為に使いてぇ!
痩せ型の男が彦蔵(ひこぞう)であり、体格の大きい男が儀助(ぎすけ)です。
始めは廉姫を狙った野武士集団のリーダー格として登場しますが、又兵衛の反撃に会い敗北。
その上、又兵衛から国へ帰る為のお金まで貰ってしまい、その場を後にします。
しかしすぐ後に再び又兵衛の前に現れ、自分達はかつて大蔵井家に仕えていた武士であり、
お金は全て仲間を国に返す為に使ったと話すのでした。
彼ら2人だけは春日領に残り、再び武士として春日家で働かせてくれと懇願。
廉姫もそれを了承し、2人は又兵衛の部下として共に戦う事となるのでした。
酒が大好物であり、仁右衛門と共にひろしが未来から持ってきたビールを全て平らげてしまったほど。
声優はゲスト出演者の雨上がり決死隊のお2人なのですが、
前情報無しで映画を見た方は、絶対に2人が声優を担当されている事に気が付かないはずです。
それほど2人は演技力が高く、EDクレジットを見て私は驚きましたよw
宮迫さんは後にウルトラマンベリアルなども演じられますが、
この映画のお陰で演技力には安心していた自分が居ました。
(実際、かなりアフレコがお上手でしたからね)

春日家、雑兵
嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 春日家雑兵
春日家に仕える武士達です。
春日領が小国という理由もありますが、又兵衛を含めて皆が顔見知りの存在。
次々と戦で倒れて行き、最後にはかなり数を減らしてしまいましたが、
彼らの勇敢な戦いぶりは春日の人々に語り継がれていく事でしょう。

大蔵井家、雑兵
嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 大蔵井家雑兵
大蔵井家に仕える武士達です。
春日家に比べると遥かに数が多いのですが、昔から城攻めは攻める方が圧倒的に不利だとされています。
今回の戦も同様であり、あの物量を持ってしても春日城を中々攻め落とせませんでした。
(最も、高虎の策略通りの展開なのですが)
しかし野原一家の乱入より流れが大きく傾き、見た事も無い車や春日家の奇襲に会い、恐れ慄く事になります。

佐久間権兵衛(声優:宇垣秀成)
嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 佐久間権兵衛
佐久間権兵衛、一番乗り!
雑兵では相手にならん!誰ぞおらぬかーっ!!

(名前の読み:さくま ごんべえ)
春日城に一番乗りした大蔵井家の武士で、長槍を振り回して威勢を張っていましたが、
すぐ様に又兵衛によって討ち取られてしまいます。
母衣を身に着けている姿から、前線で戦っていた武士であるという事が読み取れますね。
こういう細かい設定などが、この映画の評価を高めている一員でしょう。

真柄太郎左衛門直高(声優:立木文彦)
嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 真柄太郎左衛門直高
大蔵井家馬廻衆、真柄太郎左衛門直高!・・・参れ!!
(名前の読み:まがら たろうざえもん なおたか)
大蔵井家馬廻衆の一人であり、高虎の槍持ちとして彼に仕える士です。
実力は相当なものであり、野原一家の援護を受けて本陣に斬り込んで来た又兵衛と対峙。
彼とほぼ互角に渡り合いました。
敗北を察し、自ら首を差し出しますが又兵衛は潔い彼の姿を見てそれを拒否しています。
恐らく実力は大蔵井家で№1じゃないかと・・・

大蔵井高虎(声優:山路和弘)
嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 大蔵井高虎
嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 大蔵井高虎0
陣触れじゃぁ!
春日の田舎侍共に、矢玉をたんと馳走してくれるわぁ!!

(名前の読み:おおくらい たかとら)
大蔵井家を率いる大名であり、廉姫の婚約者でしたがそれを拒否された事を口実に、
更に領土を広げるべく春日城を攻め落とす計画を立てるのでした。
大軍を率いて戦を仕掛けますが、又兵衛率いる武士達の奮闘と、
未来から来た野原一家というイレギュラーな存在のお陰で計画は狂ってしまいます。
劣勢と見てその場から逃げ出そうとしましたが、しんのすけに立ち阻まれ失敗。
更に野原一家のコンビネーション攻撃を受けて気絶し、大蔵井家は敗北してしまうのでした。
しかし、しんのすけの一言により首を取られるのは見逃され、
代わりに髷を取られて潔く全軍を引き上げさせるのでした。
冷酷で傲慢な性格をしていますが、その性格のお陰もあってか戦国時代を勝ち抜いてきた強者でもあります。
やり口は嫌らしいのですが、特に「悪人」という訳ではありませんでしたね。
彼もまた、他の大名と同じく戦いに明け暮れた大名の一人だったという訳です。

最後にこの1枚を貼って締め括ろうと思います。
嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 おい、青空侍
「おい、青空侍」


不定期更新のこの企画。
次回は本作品をモチーフに実写化された、
映画「BALLAD 名もなき恋のうた」を番外編という形でレビューする予定となっています。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|00:47

今年のウルフェス限定ソフビが決定?<画像追加>

ウルトラマンフェスティバル2012のツイッター公式アカウントにて、
今年のウルフェス限定ソフビが明かされていますね。
https://twitter.com/intent/user?screen_name=ulfes&original_referer=http://www.ulfes.com/2012/
ulfesウルトラマンフェスティバル
限定ソフビ情報★ウルトラマンゼロ ストロングコロナゼロ / ルナミラクル の
スペシャル限定メタリックカラーver. 945円(税込)です!
#ulfes #ウルトラマン 


という事で、
ウルトラマンゼロ(ストロングコロナゼロ)とウルトラマンゼロ(ルナミラクルゼロ)の2種に決定。
共にメタリックカラー塗装の特別仕様みたいですね。
昨年のバルタン星人の様に、全身メタリック塗装の綺麗なカラーになる事を期待します。

<追記>
画像が公開されました!
ストロングコロナゼロ ウルフェス限定ルナミラクルゼロ ウルフェス限定


例年と同じく、新キャラクターのソフビを特別カラーにして先行販売という図式は今年も健在。
どちらもウルフェス開催日である7月下旬より会場や円谷プロダクションオフィシャルショップにて発売開始。
通常版は8月下旬より発売なので、一ヶ月早く特別カラーのソフビが入手出来る事になります。
とりあえず2種類が明かされましたが、今年はこれだけなんでしょうかね?
去年は発売日をずらしてゾフィーが追加されましたし、
そんな感じで今後も続報が届く事を期待しています。
ストロングコロナゼロ&ルナミラクルゼロ


ソフビ情報ついでに昨日の記事で触れたアーストロンのソフビ化決定の一報ですが、
ツイッター上でも話題になっているのを見て思わず笑ってしまいましたw
http://twinavi.jp/search2/tweet/?keyword=%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%B3
ウルトラファンや怪獣ファンが喜ぶのは当然として、
大怪獣バトルの漫画や東宝怪獣のデザインなどで有名な漫画家の西川伸司先生や、
円谷プロに関わるスタッフも一緒に喜んでいるのが微笑ましいですねw
(中にはウルトラマン列伝のウルトラゼロファイトに関わられた人も!)
しかし脚本の長谷川圭一さんが肩入れする怪獣は、あまり商品化されないという謎の呪いがあったのは初耳です。
スタッフの間でそういう冗談が交わされていたんでしょうけど、メビウスを例に言われてみれば確かに・・・w
アーストロン商品化で、そのジンクスもきっと無くなった事でしょう。


<オマケ>
トランスフォーマーMP(マスターピース)のサウンドウェーブが、
やっぱりかっこよすぎる件について(昨日にamazonでのホビー部門売り上げ1位になっていましたね)。
MP サウンドウェーブ0


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(6)トラックバック:(1)|00:12

東京おもちゃショーでウルトラマン関連商品が続々と発表

日付を跨ぎましたが、怒涛の3連続目の更新は玩具関係の話題です。
現在、業者向けに開催中の「東京おもちゃショー2012」ですが、
前回の記事前々回の記事で触れた通り、会場ではウルトラマン列伝の新展開の発表会が行われましたね。
おもちゃショーという事で会場には新作玩具も多数展示されており、
数々のブログやサイトでその速報レポート記事が取り上げられております。
あみブロ様
アキバHOBBY様

おもちゃショー アーストロン ソフビ
まずは個人的に驚いた、ウルトラ怪獣シリーズで凶暴怪獣アーストロンが遂に商品化!
ウルトラマンメビウスでの復活以降、度々登場しては活躍しているキャラクターであるにも関わらず、
ウルトラマンサーガの公開タイミングですらソフビ化が果たせなかった不遇の怪獣・・・
とヤキモキしていたアーストロンファンの皆様にとっては朗報ではないでしょうかw
私も今回のソフビ化はかなり嬉しく、スタンダードな「怪獣」の代表格的な存在であり、
尚且つ第1話登場怪獣ソフビが増えたという点も大きいですね。
しかもEXナンバーではなく、いきなりの定番シリーズ入りというのが凄い・・・w
(発売はサーガのDVD&BDのリリース直後というのは良いタイミングです)

おもちゃショー グビラ
こちらはウルトラマンサーガ公開時に販売された、深海怪獣グビラが定番シリーズ入りとなりました。
塗装など、商品の仕様自体はあまり変化していないみたいですね。
しかしキングジョーブラック並のEXから定番への導入の早さですねぇw

おもちゃショー ストロングコロナゼロ ルナミラクルゼロ
こちらはウルトラヒーローシリーズEXの、ストロングコロナゼロとルナミラクルゼロ。
前情報通り、左腕がウルティメイトブレス付きの新規造型になっていますね。
メタリック塗装も映えていて良い感じです。

他にも新定番ソフビとなる、ウルトラマンサーガ、ウルトラマンネクサス(ジュネッスブルー)、
ウルトラマンベリアル、ハイパーゼットン(イマーゴ)も展示されていた模様です。
ウルトラマンサーガのソフト化に合わせて、
夏から秋にかけて定番シリーズが徐々に入れ替えられるみたいですね~
現在の所、
・ウルトラマングレート→ウルトラマンネクサス(ジュネッスブルー)
・ウルトラマンパワード→ウルトラマンサーガ
・ヒッポリト星人→グビラ
・テンペラー星人→アーストロン
・キリエロイド→ウルトラマンベリアル
・ワロガ→ハイパーゼットン(イマーゴ)
の6種類の入れ替えが判明しましたが、今後も入れ替えが続くのか気になる所です。
造型が古いヒッポリトとテンペラーの脱落は残念ですが、
知名度が高いキャラクターなので何時か新規造型(もしくは平成版の造型)で帰って来る事でしょう。

おもちゃショー 対決セット
食玩の「PHVSウルトラマン対決セット ゼロ、新たな力編」も商品見本が公開されています。
列伝と完全連動したラインナップになっており、
夏に放送予定のウルトラ銀河伝説 THE MOVIEやウルトラゼロファイトを中心とした面々になっていますね~
・ウルトラマン(Bタイプ)VSアボラス
・ウルトラマンタロウ VS ウルトラマンベリアル
・ウルトラマンメビウス VS ベムラー
・ストロングコロナゼロ VS EXレッドキング
・ルナミラクルゼロ VS ベムスター
銀河伝説で活躍する初代マンのBタイプのお相手はアボラス。
既にプレイヒーローシリーズでバニラが出ているので、これでようやく2体が揃う事となりました。
タロウやメビウスの組み合わせは映画通りで、ベムラーは対決セットでは初登場でしたっけね?
ウルトラゼロファイトの内容通り、ストロングコロナの相手はEXレッドキング。
という事は、劇中でもルナミラクルゼロとベムスターは戦う事になるのでしょうかね。

おもちゃショー HGヒーローズ
こちらはガシャポンの「HGエイチジーヒーローズ ウルトラマン2」のサンプル品。
謎の2キャラクターはやはりゼロの新モードでしたが、
最大の謎である「商品化された事の無い星人」はまだ隠されたままですね。

おもちゃショー メガハウス
こちらはメガハウスより販売される、ウルトラマンの新作フィギュアシリーズみたいですね。
未だに詳細は不明ですが、ラインナップはウルトラ戦士とそれに対応する最終回怪獣(宿敵)という組み合わせ。
ガタノゾーアのボリュームが良い感じですねぇ。

おもちゃショー ウルトラエッグ
最後はウルトラエッグシリーズの新作です。
今後発売予定のカネゴンやウルトラマンのサンプル品が展示されていた他、
参考出展としてガンQやナースの姿もありますね。
やはりガンQは強し・・・w


<オマケ>
MP サウンドウェーブ
トランスフォーマーの中で私が最も好きである情報参謀サウンドウェーブが、
遂にMP(マスターピース)シリーズで発売決定となりました。
このスタイルの良さからして、決定版玩具となるのは間違い無いでしょう。
涙が出るほど嬉しいとはこの事です。
上のウルトラマン新商品と合わせて、興奮して今夜は眠れそうにありませんw
・・・しかし3記事連続更新はさすがに疲れた・・・


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(16)トラックバック:(1)|00:09

ウルトラマン列伝、夏休みの放送スケジュール!

なんか一気に色々な情報が出てきたので本日2度目の更新ですw
円谷プロの公式HPにて、ウルトラマン列伝の8月と9月分の放送スケジュールが公開されました。
前の記事でも触れた通り、新撮の「ウルトラゼロファイト」は3分間×全8話構成になっており、
前枠や後枠を使って放送するのではないかと予想しましたが、
それだと本編を少し削る恐れが出てくるのではないかと危惧していました。

しかし今回HPで発表された通り、
8月1日(水)より5週に渡って映画「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」の放送が決定!
ウルトラマンベリアルとウルトラマンゼロが初登場する、
新機軸のアクション映画が列伝内で遂に放送されるのですね~
更に9月5日(水)より3週に渡って、OV作品の「ウルトラマンゼロ外伝 キラーザビートスター」が放送決定!
ウルティメイトフォースゼロの4人が、
新たなるメンバーであるジャンキラーことジャンナインと出会う過程を描いたお話も地上波初放送となります。

この映画5週とOV3週の計8週の間に、ウルトラゼロファイトを放送するという形になるみたいですね。
上手く編集すれば、カットする場面も出て来ないと思いますし構成担当の方には頑張って貰いたいですw
何気に9月以降もウルトラマン列伝が続きそうな構成ですし、
どこまで放送して行くのかファンの一人として見守り続けたいと思います。
ウルトラマンゼロ 高見沢
しかし、高見沢さんが妙に馴染んでいるのが面白いですねこれw

あと、夜中にもう1発記事を更新する予定です~


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(1)|21:18

列伝での新バトル、ウルトラゼロファイト!

ウルトラマン列伝公式ブログより、ウルトラマンゼロに関する新情報が公開されていますね。
(業者向けに先行開催されている最中の、東京おもちゃショー2012会場でも公開された模様です)
以前の記事で取り上げたウルトラマンゼロの新モードである、
ストロングコロナゼロ」と「ルナミラクルゼロ」が公式媒体で初発表となっています。

ストロングコロナゼロ
ウルトラマンダイナのストロングタイプと、ウルトラマンコスモスのコロナモードの能力を受け継いだ、
パワフルな新モードであるストロングコロナゼロ。
以前のソフビ人形の画像の時も感じましたが、
金色に輝くゼロスラッガーや体のラインがより力強さを強調していますね~

ルナミラクルゼロ
ウルトラマンコスモスのルナモードと、ウルトラマンダイナのミラクルタイプの能力を受け継いだ、
超能力が強化された新モードであるルナミラクルゼロ。
濃いブルーと薄いブルーの2色が涼しげで、
青いウルトラ戦士の例に漏れずスマートな戦い方を披露するのでしょうか。

そして今回初公開となった新情報は、
ウルトラマン列伝内で放送される予定の新作映像作品である「ウルトラゼロファイト」!
ウルトラゼロファイト0
現在撮影中のこの新作はウルトラマンゼロが怪獣と戦うストーリーであり、
2種類の新モードが映像作品で初お披露目になる内容になるみたいですね。
公式ブログではストロングコロナゼロとEXレッドキングが戦っているスチール写真が公開されていますし、
グリーンバック撮影という事で映像クオリティにも期待出来そうです。
監督はおかひでき氏で、公開は夏休み頃を予定。
ウルトラマンフェスティバル2012の開催中には放送されそうですね~

<追記>
シネマトゥデイにて、THE ALFEEの高見沢さんが歌うウルトラマン列伝新主題歌の発表会の模様が掲載されています。
そこではウルトラゼロファイトが1話3分のミニドラマであり、
8話連続の短編アクションドラマとして8~9月の8週間で放送予定との事です。
何時もゼロが担当している前枠や後枠の部分を利用して放送するのでしょうかね~


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(1)|16:19

ウルトラマン列伝 第50話

ウルトラマン列伝 タイトル
本日、第50話が放送されました!
第50話 「復活のメトロン!狙われない街!!」
ウルトラマンマックス第24話「狙われない街」の内容を放送しました。

町工場で暴れる一人の男。
工場の人々や警察は男を取り押さえようとしますが、連鎖的に他の工場の人間まで暴れだす始末。
駆け付けた刑事は現場に怪しい男を見るのですが・・・
DASHのカイトとミズキは取り押さえられた男達の取調べに立ち会い、
加害者は暴れた動機が無く、暴れた時の記憶が無いという共通点を見出すのでした。
ヒジカタ隊長は40年前にも同じ「北川町」で似たような事件があったと話し、
カイトとミズキは刑事と共に加害者の脳分析の結果を確認しに行きます。
加害者は前頭葉に僅かながらの萎縮が認められ、
何らかの外的要因で理性が失われたのではないかと科学者は分析。
結果を聞いて3人はその場を立ち去ろうとしますが、携帯電話を手に取った科学者が突然暴れだし、
刑事は背負い投げで衝撃を与え、科学者はそのまま気を失って倒れ込んでしまいます。

3人は加害者達の携帯電話を調べ、その全てが同じアンテナである事に気が付きます。
カイトは侵略者がアンテナを利用して人間の脳を狂わせたと分析し、
刑事は北川町エリアでの携帯電話の利用を禁止する様に通達するのでした。
アンテナの製造元を突き止めた3人はビルの屋上へと向かうのですが、
そこに居たのは電波受信度を調べていただけの会社員達。
刑事は原因はアンテナでは無く電波の方だと推理し、
怪しいサングラスの男を見付けたカイトは男の後を追います。
男を見失ったカイトは鳴っている携帯電話を見付けて拾うのですが、
それに耳を当てた瞬間に強力な電波に襲われ、身動きが出来なくなってしまいます。
そこにサングラスの男が現れ、自分は宇宙人だと話しますが既にこの実験には興味が無くなっている様子。
刑事は男の後を追い、男を確認すると「メトロン!」と言って抱き付きます。
戸惑う男でしたが、刑事を見て「ケンちゃん!」と抱き返すのですが我に帰って刑事を突き飛ばしてしまいます。
刑事はミズキに男の正体を話し、
40年前に大怪我を負って「怪獣倉庫」で傷の手当を受けた宇宙人である事を明かします。
まだ子供だった刑事は、メトロン星人が怪獣倉庫で身を隠している事を内緒にしていたとの事。
メトロン星人を信じている刑事は今は何故こんな事件を引き起こしているのかが理解出来ず、
色々と変わってしまった北川町に対して怒りを募らせていたのではないかと話します。
ヒジカタ隊長はかつて北川町にて起こった事件の詳細をミズキに伝え、
刑事と共に怪電波の発信源へと向かう一方、カイトは男に導かれるまま怪獣倉庫へと辿り着くのでした。

倉庫の中は怪獣の着ぐるみがたくさんあり、メトロン星人の隠れ家としては打って付けだった様子。
メトロン星人はカイトに「眼兎龍茶」を差し出し、本来の姿を現します。
カイトはメトロン星人に宇宙へ帰るように話しますが、メトロン星人も最初からその気だったと返します。
迎えの宇宙船が来るまで時間があったのか、
カイトとジャンケン勝負をして、もし自分が負けたら大人しく宇宙へ帰る事を約束。
メトロン星人が手の形状的にチョキしか出せない事を見抜いたカイトは快く応じ、
ジャンケン勝負でカイトは見事勝利を収め、メトロン星人は悔しがりながらお土産などの荷物を纏め始めます。
しかしメトロン星人はもう自分が手を下さなくても地球は支配出来ると確信しており、
それは人間が携帯電話などの便利なツールを頼りすぎるせいで退化し始めているからだと豪語。
話を聞いたカイトは怒りますが、メトロン星人は再びジャンケン勝負を提案。
しかし今度は勝負中に人間体に戻り、カイトは敗北。
気を良くしたメトロン星人は巨大化し、カイトの変身したウルトラマンマックスと対峙します。
しかし北川町と違って何時までも変わらない夕焼けの風景を見て想いに耽ったり、
ただ走る真似事をするだけで全く戦う気が無い様子。
そうしている内に迎えの円盤が到着し、
手を振って宇宙船に搭乗するメトロン星人を見て、思わずマックスも手を振り替えしてしまいます。
こうしてお騒がせなメトロン星人は故郷へと帰って行くのでした・・・
刑事はメトロン星人が帰還した事を聞き、自分も宇宙へ連れて行って欲しかった事を呟きながら、
宇宙人よりも厄介な「人間が起こす事件」を処理する為に去って行きます。
カイト「あの人の言う通りだ。ヤツはこの星に見切りをつけて、故郷の星に帰って行ったんだ。」
ミズキ「でも・・・」
ウルトラマン列伝 メトロン星人

実相寺昭雄監督が手掛けた、最後のウルトラシリーズの作品となった本作。
監督自らが40年後のメトロン星人を演出する一方で、
実際の怪獣倉庫を利用してノスタルジックかつシュールな演出も光っていましたね。
便利ツールの代表格である携帯電話を取り上げ、
その事に夢中になりすぎて、端から見ると利用者がどう見えているかを強烈に皮肉った映像も多々ありました。
小ネタも満載であり、土管にガヴァドンAのイラストが描いてあったり、
怪獣倉庫の扉をシーボーズが閉めるなど実相寺作品の怪獣も色々と登場していましたねw
狂う科学者役はウルトラマンネクサスの松永管理官を演じた堀内正美さんでしたし、
刑事を演じたのは六平直政さん、メトロン星人を演じたのは寺田農さんとゲスト出演陣もかなり豪華。
マックスでは異例の「光の国シリーズ」と本格的にリンクしたストーリーでもありますし、
異質かつ独創感溢れる作品を数々と作られた実相寺監督には、もう少し活躍して欲しかったというのが本音です。
(次回作のウルトラマンメビウス放送中に亡くなられましたからね・・・)

さて、次回はウルトラマンメビウスより序盤の山場であるボガールモンスとの決戦編を放送。
ハンターナイト・ツルギの復讐劇にも決着の時、ですね。
ちなみに、6/16(土)朝6:00よりテレビユー福島でもウルトラマン列伝が放送開始だそうです。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|22:58

今後公開する予定のお勧め映画

今回の記事は何時もと少し趣向が違いますが、
今夏に公開する予定の映画の中で個人的にお勧めのものを取り上げたいと思います。
要は自分が見たい映画のチェックリストみたいなものですがw

ネイビーシールズ
映画 ネイビーシールズ
http://navyseals.gaga.ne.jp/official/
米軍の特殊部隊「NAVY SEALs(ネイビーシールズ)」を主役にした戦争もの映画だと言えば珍しくありませんが、
今回の映画は何と出演者が現役のネイビーシールズ特殊部隊隊員だというのが驚きです。
戦争もの映画はリアリティを追求する事に全力を注いでいる印象が強いですが、
本物の隊員を主役にするというのは非常に稀なケース。
物語自体はフィクションですが、それを感じさせないほど現実味のある戦争映画になるのではないでしょうか。
公開日は6月22日を予定。

アメイジングスパイダーマン
映画 アメイジングスパイダーマン
http://www.amazing-spiderman.jp/
実写映画作品が大ヒットした「スパイダーマンシリーズ」ですが、
今回はリブート作品という事で前の3作品とは関連の無い、仕切りなおしでもある新シリーズ第一弾。
お馴染みのスピード感溢れるCGアクションなどはそのままに、
3D映画という新要素も加わって画面が更に賑やかになりそうですね。
敵はアニメや漫画ではお馴染みである「リザード」が実写映画に初登場。
公開日は世界最速となる6月30日を予定。

スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン
映画 スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン
http://www.amazing-spiderman.jp/
1997年に公開され人気を得た、
地球連邦軍と宇宙昆虫バグの壮絶な戦いを描いたアクション映画の最新作となっています。
今回は実写ではなく3DCGのアニメーション映画となっていますが、
お馴染みのバイオレンスな描写などもしっかり踏襲されているとの事。
何より注目すべき点は、日本で数々のアニメ映画を監督してきた荒牧伸志氏が監督として抜擢された事でしょう。
ハリウッド映画ながら、日本アニメらしいセンスも光る良作に仕上がっている事を期待します。
公開日は7月21日を予定。

ダークナイト・ライジング
映画 ダークナイトライジング
http://wwws.warnerbros.co.jp/batman3/
「バットマンビギンズ」や「ダークナイト」に続く、実写バットマンシリーズ3部作の最終章。
ダークナイトはジョーカーの強烈なキャラクターやまさかの展開の連続で高評価を得ましたが、
このダークな世界観のバットマンも今回で一度完結みたいですね。
新たにベインやキャットウーマンも登場し、どういった物語になるのか非常に気になる所でもあります。
前回ジョーカーを演じた俳優はお亡くなりになっているので、
ジョーカーの再登場が無いというのが非常に残念ですが、それ抜きでも面白くなっている・・・ハズです。
公開日は7月28日より予定。

遊星からの物体X ファーストコンタクト
映画 遊星からの物体Xファーストコンタクト
http://buttai-x.jp/
南極であらゆる有機物と融合する未知の宇宙生命体と遭遇し、
恐怖に慄く隊員達の姿を描いたSFホラーの傑作「遊星からの物体X」の前日談を描く映画となっています。
事件が起きる3日前より物語は始まっていた・・・というのが大まかなあらすじの様ですね。
とにかくグロテスクなデザインである宇宙生命体がトラウマもので、
今回の映画もそれを踏襲しているのかどうかが気になる所です。
公開日は8月4日より予定。

アベンジャーズ
映画 アベンジャーズ
http://www.marvel-japan.com/movies/avengers/
「アイアンマン」、「インクレディブル・ハルク」、「アイアンマン2」、「マイティ・ソー」、
「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」とアメコミ映画5作品がこれまで公開されましたが、
全てはこのアベンジャーズの為の前フリだというのが驚きですねw
アメコミのクロスオーバーものとして有名なアベンジャーズですが、
それを実写映画でやってしまおうという発想がそもそも凄い事です。
はっきり言ってしまえば、主演俳優が何人居るんだという話になりますからねw
マーベルコミックを代表するスーパーヒーロー達が一同に集結するこの映画。
既に米国でも記録的な大ヒットとなっているだけに、日本公開が待ち遠しい作品ですね。
今の内にレンタル店で各作品のDVDを借りて、公開までに予習してみるのも良いかもしれません。
公開日は8月17日を予定。

プロメテウス
映画 プロメテウス
http://www.foxmovies.jp/prometheus/
最後はリドリー・スコット監督のSF映画作品であるプロメテウス。
人類誕生の起源を追い、未知の惑星に降り立つ・・・というのが簡単なあらすじ。
注目すべき点は、映画「エイリアンシリーズ」の第一章という位置付けがなされている所ですね。
エイリアンの第一作目で登場した巨大宇宙人の死体の謎が解き明かされるというだけで、
ファンにとってはたまらないものがあります。
果たしてエイリアン自体もこの映画に登場するのかどうか?
出来るだけ前情報を伏せて見に行こうと思っています・・・
公開は8月24日を予定。

とりあえず8月分までで私が注目している映画はこんな感じになっています。
(アクション映画かSF映画しか無いというツッコミは無しでw)
出来れば全部見に行きたい所ですが、今年の夏は私好みの映画が豊作なだけに悩み所ですねぇw
深夜帯の時間を狙って、出来るだけ安く済ませるのに全力を注ぎましょうかね・・・

明日はウルトラマン列伝の放送日。
ウルトラマンマックスより、メトロン星人登場回を放送予定です。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(1)|13:49

私が愛する悪役名簿 その6「バトラ(バトルモスラ)」

不定期更新の企画です。
私が好きな作品の中でも、特にお気に入りの悪役をご紹介していくこのコーナー。
前回の記事では聖闘士星矢のキャンサーのデスマスクを取り上げましたが、
第6回は特撮映画作品「ゴジラVSモスラ」より、バトラをご紹介します。

ゴジラVSモスラは大ヒットした「ゴジラVSシリーズ」の内の1作品であり、
モスラや小美人(コスモス)を巡って様々な陰謀が渦巻く中、
とある家族を主体にしたストーリーが展開される内容となっています。
環境破壊についても触れられており、それに加えて地球に衝突した隕石の落下が引き金となり、
地球を守護する戦闘怪獣「バトラ」という新キャラクターが目覚めたというのが大きなポイント。
暴れ回るゴジラ、コスモスを救おうとするモスラ、文明や他の怪獣を敵視するバトラと、
3つ巴の戦いが繰り広げられる事に・・・
モスラが登場するという事で要所要所にファンタジックな描写が強調されたり、
その解り易いストレートな物語が受けたのか、平成ゴジラの中では興行収入がトップとなっています。
モスラの丸っこいデザインも、当時の女児に受け入れられ易かったのかもしれませんね~
モスラは昭和の時代から人気があったキャラクターでしたが、
この作品の成功もあってか後に「モスラ」シリーズが3作製作される事となります。

私も、映画館に何度も連れて行ってもらった数少ない作品の1つとして記憶している映画でもあります。
何より気に入っていたのは今回取り上げるバトラという新キャラクターの存在で、
その禍々しくもかっこいいデザインが大のお気に入り。
モスラと似た特徴を持ちながら、全く違う存在として映画の中でも存在感を発揮していましたね~
しかし主役のはずのゴジラはあまりクローズアップされる事が無く、
善たる存在のモスラのお陰もあってか完全なる悪役という扱いを受けていましたねw
映画の終盤ではモスラやバトラを応援していた人がほとんどでしょう・・・

バトラ(バトルモスラ)幼虫
ゴジラVSモスラ バトラ幼虫
地球が生み出したモスラの亜種とも呼べる存在であり、
地球を守護するのがモスラなら、こちらは地球生命を脅かす存在を破壊するのがその使命。
かつてコスモス達の文明を破壊するために目覚めましたが、
モスラ一族の手により北極の氷の中に封印されていました。
しかしゴジラを目覚めさせた隕石の落下により、こちらも覚醒。
地球の環境を汚染している人類の文明と、あらゆる物を破壊してしまうゴジラを敵と認識し、
日本に向かって進行を始めます。
全身は強固な外骨格に覆われており、その突進時のパワーはゴジラをも怯ませるほど。
角や目からは破壊力抜群のプリズム光線を放つ事が可能で、それがバトラ最大の武器となっています。
ゴジラVSモスラ バトラ幼虫0
能登半島沖で受けた自衛隊の攻撃を掻い潜り、地中に潜り込んだバトラは愛知県名古屋市に出現。
名古屋城を破壊しつつ市内を蹂躙し、メーサー戦車の攻撃を物ともせずテレビ塔をなぎ倒してしまいます。
再び地中に潜ったバトラですが、今度はフィリピン沖に出現。
卵から孵化したモスラ幼虫を跳ね飛ばし、ゴジラに襲い掛かります。
両者は海底でも激しい戦いを繰り広げますが、その戦いの影響でフィリピン海溝の海底火山が活動を開始。
ゴジラとバトラはもつれ合いながら、マグマに飲まれてしまったのですが・・・

バトラ(バトルモスラ)成虫
ゴジラVSモスラ バトラ成虫
マグマに飲まれても両者は健在。
ゴジラはマントル内を移動して富士山から出現し、バトラ幼虫も海上に出現します。
そのまま全身を光らせて「不完全変態」をし、幼虫の姿から成虫の姿へと変身。
同じく成虫の姿となったモスラを追い、神奈川県横浜市へと向かうのでした。
横浜みなとみらい21の上空でバトラはモスラに攻撃を仕掛け、見事撃墜します。
更に加わったゴジラとも戦い、プリズム光線で周囲の建物を崩しゴジラを瓦礫の中へと沈める事に成功。
しかし油断していた所をゴジラに強襲され、ダメージを負ってしまうのでした。
ゴジラVSモスラ バトラ成虫0
そこに復活したモスラが現れ、モスラによってエネルギーを分け与えられたバトラは復活。
そのお返しとばかりにバトラはモスラのピンチを救い、両者は同じ目的であるゴジラ打倒へと動き始めます。
モスラが燐粉を撒き散らし、ゴジラの放射熱線をシャットアウト。
更にその燐粉にモスラとバトラの光線を反射させて、ゴジラをあらゆる方向から攻撃を開始。
ゴジラはこのコンビネーション攻撃に成す術も無く、遂に倒れ込んでしまうのでした・・・
テレパシーで何やら会話を行ったモスラとバトラは、倒れたゴジラを持ち上げて海へと移送を開始。
しかしゴジラも抵抗を続け、ゴジラはバトラの首に噛み付いてバトラはかなりの量の出血をしてしまいます。
放射熱線も首元を直撃し、海上に進んだ事を確認したバトラはそのまま死亡。
モスラも名残惜しそうにゴジラを掴んでいた手を離し、ゴジラとバトラは海底へと沈んで行くのでした。
共に戦ったバトラへの追悼と、ゴジラをしばらく封印する為にインファント島の紋章を海上に描くモスラ。
戦いが終わりコスモスとモスラは、
テレパシーで会話した時にバトラが話した「約束」を果たす為に宇宙へと飛びます。
そもそもバトラの本当の使命は、20世紀末に地球に激突するはずの巨大隕石を破壊する事。
バトラはその使命をモスラに託し、散って行った事が最後になって明かされます。
その約束を胸に、モスラは宇宙空間を飛び続けるのでした・・・

バトラも独自の使命に基いて行動しており、モスラとの出会いによって考え方に変化があったのでしょうかね。
当初のバトラであれば、モスラに自分の使命を託すなんて事は有り得なかったはずです。
戦いの中でモスラの力を認めたのか、モスラの優しさのエネルギーに触れて心境の変化があったのか・・・
何はともあれ、本当に美味しい役所だった怪獣ですね。
毒蛾の禍々しいデザインを持ちながら、昆虫型怪獣の中でも屈指のかっこよさを見せたバトラ。
怪獣界のダークヒーローとして、私の心の中に残り続けるキャラクターになるでしょう。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(14)トラックバック:(0)|11:46

ウルトラ怪獣シリーズ 6月分新作

ウルトラ怪獣シリーズの新作ソフビ人形が本日より発売開始となっております。
今月に再販となったのは、こちらのキャラクターです。

ウルトラ怪獣シリーズ メトロン星人
幻覚宇宙人 メトロン星人
日本の北川町を舞台にとある実験を行っており、メトロン星人が仕掛けたタバコを吸うと、
突然吸った人が暴れ始めて手がつけられない状態に陥るという事件が発生します。
その原因は、タバコの中に幻覚作用を引き起こす「宇宙ケシの実」をメトロン星人が仕込んだ事。
メトロン星人はこのタバコを利用して人々を無差別に凶暴化させ、
人類同士の信頼感を失わせ、その後に地球侵略計画を進めようと企んでいたのでした。
しかしウルトラ警備隊とウルトラセブンの活躍により、メトロン星人の計画は失敗。
計画の首謀者であるメトロン星人も、遂に倒されたかに思われたのですが・・・
それから40年後、何と生き延びていたメトロン星人が再び活動を開始。
今度は携帯電話の電磁波を利用して地球人の脳に異常を起こさせ、
凶暴化させるという実験を進めていたのでした。
しかし計画遂行中にメトロン星人は地球人が段々と堕落&退化していると感じ、
このまま放っておいても勝手に人類は滅ぶので、侵略はその後からでも良いと判断。
ウルトラマンマックスと対峙するのですが、メトロン星人は戦わずただ夕焼けに見惚れるだけ。
その内、仲間の宇宙船に搭乗した彼はそのまま宇宙へと帰ってしまうのでした・・・

ウルトラセブンより登場した人気宇宙人である、メトロン星人が再販となりました。
本来なら定番ソフビとしてレギュラーであるべきキャラクターなんですがね~
型は600円時代に1度新造型されたものであり、出来が良いので今回も流用となりました。

ウルトラ怪獣シリーズ メトロン星人0
付属タグを見れば解る通り、
ウルトラセブン版とウルトラマンマックス版の双方をイメージした彩色となっています。
青い成型色は大怪獣バトルの時に発売されたものより、気持ち濃いめの様な?

ウルトラ怪獣シリーズ メトロン星人1
背面です。
フジツボの様な突起物は彩色されていませんが、
そもそも彩色されていたのはマックス版の造型だけでしたっけね?

ウルトラマン列伝では来週にウルトラマンマックスのメトロン星人登場エピソードが放送予定。
それとウルトラセブン放送45周年記念に連動しての再販という事なんでしょうか。
良い色合いをしていますし、こちらは普通にお勧め出来るソフビですね。
個人的な予想では、今年中にメトロン星人のカラーリング違い限定ソフビが出そうな気が・・・


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(1)|22:25

ULTRA-ACTグリッドマンの詳細&アクト新作発表

魂ウェブにて、9月発売のULTRA-ACTグリッドマンの詳細が公開されています。
ULTRA-ACT(ウルトラアクト)では初となる、
ウルトラシリーズとは全く異なる作品のキャラクターとなりますね。
(アンドロメロスは一応ウルトラシリーズですし)

ウルトラアクト グリッドマン
「電光超人グリッドマン」は私の直撃世代の作品でもあるので、
イベント等での商品化希望アンケートで上位だった時は心底嬉しかったのを思い出します。
そして無事商品化が決まり発売日も決定した訳ですが、
ウルトラアクトでの商品化と聞いて驚いたのを思い出します。
アクトは全て集めていましたし、私にとっては二重に嬉しい商品化となりました。

ウルトラアクト グリッドマン..
付属品など詳細は以下の通り。
■セット内容
・本体
・バリアーシールド
・グリッドマンソード
・プラズマブレード
・グリッドビーム再現パーツ
・交換用手首左右各2種

とりあえず、一通りの武器やエフェクトパーツが付属する様で一安心。
グリッドマンにしては少ないと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
このグリッドマンには後に様々な追加パーツが発売される予定となっています。
あんな武器やこんな合体パーツも予定されているので、今後の展開がとても楽しみですね~
(出来れば何らかの敵キャラクターも1体ぐらいは欲しい所ですが・・・)


続いては現在予約受付中で9月に発送が予定されている、
魂ウェブ商店限定 ULTRA-ACTウルトラマンガイア(スプリーム・ヴァージョン)のページも更新されています。
写真が数点追加されている他、そのマッシヴな造型などを詳しく解説しています。
必殺技のフォトン・ストリームは、腕パーツごと交換する事で再現するみたいですね~
そして一番最後には新作の告知も。
ウルトラアクト アグル
何と、ウルトラマンアグル(V1)の商品化決定という嬉しいお知らせが!
シリーズ前半でガイアと対立をした印象的な姿でもありますし、
何時か出るだろうと思っていたらまさかこんなに早く商品化が決まるとは思いもしませんでした。
写真は試作品のものなので、今後の情報解禁と共により完成度の高い見本が出る事でしょう。
これで残るガイアシリーズはウルトラマンガイア(V1)のみ。
V2のプロテクターの色を変えれば済む話ですし、こちらも近い内に情報が出そうですね~


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(1)|16:02

今年も開催、ウルトラマンフェスティバル

今年も開催される夏休み恒例行事となったウルフェスですが、
ウルトラマンフェスティバル2012ではウルトラセブン放送45周年を記念して、
息子のウルトラマンゼロと共に大きく取り上げられる模様ですね。
ウルトラマンフェスティバル2012 ポスター
セブンがメインとなる内容は2007年のウルフェス以来となっています。
2007年のウルフェスは個人的に思い出深く、
東京で開催されたウルフェスでは初めて私が訪れたものとなっているんですよね~
セブン40周年という事でウルトラ警備隊の作戦会議室が再現されていたり、
多数の宇宙人が展示されていたりと興奮したのを思い出します。
確かキングジョーブラックもここで初めて活躍を見せたんでしたっけね?

現在のメインビジュアルでは、他にウルトラマンゼロ、ウルトラマンメビウス、ウルトラマンレオ、
ウルトラマンエース、ウルトラマンジャックの姿も大きく取り上げられていますね。
ゼロはセブンの息子であり、現在も主役として活躍しているのでライブステージでは中心となる存在でしょう。
開催月には、「新たなる姿」の発表も控えていますしね~
メビウスは放送中のウルトラマン列伝にて今後は中心の様な扱いを受けるみたいなので、
その影響もあってメインを飾る事となったのでしょうか。
レオはセブンの弟子でありゼロの師匠でもあるので、両者を繋ぐ存在としては欠かせません。
エースは今年で放送40周年ですが、ジャックは去年が40周年記念だったので、
共にフューチャーされる事となったのでしょうかね?

開催内容は以下の通り。
・ウルトラマンゼロと共に巡る、ウルトラセブン45年の軌跡
・ウルトラセブン伝説名作ドラマ1967(多数のセブン登場宇宙人を展示)
・ウルトラセブン伝説名作ドラマ1972~2006(第2期シリーズから平成作品までの活躍集を展示)
・ナース列車(様々なジオラマを巡る小列車ツアー)
・ウルトラ縁日(様々なゲームで遊べる縁日ゾーン)
・クラフトコーナー(砂絵やウインドウワッペンを作れるコーナー)
・ウルトラP(お馴染みの可愛い人形劇)
・ウルトラショット(ウルトラヒーローと2ショット写真が撮れるゾーン)
・ふれあいステージ(時間帯によって色々な催しものが行われる舞台)
・ウルトラマンアイスコーナー(恒例のマーベラスアイスクリームとのコラボレーション)
・ウルトラマンデパート(限定商品などのグッズ販売コーナー)

そして目玉の「ウルトラライブステージ」では、児童誌でデザイン公募を行った強化アームウインダムが大活躍。
ウルトラ戦士と共に、凶悪な侵略者達に立ち向かう内容となっているそうです。
第1部の「ウルトラセブン 進め銀河の果てまでも!」は7月27日~8月12日まで開催。
第2部の「ウルトラマンゼロ 切り開け俺たちの明日!!」は8月13日~9月2日まで開催予定です。
ここで気付く方もいらっしゃるかもしれませんが、
今年は土日を挟む為に9月の頭までウルフェスが開催される運びとなっています。

来場者特典は、特別クリアバージョンの「ウルトラマンスウィングマスコット」。
ガシャポンで販売されているものの仕様変更品となっていますね。
ウルトラマンフェスティバル2012 来場者プレゼント
8月12日まではウルトラセブンのレッドクリアバージョンであり、
8月13日からはウルトラマンゼロのブルークリアバージョンが配布。
それぞれがライブステージの開催日時と連動しています。

開催場所は何時も通り、池袋サンシャインシティの文化会館4F展示ホールB。
詳しい内容などはこれから徐々に更新されるでしょう。
例年通り、今年もまた暑い中を東京まで旅をする事となりそうです。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(1)|16:45

ウルトラマン列伝 第49話

ウルトラマン列伝 タイトル
本日、第49話が放送されました!
第49話 「激闘!怪獣島のダイナ!!」
ウルトラマンダイナ第16話「激闘!怪獣島」の内容を放送しました。

温室内でハネジローと久々に再会したアスカ。
ハネジローはTPCの生物工学研究所に勤めているオオトモ博士によって研究され、
平和な星に住んでいたのか攻撃性が無く、小学校2年生程度の知能を持っている事が判明します。
はしゃぐアスカでしたが、翌日にオオトモ博士が助手のヤマザキと共に失踪。
更にハネジローも連れ出している事が判明し、アスカ達スーパーGUTSは博士を追う事となるのでした。
非常に磁場が強く不安定なザリーナ地帯に到達し無謀にもそこに突っ込むアスカでしたが、
海面には謎の島が存在しており、アスカ、ナカジマ、コウダの3人が島へと進入。
しかしそこにはダイナが倒したはずのシルドロンと、ウルトラマンティガが倒したはずのシルバゴンの姿が!
両者は戦いを始めますがパワーが勝るシルバゴンが圧倒し、シルドロンは泡を噴いて敗れ去ります。
シルバゴンは続いてスーパーGUTSの面々を岩石で攻撃。
どうやら過去の個体とは違い、動いているもの以外は見えないという弱点が克服されている様子。
3人は銃で連続攻撃を浴びせ、何とかシルバゴンを追い払う事に成功するのでした。
それを森から見ていたのは助手のヤマザキ。
3人はヤマザキを捕まえますが、そこにオオトモ博士の声が響き研究所内へと案内されます。
コウダはアスカを残し、ナカジマと共に研究所内へと入るのですが銃は取り上げられてしまうのでした。

研究所内では水槽の中に入れられたハネジローの姿が。
ナカジマは虐待だと博士に訴えますが、博士はハネジローの遺伝子を抽出しているだけだと話します。
博士は怪獣の遺伝子を研究しており、表に居たクローン怪獣も博士の研究の成果。
ハネジローの高い知能を他の怪獣に移植し、人間の命令に従う怪獣を生み出そうというのが目的なのでした。
この島の地下で眠っていた怪獣を捕獲し、それに多数の怪獣の遺伝子を加えて誕生させたのが、
博士が自慢するハイパークローン怪獣ネオザルス。
ネオザルスには知性が無い為、ハネジローの遺伝子を加えて完璧な怪獣兵器に仕立て上げようとするのですが、
明らかに違反行為であるのでコウダは博士を拘束しようと迫ります。
しかし電流が流れるビームの檻にコウダとナカジマは閉じ込められ、博士は実験を開始。
そこにアスカがガッツイーグルα号で研究室を攻撃し、コウダとナカジマを脱出させます。

逃げる博士の前で戦うシルバゴンとアスカ。
研究所を破壊されたらたまらないと、博士はシルバゴンを食い止める為にネオザルスを出撃させます。
シルバゴンのパワーを物ともせず、胸から放つ光線により呆気なくシルバゴンを倒してしまったネオザルス。
しかしその戦いで研究所は破壊され、博士はハネジローの遺伝子を移植出来なかった事を悔やみます。
ネオザルスは尚も進撃を続け、博士はネオザルスに踏み潰されてしまうのでした・・・
ガッツイーグルα号もネオザルスにより撃墜され、アスカはウルトラマンダイナへと変身。
ダイナはネオザルスに挑みますが、強固な皮膚や攻撃を寄せ付けないトゲ、
圧倒的なパワー差、強靭な尻尾による叩き付け攻撃などに大苦戦。
そこでストロングタイプへとタイプチェンジをし、力まかせに攻撃を仕掛けます。
ネオザルスの胸から放つホーミング光線を誘導してネオザルスの尻尾に直撃させ、
尻尾を切断した後に必殺技のガルネイトボンバーを叩き込み、ネオザルスの体には大きな穴が空いてしまいます。
大爆発するネオザルスを見て、元の姿に戻るダイナ。
ナカジマ隊員はアスカ隊員もオオトモ博士と共に死んだと思い込んで泣くのですが、
遠くから手を振って帰還するアスカ。
しかし動かなくなったハネジローを見てアスカは愕然。
・・・とその時、ハネジローは普通に目を開いて何時も通り「パムー」と鳴くので、
死んだと思い込んでいたアスカはビックリ。
後ろでは、コウダとナカジマがその光景を見て笑い合うのでした・・・
ウルトラマン列伝 ネオザルス

遺伝子操作によって作り出された怪獣が3体も登場する珍しいお話でしたね。
シルバゴンはティガや映画「大決戦!超ウルトラ8兄弟」等に登場しており、
先日ウルトラマン列伝で登場したゴルドラスとは同族であるとされている豪力怪獣。
一方の昆虫らしいフォルムのシルドロンは、頭部のセンサーによって相手の攻撃を予測し、
腕の強固な装甲で弾いてしまう能力の持ち主でありました。
(クローンシルバゴンは体のラインが青くなり、クローンシルドロンは少し赤っぽい色合いになっています)
新怪獣のネオザルスは怪獣らしい怪獣といったイメージであり、戦闘力も申し分ありません。
怪獣同士の対決が合間合間で見られましたし、まさしく今回の舞台は「平成の多々良島」といった所でしょうか。
最後にウルトラマンゼロが警鐘を鳴らしていた通り、科学の力を弄ぶとロクな事が無いというのが今回の教訓。

さて、次回はウルトラマンマックスよりメトロン星人登場回を放送!
ウルトラマン列伝初となる、実相寺昭雄監督が担当されたお話となります。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(6)トラックバック:(1)|19:36

私が愛する悪役名簿 その5「キャンサーのデスマスク」

不定期更新の企画です。
私が好きな作品の中でも、特にお気に入りの悪役をご紹介していくこのコーナー。
前回の記事ではとっても!ラッキーマンの世直しマンを取り上げましたが、
第5回は少年漫画作品「聖闘士星矢」より、キャンサーのデスマスクをご紹介します。

聖闘士星矢(セイントセイヤ)は、車田正美先生によって週間少年ジャンプに連載された漫画作品であり、
「聖衣(クロス)」と呼ばれる星座の力を宿した特殊な鎧を身に纏った少年達が戦う人気作品ですね。
クロスを身に纏った者は「聖闘士(セイント)」と呼ばれ、
彼らは体の中に秘められた「小宇宙(コスモ)」と呼ばれるエネルギーを使って必殺技を繰り出したり、
様々な超能力を使用する事が可能となっています。
基本的にはギリシャ神話をモチーフにした設定やキャラクターが多く、
初めは仲間同士が戦い合う内容でしたが、中盤からは様々な神が率いる強敵達が登場。
主人公の「ペガサスの星矢」率いる一行は、自分達の女神である「アテナ」を守る為に戦い続ける事となります。
人気の秘密は美男美女が数多く登場するという点もありますが、
やはりクロスという特殊な鎧の存在が大きいでしょうね~
連載当事に発売されたキャラクターの人形にこの鎧を装着するフィギュアが大人気となり、
未だに様々な形で商品化が続いているというのは結構凄い事だと思っています。
鎧が変形して、そのモチーフである星座を現す姿になるというギミックも子供心を掴んだ要因でしょうか。

シリーズで一番人気となったのは、序盤の山場である「十二宮編」でしょうか。
有名な12星座をモチーフとした「黄金聖闘士(ゴールドセイント)」が続々と登場し、
聖矢達は聖闘士を聖域(サンクチュアリ)から操る邪悪な教皇を打ち倒して、
瀕死のアテナを救おうとするのが主なストーリー。
ゴールドセイントは12人それぞれが独自の考えを持っているのですが、
教皇の命令は絶対であり、命令通りに聖域を防衛して星矢達を待ち受けるのでした。
しかし、中には星矢達を手助けする者も居るなど教皇と同じく邪悪に染まっている者は数少ないのですが・・・
そんな中で唯一例外だったのは今回取り上げる「デスマスク」。
基本的には正義側であったゴールドセイントの中でも、かなりの変り種でしたからね・・・w

キャンサー(蟹座)のデスマスク(アニメ版の声優:田中亮一)
聖闘士星矢 キャンサーのデスマスク
「正義と悪の定義など時の流れによって変わってしまうものだ。
それは過去の幾多の歴史が証明している」

12宮の1つである「巨蟹宮」を守護する蟹座の黄金聖闘士。
他の黄金聖闘士とは違って今の教皇が悪だと知りつつ仕えている内の1人であり、
(他に教皇が悪だと気付いているのは山羊座(カプリコーン)のシュラと魚座(ピスケス)のアフロディーテ)
12人のゴールドセイントの中では最も邪悪な性格をしています。
正義の定義は時代によって変わるという持論を持っており、今は非道の限りを尽くす教皇こそが正義だと断言。
その名前の通り、巨蟹宮の内部には自分が殺した人間の顔(デスマスク)が多数浮かび上がっており、
それはデスマスクによって殺された人間が浮かばれなかったからだとされています。
本人はその事については全く動じておらず、むしろ誇りにさえ感じているほど。
それが悪を打ち砕く為の戦いに巻き込まれて死んだ子供であっても同様なのでした。
デスマスクの特殊能力は現世と冥界の入り口を行き来出来る所にあり、
相手の魂に直接攻撃を加えて、冥界に敵を落とすという戦法が大の得意技。
最大の必殺技は、相手を直接冥界へと叩き込む「積尸気冥界波(せきしきめいかいは)」。
聖闘士星矢 キャンサーのデスマスク0
中国の五老峰でドラゴンの紫龍と戦った際は、黄金聖闘士としての格の差を見せ付けて圧倒。
様々な超能力を見せ付けましたが、天秤座(ライブラ)の童虎である老師と、
牡牛座(アリエス)のムウ登場により一旦退却する事となります。
その後は巨蟹宮で再びドラゴンの紫龍と戦う事となり、こちらでも終始優勢な戦いぶりを披露。
紫龍を冥界の淵へと追い込むのですが、数々の非道ぶりが重なった結果か、
何とクロスが強制的に解除され生身の状態に。
(クロスは代々の装着者の記憶を引き継ぐ為、クロス自身がデスマスクを拒絶)
しかし装着者に選ばれただけはあり、生身でもコスモを燃やして紫龍に襲い掛かるのですが、
最後は返り討ちに合いデスマスク自身が冥界へと落下してしまうのでした・・・
その後、デスマスクの死と共に巨蟹宮に浮かび上がっていた死者の顔は消滅。
恐らく人々は成仏したのでしょう。
聖闘士星矢 キャンサーのデスマスク1
終盤の「ハーデス十二宮編」でも再登場しており、
冥王ハーデスの手によって「冥衣(サープリス)」を装着した元黄金聖闘士の1人として復活。
「冥闘士(スペクター)」の一員として、サンクチュアリを襲撃します。
主にアフロディーテと組んで行動していましたが、ムウの攻撃によりアフロディーテ共々再び敗北。
ハーデスの配下の一人であるラダマンティスに襲い掛かりますが、返り討ちにあって冥界へと落ちるのでした。
最も、蘇った他の聖闘士同様に彼もハーデスの存在をアテナに教える為あえて逆賊を装った行動をしており、
アテナに仕える聖闘士の一人としての役割を全うしていたので、忠誠心はどうやら存在していた模様です。
映画「聖闘士星矢 真紅の少年伝説」でも他の死んだ黄金聖闘士と共に復活していますが、
こちらでは以前と変わりない悪役のままでした。
物語のクライマックスであるハーデスと戦いの中では、散って行った12人の黄金聖闘士の魂が集結。
聖矢達を手助けするのですが、その中にちゃんとデスマスクの姿もありました。
極悪人ながらも現状の敵が誰であるかは理解しており、自分なりの正義に従って行動したのでしょうかね~

アテナを守るゴールドセイントの中では、唯一と言っても過言では無い悪者っぷりを見せたデスマスク。
(アフロディーテや双子座(ジェミニ)のサガの暗黒面も相当ですが)
その悪質さや小物臭い言動から蟹座の地位をこれでもかと言わんばかりに落としてくれた存在でもありますが、
間違いなくインパクトは抜群だったので記憶に残る名キャラクターなのは違いありません。
ちなみに漫画版だとアニメ版で追加された強さの描写や良い奴っぷりを見せるシーンがほとんど無く、
本当にただのクズだと描写されているのでお気をつけ下さいませ。
何故このキャラクターが好きなのかと言うと・・・
思い切った悪役っぷりもありますが、私が蟹座だからですよw



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(6)トラックバック:(1)|17:28

ウルトラ怪獣シリーズ オフィシャル店限定ダダ

昨日の予告通り、ウルトラ怪獣シリーズの限定ソフビ人形をご紹介します。
今回限定仕様として商品化されたのは、こちらのキャラクターとなっています。

ウルトラ怪獣シリーズ ダダ透明化バージョン
三面怪人 ダダ(透明化バージョン)
ウルトラマンに登場した名キャラクターである、ダダの限定ソフビがまた一つ増えました。
これまで顔違いのダダBやダダCが限定商品として発売されていましたが、
今回は劇中で使用した特殊能力をイメージしたカラーとなっていますね。
東京スカイツリーの眼下にある東京ソラマチがオープンし、
そこに新たなウルトラマンオフィシャルショップがオープンしたという記念として発売されました。
(何故ダダなのかは謎ですがw)
もちろん、全国のオフィシャル店でも同時に売り出されており、私は円谷ジャングルにて購入しました。
一般販売分と比べて、造型などに違いはありません。

ウルトラ怪獣シリーズ ダダ透明化バージョン0
ただクリア成型にしただけでは無く、頭部、腕、全身の模様がシルバー塗装に。
目や口もメタリック塗装になっていて中々綺麗な仕上がりになっています。
模様は通常版とは違い全部が塗装されている訳では無く、大まかな所だけが塗られています。
塗装のお陰か、ますます宇宙人っぽいイメージにはなっていますねw

ウルトラ怪獣シリーズ ダダ透明化バージョン1
背面はこんな感じになっています。
クリア成型は黄色く劣化しそうなのがちょっと怖い・・・

ウルトラ怪獣シリーズ ダダ透明化バージョン2
タグは特別仕様になっており、インパクト抜群のデザインになっていますw
これは切るのが惜しまれますねぇ。

劇場限定のゴメス以来となる怪獣限定ソフビでした。
ウルトラセブン誕生45周年記念という事で、
今年もあと何個かは限定カラーのソフビが販売されるかもしれませんね。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(1)|18:19

ウルトラマンレジェンドステージ2012

八尾プリズムホールにて行われた、「ウルトラマンレジェンドステージ2012」を見て来ました。
その前にホールのすぐ近くにあるアリオモール八尾に行き、円谷ジャングルにて色々と物色。
レッドコートイベントステージでは、ウルトラマンの巨大バルーン内で子供達が遊んでいました。
(画像はクリックすると拡大します)
ウルトラマンレジェンドステージ2012 あ
7メートルの巨大ウルトラマンもバルーンで再現されており、
かなりの人々が立ち止まって写真撮影を行っていましたね。
お昼過ぎにはここにも長蛇の列が・・・

ウルトラマンレジェンドステージ2012 い
フードコートのすぐ外には、ウルトラセブン&エレキングのふわふわバルーンが。
こちらは毎週の土日&祝日で、雨天で無い場合のみ開催されている恒例行事ですね。

ウルトラマンレジェンドステージ2012 う
さて、プリズムホールに入場すると入り口にはウルティメイトゼロがお出迎え。
(人が多すぎて正面から撮るチャンスが無かった・・・)
何時も通り、2階は写真撮影と物販コーナーが中心で3階が劇中プロップ展示コーナーとなっていました。

ウルトラマンレジェンドステージ2012 え
今回のプロップは映画「ウルトラマンサーガ」にて使用されたものばかりとなっていました。
まずはウルトラマンゼロの変身アイテムであるウルトラゼロアイ、
ウルトラマンダイナの変身アイテムであるリーフラッシャー、
ウルトラマンコスモスの変身アイテムであるコスモプラックです。

ウルトラマンレジェンドステージ2012 お
こちらは映画の台本とウルティメイトブレスレット、サーガブレスです。
台本は映画の仮タイトルが記載されており、
当初は映画公開を去年の内に行う予定だった事が明かされていますね。
サーガブレスはグラデーション塗装が中々綺麗でした。

ウルトラマンレジェンドステージ2012 か
アスカ・シン専用のスーパーGUTS隊員服も置いてありました。

ウルトラマンレジェンドステージ2012 き
こちらは春野ムサシが着用していた専用スーツ。

ウルトラマンレジェンドステージ2012 く ウルトラマンレジェンドステージ2012 け
ウルトラマンレジェンドステージ2012 こ ウルトラマンレジェンドステージ2012 さ
劇中でチームUの面々が身に着けていたコスチュームや小道具なども色々とありました。

ウルトラマンレジェンドステージ2012 し ウルトラマンレジェンドステージ2012 す
こちらはスーツの展示物。
ウルトラセブン放送45周年を記念して、セブンと怪獣兵器キングパンドンが設置されていました。
ライティングのお陰もあり、かなり迫力があります。


そしてホール内で席を確認し着席。
ほぼ満席状態で中は色々とえらい事になっていましたw
さて、ステージ第1部はウルトラ戦士とvoyager(ボイジャー)のライブステージになります。
まずは司会のお姉さんと、円谷ジャングルの名著店長であるウルトラマンナイスがご挨拶。
ウルトラマンレジェンドステージ2012 せ
相変わらずオヤジギャグを飛ばしまくるハイテンションなナイス。
何時も通りですねw
続いてボイジャーも登場し、
1曲目はウルトラマン列伝の最初のオープニング曲である「キラメク未来」を熱唱。
会場も大盛り上がりです。

ウルトラマンレジェンドステージ2012 そ
続いて「ウルトラマンメビウス」を歌うのですが、バックにウルトラマン、ウルトラマンダイナ、
ウルトラマンコスモス(エクリプスモード)の3人が登場し、それぞれの生演奏でミュージックスタート!
3人共めちゃくちゃ演奏が上手くて笑いましたw
途中でウルトラマンメビウス(フェニックスブレイブ)も乱入。

ウルトラマンレジェンドステージ2012 た
選ばれた20人のキッズ隊員達も舞台に上がり、ウルトラマンジャックを含む色々なウルトラヒーローが登場。
ファミリー劇場でお馴染みである、「帰ってきたウルトラマン体操」を披露してくれました。
客席にもウルトラ戦士が色々と登場し興奮が冷めやらぬ中、
最後は今のウルトラマン列伝のOP曲である「Rising High」で〆。
これにて第1部は終了となりました。

ステージ第2部は大型アトラクションショーという事で、
残念ながら全ての撮影が禁止されていたので画像はありません。
内容はウルトラセブンとウルトラマンゼロの親子の絆を描いたストーリーになっており、
バット星人の策略で怪獣墓場からウルトラセブンの倒した怪獣や宇宙人が復活。
彼らはセブンに対して脅迫状を送り付けるのですが、
宇宙警備隊の面々はたった一人で彼らに立ち向かうであろうセブンの身を案じてこの事を知らせず、
自分たちだけで蘇った侵略者達を倒す事を誓います。
ゴドラ星人、メトロン星人、ペガッサ星人、ガッツ星人の4人が中心となって暗躍し、
怪獣軍団は昭和平成問わず様々なキャラクターが登場。
(セブン絡みではエレキング、イカルス星人、キングジョー、フック星人も登場)
事件を知って侵略者に立ち向かおうとするセブンを止めようとするウルトラの父&ゾフィーに対し、
息子であるゼロはゾフィー達を止めて父であるセブンを信頼し、
現場へと急がせる下りは親子の絆がここ数年で更に深まった事を示していました。
終盤ではバット星人が蘇った宇宙人や怪獣を吸収させてゼットン軍団を量産。
そして自らにエネルギーを集中させ、ハイパーゼットンを蘇らせて大暴れをしていました。
ハイパーゼットン、EXゼットン、ゼットン2代目、初代ゼットン×3という絶望的な戦力に、
次々と倒れていくウルトラ戦士達。
残ったゼロ、ダイナ、コスモスの3人は今一度心を一つにして、
ウルトラマンサーガとなってゼットン軍団に挑んでいます。
サーガは2つのスーツを上手く使い分けており、通常は普通のアトラクション用スーツですが、
高速移動してラッシュをかける時は全身に電飾を施したスーツを使用して迫力を倍増させていました。
最後にはウルトラ戦士が集合し、
ウルトラマンキング、ウルトラの父、ウルトラの母、ゾフィー、ウルトラマン、ウルトラセブン、
ウルトラマンジャック、ウルトラマンエース、ウルトラマンタロウ、ウルトラマンレオ、ウルトラマン80、
ユリアン、ウルトラマンゼアス、ウルトラマンティガ、ウルトラマンダイナ、ウルトラマンガイア、
ウルトラマンコスモス、ウルトラマンナイス、ウルトラマンネクサス(ジュネッスブルー)、
ウルトラマンマックス、ウルトラマンメビウス、ウルトラマンゼロが勢揃い。
ウルトラマンレオはキングマントを身に着けた姿でも登場しており、
戦闘中でガイアはスプリームバージョンに、メビウスはバーニングブレイブへとチェンジしていました。

お笑い要素も要所要所に散りばめてあり、楽しい内容だったので大満足です。
3年連続で公演されていますし、この調子だと毎年恒例行事として定着するかも・・・?
明日は円谷ジャングルで手に入れたものをご紹介する予定です。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(1)|22:01

怪獣界の竜王、予約開始&色々と

S.H.MonsterArts(エス、エイチ、モンスターアーツ)の9月分の新作である、
キングギドラの予約が開始されました。
詳細画像も既に公式HP等で出回っていますが、改めて見ると凄い・・・本当に凄い・・・

モンスターアーツ VSキングギドラ
映画「ゴジラVSキングギドラ」に登場したキングギドラが、遂にアクションフィギュア化ですからね~
首が3本、手が無く羽が2枚、2本の足に二股の尻尾という特異なスタイルを崩さず、
ちゃんと可動するアクションフィギュアに仕上がった事が驚きです。
お値段も1万円しますが、現時点ではそれに見合ったクオリティに仕上がっているのではないでしょうか。

モンスターアーツ VSキングギドラ0
何よりゴジラと並んだこちらの画像を見れば解りますが、
劇中スケールを再現する為にキングギドラのボリュームがとんでもない事になっています。
高さ、長さ、横幅とあらゆる面でゴジラより大きい・・・

モンスターアーツ VSキングギドラ1
必殺技の引力光線エフェクトパーツと、それを支える専用台座も付属。
これを使うと更に置き幅を取りそうですねw
世代人としては何としても欲しいですが、何時かメカキングギドラまで出たらいよいよ部屋が危険な事に・・・


<オマケ>
ニコニコ動画で個人的に追いかけていた、
「【ゆっくり実況】ゴジラ列島震撼で日本を守る!」シリーズが遂に完結を迎えました。
http://www.nicovideo.jp/mylist/29922781
私はこの動画を作ったうp主の特撮&怪獣(主にアンギラス)愛溢れる構成に毎回感動していた一人ですが、
昨日で感動の最終回を迎えたので取り上げてみようかと思った次第です。
(私も当時、このゲームをプレイして難易度の高さに挫折した思い出があります)
ゆっくり実況プレイというよりはオリジナルキャラ等を出したストーリー仕立てで話を進めており、
終盤はむしろゲーム内容がオマケという感じでしたが、基本はVSシリーズを踏襲した内容に大感激。
part1の再生数も今や40万近くですし、
今の時代でここまで怪獣が盛り上がる光景にただただ嬉しく思うまなしなでした。
(↓はpart1の動画となっています)


さて、明日の日曜日は八尾プリズムホールまで「ウルトラマンレジェンドステージ2012」を鑑賞して来ます。
円谷ジャングルも久々に寄りましょうかね~


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(1)|02:03

特撮リボルテック 6月分新作

当ブログでは久々の紹介となる、「特撮リボルテック」の新作です。
本日より発売となったのは、こちらのキャラクターとなっております。

特撮リボルテック バンブルビー
バンブルビー
映画「Transformers(トランスフォーマー)」シリーズで活躍した超ロボット生命体の1人。
主人公のサム・ウィトウィッキーに最初に接触したトランスフォーマーであり、
以降の「Transformers: Revenge of the Fallen(トランスフォーマー リベンジ)」、
「Transformers: Dark of the Moon(トランスフォーマー ダークサイド・ムーン)」に3作連続で出演。
サムの良き友として、司令官のオプティマス・プライムと共に主役級の扱いを受けています。
地球では「シボレー・カマロ」をスキャンしており、その姿に変形する事が可能。
最初はボロのカマロでしたが、サムとヒロインのミカエラに指摘されて途中より新品のカマロにモデルチェンジ。
以降は作品ごとにマイナーチェンジを繰り返しています。
オートボットの中でも将来を有望視されている若き戦士の一人であり、性格はノリの良い悪ガキといった印象。
しかしかつてのディセプティコンとの戦いで発声器官が破壊されており、言葉を喋る事が出来ないので、
普段はジェスチャーを使ったりラジオの音声を繋ぎ合わせてコミュニケーションをとっています。
(性格のお陰か、本人はあまり不自由には感じていない様子)
映画1作目のラストで少しだけ声を出す事が出来ていますが、
完治した訳では無く後の2作品では何時も通りジェスチャーなどで会話しています。
トランスフォーマーの中では小柄ながらも、持ち前のパワフルさやスピードを活かした攻撃が得意であり、
作品を重ねる毎に成長して3作目では一人前の戦士として周囲からも認められています。

以前発売されたオプティマス・プライムに続き、バンブルビーも特撮リボルテックの仲間入りとなりました。
かつてG1アニメシリーズでは「バンブル(日本名)」として愛されたキャラクターで、
地球人の少年スパイクの良き相棒として活躍。
ミニボットらしい小ささやその愛嬌のある姿や性格で、サイバトロンのマスコットキャラの様な存在でしたね。
(たまに口が悪くなるのはご愛嬌)
実写版でも主役級として活躍し、
話せないのでジェスチャーなどでサム達とコミュニケーションをとる姿が大人気に。
バリエーション違いなどを含めると、
実写版のバンブルビーだけでも数え切れないぐらいの商品が世に出回っていますね・・・
そんなバンブルビーですが、特撮リボルテックらしく造型はかなり細かい部分まで再現されています。
あの複雑な劇中CGをよくここまで再現したなぁと関心しきり。
塗装は結構当たり外れの幅が大きいので、それは注意した方が良いかと・・・

特撮リボルテック バンブルビー0
背面です。
メカがビッシリとモールドされており、背中にある特徴的な羽に見立てたドア部分も再現。
何気に足の部分は可動パーツがかなり多いのですが、
ちょっとバランスを取るのが難しい印象を受けました。

特撮リボルテック バンブルビー1
しかし造型はかなり劇中のCGに似ており、胸部デザインからして今回のバンブルビーは、
3作目に登場したバージョンという事になるんでしょうね。
変形機能が無い変わりに、本当に細かい部分まで作り込まれています。

特撮リボルテック バンブルビー2
頭を差し替える事により、バトル時に顔を覆い隠すフェイスガード展開時を再現出来ます。
こうなるとマルハナバチ(バンブルビー)らしさが増しますね。

特撮リボルテック バンブルビー3
肩部分のパーツを展開すると、小型カノン発射形態を再現出来ます。
こちらは差し替え無しの、正真正銘の「トランスフォーム」。

特撮リボルテック バンブルビー4
右腕パーツを差し替える事により、プラズマキャノン展開時の姿にする事が出来ます。
バンブルビーの主要武器であり、これで数々の敵を葬ってきました。

特撮リボルテック バンブルビー5
残念ながら発売済みのオプティマスはバンブルビーと同じ大きさの為、劇中通りのスケールとはいきませんが、
トランスフォーマーの玩具における「デラックスクラス」とはほぼ同サイズなので、
そちらのキャラクター達と組み合わせて遊ぶ事が出来ます。
という訳で映画1作目にてバンブルビーと死闘を繰り広げた、
悪のポリスカーことディセプティコンのバリケードと組み合わせ。
やはりサイズはほぼピッタリでした。

特撮リボルテック バンブルビー6
可動範囲などはそれなりに。
リボ球が各パーツの重さにやや負け気味なのが気になりましたが、
発売済みのオプティマスを気に入った方なら大丈夫なんじゃないかと思います。
あとはメガトロンが出そうな気がしますが、果たして発売するのでしょうかね~?
(そもそも毎回姿が違ったので、出るならどの姿をチョイスするのやら)

<個人的メモ>
メダロットシリーズの最新作である「メダロット7」が、ニンテンドー3DSで9月に発売決定。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(1)|19:02
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ