大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

新ウルトラマン列伝 第104話

新ウルトラマン列伝
本日、第104話が放送されました!
第104話「激闘ウルトラマンゼロ ウルティメイトフォースゼロ」
ウルトラマンゼロ THE MOVIEの分割放送と、歴代ウルトラシリーズから総集編を放送しました。

さて、ゼロの映画も今回で完結です。
BGM差し替えは、ウルティメイトゼロ登場シーンで「ULTRA FLY」が流されたのでビックリ!
最終決戦をより盛り上げてくれる選曲でしたね~。

そして後日談でもあるキラーザビートスターや、ウルトラゼロファイト第二部もゼロのナレーション付きで取り上げられました。
あのピグモンは現在、ウルティメイトフォースゼロのマスコットという立ち位置に落ち着いたんですねw
OP映像で流されているレギオノイド軍団との戦いも挿入され、更にゼロの弟子ということで、
ウルトラ10勇士のヒカルとショウの特訓シーンもちゃんと流されています。
本人も驚いていましたが、あのゼロが誰かを特訓させる立場になったかと思うと、随分と成長したな~と。

ウルティメイトフォースゼロも全員集結し、ゼロもベリアル軍団とはいずれ決着をつけると意気込んでいました。
これにて、新ウルトラマン列伝におけるウルトラマンゼロ大特集もとりあえずは一段落でしょうか。
アリサやゴウキ、そしてウルトラファイトビクトリーと共に、ギンガとエックスの間を上手く繋げてくれたと思います。
(列伝的には全て二度目の放送でしたが、BGM変更という目新しさもありましたしね)

さて、ゼロも触れていた通り、ウルトラマンの世界には7月から新たなるヒーローも登場します。
その名もウルトラマンエックス
今回はデマーガとの戦闘シーンの一部が流されていましたが、
やはり大勢の市民に見守られながら戦うヒーローの姿はとてもカッコいい!
新たなるヒーロー誕生の瞬間まで、あと少しです!
ウルトラマン列伝 ウルトラゼロファイト シャイニングウルトラマンゼロ0


さあ、ウルトラマンX放送まであと2週間と迫りました!
Twitterでは、ウルトラマンXは「全22話」だと関係者によって告知されています。
話数や放送時期なども考えると、恐らく2話ほど総集編を挟みそうな気もしますし、
実質2クールほどの期間を連続放送するみたいですね。
ギンガ、ギンガS、そしてエックスと、放送話数が段々と伸びてきたのは実に喜ばしいことです。

次回はエックス放送直前スペシャルということで、歴代シリーズの映像も含めた特別総集編が放送される模様です。
youtubeでは、前回のお話が配信中です。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|18:59

夏といえば虫ということで・・・ウルトラ怪獣名鑑より、「怪奇!殺人甲虫事件」

いよいよ7月も目前ということで、近所ではセミの抜け殻が少しずつ出現し始めました。
本日は気温も30℃超えということで、そろそろ夏も本番といった所でしょうか。
夏と言えばやはり「虫の季節」ということで、今回は虫怪獣のフィギュアを1つご紹介します。


ウルトラ怪獣名鑑 ノコギリン
帰ってきたウルトラ怪獣名鑑より、「怪奇!殺人甲虫事件」

帰ってきたウルトラマンの第26話をモチーフにした、食玩のウルトラ怪獣名鑑の一つですね。
安価な上に出来が良く、その豊富なラインナップでファンをあっと驚かせたウルトラ怪獣名鑑シリーズでしたが、
あまりメジャーではない怪獣もリアルタイプのフィギュアとして色々と商品化されたので、私も大のお気に入りでした。
リアルなフィギュアとジオラマ台座によって、劇中の1シーンを切り取ったかのような素晴らしい商品でしたね~。

ウルトラ怪獣名鑑 ノコギリン0
このお話は「昆虫怪獣ノコギリン」が主役怪獣なのですが、
名鑑の方はむしろ手前にある建物が主役なんじゃないかというレイアウトw
建物の向こうから覗き込んでいるかのような場面を、こうやって食玩にするというのも非常に大胆な試みだと思います。
(劇中でも、この建物を粉砕するシーンは迫力がありましたね)

ウルトラ怪獣名鑑 ノコギリン1
後ろから。
名鑑シリーズは、どの角度から見ても作り込まれているのも特徴の1つです。
建物の窓も全て塗装されていますね。

ウルトラ怪獣名鑑 ノコギリン2
もちろん、ノコギリン本体もかなり細かく造形&塗装されています。
ノコギリンは何気に東京タワーを破壊した怪獣の1体なんですよね。
3本の角を交差させると殺人光線を発射できるというギミックも印象的でしたし、
カブトムシとクワガタムシの良い所どりのようなデザインも、虫好きにはたまりませんでした。

ウルトラ怪獣名鑑 ノコギリン3
後ろもかなり忠実に再現されています。
ノコギリンの踵の処理は、昆虫を強く意識したものになっているのが好印象。
あとは小さい時のように、背中の羽が開けば完璧だったのですが。


このノコギリンに纏わるお話は、後にウルトラマンAの第12話「サボテン地獄の赤い花」にて、
「レーザーを浴びて巨大化した宇宙昆虫」という形でTACにも伝わっています。
今年も既にカブトムシやクワガタムシを近所の森で多数発見していますし、
いよいよ夏も本番なんだな~と実感する6月29日の夜でした。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|19:08

ウルトラ怪獣DXのビクトルギエルを購入!

本日より、ウルトラ怪獣DXの最新作が発売開始となりました。
今回ソフビ化されたのは、こちらのキャラクターとなっています。


ウルトラ怪獣DX ビクトルギエル
超咆哮獣 ビクトルギエル
ウルトラマンギンガSのラスボス怪獣で、チブル星人エクセラーの策略によりUPG基地が乗っ取られてしまい、
基地の施設、ビクトリウムエネルギー、更に蘇ったダークルギエルが融合して誕生した強敵です。
凄まじくタフでもあり、ウルトラマンギンガとウルトラマンビクトリーの攻撃を全く寄せ付けず、
更にお腹のビクトリウムキャノンなどの攻撃で破壊の限りを尽くしました。

ウルトラ怪獣DX ビクトルギエル0

ギンガSのラスボス怪獣が、次にソフビ人形になりました。
全高は17cmほどで、DX枠なだけに500ソフビよりは遥かに大きいですね。
超変形!のビクトルギエルとは異なり、実際のスーツを参考に造形されているみたいです。

ウルトラ怪獣DX ビクトルギエル1
横から。
いわゆる怪獣体型のキャラクターなので、シルエットそのものは凄く王道なスタイルですね~。
成型色は暗めのグレーにラメ入りとなっているので、金属感のある仕様になっています。

ウルトラ怪獣DX ビクトルギエル2
背面です。
見え辛いですが、ちゃんと背中のUPG基地にもディテールが掘られていました。
ライブサインは「ダークルギエル」と共通のものになっています。
(ライブサインのデザインも、まだギンガ版のものでした)

ウルトラ怪獣DX ビクトルギエル3
上半身のアップ。
細かい所の塗装が省かれているのは、少し残念です。
うーん、やっぱりゴーグル状になっている瞳がかっこいいですねぇ・・・

ウルトラ怪獣DX ビクトルギエル4
可動箇所は、両腕、両足、両膝のトゲ、UPG基地部分となっています。
とりあえず、両腕と両足が動けばそれなりにポーズをつけられますね。

ウルトラ怪獣DX ビクトルギエル5
ウルトラヒーロー500のウルトラマンギンガ&ウルトラマンビクトリーと比較。
劇中よりもビクトルギエルが巨大ですが、ボス怪獣なのでこれぐらいのサイズ比の方が存在感が増しますね。

ウルトラ怪獣DX ビクトルギエル6
お次は、ウルトラチェンジシリーズのウルトラマンギンガストリウム&ウルトラマンビクトリーと比較。
こちらはウルトラマン側がやや巨大ですが、絡ませて遊ぶ分には問題ないですね。

ウルトラ怪獣DX ビクトルギエル7
そして「超変形!DXビクトルギエル」と比較。
超変形!版は変形ギミックが盛り込まれていますし、デザイン画を元に作られたであろうスタイルなので、
並べてみると全く異なる印象を受けますね。
単体のフィギュアとしては、今回のソフビの方がかっこいいです。

ウルトラ怪獣DX ビクトルギエル8
劇中では最終話にほぼ出ずっぱりだったので、とにかく破壊シーン満載で存在感のある怪獣でした。
二人のウルトラマンが制限時間を延長する為に、交互に変身&変身解除をするという奇策も面白かったですねw
ソフビの方も、ギンガやビクトリーと並べているだけでも楽しいです。

ウルトラ怪獣DX ビクトルギエル9
「我が名はルギエル・・・ダークルギエル・・・!」


以上が、ビクトルギエルの軽いレビューになります。
来月からはウルトラマンエックスがメインになるので、これにてウルトラマンギンガグッズも一段落。
最後に発売されたのがTV本編のラスボス怪獣というのは、とてもドラマチックだと思いますw
さて、来月からもソフビ人形が色々と出ますし、「ウルトラの夏」がとても楽しみですね~。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|17:59

ULTRA-ACT ウルトラマンティガ スカイタイプ&パワータイプ(限定品)

魂ウェブ商店限定の、ULTRA-ACT(ウルトラアクト)の最新作が到着しました。
今回商品化となったのは、こちらの2体になります。

ウルトラアクト ウルトラマンティガ(スカイタイプマルチタイプ)
ウルトラマンティガver.2(スカイタイプ&パワータイプ)
ウルトラマンティガがタイプチェンジした姿である、スピードと空中戦に優れた青い「スカイタイプ」と、
力と攻撃力に溢れた赤い「パワータイプ」がver.2としてリメイクされました。
以前は単品売りでしたが、今回はセット商品としての発売になっています。

ウルトラアクト ウルトラマンティガ(スカイタイプマルチタイプ)0
まずは正面から。
スカイタイプはウルトラマンティガver.2のリペイント商品なので、体のモールドなどもそのままになっています。
一方パワータイプは、体格差を再現する為か新規造型になっている部分が多く、
よく見ると顔付きも他のティガとは違ったものになっていました。
(パワータイプの方が目と目の間隔が狭く、顔全体が少し丸め)

ウルトラアクト ウルトラマンティガ(スカイタイプマルチタイプ)1
背面です。
どちらにも、パーツ差し替えで台座に接続できる箇所がありますね。

ウルトラアクト ウルトラマンティガ(スカイタイプマルチタイプ)2
今回はセット商品なので、手首や付属品の数が多いです。

ウルトラアクト ウルトラマンティガ(スカイタイプマルチタイプ)3
スカイタイプはウルトラマンティガver.2と同じ仕様なだけに、結構よく動きますね。
とりあえずティガスカイキック的なポージングで。

ウルトラアクト ウルトラマンティガ(スカイタイプマルチタイプ)4
パワータイプは胴回りが太くなっているので腰関節は少し狭いですが、
腕や股関節は他のティガよりもよく動く感じがしますね。
お馴染みのハイキックポーズでも、支え無しで自立できます。

ウルトラアクト ウルトラマンティガ(スカイタイプマルチタイプ)5
付属エフェクトパーツその1、「ハンドスラッシュ」です。
このスカイタイプは、カラータイマーを赤い方に、胸のプロテクターを光線発射用に換装しています。

ウルトラアクト ウルトラマンティガ(スカイタイプマルチタイプ)6
付属エフェクトパーツその2、「ランバルト光弾」です。
かなり鋭くアレンジされていますね~。

ウルトラアクト ウルトラマンティガ(スカイタイプマルチタイプ)7
付属エフェクトパーツその3、「デラシウム光流」の溜めているバージョンです。
「ハアァァァァァァァァァッ!」という掛け声が印象的ですね。

ウルトラアクト ウルトラマンティガ(スカイタイプマルチタイプ)8
付属エフェクトパーツその4、「デラシウム光流」の発射バージョンです。
これはかなり重たいので、バランスが取れないのが難点。

ウルトラアクト ウルトラマンティガ(スカイタイプマルチタイプ)9
特製デザインの専用台座も付属します。
マルチタイプの胸を模したデザインになっていますね。

ウルトラアクト ウルトラマンティガ(スカイタイプマルチタイプ)10
こちらはオマケである、「ガッツウイング1号」です。
ウルトラアクトと同スケールなので結構小さめですが、サイズの割にはよく出来ているのではないかと。

ウルトラアクト ウルトラマンティガ(スカイタイプマルチタイプ)11
後ろから。
海洋生物をモチーフにしているGUTSのメカは、かっこいいフォルムの機体が多くて好みですね。

ウルトラアクト ウルトラマンティガ(スカイタイプマルチタイプ)12
そして今回のガッツウイング1号は翼が可動するので、「スタンバイモード」に変形することができます。
こういうギミックがあるだけでもかなり嬉しいですね~。

ウルトラアクト ウルトラマンティガ(スカイタイプマルチタイプ)13
台座と支柱が入っていたので、最後はウルトラマンティガ(スカイタイプ)を飛ばして〆。

以上が、ウルトラマンティガver.2(スカイタイプ&パワータイプ)の軽いレビューになります。
せっかくの機会なので、スカイタイプの体のラインはマルチタイプとは異なる仕様にして欲しかったですね。
付属エフェクトパーツも減っていますが、手首を差し換えることで旧版のエフェクトをこちらにも使用できると思います。
(まだ試していないので、合わなければごめんなさい)
これらの仕様変更品として、ティガダークver.2、ティガトルネード、ティガブラストも商品化なるか!?

youtubeでは、新ウルトラマン列伝&ウルトラファイトビクトリーの最新話が配信開始となっています。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|18:28

新ウルトラマン列伝7月分放送予定&ULTRA-ACTとHGウルトラマンの新作が発売決定!

本日から、フィギュア王の最新号が発売開始となりました。
新ウルトラマン列伝の7月分の放送予定表が掲載されており、謎だった第一週目の内容も公開されています。

・第105話「新ヒーロー登場 その名はウルトラマンエックス」(7月7日放送)
(ウルトラマンエックスの特別総集編を放送)

・第106話「ウルトラマンX第1話 星空の声」(7月14日放送)

・第107話「ウルトラマンX第2話 可能性のかたまり」(7月21日放送)

・第108話「ウルトラマンX第3話 夜を呼ぶ歌」(7月28日放送)


やはり大方の予想通り、エックスの放送直前スペシャルが1話の前に放送されるみたいですね。
詳しい内容は不明ですが、番組の見所や主要シーンなどが色々と流されるのではないでしょうか。
さあ、ウルトラマンエックス放送まであと2週間と6日!
いよいよウルトラマンのアツい夏の始まりです!


そしてフィギュア王にも掲載されていましたが、プレミアムバンダイ限定のウルトラマン新商品が2点公開されました。
今回は「ULTRA-ACT(ウルトラアクト)」と、「HGウルトラマン」からですね。


ウルトラアクト グリッターティガカミーラ
http://p-bandai.jp/item/item-1000098005/

ULTRA-ACT グリッターティガ&カミーラセット
発送予定:2015年11月
税込価格:9180円
◆商品内容
・グリッターティガ本体
・交換用手首左右各2種
・グリッターゼペリオン光線
・交換用プロテクター
・カミーラ本体
・交換用手首左右各3種
・カミーラウィップ
・アイゾード
・支柱篏合用パーツ

まずはウルトラアクトの最新作が、グリッターティガとカミーラであることが発表されました。
グリッターティガはマルチタイプver.2のリペイント商品ですが、
カミーラは完全新規造型な上に、イベントなどでも発表されていなかったので驚きましたね~。
何より、ウルトラの母やユリアンに続く、女性型キャラクターのアクションフィギュアというのが珍しいです。
こうなるとティガダークver.2、トルネード、ブラスト、ダーラム、ヒュドラの発売にも期待したくなりますね。


HG原色ウルトラ怪獣大百科その2
http://p-bandai.jp/item/item-1000098333/

HG原色ウルトラ怪獣大百科 その2
発送予定:2015年11月
税込価格:8800円
◆商品内容
・ユニタング
・マシュラ
・リットル
・プレッシャー

ここ最近は毎回チョイスがぶっ飛んでいるHGシリーズですが、今回も凄い面々ですねw
自転車に乗る女性たちが合体するという何かとインパクト大なユニタング、
人々を次々とキノコ人間にしてしまったトラウマメーカーのマシュラ、
アストラ初登場回に登場した弟怪獣のリットル、
ウルトラマンキング初登場回に登場した宇宙の魔法使いプレッシャー。
うーん、凄いチョイスです・・・

ここに円盤生物が1体でも入っていれば即座に購入を決意したでしょうが、やはり単価の高さがネックですねぇ。
それだけ塗装に気合が入っているのも伝わってくるのですが。
ちなみにフィギュア王の記事によると、これからもこのシリーズは継続していくそうです。
HGシリーズでは未商品化のキャラクターにスポットを当てていく企画だそうですので、
今後はどういった怪獣たちが商品化されるのかが気になるところ。


HG原色ウルトラ怪獣大百科その2は予約受付を開始していますが、
ULTRA-ACT グリッターティガ&カミーラセットは明日25日の午後4時から受付開始だそうですので、
お間違えの無いようにお願い致します。

youtubeでは、ウルトラファイトビクトリーの単独配信が更新されています。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|18:39

新ウルトラマン列伝 第103話&ウルトラファイトビクトリー第13話(最終回)

新ウルトラマン列伝 ウルトラファイトビクトリー
本日、第103話が放送されました!
第103話「激闘ウルトラマンゼロ 帝国の猛威」
映画「ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国」の分割放送を放送しました。

引き続き、ゼロの映画を分割放送しています。
今回のBGM差し替えは、ジャンボット変形シーンでED曲の「運命のしずく ~Destiny's Star~」が流れましたね。
ここで流すのか!?とちょっと驚いてしまいましたが、ダークゴーネ戦の尺的には結構ピッタリでした。
アイアロンもダークゴーネも粉砕され、残るはカイザーベリアル一人だけに・・・

しかしジャンボットの変形シーンは、何度見ても燃えるものがありますね。
変形してからの滑りながら着地するシーンは、この映画の中でもかなりお気に入りです。
ファイヤーマンのタイトルを思わせるグレンファイヤー登場シーンや、大量の戦艦が現れるシーンに、
マイティジャック号そっくりな姿をしたマイティスターが紛れ込んでいるなど、
クライマックスでも小ネタを挟んでくる辺りも凄いなーとw

ボス怪獣であるアークベリアルも登場しましたが、あの時点で「ベリアルは優勢であった」というのが面白い所ですよね。
普通は劣勢に追い込まれた敵が、何らかの方法で強大にパワーアップして反撃するのがお約束というものですが、
今回はゼロを徹底的に叩きのめす為に強化したような印象を受けました。
(デスシウム光線の威力など、カイザーベリアルの時点でゼロより強かったですからね)
何が何でも自らの強大なる力を誇示したかったのでしょうか、それもベリアルらしいと言えばベリアルらしいですが。


ウルトラファイトビクトリーの第13話目は、いよいよ最終回ということで、戦い終わった後のエピローグでしたね。
多くの仲間に支えられながら、ヤプールやジュダの野望を打ち砕いたウルトラ戦士たち。
それにより、再び地球へと帰っていくビクトリウムエネルギーとビクトリウム・コア。
そしてウルトラマンヒカリにナイトティンバーを託され、また少し成長を遂げたショウ。
正に大団円とも言えるエンディングでした。

ウルトラファイトビクトリー、私は毎回楽しんで視聴していましたが、これは「一気見」したい作品でもありましたね。
恐らくウルトラゼロファイトと同様にソフト化もされるでしょうし、
その際にはまたノンストップ版も同時に収録してくれないかな~と。
・・・あれを一気に流すと怒涛の展開の連続になりそうですがw

そして2年間に渡り展開されてきたウルトラマンギンガシリーズも、これにて一段落。
思えば廃校になった小学校とその周辺だけが舞台だったギンガから、イベントムービーだった劇場スペシャルが2本、
何もかもが一気にスケールアップしたギンガSに、そして平成ウルトラマンが集合したウルトラ10勇士、
最後はビクトリーを主役にしたウルトラファイトビクトリーと、かなり幅広く展開されたシリーズでした。

短編ながら久しぶりとなる本格的なTVシリーズの復活でしたし、
ウルトラマンの王道フォーマットを復活できたウルトラマンX放送まで繋いでくれたのは、とても大きかったと思います。
ある種の大発明とも言える「スパークドールズ」という要素もエックスには引き継がれていますし、
ゼロと同様にギンガやビクトリーも、今後のシリーズでまた活躍できる日が来るのではないかと。
何はともあれ、ありがとうウルトラマンギンガ!ありがとうウルトラマンビクトリー!
新ウルトラマン列伝 ウルトラファイトビクトリー ウルトラマンビクトリーナイト!


次回はウルトラマンゼロ THE MOVIEの完結編と、ゼロ関連の総集編がセットになった特別総集編です。
今回はウルトラマンXの玩具CMも流され、
そこでは7月10日(ウルトラマンの日)からエックス関連グッズが発売されると告知されていました。
別れがあれば出会いもあるということで、新ウルトラマン列伝も、
いよいよウルトラマンエックス放送に向けての構成になっていくようですね~。

youtubeでは、前回のお話が配信中です。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|19:11

ウルトラマンX(エックス)の第1話~3話のあらすじなどが公開!

http://www.moview.jp/958931217.html


MOVIEW」というサイトにて、ウルトラマンXのあらすじや新画像などが掲載されています。
PVでも確認されていた、ウルトラマンエックスのカラータイマーが金色に光る理由が明かされたり、
特殊防衛チーム「Xio」(ジオ)は、「Xeno invasion outcutters 《異種生命体による侵略を遮断するもの》
の略称であることも明かされていますね。


・第1話 「星空の声」(7月14日放送)
脚本:小林雄次 監督:田口清隆
熔鉄怪獣デマーガ登場

・第2話「可能性のかたまり」(7月21日放送)
脚本:小林弘利 監督:田口清隆
火山怪鳥バードン登場

・第3話「夜を呼ぶ歌」(7月28日放送)
脚本:中野貴雄 監督:田口清隆
地底怪獣テレスドン登場



先日のPVを見る限り、やはりあの映像は3話辺りまでのもので構成されていたようですね。
ベムラーについてはまだ謎ですが、もしかするとSDから解放された怪獣の一例という形で、
物語のアバンにでも登場するのかもしれません。

それぞれの詳しいあらすじも発表されていますが、まさしく1話完結ものといった雰囲気ですね。
やはりスパークドールズから解放された怪獣たちが、今回の舞台となる地球に住み着いてしまい、
それらが数々の事件を引き起こすといった展開になっています。
なので扱い的には、従来のシリーズと同じく野生怪獣という形になるのでしょうね。

ウルトラマンエックス登場編となる第1話、バードンのせいで窮地に陥ってしまう人々やウルトラマンを描いた第2話、
謎の少女の登場と夜の市街地で戦うウルトラマンVSテレスドンが見所となりそうな第3話。
既に「エックスはかなりバラエティに富んだ構成になる」という情報が出ていましたが、その通りの内容になりそうです。

ウルトラマンエックスと大空大地のバディものとしてのコンビぶり、久しぶりに本格的な組織として描かれるXio、
そこに所属するファントン星人グルマン博士の科学力、そして地球に住み着いてしまった怪獣たちの脅威。
サイバーカードによるアーマー装着という要素もありますし、従来のウルトラマンの要素を踏襲しつつも、
全く新しい要素も多く盛り込まれたウルトラマンX。
何気に放送まであと3週間と1日という所まで来ましたし、いよいよ新番組が始まるのかと思うと胸が高鳴りますね~。

後は、7月の第一週目は何を放送するかですね。
何時も通りの流れだと、エックスの直前スペシャルでも放送するのかな?


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|18:27

【動画投稿】 ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻 part42

第1回目の記事はこちらになっています!
http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1466.html


ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻42
http://www.nicovideo.jp/watch/sm26536333

私の手書きイラストによるゆっくり怪獣解説動画の第四十二回目を投稿致しました。
第四十二回目は帰ってきたウルトラマンより、
「冷凍怪人ブラック星人」&「雪女怪獣スノーゴン」をご紹介。

グローザム、レイキュバスに続く冷凍怪獣ということで、今回はスノーゴンをチョイスしました。
雪女というよりは白熊的なフォルムをしていますが、その顔付きのシャープさなどは結構かっこいいと思います。
何より、青く輝く瞳が冷凍怪獣らしくて良いんですよね~。

スノーゴンといえば、やはりウルトラマンジャックバラバラ事件でしょうw
氷漬けにされたジャックの全身が、その怪力によってもがれていく様は衝撃的でしたね・・・
効果音も実に嫌な効果を生んでおり、帰ってきたウルトラマン後半の中でも非常にインパクトのあるシーンでした。
雌怪獣ということで、ウルトラマンギンガ劇場スペシャル2でも目立っていましたね。

その反面、ブラック星人はその目力?以外はパッとせず、
むしろそのヤラれ方が衝撃的だったので「えぇっ!?」となった記憶が。
劇中では歩き辛い場所だったのか、ヨタヨタと雪上を歩いていくマヌケさも必見ですw
しかし改めて見ると、凄いデザインですねブラック星人は・・・


◆登場キャラクター紹介
ゆっくり妹紅
ゆっくり妹紅
東方projectに登場する「藤原妹紅」・・・に似た何か。
迷いの竹林に住んでおり、「蓬莱の薬」を飲んでしまい不死身の「蓬莱人」になってしまった少女。
永遠亭の主である輝夜とはライバル関係にあり、お互い不死身なので定期的に殺し合いを行っています。
あまり人に近付くタイプではありませんが、根は優しく迷い人を見つけると案内人になってくれます。
不死鳥の如く、全身から放つ強烈な炎で敵を攻撃することができますが、
友人である慧音とは親しい仲なので、逆にそこが弱みにもなってしまい・・・


今回も面白いと感じて頂けたら動画へのコメントや、マイリスト登録して頂けるとありがたいです。
では、お楽しみ下さいませ~
youtubeでは、「ゆっくり霊夢とやる夫が学ぶ 昆虫大百科 part21」を投稿しております。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|12:13

「元祖怪獣酒場」に行ってきた!(レポート記事その4)

本日は、元祖怪獣酒場に行って参りました。
お目当てはもちろん、先日の記事でも触れていた「円盤生物ノーバ」です。
(画像はクリックすると拡大します)


元祖怪獣酒場84
恒例の悪意たっぷりな箸置きですが、今回は「ウルトラマンタロウ」が当たりました。
ウルトラセブン、ウルトラマンレオ、そしてタロウと、赤い戦士ばかりが当たっていますねw

元祖怪獣酒場85
怪獣取り皿は、「マグマ星人」のデザインでした。
私は頼むメニューのせいか、あまり取り皿を使わないんですよね。

元祖怪獣酒場86
こちらは席の目の前にあった、ブルマァクのソフビ人形。
とりあえず「ホタルンガ」を撮影しておきました。

元祖怪獣酒場87
さて、今回頼んだメニューですが。
まずは「ガイロスの唐揚げ」です。
関西らしく元祖怪獣酒場にはタコのメニューが多いのですが、これはその中の一品。
柔らかいのですが食べ応えのある食感で、七味がかかったマヨネーズを付けて頂きます。
とても美味しかったですし、「お酒のおつまみ」としてもかなり優秀そうでした。

元祖怪獣酒場88
そしてメインディッシュは、「メトロンの地球自滅をさそうハンバーグ!!」です。
メトロン星人を模した形をしたハンバーグと、ポテトフライなどのセットですね。
ちゃんと「赤い結晶体」も降りかかっているのが芸細ですw
肉汁たっぷりのジューシーなハンバーグで、お子様にも喜ばれそうな美味しさでした。

元祖怪獣酒場89
今回当たった怪獣コースターは、「ゴモラ」と「マグマ星人」の2種類!
メジャー級キャラクターが連続で当たるのはかなり珍しいそうで、店員さんもビックリしていましたw
今度マグマ星人が来た時にはサインをしてもらおうっと。

元祖怪獣酒場90
・・・で、今回のお目当てであるノーバですが。
まずは私が長い行列で待っていた間に、お店から出てきてお客さんと触れ合っていました。
かなり不思議なキャラクターでして、鞭をバシンバシンと地面に打ち付けていたり、いきなりグルっと回転したり、
お客さんに話しかけられると首をかしげながら凝視するなど、癒し系(?)な一面も見せていましたw

元祖怪獣酒場91
こちらはしゃがみ込んで待ち列を観察しているノーバw
横に居るのは付き添いの店員さんです。

元祖怪獣酒場92
そしてお店に入った後も、店内を巡回している姿が伺えました。
お客さんとの2ショットでは、セルフで触手を巻き付けさせるサービスも実施w
更に店員さんがオプションとして、「赤い鎖」を持っていたのにも笑いました。

元祖怪獣酒場93
他の席ではみんなで記念撮影。
気のせいか、女性が相手の時はちょっとテンションが高かったようなw

元祖怪獣酒場94
私も一枚撮らせて頂きました。
「アップでお願いします」と頼んだところ・・・

元祖怪獣酒場95
近すぎ。


今回はノーバのひたすらシュールなキャラクターにやられてしまいましたw
念願の握手もできましたし、円盤生物好きとしてはたまらないイベントで大満足。
この調子で、色んな怪獣をお店に呼んで頂きたいですね~。

youtubeでは、新ウルトラマン列伝&ウルトラファイトビクトリーの最新話が配信開始となっています。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|21:56

東京おもちゃショー2015会場にて、ウルトラマンX(エックス)の制作発表会が開催&PVが公開!

http://m-78.jp/news/n-3154/
http://m-78.jp/x/topics/
http://www.cinematoday.jp/page/N0074125
http://dogatch.jp/news/tx/33571
http://news.amiami.jp/event/2015/06/10746.html
http://dogatch.jp/news/tx/33574


本日、東京おもちゃショー会場にて、ウルトラマンXの制作発表会が開催されました。
各ニュースサイトでも既に紹介されている通り、主要キャストや監督たちの意気込みが伝えられたり、
番組に参加する声優さんも初公開となっていますね。

まずウルトラマンエックス役は、人気声優の「中村悠一」さんが担当されることに!
エクスデバイザーにもエックスの声が収録されていますし、中村さんの声を発する玩具が今後も色々と出るかもしれません。
そしてファントン星人グルマン博士役は、サザエさんのノリスケ役でもお馴染みの「松本保典」さんが担当!
それぞれかなり濃いキャラクターらしいので、きっと番組を盛り上げてくれる存在になると思います。


http://blog.amiami.com/amiblo/2015/06/toyshow2015-01.html
更にあみブロでは、会場の展示物などが公開されています。
ウルトラマンXブースは撮影禁止のものが多かったそうで画像は少なめですが、
パネルの1つとして「ウルティメイトイージスを身に纏ったウルトラマンエックス」の存在が明らかになっていますね。
ソフビ情報通りだと、これが「ウルトラマンエックス(ゼロアーマー)」なのでしょう。
なるほど、こういう形でウルトラ戦士の鎧を作れるんですね。
こちらは、一般開放日となる土日にも会場で展示されているそうです。



そしてyoutubeでは、ウルトラマンエックスのPV第一弾目も公開されました!
大暴れするデマーガ!
隊員も基地も戦闘機もかっこいいXio!
結構フランクな性格をしていそうなウルトラマンエックス!
爆発する街!
巻き上がる粉塵!
様々な怪獣に挑む大空大地とウルトラマンエックス!

PVの時点でもかなり期待感が高まる映像ばかりですね~。
恐らく1話~3話辺りの映像になるのでしょうが、
個人的に夜の市街地で戦うエックスとテレスドンの映像が一番気になるところです。
何かと話題を集めているウルトラマンX、いよいよ放送まであと一ヶ月を切りました!



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(7)トラックバック:(0)|18:27

元祖怪獣酒場に「円盤生物ノーバ」が襲来!?

http://ganso-kaiju-sakaba.com/diary/2015/06/16/23/


大阪府のなんばグランド花月内に存在する「元祖怪獣酒場」に、また怪獣が登場すると告知されていますね。
今回は何と、ウルトラマンレオに登場した「円盤生物ノーバ」が現れるとのこと!
怪獣投稿 ノーバ

ノーバは以前に、川崎の「帰ってきた怪獣酒場」にも出現していましたが、こんなに早く大阪にもやって来てくれるとは!
期間は今週末の6月19日(金)と20日(土)の2日間だそうです。
時間は何時も通り、お昼と夜頃に登場するのかな?
円盤生物ファンとしては絶対に逃せません。

そもそも、ノーバはアトラクション用スーツが存在するにも関わらず、私はほとんど生で見れていないんですよね・・・
あまり登場する機会もありませんし、私は土曜日の夜にでも会いに行きたいと思います。
せっかくの機会ですし、また「ノーバのチャンジャ」も頼もうかな?

円盤生物ノーバと言えば、私が投稿している動画シリーズの、
ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻」でも既に取り上げています。
ニコニコ動画とyoutubeで公開しているので、良ければご覧になってみて下さい。
(かなり初期の動画なので、今見ると絵がヘタクソすぎて泣きたくなりますが・・・w)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21341001
https://youtu.be/BDX3MwmqB0U



youtubeでは、ウルトラファイトビクトリーの単独配信が更新されています。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|19:34

新ウルトラマン列伝 第102話&ウルトラファイトビクトリー第12話

新ウルトラマン列伝 ウルトラファイトビクトリー
本日、第102話が放送されました!
第102話「激闘ウルトラマンゼロ 仲間達の絆」
映画「ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国」の分割放送を放送しました。

今回のBGM差し替えシーンは、ウルトラマンノアの石像を発見するシーンに、
ウルトラマンネクサスのBGMが挿入されていましたね~。
ネクサスとゼロはBGMの作曲者が同じなだけに、違和感0だったのであれはとても良い選曲だったと思います。
更にウルトラマンゼロ復活シーンでは、「ULTRA STEEL」の一部分が流されていました。

今回は鏡の星~ウルトラマンゼロ復活までが放送されましたが、
湖底にて座り込むミラーナイトという姿は、今見てもかなりシュールですねw
それにミラーナイトだけではなく、二次元の民の心まで浄化してしまったゼロの光も相当なものですが。
ベリアル帝国軍の幹部、鋼鉄参謀アイアロンも初登場しましたが、綺麗なものを憎む彼の過去に一体何があったんだろう・・・

ゼロとカイザーベリアルも遂に対面し、
ベリアルのウルトラサインによる宣戦布告&100万体のダークロプス軍団が、光の国へと送り込まれた事も明らかになります。
さすが元ウルトラ戦士なだけに、光の国の戦力を知り尽くしているベリアル。
ですが、この戦いにあの伝説の超人が参戦することも計算に入れておかないと・・・w
(劇中で明言はされていませんでしたが、恐らく大軍団のほとんどは彼が倒してしまったのではないかと)

さて、次回からはジャンボットも参戦し、いよいよ最終決戦に突入します。
来週と再来週でまだ分割するみたいなので、次回はアークベリアルの攻撃で大ピンチに陥る辺りまででしょうか?


ウルトラファイトビクトリーの第12話目は、シェパードンセイバーとナイトティンバーによる二刀流で、
ジュダ・スペクターを攻め立てるウルトラマンビクトリーナイト!
ビクリトウム・コアのエネルギーも加わり、一気に形勢逆転となりましたね。

その力はスーパーグランドキング・スペクターにまで及び、あちらも一気に弱体化。
この隙を逃さず、ウルトラマンエースはメタリウム光線を、ウルトラマンレオとアストラはウルトラダブルフラッシャーを、
ウルトラマンギンガはギンガクロスシュートを一斉に発射!
こうして、あの難攻不落の要塞かと思われた大怪獣も粉砕されてしまいました。

ウルトラマンビクトリーナイトもジュダ・スペクターを斬り続け、まだ使用していなかった「ナイトビクトリウムブレイク」を発動!
体を大きく斬り付けられたジュダ・スペクターも、遂に大爆発して消滅してしまいました。
こうしてウルトラ戦士たちの長いようで短い戦いも一段落。
次回で、ウルトラファイトビクトリーも最終回を迎えます。
新ウルトラマン列伝 ウルトラファイトビクトリー ウルトラマンビクトリーナイト


ウルトラファイトビクトリーも、遂に決着がついてしまいましたね。
ウルトラゼロファイト第二部のように、最終回は戦い終わった後のお話だけになりそうです。
今回はUPG怪獣極秘ファイルにおいてアリサ隊員の好みも判明しましたが、
2年間続いたウルトラマンギンガの展開も、いよいよ終わりを迎えるのかと思うと少し寂しくなりますね。
そういう意味でも、次回のお話は見逃せない30分になりそうです。

youtubeでは、前回のお話が配信中です。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|22:17

ウルトラ怪獣500ソフビをリペイントして、別バージョンのキャラを作ってみた(お手軽改造)

以前にTwitterにてアップしたものですが、ウルトラ怪獣500ソフビの幾つかをプチリペイントしてみました。
全てバンダイから発売されている、
ガンダムマーカー」と呼ばれるプラモデル塗装用のマーカーのみを使って塗装しています。
どこの玩具店にも置いてありますし、種類が多く安くて使い勝手が良いので、とても重宝しているんですよね。


ウルトラ怪獣500 リペイント
まずはゴドラ星人です。
通常版は苦肉の策と言ったような感じで、ウェザリング塗装のように体の白い部分が塗られていましたが、
ガンダムマーカーの「ホワイト」で、実際のスーツに近いイメージになるように塗装してみました。
更に口?の部分も平成セブン版のような黄色さだったので、そこも「メタリックグリーン」で塗装しています。
やはり造形が良いだけに、ちゃんと塗るとかなり良い感じになりますね。

ウルトラ怪獣500 リペイント0
背面です。
本当は背中の赤い部分はもう少し面積が広いのですが、今回は省略。
塗ってみてよく分かりましたけど、このキャラクターを500ソフビで出すのは色々と無理がありますw
なんて複雑なデザインをした体表なんだ・・・


ウルトラ怪獣500 リペイント1
続いてはアクマニヤ星人です。
こちらは劇中で目玉が妖しく光るシーンを再現すべく、目玉部分のみを赤く塗装しています。
使用したのは「レッド」と「ブラック」ですね。
どうにか光っている感じに見えないかな~と塗り重ね続けていたら、なんだか血走ったような不気味なイメージに・・・w
背面は特に手を加えていないので省略します。


ウルトラ怪獣500 リペイント2
こちらはシルバゴンをリペイントして、クローンシルバゴンにしてみました。
体の各部を「メタリックブルー」で塗装しただけですが、元は体の筋が塗られていないので結構印象が変わりますね。
同じ場所をメタリックピンクか何かで塗ってやると、重塗装版のシルバゴンという風にもできます。

ウルトラ怪獣500 リペイント3
背面です。
背中のトゲ部分などもちゃんと塗装してやれば、もっとスーツの雰囲気に近付くと思います。


ウルトラ怪獣500 リペイント4
お次はレイキュバスです。
通常版は冷凍能力を持つ青い瞳をしているので、こちらは火炎能力を持つ赤い瞳にリペイント。
「メタリックレッド」で目を塗るだけなので、非常に簡単でした。
レイキュバスも全身をちゃんと塗ってあげれば、化けそうなソフビ人形ですね~。
(こちらも背面には手を加えていないので省略)


ウルトラ怪獣500 リペイント5
続いてはマグマ星人をリペイントした、マグマ星人(ブラザーレッド)です。
ザムシャーの相手にもなる、ウルトラマンメビウスに登場したマグマ星人ですね。
瞳を「メタリックレッド」、髪を「ホワイト」で塗り重ねています。

ウルトラ怪獣500 リペイント6
背面です。
髪の毛は全て塗装しました。
本当は左手がフック状になっているのが正解ですが、あくまで雰囲気だけということで。


ウルトラ怪獣500 リペイント7
最後はジャンナインをリペイントした、ジャンキラーです。
瞳を「メタリックレッド」で塗装しただけです。
塗り終わって感じたことですが、ジャンキラー名義のソフビ人形が出ない理由が分かった気がします。
それは遠目だとジャンナインと区別が付かないという点w
やはり光らせたりクリアパーツを使用して目を強調しないと、この程度の色の違いでは分かり辛いですね。
むしろメタリックレッドではなく、通常のレッドの方が良かったのかも・・・
(こちらも背面には手を加えていないので省略)


以上が、少し手を加えてみた500ソフビ人形たちになります。
ゴドラ星人とクローンシルバゴン以外はワンポイントの塗装だけですし、かなりお手軽に制作できるのでお勧めです。
はみ出した塗装を消す時に必要な、ガンダムマーカーの「消しペン」もあれば更に作業が捗りますね。
後はダークガルベロスをガルベロスに戻してみようとも考えましたが、
あちらはほぼ全身を塗り直さないといけないので断念しました。

500ソフビは本格的に全身を塗装し直している人も大勢いらっしゃいますし、
安価なので塗装の練習台にはもってこいだと思います。
(本腰を入れて塗装したい方は、「Vカラー」が一番でしょうね。
逆にソフビ人形とは相性が悪い、「アクリル系塗料」や「エナメル系塗料」は、絶対にやめておいた方がいいかと)


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|19:00

【動画投稿】 ゆっくり霊夢とやる夫が学ぶ 昆虫大百科 part21

http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1464.html
第1回目の記事はこちらになっております。


ゆっくり霊夢とやる夫が学ぶ 昆虫大百科 part21
http://www.nicovideo.jp/watch/sm26485947

ゆっくり昆虫解説動画のpart21をアップ致しました。
第二十一回目は草むらに潜む狩人「オオカマキリ」について解説します。
オマケとして、「ハリガネムシ」などについても軽く触れています。

さて、ここ最近は番外編を挟んでいましたが、丁度1年ぶりに昆虫大百科の本編を再始動します。
久しぶりの昆虫解説はカマキリからスタート。
肉食性の昆虫の中では非常に有名ですね。

私は小さい頃からカマキリが大好きでして、恐らく画用紙などに一番描いた虫だったのではないでしょうか。
小学生の頃に教科書で読んだ「おれはかまきり」の影響なのかどうかは定かではありませんが、
今に至るまで常に自分の中での「特別な虫」として存在し続けています。
ただ、動画でも触れている通り、稀に「ハリガネムシ」に取り付かれている個体を採取した為に、
トラウマを植え付けられたことも何度かあるのですが・・・w

さて、夏ですし昆虫大百科の方はこれからどんどん投稿していく予定です。
もう折り返し地点は過ぎましたし、恐らくゆっくり解説動画の中では一番最初に完結するのではないでしょうか?


◆登場キャラクター紹介
ゆっくり勇儀
ゆっくり勇儀
東方Projectに登場する、星熊勇儀・・・に似た何か。
地底に住んでいる「鬼」の一人で、鬼の四天王「力の勇儀」とはこの人のこと。
かなり豪快な性格をしていますが、自分が認めた相手にはフレンドリーな一面も見せています。
怪力の持ち主なので、その場を強く踏み付けるだけで地面が大きく揺れてしまうことも。
魔理沙とは飲み友達のような関係で、その影響か、ここ最近は地上の者にも多少興味を示している様子。

久しぶりにリグルを交えての昆虫解説となったpart21。
では、どうぞお楽しみ下さいませ~
(面白いと思っていただければ、動画へのコメントやマイリスト登録をして頂けると有難いです)
youtubeにて、「ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻 part41」を公開しました。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|16:16

パワードモンスターシリーズ パワードゼットン

押入れを整理中、今まで「紛失していた」と勘違いしていたフィギュアが見つかり、
更にその状態も良好だったので、今回はその怪獣ソフビをご紹介します。

パワードモンスターシリーズ パワードゼットン
宇宙恐竜 パワードゼットン
ウルトラマンパワードの最終回に登場した怪獣で、バルタン星人の切り札として地球上へと送り込まれました。
パワード怪獣はほとんどがソフビ化されており、当然ながらパワードゼットンもその代表格としてよくフィギュアになっています。
こちらは「ウルトラ怪獣シリーズ」よりやや大型の「パワードモンスターシリーズ」でソフビ化されていまして、
お値段も1200円とやや高めに設定されていました。

パワードモンスターシリーズ パワードゼットン0
さすがにプラ製タグは紛失していましたが、ソフビの状態そのものは良好だと思います。
小さい頃に遊んでいたソフビなだけに、よくこんな綺麗な状態で残っていたなぁ・・・とw
こちらは角、羽、両腕、両足がインジェクション成型になっているので、
上半身と下半身パーツだけが従来のソフビ人形となっています。
劇中スーツのイメージとはややバランスが異なりますが、結構かっこいい造形だと思います。

パワードモンスターシリーズ パワードゼットン1
背面です。
いわゆるパワードゼットンの弱点ですね。
こちらには塗装箇所はありません。
また、名前などの刻印も羽部分に存在しています。

パワードモンスターシリーズ パワードゼットン2
上半身のアップ。
この羽を広げた姿は初代ゼットンの「腕を水平に伸ばした姿」を連想させるものですし、
威圧感があって本当にカッコいいと思います。
そのデザインや造形も、全体的に無機質なアレンジになっていますね。
ソフビでは艶のある黒い成型色のお蔭で、よりそれが強調されたイメージになっています。

パワードモンスターシリーズ パワードゼットン3
可動箇所は両腕、腰、両膝となっています。
掌が上を向いているので、ちょっとポーズが付け辛いかも。

パワードモンスターシリーズ パワードゼットン4
リニューアル版のウルトラヒーローシリーズ「ウルトラマンパワード」と比較。
劇中以上にパワードゼットンが巨大ですね。

パワードモンスターシリーズ パワードゼットン5
なので、並べると絶望感が溢れて実に良いです。
その高さは21cmほどですね。

以上がパワードゼットンの軽いレビューになります。
今まで無くしたと勘違いしていただけに、今回発見できて一安心しました。
超闘士激伝のハイパーゼットンやウルトラマンサーガのハイパーゼットン(イマーゴ)とはまた違う、
ストレートにカッコいいゼットンの姿こそがこのパワードゼットンだと思います。
(データ収集用だったパワードドラコの方が強く見えたとは言ってはいけない)

youtubeでは、新ウルトラマン列伝&ウルトラファイトビクトリーの最新話が配信されています。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|19:18

ウルトラヒーロー500&ウルトラ怪獣500ソフビに、早くもバリエーション違いが登場!?

500ソフビのチェックリストを更新しました!
(8月分までの新作を追加しています)


本日は、偶然立ち寄ったお店で面白いものを発見したので、それをご紹介したいと思います。
今やすっかりウルトラシリーズの定番ソフビとなった「ウルトラヒーロー500&ウルトラ怪獣500シリーズ」ですが、
今日はそのコーナーを眺めている内に、ある事に気が付いて「おや?」となりました。

500ソフビ バリエーション違い
とりあえずこの2体を買いましたが、このウルトラマンティガとハイパーゼットン(イマーゴ)のソフビ人形、
どこか変だとは思いませんか?
実は、今まで売られていた商品と全く違う点が存在するのです。

500ソフビ バリエーション違い0
それは、背中に付いているタグのデザイン
どちらも、ここ最近に採用されたパターンに改修されていますね~。

500ソフビ バリエーション違い1
こちらが以前のタグです。
どちらも文章などは同じですが、ティガはスチール写真のデザインが全く違うものに差し換えられていますね。
(何気に名称の【】部分も省略されています)
恐らく、今後生産されるソフビは二つ折りタグが標準になるのでしょう。

500ソフビ バリエーション違い2
とりあえず比較。
タグ付きのものが新しいバージョンで、タグ無しのものが古いバージョンになります。
正直、個体差程度の違いしかありませんね。
正面も背面も、塗装パターンや造形に違いは見られませんでした
(ただし、タグを打ち込む位置が後頭部から首に変化している点はありますが)

500ソフビ バリエーション違い3
ハイパーゼットン(イマーゴ)でも比較。
こちらも、造形や塗装に特に違いは見られませんでした。

500ソフビ バリエーション違い4
ですが、唯一違う点も発見。
それは足の裏にある「ライブサインのデザイン」で、新しい方には「A」というマークが付いています。
更にウルトラ戦士のライブサインは赤い色をしていましたが、怪獣と同様に黄色に統一されたみたいですね。
(これは、タグ違い以前から変更されていた点かもしれません)

このように、発売時期によって500ソフビにも細かな変化が訪れているようです。
500ソフビはこれから中国でも本格的に展開を開始するそうですし、
それやウルトラマンエックスに合わせてのマイナーチェンジということなのかな?

私は未確認ですが、ゴドラ星人の「ゴドラガンの先端」が再販分からは埋められているという報告もあるそうですし、
知らない内に細かなバリエーション違いがたくさん発生しているのかも・・・w
(かつて青や紫色のライブサインをした面々も、回収されて全て黄色で統一されましたからね)
今回はティガとハイパーゼットン(イマーゴ)のみを取り上げましたが、他のキャラクターにも何か違いがあるかもしれませんし、
とりあえず次から玩具売り場を見る時は、ソフビのタグのデザインに注目してみようかな?

youtubeでは、ウルトラファイトビクトリーの単独配信が更新されています。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|18:56

新ウルトラマン列伝 第101話&ウルトラファイトビクトリー第11話

新ウルトラマン列伝 ウルトラファイトビクトリー
本日、第101話が放送されました!
第101話「激闘ウルトラマンゼロ 託された希望」
映画「ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国」の分割放送を放送しました。

今回のBGM差し替えは、ウルトラマンゼロVSグレンファイヤーのシーンに、
「すすめ!ウルトラマンゼロ」が使用されていましたね~。
アナザースペースに向かうシーンでは使用されていなかっただけに、ここで使うのか!と驚いてしまいました。

今回は炎の海賊と出合うシーンから、鏡の星へと向かうところまで放送されましたね。
ベリアル帝国軍の規模の大きさを示すシーンが非常に多く、惑星エスメラルダを侵略し、
他の星々をその圧倒的な軍事力で壊滅させる場面も挟まれていました。

特に大艦隊とレギオノイド軍団を率いる、ダークゴーネの余裕綽々ぶりが印象的でしたねw
(それもグレンファイヤーの奇策で壊滅させられるのですが)
ファイヤーマン最終回を彷彿とさせる捨て身の大技、あの豪快さも実にグレンらしくて好みです。
この映画は様々な場所にミラーマン、ジャンボーグA、ファイヤーマンなど他の円谷作品の小ネタが仕込まれているので、
それを探しているだけでもかなり楽しめるのではないかと・・・

そして同じく熱血漢であるゴウキとグレンファイヤーの共演には大笑いw
どうやって時空を超えたんだなどの色々なツッコミも「細かいところは気にすんな」の一言で解決!
やはりあの二人が並ぶと実に暑苦しいですね・・・
(グレンがあのままUPG基地に居座っても、相当面白いお話が作れそうですが)


ウルトラファイトビクトリーの第11話目は、ウルトラマンビクトリーナイトとジュダ・スペクターの最終決戦が開始されました。
明らかにビクトリーナイトより格上の存在で、剣裁きも上手であるジュダ・スペクター。
剣からエネルギー刃を飛ばしたりと、かなりの強敵として描写されています。

更にスーパーグランドキング・スペクターも健在で、
相変わらずグランドキングらしい圧倒的な火力と防御力でウルトラ戦士を寄せ付けていません。
ウルトラマンギンガのギンガサンダーボルトも通用しませんでしたし、
一体この難攻不落の要塞をどう落とすのか!?

そんな強敵たちを相手にしても挫けないウルトラ戦士たち。
ショウも全てを滅ぼそうとするジュダ・スペクターに対してその力の全てをぶつけ、
シェパードンセイバーとナイトティンバーの二刀流で挑むことに。
果たして、この攻撃はジュダ・スペクターに通じるのでしょうか?
新ウルトラマン列伝 ウルトラファイトビクトリーナイトVSジュダ・スペクター


ウルトラマン物語の時とは異なり、今回のジュダはアクションシーンをしっかりと見せてくれていますね。
全身に黒いオーラのようなものも漂っていますし、背景の異空間の異質さも相まって実にボスキャラらしいな~と。
配下のスーパーグランドキング・スペクターとは違う強敵感が出ているだけに、
残りの時間でどうやって決着を付けるのかとても楽しみです。
(てれびくんの漫画の通りになるのかな?)

youtubeでは、前回のお話が配信中です。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|19:25

「ウルトラヒーローズ THE LIVE アクロバトル クロニクル」の大阪講演を鑑賞!(イベントレポ-ト)



本日は久しぶりに、「八尾市」の方へと行って参りました。
目的は毎年この時期恒例となった、八尾プリズムホールで行われるウルトラマンの大型イベントを見る為です。
アリオ八尾に行くのも、かなり久しぶりでしたね~。
(以下、画像はクリックすると拡大します)

ウルトラヒーローズ THE LIVE アクロバトル クロニクル
まずはイベント開催と連動して、アリオ八尾の方でもウルトラマンたちが登場!
何時ものレッドコートイベントステージで、握手撮影会を開催していました。
この時間はウルトラマンティガが登場しましたが・・・

ウルトラヒーローズ THE LIVE アクロバトル クロニクル0
なんと、列の最後尾ではウルトラマンナイスが待ち列の整理中w
きっちり仕事をこなしながらも、お客さんたちと触れ合っていました。

ウルトラヒーローズ THE LIVE アクロバトル クロニクル1
ウルトラマンネクサス(アンファンス)も登場しましたが、ここでのナイスは握手会に乱入するというサプライズを披露w
結局は2ヒーローとの撮影会となり、会場は大盛り上がりでした。
(この時間は特に待ち列が長くなっていた印象が)
この後はウルトラマンガイアも登場したそうですが、その時間にはこの場を立ち去っていたので写真は撮れず。

ウルトラヒーローズ THE LIVE アクロバトル クロニクル2 ウルトラヒーローズ THE LIVE アクロバトル クロニクル3
こちらも恒例となったバルーンアトラクション、「7メートルウルトラマンふわふわ」も設置してありました。
円谷ジャングルが無くなってアリオ八尾を訪れる機会は激減しましたが、
未だにこうやってウルトラマンのイベントを不定期に催してくれるのは嬉しいですね。

ウルトラヒーローズ THE LIVE アクロバトル クロニクル4
1階の入り口付近では、今回のイベントを宣伝する為に、
電飾が光っている状態のウルトラマンギンガとウルトラマンベリアルが展示してありました。

ウルトラヒーローズ THE LIVE アクロバトル クロニクル5 ウルトラヒーローズ THE LIVE アクロバトル クロニクル6
ウルトラマンベリアルのアップ。

ウルトラヒーローズ THE LIVE アクロバトル クロニクル7 ウルトラヒーローズ THE LIVE アクロバトル クロニクル8
ウルトラマンギンガのアップ。

ウルトラヒーローズ THE LIVE アクロバトル クロニクル9
さて、八尾プリズムホールではウルトラマンビクトリーナイトがお出迎え!
ウルトラファイトビクトリーが放送中なだけに、大人気でしたね~。

ウルトラヒーローズ THE LIVE アクロバトル クロニクル10
上の方では展示物が何点かありました。
まずはブラザーズマントを羽織ったウルトラマン。

ウルトラヒーローズ THE LIVE アクロバトル クロニクル11 ウルトラヒーローズ THE LIVE アクロバトル クロニクル12
科学特捜隊、ウルトラ警備隊、GUTS、DASH、GUYS、UPGの制服です。
この他にも、戦闘機やウルトラ怪獣の展示パネルが何点かありました。

ウルトラヒーローズ THE LIVE アクロバトル クロニクル13
こちらはウルトラマンゼロです。
今回のイベントでも実感しましたが、ウルトラマンゼロ人気は未だに衰えていませんね。

ウルトラヒーローズ THE LIVE アクロバトル クロニクル14 ウルトラヒーローズ THE LIVE アクロバトル クロニクル15
怪獣も3体が展示されていました。
まずはウルトラマンレオより、オニオン。

ウルトラヒーローズ THE LIVE アクロバトル クロニクル16 ウルトラヒーローズ THE LIVE アクロバトル クロニクル17 ウルトラヒーローズ THE LIVE アクロバトル クロニクル18
こちらはウルトラマンティガより、宿那鬼 (すくなおに)。
ちゃんと後ろの顔もありましたw

ウルトラヒーローズ THE LIVE アクロバトル クロニクル19 ウルトラヒーローズ THE LIVE アクロバトル クロニクル20
そしてアトラクションショーやウルころなどでお馴染みの、ブラキウムです。
しかしこの3体はどういう基準で選ばれたんだろう・・・w

ウルトラヒーローズ THE LIVE アクロバトル クロニクル21
さて、アクロバトルクロニクルの感想ですが。
(もちろん撮影禁止なので、会場の画像などはありません)
まだ他の地域で公演が控えているので、詳しい内容については言及しませんが、
その名の通り「非常にアクションに重点が置かれたショー」だったように感じました。

ウルトラマンの力を宿したスーツに身を包み、新ウルトラ警備隊の面々が動く動く!
もちろんウルトラヒーローと怪獣のバトルもたくさん存在し、こちらも80やゼロのキレのあるアクションが凄かったです。
(特に80の4~5連続バック転からの攻撃には驚かされましたw)
ストーリー的には新ウルトラ警備隊の面々と、ウルトラマンゼロやウルトラマンギンガがメインという構成でしたね。
ウルトラマンベリアルも相変わらず大暴れしていましたし、ラストには「アレ」まで出てきてビックリ!

何時ものショーとは少し異なる構成ながらも、プロジェクターや照明の演出はこれまでの中でも最高レベルで、
更に会場の子供たちに手渡されたアイテムとも連動するなど、とにかく飽きさせないように工夫されているな~と。
敵の描写がかなり少なめになっているのは残念でしたが、ウルトラマンと隊員が主役という点はしっかりしていましたし、
客席の大人も驚くようなアクションもたっぷり見ることができたので満足でした。
最後には上にある画像の通り、メインキャストとのハイタッチも行えました。

やはりウルトラマンのイベントは良いものです。
待ち時間にはマグマ星人やケムール人が登場して会場を沸かせていましたし、
とにかくサービス精神が素晴らしいんですよね。
かつて円谷ジャングルの名誉店長だったウルトラマンナイスも相変わらずノリノリでしたし、
懐かしい気分にも浸れて、とても良い時間を過ごせました。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|18:59

【動画投稿】 ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻 part41

第1回目の記事はこちらになっています!
http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1466.html


ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻41
http://www.nicovideo.jp/watch/sm26426975

私の手書きイラストによるゆっくり怪獣解説動画の第四十一回目を投稿致しました。
第四十一回目はウルトラマンダイナより、「半魚人兵士ディゴン」、「水棲生命体スヒューム」、
「宇宙海獣レイキュバス」をご紹介。
ダイナのBlu-ray BOX発売決定記念ということで。

前回に引き続き冷凍能力を持つ怪獣を取り上げたかったのと、ダイナのブルーレイ化が決定したことを受けて、
今回はスヒューム一味を取り上げることにしました。
ダイナ屈指の名作と名高い前後編ですが、やはり窮地に追い込まれたスーパーGUTSの隊員たち全員が、
あれだけ頑張る姿を見られるのが個人的に嬉しいところなんですよね。
そしてお話の方も地球規模の大危機ですし、何かと豪華な印象が強い前後編でした。

レイキュバスもエビとカニの良い所を合体させたようなデザインが特徴的で、
何よりダイナを一度敗北させたりと、その実力の高さも印象に残っています。
ウルトラマンFE3で登場した時は嬉しかったですし、大怪獣バトルを経て、
今やすっかりウルトラマンダイナを代表する怪獣になりましたね。
昨年のウルトラマンギンガSでもファイブキングに合体しましたし、今後も何かと目立つ機会がありそうです。

そして今回の動画では、久しぶりに「アレ」も行われています。
お話の方も、ここからとんでもない展開に突入することに・・・

今回も面白いと感じて頂けたら動画へのコメントや、マイリスト登録して頂けるとありがたいです。
では、お楽しみ下さいませ~
youtubeでは、「やる夫とやらない夫がゆっくり三妖精に教える ゴジラ怪獣図鑑 part19」を投稿しております。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|18:13

ウルトラマンフェスティバル2015の公式HPが本格オープン!&限定ソフビ情報も

ウルトラマンフェスティバル2015ポスター
http://ulfes.com/2015/

毎年の夏休み恒例イベント、ウルフェスこと「ウルトラマンフェスティバル」が今年も開催されます。
開催場所は何時も通りの「池袋・サンシャインシティ 文化会館4F 展示ホールB」ですね。
メインビジュアルでは各世代を代表するウルトラ戦士がズラりと並び、
その中央では新ヒーローのウルトラマンエックスが大きく扱われています。

今回の企画は
・巨大バトルジオラマ
・ウルトラライブステージ(第1部:7月24日~8月10日まで、第2部:8月11日~8月30日まで)
・超巨大ウルトラセブン
・ゴモラひろば
・ふれあいステージ
・ウルトラP
・地球防衛チーム訓練ゲーム
・クラフトコーナー
・アイスクリームコーナー
・なりきりムービー
・ウルトラショット
・ウルトラマンデパート

といった感じでしょうか。

今年のメインとなる展示物はバトルジオラマコーナーになるようで、ここにウルトラマンと怪獣がたくさん並びそうですね。
更に超巨大セブンや時間によってギミックが作動する巨大ゴモラなどもメインになるでしょうか。
その他は例年通りといった感じですが、個人的にアイスクリームコーナーの復活は嬉しいですね~。
また「裏メニュー」なんかもたくさん用意されているのかな?

ライブステージはウルトラマンエックスがメインになるようで、今年もできれば1部と2部の両方を見に行きたいですね~。
メインビジュアルで大きく扱われている面々も、ほとんどが出演しそうな気がします。
Xioも大きく扱われるそうなので、どのような演出が飛び出すのかとても楽しみですね。

ウルトラマンフェスティバル2015限定ソフビ
そして、早くもウルフェス限定ソフビ人形が3種類公開されています。
今年は
・ウルトラヒーローX ウルトラマンエックス ユナイトブルークリアver
・ウルトラ怪獣X ファントン星人 クリアオレンジver
・ウルトラ怪獣DX タイラント メタリックブルーver

だそうです。
どれも暑い夏にピッタリ?の清涼感溢れるカラーリングになっていますね。

いずれも「限定サイバーカード」が付属しているそうなので、今回も見逃せませんね~。
これらは、全国各地のウルトラマンオフィシャルショップでも販売されるそうです。
また、例年通りこの後も何種類か限定ソフビ人形が追加されるそうです。
他にも会場限定グッズは色々と発売されるそうですが、それは今後の更新を待ちましょうか。

今年も、行けるなら10日と11日辺りを狙いたいですね。
何よりせっかくの関東遠征なので、ついでに「帰ってきた怪獣酒場」にも寄りたいんですよね。
ゴジラヘッドなども拝みたいですし、そうなると何時も以上に過密スケジュールになるかも・・・w


youtubeでは、新ウルトラマン列伝&ウルトラファイトビクトリーの最新話が配信されています。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|18:41

ポピニカのシグアドベンチャーを発見!

少し前になりますが、中古ショップ巡りをしていたところ、ポピニカの「シグアドベンチャー」を発見しました。
しかもほぼ未使用品であるにも関わらず、非常に安い値段で売っていたので即購入。
ということで、今回はそのシグアドベンチャーをご紹介します。

ポピニカ シグアドベンチャー
映画「ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ&ウルトラマンガイア 超時空の大決戦」に登場した、
高山我夢が開発した時空を移動できるスーパーマシーンです。
一応XIGのメカニックなので、玩具のフォーマットも他のメカと合わせた形になっていますね。

ポピニカ シグアドベンチャー0
ナンバーは10番で、別売りの商品とも連動する仕様になっています。
ガイアのメカニックは、玩具的にも非常に完成度が高かった記憶が

ポピニカ シグアドベンチャー1
中身はこんな感じです。
付属シールは既に貼り付けた後です。

ポピニカ シグアドベンチャー2
こちらはオマケの「チームエンブレム」です。
シグアドベンチャーには、ティガ、ダイナ、ガイアが揃ったスペシャルバージョンのものが付属していました。
チームエンブレムは他のメカニックにも付属しており、これは単体売りする場合に各商品のパッケージが小さくなりすぎるので、
そのフォローとして入れられたという話です。

ポピニカ シグアドベンチャー3
では、シグアドベンチャー本体です。
まずは「時空移動モード」と呼ばれる形態から。
これは他のメカニックの「コンテナモード」に相当する形態ですが、
シグアドベンチャーは六角形の姿ではなく円柱状になっていますね。
底面の車輪で転がして遊ぶことができます。

ポピニカ シグアドベンチャー4
背面です。
残念ながら、緑色のパーツは劇中のように回転できませんでした。
しかしこんなに大掛かりな時空移動メカを作ってしまった我夢って一体・・・w

ポピニカ シグアドベンチャー5
では、トランスフォーム!
アームを展開し、胴体部分を伸ばすことで・・・

ポピニカ シグアドベンチャー6
変形完了、こちらがシグアドベンチャーの「バトルモード」になります。
胴体部分はダイキャストパーツが使用されているので、見た目の割にはそこそこ重みがありますね。

ポピニカ シグアドベンチャー7
正面から。
コクピット周りはメタルギアレックス的なデザインにも見えます。

ポピニカ シグアドベンチャー8
背面です。
この状態でも転がし走行が可能です。

ポピニカ シグアドベンチャー9
各部がフル可動するので、こんな大胆なポージングも可能です。
特に両アームは非常に良く動くので、かなり遊べる商品ですね~。

ポピニカ シグアドベンチャー10
ウルトラ怪獣シリーズのキングオブモンスと並べて、劇中の対決シーンを再現!
(スケール的にはどうなんだろう?)

ポピニカ シグアドベンチャー11
以上が、ポピニカのシグアドベンチャーの軽いレビューになります。
傑作揃いのガイアメカニック玩具の中でも、特にプレイバリューの高い一品だったのではないでしょうか。
改めて感じましたけど、私ってこういう変形モノ玩具に本当に弱いんですよね・・・w

youtudeでは、ウルトラファイトビクトリーの単独配信が更新されています。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|19:36

「元祖怪獣酒場」に行ってきた!(レポート記事その3)

先週の土曜日に、「元祖怪獣酒場」へと行ってきました。
この日は難波で用事があった上に、何やらイベントをやるらしいという噂を聞きつけて、夜の時間帯に行っています。
(以下、画像はクリックすると拡大します)

元祖怪獣酒場71 元祖怪獣酒場72
元祖怪獣酒場は、夜の時間帯に行くと特製「オリジナル箸置き」がプレゼントされます。
これは、お箸を置くとウルトラマンたちが踏み付けられているようなデザインになっているのが特徴w
私は現在の所、「ウルトラセブン」と「ウルトラマンレオ」を所持しています。
全6種類なので、これは比較的集めやすいかも?

元祖怪獣酒場73
この日の怪獣コースターは、「デッパラス(2枚目)」と「ベロクロン」が当たりました。
ようやくメジャー怪獣が当たってくれて一安心です。

元祖怪獣酒場74
ちなみに、お皿のデザインも元祖怪獣酒場オリジナルのものになっています。
色んなバージョンが存在し、この日は「バキシム」のお皿が目の前にありました。

元祖怪獣酒場75
こちらはディナーメニューの一つ、「ノーバのチャンジャ」です。
上にはノーバの顔を模したプチトマトが乗っていて、下のチャンジャと合わせて真っ赤になっているのが特徴。
味はピリ辛で、とても美味しかったですね。

元祖怪獣酒場76
こちらもディナーメニューの一つ、「タッコングのタコづくし」です。
真ん中にはタッコングをイメージしたであろう、甘辛いソースがかかった大きなタコボールがあり、
その周りにはタコの唐揚げがいくつか乗っています。
こちらも美味しかったですが、見た目以上にボリュームのある一品でした。

元祖怪獣酒場77
ちなみに、以前ご紹介した靴箱のデザインはこんな感じになっています。
(一例としてノーバのものを撮影しました)

元祖怪獣酒場78
そして、この日は新人教育係の「マグマ星人」がお店に登場!
関西弁を流暢に使いこなし、非常に「良い人」だったので女性客からもモテモテでしたw
お客さんに気さくに話しかけたり、店内で放送されている映像を見ながら、
エンマーゴに首をすっ飛ばされるウルトラマンタロウの場面を実況したりと超フリーダムw
ウルトラシリーズにも相当詳しい、やり手のマグマ星人でした。

元祖怪獣酒場79
更に怪獣コースターでマグマ星人を当てると、その場でマグマ星人がサインをするというサービス付き。
過去に当てた人も、マグマ星人が居る時にコースターを持ってくると、ちゃんとサインをして貰えるそうです。

元祖怪獣酒場80
あっちこっちでサインをするマグマ星人。
実は、この日にマグマ星人が来ることは告知されていなかったので、サプライズ登場でもあったんですよね。

元祖怪獣酒場81
こちらが公式HPで登場することが告知されていた、メインキャラクターの「メトロン星人」です。
メトロン星人は他の客が居るテーブルに相席してみたり、
来店時に店員が鳴らすベル代わりのヤカンを振ってみるも、手が滑ってそれを落としてしまったりと相当フリーダムでしたw

元祖怪獣酒場82
こちらはマグマ星人と共に、お店の外でなんばグランド花月に来た客と触れ合うメトロン星人です。
こうしてちゃんと呼び込みをしている辺りが流石というかw

元祖怪獣酒場83
写真撮影にも応じて頂きました、感謝!
この時間になると店内はほぼ満席状態で、待ち列も結構長くなっていましたね。

こうやって、川崎の帰ってきた怪獣酒場のように、怪獣たちが来店するイベントを恒例化してほしいですね。
やはりウルトラ怪獣がメインのお店ですし、彼らと気軽に触れ合える貴重な場でもあると思うので。
(ちなみに、本日はカネゴン店長がお店の方に登場しているんだとか)

youtubeでは、「元祖怪獣酒場」の開店秘話(という名のコント)が配信されています。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|18:08

新ウルトラマン列伝 第100話&ウルトラファイトビクトリー第10話

新ウルトラマン列伝 ウルトラファイトビクトリー
本日、第100話が放送されました!
第100話「激闘ウルトラマンゼロ 運命の出会い」
映画「ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国」の分割放送を放送しました。

今回もBGM差し替えシーンが存在し、挿入歌として「DREAM FIGHTER」が使用されたり、
キラーザビートスターのBGMがエメラナ姫のテーマとして使用されていましたね。
内容はウルトラマンゼロがウルトラゼロブレスレットを授かる所から、ジャンバード内でのやり取りまででした。

改めて見ると、出演者や出演声優が異常なまでに豪華な映画だと思いますw
それにレギオノイドが惑星アヌーを襲うシーンやマルチバースの描写など、
合成やCGも丁寧に作られているシーンが非常に多いんですよね。
溶岩地帯へ誘い出す辺りのスピーディーな演出も好みです。

レギオノイドは機械音のような鳴き声?が一番のお気に入りです。
デザインもヤラレメカに見えないほどカッコいいですし、地上用と宇宙用でバリエーションもあるのが実にいいなーとw
今でもOP映像でウルティメイトフォースゼロと戦っていますし、
インペライザーのように他のシリーズでも量産機メカとして活躍して欲しいですね。

そして今回は新ウルトラマン列伝放送100話目という記念すべき回なので、
ウルトラマンゼロだけかと思いきや、グレンファイヤーまでナビゲートに乱入してきましたね。
更にUPGのコーナーでは、久しぶりに闇のエージェント3人も登場。
その上、100回記念なので紹介するキャラクターは「ベリアル」という徹底っぷりが素晴らしかったですw
ただで終わるはずが無いと思っていただけに、やはり100回記念は色々と豪華でした。


ウルトラファイトビクトリーの第10話目は、まさしく「スーパーグランドキング・スペクター無双」といった内容でした。
ウルトラマンエース、ウルトラマンレオ、アストラの攻撃を全く寄せ付けないばかりか、
ウルトラマンギンガビクトリーですら歯が立たないというこのインフレっぷり!
両腕の武器、お腹から放つ破壊光線、その強固な装甲と、まさにグランドキングといった大活躍を見せてくれました。

映画であれだけ活躍したウルトラマンギンガビクトリーも、まさかあんなにアッサリと・・・w
やはり、ジュダが操るグランドキングの力は恐ろしいものです。
しかし、ジュダ・スペクターに対抗できるのはナイトティンバーの力のみ。
主役のウルトラマンビクトリーはウルトラマンビクトリーナイトへと変身し、ジュダ・スペクターとの最終決戦に挑みます!
新ウルトラマン列伝 ウルトラファイトビクトリー ジュダ・スペクター


スーパーグランドキング・スペクターは、予想以上の強さでちょっと驚いてしまいましたw
まだ出現したばかりなのに、ウルトラマン達をああも圧倒してしまうとは。
次回からはウルトラ戦士VSスーパーグランドキング・スペクター、
ウルトラマンビクトリーナイトVSジュダ・スペクターという2つの戦いが同時進行することになりそうですね。

youtubeでは、前回のお話が配信中です。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|19:07

ウルトラマンX(エックス)の玩具公式HPが本格オープン!

http://www.b-boys.jp/ultrax/

ウルトラマンエックスのバンダイ公式サイトが、本日から本格オープンとなりました。
既に本日発売の各雑誌に掲載されていた通り、メインアイテムの一部が解禁となっていますね。

変身道具の「DXエクスデバイザー」は、ライブサインとサイバーカードの両方を読み取れる豪華な仕様ですね。
ウルトラマンはもちろんのこと、ウルトラ怪獣もちゃんと読み取れる仕様みたいなので一安心です。
今までのライブサインにもすべて対応しているみたいなので、何か追加音声が無いかなーと淡い期待を抱いております。
更にウルトラマンエックスとの会話遊びが楽しめるギミックも搭載されていますが、
これは雑誌情報によると「エックスの意思がエクスデバイザーに宿っている」という設定を意識したものでしょう。
エックスは主人公の相棒的なポジションとして存在するみたいなので、今回はバディものみたいになるのかな?

Xioが所有する武器「DXウルトライザー」は、「ジオブラスター」と「ウルトラブースター」のセット商品ですね。
普段はジオブラスターとして使用し、強化パーツのウルトラブースターを合体させて必殺光線を放つそうですが、
銃口が変形してスぺシウム光線ポーズのようになるギミックがぶっ飛んでいますねw
歴代最強クラスの力を持つとされる防衛チームXio、劇中ではどう扱われるのか楽しみです。

500サイズソフビ人形の「ウルトラヒーローX」と「ウルトラ怪獣X」も公開されましたが、
アーマーを身に着けたタイプのエックスはサイバーカードが付属しないんですね。
それでも値段が他と同じなのは、両腕のボリューム故なのでしょうか。

ウルトラ怪獣X ザラブ星人見本
今回はウルトラマンエックス(エレキングアーマー)とザラブ星人のソフビ人形が初公開となりましたが、
ザラブ星人は、ウルトラ銀河伝説で使用されたタイプのスーツを元に造形されているみたいですね。
(ファントン星人などは、発売中の各誌にも掲載されています)
ライブサインはデザインが違うだけで、基本的には今まで通りの仕様みたいですね。
こうなると、エックスの枠で発売されたキャラクターもDXギンガスパークで読み込むことができるのかな?
(新キャラクターは除く)

戦闘機など一部玩具はまだ詳細が掲載されていませんが、近い内に更新されることでしょう。
(これらは雑誌で詳しく取り上げられています)
サイバーカードはこれから雑誌の付録や食玩のオマケなどで、かなり幅広く展開されるそうです。
全てが劇中で使用されるわけではないでしょうが、コレクション性がありそうなのでできるだけ集めたいなーと。
その第一号アイテムとなるのが、7月1日発売のテレビマガジンの付録になりそうですね。
(ウルトラマンギンガ&ウルトラマンエックスのサイバーカードが付属します)


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|18:27
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ