大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

てれびくんにて、遂にゴジラ特集が本格的にスタート!


本日の午後8時30分より、
ニコニコ生放送にてウルトラマン公式配信が行われます!



児童誌のてれびくんやテレビマガジンの発売日となっております。
ウルトラマンギンガ情報は「ウルトラマンギンガ劇場スペシャル2」と、
新ウルトラマン列伝にて放送予定の「ウルトラマンギンガ番外編」に関するニュースでした。

劇場スペシャルでは強敵であるイーヴィルティガ、カオスウルトラマン、カオスロイドU、
カオスロイドS、カオスロイドTの悪の5戦士に関する情報が掲載されており、
これらは擬似空間内におけるバグによって誕生した「バグレー」なる存在みたいですね。
それぞれの能力はかなり高く、ギンガ、ティガ、マン、セブン、タロウを苦しめるとの事です。
テレビマガジンでは、劇場スペシャルに登場する怪獣達に関する解説コーナーもあるので必見!

番外編のコーナーではマグマ星人がゼットンと共に巨大化し、
月面にてウルトラマン&ウルトラマンティガを苦戦させるシーンが掲載。
更にウルトラマンギンガも駆け付けるなど、ただの番外編では終わらない展開になりそうです。
一応特撮セットも組まれていますし、事実上の「ウルトラマンギンガ第12話」になりそうですね。

てれびくんではいよいよ「ゴジラ」がカラーページの記事になっています。
1ページだけですけど、ゴジラの強さを歴代シリーズの写真を交えつつちゃんと紹介してくれていました。
更に付録のDVDでは、3月より発売される新商品「ゴジラエッグ」に関する特集映像も!
ゴジラエッグCM
映像の中には、こんな感じで歴代シリーズのポスターをパロったかの様な画像も挿入されていますw
本編映像は無く画像と音声だけでゴジラ、モスラ、キングギドラ、メカゴジラ、ガイガンを紹介していました。
しかし児童誌でゴジラの記事などを拝める様になるとは・・・新作公開&60周年はやはり強いですね。
当然ながら、7月より公開される「GODZILLA」についてもポスターと公開日などが掲載されていました。

他にもてれびくんにはウルトラマン、ウルトラセブン、ウルトラマンタロウ、ウルトラマンティガ、
ウルトラマンギンガ、バルタン星人、そしてジャミラとそれぞれのキャラになりきる為のポージング講座も掲載。
ちゃんとジャミラは全国で真似した方が多いであろう、シャツを使った「あのポージング」ですw
トランスフォーマーGo!の第5話も収録されていましたし、盛り沢山な内容で満足でした。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|17:56

ニコニコ生放送 ウルトラマン特番のレポート


本日の午後9時30分より、
ニコニコ生放送にてウルトラマン公式配信が行われます!



昨日ニコニコ生放送にて行われた特別番組、
前田日明とあの最強怪獣の夢の対決実現か 『ウルトラマン』Blu-ray BOX III発売記念特番
の軽いレポート記事をお送り致します。

ウルトラマン ニコニコ生放送
まずはゼットンが会場に乱入し、それを迎え撃つのは何とゾフィー!
しかしゾフィーのM87光線を受け止めたゼットンは光線を撃ち返し、ゾフィーを難なく倒してしまいます。
そこに現れたのは格闘家の前田日明さん!
前田さんとゼットンは激しい格闘戦を演じるのですが、しばらくすると両者は歩み寄って握手。
ゾフィーも再び登場し、この戦いは前田さんを出迎える為のパフォーマンスであった事が明らかとなりますw

ここからは前田さん、山田五郎さん、氷川竜介さんによる対談が行われ、
それぞれがリアルタイムで「ウルトラマン」をどう観ていたのかが語られたり、
山田さんが前田さんと戦わせたい怪獣として「ザラガス」、「ギャンゴ」、「ジャミラ」を紹介するなど、
本編映像もたまに交えつつ進行して行きました。

前田さんへの質問コーナーでは、何と私が送った質問が最初に読み上げられ
PCの前で思わずひっくり返ってしまう事案もありましたが、
前田さんの宿敵とも言えるゼットンの魅力についてたっぷりと語って頂いたのは本当に嬉しかったです。
この場を借りて、私の質問を採用して頂いたスタッフの皆様に感謝の気持ちをお伝えしたいです。

興味深かったのは、リアルタイムで観ていた3人からすると、
「ゼットンのデザインはどこか頼りない風に見えた」という感想があった事でしょうか。
確かに怪獣らしさは皆無ですし、人型そのもののフォルムだけに初見だとそう受け止められたんでしょうね。
これは初代ウルトラマンを最初に見た人だからこその意見だと思います。
(私は本やビデオで、最初からゼットン=最強という刷り込みがあったもので)

ウルトラマン ニコニコ生放送1
前田さんが帰られた後はBlu-ray BOXⅢに収録されている「ウルトラマンのNGフィルム」の一部が公開されたり、
LSSの品田冬樹さんや小林靖博さんを交え、
先日のイベントで話題をさらった「今の古谷敏さんが着る為に制作した本物そっくりのウルトラマンスーツ」も登場。
素材から違う為に苦労されたという、スーツの制作秘話なども聞く事が出来ました。
その後は視聴者、山田さん、氷川さんによるウルトラマントリビアコーナがあり・・・

ウルトラマン ニコニコ生放送0
ニコ生と言えばこの二人、ウルトラマンナイス&マグマ星人が登場!
「ウルトラマンギンガ劇場スペシャル2」や「怪獣酒場」の宣伝をしつつ、
途中からは大晦日のガキ使で話題沸騰となったM1号が乱入w
一部劇場でも上映されている「ウルトラQ&ネオ・ウルトラQ」の宣伝も加え、
最後は新ウルトラマン列伝にて放送される、
「ウルトラマンギンガ番外編」にてマグマ星人が登場決定というお知らせをして〆。

ウルトラマン ニコニコ生放送2
特番は終始和やかなムードでしたし、とても良い番組でした!
山田五郎さんの息子がウルトラマンパワードを観ていたという話が飛び出したり、
氷川竜介さんがやたらケロニアの事が好きだという一面も出るなど、これぞニコ生!という番組でしたね。
この前後にはウルトラマンの本編配信もありましたし、4時間以上にも渡るウルトラマン漬けで少し疲れましたw

特番はこれでおしまいですが、ウルトラマン本編配信は今日、明日、明後日もまだ続きますので、
昨日に引き続き、皆さんで一緒にウルトラマンを観て盛り上がろうではありませんか!





にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|18:04

新ウルトラマン列伝 大怪獣ラッシュ第10話


本日の午後8時より、
ニコニコ生放送にてウルトラマンの特番が放送されます!



新ウルトラマン列伝
本日は新ウルトラマン列伝の第31話の放送ですが、
映画「ウルトラマンサーガ ディレクターズカット版」の分割放送なので、
本編の感想は最終週に纏めて記事にしたいと思います。

「大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア」は ANTLAR HUNTINGの第三話目という事で、
アントラーに飛び込んだバルタンバトラー・バレルは振り向き様に「シザーブレード」を放ち、
首元にあるプラズマソウルのクリスタルを破壊!
その影響でアントラーの磁力光線が消え、
身動きが取れずに居たガッツガンナー・ガルムとマグママスター・マグナも反撃に出ます。
持ち前の頭脳でアントラーが次に磁力光線を放つのは120秒後だと計算したガルムは、
それまでに全てのプラズマソウルを破壊すれば勝機がある事を確信します。

バレルとマグナはガルムの作戦に乗り、バレルは「サイクロンソーサー」を発射。
アントラーのプラズマソウルを破壊し、続けざまに「白色破壊斬」でもう1つのプラズマソウルも砕きます。
間髪入れずにマグナも飛びかかり、「マグナムトルネード」で4つ目のプラズマソウルを破壊!
ガルムも「ホークアイショット」で狙い撃ちますが、何故かビームが曲がってしまいアントラーに届きません。
攻撃を外したガルムに驚くバレルとマグナでしたが、再び身動きが取れなくなってしまい、
その原因はアントラーが予想よりも早く回復して磁力光線を発射し始めた事に一同は気付きます。
ステーションではメフィラス星人ジェントがその光景を無言で見つめているのですが・・・

ガルムはマグナに「サーベルを捨てろ」と進言しますが、
今まで幾つもの死線を共にくぐり抜けてきたサーベルを絶対に手放さないとマグナは返します。
呆れるガルムでしたが、彼は何と自分の銃のエネルギー密度を最大にセット。
「こいつを喰らいな!アントラーーーッ!!」と、吸い寄せられる銃をアントラーに向けて放し・・・次回へと続く!
大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア第10話


今回は苦戦からの大逆転回という事で、とにかくアツい展開の目白押しでしたね。
各キャラクターのチームワークの良さもそうですが、バレルの無謀な行動から逆転の光が射し、
口が悪くとも仲間を心配しアドバイスを送るガルム、サーベルに対しての拘りを垣間見せたマグナと、
それぞれのキャラクター性が明確に示されていて見ていて気持ちいいです。
武器に対しての考え方も、キャラクターによって全く違う所がハンターの「個性」が出ていて面白いですよね。
次回で大怪獣ラッシュ後半戦は完結との事ですが、果たしてどういう決着になるのか。
そして「ダダ」達はどう動くのか、楽しみにしています。

youtubeでは、前回のお話が配信されております。
また、本日放送された大怪獣ラッシュのお話も配信開始となっています。




にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|18:31

ウルトラエッグ アントラー&明日よりニコニコ生放送でウルトラマン特集が開始!


明日の午後8時より、
ニコニコ生放送にてウルトラマンの特番が放送されます!



ウルトラエッグの最新作が、先日より発売開始となっています。
今回私が購入したのは、こちらの商品になっています。

ウルトラエッグ アントラー
ウルトラエッグ アントラー
ウルトラマンに登場した、スペシウム光線をも破る強敵昆虫怪獣がウルトラエッグ化となりました。
EGモード(エッグモード)ではまんまアントラーの体というデザインになっており、黄色く塗装されています。
質感もウルトラエッグにしては結構良い感じ?

ウルトラエッグ アントラー0
後ろ側はこんな感じです。
こちらもまんまアントラーの後ろ姿といった印象。
エッグサインも付いており、
DXギンガスパークで読み込ませると「ウルトライブ!アントラー!エッグッ!!」と鳴り、
ソフビと同じくアントラーの鳴き声が流れました。

ウルトラエッグ アントラー1
トランスフォーム!
エッグを真っ二つに割ると、中からアントラーの顔が出てくる方式の変形方法です。
そしてアントラーの顔を取り出し、エッグを再び閉じて手足を整えると・・・

ウルトラエッグ アントラー2
これがアントラーのATモード(アタックモード)になります。
卵型の胴体と丸っこい頭のバランスが愛らしいフォルムに仕上がっていました。
何気に顔の細かい部分もちゃんと造型されています。

ウルトラエッグ アントラー3
背面はこんな感じになっており、背中の青い部分は緑色で塗装されています。
アントラーの昆虫らしい体節部分もしっかり再現されていますね。

ウルトラエッグ アントラー4
変形の都合上、可動部分は両腕、両足、そして大きな両顎となっています。
両顎は劇中通り左右に可動し、何かを挟み込むアクションが可能。
上下にも多少動かす事が出来るので、結構遊びがいがありました。

以上がアントラーの簡単なレビューになります。
今回はエッグモードとアタックモードの双方のバランスが良く、顎のアクションもあるので中々遊べる商品でした。
アントラーってデフォルメされると結構可愛い怪獣なんだなぁ、と再認識w


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|18:45

ニコニコ生放送にて、ウルトラマン特番&初代の第3クール目の放送が決定!

ウルトラマン無料上映会 ニコニコ生放送
http://live.nicovideo.jp/watch/lv165527558

さて、ニコニコ生放送にてまたもやウルトラマンの特番が放送される事が決定しました。
今回は「ウルトラマンBlu-ray BOXⅢ」の発売を記念して、
初代ウルトラマン第3クール目の内容が放送されます。
前回はゴモラ前編までだったので、今回はゴモラ後編から最終回までとなりますね。
放送スケジュールは以下の通り




◆1月29日(水)
・20:00~
『ウルトラマン』上映会 第27話&第28話
・21:00~
<特別番組第一部>
ウルトラマンを熱く語る! スペシャル座談会 あの怪獣も出現!?
出演:前田日明(格闘家)、山田五郎(評論家)、氷川竜介(アニメ特撮研究家)
・21:50~
<特別番組第二部>
『ウルトラマン』Blu-ray BOX IIIの魅力に迫るトークコーナー 「発掘された未公開映像」をチラ見せ!
円谷プロ造形チーム・LSSのメンバーによるスーツ制作秘話など
出演:山田五郎、氷川竜介、品田冬樹(円谷プロ造型師)、小林靖博(円谷プロ造型師)
・23:00~
『ウルトラマン』上映会 第29話&第30話




◆1月30日(木)
・21:30~
『ウルトラマン』上映会 第31話&第32話&第33話&第34話




◆1月31日(金)
・20:30~
『ウルトラマン』上映会 第35話&第36話&第37話&第38話&第39話(最終話)




◆2月1日(土)
・13:00~2月2日(日)深夜まで
『ウルトラマン』第1話~第39話 一挙上映(デジタルリマスター版では無く、旧原盤の映像)




まずは明後日に特番が組まれ、ウルトラマンナイスやマグマ星人も交えたトークコーナーを実施。
打倒ゼットンを掲げて格闘家になった前田日明さんを始め、様々なゲストも登場する模様です。
その前後にはウルトラマン本編も放送されますし、水曜日は新ウルトラマン列伝と併せて是非楽しみたい所!
以降は毎日の夜間に連続的に放送が続き、土日には全話を一斉に放送!
今週はとても豪華なウルトラマン週間になりそうです。

こちらはニコニコ生放送という特殊な放送方法での番組なので、
何時もの様に事前に「タイムシフト予約」をしておく事をお勧め致します。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|22:05

1月の新作ソフビ人形!(ノダチザムシャー、アースゴモラ、タイラント)

昨日より、新作怪獣ソフビ人形が3種類発売となりました。
今回商品化されたのは、こちらのキャラクター達となっています。


大怪獣ラッシュ ギャラクシーハンターズ ノダチザムシャー
大怪獣ラッシュ ギャラクシーハンターズ
ノダチザムシャー

大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティアにて登場した、ザムシャー族の新キャラクターがソフビ化となりました。
バレル、ガルム、マグナという主役キャラクターに続いてのソフビ化という事で、かなり優遇されていますね。
CGアニメにもほんの少しだけ登場しましたが、伝説の「七聖剣」の一人という事で、
今後の活躍にも期待出来るキャラクターだと思います。
ソフビは黒の成型色に淡いメタリックレッドで各部が塗装されており、
左肘も分割されているので横に回す事も可能となっています。

大怪獣ラッシュ ギャラクシーハンターズ ノダチザムシャー1
背面はほとんど塗装されておらず、特徴的な髪の毛だけはメタリックパープルで塗装されています。
ザムシャーと違い、ノダチザムシャーの大型武器は背中に装備されておりません。
タグにも注意書きがされていますが、ライブサインを読み込ませると「大怪獣ラッシュ!」とだけ鳴ります。


大怪獣ラッシュ ギャラクシーモンスターズ アースゴモラ
大怪獣ラッシュ ギャラクシーモンスターズ
アースゴモラ

大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティアのボス怪獣、アースゴモラが大型ソフビ化となりました。
アースゴモラは他のプラズマ怪獣と同じく他の属性の個体も存在するのですが、
デザイン画や今回の商品を見る限りでは緑色の「土属性」がデフォルトなんでしょうかね~
こちらもスーパーグランドキングと同じくウルトラ怪獣DX枠みたいなものなので、かなりボリュームがあります。

大怪獣ラッシュ ギャラクシーモンスターズ アースゴモラ0
完全新規デザインの怪獣なので、全身のプラズマソウルのクリスタルも体に馴染む様にデザインされています。
ゴモラにしては珍しく、頭部の角が上向きではなく後ろ向きに生えているのが大きな特徴でしょうか。
また、前屈姿勢なのも他のゴモラとは大きく違う点です。
お腹にある大きなクリスタルも別パーツで再現されていますね。

大怪獣ラッシュ ギャラクシーモンスターズ アースゴモラ1
姿勢のせいで全高はそれほどありませんが、尻尾は大型怪獣ソフビだけにかなり長いですね。
体表のディテールも拘って造型されており、恐竜などを思わせるものになっているのが素晴らしいです。

大怪獣ラッシュ ギャラクシーモンスターズ アースゴモラ2
背中も一部がメタリックグリーンで塗装されていました。
尻尾は焦茶色の成型色そのままでしたね。

大怪獣ラッシュ ギャラクシーモンスターズ アースゴモラ3
アースゴモラはそのデザイン故か、かなり多くパーツ分けがされていました。
首や両肘も可動するので、ソフビ人形にしては良く動く印象を受けましたね~
口も開いた状態で造型されていましたし、とても満足度の高い商品でした。
ライブサインも付いていますが、音声はノダチザムシャーと共通です。


ウルトラ怪獣DX タイラント
ウルトラ怪獣DX タイラント(SDU)
最後はウルトラマンギンガ劇場スペシャルにて登場した、
「スパークドールズユナイト」仕様のタイラントが大型ソフビ人形となって登場です。
今まで発売されたタイラントに比べても全体的にかなり大きく、出来も素晴らしいものでした!

ウルトラ怪獣DX タイラント0
当然ながら完全新規造型となっており、顔の表情も凛々しくとてもカッコいいです。
全身は茶色で成型されており、両腕は深緑で成型されています。
右腕は鎌が目立つ部分で分割されていますが、持ち手の部分はどのタイラントのソフビよりも細くなっています。
左腕の鉄球部分も質感やトゲトゲっぷりがとても良いですねぇ。

ウルトラ怪獣DX タイラント1
このタイラントは全高がスーパーグランドキング以上に大きく、背中や尻尾のボリュームも満点。
元のデザインがそうなのですが、立体物になると本当に良く映えますよね~


ウルトラ怪獣DX タイラント2
背中も塗装されており、尻尾の先に近付くにつれて茶色っぽくなる様になっていました。
ハンザギランの背中の刺もそうですが、ソフビ人形でよくここまで再現出来たなぁと素直に感心しました。

ウルトラ怪獣DX タイラント3
可動部分は怪獣型ではお馴染みの、両腕、両足、尻尾となっています。
ライブサインも付いており、読み込ませると「ウルトライブ!タイラント!!」と鳴り、
タイラントの鳴き声がちゃんと響きました。

ウルトラ怪獣DX タイラント4
その大きさ故に、ULTRA-ACT(ウルトラアクト)と並べても十分に存在感があります。
という事で、最近何かと対決する事の多いジャンナインと並べてみました。
他にもウルトラ6兄弟やウルトラマンティガ、ウルトラマンゼロやゴモラなど、様々なキャラと相性が良いですね。
何時かタイラントのアクションフィギュアも発売して欲しいなぁ・・・

大怪獣ラッシュ ギャラクシーハンターズ ノダチザムシャー2
ノダチザムシャーとアースゴモラには大怪獣ラッシュのプロモーションカードが付属しており、
アースゴモラには何故か「デスレ星雲人デフレイム」が付いています。
炎属性なので、土属性のアースゴモラ相手だと有利に戦えるという事なのでしょうかw


以上が簡単なレビューになります。
特にタイラントの出来&大きさは怪獣ファンにはたまらないものになっていたので、一番オススメですね。
この1500円ラインの商品は、今後も定期的にリリースして貰いたいものです。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(7)トラックバック:(0)|13:15

【動画投稿】 やる夫とやらない夫がゆっくり三妖精に教える ゴジラ怪獣図鑑 part2

第1回目の記事はこちらになっています!
http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1716.html


やる夫とやらない夫がゆっくり三妖精に教える ゴジラ怪獣図鑑part2
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22741169

私の手書きイラストによるゆっくり解説動画の最新パートを投稿しました。
第二回目はゴジラシリーズの顔、キングオブモンスターこと「初代ゴジラ」をご紹介。
今でこそ怪獣王の異名を持つ怪獣ですが、当初は「水爆大怪獣」と呼ばれる事が多かったですね。
大きく裂けた口に鋭い耳、死んだ魚の様な目に白く浮かび上がる牙など、
幼い頃の私を恐怖のどん底に叩き込んだトラウマ怪獣の代表格でもあります・・・

モノクロ映画という雰囲気や人を容赦なく殺すゴジラには恐怖しました。
映画自体も今見ても十分面白いですし、今年は各地でリバイバル上映も予定されているだけに、
この「ゴジラ」という作品をもっと多くの人々に観て頂きたいものです。
動画ではゴジラに加え、少しだけ「芹沢博士」にも触れております。
あのゲームには爆笑したなぁ・・・

今回も面白いと感じて頂けたら動画へのコメントや、マイリスト登録して頂けるとありがたいです。
では、お楽しみ下さいませ~
youtubeでは、「ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻 part17」を投稿しております。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(7)トラックバック:(0)|10:47

新ウルトラマン列伝 2月分放送予定&ウルトラマンギンガ番外編が放送決定!

本日よりフィギュア王が発売となっています。
新ウルトラマン列伝の2月分の放送予定が掲載されておりました。

・2月5日放送 第32話「ウルトラマンサーガ 第4章・復活の英雄」
・2月12日放送 第33話「ウルトラマンサーガ 第5章・本当の戦い」
(映画ウルトラマンサーガのディレクターズカット版を分割放送)
・2月19日放送 第34話「ウルトラゼロファイト 新たなる力!」
(ウルトラゼロファイト第一部のディレクターズカット版を放送)
・2月26日放送 第35話「ウルトラマンギンガ番外編 残された仲間」


前半の2週は予定通りウルトラマンサーガのクライマックス部分を放送。
続く第3週目はサーガの続編であるウルトラゼロファイトの第一部を一挙放送!
これはディレクターズカット版との事なので、DVDに収録されているものと同じノンストップ版になるのでしょうね。
そして第4週目はウルトラマンギンガ公式HPでも告知されている通り、
何とギンガの番外編ことスペシャルエピソードを放送します!
ウルトラマンギンガ番外編
時系列的には最終回と劇場スペシャル2の間に位置しており、
何故か地球に取り残されてしまったマグマ星人がメインキャラクターになる模様。
闇のエージェント達や千草&健太も登場し、更にウルトラマンウルトラマンティガ
ゼットンまでもが登場するというこのお話。
一体どういう内容になるのかが全く予想出来ませんw
総集編を合間に入れてくるみたいですが、何故マグマ星人が取り残されているのか。
そして何故ギンガが去ったはずの地球でギンガライトスパークやスパークドールズが存在しているのか。
謎が謎を呼ぶ設定だけに、放送されるのがとても楽しみです。

他にもフィギュア王にはモンスターアーツの新作として、エイリアン第一作目に登場した「ビッグチャップ」、
スーパーロボット超合金の新作としてクレヨンしんちゃんの「超電導カンタム・ロボ」が商品化決定というお知らせも。
どちらも5月に発売との事ですが、カンタムロボは待ちに待った商品化だけに嬉しすぎます!
イベントの参考展示で終わらなくて本当に良かった・・・


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(6)トラックバック:(0)|17:52

S.H.MonsterArts限定品の最新作は、モスラ&バトラの幼虫セット!

S.H.MonsterArts(エス、エイチ、モンスターアーツ)の魂ウェブ商店限定商品が公開となりました。
今回は成虫が限定品でリリース決定となっていた、モスラとバトラの幼虫セットとなる模様です。

モンスターアーツ モスラ幼虫&バトラ幼虫
http://p-bandai.jp/tamashiiwebshouten/item-1000086122/

S.H.MonsterArts モスラ(幼虫)&バトラ(幼虫)セット
販売価格:10800円(税込)
商品発送予定:2014年6月予定
◆商品内容
・モスラ(幼虫)本体
・モスラ(幼虫)用エフェクトパーツ
・モスラ(幼虫)用台座
・バトラ(幼虫)本体


モンスターアーツ モスラ幼虫
まずはモスラ幼虫。
VSシリーズの幼虫らしく丸っこい顔付きや、表面にある斑点模様まで再現されていて凄いクオリティだと思います。
劇中通り各節も可動(更に伸縮)し、口も開くみたいなので思い通りのアクションが出来そうですね。
更に専用台座や、口から吐く糸のエフェクトパーツも付属。
台座は掲載されていませんが、デザインや仕様が気になる所ですね~


モンスターアーツ バトラ幼虫
続いてバトラ幼虫。
その禍々しいデザインや毒々しい色合いがバッチリ再現されている様に見受けられます。
頭部の角もクリアパーツ仕様ですし、モスラと同様に各節や口も可動。
詳細では「全長約180mm 全高約250mm」と記載されていますが、
恐らく全長と全高が入れ替わっている誤表記だと思われます。
(バトラは背の高さより体の長さの方が大きいので)


最初は値段の高さに驚きましたが、バトラ幼虫はかなり大型の怪獣である事を思い出し納得。
モスラ幼虫とセットですし、成虫も注文済みなのでこちらも是非手に入れたいと思います。
予約は明日の午後4時からとなりますので、お間違えの無い様にお願い致します。

さぁ、ゴジラVSシリーズの怪獣もコンプリートまであと少し!
84ゴジラのショッキラスやVSギドラのドラット、ベビーゴジラやフェアリーモスラなどの小型怪獣は置いておいて、
後はビオランテ花獣形態、ゴジラザウルス、メカキングギドラ、通常版ラドンを残すのみとなりました!


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|16:59

新ウルトラマン列伝 大怪獣ラッシュ第9話

新ウルトラマン列伝
本日は新ウルトラマン列伝の第30話の放送ですが、
映画「ウルトラマンサーガ ディレクターズカット版」の分割放送なので、
本編の感想は最終週に纏めて記事にしたいと思います。

「大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア」は ANTLAR HUNTINGの第二話目という事で、
ハンター達の金属アーマーなどを引き寄せてしまう謎の虹色の光線が出現。
そして夜明けと共に砂漠に姿を現したのは、光線を出していた犯人であるアントラーでした。
アントラーは蟻地獄を作り出して3人を吸い寄せ始め、
ガッツガンナー・ガルムの銃もアントラーの放つ磁力光線によって吸い寄せられてしまい、
その口で破壊されてしまいます。

ガルムは「アントラーを倒すにはザムシャーの一族でも居なきゃ無理なんだ!」と愚痴を溢し、
かつてアントラーと対峙した時に剣豪の「ノダチザムシャー」と組んでいた事を明かします。
ザムシャー一族が身に着けている鎧は絶縁体仕様であり、
更に伝説の七聖剣の一つである「妖刀無銘」を手にしていたノダチザムシャーの強さは凄まじいもの。
ノダチザムシャーは「秘奥義・大切断」にてアントラーを真っ二つにし、
ガルムはノダチザムシャーのお陰で自分が生き延びる事が出来たと話します。

マグママスター・マグナはアーマーが引っ張られ、
バルタンバトラー・バレルやガルムも足元の砂地獄により身動きが取れない絶対絶命の大ピンチ。
流石のバレルも「同胞が、呼んでいるのか・・・」と思わず本音を洩らしてしまいますが、それに対してガルムは激怒。
ガルムはハンターは生きて帰る所までがプロの仕事だとバレルに一喝し、
それを聞いたバレルはソードを展開して自分からアントラーへと突っ込んで行きます。
ガルムとマグナは無謀なバレルの行動を見て驚き・・・次回へと続く!
大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア第9話


いやー、ガルムのキャラクターが素晴らしい!
基本的に報酬の事以外には興味を示さないガルムですが、
今回ばかりはバレルの身を案じて年長者らしく一喝を入れてくれましたね。
更にかつてノダチザムシャーと組んでいたという事実も発覚しました。
ソフビも発売されるノダチザムシャーがCGムービーでその活躍を見せてくれた事も嬉しいですが、
声優が「三宅健太」さんであったというのも驚きですw
アントラーの周囲にある建物がどう見てもバラージ風だったりと、小ネタも充実していた今回のお話。
次回、飛び込んだバレルがどう動くのかがとても楽しみです。

youtubeでは、前回のお話が配信されております。
また、本日放送された大怪獣ラッシュのお話も配信開始となっています。




にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|18:48

食玩:大怪獣ラッシュ プラズマラッシュハンターズが凄い!

食玩の新シリーズが発売となりました。
題材は「大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア」からで、
主役のラッシュハンターズの3人がリアルなフィギュアとなって遂に商品化されました。

大怪獣ラッシュ プラズマラッシュハンターズ バルタンバトラー・バレル
バルタンバトラー・バレル
バルタン星人の生き残りである、クールなハンターがフィギュア化です。
このフィギュアはプラズマソウルをイメージしたクリア成型仕様の身体に、一部が塗装されているというシリーズです。
バレルは紺色に近い色合いをしたクリア成型で、青や金色のパーツが塗装されていますね。
ソフビでは一体成型になっていた腰パーツもちゃんと別パーツで再現されており、
劇中通りのスマートなバレルのフィギュアがようやく出て嬉しい限りです。
左腕も爪が展開された姿で造形されていますね。

大怪獣ラッシュ プラズマラッシュハンターズ バルタンバトラー・バレル0
背面です。
赤いマフラーもクリア成型で、かなり綺麗な仕上がりになっていました。
風に靡いた姿がとてもカッコいい!


大怪獣ラッシュ プラズマラッシュハンターズ ガッツガンナー・ガルム
ガッツガンナー・ガルム
チームの頭脳とも言える、年長者のガッツ星人のベテランハンターがフィギュア化です。
こちらは青に近いクリアグリーンで成型されており、頭部、胸、腕の一部が塗装されていますね。
手にした銃も大きく様になっているのですが、その代わりに全身が少し小さめなのが残念でした。
しかし全身の複雑なディテールはよく造形されており、その情報量は中々凄いものがあります。

大怪獣ラッシュ プラズマラッシュハンターズ ガッツガンナー・ガルム0
背面です。
特徴的な後頭部のボリュームは相変わらず凄いものがあります。


大怪獣ラッシュ プラズマラッシュハンターズ マグママスター・マグナ
マグママスター・マグナ
何かと猪突猛進なチームの若き一員、マグマ星人のハンターがフィギュア化です。
こちらはスモーククリア成型で、各部の銀色のパーツなどが塗装されています。
右腕のサーベルもボリュームがありますし、低く構えている臨戦態勢っぽいポージングもカッコいいですね。
本編通り、ちゃんと顎が割れている所まで再現されています。

大怪獣ラッシュ プラズマラッシュハンターズ マグママスター・マグナ0
背面です。
後ろ髪は背中にあるマントを思わせる造形になっており、かなりアニメ的なアレンジがなされています。


大怪獣ラッシュ プラズマラッシュハンターズ 付属カード
こちらはそれぞれに付属するプロモーションカード。
アタックとタイリョクがそれなりに高めに設定されています。


大怪獣ラッシュ プラズマラッシュハンターズ
最後はラッシュハンターズ3人を並べて〆。
何気に食玩の「HDシリーズ」の星人たちとほぼ同スケールですし、
最近の塗装省略の流れを逆手に取ったかのような、クリア素材をメインに押し出した仕様が予想以上に良いものでした。
カードも付いてきますし、これで1個315円はかなり安いと思います。
「さぁ、お菓子売り場でも彼らのフィギュアをハントしてみませんか?ラッシュハンターズ!m9(・∀・)」


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(6)トラックバック:(0)|17:50

大怪獣ラッシュ第3弾にも、新規キャラクターが続々と登場!

「大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア」第3弾より参戦する、
新規キャラクター達が公式HPにて公開されています。
http://www.daikaijyu.com/rush/news/56.html

大怪獣ラッシュ ノダチザムシャー
孤高のハンター:ノダチザムシャー
赤い甲冑に身を包んだ、鎧武者風のザムシャー族の新キャラクターですね。
ソフビ人形の発売が決まっており、何とCGアニメにも登場する事が決まっているノダチザムシャー。
「妖刀無名」の恐ろしい力に屈する事なく、その力を引き出している伝説の「七星剣」の一人だそうです。
尚、ザムシャーの一族は~星人などではなく、「ザムシャー族」として表現されているのがポイント。

大怪獣ラッシュ ナギナザムシャー
怪力無双の荒芸師:ナギナザムシャー
黄色い甲冑に身を包んだ、こちらも鎧武者風のザムシャー族の新キャラクターですね。
豪快な性格をしており、情に厚く智謀にも長ける存在で、武器の大薙刀「星融(ほしとおし)」を振るうハンター。
後述の「ユミザムシャー」のお目付け役もしており、中々ユニークな設定を持ったキャラクターみたいですね。

大怪獣ラッシュ ユミザムシャー
礼儀礼節を重んじる求道者:ユミザムシャー
まるでくノ一を思わせる鎧に身を包んだ、シリーズ初の女性ハンターとなるザムシャー族の新キャラクターですね。
「一射絶命」を身上としており、その強さと美しさから他のハンターから一目置かれている存在だとか。
弓矢を操り、百発百中の腕前でかなりの強さを誇っている様子。

大怪獣ラッシュ ダダB(ブレイカーナンバーズ)
ダダ一族・工兵クラス:ダダB(ブレイカーナンバーズ)
巨大な重火器を携えた、ダダの新キャラクターですね。
「ダダA(エリートナンバーズ)」をサポートしている砲兵&工兵クラスのダダであり、
後述の「ダダC(コマンドナンバーズ)」の支援も行うダダチームの要の様な存在です。
こちらのダダも、CGムービーにて活躍を予定しています。

大怪獣ラッシュ ダダC(コマンドナンバーズ)
ダダ一族・兵士クラス:ダダC(コマンドナンバーズ)
普段は細身ですが背中のリミッターを解除する事により、
「マッスルオン」という巨漢になるダダの新キャラクターですね。
兵士クラスは主に問題児が編入され、常に最前線で戦う事を義務付けられているそうです。
他のダダ同様、こちらもCGムービーにて活躍を予定しています。

大怪獣ラッシュ バルキー星人グーガー
クロスボウ乱れ撃ち:バルキー星人グーガー
巨大な「バルキークロスボウ」を携えた、バルキー星人の新キャラクターですね。
通常装備の他にも様々な武器を放つ事が出来るみたいですが、
弓に拘りを持つユミザムシャーからはその万能さに不快感を示されている様子。
ですが、その臨機応変さを武器にグーガーは数々の戦いをくぐり抜けているみたいですね。

大怪獣ラッシュ バルキー星人キルバ
双剣のスペシャリスト:バルキー星人キルバ
手にした双剣「バルキーツインソード」を武器に戦う、バルキー星人の新キャラクターですね。
かつては楯を手にしていましたが、「攻撃こそ最大の防御」と思い至る事で現在の戦闘スタイルになった様子。
敵に反撃の隙を与えないほどの、高速の連続攻撃を得意としているハンターです。

大怪獣ラッシュ メフィラス星人スライサー
メフィラスの赤き三日月:メフィラス星人スライサー
真っ赤な全身が目を惹く、巨大な鎌「スライサーソード」を携えたメフィラス星人の新キャラクターですね。
一族の中でも特に戦闘力が際立っている豪傑であり、他のハンターからも恐れられている存在だそうです。
個人的に、メフィラス星人ジェントに先駆けて新メフィラスが参戦した事には驚きました。

大怪獣ラッシュ ザラブ星人ザラガン
フェローシップザラガン:ザラブ星人ザラガン
大きな両肩が派手な、ザラブ星人の新キャラクターですね。
ザラブ星人の一族にしては珍しく、本気で他の星の人と友好関係を築きたいと願っているハンターであり、
その為に専用銃の「エネルギーバルカンシューター」をも封印したとされています。


他にも第3弾では「ババルウ星人」が参戦し、個性的なキャラクターが次々と参戦する大怪獣ラッシュ。
敵怪獣として「ペスター」の登場も決定し、
何と「WEBコミックにて漫画連載も決定」という嬉しいニュースも入っています。
漫画版では様々なハンターにスポットを当てていくそうなので、
これまで謎に包まれていたハンター達の素性なども続々と明らかになる事でしょう。
大怪獣バトルの時と同様に、今後の世界観の広がりに期待したい所ですね~

<追記>
第三弾のPVが公開されました!



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(6)トラックバック:(0)|17:44

【動画投稿】 ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻 part17

第1回目の記事はこちらになっています!
http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1466.html


ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻17
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22698352

私の手書きイラストによるゆっくり怪獣解説動画の第十七回目を投稿致しました。
第十七回目はウルトラマンネオスより「復讐ロボット・ザムリベンジャー」をご紹介。
ザム星人はまたの機会に。

このザムリベンジャーはネオスの中でも屈指の強敵であり、
ザム星人のロボット版といったデザインが大のお気に入りです。
色合いが特に良いんですよね。パールを下地に各部に黒いラインが入り、目や胸はグリーンに点灯しているという。
ロボット怪獣らしく、ちゃんと変形シーンもあるのが印象的でした。

お話の方も、今回のシリーズで「何がやりたいのか」がようやく見えてきた所まで進む事が出来ました。
そう、物語はまだまだ始まったばかりなのです・・・

今回も面白いと感じて頂けたら動画へのコメントや、マイリスト登録して頂けるとありがたいです。
では、お楽しみ下さいませ~
youtubeでは、「ゆっくり霊夢とやる夫が学ぶ 昆虫大百科 part15」を投稿しております。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|07:02

次回の「題名のない音楽会」にて、ゴジラ音楽も手掛けられた伊福部昭さん特集が放送決定!

テレビ朝日系列で日曜日の朝9時から放送されている番組である「題名のない音楽会」にて、
ゴジラシリーズを筆頭に映画音楽などを多数手掛けられた「伊福部昭」さんの特集が放送される事が決定しています。
http://www.tv-asahi.co.jp/daimei/contents/Broadcast/cur/

1月19日放送:日本の巨匠(6)~伊福部昭生誕100年
◆放送予定曲
♪1:SF交響ファンタジー第1番より
♪2:日本狂詩曲 第2曲「祭」より
♪3:シンフォニア・タプカーラ第3楽章

作曲:伊福部昭
指揮:佐渡裕
演奏:日本フィルハーモニー交響楽団


奇しくも今年はゴジラ生誕60周年という事もあって、あの「SF交響ファンタジー」の第1番も演奏されます!
これは東宝特撮映画の音楽をメドレー形式で流す曲目であり、
「ゴジラ」よりゴジラの動機~タイトルテーマ
「キングコング対ゴジラ」よりタイトルテーマ
「宇宙大戦争」より夜曲
「フランケンシュタイン対地底怪獣」よりバラゴンの恐怖
「三大怪獣 地球最大の決戦」より三大怪獣 地球最大の決戦
「宇宙大戦争」よりタイトルテーマ
「怪獣総進撃」よりマーチ
「宇宙大戦争」より戦争シーン
とシリーズを代表する名曲がこれでもか!と流れる素晴らしいものなのです。

このSF交響ファンタジーに関してはかなり思い入れがあり、
私は小さい頃に「ゴジラファンタジー」という名のビデオで映像付きで何度も繰り返して見ていたんですよね。
途中で「奇巌城の冒険」の砂漠で彷徨うシーンが挿入されるので、
子供心に「ここだけ全然怪獣が出ないんだけど何で!?」と思わずツッコミを入れたのをよく覚えていますw
編集ものビデオとしてもよく出来ていましたし、
バックで流れていたBGMが「SF交響ファンタジー」であるというのは後々に知った記憶があります。

第1番に関しては誰もが知っている「あのテーマ」から始まり、
とにかく盛り上がる宇宙大戦争の戦争テーマで締め括るので、非常に燃える構成になっているのが素晴らしいです。
更に同日に演奏される「シンフォニア・タプカーラ第3楽章」の一節は、
何と「緊急地震速報」の告知チャイム音の元になったというから驚きです。

番組は次の日曜日に放送されるので、今から録画予約をお忘れなく!
新年早々、とても良い企画だなぁ・・・


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|18:10

新ウルトラマン列伝 大怪獣ラッシュ第8話

新ウルトラマン列伝
本日は新ウルトラマン列伝の第29話の放送ですが、
映画「ウルトラマンサーガ ディレクターズカット版」の分割放送なので、
本編の感想は最終週に纏めて記事にしたいと思います。

「大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア」は ANTLAR HUNTINGの第一話目という事で、
今回はいきなり氷に包まれた惑星にてエレキングと激突!
エレキングの口から吐き出す放電光線に追われるのは、お馴染みのバルタンバトラー・バレル、
ガッツガンナーガルム、マグママスター・マグナの3人。
残るプラズマソウルは頭部に回る2本の角の部分だけという事で、
バレルは必殺技の「シャドウエクスプロージョン」を繰り出し、エレキングの頭部付近で大爆発!
唖然とするマグナでしたが、体制を崩しながらも再生するバレルを見て「そういう技なんだろ?」と冷静なガルム。
ステーションではエレキングのプラズマソウルを全て獲得したラッシュハンターズに星人たちが沸き立ちますが、
ソファーに座るダダの3人だけは冷静な目でその模様を見ていたのでした。

朝が来て客が居なくなり、ギギのウェイターが後片付けをしている中、
「まだまだですね、あの3人」と不満そうにしているのはメフィラス星人ジェント。
彼は3人をスカウトした時の事を思いだし、ガルムがバレルとマグナと組む事に難色を示す中、
チームを組むだけで10000ガネーを差し出すというジェントの言葉を受け、
ガルムはジェントが何らかの目的を持っている事を察しながらも、チームを組む決意を固めます。
自分の名を売りたいマグナや、二人が乗ったのでそれに同調したバレル。
こうしてラッシュハンターズが結成されたのですが・・・

砂の惑星では、ガルムとマグナがエレキングの電撃攻撃を恐れていないバレルの事について話しています。
その無謀な戦闘スタイルに疑問を持つ2人でしたが、
同族のバルタン星人は全滅している話を思い出し、バレルは彼らの後を追おうとしているのではないか、
2人は思わずそう考えてしまうのでした。
その時、突如地中から虹のような波動が飛び出し・・・次回へと続く!
大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア第8話


冒頭からエレキングとのバトルがスタートし、今回は3人の出会いが明かされたり、
バレルが戦う理由が何となくですが示唆されましたね。
何気にギギのウェイターや偉そうにソファーに陣取るダダ達という笑えるカットも多かった中、
本編そのものはかなりシリアスな空気になっていました。
命知らずの宇宙忍者と言われ、報酬にも興味を示さないバレル。
やはり戦いの中でその命を落とすという考えを持っているのでしょうか?
ラストにはアントラーの光線も登場し、次回からはアントラーとのバトルが始まる模様です。

youtubeでは、前回のお話が配信されております。
また、本日放送された大怪獣ラッシュのお話も配信開始となっています。




にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|19:05

大怪獣ラッシュ第二弾 少しずつカード収集中・・・

大怪獣ラッシュ第二弾をぼちぼちプレイしております。
称号などには拘らずに、とりあえずは「デスレ星雲人」と「グローザ星系人」のカードを収集中。

大怪獣ラッシュ デスレ星雲人
デスレ星雲人デスラルのノーマルカード、そしてキャンペーンカード、
デスレ星雲人デスレードのスターレアカードも入手出来ました。
カードテキストを読んでいると、デスラルは策士というかかなり卑怯な手を使う事を好むキャラであり、
対するデスレードは真っ当な戦い方を好んでいるなど、同じ種族でもキャラクター毎に個性があるのが面白いですね。

大怪獣ラッシュ グローザ星系人
グローザ星系人の方はグローザ星系人グロールのキャンペーンカード、
グローザ星系人グランザーのレアカード、グローザ星系人グロウランのスターレアカード&ノーマルカードを入手。
第二弾のデスレ星雲人とグローザ星系人はこれにてフルコンプリートなのですが、
デスレムとグローザムのノーマルカードが結局当たらなかったですねぇ。
ノーマルカードは単品売りしている場所も少なく、一度逃すと後々に入手が意外と難しくなるので、
またいずれ挑戦しに行きたいと思います。
第一弾のデスレ星雲人デフレイムも、近々手に入れておこうかな・・・?

デスレ星雲人は火属性が多く、グローザ星系人は水属性が多いので、
それぞれ相手の怪獣の属性を見て使い分ければ大活躍出来る上に、同族で組むとボーナスもより発生しやすいので、
大怪獣ラッシュはそういう所にも気を配ってどんなカードでも戦える設計になっているのが嬉しいです。
ただし、ボス怪獣となるとそう簡単に倒せないのですが・・・w


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|19:32

ウルトラエッグ キングジョーブラック(限定品)

今更ながら、トイザらス限定の「ウルトラエッグ バトルアタッシュ 大怪獣セット」に付属していた、
限定ウルトラエッグを単品で入手出来たので、今回はそちらのご紹介となります。

ウルトラエッグ キングジョーブラック
ウルトラエッグ キングジョーブラック
大怪獣バトルシリーズにて初登場した、黒い新型キングジョーもウルトラエッグになっています。
基本は一般販売されたキングジョーのリデコ品なので、EGモード(エッグモード)は色以外全く同じですね。

ウルトラエッグ キングジョーブラック0
後ろ側はこんな感じです。
カラーリングもキングジョーブラックそのものといった印象。
エッグサインも付いておりDXギンガスパークで読み込ませると、
ウルトライブ!キングジョー!ブラック!エッグッ!!」と鳴り、
何とキングジョーのものとは違う「ウィーン、ガシャンッ!」という機械音が鳴り響きました。
これは細かい!

ウルトラエッグ キングジョーブラック1
トランスフォーム!
通常版のキングジョーと同じく4つのパーツに分離出来るので、いわゆる円盤形態も再現可能となっています。
そしてこれらを積み重ねると・・・

ウルトラエッグ キングジョーブラック2
これがキングジョーブラックのATモード(アタックモード)になります。
やはり黒地にシルバー&ゴールド塗装は非常にカッコいいですねぇ。

ウルトラエッグ キングジョーブラック3
唯一の新規造形部分は、右腕の「ペダニウムランチャー」となっています。
変形方法などは通常版と全く同じですが、やはりちゃんとキングジョーとの違いを再現してくれたのは嬉しいですね。

ウルトラエッグ キングジョーブラック4
可動範囲なども通常版のキングジョーと変わらず、手を大きく横に広げるのみとなっています。
こうすると何となく必殺技の「ペダニウムハリケーン」を発射している感じに。

ウルトラエッグ キングジョーブラック5
キングジョーとキングジョーブラックの比較です。
どんなキャラクターにも言える事ですが、カラーリングが変わると印象がまるで違いますね。
何気に胸のシール部分も、黒縁と金縁で全く違うものになっています。

ウルトラエッグ キングジョーブラック6
オマケ。
こうやってそれぞれのパーツを組み替えて遊ぶ事も出来ましたw

以上がキングジョーブラックの軽いレビューになります。
前々から欲しかった商品だけに、ようやく入手する事が出来て一安心。
久しぶりにウルトラエッグのキングジョー型に触りましたが、
やはりエッグ1を誇るプレイバリューの高さは健在だな~と改めて感じました。
分離変形&合体という、他のエッグとは全く違う変形方法が功を奏したのでしょうね。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|18:26

【動画投稿】 ゆっくり霊夢とやる夫が学ぶ 昆虫大百科 part15

http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1464.html
第1回目の記事はこちらになっております。


ゆっくり霊夢とやる夫が学ぶ 昆虫大百科 part15
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22646549

ゆっくり昆虫解説動画のpart15をアップ致しました。
第十五回目は太陽の名を持つ益虫、テントウムシ界を代表する「ナナホシテントウ」について解説します。
アブラムシなどを捕食する割と獰猛な昆虫なのですが、
見た目のフォルムなどから一般的に人気の高い虫となっていますね。
更に害虫を食べてくれる「益虫」でもあるので、何かと良いイメージが付き纏っている虫でもあります。

しかし、テントウムシの全てが益虫という訳ではありません。
動画の中ではその辺りについても触れておりますので、何かしらの植物を育てている方はご注意を。

◆登場キャラクター紹介
ゆっくりマミゾウ
ゆっくりマミゾウ
東方Projectに登場する、二ッ岩マミゾウ・・・に似た何か。
佐渡の狸の首領的存在であり、とある勘違いで幻想郷にやって来た化け狸です。
幻想郷の中でも化け狸や他の妖怪たちに慕われており、その経験や知識を活かして色々と手助けをしている様子。
人を驚かす事が大好きですが、特に悪意がある訳ではありません。
こちらのキャラクターは怪獣絵巻の方でも後々に登場させる予定です。

太陽の畑にて解説が行われるpart15。
では、どうぞお楽しみ下さいませ~
(面白いと思っていただければ、動画へのコメントやマイリスト登録をして頂けると有難いです)
youtubeにて、「やる夫とやらない夫がゆっくり三妖精に教える ゴジラ怪獣図鑑」のpart1を公開しました。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|19:09

大怪獣ラッシュ DINO-TANK Hunting(第6話&第7話)が配信開始!


「大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア」のCGムービー、第6話&第7話の配信が開始されました。
こちらは「ウルトラマンギンガ劇場スペシャル」と共に上映された特別編であり、
既に同DVD&Blu-rayやマクドナルドの特典DVDでソフト化されています。
来週より大怪獣ラッシュの放送が新ウルトラマン列伝にて再開するという事で、
前回のネロンガハンティングの続きであるこのお話がyoutubeにて配信開始となったみたいですね。

今回はリング状の砂の惑星にて、その馬力、怪力、射撃力で暴れまわる恐竜戦車がターゲットに。
ザラブ星人、メトロン星人、ババルウ星人、ヒッポリト星人、テンペラー星人、キリエロイドと、
他のラッシュハンターズ達は全く歯が立たず次々とやられてしまいます。
それを見ていたのはお馴染みのバルタンバトラー・バレル、ガッツガンナー・ガルム、
マグママスター・マグナの3人であり、ガルムはカネゴン・ア・キンドより「ショックバレット」を購入。
恐竜戦車はメタル属性の為、苦手としている雷属性のアイテムで足止めをしようという作戦です。

ガルムの思惑通りショックバレットを受けた恐竜戦車は苦しみ始め、
車輪が破壊されてショックバレットの効力が切れた瞬間をマグナが狙うのですが、
恐竜戦車は車輪を数個失っただけではその機動力が落ちずに、マグナに目掛けて口から火炎弾を発射!
マグナは何とかそれを防ぎきるのですが、怒った恐竜戦車は爆走してマグナを徐々に追い詰めて行きます。
「足さえ止めれば」というマグナの言葉に同調したバレルは恐竜戦車へと向かって飛び立ち、
大量に分身して恐竜戦車を囲む事によりその動きをストップさせてしまいます。
そこでガルムは「ダブルバレット」、マグナは「フォースサーベル」を同時に放ち、
バレルは分身に穴を開ける事によって攻撃だけを通し、
それにより恐竜戦車のプラズマソウルは次々と破壊されて行きます。
残るプラズマソウルもバレルの「白色破壊斬」により破壊され、恐竜戦車は崖へと落ち込み大爆発。
こうして無事ミッションを済ませた3人を、メフィラス星人ジェントはステーションから満足げに眺めるのでした。
大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア第6話&第7話


レッドキングやネロンガとの戦いを経験し、
その後日談となる今回の戦いでは3人のチームワークもバッチリ決まっていましたね。
マグナがバレルの事を「バレルの旦那」と呼んでいるのも、
前回の報酬を全て自分にくれた事によって彼を兄貴分として慕っているからなのでしょうか。
ともあれガルムの知能、マグナの勇気、バレルの実力でラッシュハンターズは向かう所敵無し!
次回からは「エレキング」や「アントラー」、そして新たなるラッシュハンターズである「ダダ」達も加わり、
更に激しいバトルが展開されていく予定です。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|18:18

ウルトラボーン最新作は、ウルトラマンギンガと連動!?

ウルトラボーンの最新作が公式HPなどで公開されています。
食玩版の第4弾目という事で、今回は「ウルトラマンギンガ」と連動したラインナップになっていますね。


ウルトラボーン ウルトライブスペシャル
ウルトラボーン ウルトライブスペシャル
2014年4月発売予定
1個200円(税抜き)
◆ラインナップ
・バルタン星人
・ブラックキング
・タイラント
・モチロン
・バルキー星人
全5種類×2色
ウルトライブ対応カード付き


ウルトラマンギンガ本編よりバルキー星人&ブラックキング、
ウルトラマンギンガ劇場スペシャルよりタイラント、
ウルトラマンギンガ劇場スペシャル2よりバルタン星人&モチロンがラインナップされています。

バルタン星人は何度再録されても売り切れる人気ぶりをみせているので、またもや登場となりました。
同じく前回のガシャポンエディションで人気だったタイラントも再録し、
新規キャラクターとして選ばれたのがブラックキング、モチロン、バルキー星人ですね。
中でもモチロンのアレンジぶりが目を惹きますが、かなり凶悪な顔付きになっていますねw
バルキー星人も武器のバルキーリングをしっかり持っていますし、また組み替えて色々と遊べそうです。

今回も別カラーが存在するみたいですが、それが何なのかはまだ明かされていません。
何時も通りだと、ブラックカラーか蓄光カラーになるのかな?
更にオマケとしてライブサイン付きのカードもあるみたいなので、DXギンガスパークを使っても遊べそうです。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|18:21

新ウルトラマン列伝 第28話

新ウルトラマン列伝
本日、第28話が放送されました!
第28話 「ウルトラマン対アントラー!バラージの青い石」
ウルトラマン第7話の内容を放送しました。

ナビゲーターは久しぶりにウルトラマンゼロが務めており、かつてウルトラマンが戦った強敵怪獣の1体、
アントラーを取り上げる流れで本編へと入ります。
(ちなみに今回からOPはテロップ有りのものへと変わりました)
お話自体はシンプルで、隕石の落下によって目覚めたアントラーが猛威を振るい、
調査にやって来た科学特捜隊の面々は幻の街「バラージ」に辿り着くというもの。
その街はかつてはシルクロードの一部として繁栄を極めたものの、
時が経つにつれて寂れてしまい滅びへと歩んでいる悲しい運命を背負った場所だというのです。

ここには大昔に地球にやって来た、彼らが「ノアの神」と呼ぶM78星雲人が残した「青い石」が存在し、
そのお陰でアントラーの驚異から街が守られてきたのですが、遂にアントラーはバラージへと進行を開始。
科学特捜隊の攻撃すら受け付けずに大暴れを始めるアントラーに対して、
ハヤタはウルトラマンに変身する事で立ち向かいます。
しかしスペシウム光線すら通じないアントラーの強固な体表とそのパワーに苦しめられ、
街の長である超能力者の「チャータム」はウルトラマンをノアの神だと信じ、
そのテレパシーを受け取る事で青い石を手にし、ムラマツキャップはその石を投げ付ける事でアントラーを撃破。
ノアの神が現代においてもバラージの街を救ったのですが、街の寂れ具合は戻らず、
いずれバラージは滅びてしまう事を示唆しながら物語は幕を下ろします。

ウルトラマンゼロは一連の映像を見て自分の腕に輝くウルティメイトブレスレットを見つめ、
ウルトラマンノアとノアの神はもしかしたら何らかの関係があるのかもしれないと呟きます。
どんな宇宙にもウルトラマンが居る事を改めて感じ取ったウルトラマンゼロなのでした。
新ウルトラマン列伝 アントラー


このお話はウルトラマンの中でも特にお気に入りの一本ですね。
ジム隊員やバラージの街など、全編に渡っての異国ムードに溢れた雰囲気が何とも言えません。
バラージの滅び行く運命など、どこか物悲しい雰囲気が漂っているのも魅力的でした。
何といっても素晴らしいのはセットの豪華さとアントラーという怪獣の存在!
バラージの街のセットは東宝の映画「奇厳城の冒険」の流用なので、TV特撮番組ではありえない豪華さが味わえます。
ちなみにそのロケ地は多摩ニュータウンの建設予定地だったとか、時代ですねぇ・・・

アントラーもアリジゴクをベースにしつつも、甲虫の要素をふんだんに盛り込んだデザインがたまりません。
私は幼い頃にこのお話をビデオで見てかなり気に入り、
その日の内に公園の砂場にアントラーのソフビ人形を持って行って遊んだのを今でもよく覚えています。
何というか男の子の心を擽る要素がたっぷり詰まっているんですよね、しかも普通に強いですしw
今でも活躍を続けている怪獣の1体ですし、私はこれからもアントラーを応援し続ける所存です。

さて、次回からは映画「ウルトラマンサーガ ディレクターズカット版」が5週連続で分割放送!
更に「大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア」も再開します。
今週に引き続いて、これから5週連続でアントラーが登場するというアントラー強化月間?が遂にスタートですw
youtubeでは、先週の放送分が配信されております。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(6)トラックバック:(0)|18:48

S.H.MonsterArts 最新作はガイガン!

本日より、バンダイコレクターズ事業部の4月販売分の商品の予約が始まっております。
S.H.MonsterArts(エス、エイチ、モンスターアーツ)シリーズも既に雑誌などで最新作が発表されており、
先日のイベントで展示されていたこちらのキャラクターが商品化決定となりました!

モンスターアーツ ガイガン
http://tamashii.jp/item/10581/
S.H.MonsterArts ガイガン(2004)
発売日:2014年04月
税込価格:10584円
■商品仕様
全高:約180mm
材質:PVC・ABS・ダイキャスト製
■セット内容
・本体
・改造ガイガン用差し替えパーツ各種

遂に来ました、映画「ゴジラファイナルウォーズ」よりガイガン!
韮沢靖さんによる大胆なアレンジが話題を呼び、当時に超合金でアクションフィギュア化を果たしたガイガンが、
今度はモンスターアーツにて登場!
全身のトゲトゲっぷりやメタリック感溢れる塗装なども素晴らしい再現度だと思います。
元から人型に近いフォルムをしているので、アクションフィギュアとの相性もバッチリですね。

モンスターアーツ ガイガン0
更に首&頭部、両腕を換装する事により終盤に登場した「改造ガイガン」も再現が可能!
ちゃんと差し替え用パーツを付けてくれた事も嬉しいのですが、
両腕の「ブラッディ・チェーンソー」は刃の部分が回転するというギミックもあるのが凄い!

いやぁ、発売前ですがこれはFWガイガンの決定版アクションフィギュアになるのではないでしょうか。
とにかく春の発売がとても楽しみ!


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|17:02

S.H.MonsterArts ゴジラ2000 ミレニアム

年末年始でお金の使い方を調整していた為、
S.H.MonsterArts(エス、エイチ、モンスターアーツ)の最新作を本日ようやく入手出来ました。
今回商品化されたのは、こちらのキャラクターとなります。

モンスターアーツ ミレニアムゴジラ
ゴジラ2000 ミレニアム
映画「ゴジラ2000 ミレニアム」に登場したゴジラなのですが、今回発売されたのは酒井ゆうじ氏が手掛けた、
スーツを制作する際の目安となるコンセプトモデル、つまり「雛型版」のミレゴジとなっています。
実際の映画に登場したスーツとは全体的なバランスや顔付きなどが大きく違っており、
酒井さんのゴジラ像が具現化したかの様な、様々な歴代ゴジラを感じさせる顔付きなどが特徴的です。

こちらはガレージキットやソフビフィギュアなど、過去に幾度も商品化されていたのですが、
アクションフィギュアとして登場したのは今回が初!
私はこの雛型版ミレゴジが大好きだったので、こうやって商品化された事にただただ感謝の一言です。
付属品などはありませんが、本体そのものがかなりしっかりと作り込まれていました。

モンスターアーツ ミレニアムゴジラ0
正面から。
以前発売されたモスゴジと同じく、胸や膝などに薄くウェザリングの様なものが施されていますね。
体色も実際のスーツは緑が強かったですが、雛型版ミレゴジは黒がかなり強くなっています。

モンスターアーツ ミレニアムゴジラ1
横から。
ミレゴジの象徴とも言える、紫色に輝いてトゲトゲしている背びれもバッチリ再現されています。
むしろトゲトゲしすぎており、触ると痛いので取り扱いの際にはご注意をw

モンスターアーツ ミレニアムゴジラ2
後ろから。
今回も尻尾の先まで作り込まれており、何より尻尾の可動範囲と可動部分の多さが凄い!
本当によく動くので驚きました。

モンスターアーツ ミレニアムゴジラ3
顔のドアップ。
口内も今までのモンスターアーツと同じく、よく作り込まれていました。
こう見ると、雛型版ミレゴジは初ゴジ&キンゴジ&モスゴジのイメージが色濃く反映されていますね。

モンスターアーツ ミレニアムゴジラ4
可動範囲ですが、今までのゴジラの中でも特に良く動く印象です。
脚回りも横に広げやすいですし、尻尾でバランスをとればこうやってキックポーズまで可能です。
ゴジラ×メガギラスで見せたアクロバティックな姿も、ほとんど再現出来るのではないでしょうか?

モンスターアーツ ミレニアムゴジラ5
上半身は前に良く動くので、こうやってゴジラファイナルウォーズの第一報ポスター風の動きも可能です。
ミレゴジと言えばこの背びれですし、背中を強調させるポージングが非常に映えますね。

モンスターアーツ ミレニアムゴジラ6
以上がミレゴジの簡単なレビューになります。
私が雛型版ミレゴジが大好きという補正もありますが、
一つのアクションフィギュアとして見てもかなり良く出来ているのではないかと。
モンスターアーツも日々進化をしているな~と感じ取れる一品でした。
これは超オススメです!


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|18:31

【動画投稿】 やる夫とやらない夫がゆっくり三妖精に教える ゴジラ怪獣図鑑 part1

やる夫とやらない夫がゆっくり三妖精に教える ゴジラ怪獣図鑑part1
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22593278

という事で、かねてより制作していた動画が遂に公開となりました。
タイトルの通り、東宝映画に登場するゴジラ怪獣のゆっくり解説動画となります。
これで私の中で温め続けていた「ゆっくり解説動画の三本柱」が全てそろい踏みとなりました。
内容は「昆虫大百科」や「怪獣絵巻」とある程度リンクしていますが、
こちらのシリーズはほぼ解説メインとなる予定です。

やる夫の「ゴジラなどの映画怪獣に詳しい」という設定もようやく拾う事が出来ました。
長く続ける予定なので、どうぞ応援の程をお願い致します。
第一回目は私の大好きな「ガイガン」を取り上げております。
今年はシリーズ60周年記念、そしてハリウッド映画としてゴジラが蘇る記念すべき年!
私はこういう形でしか後方支援が出来ませんが、今一度怪獣映画を見直すきっかけになって頂けると有難いです。

今回も面白いと感じて頂けたら動画へのコメントや、マイリスト登録して頂けるとありがたいです。
では、お楽しみ下さいませ~
youtubeでは、「ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻 part16 」を投稿しております。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(6)トラックバック:(0)|18:43

新ウルトラマン列伝 第27話

新ウルトラマン列伝
本日、第27話が放送されました!
第27話 「帰ってきたスパークドールズ劇団」
歴代ウルトラシリーズより総集編の内容を放送しました。

まずはOPがDAIGOさんによる新曲「ULTRA BRAVE」へとチェンジ!
ウルトラマンサーガやウルトラマンギンガの他、ガヴァドン、恐竜戦車、イーヴィルティガの映像も。
今後放送される内容に関係してくるのでしょうね。
しかも映像はノンクレジット版という事で、TV番組なのに制作スタッフの名前が出ないという前代未聞の状態にw

本編は宇宙に帰ったスパークドールズ達が主役という事で、
ブラックキング、サンダーダランビア、ケムール人、ラゴン、キングパンドンの何時もの面々が集結。
しかし早々に怪獣がやられていく映像ばかり見せるのもアレなので、
自分達と同じく無事宇宙へと帰還していった怪獣達を取り上げる方針となりました。
まずはウルトラマンより「シーボーズ」!
ウルトラマンさえも手こずらせた駄々をこねるシーンもしっかりと放送。
最後はウルトラマンロケットにより、無事宇宙へと帰還する事が出来ました。

続いてはもう少しバトル要素が欲しいという事で、帰ってきたウルトラマンより「ザニカ」!
故郷の蟹座が「バキューモン」に飲み込まれてしまい、苦しんで暴れ始めるザニカを力尽くで大人しくさせるジャック。
そしてバキューモンの体内で暴れて穴を空け、飲み込まれた星は無事元に戻るのでした。
ザニカの蟹座出身というアバウトすぎる出身地や、バキューモンの圧力でも平気なジャックの凄さ、
そしてバキューモンの脆さにツッコミが入っていて笑いましたw

続いても同じ星座出身という事で、ウルトラマンエースより乙女座出身の「天女アプラサ」と「アプラサール」!
ヤプール人の非道さ、アプラサールの特殊能力などが一通り紹介されています。
最後はエースがヤプール人のエネルギーを断ち、天女アプラサを新天地の白鳥座へと送り届けてめでたしめでたし。
更に補足として、水瓶座出身のアクエリウス、牡牛座出身のドギュー、
獅子座出身のウルトラマンレオ&アストラの星座生まれキャラクターも少しだけ取り上げられました。

しかし、それに異を唱える新スパークドールズキャラクター「モチロン」が乱入!
地球に一番近い星である月の事も忘れるなと、ウルトラマンタロウよりモチロンのお話を紹介。
モチロンの大迷惑ぶり、汚い餅の食べ方、謎の飛行船などに一同は総ツッコミw
同じ月出身の「南夕子」もしっかりと解説され、ウルトラの父も交えて最後はモチロンを使った餅つきで〆。
今後もスパークドールズ劇団が続く事を示唆しつつ、今回のお話は終了となりました。
新ウルトラマン列伝 モチロン

やはりスパークドールズ劇団はツッコミや解説が自由でとても面白いw
星座関連のキャラもしっかり取り上げられていますし、
新キャラのモチロンの乱入など非常にお正月らしい構成にもなっていたと思います。
今後もスパークドールズ達の活躍も続くみたいですし、ギンガが終わってもまだまだ出番がありそうで何よりです。
次回はウルトラマンよりアントラー登場回という事でここからしばらくの間、
新ウルトラマン列伝はアントラー祭に突入する事になります。

youtubeでは、前回のお話が配信中です。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|12:03

2014年 賀正

2014年賀正
新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

さぁ、いよいよ怪獣王ゴジラの生誕60周年、そして新作公開となる2014年がやって来ました!
今年はとにかく怪獣中心の年にしたいと思いますので、お付き合い頂ければ幸いです。
怪獣祭と言えば、3月の「ウルトラマンギンガ劇場スペシャル2」もそういう内容になる模様。
去年も怪獣熱が各地で徐々に盛り上がりを見せていましたが、今年はもっと盛り上がって欲しい。
いや、盛り上げて行きたいと思っていますので、その詳細はまた後日。

そして私の大好きな「ウルトラマンレオ」も放送40周年を迎えるなど、様々なメモリアルイヤーでもある本年。
どうぞ、当ブログなども引き続き宜しくお願い致します。
良い年にするぞー!


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(8)トラックバック:(0)|12:58
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ