大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

新ヒーロー誕生、その名は「ウルトラマンX(エックス)」!

本日、遂にウルトラマン最新作が公式発表となりました。
既に玩具情報などでかなり前から騒がれていましたが、
てれびくん&テレビマガジンの発売に合わせての発表になりましたね。


ウルトラマンエックス
http://m-78.jp/news/n-3088/
http://www.cinematoday.jp/page/N0072876
http://news.livedoor.com/article/detail/10063633/
http://www.narinari.com/Nd/20150431313.html

番組名:『ウルトラマンX』(ウルトラマンエックス)
放送開始日:2015年7月14日(火)~
放送局:テレビ東京系6局ネット 他
放送時間:毎週火曜日18:00~18:30 『新ウルトラマン列伝』内
◆出演者
高橋健介
坂ノ上茜
細田善彦
松本享恭
月船さらら
神尾佑
原田隼人
百川晴香
TAKERU(ボイジャー)
瀬下 千晶(ボイジャー)
ほか
◆監督
田口清隆
坂本浩一
辻本貴則
アベユーイチ
冨田卓
◆シリーズ構成
小林雄次
中野貴雄
小林弘利
黒沢久子


胸にX型のカラータイマーが輝き、ウルトラマンらしい顔付きながらも、
耳の形状が凄いことになっているウルトラマンエックス!
実は本日から発売されている「てれびくん」には、ウルトラマンエックスの動く映像が入っているDVDが付属しています。
全身に電流が駆け巡り、まさしく「サイバー戦士」といったイメージであるウルトラマンエックス。
公式でもそのように書いていますし、今までにないウルトラマンのイメージになるのは間違いなさそうですね。

防衛チーム「Xio」の存在、スパークドールズから解き放たれてしまった怪獣たち、
ウルトラマンエックスとユナイトする、主人公「大空大地」の存在。
その世界観はまだまだ謎に包まれていますが、
怪獣に関してはライブ方式ではなく、従来の野生怪獣に戻ることになるのでしょうか。
前作の、ウルトラマンギンガの世界との繋がりがあるのかどうかも気になるところです。

監督も田口監督をメインに、坂本監督やアベ監督たちが参加するという豪華な顔ぶれが嬉しいです。
既にエキストラ撮影募集の内容で、
「街中で暴れる怪獣とそれを食い止めるウルトラマン」というシチュエーションがあることも明かされていますし、
ギンガS以上の迫力ある絵作りに期待したいと思います。

このウルトラマンエックスについては隠されたギミックも存在するのですが・・・それはまた次回にでも。
今年の夏も、ウルトラマンがアツい!

youtubeでは、ウルトラファイトビクトリーの第4話目が単独配信されています。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
関連記事
Permalinkコメント:(6)トラックバック:(0)|13:07

これぞ決定版?ファイブキングのリアルフィギュアが発売決定!

昨日から、エクスプラスの少年リックのサイトにて、「大怪獣シリーズ」の最新作が予約開始となっています。
今回は久しぶりに、平成ウルトラシリーズから商品化となりました。


大怪獣シリーズ ファイブキング見本
http://www.ric-toy.ne.jp/item_fiveking.html

大怪獣シリーズ ULTRA NEW GENERATION 「ファイブキング」 少年リック限定商品
税込価格:19980円
予約期間:5月13日(水)18時まで
発送時期:2015年6月末頃~7月初旬頃
商品サイズ:全高約27cm、全長約30.5cm
材質:PVC(ソフビ)
仕様:塗装済み完成品(一部組立あり)


既にイベントで2度展示されていたファイブキングが、遂に商品化決定!
ウルトラ怪獣DXとは違って「実際のスーツ」を元に造形されていますし、
クリアパーツを多用することで、瞳や背中の結晶体、ガンQの目玉なども非常に再現度が高くなっています。
厳ついファイヤーゴルザの顔、大きなメルバの翼、レイキュバスのハサミにガンQの目玉、
そして超コッヴの下半身と全身が作り込まれているようで、製品版がどうなるのか非常に楽しみです。

この大怪獣シリーズは一部パーツを差し込むなどの手間はありますが、
サイズが大きく完成度の高いソフビフィギュアが非常に多いシリーズなんですよね。
私も数体ほど所持していますが、今回のファイブキングは久しぶりに購入決定となりました。
(というか、昨日の内に予約注文済みです)

ファイブキングは現在のところ、ウルトラ怪獣DXしかフィギュアが存在していませんし、
劇中の暴れっぷりが印象的で、大型フィギュアになると見栄えも良いだろうな~と思っていただけに、
今回の商品化決定は本当に嬉しいです。
発送も意外とすぐ先なので、今の内に予算と置き場を確保しておかないと・・・
※このフィギュアは、少年リック通販限定商品となっています。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|18:13

新ウルトラマン列伝 第95話&ウルトラファイトビクトリー第5話

新ウルトラマン列伝 ウルトラファイトビクトリー
本日、第95話が放送されました!
第95話「ウルトラ銀河伝説 その名はウルトラマンゼロ」
映画「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」の分割放送を放送しました。

今回はウルトラマンゼロ登場シーン~ラストまで一気に放送されましたね。
BGMはウルトラギャラクシーNEOのものがあったり、終盤は主題歌の「星のように・・・」がずっと流されたりと、
今回も差し替え部分がありました。

当時から指摘されていましたが、ウルトラマンゼロと戦う怪獣軍団は最後にやられる面々が、
「強敵」か「最終回登場キャラ」に限られているのが本当に細かいな~と。
ただのモブキャラではなく、ちゃんと考えられてチョイスされているのが嬉しかったです。
ウルトラマンゼロの無双っぷりも、劇場に来ていた子供たちのハートをガッチリ掴めていましたw

ベリュドラが倒され、アナザースペースと思わしき場所で倒れていたウルトラマンベリアル。
恐らく、様々な宇宙と繋がっている怪獣墓場のどこかに落ちてしまい、
辿り着いた先が「あの宇宙」だったのでしょう。
そこで彼はウルトラマンゼロへの復讐を誓い、ベリアル銀河帝国を築き上げていくのですが・・・
それは次回以降の新ウルトラマン列伝で描かれることになりますね。

ウルトラ銀河伝説は二度目の放送でしたが、BGM差し替えにより新鮮な気持ちで視聴することができました。
これは次回以降も続いていくそうなので、毎回どうなるのか楽しみにしたいと思います。


ウルトラファイトビクトリーの第5話目は、どう見てもウルトラファイトエースでしたねw
ウルトラ兄弟の光線技を次々と放つエースキラー!
それに負けまいと光線技を次々と放つウルトラマンエース!
何というか、「エースキラーの見たかった姿」がようやく映像作品で見れた気がしました。
エースとの光線技の撃ち合いというシチュエーション、これぞまさしくエースキラー!

BGMも凄いことになっていて、ウルトラマンエースの主題歌やピンチBGMを惜しみなく使っていく!
あれだけで「今回のメインはウルトラマンエースである」ということがよく伝わりました。
しかし真の主役はエースキラーならぬビクトリーキラーで、
アリブンタを差し向けて解析したウルトラマンビクトリーの「ウルトランス」を、「キラートランス」として悪用!
EXレッドキングナックル、キングジョーランチャー、エレキングテイルと、こちらもド派手な連続攻撃でした。
そして、そこに現れたウルトラマンビクトリー、ここで第1話の冒頭に繋がるわけですね。
新ウルトラマン列伝 ウルトラファイトビクトリー エースキラー


ウルトラ銀河伝説だけではなく、ウルトラファイトビクトリーも音楽が非常に凝っていて本当に楽しいです。
ウルトラ10勇士の10勇士メドレーもそうでしたが、坂本浩一監督の意向が大きく反映されていそうですね。
ウルトラマンギンガ最終回でウルトラマンタロウの主題歌が流れた時もそうでしたが、
やはり音楽一つだけでそのシチュエーションが更に光り輝くんだな~と再認識させられました。

さて、次回からはウルトラ銀河伝説の続編ということで、ウルトラマンゼロVSダークロプスゼロが連続放送!
こちらも一部BGMが差し換えられるそうなので、また永久保存版として残すことになりそうです。
youtubeでは、前回のお話が配信中です。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|19:31

ウルトラファイトビクトリー対応、ウルトラ怪獣500&ウルトラ怪獣DX4月分新作 UPG怪獣極秘ファイル

一昨日から、ウルトラマン新作玩具が発売開始となりました。
まずはウルトラ怪獣500の最新作からです。


ウルトラ怪獣500ソフビ ジュダ・スペクター
ウルトラ怪獣500 73:ジュダ・スペクター
ウルトラファイトビクトリーに登場予定の、宇宙の帝王ことジュダ・スペクターが早くも500ソフビとなって登場です。
そもそも、ジュダがバンダイの定番ソフビになるのも今回が初めてですね。
全身も禍々しい鎧状の姿に変化し、黒い部分がより多くなったイメージです。
顔も細部が変わっていますが、ジュダらしい表情は今回も健在ですね。

ウルトラ怪獣500ソフビ ジュダ・スペクター0
背面です。
マントは本体と一体成型になっています。
ライブサインを読み込ませると、「ウルトラモンスター!」という音声が鳴ります。
グランドキングと違って、ジュダ単体の音声は無かったのでしょうかね。


ウルトラ怪獣DX アークベリアル
ウルトラ怪獣DX アークベリアル
ウルトラマンゼロ THE MOVIEにて、カイザーベリアルが大量のエメラル鉱石を吸収し、
超巨大な怪獣に変化した姿がこのアークベリアルです。
当時に箱入りの大型商品としてソフビ化されていましたが、今回は裸タグ売りでの再販となりました。
なので、基本は以前のリペイント商品ですね。

ウルトラ怪獣DX アークベリアル0
全高20cm超えの大ボリュームで、今回もその大きさは健在。
以前のものと比べると、赤い部分の塗装が少し省略されていますが、
メタリックレッドになっているので今回の方が見栄えが良いですね。

ウルトラ怪獣DX アークベリアル1
前回と同様に、腕や背中の一部パーツはクリア仕様になっています。
エメラル鉱石の部分も色が濃くなっているので、より劇中イメージに近くなりましたね。

ウルトラ怪獣DX アークベリアル2
可動箇所は両腕、両膝、尻尾です。
ライブサインも付属していますが、音声は通常のウルトラマンベリアルと共通のものでした。

ウルトラ怪獣DX アークベリアル3
やはり巨大な怪獣ソフビは良いものです。
新ウルトラマン列伝ではウルトラマンゼロ THE MOVIEが再び放送されるので、それで再販になったのでしょうね。


UPG怪獣極秘ファイル
そしてこれらと同時発売だったのが、こちらの「UPG怪獣極秘ファイル」です。
全4ページの大きなシートで、それぞれのキャラクターは「DXギンガスパーク」、「DXダークスパーク」、
「DXビクトリーランサー」などで読み込むことが出来ます。
掲載キャラクターは以下の通り。

ゾフィー、ウルトラマン、ウルトラセブン、ウルトラマンジャック、ウルトラマンエース、ウルトラマンタロウ、
ウルトラの父、ウルトラの母、ウルトラマンレオ、アストラ、ウルトラマンキング、ウルトラマン80、ウルトラマングレート、
ウルトラマンパワード、ウルトラマンティガ、ウルトラマンダイナ、ウルトラマンガイア、ウルトラマンコスモス、
ウルトラマンネクサス、ウルトラマンマックス、ウルトラマンメビウス、ウルトラマンヒカリ、ウルトラマンゼロ、
グレンファイヤー、ミラーナイト、ジャンボット、ジャンナイン、ウルトラマンギンガ、ウルトラマンビクトリー、
ウルトラマンビクトリーナイト(ウルトラマンビクトリーと同様)

ベロクロン、バキシム、ドラゴリー、アリブンタ、巨大ヤプール、エースキラー、スーパーグランドキング・スペクター、
レッドキング、イカルス星人、シーゴラス、ベムスター、バラバ、キングクラブ、ハンザギラン、タイラント、ナース、
クレージーゴン、恐竜戦車、ガメロット、インペライザー、キングジョーブラック、チャンドラー、ギガス、ドラコ、
エレキング、ミクラス、サドラ、デットン、EXレッドキング、シェパードン、レッドギラス、ブラックギラス、ガロン、リットル、
シーモンス、ベムラー、ドドンゴ、ガマクジラ、ヒドラ、ゴモラ、キングジョー、カウラ、ダリー、ジャンボキング、
スーパーグランドキング(スーパーグランドキング・スペクターと同様)、キングオブモンス、ガタノゾーア、
アークベリアル、ゾグ第2形態、サタンビートル、キングカッパー、ノーバ、ジェロニモン、ヒッポリト星人、メフィラス星人、
ペスター、バルタン星人、テンペラー星人、ミズノエノリュウ、ババルウ星人、ウルトラマンベリアル、
ウルトラマンベリアルアーリースタイル、ギャンゴ、ジャミラ、ブロッケン、ダダ、キーラ、シーボーズ、ネロンガ、
ユートム、ガゾート、リッガー、スカイドン、ベリュドラ、メカゴモラ、カイザーベリアル、アークベリアル、
デスローグ、グロッケン、(残りのダークネスファイブは通常の種族と同様)、ゼロダークネス

ヒーロー側はグレンファイヤーとミラーナイトの変身音声が初公開となりました。
怪獣側も一部キャラには鳴き声が存在し、初公開となったのはチャンドラー、キングオブモンス、ガタノゾーア、
ヒッポリト星人、メフィラス星人、ネロンガ、ベリュドラでしょうか。
ライブパッドを買わないと聞けなかったグレートやパワードの音声も聞けますし、
まだまだ音声が隠されているギンガスパークの底力を改めて見せ付けられた気がしましたw
(やはり怪獣の名前だけは、ほぼ全てが収録されていそうですね)


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|08:23

【動画投稿】 ゆっくり霊夢とやる夫が学ぶ 昆虫大百科 番外編part8

http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1464.html
第1回目の記事はこちらになっております。


ゆっくり霊夢とやる夫が学ぶ 昆虫大百科 番外編part8
http://www.nicovideo.jp/watch/sm26114861

ゆっくり昆虫解説動画の番外編part8をアップ致しました。
番外編の第八回目は地下住まいの蜘蛛「ジグモ」について解説します。
更にセアカゴケグモやオニグモ、カバキコマチグモやタランチュラなどにも少し触れるクモスペシャル!

地底編のラストは地下と地上に巣を作るジグモをチョイスしました。
それに加えて、様々な種類の蜘蛛にも触れています。
ジグモはその姿を見たことが無くても、巣らしきものを見たという方は非常に多いのではないでしょうか。
子供の頃、私はアレが何の動物の巣か全く分からなかった記憶があります。

動画でも触れている通り、日本に住む毒蜘蛛の代表格、カバキコマチグモとセアカゴケグモにはご注意を。
どちらも私の家の近所にわんさか住んでいるので、とても身近な虫でもあるんですが。
しかしセアカゴケグモも、すっかり日本の気候に馴染んでしまったみたいですねぇ・・・

地霊殿のラストとなる番外編part8。
では、どうぞお楽しみ下さいませ~
(面白いと思っていただければ、動画へのコメントやマイリスト登録をして頂けると有難いです)
youtubeにて、「ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻 part38」を公開しました。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|19:32

大阪に新たなウルトラ怪獣の聖地が誕生、「元祖怪獣酒場」に行ってきた!(レポート記事)

本日は、朝一で難波まで行ってきました。
お目当てはもちろん、本日から「なんばグランド花月」の1階にオープンする「元祖怪獣酒場」です。
ということで、以下は元祖怪獣酒場のレポート記事になります。
(画像はクリックすると拡大します。また、人の顔はなるべく加工して隠しました。
基本的に店内の撮影はOKですが、「他の人の迷惑にならないように注意しましょう」との事です。)

元祖怪獣酒場
まずは開店前に、報道陣を集めてオープニングセレモニーが催されました。
カネゴン店長とゴモラ料理長が登場しましたが、ゴモラは最近の本編にも使用されている本物のスーツ!

元祖怪獣酒場0
そこにマグマ星人も加わり、本物の店長たちも現れて記念すべきテープカット!
ちなみにリアル店員さんはそれぞれ宇宙人の体を模したユニフォームを着ていて、
シャプレー星人、ペガッサ星人、ゴース星人、カナン星人、ババルウ星人・・・などなど、色んなデザインがありました。

元祖怪獣酒場1
マグマ星人は待ち列を整理したり、待っているお客さんに気さくに話しかけていましたw
やはり喋れるキャラクターなのは強いですね。

元祖怪獣酒場2
入店すると、当然ながらウルトラヒーローやそれに味方する者は入店お断りとの張り紙が。
川崎店の悲劇は二度と繰り返してはいけない・・・(復活しましたけど)

元祖怪獣酒場3
土管にはムシバ君が描いたのか、ガヴァドンAの落書きが。

元祖怪獣酒場4
店内は全体的にレトロな雰囲気が漂っており、個人的には非常に落ち着きます。

元祖怪獣酒場5 元祖怪獣酒場6 元祖怪獣酒場7 
壁には、このような謎の看板や張り紙がたくさん設置されていますw

元祖怪獣酒場8 元祖怪獣酒場9
天井スレスレのスペースにも、素晴らしいイラストが展示されています。
キングマイマイの成虫や、ナックル星人の宇宙船というマニアックなチョイスも素敵です。

元祖怪獣酒場10
入店するには、右上のモニターの前を通らなくてはなりません。
ここで「怪獣の心」を持っているかどうかを試され、持っているのであれば無事通過できます。
(私は顔の部分がマグマ星人にコラージュされましたw)

元祖怪獣酒場11 元祖怪獣酒場12
侵入に成功すると、そこにはタバコボックスに入った副店長のメフィラス星人がお出迎え。
マルサンやブルマァクの怪獣ソフビ人形もズラっと並んでいます。

元祖怪獣酒場13 元祖怪獣酒場14
天井付近には、マンモスフラワージュランの姿が。
その近くにはナメゴンが這いずり回っています。

元祖怪獣酒場15 元祖怪獣酒場16 元祖怪獣酒場17
ショーケースの中には、ザラブ星人の翻訳機やフィギュアで彩られた熊手なども展示してあります。

元祖怪獣酒場18
靴箱のデザインも非常に凝っていて、番号の代わりに怪獣名と足型が書いてありました。
こちらは宴会場に上がる人だけが使用できます。

元祖怪獣酒場19 元祖怪獣酒場20
ビリケンさんのように、圧倒的な存在感を放つカネゴン像。

元祖怪獣酒場21 元祖怪獣酒場22 元祖怪獣酒場23
こちらはウルフェス会場でもよく見かけた、怪獣&宇宙人胸像ですね。
メトロン星人、ガッツ星人、ベル星人、ナックル星人、エースキラー、アイロス星人が展示してありました。

元祖怪獣酒場24 元祖怪獣酒場25 元祖怪獣酒場26
こちらは怪獣天国という席です。
ロボット怪獣繋がりのガラモン&キングジョー、古代の地底怪獣繋がりのゴメス&グドン、
侵略者繋がりのザラブ星人&メトロン星人がそれぞれデザインされていました。

元祖怪獣酒場27
兄弟の盃?を交わすレッドキング&ブラックキングの影絵。

元祖怪獣酒場28
大宴会場には開田裕治さんの特製イラストも飾られています。
しかし人が大量に映り込んでしまうので、撮影は断念しました。

元祖怪獣酒場30 元祖怪獣酒場29 元祖怪獣酒場31 元祖怪獣酒場32
元祖怪獣酒場33 元祖怪獣酒場34 元祖怪獣酒場35 元祖怪獣酒場36 元祖怪獣酒場37
これらは、壁に飾ってある謎のポスターや看板です。
どれもデザインや書いてある文字が秀逸!
ちなみにトイレは男性用がマグマ星人、女性用がゴース星人のシルエットでした。
(そちらはさすがに撮影していません)

元祖怪獣酒場38
店内ではババルウ星人が巡回していました。
キザでナルシストな性格らしく、カメラ撮影にも快く応じてくれましたw
(ありがとうございます!)

元祖怪獣酒場39
そしてカネゴン店長も巡回に参加。
マスコミに囲まれながら、来店したお客さんに挨拶をして回っていました。

元祖怪獣酒場40
さて、いよいよ食事です。
私はカウンター席に座りましたが、目の前にはブルマァクの怪獣ソフビが山ほど展示してありました。

元祖怪獣酒場41
上にある「のれん」には、様々な怪獣たちの名前が記載されています。

元祖怪獣酒場42
元祖怪獣酒場は昼と夜でメニューが異なり、メインとなるのは夜みたいですね。
※今は土日祝日のみ、お昼からディナーメニューを頼めるようになりました
なので昼は食べ物が少な目なのですが、今回私は「カネゴンバーガー」を頂きました。
画像では分かりづらいですが、ハンバーグの上に「10」という形をしたスライスチーズが乗せられており、
その形は「大きな10円玉を食べているカネゴン」というデザインになっているんですよね。
肉厚で味も美味しかったです。

元祖怪獣酒場43
そしてデザートは、見ているだけで笑ってしまう「バド星人の宇宙の帝王パフェ」ですw
プリンがバド星人の頭のようなデザインになっています。
イチゴやバナナなどが乗っている、そこそこボリュームのあるパフェでした。
昼はこの他にも数種類メニューが用意されています。

元祖怪獣酒場44
こちらはドリンクセットを注文するとサービスで貰える、「怪獣コースター」です。
デザインは全24種類らしく、私はタッコングが当たりました。

元祖怪獣酒場45
お会計を終えると、出口には売店が併設されています。
ここは怪獣酒場に入らなくても入店できるシステムになっています。
(なのでお土産だけを購入することが可能)
DVDやソフビ人形のほか、ここだけで買える限定グッズも多数販売されています。

元祖怪獣酒場46
こちらは抹茶味の「1億円ウエハース」です。
かなり巨大なのでビックリ!

元祖怪獣酒場47
続いてはバジルトマト味の「ジャミラスク」。

元祖怪獣酒場48 元祖怪獣酒場49
元祖怪獣酒場50 元祖怪獣酒場51
極め付けは、元祖怪獣酒場限定の怪獣カレー(と混ぜ飯)でしょう。
「用心棒の気まぐれ風 ブラックストロングビーフカレー」、「石油コンビナート仕立て タッコング飯」、
「骨付バードン肉入り レッドホットチキンカレー」、「GOLDEN カネゴンカレー」(ボンカレーじゃないよ!)の4種類。
どれも商品名やパッケージデザインのインパクトが凄かったですw

元祖怪獣酒場52
「飛び出す怪獣キャラメル」はゴモラとキングジョーの2種類。
(私はキングジョーを購入しました)

元祖怪獣酒場53
「ヒッポリトカプセル珍味ソースカツ」に「カネゴン煎餅しょうゆ味」。

元祖怪獣酒場54
メフィラス星人印の「黒いミステリードロップス」。

元祖怪獣酒場55
各種ソースなども販売されています。
他にも限定クリアファイルやストラップなど、お土産は多数用意されていました。

元祖怪獣酒場56
ここの電飾は、「カネゴンの繭」風デザインなのが細かい!

元祖怪獣酒場57 元祖怪獣酒場58
オープン初日ということで、外ではゴモラ料理長が呼び込みを行っていました。
やはりこのスーツはカッコいいですね~。

元祖怪獣酒場59
最後はカネゴン店長が「SNSで拡散してくれ」と、
お客さんに配布していたお手製?のチラシを大きく掲載して〆。

以上が元祖怪獣酒場のレポートになります。
これだけ撮っても店内の全てを撮影した訳ではありません。
こうやって大阪にウルトラマン関連の施設が再びできたことが何より嬉しいですし、
場所も「難波駅のすぐ近く」という立地の良さもかなり良かったです。
店員も非常にハイテンションで、とても活気のあるお店でした。

酒場という名前ですが、基本はレストランなのでもちろんお子様も楽しめます。
(むしろ親子で来るのが一番盛り上がるかもしれません)
私はとりあえず、お酒以外の全メニュー制覇を目指して、これからも不定期に通い続けたいと思います。
次は夜のメニューを狙いたいですね~。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|19:49

恐怖の円盤生物フィギュアシリーズ! ノーバ(その2)

では、私が所持している円盤生物のフィギュアを紹介する、不定期コーナーの第15回目となります。
第15回目はノーバの後編です。

円盤生物 ノーバ ベアモデル
まずは「ベアモデル」から発売されたレトロ風ソフビ人形です。
現在のところ、レッド、クリアレッド、白成型にブルーという3種類のカラーリングが存在していますが、
私は1期目のレッド版を所持しています。

円盤生物 ノーバ ベアモデル0
赤い成型色に、薄い柿色や灰色に近い紫色のスプレーが吹かれています。
手や足の処理も面白く、まさにレトロ系ソフビ人形といった造形です。

円盤生物 ノーバ ベアモデル1
背面です。
首と左右の腕が可動します。

円盤生物 ノーバ ベアモデル2
顔のぼんやりとした塗装が恐怖感を煽って、非常に良い仕上がりになっていると思います。
表情も劇中より少しキツめなので、ノーバの不気味さや怖さがよく出ているソフビ人形でした。
(青いバージョンでは、瞳が塗装されて更に怖い仕上がりになっているんだとか・・・w)


円盤生物 ノーバ インスパイア
こちらは「インスパイア」から発売された、「SSSコレクション」のノーバです。
一応ソフビ人形なのですが、ご覧のとおりマント部分が布製になっている拘りよう!
首の紐も本物ですし、ある意味ノーバフィギュアの決定版と言えるのかもしれません。

円盤生物 ノーバ インスパイア0
全体的に丸っこい造形で、一応レトロ系ソフビと言っても良いのではないでしょうか。
上で取り上げたベアモデル製のソフビよりも大きく、ボリュームはかなりのものです。

円盤生物 ノーバ インスパイア1
背面です。
当然ですが、布製のマント部分は自在に動かせます。

円盤生物 ノーバ インスパイア2
こちらのノーバの造形は、可愛さを押し出したイメージになっていますね。
黄色っぽい成型色でマントが黒くなり、
紐にカボチャが付いた「ハロウィンバージョン」というカラーバリエーションも存在しています。

円盤生物 ノーバ インスパイア3
そしてこのノーバ最大のポイントは、なんと「中身」が造形されているのですw
ノーバはウルトラマンメビウスの描写を見る限り、本来中身は存在せず常に浮遊しているイメージみたいですが、
レオでは足元がチラチラ映っていたので、このソフビ人形ではそれが再現されたのでしょうか。
(マントが布製なので、どちらにしろ立たせる為には中身が必要だったのでしょうが)
なので間をとってか、足元だけが黒く体はクリア成型になっています。
もちろん、両腕と両足は可動しました。


円盤生物 ノーバ インスパイア4
そして最後は、上のインスパイア製ノーバの初回特典だった「円盤形態指人形」です。
劇中通り、目が黄色く発光した状態が再現されていますね。

円盤生物 ノーバ インスパイア5
背面です。
こちらは未開封のまま飾っています・・・

前編と合わせて、以上が現時点で私が所持しているノーバのフィギュア達になります。
恐らく、カラーバリエーションを除けば全部でこれだけだったかと・・・
しかしノーバは飛行形態を含めると、円盤生物で一番商品数が多いキャラクターでしたね。
さすが死を呼ぶ赤い暗殺者!

youtubeでは、新ウルトラマン列伝&ウルトラファイトビクトリーの最新話が配信開始となっています。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|19:20

恐怖の円盤生物フィギュアシリーズ! ノーバ(その1)

では、私が所持している円盤生物のフィギュアを紹介する、不定期コーナーの第14回目となります。
第14回目はこちらのキャラクターをご紹介します。

円盤生物ノーバ
円盤生物 ノーバ 超闘士激伝ポピー
ブラックスターから飛来した円盤生物第10号で、タコやてるてる坊主の様な姿をしています。
普段はてるてる坊主の様な姿に化けており、トオル少年のトラウマを利用して彼に取り入り、
街中に赤いガスを撒き散らして、人々を狂乱に陥れていました。
トオル少年を移動や人質に利用するなど、知能の高さや狡猾な一面を見せていたキャラクターでした。
飛行形態は、腕の鎌や触手を収納してマントを広げることで円盤状になります。

ということで、今回はノーバの前編です。
まずは「ポピー」から発売された「怪獣消しゴム」と、
「バンダイ」から発売された「ウルトラマン超闘士激伝」のノーバですね。
怪獣消しゴムは劇中でチラっと見えていた「足」まで造形されているのが笑えますが、
ポーズや造型そのものはかなりハイレベルだと思います。
(私は朱色バージョンを所持しています)

超闘士激伝のノーバは円盤生物セットの1つなので、かなり小さいですね。
ですが円盤形態というマニアックさは見逃せません。

円盤生物 ノーバ 超闘士激伝ポピー0
背面です。
その形状故か、超闘士激伝のノーバは頭頂部に穴が開いていました。
ノーバは前も後ろも、とにかくシンプル!


円盤生物 ノーバ ウルトラ怪獣石
次は「ベネリック」から発売されていた、「怪獣ラボ ウルトラ怪獣石」シリーズのノーバです。
こちらは天然石付きのストラップフィギュアで、ノーバもラインナップの一員としてチョイスされています。
しかもリアルタイプの円盤形態フィギュアはこれが初!

円盤生物 ノーバ ウルトラ怪獣石0
背面です。
ブラインドパッケージの商品でしたが、1発で引き当てることが出来たので喜んだ記憶があります。

円盤生物 ノーバ ウルトラ怪獣石1
ノーバには「アメジスト」が付属しており、アメジストは「癒しの石」だそうです。
本編の凶悪さから考えるとそのイメージには程遠いですが、見た目だけは確かに癒しキャラなのかも・・・


円盤生物 ノーバ 特撮ヒーローズウルトラクッキングスイング
こちらは「プレックス」から発売された「特撮ヒーローズ」のノーバと、
「バンダイ」から発売された「ウルトラクッキングスイング」のノーバです。
特撮ヒーローズではSD体型になることで、その顔の存在感が倍増していますねw
一方のウルトラクッキングスイングでは、タコさんウィンナーならぬ「ノーバさんウィンナー」として登場。
形状や色的にも、ほとんど違和感が無いというのが流石です・・・w

円盤生物 ノーバ 特撮ヒーローズウルトラクッキングスイング0
背面です。
ノーバさんウィンナーは、ウィンナーに合わせて朱色っぽいカラーリングになっていますね。


円盤生物 ノーバ ウルトラマン対決セット
前半のラストは、「バンダイ」から発売された「ウルトラマン対決セット」シリーズのノーバです。
こちらは別カテゴリーでも紹介済みの商品ですね。
あちらでも書きましたが、恐らくウルトラマンメビウス版のスーツを元に造形されているのではないかと。
塗装箇所も目と口だけですし、いずれ500ソフビでも商品化して貰いたいですね~。

円盤生物 ノーバ ウルトラマン対決セット0
背面です。
当然ながら、塗装箇所は一切ありません。

以上がノーバフィギュアの前編です。
後編も近い内にアップ予定です。
youtubeでは、ウルトラファイトビクトリーの第3話が単独配信されています。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|18:00

新ウルトラマン列伝 第94話&ウルトラファイトビクトリー第4話

新ウルトラマン列伝 ウルトラファイトビクトリー
本日、第94話が放送されました!
第94話「ウルトラ銀河伝説 最後の希望」
映画「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」の分割放送を放送しました。

今回はウルトラマンベリアルが操る怪獣軍団との戦いから、ウルトラマンゼロ登場シーンまででしたね。
細かい部分が結構カットされていましたが、プレッシャー星人の出演シーンはちゃんと残されていましたw
他にもゼットン星人が消滅する背景にニワンゴのマークが隠されていたりと、
コラボ企画の名残があちこちに見受けられましたね。

BGM差し替えも今回は多めで、怪獣軍団との戦いではウルトラマンメビウスのウルトラ兄弟のテーマが、
ナース襲撃シーンではウルトラギャラクシーのBGMが、アスカ登場シーンはウルトラマンダイナ登場テーマ、
そしてダイナ活躍シーンではウルトラマンサーガ版の君だけを守りたい!
選曲チョイスが本当に素晴らしいです。
セブンが倒れるところも、平成ウルトラセブン版の音源で、あの悲壮感溢れるテーマが流されていましたね~。

飛行しているスペースペンドラゴンから生身で暴走状態のレイモンに飛びかかるなど、
改めてボスの頑丈さに驚くばかりですが、怪獣墓場とはいえ、あの空間にはちゃんと空気がある設定なんですよね。
ウルトラマンメビウスの頃にも、怪獣墓場にあったレッサーボガールが巣食う惑星がそんな環境でしたし。
最近は夕方や夜など、天候の存在まで確認されていますが・・・本当に謎だらけな場所です。


ウルトラファイトビクトリーの第4話目は、様々な謎が一気に明かされましたね。
ヤプールは宇宙の歪みから「帝王」を復活させて宇宙を滅ぼそうと企んでおり、
それを察知したウルトラマンキングの命を受け、エース、レオ、アストラ、ヒカリがやって来たと。
ショウが選ばれた理由もヒカリの口から語られ、ここから話が大きく動き出す模様です。

しかし3つの戦いが同時進行していたのには驚きました。
「惑星グア」や「衛星ゴルゴダ」など、不吉な名前の場所でウルトラ戦士と超獣軍団が激突!
ベロクロン、バキシム、ドラゴリー、エースキラーの出現に加えて、
冒頭の通り囚われてしまったウルトラマンギンガ&ヒカル!
エースは果たしてギンガを救い出すことができるのでしょうか。

声もウルトラマンエースが高峰圭二さん、ウルトラマンレオが真夏竜さんとオリジナルキャストなのが嬉しいです。
ヤプール、ヒカリ、エース、レオと、これらのキャラはメビウスから9年経っても同じ方が声を担当されていますからね。
何気にエースキラーの唸り声もメビウスキラーのものでしたし、今後はあれが鳴き声代わりになるのでしょうか。
新ウルトラマン列伝 ウルトラファイトビクトリー 超獣軍団


次回でウルトラ銀河伝説は完結、そしてウルトラファイトビクトリーはエースの戦いがメインになるようです。
どちらもメインキャラクターがほぼ出揃い、総力戦といった展開ですね。
しかし、惑星グアという名前のチョイスには驚かされましたw

youtubeでは、前回のお話が配信中です。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|19:32

この夏、ウルトラ怪獣ソフビに新カテゴリーが登場!?

あみあみや丸善商店にて、ウルトラマン新作ソフビ人形の予約が開始されました。
しかし現状ではまだ公式解禁前のウルトラマン新シリーズの商品の為、
一部伏せた状態で掲載したいと思います。


ウルトラ怪獣X

7月発売予定(各702円)
ウルトラ怪獣X01 ファントン星人
ウルトラ怪獣X03 ザラブ星人



ウルトラ怪獣Xシリーズは、「サイバーカード」と呼ばれる特製カードが付属する新ソフビのようです。
恐らく500ソフビシリーズにそのカードが付属することで、値段が上がっているのでしょう。
ファントン星人は初商品化ですし、ザラブ星人の発売決定も嬉しいです。
どちらも新番組に登場する予定があるから商品化されるのでしょうね。

新番組については各所で既にネタバレ情報が出回っていますが、
このブログでは公式解禁時に大々的に取り上げたいと思います。
恐らく、今週か来週には公式発表になるのではないでしょうか?


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|02:18

ポケットヒーローシリーズのウルトラマングレート怪獣をご紹介

以前にパワードドラコのフィギュア紹介記事にて触れていた、
ユタカ製のミニフィギュアセット「ポケットヒーローシリーズ」では、
ウルトラマングレート怪獣も商品化されています。
今回はそれらをご紹介したいと思います。


ポケットヒーローシリーズ ゴーデス
邪悪生命体 ゴーデス(第二形態)
ウルトラマングレート前半戦のボス怪獣、ゴーデス第二形態のSDフィギュアです。
この第二形態は食玩やガシャポンなどでしか商品化されておらず、
塗装済みのフィギュアではこれぐらいしか出ていないのではないでしょうか。

ポケットヒーローシリーズ ゴーデス0
正面から。
左腕を上げていると、何だか挨拶をしているように見えますw
その醜悪な顔付きは、SDフィギュアでも健在ですね。

ポケットヒーローシリーズ ゴーデス1
背面です。
こちらは見栄えを重視&パッケージに収める為か、後ろに伸びた下半身部分が横に曲げて造形されていますね。
こう見るとなんだかイモムシみたいです。


ポケットヒーローシリーズ コダラー
伝説深海怪獣 コダラー
ウルトラマングレート後半戦のボス怪獣その1、コダラーのSDフィギュアです。
目が見開いているので何だか怖いですが、全体的に丸っこいのでキュートな印象ですね。
体表に汚し塗装が入っているのも凝っています。

ポケットヒーローシリーズ コダラー0
正面から。
大きな腕を広げているポージングが良いですね。
牙のギザギザ塗装もアニメチックです。

ポケットヒーローシリーズ コダラー1
背面です。
クジラの尾ひれのような尻尾部分は省略されていますね。
ユーモラスな見た目ですが、これでもかなりの強敵なんです。


ポケットヒーローシリーズ シラリー
伝説宇宙怪獣 シラリー
ウルトラマングレート後半戦のボス怪獣その2、シラリーのSDフィギュアです。
SD体系なので目が大きくアレンジされていますが、長い首など特徴はちゃんと捉えられていると思います。
このシリーズは結構小さいのですが、何気に塗装が凝っているので素晴らしいフィギュアです。

ポケットヒーローシリーズ シラリー0
正面から。
個体差かもしれませんが、首はやや右向きに造形されています。
目と口がゴールドっぽい塗装なので、何だかゴージャズな雰囲気。

ポケットヒーローシリーズ シラリー1
背面です。
上に突き出た尻尾などもちゃんと再現されていました。
別パーツですが接着されているので、可動はしません。


ポケットヒーローシリーズ ウルトラマングレート怪獣
最後は3体一緒に。
こうやってグレートのボス怪獣3体のフィギュアが揃うのは、このシリーズと超闘士激伝ぐらいではないでしょうか。
(ゴーデス第二形態はウルトラ怪獣シリーズでは出なかったので)
そういう意味でも貴重だったので、先日に中古店にて購入しました。
未確認ですがパワードドラコと同様に、これらもキーホルダー版が存在しているかもしれません。

youtubeでは、新ウルトラマン列伝&ウルトラファイトビクトリーの最新話が配信開始となっています。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|18:55

ULTRA-ACT ウルトラマンヒカリ(限定商品)

本日、ULTRA-ACT(ウルトラアクト)の最新作が到着しました。
今回魂ウェブ商店限定として商品化されたのは、こちらのキャラクターです。

ウルトラアクト ウルトラマンヒカリ
ウルトラマンヒカリ
光の国の優秀な科学者にして、ウルトラ兄弟11番目の戦士です。
頭脳明晰な者が多いブルー族でありながら、ウルトラ戦士としての実力も兼ね備えており、
ウルトラマンキングから授かった「ナイトブレス」を右腕に装着して、数多くの敵と戦っています。
一時期は「ハンターナイト・ツルギ」として憎きボガールを追い続けていましたが、
元の姿に戻った後はウルトラマンとして活躍し続け、地球人からも認められるようになりました。

ウルトラアクトではウルトラ兄弟最後の1人である、ウルトラマンヒカリが遂に商品化されました。
ウルトラマンメビウスやゾフィーなど、多くのウルトラ戦士と共演しているキャラクターでもあります。
更に現在ではウルトラファイトビクトリーでも活躍中なので、とても良いタイミングで到着しましたね~。

ウルトラアクト ウルトラマンヒカリ0
全身のプロポーションは良好で、関節などは最近のものに準じた仕様になっています。
青と水色と銀色のラインが、実にクールな雰囲気を漂わせていますね。

ウルトラアクト ウルトラマンヒカリ1
背面です。
背中には何時も通りの、スタンド用ジョイントを差し換え可能なパーツがあります。

ウルトラアクト ウルトラマンヒカリ2
バストアップ。
耳が小さく見えますが、これはカメラの仕様のせいで実際には気になりません。
目やカラータイマーは、いつも通りのクリア仕様です。

ウルトラアクト ウルトラマンヒカリ3
一つ残念だったのが、肩パーツの関節部分があるせいで、スターマークが何個か消えちゃっているんですよね。
原型段階でパーツの位置や大きさを変更するなどして、どうにか対応して欲しかったです。

ウルトラアクト ウルトラマンヒカリ4
全身がフル可動し、肩は肩パーツがあるにも関わらず水平に近い高さまで上げることができます。
足は可動を妨げるパーツが無いので、股関節も大きく開くことができますね。

ウルトラアクト ウルトラマンヒカリ5
お馴染みの、片足でのハイキックも可能でした。
これで自立するんだからウルトラアクトは凄い・・・

ウルトラアクト ウルトラマンヒカリ6
右腕のナイトブレスも、クリアパーツなどを上手く活かして綺麗に仕上がっていました。
取り外してナイトブレスを装着していないヒカリも再現できますが、右腕に穴が開いているのでちょっと不恰好かも。

ウルトラアクト ウルトラマンヒカリ7
付属エフェクトパーツその1。
ナイトブレスを差し換えることで、「ナイトビームブレード」を展開した状態にできます。
先端にある赤い部分など、劇中イメージ優先のデザインになっていますね。

ウルトラアクト ウルトラマンヒカリ8
やはりヒカリには剣が似合いますね~。
もちろんクリアパーツ仕様です。

ウルトラアクト ウルトラマンヒカリ9
パーツ差し替えで、カラータイマーが赤い状態も再現できます。
そしてナイトブレスにエネルギーを溜めて・・・

ウルトラアクト ウルトラマンヒカリ10
カキィンッ!

ウルトラアクト ウルトラマンヒカリ11
付属エフェクトパーツその2。
必殺技の「ナイトシュート」です。
これはメビュームシュートと似たような仕様で、右手首を差し換えて再現できます。
発射用手首ごと、全てがクリアパーツになっていますね。

ウルトラアクト ウルトラマンヒカリ12
以上がウルトラマンヒカリの簡単なレビューになります。
本当に最低限の付属品しか無いので、手首パーツをもう少し増やしてくれればもっと遊べるんじゃないかな~と。
スターマーク部分が欠けている問題もありますが、本体そのものはとてもカッコいいので、
メビウスたちと共に我が家のフィギュア棚に飾ることに決定。
夏に発送されるハンターナイト・ツルギも楽しみです。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|23:37

帰ってきた怪獣酒場に、あの宇宙人たちが参上!?

http://m-78.jp/news/n-3052/
http://rocketnews24.com/2015/04/15/569994/
http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20150414_697674.html
http://news.mynavi.jp/articles/2015/04/14/kaijusakaba/

既に円谷公式HPや各ニュースサイトにて取り上げられていますが、
怪獣酒場は本日から「帰ってきた怪獣酒場」として営業を再開しました。
昨日にはその詳しい内容がニュースサイトなどで紹介され、新メニューや新たな内装などが判明していますね。

今回から第二期ウルトラシリーズの要素が大幅に加わり、全体的に更にパワーアップしている印象を受けます。
特にウケたのがバードン型のガスカートリッジで、一部料理にはそれが使用されるとのこと。
うーん、こんがりと焼き上がりそう・・・

ひし美ゆり子さんの有名なスチール写真を再現できるペガッサ星人付きの部屋や、
ゼットンに代わって店の顔扱いとなったキングジョーの立像など、
店内のあちこちに怪獣が居るので、1回の来店では見きれないかもしれないですね。

そして、開店を記念(?)してyoutubeには怪獣酒場関連の新動画もアップされました。

もうウルトラ戦士には負けまいと、用心棒を雇って店を防衛する決意を固めたバルタン店長w
バット星人、マグマ星人兄弟、ザムシャーという錚々たる顔ぶれですね。
マグマ星人やザムシャーはいいとして、バット星人はあの口で飲食をしているのでしょうかw
全体的に時代劇調で、中々面白い動画でした。

人気メニューも一部継続していますし、私は写真などでしか中の様子を知らないので、
常設店となったからにはいずれ怪獣酒場に訪れたいと考えています。
(その前に、まずは今月下旬からオープン予定の元祖怪獣酒場に行くことになるでしょうが)
行けるとすれば、やはり夏のウルフェス遠征のついでになるでしょうか?


youtubeでは、ウルトラファイトビクトリーの第二話の単独配信も開始しています。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|20:54

新ウルトラマン列伝 第93話&ウルトラファイトビクトリー第3話

新ウルトラマン列伝 ウルトラファイトビクトリー
本日、第93話が放送されました!
第93話「ウルトラ銀河伝説 ベリアルの脅威」
映画「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」の分割放送を放送しました。

今回はドラコ、ベムスター、サラマンドラとの戦い~ウルトラマンベリアルの100体怪獣軍団登場まででしたね。
ウルトラマンメビウス、ウルトラセブン、ウルトラマンレオのBGMが要所要所に追加されており、
特にカプセル怪獣の活躍シーンは、BGM差し替えのお蔭でより際立っていたと思います。

何といってもシャプレー星人の大活躍ぶりが目立っていましたが、
ウルトラセブンの時には正体を現した途端にやられていただけに、あの目立ちっぷりは当時驚きましたねw
ミライとの激闘ではメビウスブレスを破損させ、一度やられたかと思うと今度はブラックキングを従えて再登場。
中盤の強敵として立ちはだかっていたので、とても印象に残っています。

そして今回から、いよいよウルトラマンゼロが登場。
まだ気性が荒く、レオ達の元で修業をしている姿が何だか懐かしく思えました。
(そんな中でも、ピグモンを気遣う姿がゼロに秘められた優しさをよく表していると思います)
思えば、ゼロは初登場から今年で6年前になるんですねぇ・・・
時の流れは本当に早いw


ウルトラファイトビクトリーの第3話目は、ウルトラマンヒカリとショウの出会いが描かれました。
新たなる武器、ナイトティンバーを手にしていよいよ「ウルトラマンビクトリーナイト」へと変身!
ヒカリのクールさを受け継ぎつつも、より洗練された動きでその剣技を披露していましたね。

既に第1話冒頭でも公開されていましたが、ビクトリーナイトへの変身シーンは各所にクリスタルが配置され、
どこか「惑星アーブ」を模している雰囲気が素敵だと思います。
そこに舞う光のラインも、ナイトブレスのエフェクトとソックリなんですよね。
まさに「ウルトラマンヒカリの力で覚醒した姿」というのがよく分かります。

ヒカリが何故ショウを選び、その力を覚醒させたのか。
それは今後明かされていくことでしょう。
そしてビクトリウムコアのエネルギーを利用し、何かを企む巨大ヤプール。
次回からはレオ兄弟や超獣軍団も戦いに加わるなど、メインキャラが続々と出揃う流れになるみたいですね。
やたらと硬いアリブンタも、次回で撃破なるか!?
新ウルトラマン列伝 ウルトラファイトビクトリー ウルトラマンヒカリ


次回はウルトラ銀河伝説とウルトラファイトビクトリーの両方で、
ウルトラマンレオとアストラが大活躍することになりそうですねw
何気にウルトラマンメビウスとウルトラマンヒカリが、それぞれで活躍しているというのも凄いですが。

それよりも、アリブンタの硬さはエースの時より遥かにパワーアップしている気がしますw
ウルトランスでもヒカリの技でもビクトリーナイトの攻撃でもまだ倒れない!
超獣のタフさをここまで見せつけられたのは、凄く久しぶりのような気がします。

youtubeでは、前回のお話が配信中です。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|19:27

【動画投稿】 ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻 part38

第1回目の記事はこちらになっています!
http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1466.html


ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻38
http://www.nicovideo.jp/watch/sm26003999

私の手書きイラストによるゆっくり怪獣解説動画の第三十八回目を投稿致しました。
第三十八回目はウルトラマンティガより、
「空中棲息生物クリッター」&「変形怪獣ガゾート」をご紹介。
小学生時代に衝撃を受けたキャラクターでした・・・

ラゴン、メフィラス星人、メトロン星人と、
ここ最近は意思の疎通がとれるキャラが続いたので、今回はその真逆を行くキャラということで。
例え話が通じたとしても、人間とは異なる常識を持つ種族というアイデアが素晴らしいキャラクターでした。
クリッターの子供の笑い声のようなあの鳴き声、初めて視聴した後はしばらく耳に残っていたのを思い出します。
小学生の頃、このお話のせいで飛行機に乗るのが本当に怖くなったんですよね・・・w

深海もそうですが、人類がまだほとんど手を入れていない地域には、未知の生命体が存在しているかもしれない。
ガゾートやクリッターは、そんなロマンをあっさりを打ち砕いてくれる存在なのかもしれません。
ちなみにソフビ人形は結構お気に入りでして、未だに当時のものが手元に残っています。
恐怖を感じつつも、ガゾートの肩が角ばったフォルムそのものは、凄くカッコいいと思っていました。

今回も面白いと感じて頂けたら動画へのコメントや、マイリスト登録して頂けるとありがたいです。
では、お楽しみ下さいませ~
youtubeでは、「やる夫とやらない夫がゆっくり三妖精に教える ゴジラ怪獣図鑑 part17」を投稿しております。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|18:36

「劇場版ウルトラマンギンガS 決戦!ウルトラ10勇士!!」のDVD&Blu-rayが発売決定!

ウルトラマンギンガS ウルトラ10勇士
現在公開中の映画「劇場版ウルトラマンギンガS 決戦!ウルトラ10勇士!!」が早くもソフト化決定となりました。
今回はDVD、Blu-ray、Blu-rayメモリアルBOXの3バージョンで発売されるそうです。
発売日は全て7月24日となっていますね。


●DVD版
税込価格:4104円
【映像特典】
・劇場特報
・劇場予告
【特典】
・作品解説書(カラー/6P)



●Blu-ray版
税込価格:5184円
【映像特典】
・劇場特報
・劇場予告
【特典】
・作品解説書(カラー/6P)



● Blu-ray メモリアル BOX(初回限定生産)
税込価格:7344円
【特典】
■特典Disc
・メイキング
・坂本浩一監督インタビュー
・メインキャストクランクアップ集
・アレーナ衣装メイキング
・ウルトラの空を作った男 島倉二千六氏ドキュメンタリー
■作品解説書(カラー/24P)
【映像特典】
・劇場特報
・劇場予告
※通常版と共通
【他、仕様】
・特製三方背スリーブケース



また、メモリアルBOXについてはamazon限定版が存在し、そちらにはアートカードが付属しているそうです。
私は迷うこと無くamazon限定メモリアルBOXを注文しました。
夏の楽しみがまた一つ増えましたが、新作ウルトラマンも控えていますし今年の夏も散財決定でしょうねw
youtubeでは、新ウルトラマン列伝&ウルトラファイトビクトリーの配信がスタートしています。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|19:03

超獣の時代が到来?「究極大怪獣」シリーズのアリブンタをご紹介!

新シリーズ「ウルトラファイトビクトリー」にはヤプール率いる超獣軍団が登場しますが、
中でも「大蟻超獣アリブンタ」はウルトラマンエース放送当時以来の復活となりました。
ウルトラマンエースではギロン人の操る超獣として活躍し、
ラストではギロン人と組んでエース&ゾフィーとタッグマッチを繰り広げていましたね。
普段は地底に潜み、蟻酸や火炎攻撃など、元の蟻らしい能力や超獣らしい能力を併せ持っていました。
(あの地底に引き込む能力は、アリというよりもむしろ「アリジゴク」だろ!と思いましたがw)

ウルトラファイトビクトリーではウルトラマンビクトリーに挑む超獣の一番手であり、
アリブンタらしく蟻地獄能力で女性キャラクターのサクヤを地底に引き込んだり、
その防御力の高さを活かしてビクトリーのウルトランス能力を解析する任務を帯びている様子。
また、地底人ビクトリアンとは「地底」繋がりのキャラクターなので抜擢されたのでしょうね。

そんなアリブンタは超獣の中では商品化に恵まれているキャラクターなのですが、
今回ご紹介するフィギュアは「究極大怪獣 アルティメットモンスターズ」シリーズのアリブンタです。
これはかつて展開されていた「アルティメットソリッドシリーズ」の一つでして、
その高いクオリティを誇る造形に多くのファンが驚いたというシリーズでした。
(最も、コストアップにより値上げ&クオリティダウンが進み、割と早く終わってしまいましたが)


究極大怪獣 アリブンタ
アリブンタは第四集にラインナップされていて、超獣らしい大ボリュームで商品化されています。
高さは頭の角の先まで入れると、約15cmほど。
当時はこのサイズで、税込み756円で販売されていました。

究極大怪獣 アリブンタ0
首元の覗き穴から、全身の細かい所までとにかくディテールが凄いです。
これはこのサイズだからこそ実現できたのでしょうね。
各部の塗装も非常に細かく、全身は紫色の成型色の上から赤茶色っぽい色合いで塗装されています。

究極大怪獣 アリブンタ1
横から。
省略されがちな青いヒレや、その下にあるお腹と同じ黄色い部分もちゃんと塗装されています。
とにかくパーツ数が多いのですが、分割線がほとんど目立たない仕様になっているのも嬉しいところ。

究極大怪獣 アリブンタ2
背面です。
背中に突き出た大きな2本の角は、ちょっと開き気味の造形になっています。
劇中では左右にブランブランと揺れていたので、あまり気にはなりませんが。

究極大怪獣 アリブンタ3
下から。
お腹から尻尾にかけての黄色い部分も、手抜きなく塗装されています。
足の裏には、いつもの版権と商品管理用の刻印が。

究極大怪獣 アリブンタ4
顔のドアップ。
蟻らしい顔付きですが、この極彩色に彩られた部分が実に超獣らしいです。
このフィギュアも、かなりの工程数を駆使してほぼ完璧に再現されていますね~。
特に緑色の目に入る、赤いラインがアリブンタらしい部分でしょうか。

究極大怪獣 アリブンタ5
最後はウルトラヒーロー500の、ウルトラマンビクトリーナイトと比較。
劇中サイズとまではいきませんが、500ソフビのアリブンタよりはそれらしいスケール感なのではないかと。
(あちらは500ソフビの中でも小ぶりな方なので。アリブンタソフビはどうも他より小さくなるのが伝統のようです)


以上がアルティメットモンスターズのアリブンタのレビューになります。
一番出来の良いアリブンタフィギュアはエクスプラスの「大怪獣シリーズ」になるでしょうが、
今でも安価で手に入りやすく、尚且つ出来が良いとなればこのフィギュア一択でしょう。
新作への出演で、アリブンタの人気や知名度も更にアップするかもしれませんね~。

youtubeでは期間限定で、ウルトラファイトビクトリーの本編のみの公式配信もスタートしました。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|18:29

新ウルトラマン列伝 第92話&ウルトラファイトビクトリー第2話

新ウルトラマン列伝 ウルトラファイトビクトリー
本日、第92話が放送されました!
第92話「ウルトラ銀河伝説 レイオニクスの宿命」
映画「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」の分割放送を放送しました。

今回はウルトラ銀河伝説の第2週目、光の国凍結~ベリアルの怪獣軍団復活まででしたね。
前回に引き続きBGM差し替えが行われ、レイの活躍シーンはウルトラギャラクシーシリーズから、
光の国回想シーンはウルトラマンメビウスのウルトラ6兄弟アレンジが使用されていました。
ゴモラの戦いは、やはりあの曲が一番似合いますね~。

ZAP隊員として杉浦太陽さんが、光の国の住人として内山まもる先生や古谷敏さんが、
レイブラッド星人の声として蝶野正洋さんが、ウルトラマンキングの声として小泉純一郎さんが出演されるなど、
今回は特にゲスト陣の面々が豪華なパートですね。
(キングは最後にも喋りますが)

ゴウキ隊員とアリサ隊員もウルトラマンベリアルに注目したり、
更にウルトラファイトビクトリーの前フリではちゃんと宿敵(?)のヤプールに触れてくれたゴウキ隊員。
かつて酷い目に合わされただけに、後輩のショウにエールを送っていました。


そしてウルトラファイトビクトリーの第2話目は、遂にサドラシザースのバンクフィルムが登場しましたねw
TVでも映画でも無かったのでこのまま見せないのかと思っていただけに、ようやく補完されて一安心です。
アリブンタもかつてメタリウム光線の直撃に耐えたほど硬いキャラクターなので、
連続ウルトランスでもビクともしていないのが実に超獣らしいな~と。
(その割には、エースの最後は「ごっつんこ」で倒されましたけど)

巨大ヤプールも姿を現し、何故彼らを襲ったのかも明らかになりました。
何度敗れても怨念の力で蘇り、復讐心で新たなる災いを引き起こすヤプール。
引き続き玄田さんの悪どい声でその存在感が強調されていました。
ウルトラマンギンガSのTVシリーズの設定を利用し、
チブル星人エクセラーやダークルギエルと同じ所に目を付ける辺りはさすが。

そして最後の最後に素晴らしい「見せ場」が待っていましたね。
やはり次回が気になる構成で引っ張るのが、列伝におけるファイトシリーズの醍醐味なんだなーとw
1話3分間はやはり短すぎます!
新ウルトラマン列伝 ウルトラファイトビクトリー 巨大ヤプール


ウルトラファイトビクトリー、いよいよ次回からウルトラマンビクトリーナイトが本格的に活躍しそうですね。
1話冒頭に登場していたとはいえ、2話目に出なかったのはちょっと意外でした。
(そうなると凄い駆け足になるからなんでしょうけど)
短編連続作品とはいえ、これからも毎週楽しめそうです。

youtubeでは、前回のお話が配信中です。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|19:44

【動画投稿】 やる夫とやらない夫がゆっくり三妖精に教える ゴジラ怪獣図鑑 part17

第1回目の記事はこちらになっています!
http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1716.html


やる夫とやらない夫がゆっくり三妖精に教える ゴジラ怪獣図鑑part17
http://www.nicovideo.jp/watch/sm25955943

私の手書きイラストによるゆっくり解説動画の最新パートを投稿しました。
第十七回目は、バラノポーダこと「バラン」と宇宙からの侵略者「ミレニアン」&「オルガ」をご紹介。
婆羅陀魏山神と宇宙人の2本立てです。

今回はとある共通点を持つ、2体の怪獣を一気にご紹介です。
地味で不遇なイメージで語られることが多いバランですが、
私がそのファンが多いというのも頷けるほどデザインと造形が優れている怪獣だと思います。
特に真横から見た時の全身のラインの美しさ、背中に並んだトゲの華麗さは素晴らしいのではないかと。
劇中でも首の動きなどが凄いので、もっと評価されていい怪獣なのではないかな~と。

オルガはクリーチャーらしい見た目のお陰で日本よりはアメリカの方で人気が出た怪獣ですが、
ATARIのゴジラゲーでは「投げ」がやたら強かったので持ちキャラとして大活躍しましたw
こちらも左右非対称であり、大きく膨れ上がった両腕など面白いフォルムをしている怪獣だと思います。
劇中でもっと印象的な活躍シーンがあれば、今よりもファンが増えたのではないでしょうか。

今回も面白いと感じて頂けたら動画へのコメントや、マイリスト登録して頂けるとありがたいです。
では、お楽しみ下さいませ~
youtubeでは、「ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻 part37」を投稿しております。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|03:14

プレイヒーローシリーズ ウルトラマン対決セットの怪獣ソフビをご紹介!(その41・完?)

では、食玩「プレイヒーローシリーズ ウルトラマン対決セット」の怪獣ソフビをご紹介していきます。
今回は第三十一弾目である「ウルトラマンギンガSスペシャル2」の4体の敵キャラクターをご紹介します。


プレイヒーロー ウルトラマン対決セット エタルガー
超時空魔神エタルガー
映画「ウルトラマンギンガS 決戦!ウルトラ10勇士!!」に登場したウルトラマン抹殺を企む謎の魔神です。
映画に合わせて、メイン敵キャラクターのエタルガーも対決セットにて商品化されました。
サイズの都合故か、角は頭部と共に胴体と一体成型になっています。
ウルトラ怪獣DXのソフビと同様に、仮面などを付けていない後半戦の姿ですね。

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット エタルガー0
背面です。
こちらは成型色そのままでした。
可動箇所は両腕と腰になっています。
これと同時収録されていたのは、ウルトラマンギンガビクトリーでした。


プレイヒーロー ウルトラマン対決セット バードン1
火山怪鳥バードン
ウルトラマンタロウ第17話「2大怪獣タロウに迫る!」、第18話「ゾフィが死んだ!タロウも死んだ!」、
第19話「ウルトラの母 愛の奇跡!」に登場した鳥型の強力な地球怪獣です。
こちらは以前発売されたものよりも塗装が簡略化されており、成型色はやや明るめに変更されています。
羽の青い部分が省略されているのは、少し残念ですね~。

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット バードン2
背面です。
尾の部分だけが塗装されていました。
可動箇所は両腕と腰になっています。
これと同時収録されていたのは、ウルトラマンビクトリー(EXレッドキングナックル)でした。


プレイヒーロー ウルトラマン対決セット バルタン星人1
宇宙忍者バルタン星人
ウルトラマン第2話「侵略者を撃て」に登場した超メジャー宇宙人です。
今まで商品化された対決セットのバルタン星人は、何故か茶色い成型色ばかりでした。
しかしここに来て、ようやく水色の成型色で商品化されましたね~。
むしろ、今まで何故あれで通していたのかが不思議なぐらいでしたw

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット バルタン星人2
背面です。
こちらは成型色そのままで塗装はされていません。
可動箇所は両腕と腰になっています。
これと同時収録されていたのは、ウルトラマン(Aタイプ)でした。


プレイヒーロー ウルトラマン対決セット インペライザー1
無双鉄神インペライザー
ウルトラマンメビウス第29話「別れの日」、第30話「約束の炎」などに登場したエンペラ星人のロボット怪獣です。
以前は全身がガンメタで「くるみ塗装」されていましたが、今回はラメ入りの成型色になっています。
なので、塗装箇所は顔面のガトリング砲だけということに。
うーん、コストカットが進んでいるなぁ・・・

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット インペライザー2
背面です。
当然ながら、全て成型色そのまま。
可動箇所は両腕と腰になっています。
これと同時収録されていたのは、ウルトラマンメビウス(メビウスバーニングブレイブ)でした。


以上が第三十一弾目のソフビになります。
ウルトラマンギンガSと連動した商品という事で、各セットにはライブサインが2つ付いたミニカードも封入されていました。
この他にも「ウルトラマンゼロVSハイパーゼットン(イマーゴ)」が存在していますが、
ハイパーゼットンは以前とほぼ違いが見られなかったので省略です。

さて、これにてこの対決セットシリーズも、第一弾目から現在の最新弾までに登場した、
怪獣などの敵キャラクターを全て紹介し終えました。
限定カラーなどに手を出すつもりはないので、これにてこのシリーズも完結となります。
また新作が発売されれば、このカテゴリーに追加したいと思っています。

youtubeでは、ウルトラファイトビクトリーを含めた新ウルトラマン列伝の最新話が配信スタートとなっています。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|19:00

ウルトラファイトビクトリーに登場、ジュダ・スペクターの詳細が公開!

一昨日から、てれびくんとテレビマガジンの最新号が発売開始となりました。
てれびくんでは今月号から河本けもん氏による漫画、「ウルトラファイトビクトリー」が連載開始となっています。
大まかな内容はTV版と同じようで、アリブンタとの激闘やウルトラマンビクトリーナイトの誕生までが掲載されました。
恐らく、TV版の3話辺りまでの内容になっているのはないでしょうか?

そして両誌では、スーパーグランドキング・スペクタージュダ・スペクターの詳細が早くも公開されています。
巨大ヤプールが解き放とうとしている宇宙の悪霊で、その姿はかつてのジュダよりも禍々しく更に強化された印象でした。
他にはエースキラーならぬビクトリーキラーの「キラートランス」能力や、
ウルトラマンエース、ウルトラマンレオ、アストラと超獣軍団の戦いの模様が掲載されています。
他にはDXナイトティンバーの商品紹介なども掲載されていました。

てれびくんでは次号予告に「ウルトラスクープ」の文字もありましたが、
例年通りだとそろそろ新作ウルトラマンの情報が解禁となる時期なのかもしれませんね。
(既に撮影は始まっているそうなので)
ウルトラファイトビクトリーの情報がやけに駆け足で掲載されていますし、
もう「その次」を見据えた構成になっているのかもしれません。

そしてamazonなど、各種サイトでウルトラ怪獣500ソフビのジュダ・スペクターの画像が公開されています。
ウルトラ怪獣500 ジュダ・スペクター見本
実際のスーツに比べると金色の部分がやや省略されていますが、
造形&塗装共に500ソフビの中では出来が良い方だと思います。
(かなり細かい所の造形は簡略化されていますが)
マントはエンペラ星人と同じく本体と一体成型になっているので、背の高さもエンペラ星人ぐらいになるのかな?
ジュダのソフビ人形が定番化するのは史上初ですし、4月下旬の発売日がとても楽しみです。
(同時にアークベリアルのソフビ&DXナイトティンバーが発売し、ヒカリの限定ソフビが当たるキャンペーンも開始ですね)


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|00:01

エイプリルフールじゃない!ウルトラマン&ゴジラの新情報が続々と公開!(オマケ付き)

本日2度目の記事更新となります。
今日は4月1日、エイプリルフールということでネット上では様々なジョークネタが飛び交っていますが、
そんな中でウルトラマンやゴジラの新情報も続々と飛び込んできました。
なのでこの記事でまとめておきます。

※全てガセネタではなくマジネタです。


http://m-78.jp/news/n-3029/
まずは昨日に営業を終了したばかりの「怪獣酒場」ですが、
何と4月15日に「帰ってきた怪獣酒場」として早くも再オープンすることが決定!
場所は前回と同じ所のようで、これで難波と川崎の2店舗で怪獣酒場が営業することになりましたね~。
内装やメニューを一部リニューアルするそうなので、また大勢のお客で賑わいそうです。


https://itunes.apple.com/jp/album/id978240179
次は「ウルトラマンギンガ/ギンガS コンプリートサウンドトラック」情報です。
ウルトラマンギンガ未収録曲やギンガS、そして劇場版ギンガSのBGMが遂にサントラ化!
CDの発売予定が無いのは残念ですが、本日からiTunes Storeで配信開始となっています。
価格も全ての楽曲セットが2400円というのは通常のCDよりも遥かにお得!
私もさっそくダウンロードして視聴しましたが、欲しかったあの楽曲たちがようやく手に入ったので本当に嬉しいです。
(特に歴代ウルトラ戦士の戦闘BGMがアレンジされた、ウルトラ10勇士メドレーは圧巻の一言!)
こちらはクレジットカードが無くても、市販のiTunes用プリペイドカードで購入が可能です。


http://websunday.net/news/15040102.html
こちらはかつて「てれびくん」で連載されていた、椎名高志さんの「漫画版ウルトラマンネクサス」が遂に単行本化!
今まで幻の漫画と言われていただけに、10年経ってようやく1冊の本になったのは嬉しいですね~。
書き下ろしカラーピンナップの他、椎名さんによると完全新作の「最終回エピソード」も入った正に完全版!
5月18日から発売開始ということなので、これは絶対に手に入れたいと思います。


http://www.cinematoday.jp/page/N0072052
そして最後は、2016年公開予定の新作「ゴジラ」の監督が遂に決定!
総監督・脚本は庵野秀明さん、監督・特技監督は樋口真嗣さんという、
新世紀エヴァンゲリオンなどで有名なお二人がタッグを組むことになったんですね。
あの特撮博物館を見れば分かる通り、共に特撮に対しては並々ならぬ思い入れがあるお二人ですし、
特に平成ガメラシリーズで素晴らしい映像を作り上げた樋口監督のゴジラを前々から見たいと思っていただけに、
それがようやく実現したのは素直に嬉しいです。
どのような映像表現になるのか、そして記事で公開された通り、
特徴的な足型を披露した「過去最大スケールの新ゴジラ」はどういった姿なのか。
これからも不定期に行われるであろう、新情報の公開をこのブログでも追いかけたいと思います。





※ここからはエイプリルフールネタ
ウルトラアクト ウルトラマン 四月馬鹿
http://p-bandai.jp/item/item-1000097103/

ULTRA-ACT ウルトラマン リアルサイズ(実物大)Ver.
販売価格:78,000,000円(税込)
◆主な商品内容
・本体
・ウルトラスラッシュ再現パーツ
・スペシウム光線再現パーツ
・ダッシュエフェクト(左・右)
・交換用手首左右各3種
・交換用カラータイマー(赤Ver.)
・Vサイン手首(右手のみ)
・ディスプレイ用ジョイントパーツ
◆主な商品素材
PVC、ABS、鉄製
◆商品サイズ
全高約40,000mm
◆対象年齢
15歳~
◆備考
※画像は試作品です。実際の商品とは異なる場合があります。
※商品仕様や発送日は予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
※生産上の都合により、お届け日が変更となることがございます。あらかじめご了承ください。
※本商品は組み立て式です。工具類や重機はお客様でご用意ください。
※相当の重量がありますので、しっかりとした地盤、ある程度まとまった面積の敷地をご用意ください。


今年のウルトラマンエイプリルフールネタは、まさかのプレミアムバンダイからでしたw
早期予約キャンペーンの詳細や、自前で重機を用意しろという注意書きなど、細部まで笑えるので必見です。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|13:56

新ウルトラマン列伝 第91話&ウルトラファイトビクトリー第1話

新ウルトラマン列伝 ウルトラファイトビクトリー
昨日、第91話が放送されました!
第91話「ウルトラ銀河伝説 光の国壊滅!?」
映画「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」の分割放送を放送しました。

さて、過去にウルトラマン列伝で分割放送した経験のあるウルトラ銀河伝説ですが。
今回は2週目ということもあり、特別編集版という扱いで何と一部BGMが差し替えられています
(メビウスの活躍シーンではメビウスの戦闘BGMが流れるなど、そういう変更です)
全く予想していなかったので、冒頭から驚いてしまいましたw
これは録画必須というか、絶対にソフト化されないバージョンでしょうしかなり貴重だと思います。

今回は映画の始め~ウルトラマンベリアルがプラズマスパークを奪うまでのシーンでした。
ナビゲーターもアリサ隊員とゴウキ隊員が担当し、
UPG怪獣極秘ファイルで番組の内容を追いかけるといったシチュエーションです。
主な登場怪獣やウルトラマンの解説もしてくれるので、これからどんなキャラを紹介していくのかが楽しみですね~。


そして今回からスタートしました、完全新作の「ウルトラファイトビクトリー」!
ウルトラゼロファイトと同じく毎回3分間の短編で、これから6月いっぱいまで連続放送されます。

第1話目は今後の展開を暗示した衝撃的なオープニングから始まり、
UPGに入隊したショウとサクヤが、久しぶりに休暇で地底世界へと帰ってきた所からスタート。
レピとの再会を喜んでいたのも束の間、巨大なアリジゴクが発生し、サクヤが飲み込まれてしまう・・・
といった感じで始まります。

ウルトラマンビクトリーの連続ウルトランスVS、久しぶりの復活となった大蟻超獣アリブンタ!
ウルトラマンAの第5話へのオマージュが各所に見られましたし、
ビクトリーへの復讐に燃える(?)巨大ヤプールの声は引き続き「玄田哲章」さんが担当されていました。
この良い所で引く構成が、ウルトラゼロファイトの頃を思い出してしまい何だか懐かしい気分ですねw

オープニングもウルトラマンビクトリーが中心になり、ウルティメイトフォースゼロの新規バトル映像も見られるなど、
かなり豪華な印象になった新ウルトラマン列伝。
とにかく最初から最後まで見所満載の構成になっているので、配信組の方もチェックをお忘れなく!
新ウルトラマン列伝 ウルトラファイトビクトリー アリブンタ


今回はオープニング、本編、ウルトラファイトビクトリーと、終始驚きっぱなしだった気がしますw
あのレギオノイド軍団に挑むウルティメイトフォースゼロのシーンは、
恐らく今後にウルトラマンゼロ THE MOVIEの放送が予定されているということなのでしょう。
ウルトラファイトビクトリーが展開されている間は、本編はウルトラマンゼロ一色になるのでしょうかね。

youtubeでは、前回のお話が配信中です。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|00:00
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ