大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

【ゆっくり劇場】オリジナルウルトラマン「サークルvsクロス」予告編

という事で、予告通り本日二回目の記事更新になります。
http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1296.html
http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1297.html
http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1309.html
↑にある通り、過去の記事で触れていたニコニコミュニティ「ウルトラサークル」のオリジナル企画、
「ウルトラマンサークルVSウルトラマンクロス」の予告編が完成し、ニコニコ動画にアップされました!


(↓のリンクから動画へと飛べます)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19471558
ウルトラマンサークルVSウルトラマンクロス予告編
・・・という事で、画像にある通り私まなしなもクレジットされていますw
画像にあるキャラは私が動画用に描いたものになっていますが、
まだ仮デザインみたいなものなので気にしないで下さいw
(他の方々のイラストも同様です)

投稿者はドド助さんとなり、私ではありません。
ですが私も関わった作品なので、今後もこうやって自分が投稿した動画と同様に、
ブログでは取り上げて行きたいと思っていますので、どうぞ宜しくお願い致します。


中心スタッフ一覧
MANA RX-F91 :「ウルトラサークル」のコミュニティーオーナー。
ドド助 :動画初投稿の投稿者&ストーリーや設定を担当したニコ生ペロリスト。
hiroaki :かつてニコ動にハンマーブームを巻き起こした元凶であり、兵器デザイン&戦闘機3D化担当。
まなしな :ここのブログ主で、ウルトラ怪獣のゆっくり解説動画の投稿者。ウルトラマン&怪獣デザイン担当。
椎名美月 :滑り込みで駆け付けてくれた絵師様。防衛隊メンバーイラスト担当。
本職HP→http://rukashiina.web.fc2.com/
ブルーレット奥田 :凄いスペックをお持ちであらせられる、防衛チーム兵器関連のイラスト担当。
本職HP→http://pygmalion-mokei.sakura.ne.jp/


デザイン関連は、ニコニコ静画で様々な方から募集したものをベースに、
中心スタッフがあれこれとアレンジさせて頂いております。
誰が選ばれた等、詳細は動画が投稿されて行くにつれて判明するので、どうぞお楽しみに・・・

本日でウルトラサークルは開設4周年となりました。
4歳のお誕生日、おめでとう!
この後、恐らく午後8時ぐらいからニコニコ生放送で4周年記念おめでとう枠を取る予定です・・・
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|19:20

児童誌より、いよいよ明日から・・・

てれびくんとテレビマガジンを購入して参りました。
てれびくんにはオマケDVDが付属しており、
ウルトラマン情報はウルトラマン列伝のウルトラゼロファイト第一部がダイジェスト映像として収録。
ウルトラマンゼロこと、宮野真守さんの新規ナレーションで振り返るという趣向です。
そして最後にはyoutubeでも流されている、ウルトラゼロファイト第二部の特報も入っていました。

DVDにはトランスフォーマープライムの特別映像も収録されており、
スタースクリームの新規ナレーションで今までの名バトルシーン等を紹介してくれています。
まんま本編通りのスタースクリームなので、面白おかしい所が多くて笑いましたw
そして今後の予告として、サイラスブレークダウン、ショックウェーブ、スモークスクリーンも映像でチラ見せ。
後者二人の声優は誰になるんだろう・・・?

雑誌部分ではウルトラゼロファイト第二部の特集が始まり、
ヒッポリト星人地獄のジャタールによってブロンズ像にされたミラーナイトとグレンファイヤーの姿が!
ゼロも腕をブロンズで固められ、ピンチになった所をストロングコロナゼロの力で反撃といった流れですね。
しかしブロンズ像にされた二人のポーズがあまりにも変すぎて笑ってしまいましたw
またミラーナイトに新たな面白ポーズ伝説が増えてしまう・・・
テレビマガジンの方ではウルトラの母に化けたジャタールがゼロを騙すという展開が紹介されていますが、
それが本編に反映されるかどうかはまだ不明ですね。

そして次号予告では、「ウルトラエッグを手にした謎のヒーロー現る!?」という事で、
どう見てもウルトラマンナイスである「ドクターエッグ」が初お披露目となる予定です。
果たして雑誌展開だけなのか、映像作品にも進出するのか?
「お正月だよ!ウルトラマン全員集合!!」に合わせてナイスの限定ソフビも発売されますし、
来年はナイスが久しぶりに目立つチャンスが訪れるのでしょうかw

もし予定通りであれば、本日中にもう一度記事を更新するかもしれません。
そしていよいよ明日から、私の投稿している「ゆっくり霊夢とやる夫が学ぶ ウルトラ怪獣大百科」が再始動。
明日の早朝に投稿する予定となっていますが・・・果たして起きられるかどうかw


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(6)トラックバック:(0)|16:03

恐怖の円盤生物フィギュアシリーズ! アブソーバ

私が所持している円盤生物のフィギュアを紹介する、不定期コーナーの第5回目となります。
第5回目はこちらのキャラクターをご紹介します。

円盤生物 アブソーバ
円盤生物 アブソーバ 超闘士激伝
ブラックスターから飛来した円盤生物第3号であり、クラゲに似た形状をしています。
普段は小型状態になって動物好きな子供の下で潜伏をし、
破壊活動をする際は巨大化して触手から噴き出す火炎を武器に大暴れをしました。
石油が好物であり、体内から管を伸ばして石油を食べる描写もなされています。

シルバーブルーメと共に、非常に円盤生物らしいフォルムをしているアブソーバも商品化されています。
まずはガシャポンのウルトラマン超闘士激伝で商品化されており、
デモスの時と同様、円盤生物5種類セットの中の1体として登場しました。

円盤生物 アブソーバ 超闘士激伝0
こちらは裏面となっています。
商品自体がかなり小さいので写真が撮り辛い・・・
特徴的な触手もしっかり再現されております。

円盤生物 アブソーバ 怪獣郷
こちらはやまなや(旧:円谷コミュニケーションズ)の、
怪獣郷シリーズで発売されたアブソーバとなっています。
触手のボリュームが中々のもので、見た目以上に存在感のあるレトロ風ソフビ人形となっていました。

円盤生物 アブソーバ 怪獣郷0
正面から。
劇中をイメージしたカラーリングなので、レトロ風と言われてもあまりピンと来ないかもしれないですね。
赤い成型色にメタリックブルーの塗装が映えていて中々綺麗です。

円盤生物 アブソーバ 怪獣郷1
こちらは上から。
頭頂部にある赤い部分もしっかり再現されていますね。
しかしこう見るとやはり「円盤」がモチーフなんだな~と改めて気付かされますね。

円盤生物 アブソーバ 怪獣郷2
一番前にある大型の触手には可動軸が設けられており、この様に前に向かって伸ばす事も可能となっています。
劇中ではこれを巻き付けたり、ここから火炎を出してウルトラマンレオを苦しめていましたね~
こういう遊び心のあるギミックは私は大好きですw

以上が私が所持しているアブソーバのフィギュアになります。
恐らくこの他にフィギュアは商品化されていない・・・はず。
(オレンジ色のアブソーバの色違いソフビなんかはありますが)


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|16:28

ゆっくり霊夢とやる夫が学ぶ ウルトラ怪獣大百科 第一部を振り返る

早いもので、今週末にはもう年末も間近となる12月となります。
今年の始めの頃より「ニコニコ動画」にて何か動画製作が出来ないかと思い始め、
色々と考えて行く内に私に出来る事と言えば、やはり怪獣解説だろうという考えに落ち着きました。
そこで私が日頃から楽しんでいた「ゆっくり解説」と「やる夫で学ぶシリーズ」を元に、
ウルトラマン等のウルトラシリーズに登場する怪獣解説動画を作ろうと決意。
そこから動画編集の勉強等を始めて行き、
内容やキャラクター設定も考えた上で夏らしくなってきた6月29日にpart1を投稿したんですよね。

最初はゆっくり解説だし、そこまで爆発的に伸びないだろうという気持ちだったのですが、
気付いてみれば今や再生数3万7000超え、コメント数2000超え、マイリスト数1400超えという、
私が予想だにしなかった反響ぶりに正直驚いております。
更に私を「お気に入りユーザー」に登録して下さった方々も2000人を突破!
見たり登録して下さった皆様には、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。

それから新作partを何度も投稿し、何とニコニコ大百科に本シリーズの記事まで製作して頂きました。
私から頼んでもいないのに作って頂いた事実にもビックリ。本当にありがとうございます。


その後、現在も進行中である番外編
「【実験作】 ゆっくりとやる夫がプレイする ウルトラ怪獣TRPG」もスタート。
クトゥルフ神話TRPGをベースにしたルールの簡略化や、
私の大好きなクレヨンしんちゃんとのコラボ等、趣味丸出しな内容にも関わらず、
こちらも多くの方々に見て頂いている様でありがたい限りです。
このTRPGシリーズも本編とちゃんとリンクしている設定で、
最終回でどの時系列に組み込まれるかを発表する予定です。

他にも不定期ながら「ニコニコ生放送」を始めてそこで怪獣談義や様々な趣味の話題をしたり、
古今東西、怪獣好きが集う場という怪獣ニコニコミュティも設立。
こちらも多くの方々に参加頂いております。
そしてウルトラマン好きが集うコミュニティであるウルトラサークルの方では、
生放送をされているドド助さんやhiroakiさん等、多くの方々と知り合う事も出来ました。
更にウルトラサークル4周年設立記念作品として製作中の、
ニコニコ動画オリジナルウルトラマン作品の制作にも私は怪獣やウルトラマン関連の担当者として関わる事に。
まさか自分なこんな事をやるなんて思いもしませんでしたが、
今は楽しみながら色々とイラストを書いている最中でございます。
ちなみに動画製作は私ではなく、ドド助さんが誠意製作中。公開をお楽しみに!(とハードルを上げてみる)

イラストと言えば、pixivの方で私の動画をモチーフに、イラストを描いて下さった方々もいらっしゃいました。

http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=30684878
「ほわわっと」さん作:「学ぶ!怪獣大百科!!」


http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=31770484
「D×3」さん作:「ゆっくりとやる夫が学ぶ ウルトラ怪獣大百科!!」


http://seiga.nicovideo.jp/seiga/im2437866
ニコニコ静画より、「よしだ」さん作:「先生をお助けするゾ!」

この場を借りてお礼申し上げます。本当にありがとうございました!


動画の方はpart21で第一部完結という事で、第一部ではこれだけの怪獣を取り上げました。
・part1
凶暴怪獣 アーストロン 『帰ってきたウルトラマン』
・part2
戦車怪獣 恐竜戦車 『ウルトラセブン』
侵略宇宙人 キル星人 『ウルトラセブン』
伝説聖獣 グラルファン 『ウルトラマンコスモス』
・part3
一角超獣 バキシム 『ウルトラマンA』
・part4
円盤生物 シルバーブルーメ 『ウルトラマンレオ』
・part5
破滅魔人 ブリッツブロッツ 『ウルトラマンガイア』
地殻怪地底獣 ティグリスII 『ウルトラマンガイア』
二次元怪獣 ガヴァドン(A) 『ウルトラマン』
二次元怪獣 ガヴァドン(B) 『ウルトラマン』
・part6
人間怪獣 ラブラス 『ウルトラマン80』
タコ怪獣 ダロン 『ウルトラマン80』
吸血怪獣 ギマイラ 『ウルトラマン80』
・part7
吸金爆獣 コッテンポッペ 『ウルトラマンゼアス』
慢性ガス過多症宇宙人 ベンゼン星人 『ウルトラマンゼアス』
・part8
マーキンド星人 『ULTRASEVENX』
・part9
(ウルトラマンフェスティバル2012をプチ紹介)
宇宙大怪獣 ムルロア 『ウルトラマンタロウ』
宇宙蛾 スペースモス 『ウルトラマンタロウ』
宇宙犬 ウルトラ・ラビドッグ 『ウルトラマンタロウ』
・part10
宇宙有翼骨獣 ゲランダ 『ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ 光の星の戦士たち』
・part11
ビースト・ザ・ワン(イドロビア) 『ULTRAMAN』
ビースト・ザ・ワン(レプティリア) 『ULTRAMAN』
ビースト・ザ・ワン(ベルゼブア) 『ULTRAMAN』
ビースト・ザ・ワン(ベルゼブア・コローネ) 『ULTRAMAN』
・part12
油獣 ペスター 『ウルトラマン』
油獣 パワードペスター 『ウルトラマンパワード』
・part13
宇宙星獣 ガルバドス 『ザ☆ウルトラマン』
植物怪獣 グリンショックス 『ウルトラマンUSA』
・part14
光波宇宙人 リフレクト星人 『ウルトラマンメビウス』
・part14.5
番外編の怪獣ソフビ人形の歴史解説回
・part15
宇宙鉱石怪獣 ドレンゲラン 『ウルトラマンネオス』
スシ大好き遊星人 ウニトローダ 『ウルトラQ dark fantasy』
宇宙怪獣 サビコング 『ウルトラQ dark fantasy』
・part16
変身生命体 ベロニカ 『ウルトラマングレート』
変身生命体 リュグロー 『ウルトラマングレート』
・part17
宇宙化猫 タマ・ミケ・クロ 『ウルトラマンマックス』
・part18
反重力宇宙人 ゴドラ星人 『ウルトラセブン』
・part19
メカロボット怪獣 メカゴモラ 『ウルトラ銀河伝説外伝 ウルトラマンゼロVSダークロプスゼロ』
・part20
火星怪獣 ナメゴン 『ウルトラQ』
くいしんぼう怪獣 モモザゴン 『ウルトラマンナイス』
あばれんぼう怪獣 ブルブルザゴン 『ウルトラマンナイス』
・part21(終)
炎魔人 キリエル人 『ウルトラマンティガ』
炎魔戦士 キリエロイド 『ウルトラマンティガ』
炎魔戦士 キリエロイドⅡ 『ウルトラマンティガ』

第一部はメジャー怪獣等よりも、まずは主要ウルトラ作品を全て取り上げた上で、
その中でも個人的に印象的だったキャラクターをチョイスする方針でした。
メジャー怪獣が少ない中、それでも見て下さった皆様には感謝の気持ちでいっぱいですw
第二部は何とかメジャーキャラクターを取り上げる機会を増やす予定ではありますが・・・

その第二部は、今週末となる12月1日の早朝に投稿を予定しております。
果たして何を取り上げるのか、どうぞお楽しみに・・・w


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(8)トラックバック:(0)|14:03

まさしく「ウルトラの奇跡」

yahooのトップニュースにもなっていて驚きましたが、
昨日の夕方にウルトラマンガイアの我夢役を演じられた吉岡毅志さんに、
待望の第一子が誕生されたとの事です。
http://www.yoshiokatakeshi.com/diary/index.html

娘さんの誕生そのものも大変おめでたい事なのですが、ツイッターの方では驚くべき情報も・・・
同じくガイアに出演され、ウルトラマンアグルや藤宮役を演じられた高野八誠さんからも、
ツイッターにてお祝いのコメントが寄せられております。
この2人は劇中でも良きライバルとして描写されていましたが、
私生活の方でも家族ぐるみの付き合いを続けており、
ガイア以来の親友としてお互いを認識しているのは有名なお話ですよね。
そしてそのお祝いのコメントなのですが・・・

https://twitter.com/hasseijackson
高野八誠‏@hasseijackson
おめでとう!
ということで、今日はウルトラファミリーの日と勝手にきめさせていただきます。
家の娘とたけちゃんの娘と太陽の子とつるの君の妹の子?
誕生日一緒なんてウルトラミラクルでしょ。


なんと吉岡さんの娘さん、高野さんの娘さん、杉浦太陽さんのお子さん、
そしてつるの剛士さんの妹のお子さんの誕生日が同じ日だというのですw
この偶然の一致はまさしく「奇跡」としか言い様がありませんね。
ちなみにつるのさんと杉浦さんも普段から付き合いのある友人という事で、
ウルトラマンを演じられた方々の間にも深い縁があるという中でのこの新情報。
うーん、ウルトラマン達が陰ながら祝福してくれているのかも・・・

来年はウルトラマンガイア放送15周年という事ですが、
ウルトラマン列伝への出演決定や娘さんの誕生など、吉岡さん周りのニュースが明るくて嬉しいですね~


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(8)トラックバック:(0)|18:49

ウルトラゼロファイトがソフト化決定&あの宇宙人が商品化

毎月恒例のフィギュア王やホビージャパン、電撃ホビーマガジンが発売されております。
トランスフォーマーは1月に発売が延期になったマスターピースのサウンドウェーブ、
プライムの新商品であるレオプライム、ウルトラマグナス、ショックウェーブが中心でしたね。
他にも各種キャンペーン情報や、
ビークールやトランスフォーマーGT、ジェネレーションズ等新商品情報も満載でした。
ジェネレーションズは2月からブルーティカスに合体可能なコンバッティコンズが出るので、
そこからが本番と言った感じでしょうか。

ウルトラマン列伝情報は、映画「ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ 光の星の戦士たち」へと突入。
第一章「心なき光」、第二章「恐怖の影」、第三章「ダイナ死す」、第四章「蘇る光」と、
12月は全てこの映画の分割放送となっております。
そして第一章の放送時に「ウルトラゼロファイト第二部」の特別予告編を放送。
その翌週からウルトラゼロファイト第二部が本格的に始動といったスケジュールになっております。
ちなみにこの後は映画「ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ&ウルトラマンガイア 超時空の大決戦」、
そしてもう1本の映画作品を放送予定という事なので、
春先まではウルトラマン列伝が映画祭りになりそうですね。
当然、何時も通りに毎週金曜日からyoutubeで無料配信も行うという事だそうです。

さて、そのウルトラゼロファイトもソフト化される事がフィギュア王の記事にて明かされていました。
まずは第一部と第二部を分けてレンタルソフトとして製品化し、
その後に第一部と第二部を纏めて1本のソフトとして商品化する予定になっているそうです。
発売時期は未定ですが、恐らく春~初夏までには出る事になるのではないでしょうか?
最近の傾向だと、ブルーレイとDVDの同時発売といった感じになりそうですね~

玩具情報では、ウルトラエッグの新商品である「超絶変形 DXエッグベース」特集が。
基地に変形したり、巨大ロボット怪獣になったりとかなり豪華な仕様になっており、
初回特典として「ウルトラエッグ ツインテール」が付属する事も公式で初発表となっています。
このツインテールは裏返しにすると、他のエッグを運べる運搬車輌に変形可能な優れもの。
エッグベースを買わないと入手出来ない特別エッグなので、エッグベースも購入しようかどうか迷っています。
他にも以前のイベントで展示されていたULTRA-ACT(ウルトラアクト)の試作品も、
フィギュア王に特別撮りおろし掲載されていましたね。

そして以前の記事でも触れた、「HGエイチジーヒーローズ ウルトラマン」の第3弾の情報も解禁。
既に公開されているマントを羽織ったウルトラマンゼロ、
バリエーション違いのストロングコロナゼロ、ルナミラクルゼロ、
バルタン星人2代目、バージョン違いの胸開きver.、重塗装ver.、3代目ver.、
キーラ、バージョン違いの眼閉じ&八つ裂き光輪付属ver.の製品見本が掲載されていましたが、
前回のペダン星人と同じく、レアアイテムである「初立体化の宇宙人」も掲載されておりました。
HGヒーローズ ゼラン星人
それは何と、宇宙怪人 ゼラン星人でした!
帰ってきたウルトラマンに登場し、囮怪獣プルーマを操ったり、障害児に化けてMATを欺いたりと、
シリーズ中でも屈指の陰湿な作戦を実行したあの宇宙人がまさかの商品化w
劇中同様、子供に化けて顔だけ本性を表した姿を立体化していますね~
(最も、姿を表したのは首を撃たれて死亡するシーンでしたが・・・)
元々が子供サイズなので、
このフィギュアのサイズも他の人型キャラクターに比べると小さめに造型されているそうです。
しかし封入率が極端に少ないレアアイテムとはいえ、これを手に入れた人はどう思うんでしょうかね・・・w

更にHGシリーズから続く「ウルトラマン&ウルトラセブン怪獣コンプリート計画」についても、
来月の雑誌類でその続報が公開されるそうです。
以前(と言っても5年以上前ですが)に公式で発表された残るキャラクターは、
ケロニア、再生ドラコ、サイゴ、プラチク星人、リッガー、ザンパ星人、ペテロ、ノンマルト、ガイロス、
ゴーロン星人、フック星人、ゴース星人といった面々。
これらが何らかの形で補完されるみたいなので、
ずっと集め続けていた方々にとっては朗報なのではないでしょうか?
特にウルトラマン怪獣はコンプリートまで秒読みとなっていますし、是非実現して貰いたいものです。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(7)トラックバック:(0)|00:28

ウルトラエッグ ナース

昨日より発売された、ウルトラエッグの新商品をご紹介します。
今回もまたウルトラエッグに新たな「傑作」が誕生しました。

ウルトラエッグ ナース
ウルトラエッグ ナース
ウルトラセブンに登場した、ワイルド星人操る宇宙竜ナースがウルトラエッグ化となりました。
黄金に輝く細長い体が特徴的で、ソフビ人形も売られ続けている人気キャラクターですね。
EG(エッグ)モードでは金属的な質感が中々かっこいい姿になっております。

ウルトラエッグ ナース0
変形途中です。
卵をどんどんと展開させて行く事で、あの独特のスタイルへと変身して行くのが凄い・・・

ウルトラエッグ ナース1
こちらがナースのAT(アタック)モードとなっております。
竜の様な細長いスタイルを見事に再現しており、その長さはウルトラエッグのエッグモード5個分ほど!
あの小さい卵型からここまで長くなるという事実にただただ驚くばかりw
卵の内側にもナースのディテールがしっかりとモールドされており、手抜き感は全くありません。

ウルトラエッグ ナース2
顔付きもしっかり再現されており、口も可動するというオマケ付き。
体型が少し変とはいえ、もうこれはアクションフィギュアを名乗っても良いんじゃないでしょうかw

ウルトラエッグ ナース3
独特の変形方法のお陰と、一部パーツが可動する事によりある程度ポーズを付ける事も可能となっています。
動く方向がある程度限定されていますが、それを逆手にとって色んなキャラクターに巻き付く事も可能!
このナースを設計した人は、
トランスフォーマーを発売し続けているタカラトミーに入ってもきっと大活躍出来るんじゃないでしょうかw
それぐらいプレイバリューが高いので驚きましたよ。

ウルトラエッグ ナース4
流石に円盤形態にはなれませんでしたが、エッグモードから顔だけ出して謎の新モードには出来ますw
というか、卵を逆さにしても自立するってどういう事なの・・・
もう今回ばかりはあらゆる所をベタ褒めするしかありません。

以上がナースの簡単なレビューになります。
各パーツは簡単に切り離す事が出来るので、セブンにやられてバラバラになった姿なんかも再現が可能です。
まさしく至れり尽せりなプレイバリューの高さにも関わらず、価格は他のエッグと同じく据え置き!
キングジョーもそうですが、ウルトラエッグは特にロボット怪獣と相性が良いのでしょうかね~
来月のメトロン星人も傑作の予感がするので、発売がとても楽しみです。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|03:12

【動画投稿】 ゆっくりとやる夫がプレイする ウルトラ怪獣TRPG その7

※第1話目やクトゥルフ神話TRPGの基本ルール紹介はこちらの記事となっています。
http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1232.html


ウルトラ怪獣TRPG動画の第7話目が完成し、ニコニコ動画へと投稿しました。
(↓のURLよりその動画へ飛べます)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19422385
ゆっくりとやる夫がプレイする ウルトラ怪獣TRPG7
7話目は、前回に引き続きユートム軍団との戦闘パートになっております。
何故ユートムをチョイスしたのかと言いますと
・人間と同じサイズだから
・量産型なので雑魚キャラクターにピッタリだったから
・知能の低いロボットなので倒しても罪悪感があまり無いから
・攻撃力も防御力も人間相手で何とかなるレベルだから
・未だに主の正体が不明なので、色々と使いやすかったから
等といった理由がありますw

そして次々と人間を蒸発させていた黒幕も遂に登場。
まぁpart1の時点から多くの方に見抜かれていた訳ですが・・・w
恐らく皆さんの予想通りだったのではないでしょうか?
(蒸発させる方法や施設の内装のデザインがまんまですしねw)

ちなみに、本シリーズに登場した怪獣は
TRPG終了後に、ウルトラ怪獣大百科内にて解説予定
となっております。
詳しいお話などはそちらで行う予定なので、今はTRPG動画が終わるまでお待ち下さい。
そしてウルトラ怪獣大百科の最新動画は、いよいよ来週の土曜日に投稿予定となっております。
あと1週間、こちらの方もお待ち下さいませ・・・

今回の動画も面白いと感じて頂ければ動画へのコメントや、「マイリスト登録」をして頂けると嬉しいです。
では、お楽しみ下さいませ~


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(9)トラックバック:(0)|00:33

ウルトラマン列伝 第73話&ネット配信開始

ウルトラマン列伝 タイトル
昨日に、第73話が放送されました!
第73話 「ウルトラマン80登場!まぼろしの街!!」
ウルトラマン80第5話「まぼろしの街」の内容を放送しました。

今日も夜遅くまで学校でテストの採点をしている、桜ヶ岡中学校の教師である矢的猛先生。
終電の時間が近付き、残りのテスト採点は自宅でやる事にするのでした。
しかし終電を逃してしまい、仕方なく校舎で泊まろうとするのですが・・・
ふと空を見ると、何時もと星座の位置が違っている事に気が付きます。
不思議そうにしているとそこにお客が乗った電車が来たので、
これが本当の終電なんだと喜んでその電車に乗る矢的先生でしたが・・・
乗客はみんな反応が無く、そのまま終点の駅で下ろされる事に。
見た事が無い街に戸惑う矢的先生でしたが、タクシーを拾って自宅まで戻る事にするのでした。
しかし乗っても同じ所にまた辿り着いてしまい、不審に思った矢的先生を連行しようと2人の人間が出現。
その2人は矢的先生の正体がウルトラマン80である事を知っており、
バム星人であるその正体を明かし矢的先生は格闘で彼らの攻撃を凌ぎます。
しかし80に変身しようとしても道具が作動せず、銃で撃たれてしまい腕を負傷してしまうのでした。
傷の手当をしていると、目の前の倉庫から全身が銀色に光る巨大なロボット怪獣が出現!
そのロボット怪獣、メカギラスはそのまま煙の様に消えてしまい、
矢的先生はUGMに連絡をするのですが、異空間に居る為に通信が出来ないのでした・・・

翌日、学校では矢的先生が蒸発したという話題で持ちきりに。
校長先生もUGMに連絡をするのですが、オオヤマキャップもその事実を知らないままでした。
そこにメカギラスが出現し、レーダー基地を襲撃。
迎撃に向かったUGMでしたが、攻撃を加えるとメカギラスはたちまち姿を消してしまい、
今度は別の基地に現れて攻撃を仕掛けるという戦法に驚きます。
UGMはメカギラスを追って再び攻撃を開始。
メカギラスの顔の一部にダメージを与えると、再びメカギラスは姿を消してしまうのでした。
矢的先生はそれを見て、メカギラスはバム星人が自分のいる四次元空間から出撃させている事に気が付き、
バム星人達が電車に乗っていた乗客を操ってメカギラスを整備させている事を知ります。
オオヤマキャップや生徒達も行方不明になった矢的猛の身を案じており、
生徒達が矢的先生の名を叫ぶと、その声が四次元空間に居る矢的先生の耳にも通じ、
その声を辿って施設を進んでいくと、四次元空間やメカギラスを操っているバム星人の装置を発見。
銃を使ってその装置を破壊した矢的先生は、ウルトラマン80へと変身するのでした。

そこにメカギラスが立ちはだかり、ミサイル攻撃や四次元空間を利用したバリアーに80は大苦戦。
テレポート能力で攻められ続ける80でしたが、空に飛び上がってメカギラスの周囲で回転を開始。
メカギラスも80を追って首を回転させるのですが、80の連続攻撃を受けてしまいショート。
その隙に四次元空間を断ち切った80は、サクシウム光線を浴びせてメカギラスを破壊するのでした。
乗客達と共に、電車ごと元の世界に帰還した矢的猛。
UGMに後で事情を話すと伝えた矢的先生は直様学校に向かって生徒や先生達に詫びるのですが、
そこには怒り心頭の教頭先生の姿と、それを見て慌てる校長先生の姿が・・・
ウルトラマン列伝 メカギラス

ウルトラマン列伝では初放送となったウルトラマン80。
「エイティ先生」とファンの間では呼ばれている様に、中学校に勤めている序盤の教師編から放送となりました。
その中でもSF色が強く、特撮や合成の水準も高いメカギラス登場回をチョイスしたのは良かったですね。
ウルトラQの「あけてくれ!」を思わせる様なシチュエーションや、
ガイガンの鳴き声をしたメカゴジラそっくりのデザイン、超獣の様な異次元空間への離脱と、
色んな要素の良い所取りであるメカギラスは大好きなのでw
DVD版という事で映像の綺麗さや音質のクリアさも満足でした。
(一部シーンがカットされていましたが)

次回はウルトラマンメビウスのゼットン回という事で、メビウスの軽い総集編を放送予定です。
毎週行われているyoutubeのネット配信も開始されました。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(6)トラックバック:(0)|18:24

高山我夢がウルトラマン列伝に登場決定!

ウルトラマンガイアの主人公である、高山我夢を演じられた吉岡毅志さんのツイッターより、
ファンにとっては嬉しい情報が掲載されております。
http://twitter.com/takeshiyoshioka
ウルトラマン列伝 高山我夢
吉岡毅志‏@takeshiyoshioka
来年放送される『ウルトラマン列伝』のナビゲーターの我夢、撮影中。
お楽しみにー。


という事で、来年のウルトラマン列伝に我夢がXIGの制服を着て登場する事が決定致しました。
海外のウルトラヒーローショーでは最近でもXIGの制服を着られていましたが、
この制服でTVに出演されるのは何時ぶりになるでしょうか・・・w
恐らく来年にウルトラマン列伝内にで分割放送が予定されている映画作品、
「ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ&ウルトラマンガイア 超時空の大決戦」にて登場するのでしょう。
同時期にはウルトラゼロファイト第二部も開始していますし、
年末年始はウルトラマン列伝が更に盛り上がりそうですね~

来年はウルトラマンガイア放送15周年という事もあり、
列伝でもガイアが大きく取り上げられる事になるでしょう。
そのスタートに主役の我夢が登場というのは、本当に嬉しいファンサービスですね。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(8)トラックバック:(0)|20:12

アンドロメロスも単品DVDが発売決定!

アンドロメロス!
各所で告知されていましたが、グリッドマンに続いてアンドロメロスも単品DVDの発売が決定しましたね。
放送30周年を記念して、「ウルトラ1800シリーズ」での登場。
すなわち各巻が1800円で買えるという大変お得な仕様になっております。

定価:1,890円
発売日:1巻と2巻は2013/02/22、3巻と4巻は2013/03/22
収録時間:50分

元々帯番組だっただけに、1巻に15話収録というかなりのボリュームになっていますねw
アンドロメロス、アンドロウルフ、アンドロマルス、アンドロフロルが所属するアンドロ警備隊と、
モルド、ジュダ、ギナが率いるグア軍団の戦い。
マグマ星人やメカバルタンが登場したりとウルトラシリーズとの繋がりを垣間見せる要素もありますし、
実は全話を通して視聴した事が無かったので、この機会に私は集めてみようかな~と考えております。
何より安いですしねw

ソフビ人形のリメイク&新規キャラ発売、大怪獣バトルへの参戦、ULTRA-ACTでの発売と、
最近になって更に取り上げられ始めた作品ですし、皆様もこの機会にご視聴なさってはいかがでしょうか。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|21:10

エヴァQと同時上映中の「巨神兵東京に現わる」(視聴2回目)

巨神兵東京に現る
以前の記事でも触れた通り、私は今年8月の半ばに東京へ小旅行に行って参りました。
お目当ては毎年恒例の「ウルトラマンフェスティバル」だったのですが、
今年はその他にも、期間限定で開催されていた「特撮博物館」にも足を運ぶという目的もありました。
その模様などはその時の記事に記しましたが、
特撮博物館内で上映されていた短編特撮映像作品である「巨神兵東京に現わる」が、
昨日より封切られたアニメ映画作品「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」と同時上映する運びになったんですよね。

私は元々エヴァも最初から見に行くつもりだったのですが、
この巨神兵東京に現わるが同時上映になるという情報を聞いた時は、
また巨神兵の映画が見られるという事、そして特撮博物館よりも大きなスクリーンで見られるという事に興奮w
という事で、昨日は友人と一緒にエヴァQを見て参りました。

エヴァQは良くも悪くもエヴァらしい内容で、初見さんは意味不明になる事請け合いの内容でしたね。
「序」と「破」に続く第三作目という事ですが、今回は旧TVシリーズや劇場版を見ていないと、
ちょっと着いて来れない設定やお話が出てきたので、新劇場版しか見ていない方には辛いかもしれません。
しかし序盤の戦闘シーンや例の戦艦浮上シーンなど、
アクションシーンは相変わらずとんでもない気合の入りっぷりだったので大満足。
何時公開になるかは定かではありませんが、最終作の第四作目も楽しみになりました。

そのエヴァQの前に上映されたのが、上でも触れた巨神兵東京に現わるでした。
私は既に特撮博物館で見たので多少見慣れた感はありましたが、
今回の2回目の視聴時はパンフレットの解説やメイキング映像の内容が頭に入っていたので、
落ち着いて特撮の出来の良さを鑑賞しておりました。
そういう視点で見ても、ビル倒壊シーンや吹き飛ぶ街の描写、火薬の使い方などが上手いな~と関心。
爆発音などの効果音もやはり従来の東宝特撮のものを流用していましたし、
大スクリーンでアナログ特撮怪獣映画がまた見れたという事実に、ただただ感動していた私でした。

短編作品なので時間は短め(というかエヴァの前座ですし)ですが、
怪獣ものが好きな方は一見の価値がある映像作品だと自信を持って言えます。
エヴァを知らなくてこれだけ見に行きたいという方は、
映画1本分の料金を払ってまで見に行けとまでは言いませんが、
現状ソフト化が予定されていないですし、やはり大スクリーンで見てナンボだと思う訳で。
ストーリーは語り部の女性が進めるだけで人間キャラはモブだけになりますが、
後半5分間の怒涛の爆破&破壊っぷりは素晴らしいものなので、
これからエヴァQを見る予定の方は是非お楽しみ下さいませ。

ちなみにCGは合成や光線の作画などに使用しているのみで、
他はほぼ全てがアナログ素材で作られた特撮になります。
あのキノコ雲も?遠景から撮ったビル街も?火の粉の様なエフェクトも?
はい、全てがアナログ素材です。
その辺りは特撮博物館のパンフレットなりに詳細が掲載されているので、
知りたい方は何かしらの方法で入手して下さいませw
ちなみに製作スタッフは、
エヴァンゲリオンやウルトラマン、ゴジラ、ガメラなど様々な作品に関わられた方々で構成されています。
それに加えて巨神兵が登場する原案の「風の谷のナウシカ」の、
スタジオジブリも関わっているのだから面白く無い訳が無いという事で。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(1)|14:55

【動画投稿】 ゆっくりとやる夫がプレイする ウルトラ怪獣TRPG その6

※第1話目やクトゥルフ神話TRPGの基本ルール紹介はこちらの記事となっています。
http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1232.html


ウルトラ怪獣TRPG動画の第6話目が完成し、ニコニコ動画へと投稿しました。
(↓のURLよりその動画へ飛べます)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19370471
ゆっくりとやる夫がプレイする ウルトラ怪獣TRPG6
6話目は私の動画内では初となる、戦闘パートに突入しております。
戦闘ルール等についても細かく記してありますが、読みたい方は一時停止をしてご覧になって下さいませ。
そして戦闘パートという事で、敵キャラクターとして遂にウルトラ怪獣も登場しました。
そちらの紹介はpart7の記事にて軽く行う予定です・・・

また動画の説明部分でも触れている通り、「ゆっくり霊夢とやる夫が学ぶ ウルトラ怪獣大百科」の新作は、
12月1日の朝に投稿する事になりました。
それまでは、今しばらく過去の動画でも見ながらお待ち頂けます様、宜しくお願い致します。
ついでにご報告なのですが、ウルトラ怪獣大百科のpart1が3万5000再生を超え、
part18までの全ての動画が1万再生を突破致しました。
見て下さった皆様に、この場を借りてお礼申し上げます。

今回の動画も面白いと感じて頂ければ動画へのコメントや、「マイリスト登録」をして頂けると嬉しいです。
では、お楽しみ下さいませ~


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(10)トラックバック:(0)|02:35

ウルトラマン列伝 第72話&ネット配信開始

ウルトラマン列伝 タイトル
水曜日に、第72話が放送されました!
第72話 「エレキング来襲!奪われたマックススパーク!!」
ウルトラマンマックス第27話「奪われたマックススパーク」の内容を放送しました。

都内で発見された、意識を失った男性とその部屋にあった幼体エレキングの死体。
分析を進めたイトイガワは、エレキングの正体が人工的に作られたバイオメカニックである事を突き止めます。
かつて都市部で大暴れをしてマックスに倒されたエレキングも、実は何者かによって操られていた事が判明。
エリーは幼体エレキングから特殊な周波数の電磁波が微弱ながら発されている事を説明し、
DASH隊員は都内に潜伏している幼体エレキングの捜索に乗り出します。
しかし電磁波が弱く、場所を特定出来ないまま時間だけが経過してしまい、
カイトとミズキは一旦休憩を挟む事にするのでした。
ミズキはカイトにDASHに入った理由を尋ねるのですが、
カイトは自分が一番やり甲斐がある仕事だと思えたからと返します。
対するミズキはDASH以前からエースパイロットであり、
自分は入れて当然だと思っていた、もしかしたら思い上がっていたのかもしれないと話します。
そんな会話をしている最中にセンサーに幼体エレキングの反応が示され、
2人はとある地下にある怪しげな部屋へと足を踏み入れます。
ミズキはその部屋で皿の上に乗せられている幼体エレキングを発見するのですが、
特殊な電磁波の影響を受けて倒れてしまいます。
そこに現れたのが、カイトの事をウルトラマンマックスだと知る謎の美女2人組。
ピット星から来たと語る彼女達は、
カイトでは無く彼の中で眠るマックスに対して地球から手を引くように話すのですが、
普段はマックスの意識が表に出ていないと知るや否や、カイト隊員に対して攻撃を仕掛けます。
そして連続格闘攻撃でダメージを受けたカイトの胸から、マックススパークを奪い去るピット星人・・・

基地で手当を受けたカイトと、昏睡状態に陥ったミズキ。
イトイガワは生きているエレキングの幼体を分析した結果、
これらは人の脳波を奪い去って昏睡状態にしているのではと話しかけた瞬間に、
エレキングに操られたミズキの攻撃を受けてしまいます。
操られたままDASH基地を抜け出したミズキを追うカイト。
そして夜の街には巨大なエレキングが現れ、コバ、ショーン、ヒジカタ隊長が迎撃に向かいます。
一方、操られたミズキを発見したカイトでしたが、幼体エレキングの電撃攻撃を受けてしまうのでした。
ショーンとコバはエレキングの片方のアンテナを破壊しますが、
その時見えない宇宙船から攻撃を受けてしまい、コバ隊員の乗ったダッシュバードは墜落してしまいます。
カイトはダメージを受けながらも無理やり幼体エレキングをミズキから引き離し、
正気に戻ったミズキはカイトを助けようとするのですが、
カイトは自分は探し物がある上に、ミズキをエレキング迎撃に行く様に促すのでした。
躊躇っていたミズキもカイトの言葉を信じ、ダッシュバード3号でエレキングに立ち向かいます。

カイトはマックスになれない状況ながらも幼体エレキングに負けじと奮闘し、
エレキングが吸収していたエネルギーを逆流させ、ピット星人の円盤にそのエネルギーを向けます。
すると幼体エレキングは次々とショートし始め、消滅。
そのまま見える様になった宇宙船に向かうため、ダッシュアルファを飛行モードにして飛び立つのでした。
ミズキもショーンの援護に駆け付け、アクロバット飛行とビームとミサイルを連続で浴びせる事により、
エレキングを撃退する事に成功します。
カイトもダッシュアルファを乗り捨て、単身で宇宙船内へと潜入。
そこで本性を表したピット星人と格闘し、今度は本気を出したカイトが2人を撃ち抜いて勝利。
そしてマックスパークを手にしもう1体現れたエレキングに苦戦するミズキを、
ウルトラマンマックスの姿で救うのでした。
マックスは1度戦った相手だけにエレキングに対しては終始優勢であり、
最後はエレキングを宇宙に投げ飛ばした所で分身マクシウムソードを発射。
宇宙空間でエレキングは大爆発し、空へと飛び去るマックスを見て何かを感じるミズキ。
そこにカイトが駆け付け、彼女は嬉しそうに彼の元へと駆けていくのでした・・・
ウルトラマン列伝 宮野真守

ウルトラマンマックスの中でも、かなり演出に力が入っていたエレキング再登場回でしたね。
黒幕のピット星人が登場する事で、第2話の時点では不明だった謎が色々と明かされたお話でもありました。
このストーリーは大晦日に放送された事もあってか、
色々な所に気合が入っていて当時は興奮しながら見ていた記憶がありますw
カイトとミズキの関係も深まり、最終回に向けての下準備が始まった点も見逃せませんね。
グロテスクな幼体エレキングの描写もそうですが、全体的に湿っぽいトーンで統一していた点も好みでした。

今回のゼロのコメントはダンやカイトから変身道具を盗み出したピット星人に対し、
油断出来ない侵略者だぜ、と自分も気を付ける様に用心していたのが笑えましたw
そして画像の通り、最後には声を演じている宮野真守さんとの2ショットも披露!
新OP曲の発売を記念してのスペシャルショットでした。

次回はウルトラマン80より、メカギラス登場回を放送予定。
あのウルトラマン先生が、遂にウルトラマン列伝に登場します!
そしてyoutubeでも、期間限定で今回のお話を配信中となっております。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(8)トラックバック:(0)|20:35

レトロ系ソフビ人形 キングジョー

では、レトロ系怪獣ソフビ人形の記事となります。
今回取り上げるのは、こちらのキャラクターとなっています。

レトロ風ソフビ キングジョー
宇宙ロボット キングジョー
ウルトラセブンに登場した、ペダン星人の操るスーパーロボットですね。
今更解説する間でも無い超人気ロボット怪獣ですが、セブン放送当時からもちろん人気が高く、
マルザン(マルサン)やブルマァクから当時としては非常に出来の良いソフビ人形が発売されておりました。
今回ご紹介するのはブルマァクより発売された新商品である、
ウルトラセブン放送45周年記念商品でもあるキングジョー復刻版となっております。
(手元に届いたばかりなので、未開封品状態のものを撮影しております)

レトロ風ソフビ キングジョー0
造型は昔のものながら、塗装が実際のキングジョーに大幅に近付いた為に、
元々出来が良いとされていたマルザンのキングジョーが更に良い出来に見えますね~
(ちなみに、当時発売されていたものは白に近いグレーに赤の塗装といった感じでした)
特に胸の塗装パターンが細かいのが素晴らしい所でしょう。
今回発売されたものは、黄色成型色の上から部分的にシルバーとゴールドで塗装されているので、
とてもゴージャスに見える所も気に入りました。

レトロ風ソフビ キングジョー1
背面です。
後ろもちゃんと塗装されている点が、とても好感が持てますね~
この実際のキングジョーよりやや丸みを帯びている、愛嬌たっぷりのシルエットがたまりません。

ちなみに最近発売された「大人のウルトラ怪獣大図鑑」という書籍では、
ブルマァクの代表を務められている方のインタビュー記事が少しだけ掲載されており、
ソフビ人形を作っている工場の写真や、このキングジョーを生産している最中の写真が掲載されているので、
まだご覧になっていない方は一度お読み頂く事をお勧め致します。
ページ数は少ないのですが、ソフビ人形って職人の手作り商品なんだな~というのを改めて感じて頂けるかと。
ブルマァクはウルトラマンゼロ、ルナミラクルゼロ、ストロングコロナゼロという新商品もリリースしますし、
元祖と言えるマルサンと共にレトロ風怪獣ソフビ人形の代表として今後の展開も楽しみにしております。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|13:08

ウルトラゼロファイト版タイラント&デストロイア飛翔体!?

amazonにて、12月に発売されるウルトラ怪獣シリーズの新作ソフビ人形である、
ウルトラゼロファイト版タイラントの画像がアップされておりました。

タイラント ウルトラゼロファイト
以前の画像はボヤけていてよく細部が解らなかったのですが、
今回の鮮明な画像によって色々な発見がありますね。
まずはダークネスファイブと同じく、目が真っ赤になっている点!
まさかタイラントまでこの状態になっているとは思いませんでしたw
そして全体的な彩色は、劇中をイメージして薄暗い印象になっているんですね~
かなりダークな雰囲気を漂わせていてかっこいいじゃありませんか。
劇中ではテンペラー星人ヴィラニアスとタッグを組むという事で、
プレミアムバンダイで現在も予約受付中である、ダークネスファイブのソフビセットと共に是非並べたいですね。


そして先日行われた「ゴジラ誕生祭」というイベントにて、
S.H.MonsterArts(エス、エイチ、モンスターアーツ)の新たなる試作品が展示されていた模様です。
モンスターアーツ デストロイア集合体
まずは以前のイベントでも展示されていた、デストロイア集合体!
あれから開発が進み、関節部分の増加や塗装の違いなどが見受けられますね。
更に「第二の口」も付属するみたいなので、是非発売が決定して欲しい所です。

モンスターアーツ デストロイア飛翔体
そして初公開となったのが、こちらのデストロイア飛翔体!
やはりというか、モンスターアーツでも試作品が作られていたんですね~
何となくですが、集合体と飛翔体はもしかするとセット販売するのかも?
大きさそのものはジュニアと同じぐらいの小ささですし、有り得る話だとは思うのですが・・・

今月下旬のバーニングゴジラ、限定品として12月に発送予定のゴジラジュニア、
2月に発売予定のデストロイア完全体と、ゴジラVSデストロイアの主要キャラクターもほぼ揃いそうですね。
バンダイさん、集合体と飛翔体も是非商品化を!


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(8)トラックバック:(0)|20:12

ULTRA-ACTのウルトラマンジャック等が予約開始

3月発売分のバンダイコレクターズ事業部の新商品が予約開始となりました。
このブログでは発売当初から推しに推している、ULTRA-ACT(ウルトラアクト)の新作を取り上げます。

ウルトラアクト ウルトラマンジャック0
ULTRA-ACT ウルトラマンジャック
価格(税込): 3,675円
発売日: 2013年03月
■商品仕様
全高:約160mm
材質:PVC、ABS製
■セット内容
・本体
・ウルトラスパーク
・ウルトラランス
・ウルトラクロス
・ウルトラディフェンダー
・ウルトラブレスレット付左手首
・スペシウム光線
・交換用カラータイマー(赤ver.)
・交換用左手首2種
・交換用右手首5種
・支柱用ジョイントパーツ

ウルトラアクト ウルトラマンジャック1
帰ってきたウルトラマンこと、ウルトラマンジャックも3月にアクションフィギュア化する事が決定。
ウルトラ兄弟も着々とコンプリートに近付いていますねぇ。
今回はジャックの武器である、ウルトラブレスレットが変形した装備の数々が付属し、
スパーク、ランス、クロス、ディフェンダーの4種類が再現可能となっています。
ブレスレットの有無もパーツ差し替えにより選択可能ですし、初期の姿も再現が可能。
スタンドを使って、流星キックポーズをとらせるのも面白いかもしれませんね~
残るウルトラ6兄弟は、ウルトラセブンのver.2とウルトラマンタロウの2体のみ!


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(8)トラックバック:(0)|17:49

新作ゲーム「HEROES’ VS(ヒーローズVS)」が凄い!

何時ぶりになるか解りませんが、久々にゲームカテゴリーの新作記事となります。
ここ最近にウルトラマン、ガンダム、仮面ライダーが共演する懐かしのブランド、
「コンパチヒーローシリーズ」の新作であるダンジョンRPGの「ロストヒーローズ」と、
アクションゲームの「グレイトバトル フルブラスト」が立て続けに発売されましたが、
今回は最新作として3D格闘ゲームの「ヒーローズVS」が発表されました。

◆参考記事
電撃オンライン
HACK A GAME

登場キャラクター一覧(善)
ヒーローズVS
・ウルトラマンネクサス(声:川久保拓司)
・ウルトラマンメビウス(声:五十嵐隼士)
・ウルトラマンゼロ(声:宮野真守)
・ゴッドガンダム(声:関智一)
・∀ガンダム(声:朴ロ美)
・ダブルオーライザー(声:宮野真守)
・仮面ライダー電王(声:関俊彦、遊佐浩二、てらそままさき、鈴村健一)
・仮面ライダーW(声:桐山漣)
・仮面ライダーオーズ(声:渡部秀)

登場キャラクター一覧(悪)
ヒーローズVS0
・ダークザギ(声:???)
・エンペラ星人(声:内海賢二)
・カイザーベリアル(声:高塚正也)
・マスターガンダム(声:秋元羊介)
・ターンX(声:子安武人)
・リボーンズガンダム(声:蒼月昇)
・ネガ電王(声:緑川光)
・仮面ライダーエターナル(声:松本考平)
・恐竜グリード(声:神尾佑)


・・・何この凄い面子w
一応各シリーズの平成作品から引っ張ってきた感じですが、滅茶苦茶豪華な顔ぶれで驚きました。
特に声を務める声優さん!
善玉側は全員がオリジナルキャストという凄まじい事になっております。
ウルトラマンも仮面ライダーも主演俳優を声優として起用しているのが本当に凄い!
この手のゲームでは代役を立てられがちなので、快挙と言ってもいいぐらい凄い事ですよ・・・
ネクサスはジュネッスなのに孤門役の川久保さんですが、個人的には全然アリなので問題なし!
(最終回でも孤門がジュネッスに変身していますし)

悪玉側は残念ながらカイザーベリアルとエターナルが代役となっておりますが、
カイザーベリアルは玩具版などで代役を務められた方で、
宮迫さんに近い雰囲気の声を出している人なので個人的には形容範囲内ですかね。
ダークザギはまだ不明との事ですが、石堀役の人なのか代役になるのか気になる所・・・
何といっても嬉しいのは、久々に内海さんのエンペラ星人ボイスが聞ける事!
大怪獣バトルのゲーム以来になりますからね~

PVを見る限りでは、ゲームシステム等は「ディシディア ファイナルファンタジー」に近そうですね。
3D空間を縦横無尽に戦うゲームなので、個人的にはかなり期待しております。
一応ストーリーモードも存在し、
現在公開されている18人分の専用ストーリーがそれぞれ用意されているとの事。
悪役好きの自分にとってはとことんツボに入る要素が多いので、これは絶対に買います!
(ちなみに全て最新作が参戦していないのは、こういう共演ものゲームの定めなんですよねw
隠しキャラクターもどれほど居るのか気になる所・・・)

『HEROES’ VS(ヒーローズバーサス)』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PSP
■ジャンル:ACT
■発売日:2013年2月7日
■希望小売価格:6,280円(税込)



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(9)トラックバック:(0)|13:25

ウルトラエッグ ガンQ

もう今更感たっぷりになりますが、先月に発売されたウルトラエッグの新作も入手しております。
取り上げる機会が無かったので、今回はそれをご紹介したいと思います。

ウルトラエッグ ガンQ
ウルトラエッグ ガンQ
ウルトラマンガイアに登場した、
平成ウルトラシリーズを代表する名怪獣、ガンQもウルトラエッグ化となっております。
EG(エッグ)モードではご覧の通り、完全な卵型になっていますね。

ウルトラエッグ ガンQ0
トランスフォーム中・・・
卵の殻を割る容量で変形させていくのが面白いですね。

ウルトラエッグ ガンQ1
こちらがガンQのAT(アタック)モードとなっております。
元が元だけに、ウルトラエッグ化してもプロポーションはオリジナルとほとんど変わっていませんね。

ウルトラエッグ ガンQ2
しかし真横から見ると、完全に謎の物体にw
エッグモードがそのまま頭部になっているのがお分かり頂けるかと・・・

ウルトラエッグ ガンQ3
可動部分は両腕が水平に動き、足首が後ろに動く程度ですね。
腕は割と大きく動くので、表情は付け易いのではないかと。

ウルトラエッグ ガンQ4
実はエッグモードでもこうやって目のみを出す事も出来るので、
劇中に登場した第一形態っぽくする事も可能です。
中途半端に変形させても面白いですし、中々遊べる玩具でした。

次の新作はとても長く変形出来るナースという事で、そちらも発売を楽しみにしています。
ウルトラエッグはどんどん凝った変形に挑戦してきているので、これからの盛り上がりにも期待したいですね。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|16:49

ウルトラマン列伝 第71話&ネット配信開始

ウルトラマン列伝 タイトル
水曜日に、第71話が放送されました!
第71話 「ジャック大ピンチ!バルタン星人Jrの復讐!!」
帰ってきたウルトラマン第41話「バルタン星人Jrの復讐」の内容を放送しました。

夢の謎の声で目が覚めた次郎君は、建設中のビルに流星が落ち、
そこからバルタン星人の幻影が出現するのを見るのですが、それを郷に話しても信じてもらえません。
死んだ兄からの警告だと騒ぐ次郎君でしたが、
次郎君は熱があって寝込んでいる事もあり、郷は次郎君の夢だと言って信用しません。
そこで友達の進君に電話をかけて建築関係に強い彼に建設中のビルを調べてもらう様に頼み込み、
進君は進君の犬である五郎だけでそのビルに向かうのですが、
五郎は煙の様なものに引き込まれて姿を消してしまい、バルタン星人は進君に対して、
早くMATに連絡しろとメッセージを伝えます。
しかし電話に出た郷は進君の言う事も信用せず、次の日に進君一人で建築中のビルを再び訪れます。
当然、工事現場の人々も進君の言う事を信用しないのですが、
図面を読める進君は図面と違う作りである壁の事を指摘。
そして現場監督が目を離している隙に、進君も五郎と共にバルタン星人の人質になってしまうのでした。

現場に到着した郷と岸田隊員は壁に進君と五郎の影を見出し、
マットシュートも弾き返す壁の材質を見て次郎君の証言が本当だった事を知ります。
次郎君の夢の中で兄の声を聞かし、MATをおびき寄せるバルタン星人の作戦を見抜く郷でしたが、
次郎君が進君達を助ける為にビルへと向かい、郷も次郎君を呼び戻すために後を追います。
すると進君を誘拐した霧の様なものに郷は捕まってしまい、
MAT隊員総出で郷を助けるのですが、これを待っていたとバルタン星人は「ビルガモ作戦」を始動。
ビル内にMAT隊員を閉じ込めるのですが、郷は責任を感じて単身で窓ガラスを破ってビルの外にジャンプ。
足に更なる怪我を負ってしまいます。
その窓も閉じられてしまい、ビルは崩壊して巨大な構造物が姿を表します。
そして何処からか飛んできたパーツと合体し、ロボット怪獣ビルガモになるのでした。

頭部から光線を放って大暴れするビルガモに対し、郷は果敢に立ち向かうのですが、
瓦礫の下敷きとなってしまいウルトラマンジャックへと変身します。
人質を体内に収納しているビルガモに対して攻撃が仕掛けられないジャック。
しかし進君の証言で一部分の壁が地球製になっている事を知らされたMATは、
その壁を破壊して一人ずつロープを使って脱出。
ジャックがビルガモを羽交い絞めにしている間に、無事全員が脱出する事に成功するのでした。
人質が解放された事でウルトラマンジャックも反撃を開始し、
ウルトラブレスレットによってビルガモの手足は寸断。
大爆発するビルガモでしたが、その内部からは高笑いしながらバルタン星人ジュニアが登場!
勝負はまだ一回の表だと次なる侵略を予告しながら逃げさるバルタンでしたが、
ジャックはすかさずスペシウム光線を撃ち込み、バルタンは消滅してしまうのでした。
怪我をした郷も無事全員と再開し、次郎君の事を「次郎」と呼び、
疑った事を詫びて次郎の兄代わりではなく、これからは一番の友達として接する事を誓うのでした・・・
ウルトラマン列伝 ウルトラマンジャック

バルタン星人第三回目の挑戦は、自ら戦うのではなくロボット怪獣を使った人質作戦となりました。
親の敵を討つべく卑怯な手を使うのですが、建築関係に強い進君を誘拐してしまったのが敗因ですねw
MATを無力化してウルトラマンも手を出せない状況を作り出すまでは良かったのですが・・・
そして兄と姉を失った次郎君ですが、郷との関係が今回の話でハッキリする事になりますね。
しかしこういう話を見ていると、最終回の別れが更に悲しく・・・
新撮のジャックの勇姿も素晴らしかったです。

次回はウルトラマンマックスより、ピット星人&エレキング登場回ですね。
youtubeでも、期間限定で配信を開始しております。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(7)トラックバック:(0)|20:33

グローザ星系人&デスレ星雲人

ウルトラマン列伝の公式ブログにて、
改めてウルトラゼロファイト第二部に登場する敵キャラクター集団である、
「ダークネスファイブ」の残る2名が紹介されております。
既に雑誌や限定ソフビセット情報で知られているものになりますが・・・

ウルトラゼロファイト グローザ星系人グロッケン
まずはグローザ星系人・氷結のグロッケン
雑誌によっては「グロザ星系人」と紹介されているものもありましたが、
この「グローザ星系人」が正式な種族名みたいですね。
平成グローザム!
元はウルトラマンメビウスに登場した、エンペラ星人に仕える暗黒四天王の一人、
豪将グローザムと呼ばれる不死身の肉体を持つ宇宙人でしたが、
これはあくまで個体名なので正式な種族名は不明だったんですよね。
という事で、このグローザムも正式名称は「グローザ星系人・グローザム」という事にw

グローザムは完全に体を消滅させないといくらでも復活する肉体と、
ウルトラ戦士を簡単に凍り付かせる強力な冷気攻撃を武器としていましたが、
グロッケンも同じ種族という事で冷気攻撃が主体になるそうです。
果たして不死身の再生能力は持ち合わせているのでしょうか?
対するはウルティメイトフォースゼロより、
燃えるマグマのグレンファイヤーが立ち向かうという事で炎VS氷の戦いが見られる事でしょう。

ウルトラゼロファイト デスレ星雲人デスローグ
ダークネスファイブ最後の一人がデスレ星雲人・炎上のデスローグ
こちらの名称は雑誌などで公表されたものと同じですね。
平成デスレム!!
元はウルトラマンメビウスに登場した、エンペラ星人に仕える暗黒四天王の一人、
謀将デスレムと呼ばれる相手を陥れる作戦を得意とする宇宙人でしたが、
グローザムと同じく種族名は不明だったので、こちらの正式名称も「デスレ星雲人・デスレム」という事に。

デスレムは知略で相手を精神的に追い詰めてから、
あらゆる時空から火球を発射して相手を倒すという戦法を得意としていましたが、
今回のデスローグもデスレムと同じく炎を武器とする宇宙人との事。
対するはウルティメイトフォースゼロより、
鏡の騎士ミラーナイトという事でどんな戦いになるのか注目ですね。

今の所判明している組み合わせは、
ウルトラマンゼロVSキングシルバゴン、ウルトラマンゼロVSタイラント、
グレンファイヤーVSグロッケン、ミラーナイトVSデスローグですね。
タイラントはテンペラー星人のヴィラニアスとタッグを組むそうなので、
それもゼロが相手をするという事になるのでしょうかね?
ジャンボットとジャンナインも、残るメフィラス星人スライとヒッポリト星人ジャタールが相手なのか?
続報に期待しましょう。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(11)トラックバック:(0)|18:44

ニコニコ動画オリジナルウルトラマンを作ろう!(絵師さん募集中!)

◆※募集は終了しました◆



以前の記事にてお伝えした通り、
只今ニコニコ動画のコミュニティ「ウルトラサークル」において、
コミュ設立4周年企画のオリジナルウルトラマン作品を、
コミュニティメンバーや外部の皆様の協力の元に製作している最中となっております。

進行状況は設定が固まったので、ストーリー担当のドド助さんが只今それを纏めあげて、
脚本を製作している最中となっております。
また防衛チームの名前も決定しており、
国連直属対巨獣特殊部隊日本支部 Anti Giant Beast Special Force」、
通称「巨特隊」となっております。
防衛チームのイメージカラーは白地をベースに黄色と黒という事で、蜂や虎の様なイメージですね。

その巨特隊に所属するメンバーも、大よその設定等が固まっております。
巨特隊隊長(年齢55歳)
イメージ例:ガンダム0083よりアナベル・ガトー、鋼の錬金術師より大総統など
ベテラン戦士のウルトラマンクロスが変身している姿。
30年前の戦いで力を失ってるため、見た目がすごく老けている。
脱ぐと凄い筋肉質。
ルーキー(年齢20~23歳)
イメージ例:天地無用より主人公の天地など
新人戦士のウルトラマンサークルが変身している姿。
特徴の薄い、THE少年漫画の主人公キャラ的イメージ。
どちらかと言うと真面目君。
マッチョ(巨特隊副隊長)(年齢55歳)
イメージ例:鋼の錬金術師より肉屋のご主人、アレックス・ルイ・アームストロングなど
隊長と同期である旧友的なポジション。
とにかくマッチョ。
2児の父で、年下の美人奥さん有り。
お笑い(年齢24~27歳)
イメージ例:Gガンダムよりチボデー・クロケット(を少し肥やした感じ)など
チームのムードメーカー(たまに空気が読めない)。
出来るだけ陽気な感じがほしい。
いわゆるデブキャラ、でも痩せたらイケメン。
スナイパー(年齢25~29歳)
イメージ例:テイルズオブイノセンスよりリカルドなど
物静かでクールで無口な狙撃手。
いわゆるイケメン枠だと喜ばれるそうです。
癒し(年齢23~25歳)
イメージ例:テイルズオブアビスよりティア、初代ポケモンよりエリカなど
いわゆる防衛チーム内のヒロイン枠。
髪の色は黒髪orチョイ染まってる感じで。
キャラはお姉さんっぽい感じで、貧乳。
博士(年齢18~20歳)
イメージ例:ウルトラマンガイアの我夢など
防衛チームの頭脳。
性格は超常識人。
主人公と同じく他のキャラに比べると特徴が薄い感じで。

以上の7名が防衛チームに所属している面々となっています。
老け気味の隊長、新人隊員、巨漢の副隊長、お笑いデブ、寡黙なスナイパー、紅一点お姉さん、常識人博士、
といった感じになっていますね。


さて、ここからが本題なのですが・・・
只今、この各キャラクターを動画に使用するイラストとして昇華して頂ける、
絵師さんを募集しております。
・基本は立ち絵で、各キャラクターの表情(喜怒哀楽など複数)も欲しいです
・表情は顔を変えるだけでも結構です
・イラストは動画に使用するので、背景透過をやって頂けるとこちらとしては非常に助かります
・防衛チームの服装などはこちらである程度用意しておりますが、自作の隊員服込みで書かれてもOKです
・キャラの立ち絵以外にも、場面場面の一枚絵などを書いて頂く場合がございます
もし自分がやる!と言う方がいらっしゃれば、下の方にあるニコニコ静画のリンク先に投稿をお願い致します。

また、隊員などの詳しい設定をもっと聞きたい!という方がいらっしゃれば、
下記のドド助さんのメールアドレスに質問内容を記載してお送り下さいませ。
また、その際は必ず自分の名前も残して頂きます様、よろしくお願い致します。
ultra_dd_m78@hotmail.co.jp


更に以前の記事にてお伝えした通り、
・ウルトラマンサークルに関するあれこれ
・ウルトラマンクロスに関するあれこれ
・黒幕の侵略宇宙人(水中に生息していそうな嫌悪感溢れる姿)
・その宇宙人が乗る宇宙船
・爬虫類型の怪獣A
・昆虫や甲殻類、節足動物系の怪獣B
・その怪獣Aがサイボーグ化された姿(怪獣Bの一部パーツを使用予定)
・防衛チームのエンブレム
・防衛チームの銃など兵器類
・防衛チームの制服及びユニフォーム類
・防衛チームの主力戦闘機(複数機に分離可能)
といった設定イラストも随時募集中となっています。
これは11月18日に受付を締切予定となっているので、
それまでに投稿をお願い致します。

自分が書くと言って下さる絵師さんの募集先や、イラスト投稿先は、
下記の「オリジナルウルトラマンを作ろう」というニコニコ静画内の場所になっております。
そこでの投稿を、どうぞよろしくお願い致します。
http://seiga.nicovideo.jp/watch/sg44120
以前も書いた通り、イラスト等を投稿される際は必ず自分の名前をコメントに書いて下さいませ。

※採用されたオリジナルウルトラマンは、
とある方の手でULTRA-ACTを改造して、
アクションフィギュア化する予定となっております。


※採用された防衛チーム主力戦闘機は、
hiroakiさんの手により3D化する予定となっております。


※採用された怪獣や宇宙人は、
私まなしなの手でリファインする予定となっております。
また、投稿して頂いた怪獣や宇宙人イラストの全ても、
リファインして恩返しする予定となっております。





最後に大事な事なのでもう一度言います。
動画に使用する為のイラストを書いて下さる、
絵師さんを只今募集しております。

これが無いと動画製作は始まりません。
どなたか自分がやりたい!という方がいらっしゃれば、是非ご協力の程を宜しくお願い致します。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(6)トラックバック:(0)|02:02

ウルトラマン列伝 第70話&ネット配信開始

ウルトラマン列伝 タイトル
水曜日に、第70話が放送されました!
第70話 「明日への飛翔!メビウス対ベロクロン!!」
ウルトラマンメビウス第26話「明日への飛翔」の内容を放送しました。

リュウがバキシムに攫われた際に隊員服に付着していた異次元物質のサンプルを入手したGUYSは、
その物質を解析し、もし崩壊させる事が出来ればヤプールが作り出す異次元ゲートを封鎖出来るのではないか、
という考えの元にフジサワ・アサミ博士が主体となって研究を行っています。
更にトリヤマ補佐官達は、
GUYS隊員にフェニックスネストが実は変形する事でフライトモードになれる機能がある事を説明。
その主砲からフジサワ博士考案の「ディメンショナル・ディゾルバー」を発射する事で、
異次元ゲートを塞いでしまおうという作戦を始動します。
ミサキとフジサワ博士は友人関係にあるという事を知って驚くサコミズ隊長でしたが、
3人が会話をしていると空が突然ガラスの様に割れ、ミサイル超獣ベロクロンの影が現れます。
サコミズ隊長はトライガーショットから「リージョン・リストリクター」を放ち、
ゲートを一時的に封じるのですが、ベロクロンが発射したミサイルの爆風を受けて大怪我を負ってしまいます。
次に異次元ゲートが開くまで残り4時間。
しかもフェニックスネストをフライトモードにする権限があるのは、
意識を失っているサコミズ隊長ただ一人なのでした・・・

総本部の新たな作戦立案を待つようにGUYS隊員に指示をするミサキ。
しかしミライは彼女の表情を見て、
同じくフェニックスネストを飛ばす権限を持つミサキ一人だけで作戦を実行するつもりだと察します。
ミライは他の隊員と共にミサキ一人だけではなく、自分たちも作戦に参加する意思を伝え、
アライソ整備長も整備や準備をGUYS隊員にも手伝わせて、
何とか4時間以内にフライトモードへ変形する準備を整える意思を見せます。
ミサキも皆の進言に笑顔で答え、サコミズ隊長も意識を朦朧とさせながらも作戦を承認。
ここに対超獣殲滅作戦がスタートするのでした。

基地を変形させる為にGUYS職員が総出で準備に取り掛かる中、
ベロクロンが出現した為にGUYSはガンウィンガー、ガンローダー、ガンブスースターを出撃。
しかしベロクロンが全身から放つミサイルの雨により、ベロクロンに近付く事すら出来ません。
そこに何とか体を持ち直したサコミズ隊長が彼らに励ましの声をかけ、
リュウ達は3機の戦闘機をガンフェニックストライカーへと合体させます。
サコミズ隊長はミサキに発進許可を貰い、フェニックスネストはフライトモードへと変形して飛行開始!
ベロクロンは危険を察知してミサイルを放ちますが、
ミライが変身したウルトラマンメビウスによりミサイル攻撃は阻まれてしまいます。
メビウスがベロクロンを食い止めている隙に、
サコミズ隊長はフェニックスネストよりディメンショナル・ディゾルバーを発射。
巨大なエネルギー体が出現しようとしていた異次元ゲートを封鎖する事に成功し、
ガンフェニックスストライカーの「インビンシブルフェニックス」と、
メビウスのメビュームシュートを受けたベロクロンも大爆発。
作戦は無事成功し、超獣とヤプールの驚異を打ち砕く事が出来たGUYSクルーでした。
ミサキは今回の作戦の報告書をGUYS総監に提出。
その顔は何時も以上の笑顔で溢れているのでした・・・
ウルトラマン列伝 ベロクロン

姿を見せない総監代行として、陰ながらGUYSジャパンを支え続けていたミサキが主役のお話でしたね。
大怪我を負ったサコミズ隊長の代わりを勤めていたミサキでしたが、
優しい性格ながらも人一倍責任感が強い彼女に対して、
ミライ達GUYSのメンバーが手を差し伸べて共に戦う意思を見せる流れは大好きでしたね~
そして特撮の見所はベロクロンが放つ板野サーカス大爆発なミサイル郡と、
メビウスの折り返し地点で初めて変形して飛行したフェニックスネストでしょう。
この戦いでヤプールと超獣を封じ込めたGUYSでしたが、
ここからメビウスの物語は思わぬ方向へと動き出す事になります・・・

次回は帰ってきたウルトラマンより、バルタン星人Jr&ビルガモ登場回を放送予定となっております。
youtubeでも、今回放送されたエピソードを期間限定で無料配信中となっています。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(6)トラックバック:(0)|19:02

【動画投稿】ゆっくり霊夢とやる夫が学ぶ ウルトラ怪獣大百科 その21

只今、「ニコニコ動画オリジナルのウルトラマン作品を作ろう」
という企画をやっております。
設定などの募集は終了しましたが、デザイン面は現在も募集中です!

詳しくは→の記事にてhttp://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1297.html


※第1話目や登場キャラクター紹介はこちらの記事となっています。
http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1182.html


お馴染みのウルトラ怪獣解説動画の第21話目が完成し、ニコニコ動画へと投稿しました。
(↓のURLよりその動画へ飛べます)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19267162
ゆっくり霊夢とやる夫が学ぶ ウルトラ怪獣大百科21
今回はウルトラマンティガより「炎魔人キリエル人」、「炎魔戦士キリエロイド&キリエロイドⅡ」をご紹介。
ティガ及び平成ウルトラシリーズを代表する、名キャラクター特集となっております。
(ゲームオリジナルキャラのカオスキリエロイドにも少しだけ触れております)
この悪魔的なデザイン(特にキリエロイドⅡ)が本当にお気に入りなので・・・

お話も一区切りという事で、動画の投稿は一時的にお休みさせて頂きます。
(怪獣TRPGの方は続けますが)
次回の投稿は12月上旬辺りになると思うので、恐らくウルトラゼロファイト第二部放送と同時期ぐらいかな~と。
その辺りなどは、またこのブログ等でお知らせしていきたいと思っています。


■登場キャラクター解説(追加分)
キリエル人
キリエル人
異次元からやる夫や霊夢達の住む世界に降り立った、人々の心を掌握せんと暗躍する「侵略者」。
きめぇ丸と妖夢のバックに存在していた黒幕であり、
メフィラス星人の持つ「空間」を悪用する為に前々からメフィラス星人を狙い続けていました。
目的の為ならば手段は選ばず、卑怯な手を平気で使う冷酷な性格をしています。

昭和の悪魔がメフィラスなら、平成の悪魔はキリエル人だという考えで登場させました。
実は初期から登場が決まっており、どこで出すか色々と考えた末に前回のパートにて初登場という形に。
これから物語に関わってくる重要キャラクターの一人となる予定です。
時系列を設定するならば、ティガの世界を去って様々な世界を渡り歩いた後になりますかね?


今回の動画も面白いと感じて頂ければ動画へのコメントや、「マイリスト登録」をして頂けると嬉しいです。
では、お楽しみ下さいませ~


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(10)トラックバック:(0)|08:51

ウルトラマンネクサス&デストロイアの予約が開始

さて、2月分のバンダイコレクターズ事業部の新商品ですが、
その詳細が明かされたので今回の記事はそれをご紹介します。
取り上げるのはULTRA-ACT(ウルトラアクト)と、
S.H.MonsterArts(エス・エイチ・モンスターアーツ)の2体です。

ウルトラアクト ウルトラマンネクサス(ジュネッス)
ウルトラマンネクサス ジュネッス
価格(税込): 3,360円
全高:約160mm
■セット内容
・本体
・エフェクトパーツ一式
・オーバーレイ・シュトローム再現パーツ
・アームドエナジーエフェクト
・コアゲージ(赤Ver. )
・支柱嵌合用パーツ
・交換用手首左右各2種

ファン待望のウルトラマンネクサスが、遂にウルトラアクトとして商品化決定!
必殺技のオーバーレイ・シュトロームと、
アームドネクサスにエネルギーを溜めているイメージのエフェクトパーツが付属するみたいですね。
造型&塗装共にかなり期待出来そうなので、今からとても発売が楽しみです。
この売上次第では、ジュネッスブルー等の派生フォームも商品化が早まるかも?というお話。


モンスターアーツ デストロイア完全体
デストロイア(完全体)
価格(税込): 12,600円
全高:約250mm
■セット内容
・本体

VSシリーズのラスボス、デストロイア完全体も同時に発売予定となっております。
キングギドラ並かそれ以上の大ボリュームを見事再現しており、
お値段もモンスターアーツで現状一番高価という事に・・・w
バーニングゴジラとゴジラジュニアも発売が決定済みという事で、
早くもゴジラVSデストロイアの最終決戦シーンが再現出来そうですね。
エフェクトパーツ等が付かないのは残念ですが、これは単体で飾っても相当見栄えが良さそう・・・


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(8)トラックバック:(1)|00:00

ウルトラゼロファイト ダークネスファイブセットの予約が開始!&第二部特報

昨日の記事にて触れたウルトラゼロファイト第二部の敵キャラクターである、
「ダークネスファイブ」のソフビ人形セットが早くも予約開始という運びになりました。
5体セットの大型商品という事で、やはりプレミアムバンダイ限定商品になりましたね~
http://p-bandai.jp/b-boys-shop/item-1000078138/

ウルトラ怪獣シリーズ ダークネスファイブ サンプル
・メフィラス星人 魔導のスライ
(アーマードメフィラスのリペイント、ウルフェス限定版の金型なので武器のブレードは無し)
・デスレ星雲人 炎上のデスローグ
(デスレムのリペイント、赤い目以外に大きな変化は無し)
・グローザ星系人 氷結のグロッケン
(グローザムのリペイント、赤い目以外に大きな変化は無し)
・ヒッポリト星人 地獄のジャタール
(スーパーヒッポリト星人のリペイント、赤い目以外に大きな変化は無し)
・テンペラー星人 極悪のヴィラニアス
(ウルトラマンメビウス版テンペラー星人のリペイント、赤い目以外に大きな変化は無し)
※全員の赤い目はメタリックレッドで彩色予定

お馴染みのウルトラ怪獣シリーズで、
ウルトラゼロファイト第二部の主要敵キャラクターが一度に揃えられる豪華セットという事で、
私は迷わずに注文しましたw
発送は1月下旬との事なので、丁度放送中に手に入るタイミングの良さも良いですね。

ちなみに予約ページでは各キャラクターの軽い詳細も明かされており、
スライが「知略に優れるダークネスファイブの参謀格」
デスローグが「灼熱の業火を放つ寡黙な戦士」
グロッケンが「極寒の冷気で攻撃する冷酷な宇宙人」
ジャタールが「あらゆるものをブロンズ像に変えてしまう暗殺者」
ヴィラニアスが「暴君怪獣タイラントと極暴タッグを組む強豪」
だそうです。
テンペラー星人とタイラントのタッグとは・・・考えるだけで恐ろしいですねw
今回の5人は過去のキャラクターとは全て別人という事で、それぞれの声優も今から気になる所ですね~

ウルトラ怪獣シリーズ ダークネスファイブ サンプル0
ちなみに特製パッケージはこんなデザインだそうです。
一般販売予定の「あのお方」やタイラントと共に並べて、
今度の冬は卓上でウルティメイトフォースゼロとのバトルを再現しましょう!


そして嬉しい事に、イベントで流されたウルトラゼロファイト第二部の特報映像が、
youtubeのウルトラチャンネルにて公開されています。

アベユーイチ監督が言っていた「古いけど新しい試み」というのは、
背景に映像を流しながら撮影する「スクリーンプロセス」の事だったんですねw
確かに合成の手間が省けますし、これを使おうと考えたのは英断だと思います。
キングシルバゴンとの戦いやダークネスファイブの登場、
ウルトラマンゼロとその仲間達の活躍シーンが少しだけですが垣間見えますね。
放送がますます楽しみになりました!


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|00:00

児童誌より、ダークネス・ファイブ完全公開!

てれびくんとテレビマガジンを購入してきました。
トランスフォーマープライム情報は、ディセプティコンの新幹部である「ドレッドウィング」と、
オプティマスプライムの偽物「ネメシスプライム」特集でしたね。
ホイルジャックも久々の登場という事で楽しみです。

さて、ウルトラマン関連の情報はウルトラマン列伝内で今後放送予定である、
「ウルトラゼロファイト第二部」の特集が始まりました。
新情報としては12月5日の回で特別予告編を放送するという事、
そして12日からウルトラゼロファイト第2部が始動するという告知がされていました。
話数は何と全14話
3ヶ月ほどウルトラゼロファイトが楽しめるという事で、
年末からまたウルトラマン列伝が見逃せなくなりますね~

さて、ゼロファイト第二部の冒頭も紹介されております。
まずはウルトラマンゼロとキングシルバゴンの戦いから物語は始まり、
ルナミラクルゼロの力でキングシルバゴンを大人しくさせる事が出来るのかどうかという展開に。
コスモスの慈愛パワーがここでも発揮されるみたいですね。

そして強力宇宙人軍団である「ダークネス・ファイブ」も5人全員が紹介されており、
既出の「メフィラス星人:魔導のスライ」、「ヒッポリト星人:地獄のジャタール」、
「テンペラー星人:極悪のヴィラニアス」の3人に加え、
デスレ星雲人:炎上のデスローグ」と「グロザ星系人:氷結のグロッケン」が登場!
名前だけ聞くと誰だか解らないですが、これこそ暗黒四天王のデスレムとグローザムの同種族!
という事で、彼らにもきちんとした種族名と故郷が設定された事になりますねw
デスレムとグローザムの別個体はこれが初登場となっており、
そういった面でもウルトラゼロファイト第二部は注目すべき作品だなぁと感じました。
このダークネスファイブの面々は全員が赤い眼をしており、
明らかに普通で無い雰囲気が禍々しくて良い感じですね。
(テンペラー星人は元々赤い目なので変わりませんけどw)

嬉しい事に、この5人組もウルトラ怪獣シリーズでソフビ人形化が決定!
と言っても既に全員発売済みなので、目を赤くしたリペイント商品となっていますが。
ウルトラ怪獣シリーズ ダークネスファイブ ソフビ
グローザム、デスレム、テンペラー星人は久しぶりの再販という事で注目されますが、
何気にアーマードメフィラスは、ウルフェス版のブレード無しver.の型が使われている点もポイントですね。
この5体セットはどういう方法でセット販売されるかはまだ明かされず、
次号にて発表という事になっております。
2月に発売される「黒幕」と合わせて、是非飾りたいですね~


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(9)トラックバック:(0)|00:40
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ