大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

ウルトラマンガシャポンの最新作は、ウルトラヒーロー500とウルトラ怪獣500だった!

新ウルトラマン列伝の放送日ですが、速報という形でこちらの記事を優先します。
(列伝の記事は明日にアップします)

ガチャガチャ王国というサイトにて、ウルトラマンガシャポンの最新作が予約開始となりました。
http://dai4.com/item/1892

ガシャポンウルトラヒーロー500&ウルトラ怪獣500 第1弾
ガシャポンウルトラヒーロー500&ウルトラ怪獣500 第1弾
1回500円 7月発売予定
◆ラインナップ
・ミラーナイト
・ウルトラの母
・ケロニア
・ドロボン
◆商品仕様
ウルトラマンソフビがガシャポンに登場!!
500サイズでの発売がされていないキャラクター・未リアルソフビの最強ラインナップで商品化!!


あまりにも突然すぎて困惑していますw
500ソフビがガシャポンで登場。
それだけでも驚きなのに、まだ発売予定の無いキャラクターが4種類も登場するとは!
どれも嬉しい面々ですし、ケロニアとドロボンという強烈な敵キャラチョイスも見逃せません。

これは今後定番化されるキャラクターも含んでいるのか、
それとも全てがガシャポン限定キャラクターなのかは不明ですが、
こうやって500ソフビのラインナップが強化されていくのはとても嬉しいです!
このノリだと、今年の夏以降の新商品も凄い事になりそうな気がしますね~。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
関連記事
Permalinkコメント:(6)トラックバック:(0)|19:45

カプセルOne「パシフィック・リム フィギュアコレクション Vol.2」を購入

海洋堂から発売された、
カプセルOneの「PACIFIC RIM FIGURE COLLECTION(パシフィック・リム フィギュアコレクション) Vol.2」を購入しました。
今回も全5種類のラインナップです。


パシフィック・リム フィギュアコレクションvol2
GIPSY DANGER(ジプシー・デンジャー)
Vol.1のラインナップにも入っていた主役機が、今回は「チェーン・ソード」展開バージョンとして登場です。
基本的な仕様は前回とほぼ同じで、両腕が新規造形になっています。
チェーン・ソードパーツはかなり薄いので、取り扱いの際にはご注意を。
(と言っても、ちょっとの衝撃じゃ折れはしませんが)

パシフィック・リム フィギュアコレクションvol2 0
背面です。
塗装箇所もほぼ同じみたいですね。


パシフィック・リム フィギュアコレクションvol2 1
CRIMSON TYPHOON(クリムゾン・タイフーン)
続いては中国製の赤いイェーガー、クリムゾン・タイフーンです。
写真では隠れてしまっていますが、ちゃんと腕は3本存在しています。
黄色いマーキングもプリントされていますし。黄色い目もちゃんと塗装されていました。
やはり3本腕ということもあり、結構ボリュームがあるので満足感はありました。

パシフィック・リム フィギュアコレクションvol2 2
背面です。
これで3本腕なのがお分かり頂けるのではないかと。
出番は短いものの、チェルノ・アルファと共にファンが多い機体ですね~。


パシフィック・リム フィギュアコレクションvol2 3
COYOTE TANGO(コヨーテ・タンゴ)
次は初期型の日本製イェーガー、コヨーテタンゴです。
劇中ではほんの僅かな出番しかありませんが、その活躍シチュエーションが非常に美味しい機体でもありました。
背中のモーター・キャノンのお陰で、このシリーズ中で一番背が高いフィギュアとなっています。
肩のラインが赤く塗られていますが、他の箇所も塗って欲しかったですね。

パシフィック・リム フィギュアコレクションvol2 4
背面です。
やはりこちら側の方が、前面よりもディテールが多めですね。


パシフィック・リム フィギュアコレクションvol2 5
KNIFEHEAD(ナイフヘッド)
Vol.1に収録されていたナイフヘッドのリペイント商品で、こちらは「ダメージver.」ということで青い血を流しています。
特に傷口などは造形されておらず、前回のフィギュアの上から青い塗料を塗りまくった感じですねw
(前回と同じ箇所に黄色いラインも塗られていますし、正にそんな感じで塗装されたのでしょう)
いわゆるカイジュウ・ブルーまみれの状態です。

パシフィック・リム フィギュアコレクションvol2 6
背面です。
こちらは前回と変わりませんね。


パシフィック・リム フィギュアコレクションvol2 7
LEATHERBACK(レザーバック)
ゴリラのような体型をした、カテゴリー4の巨大KAIJU(怪獣)です。
劇中では電磁衝撃波を放ったりと、印象的なキャラクターの1体でした。
やはりその体型故に、他のキャラクターに比べると小さいですね。
このままカプセルに入っており、パーツは全て接着されていました。

パシフィック・リム フィギュアコレクションvol2 8
背面です。
ナイフヘッドと同様に塗装箇所はありませんでした。


パシフィック・リム フィギュアコレクションvol2 9
最後は5体勢揃いで〆。
以上が海洋堂製のパシリムフィギュア第二弾のレビューになります。
前回と合わせると、これで主要イェーガーは出揃いましたね。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|20:29

プレイヒーローシリーズ ウルトラマン対決セットの怪獣ソフビをご紹介!(その40)

では、食玩「プレイヒーローシリーズ ウルトラマン対決セット」の怪獣ソフビをご紹介していきます。
今回は第三十弾目である「ウルトラマンギンガSスペシャル」の3体の敵キャラクターをご紹介します。


プレイヒーロー ウルトラマン対決セット キングジョー1
宇宙ロボット キングジョー
ウルトラセブン第14話&第15話「ウルトラ警備隊西へ 前篇&後篇」に登場した強力なロボット怪獣です。
このキングジョーは過去商品の再販ですが、全身のゴールドが鮮やかな色味に変更されています。
また、胸の塗装パターンも異なっていますね。
しかしギンガSに合わせるのであれば、キングジョーブラックをリペイントしてカスタム名義で発売すれば良かった気が。

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット キングジョー2
背面です。
何時もどおり、全身が「くるみ塗装」されていますね。
可動箇所は両腕と腰になっています。
これと同時収録されていたのは、ウルトラマンギンガストリウムでした。


プレイヒーロー ウルトラマン対決セット グドン1
地底怪獣グドン
帰ってきたウルトラマン第5話「二大怪獣東京を襲撃」、第6話「決戦!怪獣対マット」に登場した凶暴な地底怪獣です。
こちらも過去商品のリペイントで、全身の成型色が暗めになり、よりスーツのイメージに近付いています。
また、両腕の鞭の色も濃い目に変更されていますね。
個人的にはこちらの方が好みだったり。

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット グドン2
背面です。
相変わらず、このサイズでこのトゲトゲっぷりはお見事。
可動箇所は両腕と尻尾になっています。
これと同時収録されていたのは、ウルトラマンビクトリーでした


プレイヒーロー ウルトラマン対決セット チブル星人
頭脳星人チブル星人
ウルトラセブン第9話「アンドロイド0指令」に登場した知能指数が非常に高い宇宙人です。
ウルトラマンギンガSの展開に合わせて、チブル星人がまさかのミニソフビ化!
チブル星人エクセラーはパワードスーツがメインだったので、本体が単体でソフビになったのは嬉しいですね~。
本体は全3パーツで構成されており、細い足は透明パーツのモールドに塗装をすることで再現されています。

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット チブル星人0
背面です。
足の赤いトゲの塗装は省略されていますが、他のソフビと並べても違和感の無いキャラなので汎用性は高いですね。
可動箇所は首のみとなっています。
これと同時収録されていたのは、ウルトラセブンでした。


以上が第三十弾目のソフビになります。
ウルトラマンギンガSと連動した商品という事で、各セットにはライブサインが2つ付いたミニカードも封入されていました。
この他にも「ウルトラマンVSゴモラ」や「ウルトラの父&ウルトラの母」が存在していますが、
ゴモラはマックス版の再販だったのと、父&母はヒーロー同士のセットだったので省略です。
今回は何より、チブル星人のミニソフビ化が嬉しかった!
次回は第31弾目を取り上げる予定です。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|17:55

【動画投稿】 ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻 part37

500ソフビのチェックリストを更新しました!
(6月分までの新作を追加しています)


第1回目の記事はこちらになっています!
http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1466.html


ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻37
http://www.nicovideo.jp/watch/sm25895920

私の手書きイラストによるゆっくり怪獣解説動画の第三十七回目を投稿致しました。
第三十七回目はウルトラマンエースより「幻覚宇宙人メトロン星人Jr.」をご紹介。
ウルトラマンギンガSのドルオタこと、丹葉さんは話題を集めましたね~。
これにてメトロン星人前後編は完結!

ということで、前回に引き続き歴代メトロン星人の紹介編です。
ウルトラセブンとウルトラマンマックス以外を取り上げているので、数が多くて大変でした・・・
しかしこう並べてみると、本当に個性的な一族ですよねぇ。
特にギンガSのメトロン星人ジェイスは完全な味方側なので、メトロン星人の歴史を変えたと言ってもいいほどです。
一方でメトロン星人の中では浮いた見た目をしており、不気味な雰囲気を醸し出すジュニアも見逃せません。

今回も面白いと感じて頂けたら動画へのコメントや、マイリスト登録して頂けるとありがたいです。
では、お楽しみ下さいませ~
youtubeでは、「ゆっくり霊夢とやる夫が学ぶ 昆虫大百科 番外編part7」を投稿しております。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|21:54

ウルトラファイトビクトリー対応、ウルトラマン&怪獣新作ソフビ3月分をフラゲ!

明日から発売となる、ウルトラマン&怪獣の新作ソフビ人形をフラゲしてきました。
今月は、4体のソフビ人形が発売となっています。


ウルトラヒーロー500ソフビ ウルトラマンビクトリーナイト
ウルトラヒーロー500:34 ウルトラマンビクトリーナイト
ウルトラファイトビクトリーにて、ナイトティンバーに秘められた力を受けて変わった、
ウルトラマンビクトリーの新しい姿です。
基本は発売済みの通常版ビクトリーのリペイント商品なので、造形そのものは同じですね。
成型色は銀色のラメ入りとなっており、ブルーとメタリックブルーの塗装がよく映えていると思います。

ウルトラヒーロー500ソフビ ウルトラマンビクトリーナイト0
背面です。
ライブサインもウルトラマンビクトリーと全く同じものなので、DXギンガスパークだと「ビクトリー!!」と、
DXビクトリーランサーだと「ウルトラマンビクトリー!!」と鳴ります。
(変身音もビクトリーと全く同じものです)


ウルトラ怪獣500ソフビ アリブンタ
ウルトラ怪獣500:71 アリブンタ
ウルトラマンエースに初登場し、ウルトラファイトビクトリーでも活躍予定のアリブンタが、
かなり昔のウルトラ怪獣シリーズ以来となる定番ソフビ化!
背中の大きな角やその長い首など、特徴的なフォルムをしているだけに全体的に小さめになっていますね。
もう少し横に広がっていれば、もっとそれらしくなったと思います。
完璧に塗り分けられている訳ではありませんが、顔の塗装はそこそこ細かいです。

ウルトラ怪獣500ソフビ アリブンタ0
背面です。
欲を言えば、超獣特有のボリューム感がもう少し欲しかったところ。
ライブサインを読み込ませると、「アリブンタ!!」という音声が鳴り響きます。
(鳴き声は無く、共通音声でした)


ウルトラ怪獣500ソフビ エースキラー
ウルトラ怪獣500:72 エースキラー
ウルトラマンエースで初登場し、ウルトラファイトビクトリーでも活躍予定のエースキラーが、
遂にウルトラ怪獣500の仲間入りです。
かつてのウルトラ怪獣シリーズでは旧造形を最後まで使い回し続けていたので、
ようやく今のクオリティで造形されたエースキラーが定番ソフビ人形となりましたね~。
肘パーツが塗られていないのが残念ですが、出来そのものは良いと思います。
左腕のウルトラブレスレットは造形されておらず、右腕の武器も持っていない状態ですね。

ウルトラ怪獣500ソフビ エースキラー0
背面です。
腰パーツなど一部分は塗装されていました。
ライブサインを読み込ませると「エースキラー!!」という音声が鳴り響きます。
(鳴き声は無く、共通音声でした)


ウルトラ怪獣DX スーパーグランドキング・スペクター
ウルトラ怪獣DX スーパーグランドキング・スペクター
ウルトラファイトビクトリーに登場予定の、スーパーグランドキングの強化形態が早くもソフビ化!
基本は実際のスーツと同様にスーパーグランドキングのリデコ仕様であり、
頭部の角や右腕、そのカラーリングが大きく変化していますね。
成型色は黒で、金色部分などが塗装となっています。

ウルトラ怪獣DX スーパーグランドキング・スペクター0
あの傑作ソフビ、スーパーグランドキングのリデコ商品だけにボリュームも満点。
そのかわり、値段はややアップしていますが。
目や胸の発光パーツは、前と同じくメタリックオレンジですね。

ウルトラ怪獣DX スーパーグランドキング・スペクター1
横から。
今回は左腕や、背面から尻尾にかけての一部パーツが黒くなっています。
それ以外の塗装パターンは前回とほぼ同じですね。

ウルトラ怪獣DX スーパーグランドキング・スペクター2
背面です。
やはり色が変わるだけでも随分とゴージャスに見えますね。

ウルトラ怪獣DX スーパーグランドキング・スペクター3
顔のドアップ。
角パーツのみが新規になっており、その形状はあの「ジュダ」を思わせるものになっています。
この金色のカラーリングもそこから来ているのでしょう。

ウルトラ怪獣DX スーパーグランドキング・スペクター4
右腕は剣になっており、これもかつてジュダが所持していた剣とそっくりのデザインですね。
かなり強そう・・・
同じく番組に登場するであろう、ジュダ・スペクターとの関係は如何に!?

ウルトラ怪獣DX スーパーグランドキング・スペクター5
可動箇所は両手、両肘、両足です。
ライブサインを読み込ませるとDXギンガスパークでは「グランドキング!!」と鳴り、
DXビクトリーランサーだと「スーパーグランドキング!!」と鳴ります。
つまり、スーパーグランドキングと同じライブサインですね。
(なので、鳴き声もちゃんと入っていました)

ウルトラ怪獣DX スーパーグランドキング・スペクター6
最後はスーパーグランドキングと並んで〆。
以上が今月発売の新作ソフビ人形の軽いレビューになります。
新ヒーローのウルトラマンビクトリーナイト、久しぶりの定番復帰となるアリブンタ、
遂に今の造形で定番化したエースキラー、とにかくゴージャズなスーパーグランドキング・スペクターと、
新番組「ウルトラファイトビクトリー」への期待感を高めてくれる良い面々だと思いました。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|20:29

新ウルトラマン列伝4月分放送予定&ウルトラ怪獣500ソフビ新作が予約開始!

昨日から、フィギュア王の最新号が発売開始となりました。
新ウルトラマン列伝情報としては、4月分放送予定の内容が掲載されています。

・4月7日放送 第92話「ウルトラ銀河伝説 レイオニクスの宿命」
・4月14日放送 第93話「ウルトラ銀河伝説 ベリアルの脅威」
・4月21日放送 第94話「ウルトラ銀河伝説 最後の希望」
・4月28日放送 第95話「ウルトラ銀河伝説 その名はウルトラマンゼロ」
(大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIEを分割放送)


3月の最終週に続き、5週連続でウルトラ銀河伝説の分割放送ですね。
列伝的には2回目の放送になるので、以前とは少し構成が変えてあるそうです。
また、同時にウルトラファイトビクトリーも毎回放送されますが、その詳しい内容については記載されていませんでした。


そして丸善商店では、ウルトラ怪獣500の最新作が予約開始となっています。

4月発売予定:ウルトラ怪獣500:73 ジュダ・スペクター
ジュダ・スペクター

エースキラーに続く73番目は、噂通りジュダでしたね~。
スーパーグランドキング・スペクターと同様にスペクターという名前が付いていますが、
その姿に変化があるかどうかはまだ不明です。
恐らく、ウルトラファイトビクトリーに登場するのでしょう。
同じく昨日の放送で本編に登場することが明らかになったルナチクスも、500ソフビの仲間入りをして欲しいですね~。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|18:28

新ウルトラマン列伝 第90話

新ウルトラマン列伝
本日、第90話が放送されました!
第90話「戦えウルトラ10勇士 エタルガーの脅威」
歴代ウルトラシリーズから総集編を放送しました。

今回はギンガSの後日談(というかウルトラファイトビクトリーよりも後?)という設定で、
ダークルギエルが完全に倒されたことにより、スパークドールズの呪いから開放された闇のエージェントが主役でした。
バルキー星人、イカルス星人、ナックル星人グレイという愛すべき?3馬鹿たちは今も健在。
何とUPGに捕らえられ、雑用係として基地で働かされているそうですw
そして掃除をサボりつつ、イカルスパッドでUPGの怪獣データベースを調べ上げ、
今後の侵略活動の為に情報を仕入れることに。

ここからはエタルガーを始めとした、劇場版ギンガSに登場したキャラクターを取り上げていきます。
ファイブキング、エンペラ星人、ウルトラマンベリアルは映画の映像を交えつつ、
本編での活躍シーンも挿入する構成でした。
(エタルガーの能力に絡めて、イカルスパッドの能力でバルキー星人の怖いもの、
つまりアリサ隊員の幻影が出たのは笑いました)

イカルスパッドの能力で出現させられる自分たちの配下を選んでいくという流れで、
映画に登場したエタルダミーの元ネタを取り上げていきます。
そうしている内に「ウルトラマンビクトリーナイト」の情報を見つけて3人はビックリ。
ここからはウルトラファイトビクトリーの映像が少しだけ公開されます。

・ショウがナイトティンバーを使用して、ウルトラマンビクトリーナイトへと姿を変える
・ビクトリーキラーに捕らえられた?ウルトラマンギンガ
・ウルトラマンビクトリーナイトVSアリブンタ
・空を割ってベロクロン、バキシム、ドラゴリーが登場
・空から光線を放つウルトラマンエース、ウルトラマンギンガ、ウルトラマンビクトリー
・サクヤの前に現れたウルトラマンヒカリ
・大笑いする巨大ヤプール
・ウルトラマンエースVSビクトリーキラー
・ウルトラマンレオ&アストラVSベロクロン&バキシム&ドラゴリー
・何かを伝える?ウルトラマンキング
・地底世界に居るレピ
・並び立つウルトラマンエース、ウルトラマンレオ、アストラ、ウルトラマンギンガ、ウルトラマンビクトリー
・シェパードンVSルナチクス
・ヒカルとショウが並び、再びウルトラマンギンガビクトリーが登場


ビクトリーの新しい姿を見て自分たちもパワーアップだと意気込む3人でしたが、そこにゴウキ隊員が登場。
サボっていた3人をトイレ掃除へと借り出し、3人の野望は早くも潰えてしまうのでした・・・
新ウルトラマン列伝 闇のエージェント0


久しぶりとなる闇のエージェント回でしたが、何時も以上にイカルス星人の小ネタが多かった気がしますw
(声優ネタのイカルスパッドから、バルキー星人をレオ呼ばわりするなど)
そしてウルトラファイトビクトリーの本編映像も多数公開されましたが、
今回は背景を合成にして様々な場所での戦闘を表現するみたいですね。
もちろん従来のセットシーンもありましたし、色々と凄いことになっていたので放送がとても楽しみです。

そのウルトラファイトビクトリーは、いよいよ次回から放送開始!
3分間×全13回を予定しており、その間は映画の分割放送などを同時進行させていくそうです。
youtubeでは、前回のお話が配信中です。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(6)トラックバック:(0)|19:48

ULTRA-ACTで、ウルトラマンメビウスのキャラクターが2種類登場!

魂ウェブ商店限定商品として、ULTRA-ACT(ウルトラアクト)2体の最新作が公開されました。
今回商品化となったのは、こちらのキャラクター達になります。


ウルトラアクト ウルトラマンメビウスバーニングブレイブ
http://p-bandai.jp/item/item-1000096695/

ULTRA-ACT ウルトラマンメビウス メビウスバーニングブレイブ
発送予定:2015年8月
税込価格:5940円
◆商品内容
・本体
・交換用手首左右各2種
・交換用カラータイマー
・メビュームバーストエフェクト一式
・メビュームブレードエフェクト
・エフェクト用台座一式
・支柱嵌合パーツ


ウルトラアクト ハンターナイトツルギ
http://p-bandai.jp/item/item-1000096763/

ULTRA-ACT ハンターナイトツルギ
発送予定:2015年9月
税込価格:5184円
◆商品内容
・本体
・交換用手首左右各2種
・ナイトビームブレード
・ナイトシュートエフェクト
・支柱嵌合パーツ


劇場版ウルトラマンギンガSのパンフレットにも掲載されていたメビウスバーニングブレイブと、
イベントで展示されていたハンターナイトツルギが商品化決定となりました。
バーニングブレイブはメビウスブレス装着部分が単独で可動することで、
劇中のようなポージングが可能になったほか、胸に炎を貯めている時のエフェクトパーツなども付属するそうです。
説明文ではメビュームブレードも付くそうですが、形状が変更されているかどうかは不明ですね。

一方のツルギは勇者の鎧の時に使用した、虹色のナイトシュートエフェクトは付属しないみたいですね~。
ここがちょっと残念です。
バーニングブレイブはウルトラ兄弟たちと並べることができますし、
ツルギは先に発送されるウルトラマンヒカリと並べれば、ババルウ星人が変身したニセツルギとしても使えそうです。
どちらも明日24日の午後4時から注文開始となるので、お間違えの無いようにお願い致します。

先日のゾフィーに続いてここまでメビウスのキャラが揃えば、残るメビウスブレイブ、メビウスインフィニティー、
メビウスフェニックスブレイブ、エンペラ星人などのキャラクターも欲しくなってきますねw


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|18:25

【動画投稿】 ゆっくり霊夢とやる夫が学ぶ 昆虫大百科 番外編part7

http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1464.html
第1回目の記事はこちらになっております。


ゆっくり霊夢とやる夫が学ぶ 昆虫大百科 番外編part7
http://www.nicovideo.jp/watch/sm25849162

ゆっくり昆虫解説動画の番外編part7をアップ致しました。
番外編の第七回目はアニメキャラのモデルにもなった「オオナミザトウムシ」と、
対G兵器の一種「オオゲジ」について解説します。

今回は見る人が見れば「ゲッ!?」となる2種類の虫を取り上げています。
ザトウムシは始めて見た時に、目が点になるほど驚いた記憶がありますね~。
異様に長い足とそのフォルムが、小さい頃の自分にはまるで地球外生命体のように見えたのでしょう。
一方のゲジはムカデとはまた違った意味で嫌われている虫で、主な原因は足の長さとその素早さのせいだと思います。
あれも最初に出会った時は、あまりの素早さに驚いた記憶がw

どちらも見た目はアレですが、人間に害を及ぼす虫では無いんですよね。
ゲジに至っては害虫を食べてくれるのでむしろ益虫なのですが・・・
うーん、人によってはゴキブリ以上に嫌っていそうです。

地霊殿でまったりと進行する番外編part7。
では、どうぞお楽しみ下さいませ~
(面白いと思っていただければ、動画へのコメントやマイリスト登録をして頂けると有難いです)
youtubeにて、「やる夫とやらない夫がゆっくり三妖精に教える ゴジラ怪獣図鑑 part16」を公開しました。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|20:08

ゴジラカードゲーム「バトルスピリッツ 東宝怪獣大決戦」をフルコンプ!

「バトルスピリッツ 東宝怪獣大決戦」の残り4枚のカードを入手しました。
パック買いや自販機では当たる気がしなかったので、それぞれショップを巡って買い揃えたものになります。

バトルスピリッツ 東宝怪獣大決戦6
まずはXレアの「スペースゴジラ」と「デストロイア(完全体)」です。
他のXレアと同様に箔押し仕様で、結構豪華な印象を受けました。
デストロイアは本編と同様にウジャウジャとフィールドに出現できるみたいなので、
デストロイアデッキなんてものを組んでみるのも面白いかもしれませんね。
スペースゴジラも本編と同様に、「結晶地帯」というカードとコンボできるみたいです。
こうやって、映画の能力をカードゲームの中でも表現するという試みは、ファンとして嬉しいですね~。

バトルスピリッツ 東宝怪獣大決戦7
そしてXレアの「3式機龍<改>」と、マスターレアの「バトラ(成虫)」です。
バトラは幼虫もそうでしたが、赤と緑の2色持ちなんですね。
どちらも技を使用している場面をイラスト化してあってカッコいいです。

この4枚で、東宝怪獣大決戦のカードはフルコンプリートとなりました。
プロモーションカードまで狙うとキリが無くなってしまうので、現状は手に入る分だけを集めることにします。
残る怪獣も参戦した、第二弾も出て欲しいですね~。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|19:33

ULTRA-ACT エースロボット&ゴルゴダ星セット(限定商品)

ULTRA-ACT(ウルトラアクト)の最新作が到着しました。
今回、魂ウェブ商店限定商品として商品化されたのは、こちらのキャラクターになります。

ウルトラアクト エースロボット&ゴルゴダ星セット
ロボット超人 エースロボット
ウルトラマンエ-スの第14話「銀河に散った5つの星」に登場した、ヤプール人が作り出したエースそっくりのロボットです。
エースキラーのテスト用&ウルトラ兄弟への精神攻撃の為にゴルゴダ星に出現し、
ややぎこちない動きでしたが、必殺技のメタリウム光線を放つ姿も見られました。
しかしエースキラーのスペシウム光線、エメリウム光線、ウルトラブレスレット、M87光線を立て続けに浴びせられ、
最後は爆発四散してしまいました。

ウルトラマンエースの中でも一際インパクトがあった、ゴルゴダ星をモチーフとした商品がウルトラアクトに登場です。
まさに限定商品ならではの内容で、既出のウルトラ5兄弟やエースキラーと組み合わせて遊べる仕様ですね。

ウルトラアクト エースロボット&ゴルゴダ星セット0
まずはエースロボットから。
基本は発売済みのウルトラマンエース本体に、金色の軟質製プロテクターを取り付けた仕様になっています。
なので、プロテクター部分は完全に別パーツになってるので、動かすと下にズレてしまうこともしばしば。

ウルトラアクト エースロボット&ゴルゴダ星セット1
背面です。
プロテクターがあるだけで、随分と印象が変わりますね~。

ウルトラアクト エースロボット&ゴルゴダ星セット2
可動箇所は通常のウルトラマンエースと同じですが、
プロテクターがあるので可動範囲は気持ち狭くなっている印象です。
(首と肘が特に)
エースお得意(?)の四股踏みは再現可能でした。

ウルトラアクト エースロボット&ゴルゴダ星セット3
エフェクトパーツとして、「メタリウム光線」発射パーツが付属します。
右手首を取り外して、差し替えで再現できます。
通常のエースのものよりもカラフルになっていますね。

ウルトラアクト エースロボット&ゴルゴダ星セット4
プロテクターは取り外し可能で、全て取り外すとウルトラマンエースに早変わり。
再販版のエースは首がやや短くなっていたりと細かな変更点があるそうですが、
このエースも再販版の仕様に準じていると思います。

ウルトラアクト エースロボット&ゴルゴダ星セット5
もちろん、取り外したプロテクターは別のウルトラ戦士に装着可能です。
例としてウルトラマンゼロに取り付けてみましたが、足首パーツはサイズが合わずにかなりギリギリでした。
こうなると、「ゼロロボット」になるのかな?
(語呂が悪い名前ですが)

ウルトラアクト エースロボット&ゴルゴダ星セット6
そして本商品の目玉、ゴルゴダ星に立てられた十字架セットです。
ゾフィー、マン、セブン、ジャック、エース用の5個が入っており、それぞれ専用のウルトラサインが刻まれています。
十字架と支えの岩パーツは別パーツになっているので、岩パーツだけを飾ることも可能でした。

ウルトラアクト エースロボット&ゴルゴダ星セット7
十字架の裏面です。
裏面にはストッパーが存在し、正面にある接続用パーツを上下に動かし、このストッパーで固定することが出来ます。
他にも鎖パーツを固定する部分が各所に存在しています。

ウルトラアクト エースロボット&ゴルゴダ星セット8
一例として、ウルトラマンゼロを磔に。
背中にはそれぞれのウルトラアクトに付属している支柱用の支えパーツを取り付け、
それを十字架の突起部分に差し込むことで固定できます。
ウルトラ5兄弟はもちろんのこと、ウルトラ戦士なら誰でも磔にできますね。
(突起部分は上下に移動させられるので、他の似たようなスケールのフィギュアでも恐らく大丈夫だと思います)

ウルトラアクト エースロボット&ゴルゴダ星セット9
さすがにウルトラアクトを磔にした十字架5つを置くスペースは無いので、背景に飾って雰囲気だけでも。
エースキラーを置くだけでもゴルゴダらしさが出るのではないかと。

ウルトラアクト エースロボット&ゴルゴダ星セット10
PS2用ゲーム「ウルトラマンFE3」でお馴染みの、「強すぎたエースロボット」も再現可能ですw
まさに本末転倒!
(エースロボットにも交換用の赤いカラータイマーが付属するので、一応差し替えてみました)

以上がエースロボット&ゴルゴダ星セットの軽いレビューになります。
何といっても、まずは十字架を置く場所を確保した方が良いと思います。
箱自体もそこそこ大きいですし、アクションフィギュア1体&十字架5つのボリュームは伊達ではありませんでした。
もちろん、遊ぶ時にはウルトラマンエースとエースキラーもお忘れなく。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|18:12

あの怪獣酒場が、「元祖怪獣酒場」として大阪に登場!

http://m-78.jp/news/n-2997/

川崎で好評だった、ウルトラ怪獣をモチーフとした居酒屋「怪獣酒場」でしたが、
遂に宇宙警備隊に発見されてしまい、侵略者やバルタン店長の野望が潰えたかに見えました。
しかし、今度はバルタン店長に命じられてカネゴンが大阪府に登場。
新店舗「元祖怪獣酒場」を大阪にオープンさせようという流れになったそうです。
(ですがバルタン店長曰く、カネゴンが勝手に作った「まがい物」だそうですがw)


元祖怪獣酒場
http://ganso-kaiju-sakaba.com/
店舗所在地:〒542-0075 大阪府大阪市中央区難波千日前11-6 なんばグランド花月1F
営業時間:11:00~24:00 ※予定
オープン日:2015年4月下旬予定


今度は時間帯によってカフェやレストランにもなるらしく、場所は吉本興業のお膝元「なんばグランド花月」!
つい最近にあそこの近くを通ったことがありますが、1階の一部店舗が改装していたんですよね。
まさか、それが大阪の怪獣酒場だったとは驚きです。
場所的にはまさしく大阪の中心部で、難波駅からも徒歩5分以内と立地条件は最高レベルです。

そもそもなんばグランド花月は吉本新喜劇を催している観光名所なだけに、
土日はかなりの人で混み合っているのですが、怪獣酒場まで出来てしまったら一体どうなってしまうのでしょうw
店舗の広さにもよりますが、近くのたこ焼き屋ですら大混雑なので、土日は恐らく凄い待ち列になるのではないかと。

しかし大阪府に怪獣酒場がやって来た、この事実は大阪府民としてとても嬉しいです。
円谷ジャングルが消えた今、大阪にウルトラマン関連の施設は無くなっていましたからね。
やろうと思えば毎週通えるレベルの場所ですし、これは絶対に行きたいと思います。

運営会社などは怪獣酒場とは違うらしいですが、怪獣をモチーフにした美味しいメニューなど、
本家のいい所を全部吸収したような店舗になることを期待します。
(難波の飲食店なんか、マズけりゃ一瞬で消え去りますからねw)

向こうのように、宇宙人がやってくるイベントや、怪獣関連の展示物にも期待したいです。
オープンは4月下旬からということで、ゴールデンウィークは大混雑必至でしょう。
恐らく私が行く時には、朝早くから並ぶことになりそうです。
今からオープンが楽しみ!
(ちなみに、本家の怪獣酒場も復活が予定されているそうです。場所移動か、それとも店舗奪還か?)



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|19:05

新ウルトラマン列伝 第89話

新ウルトラマン列伝
本日、第89話が放送されました!
第89話「伝説の勝利!ギンガよ光をつかめ!」
映画「ウルトラマンコスモスVSウルトラマンジャスティス THE FINAL BATTLE」などの総集編を放送しました。

劇場版ウルトラマンギンガSではウルトラマンギンガビクトリーという合体戦士が登場しますが、
それに絡めてウルトラマンレジェンドの紹介編という感じでしたね。
ジャスティスは立場や考え方の違いから、コスモスと対立して彼を一度倒してしまいます。
それに合わせて、ビクトリアン同士が対立したギンガSの6話の映像も挿入されていました。

コスモスVSジャスティスの映像は割とバッサリと切られていて、冒頭と終盤のジャスティス改心シーンがほとんどでした。
総集編の中では地球怪獣の行動に心を打たれて改心したと表現されていましたが、
実際はそれに加えて女の子が子犬を助けようとしている姿を見たのも、改心した理由の一つなんですよね。

ウルトラマンジャスティスというキャラクターは人間体がジュリという女性ですが、
今回ギンガがジャスティスの事を「彼」と呼んだように、女性ウルトラ戦士というわけではありません。
どちらかというと性別を超えた、中性的なイメージを持っているキャラクターですね。
かつても男女合体変身をしていたウルトラマンエースがそういう中性的な魅力を持っていましたが、
ジャスティスの場合は女性が変身するのにも関わらず、変身後は他のウルトラ戦士と同様の男性型。
これは男の子でも女の子でも親しみを持てる好例だと、私は思っています。

一方、ウルトラマンレジェンドは未だに謎だらけのウルトラ戦士ですね。
宇宙の大いなる2つの力(ウルトラマン)が合体した時に現れる伝説の巨人だと、宇宙では言い伝えられているそうです。
ギンガビクトリーは文字通りギンガとビクトリーが合体した姿でしたが、
このレジェンドはあくまでコスモスとジャスティスの力によって出現しただけで、
2人の合体ウルトラ戦士という訳では無いんですよね。
ややこしいですが、一応2人とは別人扱いなんだそうです。

その実力も圧倒的で、あのギガエンドラを文字通り瞬殺してしまったほど。
なので、劇中ではアクションはおろか出番すらほとんど無いという扱いでしたw
ただでさえ謎だらけなのに、出番も少ないウルトラマンレジェンド。
文字通り伝説の存在として、今後も語り続けられそうです。

劇場版ウルトラマンギンガSも公開中ということで、映画のネタバレシーンも少しだけ公開されていましたね。
配信待ちや録画組の方は、今回のお話は映画を見た後に視聴された方が良いかもしれません。
あの変身シーンは映画館で見て「やっぱりやるのか!」と驚いて欲しいのでw
新ウルトラマン列伝 ギンガ&ビクトリー


これにてウルトラ10勇士の紹介編は完結!
次回は敵キャラクター紹介編ということで、闇のエージェント3人がエンペラ星人やウルトラマンベリアルなど、
映画に登場したエタルダミーの面々を紹介するそうです。
youtubeでは、前回のお話が配信中です。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|19:42

プレイヒーローシリーズ ウルトラマン対決セットの怪獣ソフビをご紹介!(その39)

では、食玩「プレイヒーローシリーズ ウルトラマン対決セット」の怪獣ソフビをご紹介していきます。
今回は第二十九弾目である「ウルトラマンギンガスペシャル」で新登場した5体の敵キャラクターをご紹介します。


プレイヒーロー ウルトラマン対決セット サンダーダランビア
超合成獣サンダーダランビア(SD)
ウルトラマンギンガ第1話「星の降る町」に初登場したネオダランビアの強化形態です。
今回はウルトラマンギンガ編ということで、第一話怪獣のサンダーダランビアも対決セットの仲間入りです。
全体的に500ソフビと似ていますが、背部の放電器官の角度が垂直に近くなっています。
これはミニソフビ故に、金型の関係でそうせざるを得なかったのでしょう。

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット サンダーダランビア0
背面です。
尻尾は500ソフビと同様に、足と一体成型になっていました。
可動箇所は両腕と腰になっています。
これと同時収録されていたのは、ウルトラマンギンガでした。


プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ウルトラマンダーク
ウルトラマンダーク(SD)
ウルトラマンギンガ第8話「奪われたギンガスパーク」に初登場したダークライブされたウルトラマンです。
全身の模様が微妙に異なっているので、500ソフビと同様に新規造形でウルトラマンダークが商品化。
塗装は前から見る分には、ほぼ完璧に塗り分けられています。
目やカラータイマーはメタリックレッドですね~。

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ウルトラマンダーク0
背面です。
こちらは塗装箇所が無いので、成型色そのままです。
可動箇所は両腕と腰になっています。
これと同時収録されていたのは、後述のウルトラセブンダークでした。


プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ウルトラセブンダーク
ウルトラセブンダーク(SD)
ウルトラマンギンガ第9話「漆黒のウルトラ兄弟」に登場したダークライブされたウルトラセブンです。
こちらはウルトラセブンのリペイント商品なので、造形が少々古めになっています。
こちらも前から見る分には、ちゃんと塗り分けられています。
500ソフビでは限定商品だったので、対決セットで一般販売されたのは嬉しかったですね~。

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ウルトラセブンダーク0
背面です。
背中の模様やプロテクターの塗装は省略されていました。
可動箇所は両腕と腰になっています。
これと同時収録されていたのは、ウルトラマンダークでした。


プレイヒーロー ウルトラマン対決セット タイラント1
暴君怪獣タイラント
ウルトラマンタロウ第40話「ウルトラ兄弟を超えてゆけ!」に初登場した合体怪獣です。
今回は、ウルトラマンギンガ劇場スペシャルに登場したタイラントをイメージしたカラーリングになっています。
なので雰囲気が大幅に変わっていますね。
造形自体はタロウ版のタイラントなのですが、特に違和感は無いと思います。

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット タイラント2
背面です。
背中から尻尾にかけて、ちゃんとシルバーで塗装されています。
可動箇所は両腕、両足、尻尾となっています。
これと同時収録されていたのは、ウルトラマンティガ(マルチタイプ)でした。


プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ダークルギエル
ダークルギエル
ウルトラマンギンガ最終話「きみの未来」で初登場した本作の黒幕です。
ラスボスのダークルギエルも対決セットで商品化されました。
成型色はつや消しの黒になっており、500ソフビとは異なる印象を受けますね。
お腹や肩パーツは、部分的にガンメタで塗装されています。

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ダークルギエル0
背面です。
こちらは塗装箇所無しですね。
可動箇所は両腕と腰になっています。
これと同時収録されていたのは、ウルトラマンタロウでした。


以上が第二十九弾目のソフビになります。
ウルトラマンギンガと連動した商品という事で、各セットにはライブサインが2つ付いたミニカードも封入されていました。
この他にも「ジャンナインVSダークザギ」が存在していますが、どちらも過去商品の再販だったので省略です。
(どちらも塗装箇所が減り、ジャンナインは成型色が少し暗めになっているなど細かい変更はありましたが)
次回は第30弾目を取り上げる予定です。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|19:01

「劇場版ウルトラマンギンガS 決戦!ウルトラ10勇士!!」を観てきた!

本日はなんばパークスシネマズにて、劇場版ウルトラマンギンガSを鑑賞してきました。
感想は詳しく書くとネタバレになるので軽めにしておきますが、
60分弱という短い時間の中で、登場キャラクターほぼ全員に見せ場を作った構成が凄かったですw

坂本浩一監督作品らしく、人間パートでもアクションが満載でした。
ギンガSの最終回のように男女問わず動きまくりで、思わず「おおっ!?」となりました。
新キャラクターのアレーナは代役無しであそこまで動いていたらしいので、尚更凄いな~と。
ビクトリアンのサクヤも、彼女らしい戦い方で見せ場が多かったですね。

他にもUPG隊員が怖いものを克服したり、ヒカルとショウの特訓シーンが挟まれていたりと、
ほぼ全編に渡って「見に来た子供達を飽きさせないように作ってある作品」だな~と。
(特に特訓シーンは笑えます)
しかし当初は人手不足だったUPGも、今や大所帯になってきましたねw
あのラストから、新作の「ウルトラファイトビクトリー」へと繋がるのでしょう。

この映画にはギンガとビクトリーの他に平成ウルトラマンが8人登場しますが、
中でも春野ムサシ=ウルトラマンコスモスとウルトラマンゼロの2人がメイン格でした。
どちらもそれぞれのキャラクターが活かされた立ち位置でしたし、
「コスモスやゼロでないと出来ない事」も色々とやってくれたので大満足。
残るティガ、ダイナ、ガイア、ネクサス、マックス、メビウスの6人も、短いですが見せ場はちゃんとありました。

何より前情報である程度分かっていたことですが、今回は「音楽の力」の大きさを再認識させられました。
あのウルトラマンが活躍するならこのBGMが鳴り響く。
ただそれだけの事なのですが、それをやってくれただけで個人的には二重丸。
後半のウルトラマンが街に並び立ち、時空城へと乗り込む一連の流れも合わさって、最高にカッコよかったです。

ウルトラマンの活躍シーンに力を入れた分、敵の描写は結構アッサリしていたのが少々残念でした。
(エンペラ星人とウルトラマンベリアルは強めに描かれていましたが)
エタルガーも強いことは強いのですが、それ以上に「硬い」イメージでしたw
ウルトラマンギンガビクトリーはウルトランス能力や平成ウルトラマンの技まで使えますし、
反則級に強い!という訳ではないですが、それでも頼もしすぎるほどの活躍を見せてくれています。
特に変身シーンは色んな意味で必見!

各ウルトラマンの掛け声もTVと同じなのが嬉しかったですし、一応全員が喋ってくれたのもビックリしました。
ティガ、ネクサス、マックス、メビウスに関してはオリジナルキャストではなく代役の方でしたが。
今後、メビウスの声はゲームなどと同じく「福山潤」さんが担当されることになりそうですね~。

とにかくウルトラマンや人間のアクションをカッコよく見せる。
ウルトラマンギンガS本編とほぼ同様のコンセプトで作られていたので、
やや駆け足気味な展開が多かったですが、ダレずに最初から最後までノンストップで楽しめる。
そんな映画だったと思います。

ちなみに土日にはウルトラ戦士が映画館に来てくれますが、私の劇場ではゼロが子供たちに囲まれていましたw
そんなイベント性もありますし、春休みの子供向け映画としても非常に優秀ではないかと。
ウルトラマンが好き、カッコいいヒーローが好き、イケメンの肉体美や女性陣のアクションが好きw
そういう方ならほぼ100%楽しめる娯楽作品ではないでしょうか。
お土産には、裏話も掲載されているパンフレットもお忘れなく!
(限定ULTRA-ACTの最新作も掲載されています)

ちなみに、youtubeでも映画冒頭4分間の配信がスタートしています。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|18:47

ゴジラカードゲーム「バトルスピリッツ 東宝怪獣大決戦」を購入。封入率などを検証してみた

ゴジラを含む東宝怪獣と、カードゲームのバトルスピリッツがコラボした新商品、
バトルスピリッツ 東宝怪獣大決戦」を購入しました。
今回は2箱(合計40パック)を購入して、どのカードがどの程度当たるのかを試してみることに。

結論から言いますと、
1パックごとにコモンカード5枚&アンコモンカード3枚の計8枚が封入。
運が良ければ、アンコモンカード3枚の内の1枚が、キラカード(Xレア、マスターレア、レアのいずれか)。
1BOXごとにXレアカードが2枚、マスターレアカードが3枚、レアカードが12枚封入。
レアカード、コモンカード、アンコモンカードは1BOX買えばコンプリート出来る。

といった感じでした。
1BOXというのはいわゆる未開封の箱買いなので、20パックを連続で買うのとは、また違うお話なのでご注意を。
(恐らく、バトルスピリッツというカードゲーム自体がこういう仕様なのでしょう)

つまり、1箱買えばレア、アンコモン、ノーマルはコンプリート可能という事です。
残るマスターレアやXレアは、全て揃えようと思うと最低でも3箱買わないといけない計算になりますね。
(むしろダブることを考慮すれば、3箱でフルコンプリートできれば奇跡ですが)

大怪獣バトルなどのデーターカードダスに手を出していた身としては、
何と集めやすいカードゲームなんだ」と思ってしまいます。
(感覚が麻痺しているとも言う)

で、2BOX買った私の場合はというと・・・

バトルスピリッツ 東宝怪獣大決戦
見事にXレアがダブりました。
まさに最悪の状態ですw
(コレクション目的で購入したので、ダブったのは即売却しました)
画像の通り、Xレアは「キングギドラ1991」と「モスラ1992」が当たりました。
レリーフ調に加工されているので、ザラザラした質感になっていますね。

バトルスピリッツ 東宝怪獣大決戦0
続いてはマスターレア。
まずは「カイザーギドラ」、「オルガ」、「メガギラス」というミレニアムシリーズの怪獣たちです。
どれもイラストがカッコよく、特にオルガの禍々しい雰囲気がたまりません。

バトルスピリッツ 東宝怪獣大決戦1
こちらもマスターレアの「ビオランテ(植獣形態)」、「鎧モスラ」、「3式機龍」です。
平成モスラシリーズから、鎧モスラがチョイスされたのは嬉しいですね~。
という事で、マスターレアはバトラ(成虫)のみが当たりませんでした。
むしろ2BOXでマスターレアがダブらなかったのは、かなり嬉しいですね。

バトルスピリッツ 東宝怪獣大決戦2
ここからはレアカード。
まずは「エビラ2004」、「アンギラス2004」、「ファイヤーラドン」、「千年竜王・魏怒羅」です。
特にファイヤーラドンのイラストが素晴らしい!

バトルスピリッツ 東宝怪獣大決戦3
続いては「ビオランテ(花獣形態)」、「新轟天号」、「メカゴジラ1993」、「メカキングギドラ」です。
怪獣たちに混じって、新轟天号というメカニックカードが入っているのが面白いですね。

バトルスピリッツ 東宝怪獣大決戦4
最後は「オキシジェン・デストロイヤー」、「モスラの羽化」、「3式絶対零度砲(アブソリュート・ゼロ)」、「全武装攻撃」。
これらはマジックカードと呼ばれるカテゴリーのもので、シリーズの様々な要素からチョイスされています。
レアカードはこの12枚でコンプリートです。

バトルスピリッツ 東宝怪獣大決戦5
残りはアンコモンカード15種類と、コモンカード18種類。
こちらもコンプリートです。
妖星ゴラスやGサミットなど、かなりマニアックなチョイスもあるので、カードを眺めているだけでも面白いですよw

残るはXレアのデストロイア(完全体)、スペースゴジラ、3式機龍<改>と、
マスターレアのバトラ(成虫)だけですね。
第一弾目はそれでフルコンプリートなので、これらは単品買いで近い内に揃えようと思います。
第二弾目もあるのなら、まだ参戦していない残りの怪獣たちもカード化してほしいですね~。
(そもそも、主役のゴジラが現状ではプロモーションカード限定になっていますし)


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|18:10

プレイヒーローシリーズ ウルトラマン対決セットの怪獣ソフビをご紹介!(その38)

では、食玩「プレイヒーローシリーズ ウルトラマン対決セット」の怪獣ソフビをご紹介していきます。
今回は第二十八弾目である「輝きのゼロ編」で新登場した3体の敵キャラクターをご紹介します。


プレイヒーロー ウルトラマン対決セット カイザーダークネス
暗黒大皇帝カイザーダークネス
ウルトラゼロファイト第二部「輝きのゼロ」に登場したダークネスファイブを従えている黒幕です。
一見するとアーマードダークネスの金型を流用しているように見えますが、
足の裏の刻印はカイザーダークネス仕様になっているので、新金型であることが伺えます。
成型色もアーマードダークネスより黒っぽくなっていますが、ラメ入りである点は共通していますね。

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット カイザーダークネス0
背面です。
こちらに塗装箇所はありません。
可動箇所は両腕と腰になっています。
これと同時収録されていたのは、シャイニングウルトラマンゼロでした。


プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ゼロダークネス
ゼロダークネス
ウルトラゼロファイト第二部「輝きのゼロ」に登場したウルトラマンベリアルがゼロの肉体を乗っ取った姿です。
800円ソフビと同様に、カイザーダークネスと共にゼロダークネスも対決セットで商品化されました。
塗装パターンもかなり似ていますが、こちらの方が少しだけ省略気味です。
ウルトラマンゼロとは模様が異なるので、当然ながら完全新規造形ですね。

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ゼロダークネス0
背面です。
こちらは成型色そのままなので真っ黒ですね。
可動箇所は両腕と腰になっています。
これと同時収録されていたのは、ミラーナイトでした。


プレイヒーロー ウルトラマン対決セット テンペラー星人平成
極悪宇宙人テンペラー星人(平成版)
映画「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」に登場した初代テンペラー星人の同族です。
平成版テンペラー星人がここに来て対決セットの仲間入り!
造形も塗装もよく出来ていて、満足感の高いミニソフビですね~。
目の色がほぼ同じなので、ダークネスファイブの「極悪のヴィラニアス」としても使えそうです。

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット テンペラー星人平成0
背面です。
マント部分は本体と一体成型になっていますね。
可動箇所は両腕のみとなっています。
これと同時収録されていたのは、ウルトラマンメビウス(メビウスインフィニティー)でした。


以上が第二十八弾目のソフビになります。
ウルトラマン列伝やウルトラゼロファイト第二部と合わせたラインナップになっていました。
この他にも「ウルトラマンティガ(マルチタイプ)VSスーパーヒッポリト星人」や、
「ウルトラマンガイア(スプリームヴァージョン)VSキングオブモンス」が存在していますが、
どちらの怪獣も過去商品とほぼ同じ仕様だったので省略です。
次回は第29弾目を取り上げる予定です。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|18:29

新ウルトラマン列伝 第88話

新ウルトラマン列伝
本日、第88話が放送されました!
第88話「命を守れ 勇者ウルトラマンゼロ!」
映画「ウルトラマンサーガ」の総集編を放送しました。

ウルトラマンゼロ紹介編ということで、今回はウルトラマンサーガの総集編が取り上げられています。
この映画でウルトラマンゼロは始めて地球に降り立ち、そこでタイガ・ノゾムという人間と融合する事になります。
前作のウルトラマンゼロTHE MOVIEでは融合したランの意識はほとんど無く、ゼロそのものな性格でしたが、
サーガではタイガと会話をするシーンが多く、コメディシーンもシリアスシーンもバッチリ決まっていたと思います。
ウルトラマンも融合した人間もキャラクターが濃いというのは、史上初ではないでしょうかw

あの二人の掛け合いは正直「もっと見たい」と思えるほど面白かったのですが、
今回の総集編では二人の絡みよりも、
ギンガSのUPGに絡めつつ、チームUの奮闘ぶりが前面に押し出されていましたね。
劇場版ギンガSに絡めてウルトラマンコスモスのシーンも多めで、
怪獣を倒さないという姿勢を「ガンQの涙」とも絡めていたのは流石だな~と思いました。

また、総集編恒例のBGMの差し替えも多めで、
ウルトラマンゼロ=宮野真守さんの「DREAM FIGHTER」や、
タイガ=DAIGOさんの「ULTRA BRAVE」という選曲も素晴らしかったです。
これぞウルトラマン列伝!というチョイス。
(一時期の主題歌でしたし)

戦闘シーンはハイパーゼットン戦がメインで流される中、
同じく人間が頑張る話という事でギンガSのヤプール戦も間に挟まれていました。
これはゴウキがヤプールに抵抗する場面があるから、チョイスされたのでしょう。
しかしウルトラマンビクトリーが映るシーンが完全にカットされていたので、
まるでヤプールとギンガストリウムの一騎打ちに見えるような編集になっていましたねw

ゼロというよりはウルトラマンサーガという映画がメインでしたが、
これはサーガが明日に4年目を迎える「東日本大震災」に強い影響を受けて制作された事に関係があるのでしょうか。
次回と合わせて、ギンガビクトリーと絡めての合体ウルトラマン特集の一環なのかもしれませんが。
ウルトラ10勇士の内、ゼロまでの8人のウルトラ戦士の特集も今回で一区切り。
次回からも、劇場版ギンガSに合わせて総集編が連続放送される予定です。
新ウルトラマン列伝 ウルトラマンゼロ


さて、次回はウルトラマンコスモスVSウルトラマンジャスティスの総集編と、
ギンガ&ビクトリー、そしてギンガビクトリーの活躍シーンが放送されます。
劇場版ウルトラマンギンガSの公開も、いよいよ今週の土曜日から!
週末は朝一で映画館に足を運ぶ予定です~。

youtubeでは、前回のお話が配信中です。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|19:15

【動画投稿】 やる夫とやらない夫がゆっくり三妖精に教える ゴジラ怪獣図鑑 part16

第1回目の記事はこちらになっています!
http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1716.html


やる夫とやらない夫がゆっくり三妖精に教える ゴジラ怪獣図鑑part16
http://www.nicovideo.jp/watch/sm25742885

私の手書きイラストによるゆっくり解説動画の最新パートを投稿しました。
第十六回目は、ゾルゲル島の虫怪獣「カマキラス」と「クモンガ」をご紹介。
これは是非、映像で動いている姿を見て欲しいです。

さて、今回は虫怪獣のカマキラス&クモンガをご紹介です。
動画でも触れていますが、操演怪獣の最高傑作と名高い両怪獣だけに、
この2体は実際の映画で動いている姿を見て貰いたいですね~。
特にカマキラスの飛行シーンと、クモンガの動きは必見です。
(虫嫌いな人は悲鳴を上げてしまうかもしれませんがw)

ファイナルウォーズでも共に登場し、どちらもインパクトのあるやられ方をしていました。
クモンガはギャグみたいな最後だったので、動画でも再現してみましたw
敗因は糸が強靭すぎたのか、それとも身軽な体格が仇になったのか・・・

コメントで質問を頂いたバトルスピリッツのカードも購入予定ですが、予算がつかないのでちょっと放置です。
確かカマキラスもカード化されていたはず・・・

今回も面白いと感じて頂けたら動画へのコメントや、マイリスト登録して頂けるとありがたいです。
では、お楽しみ下さいませ~
youtubeでは、「ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻 part36」を投稿しております。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|19:20

プレイヒーローシリーズ ウルトラマン対決セットの怪獣ソフビをご紹介!(その37)

では、食玩「プレイヒーローシリーズ ウルトラマン対決セット」の怪獣ソフビをご紹介していきます。
今回は第二十七弾目である「ゼロ、新たな力編」で新登場した3体の怪獣をご紹介します。


プレイヒーロー ウルトラマン対決セット EXレッドキング1
EXレッドキング
ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY第13話「惑星崩壊」で初登場した、
レッドキングの強化形態です。
EXレッドキングは既に発売済みですが、今回は成型色が半透明のクリアオレンジになっています。
塗装パターン自体は、以前とほとんど変わりありませんが。

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット EXレッドキング2
背面です。
一応クリアソフビなので、強い光で透かすと綺麗です。
可動箇所は両腕、尻尾、腰となっています。
これと同時収録されていたのは、ウルトラマンゼロ(ストロングコロナゼロ)でした。


プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ベムスターメビウス版1
宇宙大怪獣ベムスター
帰ってきたウルトラマン第18話「ウルトラセブン参上!」で初登場した宇宙大怪獣です。
これはメビウス版のものが、濃い目の成型色に変更されたものですね。
EXレッドキングと同様に、ウルトラゼロファイト出演と連動しての再販です。
以前のものと比べると、塗装パターンそのものはほぼ同じでした。

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ベムスターメビウス版2
背面です。
こちらも成型色以外はほぼ同じ。
可動箇所は両腕のみとなっています。
これと同時収録されていたのは、ウルトラマンゼロ(ルナミラクルゼロ)でした。


プレイヒーロー ウルトラマン対決セット アボラス
青色発泡怪獣アボラス
ウルトラマン第19話「悪魔はふたたび」に登場した溶解泡を武器とする青い怪獣です。
バニラに遅れること4年、ようやくアボラスが対決セットの仲間入りを果たしました。
成型色はやや緑がかった青になっています。
各部に汚し塗装がしてあるので、全体的に良い雰囲気が漂っているソフビですね。

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット アボラス0
背面です。
こちらは塗装されていません。
可動箇所は両腕、腰、尻尾になっています。
これと同時収録されていたのは、ウルトラマン(Bタイプ)でした。

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット アボラス&バニラ
4年越しに、アボラスとバニラの因縁の対決が実現!
この調子でガロンが不在のリットルも、何とかして貰いたいところです。


以上が第二十七弾目のソフビになります。
ウルトラマン列伝やウルトラゼロファイトと合わせて、過去の流用を中心にしたラインナップでした。
この他にも「ウルトラマンメビウスVSベムラー」や、「ウルトラマンタロウVSウルトラマンベリアル」が存在していますが、
ベムラーもベリアルも初版と特に違った点が見受けられなかったので省略です。
(ベムラーは少しだけ色合いが明るくなっていますが)
次回は第28弾目を取り上げる予定です。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|18:01

劇場版ウルトラマンギンガSの冒頭映像が無料配信中!

http://special.movies.yahoo.co.jp/detail/20150305380397/

来週末に公開が予定されている映画作品、
「劇場版 ウルトラマンギンガS 決戦!ウルトラ10勇士!!」の冒頭映像が配信開始となりました。
惑星ジュランを舞台に、ウルトラマンコスモス(コロナモード)VSエタルガーの死闘が描かれています。

わずか数分間の映像ですが、この時点で物凄い展開になっていますね。
何より、そのBGMが素晴らしい!
懐かしのコスモスのBGMがアレンジされて流されていますね~。
今回の映画はウルトラマンのタイプチェンジやモードチェンジの他に、音楽にも力が入っているようです。
これはサントラも是非発売して貰わないと・・・

エタルガーのキャラクターも少しだけ判明しましたが、一人称は「俺」なんですね。
声質と見た目からして、もうちょっと落ち着いた物腰なんだとばかり思っていましたw
その実力も高く、映画のボスキャラだけあって冒頭から大暴れですね。
また、春野ムサシはどうやってギンガの世界にやってくるのか。
そのヒントとなる場面も公開されています。


他にもyoutubeでは、10勇士公開を記念して平成ウルトラマンの特集動画が公開されています。
この記事を書いている時点ではウルトラマンティガの動画が公開されており、
過去の映像を使いながら各タイプの紹介をしていますね。
ここでもティガの戦闘曲のアレンジBGMが流されていますが、恐らく10勇士の劇中で流されるものではないでしょうか。
これから毎日更新されるそうなので、今日中にウルトラマンダイナの動画もアップされることでしょう。

映画公開まであと9日!
公式もあの手この手で映画に対する期待感を高めてくれますねw


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|18:54

プレイヒーローシリーズ ウルトラマン対決セットの怪獣ソフビをご紹介!(その36)

では、食玩「プレイヒーローシリーズ ウルトラマン対決セット」の怪獣ソフビをご紹介していきます。
今回は第二十六弾目である「ウルトラマンサーガ降臨編」で新登場した5体のキャラをご紹介します。


プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ハイパーゼットン
ハイパーゼットン(イマーゴ)
映画「ウルトラマンサーガ」に登場したゼットンの強化形態です。
羽や尻尾が無い通常版が立体化され、全体的に840円版をダウンサイジングしたようなイメージですね。
角の処理も他のソフビと同様に、頭部と一体成型になっています。
ハイパーゼットンの立体物はハズレが無いですね~。

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ハイパーゼットン0
背面です。
840円版とは違い最初から羽が無い状態で立体化されているので、尻尾は収納状態で造形されています。
可動箇所は両腕と腰になっています。
これと同時収録されていたのは、ウルトラマンサーガでした。


プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ゴメスS
古代怪獣ゴメス(S)
ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY第1話「レイオニクスハンター」で初登場した、
リトラ(S)と同様のゴメスの大型種です。
このソフビはウルトラマンサーガ版を元に造形&塗装されているみたいですね。
オレンジ色の目が赤くなっているので、かなり凶暴そうに見えますw

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ゴメスS0
背面です。
背中の甲羅部分もちゃんと塗装されていました。
可動箇所は両腕、両足、尻尾となっています。
これと同時収録されていたのは、ウルトラマンゼロでした。


プレイヒーロー ウルトラマン対決セット グビラ
深海怪獣グビラ
ウルトラマン第24話「海底科学基地」に登場したドリル状の武器を持つ海の怪獣です。
ウルトラマンサーガに合わせて、ゴメスと共にグビラも対決セットの仲間入りですね。
こちらも顔付きなどから察するに、ウルトラマンサーガ版を元に作られたソフビでしょう。
顔以外の成型色は黒で、白い部分は塗装です。

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット グビラ0
背面です。
後ろ足は胴体と一体成型になっていました。
可動箇所は前足のみです。
これと同時収録されていたのは、ウルトラマンコスモス(ルナモード)でした。


プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ジャンナイン
9番目の戦士ジャンナイン
OV作品「ウルトラマンゼロ外伝 キラーザビートスター」で初登場した鋼鉄のジャン兄弟の弟分です。
ウルティメイトフォースゼロ最後の1人も、対決セットにてソフビ化です。
サイズの影響もあり、840円版に比べるとモールドがやや甘めですがこんなものでしょう。
塗装もポイントをしっかりと抑えて塗られています。

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ジャンナイン0
背面です。
左半身は豪快にフル塗装されていました。
可動箇所は両腕と腰になっています。
これと同時収録されていたのは、後述のビートスターでした。


プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ビートスター
天球ガーディアン・ビートスター
OV作品「ウルトラマンゼロ外伝 キラーザビートスター」に登場した天球のマスターコンピューターです。
まさかスーツの改造元であるデスフェイサーより先に、ビートスターが出てしまうとはw
現在の所、このソフビがビートスター唯一の商品でもあります。
塗装は極力シンプルながらも、全身のディテール再現は頑張っていると思います。

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ビートスター0
背面です。
こちらは成型色そのままで塗装されていません。
可動箇所は両腕と腰になっています。
これと同時収録されていたのは、ジャンナインでした。


以上が第二十六弾目のソフビになります。
新作OVと映画に合わせて、メインキャラをほぼ網羅した凄いラインナップでした。
この他にも「ウルトラマンダイナ(フラッシュタイプ)VSアーストロン」が存在していますが、
アーストロンは初版と特に違った点が見受けられなかったので省略です。
次回は第27弾目を取り上げる予定です。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|19:42

新ウルトラマン列伝 第87話

新ウルトラマン列伝
本日、第87話が放送されました!
第87話「群青の光と影 ヒカリを救えメビウス!」
ウルトラマンメビウスの第35話「群青の光と影」の内容を放送しました。

ウルトラマンメビウスという作品は第30話の時点で、
GUYSの面々が「ヒビノ・ミライの正体はウルトラマンメビウスである」という事実を知る事になります。
これまでのシリーズにも主人公の正体を知りながら、共に戦う隊員たちという場面は幾つもありましたが、
シリーズの中盤で仲間全員に正体がバレてしまうのはメビウスが初。
これはGUYSの作戦自体を大きく左右することにもなり、文字通りのターニングポイントとして機能していました。

今回のお話はGUYS元隊長セリザワの帰還、そしてボガール憎さのあまり周囲に被害を与えた経験を持つ、
ハンターナイト・ツルギ=ウルトラマンヒカリが、一人のウルトラマンとして認められていくストーリーになっています。
劇中でもテッペイが話していた通り、この世界にはまだ青いウルトラマンが現れておらず、
更にツルギ時代の記憶も生々しい一般市民にとっては、ヒカリがウルトラマンの一人だとはあまり認知されていません。
これはブルー族として映像作品に初登場した、ヒカリならではの要素を上手く使っていると思います。
(アグルなど他の世界の青いウルトラマンは、M78星雲出身のブルー族では無いので)

ババルウ星人もヒカリを貶めようと暗躍&大暴れしていましたが、
この因縁については今回のお話の前日談となる「ヒカリサーガ」を視聴すると、よく理解できると思います。
髪をかき上げる仕草や新しい武器の登場、そしてその悪辣ぶりが印象的なババルウ星人。
本物そっくりに変身できる特殊能力も健在でしたが、
あまりに本物に忠実すぎたが故に「メビウスの手に渡っているはずのナイトブレスまで再現してしまった」ので、
ミライに一瞬で偽物だと見破られてしまう辺りも笑えますw

まだ正体が明かされていないものの、
この時点でGUYS総監がサコミズ隊長である事がよく分かる演出も挟まれていましたね。
(ミサキとのアイコンタクトなど)
セリザワの潔白を証明する為にあえて彼を拘束し、先に偽物が出現するのを待つ。
拘束に納得できないミライを止めたリュウですが、静かに怒りを募らせている辺りが彼の成長を感じさせられます。
最初の頃のリュウなら、ミライと一緒に真っ先に不満をぶつけていたでしょうし。

このようにミライがウルトラマンだと知っている前提のお話なので、
仲間の誰かが「理解者」となることでミライの孤立を防げるのがメビウスの良さだと思っています。
普通ならウルトラマンであるミライがあそこまで怒ると、
仲間が彼を怪しんだり「何言ってんの?」なリアクションをするシーンが入ると思います。
メビウスの中盤以降はそういった仕草が補佐官&マルに絞られており、
他の隊員たちは逆にミライをフォローするといった場面が見られるのもメビウスの良さではないかと。
ウルトラマンであるミライならではの問題も、仲間と共有することができるんですよね。

掌の返しっぷりが凄い一般市民の理解も得て、見事に初の「青いウルトラマン」として認められたヒカリ。
その設定や世界観などを上手く利用した、色んな意味でメビウスという番組でしか成立しなかったお話だと思います。
新ウルトラマン列伝 ウルトラマンメビウス


ウルトラファイトビクトリーの展開に合わせてか、メビウスというよりはウルトラマンヒカリがメインのチョイスでした。
ウルトラマンギンガSの映画の映像では、エンペラ星人と激突する場面が流されており、
ちゃんと「エンペラ星人らしいアクション」になっていたのが好印象です。
動きすぎず、それでいてメビウスの攻撃を全て受け流すあの戦闘スタイル!
映画がますます楽しみになってきました。(何だかんだで公開まであと少しですね)

次回はウルトラマンゼロ紹介編ということで、ウルトラマンサーガの総集編を放送する予定です。
youtubeでは、前回のお話が配信中です。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|19:56

ウルトラファイトビクトリーに登場!スーパーグランドキング・スペクター!

ハピネット・オンラインにて、ウルトラマンの新玩具情報が公開されています。
今回は3月と4月に発売される新商品の追加情報ですね。

ウルトラ怪獣DX スーパーグランドキングスペクター画像
ウルトラ怪獣DX スーパーグランドキング・スペクター
発売予定:3月下旬
税込価格:2052円

ウルトラファイトビクトリーに登場が噂されていた、
スーパーグランドキングのバリエーションキャラクターがウルトラ怪獣DXでソフビ化決定ですね。
全身が黄金に輝き、各部が黒くなっている他、角の形状や右腕のデザインが大きく変化しています。
前にてれびくんのカレンダーに掲載されていた謎の怪獣は、スーパーグランドキング・スペクターだったんですね~。
(ですが、いざてれびくんが発売されてみると、その画像はビクトルギエルに差し替えられていましたが)

ウルトラファイトビクトリーには超獣の他に「悪霊(スペクター)」が登場し、
ウルトラマンビクトリーは悪霊を封じ込める力が宿っている「ナイトティンバー」を武器に戦うという流れだそうです。
同じくてれびくんのカレンダーに掲載(こちらも実際にはダークルギエルに画像が差し替え)されていた、
「ジュダ」もそのスペクターの一員なのでしょう。
実際、このスーパーグランドキングは角の形状がジュダそっくりですものねw
噂ではジュダも500ソフビで出るそうなので、そちらの情報も近い内に解禁されそうです。

この他にも「ウルトラファイトビクトリー UPG怪獣極秘ファイル」なる玩具も4月に発売予定で、
こちらは去年発売された秘伝の書と同様に、多数の怪獣のライブサインが収録されている玩具だそうです。
恐らく、新ウルトラマン列伝の中でも使用されるのではないでしょうか。
(ナビゲーターがゴウキとアリサになるそうなので)

他にも円谷公式HPでは、アリブンタがショウ達を地底世界に引き込む画像なども公開されています。
ウルトラファイトビクトリーは、ウルトラゼロファイト以上にとんでもない展開が待ち受けていそうですね~。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|19:45

ウルトラマン超闘士激伝の新作が本格的に始動!

http://gashapon.jp/choutoushi/
以前にウルトラマンメビウスが主役の新漫画(序章)が公開された「ウルトラマン超闘士激伝」ですが、
3月24日から新作漫画の本格連載がスタートすることが発表されています。
しばらく続報が無く、どうなっているんだろう?と思っていただけに、ようやく企画が動き始めたみたいでホッとしました。

更にそれに合わせて、超闘士激伝シリーズの第一章目である「メフィラス大魔王編」が公式配信決定!
全11話を今月中に順次配信していくそうです。
まだ悪の戦士として大暴れしていた頃のメフィラス大魔王の姿も見所ですし、
ウルトラ戦士が力を合わせて戦う最終決戦はとても燃える展開になっているので、
まだ超闘士激伝を知らないという方は是非ご覧になって下さい。

そして一番の目玉は、2015年夏にガシャポン版の超闘士激伝も復活というところでしょう。
過去にウルトラマンや怪獣に鎧パーツを着せて遊ぶフィギュアとして人気を博したシリーズでしたが、
新漫画の展開に合わせてそちらも展開するみたいです。
楽天市場では既に予約がスタートしており、そのラインナップも公開されています。

ウルトラマン超闘士劇伝01(仮)
6月発売予定 1回200円
■闘士ウルトラマンメビウス
■闘士ウルトラマン
■闘士グローザム
■闘士デスレム
■闘士ガルタン大王


新旧主役のウルトラマンとメビウス、序章でも少しだけ登場していたデスレム&グローザムに加え、
過去の漫画にほんの少しだけ登場していたガルタン大王を加えた新生第1弾目ですね。
(闘士仕様なのでパワーアップしているのかも?)
まだ仕様などは不明ですが、こうやって新作が一般商品として発売されるのは本当に嬉しい!
相変わらずマニアックなキャラクターも入っていますし、新作漫画と共に要注目ですね~。


また、Twitterではガシャポンウルトラマンの公式アカウントも作成されています。
https://twitter.com/gashaponultra
今後、HGシリーズや超闘士激伝などの新作情報を呟いていくとの事。
HGウルトラマン新作の原型としてリットルユニタングらしきシルエットも公開されていますし、
限定販売か一般販売かは不明ですが、こちらも新作が控えているみたいですね。
新情報が欲しい方は、こちらのアカウントをフォローしてみては如何でしょうか。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|14:50
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ