大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

ウルトラマンの新作映画が来年に公開決定!

本日2度目の記事更新となります。
今日のニコニコ生放送の中で、とあるユーザーの方に頂いた情報です。
(その節はありがとうございました)

円谷プロダクションの親会社であるフィールズのサイトに、こんな情報が掲載されています。
http://www.fields.biz/ir/j/

ウルトラマンギンガ劇場版?
こちらは株主向けの資料であり今年以降の展開を図にしたもので、
その中に「ウルトラマンシリーズの映画作品」が公開予定である事がハッキリと示されています。
時期は不明ですが2015年中には公開されるらしく、ギンガから続くウルトラシリーズの新作という形になりそうですね。

流れ的にはウルトラマンギンガを主軸とした長編映画である可能性が高いと思います。
(ギンガ劇場SPは映画ではなくTVのカテゴリーに入っているので)
もしくは全く違う作品を主軸にしたり、完全新作の可能性もありますが、
大怪獣バトルの流れと同じならTVを2期やってからの映画という流れにも納得できるかなぁと。

まだまだ先のお話なので今は予想か妄想しかできませんが、
とりあえず来年に新作映画が見られるというのは嬉しいですね。
他にも円谷プロダクション主導のアニメーション作品が2つ控えているみたいですが、
ウルトラマンとは違うカテゴリーなので、
「大怪獣ラッシュ」の新作か、もしかすると「ULTRAMAN」や「怪獣擬人化計画」が題材になるのかもしれません。
来年も円谷プロダクションの動向から目が離せませんねw


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
関連記事
Permalinkコメント:(12)トラックバック:(0)|22:26

「大ゴジラ特撮展in大阪」のレポート!

昨日にあべのハルカスにて開催されている、「大ゴジラ特撮展」の大阪会場へと行って参りました。
こちらは東京の池袋サンシャインシティにて開催されていたイベントの関西版で、
24階のフロアにて開催されていました。
(画像はクリックすると拡大します)

大ゴジラ特撮展in大阪 大ゴジラ特撮展in大阪0
まずは会場入口にて、東京会場と同じく「ゴジラジュニア」のスーツが出迎えてくれます。
ちなみにお金を払わなくてもこれだけは見る事ができるという・・・w

大ゴジラ特撮展in大阪1 大ゴジラ特撮展in大阪2
大ゴジラ特撮展in大阪4 大ゴジラ特撮展in大阪3
会場に入るとゴジラの歴史を軽く振り返るコーナーがあり、
歴代ゴジラの中から代表的なものの顔写真がズラリと揃っています。

大ゴジラ特撮展in大阪5 大ゴジラ特撮展in大阪6 大ゴジラ特撮展in大阪7
大ゴジラ特撮展in大阪8 大ゴジラ特撮展in大阪9
大ゴジラ特撮展in大阪10
 大ゴジラ特撮展in大阪11
こちらは撮影可能コーナーに展示していた、「デスゴジのスーツを黒くリペイントしたゴジラ」です。
いわゆるVSシリーズゴジラですが、東京会場では撮影不可能だったので、この配慮は嬉しかったですねぇ。
スーツ作成から20年が経とうとしている中、まだまだ健在のようで何よりでした。
何枚かは、特撮っぽく見えるようにアオリアングルで捉えております。

大ゴジラ特撮展in大阪12 大ゴジラ特撮展in大阪13 大ゴジラ特撮展in大阪14
大ゴジラ特撮展in大阪15 大ゴジラ特撮展in大阪16
そしてそのお隣に展示されていたのは、なんと「スーパーメカゴジラ」!
こちらは東京会場では展示されていなかったので、思わず「えぇっ!?」と驚いてしまいましたw
背中の「ガルーダ」も健在で、各部に汚れや傷がありながらもかなり状態が良かったですね。
これは撮影用ではなく当時に作られたイベント展示用のプロップなのかな?

大ゴジラ特撮展in大阪17
ジオラマエリアの全景はこんな風になっていました。
間近で見ると、ゴジラのスーツって思っているより全然大きいので圧倒されてしまうんですよねぇ。

大ゴジラ特撮展in大阪18 大ゴジラ特撮展in大阪19 大ゴジラ特撮展in大阪20
大ゴジラ特撮展in大阪21 大ゴジラ特撮展in大阪22
大ゴジラ特撮展in大阪23 大ゴジラ特撮展in大阪24 大ゴジラ特撮展in大阪25
そして東京会場では一緒に撮影ができた(有料)、「三式機龍・改」も自由に撮影可能に!
格納庫部分は簡略化されましたが、結構色んなアングルから撮影できた上に、
ライティングも中々カッコよかったので大満足でした。
何より精巧に作られたスーツを間近でジックリと眺める事ができたのはほんとに嬉しかったです。
アオリアングルからだと、まるで機龍隊や整備班のような気分を味わえるのでお勧めですw
(ですが周囲の迷惑にならないようにご注意を)
機龍の特徴である、「牙の部分だけがメカじゃない」という部分もじっくり見る事ができますよ~。

大ゴジラ特撮展in大阪26 大ゴジラ特撮展in大阪27
物販コーナーのある出口では、「GODZILLA(ゴジラ2014)」の立像がお見送りをしてくれます。
親子連れがゴジラエッグ、ソフビ人形、ガシャポンをかなり購入している様子が伺えましたw

他にも東京会場には無かった、対ガイガン時のキングギドラの頭部、メガギラスの飛び人形、デストロイアの飛び人形、
ファイナルウォーズ版キングシーサーなども多数展示されており、
中でも圧巻だったのは「ミレニアム~ファイナルウォーズまでのミレニアムシリーズゴジラ一挙展示コーナー」でした。
こちらはかなり感動したのですが、全て撮影禁止だったので会場に行った方だけが拝めるという・・・
(探せば掲載しているニュースサイトもありましたが)

東京会場に比べれば値段が安い代わりにやや規模が縮小されていたのですが、
関西では貴重なイベントだっただけに大満足でした。
更に時間やタイミングが良かったのか、大森一樹監督や川北紘一特技監督も生で拝めたので大興奮w
この大ゴジラ特撮展は9月15日までの期間限定イベントなので、関西在住の特撮ファンの方は是非!
いやー、今年の夏の特撮イベントは本当にアツかった!
ありがとう8月、さようなら8月!


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|18:09

【動画投稿】 やる夫とやらない夫がゆっくり三妖精に教える ゴジラ怪獣図鑑 part9

第1回目の記事はこちらになっています!
http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1716.html


やる夫とやらない夫がゆっくり三妖精に教える ゴジラ怪獣図鑑part9
http://www.nicovideo.jp/watch/sm24353364

私の手書きイラストによるゆっくり解説動画の最新パートを投稿しました。
第九回目は安豆味王族の守護神、沖縄の神様「キングシーサー」をご紹介。
ミヤラビの祈りはカラオケで配信するべき。

という事で、今回はキングシーサーを取り上げる事になりました。
シーサーをそのまま怪獣にしたようなデザインなので、顔に迫力がありますよね。
冒頭にオマケとして、シーサーに纏わるお話も少しだけ紹介しております。
キングシーサー、改めて見ると味方としても敵としてもあまり役に立っていないような・・・w
肝心の特殊能力をほとんど使えなかったのが勿体無いキャラクターだと思います。

今回も面白いと感じて頂けたら動画へのコメントや、マイリスト登録して頂けるとありがたいです。
では、お楽しみ下さいませ~
youtubeでは、「ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻 part28」を投稿しております。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|08:15

恐怖の円盤生物フィギュアシリーズ! ブラックエンド

では、私が所持している円盤生物のフィギュアを紹介する、不定期コーナーの第11回目となります。
第11回目はこちらのキャラクターをご紹介します。

円盤生物ブラックエンド
円盤生物 ブラックエンド アンティッQ
ブラックスターから飛来した円盤生物第12号で、最後にして最強の円盤生物と呼ばれています。
ウルトラマンレオを倒す為だけに地球に飛来し、各地を破壊しながらレオの名を呼び続けるなど、
円盤生物らしい知能の高さも見せていました。
口から吐き出す火炎攻撃や、長い角や尻尾などを使って相手を攻め立てる事が大の得意。
円盤形態は角や足を引っ込めただけであり、特定のモチーフを持たない珍しい円盤生物でもあります。

今回はブラックエンドという事で、まずは怪獣消しゴムから。
こちらは「アンティッQ」で再販されたブラックエンドであり、小さいですが出来も良く、
元が元だけにデフォルメしてもさほど変わりませんねw

円盤生物 ブラックエンド アンティッQ0
背面です。
尻尾は短めですが、安定性は抜群でした。

円盤生物 ブラックエンド 特撮ヒーローズ
こちらは「特撮ヒーローズ」のものです。
この商品もデフォルメタイプのフィギュアなのですが、ブラックエンドは元とほとんど変わらず。
艶消しの塗装が良い質感になっています。

円盤生物 ブラックエンド 特撮ヒーローズ0
背面です。
こう見ると、果物か野菜のような不思議なフォルムをした怪獣ですねぇ。

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ブラックエンド
こちらは「対決セットシリーズ」のブラックエンド。
このブログでは既に対決セットのカテゴリーでご紹介済みですね。
現状、ブラックエンドの唯一のリアルタイプ造形フィギュアとなっています。

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ブラックエンド0
背面です。
長い尻尾も再現されていますが、丸めた状態で商品化されています。

円盤生物 ブラックエンド マーミット
こちらは「マーミット」製のレトロタイプソフビ人形です。
「怪獣天国」シリーズの中でもかなりのボリュームを誇る商品で、角と尻尾のせいで前後に長いです。
何パターンかのカラーバリエーションがありますが、私はこのメタリック調に塗装されたタイプを所持しています。
ただでさえ存在感抜群のソフビが、更に見栄えが良くなっているんですよね~。

円盤生物 ブラックエンド マーミット0
成型色は黒に近い紺色で、各部がメタリックスプレーで塗装されています。
顔も白く、全体的には劇中にそれなりに近いカラーリングになっていますね。
口の中までしっかり造形されていますし、完成度は高いと思います。

円盤生物 ブラックエンド マーミット1
背面です。
こちらも角と尻尾のボリューム感が凄い・・・
可動箇所は前にある4本の角、顔、両足、胴体となっています。

以上が私が所持しているブラックエンドのフィギュアになります。
いわゆるタッコング体型に角が付いているようなものなので、ラスボスらしいボリュームのある商品が多いですね。
youtubeでは、ウルトラマンギンガSの最新話が1週間限定で配信されています。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|18:53

ULTRA-ACT アストラver.2(限定商品)

ULTRA-ACT(ウルトラアクト)の新商品が魂ウェブから発送されました。
今回魂ウェブ商店限定商品として商品化されたのは、こちらのキャラクターとなります。

ウルトラアクト アストラver2
アストラver.2
かつて魂ウェブ商店限定商品として発売されていたアストラが、
兄のウルトラマンレオと共にver.2となってリメイクされました。
当時に買い逃した方も多かったそうですので、良いタイミングでのリメイクとなったのではないでしょうか。
(今年はレオ40周年でもありますしね)

ウルトラアクト アストラver2 0
基本素体はウルトラマンレオver.2と同じものですが、各部のプロテクターなどのおかげでよりマッチョなイメージに。
(特に胸周りが凄い事にw)

ウルトラアクト アストラver2 1
背面です。
このアストラは本編以上に強そう・・・

ウルトラアクト アストラver2 2
左足に装着されている「マグマチックチェーン」もちゃんと再現されています。
旧アストラと同様に、鎖部分はチェーン製になっていますね。

ウルトラアクト アストラver2 3
顔のドアップ。
垂れた目など、アストラらしい顔付きにはなっていますが、気持ち丸めになっている印象を受けました。
この辺りはウルトラアクトではよくあるので、お湯で形を整えて瞬間接着剤で裏打ちし、
形を整えてやるとある程度実物に近くなると思います。

ウルトラアクト アストラver2 4
可動箇所や可動範囲などに関しては、ウルトラマンレオver.2と同等です。
(首の可動は少し劣りますが)
片足立ち&ハイキックも安定しています。

ウルトラアクト アストラver2 5
付属品として、赤いカラータイマーとウルトラマンレオver.2用の光線発射用プロテクターも付属します。
これは主に、ウルトラダブルフラッシャーの時に使用するとの事。

ウルトラアクト アストラver2 6
付属エフェクトパーツは、その「ウルトラダブルフラッシャー」のものになっています。
レオは昨日未明の地震で倒れたせいで肩関節がやられ、現在修復中なので代役としてウルトラマンゼロver.2と。
ゼロの手首の色が違うので違和感MAX・・・w
これは両者の手首を取り外し、光線と一体になっている手首に指すことで再現できます。

ウルトラアクト アストラver2 7
こちらも付属品である「ウルトラマント」です。
ウルトラマンキングがレオに授けたもので、「ウルトラ銀河伝説外伝 ウルトラマンゼロVSダークロプスゼロ」では、
このデザインのマントを羽織ったレオが初登場しました。

ウルトラアクト アストラver2 8
劇中ではグレーっぽい色合いでしたが、この商品は少しメタリック調に輝いています。
(銀色ではありません)

ウルトラアクト アストラver2 9
アストラもレオと共通の素体なので、もちろんマントを装着可能です。
これも割と似合っているのではないでしょうか?w
肩の金色のプロテクターは左右に可動します。

ウルトラアクト アストラver2 10
背面です。
マントは左右のパーツを開くことが出来ました。

以上がアストラver.2の簡単なレビューになります。
今回はウルトラキーが付属していませんし、前のアストラは「にせアストラ」として飾ってみようと思いますw
あとはウルトラマンキングが発送されれば、レオに登場した3大ウルトラ戦士が勢揃いとなりますね。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|18:01

ウルトラマンギンガS 第7話感想

新ウルトラマン列伝 ウルトラマンギンガS タイトル
本日、新ウルトラマン列伝内にてウルトラマンギンガS第7話が放送されました!
第7話 「発動!マグネウェーブ作戦」
※youtube配信組の方のネタバレになるので、あらすじ紹介は省かせて頂きます。

前半戦のクライマックス前編という事で、最初から最後まで飛ばしまくっていた展開でしたねw
まだ発足したばかりのUPGだけに基地の周辺は建設中、職員や隊員の数も限られているという設定ですが、
今回はその職員たちが一眼となって作業をする場面が多くて、しっかり見せ場が作られていたのが嬉しかったですね。
ウルトラマンメビウスのザムシャーのお話を思い出す奮闘ぶりでした。
UPGのメンバーもそれぞれが大活躍でしたし、特に友也のガンパッドについて少し触れられたのが良かったですね。
劇場SP2で怪獣のデータなどが大量にインストールされていた事が判明したガンパッド。
友也と共に、ここに来て見せ場が来るとは思いもしませんでした。

チブル星人エクセラーたちも本気なのか、今までの戦力を惜しみなく投入する徹底っぷり。
ガッツ星人ボルストもガッツ星人らしい能力で怪獣にライブしていましたし、
やはりライブしながら自前の特殊能力の数々は使えるんだな~とw
あんな事になってしまったアンドロイド・ワンゼロも、次回以降は一体どうなってしまうのでしょうかね?

今回は、何気に登場怪獣も全て「平成作品オンリー」だったのが見所の一つでしょうか。
(ウルトランス関連で昭和怪獣の力も出てきましたが)
それもそのはず、予告映像でチラッと映っていた平成の合体怪獣「ファイブキング」のお披露目回ですものね。
その登場シーンもまさに「ボスキャラ」といった風格でしたし、後光に映えるシルエットもカッコよかった!
素材となったそれぞれの怪獣の鳴き声を放つ演出も合体怪獣らしい要素でしたし、
特殊能力を活用してウルトラマンギンガ、ウルトラマンビクトリー、シェパードンを攻めまくる姿に惚れました。
これぞ強敵!という感じが画面からビシビシと伝わってきましたねぇ。

前回に引き続き重量感のある特撮シーンも私好みでしたし、
怪獣の能力や活躍ぶりをしっかりと、そして丁寧に「魅せてくれる」ウルトラマンギンガS。
前半戦のクライマックスとはいえ、本当の最終回前編を見ているようでドキドキするお話でした。
次回で前半戦は終了となりますが、この強敵にUPGやビクトリアンはどう立ち向かうのか!?
新ウルトラマン列伝 ウルトラマンギンガS シェパードン


ウルトラマンギンガSは次回で前半戦が終了となりますが、
次回予告の映像を見る限りではとんでもない展開になる様子w
ギンガSは「来週の放送が本当に待ち遠しい!」と思える作品だと思います。
youtubeでは、前回のお話が配信されております。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|19:15

新ウルトラマン列伝9月の放送予定

昨日からフィギュア王が発売されています。
新ウルトラマン列伝情報はウルトラマンギンガSの前半戦クライマックスと、
9月の放送分が掲載されていました。

9月2日放送 第62話「ウルトラマンギンガS 第8話【朝焼けの死闘】」
9月9日放送 第63話「チブル星人エクセラーのファイブキング超解析 前編」
9月16日放送 第64話「チブル星人エクセラーのファイブキング超解析 後編」
(歴代ウルトラシリーズより総集編の内容を放送)
9月23日放送 第65話「ウルトラマンコスモス2 第1章【災いの影】」
9月30日放送 第66話「ウルトラマンコスモス2 第2章【命の星】」
(映画ウルトラマンコスモス2 THE BLUE PLANETを分割放送)


平成ファイブキング
ウルトラマンギンガSが一段落した後は、
チブル星人エクセラーによる合体怪獣ファイブキングのパーツ解説が入るみたいですね。
ファイヤーゴルザ、メルバ、レイキュバス、ガンQ、超コッヴの5体がパーツなので、
平成3部作特集みたいな内容になりそうな気がします。
ファイブキングは前半戦のボスキャラなだけに、劇中でどの様な強さを見せ付けてくれるのかが楽しみですね。

そしてそれに続いては、映画「ウルトラマンコスモス2 THE BLUE PLANET」を分割放送!
シェパードンやビクトリアンのように、主人公たちに協力してくれる人物や怪獣が登場する作品ですね。
チブル星人エクセラーの解説回からは大怪獣ラッシュセカンドシーズンの後半戦もスタートしますし、
ウルトラマンギンガS後半戦は11月の頭からスタート予定なので、
何だかんだでこの2月はあっという間に過ぎ去りそうな気がします。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|17:45

【動画投稿】 ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻 part28

第1回目の記事はこちらになっています!
http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1466.html


ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻28
http://www.nicovideo.jp/watch/sm24303969

私の手書きイラストによるゆっくり怪獣解説動画の第二十八回目を投稿致しました。
第二十八回目はウルトラギャラクシー大怪獣バトルより、
「究極生命体レイブラッド星人」&「レイモン」をご紹介。
オマケでケイトやギャラクシークライシス、マルチバースについても軽く触れています。

という事で、前回のブルトンに続いてギャラクシークライシスの説明も兼ねつつ、
大怪獣バトルシリーズのキモとも言える2大キャラクターにスポットを当てました。
改めて一つの動画に纏めてみると、ヤプールばりにしつこいレイブラッド星人に笑ってしまったりw
大怪獣バトルシリーズは様々なメディアで展開された作品でもあったので、
ゲーム、漫画、TV、映画と本当に色んな場所で両者が出演していたんだなぁと。
嗚呼、懐かしの大怪獣バトルの日々よ・・・

今回も面白いと感じて頂けたら動画へのコメントや、マイリスト登録して頂けるとありがたいです。
では、お楽しみ下さいませ~
youtubeでは、「ゆっくり霊夢とやる夫が学ぶ 昆虫大百科 番外編part2」を投稿しております。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|19:51

ウルトラシリーズに登場した怪獣のランキングを投票で決定!【僕たちの「ウルトラ怪獣」ランキング】

https://ssl.tkj.jp/f/ultra201408/

来月に宝島社から発売される特撮本の企画という事で、ウルトラ怪獣の人気投票がネット上で行われています。

ウルトラQ、ウルトラマン、ウルトラセブン、帰ってきたウルトラマン、ウルトラマンA、ウルトラマンタロウ、ウルトラマンレオ、
ザ☆ウルトラマン、ウルトラマン80、ウルトラマン物語、ウルトラマンUSA、ウルトラマンG、ウルトラマンパワード、
ウルトラマンゼアス、ウルトラマンゼアス2、ウルトラマンティガ、ウルトラマンダイナ、ウルトラマンガイア、
新世紀ウルトラマン伝説、平成ウルトラセブンシリーズ、ウルトラマンネオス、ウルトラマンナイス、ウルトラマンコスモス、
ULTRAMAN、ウルトラマンネクサス、ウルトラマンマックス、ウルトラマンメビウス、ウルトラギャラクシー大怪獣バトル、
ULTRASEVEN X、ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY、大決戦!超ウルトラ8兄弟、
大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE、ウルトラマンゼロ THE MOVIE、ウルトラマン列伝、ウルトラマンサーガ、
ウルトラゼロファイト、ウルトラマンギンガ、ネオ・ウルトラQ、ウルトラマンギンガS
および各シリーズの劇場作品・オリジナルビデオ作品

以上の作品の中から、5体の登場怪獣を選んで投票をする方式みたいですね。
本の内容に大きく関わってくるだけに、これは面白そうだなという事で今回は取り上げました。
何時もの投票ならやはり「知名度の高い怪獣」たちがトップ10を占めますが、
こういう方式の投票だと結果が変わるかもしれませんし、私も早速参加しました。

もちろん怪獣だけではなく宇宙人など、「ウルトラ怪獣」のカテゴリーに入るキャラクターならなんでもOK。
基本は映像作品のみですが、一体どういう結果になるのか。
今から雑誌の結果発表が楽しみですね。
(もし1位の常連であるバルタン星人やゼットンが2位以下になり、
他のキャラが1位を取ったとしてもそれだけで私は面白いと思います)

youtubeでは、ウルトラマンギンガSの第6話が公開となりました。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|18:39

S.H.MonsterArtsのメカキングギドラが公開!&オマケであの怪獣も商品化

魂ウェブ商店にて、既に雑誌などでは発売が告知済みだった、
S.H.MonsterArts(エス、エイチ、モンスターアーツ)の最新作の詳細が公開されました。

モンスターアーツ メカキングギドラ
http://p-bandai.jp/tamashiiwebshouten/item-1000091247/

S.H.MonsterArts メカキングギドラ
発送予定:2015年2月
税込価格:19440円
◆商品内容
・本体
・ドラット×3
・捕獲マシンハンド一式
・専用台座一式


ゴジラVSキングギドラに登場した人気怪獣、メカキングギドラもモンスターアーツの仲間入り!
キングギドラと同様の圧倒的なボリュームに加えて、
劇中でゴジラに対して使用した捕獲マシンハンドも差し替えで再現可能みたいですね。
スタンドも使用していますし、この状態で飾るとスペースがとんでもない事になりそう・・・w

モンスターアーツ ドラット
更に、何とドラットまでもが付属するのには驚かされました。
ちゃんと劇中通り3匹居ますし、値段の高さはマシンハンド代だけだと思っていたのでビックリですw
こういう感じで、ゴジラザウルスやベビーゴジラなんかも他の商品に付属してくれると嬉しいのですがね~。

こちらは明日22日の午後4時から予約開始なので、お間違えの無いようにお願い致します。
うーん、到着が楽しみ!


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|17:35

プレイヒーローシリーズ ウルトラマン対決セットの怪獣ソフビをご紹介!(その9)

では、食玩「プレイヒーローシリーズ ウルトラマン対決セット」の怪獣ソフビをご紹介していきます。
今回は第五弾目である「プレイヒーロー ウルトラマン対決セット2」の2体の怪獣をご紹介します。


プレイヒーロー ウルトラマン対決セット キリエロイドⅡ
炎魔戦士 キリエロイドⅡ
ウルトラマンティガ第25話「悪魔の審判」に登場したキリエル人の戦闘モードです。
キリエロイドではなく、キリエロイドⅡというチョイスがとても嬉しい!
ウルトラ怪獣シリーズではまだソフビ化されていない段階での発売でしたからね~。
羽付きのスカイタイプ対応の姿ですし、塗装や造形も大満足の一品です。

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット キリエロイドⅡ0
背面です。
塗装がかなり細かいのがよく分かりますね。
可動箇所は両腕のみとなっています。
これと同時収録されていたのは、ウルトラマンティガ(スカイタイプ)でした。


プレイヒーロー ウルトラマン対決セット サイコメザード
超空間波動怪獣 サイコメザード
ウルトラマンガイア第13話「マリオネットの夜」に登場したメザードの戦闘形態です。
当時はまさかのメザード一族からのチョイスに驚きましたねぇ。
しかも造形&塗装共に、食玩ソフビの中ではかなりハイレベルな仕上がりでした。
ディテールが本当に凝っているんですよねぇ・・・

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット サイコメザード0
背面です。
こちらの塗装も細かいですね。
可動箇所は首、両腕、尻尾となっています。
これと同時収録されていたのは、ウルトラマンガイア(V1)でした。


以上が第五弾目の怪獣ソフビ達になります。
この他にも2種類セットが存在しますが、そちらは「レオ&アストラ」と「コスモスVSジャスティス」なので怪獣は無し。
キリエロイドⅡとサイコメザードというチョイスは嬉しかったのですが、
怪獣ソフビ好きとしてはちょっと物足りない弾でしたねw
次回は第6弾目を取り上げる予定です。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|18:05

ウルトラマンギンガS 第6話感想

新ウルトラマン列伝 ウルトラマンギンガS タイトル
本日、新ウルトラマン列伝内にてウルトラマンギンガS第6話が放送されました!
第6話 「忘れ去られた過去」
※youtube配信組の方のネタバレになるので、あらすじ紹介は省かせて頂きます。

物語としては新たなビクトリアンの「ヒヨリ」が登場し、謎に包まれたビクトリアン達の過去の一部が明らかになりました。
本来は前後編だったのを纏めて1話にしたのではないかという密度の濃いお話で、
展開が早すぎた感もありますが、新キャラクターの登場、地底世界の過去の断片、シェパードンの活躍ぶり、
そしてヒカルとショウ、女王のキャラクターを上手く掘り下げていたと思います。
ビクトリアン達がメインだったのでUPGはほとんど登場しませんでしたが、それはまた次回という事でw

チブル星人エクセラーもあの手この手で地球のビクトリウムを狙い続けていますが、
そちらも今回のラストで「新事実」が発覚した事で物語が大きく動き出すみたいですね。
最後の笑い方や、今回のやたらよく動く目や頭が狂気じみていて良かったですw
前から思っていたのですが、アップのチブル星人はCGじゃなくプロップですよねアレ?

今回最大の見所は、何と言っても「特撮」でしょう。
ゴモラとファイヤーゴルザという昭和と平成を代表する正統派怪獣が登場するという事で、
「巨大感」を追求した映像が本当に素晴らしかったです。
少しブレた映像、ミニチュアを駆使したセット、人間目線を思わせるようなアングル、舞い散る砂塵&破片。
これぞ「怪獣もの」という演出の連発で、何だかティガ~ガイアの頃を思い出してしまう様なシーンもありましたね。
とことん重量感のある演出、お見事でした。

ゴモラもお約束の連発でしたし、ファイヤーゴルザも強敵感が漂っていて満足したのですが、
何時にも増して健気なシェパードンの姿がもう・・・w
ここから物語の鍵を握るキャラクターになっていく様ですし、彼の今後を心配する人も多いのではないでしょうか。
(ギンガという作品の性質上、どういう末路になるかは大体予想できますが)

今回の最後の「一撃」も、派手さ、細かさ、音の演出が怪獣映画でもやらないような徹底ぶりでしたし、
話数が少ないながら、ギンガSは毎回「全力投球」の作品である事を改めて実感できたお話でした。
あの一撃は個人的に平成ウルトラシリーズ史に残る名シーンだったと思います。
ギンガS第1話を見た時も思いましたが、「こんな映像を見たかった!」という欲求をガンガン満たしてくれるんですよね。
この調子で、前半戦の残る2話も突き進んで貰いたいですねぇ。
新ウルトラマン列伝 ウルトラマンギンガS ビクトリーVSファイヤーゴルザ


いやー、怪獣特撮好きとしてはたまらない回でしたね。
ビクトリアンの過去のシーンも何気に凄いカットばかりでしたし、これぞ「特撮番組」だなぁと。
「例の鳥のSE」を挟んでくる小ネタも笑えましたし、ここからの前半戦クライマックスにも期待できます。
予告編を見る限り、やはり「あの怪獣」も次回に登場する様子・・・?

youtubeでは、前回のお話が配信中です。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|19:18

久しぶりのガシャポンシリーズ! HGゴジラ(GODZILLA)

池袋の大ゴジラ特撮展にて、ガシャポンシリーズの最新作「HGゴジラ」が先行販売されていました。
HGゴジラシリーズとしてはかなり久しぶりの新作だったので、迷わず回して4種類中3種類をゲットしました。


HGゴジラ ゴジラ2014
ゴジラ2014(GODZILLA)
まずは主役怪獣のゴジラ2014です。
見本写真に比べると、塗装がかなり省略されていたのが残念でした。

HGゴジラ ゴジラ2014 0
顔やお腹周りのみが塗装されています。
ポージングは他の商品と同じく、今回のゴジラらしい立ち姿でした。

HGゴジラ ゴジラ2014 1
ソフビ人形と同様に、尻尾はかなり長く造形されています。
成型色は黒の艶ありでした。


HGゴジラ ムートー雌
ムートー雌(MUTO♀)
ゴジラの敵怪獣、ムートーの雌もガシャポンフィギュアとして商品化されました。
ただ、全体的にかなり小さめになっているのが残念でした。
パーツは細かく分けられていたのですがねぇ。

HGゴジラ ムートー雌 0
大きさはボリューム不足ですが、劇中通りの細身のスタイルは再現度が高いのではないかと。
ポーズもお馴染みの立ち姿ですね。

HGゴジラ ムートー雌 1
劇中でも印象的だった、セクシーなお尻や脚のラインもしっかり造形されていますw
腕がちょっと取れやすいので、接着して固定してみるのもアリかもしれませんね。


HGゴジラ ムートー雄
ムートー雄(MUTO♂)
羽付きの雄のムートーもガシャポンで商品化されました。
こちらも本体は雌とほぼ同じ大きさなのですが、羽が大きくボリュームがある作りになっていましたね。
もちろん自立不可能なので、羽の支えパーツも付属しています。

HGゴジラ ムートー雄 0
全体的な印象は雌と変わりありませんね。
本体の造形は雌の使い回しかと思ったのですが、よく見ると少し形状が違っているように見えます。

HGゴジラ ムートー雄 1
上から見ると羽はこういう形状になっています。
ステルス戦闘機をイメージしたデザインなだけに、フォルムもそんな感じになっていますね。


以上がHGゴジラ最新弾の簡単なレビューになります。
残る1種はゴジラの熱線発射バージョンなのですが、そちらは当たりませんでした。
数が少ないのか、私の運が悪かったのかは定かではありません。
しかし1回300円の割にはボリュームも塗装も今ひとつという印象でしたね。
劇中に近いスタイルをしたフィギュアなのは評価できるのですが。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|18:20

「東宝スタジオ」&「ウルトラマン商店街」&「G博ゴジラ大阪に現る」にも行ってきた!

東京遠征&本日のイベント日記という事で、
このお盆はウルフェスや大ゴジラ特撮展以外にも、様々な場所やイベントに行ってきました。
(画像はクリックすると拡大します)


まずは東京都世田谷区にある、「東宝スタジオ」です。
「成城学園前駅」から道なりにしばらく歩いていくと、ショッピングモールのお隣に巨大な施設が現れます。

東京遠征 東宝スタジオ 東京遠征 東宝スタジオ0
まず目に飛び込んできたのは、壁一面に描かれた巨大なゴジラのイラスト!
東宝を象徴するキャラクターという事で、ゴジラが大々的に取り上げられていました。
これは道路にも面しているので、通りがかった人も思わず写真に収めていましたねw

東京遠征 東宝スタジオ1
そこから正面玄関の方へと進むと、今度は七人の侍の巨大なイラストがお出迎え。
やはり黒澤明監督、本多猪四郎監督、円谷英二特技監督は「別格」の扱いを受けていますね。
私が訪れた時にも、外国人観光客が何人もここを訪れており、これらの前で写真を撮っていました。

東京遠征 東宝スタジオ2
川を挟んで奥へ行くと、メイキング映像などで見覚えのある撮影所の玄関にも。
もちろん東宝スタジオの敷地内には関係者以外立ち入り禁止なので、入って見学する事はできません。
しかしこの場に居るだけで、何かこみ上げてくるものがありました。
(ここで数々の映画が撮影され、この世に生を受けたんだなぁ・・・)と。

東京遠征 東宝スタジオ3 東京遠征 東宝スタジオ4 東京遠征 東宝スタジオ5
東京遠征 東宝スタジオ6 東京遠征 東宝スタジオ7
正面ゲートの前には、ゴジラ像も展示されています。
先ほどのイラストもそうですが、VSシリーズのゴジラを元に制作されているのが何より嬉しい!
その造形も大迫力で、ここも人気の撮影スポットになっていました。


さて、そこからお隣の「祖師谷大蔵駅」までしばらく歩いて行くと、駅前には「祖師谷商店街」が広がっています。
ここは砧のすぐ側という事で、ウルトラマン誕生の地でもあるので「ウルトラマン商店街」という場所があるんですよね。

東京遠征 ウルトラマン商店街 東京遠征 ウルトラマン商店街0
こんな感じで、あちこちにウルトラマンの姿がありました。
駅のバスや電車の到着メロディーも、「ウルトラマンのうた」になっているのが凝っているなぁと。
駅には歴代ウルトラヒーローの写真が柱に飾られていました。

東京遠征 ウルトラマン商店街1 東京遠征 ウルトラマン商店街2 東京遠征 ウルトラマン商店街3
そして商店街の各地に設置されている電灯は、ウルトラマン、ウルトラマンタロウ、バルタン星人を模した形でした。
こういう遊び心も素晴らしいですし、それぞれのカラータイマーの様なパーツの中には、
ウルトラヒーローやウルトラ怪獣の写真が展示されているのも良かったですね。

東京遠征 ウルトラマン商店街4
商店街のお店には、ウルトラマン関連のポスターやフィギュアが飾られている場所が多かったですね。
画像はその一例という事で。

東京遠征 ウルトラマン商店街5 東京遠征 ウルトラマン商店街6 東京遠征 ウルトラマン商店街7
そして商店街の入口には、三箇所にウルトラマンの飛び人形が飾られています。
ウルトラマン、ゾフィー、ウルトラマンジャックの3体ですね。
しかしこれらの場所は駅から非常に離れており、歩いて回ると結構疲れましたw
この商店街は思った以上に広い面積にあるんですよね。

東京遠征 ウルトラマン商店街8 東京遠征 ウルトラマン商店街9
駅前にはシンボルとして、ウルトラマンの立像が展示されています。
その足元のレリーフには「ウルトラマンのうた」が刻まれていました。
こちらは色々なギミックが仕込まれているそうですが、私は時間が無かったので体験は出来ませんでした。
しかしゴジラとウルトラマンの誕生の地がこんなに近い場所にあるとは・・・


そして本日、あべのハルカスにて開催中の「G博 ゴジラ大阪に現る」へも行って参りました。
しかし会場内はほとんど撮影禁止エリアでしたね。
最新作の「GODZILLA」の撮影で使用されたフロッピーディスクや、衣装なども展示されていました。
他にも映画のポスター原画や開田裕二さんのイラスト、撮影用プロップなど色々とありましたが、
撮影可能だったゴジラスーツの画像をここに貼っておきます。

G博ゴジラ大阪に現る G博ゴジラ大阪に現る0 G博ゴジラ大阪に現る1
G博ゴジラ大阪に現る2 G博ゴジラ大阪に現る3 G博ゴジラ大阪に現る4
G博ゴジラ大阪に現る5 G博ゴジラ大阪に現る6 G博ゴジラ大阪に現る7
東京会場では「ミレゴジ」が展示されていたそうなのですが、大阪会場では「機龍ゴジ(釈ゴジ)」が展示されていました!
足元には破壊された戦車、その周囲には破壊された街並みのミニチュアが広がっています。
放射熱線をイメージしたのかゴジラは青くライトアップされており、かなり迫力がありましたね。
ここは会場を訪れていた子供たちもかなり盛り上がっていましたw
いやー、本当にカッコいい!

G博ゴジラ大阪に現る8
そして会場の出口付近では、純金製のゴジラも警備員に守られながら展示されています。
(こちらも撮影可能でした)
この純金ゴジラのお値段は何と「1億5000万円」という事で、文字通り目玉が飛び出るほどの価格でした。
これ買う人居るのかなぁ・・・w


以上が最近訪れた場所やイベントのレポートになります。
今年はかなり特撮&怪獣分を補給できたお盆だったなぁ、とw
youtubeでは、ウルトラマンギンガSの第5話が配信開始となっています。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|21:25

ウルフェスでの購入物 ウルトラマンタロウ・ダークイメージカラーや指人形シェパードンなど!

では、ウルトラマンフェスティバル2014の会場で購入したお土産の一部をご紹介します。
ウルフェス限定ソフビは更に2点が追加されていました。
(発売済みの3点は、既に他の記事で紹介済みです)


ウルトラヒーロー500 ウルトラマンビクトリーエレキングテイル
ウルトラヒーロー500 ウルトラマンビクトリー
エレキングテイル クリアver.

テレビマガジンの付録として既に発売されていた、エレキングテイル仕様のビクトリーのソフビです。
こちらはEXレッドキングナックルver.と同じカラーリングになっていて、成型色がクリアブラックに。
右腕のエレキングテイルはクリアイエローになっています。

ウルトラヒーロー500 ウルトラマンビクトリーエレキングテイル0
実は、こちらのソフビは「3大特撮ヒーローフェスティバル」の会場で購入したものなんです。
このエレキングテイルver.はウルフェス会場やオフィシャルショップの他にも、
各地のイベント会場で発売されているんですよね。

ウルトラヒーロー500 ウルトラマンビクトリーエレキングテイル1
背面は他のビクトリーのソフビと同じく、塗装されていません。
ライブサインも通常版ビクトリーと共通のものでした。


ウルトラヒーロー500 ウルトラマンタロウダークイメージカラー
ウルトラヒーロー500 ウルトラマンタロウ
ダークイメージカラーver.

こちらは11日から発売開始となった、ウルフェス限定ソフビですね。
ウルトラマンタロウのリペイント商品で、シルバーの部分がガンメタに、赤い部分がクリアブラックになっています。
カラータイマーや瞳もメタリックレッドで塗装されているので、かなり悪そうな雰囲気!

ウルトラヒーロー500 ウルトラマンタロウダークイメージカラー0
「このキャラクターはウルフェスのライブステージに登場するんだろうな」と予想していましたが、見事にハズレでしたw
同時に指人形も発売されていましたし、もしかするとウルトラマンギンガS本編に今後登場するのかも・・・?

ウルトラヒーロー500 ウルトラマンタロウダークイメージカラー1
塗装箇所は通常のウルトラマンタロウと同じです。
ライブサインやタグの文章なども、ウルトラマンタロウと同一のものでした。
ウルトラマンタロウダーク、その正体は果たして?


指人形 シェパードン
シェパードン
シェパードンの指人形も、ウルトラ怪獣500に先駆けて発売開始となっていました。
新商品だけに、ウルフェス会場では飛ぶように売れていましたね。
やはり正義の怪獣は強い!

指人形 シェパードン0
成型色は白ではなく、薄い水色でした。
瞳や爪が塗装されています。

指人形 シェパードン1
背面はヒレのような突起物と、背中のクリスタルが塗装されていました。
ウルトラ怪獣500のシェパードンは、今月の30日に発売が予定されています。


他にも「ウルトラマンギンガS ブイチョコウエハース」をたっぷり買って食べていましたが、
ココア&チョコ味という事で大変美味しいお菓子でした。
既に一般販売も開始されているので、見かけたらお試しに1つ買ってみては如何でしょうか。
あの味はクセになりますよw


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|19:13

夏はウルフェス!ウルトラマンフェスティバル2014に行ってきた

では、ウルトラマンフェスティバル2014のレポートです。
今年も例年以上の賑わいでしたね~。
入口では大怪獣ラッシュのプロモーションカードと、光の国の入国バッジが貰えました。
(画像はクリックすると拡大します)


ウルトラマンフェスティバル2014の ウルトラマンフェスティバル2014の0
まずは入口でウルトラマンティガ、ウルトラマンダイナ、ウルトラマンガイア、ウルトラマンアグル、
ウルトラマンコスモス、ウルトラマンジャスティス、リドリアスがお出迎え。
光の国出身では無いキャラクター達ですね。

ウルトラマンフェスティバル2014の1 ウルトラマンフェスティバル2014の2 ウルトラマンフェスティバル2014の3
ウルトラマンフェスティバル2014の4 ウルトラマンフェスティバル2014の5 ウルトラマンフェスティバル2014の7
こちらでは光の国にやって来た旅行者?という事で、M1号、ブースカ、ピグモン、ミジー星人、
タイニーバルタン、ファントン星人が展示されていました。

ウルトラマンフェスティバル2014の8
そして不法入国者だったのか、
パワードバルタン星人がウルトラマングレートとウルトラマンパワードに取り押さえられていますw
近くのモニターでも、ゴース星人やヒッポリト星人地獄のジャタールが門番に発見される一部始終が流されています。

ウルトラマンフェスティバル2014の9 ウルトラマンフェスティバル2014の10
ウルトラマンフェスティバル2014の11 ウルトラマンフェスティバル2014の12 ウルトラマンフェスティバル2014の13
ウルトラPのササヒラー、ヤメタランス、M1号、ザニカ、クイーンモネラ、ヤドカリン、かぐや姫、キララ、ミクラス一家です。
ブサカワなM1号が女性に大人気でしたw

ウルトラマンフェスティバル2014の14 ウルトラマンフェスティバル2014の15 ウルトラマンフェスティバル2014の16
会場には、光の国の住人たちの姿もありました。
お面の様なプロップで、裏側は凹んでいましたね。

ウルトラマンフェスティバル2014の17 ウルトラマンフェスティバル2014の18 ウルトラマンフェスティバル2014の19
そして目玉コーナーの一つ、「光の国 ウルトラ放送局M78」です。
ウルトラマンナイスとMCのお姉さんが会場で募集したお便りを読んでくれるコーナーで、勿論「生放送」です。
ナイスは何時もの「岸哲生」さんが声を担当しており、恐らく裏側から声を当てているのでしょうかw
放送が無い間は、録音ですがスパークドールズ劇団たちがフリートークを繰り広げています。

ウルトラマンフェスティバル2014の20 ウルトラマンフェスティバル2014の21
ウルトラマンマックスとウルトラマンゼノンも居ました。
会場には各所にウルトラ戦士たちが存在し、こんな感じで展示されています。

ウルトラマンフェスティバル2014の22 ウルトラマンフェスティバル2014の23
ウルトラセブンとプラネタリウムのような施設です。
この辺りでは星座に関するアレコレを学ぶことが出来ます。

ウルトラマンフェスティバル2014の24
会場にはウルトラマンベリアル(アーリースタイル)の姿も。
この隣には、ライトを使ってウルトラベルを探すミニゲームコーナーもありました。

ウルトラマンフェスティバル2014の25 ウルトラマンフェスティバル2014の26 ウルトラマンフェスティバル2014の27
ウルトラマンボーイ&ドックンです。
12日からは、ウルトラマンゼロ&ドックンに変更されていました。
ウルトラマンメビウスもその近くに展示されています。

ウルトラマンフェスティバル2014の28 ウルトラマンフェスティバル2014の29 ウルトラマンフェスティバル2014の30
ウルトラマンフェスティバル2014の31 ウルトラマンフェスティバル2014の32
プラズマスパークコア、ウルトラアレイ、エンペラカプセル、ディメンジョンコア、ダークロプスゼロスラッガー、
ウルトラスパーク、ウルトラゼロスパーク、ウルトラコンバーター、怪獣ボール、ウルトラゼロブレスレット、
サーガブレス、ウルティメイトブレスレットのプロップです。
また、撮り忘れましたがウルトラランスとウルトラゼロランスも展示されていました。

ウルトラマンフェスティバル2014の33
ウルトラPのガメロット、サーリン星人ドドル、カロリン、チブル星人、アンドロイド・ゼロワンです。
ドドルのポージングは躍動感が凄いw

ウルトラマンフェスティバル2014の34 ウルトラマンフェスティバル2014の35
ウルトラマンフェスティバル2014の36 ウルトラマンフェスティバル2014の37
ウルトラマンヒカリ、リムエレキング、ブラックキングです。
ヒカリが怪獣を研究しているという設定なのか、ここ最近のウルフェスで展示されていたものが色々とありました。

ウルトラマンフェスティバル2014の38 ウルトラマンフェスティバル2014の39
ウルトラマンフェスティバル2014の40 ウルトラマンフェスティバル2014の41
「光の国の学校」では、カネゴンやアダム&イブなどが展示されていました。
ここではたまにウルトラ戦士がやってきて、子供たちに授業を行うイベントが開催されています。

ウルトラマンフェスティバル2014の42 ウルトラマンフェスティバル2014の43
ガッツ星人、メトロン星人、メフィラス星人の胸像です。
子供たちは足元にあるスポンジをこれらにぶつけて遊んでいましたw

ウルトラマンフェスティバル2014の44
ウルトラマンギンガSのPRコーナーでは、ウルトラマンビクトリーが展示されていました。
ウルトラマンギンガ自体は展示されておらず、ウルトラショットコーナーで見かける事が多かったですね。

ウルトラマンフェスティバル2014の45 ウルトラマンフェスティバル2014の46 ウルトラマンフェスティバル2014の48
ウルトラマンフェスティバル2014の49 ウルトラマンフェスティバル2014の50 ウルトラマンフェスティバル2014の51
ウルトラマンフェスティバル2014の52 ウルトラマンフェスティバル2014の53 ウルトラマンフェスティバル2014の54 
ウルトラマンタロウ、ウルトラマンジョーニアス、ウルトラマンスコット、ウルトラマンチャック、ウルトラウーマンベス、
ウルトラマン80、ユリアン、ウルトラマンレオ、アストラ、ウルトラマンナイス、ハネジロー、ベビーザランガ、
ウルトラマンゼアス、ウルトラマンネクサスです。
ウルトラトレインコーナーでは他にも色々な怪獣やウルトラ戦士が展示されていましたが、
列車に乗らないと見ることが出来ないようになっていました。

ウルトラマンフェスティバル2014の55 ウルトラマンフェスティバル2014の56 ウルトラマンフェスティバル2014の57
ウルトラPのレッドキング、ゲスラ、ナース、ラゴン、ケムール人、ブースカ、ペスター、ビーコン、チャメゴン、ザニカ、
セブンガー、ドリームギラス、グドン、カイテイガガンです。
モニターではウルトラPの宣伝映像が流されていました。

ウルトラマンフェスティバル2014の58 ウルトラマンフェスティバル2014の59
会場の各地では子供が遊べるコーナーが色々と存在し、
バド星人やノーバにボールをぶつけたり、チブル星人を風船製武器でフルスイングしたり、
バルタン星人の的にボールを当てる遊びが出来ます。
どう見ても侵略者を拷問しているようにしか見えなくて笑いましたw

ウルトラマンフェスティバル2014の60 ウルトラマンフェスティバル2014の61 ウルトラマンフェスティバル2014の62
巨大なウルトラマンギンガストリウムの像、ゾフィー、ウルトラマン、ウルトラセブン、ウルトラマンジャック、
ウルトラマンエース、ウルトラマンタロウ、ウルトラの父、ウルトラの母です。
父と母の足元には、クリスタルタウンの模型がありますね。
また、今年はアイスクリームではなくクレープなどが販売されており、
私はチョコバナナの「ウルトラマン」を頼みましたが、大変美味しかったです。

ウルトラマンフェスティバル2014の63 ウルトラマンフェスティバル2014の64
ふれあいステージでは何時ものように、時間ごとにウルトラヒーローが登場します。
ウルトラマンがウルトラマンナイスや会場のお友達にウルトラ盆踊りを教えたり、
ウルトラマンエースが会場のお友達にウルトラマンエース体操を教えたり・・・

ウルトラマンフェスティバル2014の65 ウルトラマンフェスティバル2014の66
大怪獣ラッシュコーナーでは、バルタンバトラー・バレルのスーツが展示されていました。
また、歴代バルタン星人の解説コーナーなんかも設けられています。

ウルトラマンフェスティバル2014の67 ウルトラマンフェスティバル2014の68
こちらは児童誌で一般公募をしたウルトランスの最優秀賞作品ですね。
テレビマガジンでは「タッコングファイヤーボール」、てれびくんでは「バルタンセンジュカノン」です。
どちらもライブステージで大活躍しました。

ウルトラマンフェスティバル2014の69 ウルトラマンフェスティバル2014の70
ライブステージは第一部「新たなる銀河へ!~明日へのビクトリー~」と、
第二部「つぎの時代へ ウルトラの星かがやくとき」の両方を鑑賞しました。
どちらも大迫力の仕上がりで、プロジェクターやスモークを上手く利用したショーならではの演出が素晴らしかったです。
現在開催中の第二部は「ウルトライブ」という設定を上手く活かした演出もあり、
会場の子供たちは喜んでショーに参加していましたね~。
ウルトラ戦士などの声も、主役級キャラクターはオリジナルキャストを起用してくれていたのも嬉しい!

ウルトラマンフェスティバル2014の71 ウルトラマンフェスティバル2014の72
会場では新作フィギュアも数点展示されており、ウルトラマン超闘士激伝のウルトラマンメビウスや、
ULTRA-ACT(ウルトラアクト)のウルトラマンキングなどがありました。
物販コーナーは相変わらず大賑わいで、購入したものはまた別の記事にてご紹介する予定です。

ウルトラマンフェスティバル2014の73
会場の出口では、決まった時間帯限定でマグマ星人のグッズが販売されている「マグマ商店」が開催されています。
マグマ星人の中身は日にちによって、イベントやギンガ番外編でお馴染みの「外島孝一」さんだったり、
他の人だったりするそうです。

ウルトラマンフェスティバル2014の74
そしてウルフェス会場の隣にあるレストランでは、ウルトラマンの特別メニューが販売中。
ガシャポンの「ウルトラクッキングスイング」とコラボをしていて、かなりカオスな店内になっていましたw


以上が今年のウルフェスのレポートになります。
さすがに昨年に比べると展示物がアッサリしていましたが、ライブステージの演出強化や各所のイベント開催など、
「会場に来た人が楽しめる」構成になっていて大満足の内容でしたね。
本当はもっと写真を撮っていたのですが、
会場の大賑わいで写真に映り込む人が非常に多く、ブログに使えないものが多かったので掲載はしません。
人が多いという事は、ウルトラマンギンガS効果がちゃんと表れている証拠!


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|00:56

ウルトラマンギンガS 第5話感想

新ウルトラマン列伝 ウルトラマンギンガS タイトル
本日、新ウルトラマン列伝内にてウルトラマンギンガS第5話が放送されました!
第5話 「仲間と悪魔」
※youtube配信組の方のネタバレになるので、あらすじ紹介は省かせて頂きます。

今回はUPGのゴウキ隊員が主役でしたが、何時も酷い目に合ってばかり&UPGがそこまで役に立っていなかったのは、
この第5話の為にあったのかなぁと思いました。
それらがある程度解消された上に、妊婦を守り抜こうとヤプールに抗うゴウキ隊員の姿はカッコよかったですね。
それともう一つ、立て続けに怪獣が現れて非常に物騒な「零ヶ丘」から何故人々は避難しないんだろう?
私は心のどこかでそういう疑問を抱いていたのですが、それに一つの「答え」を提示してくれたのも良かったです。
出来たばかりの組織であるUPG、妊婦の言葉は彼らの心に大きく響いたのではないでしょうか。

そして何度やられても蘇り、ウルトラ戦士を苦しめてきたヤプールの悪どさが健在で何よりでしたw
玄田哲章さんも相変わらず素晴らしい演技力でしたし、劇中の節々で見られた「異次元的」な演出も印象的でした。
その立ち位置も、この番組の中ではかなりイレギュラーだったのではないでしょうか?
何気に巨大ヤプールが地球の現実世界にも初登場しましたし、
人間サイズで採石場に立っていたりと絵的にも新鮮でしたねw

バキシムも怪獣よりは格上の「超獣」として、タフさや火力の高さがちゃんと描写されていましたね。
超獣らしくミサイル攻撃を主体にしていましたし、主のヤプールとタッグを組む姿もようやく見れたので満足でした。
バキシムと言えば手の先からバルカン攻撃をするのが有名でしたが、
あの丸っこい手のどこから撃っているんだろう?と私は子供の頃から疑問に感じていました。
今回はそれが明かされたので、個人的にかなりスッキリしましたねw

アクション面では、ウルトラマンビクトリーVSバキシムの「撃ち合い」がカッコよかった!
ショウも地上に徐々に馴染み始め、ウルトラマンギンガの頼れる相棒?としての姿も板についてきましたね。
UPG(と言うか友也)が彼らの事を調べている事も発覚しましたし、
今後の地上人とビクトリアンはどういう関係になっていくのかも、ギンガSの見所の一つとなりそうですね。
新ウルトラマン列伝 ウルトラマンギンガS バキシム


ウルトラマンメビウスからヤプールの声を担当されている玄田哲章さんですが、
キモは時折混ぜられるドスの効いた声と、悪どさ全開のあの笑い声だと思いますw
ウルトラマンエースのヤプールのイメージとは少し異なるものの、このキャスティングは素晴らしいなぁと。
メビウスを見て育った世代の方にとっては、「懐かしい!」と思えたシーンも多かったのではないでしょうか。

ウルトラマンギンガS、個人的にはここまでハズレ無し!
次回は地底人ビクトリアンの新キャラクターも登場と、物語が少しずつ動き始める模様です。
youtubeでは、前回のお話が配信中です。
(ウルトラマンフェスティバル2014のレポート記事は、日を跨いだ辺りに投稿します)



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|19:15

池袋に映画で使用されたプロップが集結!「大ゴジラ特撮展」!

ただいま東京のビジネルホテルから記事を更新しています。
まずは今回の東京遠征の目玉の1つであるイベント、「大ゴジラ特撮展」のレポート記事からです。
場所は池袋サンシャインシティの4階にある展示ホールAで開催されており、
ウルトラマンフェスティバル会場のすぐ近くにありました。
(画像はクリックすると拡大します)

大ゴジラ特撮展
まずは入口にある「ゴジラの尻尾」です。
これは外からも見えるので、このイベントを象徴するモニュメントの様な存在でしたね。

大ゴジラ特撮展0 大ゴジラ特撮展1
そしてそのすぐ隣には、ゴジラVSデストロイアに登場した「ゴジラジュニア」のスーツが展示されていました。
全体的に状態は良い方で、撮影で使用されたものにしては良い状態で残っていたな~と感動してしまいました。

大ゴジラ特撮展2
こちらはゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOSに登場した「ゴジラ」のスーツです。
胸の傷も健在ですが、塗装が薄れて黒っぽくなっていましたね。

大ゴジラ特撮展3
その隣にはモスラ(1996)に登場した「親モスラ」のプロップが飛んでおります。
ゴジラVSモスラに登場した個体と姿が似ていますが、目などが異なっているんですよね。

大ゴジラ特撮展4 大ゴジラ特撮展5
ここはビルのミニチュアもたくさんあるジオラマゾーンなので、色んなアングルから撮影する事が可能でした。
私は巨大感が出る「アオリショット」が大好きなので、下からパシャパシャと撮っていましたw

大ゴジラ特撮展6 大ゴジラ特撮展7
ゴジラモスラキングギドラ 大怪獣総攻撃に登場した、「婆羅護吽(バラゴン)」のスーツです。
その小柄な体格を間近で見られた事に感動しつつ、劣化で曲がってしまった角が哀愁を漂わせていましたw

大ゴジラ特撮展8 大ゴジラ特撮展9
同じく大怪獣総攻撃に登場した、「魏怒羅(ギドラ)」のスーツです。
(羽が成長しているので正確に言うとキングギドラですが)
各所に劣化が見られながらも、原型はほどよく留めていました。

大ゴジラ特撮展10 大ゴジラ特撮展11
同じく大怪獣総攻撃に登場した、「最珠羅(モスラ)」のプロップです。
触角が無かったりと結構くたびれていましたが、羽の鮮やかさは変わらないな~と。

大ゴジラ特撮展12 大ゴジラ特撮展13 大ゴジラ特撮展14
同じく大怪獣総攻撃に登場した、「ゴジラ」のスーツです。
とにかく威圧感が凄く、その大きさも相まって大迫力でした。顔付きが本当にイイ!

大ゴジラ特撮展15 大ゴジラ特撮展16
ゴジラファイナルウォーズに登場した、「ガイガン」のスーツです。
スマートさ&シャープさは健在で、メタリック塗装がギラギラ輝いていたので思わず見入ってしまいましたw

大ゴジラ特撮展17 大ゴジラ特撮展18
同じくファイナルウォーズに登場した、「ラドン」のスーツです。
割と劣化が進んでいましたが、ラドンも全身のスーツがちゃんと残っていたんですねぇ。

大ゴジラ特撮展19 大ゴジラ特撮展20
同じくファイナルウォーズに登場した、「ヘドラ」のスーツです。
何故かビルに隠れるようにして展示されていましたw

大ゴジラ特撮展21 大ゴジラ特撮展22 大ゴジラ特撮展23
同じくファイナルウォーズに登場した、「ゴジラ」のスーツです。
スーツはかなり良い状態で、吠えるようなポージングで展示されていました。

大ゴジラ特撮展24 大ゴジラ特撮展25
同じくファイナルウォーズに登場した、「モンスターX」のスーツです。
全身の骨部分のディテールは、実際に見てみると凄くカッコよかったですねぇ。

大ゴジラ特撮展26 大ゴジラ特撮展27 大ゴジラ特撮展28
同じくファイナルウォーズに登場した、「アンギラス」のスーツです。
緑色でライトアップされていたので、全身がやや緑色っぽくなっていますねw

大ゴジラ特撮展29 大ゴジラ特撮展30 大ゴジラ特撮展31
これらは、こんな感じで同じコーナーに展示されていました。
実は今回のイベントは写真撮影可能なのがここまで上げたスーツやプロップだけなんですよね。
残りは撮影禁止の立札が立ててありました。

撮影禁止のものは「オキシジェン・デストロイヤー」、「スペースゴジラ」、「MOGERA」、「サイボットゴジラの頭部」、
「フェアリーモスラ」、「デストロイア完全体の頭部」、「3式機龍」、「ミレゴジ」など、かなりの数がありました。
メカニックのプロップ、台本、絵コンテ、デザイン画、怪獣の雛形なども大量にありましたし、
ここで取り上げた分(というか撮影OKの分)は、会場に展示されている物のほんの一部に過ぎません。
開催も今週末までという事なので、行ける範囲でまだ行っていない方はお早めにどうぞ。
パンフレットも読み応えのある内容でしたし、館内では各作品の予告編やBGMなども流されていたので、
まさにゴジラ尽くしといった大満足のイベントでした。

明日はウルトラマンフェスティバル2014のレポート記事をアップする予定です。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|21:54

ウルトラマンギンガS連動、ウルトラ怪獣500&ウルトラ怪獣DX ソフビ人形8月分新作

本日2度目の記事更新となります。
昨日から、4体の怪獣ソフビ人形が発売開始となりました。


ウルトラ怪獣500 サドラ
ウルトラ怪獣500 61:サドラ
帰ってきたウルトラマンより登場している、霧に潜む怪獣がバンダイの定番ソフビ人形としては初のレギュラー販売!
ウルトラマンメビウスの時はEX枠での販売だっただけに、待ちに待った人も多いのではないでしょうか。
造形も帰ってきたウルトラマン版のサドラの特徴を上手く捉えており、スマートな仕上がりになっていてカッコいい!
首を若干前に倒した、独特のフォルムもしっかり再現されていますね~。

ウルトラ怪獣500 サドラ0
背面です。
可動箇所は両腕と尻尾になっています。
ライブサインを読み込ませると、サドラの名前と鳴き声が鳴り響きます。


ウルトラ怪獣500 メルバ
ウルトラ怪獣500 62:メルバ
ウルトラマンティガに登場した、ゴルザの相方にして「空を切り裂く怪獣」も500ソフビの仲間入りです。
ウルトラ怪獣シリーズのものに比べるとスマートな体格で、全体的にシャープな仕上がりになっているのが良いですね。
目はメタリックオレンジで塗装されています。
本来の目は黄色なのですが、フィギュアでは口の金色に負けて目立たないのでオレンジで塗られる事が多いですね。

ウルトラ怪獣500 メルバ0
背面です。羽のお陰で結構ボリュームがありますね。
可動箇所は両腕と尻尾になっています。
ライブサインを読み込ませると、メルバの名前と鳴き声が鳴り響きます。


ウルトラ怪獣500 レイキュバス
ウルトラ怪獣500 63:レイキュバス
ウルトラマンダイナに登場した、炎と冷気を操る蟹型怪獣も500ソフビの仲間入りを果たしました。
ウルトラ怪獣シリーズでは大きさが他の怪獣に比べるとかなり小さかったですが、
今回も小ぶりながら、そこまで違和感のある小ささではありませんでした。
塗装は最小限に留まっていますが、成型色のお陰で今までのレイキュバスよりは劇中スーツに近い印象です。

ウルトラ怪獣500 レイキュバス0
背面です。左のハサミと後ろ足は一体成型になっています。
可動箇所は両腕のみでした。
ライブサインを読み込ませると、レイキュバスの名前と鳴き声が鳴り響きます。


さて、これでファイヤーゴルザ、メルバ、レイキュバス、ガンQ、超コッヴと、
合体怪獣「ファイブキング」の素材が5体勢揃いとなりました。
そこでDXビクトリーランサーを使って5体連続スキャンを試みましたが、ファイブキングの音声は鳴りませんでしたね。
私はランスモードで試したので、もしかするとガンモードの方で鳴るのかもしれません。
(これからしばらく家に居ないので、どなたか代わりに試して頂けると助かります)


ウルトラ怪獣DX チブル星人エクセラー
ウルトラ怪獣DX チブル星人エクセラー
ウルトラマンギンガSに登場中の、チブル星人がパワードスーツに身を包んだ姿です。
今回はパワードバルタン星人やビラ星人のように、怪獣ソフビでは珍しく「ブリスターパッケージ」での販売でしたね。
このフィギュアはPVC製なのですが中空成型ではないので、いわゆるソフビ人形ではありません。
なのでそこそこ重量がありました。
全身のメタリック塗装が非常に綺麗で、ウルトラヒーロー500よりも背が高くゴージャスな印象を受けました。

ウルトラ怪獣DX チブル星人エクセラー0
背面です。
こちらもメカメカしいディテールがエクセレント!
こう見ると、大怪獣ラッシュに登場した「チブローダーストロング」の色違いなのがよく分かります。

ウルトラ怪獣DX チブル星人エクセラー1
ハッチ部分はクリア成型で、中のチブル星人もよく見えます。
しかしチブル星人がこういう形で大活躍する日が来ようとは・・・w

ウルトラ怪獣DX チブル星人エクセラー2
可動箇所は両腕と両足なのですが、腕はデザインの都合上ほとんど動きません。
その反面、足は前後によく動きます。
ライブサインを読み込ませると、チブル星人の名前と共通音声が鳴り響きます。
エクセラーはブリスターパッケージでの販売なので、ライブサインがコーティングされていませんのでご注意を。

ウルトラ怪獣DX チブル星人エクセラー3
ハッチは手動で開閉し、閉じる際は「カチッ」という音がするまで押し込みます。
ちゃんと押し込まないと固定されないので、パカパカと開いてしまいますからね。

ウルトラ怪獣DX チブル星人エクセラー4
中のチブル星人本体は取り外し可能です。
なので、代わりに小さなフィギュアを乗せて遊ぶことも出来ますね。

ウルトラ怪獣DX チブル星人エクセラー5
チブル星人エクセラー本体のドアップ。
パワードスーツに差し込むので足は簡略化されていますが、出来はそこそこ良いのではないかと。
ちゃんとしたチブル星人のソフビが欲しい!という方は、今月発売予定の「対決セット」が狙い目だと思います。


以上が今月発売されたソフビ人形の簡単なレビューになります。
番組と連動して、次々と新商品が発売されるのはやはり楽しいものですね。
来月以降も続々とソフビ人形が出る予定なので、ワクワクしながら発売を待ちたいと思います。
では、毎年恒例となる「夏の東京遠征」へ行ってきま~す。
(今回はPCを持っていくので、何事も無ければブログは何時も通り更新し続ける予定です)


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|10:39

【動画投稿】 ゆっくり霊夢とやる夫が学ぶ 昆虫大百科 番外編part2

http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1464.html
第1回目の記事はこちらになっております。


ゆっくり霊夢とやる夫が学ぶ 昆虫大百科 番外編part2
http://www.nicovideo.jp/watch/sm24200510

ゆっくり昆虫解説動画の番外編part2をアップ致しました。
番外編の第二回目は対G兵器と名高い、アシダカ軍曹こと「アシダカグモ」について解説します。
オマケで萌えキャラこと「ハエトリグモ」にも少しだけ触れております。

という事で、今回は網を張らない蜘蛛からアシダカグモとハエトリグモをチョイスしました。
どちらも家で見かける事が多い蜘蛛の仲間で、我が家ではハエトリグモがたまーに姿を見せています。
益虫として役立ちますし、これといって害を及ぼすわけでもないのですが、
見た目で不気味がられている可哀想な蜘蛛たちなんですよねぇ。

蜘蛛編の後編となった番外編part2。
では、どうぞお楽しみ下さいませ~
(面白いと思っていただければ、動画へのコメントやマイリスト登録をして頂けると有難いです)
youtubeにて、「やる夫とやらない夫がゆっくり三妖精に教える ゴジラ怪獣図鑑」のpart8を公開しました。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|08:33

ULTRA-ACT ウルトラマンティガver.2

ULTRA-ACT(ウルトラアクト)の新商品が本日より発売開始となりました。
今回商品化されたのは、こちらのキャラクターとなります。

ウルトラアクト ウルトラマンティガver2
ウルトラマンティガver.2
ウルトラアクトの初期に発売されていたウルトラマンティガが、現在の技術力によってver.2としてリメイクされました!
ティガのリメイクは待ちに待った人も多いでしょうが、私もその内の一人です。
紫色の発色が良く、シルバーの部分も光沢がやや控えめになっている点も良いですね~。
勿論、基本の姿となる「マルチタイプ」での商品化となりました。

ウルトラアクト ウルトラマンティガver2 0
全身もスマートながらガッシリとした体型になっており、ティガのイメージを崩さない程度にアレンジされています。
ティガのデザインが美しいという点はこれまで散々言われてきましたが、
このフィギュアではそれを再確認できるのではないかと。
放送当時のスーツというよりは、ここ最近活躍しているスーツのイメージに近い造形かもしれません。

ウルトラアクト ウルトラマンティガver2 1
背面です。
お馴染みのスタンド接続用パーツもちゃんとありますね。
背中も綺麗なのが「ティガ」らしいな~と。

ウルトラアクト ウルトラマンティガver2 2
顔などのドアップ。
顔付きも良い感じの造形で、瞳の中まで作りこまれています。
額のクリスタルもクリアパーツですが、ここはちょっと暗めになっているのが残念ですね。
しかしver.1に比べるとウルトラアクトも随分進化したものだな~とw

ウルトラアクト ウルトラマンティガver2 3
ウルトラマンver.2ほどではありませんが、可動範囲も結構広めです。
何となくストレッチをしているようなポージングで。

エフェクトパーツは「ゼペリオン光線発射直前の溜めエフェクト」と「ゼペリオン光線発射エフェクト」の2種類が付属し、
更にピンチ時の「赤いカラータイマー」と光線発射用の「曲がったプロテクターパーツ」も付属します。
なので、こんな感じで遊ぶ事が可能です。

ウルトラアクト ウルトラマンティガver2 4
ビッ!

ウルトラアクト ウルトラマンティガver2 5
ビッ!!

ウルトラアクト ウルトラマンティガver2 6
キュワァァァァァァァァン・・・

ウルトラアクト ウルトラマンティガver2 7
「タァッ!!」

やはりゼペリオン光線は発射前の動作があってこそですよねw
ウルトラアクトはこうやって、劇中再現も簡単にできる点が大好きなんですよね~。
(プロテクターがちょっと浮いてしまっていますが気にしない)

ウルトラアクト ウルトラマンティガver2 8
以上がウルトラマンティガver.2の簡単なレビューになります。
待ちに待った商品だっただけに、個人的には大満足な仕上がりでした。
発売済みのウルトラマンダイナやウルトラマンガイアなどともほぼ同じサイズでしたし、
様々なウルトラヒーローと並べてガシガシ遊べる素晴らしい商品でした。
さて、タイプチェンジした姿もver.2となるのかどうか。
明日は同時発売の怪獣ソフビ人形の記事を投稿する予定です。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|16:58

大怪獣ラッシュCGムービーの次の敵は、何とあの怪獣!?

大怪獣ラッシュの公式HPが更新され、ウルトラマンギンガS前半戦の直後からスタートする、
「大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア 2ndシーズン」の新情報が公開されました。
http://daikaijyu.com/rush/news/97.html

大怪獣ラッシュ ガンダー
今度は吹雪の中、「冷凍怪獣ガンダー」とラッシュハンターズ達が戦うみたいですね。
ゲーム版でプラズマ怪獣として登場し、そのマニアックさに驚かされたガンダーがCGムービーにも登場。
最近のチブル星人の大躍進ぶりもそうですが、どんなキャラクターにスポットが当たるかもう分かりませんねw

思えばウルトラマンメビウスでも結構マニアックな怪獣が次々と登場しましたが、
そのお陰で割と幅広い怪獣にスポットが当たったのは嬉しかったのを覚えています。
それまでは人気怪獣推しが結構目立っていただけに、第二期ウルトラシリーズ以降の怪獣でもやれるんだぞ!
というスタッフの意気込みが伝わってくる様でした。

チブル星人もガンダーもウルトラセブン出身の怪獣ですが、前者はパワードスーツに乗り込んで暗躍中。
ガンダーの方も、ただの冷凍怪獣では無い「新しい魅力」を引き出してくれる事に期待したいと思います。
youtubeでは、ウルトラマンギンガSの第4話が配信開始となっています。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|18:03

レトロ系ソフビ人形 グリーンモンス

では、レトロ系怪獣ソフビ人形の記事となります。
今回取り上げるのは、こちらのキャラクターとなっています。

レトロ風ソフビ グリーンモンス
怪奇植物 グリーンモンス
ウルトラマンに登場した、オイリス島に住む植物が怪獣化した姿です。
人間を次々と襲い、巨大化した後はウルトラマンにも襲いかかりました。
このソフビ人形は2000年頃に「M1号」から発売されたものになり、
カラーリングは劇中に一番近い、一般販売バージョンのものになります。

レトロ風ソフビ グリーンモンス0
濃い緑色の成型色の上から、各部にメタリックグリーンとシルバーでスプレーがしてありますね。
特徴的な口?の部分も黄色くスプレーされています。
シルバーの部分の造形から察するに、成田亨さんが描かれたデザイン画の要素も取り入れた造形なのでしょうか。
目は赤く、黒目がある所がレトロ風になっているな~と。
本体の「うねり」のある造形も良い感じです。

レトロ風ソフビ グリーンモンス1
背面です。
こちらも薄くメタリックグリーンでスプレーされています。
そのデザイン故か、あまりディフォルメされている感じがしませんね。

レトロ風ソフビ グリーンモンス2
玩具オリジナルギミックとして、本体と一体化している左腕を動かす事が出来ます。
なので可動部分は両腕と腰になっています。
比較的地味な怪獣なのでこのソフビもそれほど人気は無く、今でも安価で買う事ができます、
ですがイベント限定のカラーバリエーションが多く、その点は侮れない存在と言えるかもしれません。
私も安かったのでつい購入してしまいましたが、インテリアとしては結構いい線を行っているソフビではないかとw


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|18:44

ULTRA-ACTにウルトラマン80が登場!

魂ウェブ商店限定商品として、ULTRA-ACT(ウルトラアクト)の新作が公開されました。
雑誌などでも既に明らかになっていた、こちらの商品ですね。

ウルトラアクト ウルトラマン80
http://p-bandai.jp/tamashiiwebshouten/item-1000090777/

ULTRA-ACT ウルトラマン80
発送予定:2015年1月
税込価格:4536円
◆商品内容
・本体
・交換用手首7種
・サクシウム光線
・ウルトラレイランス
・バックルビーム
・支柱嵌合用パーツ
・交換用カラータイマー


昭和ウルトラマン最後の主役、ウルトラマン80が遂にウルトラアクト化!
魂ウェブ商店限定での販売なのがやや残念ですが、これにて昭和の主役ウルトラ戦士はフルコンプリート!
サクシウム光線、ウルトラレイランス、バックルビームと、
ウルトラマンメビウスに登場した際にも使用した技のエフェクトパーツが3種類付属。
スタイルも良い感じですし、待ちに待ったという人も多そうですね。

発送は来年の1月とやや先になりますが、昭和の主要ウルトラ戦士も残す所はユリアンのみ!
もしユリアンが出たら、その後は平成に力を注ぐのか、それともアミアなどにも手を出してしまうのか。
今後のウルトラアクトがどの様な道を歩むのかが気になる所です。
ウルトラマン80の注文開始は明日7日からとなりますのでご注意下さいませ。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(7)トラックバック:(0)|17:19

ウルトラマンギンガS 第4話感想

新ウルトラマン列伝 ウルトラマンギンガS タイトル
本日、新ウルトラマン列伝内にてウルトラマンギンガS第4話が放送されました!
第4話 「強さの意味」
※youtube配信組の方のネタバレになるので、あらすじ紹介は省かせて頂きます。

今回はウルトラマンビクトリーことショウが主役のお話で、地底のシーンが多く描写されていたのが特徴でしたね。
一人で戦う事こそが強さだと信じるショウと、彼を心配しつつも自分の力不足に悩むレピ。
元は敵だったとスパークドールズすら信じられないショウが、
「思いがけないピンチ」に陥る場面もちょっと驚いてしまいました。
ヒカルの言葉やUPG、シェパードン、レピに助けられ、仲間を守りたいと思う気持ちを理解したショウ。
ビクトリーがウルトラヒーローとして活躍するお膳立てはこれで整いましたね。

対する敵側は、絆なんて皆無な所が描写されていたのが対照的でしたね。
ガッツ星人ボルストを口だけだと称し、アンドロイド・ワンゼロにラストチャンスを与えたチブル星人エクセラーでしたが、
それも失敗に終わってしまいました。
彼の口ぶりだと、次からワンゼロはもう用済みになってしまうのでしょうか?

今回登場したサドラは、メビウス以来に体から霧を吹き出して長い腕で攻撃するなど大活躍。
特に「最後の活躍シーン」は第1期目では描写されなかった、
怪獣と人間の絆の力を明確にビジュアル化してくれた事に感動してしまいました。
今回のお話にサドラがこんなに深く関わってくるなんて、本当に予想外でしたねw
グドンもビクトリーやシェパードンをボッコボコにし、その硬い体表もしっかり描写してくれたのが嬉しかったです。
ウルトラマンギンガS、やはり怪獣達の魅力をちゃんと描けているな~と。

明らかに目立つストリウムブレスにもツッコミが入っていましたし、
友也の気の利く?フォローなど今回は1期目を感じさせる要素が結構多かった気がします。
1期目と比べるともはや別番組とさえ言われたギンガSですが、
前作を踏まえた上での続編という点はちゃんとしているのに好感が持てます。
今回、回想シーンで登場した「彼ら」もギンガSで成長した姿が是非観たいですね~。
新ウルトラマン列伝 ウルトラマンギンガS グドン


第4話はとにかく「怪獣愛(と言うよりもサドラ愛)」が感じられる要素が多く、
スパークドールズはただの道具では無いという事を言い切ってくれた辺りが、私的には一番嬉しかったですかね。
ショウが仲間の大切さを知るキッカケにもなりましたし、今まであった設定をお話に絡めて活かした点に拍手!
そして今回散々な目に合ったゴウキ隊員ですが、次回は更にとんでもない事になるようですw
やはり「異次元の悪魔」の陰湿さ&しつこさは健在のご様子で。

youtubeでは、前回のお話が配信されております。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(9)トラックバック:(0)|19:09

3大特撮ヒーローフェスティバル(ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊)のレポート!

ATCのある南港の方まで行って参りました。
お目当ては2つのイベントだったのですが、まずは1つ目。
(画像はクリックすると拡大します)

ATC パトレイバーデッキアップイベント ATC パトレイバーデッキアップイベント0 ATC パトレイバーデッキアップイベント1
THE NEXT GENERATION パトレイバー」の劇中に登場する、実物サイズの98式イングラムが大阪にも上陸!
劇中で使用されているプロップですし、ちゃんと「デッキアップ」させる事で立ち上がる事もできます。
あいにくの天候でしたが、かなりの人が集まっていましたね。
何気に私は、この実写版パトレイバーは全作を劇場で鑑賞しているので、
デッキアップの瞬間に立会いこの目でイングラムが起き上がる姿を見れたのは本当に嬉しかった!
主演の真野恵里菜さんのトークショーもありましたし、これだけでも南港まで来た甲斐があったな~と。


ですが今回のメインイベントは「3大特撮ヒーローフェスティバル」です。
ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊が同じイベント会場に集結するという前代未聞の大イベント。
それを大阪府で開催してくれたとなっては、行かない理由がありません。
という事で会場の内容をレポートしたいと思います。

ATC 3大特撮ヒーローフェスティバル ATC 3大特撮ヒーローフェスティバル0 ATC 3大特撮ヒーローフェスティバル1
こちらは会場内の1ブースである「マグマ商店」付近の模様です。
何故かペガ星人とクール星人も居ますが、時間によってはマグマ星人が手売りで特製グッズを販売してくれますw
こちらは現在開催中のウルフェス会場でも見られる光景ですが、まさかこの会場でもやるなんてw
ちなみに中の人は「何時ものマグマ星人」ではなく、爽やかそうな方でした。
ウルトラマンネクサスの立像のすぐ近くなので、分かりやすい場所にあります。

ATC 3大特撮ヒーローフェスティバル2 ATC 3大特撮ヒーローフェスティバル3
こちらは会場に展示されていたウルトラマンの新商品で、今月に出るウルトラマン対決セットシリーズの新作と、
来月に出るHGウルトラマンVS仮面ライダーですね。
対決セットはチブル星人に目を奪われますが、HGの方はサソリガドラスのボリュームが結構凄い事になっていました。
どちらも発売が楽しみですね~。
この付近は物販コーナーになっていて、オリジナルグッズなども販売されていました。

ATC 3大特撮ヒーローフェスティバル4
会場内には食堂も存在し、カレーやスパゲティなどが売られています。
私はウルトラマンギンガ仕様のスパゲティを食べましたが、ミートソースたっぷりで美味しかったですね。
その他、特製ドリンクなども販売されています。

ATC 3大特撮ヒーローフェスティバル5
プレイランドコーナーでは、ウルトラマンのビッグフワフワがあったり、大怪獣ラッシュなどのゲームコーナーもあります。
縁日のようなゲームもありましたし、軽いゲームセンターといった内容です。

ATC 3大特撮ヒーローフェスティバル6 ATC 3大特撮ヒーローフェスティバル7
展示物も存在し、ウルトラマンVSゴモラ、ウルトラマンギンガVSサンダーダランビアという具合に、
それぞれの作品から元祖と最新ヒーローがチョイスされています。
サンダーダランビアは、間近で見るとかなりボリュームのあるスーツでしたね。

ATC 3大特撮ヒーローフェスティバル8 ATC 3大特撮ヒーローフェスティバル9
スーパー戦隊シリーズからは、ゴレンジャーVS野球仮面とトッキュウジャーの5人です。
野球仮面のインパクトは相変わらず凄い・・・w

ATC 3大特撮ヒーローフェスティバル10 ATC 3大特撮ヒーローフェスティバル11
仮面ライダーからは新1号&新2号VSシオマネキングと、鎧武&バロンというチョイスです。
ダブルライダーの躍動感のあるポージングが素晴らしい!

ATC 3大特撮ヒーローフェスティバル12 ATC 3大特撮ヒーローフェスティバル13 ATC 3大特撮ヒーローフェスティバル14
仮面ライダーシリーズからは、バイクも3点展示されていました、
仮面ライダーの新サイクロン号、仮面ライダークウガのトライチェイサー2000、仮面ライダー電王のマシンデンバードです。
やはり実車は間近で見ると迫力が違いました。

ATC 3大特撮ヒーローフェスティバル15 ATC 3大特撮ヒーローフェスティバル16 ATC 3大特撮ヒーローフェスティバル17
そして展示物の目玉とも言えるのがこちら、
歴代ウルトラヒーロー、仮面ライダー、スーパー戦隊のレッドが勢揃い!
全員集合という訳ではありませんが、この3大ヒーローがズラりと並び立つ姿は圧巻の一言でした。
もちろん撮影スポット的にはここが人気ナンバーワン。

ATC 3大特撮ヒーローフェスティバル18 ATC 3大特撮ヒーローフェスティバル19 ATC 3大特撮ヒーローフェスティバル20
牢屋?らしき展示のされ方だったのはバルタン星人、さそり男、ラッキューロの3体。
この他にも幾つか部屋がありましたが、脱走済みという事で会場に展示されていたりショーに出てきたりしています。

このイベントはウルトラマンフェスティバルほど展示物が多い訳ではありませんでしたが、
メインイベントのステージショーの方は大迫力でした!
残念ながら写真撮影は完全禁止だったので画像はありませんでしたが、
今回の第一部ではウルトラヒーローが前半の主役で、仮面ライダー&戦隊ヒーローが後半の主役という構成です。
諸々の事情により3大ヒーローそろい踏みの場面は無いのですが、
それぞれにエールを送り合うシーンなどはあるので、ちゃんと物語が「繋がっている」んですよね。
16日からはウルトラヒーローがメインの第二部も始まるそうなので、都合が合えばそちらも見に行きたいですねぇ。
(ちなみに第一部は、冒頭から「夢の対決」が実現しますw)

そしてショー限定キャラクターとして、「ザクロス」と呼ばれる新キャラも登場します。
ATC 3大特撮ヒーローフェスティバル21 ATC 3大特撮ヒーローフェスティバル22
ショーは撮影禁止だったのでスーツの画像はありませんが、会場では壁にデザイン画が映し出されていました。
ご覧の通り、ウルトラシリーズの暗黒巨人の要素をベースに、
仮面ライダーや戦隊の怪人的な要素も併せ持つデザインになっていました。
どの勢力と戦っても絵になるのが良かったですね~。
一体どんなキャラクターなのかは、会場の方でご確認下さいませ。


以上が3大特撮ヒーローフェスティバルのレポートになります。
大音響&超アクションのショーがメインなのでイマイチ魅力が伝わりきれていないかもしれませんが、
この一大イベントは中々見れるものではありませんし、行ける方は8月中に是非ATCホールまでお越し下さいませ。
ショーの声もメインキャラクターは「ご本人」が演じられているというだけで超豪華ですし、
光や音などのド派手な演出、軽やかなトランポリンアクションなど見所満載でした!


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|00:14

【動画投稿】 やる夫とやらない夫がゆっくり三妖精に教える ゴジラ怪獣図鑑 part8

第1回目の記事はこちらになっています!
http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1716.html


やる夫とやらない夫がゆっくり三妖精に教える ゴジラ怪獣図鑑part8
http://www.nicovideo.jp/watch/sm24140984

私の手書きイラストによるゆっくり解説動画の最新パートを投稿しました。
第八回目は「ゴジラVSビオランテ」に登場した、植物のゴジラこと「ビオランテ」をご紹介。
オマケで「G細胞」についても軽く触れています。

という事で、先日の「ゴジラ総選挙」でゴジラVSビオランテが1位を獲得した記念に、ビオランテを取り上げる事にしましたw
本当はもう少し先に取り上げるつもりだったのですが、今が旬という事で。
私は花獣形態の方が好きで、当時はソフビ人形が出なかった事にガッカリしていました。
(それもミニバトルGの食玩ソフビで後に満たされる事となるのですが)
そして動画でも触れた、植獣形態の走るあの姿!インパクト抜群でしたねぇ。
ボリューム感のあるデザインや造形も素晴らしいですし、平成ゴジラシリーズを代表する名怪獣だと思います。

今回も面白いと感じて頂けたら動画へのコメントや、マイリスト登録して頂けるとありがたいです。
では、お楽しみ下さいませ~
youtubeでは、「ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻 part27」を投稿しております。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|08:18

プレミアムバンダイ限定商品 特撮ジオラマ&HGウルトラシレイが凄い!?

「ウルトラマン超闘士激伝」復刻のニュースに驚いた矢先、
新たに2点のプレミアムバンダイ限定商品(ウルトラマン関連グッズ)が何日か前に加わりましたね。


特撮ジオラマ
http://p-bandai.jp/chara/c0012/item-1000090545/

円谷プロ完全協力 特撮ジオラマ
発送予定:2015年2月
税込価格:25920円
◆商品内容
・箱馬×10
・平台×4
・レール×3
・移動車×1
・キャメラ(アリフレックス16st)&キャメラ固定台×1
・蛇腹レンズフード×1
・五徳スタンド×1
・おもり×5
・ジェットビートル×1
・クレーン本体×1
・イントレ×1
・3kボーダーライト×4
・キャットウォーク×1
・ホリゾント台×2
・電柱×3
・マンション×1
・壊れたビル×1
・ビル×1
・家①×1
・家②×1
・5kサンライト×2
・5kバイボスライド×2
・スマホスタンド×1
・山×3
・書割(紙シート)×4
・書割固定台×3
・窒素ガスボンベ×2
・三味線×1
・コントロールボックス×1
・道路(紙シート)×1
・円谷プロダクション看板×1
・ホリゾント(背景シート)×3
・小冊子

こちらは既にCMなどでも紹介されているジオラマセットですね。
あくまで「特撮を撮影している雰囲気を味わう商品」なので、普通のジオラマとは趣が違います。
サイズ的には500ソフビに丁度良いぐらいでしょうか?
(サンプル画像の1枚に、ウルトラ怪獣500のものと思わしきメトロン星人のソフビが写りこんでいますね)
流石に値段と置き場の問題で私は買えませんが、まさしく「大人の為のホビー」といった商品ですね。
最近はプレミアムバンダイで、こういう路線の商品を売り出す機会が多くなったように感じます。


HGウルトラシレイ
http://p-bandai.jp/item/item-1000090709/

HGウルトラシレイ
発送予定:2014年11月
税込価格:7198円
◆商品内容
・ペダン星人
・ペダン星人ジオラマ(テーブル)
・ヤプール人
・ブラック指令

最近は我が道を行くラインナップで話題沸騰のHGウルトラマンシリーズですが、
今回は昭和ウルトラシリーズに登場した「司令官」にスポットを当てた商品を発売する事になったみたいですね。
まずはペダン星人の司令官。
特徴的な形状をした、「あのテーブル」と共に立体化ですねぇ。
以前発売されたもう一人のペダン星人は入手困難な商品だっただけに、
こういった形で誰でも手に入るようになったのは嬉しい反面、この値段の高さは明らかにテーブルのせいですよねw
しかし出来そのものは素晴らしいと思います。

そして超獣を送り込み続けたヤプール人。
超闘士激伝でこの姿のヤプール人が商品化された事はありますが、リアルタイプでは史上初の商品化では?
頭に飾りのようなものが付いていないので、初期に登場したヤプール人のボスという事になるのでしょうか。
そして円盤生物を操るブラック指令も、リアルタイプで初商品化!
円盤生物グッズを集めている身としては、これだけで購入が決定しましたw
ウルトラマンレオ放送40周年の今年に相応しい商品だと思います。

この値段設定も、購入者がかなり少ないと見込んでのものなのでしょうw
(もちろんジオラマの大きさもあるでしょうが)
HGシリーズだからこそ商品化できる、ならば商品化しよう!という意気込みそのものは素晴らしいので、
今は到着するのがとても楽しみですね。
もうこのノリで、滅多に商品化しない怪獣たちをガンガン出して頂けると嬉しいのですがね~。

youtubeでは、ウルトラマンギンガ第3話の配信がスタートしています。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(6)トラックバック:(0)|18:13
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ