大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

てれびくん&テレビマガジンにて、ウルトラマンビクトリー情報が公開!

本日より、児童誌のてれびくんとテレビマガジンが発売開始となっております。
ウルトラマン情報は表紙にも掲載されている通り、
ウルトラマンギンガSに登場する新ヒーロー「ウルトラマンビクトリー」のお披露目となりました。
てれびくんではビクトリーの三面図が掲載されており、頭部の形状などがどうなっているかが把握出来ました。
頭部の特徴的なパーツは、王冠の様に後ろまでグルッと一周している形状なんですね~

ウルトラマンビクトリー
身長:ミクロ~無限大
体重:0~無限大
地球の平和を、悪の侵略者から守るために登場した光の巨人。
数多くの超能力を身につけているぞ。
ビクトリーの活動時間は、ギンガと同じ3分間。


こんな感じでスペックの方も公開されていました。
ギンガとほぼ同じ様なスペックになっていますね。
他にも「ビクトリーハイパーパンチ」、「ビクトリーハイパーキック」、「ビクトリーハイパーフライ」、
そして必殺技の「ビクトリウムシュート」も特写として掲載されていました。
ビクトリウムシュートはワイドショット型の構えですが、右手が握り拳になっており、
更に手の甲を前に突き出しているポージングでした。
そして腕にあるV字型の黄色いクリスタルから、黄色のV字型光線を撃ち出すみたいですね~

ギンガのウルトライブに対して、ビクトリーは「ウルトランス」と呼ばれる特殊能力を身に付けています。
これは変身道具の「ビクトリーランサー」にスパークドールズの力を宿して、
スキャンした怪獣の一部分を右腕に再現し、それを武器として使用するというもの。
ウルトラマンビクトリー ビクトリーランサー
ビクトリーランサーはガンモードとランスモードの二種類に変形可能です。
雑誌では「EXレッドキングナックル」と「エレキングテイル」が先行公開されており、
前者はEXレッドキングの巨大な腕を再現して怪力とマグマエネルギーを敵にぶつけ、
後者はエレキングの尻尾を再現して鞭の様に扱い敵に電撃を浴びせるという能力だそうです。

そしてこの能力を活かして、今年も両誌にてウルフェス連動企画のアイデアコンテストが開催決定!
今回は「ウルトラマンビクトリー ウルトランスアイデアコンテスト」という事で、
雑誌に付属している専用の応募用紙を使ってオリジナルのウルトランスを考えようという企画です。
既存の怪獣の一部をビクトリーの右腕に装着させる方式なので、完全オリジナルアイデアはNGみたいですね。
こちらは最優秀賞に選ばれると、それぞれの雑誌展開やウルトラマンフェスティバル2014のライブステージに登場!
副賞などもあるので、気になる方は雑誌を購入して応募して下さい。

他には大怪獣ラッシュ情報や新ウルトラマン列伝情報、
ウルトラボーンやチキチキモンスターチキモン情報が中心でした。
てれびくんには大怪獣ラッシュの「マグマ星人トライド」の限定プロモーションカードも付属しますし、
気になる方は書店にてお買い求め下さいませ。
次号予告によると、来月号はギンガの新モード「ウルトラマンギンガストリウム」が登場するみたいですね。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|19:07

新ウルトラマン列伝 第44話

新ウルトラマン列伝
本日、第44話が放送されました!
第44話 「最強チーム結成!大怪獣トリプルラッシュ!」
大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティアより、総集編の内容を放送しました。

今回は大怪獣ラッシュのレッドキングハンティング、ネロンガハンディング、ディノタンクハンティングを一挙放送!
通常、大怪獣ラッシュは3分間ほどの番組なのですが、
今回はディレクターズカット版という事で新規カットを交えながら一挙放送という型式で放送となりました。
本来は途切れる部分も、違和感無く編集で繋いでいるなぁと感じましたね。
(流石にメフィラス星人ジェントのエンドロール部分はオールカットでしたが)

大怪獣ラッシュはほぼ全編がバトルシーンという事で、
ウルトラゼロファイトよりも戦いっぱなしのシーンが連続で流れるという凄い構成になっていましたw
この作品の凄い所は、フルCG作品なのに「特撮らしく仕上がっている」事だと思います。
怪獣の巨大感や重量感もしっかり出ていますし、何より1カット1カットの構図がカッコいいんですよね。
ウルトラゼロファイトと同様に、1話毎の時間が短いので毎回見せ場となるシーンが多いんですよ。
それが連続して放送となれば、まさしく全編が見せ場というもの。
スピーディーな展開の積み重ねで、今回のお話はあっという間に終わってしまった様に感じました。

お話もバルタンバトラー・バレル、ガッツガンナー・ガルム、マグママスター・マグナの3人が、
段々と絆を深めていく過程が短いながらもよく描かれているなぁと。
特にマグナはバレルに借りがある事もあって、恐竜戦車の回から明らかに態度と呼び方が変わるんですよねw
最初はバルタン星人の生き残りだと突っかかる様な態度はどこへやら。
ガルムに認められるのはもう少し先になりますが、この作品はマグナの視点から見るとより面白くなると思います。
(チームの中でも一番の若手ですしね)

レッドキングの岩をも砕くパワフルさ、ネロンガの透明能力の描写、恐竜戦車の無双ぶりと、
プラズマ怪獣もそれぞれの特徴を上手く引き出し、尚且つカッコよく描かれていたと思います。
特に恐竜戦車は「恐竜戦車マークⅡ」として映像作品では久しぶりの復活。
星人ハンター達を蹴散らし、ラッシュハンターズを苦戦させたあの暴れっぷりは劇場で感動しましたw
CG作品なのでアングルも自由自在ですし、俯瞰視点からの砂漠を疾走するシーンは大のお気に入りです。
実はハンティングされたプラズマ怪獣たちは「死んでいない」そうなんですが、
恐竜戦車だけは落下して大爆発していた様に見えるのですが・・・大丈夫なんでしょうかねw
(劇場スペシャル2のベロクロンもそうですけどw)
新ウルトラマン列伝 大怪獣ラッシュ!


という事で、大怪獣ラッシュ前半戦の一挙放送でした。
この後のアントラーハンティングも一挙放送がありますが、
ソフト発売のしばらく後に残るベロクロンハンティングも放送するのでしょうかね?
(追記:ベロクロン編も予定有りだそうです!)
あれは燃える展開の連続でしたし、是非TVでも観たいのですがね~
第二期も控えているラッシュハンターズ、彼らの戦いはここからが本番です!
youtubeでは、前回のお話が配信されております。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|19:33

ULTRA-ACT ウルトラマンティガver.2などの予約が開始

バンダイコレクターズ事業部の、8月新製品の予約が開始となりました。
ULTRA-ACT(ウルトラアクト)では、待望のウルトラマンティガver.2の詳細も発表されています。

ウルトラアクト ウルトラマンティガver2!
http://tamashii.jp/item/10688/

ULTRA-ACT ウルトラマンティガ(マルチタイプ)
発売日:2014年8月
税込価格:4,104円
◆商品内容
・本体
・交換用手首各種
・必殺技エフェクト×2

現在の技術で初期に発売されたウルトラマンティガが、よりカッコいい造型&広い可動範囲になって帰ってきましたね。
エフェクトパーツは最小限に抑えられ、ゼペリオン光線発射前のエフェクトと、ゼペリオン光線のみとなっています。
スタイルはややガッシリとしながらも、ティガのイメージを損なわないものに仕上がっていますね。
顔付きも良い感じですし、製品版ではどの様に仕上がるのか楽しみです。


また、紹介し損ねていましたがS.H.MonsterArts(エス、エイチ、モンスターアーツ)も7月に新作が発売されます。
モンスターアーツ ゴジラver2
http://tamashii.jp/item/10672/
S.H.MonsterArts ゴジラ
発売日:2014年7月
税込価格:7,344円
◆商品内容
・本体
・交換用手首一式
・放射熱線エフェクト

こちらは詳細があまり書かれていませんが、
恐らく以前に発売されたデスゴジを通常カラーにリペイントしたものだと思われます。
(もしかしたら新規造形かもしれませんが)
更にどの年代のゴジラとも書かれておらず、「VSシリーズ」に登場したゴジラという扱いで発売されるみたいですね。
なので一番最初に発売されたゴジラの、事実上のver.2扱いになるのでしょうか。
放射熱線パーツも赤いものですし、私はVSメカゴジラやVSスペースゴジラのゴジラというイメージで扱うつもりです。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|16:03

S.H.MonsterArts モスラ成虫(限定品)

S.H.MonsterArts(エス、エイチ、モンスターアーツ)の魂ウェブ商店限定商品も届きました。
今回限定品として商品化されたのは、こちらのキャラクターとなります。

モンスターアーツ モスラ(成虫)
モスラ(成虫)
インファント島にあった巨大な卵から誕生した幼虫が、国会議事堂に繭を張り、そこで成虫になった姿です。
バトラ成虫と激しい空中戦を繰り広げ、その後ゴジラとも激突。
劣勢に追い込まれてしまいましたが、エネルギーを分け与えた事により改心したバトラに助けられ、
二匹でゴジラを倒すべく共闘を開始します。
頭の触角からオレンジ色の超音波光線を発射する他、巨大な翼からは光線を反射する金色の鱗粉を撒き散らします。

映画「ゴジラVSモスラ」に登場したモスラ成虫も、遂にモンスターアーツの仲間入りとなりました。
同じ蛾の怪獣だけに、商品の仕様はバトラと共通する部分が多いですね。

モンスターアーツ モスラ(成虫)0
バトラもそうでしたが、このモスラも翼がかなり巨大です。
劇中通りバトラより両翼が大きく、置き場所に困る一品となっていましたw
当然ながら、付属スタンドが無いと飾れません。
(一応地上に置く事も出来ますけど)

モンスターアーツ モスラ(成虫)1
横から。
今回のスタンドは本体に付けやすくて助かりました。

モンスターアーツ モスラ(成虫)2
両翼にある独特の模様も、ペイントでしっかり再現されています。
裏表共に非常に綺麗な仕上がりでした。

モンスターアーツ モスラ(成虫)3
顔のドアップ。
頭や口元の触角もちゃんと可動しますし、口も左右に開く事が出来ます。
モスラ特有の毛の質感もちゃんと出ていますし、目の複眼も綺麗ですね~

モンスターアーツ モスラ(成虫)4
頭と腹は、細かくパーツ分けされているので上下左右によく可動します。
バトラと同じく、腹は体節ごとに分けられているので「自然な動き」が出るのが嬉しいですねぇ。

モンスターアーツ モスラ(成虫)5
6本の脚もかなりよく動きました。
バトラの時はポロポロと外れやすかったのですが、今回のモスラはしっかりとした作りになっていました。

モンスターアーツ モスラ(成虫)6
両翼は上下にこの程度可動します。
前羽と後ろ羽は独立して可動しますし、バトラよりも広く動かす事が出来ました。
(ただし引き出し機能が無いので、下側への可動は微妙な所?)

モンスターアーツ モスラ(成虫)7
付属の専用台座はこんなデザインになっています。
インファント島の壁画に描かれていた、モスラとバトラの絵を模していますね。

モンスターアーツ モスラ(成虫)8
モスラ対ゴジラの1シーン風に、ゴジラに乗せて遊ぶ事も出来ますw
この画像からもモスラ成虫が、どの程度巨大なのかがお分かり頂けるのではないかと・・・

以上がモスラ成虫の簡単なレビューになります。
ゴジラVSモスラの怪獣も、数ヵ月後に届くモスラ&バトラの幼虫セットがあればメインキャラがほぼ出揃いますね。
VSシリーズ怪獣コンプリートまでもう少し!もう少しなんです!


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|16:13

ULTRA-ACT ウルトラマンガイア&XIGファイターセット(限定品)

ULTRA-ACT(ウルトラアクト)の新作が魂ウェブ商店限定商品として発売されました。
今回商品化となったのは、こちらのキャラクターとなっています。

ウルトラアクト ウルトラマンガイアV1&XIGファイターセット
ウルトラマンガイア(V1)
高山我夢が地球から授かった光の力で変身した姿で、
藤宮のアグルの力を受け継ぐまではこの姿で戦闘を行っていました。
V2との違いは胸のプロテクター部分が赤い事で、技もV2よりは少ないですね。
今やこの姿には戻る事なく、V2が基本形態になっています。

ウルトラマンガイアのバリエーション最後の1つ、
初期の姿であるいわゆる「V1」状態もウルトラアクトでアクションフィギュア化となりました。

ウルトラアクト ウルトラマンガイアV1&XIGファイターセット0
全身のスタイルなども、既に発売済みであるV2と同じく良い感じに仕上がっています。
プロテクターの色が違うだけで、全体の印象も随分変わりますねぇ。

ウルトラアクト ウルトラマンガイアV1&XIGファイターセット1
背面です。
こちらも全身のラインがしっかり繋がる造型がたまりません。

ウルトラアクト ウルトラマンガイアV1&XIGファイターセット2
顔のドアップ。
目も白くなり、V2よりも劇中イメージに近い印象に仕上がっています。

ウルトラアクト ウルトラマンガイアV1&XIGファイターセット3
可動範囲も広く、お馴染みの地面に着地した瞬間のポージングもバッチリ決まりますね。
「降臨エフェクト」を使えば、よりそれっぽくなる事でしょう。

ウルトラアクト ウルトラマンガイアV1&XIGファイターセット4
ウルトラアクトではお馴染みの、片足立ち&ハイキックも可能です。
これがもはやデフォルトになっているのが凄いですよねぇ。

ウルトラアクト ウルトラマンガイアV1&XIGファイターセット5
付属エフェクトパーツその1、V2用の「アグルブレード」です。
右手首を取り外し、差し替える事で再現が可能。
しかし劇中では根元が赤かっただけに、そこも再現して欲しかったですね~

ウルトラアクト ウルトラマンガイアV1&XIGファイターセット6
付属エフェクトパーツその2、「クァンタムストリーム」です。
右手首を専用のものに差し替え、そこにエフェクトパーツを差し込んで再現が可能。
トゲトゲしているので、取り扱いにはご注意を!
胸のプロテクターも歪んだ状態のものが付属しているので、それと差し替えてあります。

ウルトラアクト ウルトラマンガイアV1&XIGファイターセット7
付属エフェクトパーツその3、「フォトンエッジ」です。
V2はしなった状態のものが付属していましたが、今回はちゃんと真っ直ぐ飛んでいる状態のものになっていました。
頭パーツにはめ込むだけの簡単仕様で、穴も空いているので別売りの魂STAGEなどで支える事も出来ます。
胸のライフゲージも、ピンチ時を演出できる赤い状態のものが付属。

ウルトラアクト ウルトラマンガイアV1&XIGファイターセット8
更にオマケとして、「XIGファイターSS」が1機、「XIGファイターSG」が2機、「XIGファイターEX」が1機付属。
別売りの魂STAGEに乗せて飛ばす事も出来ます。
これがあれば、ガイア世界をより楽しく演出する事が出来そうですね~

以上がウルトラマンガイア&XIGファイターセットの簡単なレビューになります。
これにてウルトラマンガイアに登場したガイア&アグルのバリエーションはひとまずコンプリート。
ガイアV1は、ミーモスが変身した「にせウルトラマンガイア」として見立てて遊ぶのも良いかもしれませんね~


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|13:54

【動画投稿】 ゆっくり霊夢とやる夫が学ぶ 昆虫大百科 part18

http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1464.html
第1回目の記事はこちらになっております。


ゆっくり霊夢とやる夫が学ぶ 昆虫大百科 part18
http://www.nicovideo.jp/watch/sm23406052

ゆっくり昆虫解説動画のpart18をアップ致しました。
第十八回目は今や絶滅の危機に瀕している、水中のギャングこと「タガメ」について解説します。
地元に出現したという報告すら無い昆虫なんですよねぇ。

タガメは非常にレアな昆虫という事で、小さい頃に各地を探し回った記憶があります。
しかし発見するのは「タイコウチ」や「ミズカマキリ」ばかり。
遂に子供時代に発見する事がなく、現在でも地元では確認出来ていない虫となってしまいました。
やはり人の手が少しでも入った地域では発見するのが難しいのでしょうね。
里山など、ある程度手が入った場所は好むらしいのですが・・・
そんな子供時代の憧れの虫を今回はご紹介します。

◆登場キャラクター紹介
ゆっくり針妙丸
ゆっくり針妙丸
東方Projectに登場する、少名針妙丸・・・に似た何か。
一寸法師の遠い子孫であり、小人なのでサイズは子供の膝下程度までしかありません。
更に使用していた「小槌」の魔力が無くなってしまい、現在は手のひらサイズになってしまっています。
かつて「鬼人正邪」に騙されて異変を起こした事がありましたが、現在は元の大きさに戻れるまで霊夢の下で居候中。
ウルトラ怪獣絵巻の方でもかなり後に登場する予定です。

真夏が舞台なので熱中症寸前のpart18。
では、どうぞお楽しみ下さいませ~
(面白いと思っていただければ、動画へのコメントやマイリスト登録をして頂けると有難いです)
youtubeにて、「ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻」のpart22を公開しました。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|20:13

新ウルトラマン列伝 5月分放送予定&ULTRA-ACTとS.H.MonsterArtsの限定品が公開!

本日よりフィギュア王の新刊が発売されました。
その中で、新ウルトラマン列伝の5月分の放送予定が公開されております。

・5月6日放送予定 第45話「ジェロニモン復活!小さな英雄」
(ウルトラマン第37話の内容を放送)
・5月13日放送予定 第46話「ウルトラゼロファイト 輝きのゼロ 前編」
・5月20日放送予定 第47話「ウルトラゼロファイト 輝きのゼロ 後編」
(ウルトラゼロファイト第二部を二週間に分けて放送)
・5月27日放送予定 第48話「ウルトラフロンティア!ダークネスラッシュ!?」
(大怪獣ラッシュのアントラー編を一挙放送)


第一週目は「秘伝の書」にも記されている、ジェロニモンやピグモンなどが登場するお話を放送。
第二週目と第三週目は以前の告知通り、
ウルトラゼロファイト第二部のディレクターズカット版を分割放送するみたいですね。
そして第四週目はダークネスファイブが司会を務める特別編であり、
大怪獣ラッシュのアントラーハンティングを一挙放送するみたいですが・・・
現在のゲームだと彼らは大怪獣ラッシュ世界に出張しているみたいなので、それに繋がるお話になるかもしれませんね。

ゲーム版「大怪獣ラッシュ」の新情報も掲載されており、
シルエットだけが公開されていた第4弾の裏ボス怪獣もその正体が明かされました。
その名も「サンダービートスター」で、あのビートスターがより禍々しい姿になったプラズマ怪獣です。
5月1日よりゲームに登場するみたいですね。
更に第5弾からは「メフィラス星人ジェント」が伝説の「七星剣」の一人として参戦する事が決定!
妖刀破軍を手にして、遂にその実力がお披露目される模様です。
ソフビ人形発売も、この為の布石だったんですね~

フィギュア情報としては、ULTRA-ACT(ウルトラアクト)の「ウルトラマンティガver.2」のサンプルが掲載。
ゼペリオン光線などのエフェクトパーツが初公開となっていました。
更に速報という形で「ウルトラマンメビウスver.2」も発売される事が決定!
メビウスも待望のリメイクという事で、今後の続報に期待ですね。



そして9月発送分の魂ウェブ商店限定商品も公開となりました。
ULTRA-ACT(ウルトラアクト)とS.H.MonsterArts(エス、エイチ、モンスターアーツ)の新作もありますね~
モンスターアーツ 東宝特撮超兵器2
http://p-bandai.jp/tamashiiwebshouten/item-1000087959/
S.H.MonsterArts 東宝特撮超兵器2
お届け日:2014年9月発送予定
販売価格:3,240円(税込)
◆商品内容
・台座・支柱パーツ一式
・スーパーX3×1
・メーサー砲×4
・メーサービーム戦車×4
・メーサー攻撃機×3
・ビルエフェクト2種

モンスターアーツ ゴジラ対応エフェクト2
http://p-bandai.jp/tamashiiwebshouten/item-1000087958/
S.H.MonsterArts ゴジラ対応エフェクト2
お届け日:2014年9月発送予定
販売価格:2,916円(税込)
◆商品内容
・支柱×2
・熱線エフェクト×1
・熱線爆発エフェクト×1
・熱線エフェクトパーツ用台座×1
・地割れエフェクト台座×1
・ビルエフェクト2種×2

ウルトラアクト ウルティメイトゼロver2
http://p-bandai.jp/tamashiiwebshouten/item-1000087957/
ULTRA-ACT ウルトラマンゼロ(ウルティメイトゼロ)
お届け日:2014年9月発送予定
販売価格:4,860円(税込)
◆商品内容
・本体
・交換用右手首4種、交換用左手首2種
・ウルティメイトブレスレット
・ファイナルウルティメイトゼロ再現パーツ一式


まずはモンスターアーツシリーズより、東宝特撮超兵器とエフェクトパーツセットの第二弾が登場ですね。
今回はセットではなく、それぞれが別の商品として発売されるみたいです。
スーパーX3、倒壊しかけているビル、爆破エフェクトなどゴジラ世界を拡張するパーツばかりで嬉しいですね~
黄色い熱線はちょっと使いどころに困るかもしれませんが、
第一弾と合わせると超兵器の数もかなりのものになるので、ズラっと並べると壮観でしょうね。

そして告知されていたウルティメイトゼロもver.2としてリメイクが決定。
鎧は装着状態と展開状態の2種類が付属し、弓状態のものは通常版のウルトラマンゼロに持たせる仕様ですね。
ちゃんと「ウルティメイトブレス」も付属していますし、これで我が家のゼロも完全なものになる事でしょうw

全て9月発送で、予約開始は明日の午後4時からなのでお間違えの無い様にお願い致します。
それにしても9月は色んな商品が出て大変だなぁ・・・


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|18:22

書籍「語れ!ウルトラ怪獣」が凄い!(最近のウルトラマン本の中では傑作?)

語れ!ウルトラ怪獣
本日より、KKベストセラーズから「語れ!ウルトラ怪獣」という書籍が発売となっています。
これまでにも様々な特撮作品を取り上げてきたシリーズですが、今回取り上げられるのは「ウルトラ怪獣」!
表紙の時点で「シグナリオン」、「プラズマ」、「キングジョーグ」、「パワードアボラス」と、
中々濃い顔ぶれが揃っている通り、中身も歴代ウルトラシリーズに登場した様々な怪獣が掲載されていました。

こちらは図鑑的なものではなく、写真と文章を交えてその怪獣の特徴などをライターさんが解説し、
魅力を伝えてくれる構成になっているのがとても面白いんですよね。
まずは代表的な怪獣と共にウルトラシリーズの流れを振り返り、
そこからは様々な「視点」でウルトラ怪獣の持つ魅力について迫るという構成になっていました。
以下、簡単な内容解説となります。



●坂本浩一が語る「ウルトラ怪獣100体バトル」
(坂本監督がウルトラ銀河伝説についてのあれこれを語るインタビュー記事。ギンガSについても少しだけ言及)


●最強合成怪獣クロニクル
(ベリュドラ、ジャンボキング、タイラント、グランドキング、ネオザルス、グラール、イズマエル、
ギガキマイラ、スーパーグランドキングについての記事。グラールも設定上は合成怪獣なんですよねぇ)


●「ウルトラ怪獣バトル」大検証
・レッドキングの実力査定
(歴代シリーズに登場したレッドキングについて語るコーナー)
・昭和最強怪獣コレクション
(昭和ウルトラ怪獣の中でも、隠れた強豪達がそろい踏みのコーナー。アボラスからガゼラまで!)
・「怪獣VS怪獣」名勝負列伝
(歴代ウルトラシリーズにおいて行われた怪獣同士のバトル記事。
ゴメスVSリトラからサンダーダランビアVSブラックキングまで!)
・大怪獣バトルの超絶世界
(大怪獣バトルシリーズの世界観に関する説明やその魅力について解説するコーナー)
・大怪獣バトル戦国史 激闘!十番勝負
(大怪獣バトルシリーズより、怪獣同士の名勝負を取り上げるコーナー)
・ウルトラ怪獣 最強タッグ選手権
(歴代ウルトラシリーズより、怪獣同士がタッグを組んで挑んだものを取り上げるコーナー。
サドラ&デットンからグランゴン&ラゴラスまで!)
・ウルトラ怪獣変則マッチ三本勝負
(怪獣に対するちょっと変わった対応の仕方を取り上げるコーナー)


●ロボット怪獣進化論
・キングジョー変遷史
(歴代シリーズに登場したキングジョーについて語るコーナー)
・ロボット怪獣変遷史
(歴代シリーズに登場したロボット怪獣を取り上げるコーナー。ナースからビートスターまで!)


●井口明彦が語る「怪獣&超獣&宇宙人デザイン」
(井口さんへのインタビュー記事。手掛けた怪獣デザイン画も数点が掲載。バキシムがカッコいい!)


●山口修が語る「ウルトラマン80怪獣の真相」
(山口さんへのインタビュー記事。手掛けた怪獣デザイン画も数点が掲載。ギマイラの禍々しさ!)


●ウルトラ怪獣の造型美学
(第二期ウルトラシリーズより、メイキング写真を中心にしたコーナー。
怪獣の背面&側面、顔面、ミニチュアプロップについての記事も)


●開米栄三が語る「第二期怪獣の造型美学」
(開米さんへのインタビュー記事。ゼットン2代目が何故あんな姿になったのかについても言及!)


●ウルトラ怪獣美女図鑑
(歴代ウルトラシリーズより、女性と思われるキャラクターを一挙掲載。中には怪しいものも数点w)


●桜井浩子が語る「宇宙一の”美女怪獣”役の真実」
(桜井さんへのインタビュー記事。まさかのローラン役への質問ばかりw)


●ウルトラ怪獣「特撮映像」の秘密
(怪獣に生命を宿す、スーツやプロップに備わる様々な技法やギミックについての解説記事)


●倉方茂雄が語る「円谷プロ創成期の特撮技法」
(倉方さんへのインタビュー記事。ゴモラに対するあわやという一幕なども)


●飯島敏宏が語る「ウルトラ怪獣”創作秘話”」
(飯島さんへのインタビュー記事。自分が手掛けた怪獣に対する拘りなど)


●山村哲夫が語る「わが愛すべきウルトラ怪獣たち」
(山村さんへのインタビュー記事。当時を知るスーツアクターとしての貴重な証言も)


●怪獣酒場潜入リポート
(期間限定でオープンし、大好評な「怪獣酒場」の紹介記事)


●パワード怪獣完全図鑑
・前田間宏が語る「パワードモンスター誕生秘話」
(前田さんへのインタビュー記事。企画参加の経緯や既存怪獣のアレンジに苦労された点などを話されています。
ウルトラマンパワードに登場した全怪獣の紹介と、デザイン画が掲載されたスゴイ記事!)
・メイキングオブパワードモンスターズ
(パワード怪獣のスーツを制作している所が収められた、貴重な写真の数々が紹介されています)


●大怪獣ラッシュ完全解析
(第4弾までに登場したハンターやプラズマ怪獣を一挙掲載。CGムービー版の怪獣まで!)


●神谷純が語る「大怪獣ラッシュの映像表現」
(神谷さんへのインタビュー記事。大怪獣ラッシュの監督として本編についてのあれこれを話されています)


●ウルトラ怪獣ソフビ大研究
(バンダイのウルトラ怪獣シリーズやウルトラ怪獣500などを軽く解説するコーナー。
ウルトラ怪獣500の担当者インタビュー記事なども!)


●三条陸が語る「ウルトラ怪獣ソフビ蒐集の愉悦」
(三条さんへのインタビュー記事。キングザウルスシリーズや、近年のレトロ系ソフビについて熱く語られています。
超獣ソフビへの愛も凄いですが、何とハンザギランが500ソフビになったのもこの人が推しに推した影響なんだとか!)


●ULTRA PRESENTS
(ウルトラマングッズのプレゼントコーナー)



全116ページでオールカラー、この内容で定価991円+税という値段はとってもお得だと思います。
大人向けの本ではありますが、怪獣好きとしてはかなり読み応えがありました。
何より凄かったのが、ウルトラマンパワード20周年を祝して掲載されている「パワード怪獣完全図鑑」でしょう。
ウルトラマンパワード怪獣のデザイン画が一挙掲載されており、更にデザイナーである前田さんのコメント付き!
改めてパワード怪獣の良さを噛み締める事が出来ました。
パワードドラコは何時見ても惚れ惚れするカッコよさだなぁ・・・

そんな感じで、値段以上の内容に大満足な書籍でした。
ウルトラ怪獣ファンは書店で見かけたら、是非一読を!
少し前に出た「大人のウルトラマン大図鑑 第二期ウルトラマンシリーズ編」も良かったですし、
最近はこういう書籍が増えて嬉しい限りですよ、本当に。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|18:15

ゴジラ(GODZILLA 2014)の日本での玩具情報&ソフビ人形シリーズ復活!?

本日2度目の記事更新となります。
昨日のウルトラマンギンガSに引き続き、海外のサイトより新玩具情報です。
今度はこの夏に公開される映画「GODZILLA」のグッズ情報となります。
海外では既に発売されている商品もありますが、日本限定?となる新ゴジラグッズもあるみたいですね~


ゴジラ2014玩具
まずは「DXゴジラ2014」。
尻尾を上に持ち上げると前傾姿勢になり、
口の中から青い放射熱線が飛び出すギミックを備えたアクションフィギュアですね。
これは既に海外でも「GODZILLA 2014 MOVIE ATOMIC ROAR ACTION FIGURE」として発売中。
口が大きく開くというかなりインパクトのあるギミックでファンの話題をさらっている様子ですw
これぞアメトイ!


ゴジラ2014玩具0
続いては「ゴジラ2014 シティージオラマ」。
ビルや橋などとセットになったミニフィギュアシリーズで、様々な建物が倒壊するギミック付き。
こちらも海外では「GODZILLA 2014 MOVIE DESTRUCTION CITY」として発売中です。
戦艦、ヘリ、戦闘機、ゴジラ、ムートーが入っているみたいですね。
そして横の商品は「アバレ ゴジラ2014」という商品名?
背中のボタンを押すと、尻尾をダイナミックに振るギミックを備えたアクションフィギュアです。
こちらも海外では「GODZILLA 2014 MOVIE FIGHTING FIGURES(TAIL STRIKE)」として発売中。


ゴジラ2014 ゴジラエッグ ムートー
さて、ここからは日本限定商品となるのでしょうか。
まずは「ゴジラエッグ」の新商品となります。
今回の映画に登場するゴジラ2014と、敵怪獣のムートーがゴジラエッグとして発売決定!
どちらも凄まじい再現度の高さに驚くばかりです・・・
特にムートーなんか劇中そのままのスタイルですよねぇ。


ゴジラ2014 ムービーモンスターシリーズ ムートー ソフビ
そして待っていました!
ゴジラシリーズの怪獣をソフビ人形として発売する、
ムービーモンスターシリーズ」もどうやら復活する模様です。
こちらもゴジラ2014とムートーが発売決定。
価格帯や発売時期などはまだ不明ですが、お馴染みのシリーズも復活というニュースは何よりもめでたいですね~


今回明らかになったのは、敵怪獣「MUTO」の日本名が「ムートー」である事でしょう。
こちらのキャラクターは何かしらの略称の頭文字を組み合わせて、「MUTO」と呼称されている設定らしいですね。
早くネットショップでも予約解禁になって、各商品の詳細も知りたい所ですね~


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|20:33

新ウルトラマン列伝 第41話~第43話

新ウルトラマン列伝
では、3週に渡って放送された分を纏めて記事にしたいと思います。
第41話 「天使降臨 ガイア最終決戦!」
第42話 「閉ざされた光!地球の叫び」
第43話 「甦る光!地球はウルトラマンの星」

ウルトラマンガイア最終三部作の内容を放送しました。

ウルトラマンガイアという作品の特徴を挙げるなら、まずその「登場人物の多さ」が真っ先に思い浮かびます。
XIGに所属しているメンバーだけでもかなりの人数が居る上に、
我夢や藤宮の周囲に居る人間も含めると相当数に及びます。
この最終章では今まで登場した人間がかなり登場し、いよいよガイアの物語も終わりなんだなぁと、
嬉しさと同時に寂しさを感じた当時を思い出してしまいました。

出番が少ないキャラクターも居ましたが、「この危機的状況で自分達に出来る事」を精一杯やり遂げる。
そういう描写が多かったのはとても嬉しかったですね。
特に最後の変身を見守る我夢の両親というシーンが一番のお気に入りです。
死んだはずの稲森博士が藤宮に大事なメッセージを伝える幻覚めいた場面も、
こういう状況だからこそ違和感無く挿入出来たんじゃないかなーと思っています。

人種を問わず、世界中の人間が手を取り合ってこの危機を乗り越える。
人間だけではなく、それは種族が全く違う「地球怪獣」達も同様というのが、
このウルトラマンガイアという作品における「最大のメッセージ」ではないでしょうか。
人間の知恵で怪獣達の力を受け止め、それをウルトラマン復活のエネルギー源とする。
主題歌が流れる中、この一連のシークエンスの素晴らしさは正にこの作品を体現した名場面です。

そして最初からスプリームバージョンというウルトラマンガイアの反則的な強さ!
ウルトラマンアグルも今まで以上にパワフルになり、地球のエネルギーを受けて光線技も撃ち放題。
空を覆うドビシの群れも一瞬で淘汰され、怒りに燃えるゾグは悪魔の如きその本性を現します。
身長666メートルという規格外の怪獣に苦戦する二人のウルトラマンですが、
今までとは違う圧倒的なパワーとコンビネーション攻撃で最大の敵をも粉砕。
二人のウルトラマンは人間と怪獣の力を得て、この危機から地球を救い出したのでした。
再び「高山我夢」と「藤宮博也」という一人の人間として、それぞれの道を歩み始める主人公二人。
最初にガイアになった因縁の地で、天高く「おーい!」と我夢は叫び・・・
新ウルトラマン列伝 ウルトラマンガイア最終回
「地球には怪獣がいて、ウルトラマンがいる。
この美しい星を、私たちはもっと愛していきたい。」



やはりガイア最終章は何度見ても面白い!
それまでの「積み重ね」が全て生きているのが何よりも凄いと思います。
この最終章があったからこそ、ガイアは未だに根強い人気を誇る名作として語り継がれているのでしょうね。
次回は大怪獣ラッシュの前半戦を、ディレクターズカット版として纏めて放送する予定です。
youtubeでは、先週の内容が配信されております。
もしかしたら、今日はもう一つ記事を更新するかも・・・?



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(7)トラックバック:(0)|19:06

ウルトラマンギンガストリウム&ウルトラマンビクトリー変身アイテムが初公開!

海外のサイトTOKU NATIONにて、ウルトラマンギンガSの新商品情報が大量に公開されています。
(画像はクリックすると拡大します)
ウルトラマンギンガストリウム ウルトラマンビクトリー

新しく判明した商品は
・DXビクトリーランサー
・DXストリウムブレス

・EXレッドキングナックル
・ウルトラ怪獣DX チブル星人エクセラー
・ウルトラ怪獣DX 合体怪獣(仮)

・ウルトラチェンジシリーズ ウルトラマンギンガストリウム
・ウルトラチェンジシリーズ ウルトラマンビクトリー
・光の超戦士シリーズ ウルトラマンギンガストリウム

ですね。

まずDXビクトリーランサーはウルトラマンビクトリーの変身道具?の様です。
「ガンモード」と「ランスモード」の2モードで遊べ、ライブサインも読み込み可能。
どうやらウルトラマンビクトリーは「怪獣の一部を再現してその能力を発揮する」みたいですね。
なのでEXレッドキングをリードすると、EXレッドキングの巨大な腕が使用可能みたいです。

続いてDXストリウムブレス、こちらはギンガの新モード「ウルトラマンギンガストリウム」への変身道具?
詳しくは不明ですが、ウルトラ兄弟の技を使える様に見えますね。
タロウの顔もモールドされていますし、タロウ達の力が託されたのでしょうか?

なりきり玩具はEXレッドキングの腕もありますが、
驚くべきはチブル星人がウルトラマンギンガSに登場する事でしょうw
大怪獣ラッシュの「チブローダー」と同様にマシーンに搭乗するみたいですね。
そちらもDX枠でソフビ化され、更に謎の「合体怪獣」も出現するみたいです。
うーん、何だか「メルバ」や「レイキュバス」の様な特徴が見えるような・・・?

ウルトラチェンジシリーズでは、ギンガとビクトリーが参戦ですね。
それぞれ劇中で見せるモードチェンジを再現可能だそうです。
ビクトリーはEXレッドキング、グドン、キングジョー、サドラ、エレキングの力を使うのかな?
ギンガストリウムは鎧をかぶせたイメージになっていますね。

どの玩具も凄く気になりますw
情報解禁&詳細発表も近い内にあるでしょうし、そちらも楽しみにしておきましょうかね~


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(8)トラックバック:(0)|22:46

S.H.MonsterArts ガイガン(2004)

S.H.MonsterArts(エス、エイチ、モンスターアーツ)の最新作が発売となりました。
今回商品化されたのは、こちらのキャラクターとなります。

モンスターアーツ ガイガン2004
ガイガン(2004)
映画「ゴジラ FINAL WARS」に登場したガイガンで、X星人が操るメイン怪獣という扱いでした。
遥か太古に地球に飛来し、海底深くで眠りについていましたが、防衛軍に引き上げられて解析されている最中に覚醒。
施設を完全に破壊し、東京で暴れ回った後は轟天号を撃墜する為に南極へと出陣。
そこで蘇ったゴジラと一戦を交えましたが、頭部を吹っ飛ばされて敗退しています。

韮沢靖さんのアレンジによるガイガンが、遂にモンスターアーツでアクションフィギュア化となりました!
かつて超合金シリーズでもアクションフィギュアとして発売されていたキャラクターですが、
モンスターアーツではそれ以上のハイクオリティのフィギュアとして商品化されています。

モンスターアーツ ガイガン2004 0
スーツに準じて全体的なフォルムは人型に近いですね。
全身はメタリックブルーで塗装されており、ヌラヌラした質感もしっかり再現してあります。
各部の鋭利なパーツもほぼそのまま再現されているので、突き刺さると中々痛いですw

モンスターアーツ ガイガン2004 1
横から見ても全身トゲトゲ。
特に尻尾は、かなり細かくパーツ分けがされていましたね。

モンスターアーツ ガイガン2004 2
背面です。
どこから見ても手抜き無し!

モンスターアーツ ガイガン2004 3
顔のドアップ。
口は上下に開閉し、左右の牙パーツも独立して可動します。
目も複眼状のモールドが刻まれており、クリアパーツで綺麗に表現されていました。

モンスターアーツ ガイガン2004 4
人型に近いフォルムをしているだけに、全身の可動範囲は優秀です。
モンスターアーツでは一番よく動くのではないでしょうか?
足には合金パーツが使用されているので安定性も抜群ですし、両腕の鎌が大きいのでポージングもバッチリ決まります。

モンスターアーツ ガイガン2004 5
首や尻尾もよく動き、羽も左右に展開可能なので飛行形態を再現する事も可能です。
もちろん自立するのは不可能なので、何らかの台やスタンドが必須ですが。

モンスターアーツ ガイガン2004 6
ガイガン起動シーンの様に、両腕の鎌をクロスさせる事も出来ました。
うーん、「カッコいい」という言葉しか頭に思い浮かばないw
そして両腕のパーツと首、角、牙パーツを差し替える事により・・・

モンスターアーツ ガイガン2004 7
改造ガイガン
倒されたガイガンがX星人の手によって回収され、強化された姿となっています。
モンスターXと共にゴジラに挑み、モスラを一度撃退する実力も見せました。
しかしその最後はあまりにも間抜けであり・・・w

改造ガイガンもパーツの差し替えで再現可能というプレイバリューの高さ!
このギミックには当時のガシャポンや超合金を思い出して懐かしくなってしまいましたw
ただ、鎌パーツ取り外しの際は内部パーツが破損する恐れもあるので、くれぐれもご注意を・・・

モンスターアーツ ガイガン2004 8
再び顔のドアップ。
角パーツ、牙パーツ、首パーツが変更されています。

モンスターアーツ ガイガン2004 9
両腕の「ブラッディ・チェーンソー」は、何と刃の部分が回転するギミックまで備わっています!
軟質パーツなのでフニャフニャですが、このギミックには驚かされましたねぇ。
(お腹の回転ノコギリは当然動きません)

モンスターアーツ ガイガン2004 10
以上がガイガンの軽いレビューになります。
とにかくカッコよく、よく動き、プレイバリューも高いという素晴らしい出来で大満足!
造形も塗装もハイレベルでしたし、お高いだけの事はありました。
さて、来週にはモスラ成虫が届くんだったかな・・・w


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|19:38

【動画投稿】 ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻 part22

第1回目の記事はこちらになっています!
http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1466.html


ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻22
http://www.nicovideo.jp/watch/sm23359567

私の手書きイラストによるゆっくり怪獣解説動画の第二十二回目を投稿致しました。
第二十二回目はウルトラセブンより「暗黒星人シャプレー星人」、「核怪獣ギラドラス」をご紹介。
ウルトラマンメビウスアンデレスホリゾントの、
「ユーゼアル」や「シャプレー・ビースト」にも触れています。

シャプレー星人はデザインが素晴らしい割に、本編ではすぐやられてしまった残念なキャラクターでしたが、
ウルトラ銀河伝説では予想以上の立ち回りを披露してくれたのでとても嬉しかったですね~
操るギラドラスも「THE・成田亨デザイン」という怪獣で、鳴き声やその特殊能力がとても印象的でした。
今回のメインは小説の「ウルトラマンメビウス アンデレスホリゾント」であり、
こちらのオリジナル怪獣についても触れております。
シャプレー星人が事実上のボスキャラになるという凄い作品でもありましたw
小説の内容自体もとても面白いですし、まだ読んでいない方は是非触れて貰いたい一冊ですね~

◆登場キャラクター紹介
ゆっくり永琳
ゆっくり永琳
東方Projectに登場する、八意永琳・・・に似た何か。
「迷いの竹林」の奥に存在するお屋敷、「永遠亭」に住んでいる凄腕のお医者様。
幻想郷では治せない様な病気もたちまちに回復させてしまう薬を持っていたり、
様々な物事にも精通している「月の頭脳」と呼ばれている存在です。
普段は永遠亭に居ますが、大病を患った者が居るとなると人里にも姿を現します。
どうやら「客人」を永遠亭に待たせている様子ですが・・・?
実はどのウルトラマンよりも長生きしているキャラクターだったり。

今回も面白いと感じて頂けたら動画へのコメントや、マイリスト登録して頂けるとありがたいです。
では、お楽しみ下さいませ~
youtubeでは、「やる夫とやらない夫がゆっくり三妖精に教える ゴジラ怪獣図鑑 part5」を投稿しております。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|08:06

スパークドールズ劇場新作が公開&ULTRA-ACT ウルトラマンティガver.2が発売決定!

youtubeのバンダイオフィシャルアカウントより、
ウルトラマンギンガS」の特報映像と「スパークドールズ劇場」の最新作が公開となっています。


ウルトラマンギンガSはティザー映像という事で、
ウルトラマンビクトリーの静止画像が数点公開されただけとなっています。
一方のスパークドールズ劇場は完全新作という事で、
ブラックキング、サンダーダランビア、ケムール人が「秘伝の書」を発見。
更に「あの怪獣」がスパークドールズ劇場に初登場となっていますw
今回は第一弾という事で、このネット版スパークドールズ劇場は今後も何点か公開されていきそうですね~


そして魂ウェブでは、速報という形でULTRA-ACT(ウルトラアクト)の最新作が発表となりました。
今回初公開となったのは、「ウルトラマンティガver.2」となっています!
ウルトラアクト ウルトラマンティガver2見本
http://tamashii.jp/special/pickup/201408uska/
8月と9月の新作フィギュアの中で紹介されているので、どちらかの月で発売となるのでしょう。
以前より格段にスタイルが良く、カッコいい見た目に仕上がっていそうでとても楽しみですね~
これでウルトラマンメビウスもリメイクの流れに乗ってくれれば言う事が無いのですが。

旧作の様に、後にタイプ違いなんかも発売されていくのかも注目です。
ver.2の発売決定によりティガ、ダイナ、ガイアがちゃんとした形で並べる事が出来ますし、
ウルトラマンギンガに登場した5大ウルトラヒーローも違和感無く揃える事が可能となりました。
夏のギンガSの新商品ラッシュと共に、こちらも是非購入したいと思っています。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|17:46

ウルトラマンギンガS&ウルトラマンビクトリー&怪獣ソフビなどの玩具情報が解禁!

ハピネット・オンラインにて、この夏のウルトラマン関連商品の予約情報が解禁となりました。
以下、簡単にですが纏めて行きたいと思います。


◆6月
・ウルトラヒーロー500 28 ウルトラマンビクトリー
・ウルトラ怪獣500 57 EXレッドキング
・ウルトラ怪獣500 58 ベロクロン
・ウルトラ怪獣500 59 ツインテール
・ウルトラ怪獣500 60 グドン


◆7月
・ウルトラマンギンガS DXギンガスパークランス
(ウルトラマンギンガの掛け声、打撃音・必殺音など多数音声を収録!
ギンガ最終回で使用されたスパークランスがギンガSでもメイン武器として登場します。
新番組でウルトラマンギンガが使用するギンガスパークランスを商品化。
振動センサーで振ると打撃音が鳴り、ボタンを押すとギンガの掛け声が鳴ります。
さらにボタン長押しで必殺音が鳴り、劇中の戦いを再現できます。
全長約530mmのビッグサイズ!ボタンを押すとランスが開閉する!ランスを振るとセンサーで打撃音が鳴る!)
・チキチキモンスター チキモンシリーズ ケムール人
(放した途端、方向転換しながらランダム走行!)
・チキチキモンスター チキモンシリーズ アントラー
(前進しながら、大あごのハサミを開閉!)

◆8月
・ウルトラ怪獣500 61 サドラ
・ウルトラ怪獣500 62 メルバ
・ウルトラ怪獣500 63 レイキュバス

・ウルトラエッグ ウルトラマンビクトリー
・光の超怪獣シリーズ EXレッドキング
(胸の3つのLEDが超発光!)

◆9月
・ウルトラ怪獣500 64 恐竜戦車
・ウルトラ怪獣500 65 ベムラー

・光の超戦士シリーズ ウルトラマンビクトリー

(目とカラータイマーが光る!)
・ウルトラエッグ ベロクロン
・ウルトラエッグ バキシム
・チキチキモンスター チキモンシリーズ キングジョー

(前進しながら、右腕を左右に振る&左手が上下に可動!)
・チキチキモンスター チキモンシリーズ EXレッドキング
(その場でぐるんと旋回した後に、腕をブンブン振るダイナミックアクション!)


まずはウルトラマンビクトリー、EXレッドキング、ベロクロン、ツインテール、グドン、サドラ、メルバ、
レイキュバス、恐竜戦車、ベムラーがスパークドールズとして500ソフビ化決定!
面子的にはウルトラ怪獣シリーズでも定番キャラに組み込まれていたものばかりですが、
500ソフビでも発売決定というお知らせは嬉しいですね。
何気にサドラがEXシリーズではなく定番入りというのも、バンダイのソフビでは始めてですし。
それぞれに「ライブサイン」が付属する何時も通りの仕様だそうです。
さぁ、60番台を突破した怪獣シリーズはどこまで数を増やして行くのでしょうか。

なりきり玩具としては、ウルトラマンギンガ最終回で使用した「ギンガスパークランス」が商品化!
かなり長い槍として玩具化され、様々な音声も流れる仕様みたいですね。
限定で「ダークスパークランス」なんかも出るのでしょうかねw

ウルトラエッグはウルトラマンビクトリー、ベロクロン、バキシムが仲間入り。
新シリーズのチキモンはケムール人、アントラー、キングジョー、EXレッドキングが出るという事なので、
この2種類の玩具もソフビと並行しつつ、定番商品として今後も組み込まれて行きそうですね。

LEDで発光する光の超戦士シリーズにも、新戦士のウルトラマンビクトリーが登場。
更にその怪獣版となる光の超怪獣シリーズにはEXレッドキングが!
あの巨体を再現する為か、値段も2700円という価格になっているのでどんな仕様なのかが気になりますねぇ。


このラインナップが「ウルトラマンギンガS」とどの程度連動しているかは不明ですが、
EXレッドキング、キングジョー、ベロクロン、バキシムは、説明文からすると番組への登場は確定だそうです。
今後も玩具と本編双方の続報が楽しみですね~


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(13)トラックバック:(0)|16:00

電光ヒーローコレクション カーンデジファー

※新ウルトラマン列伝はウルトラマンガイア最終3部作の放送なので、
感想は終了後に纏めて投稿する予定です。



では、「電光超人グリッドマン」の怪獣ソフビ人形レビュー記事です。
最終回となる第14弾目は、こちらのキャラクターとなっております。

電光ヒーローコレクション カーンデジファー
魔王 カーンデジファー
ハイパーワールドから地球へと逃げてきた魔王であり、普段は藤堂武史のコンピューターの中に住み着いています。
武史を操って様々な怪獣を作り出して悪事を働き続けており、グリッドマン達の宿敵として番組に登場し続けました。
第1話から最終話まで全てのお話に絡み、最終話「さらばグリッドマン」では遂に巨大化。
(スーツはアトラクション用マグマ星人の改造)
マントから起こす突風、指先から放つ青い電撃攻撃、素早い格闘攻撃に加え、
手にした「魔王剣デジファーソード」を使いグリッドマンに襲いかかりました。
更にアシストウェポンのデータを破壊するなど大暴れをしましたが、
武史の作り出した破壊プログラムの影響で苦しみ始めグリッドマンを道連れにしようとし、
最後はその力を利用したグリッドマンの「グリッドハイパービーム」を受けて跡形も無く消滅しています。

ボスキャラのカーンデジファーもソフビ人形として発売されており、
グリッドマンと同様に箱入りでの発売となっています。
このソフビは普段の姿の状態を元に造形されているので、最終決戦時の姿ではありませんね。

電光ヒーローコレクション カーンデジファー0
パッケージの裏面です。
配下の怪獣たちの姿も見えますね。

電光ヒーローコレクション カーンデジファー1
こちらが中身のソフビ人形となっています。
造形&塗装共に非常に優秀で、グリッドマン怪獣ソフビの中では一番の出来栄えですね。

電光ヒーローコレクション カーンデジファー2
全身は艶ありの黒い成型色で、肩から下はほとんどマントなので塗装されていません。
光る口元のマスクも、ちゃんと塗装によって再現されていますね。

電光ヒーローコレクション カーンデジファー3
背面です。
こちらも正面と印象はほとんど変わりありませんね。

電光ヒーローコレクション カーンデジファー4
可動部分は両腕のみとなっており、マントと干渉するので上げるのはここが限界となっています。
それにしても「ボスキャラ」って感じのデザインが良いですよねw

電光ヒーローコレクション カーンデジファー5
こちらはオマケのカードです。
箱入り時代のウルトラマンと同様に、ちゃんとカード付き商品だったんですよね。

これにて私が所持しているグリッドマン怪獣ソフビ人形のレビューは完結です。
何だかんだで第1クール目の主要怪獣はちゃんとソフビ化されているのが凄いですよねぇ。
タカラ製の怪獣ソフビ人形という珍しさもありますし、今後も大切に保管し続けたいと思っています。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|19:43

ウルトラマンギンガ 超人銀河秘伝の書

「新ウルトラマン列伝」の中でヒカルが使用しているアイテムが商品化されました。
その名も「超人銀河秘伝の書」!

ウルトラマンギンガ 秘伝の書
遥か昔、ギンガスパークの力を感じ取った人物が、
夢の中で見たウルトラマンや怪獣達の姿を「絵巻物」として纏めたのがこの「秘伝の書」。
今は銀河神社に収められており、ヒカルの手に渡ったそうです。
商品は紙製の絵巻物であり、細長いパッケージに包まれていました。
留め具も紐なので、広げるのも巻くのも非常に簡単です。

ウルトラマンギンガ 秘伝の書0
広げるとこんな感じで様々なキャラクター達のイラストが描かれており、
それぞれにライブサインがあるので「DXギンガスパーク」で読み込ませて遊ぶ事が出来ます。
逆に言えば、ギンガスパークを所持していないとただの絵巻物。
これ単体ではヒカルの真似をするか、イラストを鑑賞する事しか使い道が無いのでご注意を。

ウルトラマンギンガ 秘伝の書1
イラストは3つのゾーンに分かれており、怪獣とウルトラ戦士が激突している図、
ウルトラ戦士がそろい踏みの図、大怪獣ラッシュの図が存在しています。
もちろん、全てのキャラクターにライブサインが付いていました。


◆音声一覧表◆
(ダークスパークで読み込んでも同様です)

●鳴き声有り
リトラ、ベムラー、ピグモン、ケムラー、ジャミラ、グビラ、ウインダム、ナース、アーストロン、サドラ、グドン、
バードン、ノーバ、キリエロイド、ミズノエノリュウ

●鳴き声無し(共通音声)
ドドンゴ、ウー、チブル星人、ガンダー、ゾグ、ブースカ、チャメゴン、バルタンバトラー・バレル、
ガッツガンナー・ガルム、マグママスター・マグナ

●効果音(尻尾を振る音)
ゴメス、ガボラ、ジェロニモン、キングザウルス三世
●効果音(足音)
アギラ、タッコング
●効果音(大怪獣ラッシュ!と鳴る)
ネロンガ、レッドキング
●変身音有り
ゾフィー、ウルトラマン、ウルトラセブン、ウルトラマンジャック、ウルトラマンエース、ウルトラマンタロウ、
ウルトラマンレオ、ウルトラマン80、ウルトラマンティガ、ウルトラマンダイナ、ウルトラマンガイア、
ウルトラマンアグル、ウルトラマンコスモス、ウルトラマンネクサス、ウルトラマンマックス、ウルトラマンメビウス、
ウルトラマンゼロ、ウルトラマンギンガ

●変身音無し(共通音声)
ウルトラの父、ウルトラの母、ウルトラマンキング


もちろん、共通音声のキャラクターなども「名前」はしっかりと叫んでくれます。
ネロンガやレッドキングは、アースゴモラと同じくプラズマ怪獣なので名前がありませんでしたが。
DXギンガスパークはもしかすると、既存の怪獣の名前はほぼ全てが入っているのかもしれないですねw
(鳴き声などの専用音声は限られているでしょうけど)
以上が秘伝の書の簡単なレビューになります。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|17:40

【動画投稿】 やる夫とやらない夫がゆっくり三妖精に教える ゴジラ怪獣図鑑 part5

第1回目の記事はこちらになっています!
http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1716.html


やる夫とやらない夫がゆっくり三妖精に教える ゴジラ怪獣図鑑part5
http://www.nicovideo.jp/watch/sm23317070

私の手書きイラストによるゆっくり解説動画の最新パートを投稿しました。
第五回目はハリウッド版「GODZILLA(1998)」をご紹介。
「原子怪獣現る」や続編アニメシリーズ、「ジラ」などについても軽く解説しております。

そのデザインやキャラクター性の変貌、映画の内容などに批判が集まりがちなジラさんですが、
一つの生き物や怪獣としては割と丁寧に描かれている印象を受けました。
ただ、ジュラシックパークを連想させる様な描写がやたら多かったり、
放射熱線を吐かずに映画が終わってしまった事に小さな頃ガッカリした思い出がありますw
今回は元ネタの映画や他のシリーズでの活躍なども全て一纏めにして解説しました。
続編アニメは数話見ましたが普通に面白く、日本でのソフト化が待たれる作品の1つなんですよねぇ。
新ハリウッド版ゴジラ公開がこの夏に控えていますし、
もう一つのハリウッド版ゴジラを今一度振り返るという意味でのチョイスでもあります。

今回も面白いと感じて頂けたら動画へのコメントや、マイリスト登録して頂けるとありがたいです。
では、お楽しみ下さいませ~
youtubeでは、「ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻 part21」を投稿しております。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(6)トラックバック:(0)|07:58

ウルトラ怪獣DX ゾグ(第2形態)

本日より、ウルトラ怪獣DXの新作ソフビ人形が発売開始となりました。
今回商品化されたのは、こちらのキャラクターとなっています。

ウルトラ怪獣DX ゾグ(第2形態)
ウルトラ怪獣DX ゾグ(第2形態)
ウルトラマンガイアのラスボス、「根源破滅天使ゾグ」が怪獣型に変身した姿です。
身長666メートルという規格外の巨体を誇り、その大きさはビルを片足で踏みつぶせるほど。
ウルトラマンガイアやウルトラマンアグルすらも、虫けらの様に扱っていました。
口や両腕から波動球を放ち、二人のウルトラマンや駆け付けたミズノエノリュウを苦戦させています。

かつてウルトラ怪獣シリーズで発売され、
そのボリュームに驚いた記憶のあるゾグ第二形態がウルトラ怪獣DXでも発売されました。
基本はウルトラ怪獣シリーズ時代の造形そのままなのですが、両腕や両翼が新規造形になっています。

ウルトラ怪獣DX ゾグ(第2形態)0
まず翼が巨大になった事により、幅が30cmにスケールアップしています。
塗装もより劇中イメージに近いものに仕上がっており、
価格が上がっただけあってウルトラ怪獣シリーズ時代よりもゴージャスな印象を受けました。

ウルトラ怪獣DX ゾグ(第2形態)1
横から。
胴体部分などはウルトラ怪獣シリーズと同一ですが、やはりドドンゴ型の体型をしているだけにボリュームは満点。
ウルトラ怪獣500ソフビ2体分以上となっています。

ウルトラ怪獣DX ゾグ(第2形態)2
背面です。
背中も一部塗装されていますが、翼部分などは残念ながら塗装されていませんでした。

ウルトラ怪獣DX ゾグ(第2形態)3
両翼の付け根、両腕、4本の足がそれぞれ可動するので可動箇所は多い方ですね。
左前足の裏には「ライブサイン」が付いており、
DXギンガスパークで読み込ませると「ウルトライブ!ゾグ!!(共通音声)」という感じでした。

ウルトラ怪獣DX ゾグ(第2形態)4
以上がゾグの簡単なレビューになります。
既出のスーパーグランドキングやタイラントに比べると高さが足りないものの、
翼のお陰で横幅のボリュームはシリーズ1となっていました。
久しぶりの再販になりますし、個人的には今までのゾグの中では決定版と呼べる出来だったのでお勧めです。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|15:27

大怪獣ラッシュ第4弾 本日より稼働開始!&謎のボスが出現?

本日より、大怪獣ラッシュの第4弾が稼働開始となりました。
今回は7000円ほどつぎ込んでしまいましたが、お目当てのカードは無事ゲットする事が出来て一安心。

大怪獣ラッシュ 第4弾 ザラブ星人ウェイバ、ガルム、ヒッポリト星人アーチャー
まずはギャラクシーレアカードの「ザラブ星人ウェイバ」をゲットです。
そしてハンタースカウトキャンペーンカードは、「ガッツガンナー・ガルム」と「ヒッポリト星人アーチャー」の2枚。
今回はGRカードもCPカードも中々当たらなかったのは私だけなのでしょうか・・・w
しかし、ひとまずこれらのカードが当たったので良しとしておきましょう。

大怪獣ラッシュ 第4弾 SRカード
続いて、スターレアカードは「ヒッポリト星人ヒルガ」、「ババルウ星人ドマノ」、「ヒッポリト星人」、
「ピッコラ星雲人ピッコロ」、「ダダC(コマンドナンバーズ)」、「ユミザムシャー」の6枚でした。
特にユミザムシャーを狙っていただけに、当てる事が出来たのは嬉しかったですね~
ヒッポリト星人も、扱いやすいマジックワンド持ちなのが良いですね。

大怪獣ラッシュ 第4弾 グローザ星系人、デスレ星雲人
そしてスターレアカードはもう2枚ゲットしており、「グローザ星系人グロール」と「デスレ星雲人デスレード」です。
「デスレム」と「グローザム」のノーマルカードも入手したので、
これにて本弾のグローザ星系人&デスレ星雲人はコンプリートですね。
何気にメタル属性ばかりだったデスレードの炎属性版や、
能力が高いグロールの再生能力持ちがSRカードとして出たのが個人的には嬉しい所でした。

大怪獣ラッシュ 第4弾 ダークネスファイブ レアカード
そして、本弾の目玉の一つでもあるレアカードの「ダークネスファイブ」もコンプリート!
「メフィラス星人・魔導のスライ」、「ヒッポリト星人・地獄のジャタール」、
「テンペラー星人・極悪のヴィラニアス」、「デスレ星雲人・炎上のデスローグ」、
「グローザ星系人・氷結のグロッケン」の5枚ですね。
それぞれの裏面には、ウルトラゼロファイト本編で喋った台詞が書かれていました。

しかし今回から登場した怪獣には苦戦させられましたねぇ。
グランドキングは攻撃力が高いですし、プラズマメタルキングジョーは何より硬すぎる!
弱点属性や弱点武器、専用アイテムに強化した武器など、対策を考えてから挑まないと絶対に倒せないですよアレはw
(自分はプラズマソウルを2つ破壊するのがやっとでした・・・)
それと今回は攻撃する時のミニゲームを成功させると、「宝箱」が支給されます。
中身はガネーや謎のパーツなど様々なものが入っており、今までより格段にガネー稼ぎが楽になりましたね。
今回の内に小まめにプレイし続ければ、武器強化もより楽になるでしょうね。

そして筐体にぶら下げてあった小冊子には新情報が色々と書かれており、
5月27日から6月8日までの間、プレイヤーの席が空いている場合のみウルトラマンベリアルが参戦!」との事。
これはベリアルが怪獣討伐の手助けをしてくれるイベントで、
しかも自分がベリアルよりも上の順位ならばベリアルが獲得したプラズマソウルもゲット出来る模様です。
かなり太っ腹な企画ですねw

大怪獣ラッシュ 未知のボス
更に、今回は遺跡の謎を解き明かすと「未知のプラズマ怪獣」も現れるとの事。
シルエットを見る限りでは新怪獣?と思いましたが、パーツの感じからしてロボット怪獣みたいですね。
両腕や脚なんかは「メカザム」に似ていますけど、一体どんなキャラクターなのでしょうかね~?
その正体については、その内に公式HPにて明らかにされるかもしれません。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|21:35

新番組「ウルトラマンギンガS」&ウルトラマンビクトリーが公式解禁!

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20140409-OHT1T50044.html
http://www.narinari.com/Nd/20140425432.html
http://m-78.jp/news/n-2456/
新ウルトラマン列伝公式ブログ

ウルトラマンビクトリー

ウルトラマンビクトリー0

ウルトラマンビクトリー1


◆新番組◆「ウルトラマンギンガS」(全16話、各30分を予定)
・2014年7月15日より「新ウルトラマン列伝」内にて放送
・新ウルトラマン列伝:毎週火曜日18:00~18:30より放送中
・前半シリーズ:2014年7月15日(火)~9月2日(火) 1~8話を連続放送
・後半シリーズ:2014年11月4日(火)~12月23日(火・祝) 9~16話を連続放送

◆主演俳優◆
・根岸拓哉(ウルトラマンギンガ/礼堂ヒカル役)
・宇治清高(ウルトラマンビクトリー/???役)

◆メイン監督◆
・坂本浩一
(パワーレンジャー、映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』、仮面ライダー 、スーパー戦隊など)

◆その他情報まとめ◆
・ビクトリーは39番目のウルトラ戦士としてカウント
・ビクトリーの黄色いV字型クリスタルもギンガ同様に発光する
・ビクトリーは「驚きの能力」を秘めている
・舞台は前作から2年後
・4月19日と20日にマクドナルドのハッピーセットを買うと、ビクトリー情報が掲載された小冊子が配布
・4月30日より、相鉄線横浜~海老名・湘南台間をビクトリーのラッピング電車が運行開始(8月下旬まで)
・5月4日と5日に横浜ベイシェラトンホテルで行われるイベントで、ビクトリーがファンの前に初登場する


さぁ、思ったよりも早くウルトラマンビクトリーとギンガセカンドシーズンの情報が解禁となりました。
まずビクトリーのデザインですが、黒を主体にしたカラーリングとモミアゲの様に見えるパーツ、
海賊帽の様な頭部などを見る限りは、かなり「悪そう」なイメージになっていますねw
これはウルトラマンアグルやハンターナイト・ツルギの様に、最初は主人公と対立しそうな気がします。
ただ、全体的に非常に力強いイメージになっているので早く動いている姿が観たいですね~

そしてギンガセカンドシーズンも少しだけ情報が出ましたが、
放送形式は以前と同じながらも話数が増えたという事が何よりも嬉しいですね。
スパークドールズが地球上から去って行った今、2年後の地球にどんな危機が訪れるのでしょうか。
そして坂本監督がウルトラシリーズに帰ってきてくれた事も個人的には大歓迎!
これでアクション部分がより引き締まった映像になると思います。
坂本監督は「ウルトラマンレオが大好きだ」と公言していましたし、
今年はレオ40周年という事でこの番組でもレオの活躍する姿が見られるかもしれませんね。

ビクトリーにもギンガ同様に「とある能力」が秘められている様子ですし、
これが今年の玩具展開に繋がっていく要素になるのでしょうか。
今年も夏から開始という事で、ビクトリー関連の玩具情報も近々解禁となるでしょうね。
いやー、続報が本当に楽しみ!


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(14)トラックバック:(0)|12:42

ウルトラボーン ウルトライブスペシャルを入手

※新ウルトラマン列伝はウルトラマンガイア最終3部作の放送なので、
感想は終了後に纏めて投稿する予定です。



ウルトラボーンの最新作を購入して参りました。
食玩版はウルトラボーンX以来となりますが、
今回はバルタン星人とタイラントが再録だったのでそちらはスルーしております。
(新色のアナザーカラーが当たる保証は無いので)
という事で、新規ラインナップされた3種を軽くレビューします。

ウルトラボーン ブラックキング
用心棒怪獣 ブラックキング
帰ってきたウルトラマンに登場し、ウルトラマンギンガでも活躍したブラックキングがウルトラボーン化となりました。
各部は共通パーツですが、頭部パーツなどの存在感でしっかりとブラックキングに見えますね。
こちらは黒いアナザーカラーが当たりました。

ウルトラボーン ブラックキング0
ブラックキングの背面です。
刺のある背中パーツもちゃんと付属していました。

ウルトラボーン ブラックキング1
口が大きく開くので、他の怪獣と同じく吠えている様なポージングも可能です。
ブラックキングだけに、やはりこの黒いアナザーカラーがお勧めですね。


ウルトラボーン モチロン
臼怪獣 モチロン
ウルトラマンタロウで初登場し、ウルトラマンギンガ劇場スペシャル2でも登場したモチロンがウルトラボーン化!
ここ最近はやたら商品化に恵まれており、遂に骨にまでなってしまいましたw
骨だけに顔付きも厳つくなっており、新手の妖怪みたいな姿になっていますね。

ウルトラボーン モチロン0
モチロンの背面です。
尻尾の形状が変わっており、支え棒の様になっているので安定感がありますね。

ウルトラボーン モチロン1
全身がよく動くので、この様に四股を踏んでいるポージングも可能となっています。
口も大きく開くのでかなり遊び甲斐がありました。
こちらのアナザーカラーは緑色で、ノーマルカラーとパーツを組み替える事で劇中に近い色合いにする事が出来ます。


ウルトラボーン バルキー星人
宇宙海人 バルキー星人
ウルトラマンタロウで初登場し、ウルトラマンギンガで闇のエージェントを勤めていたバルキー星人もボーン化です。
特徴的な頭部の形状もバッチリ再現されており、カラータイマーの様なパーツがある胸も別パーツで再現。
ダダと同様に武器を所持しているのも嬉しいポイント。

ウルトラボーン バルキー星人0
バルキー星人の背面です。
こちらはこれといって専用パーツはありません。

ウルトラボーン バルキー星人1
武器のバルキーリングがあるので、どんなポーズをさせても様になりますね。
このリングは様々なパーツを繋げる事もできるので、合体の幅が広がりそうです。
アナザーカラーは黒なので、モチロンと同様にノーマルカラーと組み合わせると劇中に近いカラーにする事も可能です。


ウルトラボーン 余りパーツ
今回はプラモデルの様に各パーツがランナーに付いた状態で箱に封入されており、
それを取り外して組み立てる必要があります。
(と言っても、ニッパーいらずなので手で簡単にパーツを外す事が出来る仕様ですが)
そしてランナーには幾つかのパーツが余った状態になるので、こちらはオマケパーツという扱いになるのでしょうね。
合体用のパーツとして自由に使用しましょう。


ウルトラボーン ウルトライブスペシャル
そしてウルトラマンギンガとの連動企画という事で、
オマケカードにはDXギンガスパークで読み込ませる事が可能な「ライブサイン」が付属していました。
上の緑色のサインを読み込ませると「ウルトラボーン!ウルトラモンスター!!」と鳴り、
下の黄色いサインを読み込ませると各怪獣の名前と鳴き声を聞く事が出来ます。
(バルキー星人はDXダークスパークを使わないと専用ボイスが流れませんが)

少しずつ仕様が変化しているウルトラボーンですが、遊びやすさは以前と変わりありませんでした。
再来月には大怪獣ラッシュと連動した新商品も出るので、そちらの発売も楽しみですね~


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|21:06

恐怖の円盤生物フィギュアシリーズ! 星人ブニョ(追悼・蟹江敬三さん)

俳優の蟹江敬三さんが先月の30日に、胃がんの為に69歳の若さでこの世を去りました。
様々なドラマや映画などに出演された名俳優ですし、
ウルトラマンエースのカウラやウルトラマンレオのブニョでの怪演っぷりは、ファンの間で語り草になっています。
ご冥福をお祈りすると共に、追悼企画という事で久しぶりに円盤生物フィギュアの記事を更新したいと思います。

では、私が所持している円盤生物のフィギュアを紹介する、不定期コーナーの第8回目となります。
第8回目はこちらのキャラクターをご紹介します。

円盤生物 星人ブニョ
円盤生物 星人ブニョ HG外伝


ブラックスターから飛来した円盤生物第11号なのですが、
星人と言われている通り円盤生物よりは宇宙人に近いキャラクターです。
劇中でもブラック指令に自ら志願してレオ抹殺計画を進めるのでした。
文字通りぶにょぶにょとしたつかみどころの無い姿をしており、アメーバを思わせる様な形状をしています。
力よりは知恵を使った作戦を遂行する方が得意であり、ブラック指令と共謀してレオを一度殺してしまいました。
巨大化後は全身や口から流す粘液や、火花の様な火炎攻撃や宇宙ロープで敵を攻撃します。

ブニョは円盤形態、蟹江さん演じる人間体、怪人体、怪獣体と様々なバリエーションが存在するキャラクターですが、
まずは怪人体からご紹介しましょう。
この商品は以前にもブログで取り上げましたが、
ガシャポンの「HG外伝ウルトラ兄弟大ピンチ&大チャンス」のブニョですね。
怪人体はリアルタイプとしてはこれが初商品化となり、ブニョが羽織っていたコートもしっかり再現されております。

円盤生物 星人ブニョ HG外伝0
背面です。
成型色と塗装を上手く使い分ける事で、カラーリングもバッチリですね。

円盤生物 星人ブニョ HG外伝1
HG外伝シリーズはラインナップが狂っている(褒め言葉)のが特徴で、
凍らされて処刑寸前のウルトラマンレオも同時にラインナップされています。
付属台座にはDXギンガスパーク対応のライブサインまで付属しており、豪華な商品でしたね~

円盤生物 星人ブニョ ベアモデル
続いてはベアモデルより商品化された、ブニョのソフビ人形のオマケとして付属していたミニソフビ。
レトロ系ソフビらしく、緩い造形と塗装ながらも怪人体が商品化された事に当時は驚いたものです。

円盤生物 星人ブニョ ベアモデル0
背面です。
黄緑色の成型色でブルーのスプレーが吹いてあるという、見ていると落ち着く色合いに仕上がっていました。
ちなみに違う色のブニョに付属していたこれと同じサイズの「人間体」のミニソフビもあるのですが、
そちらは入手する機会がありませんでした・・・

円盤生物 星人ブニョ SDウルトラマン 超闘士激伝
続いては怪獣体です。
左が「SDウルトラマン」のもので、右が「超闘士激伝」の円盤生物セットの内の1体です。
SDウルトラマンの方は頭部のフードを被った状態で造形されている珍しい一品。
よく見ないとブニョだと解らないマニアックな商品になっていますw
超闘士激伝の方は小さいながらも特徴を捉えた造形に仕上がっていますね。

円盤生物 星人ブニョ SDウルトラマン 超闘士激伝0
背面です。
SDウルトラマンの方は、もはや何のキャラクターかすら解らない・・・w

円盤生物 星人ブニョ HG 特撮ヒーローズ
こちらはフルカラーのミニフィギュア。
左がガシャポンの「HGウルトラマン」のもので、右が「特撮ヒーローズ」のものになっています。
HG版はよく出来ており、リアルタイプのブニョの中では一番の出来なのではないかと。
黒目部分が少し小さめなので、ペンか何かで瞳を大きくしてやるとより劇中に近くなると思います。
特撮ヒーローズのブニョも塗装が細かく、リアルなデフォルメフィギュアとしては良い出来ですね。

円盤生物 星人ブニョ HG 特撮ヒーローズ0
背面です。
どちらも全身がちゃんと全塗装されているのも嬉しいポイント。

円盤生物 星人ブニョ ベアモデル1
最後はベアモデルより発売された、レトロ系ソフビ人形になります。
黄緑色の成型色に、全身が黄色やグレー、ピンクなどでスプレーされているカラフルなソフビですね。

円盤生物 星人ブニョ ベアモデル2
造形もかなり可愛らしくアレンジされており、どこかの童話に出てきてもおかしくない様な風貌ですw
目は金色でギラギラしており、ここだけはブニョらしい「狂気」を感じますね。

円盤生物 星人ブニョ ベアモデル3
背面です。
こちらも各部がスプレーされていますね。
首、両腕、両足と可動部分も多いのが嬉しいです。
他にも黄色や赤なんかのカラーバリエーションも存在していました。

円盤生物 星人ブニョ ベアモデル4
最後はブニョらしいポーズで〆。
以上が私が所持している星人ブニョのフィギュアになります。
人間体フィギュアは何時か手に入れたいなぁ・・・


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|19:46

謎の「ウルトラマンギンガS」とは!?&劇場SP2のソフトにあのお話が収録!

特許電子図書館に、円谷プロダクションから新たな商標が出願されていますね。
ウルトラマンギンガS 商標
http://www.ipdl.inpit.go.jp/Syouhyou/syouhyou.htm

今回登録されたのは「ウルトラマンギンガS」というもの。
適用される項目も数多く、


第9類
業務用テレビゲーム機用プログラム,
携帯用液晶画面ゲームおもちゃ用プログラムを記憶させた電子回路及びCD-ROM,
家庭用テレビゲーム機用プログラム及び同プログラムを記憶させた記憶媒体,
電気通信機械器具,眼鏡,コンピュータ用のゲームプログラム,
コンピュータネットワークを通じてダウンロード可能な電子計算機用ゲームプログラム,
録音又は録画済みのコンパクトディスク・DVD・磁気カード・磁気ディスク及び光ディスク,
インターネットを利用して受信し保存できる画像・映像・映画・音楽,携帯電話で受信できる画像・映像・映画・音楽,
録画済みビデオディスク及びビデオテープ,電子出版物
第16類
事務用又は家庭用ののり及び接着剤,紙製包装用容器,紙類,文房具類,印刷物,写真,写真立て
第25類
仮装用衣服,洋服,コート,セーター類,ワイシャツ類,寝巻き類,下着,水泳着,水泳帽,ティーシャツ,
アイマスク,エプロン,えり巻き,靴下,スカーフ,手袋,ネクタイ,ネッカチーフ,バンダナ,保温用サポーター,
マフラー,耳覆い,帽子,靴類
第28類
キャラクターを模したおもちゃ,おもちゃ,人形,家庭用テレビゲームおもちゃ,運動用具,昆虫採集用具,
遊園地用機械器具,スロットマシン,ぱちんこ器具,すごろく,ダイヤモンドゲーム,手品用具,ドミノ用具,
トランプ,マージャン用具
第41類
映画・演芸・演劇・音楽の演奏の興行の企画・運営又は開催,映画の上映・制作又は配給,
インターネットを利用して受信できる画像・映像・映画・音楽の提供,放送番組の制作,
教育・文化・娯楽・スポーツ用ビデオの制作,放送番組の制作における演出,写真の撮影,オンラインゲームの提供


となっています。
先日明らかになった「ウルトラマンビクトリー」よりも適用項目の幅が広いものですし、
これは「新番組名」か「ウルトラマンギンガの新たな姿(もしくはギンガに近い存在?)」なのではないでしょうか。
ギンガの新展開は夏からだと発表されていますし、先日より円谷プロダクションではファンクラブ会員向けに、
「新番組に登場するエキストラ募集」も開始していました。
ビクトリー解禁が迫る中、いよいよ番組制作も動き始めているのでしょうね~



さて、公開終了が迫る「ウルトラマンギンガ劇場スペシャル ウルトラ怪獣☆ヒーロー大乱戦!」ですが、
早くもBlu-ray&DVDでのソフト化が決定となりました。
ウルトラマンギンガ劇場スペシャル2 ブルーレイ
http://www.bandaivisual.co.jp/index?act=detail&ino=BCXS-0792
発売日:2014年07月25日
税抜価格:Blu-ray Disc・4800円、DVD・3800円
収録時間:90分/(本編約50分+特典約40分)
◆収録内容
・映画本編
・「大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア VEROKRON hunting」
・「ギンガ THE LIVE スペシャル!」
・メイキング映像(本編・特撮の裏側に迫る!)
・宇宙人インタビュー(ミラクル星人編)
・「ウルトラマンギンガ番外編 残された仲間」
・ノンテロップED
・劇場予告
・音声特典
・スタッフ・キャストオーディオコメンタリー

恒例の大怪獣ラッシュやメイキングなどの収録も決定し、宇宙人インタビューはまさかのミラクル星人が抜擢w
そして新ウルトラマン列伝で放送され反響を呼んだ、ウルトラマンギンガ番外編も収録されるみたいですね~
健太と千草とマグマ星人による面白いお話だっただけに、ソフト化決定というニュースは非常に嬉しいですね。
これにてギンガのファーストシーズンは正式に
・本編11話
・劇場スペシャル2本
・番外編1本
という事になりました。
発売時期もギンガセカンドシーズンが始まりそうな辺りだけに、良いタイミングなのではないでしょうか。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(6)トラックバック:(0)|17:04

【動画投稿】 ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻 part21

第1回目の記事はこちらになっています!
http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1466.html


ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻21
http://www.nicovideo.jp/watch/sm23256820

私の手書きイラストによるゆっくり怪獣解説動画の第二十一回目を投稿致しました。
第二十一回目はウルトラマンUSAより「電磁怪獣ガルバラード」、「電磁球獣イーム」をご紹介。
久しぶりにアニメ作品からの抜擢となっております。

ウルトラマンUSAは他の海外作品と同じく、未だにDVD化されていないのが残念なんですよねぇ。
短い時間の中でもしっかりとオリジナリティを出している作品ですし、
登場する怪獣もそれぞれが全く違う特色を持っているので結構好きだったのですが。
今回は動画の後半で「ちょっとした事件」も起こっております。

◆登場キャラクター紹介
ゆっくり小鈴
ゆっくり小鈴
東方Projectに登場する、本居小鈴・・・に似た何か。
人間の里にある貸本屋、「鈴奈庵」を家に持っておりそこで働いている少女です。
様々な本を読んでおり、普通は読めない様な文字で書かれた本を「読む」能力を持っています。
好奇心旺盛な性格で、友人の阿求とつるんで何か事件があるとそこに首を突っ込むのがお約束のパターン。
どうやら今回は阿求と共に、妖夢達に「何か」を隠している様子ですが・・・?

今回も面白いと感じて頂けたら動画へのコメントや、マイリスト登録して頂けるとありがたいです。
では、お楽しみ下さいませ~
youtubeでは、「ゆっくり霊夢とやる夫が学ぶ 昆虫大百科 part17」を投稿しております。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|08:11

大怪獣ラッシュがウルトラボーンにも参戦決定!

ウルトラボーン最新弾の発売が来週に迫る中、早くもその次の弾の発売が決定しました。
今回もガシャポン版では無く食玩版となっているみたいですね。

ウルトラボーン 大怪獣ラッシュスペシャル
ウルトラボーン 大怪獣ラッシュスペシャル
6月発売予定
1個300円(税抜)
◆ラインナップ
バルタンバトラー・バレル
ガッツガンナー・ガルム
マグママスター・マグナ
メトロン星人
ヒッポリト星人
◆商品仕様
全5種類×2色
付属品によって単体でのバリューアップに加え、既存品との組み換えや合体も楽しめます。
更にゲーム筐体の新要素【ハンターボール】と連動した、
オリジナルデータカードダスが1枚付属した豪華仕様となります。


既にCMでも登場していましたが、ラッシュハンターズの3人もウルトラボーン化決定!
更にメトロン星人が再録され、ヒッポリト星人が新規投入となっていますね。
今回は300円と何時もより値段が上がっていますが、その分武器などの付属品がありますし、
大怪獣ラッシュのゲームで使えるハンターボールとも連動する機能も付いている様子。
再録のメトロン星人も、まさかのちゃぶ台付属という徹底ぶりが凄いですねw

ハイパーホビーの記事によると、生産を日本に切り替えたりパーツをランナー状態で封入するなど、
様々な試行錯誤をしていたのでここ最近ウルトラボーンの新作が出せなかったそうです。
売上自体は好調との事なので、新体制となった今どれほどラインナップが充実するかが楽しみですね。
それとウルトラボーンは何時でも気軽に買える様に再販枠を設けているそうなので、
もし買い逃した商品があっても、今後再録される可能性もあるとの事。
まずは来週発売となる最新弾を楽しみに待ちたいと思います。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|18:41

マクドナルド ウルトラマンのハッピーセット第2弾が今月中旬よりスタート!

雑誌類でも情報が公開されていますが、
去年に引き続きマクドナルドのハッピーセットとウルトラマンのコラボ商品が今年も発売決定!
今回はこの様なラインナップになっています。

ウルトラマン ハッピーセット第2弾

ウルトラマン
(ウルトラマンが掛け声を叫ぶ!)
ウルトラセブン
(回転しているアイスラッガーを投げる!)
ウルトラマンティガ
(ゼペリオン光線型のミサイルを発射!)
ウルトラマンギンガ
(台座の穴を覗くと、様々なウルトラヒーローの名シーンが見れる!)
ゼットン
(顔と胸の黄色い部分が光る!)
キングジョー
(腰より上が飛び上がる!)
ゴルザ
(両腕が連動して上下に動く!)
ダークルギエル
(目と胸の赤い部分が点滅する!)

今回は全て台座付きの上半身フィギュアに統一されており、各キャラクター毎に何らかのギミックが備わっています。
セブンは頭にアイスラッガーが付いているのに手で投げているという不自然さもありますが、
そのままだと頭が寂しいのでこういう仕様になったのでしょうねw
ウルトラヒーロー4種とそれに対応する怪獣4種の計8種類が登場との事ですが、
てれびくんの記事通りだと、どうやら景品の種類は選べないみたいですね。
今回はフルコンプを狙わずに、まったりと買って行こうかなぁと思っております。


開始日時:4月18日(金)から期間限定で登場
4月19日(土)&20日(日)に買うと、小冊子「ウルトラ大図鑑」も一緒に配布予定
4月26日(土)~29日(火・祝)に買うと、大怪獣ラッシュのプロモカードも一緒に配布予定



昨日にお伝えした通り、19日と20日に買うと「ウルトラマンビクトリーの情報が掲載された小冊子」が貰えますし、
私はそれも狙う為、19日にお店に行こうと思っています。
4月下旬はお昼ご飯がマクドナルドばかりになりそうだなぁ・・・w


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|18:18

大怪獣ラッシュにダークネスファイブ参戦!&ウルトラマンビクトリーは今月中旬までに解禁?

大怪獣ラッシュの第4弾の稼働日が迫る中、公式HPも次々と更新されていますね。
その中でも一番のニュースが、大怪獣ラッシュにあの「ダークネスファイブ」が参戦決定というものでしょう。
大怪獣ラッシュ ダークネスファイブ
http://www.daikaijyu.com/rush/news/72.html

どういった形でゲームに登場するのかが話題になっていましたが、当然ながらプレイヤーキャラクターとしての参戦!
全5枚のレアカードとして登場なので、手に入りやすさはそこそこといった所でしょうか。
メフィラス星人・魔導のスライは「ソード」、ヒッポリト星人・地獄のジャタールは「グレートソード」、
テンペラー星人・極悪のヴィラニアスは「ツインソード」、デスレ星雲人・炎上のデスローグは「ヘヴィガン」、
グローザ星系人・氷結のグロッケンは「ロングライフル」をそれぞれ手にしています。
彼ら同士で組むと、特別なボーナスが発生したりするのでしょうか?

勿論この5人はウルトラゼロファイト第二部に登場した「本人」であり、
ウルトラマンベリアルの指令を受けて大怪獣ラッシュの世界に送り込まれた様子。
ベリアル自身も5月27日からの特別ミッションで姿を現すみたいですが・・・?
詳しくはyoutubeにて配信されているPVをご覧になって下さいませ。




さて、てれびくんやテレビマガジンも発売されていますが、
雑誌には「全身にV状のクリスタルを身に付けた謎のウルトラ戦士」のシルエットが掲載されていました。
これは以前話題になった「ウルトラマンビクトリー」で間違いないでしょうね。
来月号にて公開との事ですが、それと同時にマクドナルドのハッピーセット第二弾も発表されています。
詳しくはまた後日にご紹介しますが、
4月19日と20日限定でハッピーセットを買うと「小冊子」が貰えるキャンペーンがあるそうです。
何とこの雑誌の中でその「新ウルトラマン」を公開するとの事なので、
遅くとも今月19日にはお披露目となりそうですね。
それまでに玩具情報や公式発表があるかもしれませんが、いよいよ新ウルトラ戦士登場という事で期待感が高まります。

ウルトラマンギンガの新展開は夏からスタートとのアナウンスも出ていますし、
去年と同様に7月頃から色々と慌ただしくなりそうですね。
ウルトラマンフェスティバルなど、夏の大型イベントも目白押しなのでビクトリーも大活躍するのではないでしょうか。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|19:17

新ウルトラマン列伝 第40話

新ウルトラマン列伝
本日、第40話が放送されました!
第40話 「受け継がれる伝説!神秘のギンガスパーク!」
歴代ウルトラシリーズより、総集編の内容を放送しました。

今回から新ウルトラマン列伝は火曜日の午後6時放送になりました。
まずはOPが「キラメク未来~夢の銀河へ~」に変更されましたが、
列伝最初のOPであるキラメク未来がギンガアレンジになってかなりカッコよくなっていましたね~
懐かしくも新しい、素晴らしい楽曲に仕上がっていました。
イカルス星人やダークネスファイブも新撮で登場し、今後はタロウのムルロアも登場する模様です。

また、ナレーションはウルトラマンギンガ役として杉田智和さんが担当されています。
落ち着いた口調で淡々と紹介してくれますが、ここまでギンガが喋ったのは始めてですよねw
ヒカルも「秘伝の書」を入手し、ギンガスパークでそれを読み込む事で様々な怪獣やウルトラマンの事を知ります。
この秘伝の書はかつてギンガスパークの力を感じ取り、
怪獣やウルトラマンの姿を夢見た者が作り上げた絵巻物だそうです。
そして銀河神社に収めていた・・・という設定なんですね。

さて、秘伝の書の記憶を垣間見たヒカルは「毒ガス怪獣ケムラー」とウルトラマンの戦い。
そして「凍結怪獣ガンダー」とウルトラセブンの戦いを目撃します。
ナレーションは終始ギンガが担当し、怪獣も1つの命である事。
ウルトラマンは怪獣を犠牲にしながらも多くの命を救っている事を解説するのでした。
また、ガンダーとの戦いで登場した「カプセル怪獣ミクラス」を見たヒカルは、
ウルトライブしていないにも関わらず人間の味方である怪獣が居る事を知るのでした。

そこでウルトラ銀河伝説より、残る「カプセル怪獣ウインダム」と「カプセル怪獣アギラ」が紹介され、
3体のカプセル怪獣がそろい踏みをして活躍するシーンが放送。
絵巻物を眺めているとティガを見付けたヒカルは、それを読み込ませてウルトラマンティガの活躍シーンも観覧します。
ティガ、ダイナ、ガイアが活躍する「大決戦!超ウルトラ8兄弟」の映像が流され、
「究極合体怪獣ギガキマイラ」と超ウルトラ8兄弟の戦いが放送されるのでした。
ギンガはその中で、それぞれの戦士たちが別々の宇宙で活躍していた事も付け加えています。

ヒカルは更に絵巻を捲ると、今度はウルトラヒーロー達の姿も登場!
ウルトラマン、ウルトラセブン、ウルトラマンジャック、ウルトラマンエース、ウルトラマンタロウ、
ウルトラの父、ウルトラの母、ウルトラマンレオ、ウルトラマンキング、ウルトラマン80、ウルトラマンティガ、
ウルトラマンダイナ、ウルトラマンガイア、ウルトラマンコスモス、ウルトラマンネクサス、
ウルトラマンマックス、ウルトラマンメビウス、ウルトラマンゼロ、そしてウルトラマンギンガ!
様々なヒーロー達の活躍シーンと共に「ウルトラの奇跡」が流される素晴らしい総集編でした。
ヒカルもウルトラマン達の活躍を見て、何時か彼らと共に戦いたいと願うのでした・・・
新ウルトラマン列伝 秘伝の書


さて、今回より新章突入という事でギンガを中心に非常に幅広いキャラクターが取り上げられましたね。
ギンガの落ち着いたナレーションも良かったですし、秘伝の書に映る面々が今後も取り上げられていくのでしょう。
中には秘伝の書に居ないムルロアなんかもOPで映っていましたし、
今後の列伝がどの様なエピソードをチョイスしていくのか見ものですね~

さて、次回からはウルトラマンガイア最終三部作を連続放送!
youtubeでは、先週分のお話が配信されております。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|19:24
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ