大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

魂ネイション2014にて、ULTRA-ACTなどの試作品が展示中!

http://hobby.dengeki.com/news/39240/?utm_medium=twitter&utm_source=twitterfeed
http://blog.amiami.com/amiblo/2014/10/tamashii-nation-01.html

各所で魂ネイション2014のレポート記事が公開されています。
S.H.MonsterArts(エス、エイチ、モンスターアーツ)はゴジラ2014のリペイント商品が参考出品されていますね。
全身が赤っぽいポスターカラーバージョンと、放射熱線発射バージョンの2種類ですが、
熱線の方はよく見るとムートーの頭を掴んでいるのが面白いですねw
劇中でも熱線はインパクトがありましたし、
リペイント版ゴジラ2000のように魂ウェブ商店限定商品として発売されると有難いのですが。

ULTRA-ACT(ウルトラアクト)も試作品が数点参考出品されていて、
・ULTRAMANスーツ(漫画版ULTRAMAN)
・ウルトラマンティガ(石像)
・ウルトラマンティガ(パワータイプ)
・ウルトラマンティガ(スカイタイプ)
・ウルトラマンティガ(ティガダーク)
・ウルトラマンティガ(ティガトルネード)
・ウルトラマンティガ(ティガブラスト)
・ウルトラマンティガ(グリッターティガ)
・ユリアン
・ハンターナイトツルギ
・ウルトラマンメビウス(メビウスバーニングブレイブ)
の写真が掲載されています。

ティガはパワータイプなど、体格の良い方は新規造形でしょうか。
昭和ウルトラ戦士最後の一人であるユリアンの展示など、今後のラインナップを示唆する内容になっていそうです。
漫画版ULTRAMANも、以前からアクションフィギュアとして欲しかったので発売が決まればいいな~と。
しかし石像ティガって・・・ゴルザの足を受け止めたりガタノゾーアにやられたポーズしか無い気がするんですがw

今回の上記2種類のシリーズは、撮影禁止エリアなどは無かったそうです。
何時もに比べるとちょっと少なめな印象ですが、ここに展示されていない新作も控えているでしょうし、
続報に期待しましょうか。

<追記>
赤いゴジラは限定版ブルーレイセットに付属、ULTRAMANは商品化決定だそうです。
ULTRAMANに関してはバージョンセブンなども視野に入れているんだとか!


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|19:34

ULTRA-ACT ウルトラマンメビウスver.2

では、昨日に引き続きULTRA-ACT(ウルトラアクト)の新作です。
今回ver.2として発売されたのは、こちらのキャラクターです。

ウルトラアクト ウルトラマンメビウスver2
ウルトラマンメビウスver.2
シリーズ初期に発売されたウルトラマンメビウスが、ver.2となってリメイクされました。
色んなキャラクターと並べられるので、待ちに待った人も多いと思われます。
しかし、たった数年で別物になったなぁ・・・

ウルトラアクト ウルトラマンメビウスver2 0
以前は細身のスタイルでしたが、今回は適度に筋肉質になっています。
個人的に、メビウスのプロポーションとしては割と理想的なイメージ。

ウルトラアクト ウルトラマンメビウスver2 1
背面です。
複雑な模様もちゃんと塗り分けられています。

ウルトラアクト ウルトラマンメビウスver2 2
顔周りのアップ。
以前は顔付きがニセメビウスじみていましたが、今回は優しい顔付きに。

ウルトラアクト ウルトラマンメビウスver2 3
左腕のメビウスブレスも小さいですが再現されています。
中央のクリスタルもクリアパーツで表現。

ウルトラアクト ウルトラマンメビウスver2 4
可動範囲も、ver.2になった事で格段に向上しています。
関節の緩い箇所などもありませんし、ガシガシ動かしてもメビウスブレスは取れないですね。
ストレス無く遊べます。

ウルトラアクト ウルトラマンメビウスver2 5
(画像のポーズの意味は特にありません)

ウルトラアクト ウルトラマンメビウスver2 6
付属エフェクトパーツその1、メビュームブレードです。
メビウスブレスを取り外す事で再現が可能。
また、胸パーツ差し替えで赤いタイマー状態にもなれます。

ウルトラアクト ウルトラマンメビウスver2 7
付属エフェクトパーツその2、メビュームシュートです。
こちらは右手首を取り替える事で再現が可能。
胸パーツも光線発射用のものに差し替えられます。

以上がメビウスver.2の軽いレビューになります。
今のクオリティでメビウスが出る事を楽しみにしていたので、遊びやすい仕様になってくれて嬉しい限りでした。
4月に発送されるウルトラマンヒカリも楽しみですね。
明日は、イベント関連の記事を投稿予定です。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|19:21

ULTRA-ACT ウルトラマンダーク&ウルトラセブンダーク(限定品)

ULTRA-ACT(ウルトラアクト)の最新作がプレミアムバンダイから届いています。
今回、魂ウェブ商店限定商品として発売されたのは、こちらのキャラクター達です。

ウルトラアクト ウルトラマンダーク&セブンダーク
ウルトラマンダーク&ウルトラセブンダーク
ウルトラマンギンガにて、ウルトラマンとウルトラセブンのスパークドールズが「ダークライブ」されてしまった姿です。
劇中では、どちらも石動誠一郎がライブしていました。
ウルトラアクトでは、ウルトラマンver.2とウルトラセブンver.2のリペイント商品として商品化されています。
色が違うだけでここまで雰囲気が変わってしまうとは・・・w

ウルトラアクト ウルトラマンダーク&セブンダーク0
基本的には元のフィギュアと同じ仕様です。
ウルトラマンダークは各部の模様が違うのですが、そこはペイントで表現されています。
なので元のモールドが浮いてしまっているのが残念。
赤い瞳やタイマーの色がいかにも悪そうです。

ウルトラアクト ウルトラマンダーク&セブンダーク1
背面です。
これ、ウルトラマンダークは首周りの模様が間違ってますよね?
確か黒い模様が背中で繋がっていたような・・・
セブンダークも何故か後頭部が真っ黒です。

ウルトラアクト ウルトラマンダーク&セブンダーク2
可動範囲はどちらも元のフィギュアと同様です。
やはりウルトラマンver.2は、一つのアクションフィギュアとして完成度がとても高い事を再認識。
ブラザーズマントも取り付け可能でしょうね。

ウルトラアクト ウルトラマンダーク&セブンダーク3
ガンメタ塗装に赤い目という顔のカラーリングはお気に入りです。

ウルトラアクト ウルトラマンダーク&セブンダーク4
ウルトラセブンダークも、ビームランプの緑色だけはそのままで良いアクセントになっていると思います。

ウルトラアクト ウルトラマンダーク&セブンダーク5
付属エフェクトパーツその1、ウルトラスラッシュ(八つ裂き光輪)です。
エフェクトも紫色で非常にダークな雰囲気に。

ウルトラアクト ウルトラマンダーク&セブンダーク6
付属エフェクトパーツその2、スペシウム光線です。
こちらも深い紫色なのが邪悪さを感じますね。

ウルトラアクト ウルトラマンダーク&セブンダーク7
付属エフェクトパートその3、アイスラッガーです。
こちらはセブンver.2と同様に、頭に付けるタイプと手に持たせるタイプの2種類が付いています。
ですが、アイスラッガー切り裂きエフェクトはありませんでした。

ウルトラアクト ウルトラマンダーク&セブンダーク8
付属エフェクトパーツその4、エメリウム光線です。
こちらはセブンver.2には無かったエフェクトなので嬉しいですね。
光線は両手パーツと一体になっています。

ウルトラアクト ウルトラマンダーク&セブンダーク9
そして、ウルトラセブンver.2に使用可能なエメリウム光線パーツも付属しています。
セブンダークにも使用できますが、手首の色が違うので違和感がありますねw

ウルトラアクト ウルトラマンダーク&セブンダーク10
最後はセブンダーク流のワイドショット。
青と黒のカラーリングがカッコいい!
全体的にセブンダークの方が完成度が高い気がします。

以上がウルトラマンダーク&ウルトラセブンダークの軽いレビューになります。
2体セットなのでボリュームがありましたし、セブンダークはやっぱりカッコいいなぁと。
これでマンダークの模様さえなんとかなっていれば・・・
次回はウルトラマンメビウスver.2を取り上げる予定です。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|18:25

新ウルトラマン列伝 第70話&11月3日はニコ生でギンガS一挙放送特番が決定!

新ウルトラマン列伝
本日、第70話が放送されました!
第70話「新たな伝説 輝くビクトリー!」
ウルトラマンギンガS前半戦の総集編を放送しました。

ウルトラマンギンガがナビゲーターを務めた、ウルトラマンギンガS前半戦のおさらい的な総集編でした。
新戦士ウルトラマンビクトリー、ショウなどを含めた地底人ビクトリアン、チブル星人エクセラー率いる侵略者たち、
そしてヒカルが所属するUPGと、ギンガSに登場する組織やキャラクター達が分かりやすく解説されていましたね。
編集のテンポも良く、見せ場となるシーンをかなり盛り込んでいた印象です。

今回見ていて改めて感じましたが、
8話のファイブキング戦は2人のウルトラマンが怒涛の攻撃を繰り出していくテンポが素晴らしいですね。
総集編では英雄の唄(しかも2番!)がBGMになっていたので、更に燃える展開になっていました。
ファイブキングもとにかくビーム!ビーム!ビーム!!
あの要塞っぷりはたまりませんねぇ。

最後にギンガが「未来が変わり始めた」という意味深な事を呟いていましたが、
これは本編に関わってくるセリフなのでしょうかね。
どの世界出身なのかも分からない、ただ未来からやって来たという事しか分かっていないのがウルトラマンギンガ。
恐らくギンガSでは同じく謎だらけなダークルギエルとも完全に決着をつけるでしょうし、
ギンガS後半戦では謎に包まれたギンガたちのバックボーンが明かされる事に期待したいですね。
新ウルトラマン列伝 ウルトラマンギンガS ウルトラマンギンガ


いよいよウルトラマンギンガSは来週から放送を再開!
チブル星人エクセラーの企み、アンドロイド・ワンゼロの離反、ギンガレギュラー陣の登場、
そしてビクトリーの新たなる武器の登場など、12月下旬まで怒涛の展開が続く模様です。
登場怪獣もどうやらとんでもない面々になっているようなので、後半戦にも期待です!



さて、11月3日はゴジラのニコニコ生放送がありますが、
何とウルトラマンのニコニコ生放送も同時に放送される事が決定しました!


http://live.nicovideo.jp/watch/lv197749105
「ウルトラマンギンガS」一挙放送&後半シリーズ放送前夜!ニコ生SP
放送日:11月3日(月・祝)
【タイムスケジュール】
・11/2(日)24:00~
「ウルトラマンギンガS」#1-#8 一挙放送

・11/3(月・祝)18:30~
『ウルトラマンギンガS』SP生特番
ゲスト:坂本浩一監督、根岸拓哉、宇治清高
司会:マグマ星人

・20:30ごろ~
「ウルトラマンギンガS」#1-#8 一挙放送


ギンガS後半戦の放送前日という事で、ニコニコ生放送で前半戦が一挙放送されるそうです。
更に坂本監督やヒカル&ショウが出演する特番も18時30分から放送との事。
ゴジラと被ってしまうのが残念ですが、こちらも見逃せない内容になりそうです。
とりあえず、事前に「タイムシフト予約」しておいて損は無いのではないかと。
11月3日はニコニコ生放送の特撮枠がアツい!(嬉しい悲鳴)

youtubeでは前回のお話が配信されています。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|19:16

ゴジラ新作ソフビ、新ムービーモンスターシリーズの全貌が判明

既に各所で予約が始まっている、「ムービーモンスターシリーズ」の続報です。
海外のサイトでは、商品画像(サンプル)が公開されていました。

ゴジラ ムービーモンスターシリーズ

ゴジラ1968、キングギドラ、メカゴジラ、キングシーサー、レインボーモスラの5種類全てが掲載されています。
以前の記事では「過去のムービーモンスターシリーズの流用の可能性が高い」と発言しましたが、
それはハズレだったみたいですね。
実際は「海外で発売されているソフビ人形シリーズ(15cmサイズ)の流用」でした。
(モスラとギドラ以外は昭和版からのチョイスでしたね。ギドラは恐らくGMK版)

アメリカなどでは紙製パッケージが付けられたゴジラのソフビシリーズが発売されているのですが、
それが日本でも発売という事になったみたいですね。
造形は実際のスーツそのものというよりは、若干アレンジが入っているので好みが分かれるかもしれません。
(アメリカの玩具を販売している輸入店ではよく見かける商品です。大阪ならアストロゾンビーズとか)

定価は各1600円だそうです。
塗装はサンプル通りであれば、結構気合が入っているように見えますね。
このシリーズがどういう商品か知りたいのであれば、
海外では発売済みなので「ゴジラ ソフビ 海外」という感じで検索すればすぐに出てきます。
今後のラインナップも、そこから何となく見えてくるのではないかと。

このシリーズは全てが海外版の流用品なのか、それとも国内版も織り交ぜながら展開していくのか。
今後のラインナップにも注目したいと思います。
私としては海外版ソフビは持っていなかったので、いい機会だと思って全て購入する事にしましたw


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|17:51

ウルトラマンギンガS対応ソフビ人形10月分新作&ゴジラエッグ バーニングゴジラ

昨日から、ウルトラ怪獣500の新作ソフビ人形が2体発売となりました。
今回商品化されたのは、このキャラクター達です。

ウルトラ怪獣500 インペライザー
ウルトラ怪獣500 67:インペライザー
ウルトラマンメビウスに登場した、エンペラ星人の尖兵ロボット兵器がウルトラ怪獣500の仲間入り。
ウルトラ怪獣シリーズに比べると、カラーリングは劇中イメージに近いものになっています。
全身はキングジョーと同様に「くるみ塗装」されているのが嬉しいですね。
今回は腰が接着されているのが惜しい所です。

ウルトラ怪獣500 インペライザー0
背面です。
こちらも全身が塗装されています。
ライブサインを読み込ませると、名前と鳴き声が鳴ります。
ウルトラ怪獣シリーズでは実現されませんでしたが、腕のバージョン違いが商品化されないかな~と。

ウルトラ怪獣500 インペライザー1
何となく5体買い集めてしまいましたが、この調子でぼちぼちと13体集めてみようかな~と思っています。
ウルトラマンギンガSでも、量産ロボットとしての側面が強いキャラクターでしたので。


ウルトラ怪獣500 メトロン星人
ウルトラ怪獣500 68:メトロン星人
ウルトラセブンで初登場した、派手なカラーリングとそのシュールな言動で人気のメトロン星人も500ソフビ化。
ウルトラ怪獣シリーズのリニューアル版ではポーズ付きでしたが、
今回は他の人型キャラクターと同様に立ちポーズでの商品化ですね。
肩や腰の塗装が省略されていますが、目がちゃんと「光っている」塗装になっているのは嬉しい所です。

ウルトラ怪獣500 メトロン星人0
背面です。
こちらはほとんど塗装されていません。
ライブサインを読み込ませると、名前と共通音声が鳴り響きます。
ウルトラマンギンガS後半戦にも登場が決まっていますが、一体どのような活躍を見せてくれるのでしょうか?


ゴジラエッグ バーニングゴジラ
ゴジラエッグ バーニングゴジラ
続いてはゴジラエッグの最新作です。
今回は最初に発売されたゴジラのリペイント商品として、
ゴジラVSデストロイアに登場した暴走状態のゴジラが商品化されました。
EG(エッグ)モードでも、その赤く輝く体表がよく分かりますね。

ゴジラエッグ バーニングゴジラ0
エッグモードの背面です。
成型色がクリアオレンジで、その上から黒く塗装されているので質感も良いですね。

ゴジラエッグ バーニングゴジラ1
では、トランスフォーム!
変形方法も通常版ゴジラと全く同じです。

ゴジラエッグ バーニングゴジラ2
変形完了。
こちらがバーニングゴジラのAT(アタック)モードになります。
相変わらずフォルムの再現度が高いな~と。

ゴジラエッグ バーニングゴジラ3
アタックモードの背面です。
クリアパーツ仕様なので、光に透かせるとかなり綺麗なんですよね。
次の新作はデストロイア完全体ですし、そちらも購入して一緒に並べたいですね~。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|17:56

【動画投稿】 やる夫とやらない夫がゆっくり三妖精に教える ゴジラ怪獣図鑑 part11

第1回目の記事はこちらになっています!
http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1716.html


やる夫とやらない夫がゆっくり三妖精に教える ゴジラ怪獣図鑑part11
http://www.nicovideo.jp/watch/sm24766399

私の手書きイラストによるゆっくり解説動画の最新パートを投稿しました。
第十一回目は、元祖地底怪獣の「バラゴン」をご紹介。

バラゴンは動物の延長線上として描写された怪獣の1体で、
そのデザインは「元祖地底怪獣」に相応しい素敵なフォルムになっていると思います。
動画でも触れた通り、後にウルトラシリーズで何度もスーツが流用される事になったのも頷けますね。
愛嬌がある顔をしながら、肉食の獰猛な怪獣としても描写されたバラゴン。
一方でGMKではどちらかというと応援したくなるような怪獣でしたし、色んな顔を持つキャラクターでしたね。

今回も面白いと感じて頂けたら動画へのコメントや、マイリスト登録して頂けるとありがたいです。
では、お楽しみ下さいませ~
youtubeでは、「ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻 part30」を投稿しております。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|17:58

ウルトラマンギンガS後半戦放送予定&ニコ生でゴジラ特番の放送が決定!

本日発売のフィギュア王に、新ウルトラマン列伝の11月分の放送内容が掲載されていました。
いよいよウルトラマンギンガS後半戦の開始ですね。

・11月4日放送 ウルトラマンギンガS第9話「取り戻す命」
・11月11日放送 ウルトラマンギンガS第10話「未来への聖剣」
・11月18日放送 ウルトラマンギンガS第11話「ガンQの涙」
・11月25日放送 ウルトラマンギンガS第12話「君に会うために」


既に情報が公開されている通り、第9話はベムラー&ベムスターの「ベムベムコンビ」が、
第10話はベロクロン&ドラゴリーの「超獣コンビ」がギンガとビクトリーに襲いかかります。
特に超獣コンビは非常に強力で、ギンガストリウムやビクトリーが窮地に追い込まれるんだとか。
シェパードンセイバーも10話から登場という事で、序盤からかなり飛ばした展開になりそうです。

11話と12話についてはまだ不明な点が多いですが、美鈴が再登場してワンゼロと出会い、
アクマニヤ星人やメトロン星人が登場する事は既に明かされています。
ガンQとアクマニヤ星人は、劇場スペシャル2と同じく目玉繋がりでの共演となるのでしょうか。
ギンガS後半戦は、いよいよ再来週の火曜日からスタートです!


そしてゴジラの公式HPにて、嬉しいお知らせが記載されていました。
何とニコニコ生放送にて、ゴジラ特番が放送される事になった模様です!

http://live.nicovideo.jp/watch/lv197600584
ゴジラ生誕60周年記念特番&新作ゲーム実況&過去予告編一挙放送
◆放送日
11月3日(月・祝)


◆放送スケジュール(仮)
・16:30~ゴジラ様 文化功労表彰状授与式
・16:35~世田谷区長挨拶
・17:00 表彰状授与式終了
・19:00~「ゴジラ」シリーズBlu-ray&DVD予告編一挙放送
・20:00~スペシャルトーク
・21:00~最新作ゲーム実況 ※本邦初公開映像有り
・22:30 番組終了

◆出演(予定)
ゴジラ
宝田明
ラサール石井
倉敷保雄
ほか

11月3日は初代ゴジラ公開から丁度60周年という事で、この素敵なタイミングでニコ生が放送されるのは本当に嬉しい!
しかもイベントや新作ゲームの映像まで見れるなんて。
出演者もゴジラシリーズに縁のある豪華な方々ばかりですし、この日は夕方から夜まで「ゴジラ漬け」になりそうですw
せっかくの60周年記念特番ですし、事前にタイムシフト予約しておく事をお勧めします。
ゴジラと言えば、ゆっくり解説動画は明日中に最新パートを投稿しますのでもうしばらくお待ち下さいませ~。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|18:27

S.H.MonsterArtsの最新作が魂ウェブにて公開!

魂ウェブ商店にて、S.H.MonsterArts(エス、エイチ、モンスターアーツ)の最新作が公開されました。
今回商品化となったのは、こちらのキャラクターになります。


モンスターアーツ ミレゴジ雛形
http://p-bandai.jp/tamashiiwebshouten/item-1000093666/

S.H.MonsterArts ゴジラミレニアム Special Color
発送予定:2015年4月
税込価格:7776円
◆商品内容
・本体


酒井ゆうじさんの雛形版ミレゴジが、スペシャルカラーとして再販される事になりました。
そもそも雛形版のミレゴジは背びれが白く、今回のカラーリングこそが「本物」なんですよね。
(背びれが紫色で、体が緑っぽい雛形ミレゴジも過去に存在はしていましたけど)
ミレゴジは中古店でも結構なお値段になっていますし、今回の再販は良いタイミングだったのではないでしょうか。
欲を言えば一般販売して欲しかった所ですけど。

付属品は無く、カラーリング以外は以前のミレゴジと変わり無いみたいですね。
予約は明日24日の午後4時から開始なので、お間違えの無い様にご注意下さいませ。
通常版がとてもカッコよかっただけに、このカラーも楽しみ!


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|18:23

ウルトラマン対決セットシリーズ最新作のラインナップが公開!

先日も触れた、「ソフビヒーローVSウルトラマン対決セット」の最新作が予約開始となっています。
そのラインナップも公開されたので、改めて取り上げたいと思います。

http://item.rakuten.co.jp/auc-toysanta/bs-141022az-04-001/

ソフビヒーローVSウルトラマン対決セット ウルトラマンギンガSスペシャル2
2月発売予定
◆ラインナップ
・キャラクターA VS キャラクターB
・ウルトラマンビクトリー VS バードン
・ウルトラマン VS バルタン星人
・ウルトラマンメビウス VS インペライザー
・ウルトラマンゼロ VS ハイパーゼットン
(それぞれにライブサイン付きカードが付属)


ウルトラマンギンガS後半戦を中心に、人気キャラクターが顔を揃えたラインナップになっていますね。
気になるのはハイパーゼットンとバルタン星人の存在。
バルタン星人は劇場スペシャル2で登場しましたけど、ハイパーゼットンもスパークドールズが存在しているだけに、
ギンガS後半戦に登場するかもしれないキャラクターなんですよね。
(もちろんバルタン星人もギンガS後半戦に登場する可能性がありますが)
バルタン星人は、今度こそ成型色を水色にして欲しいなぁ・・・w

さて、ラインナップが1種類伏せられていますが。
これは今までのパターン通りだと、「新キャラクター」の可能性がとても高いですね。
恐らくウルトラマンと怪獣のセットでしょうが、どちらも一部では情報が出回りつつある「あのキャラクター」でしょうし、
解禁されるまではこのブログでは触れない事にしておきます。
さて、怪獣側の情報解禁は11月の頭、ウルトラマン側の情報解禁は12月の頭頃になるのかな?
(もしくは来年の映画に関わる新キャラクターなのかもしれませんが)

対決セットシリーズも不定期ですが、新作を続々と投入してくれるのは嬉しい限りです。
これで新規造形怪獣がもっと多ければ言う事が無いのですが・・・w


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|18:27

新ウルトラマン列伝 第69話

新ウルトラマン列伝
本日、第69話が放送されました!
第69話「80の絆 思い出の先生」
ウルトラマンメビウス第41話「思い出の先生」の内容を放送しました。

放送当時から大きな反響のあった、ウルトラマンメビウス屈指の名エピソードですね。
ウルトラマン80は昭和のTVウルトラシリーズ最終作でしたがあまりクローズアップされる機会が無く、
メビウスで単体のエピソードが用意される事が決定した時に、とても喜んだのを思い出します。
それまでもフォーメーション・ヤマトやサラマンドラの登場など、
80に関わる要素も色々とあっただけに「ここに来て真打登場か!」と。

冒頭ではロベルガー二世との激しい戦闘が繰り広げられ、ウルトラマン80の「戦士」としての活躍はそこに集約。
後半のホー戦では、かつての教え子たちの前に「教師」として登場するという構成も素晴らしかったですね。
あの短時間の中、4つも必殺技を使用した辺りが光線技の豊富なウルトラマン80らしいな~と。
ホーの涙やメビウスを見ての「お前じゃない!」的な駄々っ子アクションも、
かつては失恋怪獣として登場した怪獣の、新たな一面を垣間見た気がしました。

今回は特撮面よりもドラマ面の方が中心で、かつて桜ヶ丘中学校の生徒だった塚本が立派な教師となって再登場。
自分を立ち直らせてくれた矢的猛先生に同窓会で会いたいと、
同級生のスーパーや落語たちと共に考えるというストーリ-が泣かせます。
ウルトラマン80本編を見ていなくても、この流れだけで涙腺に来る方も多いのではないでしょうか。
他にもファッションやハカセ、真一など懐かしい顔ぶれも揃いますが、
ウルトラマン80の教師編はシリーズの途中でフェードアウトしてしまったのは有名なお話。
それをメビウスの中で完結させようとするスタッフの愛情や努力は素晴らしいものだと思います。

塚本を中心にかつての生徒たちを描写しながら、
矢的猛ことウルトラマン80が地球を離れている事実を知っているウルトラマンメビウスことヒビノ・ミライ。
彼らに矢的猛の居所を尋ねられますが答えられるはずもなく、
GUYS隊員とウルトラマンとしての自分に板挟みになるという構図も泣かせます。
矢的猛も、教師とUGM隊員、更にウルトラ戦士の狭間で厳しい立ち位置に居続けた訳ですからね。

当初はウルトラマン80も勝手に教師を辞めてしまった自分が今更生徒たちとは会えないと考えていましたが、
メビウスの危機を察して彼らの前に満を持して登場するその姿!
「俺たちのウルトラマンだ!」「矢的先生ー!矢的先生ー!!」という彼らの言葉は、
当時80を見て育ったファンの心の叫びを代弁してくれた素晴らしいセリフだったと思いますw

教え子たちの「仰げば尊し」を耳にした80はその場を静かに飛び去り、
教師として、矢的猛として彼らと再会する事で締めくくられるこのエピソード。
少子化により廃校が決まっている桜ヶ丘中学校が引き起こした、心温まる「事件」だったと思います。
新ウルトラマン列伝 ウルトラマン80


何より長谷川初範さんが出演された事で、ラストの感動がより一層強調されたお話でしたね。
あれだけの出番にも関わらず、その存在感と「あぁ、矢的猛先生が帰ってきた!」と思わせる演出とセリフの数々。
ウルトラマンメビウスにおけるウルトラ兄弟客演編の中でも、
これが特にお気に入りのエピソードだと話す方も非常に多いですね。
このお話は歳を重ねて見返すほど、新たな発見のある点も人気の秘密なのでしょう。

次回はウルトラマンギンガS後半戦の直前という事で、前半戦の総集編が放送されます。
youtubeでは前回のお話が配信開始となっています。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|20:09

謎のウルトラマンなりきりグッズが予約開始?

楽天市場にて、謎のウルトラマン新商品が予約開始となっています。
まだ1店舗でしか取り扱いが無いので、フライングしてしまったのでしょうか。

DXウルトラフュージョンブレス

DXウルトラフュージョンブレス
1月下旬発売
3888円

詳細は一切不明ですが、ウルトラマン関連の玩具だそうです。
ウルトラマンギンガSに登場する商品なのかすら不明。
値段的には発売中の「DXストリウムブレス」に近いですが、
とりあえず名称からして腕に付けるタイプのなりきり玩具なのでしょうね。

「フュージョン」という名前からして、何かと何かが融合をするアイテムなのでしょうか。
(ストリウムブレスは5兄弟の技を授かったウルトラマンタロウの力を借りるアイテムでしたけど)
謎が謎を呼ぶこのアイテム、今までの発売予定表には無かった商品なので、
もしかすると何らかの形で本編に関わってくる重要アイテムなのかもしれませんね。

他にも2月に「ウルトラマン対決セットシリーズ」の最新作も発売が決まっています。
まだラインナップは不明ですが、ウルトラマンギンガS後半戦に合わせた内容になるそうです。
1月以降の新商品は数が少なかったですが、こうなると未発表のものがまだまだあるのかも?
今後の続報に期待ですね~。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|19:45

プレイヒーローシリーズ ウルトラマン対決セットの怪獣ソフビをご紹介!(その18)

では、食玩「プレイヒーローシリーズ ウルトラマン対決セット」の怪獣ソフビをご紹介していきます。
今回は第十一弾目である「戦えメビウスブレイブ」の3体の怪獣をご紹介します。


プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ベムスターメビウス版
宇宙大怪獣ベムスター
ウルトラマンメビウス第18話「ウルトラマンの重圧」に登場したベムスターの別個体です。
ベムスターは既に商品化されていますが、今回はメビウス版のベムスターという事で完全新規造形!
成型色も茶色くなっていますが、劇中ではここまで茶色だった訳ではありません。
目付きがやや鋭くなっているのもメビウス版の特徴でしょうか。

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ベムスターメビウス版0
背面です。
何気に尻尾の向きも初代ベムスターと差別化されています。
可動箇所は両腕のみとなっています。
これと同時収録されていたのは、ウルトラマンメビウス(メビウスブレイブ)でした。


プレイヒーロー ウルトラマン対決セット カミーラ
愛憎戦士カミーラ
映画「ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY」に登場した闇の巨人のリーダー格です。
ダーラムやヒュドラに続いて、カミーラも対決セットで商品化となりました。
流石にあの体型は再現出来なかったですが、全体的に女性らしいシルエットにはなっています。
何よりカミーラが出た事で、闇の3巨人が勢揃いできたのが嬉しかったですね。

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット カミーラ0
背面です。
一部の模様は塗装が省略されています。
可動箇所は両腕と腰になっています。
これと同時収録されていたのは、ティガブラストでした。


プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ババルウ星人
暗黒星人ババルウ星人
ウルトラマンレオ第39話「レオ兄弟 ウルトラ兄弟 勝利の時」にてその本性を現した卑劣な宇宙人です。
当時は定番ソフビ人形よりも早く発売され、その出来の良さに感動したものです。
胸など一部は塗装が省略されていますが、前面の塗り分けは細かい方だと思います。
ミニソフビなので、トゲは少々丸めですが。

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ババルウ星人0
背面です。
一部プロテクター部分は塗装されていますね。
可動箇所は両腕と腰になっています。
これと同時収録されていたのは、ウルトラマンレオでした。


以上が第十一弾目の怪獣ソフビ達になります。
ウルトラマンメビウス中盤の展開をメインに据えたラインナップでした。
この他にも2種類セットが存在しますが、「コスモスコロナモードVSベーシカルバルタン」、
「ウルトラの父VSヒッポリト星人」と、怪獣側は過去商品の再販でした。
(ベーシカルバルタンは、素材が初版より柔らかくなっていたはずです)
次回は第12弾目を取り上げる予定です。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|18:03

youtubeにて、ウルトラマンネクサス10周年記念の対談動画第2弾が公開中!

前回に引き続き、youtubeの「SciFi JAPAN TV」というアカウントが、
ウルトラマンネクサス10周年記念の対談動画の第2弾をアップロードしました。



前回と同じく渋谷プロデューサー、脚本の長谷川さん、監督の小中さん&アベユーイチさんの4人での対談です。
本編の夕日が素晴らしかったので、特撮班もそれに負けないぐらい気合を入れたという発言や、
話数短縮の為に本編でカットされてしまった部分のお話にも触れられていますね。
ネクサス終盤はスタッフも異様なテンションだったというお話ですが、それは見ている側としても納得ですねw
特に詰め込みまくったにも関わらず、ネクサスの様々な謎を解き明かし、
全編見せ場と言っても過言では無いぐらい盛り上がった最終回の出来は拍手ものだと私は思っています。

泣く泣くカットされた部分のお話でも触れられていましたが、
本編で孤門が何度か回想した「子供の頃に溺れた自分を助けたくれた手」の謎。
書籍などでも既に公開されていますが、あれは「成長した孤門自身の手」なんですよね。
ループものというか、あの手があって今の自分があるという設定だったのですが、
話数短縮の為にそこが語られるエピソードがカットされてしまったのが惜しいですよねぇ。
なので最終回で凪を助ける孤門の手に、その意味が集約される事になったのですが。

他にもデュナミストの運命を分けた人間の内なる光と闇の存在、板野一郎さんのCGアニメ演出、
当初予定していた構想の一部など興味深いお話がたくさん語られています。
今回が後編かと思いきや、なんとまだ次回(ネクサス対談最終回)も予定されているという事で、
そちらの公開も楽しみですね。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|18:42

新ウルトラマン列伝 第65話~68話

新ウルトラマン列伝
では、ここ4週間に渡って放送された新列伝の感想です。
第65話「ウルトラマンコスモス2  第1章【災いの影】」
第66話「ウルトラマンコスモス2  第2章【命の星】」
第67話「ウルトラマンコスモス2  第3章【光の帰還】」
第68話「ウルトラマンコスモス2  第4章【正義の巨人】」

映画「ウルトラマンコスモス2 THE BLUE PLANET」の内容を放送しました。

この映画はウルトラマンコスモスの後日談という事で、TEAM EYESに所属していないムサシの活躍が描かれました。
彼が途中から所属するチームはTEAM SEAという事で、サイパン島の美しい海が登場するシーンも豊富でしたね。
ウルトラシリーズでは珍しく海外とのタイアップ作品でもあるので、
日本国外に怪獣が出現し、蹂躙するというシーンもしっかり描写されているのが嬉しい所でした。

基本はギャシー星人との交流が中心に描かれていましたが、
ムサシの幼馴染であるマリ、ツトム、ショージも成長した姿で登場。
(ショージはTVシリーズにも出演していましたけど)
更にチャイルドバルタンも出演するなど、
TVシリーズだけではなく映画「ウルトラマンコスモス THE FIRST CONTACT」を踏まえた内容になっていましたね。
音楽面や各所に出演するゲスト陣など、ティガ・ダイナ・ガイアを思わせる所もちらほら。

コスモスといえば怪獣保護とカオスヘッダーの驚異がメインテーマでしたが、本作ではそれらの要素は顔を見せず、
ギャシー星人やレイジャとの共闘で地球を襲うスコーピス&サンドロスに挑むという、
「戦闘」が特撮のメインになっていた所は、一番最初に本作品を観た時に驚いた記憶があります。
これは続編のVSジャスティスにも繋がる所ですが、やはり映画という媒体なので、
ウルトラマンが怪獣を倒すシーンを多めに入れたいという意向があったのでしょうか。
(TVシリーズでもムサシ&コスモスは明確な悪意や敵意を持つ相手には容赦ありませんでしたがw)

なのでコスモスらしい要素は少し薄いのですが、エイ型から変形して怪獣型になるレイジャや、
凶悪な面構えとトゲトゲっぷりがカッコいいスコーピスなど、
怪獣のデザインはとても素晴らしいので特撮シーンは何度も見返した作品の1つですね。
特にスコーピスは大きく広がる両翼や、長く鋭い尻尾などが大のお気に入りです。
ボス怪獣のサンドロスが煙幕を使い、中のコスモスやジャスティスを攻撃して火花が散ると、
一瞬だけそのおぞましい形相が映るという演出も大好きでした。

今回、唐突に登場した新ヒーローであるウルトラマンジャスティスも次回作で掘り下げられましたし、
TVシリーズと最終章である次回作を繋ぐ作品となってしまった感もありますが、
サイパンの美しい風景がコスモスという作品とマッチしていましたし、
CGも段々と発達してきた時期だけに、映像的にも見所の多い作品だったと思います。
出番が一瞬だったスケルトンコロナモードはアレでしたが、スペースコロナモードのデザインもカッコよかった!
新ウルトラマン列伝 ウルトラマンジャスティス


カットシーンが目立ちましたが、4週に渡ってコスモス2も無事TV放送されましたね。
残る2本の映画も、こうやって分割放送される日が来るのでしょうか?
次回はウルトラマンメビウスから、ウルトラマン80が登場する人気エピソードが放送されます!
youtubeでは前回のお話が配信されています。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|18:31

大怪獣ラッシュが単独でブルーレイ化決定!

大怪獣ラッシュ ブルーレイ
http://p-bandai.jp/carddas/item-1000093750/

大怪獣ラッシュ ラッシュハンターズ プレミアムセット
発送予定:2014年12月
税込価格:4536円
◆商品内容
・カード/5枚
・9ポケット特製バインダー/1冊
・付属ブックレット/1冊
・Blu-ray/1枚


昨日、セカンドシーズンの放送が終了した「大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア」ですが、
ファーストシーズンがプレミアムバンダイ限定商品として単独Blu-ray Disc化となりました。
ブルーレイ単品売りという訳ではなく、様々な特典とセットになっていますね。
個人的には書き下ろしイラストを含む「ビジュアルファンブック」や、
このブルーレイだけの「特典映像」が気になっています。

今まではウルトラマンギンガのブルーレイに分けて収録されていただけに、
こうやって1本のソフトとしての商品化は嬉しいですね。
バインダー、カード、ファンブック、ブルーレイと正に大怪獣ラッシュファンに向けたこのアイテム。
限定3000個という事で、私も早速予約しました。
いずれセカンドシーズンも、このように1本のソフトとして商品化して欲しいですね~。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|18:49

大怪獣ラッシュ2期目 第9話(最終話)

※新ウルトラマン列伝は4週連続の分割放送の為、
ウルトラマンコスモス2の感想などは今週中に纏めて記事にしたいと思います。


本日、新ウルトラマン列伝内にて大怪獣ラッシュ二期目の最新エピソードが放送されました。
第9話「究極のハンティング!プラズマキラーザウルス!」という事で、第二期目の最終回ですね。
最後は12分という超拡大版で放送されました。

時系列はキングジョーハンティングの直後で、バルタンバトラー・バレル、ガッツガンナー・ガルム、
マグママスター・マグナの3人はステーションに転送されるはずが、何故か未知の惑星へと転送されてしまいます。
しかも時間もかなり経過していて、ガルムの顔にあった傷もすっかり回復していたのです。
更にマグナが振り返ると、そこには岩の中で眠りに付いているプラズマキラーザウルスの姿が・・・!

一方、ステーションではメフィラス星人ジェントの元を訪ねてきたメフィラス星人シックルの姿が。
妙にザワつく感覚があるという話でしたが、ジェントもそれを感じ取っていた様子。
するとカネゴン・ア・キンドの元にようやく3人の反応が出たのですが、
ジェントの口からはガッツ星人シーズだけが帰還し、3人は何日も行方不明であった事が明かされます。

プラズマキラーザウルスが覚醒しそうになったので、ガルムは直様に撤退するように呼びかけますが、
マグナは冬眠から目覚めたばかりならチャンスだと話し、バレルもそれに同調。
ガルムは「このヒヨっ子!若造!半人前!!オマケに死にたがりもか!!」と激怒しますが、
3人が揉めている間にプラズマキラーザウルスは覚醒。
覚悟を決めたガルムはどうせやるならと、お腹に赤く輝く巨大なプラズマソウルを狙う事を2人に指示します。

しかしガルムの攻撃はプラズマソウル状の触手から放つ光線で無力化され、バレルのサンダーブーメランも体内に吸収。
そこにマグナも攻撃を仕掛けるものの、圧倒的なパワー差の前に吹っ飛ばされてしまいます。
更にマグナの脳裏には何度も謎のイメージが浮かび上がり、戦いに集中できず武器もロスト。
その時、マグナはプラズマキラーザウルスの額に何かを垣間見ます。
ガルムの武器もロストしてしまい、撤退を考えるガルムですが「武器ならある!」と走り出すマグナ。
そしてバーサクを使用し、全身を赤く輝かせてプラズマキラーザウルスへと突っ込むのでした。

ガルムは自爆かと考え思わず叫びますが、次の瞬間、そこには謎の大剣を手にしたマグナの姿が!
バレルの「剣の声を聞け」というアドバイスを受け、マグナは剣からとあるイメージを託されます。
それは、かつてこの剣の持ち主がプラズマキラーザウルスと戦ったものの、
その剣が飲み込まれてしまい、その作用でプラズマキラーザウルスは深い眠りに付いていたというのです。
そして彼らやステーションに居たジェント達は、マグナが手にした剣こそ、
伝説の七星剣の一つ「妖刀ナナマス」である事を確認するのでした。

彼らをプラズマキラーザウルスの元へ呼び寄せた存在こそがこのナナマスであり、
ガルムはその危険性を指摘しますが、マグナはかつてガルムに教わった通り、
その場に応じて武器を臨機応変に使用する事を決意します。
そしてナナマスを手にしたマグナは「ヴォルカニックスラッシュ」を放ち、
プラズマキラーザウルスの胸に輝くプラズマソウルを破壊!
文字通り、今までとは桁違いのプラズマソウルを獲得します。

その反動でプラズマキラーザウルスは惑星の外に吹っ飛ばされ、そのまま宇宙の果てへと逃げてしまうのでした。
ナナマスも持ち主の元へと帰るのか、宇宙の果てへと飛んでいってしまいます。
ようやくステーションへと帰還できた3人でしたが、そこにはプラズマキラーザウルスを撃退した勇者として、
ステーション中の宇宙人たちが彼らを拍手喝采で出迎えるのでした。
しかしシックルとジェントは一連の戦いを見て、近い内に伝説の七星剣が復活し、
プラズマギャラクシーにかつてない動乱が起こる予兆を感じ取ります。
しかし、それは彼らハンター達にとっての新たな伝説の始まり、新たなる大怪獣ラッシュの始まりでもあるのでした!
大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア第2期 第9話


これにてセカンドシーズンは完結!
プラズマキラーザウルスの戦闘シーンも初公開されましたが、腕がロケットパンチみたいに飛び出したり、
クリスタル状の触手は攻守ともに優秀であるなど、今までの怪獣とは桁違いの強敵として描写されていましたね。
移動方法もホバリング方式でしたし、どことなくロボットらしい所も「超獣」の名残なのかな~とw
原点であるUキラーザウルスの物体を取り込める能力も活かされていましたし、
それが撃退の突破口にもなるなど、大怪獣ラッシュは怪獣の扱い方が本当に上手いな~と感動w
しかしこれだけやっても倒しきれない辺り、プラズマキラーザウルスは規格外の相手なんですねぇ。

今までもそれらしい所がありましたが、この大怪獣ラッシュというシリーズはマグナの成長物語でもありました。
遂に七星剣を手にし、今までの戦いの総決算のような活躍を見せてくれたマグナ。
彼がこのシリーズの主役であった事はもはや疑いようがないでしょうw
何気にステーションにはマグマ星人トライドも追加されていましたし、
モブキャラとはいえハンター達も続々と追加されていった2期目は大満足でした。

そしてメフィラス星人ジェントの言葉の中で、七星剣が遂にその姿を現しました。
果たしてそれを手にする残りのメンバーとは!?
今後のプラズマギャラクシーに起こるであろう、かつてない動乱とは!?
ここまで前フリがあったんですし、大怪獣バトルサードシーズンも是非実現して欲しい!

youtubeでは前回の新列伝の他、今回放送された大怪獣ラッシュの映像が配信開始となっています。




にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|19:58

プレイヒーローシリーズ ウルトラマン対決セットの怪獣ソフビをご紹介!(その17)

では、食玩「プレイヒーローシリーズ ウルトラマン対決セット」の怪獣ソフビをご紹介していきます。
今回は第十弾目である「永遠の勇者たち編」の6体の怪獣をご紹介します。

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ボガール
高次元捕食体 ボガール
ウルトラマンメビウスの序盤に登場し続けた怪獣を喰らう怪獣です。
白蛇のような鱗状のディテールや、そのスタイルなどはしっかり再現されていますね。
成型色も当時の定番ソフビよりは明るめで、劇中イメージに近い色合いです。
赤い部分の塗装は一部省略されています。

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ボガール0
背面です。
こちらも赤い模様は一部だけ塗装されていますね。
可動箇所は両腕と尻尾になっています。
これと同時収録されていたのは、ウルトラマンヒカリでした。


プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ザラブ星人
凶悪宇宙人 ザラブ星人
ウルトラマン第18話「遊星から来た兄弟」に登場した変身能力を得意とする宇宙人です。
初代ザラブ星人のスーツを再現したその出来も素晴らしいのですが、
何より「耳パーツ」が引っ込んでいる造形がマニアック!
これは巨大化後のザラブ星人の特徴で、この耳パーツが無い状態での立体化はあまり無いんですよねぇ。

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ザラブ星人0
背面です。
各部に茶色のスプレーが吹き付けてありますね。
可動箇所は両腕と腰になっています。
これと同時収録されていたのは、ウルトラマン(Bタイプ)でした。


プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ガッツ星人
分身宇宙人 ガッツ星人
ウルトラセブン第39&40話「セブン暗殺計画(前後篇)」に登場した用意周到な作戦を立てる宇宙人です。
ソフビ道ほどではありませんが、こちらも全身の細かい模様が塗装されていますね。
先日取り上げたウルトラファイト版のガッツと似ていますが、勿論新規造形の商品です。
頭のピーコック模様は、モールドで表現されていますね。

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ガッツ星人0
背面です。
こちらはお尻の模様が省略されています。
可動箇所は両腕と腰になっています。
これと同時収録されていたのは、ウルトラセブンでした。


プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ナックル星人
暗殺宇宙人 ナックル星人
帰ってきたウルトラマン第37話「ウルトラマン夕陽に死す」、第38話「ウルトラの星光る時」に登場した侵略者です。
定番ソフビではスルーされ続けている、初代ナックル星人というチョイスが嬉しいですね。
毛の表現や赤い部分の塗装なども細かく、よく出来ているソフビだと思います。
ただ、見れば見るほど定番ソフビにならない理由が分かる気が・・・w

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ナックル星人0
背面です。
こちらの赤い部分の塗装は省略されています。
可動箇所は両腕と腰になっています。
これと同時収録されていたのは、ウルトラマンジャック(ブレスレット付き)でした。


プレイヒーロー ウルトラマン対決セット 巨大ヤプール
異次元超人 巨大ヤプール
ウルトラマンエース第23話「逆転!ゾフィ只今参上」に登場したヤプール人の戦闘形態です。
成型色が少し明るめですが、巨大ヤプールらしさは出ている商品だと思います。
流石に小さいのでトゲなどの造形は甘めですが。
ただ、手で握ると結構気持ちいい感触なんですよねw

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット 巨大ヤプール0
背面です。
こちらは一部だけ塗装されていますね。
可動箇所は両腕と腰になっています。
これと同時収録されていたのは、ウルトラマンエースでした。


プレイヒーロー ウルトラマン対決セット テンペラー星人
極悪宇宙人 テンペラー星人
ウルトラマンタロウ第33話「ウルトラの国大爆発5秒前!」、第34話「ウルトラ6兄弟最後の日!」に登場した強豪です。
ソフビ道よりもやや大きく、背は低いですがボリューム感のある造形が個人的に気に入っている商品ですね。
目の塗り分けも細かくて良いです。
しかし愛嬌のあるフォルムだなぁ・・・w

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット テンペラー星人0
背面です。
マントは本体と一体成型になっていますね。
可動箇所は首、両腕、両足となっています。
これと同時収録されていたのは、ウルトラマンタロウでした。


以上が第十弾目の怪獣ソフビ達になります。
この他にも1種類セットが存在しますが、
「メビウスインフィニティー&メビウス(変身状態)」というヒーローセットなので省略です。
このラインナップはメビウスの映画と連動していたのですが、
宇宙人は全て初代版からのチョイスという「ひねくれっぷり」が対決セットらしいな~とw
そこにヒカリやボガールも加わって、正にメビウス祭といった感じの内容でした。
次回は第11弾目を取り上げる予定です。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|13:33

【動画投稿】 ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻 part30

第1回目の記事はこちらになっています!
http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1466.html


ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻30
http://www.nicovideo.jp/watch/sm24665590

私の手書きイラストによるゆっくり怪獣解説動画の第三十回目を投稿致しました。
第三十回目はウルトラセブンXより「パラサイト宇宙生物ペジネラ」、
ウルトラマンナイスより「猛毒宇宙人ザゴン星人」をご紹介。

まだ取り上げていないシリーズを一気に紹介しようという事で、今回はセブンXとナイスからのチョイスです。
ペジネラの回は「うまい話には裏がある」や、「安易に薬に頼ってはいけない」というテーマを織り交ぜつつ、
独自のホラーテイストに仕上がっているのが印象的でした。
何気にペジネラも愛嬌のあるフォルムをしているのですが、やはり血管が浮き出ていては可愛げが無いですねw
そして今やショーやイベントではお馴染みの存在であるナイス。
CM作品なのでとにかく展開が早く「ゆるい」路線だったという印象です。
いずれ纏めてソフト化しないかな~と思っている作品の1本ですね。

今回も面白いと感じて頂けたら動画へのコメントや、マイリスト登録して頂けるとありがたいです。
では、お楽しみ下さいませ~
youtubeでは、「やる夫とやらない夫がゆっくり三妖精に教える ゴジラ怪獣図鑑part10」を投稿しております。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|17:24

ウルトラヒーロー500 2月分の新作が予約開始!

楽天市場などで、2月に発売されるウルトラマン新作ソフビ人形の予約情報が公開されました。
現在の所、3体が確認できますね。


2月発売予定
・ウルトラヒーロー500 31 シャイニングウルトラマンゼロ

・ウルトラヒーロー500 32 ウルトラマンネクサス(ジュネッス)

・ウルトラヒーロー500 33 ウルトラマンコスモス(エクリプスモード)


発売中のゼロ、ネクサス、コスモスの強化形態がウルトラヒーロー500で商品化ですね。
残念ながら、ウルトラ怪獣DXやウルトラ怪獣500の情報は今の所ありませんでした。
毎年2月は商品数が少ないですし、同時期にゴジラの定番ソフビが復活するのでその影響でしょうかね。

ウルトラシリーズは来年の春(?)頃に新作劇場作品の公開が控えているとフィールズから発表されていますし、
新商品は3月以降の情報に期待しましょうか。
ウルトラマンギンガSの後半戦が始まる11月にも大型商品の発売が控えていますが、
本編に大きく関わるネタバレ情報なので公式発表の日までブログでは触れないつもりです。
今年の年末商戦の目玉商品ですし、個人的にはかなり注目しているんですけどねw

ウルトラマンビクトリーの新武器、「シェパードンセイバー」に関しては公式で既に公開されていますね。
http://www.b-boys.jp/ultra-ginga/products/dxshepherdonsaber/
シェパードンセイバー
こちらもウルトランスの一種なので、シェパードンの背中のビクトリウムがそのまま剣になってしまったデザインが凄いw
ビクトリーランサーには収録されなかったシェパードンの鳴き声も入っているそうですし、
7色に光るLEDが綺麗そうなのでお金に余裕があれば購入したいな~と思っている商品です。
ウルトラマンギンガSがお休みである今月の内に、来月に回す予算を確保しておかないと・・・


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|18:38

ウルトラエッグ ベロクロン&バキシム

既に発売中のウルトラエッグの新商品をようやく購入できたので、今回はそちらをご紹介します。
久しぶりに2体の敵キャラクターが商品化されました。

ウルトラエッグ ベロクロン&バキシム
ベロクロン&バキシム
ウルトラマンエースに登場した人気超獣が、ウルトラマンギンガS出演と連動してウルトラエッグ化!
EG(エッグ)モードでは、最近のエッグシリーズと同じく「何となく卵型」になっていますw
既にDXエッグスキャナーとは連動していないので、どちらにもエッグサインはありません。

ウルトラエッグ ベロクロン&バキシム0
エッグモードの背面です。
バキシムは結構纏まっていますが、ベロクロンの方は何だかゴワゴワしていますね。

ウルトラエッグ ベロクロン&バキシム1
では、トランスフォーム!
2体共に怪獣型の変形パターンですが、それぞれ独自のパーツ展開があるので変形は面白い方だと思います。
特にバキシムの角は「こう来たか!」と。

ウルトラエッグ ベロクロン&バキシム2
まずはベロクロンのAT(アタック)モードです。
首が長く頭が小さいので、ウルトラマンメビウスの時に発売されたベロクロンのソフビに何だか似ている気がw
塗装も結構細かいですね。

ウルトラエッグ ベロクロン&バキシム3
アタックモードの背面です。
ベロクロン特有の赤いフサフサパーツも、可動軸を設けて再現されていますね。
変形時は文字通り「開くよう」に動かします。

ウルトラエッグ ベロクロン&バキシム4
続いてバキシムのAT(アタック)モードです。
元からお腹が出ているデザインなので、ウルトラエッグのフォルムとも相性がバッチリでしたね。
ネジ穴が目立つものの、完成度は非常に高いと思います。

ウルトラエッグ ベロクロン&バキシム5
アタックモードの背面です。
背中から尻尾にかけてのボリューム感も中々のものですね。
こちら側も元のフォルムを維持出来ているのではないかと。

ウルトラエッグ ベロクロン&バキシム6
両腕や両足が可動するので、お座りポーズも可能でした。
やっぱり怪獣型のキャラクターは変形させるのが面白い!

以上がベロクロンとバキシムの軽いレビューになります。
何だかんだでウルトラエッグも、着実に数を増やしていますね~。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|19:10

ULTRA-ACTにウルトラマンヒカリが登場!&ゴジラのソフビシリーズが来年から再開!

魂ウェブ商店にて、ULTRA-ACT(ウルトラアクト)の最新作が公開されました。
今回商品化される事になったのは、こちらのキャラクターになっています。

ウルトラアクト ウルトラマンヒカリ
http://p-bandai.jp/item/item-1000093670/

ULTRA-ACT ウルトラマンヒカリ
発送予定:2015年4月
税込価格:4536円
◆商品内容
・本体
・交換用手首左右各2種
・交換用カラータイマー(赤)
・ナイトシュートエフェクトパーツ×1
・ナイトビームブレードパーツ×1
・支柱嵌合用パーツ

随分前にイベントで試作品が展示され、音沙汰の無かったウルトラマンヒカリが、遂にアクションフィギュア化決定!
今月下旬に発売される、ウルトラマンメビウスver.2に合わせての予約開始なのでしょうかね。
以前の試作品とは全く違う造形で、ちゃんとここ最近の仕様になっているのが嬉しい所。
これで現時点で「ウルトラ兄弟」に認められている、11人のウルトラヒーローが勢揃いとなりました。
商品は明日9日の午後4時から予約開始となりますので、お間違えの無いようにご注意を。
早くメビウスやゾフィーなどと並べたい・・・w



そして楽天市場では、来年発売予定であるゴジラの「ムービーモンスターシリーズ」最新作が予約開始となりました。
http://item.rakuten.co.jp/digitamin/c/0000000675/

◆2月発売予定
・ゴジラ ムービーモンスターEXシリーズ キングギドラ
・ゴジラ ムービーモンスターEXシリーズ ゴジラ1968
・ゴジラ ムービーモンスターEXシリーズ メカゴジラ
・ゴジラ ムービーモンスターEXシリーズ キングシーサー
・ゴジラ ムービーモンスターEXシリーズ レインボーモスラ


どれも過去にムービーモンスターシリーズとして発売されていた商品で、
定価が1500円以上なので恐らく過去の金型を流用した再販品になると思われます。
(あくまで憶測ですが)
流用であれば、ラインナップ的にキングギドラはVS版、メカゴジラは昭和版になる可能性が高いですね。
情報が少なすぎるので何とも言えませんが、ようやくゴジラの定番ソフビが本格始動されるのは嬉しい!
ゴジラエッグと共に、玩具売り場にゴジラ商品が並ぶ嬉しさを早く噛み締めたいものです。
さぁ、EX枠ですしどこまでラインナップが広がるか!?


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(7)トラックバック:(0)|19:02

大怪獣ラッシュ2期目 第8話

※新ウルトラマン列伝は4週連続の分割放送の為、
ウルトラマンコスモス2の感想などは最終週に纏めて記事にしたいと思います。


本日、新ウルトラマン列伝内にて大怪獣ラッシュ二期目の最新エピソードが放送されました。
第8話「チャンスはいちど!マグナ必殺の一撃!」という事で、キングジョーハンティングの後編ですね。
謎に包まれていたガッツガンナー・ガルムの過去が、ガッツ星人シーズの口から明かされます。
過去にガルムは、実の弟と共にキングジョーに挑み、返り討ちにあってしまったとの事。
しかも弟は重傷を負ってしまい、その莫大な治療費を稼ぐ為にガルムはガネーに執着していたというのです。

ハンターを狩る事を楽しんでいるキングジョーの前に、負傷したガルムでは狙撃が出来ないので、
マグママスター・マグナが代わりとなって今一度のチャンスに賭ける事に。
キングジョーは分離状態でハンターを翻弄し、弱ってきた所を合体して攻撃してくるとガルムは話します。
マグナは引き金を引けないガルムの代わりにはなっているものの、
自分の指は同じチームであるガルムの指と同等であると話し、ガルムは少し照れ臭そうに「ひよっこが!」と返します。

そしてキングジョーは攻撃を再開し、再び合体!
この瞬間を逃すまいと合体する寸前の隙を狙ってマグナはビームを発射しますが、
何とお腹のパーツだけが移動する事でキングジョーは攻撃を避けてしまいます。
合体したキングジョーは小惑星を握りつぶそうと襲い掛かってきますが、
そこにバルタンバトラー・バレルから通信が入ります。

一連の話を聞いていたバレルは頭部と胸部の間にサンダーブーメランを挟み込んでいて、
キングジョーを完全に合体出来ない状態にしていたのでした。
マグナはそこを最後の一撃で狙い撃ち、見事にキングジョーを撃破!
ガルムは戦いを経て成長したマグナの肩を叩き、「借りが出来たな」と、どこか嬉しそうに呟くのでした・・・
大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア第2期 第8話


ガルムに実の弟が居たとは、今回初公開された新情報でしたね。
ガッツ星人一族もこれでかなり増えてきたイメージがw
今回は何と言っても、マグナが男らしく成長した姿を見れた事が嬉しかったですね。
初期は自分が活躍する事しか考えて居なかったあのマグナが、
一流のハンターとしての心構えをしっかりと持っていた所に成長を感じました。
ガルムも皮肉めいた事を言いつつも、マグナの成長をどこか喜んでいる様に見えましたね。
キングジョーの狂ったような「ビカビカ感」も含めて、この前後編は個人的に第二期目で一番面白いお話でした。

さて、次回はいよいよ大怪獣ラッシュ第二期目の最終回!
何時もより拡大したスペシャル版として、あのプラズマキラーザウルスに挑む長編になる模様です。

youtubeでは前回の新列伝の他、今回放送された大怪獣ラッシュの映像が配信開始となっています。




にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|19:07

プレイヒーローシリーズ ウルトラマン対決セットの怪獣ソフビをご紹介!(その16)

では、「プレイヒーローシリーズ ウルトラマン対決セット」とほぼ同規格の商品である、
ウルトラファイト スーパーアルティメットBOX」に付属してきたミニソフビ人形をご紹介します。
今回は後編という事で、残る7体の怪獣ソフビ人形をご紹介します。


ウルトラファイト ゴドラ
ゴドラ
こちらも比較的マトモな見た目であるゴドラ。
ミニソフビですが塗り分けの細かさが尋常では無く、このソフビセットの中ではトップクラスの出来ですね。
微妙に崩れ始めているスーツの特徴も、よく捉えられた造形だと思います。
ハサミことゴドラガンも、セブン本編とは異なる形状がちゃんと再現されていますね。

ウルトラファイト ゴドラ0
背面です。
こちらも妥協の無い塗装で良い仕上がりになっています。
本編ではセブンに腕をもがれて敗走したシーンをよく覚えていますw
可動箇所は両腕と腰になっています。


ウルトラファイト アギラ
アギラ
ウルトラファイトではカプセル怪獣ではなく、ウルトラセブンの子分的なポジションとして登場したアギラ。
焦げ茶色になってしった全身、前に向いてしまっているヒレや尻尾などの再現度が凄いですw
口の中までしっかり塗装&造形されていますし、こちらも出来のいいソフビですね。
ブルーの目もよく目立っています。

ウルトラファイト アギラ0
背面です。
各部にはスプレーで汚れているような塗装がされています。
ナレーターからも堂々と「弱い」と言われてしまう哀れなキャラクターでしたw
可動箇所は両腕、腰、両足となっています。


ウルトラファイト ケロニヤ
ケロニヤ
ケロニアならぬケロニヤなケロニヤ。
焦点の定まっていない顔付きも見事ですが、ソフビ人形にしては珍しくポーズ付きになっている造形が目を引きます。
ウロコのような葉っぱのような、独特の全身のディテールもよく出来ています。
スチール写真のせいで海岸に居るイメージが強いケロニヤですが、実際は山間で戦う事がほとんどでした。

ウルトラファイト ケロニヤ0
背面です。
こちらも各部に茶色い汚し塗装がされています。
ウルトラファイト出演で知名度が向上したキャラクターの1体なんだろうなぁとw
可動箇所は両腕と腰になっています。


ウルトラファイト シーボーズ
シーボーズ
各部が微妙に崩れて表情も変わってしまったシーボーズ。
表情だけではなく、性格もウルトラファイトに感化されたのか喧嘩好きになっています。
一部が省略されているものの、暗いパール塗装で骨の部分が綺麗に塗り分けられていますね。
ポージングも両腕を下ろしている「立ちポーズ」になっています。

ウルトラファイト シーボーズ0
背面です。
こちらも塗装が細かいですが、本編以上に哀愁が漂っているような・・・w
海坊主が名前の元なだけに、ウルトラファイトではようやく海辺で活躍する姿が見られました。
可動箇所は両腕と腰になっています。


ウルトラファイト キーラー
キーラー
キーラならぬキーラーなキーラー。
眠たそうな目に黄色く塗装されてしまっている各部など、イカルスと同様に「これはこれでアリ」な姿をしていますね。
くたびれてシワシワな体や、柔らかそうに垂れ下がった角などもしっかり再現されています。
顔を見つめ続けていると、何となく「土偶」を思い浮かべてしまうのは私だけでしょうか?

ウルトラファイト キーラー0
背面です。
こちらは茶色一色なので塗装箇所はありません。
劇中では「俺キーラーってんだよ」と視聴者に話しかける姿が印象的でした。
可動箇所は両腕と腰になっています。


ウルトラファイト ゴーロン
ゴーロン
本編以上に猿人らしい顔付きになったゴーロン。
ウーとは違い、こちらの体毛は短めなのでミニソフビでの再現度は高めですね。
特徴的なロン毛も、造形と塗装によりちゃんと再現されています。
こちらもケロニヤと同様に、ポーズ付きになっていますね。

ウルトラファイト ゴーロン0
背面です。
実は顔と頭以外塗装されていないという、ある意味潔い商品でもあります。
ウーもそうですが、雪山で暴れる姿が似合うキャラクターでしたねぇ。
可動箇所は両腕と腰になっています。


ウルトラファイト ゴモラ
ゴモラ
最終話(というか追加撮影分の1本)だけに登場したゴモラもまさかの商品化!
薄暗い怪獣倉庫でウーと激闘を繰り広げていましたが、細部がよく分からないのによく立体化出来たなぁと。
他にも、このアトラクション用ゴモラの資料があったのでしょうかね。
頭でっかちでお腹も岩みたいになっていますが、ゴモラらしい特徴は出ているスーツだと思います。

ウルトラファイト ゴモラ0
背面です。
各部には緑でスプレー塗装されていますね。
尻尾が途中で折れ曲がっている、このスーツらしい造形がよく出来ています。
可動箇所は首、両腕、腰、尻尾になっています。


以上がウルトラファイトDVD-BOXの特典として商品化されたソフビ人形になります。
前編と合わせて、登場キャラクター全てを同じ企画で商品化した偉業は見事という他ありません。
入手するには割と大金が必要になりますが、それに見合う価値のある商品だったのではないでしょうか。
どれも足の裏には「非売品」という刻印がありますし、今後の一般販売は考えていない商品なのでしょうね。
これらのソフビですが、実はウルトラマンギンガのとあるシーンにも出演しているので、気になる方は探してみて下さいw
次回は第10弾目を取り上げる予定です。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|17:59

プレイヒーローシリーズ ウルトラマン対決セットの怪獣ソフビをご紹介!(その15)

今回は「プレイヒーローシリーズ ウルトラマン対決セット」とほぼ同規格の商品である、
ウルトラファイト スーパーアルティメットBOX」に付属してきたミニソフビ人形をご紹介します。
こちらはDVD-BOXの特典なのですが、何と「ウルトラファイトの新撮部分に登場した全キャラを商品化」という、
当時のファンに「気でも狂ったのか」と言わしめたラインナップが話題を呼びましたw
そのサイズや仕様などは「ソフビ道」や「ウルトラマン対決セット」などのミニソフビシリーズとほぼ同じなので、
こちらの商品もこのカテゴリーにて取り上げる事にしました。

DVD-BOXですが、私は正直に言うとこのソフビを目当てに購入したようなものです。
しかしいざ映像を見てみると、その独特の世界観に心を打たれ(脳がやられたと言う方が正しい)、
BOXに付属してきたソフビ人形たちがより愛おしくなってしまいました。
今回は全14体の内、半分の7体をご紹介したいと思います。


ウルトラファイト ウルトラセブン
ウルトラセブン
今回は例外という事で、ウルトラヒーローの方も掲載しておきます。
ウルトラファイト唯一のウルトラヒーロー、ウルトラセブン!
ファイト版という事で、スタイルもどことなく何時ものセブンとは違うイメージになっています。
何気に手足が朱色で塗装されていたり、目が二重塗装になっているのが細かい!

ウルトラファイト ウルトラセブン0
背面です。
劇中ではヒーローらしい姿を見せる一方で、怪獣たちを笑い飛ばしたりとヒーローらしからぬ行動も目立ちましたw
ウルトラファイトのセブンと言えば後頭部が黒い色をしているスーツがある事で有名ですが、
このソフビは後頭部が銀色のスーツを元に作られたようです。
可動箇所は両腕と腰になっています。


ウルトラファイト ウー
ウー
本編のウーとは異なりかなりの暴れん坊で、怪獣の中では勝率が高い事で知られるウー。
初代ウーとは全く異なる顔も、ちゃんと再現されているのが嬉しいですね。
戦いを重ねる毎に全身の毛が汚れていく様が有名ですが、このソフビは比較的綺麗な時のウーを再現しています。
あのゴワゴワした毛の表現は、流石にこのサイズのソフビだと厳しかったみたいですね。

ウルトラファイト ウー0
背面です。
各部に黄土色や白でスプレーされています。
ウーは一部で「ウーさん」と呼ばれる程の人気キャラクターですが、その勝率の高さが人を惹きつけるのでしょうかw
可動箇所は腰のみとなっています。


ウルトラファイト エレキング
エレキング
角が回らず、垂れ下がったままの黄色いエレキングです。
劇中では2タイプのスーツが出演していましたが、商品化されたのは有名な初期タイプの方ですね。
タロウの2代目エレキングとはまた違った「緩さ」を感じる造形ですw
黒い模様部分も大部分が塗装されていますね。

ウルトラファイト エレキング0
背面です。
劇中でもたまに使用していた、長い尻尾もちゃんと再現されています。
ウルトラファイトでも流血シーンがあったのには驚いた記憶が・・・w
可動箇所は両腕、腰、尻尾になっています。


ウルトラファイト イカルス
イカルス
ウルトラファイトを代表する人気キャラクターであるイカルスですね。
登場話数によってはクリスチャンだったり女の子だったりとキャラクターが全く定まっていないですし、
当時のソフビ人形を元にしたのか全身緑色というカラーリングもインパクトがありますよねぇ。
本来はもう少し明るい緑色なのですが、この商品ではくすんだ感じを表現したのか、かなり渋い色味になっています。

ウルトラファイト イカルス0
背面です。
各部に泥をイメージした茶色いスプレーが吹き付けてありますし、ひび割れた体表や皺の表現など、
造形面でもくたびれた感じがよく漂っているので素晴らしい商品だと思います。
可動箇所は両腕と腰になっています。


ウルトラファイト バルタン
バルタン
超メジャーキャラクター、バルタン星人もウルトラファイトに出演するとこの通り。
劇中ではタイツか何かに全身のパーツをくっ付けている構造のスーツなので、
パーツが取れそうになっている場面も珍しくありませんでしたw
ウルトラ怪獣シリーズでもソフビ化されましたが、こちらはより塗装面が凝っている印象です。

ウルトラファイト バルタン0
背面です。
腰パーツの穴までしっかり塗られているのが嬉しいですね。
たった一度だけ、その丸っこいハサミではなく「素手」で物を掴んだ事はあまりにも有名なエピソードでしょうか。
可動箇所は両腕と腰になっています。


ウルトラファイト テレスドン
テレスドン
スーツがボロボロのグチャグチャになり、もうデットン寸前になっているテレスドンも素晴らしい再現度で商品化。
シワだらけの全身に焦点が定まっていない目付き、もはや崩壊寸前の口元など見れば見るほど凄いな、とw
各部には明るい茶色で塗装されていて、泥まみれな感じもよく伝わってきます。
こ、これがあのシャープでカッコいいテレスドンの成れの果て・・・

ウルトラファイト テレスドン0
背面です。
確か劇中では1度も勝利していない唯一の怪獣だった気が・・・
顔の形状がやや違いますけど、対決セットのサドラと並べても遊べます。
可動箇所は両腕、腰、尻尾になっています。


ウルトラファイト ガッツ
ガッツ
比較的マトモな見た目ですが、劇中では頭が左右にヨレヨレだったり、
スーツアクターの腕が手の先まで届いていなかったりと散々な場面も多いガッツw
汚れた感じを表現する為か、成型色も白ではなくクリーム色になっています。
しかし塗装の細かさは対決セットやソフビ道に匹敵するレベル、凄い!

ウルトラファイト ガッツ0
背面です。
頭部の特徴的な模様は、このファイト版のスーツだと綺麗さっぱり無くなっているんですよねぇ。
その大きな頭を活かして、嘴での攻撃やヘッドバッド攻撃も印象的でした。
可動箇所は両腕と腰になっています。


以上がウルトラファイトDVD-BOXの特典として商品化されたソフビ人形になります。
次回は後編という事で、残り7体の怪獣ソフビを一気に取り上げる予定です。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|00:40

youtubeにて、ウルトラマンネクサス10周年記念の対談動画が公開中!

早いもので、昨日でウルトラマンネクサスは放送10周年を迎えましたね。
それを記念してyoutubeの「SciFi JAPAN TV」というアカウントが、
渋谷プロデューサー、脚本の長谷川さん、監督の小中さん&アベユーイチさんの4人を招いて、
当時の状況や思い出などを語る対談動画をアップロードしています。



ネクサスという作品が作られるまでの経緯や、どういうメッセージを込めて世に送り出したのかなど、
非常に興味深い内容になっていますね。
渋谷プロデューサーの語る「デュナミストはマラソンのランナー」という例えは思わず納得していまいましたw
孤門隊員をアンカーだと考えると、確かに面白い着眼点だったんだなぁと。
ネクサスを語る上では欠かせない「低予算」との戦いにも触れられていましたし、
今月末までに配信される後編ではどこまでぶっちゃけてくれるのかが楽しみです。

しかしウルトラマンサーガと東日本大震災のように、
ウルトラマンネクサス(というかその前のイエローアイズという企画)と9・11事件も密接に関係していたとは。
ULTRAMANやネクサスも当初の企画に比べると随分マイルドになったと小中監督が仰っていましたし、
当初はどこまでやる気だったんだろうとw

ネクサスは終わってみればお話が大変面白かったのですが、
週に1度という間隔、更にリアルタイム(朝7時30分)で見ていた身としては大変キツかったのをよく覚えています。
何より怪獣好きな身としては、4話もかけて倒す敵の多さに「まだ?まだなの!?」とw
(個人的には1体の怪獣をジックリ見るより、色んな怪獣を見る方が好きなので)

インタビューで長谷川さんも4話完結は長すぎたと仰っていますが正にその通りで、
怪獣(ビースト)も連続で出すのではなく、ガルベロスの様にせめて間隔を空けて出して貰いたかったな~と。
ウルトラマンも敵を倒せないシーンが多く、何となく「弱い」イメージが付き纏ってしまいましたし、
あの路線はマイナス面しか無かったんじゃないかなぁと未だに思っています。

一方で板野一郎さんによるCGバトルの演出や、
変身者が変わると番組の雰囲気も変わるという「既定路線の路線変更」というアイデアはとても斬新でしたし、
孤門が成長していく過程の細かさなど、未だに多くのファンに愛されている作品でもあるウルトラマンネクサス。
私も最終話の孤門ウルトラマンノア降臨に涙した一人なので、
何だかんだで人を惹きつけ魅了する作品だったんだな~と今は思うようになりました。

https://www.youtube.com/channel/UCU03keCaesfRWZPYV1FUxXw
ちなみに配信元である「ACTV JAPAN」では、
他にもウルトラマンやゴジラなど特撮関連のインタビュー動画が多数配信されています。
過去動画も貴重な証言が数多いので、この機会に是非!


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(7)トラックバック:(0)|21:11

プレイヒーローシリーズ ウルトラマン対決セットの怪獣ソフビをご紹介!(その14)

では、食玩「プレイヒーローシリーズ ウルトラマン対決セット」の怪獣ソフビをご紹介していきます。
今回は第九弾目である「炎の戦士ウルトラマンメビウス登場!」の3体の怪獣をご紹介します。


プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ゴモラ
古代怪獣 ゴモラ
ウルトラマンマックス第21話「地底からの挑戦」に登場した強力な古代怪獣です。
ゴモラはまさかのマックス版が、初代より先に対決セットにて商品化されました。
その顔付きや角、体の特徴などまさしくマックス版といった印象を受けます。
成型色も赤に近い茶色になっていますね。

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ゴモラ0
背面です。
分かりづらいですが、薄く塗装されている部分もあります。
可動箇所は首、両腕、胴体、尻尾となっています。
これと同時収録されていたのは、ウルトラマンマックス(マックスギャラクシー装備ver.)でした。


プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ヒュドラ
俊敏戦士 ヒュドラ
映画「ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY」に登場した闇の3巨人の1体です。
ダーラムに続いて、ヒュドラも対決セットにて商品化となりました。
このサイズのソフビにしては塗り分けが細かく、造形もかなりよく出来ていると思います。
右腕のクローもちゃんと造形されていますね。

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ヒュドラ0
背面です。
こちらも今では考えられないぐらい、細かく塗装されていますね。
可動箇所は両腕と腰になっています。
これと同時収録されていたのは、ティガトルネードでした。


プレイヒーロー ウルトラマン対決セット バルタン星人2代目
宇宙忍者 バルタン星人(2代目)
ウルトラマン第16話「科特隊宇宙へ」に登場した2体目のバルタン星人です。
フィギュア王の付録として商品化された3代目に続き、2代目も対決セットのラインナップに加わりました。
造形は3代目と同じもので、塗装が2代目仕様になっています。
頭が赤くなっている所が、判別する際に分かりやすい点でしょうか。

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット バルタン星人2代目0
背面です。
薄い茶色で各部が塗装されています。
可動箇所は両腕と腰になっています。
これと同時収録されていたのは、ウルトラマン(Bタイプ)でした。


以上が第九弾目の怪獣ソフビ達になります。
この他にも2種類セットが存在しますが、「メビウスVSハンターナイト・ツルギ」、
「ゾフィーVSバードン」と、ヒーローセットや過去商品の再販だったので省略です。
バードンも塗装の違いについては、ほとんど見受けられませんでした。
今回のラインナップは色んな作品からチョイスされたフリーダムな印象でしたね。
次回は第10弾目・・・の前に、変わり種な「あのシリーズ」を取り上げる予定です。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|20:21

FC2の家宅捜索を受けて、本ブログの今後をどうするべきか?

各ニュースで騒がれていますが、FC2の創業者や関連会社などが家宅捜索されたそうです。
主にFC2動画の問題みたいですが、同じFC2サービスである「FC2ブログ」は今後どうなるのかな~と。
このブログもFC2ブログのサービスを受けて2007年から開始したわけですが、
FC2ブログが今後どうなってしまうのかなど、現在の所、運営側からは何も発表されていません。

このまま何事も無く存続してくれるのであれば何時も通り続けていくつもりですけど、
仮にサービスが終了、もしくは突然消滅してしまった場合は他のサービスにこのブログを移転したいと思います。
ただし、その場合はブログ記事を全て引き継ぐのではなく、
ある程度厳選した記事だけを残す事になると思います。
(残す記事についても、まだ完全に決まった訳ではありません)
手っ取り早く言うと、リニューアル的な新ブログを立ち上げる事になると思います。

という事で何か動きがあるまでは、このまま続けて行きたいと思います。
もしブログが突然消えてしまった場合は、Twitterなどで新しいブログへの誘導をします。
もしFC2ブログサービス終了が発表された場合は、このブログにて新ブログ移転のお知らせをしたいと思います。

とりあえず、今日はその告知という事で。
このまま何事も無いことを祈るのみです。

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|19:05
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ