大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

ウルトラマンギンガ 新ウルトラヒーローが登場!?&新列伝の放送時間が変更

本日より児童誌のてれびくん&テレビマガジンが発売開始となっています。
今回のてれびくんのゴジラ情報は「ゴジラエッグ」の記事がカラーページに1ページ掲載されており、
ゴジラ、モスラ、キングギドラ、メカゴジラ、ガイガンの製品版の写真が公開されています。
テレビマガジンでは付録DVDで「トランスフォーマーGo!」が完結となりましたね。

ウルトラマン情報は新ウルトラマン列伝の3月分の放送内容と、
ウルトラマンギンガ劇場スペシャル2の情報が掲載。
そして新ウルトラマン列伝が「4月より毎週火曜日の午後6時からの放送になる」という告知もされています。
曜日変更は驚きましたが、午後6時からの放送に戻ってくれたのは個人的にかなり嬉しいですね。

更に4月からはナビゲーターとして礼堂ヒカルが復帰し、
銀河神社で見付けた謎の絵巻物「秘伝の書」をメインに新列伝が展開されていくそうです。
これには様々なウルトラヒーローや怪獣たちが描かれており、更に「ライブサイン」も存在している謎のアイテム。
ヒカルの腕には再びギンガスパークも握られているので、
それらをスキャンする事で様々な怪獣やヒーローを紹介して行くという流れになるのでしょうね。

ちなみに絵巻に掲載されているキャラクターの一部も判明しており、
ウルトラマンキング、ウルトラの父、ウルトラの母、ゾフィー、ウルトラマン、ウルトラセブン、
ウルトラマンジャック、ウルトラマンエース、ウルトラマンタロウ、ウルトラマンレオ、ウルトラマン80、
ウルトラマンティガ、ウルトラマンダイナ、ウルトラマンガイア、ウルトラマンコスモス、ウルトラマンネクサス、
ウルトラマンマックス、ウルトラマンメビウス、ウルトラマンゼロ、ウルトラマンギンガ、

バードン、ノーバ、キングザウルスⅢ世、ナース、ジャミラ、ガンダー、ウー、リトラ、ゴメス、ゾグ(第二形態)、
ウルトラマンアグル、ミズノエノリュウ、グビラ、タッコング、ケムラー、ベムラー、ウインダム、チブル星人、アギラ、
アーストロン、サドラ、グドン、キリエロイド、ジェロニモン、ドドンゴ、ピグモン、ガボラ、ブースカ、チャメゴン、
バルタンバトラー・バレル、ガッツガンナー・ガルム、マグママスター・マグナ、レッドキング、ネロンガ

が確認出来ました。
これらが今後の列伝に登場するキャラクターという事になるのでしょうかね?
(ちなみに絵巻のページはまだ先がある風な感じでしたが)

その他は「ウルトラボーン」や「チキチキモンスター チキモン」の紹介がありましたが、
驚いたのはテレビマガジンの次号予告コーナーに掲載されていた一文でしょう。
新ウルトラマン列伝 ウルトラマンギンガ 新ウルトラヒーロー?
「ウルトラマンギンガ 新ウルトラヒーロー超スクープ!」
さて、この文字が一体何を意味しているのか。
恐らくウルトラマンギンガの第一報と同様に、4月の頭までには何らかの情報が出てきそうな気がしますね~
2014年もウルトラシリーズに何かが起こる!?

youtubeでは、ウルトラマンギンガ番外編の配信が開始となっています。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
関連記事
Permalinkコメント:(7)トラックバック:(0)|17:34

映画「GODZILLA(ゴジラ)」の予告編第2弾が公開開始!

youtubeにて、「GODZILLA」の予告編第2弾が昨日より公開開始となりました!
今回初公開となる映像も多く、既にファンの間でも大きな話題を呼んでいます。




日本?らしき場所やアメリカの都市部に大きな被害を与えた「何者か」。
自由の女神もその一部が破壊されてしまうその何者かは、自然災害よりも恐ろしいものの様子。
海中を泳ぎ回り、その巨大な背びれを海上に突き出しながら船舶を跳ね除け、街に津波を巻き起こす謎の存在・・・


ゴジラ3D レジェンダリー 予告
西暦1954年にビキニ環礁で行われた水爆実験は、「とある怪物」を抹殺する為に行われた作戦だった・・・?
しかしその怪物は現在でも各地で猛威を振るっている様子。


ゴジラ3D レジェンダリー 予告0
このミサイルにまとわりつく様に寄生している、謎の物質は何なのか?
もしや生命体の一部?


ゴジラ3D レジェンダリー 予告1
戦闘機を次々と叩き落とし、海へと降下した様に見えるこの巨大な物体は一体?
落ちる戦闘機を呆然と見つめるしかない軍の隊員たち・・・


ゴジラ3D レジェンダリー 予告2
セリザワ博士たちが目撃した、怪物のものと思われる巨大な骨格。
その正体は果たして?


ゴジラ3D レジェンダリー 予告3
隊員たちに振り下ろされる、巨大生物の脚!
虫の脚の様にも見えますが・・・?


ゴジラ3D レジェンダリー 予告4
そして街に出現した巨大な怪物。
この姿はビキニ環礁付近でも目撃され、今現在、各地に大きな被害を与えたものの正体・・・
それはまさしくゴジラ!


わずか2分半ほどでしたが、もう大興奮の予告編でした!
今回の映画にはゴジラ以外の怪獣が登場するという噂が前々から流れていましたが、
予告編を見る限りだとそれは正しかったみたいですね。
空を飛び回るものと虫の様な怪獣が果たして同じものなのか、それとも全く別の存在なのか?

ゴジラ誕生のルーツも今までのものとは少し違うものになっている様で、
こればかりは映画公開までは何とも言えないですね。
巨大な骨など気になる要素満載の予告編第二弾。
ゴジラの正面顔も初公開になりましたし、この調子で情報の開示が徐々に行われていく事に期待しましょう!


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(9)トラックバック:(0)|00:17

ウルトラマンギンガ 番外編感想

新ウルトラマン列伝 ウルトラマンギンガ
本日、新ウルトラマン列伝内にてウルトラマンギンガ番外編が放送されました!
番外編 「残された仲間」
※youtube配信組の方のネタバレになるので、あらすじ紹介は省かせて頂きます。

時系列的には最終回と劇場スペシャル2の間という事で、美鈴は和菓子作りに奮闘中。
ヒカルは海外で一条寺は何かの研究中と、それぞれがバラバラになっている中、
千草のオーディションの為の写真を健太が撮るというこの2人が主役になるエピソード・・・

かと思いきや、冒頭から最後まで出ずっぱりだったのは地球に取り残されたマグマ星人でしたw
バルキー星人、イカルス星人、ナックル星人グレイとの共演も見られた他、
人間に紛れて生活をしているその苦労ぶりが本当に面白かったですねぇ。
雰囲気的には「ウルトラゾーン」に近いかもしれませんw
ですがただの苦労人ではなく、ちゃんと悪役として二人に襲いかかりましたし、
ゼットンを利用して大規模な悪事を働こうとするなど闇のエージェントとしての活躍ぶりも描かれました。

月面でのウルトラマン&ウルトラマンティガとの戦いも、
構図やエフェクトなどを駆使してちゃんと迫力のあるものに仕上がっていましたし、
千草と健太が本気で地球を守ろうとする姿勢も正に「ヒーロー」そのもの!
ゼットンの火球攻撃も「これはヤバイ」感が伝わる演出になっていましたし、
二人のピンチに駆け付けるウルトラマンギンガのシーンの盛り上がりぶりも感動しました。
マグマ星人もゼットンをもう少し上手く使えていたら勝機があったんでしょうけど、
そこはやはりマグマ星人だったという事で・・・w
(ゼットンも最後で可愛くなっていて思わず吹き出してしまいました)
そういえばギンガの掛け声も少し変わっていましたが、あれはヒカルが不在だったからなのでしょうかね?


新ウルトラマン列伝 ウルトラマンギンガ マグマ星人&ゼットン
今回の事件でギンガが地球の近くまで帰ってきた理由も最後に判明しましたし、
番外編ながらも本編の1エピソードとして素直に楽しめました。
一条寺の研究とは恐らく劇場スペシャル2に繋がる要素でしょうし、
マグマ星人の愚痴っぷりやその着メロなど小ネタも満載で本当に面白かった!

気になった所は主を失っても未だに存在する「ダークダミースパーク」や、
解放されたはずのウルトラマンやティガが再びスパークドールズとして召喚された点でしょうか。
前者は闇のエージェントの能力かもしれませんし、後者はまだ元に戻る前の状態だったのかもしれませんが。
こんな感じで今後も月一ペースとは言いませんが、番外編などでギンガの世界を広げていって欲しいものです。
ちなみにマグマ星人を演じられたのは、やはりイベント等でお馴染みの「外島孝一」さんでしたw

youtubeでは、先週のお話が配信されています。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(7)トラックバック:(0)|18:46

今年も大阪にウルトラマンレジェンドステージがやってくる!(関さん&根岸さんも!?)

ウルトラマンレジェンドステージ2014
http://m-78.jp/legend/2014/

さぁ、今年も大阪に「ウルトラマンレジェンドステージ」がやって来ます!
レジェンドステージも、関西の大型ショーとして恒例行事になったみたいで嬉しい限りですねぇ。
開催場所はお馴染みの「八尾市文化会館 PRISM HALL(プリズムホール)」で、
開催日時は2014年6月7日(土)・8日(日)の2日間。
公演時間は1回目が10:30~で、2回目が14:30~と、全4回公演なのも例年と変わりありませんね。

内容は第一部が「ウルトラマンナイスのウルトラQイズ!!」という事で、
ナイスが主催するクイズ大会になる模様。
第二部は「ウルトラマンレジェンドステージEX」で、
礼堂ヒカルとして「根岸拓哉」さんが出演するという豪華なものになっています。
更に演出を担当するのは、何と声優の「関智一」さん!
舞台などでもご活躍されている方だけに、どんな演出が飛び出すのかとても気になる所です。

第二部は蘇ったダークルギエルとウルトラマンギンガが再び激突するそうですが、
メインビジュアルにはウルトラマンゼロやウルトラマンベリアル、更にレオ兄弟なども大きく映っているので、
ゼロとギンガの本格的なコラボが見られるんじゃないかな~と私は密かに期待しております。
グレンファイヤーの姿もありますが、もしかしたらこれも関さん本人が声を当ててくれるのではないかと・・・w
そうであれば「本物」だけに、ステージがより盛り上がりそうな気がするのですがどうなるんでしょうね。

私は毎年行っていますし、今年ももちろん会場を訪れたいと思います。
スーパーグランドキングだけではなく、ステージ用に最近制作された普通のグランドキングも登場して欲しいなぁ・・・


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|20:29

新ウルトラマン列伝3月分の放送予定&ダークネスファイブ再結成!?

本日よりフィギュア王の最新号が発売開始となっております。
新ウルトラマン列伝情報は、3月分の放送予定が掲載されておりました。

・3月5日放送 第36話「恐怖の宇宙線 ガヴァドン誕生」
(ウルトラマン第15話の内容を放送)
・3月12日放送 第37話「スパークドールズ劇団A(エース)」
(歴代シリーズより悪のウルトラ戦士を紹介)
・3月19日放送 第38話「驚き!大怪獣ラッシュの世界」
(歴代シリーズよりウルトラ怪獣を紹介)
・3月26日放送 第39話「俺たちの未来 ギンガ伝説」
(ウルトラマンギンガより総集編を放送)


第一週目はソフビも発売されているガヴァドンのお話を放送という事で、
あの皮肉の効いたファンタジックなストーリーがお茶の間に流される事になりますね。
第二週目はスパークドールズ劇団による悪のウルトラ戦士特集回という事で、
劇場スペシャル2に併せて様々な悪の戦士を取り上げるそうです。
(画像としてにせウルトラマン、イーヴィルティガ、にせウルトラマンダイナ、カオスウルトラマンが掲載)
第三週目は大怪獣ラッシュにて登場した怪獣達をその原点と共に振り返る内容で、
ナビゲートを務めるキャラクターは不明ですがレッドキングや恐竜戦車などが登場するそうです。

そして第四週目はウルトラマンギンガ総集編なのですが、
なんとナビゲート務めるのはバルキー星人、イカルス星人、ナックル星人グレイの3人!
闇のエージェント達が映像作品では初の集合という事で、どんなやり取りを見せるのか今から楽しみですねw
ここで新ウルトラマン列伝も一区切りという事で、4月からは第4クール目へと突入して行く予定です。


新ウルトラマン列伝公式ブログではその第4クール目の情報が少しだけ公開されており、
礼堂ヒカルがナビゲーターとして登場する事や、
ウルトラゼロファイト第二部が2週に渡って分割放送される事が明かされています。
新ウルトラマン列伝 ダークネスファイブ
更にウルトラゼロファイト第二部放送の際に登場するのか、ダークネスファイブの画像も!
ゼロとグレンファイヤーに吹っ飛ばされてしまった「ヒッポリト星人・地獄のジャタール」の姿もあるので、
恐らく彼も無事チームに合流する事が出来たのでしょうw
これにてダークネスファイブが本当の意味で再結成したという事になりそうですね。


他にフィギュア王には「大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア」の世界観を明かすミニコーナーも存在し、
ギルドに反抗している「アンチギルダー」という勢力の情報も開示されています。
設定上存在した「ギルドガード」は彼らを取り締まる役割に該当するそうなので、
漫画やCGアニメの方でも今後の展開次第ではこれらが関わってきそうですね~


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|17:45

これが新しいゴジラだ!&ゴジラ公式HPの内容が更新!

ゴジラ3D レジェンダリー ポスター
http://www.godzilla-movie.jp/

日本では7月25日に公開される予定の映画「GODZILLA」ですが、
その新ポスターにて今回登場する新ゴジラの全貌が明らかになって来ました。
後ろ姿のみですが、これは紛れもなく我々のよく知る「ゴジラ」そのもの!

劇中でのサイズなどはまだ明かされていませんが、予告映像を見る限りでは100m級かそれ以上という印象を受けます。
歴代シリーズのポスターではゴジラが大きく描かれる事が多いだけに、
今回のポスターでの大きさがそのまま劇中に反映されるかどうかは不明ですが、俄然楽しみになってきました!


ゴジラ3D レジェンダリー フィギュア
そして今回の新ポスター発表により、以前より画像が出回っていたこのフィギュアの造形が、
劇中イメージにかなり近いものだという事も確定ですね。
実際はもう少しだけ背びれが大きいみたいですが、全身図はほぼこのままなのでしょう。
爬虫類らしさを強調しつつ、日本のゴジラを思わせるシルエットに仕上がっていて私は好印象です。
足元も爪が小さく偏平足気味なのは、実在する巨大生物である「象」を参考にしたのでしょうか?
フィギュアシリーズは初夏頃より発売開始という事なので、日本でも映画公開に合わせて発売となりそうです。
(このフィギュアとは別のラインでバンダイが発売しそうな気もしますが)


http://godzilla.jp/
その一方で、シリーズ60周年という事もあり日本のゴジラ公式サイトも本格的にオープンしています。
関係者のインタビュー記事や歴代シリーズの紹介などもありますが、
歴代シリーズ予告編の映像は今のところ昭和シリーズのみが配信中。
これから内容がどんどん充実して行くそうなので、ファンの方は小まめにチェックの程を!



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|19:23

【動画投稿】 ゆっくり霊夢とやる夫が学ぶ 昆虫大百科 part16

http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1464.html
第1回目の記事はこちらになっております。


ゆっくり霊夢とやる夫が学ぶ 昆虫大百科 part16
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22942924

ゆっくり昆虫解説動画のpart16をアップ致しました。
第十六回目は、バッタ界を代表する「トノサマバッタ」について解説します。
日本では仮面ライダーの元ネタですが、
世界中では災いの象徴とされている不吉な虫でもあるんですよねぇ。

世界的にいわゆる「イナゴ」扱いされているのが本種であり、
その猛威はここ数年も度々ニュースで報じられています。
大昔より世界各地でその被害が報告されているだけに、災害の1つとして数えられているのにも納得出来ますね。

◆登場キャラクター紹介
ゆっくり幽香
ゆっくり幽香
東方Projectに登場する、風見幽香・・・に似た何か。
人間の里や太陽の畑などに出没する妖怪で、花を愛するが故に花を傷付ける者には容赦ありません。
普段は大人しいのですが、自分より弱いものをいじめる癖がある根っからのサディストでもあります。
常に笑顔で振舞っていますが、その理由は常に相手に余裕を見せ付ける事で自身の強大な力を示しています。
怪獣絵巻の方でも近々登場予定・・・

前回に酷い目に合わされたリグルと織り成すpart16。
では、どうぞお楽しみ下さいませ~
(面白いと思っていただければ、動画へのコメントやマイリスト登録をして頂けると有難いです)
youtubeにて、「やる夫とやらない夫がゆっくり三妖精に教える ゴジラ怪獣図鑑」のpart3を公開しました。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|12:25

ULTRA-ACTにてウルトラマンギンガが発売決定!

http://tamashii.jp/special/pickup/201406vzpcg/

魂ウェブにて、6月の新商品情報が公開されました。
その中にイベント会場にて試作品が展示されていた、
ULTRA-ACT(ウルトラアクト)のウルトラマンギンガの姿がありますね~

ウルトラアクト ウルトラマンギンガ
という事で、6月に一般商品としてウルトラマンギンガがウルトラアクト化決定!
全身のクリスタル部分にはクリアパーツを使用しており、
身体のバランスも実際のスーツに近いイメージになっていますね。
筋肉質なボディも良い感じですし、付属品は「ギンガクロスシュート」のエフェクトパーツが確定。
詳細は後日公開という事で、どんなパーツが付くのか気になる所です。

ウルトラアクト ウルトラマンギンガ0
ギンガと言えば使用する必殺技によってクリスタルの色が変化しますが、
ウルトラアクトの場合はパーツ差し替えによって表現出来そうな気がします。
ただし、顔パーツ(というか耳パーツ)は差し替え構造にすると色々と難有りになってしまうので、
差し替えで表現されるのであれば顔ごと交換という形になるでしょうね。
そもそも差し替えではなく、ソフビ同様にカラーバリエーション商品として出るかもしれませんが。
(もしくは同じギンガが7体以上必要になるので出ないのかも?)

5月にはウルトラマンタロウが再販される事ですし、相棒のジャンナインも何らかの形で再販されるのでしょうか。
イベント会場ではガンパッドを手にしたジャンナインが展示されていたそうですし、
そもそも入手されていない方も多いので、限定商品としてもう一度再販してくれないかな~というのが私の望みです。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(8)トラックバック:(0)|19:08

大怪獣ラッシュ グローザ星系人とデスレ星雲人を(一応)コンプリート!

大怪獣ラッシュ グローザム、デスレム、デスレ星雲人デフレイム
カードショップへと立ち寄り、これまで入手していなかった第一弾のギャラクシーレアの「デスレ星雲人デフレイム」、
第二弾の「グローザム」と「デスレム」のノーマルカードを手に入れました。
これにて、第一弾、第二弾、第三弾、プロモのグローザ星系人&デスレ星雲人はフルコンプリートした事になります。

デフレイムはアタックが1500という驚異的な数値であり、
更に武器がグレートソードなので上手く攻撃が通れば絶大なダメージを叩き出せるのがポイント。
前々から入手する機会を伺っていたのですが、ようやく手に入れる事が出来ました。
今までは第二弾のレアカードのデフレイムを使用していたので、今後はこちらに乗り換える事になりそうです。
一方、ノーマルカードのグローザムとデスレムはそれぞれナックルとヘヴィガン持ちで、
他のカードとは武器の差別化が図られているのが嬉しい所です。

後はロケテストにて排出されたデスレムとグローザムのカードがあれば真のフルコンプリートなのですが、
そちらは入手出来る機会が無いのでノーカンとさせて頂きますw
どちらの種族もそれぞれ4体ずつが存在しますし、第四弾以降にも数多く収録されそうですね~


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|18:30

新ウルトラマン列伝 第34話

新ウルトラマン列伝
本日、第34話が放送されました!
第34話 「ウルトラゼロファイト 新たなる力!」
ウルトラゼロファイト第一部の内容を放送しました。

ウルトラマンサーガの続編として制作されたウルトラゼロファイトですが、
本来は3分間の物語を全8回に分けて放送するというスタイルを取っていました。
なので毎回見せ場を作る方針で制作されているので、
DVD版や今回の放送の通りにノンストップで見ると非常に濃厚な作品になっているのがよく解りますよね。

まず全編特撮シーンという事でバトルシーンが迫力のあるものになっており、
カメラアングルやその構図もアニメ寄りになっているので非常に見応えがあるのが私が好みな点です。
カット割りもスピーディーで見ていて飽きを感じさせないんですよね。
そもそもウルトラマンゼロが激しいアクションを売りにしている事もあり、
これまで活躍してきた作品の要素を数多く抱え込みつつ、
新たなバトルものとしてしっかり作ってある作品だと思います。

ストーリーとしては意図せぬ形で「新たなる力」を手にしてしまったゼロが、何故力を得てしまったのか、
その答えを探しに自分が始めて公の場で活躍した怪獣墓場へと向かう所からスタート。
そこでバット星人グラシエが操る怪獣たちや、後に大きな存在となるピグモンとの出会いを果たす事になります。
戦いの中で自分にとっては大きすぎる力の前に悩みながらも、
自分なりに力の使い道やその答えを見付け出して、また一つ成長を遂げるゼロの姿が描かれました。

これでゼロもタイプチェンジ(モードチェンジ)が可能になった訳ですが、
何気に相手によって力を使い分けるこの方式はシリーズとしては結構久しぶりなんですよね。
続くウルトラゼロファイト第二部でも使い分けていましたし、ゼロの新たな要素として今後の出番も多そうです。
チェンジすると体色だけが変わるという点では、ダイナやコスモスよりティガに近いかな?


新ウルトラマン列伝 ウルトラマンゼロ&グレンファイヤー0
最後はグレンファイヤーが乱入し、これから二人で飲みに行くという風な会話をしていましたが・・・
ゼロのお金云々の話は置いておいて、あの世界にも大怪獣ラッシュのステーションの様なものがあるのでしょうかw

次回はいよいよウルトラマンギンガ番外編が放送!
予告の時点でマグマ星人の苦労ぶりが伺えましたが、色んな意味で果たしてどうなる!?
youtubeでは、前回のお話が配信されております。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|18:43

ウルトラアクトの最新作は、ストロングコロナゼロ&ルナミラクルゼロ!

魂ウェブ商店にて、本日に急遽発表された新作商品が話題を呼んでいます。
ULTRA-ACT(ウルトラアクト)の最新作は、こちらのセット商品となりました。

ウルトラアクト ルナミラクルゼロ&ストロングコロナゼロ
http://p-bandai.jp/tamashiiwebshouten/item-1000086775/

ULTRA-ACT ストロングコロナゼロ&ルナミラクルゼロ
発送予定:2014年7月
税込価格:8856円
◆商品内容
・ストロングコロナゼロ本体
・交換用右手首8種、交換用左手首6種
・パンチエフェクト
・ゼロスラッガー2種
・支柱嵌合用パーツ1種
・交換用頭部1種(ゼロスラッガー無し)
・交換用プロテクター2種
・ウルトラマンゼロ交換用手首左右各1種
・ランス・スパーク用交換用ヘッダーパーツ2種
・ウルトラゼロディフェンダー
・ウルトラゼロスパーク
・ウルトラゼロランス
・ウルトラゼロブレスレット
・ルナミラクルゼロ本体
・交換用右手首9種、交換用左手首6種
・PET製エフェクト
・ゼロスラッガー2種
・支柱嵌合用パーツ1種
・交換用頭部1種(ゼロスラッガー無し)
・交換用プロテクター2種


2体セット商品+ウルトラマンゼロという要素が重なり、付属品の数がとんでもない事になっていますw
基本仕様は発売済みのウルトラマンゼロver.2のものをベースに、
色や付属品などが大幅に変更された商品になっていますね。
ちゃんとこのゼロはウルティメイトブレスレットも身に付けていますし、
ウルトラゼロファイト版のゼロだという事がよく解ります。

ウルトラアクト ルナミラクルゼロ&ストロングコロナゼロ0
更にウルトラマンゼロ THE MOVIEでも使用された、ウルトラゼロブレスレットも一式が付属。
ウルトラゼロファイトで登場したウルトラゼロディフェンダーもようやく商品化となりましたね~
ただ、ノーマルのゼロの為のウルティメイトブレスレットが見当たらないので、
もしかすると今後ウルティメイトゼロなど、他のバリエーション商品にオマケとして付属するのかもしれません。

明後日の新ウルトラマン列伝ではウルトラゼロファイト第一部の一挙放送が行われますし、
そのタイミングで受注開始となった本商品。
既に予約が始まっていますし、ゼロファンなら「買い」でしょう!


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|18:58

DXダークスパーク(限定品)

プレミアムバンダイより、限定品の「DXダークスパーク」が届きました。
ウルトラマンギンガのラスボス、ダークルギエルが使用する変身道具という事で、
この商品化は中々貴重なものではないかと思い購入に踏み切りました。

DXダークスパーク
基本は発売済みの「DXギンガスパーク」のリデコ商品ですが、
黒を基調としたカラーリングだけにギンガスパークとは印象が大幅に異なっています。
艶あり、艶なし、メタリックと、塗装の方も綺麗に塗り分けられているので、良い質感に仕上がっていました。
ちなみにパッケージはブリスターパッケージではなく、黒いモノクロ仕様の箱でした。

DXダークスパーク0
背面はこんな感じになっています。
ギミックもギンガスパークと全く同じで、「解放モード」では怪獣などのライブサインを読み込める他、
トリガーを引くと斬撃音が鳴り響きます。
ただし音声は新規のものになっており、待機音は「ダークルギエルの部屋で流れたパイプオルガン」になっていて、
斬撃音もギンガスパークとは異なる禍々しい音声に変更されていました。
もちろん、ライブサインをリードすると「ダークライブ!」と本編同様の低い声が鳴り響きます。
(怪獣の名前を言う音声は通常と同じものですが、これはTV本編でもそうなっていますね)

DXダークスパーク1
ワンタッチで左右のブレードがオープン、これで「復活モード」になります。
ウルトラ戦士などのライブサインを読み込めるモードになりますね。

DXダークスパーク2
そしてトリガーを引くと、フェイス部分が出現!
ここは新規造形になっており、ちゃんとダークルギエルの顔になっています。
何もリードしない状態でトリガーを引くと「ダークルギエル!!」と低い声が鳴り響き、
我が名はルギエル・・・ダークルギエル・・・!!」と、ダークルギエルの声優である杉田智和さんの声が流れました。
他のウルトラ戦士のライブサインももちろんリード可能なので、ウルトラ戦士をダークライブする遊びも楽しめます。
(名乗り音声や変身音はギンガスパークと同じものですが)

DXダークスパーク3
ギンガスパークとは違い、フェイス部分に内蔵されているLEDは赤一色となっています。
ダークルギエルの顔のデザインも相まって、禍々しいイメージになっているのが良いですね~

DXダークスパーク4
こちらはオマケの「ダークライブシート」になります。
ウルトラマンギンガ本編でダークライブされた怪獣達が、それぞれのライブサインと共に勢揃いしています。
(なので、ダークライブされなかったブラックキングやドラゴリー、ジャシュラインのものは無いんですよね)
表にはダークルギエル、バルキー星人、サンダーダランビア、ケムール人、キングパンドン、ラゴン、ジャンキラー、
ティガダーク、イカルス星人、レッドキング、シーゴラス、ベムスター、バラバ、キングクラブ、ハンザギラン、
タイラント、ダークザギが掲載されており・・・

DXダークスパーク5
裏面にはナックル星人グレイ、ダークガルベロス、ザラガス、アントラー、ウルトラマンダーク、セブンダーク、
スーパーグランドキング、イーヴィルティガが掲載されていました。
イーヴィルティガは劇場スペシャル2の代表という事なのでしょうかね。

音声は「DXライブパッド」のデータを使用している様で、サンダーダランビア、ダークザギ、ジャンナイン、
ジャンボット、イーヴィルティガといったキャラクターにもそれぞれ専用音声が用意されています。
更にダークスパークの専用音声という事で、闇のエージェント達にも劇中ボイスが収録!
バルキー星人は橋本達也さんの声で、「イェ~イ!ウッハッ!ウッハッ!ウゥ~ッイェェ~スッ!
イカルス星人は関智一さんの声で、「イカした貴方の為にイカ様にでも働きます!
ナックル星人グレイは平野勲人さんの声で、「何だってしますわ、支配者様っ♪
と、それぞれが召喚時に喋ったセリフが流れるので楽しいんですよね~w

DXダークスパーク6
ちなみにギンガスパークの声を担当しているのは、声優の「川原慶久」さんであり、
先日自身のTwitterにて正式に発表されていました。
これでギンガの謎がまた一つ明らかになりましたね。

以上がDXダークスパークのレビューになります。
事実上のギンガスパークのバージョンアップ版という事もあり、音声が増えていて大満足!
待機音のカッコ良さは特に気に入ったので、限定品とはいえこうやって商品化されたのは本当に良かったですね。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(8)トラックバック:(0)|14:18

【動画投稿】 やる夫とやらない夫がゆっくり三妖精に教える ゴジラ怪獣図鑑 part3

第1回目の記事はこちらになっています!
http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1716.html


やる夫とやらない夫がゆっくり三妖精に教える ゴジラ怪獣図鑑part3
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22894051

私の手書きイラストによるゆっくり解説動画の最新パートを投稿しました。
第三回目は「昭和ゴジラ」を一気にご紹介。
代表という事で、メインイラストはキンゴジとモスゴジを抜擢しました。
シェーから飛行まで何でもありの時代ですね。

二頭目のゴジラは初期の頃こそ初代ゴジラらしい性格だったのですが、
時代の移り変わりと共に子供たちの憧れの的となり、最後には正義の怪獣となってしまいます。
その良し悪しは置いておいて、ゴジラというキャラクターが如何に自由であるかがよく解りますよね。
私としては基本さえ守っていれば、ゴジラは何をやってもいいと思っているので、
平成でも「×メガギラス」や「ファイナルウォーズ」の様なトンデモアクションをした時は喜んだものです。
しかし改めて動画として纏めてみると、流石に空を飛んだ所だけは浮いているなぁとw

今回も面白いと感じて頂けたら動画へのコメントや、マイリスト登録して頂けるとありがたいです。
では、お楽しみ下さいませ~
youtubeでは、「ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻 part18」を投稿しております。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|16:42

大怪獣ラッシュのWEBコミック 第1話前編が配信スタート!

大怪獣ラッシュ WEB漫画
http://daikaijyu.com/rush/cg/web-comic/

「大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア」のWEB漫画が公式ホームページにて配信開始となりました。
今まではCGムービーとゲーム、そしてカードテキストでハンター達の性格などが明かされていましたが、
こうやって漫画になる事で主人公以外にもスポットが当たるというのが何より嬉しい!

時系列はCGムービーのアントラーハンティングの後という事で、
マグママスター・マグナが同族の「マグマ星人フッグ」と話したり、
「ダダA(エリートナンバーズ)」達に突っかかろうとする場面も見られます。

第1話の主役はマグマ星人フッグであり、
彼とチームを組んでいる「メトロン星人ウィップ」や「ガッツ星人シーズ」の活躍も見る事が出来ますね。
マグマ星人らしく直感で行動するフッグ、それに驚きながらもサポートをするシーズ、
真面目で融通が利かなそうなウィップと、それぞれがこれほど個性的なキャラクターだとは思いませんでした。
ダダ達も、同族同士だとちゃんと会話をするんですねw

こうやってゲームで知っているキャラクター達が、漫画の中で生き生きとしているのは見ていて本当に面白いですね。
現在の所、第1話後編の配信は何時になるか不明ですが、恐らく月一回の更新になるのかな?
今後もどの様なハンター達にスポットが当たるのか、とても楽しみです。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|18:46

新ウルトラマン列伝 第29話~33話(ウルトラマンサーガ ディレクターズカット版の感想)

新ウルトラマン列伝
本日で映画「ウルトラマンサーガ ディレクターズカット版」の分割放送が完結しました。
第1章「沈黙の地球」、第2章「ゼロの苦難」、第3章「恐怖の繭」、第4章「復活の英雄」、第5章「本当の戦い」と、
5週に渡って放送されましたね。

改めて見ると、映画制作直前に起きた「東日本大震災」に対するメッセージ性が強い内容になっており、
絶望の淵に叩き込まれた人達がその中で光を見出すべく悪戦苦闘しているシーンが印象に残ります。
それは主人公のタイガも同様であり、過去のトラウマを抱えながらもそれを克服。
一人の男、そして一人のウルトラマンとして人々を救うべく立ち上がる流れは、
ただの成長物語ではなく震災に合った方へのメッセージなんだろうなぁと。
ラストカットの「夜でも光が溢れている東北地方」のカットはまさしくそうなんでしょう。

そもそも震災の影響で映画の制作そのものが危うくなった作品だったのですが、
内容を再び見直して特撮の撮影も「建造物を極力破壊しない」様になるなど、
紆余曲折ありながらも完成した映画だけによくここまで纏まったものだなぁと私は関心しております。
物語の中核に存在し続けたアスカ=ウルトラマンダイナ。
タイガを導き人々に元気を与えたムサシ=ウルトラマンコスモス。
遂に地球にやって来たものの、タイガに振り回され続けたウルトラマンゼロ。
3人のウルトラマンの立ち位置も良かったですし、チームUの見せ場もちゃんと用意されていて、
なおかつ「人間の手助けでウルトラマンが勝利する」という流れをしっかり作ってあったのがとても嬉しかったですね。

敵側もアーストロンやゴメスが一部手直しされて登場し、グビラやバット星人が復活。
更にスフィアや惑星ジュランに住むコスモス怪獣も登場するなど、何気に豪華な面々が揃っていました。
目玉のハイパーゼットンも近年の映画にしては珍しい「ウルトラマンとほぼ同じサイズなのに強いキャラ」でしたし、
デザインこそスマートですがその能力はまさしく「ゼットン」そのもの。
ラストのウルトラマンサーガとの互角のバトルはとても見応えがありました。
サーガの決め技は一見地味ながらも、光線技が通用しないゼットンに「その拳」で決着をつけた辺りも好きでした。

ウルトラマンダイナやウルトラマンコスモスの後日談を含めながらも、
1本の映画としてちゃんとテーマを決めて筋を通した作品であったウルトラマンサーガ。
こうやってTV放送された事はファンとして素直に嬉しいです。
そもそも「ウルトラマン列伝」という番組がこの映画の宣伝の為に制作されたようなものなので、
その枠で放送されたという事そのものが記念すべきものなのでしょうねw


さて、ディレクターズカット版では第5週目に追加カットが多数存在しました。
ハイパーゼットンが生み出した怪獣兵器である「アントラー」、「キングパンドン」、「ブラックキング」、
「ベロクロン」、「タイラント」の登場。
そしてサーガ降臨により起きた奇跡により「ハヤタ」、「ダン」、「郷」、「北斗」、「ゲン」の登場から、
5人揃っての変身シーンで「ウルトラマン」、「ウルトラセブン」、「ウルトラマンジャック」、
「ウルトラマンエース」、「ウルトラマンレオ」が登場!
新ウルトラマン列伝 ウルトラマンサーガ ディレクターズカット版
ようやくウルトラマンサーガでの変身シーンが拝めました。
何より嬉しいのが、「同じ画面でモロボシダンとおおとりゲンが同時変身した事」でしょう!
この画を見るのをどれだけ待ち望んでいた事か!

ウルトラマンサーガとウルトラ兄弟、ハイパーゼットンと怪獣兵器が並び立ち、
そこからウルトラ兄弟VS怪獣兵器が1カットで表現される凄い映像へと突入!
何気にベロクロンがちゃんとミサイルを使ってくれた事に驚きましたw
そして以前の列伝でも放送された戦いのシーンへと続き、
スペシウム光線、アイスラッガー、ウルトラランス、メタリウム光線、レオキックで怪獣兵器を撃破!
新ウルトラマン列伝 ウルトラマンサーガ ディレクターズカット版0

ここからはサーガVSハイパーゼットンの最終決戦へと続き、
バット星人とハイパーゼットンが砕かれ、開放された生命体の魂が地球全土へと戻るシーンでも、
戦いを終えたウルトラ兄弟がそれを見つめるシーンが追加。
更にサーガから分離した3人のウルトラマンがお互いを称え合うように手を合わせて、
ダイナとコスモスがそれぞれの世界へと帰るシーンも追加されていました。
EDのスタッフロール中に流れた「後日談」の映像も画面いっぱいで見る事が出来ましたし、
ディレクターズカット版がTV放送されて本当に良かった!
是非、ソフト化の方も検討して貰いたいものです。

さて、次回はウルトラマンサーガの続編である「ウルトラゼロファイト第一部」を放送。
DVDに収録されていた「ノンストップ版」での放送なので、こちらもお見逃しなく!
youtubeでは、前回のお話が配信されております。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|19:13

スーパーロボット超合金で、立て!カンタム・ロボ

スーパーロボット超合金 カンタム・ロボ
http://tamashii.jp/special/kantam/
http://tamashii.jp/item/10601/

第一報から早数ヶ月、クレヨンしんちゃんの人気キャラクターの1体である、
「カンタム・ロボ」が史上初の超合金ロボット玩具として商品化される事が決定しました!
劇中ではしんのすけが超合金のカンタム・ロボで遊んでいるシーンがたまに登場していましたが、
今回は「スーパーロボット超合金」というカテゴリーでの商品化なので、正真正銘の大人向けフィギュアになります。

初期のTVスペシャルでは劇中劇という事で「超電導 カンタム・ロボ」なる作品が放送され、
全3話にも関わらず濃密な設定や劇場アニメかよとツッコミたくなる作画の凄まじさ、
そのアツい内容に思わず心を奪われた視聴者が大勢居たそうですが、私もその中の一人になりますw
こうして正式に超合金化というのはまさしく快挙。
今年の劇場版アニメがロボットに纏わるお話なので、それに合わせての商品化みたいですね~


スーパーロボット超合金 カンタム・ロボ0
スーパーロボット超合金 超電導カンタム・ロボ
価格:4320円
発売日:2014年05月
◆商品仕様
全高:約140mm
材質:ABS、PVC、ダイキャスト製
超合金ブランドで培われた可動技術を本気で投入!
他アイテムと並べても遜色の無いアクションポーズが可能。
クロスオーバージョイントに対応。
夢の共闘も超合金で再現可能!
◆セット内容
・本体
・バックパック
・交換用手首左右各2種


ジョイントが共通しているので別売りのマジンガーZなどと組み合わせると、
画像の通りロケットパンチも可能になるという凄さw
最初にして最後の超合金化かもしれないので、私は是非買わせて頂きます。
これが売れれば、カンタムのパワーアップ形態が商品化される事も夢ではなくなるはず!
今からしんのすけの眉毛や目の部分を紙か何かに切り出して、
「雲黒斎の野望」バージョンのカンタム・ロボを再現しようかと悪だくみ中・・・w


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(6)トラックバック:(0)|18:57

電光ヒーローコレクション メタラス

では、「電光超人グリッドマン」の怪獣ソフビ人形レビュー記事です。
第11弾目は、こちらのキャラクターとなっております。

電光ヒーローコレクション メタラス
鋼鉄怪獣 メタラス
第11話「おこづかいは十万円」に登場した怪獣です。
口からシステムを組み替えるプログラムを含んだ光線を発射し、
武史の命令で桜ヶ丘商店街のレジ管理システムを組み替え、
プリペイドカードの残高を高めて、それを使い切るとレジが爆発するように仕向けました。
ハサミ状になった右腕と鎌状になった左腕から繰り出す攻撃でグリッドマンを苦しめた他、全身が強固な上に、
胸の赤い部分からシールドを展開して光線技をも弾き返してしまう能力を持っています。
しかし支援に現れたゴッドタンクの攻撃で胸のパーツが破壊されてしまい、
続けざまに放たれたグリッドビームを受けて倒されています。

グリッドマン怪獣の中でもデザインがカッコいいメタラスですが、ソフビの出来も素晴らしいものでした。
何より、他のソフビに比べると安っぽさがほとんど無いんですよね~

電光ヒーローコレクション メタラス0
全身は黒い成型色なのですが、その上からシルバーで部分的に塗装されています。
この色合いが渋くてかっこよく、造形もスーツの特徴を良く捉えている方だと感じました。
赤く光る部分も、ちゃんと塗装で表現されていますね~

電光ヒーローコレクション メタラス1
背面です。
こちらもシルバーで薄く塗装されていますが、こうやって見ると背中の甲羅がカメムシみたいな形状なんですね。

電光ヒーローコレクション メタラス2
造形がとにかくシャープであり、グリッドマンソフビの中では一番完成度が高いのではないでしょうか?
腕や腰が大きく動かないですが、普通に立たせておくだけでも存在感があるソフビです。

電光ヒーローコレクション メタラス3
こちらは付属タグ。
劇中イメージとソフビ人形のイメージがかなり近い印象です。
しかし体重が10万トンもあったとは・・・w

メタラスは他に食玩フィギュアが出ていたはずです。
そのスーツは第22話「復活!恐竜帝王」に登場する「ネオメタラス」へと改造されました。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|21:42

ウルトラマン玩具 6月までの発売予定・・・?<追記有り>

ホビーサイトのでじたみん様にて、4月~6月の新作玩具の発売予定が公開されています。
ウルトラマン関係の玩具も、予約が始まっています。


4月
ウルトラ怪獣DX ゾグ(第2形態)
(一部新規造形、ライブサイン付き)
ウルトラエッグ ウルトラの父
(ウルトラエッグシリーズに、ウルトラの父が登場!)
チキチキモンスター チキモンシリーズ バルタン星人
(エネジーギアを巻き上げると、ハサミと足が交互に開閉!)
チキチキモンスター チキモンシリーズ 恐竜戦車
(エネジーギアを巻き上げると、口と尻尾を動かしながら走行!さらに、走行中にランダム方向転換!)
チキチキモンスター チキモンシリーズ ガンQ
(エネジーギアを巻き上げると、3つの目玉がギョロギョロ動きながら前進!)


5月
チキチキモンスター チキモンシリーズ ピグモン
(エネジーギアを巻き上げると、走行中に驚きの後方回転!)
チキチキモンスター チキモンシリーズ グドン
(エネジーギアを巻き上げると、頭を振りながらムチをジタバタ振り回す!)
チキチキモンスター チキモンシリーズ ツインテール
(エネジーギアを巻き上げると、尻尾と口を動かしながら前進!)


6月
ギャラクシーハンターズ メフィラス星人ジェント
(詳細不明)
ウルトラエッグ ウルトラマンメビウス
(ウルトラエッグシリーズに、ウルトラマンメビウスが登場!)


まずは大型ソフビ人形であるウルトラ怪獣DXより、ゾグ第2形態が商品化決定。
こちらは一部新規造形という表記なので、基本はウルトラ怪獣シリーズのままという事なのでしょうか?
確かにウルトラ怪獣シリーズ時代からボリュームのある商品でしたけど、
あの大きさで1500円と言われるとちょっとどうだろうと首をかしげてしまいます。
ある程度塗装が豪華になっていたり、新規造形部分が多くサイズが増していれば話は別なのですが。
これについては今後の続報に期待しましょう。
それとこのタイミングで発売という事は、新ウルトラマン列伝でウルトラマンガイア最終章を放送するのかな?

ウルトラエッグはソフビでも発売されているウルトラの父とメビウスが仲間入り決定ですが、
気になるのは新シリーズである「チキチキモンスター」なる玩具です。
どうやらゼンマイ仕掛けのフィギュアであり、それぞれが何らかのギミックを持っている様子。
ウルトラエッグやウルトラボーンに続く、ウルトラ怪獣フィギュアの新たな展開という事になるのでしょうかね~

今の所、ウルトラ怪獣500やウルトラヒーロー500についての新情報はありません。
遅れて情報が入るのか、それともこのまま発売予定無しなのか。
私の予想としては、また何らかの新展開やウルフェス開催に合わせて、
7月ぐらいから畳み掛ける様に出してくるのではないかと思うのですが・・・果たしてどうなるやら。
これらの玩具については、また詳細が明らかになり次第記事にしたいと思います。

<追記>
6月にメフィラス星人ジェントのソフビが発売される事が明かされました!


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(6)トラックバック:(0)|20:33

大怪獣ラッシュ第3弾 本日より稼働開始!

本日より、大怪獣ラッシュの第3弾目が稼働となりました。
ビックリするほど冷え込んだ中、遠出をして5000円ほど注ぎ込んでプレイしましたが、
カードの排出はそこそこ良かったのではないかと思います。

大怪獣ラッシュ 第3弾 グローザ星系人、デスレ星雲人
まずは一番欲しかった、グローザ星系人&デスレ星雲人のカードをひとまずフルコンプリート。
グロール、グランザー、グロウラン、デフレイム、デスレード、デスラルのノーマルカード、
そしてデスレムのレアカードになりますね。
今回はどれも巨大なプラズマ怪獣に立ち向かっている絵柄となっており、統一感があって良いですね~
特にブーメラン持ちのデスレムは、我がチーム内でも大活躍してくれました。

大怪獣ラッシュ 第3弾 ノダチザムシャー、ナギナザムシャー、ユミザムシャー
続いてはザムシャー族のナギナザムシャー、ノダチザムシャー、ユミザムシャーのレアカード。
特にユミザムシャーを入手出来た事が嬉しかったり。
いずれザムシャー族のチームもきちんと編成したいのですが、
ギャラクシーレアはともかく七聖剣レアは中々手が出ない・・・

大怪獣ラッシュ 第3弾 スターレアカード、キャンペーンカード
こちらはマグママスター・マグナのキャンペーンカードと、
ザラブ星人ザランガ、バルキー星人グーガー、ナギナザムシャー、ババルウ星人のスターレアカードです。
マグナはカードを傾けると絵柄が変わる仕様になっているのが面白いですね。

大怪獣ラッシュ 第3弾 ダダA、ダダB、ダダC
そしてダダA(エリートナンバーズ)とダダC(コマンドナンバーズ)のスターレアカードに加えて、
ダダB(ブレイカーナンバーズ)のギャラクシーレアカードも入手しました。
CGムービーでも活躍したダダチームがこれで編成可能となりましたね~

ゲームの方は低ランクのアクアペスターと2度遭遇し、どちらも撃破する事に成功しました。
新怪獣のガタノゾーアやスキューラもそうですが、2属性持ちがデフォルトになっているので、
ようやくメタル属性にも活躍の場が出来たという印象を受けましたね。
更に海のステージだと怪獣の攻撃によって、
希に画面に水しぶきが付いてこちらの操作を妨害するというシステムも導入されていました。
対策としてはカードを擦ってやればすぐ解決するのですが、ここぞという時にやられるとかなりウザかったですw

新たに「ハンターボール」の育成も加わりましたし、もっとプレイして武器ランクなども向上させないとな~
それと公式にて行われた人気投票の結果も発表され、
1位争いを制した「ピッコラ星人」が第4弾より参戦する事が確定となりました。
ウルトラマンタロウに登場した「ピッコロ」の一族ですが・・・一体どんなアレンジをされるのやらw


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|19:50

新ウルトラマン列伝 大怪獣ラッシュ第11話

新ウルトラマン列伝
本日は新ウルトラマン列伝の第32話の放送ですが、
映画「ウルトラマンサーガ ディレクターズカット版」の分割放送なので、
本編の感想は最終週に纏めて記事にしたいと思います。

「大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア」は ANTLAR HUNTINGの完結編である第四話目という事で、
ガッツガンナー・ガルムがエネルギーを最大値に引き上げた銃を手放し、
その銃は磁力光線によってアントラーの方へと吸い寄せられて行き、残るプラズマソウルの1つを破壊して大爆発!
アントラーはその場に倒れ込んでしまいますが、直ぐ様体制を立て直して起き上がります。
残るプラズマソウルは頭部に残った1つのみという事で、
銃を失ったガルムやエネルギーを消費して疲れているバルタンバトラー・バレルは、
最後のプラズマソウルをマグママスター・マグナに譲ります。

マグナは「遠慮なくいただくぜ!」とアントラーに向かって走ろうとしますが、
3人は背後から迫る何者かの気配を感じ取り、思わずその気配のした方へと振り返ります。
そこには「ダダA(エリートナンバーズ)」、「ダダB(ブレイカーナンバーズ)」、
「ダダC(コマンドナンバーズ)」の3人がゆっくりとアントラーの元へと歩み寄っており・・・
ステーションでは突如現れたダダの一族に皆が驚いており、カネゴン・ア・キンドは、
「最近伸してきた種族だガネ。付き合い悪いし、自分の体を改造する事なんか屁とも思ってない、不気味な連中だガネ」
とダダの一族を知らないザラブ星人やケムール人に話すのでした。

3人のダダはそれぞれ「ダダ」と一言だけ喋り大きく飛び上がると、
ダダCは体を巨大に変化させ腕から光線を放ち、それに続いてダダBとダダAも腕から光線を放ちます。
するとアントラーの両顎が砕かれ、ダダAの光線が最後のプラズマソウルを直撃!
アントラーは倒されてしまい、ダダ達は無言でその場を後にするのでした。
獲物を横取りされたマグナは彼らに腹を立てますが、ガルムはそれを静止。
マグナ自身もハンティングにおいて手柄の横取りは卑怯では無い事を承知しているのですが、
それにどうしても納得が行かず、バレル、ガルムと共に去っていくダダ達を見つめる他ありませんでした・・・
大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア第11話


ライバルチーム登場か!?という所で幕引きとなりましたねー
ダダ達のチームワークと手際の良さは圧巻であり、ラッシュハンターズの3人を遥かに凌ぐ実力の持ち主でした。
最も、今回は最後の一つを横取りしたに過ぎないので、
彼らの本当の実力は今後の漫画などの展開で語られていく事でしょう。
最近は辛口なコメントが多かったメフィラス星人ジェントも、
最後には3人のチームワークが出来上がってきた事を評価してくれました。
後は3月のウルトラマンギンガ劇場スペシャル2と同時上映されるひとまずの完結編にて、
ラッシュハンターズの物語は一段落となる予定ですが・・・是非これ以降も作り続けて貰いたいものです。

youtubeでは、前回のお話が配信されております。
また、本日放送された大怪獣ラッシュのお話も配信開始となっています。




にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|18:39

S.H.MonsterArts バトラ成虫(限定品)

S.H.MonsterArts(エス、エイチ、モンスターアーツ)の魂ウェブ商店限定商品も届きました。
今回限定品として商品化されたのは、こちらのキャラクターとなります。

モンスターアーツ バトラ成虫
バトラ(成虫)
映画「ゴジラVSモスラ」にて登場した、黒いモスラです。
地球生命を守る為に誕生した怪獣であり、正式名称は「バトルモスラ」という事で、
他のモスラとは異なり戦う為だけに存在する戦闘用の怪獣になります。
その使命は地球に接近する巨大隕石を破壊する事でしたが、
それに加えて人類が地球環境を破壊していたのを感じ取り、予定より早く覚醒。
人類、ゴジラ、モスラと全てを敵として認識し、戦いを挑みました。
幼虫から成虫となった後は防御力が落ちたものの、スピードや攻撃力は格段に向上し、
モスラの説得に応じて2匹の力でゴジラを倒す為に横浜で激しい戦いを繰り広げました。
武器は目から発射する紫色の「プリズム光線」。

ゴジラVSモスラからも、バトラがモンスターアーツにてアクションフィギュア化となりました!
これでVSシリーズの各作品から一通りモンスターアーツ化した事になりますね。
幼虫に先駆けてまずは成虫が発売されましたが、まずはその大きさに圧倒されてしまいました。

モンスターアーツ バトラ成虫0
こう見るとそう大きくは見えないのですが、横幅だけだとデストロイアやキングギドラに負けておりません。
ここまで大きいとは予想しておらず、収納スペースをどうするか未だに悩んでいる最中というw

モンスターアーツ バトラ成虫1
バトラの売りである、赤と黄色で彩られた毒々しい羽の模様もバッチリ再現されていました。
当初はこの模様の為に価格が高くなったのかと勝手に考えていたのですが、やはり大きさのせいでしたね・・・w

モンスターアーツ バトラ成虫2
顔のドアップ。
口は劇中通りに左右に開き、首もそこそこ可動します。
頭部がクリアパーツ仕様なので角の各部が透けている他、光を反射してよく光る複眼の出来も素晴らしいものでした。

モンスターアーツ バトラ成虫3
6本の脚もクセがあるものの、ちゃんと節ごとに可動します。
ただしその細さ故に少し外れやすくパーツ分けも細かいので、一度取れると元に戻すのに一苦労。
そのデザイン上仕方ないのですが、ここだけはちょっと遊びづらい印象でしたね。

モンスターアーツ バトラ成虫4
腹の部分も体節ごとにパーツ分けされており、上下左右にちゃんと可動します。
こちらはジョイントがキツめになっていたので、外れやすいという事はありませんでした。
顔と同じくクリアパーツがとても綺麗でしたね~

モンスターアーツ バトラ成虫5
大きな羽も上下に可動し、付け根を少し引き出してやる事でより大きく羽ばたかせる事が出来ます。
下への羽ばたき具合はこんな感じ。
この状態だとスタンド無しでも自立します。

モンスターアーツ バトラ成虫6
上向きにはこれぐらい羽ばたけます。
後ろ羽も独立して可動するので、劇中同様のアクションが可能ですね。

モンスターアーツ バトラ成虫7
別の角度からも。
その色合いからか、モスラに負けず劣らずの派手さですねぇ。

モンスターアーツ バトラ成虫8
付属している台座はこんなデザインになっていました。
インファント島の壁画に記されていた、モスラとバトラの絵になっていますね。

モンスターアーツ バトラ成虫9
最後はゴジラとの比較です。
その横幅だけでゴジラの約3匹分のスペースが必要という・・・w
尻尾が無いので、奥行きの幅はあまり取らないという事が救いでした。

以上がバトラの簡単なレビューになります。
早く相方のモスラも到着して欲しいのですが、バトラとほぼ同じサイズという事を考えると・・・w
モンスターアーツ、値段もスペースも本当に困りものなシリーズです。
その分、クオリティの高さは保証されているんですけどね~
新作が出続ける限り、私は応援しますよ!


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|18:05

ウルトラヒーロー500 ウルトラマンギンガ セブンカラーズコレクション(限定品)

遅ればせながらプレミアムバンダイ限定商品である、
ウルトラマンギンガの限定ソフビ人形セットも到着しました。
こちらは発売済みの「ウルトラヒーロー500 ウルトラマンギンガ」のリペイント商品セットとなっています。

ウルトラヒーロー500 ウルトラマンギンガ セブンカラーズコレクション
スパークドールズスペシャル ウルトラマンギンガ セブンカラーズコレクション
プレバン限定商品だけに、パッケージも良い感じのデザインになっていました。
ダークネスファイブセットもそうでしたけど、これだけで購入した甲斐があったな~と。

ウルトラヒーロー500 ウルトラマンギンガ セブンカラーズコレクション0
裏面には、各色の必殺技の画像と解説文まで掲載されていました。
上面にある画像とはちゃんと違うものを使用している所が嬉しいポイント。

ウルトラヒーロー500 ウルトラマンギンガ セブンカラーズコレクション1
さて、まずはクリスタルが黄色に輝いた「ギンガサンダーボルト」版のウルトラマンギンガです。
ソフビではメタリックイエローに輝いており、かなりゴージャスな印象に仕上がっていました。

ウルトラヒーロー500 ウルトラマンギンガ セブンカラーズコレクション2
お次はクリスタルが赤く輝いている「ギンガファイヤーボール」版のウルトラマンギンガです。
ソフビではメタリックレッドで塗装されており、この姿だと元の赤い部分とかなり馴染んでいる様に見えます。

ウルトラヒーロー500 ウルトラマンギンガ セブンカラーズコレクション3
続いてはクリスタルが白く輝く「ギンガセイバー」版のウルトラマンギンガです。
ソフビではマットなホワイトカラーで塗装されており、他の色に比べると少し浮いた印象を受けました。

ウルトラヒーロー500 ウルトラマンギンガ セブンカラーズコレクション4
次はクリスタルが緑色に輝く「ギンガコンフォート」版のウルトラマンギンガです。
ソフビではメタリックグリーンで塗装されており、ウルトラマンでは珍しい緑を前面に推したカラーリングが素敵です。

ウルトラヒーロー500 ウルトラマンギンガ セブンカラーズコレクション5
こちらはクリスタルが紫色に輝く「ギンガスラッシュ」版のウルトラマンギンガです。
ソフビではメタリックパープルで塗装されており、劇中よりかなり濃い目のカラーリングで中々カッコいいです。

ウルトラヒーロー500 ウルトラマンギンガ セブンカラーズコレクション6
そしてクリスタルが青く輝く「ギンガクロスシュート」版のウルトラマンギンガです。
ソフビではメタリックブルーで塗装されており、通常版のギンガよりも濃い目のブルーで差別化されていました。

ウルトラヒーロー500 ウルトラマンギンガ セブンカラーズコレクション7
最後はクリスタルがピンク色に輝く「ギンガサンシャイン」版のウルトラマンギンガです。
ソフビではメタリックピンクで塗装されており、ウルトラ戦士には珍しい色使いなので何だか新鮮ですねw

ウルトラヒーロー500 ウルトラマンギンガ セブンカラーズコレクション8
ちなみに、通常版のウルトラマンギンガとギンガクロスシュート版のソフビを比較するとこんな感じになります。
右が通常版なので、メタリックブルーの色味がちゃんと異なっているのがお分かり頂けるかと。
背面に関してはどれも通常版と全く同じであり、足の裏のライブサインも通常版と共通のものでした。

ウルトラヒーロー500 ウルトラマンギンガ セブンカラーズコレクション9
最後は7体勢揃いの画像で〆。
こうやってギンガの7パターンのカラーリングが全てソフビ化されて嬉しかったですね~
あとは最終回で見せた「ギンガエスペシャリー」のソフビも出れば完璧なのですが、
あれはクリスタルが虹色に輝いているので1個500円のソフビでは再現が難しいかな・・・?


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|19:26

ULTRA-ACT ウルトラマンゼロver.2

本日2度目の記事更新となります。
ULTRA-ACT(ウルトラアクト)の新作が一昨日より発売されました。
今回商品化となったのは、こちらのキャラクターとなっています。

ウルトラアクト ウルトラマンゼロver2
ウルトラマンゼロver.2
ウルトラアクト初期のアイテムである、ウルトラマンゼロがver.2となってリメイクとなりました。
個人的に待ちに待ったキャラクターの1人だっただけに、
ようやく今の技術でゼロのアクションフィギュアが商品化されたという事に喜びつつ、
他のウルティメイトフォースゼロのメンバーと並べても違和感が少ない仕様になっているのが更に嬉しいですね。

ウルトラアクト ウルトラマンゼロver2 0
スタイルは筋肉質ながらもやや細身で、特にウエストの辺りは少し細すぎる印象を受けました。
全体的なスマートさは若いキャラクターであるゼロなので、あまり気にはならないですね。

ウルトラアクト ウルトラマンゼロver2 1
背面もしっかり作り込まれています。
旧版に比べるとプロテクターの造形もシャープでとても見栄えが良いですね。

ウルトラアクト ウルトラマンゼロver2 2
顔周りのドアップ。
旧版のかなりキツめの顔に比べると、劇中イメージに近い印象に仕上がっていると思います。
もちろん、顔をやや下向きにすると鋭い視線を向ける事も可能です。

ウルトラアクト ウルトラマンゼロver2 3
ゼロの癖である、親指で鼻先辺りをこする様なポージングも可能になったのが嬉しい!
今回の多彩な持ち手を流用すればポージングの幅が広がりますね~

ウルトラアクト ウルトラマンゼロver2 4
可動範囲などですが、上半身は両肩のプロテクターがあるのでやや制限されています。
(後述の差し替え用プロテクターを付ければ、ある程度改善しますが)
旧版と見違える様に動く範囲が広がったのはむしろ下半身で、バランスを考えてやれば片足のみでも自立します。

ウルトラアクト ウルトラマンゼロver2 5
ゼロスラッガーを取り外した状態の頭部パーツも付属し、差し替えで再現が出来ます。
まずは両手持ちのゼロスラッガー。

ウルトラアクト ウルトラマンゼロver2 6
こちらは別パーツとして、緑色の斬撃エフェクト付きのゼロスラッガーも存在します。
こう見るとガンダムデスサイズの鎌みたいw

ウルトラアクト ウルトラマンゼロver2 7
もちろん、ゼロスラッガーが変形した「ゼロツインソード」も付属しています。
結構大きいので持たせると画になりますよね~

ウルトラアクト ウルトラマンゼロver2 8
更にカラータイマー部分を差し替えて「ゼロツインシュート」も再現出来ますが・・・
触っている内に軸が折れちゃいました(´Д` )
後で接着剤を使って直しておきます・・・

ウルトラアクト ウルトラマンゼロver2 9
光線技のエフェクトパーツは、「ワイドゼロショット」のものが付属しています。
右手を差し替える事で再現が可能で、胸のプロテクターも曲がった状態のものに差し替えられます。
カラータイマーも、お馴染みのピンチ時を演出可能な赤いタイプのものが付属。

ウルトラアクト ウルトラマンゼロver2 10
こちらは初回限定特典のエフェクトパーツ、「レオゼロフラッシャー」です。
3月に発売予定のウルトラマンレオver.2とセットで使用するものであり、
ゼロ単体だと重みのせいでバランスが上手く取れませんでした。

ウルトラアクト ウルトラマンゼロ ウルティメイトフォースゼロ
「俺たちは、ウルティメイトフォースゼロ!宇宙のワルは・・・全部ぶっ倒す!!」


以上がウルトラマンゼロver.2の簡単なレビューになります。
ウルティメイトフォースゼロも、これで本当の意味で全員集結となりました!
今回のゼロは付属品がとにかく多く、最近のアクトの中でもかなり遊べる部類に入るのではないでしょうか。
この調子でティガやメビウスなんかもリメイクして欲しいですね~


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(6)トラックバック:(0)|22:55

【動画投稿】 ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻 part18

第1回目の記事はこちらになっています!
http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1466.html


ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻18
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22797298

私の手書きイラストによるゆっくり怪獣解説動画の第十八回目を投稿致しました。
第十八回目はウルトラマンコスモスより「友好巨鳥リドリアス」をご紹介。
コスモスと言えばリドリアスというぐらいには印象的でした。

動画でも触れている通り、コスモスの中でも登場回数がダントツに多いですね。
ムサシの危機に幾度も立ち上がり健気に闘うその姿で、多くの視聴者の心を掴んだ事だと思います。
ウルトラマンサーガでも元気そうな姿を見せてくれて嬉しかったですね~
お話の方も、いよいよ白玉楼から新たな場所へと移動する事になります。

今回も面白いと感じて頂けたら動画へのコメントや、マイリスト登録して頂けるとありがたいです。
では、お楽しみ下さいませ~
youtubeでは、「やる夫とやらない夫がゆっくり三妖精に教える ゴジラ怪獣図鑑 part2」を投稿しております。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|09:53

ULTRA-ACT ウルトラマンノア(限定品)

ULTRA-ACT(ウルトラアクト)の新作が魂ウェブ商店限定商品として発売されました。
今回商品化となったのは、こちらのキャラクターとなっています。

ウルトラアクト ウルトラマンノア
ウルトラマンノア
ステージショーや雑誌展開を中心に行われた企画「バトルオブドリームNOA」にて初登場したウルトラ戦士であり、
「ウルトラマンネクサス」最終回にも登場した伝説の超人です。
かつて自分を模して制作された巨人である「ダークザギ」と死闘を繰り広げ、
その能力をほとんど失った状態で地球に飛来。
「デュナミスト」と呼ばれる人々の絆の力を得て徐々に復活し、遂にこの姿へと覚醒。
ダークザギとの最終決戦では今まで以上の超パワーを見せ付け、宇宙空間でダークザギを葬っています。
次元をも超越するその存在は、後に「ウルトラマンゼロ」をも導く事となります。

ダークザギに続き、ウルトラマンノアもアクションフィギュア化となりました。
仕様はザギとほぼ同じですが、やはり羽があるのとカラーリングが大幅に違うので印象はまるで違いますね。
本物のノアの方が発売日が遅いというのは、もはや最近の商品展開では当たり前になりましたw

ウルトラアクト ウルトラマンノア0
ウエストはやや細めですが、全身のガッチリした感じはよく出ていると思います。
全身のシルバーもメッキ状とまでは行きませんが、かなりギラギラしていて良い質感に仕上がっていました。

ウルトラアクト ウルトラマンノア1
背面までギラッギラです。
全身を走る白く細い線は、プリントで再現されていました。

ウルトラアクト ウルトラマンノア2
背中にある羽こと「ノアイージス」は左右に可動し、こんな感じで折りたたむ事が出来ます。
ただし、取り外す事は出来ませんでした。

ウルトラアクト ウルトラマンノア3
顔付きはこんな感じです。
胸のコアイージスも、ザギ同様のクリアパーツ仕様で綺麗ですね。

ウルトラアクト ウルトラマンノア4
ダークザギを宇宙まで吹っ飛ばした「ノア・インフェルノ」の構えっぽく。
上でも触れましたが、素体はダークザギとほぼ共通のものなので可動範囲なども似た様な感じですね。
うーん、シルバーが本当に綺麗!

ウルトラアクト ウルトラマンノア5
平手なども付属しているので、ウルトラマンゼロに力を与えたシーンっぽい動きも可能。
ザギ同様、首を大きく上に向けられるのが良いですね。

ウルトラアクト ウルトラマンノア6
付属エフェクトパーツは必殺技の「ライトニング・ノア」。
色はイエローがベースになっており、劇中の様な虹色っぽい感じではありませんでした。
(と言っても、劇中も一応イエローがベースなんですが)

ウルトラアクト ウルトラマンノア7
今回驚いたのは、謎の「肩のエフェクトパーツ」が付属していた事。
これ、何に使うんでしょう?w
とりあえず光線発射時のエフェクトと予想して付けてみましたけど・・・うーん、こんなのあったかな?

ウルトラアクト ウルトラマンノア8
最後は宿敵のダークザギと向かい合って〆。
色も真逆なだけに、この2体を並べるとやはり絵になりますね。
ザギとノア、この2体がアクションフィギュアになってくれたのは本当に嬉しい!
これとほぼ同時に発売されたウルトラマンゼロver.2は、明日に記事にしたいと思います。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|21:50
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ