大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

ウルトラマンギンガ 第4話感想

新ウルトラマン列伝 ウルトラマンギンガ
本日、新ウルトラマン列伝内にてウルトラマンギンガ第4話が放送されました!
第4話 「アイドルはラゴン」
※youtube配信組の方のネタバレになるので、あらすじ紹介は省かせて頂きます。

小さい頃からアイドルを夢見ているヒカルの幼馴染の一人、久野千草。
彼女は今日も巷で流行っている歌を聞きながら一人でダンスをする彼女でしたが、
ひょんな事から雑誌に掲載するグラビア撮影の代役になり・・・
というありきたりな展開ではなく、何と代役に選ばれたのは友達の美鈴の方!
カメラマンも助手も美鈴ばかりに目が行ってしまい、千草はその事を気にしつつも段々と心が荒れて行き・・・

今回は千草編という事で、彼女の夢に対する絶望や友達に対する嫉妬心が物語のキーになっていました。
バルキー星人が暗躍し、一条寺も彼女に接触を図るなど様々な思惑が彼女の周りを取り囲む中、
夜の学校に出現してその目を光らせながら徘徊するラゴン・・・
この時点でラゴンの正体はバレバレでしたが、千草が聞いていた音楽に反応してノリノリになる等、
音楽好きであるというウルトラQのラゴンの設定をちゃんと活かしているのも個人的にツボでしたね~
ケムール人と同様に人間大のサイズで美鈴を追い詰め、
巨大化してウルトラマン版ラゴンを彷彿とさせる光線をヒカルの変身したキングパンドンに浴びせていました。

巨大化後も相手が千草だと勘づいてヒカルは中々手出しが出来ませんでしたが、
美鈴の機転でラゴンを誘導し、その隙にヒカルが彼女の心に語りかけるという流れは、
まさしく相手が「友達である」からこそ出来た行動なんでしょうね。
相手の心を宥めて浄化する「ギンガコンフォート」もウルトラマンコスモスの技を彷彿とさせ、
心が浄化されて目に涙を浮かべるラゴンのカットは印象的でした。
半魚人丸出しなラゴンの顔も、ああ見ると哀愁が漂っていますよね~
(ちなみにラゴンのスーツはウルトラゾーン版のものを、一部改修しています)

ウルトラマンギンガの活躍で今回もめでたしめでたしと思いきや、
突如乱入したジャンキラーの銃撃によりギンガは手も足も出ず!
一条寺はどうやらギンガの活動時間を調査していた様子ですが・・・?その真意は次回に持ち越しとなりました。
寝そべったジャンキラーが背部のキャタピラを使用して移動したり、
ジャンスターに変形して飛び去るシーン等、
今までのジャンナインとは違って「戦闘マシーン」として描写されていたのもかっこよかったですね。
美鈴と千草の仲も元通りになり、再び自分の夢に向かおうとする千草。
しかし例のスパークドールズが大量に並ぶ館には、何とウルトラマンティガの姿が・・・!
新ウルトラマン列伝 ウルトラマンギンガ ラゴン

今回は間延びした演出も少なく、千草がメインだとはっきり解るお話でしたね。
ラゴンをちゃんと起用してその特徴を上手く演出出来ていましたし、
次回とその次に予定されている一条寺との戦いの序章という役割も果たしていました。
ウルトラマンタロウは初のお休みとなりましたが、次回からは再び登場する模様です。
スパークドールズ劇場はキングパンドンに続いて雌キャラクターのラゴンが加わりましたが、
尺の都合でロクに活躍出来ずw
タロウはここでも籠の中に閉じ込められているという扱い・・・

さぁ、次回からは予告でも映っていた通り、ティガダークが登場!
その詳しい内容等については、深夜にアップする予定の記事をお待ち下さい・・・
youtubeでは、先週のウルトラマンギンガ第3話を配信中です。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
関連記事
Permalinkコメント:(10)トラックバック:(0)|18:42

レトロ系ソフビ人形 ドラゴリー

では、レトロ系怪獣ソフビ人形の記事となります。
今回取り上げるのは、こちらのキャラクターとなっています。

レトロ風ソフビ ドラゴリー
蛾超獣 ドラゴリー
ウルトラマンエースに登場した、ヤプール人が操る超獣の1体です。
怪獣以上の怪力が売りであり、劇中では邪魔とばかりにムルチ2代目をその手で引き裂いてしまいました。
蛾らしさがありながら、どう見ても蛾には見えないデザインがそそる1体ですね。
このソフビ人形は2001年頃に円谷コミュニケーションズ(現:やまなや)から発売されたものであり、
全体的に劇中イメージに近いカラーリングになっているのが特徴ですね。

レトロ風ソフビ ドラゴリー0
ベージュっぽいカラーの成型色の上から、メタリックグリーンやメタリックレッドでスプレーされています。
赤と緑という毒々しい色合いが超獣らしさ、そして昆虫らしさを引き立てていて良いですねぇ。
団扇の様な大きな手も再現されており、
リアルながらもレトロ寄りという「怪獣郷シリーズ」らしい造型が素晴らしい一品でした。
ドラゴリーのソフビ人形が常々欲しいと思っていた時に、
店頭で発見したのを即購入したのを覚えています・・・w

レトロ風ソフビ ドラゴリー1
背面もちゃんと塗装されており、全身の鱗粉を表現したかの様なザラザラな体表も再現。
可動部分は首、腰、両腕となっています。
こう見ると、エメラルドグリーンっぽい色合いですね。

レトロ風ソフビ ドラゴリー2
顔付きも非常に良く、メタリックグリーンの瞳や赤く染まった牙、
メタリックブルーの頭部と塗装に関しても個人的にはほぼパーフェクトですね。

他にもイエロー成型やクリアグリーン成型のタイプも存在しています。
いよいよウルトラ怪獣500シリーズでも発売されるタイミングだったので、
今回はドラゴリーを取り上げてみました。
500ソフビの方も、とても楽しみですね~


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|19:19

モンスターアーツの最新作が、ワンフェス会場にて展示!

電撃オンライン様が、
昨日開催された「ワンダーフェスティバル2013夏」の会場の模様をレポートしています。
http://news.dengeki.com/elem/000/000/680/680010/
その会場にて、
S.H.MonsterArts(エス、エイチ、モンスターアーツ)の最新作のサンプル品が展示されていたみたいですね~

モンスターアーツ モスラ展示
まずは「ゴジラVSモスラ」より、モスラの成虫!
その丸っこさや極彩色の羽の塗装も見事に再現されていますね~
魂ウェブ商店限定でバトラの成虫も発売が決定しているので、恐らく近い内に公式からも情報が出るでしょう。
あとはモスラとバトラの幼虫がセット販売などで後々に売られると予想。
それにしても可愛らしい・・・

モンスターアーツ ミレゴジ展示
そしてもう1つは、なんと「ゴジラ2000ミレニアム」からミレゴジ!
しかもこのデザインは、スーツ版ではなく「雛型版のミレゴジ」となっています!
雛型版のミレゴジとは、造形家の酒井ゆうじさんが作り上げたミレゴジの参考イメージにする為の人形の事で、
実際のスーツよりも個人的にはかなりカッコイイと思っている一品です。
とにかく顔付きが素晴らしく、歴代の様々なゴジラの良い所取りという印象を私は最初に受けましたね~
今までは食玩、プライズ用景品、ガレージキット等で商品化されてきましたが、
遂にアクションフィギュア化も見据えている事が判明したので、今後の続報がとても楽しみです。

モンスターアーツと言えば限定品のモスゴジが既に発送され始めていますが、
商品取り置き時の手違いにより、私の手元には8月1日に届く予定となっています・・・
あぁ、早く手に取って遊びたい・・・(´Д` )


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|19:53

ULTRA-ACT ウルトラマンネクサス(ジュネッスブルー)

ULTRA-ACT(ウルトラアクト)の最新作が、昨日より発売開始となっています。
今回商品化されたのは、こちらのキャラクターとなっています。

ウルトラアクト ウルトラマンネクサス(ジュネッスブルー)
ウルトラマンネクサス(ジュネッスブルー)
光を手にした「千樹憐」が変身したウルトラマンネクサス(アンファンス)が、
戦闘形態のジュネッスへと変化した姿がこのジュネッスブルーになります。
全身が青くなった他に体の各部もジュネッスとは異なった姿に変化しており、
戦闘スタイルも敵に対してよりアクティブに攻めるパターンが多くなりました。
最初は自分のダメージも顧みずに猪突猛進の様な姿を見せる事が多かったのですが、
経験を積んで様々な人と出会う事により、より戦士らしいファイティングスタイルへと変化して行きました。

ウルトラマンネクサス(ジュネッス)に続き、人気のジュネッスブルーもウルトラアクト化となりました。
ジュネッスブルーはとにかくアクティブに動き回るイメージが強いので、
アクションフィギュアにはピッタリな題材ですよね~

ウルトラアクト ウルトラマンネクサス(ジュネッスブルー)0
全身のスタイル等もネクサス(ジュネッス)を踏襲しており、完成度はかなり高いと感じました。
右腕に装着している「アローアームドネクサス」も再現されており、塗装も細かいですね~

ウルトラアクト ウルトラマンネクサス(ジュネッスブルー)1
顔辺りのドアップ。
発売済みのジュネッスとは少し異なったイメージですが、表情の完成度は中々のもの。
胸のエナジーコアもクリアパーツで再現されており、綺麗な仕上がりになっています。

ウルトラアクト ウルトラマンネクサス(ジュネッスブルー)2
可動範囲等についてもジュネッス同様に広く、扱いやすいのでストレス無く動かす事が出来ます。
画像は何となく右腕にダメージを負った風なポーズに。

ウルトラアクト ウルトラマンネクサス(ジュネッスブルー)3
付属エフェクトパーツその1、右腕に展開する光の剣「シュトロームソード」です。
ジュネッスブルーと言えばこの武器ですよね~
アローアームドネクサスの一部パーツを差し替える事により再現が可能となっています。

ウルトラアクト ウルトラマンネクサス(ジュネッスブルー)4
付属エフェクトパーツその2、必殺光線の「クロスレイ・シュトローム」です。
ジュネッスには無かった光線技なので嬉しい付属品ですが、右腕を差し替える事によって再現するので、
手首の色は青いままという仕様。ジュネッスに使うにはリペイントをしないと使えませんね。

ウルトラアクト ウルトラマンネクサス(ジュネッスブルー)5
付属エフェクトパーツその3、こちらも必殺技である「アローレイ・シュトローム」です。
ソードと同じくアローアームドネクサスの一部を差し替える事によって再現が可能。
オレンジと赤のグラデーション塗装が中々綺麗でした。

ウルトラアクト ウルトラマンネクサス(ジュネッスブルー)6
そしてシュトロームソードとアローレイ・シュトロームのパーツを組み合わせる事により、
最強技の「オーバーアローレイ・シュトローム」も再現が可能!
恒例の赤いタイマーも付属しているので、ピンチ時の演出にはこちらをどうぞ。

以上がジュネッスブルーの簡単なレビューになります。
付属品も多いですし、本体そのものの出来も良いので大満足の一品でした。
この後はウルトラマンノアとダークザギが限定で控えていますが、他のNプロジェクト勢は果たして!?


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|20:53

【動画投稿】 ゆっくり霊夢とやる夫が学ぶ 昆虫大百科 part6

http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1464.html
第1回目の記事はこちらになっております。


ゆっくり霊夢とやる夫が学ぶ 昆虫大百科 part6
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21451082

ゆっくり昆虫解説動画のpart6をアップ致しました。
第六回目はみんなの嫌われ者、蚊界を代表する「アカイエカ」について解説します。
夏の風物詩でもある害虫なので、解説+蚊に対する対策方法なんかも少々。
既に私も、数え切れないほど刺されているにっくき昆虫です。
皆様も様々な方法で対策をして、この夏も乗り切りましょう!

◆登場キャラクター紹介
ゆっくりパチュリー
ゆっくりパチュリー
東方Projectに登場する、パチュリー・ノーレッジ・・・に似た何か。
霊夢や魔理沙達と同じく、幻想郷に住むゆっくりキャラクターの一人です。
紅魔館の地下にある大図書館に住んでおり、そこでたくさんの本を読み続けている魔法使い。
魔力は高いのですが、ロクに出歩かず喘息持ちなので体は弱い方。
何時も大図書館から勝手に本を奪い去る魔理沙には手を焼いています。
本をたくさん読んでいるだけに、あらゆる知識が豊富なのですが考え方が少しズレている様子。

まさかの3連続で嫌われ者の虫を取り上げてしまったpart6。
では、どうぞお楽しみ下さいませ~
(面白いと思っていただければ、動画へのコメントやマイリスト登録をして頂けると有難いです)

youtubeにて、「ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻」のpart7を公開しました。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(6)トラックバック:(0)|16:44

大怪獣ラッシュ 新参戦キャラクター!&ウルトラマンギンガ第3話配信開始

データカードダス「大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア」の公式HPがリニューアルオープンしています。
http://www.daikaijyu.com/rush/

本日から開催となった「ウルトラマンフェスティバル2013」の会場内でも、
大怪獣ラッシュのCGムービー第1話が公開されたのでそれに合わせたみたいですね。
youtubeでは新たに2本の新ムービーが公開されていますが、
そこに新たなキャラクターが登場したので今回はそのキャラクターを取り上げたいと思います。

大怪獣ラッシュ カネゴン・ア・キンド
まずはギルド随一の商売人「カネゴン・ア・キンド」。
見ての通りカネゴンをモチーフにしたキャラクターであり、動画ではゲームの遊び方の説明を担当しています。
デザインは各部にメカニック風なイメージが取り入れられており、
デジタルカネゴンともまた違う感じに仕上がっていますね。

大怪獣ラッシュ メフィラス星人・ジェント
こちらは冷静沈着な司令官「メフィラス星人ジェント」。
メフィラス星人をモチーフにしたキャラクターであり、全体的にかなりマッシブなイメージになりましたね。
(どことなくメフィラス大魔王的な空気も漂わせていますw)
武器は背中に背負っている剣なのでしょうかね?

大怪獣ラッシュ ダダ、メトロン星人、チブル星人
そして名称は不明ながら、
ダダ」、「メトロン星人」、「チブル星人」をモチーフとしたキャラクターも登場が決定。
特にツッコミ所満載なのがチブル星人であり、どうやらパワードスーツの様なものを着込んでいるみたいですねw
ここに来てチブル星人にスポットが当たる事にも驚きですが、
果たしてゲーム内ではどんな活躍を見せてくれるのか今から楽しみですね~

大怪獣ラッシュもいよいよ9月に稼動する事が決定し、関連商品も10月から一気に出る模様です。
久しぶりのデータカードダス、今回はほどほどにしておくつもりでは居ますが・・・どうなる事やらw
youtubeでは、ウルトラマンギンガ第3話の配信も開始しております。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(8)トラックバック:(0)|18:41

新ウルトラマン列伝8月分放送予定&モンスターアーツにバトラ登場!

発売中のフィギュア王などの各ホビー雑誌にて、8月分の新ウルトラマン列伝の放送予定が記載されていました。
ウルトラマンギンガの情報はジャンキラー登場のみで、中身はまだシークレットのままでしたね。

8月7日放送 第6話「ウルトラマンギンガ第5話 夢を憎むもの」
8月14日放送 第7話「ウルトラマンギンガ第6話 夢を懸けた戦い」
8月21日放送 第8話「特別総集編 バルキー星人の怪獣教室!」
8月28日放送 第9話「特別総集編 大特集!鋼鉄のジャン兄弟」


第1週目と2週目は引き続きウルトラマンギンガのお話を放送し、
内容はジャンキラーと一条寺友也がメインになるみたいですね。
ヒカルと一条寺の「夢」に対する想いが物語のキーになる模様です。
続く第3週目は、ウルトラマンギンガに登場した怪獣達の原点をバルキー星人が紹介する総集編!
まさかのバルキー星人主役回という事で、ベリアル軍団以上にブッ飛んだ内容になる事でしょうw
ここで大決戦!超ウルトラ8兄弟の映像もどうやら流れる模様です。
最後の第4週目は、またもやウルトラマンゼロとグレンファイヤーが振り返る総集編!
今回はジャンボットとジャンナインに関しての話をするみたいですね~
恐らくウルトラマン列伝最終回の続きというシチュエーションになるのでしょうか。

ホビー誌では魂ウェブ商店限定の新商品も色々と紹介されていましたが、
現在予約受付が始まった中で個人的に気になるものをピックアップします。
S.H.MonsterArts(エス、エイチ、モンスターアーツ)の最新作は、このキャラクターになりました!
モンスターアーツ バトラ成虫
http://p-bandai.jp/tamashiiwebshouten/item-1000082748/
S.H.MonsterArts バトラ(成虫)
商品発送予定:2014年1月頃
税込価格:6300円
■商品内容
・本体
・専用台座一式

映画「ゴジラVSモスラ」からも遂にチョイスされ、
その第一弾となったのはバトルモスラことバトラの成虫でした!
劇中通りのトゲトゲした各部のデザインや、毒々しい色合いが見事に再現されていますね~
羽や脚、腹など各部も可動し、専用台座も付属という事でバトラ好きとしてはかなり期待しております。
この調子でモスラの成虫や双方の幼虫の商品化にも繋がって欲しい所・・・!
何気にVSシリーズの怪獣は順調にコンプリートへと進んでいるのも、世代人としては嬉しい限りです。
他にもウルトラマンノアやダークザギも追加で予定されているので、予約開始となったらお知らせ致します。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(12)トラックバック:(0)|18:08

ウルトラマンギンガ 第3話感想

新ウルトラマン列伝 ウルトラマンギンガ
本日、新ウルトラマン列伝内にてウルトラマンギンガ第3話が放送されました!
第3話 「双頭の火炎獣」
※youtube配信組の方のネタバレになるので、あらすじ紹介は省かせて頂きます。

今回はヒカルの幼馴染である、渡会健太がメインとなるお話。
カメラマンの夢を半ば諦めていた彼の前に現れた女性がきっかけになり、
再びカメラに対する熱意が沸いて周りの友人達も喜ぶのですが・・・
バルキー星人は心にどこか影を持った人間を見抜く事が出来る様で、
今回は健太を利用してヒカル達の元に忍び込むという作戦に。
遂にウルトラマンタロウを発見するのですが、タロウがスパークドールズなのを良い事に、
捻ったり曲げたりとやりたい放題w
女性の着替えを見るのか見ないのか顔を赤らめながら悩むシーン、
炎で黒焦げになったシーン等、相変わらずウルトラマンタロウが笑わせてくれます。

ヒカルも母校の危機に今回はケムール人へと変身。
消化器で火を消し止めるのは良いですが、
頭から放つ液体が引火性なのを知らずに驚くシーンは面白かったですね。
これはウルトラQに登場したケムール人が放つ消失液も、火で燃えてしまうという設定から来ているのでしょう。
女性が変身したキングパンドンも「炎の怪獣」である点が強調されており、
ヒカルの変身したケムール人を一方的に攻め続けるという実力を見せていました。
(鳴き声も初代パンドンのものになっていましたね)
しかし自分の友人を利用した卑劣さに怒った所でウルトラマンギンガが登場。
体の各部が輝いて必殺技の剣「ギンガセイバー」で攻撃するのですが、
地面エネルギーを与えて地下からマグマ噴出させるという技だったのにビックリw
てっきりそのまま斬りつけるものだと思っていました・・・

今回解せなかった点は、女性の犯行動機でしょうか。
最初と最後辺りに「寂しかった」というワードが出ていましたが、
何故それが放火事件と繋がったのかは結局謎のままでした。
バルキー星人が心の隙を付いて、放火魔に仕立て上げたのでしょうかね?
健太の夢に対しての嘲笑いっぷりや世間や現実の厳しさを口走っていましたし、
何か私生活で辛い経験でもあったのでしょうか・・・結局今回は語られませんでしたが。

そして火事と聞いて駆け付けた一条寺でしたが何とタロウを拉致し、
その手にはガンパッドの他にダークダミースパークも所持。
謎のコクピット内に驚くタロウでしたが、そこは宇宙に漂う「ジャンキラー」の内部だと知り・・・!
新ウルトラマン列伝 ウルトラマンギンガ ケムール人VSキングパンドン

今回は全体的に間延びしたカット割や台詞の出し方などもちょっと目に付きましたね。
もっとスピーディーなカット割にすればかっこよくなったシーンも多かったのに、
これは監督か編集のせいなのかな?
放火魔の動機は今後何らかのフォローがある事に期待しましょう。
スパークドールズ劇場はタロウが不在となりましたがキングパンドンが仲間入り。
まさかの性格が違う双子という設定なので笑ってしまいましたw
次回よりジャンキラーが本格参戦し、前半の山場へとギンガは向かう模様です。
(しかしメインはまさかのラゴンw)

youtubeでは、先週のウルトラマンギンガ第2話を配信中です。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(8)トラックバック:(0)|18:56

これが新ゴジラの全貌?コミコンにて「GODZILLA 3D」が遂に披露!(映像有り)

さぁ、コミコンが終わって来年公開予定の映画「GODZILLA 3D」の様々な新情報が出てきましたね。
http://cia-film.blogspot.jp/2013/07/godzilla-encounter3d.html
会場ではゴジラに関する様々な催し物が行われ、中にはゴジラの怪獣をモチーフとした料理を出す食堂も!
(店の名前が「しんどうラーメン」だったり、小ネタも効いていますw)
日本語で書かれた看板の数々や、円谷英二氏やゴジラの巨大イラスト等、
ゴジラブースはまさしくゴジラ一色という夢の様な空間だったそうです。
ミレゴジのスーツ展示等もありますし、これは日本人にとっては羨ましすぎる・・・

会場には様々な展示物がありますが、
その中でも一際話題になったのが新ゴジラのものと思われる雛型でしょう!
godzilla 3D 新ゴジラ雛型
爬虫類寄りのデザインになりながらも、この面構えはまさしく「ゴジラ」!
ゴツゴツした厳つさの中に垣間見える、柔らかそうな愛嬌のあるこの顔は正に私がイメージするゴジラです!
いやー、この時点で既にワクワクが止まりません・・・

godzilla 3D 新ゴジラ雛型0
そしてこちらは全身像。
どっしりとした体格で、重量感のあるデザインになっていますね~
上の頭部と同じくあくまで「デザイン検討用の雛型」なので、
これが実際に映画の中に登場するゴジラとは限りませんが、このイメージならかなり期待出来そうですね~


そして目玉のパネルディスカッションにて、監督のギャレス・エドワーズ氏が登場!
http://www.cinematoday.jp/page/N0054940
今回の撮影秘話(と言ってもまだ撮影中なのですが)や、
東宝や各地のゴジラファンから大きなプレッシャーをかけられていた事を告白していますw
(やはり前作のハリウッド版「GODZILLA」の傷跡は大きかった様子で)
主演俳優も登場し会場は大いに盛り上がったそうですが、ここで新トレイラー映像がお披露目!
内容は会場に居たファンしか知り得ませんが、様々な情報を総合すると

・今回のゴジラも原子力関連が原因で姿を現す?
・ゴジラの鳴き声は従来のもの(もしくはそれに近いもの)を踏襲
・ゴジラに比べると小型の昆虫型怪獣が登場
・空港等、あちこちの施設が破壊される
・エイリアン?状の巨大怪獣がゴジラと激突
・ゴジラのサイズが歴代シリーズと比べてもかなり大きい
・映像ではゴジラの脚のみが登場(雛型に近いデザイン)


といった感じだったそうです。
以前話題になった「ゴジラの他に登場する2種類の怪獣」ですが、
昆虫型怪獣とゴジラの対戦相手になる異形の怪獣がその正体だったみたいですね~
そして前の「GODZILLA」では果たせなかった、実写映像での巨大怪獣同士の対決が遂に実現!
これだけでもう私は嬉しくて嬉しくて・・・
早くネット上でもトレイラー映像を公開してくれー!


さて、コミコンの目玉展示施設の一つである「ゴジラ・エンカウンター」は、
文字通りゴジラと遭遇出来るという夢の様なアトラクションだったそうです。
youtubeではその模様がアップされていますが・・・まずは映像をご覧下さいませ。


godzilla 3D 新ゴジラ
雷雨が鳴り響く中、都市部を歩き回る巨大な影、その鳴き声と背びれには何処か見覚えが?
巨大生物はそのままゆっくりとビルを横切るのですが・・・
godzilla 3D 新ゴジラ0
再び戻ってきた巨大生物は、その大きな瞳でこちらを睨みつけて去って行く・・・
そう、早くも動く新ゴジラの映像がお披露目されたのです!
観客も大喜びですが、怪獣ファンなら誰しもがする反応でしょうねw
こちらも「映画本編の映像ではなく、イベント用映像」だそうですが、
恐らくこれが今回の映画に登場するゴジラのCGなんじゃないかな~と私は思っております。
首から上までしか確認は出来ませんでしたが、この重量感と風格は正にゴジラ!

いよいよ来年の夏に公開となる新ゴジラ。
今後の続報も含めて、公開後も当ブログは「GODZILLA 3D」を追いかけて行くつもりです。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(7)トラックバック:(0)|18:23

食玩も凄い! ウルトラアーカイブ 変形!ジャンナイン

食玩の新作「ウルトラアーカイブ ウルトラマンギンガ」が発売開始となりました。
とりあえずお目当ての「変形!ジャンナイン」のみ購入してきたので、
今回の記事はそれを取り上げたいと思います。

ウルトラアーカイブ ジャンナイン
発売済みの「ウルトラチェンジシリーズ ジャンナイン」と同様に、
こちらもマシンモードの「ジャンスター」へと変形する事が可能です。
変形パターンはほとんど同じで、足首と首パーツを差し替える事により変形!
胸パーツの可動などはオミットされていました。

ウルトラアーカイブ ジャンナイン0
ジャンナインのロボットモードへと変形。
大きさは結構小さく、発売済みの「ジャンボット」に比べるとかなり小さめでした。
しかし彩色はシールなどでは無く、全て塗装済み。
造形やプロポーションもジャンボットに比べるとかなり進化している事が伺えますね。

ウルトラアーカイブ ジャンナイン1
このジャンナインの凄い所は、ウルトラチェンジシリーズより可動部分が多くてよく動く点でしょう!
首、腰、肩、腕、脚、足首等が動くので、多彩なポージングが可能となっています。
ちなみに新武器のガンパッドは付属していませんでした。

ウルトラアーカイブ ジャンナイン2
とりあえず手元にあったサンダーダランビアにキック。
ウルトラ怪獣500のソフビ人形と並べると、スケール的にも丁度良い感じですね。

以上が軽いレビューになります。
僅か300円代の価格で、ここまでよく動くアクションフィギュアが出たというのは凄い事だと思います。
500ソフビとも並べる事が出来るサイズですし、
個人的にはかなりお勧めの一品となっているので、是非多くの方に手に取って貰いたい商品ですね~
今年はジャンナインのフィギュアが結構アツい!


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|18:03

【動画投稿】 ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻 part7

第1回目の記事はこちらになっています!
http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1466.html


ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻7
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21404828

私の手書きイラストによるゆっくり怪獣解説動画の第七回目を投稿致しました。
第七回目はウルトラマンゼアスより「宇宙戦闘ロボット・ウルトラマンシャドー」をご紹介。
旧ウルトラ怪獣大百科を含めて、初の悪トラマン回!
最初から悪のウルトラ戦士を取り上げるなら、まずはウルトラマンシャドーからだと決めていたので、
ようやく紹介出来る運びとなりました。
前回に引き続き、オマケコーナーも入れております。

◆登場キャラクター紹介
ゆっくり小悪魔
ゆっくり小悪魔
東方Projectに登場する、小悪魔・・・に似た何か。
幻想郷にある建物「紅魔館」にて働いており、主に地下の「大図書館」で姿を見る事が出来ます。
悪魔らしく悪戯好きですが、基本はメイド等と同じ様に来客には接しています。
主であるレミリアにお茶を運ぼうとしますが・・・?

今回も面白いと感じて頂けたら動画へのコメントや、マイリスト登録して頂けるとありがたいです。
では、お楽しみ下さいませ~
youtubeでは、「ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻」のpart6を投稿しております。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|12:36

ウルトラチェンジシリーズ ジャンナイン&ギンガ第2話配信開始!

本日より発売開始となった、ウルトラマンギンガの新商品を購入して参りました。
ギンガに合わせて発売となったのは、こちらのキャラクターになります。

ウルトラチェンジシリーズ ジャンナイン
ウルトラチェンジシリーズ ジャンナイン
ウルトラマンギンガ内で、ライバルの一条寺友也が搭乗するジャンナインが変型フィギュアとして発売!
今まで明らかにされていなかったジャンナインのビークルモードが、この「ジャンスター」になります。
基本は空中を飛び回る戦闘機なのですが、
下部にはしっかりキャタピラが付いているので地上を走る事も可能なのかもしれませんね。

ウルトラチェンジシリーズ ジャンナイン0
ちなみに底面はこんな感じに。
幾つかタイヤが付いているので、転がし走行も可能となっています。
もちろん「ライブサイン」も付いているので、
「DXギンガスパーク」でリードするとジャンナインの音声が鳴ります。
さぁ、変型させましょう。
「ジャーンファイッ!ツーダーッシュ!!」

ウルトラチェンジシリーズ ジャンナイン1
ロボットモードのジャンナインに変形完了!
足首のみ差し替えで、あとは完全変形でした。
変形プロセス自体はとても単純なので、小さな子供でも容易に変形させる事が可能でしょう。

ウルトラチェンジシリーズ ジャンナイン2
残念ながら首や腰は回りませんが、腕や脚はある程度可動するのでそれなりにポージングが可能。
結構クセがある関節になっているので、アクションフィギュアと呼べるかどうかはギリギリのラインです。
しかし、意外と足周りの可動範囲は広かったり。

ウルトラチェンジシリーズ ジャンナイン3
付属品である新武器の「ガンパッド」を右腕に装備させる事も可能です。
こうやって銃を構える姿はそれなりに様になっているかな?

ウルトラチェンジシリーズ ジャンナイン4
ちなみに、ウルトラヒーロー500のジャンナインのソフビと比較するとこんな感じです。
ウルトラチェンジシリーズの方が脚が長いので、一回り大きいですね。
怪獣と戦わせるのなら、800シリーズのソフビを相手にすると丁度良いかもしれません。

以上がジャンナインの軽いレビューになっています。
来月には兄のジャンボットも同じシリーズで発売されるので、
ジャン兄弟が変形玩具でいよいよそろい踏みとなりますね。
そしてyoutubeでは、ウルトラマンギンガの第2話の配信が開始となっております。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|14:44

ウルトラマンギンガに、グランドキングが強化して登場する事が決定!&ソフビが凄い事に

※本記事はウルトラマンギンガに関する、
膨大なネタバレ情報が含まれています。






中国のサイト、「玩具世界」にてウルトラマンギンガ関連の新商品情報が続々と公開されています。
今回の新情報としては、新たな怪獣ソフビ人形が発売されるという点でしょう!

ウルトラ怪獣DXスーパーグランドキング
ウルトラ怪獣DX スーパーグランドキング
11月発売 1575円
ウルトラマンタロウ40周年を記念してか、
まさかのウルトラマン物語に登場したグランドキングが強化復活して再登場する事が決定!
番組の後半で登場するとの事ですが・・・いやはや、もう嬉しい限りですよ。
デザインとしては、通常のグランドキングをベースに各部のパーツが伸びている印象を受けますね。
実際のスーツがどれほどのボリュームなのか、公式発表がとても待ち遠しいです。
ソフビも通常の500ソフビよりは大きめなので、840円時代のグランドキングよりもボリュームがありそう?

ウルトラ怪獣500 スパークドールズセット タイラント
スパークドールズDX ウルトライブ!タイラントセット
10月発売 3675円
レッドキング、イカルス星人、シーゴラス、ベムスター、バラバ、キングクラブ、ハンザギラン
タイラントの素材となる以上7体のソフビ人形セットみたいですね。
既に通常ラインでも発売が決まっている面々ですが、「新彩色」とあるので色味等が変わるのかもしれません。
そしてギンガスパークで7体をスキャンすると、タイラントを召喚出来るギミックまで・・・w
これは通常のソフビでも出来そうですし、7体揃った時には是非試したいものですね~
劇場SPでも、こうやってタイラントが登場するのでしょうかね。

ウルトラヒーロー500 10月分
ウルトラヒーロー500 10月販売分
・ウルトラマンナイス
・ウルトラの父 ☆
・ウルトラマンキング
ヒーロー側のソフビも段々と増えてきましたね。
画像は全て旧ウルトラヒーローシリーズのものの流用に見えます。
ウルトラの父には☆マークが付いているので、何らかの形で本編に出るんでしょうね~

ウルトラ怪獣500 10月と11月分
ウルトラ怪獣500 10月と11月販売分
10月
・カネゴン ☆
・ミラクル星人 ☆
・アクマニヤ星人 ☆
・ドラコ ☆
・テレスドン ☆
・イーヴィルティガ ☆
・超コッヴ
・バルタン星人(ベーシカルバージョン)
・ミクラス ☆
11月
・ダークルギエル ☆


・・・へっ!?(・ω・ ;)
とりあえずツッコミ所が満載すぎるので1つずつ片付けて行きます。
まずはカネゴン、テレスドン、イーヴィルティガ、超コッヴ、ベーシカルバルタン、ミクラス、
以上のキャラクターも500ソフビ入りとなりましたね。
そして目出度く定番ソフビで初商品化となったドラコ!
羽は折りたたんだ状態ですが、これもファンとしては非常に嬉しい所です。
・・・で、ミラクル星人にアクマニヤ星人まで定番ソフビ入り!?
後者はまだしもミラクル星人ですよ!?ミラクル星人!!
テロリスト星人に殺された善人宇宙人ですよ!!
・・・もう、500シリーズは何が出ても驚かない。(多分)
☆マークが付いているキャラが多いのも気になる所・・・

そして本編でもシルエットで登場していた黒幕「ダークルギエル」も11月にソフビ化される事が決まりました。
画像は小さいですが、何となく全体のデザインが掴めますね。
更にダークルギエルの商品はまだ続きます・・・

ウルトラエッグ スーパーグランドキング ダークルギエル
ウルトラエッグ 10月、11月、12月販売分
10月
・タイラント
11月
・スーパーグランドキング
12月
・ダークルギエル
タイラントに続いてギンガのメイン敵キャラもエッグ化が決定。
ダークルギエルはディフォルメされていながらも、こちらの画像の方が細部が解りやすいですね。
鮮明な画像で公開される日まで、これを見ながらワクワクしつつ待ちたいと思います。

他にも色々出ていますがとりあえず怪獣ソフビ関連はここまで。
ウルトラマンギンガに対する、バンダイの本気ぶりはしかと感じました!


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(26)トラックバック:(0)|00:30

ウルトラマンギンガ 第2話感想&劇場SPにあのキャラクターが!?

新ウルトラマン列伝 ウルトラマンギンガ
本日、新ウルトラマン列伝内にてウルトラマンギンガ第2話が放送されました!
第2話 「夏の夜の夢」
※youtube配信組の方のネタバレになるので、あらすじ紹介は省かせて頂きます。

第2話は美鈴の過去のトラウマが話の主軸になっていましたね。
第1話で腰を抜かしていたのも、ちゃんと後のエピソードの伏線だったとは・・・
ヒカルに何度も助けられ続け、ヒカルのピンチに今度は自分の番だと勇気を振り絞り立ち向かう。
高校生の成長物語としてもギンガが製作されている点がよく強調されていたと思います。
前回のサンダーダランビアと化した不法投棄業者もちゃんと再登場するなど、
あの後どうなったのかという点をしっかり描写してくれたのも良かったですね。
(怪獣化した事を、憑き物だと表現しているのが神社らしいというかw)

そして今回の悪人である嫉妬に駆られるバイク乗り。
どう見ても危ない見た目で、性格がそれ以上に危なくて笑ってしまいました。
その嫉妬心を利用してまさかのバイクごとケムール人に「ダークライブ」させたバルキー星人。
今回が「ダークライブ」初登場回であり、低い声で「ダァークライブッ!」と声が響いていましたね。
(怪獣名は通常の声と同じでした)
そのケムール人も、ウルトラQを彷彿とさせる走り方で美鈴を追い詰める追い詰める!
暗闇の中で瞳だけが光り、ヒタヒタと追いかけてくる様は割とホラーでした。
頭から放つ「消去液」も多用しており、ケムール人らしい描写もしっかり出来ていたと思います。
(美鈴の金的がしっかり効いていたのは、やはり変身者が男性だからでしょうw)

巨大化したケムール人が逃げるヒカルと美鈴を探すカットも、巨大化があって個人的には好みでした。
ヒカルが変身したサンダーダランビア(今回も変身カット有り)をそのスピードで翻弄し、
対するヒカルはサンダーダランビアの触手でケムール人を捕まえて電撃を放つ。
それぞれが怪獣の特殊能力を上手く利用して戦っていたのも素晴らしかった!
ケムール人のかなりウザい攻撃の連発に対して、
ヒカルの気持ちが高ぶったその時にギンガスパークから現れたウルトラマンギンガのスパークドールズ。
毎回怪獣に変身してから、何らかの条件を満たすとギンガに変身出来るという流れみたいですね。
暗闇で戦うギンガの姿はとてもかっこよく、頭や胸の発光部分が映えて綺麗でした。
そしていきなりの宇宙戦!必殺技の「ギンガファイヤーボール」もド派手でかっこよかったですね~

今回一番面白かったのは、ラストのヒカルと美鈴の会話でしょうか。
初めて宇宙に行って大興奮のヒカルと、それを楽しそうに聞く美鈴。
こうやって秘密を共有できる仲間が居るというのは、
ウルトラシリーズでも数えるほどしかありませんでしたからね。
そしてそれを見つめ、ガンパッドを操作しながらニヤリと笑う一条寺。
いよいよ彼も物語に絡んでくるのでしょうか。
新ウルトラマン列伝 ウルトラマンギンガ ケムール人

オマケのスパークドールズ劇場はケムール人も参戦。
黒幕の正体に迫る内容でしたがハッキリした内容は提示されず・・・
ウルトラマンタロウもギャグをやったりヒカルにアドバイスをしたり、
ウルトラ念力を使ったりCMに出演したりとかなり忙しいですねw


そして公式HPでは、ウルトラマンギンガ劇場SPのポスター画像が更新されておりました。
ウルトラマンギンガ 劇場SP
何と、新たな参戦キャラクターとして「ウルトラマンティガ」と「ダークザギ」の登場が決定!
ティガはティガダークとしてTVに登場する事が決定していましたが、今度はマルチタイプでの登場ですね。
そして前々から復活の噂が絶えなかったダークザギも遂に復活!
恐らく誰かがダークライブした姿なんでしょうが、果たしてどの様な活躍を見せるのでしょうかね~
ウルトラアクト化も決定し、ソフビも出るダークザギの活躍から目が離せませんw

youtubeでは、先週のウルトラマンギンガ第1話を配信中です。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(8)トラックバック:(0)|18:56

ゴジラ3D、今週中に色々と新情報が発表される・・・かも?

godzilla 2014
来年の5月に公開予定であるハリウッド製ゴジラ最新作「GODZILLA」ですが、
いよいよ今週に開催が迫った「Comic-Con International」(通称:コミコン)にて、
また何かしらの続報が公開されるみたいですね。
http://blog.livedoor.jp/news_rumor/archives/6667969.html
http://cia-film.blogspot.jp/2013/07/godzilla-news-3d.html

思えば昨年のコミコンでサプライズ発表された本作でしたが、
まさかこの1年間何の映像も出てこないとは思いもしませんでしたw
撮影自体は順調に進んでいる様で、アメリカはおろかハワイまでもがその舞台になっているそうです。
日本も何らかの形で出る事は決まっているみたいですし、
今度のコミコンで新たな予告映像か特報が公開してほしいものですね~

この調子だと、ゴジラそのもののデザインが公開されるのも公開直前になる気がします。
まずは体の一部やシルエット等で見せて行き、期待感を煽るやり方にするのでしょうかね?
(VFXの方も製作中でしょうし)
とりあえず今はコミコンの開催を待ち、何かしらの情報が出ればまた記事にしてご紹介したいと思います。
せめて主演俳優達が映っている映像ぐらいは流れて欲しいと期待を込めつつ・・・
(コミコンは、現地の7月18日からサンディエゴにて開催となっております)


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|18:06

【ゆっくり劇場】オリジナルウルトラマン~サークル&クロス~part2 後編

http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1366.html
第1話は上の記事からどうぞ!


【ゆっくり劇場】オリジナルウルトラマン~サークル&クロス~part2後編
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21346218

ニコニコ動画「ウルトラサークル」のオリジナル同人ウルトラマン作品、
ウルトラマンサークル&クロスの第2話の後編が公開されました!
私まなしなは、この回から登場するウルトラマンのデザイン案を募集された中から纏めてリデザインし、
それを絵師の「doubt」さんに更にかっこよく仕上げて頂きました。
(ついでに私は、動画製作の監修という名の口出しも少々・・・)

動画製作を担当している「ドド助」さんが時間をかけて編集してくれただけあって、
ウルトラマンと怪獣のバトルシーンもかなり凄いクオリティに仕上がっています。
これは是非多くの方に見て頂きたい!
イラストだけでも、ここまで凄いバトル演出が出来るものなのかと私自身も驚きましたので。

私が作っている同人作品の「ウルトラ大戦争」も、第2話目の編集の真っ最中。
そちらも、夏休み中にはアップ出来るものと思われますので、今しばらくお待ち下さいませ・・・

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|10:19

【動画投稿】 ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻 part6

第1回目の記事はこちらになっています!
http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1466.html


ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻6
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21341001

私の手書きイラストによるゆっくり怪獣解説動画の第六回目を投稿致しました。
第六回目はウルトラマンレオより「円盤生物ノーバ」をご紹介。
動画製作中に怪獣総選挙でもまさかの抜擢だったので、良いタイミングでした。
円盤生物は本当に素晴らしい・・・

今回から謎のオマケコーナーも挿入しましたが、
何故始まったのかは今後の展開を見ていけば段々と理解出来るのではないかと。
完全な茶番劇なので深く考えずにお楽しみ下さいませ。

◆登場キャラクター紹介
ゆっくり射命丸
ゆっくり射命丸
東方Projectに登場する、射命丸文・・・に似た何か。
幻想郷生まれの烏天狗で、「文々。新聞」と呼ばれる新聞を発行している記者でもあります。
ネタを探しに外の世界に行く事もあり、大量にバラ撒かれる号外記事のせいで頭を痛める人もしばしば。
「きめぇ丸」が取材に徹する際の姿であり、この射命丸こそが彼女の本来の姿です。
幻想郷随一の高速飛行能力を備えており、今日もネタ探しの為に各地を飛び回っています。
そして幻想郷で「クイズバトル」を流行らせてしまった全ての元凶。

今回も面白いと感じて頂けたら動画へのコメントや、マイリスト登録して頂けるとありがたいです。
では、お楽しみ下さいませ~
youtubeでは、「ゆっくり霊夢とやる夫が学ぶ 昆虫大百科」のpart5を投稿しております。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|09:52

DXギンガスパークを購入&ウルトラマンギンガ第1話ネット配信開始!

ウルトラマンギンガの変身アイテムである、「DXギンガスパーク」を昨日購入しました。
私はあまり「なりきりアイテム」を集めない人間なんですが、
今回はソフビ人形等と連動するという事もあり、珍しく入手しております。

DXギンガスパーク
劇中では「銀河神社の御神体」として祀られていた謎のアイテム、ギンガスパーク。
デザインも今風ながら、どこか大昔の日本で作られた様なフォルムに見えなくも無いですね。
ウルトラシリーズでお馴染みのスティック型のなりきりアイテムであり、
単四電池を3本入れる事で機動します。(電池は別売りなので要注意!)

DXギンガスパーク0
こちらは背面です。
上の方にある黒いスイッチを○側に入れると、待機音が鳴り続けます。
これでギンガスパークは「召喚モード」になるんですね。
この時、前面にある白いクリスタル部分が7色のLEDで綺麗に発光するのがお見事!
トリガーを引くと、劇中でウルトライブしたヒカルが使用していた様に斬撃音が鳴り響きます。

DXギンガスパーク1
待機モード中に怪獣などの「ライブサイン」を先端部分に当てて読み込ませると、
「ウルトライブ! ○○○!!(スキャンしたキャラクター名)」と音声が鳴ります。
そしてトリガーを引くと対応した怪獣の鳴き声、もしくは効果音が鳴り響きます。
音質に関しては文句無しで、非常に鮮明でクリアな音なのでビックリ。
何時でも好きな怪獣の鳴き声を聞く事が出来るというのも、個人的に高ポイント!

DXギンガスパーク2
両端にあるブレードを展開すると、「変身モード」になります。
この時にスキャン出来るライブサインは、赤い色をしたもののみとなっています。

DXギンガスパーク3
そしてライブサインを読み込ませると、
「ウルトラーイブッ! ○○○!!(スキャンしたキャラクター名)」と音声が鳴ります。
ここでトリガーを引くと・・・

DXギンガスパーク4
カシャッという音と共に白いクリスタル部分のカバーが開いて、ウルトラマンギンガを模した顔が出てきます。
この顔も、7色のLEDで光るので非常に美しい見た目になっていました。
そしてそれと同時に「変身音」が鳴るのですが、何と各ウルトラマンに対応した変身音が流れるので、
このギンガスパークには歴代ウルトラ戦士の変身音が入っているという事に・・・
これだけでも十分買う価値があるアイテムだと思いますよ、これ。
(ちなみに、ソフビ人形が無い場合でもトリガーを引くだけでウルトラマンギンガの変身音が鳴ります)

DXギンガスパーク5
そして説明書には記載されていない隠しギミックという事で、
過去に発売された全てのウルトラエッグをスキャンする事が可能となっています。
この時の音声は何時もの音の後に「エッグ!」という声が付きました。
嬉しい事にまだ500ソフビで発売されていないキャラクターもスキャンが可能であり、
先行でゴルザやメルバ、グドンやウインダム等の鳴き声を聞く事も出来ます!
タッコングやメトロン星人なんかは、鳴き声ではなく効果音でしたが。
これで鳴き声が出るキャラクターは、今後に500ソフビで発売されるという事なのでしょうかね~?

以上がギンガスパークの簡単なレビューとなっています。
ウルトラマンの変身道具では間違いなく今までで一番遊べるアイテムでしょうし、
今後の展開を見据えても、あとどれだけ音声が収録されているかも不明。
これ1つ持っているだけで、当分の間は楽しめると思います。

そしてyoutubeでは、ウルトラマンギンガの第1話が公式配信を開始!
列伝を視聴出来ない地域の方は、是非この機会にご視聴下さいませ~



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(7)トラックバック:(0)|18:41

人気投票企画、ウルトラマン&ウルトラ怪獣総選挙!

さて、ネット上でも円谷プロダクション創立50周年を盛り上げる新企画が発表されています。
まずは円谷プロのサイトにて実施されている、「ウルトラヒーロー総選挙2013」!
ウルトラヒーロー総選挙2013
http://m-78.jp/ranking/

こちらは「twitter」及び「Facebook」のアカウントを利用して投票が可能であり、
1日1回のみいずれかのヒーローに1票を投じる事が可能なシステムになっています。
(私はtwitterのアカウントがあるので、それを利用しています)
投票期間は2013年8月7日(水)までで、結果発表は2013年8月14日(水)を予定。
今の所、ダントツで「ウルトラマンティガ」の人気が高いですねw
こちらの結果は「円谷プロ公式のキャラクターランキング」として発表されるので、
ファンの方は今後のウルトラシリーズの展開を見据えて投票するのが良いかもしれませんね~
私のイチオシは、当然ながら世代である「ウルトラマングレート」となっております。


それと同時開催しているのが、Yahoo!japanの特設サイトにて公開されている「ウルトラ怪獣総選挙」!
ウルトラ怪獣総選挙
http://event.yahoo.co.jp/tsuburaya50/

こちらは怪獣1体毎に1日1回の投票が可能であり、誰でも参加が可能となっています。
怪獣の面子はウルトラマンシリーズに登場した48体の怪獣達に加え、
ブースカとカネゴンの2体を加えた合計50体の怪獣が選ばれているので、その中から選んでの投票です。
カテゴリーは宇宙人達が集う「チームエイリアン」、宇宙怪獣が集う「チームスペース」、
地球出身及び地球の事が好き?である「チームアース」の3種類でまとめられていますね。
2013年7月29日(月)に投票状況の中間発表を行い、投票受付は2013年8月7日(水)の24時まで。
投票結果発表は2013年8月14日(水)に公開されるそうです。

この企画、上位キャラクターがセンターに来る50体のウルトラ怪獣が集まった壁紙が後に配布されたり、
「上位5位までに入った怪獣は【円谷プロ推しメン怪獣】として、
今年秋発売予定のカードゲーム「大怪獣ラッシュ(外部サイト)」やその他の取り組みでフィーチャーしていく」

という豪華な特典もあるので、ウルトラ怪獣好きの方は是非参加して下さいませ。
特典を見る限りではマイナー怪獣を推した方が面白そうなんですが・・・
現状では「バルタン星人」と「ゼットン」が圧倒的投票差で1位争い中w
私は大好きな「エンペラ星人」と「ノーバ」を推していく所存です。
ウルトラ怪獣総選挙 ダークザギ
・・・しかし、全怪獣にご覧の様な選挙ポスターがあるのに爆笑しましたw
ダークザギは四月馬鹿以上のキャラクター崩壊を見せていますし、他の怪獣も是非ご覧になって下さいませ。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(10)トラックバック:(0)|00:03

ウルトラマンギンガ 第1話感想

新ウルトラマン列伝 ウルトラマンギンガ
本日、新ウルトラマン列伝内にてウルトラマンギンガ第1話が放送されました!
第1話 「星の降る街」
※youtube配信組の方のネタバレになるので、あらすじ紹介は省かせて頂きます。

遂にウルトラマンギンガ第1話が放送されました。
OPは通常の新ウルトラマン列伝と同じですが、バックの映像が全てギンガ仕様になっていましたね。
主人公の礼堂ヒカル、幼馴染の石動美鈴、渡会健太、久野千草。
彼らが織り成す一夏の青春物語というストーリーも非常に解りやすく、
彼らを取り巻く礼堂ホツマ、白井杏子、柿崎太一という大人達のキャラもみんな立っていました。
ヒカルは活発的でノリの良い青年であり、非常に良い主人公キャラとして輝いていたと思います。

そして陰ながら彼らを見守り、遂に出会ってしまったウルトラマンタロウ。
彼らウルトラマンや怪獣達は別の宇宙で大きな戦争をしている最中に、
謎の敵が所持する「ダークスパーク」の力で「スパークドールズ」と呼ばれる人形に変貌させられてしまい、
その中でもタロウだけが人形状態でも意識を保ち続けているそうです。
なので人形状態のタロウがもう喋る喋るw
「ウルトラ念力」等も使用出来るので役に立つのかと思いきや全くの役立たずっぷりで、
事ある毎に酷い目にあっていて大笑いしましたw
ナビゲートキャラと言うよりは、完全にマスコットキャラと化していましたね。
今後もかなりの笑いを誘いそうなので期待大です。

対する敵側ですが、ダークスパークを所有する謎の黒幕は腕とシルエットのみが登場。
声が加工されていましたが、何と声優は「杉田智和」さん!
ギンガをかなり憎んでいる様子で、配下のバルキー星人を操って各地で騒ぎを起こす様子。
そのバルキー星人もノリノリの性格であり、悪役ながらかなり憎めない仕様でしたw
ちなみにバルキー星人の声優は「橋本達也」さん。
バルキー星人は第1話では不法投棄業者の前に姿を現しますが、
クネクネ動いたかと思うと突然猛ダッシュで近付いて来るなど、
笑いの中に狂気が垣間見える演出だったので怖い面もしっかり強調されていたのがナイス!
道化師的なイメージなのでしょうかね。

その後、ヒカルは偶然見つけたブラックキングにウルトライブ!
ヒカルは初変身でノリノリだったり、ちゃんとブラックキングの「変身シーン」もある等、
事ある毎に視聴者を笑わせに来ていましたねw
不法投棄業者が変身したサンダーダランビアとの戦いも重量感が溢れる演出であり、
擬似的な大怪獣バトルを見ている様でワクワクしました。
山中にある小さな小屋などセットも細かく作られていましたし、
特撮面に関しては今後も心配しなくて良さそうでしたね。
その後、遂に本命のウルトラマンギンガが登場!
タロウすらその存在を知らなかった謎のウルトラ戦士であり、
こちらも重量感のある戦いっぷりでサンダーダランビアを圧倒。
必殺技の演出も思っていたより派手でしたし、素直に「かっこいい」と思えました。
ギンガの戦闘テーマも、挿入歌として表現されていたのに痺れましたね~
新ウルトラマン列伝 ウルトラマンギンガ サンダーダランビアvsブラックキング

こうして盛りだくさんの内容ながら、各キャラクターをしっかりと描写していた第1話。
笑いあり青春ありの新ウルトラマンが遂に始まったという事もあり、
毎週水曜日がこれまで以上に盛り上がりそうですね。
こちらはyoutubeやバンダイチャンネル等にてネット配信される予定なので、
見られない地域の方はそれらでチェックして下さいませ。
次回の第2話は、これまた怖い演出が待っていそうなケムール人が登場予定!

そして、本編のラストには「スパークドールズ劇場」なるミニコーナーも存在。
ギンガ本編もそうですが、この流れは完全に「ウルトラゾーン」まんまでしたねw
youtubeでは、先週の新ウルトラマン列伝を配信中です。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(12)トラックバック:(0)|18:46

電光ヒーローコレクション アノシラス&明日よりウルトラマンギンガ放送開始!

では、「電光超人グリッドマン」の怪獣ソフビ人形レビュー記事です。
第6弾目は、こちらのキャラクターとなっております。

電光ヒーローコレクション アノシラス
電子アニマル アノシラス
第6話「恐怖のメロディ」に登場した怪獣です。
バギラが襲おうとした楽器店のコンピューターワールド内に出現し、
全身に硬い貝殻の様な装甲を持っており、バギラの攻撃を次々と弾き返しました。
そして角から放つ音波ビームによってバギラを倒し、更に口からは修復光線を出す能力も備えています。
しかしその強さに目を付けたカーンデジファーによって操られてしまい、
凶暴な「音波怪獣 アノシラス」へと変貌。
顔付きが角の形が凶悪になった他、口からは殺人音波を発する様になってしまいます。
その後は電子世界に住む女の子「ユニゾン」や戦闘中にゆかによって送り込まれた心地よい音楽により、
最後は正気に戻っています。

グリッドマンでは珍しい善玉怪獣、アノシラスのソフビ人形です。
全身が丸っこいスタイルになっており、タッコングの系譜を受け継ぐ怪獣の1体ですね。
サザエの様な巻貝状の甲羅の造形は、細かくてよく出来ています。

電光ヒーローコレクション アノシラス0
正面から。
甲羅の裏側もちゃんと造型されている点が嬉しい所。
経年劣化によって、角等が少し曲がっちゃっていますね。
成型色は茶色で、お腹に藤色のスプレーが施されていますが・・・劇中では全身がグレーや黄土色なんですよねw

電光ヒーローコレクション アノシラス1
背面です。
甲羅部分にグリーンのスプレーが吹いてあります。
ここだけ見ると、貝の怪獣にしか見えませんね。

電光ヒーローコレクション アノシラス2
こちらは付属タグ。
今回商品化されたのは、誰にも操られていない通常版の造型になっています。

この後、アノシラスの偽物である「ニセアノシラス」が第17話「孤独なハッカー」に登場。
そのスーツは後に「テレボーズ」へと改造されています。

そして明日より、「新ウルトラマン列伝」にて「ウルトラマンギンガ」が放送開始!
いよいよ新たなウルトラマンの物語が、我々の前にやってきます!



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|18:47

ウルトラマンギンガ対応ソフビ ウルトラヒーロー500&ウルトラ怪獣500 8月分

新ソフビシリーズ、ウルトラヒーロー500とウルトラ怪獣500の8月発売分が、
各ホビーサイトやネットショップにて予約が開始されていますね。
新ソフビを2つ買うと貰える「ヒーロー怪獣図鑑手帳」をお持ちの方は既にご存知でしょうが、
8月発売分商品のサンプル画像も公開されているので、
個人的に気になっている怪獣ソフビ人形を中心に取り上げて行きたいと思います。

ウルトラヒーロー500ウルトラ怪獣500 8月分

・ガヴァドン(B)

定番ソフビ人形では初商品化のガヴァドンB!
新ソフビシリーズ初の4つ足怪獣という事で、そのボリュームも注目する所だと思います。
一応前足が別パーツになっているので、全く動かないという事は無いみたいですね。

・シーゴラス

定番ソフビとしては久しぶりの登場となるシーゴラスです。
自慢の角や鬣もボリュームがありそうなので楽しみな商品ですね。
今回はタイラントのパーツとして商品化されているだけに、嫁のシーモンスの商品化は果たして?

・バラバ

シーゴラスと同じく、定番ソフビとしては久しぶりの登場となるバラバ。
全身の武器パーツもしっかり再現されており、塗装もかなりいい感じに仕上がっている様に見えますね。
頭の剣パーツは流石に一体成型になっている様子。

・キングクラブ

シーゴラスやバラバと同じく、久しぶりの定番復帰となったキングクラブ。
口にある大きな牙が左右で大きさが違うなど、スーツの特徴をよく捉えた造形になっています。
9月発売のハンザギランといい、タイラントのパーツだけにマイナーながらも定番入りするのは嬉しいですね。

・ドラゴリー

ウルトラマンメビウスで復活しながら中々定番ソフビ化しなかったドラゴリーが、遂に初定番ソフビ化!
造形はメビウス以降で使用されているスーツを元に造型されているみたいですね。
お腹の模様なども塗装で再現されているので、今から手に取るのが楽しみな商品の1つです。

・モチロン

その特異なフォルム&デザインでインパクトのあるモチロンも初定番ソフビ化!
ウルトラマンタロウらしい怪獣という事で、その代表格として選ばれたのでしょうかね~
食玩の対決セットシリーズのモチロンと並べて飾りたい所。

・ジャシュライン

メビウスを黄金像に変えた宇宙の猛者、ジャシュラインが初定番ソフビ化!
と言うより、そもそもジャシュラインは今回が「初商品化」なんですよね~
元のスーツの塗装が細かいので商品の塗装が省略されがちですが、こちらも早く手に取りたい商品ですね。

他にもウルトラマン版アントラー、ウルトラマン80版サラマンドラ、ゴルザが初リメイク。
ウルトラ銀河伝説以降で登場したスーツの造型のベムスターも初商品化ですし、
ダークザギも初定番入りと何かと話題に欠かない8月分のラインナップ。
ここから今回の500ソフビシリーズの「本気」が見えてくると私は感じております。
ちなみに発売日は8月3日辺りを予定しているんだとか。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(8)トラックバック:(0)|18:06

ニコニコ生放送特番「ウルトラマン」座談会&「ウルトラマン」無料上映会<追記>

いよいよ今夜の19時より、ニコニコ生放送にて円谷プロダクション公式生放送が開始します!
◆放送スケジュール
7月7日(日)19時~「ウルトラマン」#1、2 無料上映
7月7日(日)20時~ ニコニコ生放送特番「ウルトラマン」座談会


http://live.nicovideo.jp/watch/lv142250965

みんなでウルトラマンの第1話&第2話の放送を楽しみましょう!
そして20時からは黒部さんや桜井さんも交えた、特別座談会の模様も放送します。
生で見れないという方は、事前に「タイムシフト予約」を先にしておく事をお勧め致します~

※この記事は、放送終了後に内容の感想などの情報を更新する予定です。


という事で、3時間の生放送企画が終了!
いやー、とても楽しい時間でした。
まずはウルトラマンの第1話と第2話の上映から始まりましたが、
みんなのコメントやツッコミ所がほとんど同じだったので大笑いw
やはり何回も見ている人が多いので、セリフなんかもみんなスラスラ書いていましたね~
初見の方も楽しんでくれたみたいですし、明日以降は13話まで毎日生放送するのでそちらも楽しみにしましょう。

そして始まったウルトラ座談会!
超ウルトラマニアの唐沢俊一さんや清水節さんを迎え、ウルトラマンの思い出やトリビア話などを交えて進行。
司会の人も割と詳しい方の人間だったので、比較的スムーズにBD-BOXの宣伝も出来ていましたね。
しかしHD画質のBD版ウルトラマンは本当に綺麗で驚いてしまいました。
うーん、近い内に買うかどうか悩んでいます・・・

ニコニコ生放送企画ではお馴染みとなった、ウルトラマンナイスとマグマ星人の司会コンビも復活!
ニコニコ生放送 ウルトラマン
この夏に全国各地で行われる予定のイベントの数々を紹介してくれました。
またウルトラマンフェスティバル2013でも、
この2人がそれぞれ主役?のふれあいステージも予定されているそうなので、続報に期待していますw
声優ネタという事で、ナイスが「ヒッポリト星人・地獄のジャタール」のモノマネをしたのにもウケましたw
他にもマグマ星人が「怪獣ラボ」を作っている博士と絡んで商品紹介をしたりと、
ニコニコ生放送ならではのやりたい放題な企画が満載でお腹いっぱいですw

今回の企画の目玉である、
ハヤタ隊員役の黒部進さん、フジ隊員役の桜井浩子さんを交えたトークショーも開催しています。
ニコニコ生放送 ウルトラマン0
黒部さんはニコニコ生放送は初登場だったので、コメントを読んで面白がっていましたね~
お二人共に当時の苦労話や1クール目のベストエピソードを挙げたり、終始ファンを沸かせてくれました。
途中で乱入してきたバルタン星人を迎え撃つ為に、黒部さんがウルトラマンに生変身するサプライズも最高!
しかも光線技はみんなのコメントで再現というニコ生ならではの趣向を凝らした演出もあり、
非常にノリの良いファンの人が多いなーというのを再認識しましたw

他にもウルトラマンギンガや今後発売予定のDVD等を宣伝し、今回のニコニコ生放送は無事終了。
個人的に一番嬉しかったのは、黒部さんと桜井さんへの質問コーナーにて、
「共演された小林昭二さん(ムラマツキャップ)について」という私の質問コメントが採用された事!
まさか採用されるとは思っていなかったので、もう一人でただただ驚いていましたよ・・・w
5万人近くが訪れて大盛況でしたし、是非今後も継続的にこういう企画を行って貰いたいですね~


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|17:14

【動画投稿】 ゆっくり霊夢とやる夫が学ぶ 昆虫大百科 part5&明日は公式ニコ生!

http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1464.html
第1回目の記事はこちらになっております。

ゆっくり霊夢とやる夫が学ぶ 昆虫大百科 part5
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21287447

ゆっくり昆虫解説動画のpart5をアップ致しました。
第五回目は本棚に潜む昆虫、紙魚界を代表する「ヤマトシミ」について解説します。
紅魔館の大図書館が舞台という事で、やはり本と言えば紙魚の存在は外せないでしょう。
少し前に我が家でも見かけた記憶が・・・
ここから「紅魔館編」という事で、ウルトラ怪獣絵巻と同時進行で話が進んでいく予定です。

◆登場キャラクター紹介
ゆっくりアリス
ゆっくりアリス
東方Projectに登場する、アリス・マーガトロイド・・・に似た何か。
霊夢や魔理沙達と同じく、幻想郷に住むゆっくりキャラクターの一人です。
魔法の森に住む魔法使いであり、
頭の上にも乗っている小さな人形を自由自在に操る事が出来る能力を持っています。
魔理沙のライバル的な存在であり、魔理沙のマイペースぶりに翻弄される事もしばしば。
しかし意外と世話好きであり、困っている人に手を差し伸べる優しさも持ち合わせています。
趣味は読書と人形作り。

今回もどちらかと言うと不人気な虫を取り上げてみたpart5。
では、どうぞお楽しみ下さいませ~
(面白いと思っていただければ、動画へのコメントやマイリスト登録をして頂けると有難いです)

youtubeにて、「ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻」のpart5を公開しました。



<告知>
既に円谷プロダクションの公式HPでも発表されていますが、
明日の午後7時からニコニコ生放送にて、ウルトラマンの公式生放送が配信される事になりました!
http://m-78.jp/news/n-1933/
ニコニコ生放送特番「ウルトラマン」座談会&「ウルトラマン」無料上映会
◆放送スケジュール
7月7日(日)19時~「ウルトラマン」#1、2 無料上映
7月7日(日)20時~ ニコニコ生放送特番「ウルトラマン」座談会
◆出演者
・黒部進
・桜井浩子
・唐沢俊一(作家・評論家)
・清水節(編集者・映画評論家)
・ウルトラマン


放送先URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv142250965

黒部さんや桜井さんも交えた、かなり豪華な内容の特番になる模様です!
更にお馴染みのウルトラマンナイス達も登場するみたいですね~
ウルトラマンの第1話及び第2話をみんなでワイワイ見れるという素晴らしい企画なので、
是非皆様もご参加下さいませ。
この時間に見れないという方は、「タイムシフト予約」を事前にしておく事をお勧め致します。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|12:44

大怪獣ラッシュのキャラクターがソフビ化!&新作玩具情報

連日の様に新商品情報が出ていますが、まだまだウルトラマンギンガ関連グッズは止まりません。
ハピネット・オンラインより、9月や10月以降の商品が少しだけ発表されていました。
http://www.happinetonline.com/NASApp/mnas/MxMFront?Action=prd_mall_top


9月
・ウルトラマンギンガ ソフビジオラマバッグ
(DXギンガスパークや、500ソフビシリーズを収納して持ち運びが出来る専用ケース)


10月
・ウルトラエッグ バトルアタッシュ ウルトラの星Ver.
(ジオラマにもなるバトルアタッシュに光の国バージョンが登場!ウルトラエッグを9個まで収納可能)

・ウルトラエッグ タイラント
(ウルトラマンギンガでも大活躍予定のタイラントが、ウルトラエッグになって登場!)

・超発光!DXウルトラマンギンガ
(全高約360mmのフィギュアで、各部に七色に光るLEDを使用し必殺技音も搭載!)

・クロスチェンジ! DXギンガブレス
(光る鳴る、ウルトラマンギンガの腕のクリスタル部分を再現したブレスレット!)

・大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア ギャラクシーハンターズ バルタンバトラー・バレル
(500シリーズと同サイズで、ライブサインと特製データカードダスが付属したソフビ人形が登場!)

・大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア ギャラクシーハンターズ ガッツガンナー・ガルム
(500シリーズと同サイズで、ライブサインと特製データカードダスが付属したソフビ人形が登場!)

・大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア ギャラクシーハンターズ マグママスター・マグナ
(500シリーズと同サイズで、ライブサインと特製データカードダスが付属したソフビ人形が登場!)

・大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア 3Dカードメーカー
(特製シートを使用し、オリジナルの大怪獣ラッシュカードを12枚製作可能なカードキット!)

・大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア ハンターズデッキケース
(ハンターカード10枚とICカード1枚が収納できる、Uキラーザウルスデザインのカードケース!)


11月
・DXライブパッド
(ウルトラパッドに、ライブサインを読み込める新機能を搭載!シートや音声等も全て一新した新商品!)


遂に始まる大怪獣ラッシュに向けて、連動する新商品がどんどんと出るみたいですね~
主役級の3人の宇宙人もイベントにて情報があった通り、500シリーズと同仕様で商品化が決定。
100円値上がりする代わりに、大怪獣バトルの時と同じく特製カードが付属するそうです。
そしてウルトラエッグでもタイラントが登場したり、ソフビと連動する新商品が盛りだくさん!
ウルトラヒーロー500やウルトラ怪獣500の新情報は、恐らく後々に出る事だと思われます。
今年というか、ギンガの第一シーズンがある来年の春までは商品ラッシュが止まらない勢いですね~


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|00:10

ウルトラマンフェスティバル2013の限定商品が公開へ!

さて、今年もウルトラマンフェスティバル限定商品が当然ながら存在します。
例年通り公式オンラインショップでの通販や、
全国各地のウルトラマンオフィシャルショップで販売も実施されるという事なので、
ウルフェスに行く事が出来ない方も安心ですね~
という事で、今年の主な限定商品はこちらになります。


指人形 ウルフェス限定
まずはお馴染みの限定指人形から。
今年は
シャイニングウルトラマンゼロ(クリアカラーバージョン)
ゼロダークネス(クリアカラーバージョン)
ウルトラマン(クリアカラーバージョン)
ウルトラセブン(クリアカラーバージョン)
ウルトラマンタロウ(クリアカラーバージョン)
の全5種類。
7月26日から各126円で発売開始となります。


ウルトラエッグ ウルフェス限定
続いてはウルトラエッグ。
遂にウルトラエッグもイベント限定商品が登場しました!
それはウルトラマンティガのリペイント商品という事で「ティガダーク」!
その内ゼロと同じくティガのバリエーションも出るんだろうな~とは思っていましたが、
まさかのティガダークが1発目になろうとは。
7月26日から発売開始で、お値段は945円。


ウルトラヒーロー500 ウルフェス限定
恒例の限定ソフビ人形も当然存在しており、今回からは500ソフビがその対象になる事になりました。
という事で
ウルトラヒーロー500 ウルトラマンゼロ ルナミラクルゼロ(クリアブルーラメバージョン)
ウルトラヒーロー500 ウルトラマンゼロ ストロングコロナゼロ(クリアレッドラメバージョン)
の2種類がまずは決定!
前年に引き続きこの2タイプの限定ソフビになりますが、今回はメタリックカラーではなくクリアラメ仕様に。
ウルトラマンゼロの発売が9月ですし、現状ではこの2タイプの通常版が出る事も決まっていないので、
これも一応「先行販売」になりますね。
7月26日から発売開始で、お値段は嬉しい据え置き価格の各525円。


ウルトラヒーロー500ウルトラ怪獣500 ウルフェス限定
そして限定ソフビは更に2種類が存在。
それは
ウルトラヒーロー500 ティガダーク(クリアブラックラメバージョン)
ウルトラ怪獣500 ケムール人(消失バージョン)
でした。
ウルトラエッグに続き、ティガダークも限定品としてクリアラメバージョンが登場。
実はティガダークはてれびくんの次号予告画像でウルトラマンギンガに登場が決定しており、
それに合わせて限定エッグ&ソフビ化という事情みたいですね~
勿論、現状では通常のティガダークの販売予定はまだありません。
そしてケムール人はその特殊能力を表現してか、
全身が白く透けて銀色に輝く怪しげなカラーリングで登場。
でもケムール人が液で相手をそうするのであって、自分自身は消えないんですけどねw
(ウルトラQ本編ではそういう形での自滅でしたが)
こちらも各525円ですが、発売日は8月12日からなのでお間違えの無い様にお願い致します。


上記のソフビ人形4種類は「DXギンガスパーク」を使用する事により、専用の音声を聞く事が出来るそうです。
ウルトラエッグに500ソフビと、ウルフェス限定品にも新しい風が流れ込んできた感じですね~
ちなみにギンガの限定商品がありませんが、
この時期には大漁のギンガ商品が発売されるので、それと被らない様にしたのではないでしょうか。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|00:56

新ウルトラマン列伝 第1話

新ウルトラマン列伝
本日、第1話が放送されました!
第1話 「特別総集編 光との出会い」
歴代ウルトラシリーズより、総集編の内容を放送しました。

まずは新OP「Legend of Galaxy~銀河の覇者」がお披露目。
個人的にはかなり好感触で、爽やかながら熱いものを感じました。
映像は今回の内容のものを流していましたが、ギンガ回じゃない時は毎回映像を変えるのでしょうかね?
そして舞台は光の国へ。
空を見上げてウルトラマンゼロの事を想うウルトラセブンに、声をかけるウルトラマン。
ゼロがまた大きな試練を乗り越えて成長し、仲間と共に戦い続けている事を二人は喜びます。
会話の内容が「地球人との絆」になると、そこにゾフィーも登場。
地球人とウルトラマンの出会いを振り返る良い機会だと3人は話し、
歴代ウルトラ戦士と地球人の出会いを振り返ります。

まずはウルトラマンの第1話より、ウルトラマンが科学特捜隊のハヤタ隊員と出会い、
ベムラーを倒す為にウルトラマンに変身した所からスタート。
ハヤタとして地球人と共に過ごす内に地球人に惹かれたと懐かしみながら話すウルトラマン。
ウルトラセブンも同様であり、自分の命を捨てて仲間を救おうとした男、
薩摩次郎との出会いをセブンは回想します。
この男をモデルにしてモロボシ・ダンとなり、ウルトラ警備隊に入隊したセブン。
地球人は何かを守ろうとした時に大きな力を発揮すると解説したゾフィーは、
別次元の宇宙でのお話も交え始めます。
航空自衛隊の隊員である真木舜一と出会い、邪悪なるスペースビーストのザ・ワンと戦った、
ウルトラマンザ・ネクストについても解説。
遂に映画「ULTRAMAN」も列伝にて取り上げられましたね~
地球の生物を取り込んで新化するザ・ワン、ジュネッスとなり激しい空中線を見せたザ・ネクスト。
映画の見せ場を取り上げつつ、ザ・ネクストのその後としてウルトラマンネクサス最終回もチョイス!
ちゃんとザ・ネクスト=ネクサス=ウルトラマンノアという設定を解説してくれましたね。
BGMも「NOA 奇跡をその手に」なのがグッド!

CMを挟み、ZATの東光太郎と融合して誕生したウルトラマンタロウも取り上げます。
ちゃんとゾフィー達が光太郎を光の国に運んだ事についても言及w
アストロモンスを相手に奮闘し、そして映像はタロウの教え子であるウルトラマンメビウスへ。
ディノゾールを相手に戦い、勝利したメビウスに罵声を浴びせるリュウ。
まだ未熟なメビウスは街の被害を考慮せずに戦ってしまい、被害が広がってしまったのでした。
しかしメビウスは後にリュウ達と絆を深めて行き、
ウルトラマンと地球人の関係に新たな一面を見せた事などちゃんと成長した点もフォロー。
そして映画「ウルトラマンコスモス THE FIRST CONTACT」へと話は移り、
バルタン星人の攻撃で負傷したコスモスを、幼き春野ムサシが救った場面を取り上げます。
子供は時にウルトラマンを救うほどの大きなポテンシャルを秘めている事を褒めるゾフィーでした。

多くのウルトラ戦士が人間と出会い、成長した所を改めて感じ取った3人。
いよいよ新たなウルトラ戦士が地球に降り立つという事で、
「ウルトラマンギンガ」の第1話に関するお話を主人公の礼堂ヒカルがナビゲート!
簡単な設定の紹介から第1話の見所を映像と共に紹介してくれましたが、本当に次回が待ち遠しくなりました!
今回驚いたのは、恐らくバルキー星人を影から操る「黒幕」であろうシルエットが登場した事でしょう。
新ウルトラマン列伝 ウルトラマンギンガ黒幕
二本の角を携え、各部を赤く輝かせる謎の巨人!
「ダークスパーク」を手にしてウルトラマンギンガと激闘を繰り広げていましたが、
恐らく新キャラクターなのではないのかな~?と。
今後、その正体も明かされる事でしょう。

いよいよ次回から始まるウルトラマンギンガ!
このブログでも「ウルトラマンギンガ」のカテゴリーで追いかけて行きたいと思います。
新ウルトラマン列伝のカテゴリーは、あくまでその他の回のみ取り上げるという事で。

youtubeでは、ウルトラマン列伝の最終回を配信中。
引き続き新ウルトラマン列伝も毎週金曜日から配信される予定です。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|18:54

ウルトラボーン ガシャポンエディション第2弾が発売決定!

先日に食玩版のウルトラボーン第二弾が発売されたり、
ウルトラボーンガシャポンエディション第一弾が再販されたばかりですが、
この度ウルトラボーンのガシャポンエディション第二弾の発売が決定しました!
http://www.themachineguns.net/title.php?title_id=5080

ウルトラボーン ガシャポンエディション2
ウルトラボーン ガシャポンエディション2
10月中旬発売
1回200円
◆ラインナップ
・ペスター
・ダダA
・ダダB
・ダダC
・シーボーズ
・タイラント
◆商品仕様
既存のウルトラボーンと組み換え遊びが可能!
全種にノーマルカラー、ブラックカラー、蓄光カラーが存在!


さて、遂に骨怪獣のシーボーズがラインナップに登場しましたねw
ウルトラエッグ化といいタッコング同様の優遇ぶりを見せているシーボーズですが、
元から骨状態なだけにボーン化しても違和感0なのが嬉しい所でしょうか。
そしてウルトラマンギンガに合わせてか、早くも合体怪獣のタイラントも登場が決定。
よく見ると、腹はベムスター、足はレッドキングと既存キャラのパーツを丸々流用しているような・・・w
ある意味正しい使い方かもしれませんね。
そして今回の変わり種枠は、特異な体型をしたペスター!
横にペスター同士を連結させる事により「夢の無限ペスター」が出来るそうですが・・・誰の夢なんだよとw
ジョイントを見ると上にも連結させる事が出来るみたいなので、かなりカオスなボーンが生まれそうな予感。
最後のダダですが・・・まさかの3タイプ同時商品化という事で、今回のラインナップを半分占めていますw
これはダダ地獄にハマりそうな予感がひしひしとしますね~

食玩版の第二弾に引き続き、蓄光カラーバージョンも加わったガシャポンエディション第二弾。
今回も全色コンプリートするのはかなり難しそうですね~
(私はボーン1弾目の時点で色違い収集は諦めていますw)


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(7)トラックバック:(0)|17:58

ULTRA-ACT ウルトラマンタロウ

ULTRA-ACT(ウルトラアクト)の最新作が、先週末より発売開始となっています。
今回商品化されたのは、こちらのキャラクターとなっています。

ウルトラアクト ウルトラマンタロウ
ウルトラマンタロウ
ウルトラの父とウルトラの母の実の息子であり、ウルトラ兄弟の6番目を担う存在です。
瀕死の重傷を負った「東光太郎」と一体化し、様々な怪獣や宇宙人と地球上で戦い続けました。
内に秘めた能力はウルトラ兄弟の中でも一番だと言われており、
アクロバティックな戦闘や特殊能力の数々で敵を翻弄。
後に宇宙警備隊で新人育成の筆頭教官として抜擢され、
ウルトラマンメビウスなど数々の若きウルトラ戦士を育て上げています。
ウルトラマンギンガでは「スパークドールズ」と呼ばれるソフビ人形にされながらも、
唯一意識を保ってその能力の片鱗を使用出来る存在として活躍する予定になっています。

ウルトラ6兄弟の末弟、タロウもウルトラアクトで待望の商品化となりました!
今年はタロウ放送40周年という事で何かとタロウが商品化の機会に恵まれる中、
アクトもその流れに乗った形になりましたね。

ウルトラアクト ウルトラマンタロウ0
登場シーン等で印象的な「パー手」や、
左腕パーツを差し替える事により初期の「タロウブレスレット装備」バージョンにする事も出来ます。

ウルトラアクト ウルトラマンタロウ1
顔のドアップ。
目付きがややキツめですが、印象としては劇中イメージに近い方だと思います。

ウルトラアクト ウルトラマンタロウ2
可動範囲などはウルトラアクトらしく良好。
お馴染みの片足のみで自立する事も可能です。
よくありそうな怪獣を蹴っているスチール写真風に。

ウルトラアクト ウルトラマンタロウ3
オプションパーツとして、コスモリキッド戦で使用した「ブレスレットランサー」も付属します。
槍の先端は結構鋭いので、取り扱いの際にはご注意を。

ウルトラアクト ウルトラマンタロウ4
こちらはバードン戦等で使用した、巨大化した「キングブレスレット」です。
ちなみに左腕パーツは、ブレスレットを外した状態のものも付属していました。
このキングブレスレットは担当者曰く、ウルトラ怪獣シリーズのバードンに対しても使用する事が出来るそうでw

ウルトラアクト ウルトラマンタロウ5
エフェクトパーツは、必殺技の代名詞である「ストリウム光線」が付属。
ウルトラマンエースのメタリウム光線などもそうですが、塗装があまり似ていないのが残念ですね~
(そして出来れば光線エフェクトも「T字型」にして欲しかった・・・)
そしてストリウム光線ポーズをより自然にする為に、
一部が曲がった状態の胸プロテクターも付属しているので、ポーズはスムーズに決まりました。
お馴染みのピンチ状態を現す赤いカラータイマーも付いています。
ただしこのタイマーは非常に取れやすいのが難点。

以上がウルトラマンタロウの簡単なレビューになります。
9月発売のウルトラセブン、11月発送予定のウルトラの母を揃えれば、
ウルトラマンタロウまでに登場したウルトラ戦士が(セブン上司以外)フルコンプリート!
ウルトラアクトも始まってから数年経ちましたが、ようやくここまで来ましたね~


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|18:26
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ