大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

てれびくん&テレビマガジン9月号を購入&ウルトラマンXの8月分放送予定(ネタバレ注意)

本日から、てれびくんとテレビマガジンの最新号が発売開始となりました。
どちらにもウルトラマンXの新情報が満載で、8月分の放送内容も公開されています。


・8月4日放送 ウルトラマンX第4話「オール・フォー・ワン」
(凶悪宇宙人ザラブ星人、宇宙大怪獣ベムスター登場)

・8月11日放送 ウルトラマンX第5話「イージス光る時」
(暗殺宇宙人ナックル星人バンデロ、用心棒怪獣ブラックキング、ブラックキングドリルカスタム登場)

・8月18日放送 ウルトラマンX第6話「星の記憶をもつ男」
・8月25日放送 ウルトラマンX第7話「星を越えた誓い」
(ゴールド星人tE-rU、メカ守護獣ルディアン、石化魔獣ガーゴルゴン登場)



まずは次回予告でも姿を現した、ザラブ星人とベムスターの凶悪コンビからスタートしますが、
どちらの雑誌にもザラブ星人の情報は一切掲載されていませんでした。
これは本放送時に注目ですね~。

続く5話目では、これまた凶悪コンビとして名高いナックル星人&ブラックキングが登場。
ナックル星人バンデロは、体は何時もの平成版ナックル星人ですが、顔が初代に近付いたものに変更されています。
恐らくナックル星人グレイの顔だけ取り換えたスーツなのでしょう。
腰にあるホルスターから銃を取り出して戦う、中々の強敵のようです。

そして久しぶりにナックル星人と組んで出現するブラックキングですが、
今回はドリルカスタムとして、角の部分がドリルに改造された姿でも登場するとのこと。
かつてのアンドロメロスの雑誌展開で登場した、「改造ブラックキング」を彷彿とさせるキャラクターですね~。
そして、エックスの大ピンチを救う為にあのキャラクターも戦場へと駆け付ける・・・!?

6話と7話はなんと前後編で、新キャラクターが3種類も登場する豪華なお話に。
(ゴールド星人tE-rU【テル】は、人間とほとんど同じ姿ですが)
かなり前からソフビ情報が出ていたルディアンとガーゴルゴンも、ようやくお披露目となりました。

ウルトラ怪獣X新作
ウルトラ怪獣Xのルディアンと、ウルトラ怪獣DXのガーゴルゴンですね。
ルディアンはテルが操るロボット怪獣で、そのフォルムを見てピンと来た方も多いでしょうが、
リフレクト星人のスーツを改造して制作されたキャラクターのようです。
一方のガーゴルゴンは蛇のような見た目をした怪獣で、石化能力も備えていますし、
ギリシア神話に登場した「ゴルゴン(ゴーゴン)」をモチーフとしたキャラクターのようですね。

新キャラクターが続々と登場する前後編、どんなストーリーになるのかとても楽しみです。
そしてこれらのソフビ人形は、早くも来週末から発売開始になるとのこと。
ウルトラマンX、しばらくは宇宙人と怪獣が同時に登場する、帰ってきたウルトラマンの4クール目のようなお話が続くのかな?


両紙ともに、怪獣デザインコンテストの最優秀賞が掲載されていますが、
今月号では現在ウルフェスライブステージで活躍中の、新アーマーの画像も公開されています。
てれびくんは「スケドンアーマー」、テレビマガジンは「デンパゴンアーマー」ですね。
どちらもカッコいいですし、早く会場に行ってその活躍ぶりを確かめたいなぁ・・・
(私がウルフェスへ行けるのは8月9日以降ですが)

更にてれびくんでは、穴久保幸作さんによる「ぶっとびヒーロー ウルトラマンXくん」という4コマ漫画もスタートしました。
そして次号予告では、早くもウルトラマンエックスの新モードのシルエットが公開されていました。
2クール番組ですし、中だるみすることなく最後まで突っ走りそうですね~。


サイバーカード ウルトラマンエックスウルティメイトゼロ
さて、今月のてれびくんには限定サイバーカードも付属します。
前回のテレビマガジンではエックスとギンガのコラボカードでしたが、
今回はウルティメイトゼロとエックスのコラボカードですね。

サイバーカード ウルトラマンエックスウルティメイトゼロ0
カードはプラスチック製で、裏面にはエックスとウルティメイトゼロのデータが掲載されていました。
音声はデバイザーモードではエックスで、「てれびくん限定」という音声も追加されています。
Xモードではウルティメイトゼロ専用音声で、変身音も通常のゼロとは異なるものになっていました。
ですが、必殺技音声は「ワイドゼロショット」でしたね。

youtubeでは、ウルトラマンXの第3話が期間限定で配信されています。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|18:01

ウルトラマンX「サイバーカード カードダスコレクション」をフルコンプ!

カードダス自販機で展開されている、「サイバーカード カードダスコレクション」を購入しました。
かなり探し回りましたが、ようやく近所のお店にも入荷したので一安心。
1回100円で2枚入り、全9種類(18枚)という仕様になっています。
何より嬉しいのは、売り切れない限りは9回連続で回すとフルコンプリートできる点にありますね~。

サイバーカード カードダス
ウルトラマンエックス」&「サイバーゴモラ」です。
どちらも色々な玩具を買うと入手できますが、ウルトラマンエックスは絵柄違いになっていますね。
ちなみに、カードダス版は全て紙製カードでした。
音声はどちらも他のものと同じで、エックスの必殺技音声は、「ザナディウム光線」でした。

サイバーカード カードダス0
カードダス版の裏面は、画像や解説文などが無いシンプルな仕様になっています。
むしろ、劇中のサイバーカードに近いイメージですね。

サイバーカード カードダス1
ウルトラマンジャック」&「サイバーグドン」です。
ウルトラマンジャックもセット品の絵柄違いになっていますね。
サイバーグドンは今回が初登場ですが、メカグドンというキャラクターが居たらこんなイメージなんだろうな~とw
ジャックの光線技は「ウルトラショット」で、グドンは鳴き声付きでした。

サイバーカード カードダス2
ゾフィー」&「サイバーエレキング」です。
ゾフィーは今回初登場で、サイバーエレキングはサイバーゴモラと同様に既出ですね。
ゾフィーの必殺技音声は「M87光線」でした。

サイバーカード カードダス3
ウルトラマンレオ」&「サイバーカウラ」です。
レオも今回が初登場、そしてサイバーカウラですよサイバーカウラ!
何故カウラがチョイスされたのか、全く見当が付きませんw
(かなりかっこよくなりましたが)
レオの必殺技音声は「シューティングビーム」で、カウラは共通音声でした。

サイバーカード カードダス4
ウルトラマン80」&「サイバーバードン」です。
80は今回初登場で、サイバーバードンは絵柄がセット版とは異なるものになっていますね。
80の必殺技音声は「サクシウム光線」で、サイバーバードンは鳴き声付きでした。

サイバーカード カードダス5
ウルトラマンダイナ」&「サイバーレッドキング」です。
ダイナとサイバーレッドキングは共に、今回が初登場です。
サイバーレッドキングは、EXレッドキングに近いイメージになっている気がします。
ダイナの必殺技音声は「ソルジェント光線」で、サイバーレッドキングは鳴き声付きでした。

サイバーカード カードダス6
ウルトラマンガイア」&「サイバーネロンガ」です。
どちらも今回が初登場で、ガイアはスプリームヴァージョンの絵柄になっています。
サイバーネロンガは、配色がかなりケバケバしい感じになっていますねw
ガイアの必殺技音声は「フォトンエッジ」で、サイバーネロンガは鳴き声付きでした。

サイバーカード カードダス7
ウルトラマンネクサス」&「サイバージェロニモン」です。
どちらも今回が初登場で、ネクサスはジュネッスの絵柄になっています。
サイバージェロニモンは、ジェロニモンと言われなければ分からないぐらい、かなり禍々しいデザインになっていますね。
ネクサスの必殺技音声は「クロスレイ・シュトローム」で、サイバージェロニモンは共通音声でした。

サイバーカード カードダス8
ウルトラマンビクトリー」&「サイバー恐竜戦車」です。
どちらも今回が初登場ですが、サイバー恐竜戦車という名前のインパクトは凄いですね・・・w
(見た目も完全にメカ怪獣と化していますが)
ビクトリーの必殺技音声は「ビクトリウムシュート」で、サイバー恐竜戦車は鳴き声付きでした。

以上が、サイバーカード カードダスコレクションの軽いレビューになります。
今の段階ではここだけでしか手に入らないキャラクターが多いですし、コンプもしやすいので、
もし見かけたら9回連続で回してみることをお勧めします。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|21:50

ウルトラマンX(エックス) 第3話感想(ややネタバレあり)

本日、第3話「夜を呼ぶ歌」が放送されました!

冒頭からグルマン博士のファントン星人らしさが炸裂していましたが、
あの大食い+昼寝キャラは、これからも何度か描写されそうですねw
お話としてはアスナ隊員の女性らしさが垣間見えましたが、厳しく接しながらもフォローを忘れない橘副隊長、
ワタル隊員とハヤト隊員のライバル関係ながらも意外と仲が良さそうな描写、
ルイのセンスに付いていけないマモルなど、各メンバーの個性が段々と出てきたのも良かったですね。

そんなグルマン博士も新兵器「ウルトライザー」を開発し、ワタル隊員も子供のようにはしゃいでいました。
Xioの要とも言えるグルマン博士ですが、エックスの光線を早くも解析してしまうのは流石w
その威力もかなりのものでしたし、ワタル隊員は射撃の名手として今後の活躍にも期待できそうです。
ランドマスケッティと上手く連携すれば、防衛チームでも類を見ないほどの戦力になるのではないでしょうか。

さて、今回の敵である謎の地底女ですが。
既に都市伝説として認知されていた所や、大地の解説を聞く限りでは、やはり元からこの星に住んでいた者なのでしょう。
初代ウルトラマンの地底人へのオマージュ描写もたっぷりでしたし(走りながらの高笑いなど)、
そのオチまで含めて実に不気味な存在でした。
地上に攻撃をかけた理由も含めて、ウルトラシリーズらしいなぁ~と。

テレスドンはウルトラマンパワード以来となる夜の市街地戦を披露してくれましたが、
やはりあのフォルムはナイトシーンがとても似合いますね。
下からの光源で尖った口先までクッキリと浮かび上がりますし、ギラリと光る眼もよく強調されています。
デザイン自体はとてもシンプルですし、周囲の環境次第で更にかっこよくなる怪獣の筆頭ではないかと。

お得意の火炎攻撃も健在でしたし、地底を掘り進む能力がある怪獣なので、
それを新解釈しての新技まで披露してくれたのにはビックリでした。
ゴモラの超振動波もそうですが、後付けでも理にかなった能力であるのはとても嬉しいです。
(そういえば、大怪獣バトルNEOでも似たような動きをしていたような)

新登場のエレキングアーマーも、エレキング好きなルイの趣味満載で面白かったですね。
エックスのコメントも一々面白いですし、エレキング電撃波で周囲の建物の灯りがちゃんと反応している描写もお見事!
ある意味ウルトラゾーン以来となる、エレキングVSテレスドンの夜の市街地戦が実現した瞬間でしたね。
その効果音も含めて、改めて田口監督の拘りを感じさせられました。

しかしウルトラマンエックス、本当に良いキャラをしていますよね。
今回はとにかく彼の反応に笑えました。
デリカシーが無く、意外と繊細で、それでもやたら元気で、とにかく喋りまくるウルトラマン。
ウルトラマンゼロが仮にTVシリーズ化していたら、ああいう場面がたくさん見られたんだろうな~と。
これからも大地とのデコボコ?コンビっぷりに期待です!
ウルトラマンX テレスドン


1話~3話は田口監督のパイロット版とも言えるお話が続きましたが、
やはり「怪獣」という存在を真正面から描いてくれる点が最大の見所でした。
世界観の説明やメインキャラクターの紹介、ウルトラマンエックスのアーマーなど新しい要素の披露。
そんなエックス独自の要素もたくさん詰め込まれていましたが、
それでいてお話自体も面白いのは本当に凄いことだと思います。

さて、次回からは坂本浩一監督によるお話が2話連続で続きます。
Xioが大活躍する予定の第4話目、その監督のコメント付き予告編もyoutubeで公開されているので、ぜひご視聴して下さい。
youtubeでは、前回のお話も期間限定で配信中です。




にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|19:57

「劇場版ウルトラマンギンガS 決戦!ウルトラ10勇士!!」のBlu-rayメモリアルBOXを入手

劇場版ウルトラマンギンガS
「劇場版ウルトラマンギンガS 決戦!ウルトラ10勇士!!」のBlu-rayメモリアルBOXを購入しました。
購入したのはamazon限定の特製アートカード付きバージョンで、ポスターデザインのアートカードが付属していました。
中身は本編と、特典映像のブルーレイディスク2枚組ですね。

本編は劇場公開以来の視聴となりますが、60分間という短い時間でよくあれだけのキャラクターに見せ場が作れたなーと。
坂本浩一監督曰く、ブルース・リーの「死亡遊戯」のような作品をやりたい!という所から始まった企画らしいですね。
付属ミニブックには一条寺友也による映画登場キャラの解説が記載されていたり、
新たにUPGに加わったショウ、サクヤ、マナのインタビュー記事があったりと楽しい構成になっています。
(特にマナが飼い始めたペットの話題が面白いw)

他にも出演者による寄せ書き、デザイン画集、絵コンテの一部が公開されていたり、
脚本家の小林雄次さんと中野貴雄さんによる裏話も、多数掲載されていました。
(以前にこのブログで取り上げた、ラゴラスエヴォの出演案があったことにも触れられていますね)

映像特典では特撮と本編のメイキング映像、坂本浩一監督のインタビュー映像、
和気藹々とした撮影の裏側が垣間見えるメインキャストオールアップ集、
アレーナが身に着けている衣装の裏話、特撮セットの青空ホリゾントができるまでを撮影したメイキング映像、
youtubeでも公開されたULTRA HEROES 10COUNTの映像など、本編より長い特典映像で盛り沢山な内容でしたw

ウルトラマンティガ、ウルトラマンダイナ、ウルトラマンガイア、ウルトラマンコスモス、ウルトラマンネクサス、
ウルトラマンマックス、ウルトラマンメビウス、ウルトラマンゼロ、ウルトラマンギンガ、ウルトラマンビクトリー。
そして新たな合体戦士、ウルトラマンギンガビクトリーまで登場した非常に質の高いヒーローアクション映画である本作。
それがようやくブルーレイソフトになりましたし、時間も短く少し空いた時間にサクっと視聴できるので、
何度も見返して平成ウルトラマンの軌跡を味わいたいと思います。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|00:30

ウルトラマンXと連動、7月分の新作ソフビ人形などを購入!

では、引き続き新作ソフビ人形をご紹介します。
今回は2体が同時発売となりました。


ウルトラヒーローX ウルトラマンエックスエレキングアーマー
ウルトラヒーローX 03 ウルトラマンエックス(エレキングアーマー)
サイバーカードの力を使い、エックスがエレキングのアーマーを装着した姿です。
ゴモラーアーマーと同じく、アーマーを装着しているエックスにはサイバーカードは付属しません。
こちらは電撃銃を右腕に装着し、左肩にエレキングの頭部に似た形の鎧が出現していますね。

ウルトラヒーローX ウルトラマンエックスエレキングアーマー0
背面です。
ライブサインは通常のエックスとは異なるもので、エレキングアーマー専用のものになっていました。

ウルトラヒーローX ウルトラマンエックスエレキングアーマー1
電撃銃には、Eのマークが刻まれています。
エレキングアーマーは、次回の第3話から登場になりますね。


ウルトラ怪獣X ザラブ星人
ウルトラ怪獣X 03 ザラブ星人
ウルトラマンX本編に登場するであろうキャラクターなのか、ザラブ星人も500ソフビシリーズで遂に商品化されました。
これはウルトラマンメビウスに登場したザラブ星人を改造して、初代風に近付けたスーツを元に造形されていますね。
ウルトラ銀河伝説の時に活躍したスーツと言えば分かりやすいでしょうか?
(何気にこのスーツは初商品化だったはずです)
頭部しか塗装されていませんが、色分け的に違和感はありませんね。

ウルトラ怪獣X ザラブ星人0
背面です。
両腕と腰が可動します。
ライブサインはDXギンガスパークなどにも対応しており、足音のような共通音が鳴りました。
ファントン星人もそうでしたが、過去キャラクターはDXエクスデバイザー以外にも対応しているのが嬉しいですね~。


サイバーカード アパレル
そして、神戸のウルトラマンオフィシャルショップでは、ウルトラヒーローの特製タオルも購入しています。
他にも子供服などがありましたが、それらには限定サイバーカードが付属しているのです。
(カードは全て同一のものだったので、今回はタオルを購入してきました)

サイバーカード アパレル0
ザラブ星人のサイバーカードと一緒に撮影。
アパレル付属カードは紙製で、一部が箔押し仕様になっているので綺麗です。
ウルトラ6兄弟とエックスという、豪華な顔ぶれになっていますね~。

サイバーカード アパレル1
アパレル付属カードの裏面は、カードダスなどと同じ仕様のものになっていました。
音声は「ウルトラヒーロー」で、光線は技名無しのスペシウム光線。
更に「ウルトラマンX、オシャレ」という特別音声も入っていましたw

指人形 ウルトラマンエックス、デマーガ
最後はオフィシャルショップ限定の新作指人形です。
ウルトラマンエックスとデマーガも、このシリーズの仲間入りを果たしました。
指人形は何気にどんどん増えていますよね・・・
ギンガSからも、怪獣ではシェパードンやビクトルギエルが発売されましたし。

指人形 ウルトラマンエックス、デマーガ0
背面です。
デマーガはディテールが良い感じ。
さあ、届いたウルトラ10勇士のBlu-rayも早く視聴しないと・・・w


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|00:52

ウルトラマンフェスティバル&公式店限定 ウルトラマンXの限定ソフビを入手!

神戸
本日は兵庫県に用事があったので、そのついでに神戸港へと立ち寄ってきました。
何度来ても良い場所ですね~。
バルゴンにスペースゴジラにキングジョーに宇宙人連合にUキラーザウルスに・・・
数々の怪獣が襲った「聖地」でもあります。

神戸0
そしてモザイクにあるM78ウルトラマンショップも、改装されて入り口が二ヵ所に増えていました。
大きなウルトラマンの胸像も設置されていましたね~。
ここでグッズを色々と購入しましたが、今回はウルトラマンフェスティバル限定ソフビ3種類をご紹介します。


ウルフェス限定 ウルトラマンエックス ユナイトブルーver
スペシャル限定 ウルトラマンエックス ユナイトブルーVER.
ウルトラマンエックスのリペイント商品で、成型色はサイバーなイメージなのかクリアブルー仕様になっています。
各部も薄いメタリックブルーで塗装されているので、とても涼しげで良い感じです。

ウルフェス限定 ウルトラマンエックス ユナイトブルーver0
背面です。
ライブサインはDXエクスデバイザーに読み込ませると、通常のエックスと同様に変身音声が鳴り響きました。
ヒーロー解析モードでは、読み込ませると最初に「スペシャル限定」という音声が加わります。


ウルフェス限定 ファントン星人 クリアオレンジver
スペシャル限定 ファントン星人 クリアオレンジVER.
こちらもファントン星人のリペイント商品で、成型色がクリアオレンジになっていますね。
各部の塗装もメタリックカラーに変更されていますが、そのせいで歯がギラギラ輝いていて面白いですw

ウルフェス限定 ファントン星人 クリアオレンジver0
背面です。
第2話の、透明になってしまったグルマン博士をイメージしているのかも・・・?
ライブサインをDXエクスデバイザーに読み込ませると、最初に「スペシャル限定」という音声が加わりました。
その影響か、こちらはDXギンガスパークなどでは読み込めませんでしたね。


ウルフェス限定 タイラント メタリックブルーver
スペシャル限定 タイラント メタリックブルーVER.
最後はウルトラ怪獣DXのタイラントのリペイント商品で、全身がブルーに輝いていますね。
成型色は濃い目のブルーで、各部がメタリックブルー塗装でギラギラとしています。

ウルフェス限定 タイラント メタリックブルーver0
元から出来の良かったソフビだけに、こうやって再販されたのは嬉しいですね。
ウルトラマンエックスと合わせて、非常に涼しげなカラーリングになっています。

ウルフェス限定 タイラント メタリックブルーver1
横から。
ウルトラ怪獣DXなので結構大きめです。

ウルフェス限定 タイラント メタリックブルーver2
後ろから。
どこから見ても涼しげです。
これもサイバー怪獣をイメージしたカラーリングなのかな?

ウルフェス限定 タイラント メタリックブルーver3
瞳やお腹の中央のみ、元のカラーで塗装されていますね。
ライブサインはファントン星人と同じく、最初に「スペシャル限定」という音声が加わります。
また、こちらもDXギンガスパークなどには対応していませんでした。


サイバーカード ウルフェス限定ソフビ
こちらはそれぞれのソフビに付属している、限定サイバーカードです。
全てプラスチック製で、名前の下に「SPECIAL」という文字が付け加えられていますね。
今の所、タイラントはここでしか手に入りませんし、何よりイラストがかっこいいのでオススメです。

サイバーカード ウルフェス限定ソフビ0
こちらもソフビのライブサインと同様に、最初に「スペシャル限定」という音声が加えられます。
タイラントは専用必殺技音声が無く、通常のキャラと同じ攻撃音でしたね。


以上が、今年のウルフェス限定ソフビになります。
限定ソフビがこれ以上増えるかどうかは、現状ではまだ分かりません。
これらは各地のウルトラマンオフィシャルショップでも販売されています。
明日は新作ソフビと、オフィシャルショップで購入したものを一緒に取り上げる予定です。

youtubeでは、期間限定でウルトラマンXの第2話が公開中です。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|20:39

ファミリーマート限定配布、「ウルトラ食堂」を買うと貰えるサイバーカードを入手!

http://www.family.co.jp/campaign/nfesta/

一昨日から、全国のファミリーマートにて「ファミマ夏フェスタ」が開催されています。
以前にも行われたウルトラマンとのコラボ企画で、1度の買い物で700円以上買うと、その場でくじが引けるキャンペーンですね。
他にもスタンプラリー企画も開催していますし、私も近所のファミリーマートに早速行ってきました。

サイバーカード ウルトラ食堂
少し前から発売されているカップ麺「来たぞ我らの!ウルトラ食堂」も店頭に陳列されていました。
これは醤油ラーメンと豚骨ラーメンの2種類が発売されていまして、マルちゃん製なので味の方も美味しかったです。
(成人男性にすれば、量がちょっと少ないかな?とは思いましたが)
更に7種類のデザインがあるフタの部分を、専用アプリをダウンロードした状態でスマートフォンで読み込むと、
それぞれのキャラクターの動画コンテンツなどを見ることができるそうです。
http://www.maruchan.co.jp/news_topics/entry/2015/06/post_1098.html

サイバーカード ウルトラ食堂0
そしてキャンペーン中にファミリーマートでウルトラ食堂を買うと、その場で限定サイバーカードも配布されます!
キャラクターはウルトラマンX ゴモラアーマーで、絵柄なども専用のものになっていました。
こちらもプラスチック製ではなく紙製で、イオン限定配布のものと似たような仕様でしたね。

サイバーカード ウルトラ食堂1
エレキングアーマーと同様に、エックスとアーマーになる怪獣のカードを組み合わせたような音声になっていましたね。
必殺技音声は、当然ながら「ゴモラ振動波」でした。

http://m-78.jp/news/n-3221/
本日はウルトラマンXの公式HPにて、来年春に「劇場版ウルトラマンX」が公開されると発表されましたし、
明日からはウルトラマンフェスティバル2015が開催され、更にウルトラマン関連グッズも色々と発売される予定です。
そして明後日にはウルトラマンXの新ソフビなども出るという。

明日はウルトラマンXの第2話のネット配信も控えていますし、この週末は物凄いウルトラマン漬けになる予感w
とりあえず、明日は神戸のオフィシャルショップに行って、ウルフェス限定ソフビを買ってきまーす!


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|18:00

ウルトラマンX(エックス) 第2話感想(ややネタバレあり)

本日、第2話「可能性のかたまり」が放送されました!

今回は序盤で基地に見学者を招き、そこでXioの説明をするという描写がありましたね。
視聴者的にも分かりやすいですし、今の時代ならではの演出も交えていたので、画面的にも面白かったです。
そしてファントン星人グルマン博士も初登場。
見た目はインパクト抜群ですが、大人の科学者なので中身はしっかりしていましたね。
ただしファントン星人特有のダメな点もしっかり描かれていましたがw

グルマン博士は宇宙人でありながら、既にXioの内部では、かなり頼りにされている存在になっているんですね。
番組的には初登場であるにも関わらず、全ての登場人物とごく自然に接していたのは面白い点だと思います。
大地とエックスの関係も非常に良好で、どちらも既に番組中盤であるかのような馴染み具合。
これがウルトラマンXの世界観なんですね~。

バードンも「実にバードン」という描写ばかりで、人を襲い、火を吐き、空を飛び回り、更に猛毒もガンガン使うという。
今回初めて描写された「巣作り」や、鳥らしい「首の動き」には驚かされました。
更に元から高温地帯に潜む怪獣だけに、その卵の孵化のさせ方も「そうきたか!」と。
スカイマスケッティとの空中戦も、ウルトラマンメビウスから9年経って色んな技術が進歩したんだなーと、
改めて感じさせられる素晴らしい出来栄えでした。
(もちろん演出の良さも合わさっての結果ですが)

劇中で隊長や副隊長が話していましたが、怪獣撃破だけがXioの任務ではありません。
怪獣を退治するのは、あくまで人の命に危機が迫った場合のみ。
しかし今回現れたバードンは肉食性で、更に子供を産んで数を増やそうとする明確な意思がありました。
駆除対象の生き物の数を減らす場合、まずは雌の個体を減らすのがセオリーというもの。
まさか、第2話にしてここまで怪獣退治に対する姿勢を描いてくれるとは思いもしませんでした。
(あえて2話目に共存不可能な怪獣であるバードンを持ってきたのも、これをやりたかったからなんでしょうね)

グルマン博士とxioの技術、そして主人公の大空大地とエックスの力がクロスし、
遂にウルトラマンエックスゴモラアーマーもお披露目となりました。
鎧に対するエックスのコメントも楽しいですし、ああやってウルトラマンを驚かせるという描写も新鮮ですね~。

怪獣をスパークドールズにしてしまうその力、人形になった状態では果たして生きていると言えるのか。
そこに対するツッコミもありましたし、それに対する大地の前向きな考え方もお見事でした。
1話と合わせて、たった2つのエピソードで「この番組がどういう作品であるのか」を提示してくれたウルトラマンX。
TVシリーズにしては高い水準の特撮も相まって、私的には早くも「お気に入りの作品の一つになった」と胸を張って言えます。
ウルトラマンX バードン


ウルトラマンガイアやウルトラマンコスモスなど、これまでのシリーズにも怪獣と共存するというテーマが何度かありましたが、
ウルトラマンXは「怪獣を人形にできる」という新たな要素が加わって、それらとは違う答えを一つ提示してくれましたね。
人形にしているのは、あくまで解決策を見出すまでの間だけ。
しかも理想論などではなく、しっかりとした考え方で未来を見据えているのが大地の良いところだと思います。

さて、次回はテレスドンが夜の市街地で大暴れ!
更に謎の地底人まで登場するなど、早くもバラエティに富んだ1話完結エピソードの開始です!
youtubeでは前回のお話と、監督のコメント付き次回予告が公開されています。




にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(10)トラックバック:(0)|19:50

イオン限定配布、「ウルトラスタミナ丼」を買うと貰えるサイバーカードを入手!

本日はイオンとウルトラマンXのコラボ商品、「ウルトラスタミナ丼」を購入してきました。
こちらは全国のイオン系列店で、2015年7月18日(土)~7月24日(金)まで販売されている特製お弁当です。


ウルトラスタミナ丼 サイバーカード
基本的に、食料品コーナーのお弁当売場に置いてあるみたいですね。
私が行ったお店では、専用POPがあったので非常に目立っていました。
そして、パッケージの右上にある引換券を所定の場所で提示すると、限定サイバーカードが配布される仕組みです。
(提示する場所は、お店によって異なるので注意!)

ウルトラスタミナ丼 サイバーカード0
こちらがお弁当の中身です。
少々お高いですが、中には3種類の焼き肉が入っており、味も良かったので個人的には満足しました。
その日によって作られる数が決まっているそうなので、欲しい方はできるだけ早い時間に狙った方が良いかと。

ウルトラスタミナ丼 サイバーカード1
そして、こちらが限定サイバーカードの「ウルトラマンX エレキングアーマー」です。
絵柄やカードナンバーも、専用のものになっていますね。
ちなみに、こちらはプラスチック製ではなく紙製でした。

ウルトラスタミナ丼 サイバーカード2
裏面です。
音声もエレキングアーマー専用のものになっており、エックスの掛け声とエレキングの鳴き声を聞くことが出来ます。
必殺技は、エレキング電撃波でした。


さあ、明日はウルトラマンX第2話の放送日。
そして、ウルトラマンとファミリーマートのコラボ企画の開始日です!
(こちらでも、限定サイバーカードの配布があるんだとか)


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|19:40

【動画投稿】 ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻 part43

第1回目の記事はこちらになっています!
http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1466.html


ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻43
http://www.nicovideo.jp/watch/sm26732867

私の手書きイラストによるゆっくり怪獣解説動画の第四十三回目を投稿致しました。
第四十三回目はウルトラマンレオより、「円盤生物 星人ブニョ」をご紹介。

ということで、連続して取り上げてきたウルトラマン凍結ネタも、今回で一旦終了となります。
トリを飾るのは、ブラック指令と共にレオをバラバラにしてしまった立役者、星人ブニョ!
「力は無いが、知恵はある」という言葉を体現するかのようなキャラクターで、
蟹江敬三さんの演技も加わってとても存在感があったと思います。

一見すると頼りなく見えるブニョですが、その猟奇的な性格はシリーズ屈指の危険さを感じさせられます。
妙にノリノリなブラック指令、そしてレオが切り裂かれる横で踊り狂う星人ブニョ。
恐怖の円盤生物シリーズは演出にとても力が入った名作揃いでしたが、このお話も一度見たら忘れられませんw

レオもシリーズ最大のピンチに追い込まれてしまいますし、
ウルトラマンキングが手を貸してくれなければ、最終回を前にして番組が終わっていたことでしょう。
お話の方も、何気に最終回に繋がる要素が少しだけ入っているので、
実質的な最終回の前編と言っても良いのかもしれません。

今回も面白いと感じて頂けたら動画へのコメントや、マイリスト登録して頂けるとありがたいです。
では、お楽しみ下さいませ~
youtubeでは、「ゆっくり霊夢とやる夫が学ぶ 昆虫大百科 part22」を投稿しております。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|16:09

ウルトラマンX(エックス)第1話がネット配信開始&突如、新作ウルトラマンの映像が公開!?


youtubeのウルトラチャンネルにて、ウルトラマンXの第1話が配信開始となりました。
何時も通りなら1週間限定配信でしょうし、視聴はお早めにどうぞ。
怪獣と防衛チームと特撮とウルトラマンの魅力がたっぷり詰まった、素晴らしい1話目に仕上がっています!




さて、本日は昼頃に、同じくウルトラチャンネル内に謎の動画がアップされ、ネット上でも大反響を呼んでいますね。
そのタイトルは「ULTRAMAN_n/a」。
n/aという言葉は「Not applicable」、つまり「該当無し」という意味になるそうです。
これまでのどのウルトラマンにも属さない、全く新しい存在ということになるのでしょうか?

動画の方を見ると、実写とCGを組み合わせて、まるでハリウッド映画のような大迫力の映像に仕上がっています。
渋谷の街で、ウルトラマンと怪獣が大激突。
内容的にはその一言で済みますが、この短い時間の間に言葉では言い表せないような、
とても嬉しい感情が私の中で込み上げて来ました。

フルCGという点に拒否反応を示す人も居るでしょうが、
私的は間違いなく死ぬまでに見たかったウルトラマンの姿の一つです。
何時か超大作クオリティの映像でウルトラマンと怪獣が戦う姿を見てみたかった。
そんな夢の一つが叶った気がします。

ULTRAMAN na
映像に登場したウルトラマンは、明らかに初代ウルトラマンをモチーフとした姿ですね。
その口元が動き、体表も生々しいイメージに仕上がっていますし、
やはりウルトラマンの初期に活躍したスーツのAタイプがモデルになっているのでしょうか。
全身も光沢感と金属感のある、皮膚とも取れるような質感になっていますね。

ULTRAMAN na0
そして敵怪獣は、頭部のデザインや赤く明滅する器官などを見る限りでは、
明らかに変身怪獣ザラガスがモチーフになっていますね。
ベムラーでもバルタン星人でもなく、ザラガスというチョイスがこれまた凄いw
近年のシリーズでも活躍している怪獣だけに、全く違うアプローチで映像化されると「こうなるのか!」という驚きがありました。

ちなみに、この映像を見て早速円谷プロダクションに問い合わせたニュースサイトも存在しています。
http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0717/blnews_150717_4858283272.html
ここの記事によると、まだ情報は解禁できない段階にありながら、最後に出た「7.7」という数字は、
円谷英二さんの誕生日にあやかった7月7日という意味であることが明かされていますね。
来年はウルトラマン50周年という記念すべき年ですし、一体何が起きようとしているのでしょうか。

最初はゲームやぱちんこなどのPVかな?と思ってしまいましたが、
この力の入れ具合や「意味深な英語のメッセージ」の数々を見ていると、
初代ウルトラマンのリブート作品を作るのかな?という気がしますね。
映像クオリティもTVシリーズというよりは明らかに劇場用作品でしょうし、今後の続報がとても待ち遠しいですね。
これはあくまでファンに向けてのPVというお話なので、今はこの映像を繰り返し視聴しつつ待ちたいと思います。

ウルトラマンXに続き、まさかの配信となった謎のウルトラマンムービー。
もしかすると今年と来年は、ウルトラファンとしては最高の年になるかもしれません。
ほぼ全編に渡ってドキドキワクワク、思わず童心に帰ってしまった素晴らしいムービーでした。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(7)トラックバック:(0)|18:01

S.H.MonsterArts ゴジラ2014 Spit Fire Ver.(限定商品)

では、本日二度目の記事更新となります。
ゾフィーと共に、魂ウェブ商店限定のS.H.MonsterArts(エス、エイチ、モンスターアーツ)の最新作が到着しました。

モンスターアーツ ゴジラ2014 スピットファイアーバージョン
ゴジラ2014 Spit Fire Ver.
ゴジラ2014のリカラー商品です。
今回は熱線を発射するシーンをイメージして、一部がリペイント仕様になっています。

モンスターアーツ ゴジラ2014 スピットファイアーバージョン0
通常版に比べると、全体的に色合いが暗めになっているかもしれません。
(個体差の可能性もありますが)
特にモスグリーンが強い気がしますね~。

モンスターアーツ ゴジラ2014 スピットファイアーバージョン1
横から。
背びれが青白く光っているのが、通常版と一番異なっている点ですね。

モンスターアーツ ゴジラ2014 スピットファイアーバージョン2
背面です。
造形や可動範囲などは、特に変更点は無いと思われます。

モンスターアーツ ゴジラ2014 スピットファイアーバージョン3
相変わらず、喉からお腹にかけてのディテールが素晴らしいと思います。

モンスターアーツ ゴジラ2014 スピットファイアーバージョン4
今回はほぼ全身がクリアパーツ製のようで、背びれを光に透かせると、とても綺麗なんですよね~。
この仕様で平成版ゴジラも出し直して欲しいかも・・・w

モンスターアーツ ゴジラ2014 スピットファイアーバージョン5
こちらは付属台座です。
デザインも専用のものになっていますね。

モンスターアーツ ゴジラ2014 スピットファイアーバージョン6
そして衝撃の付属パーツ、MUTO(ムートー)雌の顔面ですw
劇中でゴジラがトドメをさした時に、掴んだままだったムートーの顔を放り投げるシーンがありましたが・・・

モンスターアーツ ゴジラ2014 スピットファイアーバージョン7
それを再現する為か、右手と一体化した状態で商品化されました。
いや、素晴らしい出来ではあるんですけど使いどころが無さすぎる気がw

モンスターアーツ ゴジラ2014 スピットファイアーバージョン8
口内までしっかり作り込まれています。
ムートーの歯をじっくりと観察できる貴重?なフィギュア。

モンスターアーツ ゴジラ2014 スピットファイアーバージョン9
うーん、造形も塗装も凝りに凝ったオマケでした。

モンスターアーツ ゴジラ2014 スピットファイアーバージョン10
そして、付属台座と支柱を使って、放射熱線のエフェクトパーツを使用することが出来ます。
ちゃんとゴジラ2014の熱線らしい形状になっていますね。

モンスターアーツ ゴジラ2014 スピットファイアーバージョン11
これを発射するまでの一連の流れは、あの映画最大の名シーンの1つでしたね。

モンスターアーツ ゴジラ2014 スピットファイアーバージョン12
以上が、ゴジラ2014 Spit Fire Ver.の軽いレビューになります。
こちらはリカラー商品でしたが、背びれの綺麗さに惚れ込んでしまいました。
個人的には、こちらの方が通常版よりも気に入りましたね~。


そして、魂ウェブ商店ではモンスターアーツの新作が予約開始となりました。
モンスターアーツ キングギドラ
http://p-bandai.jp/tamashiiwebshouten/item-1000098135/

S.H.MonsterArts キングギドラ Special Color Ver.
発売予定:2015年12月発送予定
税込価格:14904円
◆商品内容
・本体
・光線エフェクトパーツ
・エフェクトパーツ用台座
・エフェクトパーツ用支柱3本
・飛行用専用ロゴ入り台座
・KIDS

こちらも、キングギドラの実質的な再販となるのでしょうか。
全体的に色味が鮮やかになり、ポスター版を再現できる引力光線のエフェクトや専用台座、
そしてKIDSがオマケに付いてくる仕様だそうです。
メカキングギドラに付属しなかったKIDSが、ここに来て商品化とは。
うーん、とりあえず買っておこうかな?


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|21:33

ULTRA-ACT ゾフィー -ウルトラマンメビウスSpecial Set-(限定商品)

魂ウェブ限定商品の、ULTRA-ACT(ウルトラアクト)最新作が到着しました。
今回商品化となったのは、こちらのキャラクターになります。

ウルトラアクト ゾフィー ウルトラマンメビウススペシャルセット
ゾフィー -ウルトラマンメビウスSpecial Set-
入手困難だったゾフィーが、ウルトラマンメビウスバージョンとして事実上の再販となりました。
本体そのものは、以前に発売されたゾフィーとほぼ同じ仕様ですね。
大きさや塗装など、特に大きな変更点は無いと思われます。

ウルトラアクト ゾフィー ウルトラマンメビウススペシャルセット0
背面です。
ブラザーズマントに接続するパーツが、初版のものよりもポロリと取れにくくなっているかも?

ウルトラアクト ゾフィー ウルトラマンメビウススペシャルセット1
画像では青ですが、カラータイマーは赤いものも付属します。
可動範囲なども特に変更点は無さそうなので省略。

ウルトラアクト ゾフィー ウルトラマンメビウススペシャルセット2
お馴染みの「M87光線」エフェクトパーツと、腕に取り付けるサイクロンエフェクトも健在です。
しかしVサイン手首やファイヤーヘッドエフェクト、ベーターカプセルなどの付属品はオミットされていました。

ウルトラアクト ゾフィー ウルトラマンメビウススペシャルセット3
こちらは今回の新規付属品、「イカヅチ」です。
劇中では科学特捜隊時代のサコミズが搭乗し、ゾフィーと運命の出会いを果たした一連のシーンに登場。
とても印象的な場面だっただけに、ウルトラアクトのオマケで立体化したのは嬉しいですね。

ウルトラアクト ゾフィー ウルトラマンメビウススペシャルセット4
見た目はいわゆる宇宙ビートル。

ウルトラアクト ゾフィー ウルトラマンメビウススペシャルセット5
ゾフィーと出会うからか、赤いラインが二重線になっているのもイカヅチのポイントです。

ウルトラアクト ゾフィー ウルトラマンメビウススペシャルセット6
ちょっとピンボケな後ろ側。

ウルトラアクト ゾフィー ウルトラマンメビウススペシャルセット7
そして個人的に一番注目していたのが、この「ファイナルメテオール」です!
ウルトラマンメビウスの最終決戦に登場し、人類側の最終兵器として大活躍した装置なので、
まさかの立体化に驚いてしまいました。
造形も非常にシャープで、劇中通り「回転」するギミックもあるので面白いんですよねー。

ウルトラアクト ゾフィー ウルトラマンメビウススペシャルセット8
これだけ見ると、一体何の作品に登場した物体なのかが分からない人も多そう・・・w

ウルトラアクト ゾフィー ウルトラマンメビウススペシャルセット9
後ろ側には、光線を吸収する?青い部分があるんですねー。

ウルトラアクト ゾフィー ウルトラマンメビウススペシャルセット10
ウルトラマンメビウス(メビウスフェニックスブレイブ)はまだアクト化していないので、
とりあえずゾフィー隊長一人で使用。

ウルトラアクト ゾフィー ウルトラマンメビウススペシャルセット11
ウルトラ怪獣シリーズのエンペラ星人とも、サイズがほぼピッタリです。
フェニックスブレイブとエンペラ星人は、是非ともアクト化して貰いたいものです。

ウルトラアクト ゾフィー ウルトラマンメビウススペシャルセット12
以上がゾフィー -ウルトラマンメビウスSpecial Set-の軽いレビューになります。
事実上の再販だったので、既にゾフィーを所持していた身としてはそれほど見所はありませんでしたが、
イカヅチやファイナルメテオールの立体化は、メビウスファンとしてはとても嬉しかったです。
本日は、夜にもう一つ記事を更新する予定です。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|18:46

ウルトラマンX(エックス)と連動、ウルトラ怪獣Xの最新作が予約開始!

ホビーネットにて、ウルトラ怪獣Xの最新作が5点予約開始となりました。


ウルトラ怪獣X0

9月発売予定
・ウルトラ怪獣X 06 サイバーゴモラ

10月発売予定
・ウルトラ怪獣X 08 メカゴモラ
・ウルトラ怪獣X 09 ゴメス(S)


11月発売予定
・ウルトラ怪獣X 10 キングゲスラ
・ウルトラ怪獣X 11 ピグモン



いずれもサイバーカード付きだそうです。
1話目でチラっと登場していたサイバーゴモラは、9月から本格的に番組の方へと登場しそうですね。
そしてメカゴモラ、ゴメス(S)、キングゲスラ、ピグモンも500ソフビの仲間入り!
いずれもスーツが現存しているキャラクターですし、番組への登場も期待できそうです。

更に9月にはウルトラマンXのバリエーションキャラクターが2体新怪獣が1体
10月には新怪獣が1体とDX枠で新怪獣が1体、11月にはDX枠で新怪獣が1体と、発売が予定されているそうです。
いずれもまだ予約開始前なので伏せておきますが、
シリーズ後半に向けて、かなり盛り上がりそうな面々なのでとても楽しみですね。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|19:38

ウルトラマンX(エックス) 第1話感想(ややネタバレあり)

本日、第1話「星空の声」が放送されました!

感想としては超面白かったです。
ウルトラマンエックスと激突し、ウルトラフレア発生の原因ともなった謎の存在。
そしてウルトラフレアにより、世界中でスパークドールズから解放されて巨大化した怪獣軍団!
それに対抗する人類!
そしてウルトラマンへと変身する、主人公の大空大地!!

ウルトラマンXは旧来の怪獣も登場する中、全く新しい世界が舞台なので、
ある程度世界観の説明が必要だと思っていましたが、もうこの「掴み」の上手さでそんな不安は吹き飛んでしまいました。
世界中に現れた怪獣たちの映像はほんの一瞬でしたが、
どれも実際のTVカメラで撮影されたような臨場感がとても素晴らしかったです。
特にパリの凱旋門に現れたシーンは、キャラクターチョイス的にも「怪獣総進撃」へのオマージュでしょうねw

オープニング映像にも登場した怪獣軍団、中にはエックスがこれから戦う敵も居たので、
彼らもいずれエックスと戦う日が来るのでしょうか?
それとも怪獣総進撃シーンとオープニングのみの登場?
大空大地の過去やウルトラフレアの謎、サイバー怪獣実験の継続など、
今後をワクワクさせるような要素がたっぷりと詰まった第一話だったと思います。

スパークドールズはウルトラマンギンガシリーズとは全く異なる設定ながらも、
今回はXioの端末である程度の感情を読み取れるので、
それが今度どうやって活用されていくのかがとても楽しみですね。
1話目からゴモラのおかげで隊員の危機を救えましたし、今後の展開次第では、
大地はレイに続く新たなゴモラ使いになるのかも?

そして新怪獣デマーガですよ!
あの王道というかド直球なフォルム、能力、そして大暴れっぷり!
誰がどう見ても怪獣だと分かる見た目に放送開始前から惚れ込んでいましたが、
劇中で動く姿を見て更に気に入ってしまいました。
全身から火球を撃ち出して周囲が大爆発、正に「生きている火山」のようでした。

怪獣出現の前兆というお約束シーンもありましたし、Xioの反応やその対応も含めて、
怪獣が自然災害のような存在として描写されているのがとにかく嬉しいです。
大地の解説通り、デマーガはあの世界に元から住んでいた怪獣だったんですね~。
(ああいう過去の資料を調べて怪獣の正体を知るというシークエンスも、実に王道です)
デマーガの見た目もああですし、ゴジラオンリーな方にも胸を張ってお勧めできる存在だと思います。

特撮シーンも凝りに凝ったシーンが多く、超アオリでビル街を進撃するシーンは思わず鳥肌が立ちました。
本物のナパームを使っていたので、怪獣の脅威がより強調されていましたし、
オープンセットとの相性もバッチリで、手前に居る群衆とも凄く馴染んでいたのでビックリ!
スカイマスケッティのCGもそうですが、映像の進歩も本当に凄いな~と。
TVシリーズであるにも関わらず、あの質感をCGで出せるなんて、10年前じゃ考えられなかったと思います。

そうやって王道を突き進みつつも、
エックスの無理やり感というかやけに気合だけは入っていて、少し常識がズレた独特の感性も面白く、
ウルトラマンに初変身して驚きを隠せない大地など、今までありそうで無かった描写もあったので、
新鮮な面も色々と強調されていたのも好印象でした。
これらはアーマーを装着するエックスを含めて、次回以降も毎回感じさせられそうなので期待しています。

語り出すと止まらなくなるぐらい面白かった第1話。
上でも書きましたが、掴みとしては完璧だったと思います。
youtubeでは金曜日の午後6時から配信されるそうなので、
見逃した方や放送されていない地域の方は、期待しながらお待ちください。
その期待を裏切らない、素晴らしい30分間が貴方を待っています!
ウルトラマンX デマーガ


オマケコーナーの「大地の怪獣ラボ」もありましたし、最初から最後まで怪獣漬けという凄まじいお話でした。
いやー、本当に面白かった!
ウルトラマンの一見頼りないところから、ノリ始めると一気にカッコよくなるという姿も、
初期のウルトラマンガイアを思い出してしまいました。
(サイバー怪獣実験のシーンは、ウルトラマンメビウスのマケット怪獣?)

そういった歴代シリーズのエッセンスを交えながらも、全く新しい世界観と展開を見せてくれたウルトラマンX。
これから12月の終わり頃まで、この番組を毎週楽しめるのがとても幸せです。
youtubeでは、前回のお話が配信中です。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(7)トラックバック:(0)|20:05

ウルトラマンX(エックス)に登場、「DXスカイマスケッティ」!

引き続き、ウルトラマンXの関連商品をご紹介します。
今回は防衛チームXioの、車両&戦闘機の玩具です。

DXスカイマスケッティ
DXスカイマスケッティ

Xioの車両「ジオアトス」と、戦闘機のフレームとなる「ジオマスケッティ」のセット商品です。
純粋な戦闘機玩具としては、本当に久しぶりの発売となりますね。

DXスカイマスケッティ0
まずはジオアトスから。
全長7cmほどの小さなミニカーですが、一部ダイキャスト仕様のため、重量感があるのは嬉しいですね。
Xioのマークや日産のマークなど、細かい所もプリントで再現されています。

DXスカイマスケッティ1
ジオアトスそのものには特にギミックは無く、車輪で転がして遊べるただのミニカーといった印象です。
ですが塗装が細かいので、出来自体はとても良いと思います。

DXスカイマスケッティ2
後ろから。
劇中でどのような活躍を見せてくれるのか、今からとても楽しみですね。

DXスカイマスケッティ3
こちらはジオマスケッティです。
銀っぽい成型に黒と赤のライン、実に防衛チームの戦闘機らしいカラーリングだと思います。
こちらはプラ製ですね。

DXスカイマスケッティ4
裏面です。
こちらにも車輪が付いているので、転がし遊びが可能でした。

DXスカイマスケッティ5
そしてジオアトスを差し込むことで、合体完了。
こちらがスカイマスケッティ形態になります。
しかし日産車がそのままコクピットになるとは、色々と凄いことになりましたねぇw

DXスカイマスケッティ6
フォルム自体は「ダッシュバード1号」を連想させるものになっています。
そういえば、DASHの車は単体で飛行できましたね・・・w

DXスカイマスケッティ7
後ろにはブースター部分も造形されています。
形状的に、後ろに何かパーツがドッキングできそうな気がしますが果たして?

DXスカイマスケッティ8
変形ギミックの都合上、機体の各部が可動します。
ちゃんとした変形パターンについては、ジオアラミス&ジオポルトスが発売されてからご紹介します。
しかし「カチッカチッ」と、クリック関節を動かしていく感触はとても楽しいですね。

DXスカイマスケッティ9
・・・何だか、こんなロボットがどこかに居た気がw

DXスカイマスケッティ10
前面パーツを開くだけで、「ガッツウイング2号」っぽいイメージになるのも面白いですね。
もしくはクワガタムシ型のメカニック?

以上がDXスカイマスケッティの軽いレビューになります。
変形ギミックが売りなので、個人的にかなりツボに入った玩具でした。
ミニカー自体の出来も良かったですし、残り2台の発売も待ち遠しいですね。
さあ、ウルトラマンXは、いよいよ明日から放送開始です!


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|19:06

【動画投稿】 ゆっくり霊夢とやる夫が学ぶ 昆虫大百科 part22

http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1464.html
第1回目の記事はこちらになっております。


ゆっくり霊夢とやる夫が学ぶ 昆虫大百科 part22
http://www.nicovideo.jp/watch/sm26690505

ゆっくり昆虫解説動画のpart22をアップ致しました。
第二十二回目は大人気なメジャー甲虫「ノコギリクワガタ」について解説します。
オマケとして、同じクワガタムシの「ミヤマクワガタ」についても軽く触れています。

さて、近所の雑木林でもカブトムシやクワガタムシたちが元気に活動しているので、
今回はクワガタムシ特集の前編という形にしました。
まずは一番一般的に見られる、ノコギリクワガタから。
今年も既に友達と一緒に何匹か捕獲しましたが、個体によって大きさが全然違うんですよね。
性格も凶暴なものから臆病なものまで様々なので、個性があって面白い虫だと思います。

今回のやらない夫が話す数々の事柄は、私の実体験だと思って頂いて構いませんw
近所に甲虫だらけの素晴らしい森がたくさんあるだけに、夏になると、
友達と一緒に虫探しに出掛けるのがすっかり恒例行事になってしまいましたからね。
しかしミヤマクワガタは本当に見かけなくなりました・・・
この7年間ほどは、野生の個体は1匹も見ていませんからね。(地域差などもあるのでしょうが)

木の見つけ方や飼い方などは、次回の後編にて特集する予定です。
動画内でも前フリをしている通り、オオクワガタなどは次のパートまで少しお待ち下さいませ・・・

クワガタムシ解説の前編であるpart22。
では、どうぞお楽しみ下さいませ~
(面白いと思っていただければ、動画へのコメントやマイリスト登録をして頂けると有難いです)
youtubeにて、「やる夫とやらない夫がゆっくり三妖精に教える ゴジラ怪獣図鑑 part20」を公開しました。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|16:22

ウルトラマンX(エックス)のメインアイテム、「DXエクスデバイザー変身セット」をレビュー!

では、昨日から発売開始となった、ウルトラマンXのアイテムを引き続きご紹介します。
今回は、本作のメインアイテムとも言えるこちらの商品になります。

DXエクスデバイザー変身セット
DXエクスデバイザー変身セット

ウルトラマンエックスの変身道具、DXエクスデバイザーは2種類が同時発売となっています。
通常版はDXエクスデバイザーと、サイバーゴモラのサイバーカードがセットになったものなのですが、
私はそれに加えてサイバーエレキングのサイバーカードと、
ウルトラマンエックスのスパークドールズ&サイバーカードがセットになった、
豪華仕様の「DXエクスデバイザー変身セット」の方を購入しています。
(スパークドールズは通常版と同じ仕様です)

DXエクスデバイザー変身セット0
こちらがエクスデバイザー本体です。
フレームが豪華なスマートフォンといった印象でしょうか?
今回はウルトラマンの変身道具と防衛チームの端末機が、同じアイテムであるというのも新鮮ですね。

DXエクスデバイザー変身セット1
裏面にはスピーカーや電源スイッチなどがあります。
本体はそこそこ重量感があり、手にした感覚は「ネオバトルナイザー」に近いかもしれません。
(持ち方もあんな感じなので)

DXエクスデバイザー変身セット2
この「デバイザーモード」では、左のボタンを押すとナビゲーションシステムが起動し、「警戒態勢モード」が発動。
ランダムに、現在の警戒フェイズがどの状態にあるかを教えてくれます。
そして右のボタンを押せば、ウルトラマンエックスとの「通信モード」が発動。
中村悠一さんの声でエックスが喋り、左右のボタンを押すことで違う反応が返ってきます。
LEDも水色に発光し、ウルトラマンエックスの紋章が画面に浮かび上がるので綺麗ですね。

DXエクスデバイザー変身セット3
そして上部の黒い矢印があるパーツを押すと、バシャッ!とフレーム部分が展開され「Xモード」に変形します。
スパークドールズをリードしなくても、右のボタンを押せばウルトラマンエックスへの変身遊びが可能で、
LEDが7色(8色かも?)に光り輝きます。
変身完了後に左のボタンを押すと、ランダムにウルトラマンエックスの戦闘音声が流れます。

DXエクスデバイザー変身セット4
ボタンの上にあるカメラ部分で、各スパークドールズのライブサインを読み込めます。
これはデバイザーモードとXモードのどちらでも可能で、ウルトラヒーローの場合は「ヒーロー解析モード」が発動。
(ウルトラマンエックスのスパークドールズは、Xモードでスキャンすることで変身遊びが可能です)
エックス以外のヒーローの場合は、各自に用意された変身音が鳴り響きます。
(用意されていないキャラクターは、共通音声が流れます)
その後に左右のボタンでクイズ遊びが可能になり、正解するとそのヒーローの掛け声が聞けます。

DXエクスデバイザー変身セット5
怪獣のスパークドールズもスキャン可能で、この場合は「怪獣ガオディクションモード」が発動。
こちらはデバイザーモードとXモードのどちらでも、全く同じ音声が流れます。
基本はヒーロー解析モードと同じで、読み込むと各自に用意された怪獣の鳴き声が鳴り響きます。
(用意されていないキャラクターは、共通音声が流れます)
その後に右のボタンを押すとエネルギーチャージ遊びが、左のボタンを押すとトレーニング遊びが可能になります。

さて、DXエクスデバイザーに収録されているウルトラヒーローや怪獣の音声は、
基本的にはDXギンガスパークやDXビクトリーランサーとほとんど共通しているみたいですね。
なので以前に共通音声だったキャラクターは、引き続き共通音声になっているのが残念でした。
(追加音声については全てスキャン出来ていないので、引き続き確認し続けたいと思います)

しかし中には、ウルトラマンベリアルに掛け声が追加されていたり、
シェパードンに鳴き声が追加されていたり、
エタルガーやジュダ・スペクターに名前音声が追加されていたり、
ウルトラマンギンガストリウムやウルトラマンギンガビクトリーに変身音声が追加されていたりと、
一部キャラはバージョンアップされていました。
また、単体のライブサインが存在しないウルトラマンギンガストリウムやファイブキングは、
ビクトリーランサーと同様に対象キャラクターを連続リードすることで、その名前を出すことが可能でした。

DXエクスデバイザー変身セット6
そしてエクスデバイザーのもう一つの要素が、このサイバーカードとの連動遊びになります。
(画像のカードは傷を付けない為に、「カードバリアー100パーフェクト」というスリーブを使用しています。
このスリーブはサイバーカードとサイズがピッタリなので、読み込み遊びにも支障が出ませんでした)
デバイザーモードでサイバー怪獣カードを挿入すると、「怪獣起動モード」が発動。
怪獣名や鳴き声がある場合はその鳴き声が流れ、右のボタンを押すと起動遊びが、
左のボタンを押すとコンディションチェック遊びができます。

DXエクスデバイザー変身セット7
Xモードでサイバー怪獣カードを挿入すると、「怪獣アーマーアクティブモード」が発動。
鳴き声がある場合は鳴き声と共に、アーマー装着音が鳴り響きます。
その後に左のボタンを押すと怪獣の鳴き声が、右のボタンを押すと必殺技音が鳴りますが、
特定のキャラ(現在はサイバーゴモラとサイバーエレキング)の場合だと、専用必殺技音声に変化します。

DXエクスデバイザー変身セット8
ウルトラヒーローカードの場合も同様で、デバイザーモードでは「ウルトラマン起動モード」が発動。
右のボタンを押せば光線シュミレーション遊びが可能で、左のボタンを押せばコンディションチェック遊びができました。
そしてXモードでは「ウルトラマン必殺技モード」が発動。
左のボタンを押せば発動時にも鳴る変身音が鳴り響き、右のボタンを押せばエックスの声で必殺技音声が発動。
そのまま各必殺技の効果音が鳴り響きます。

DXエクスデバイザー変身セット9
DXエクスデバイザーの難点としては、フレーム部分が邪魔になって、
大きな紙やシートに印刷されたライブサインが読み込めないんですよね。
小さな紙やカードに印刷されたものであれば、何とかライブサインをカメラへと近付けることが出来るのですが・・・
これはソフビのライブサインとこの手のライブサインは異なる仕様になっているのですが、
こちら側のライブサインをサイバーカードの方へと転用したので、わざと読み込めないようにしたのかもしれません。

実際、「秘伝の書」を無理やりスキャンさせてみましたが、
ゾフィー → サイバーセミ人間
ウルトラマンキング → サイバーギガキマイラ
ウルトラマン80 → サイバークール星人
ウルトラマンゼロ → サイバーサタンビートル
ナース → サイバーベロン
タッコング → サイバーガタノゾーア
チブル星人 → サイバーデスローグ
ジャミラ → サイバードラキュラス
・・・といった具合に、誤認識のオンパレードでしたw
これらは全てがカード化するといった訳では無く、そういうデータに転用されているという事なのでしょうね。
ちなみに、ウルトラエッグのエッグサインも、全てスキャンできませんでした。

DXエクスデバイザー変身セット10
さて、最後はDXエクスデバイザー変身セットに付属しているサイバーカード3種類です。
ウルトラマンエックスは単体売りのスパークドールズに付属しているものと全く同じで、
サイバーゴモラは通常版のDXエクスデバイザーに付属しているものと同じですね。
ですがサイバーエレキングはこのセット限定の絵柄とカードナンバーになっているので、コレクションしている方はご注意を。

DXエクスデバイザー変身セット11
裏面です。
全てプラスチック製でした。
スチール写真のチョイスも良い感じ。

以上がDXエクスデバイザー変身セットのレビューになります。
ボタンとモード変更により、かなり遊べる商品になっていましたが、どの状態でどのボタンを押すと目的の音声が流れるのか。
それがちょっと把握し辛い設計になっていたので、よく触って覚えていくようにしたいと思います。
(基本はボタン操作、ライブサインのスキャン、サイバーカードのスキャンという3パターンですけどね)

その構造故のデメリットもありましたが、ウルトラマン関連の音声に至っては、
変身音、掛け声、必殺技音声と非常に豪華な内容になっていたのは嬉しかったですね。
(中には掛け声が無かったり、違うキャラのものに差し替わっている不具合?もありましたが)
中村悠一さんの気合の入った声で発動する光線技が特に面白かったので、
メインはサイバーカードとの連動遊びになりそうです。

DXギンガスパーク、DXダークスパーク、DXビクトリーランサー、そしてDXエクスデバイザー。
ソフビ人形のライブサインをスキャンできる玩具が増えてきましたが、
それぞれに特別音声が入っていたりと、しっかり差別化されているのが好印象ですね。
今のところは完全上位互換というものが存在しませんし、ライブサイン付き商品が展開されている間は、
どの商品も末永く遊ぶことができそうです。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|13:51

ウルトラマンの日に、ウルトラマンX(エックス)の玩具が一斉に発売開始!(ソフビ編)

本日7月10日は、ウルトラマンが初めてTVに登場した記念すべき日ということで、
いわゆる「ウルトラマンの日」だと日本記念日協会に登録されていますね。
(放送されたのは第1話ではなく、ウルトラマン前夜祭という番組ですが)

その記念すべき日に、ウルトラマンXの玩具も一斉に発売開始となりました!
まずはソフビ人形から取り上げていきたいと思います。


ウルトラヒーローX ウルトラマンエックス
ウルトラヒーローX 01 ウルトラマンエックス
ウルトラマンXの主役戦士、ウルトラマンエックスがTV放送に先駆けてソフビ化となりました。
ウルトラヒーローXはウルトラヒーロー500とほぼ同じ仕様でして、サイバーカードが付属するので150円値上げとなっています。
一部塗装が省略されていますが、そのメカニカルなディテールなどはしっかり再現されています。
胸に輝くX型のカラータイマーや、青く光る耳など、従来のウルトラマンに似ているようで全く異なるデザインになっていますね。

ウルトラヒーローX ウルトラマンエックス0
背面です。
上半身と下半身はラメ入りの銀成型になっていて、結構ギラギラと輝いています。
ライブサインはDXギンガスパークで読み込むと「ニューヒーロー!」とだけ鳴ります。
なのでDXエクスデバイザーで読み込むことにより、変身遊びが可能となっています。


ウルトラヒーローX ウルトラマンエックスゴモラアーマー
ウルトラヒーローX 02 ウルトラマンエックス(ゴモラーアーマー)
サイバーカードの力を使い、エックスがゴモラーアーマーを装着した姿です。
こちらはサイバーカードは付属しませんが、ボリュームアップの為に値段は他のXシリーズと同じでした。
下半身以外が大きく変化していて、腕にある赤いGマークもちゃんと塗装されていました。
胸から肩にかけて、ゴモラの顔を模したデザインになっているんですね~。

ウルトラヒーローX ウルトラマンエックスゴモラアーマー0
背面です。
ライブサインは通常のエックスとは異なるもので、ゴモラーアーマー専用のものになっていました。
こちらも、DXギンガスパークで読み込むとエックスと同じ音声です。


ウルトラ怪獣X ファントン星人
ウルトラ怪獣X 01 ファントン星人
こちらは、ウルトラ怪獣500とほぼ同フォーマットである、ウルトラ怪獣Xシリーズです。
ウルトラヒーローXと同じく、サイバーカードとライブサイン付きですね。
グルマン博士がレギュラー入りということで、ファントン星人がまさかのソフビ化!
塗装は要所要所だけでしたが、造形は細かいところまで再現されています。

ウルトラ怪獣X ファントン星人0
背面です。
腰は接着されているので可動しません。
ライブサインはDXギンガスパークでも読み取りが可能でしたし、
Xシリーズでも旧怪獣であればちゃんと対応してくれそうで一安心しました。
(DXエクスデバイザーと共に、効果音は共通音声でしたが)


ウルトラ怪獣X デマーガ
ウルトラ怪獣X 02 デマーガ
ウルトラマンエックス第1話登場の新怪獣、デマーガも放送に先駆けてソフビ化されました。
真っ黒な肌にゴツゴツとした体表、光り輝く一本角に鋭く大きな背びれ。
爛々と輝く瞳に口に生えた大きな牙など、非常に「王道な怪獣」らしいスタイルになっていてカッコいいですね~。
ただ、ソフビはシェパードンなどと同じく、小さいサイズなのがちょっと残念でしたが。
腰は可動せず、両腕と尻尾のみが可動します。

ウルトラ怪獣X デマーガ0
背面です。
背中まで王道なスタイル!
新怪獣なので、ライブサインはDXギンガスパークなどでは読み込めず、DXエクスデバイザーで読み込むことにより遊べます。
(ちゃんと鳴き声付き!)


サイバーカード
こちらがウルトラマンエックス、ファントン星人、デマーガに付属していたサイバーカードです。
全てプラスチック製で、絵柄も中々カッコいいものばかりですね。

サイバーカード0
裏面はこんな感じです。
デマーガはスチール写真が間に合わなかったのでしょうかw


以上が本日から発売開始となった、ソフビ人形の軽いレビューになります。
明日はDXエクスデバイザーのレビューを投稿する予定です。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|17:54

少年リックの大怪獣シリーズ「グランドキング」

先日のファイブキングの記事が中々好評だったので、本日はエクスプラスの少年リックから発売されている、
大怪獣シリーズ」よりもう1体のキャラクターをご紹介します。
こちらも、発売された当時は大喜びしたキャラクターでしたね~。

大怪獣シリーズ グランドキング
超合体怪獣 グランドキング
映画「ウルトラマン物語」で初登場した、宇宙の帝王ジュダに操られる強力な合体怪獣です。
多くの怪獣の怨念が合体して誕生したので、どこのパーツがどの怪獣だという明確な概念は存在しません。
(その辺りは後述で補足しますが)
全身の装甲が非常に強固で、ウルトラ兄弟の光線を何度浴びてもほとんどダメージを受けませんでした。
更に額、口、腕から放つ光線などで敵を追い詰めます。

大怪獣シリーズ グランドキング0
発売された当時は、ようやくこのシリーズでグランドキングが商品化されたか!と大喜び。
今までインスパイアの大型ソフビぐらいしか、グランドキングのリアルな巨大フィギュアは存在しませんでしたからね~。
限定版はLEDが組み込まれており、各部が発光するギミックを備えていますが、私が所持しているのは通常版です。
全高は、角の先まで入れると33cmほどでしょうか。

大怪獣シリーズ グランドキング1
横から。
メカニックな外見をしていますが、体型そのものは実に怪獣らしいキャラクターですね。

大怪獣シリーズ グランドキング2
背面です。
全身にウェザリング塗装が施されていますが、物凄く細かい仕上がりになっているので惚れ惚れしますね。

大怪獣シリーズ グランドキング3
尻尾もそこそこの長さで、腕も入れると奥行きは50cmオーバーです。
ファイブキングよりやや控えめとはいえ、こちらもかなりの大きさでしたね。

大怪獣シリーズ グランドキング4
「ゴモラ」を彷彿とさせる頭部。
グランドキングは一応合体怪獣なので、各部に元となった怪獣らしき「名残」があるのが面白い所だと思います。
額のカメラのような部分も、実に細かく造形されています。
ちゃんとコード部分も別パーツになっていますね。

大怪獣シリーズ グランドキング5
ディテールは意外と左右非対称であることがよく分かりますね。
グランドキングの頭部は未だに現存しており、以前のウルトラマンフェスティバルで見かけた時は驚いたものです。

大怪獣シリーズ グランドキング6
肩にあるカメラパーツもちゃんと再現されていました。
何時も不思議に思っていたのですが、左肩にある後ろに伸びた板のようなパーツは、一体何なんでしょうね?

大怪獣シリーズ グランドキング7
「バルタン星人」を彷彿とさせる、巨大なハサミ(下パーツが小さいので、ハサミというか爪?)が輝く左腕。
他の部分もそうですが、一見するとソフビとは思えないほど、硬質感がよく出ていると思います。

大怪獣シリーズ グランドキング8
「サドラ」などを彷彿とさせる、小さなハサミがある右腕です。
両腕はそれぞれ肘部分でロールするので、それなりにポーズ付けが可能となっていました。

大怪獣シリーズ グランドキング9
胴体と下半身です。
中央部分はクリアパーツ仕様になっています。
もう一度言いますけど、全身のウェザリング塗装が本当に凄いんですよねぇ・・・

大怪獣シリーズ グランドキング10
塗装も造形も、どの角度から見てもほとんど手抜き無し!
色合いも劇中をイメージして、ブロンズっぽくなっているのがとてもカッコいいです。

大怪獣シリーズ グランドキング11
「ツインテール」を彷彿とさせる尻尾。
細かなパーツは軟質性の別パーツになっているので、壊れにくくなっているのも嬉しいポイントでした。

大怪獣シリーズ グランドキング12
両腕、両肘、両足、両足首がそれぞれ可動します。
肘ロールのお蔭で、ポーズの幅がとても広がりますね。

大怪獣シリーズ グランドキング13
ウルトラ怪獣シリーズのグランドキングや、ウルトラ怪獣DXのスーパーグランドキングと比較。
流石にお値段もボリュームも段違いでした。

大怪獣シリーズ グランドキング14
以上が、大怪獣シリーズのグランドキングの軽いレビューになります。
撮影スペースに収まりきらないボリュームなので、相変わらず背景がゴチャゴチャしてしまいました。
ウルトラファイトビクトリーにスーパーグランドキング・スペクターが登場したことも記憶に新しいですし、
これを取り上げることが出来たのは、丁度良いタイミングだった・・・のかな?
残る合体怪獣の、ジャンボキングやタイラントは未だに入手できていないので、何時か手に入れたいですね~。

さあ、明日は7月10日「ウルトラマンの日」!
そしてウルトラマンXの玩具も、いよいよ発売開始となります!


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|18:16

新ウルトラマン列伝 第105話

新ウルトラマン列伝
本日、第105話が放送されました!
第105話「新ヒーロー登場 その名はウルトラマンエックス」
歴代ウルトラシリーズから総集編を放送しました。

今回のナレーションは、ウルトラマンX(エックス)で「ファントン星人グルマン博士」役を演じられる、
松本保典さんが担当されていました。
松本さんは、エックスの劇中でもナレーションを担当されるそうですね。

さて、ウルトラマンエックスの第1話~第3話までの映像を使いつつ、隊員の紹介など見どころをたくさん流してくれましたね。
しかしメインは総集編の方であり、エックスに絡めて様々なウルトラシリーズから映像がチョイスされています。
冒頭では、歴代ウルトラマンの映像も流されていましたね~。
(ジョーニアスもちゃんと居て嬉しかった!)

ウルトラマンガイアからは、人の心に取り付いて挑戦してきたサタンビゾー&ビゾームが取り上げられています。
そしてウルトラマンマックスからはギガ・バーサークが、ウルトラマンネクサスからはラフレイア&ダークファウストが、
更にウルトラマンメビウスからはエンペラ星人が抜擢されていました。
人間とウルトラマンの協力で、難敵を撃破するというシチュエーションが多めでしたね。

ウルトラマンエックスの防衛チームXioも、ウルトラマンとは密接に関わって共闘するそうですし、
それに絡めてのチョイスだったのでしょう。
エックス本編の映像もかっこいいカットが非常に多く、戦闘機の発進シーンもかなり期待できそうですね。


そしてyoutubeでも公開されていますが、ウルトラマンエックスの第一話の予告編が遂に公開されました!
第1話ではウルトラフレアによる怪獣復活で、現在までの15年の間に暴れた怪獣がチラっと登場するみたいですが、
その面々もほんの少しだけ予告編に登場しています。
中には、かなり久しぶりに映像作品へと登場したキャラクターも居ましたし、
本放送でどれだけ画面に映るのかがとても楽しみですね。

さあ、ウルトラマンエックス放送まであと7日!
いよいよ来週から新作がスタートしますし、今回は冬までノンストップでの連続放送。
どんなエピソードが飛び出すのか、今からとても期待しています。
新ウルトラマン列伝 エンペラ星人


これからしばらくの間はウルトラマンエックスが連続放送されるので、
こういった形の歴代シリーズを絡めた総集編はしばらくお預けでしょうかね。
ですが新作が2クール近く放送されるのは本当に嬉しい!
引き続き、youtubeでも毎週金曜日にネット配信されるみたいですし、ウルトラマンの夏がいよいよスタートですね。

youtubeでは、前回のお話が配信中です。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|19:13

ウルトラマンX(エックス)の頼れる仲間、ファントン星人グルマン博士



https://www.youtube.com/playlist?list=PLwDaeL3aOb-zl2mRfc4ICHujlupCs_HBj

youtubeのウルトラチャンネルでは、ウルトラマンX放送まで1日1本のペースで、
【ウルトラマンX】放送直前!10日連続SP映像カウントダウンインタビュー!!」という動画を公開しています。
まだ未公開の映像も少しずつ挿入されているのが嬉しいですね。

本日は公開まであと8日ということで、Xioに所属する宇宙人「ファントン星人グルマン博士」が登場。
番組の見所や、自分がどういう立ち位置なのかを解説してくれています。
キャラクター的にはノリの良いおじさんという感じで、ウルトラマンメビウスの時以上に友好的なイメージですね~。
(特撮ゼロの最新号によると、地球人の年齢に換算すると50代後半ぐらいなんだそうです)

そもそもファントン星人は他の種族に対しては友好的な存在で、「ハンターナイト・ツルギ」に情報を与えたり、
地球の危機に「サイコキノ星人カコ」や「ザムシャー」と共に駆け付けるという場面も見られました。
非常に大喰らいでもあり、食に対する文化や姿勢も地球人以上にオーバーですが、
雑誌情報によるとグルマン博士もその設定をちゃんと受け継いでいるそうです。

その高い科学力を活かし、Xioでは兵器開発やスパークドールズの解析など、
ラボチームの要として、とても大きい存在になるみたいですね。
防衛チームにウルトラマンとは異なる宇宙人が、ただのマスコットではなく協力者としてレギュラーで在籍する。
個人的に望んでいた夢がまた一つ叶った気がします。
(MYDOのデジタルカネゴンは、どちらかというとお手伝いさんみたいな扱いでしたし)

ちなみに田口清隆監督によると、グルマン博士はウルトラマンメビウスに登場したファントン星人のスーツを元に、
全身の色が派手すぎないように抑えられ、唇のディテールを変え、歯や口内をよりリアルに作り直したんだそうです。
ソフビ人形も今週末から発売されますし、あのファントン星人がここまで目立つ存在になるとは予想もできませんでした。

動画ではサイバーカードも何種類か映っていましたが、マグマ星人やゲスラなどもカードになるみたいですね。
どこまでアーマー化するのかは分かりませんが、カードそのものは結構な数が劇中に登場するのかも?
今はこのカウントダウン企画を毎日視聴しつつ、週末はウルトラマンX関連のグッズを買って、
来週の14日に放送される第1話の開始をワクワクしながら待ちたいと思います。
明日の新ウルトラマン列伝も、ウルトラマンエックス放送直前スペシャルですしね~。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|19:11

遂に復活!「ウルトラマン超闘士激伝 新章01」を購入!

http://gashapon.jp/choutoushi/

現在、web連載漫画として毎週火曜日に更新中の「ウルトラマン超闘士激伝 新章」ですが、
それと連動したガシャポン商品が今週から発売開始となっています。
私も昨日にようやく発見できたので、現時点で手に入れた分を今回はご紹介します。


ウルトラマン超闘士激伝新章01
まずは超闘士激伝に無くてはならない存在である「ウルトラマン」と、
新章の主役として活躍中の「ウルトラマンメビウス」です。
今回は全5種類+3種類のカラーリング(青&クリアブルーの鎧、銀&メタリックレッドの鎧、肌色&グレーの鎧)
が用意されていますが、ウルトラ戦士の鎧は全て銀メッキ仕様で統一されています。
また、目やカラータイマーがクリアパーツ仕様になっているので、
後ろから強い光を当てるとそれらが光るギミックも備わっていますね。

ウルトラマン超闘士激伝新章01 0
背面です。
ご覧の通り、目とカラータイマーは別パーツになっていますね。
造形も超闘士らしくデフォルメタイプでありながらも、全身のラインなどが実に細かく作られています。
大きさも、当時の超闘士フィギュアと並べることができるサイズになっていますね。
(今回は1回200円なので、鎧のボリュームアップなどが図られていますが)

ウルトラマン超闘士激伝新章01 1
そして、こちらが鎧を装着した姿である「闘士ウルトラマン」と「闘士ウルトラマンメビウス」です。
闘士ウルトラマンは全く新しい姿の鎧になっており、メビウスの装鉄鋼はGUYSの協力を得ているので、
ガンフェニックスを模したデザインになっているのが面白いですね~。

ウルトラマン超闘士激伝新章01 2
背面です。
メビウスには武器として、「メビュームブレード」が付属しているのも嬉しいところ。
こちらは鎧を装着していない状態でも使用可能です。

ウルトラマン超闘士激伝新章01 3
続いてはまさかのチョイスとなった「ガルタン大王」です。
こういうマニアックなキャラクターがラインナップに入っているのも、超闘士シリーズの良い所ですねw
ウルトラマン80の弟子であり、大のウルトラファンであるというまさかのキャラ設定にも驚かされました。
本体そのものは、ガルタン大王の特徴をよく捉えた造形になっていると思います。

ウルトラマン超闘士激伝新章01 4
背面です。
穴の空いた、独特の形状をしたマントもちゃんと再現されていますね。
塗装も造形も色々大変そうなガルタン大王だけに、
デフォルメタイプの無彩色フィギュアという超闘士シリーズでこそ商品化されたような気がします。

ウルトラマン超闘士激伝新章01 5
こちらが、鎧を装着した姿である「闘士ガルタン大王」です。
武器である「爆裂青竜刀」もちゃんと付属していますし、何より鎧のボリュームが凄いことになっています。
全身武器だらけといった風貌で、グレゴール人を破った力強さを感じますね~。

ウルトラマン超闘士激伝新章01 6
背面です。
右肩のキャノンや両腕の武器など、完全に左右非対称なデザインになっていますね。
これぞガラガラ星人を率いる大王といった感じです。

ウルトラマン超闘士激伝新章01 7
最後は謎の皇帝騎団に所属している「デスレム」と「グローザム」です。
この二人が超闘士シリーズの仲間入りを果たした時は、本当に嬉しかったですね~。
未だにデフォルメタイプのフィギュアが出ていなかった両者でしたし、本当に良い機会に商品化してくれたな~と。
どちらもディテールは申し分なく、ポージングもそれぞれの性格を表しているようでカッコいいですね。

ウルトラマン超闘士激伝新章01 8
背面です。
漫画では粗暴かつ下劣な性格をしたグローザムと、落ち着いた性格ながらも底知れぬ闇を秘めたデスレムという、
ウルトラマンメビウス本編以上に対照的なコンビとして描かれていました。

ウルトラマン超闘士激伝新章01 9
そして謎の鎧「天騎甲(エンブレスト)」を装着し、「闘士デスレム」と「闘士グローザム」に!
デスレムの鎧は髑髏など骨をイメージしたデザインになっており、
グローザムの鎧は氷の結晶のようなデザインになっていますね。
うーん、こっちも強そう・・・(実際強かったですが)

ウルトラマン超闘士激伝新章01 10
背面です。
このメタリックレッドの鎧も、実物は中々いい質感に仕上がっていました。
(個人的に、今回は銀成型が一番の当たりかも?)

ウルトラマン超闘士激伝新章01 11
ちなみに、グローザムは青成型も当たったので、その鎧パーツを銀成型のものに装着してみました。
やはりこっちの方がグローザムらしいカラーリングになって、非常に良い感じです。
あとは瞳を青く塗れば、ほぼフルカラーみたいになりますしねw

ウルトラマン超闘士激伝新章01 12
ついでに背面も。
やはり氷の鎧にはクリアブルー成型がよく似合います。


以上がウルトラマン超闘士激伝 新章01の軽いレビューになります。
残念ながら肌色成型のものは当たりませんでしたが、デスレムとグローザムについては各色をコンプリートしたいので、
また次の機会に回しに行きたいと思います。
アニメの復刻に新作漫画の連載、そしてガシャポンの新作が遂に発売となったウルトラマン超闘士激伝。
本格的に「復活した」という事実を、改めて認識することができました。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|17:00

君の名はウルトr・・・うーさー!?

昨日の夜中に、既にTwitterやニコニコ動画でもご紹介していますが、ブログでも一応取り上げておきます。


http://www.nicovideo.jp/watch/1435741588


「うーさーのその日暮らし」というアニメの新シリーズ第一話です。
昨日、ニコニコ動画にて公式動画がアップロードされました。
何も言わず、とりあえず視聴してみて下さい。
私は大笑いしました、そして最後の最後まで驚きっぱなしでした。

恐らく1週間限定公開なので、ご視聴はお早めにどうぞ。
ウルトラマン好きは見て損は無いというか、むしろ見て下さいw
(他にも冒頭から、声優さんや監督繋がりの某ロボットアニメの要素まで盛り込まれております)

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|20:16

【動画投稿】 やる夫とやらない夫がゆっくり三妖精に教える ゴジラ怪獣図鑑 part20

第1回目の記事はこちらになっています!
http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1716.html


やる夫とやらない夫がゆっくり三妖精に教える ゴジラ怪獣図鑑part20
http://www.nicovideo.jp/watch/sm26625164

私の手書きイラストによるゆっくり解説動画の最新パートを投稿しました。
第二十回目は、土木作業ロボット「モゲラ」、それを操る「ミステリアン」、
そしてGフォースの合体ロボット「MOGERA」をご紹介。
また、宇宙大戦争の「ナタール人」にも軽く触れております。

ということで、今回はモゲラ特集です。
侵略者に操られるずんぐりむっくりなボディが可愛い昭和版と、
人類の超兵器であり合体変形ギミックを搭載した平成版。
それぞれ真逆のような立ち位置やデザインでありながら、どちらも人気を得ているイメージがありますね。

昭和版はあくまで土木作業用ロボットという立ち位置からか、映画のメインにならなかったのは少し残念ですね。
最初の大暴れっぷりがとてもかっこよかっただけに、二号機の扱いには驚かされましたからw
あの映画自体が地球人とミステリアンの兵器同士による戦いがメインなので、仕方がない部分もありますが・・・
オマケとして宇宙大戦争にも触れていますが、月面に登場したナタール人の不気味さと、
ナタール円盤の光線のシャープさ、母船が放つ光線で巻き上げられる市街地の描写は必見です。

個人的に世代ということもありますが、やはりMOGERAに対する思い入れはとても強いです。
メカゴジラはどちらかというとヒールな立ち位置にあったメカニックでしたが、
MOGERAはゴジラと協力してスペースゴジラに挑むという、子供目線から見てもとても頼れる存在でしたからね。
オマケに2機のメカに分離できるという、男の子の心を鷲掴みにする要素も大きかったのです。
更にそれを再現できる玩具が、当時のクリスマスプレゼントだったんですよねぇ・・・
「レフトアーム破損!」「構わん!!」「ケリはMOGERAでつける」等々、搭乗者による名セリフもたっぷりでした。

今回も面白いと感じて頂けたら動画へのコメントや、マイリスト登録して頂けるとありがたいです。
では、お楽しみ下さいませ~
youtubeでは、「ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻 part42」を投稿しております。
また、新ウルトラマン列伝の最新パートも配信開始となっています。




にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|20:04

少年リック限定商品「大怪獣シリーズ ファイブキング」が到着!

大怪獣シリーズ ファイブキング
昨日、結構大きめの段ボールと共に、エクスプラスの少年リックから巨大怪獣ソフビ人形が届きました。
その名も「大怪獣シリーズ ULTRA NEW GENERATION ファイブキング」!
外箱はこんな感じで、通常の大怪獣シリーズとは違い、中が見えない仕様になっています。
では、中身をご紹介する前に・・・

大怪獣シリーズ ファイブキング0
「モンスライブ!!」
ゴルザ!
ガンQ!
メルバ!
レイキュバス!
超コッヴ!
「超合体!! 」


大怪獣シリーズ ファイブキング1
超合体怪獣 ファイブキング
ウルトラマンギンガSの第7話「発動!マグネウェーブ作戦」&第8話「朝焼けの死闘」に登場した、
シリーズ前半戦のボスキャラです。
ゴルザ(ファイヤーゴルザ)の強化超音波光線、メルバの飛翔能力と光線技、レイキュバスのハサミと火球&冷凍ガス、
ガンQの吸収&反射能力、超コッヴの光弾攻撃と、合体した5体の怪獣の能力を自在に使いこなせる強敵怪獣です。
チブル星人エクセラーがその頭脳となって行動し、ウルトラマンギンガとウルトラマンビクトリーを1度倒してしまいました。

大怪獣シリーズ ファイブキング2
遂に到着しました、ファイブキングの巨大ソフビ!
大怪獣シリーズなので、その全高は30cmほど、
足の先から尻尾までの長さは50cm近くにもなる大ボリューム仕様のソフビ人形です。
(何時もの撮影スペースにはとても収まらなかったので、背景に色んなものが映り込んでいますがお気になさらずに)
実際のスーツを元に造形&塗装されているだけに、お値段以上にそのクオリティは非常に高く仕上がっていると思います。

大怪獣シリーズ ファイブキング3
横から。
とにかく尻尾が長いので、これが置き場を考える時に一番困る部分なんですよね・・・w
(ちなみに、尻尾を取り外しても自立はします)

大怪獣シリーズ ファイブキング4
背面です。
全身にある青いラインもちゃんと塗装されています。

大怪獣シリーズ ファイブキング5
上でも書いた通り、尻尾がとても長いです。
箱に入っている時は取り外されているので、受け口も含めて一度ドライヤーで熱して組み立てる必要があります。

大怪獣シリーズ ファイブキング6
ファイヤーゴルザの胴体と顔。
目はクリアパーツですし、口の中までしっかり作り込まれていました。
うーん、カッコいい・・・

大怪獣シリーズ ファイブキング7
メルバの顔と翼。
翼は地上に降り立った時のように、ある程度折り畳まれた状態で造形されています。
その質感も含めて、素晴らしい再現度ではないかと。

大怪獣シリーズ ファイブキング8
レイキュバスの右腕。
特徴的な模様も塗装によって再現されていますし、目もクリアパーツ仕様でした。
ちなみに、可動箇所はありません。

大怪獣シリーズ ファイブキング9
右腕は少しだけ艶があるので、蟹らしい質感になっているのも嬉しいポイントですね。
節の間にある青いラインまで塗られていますし、見れば見るほど凝っているな~と。

大怪獣シリーズ ファイブキング10
ガンQの左腕。
クリアパーツ仕様になっていて綺麗ですが、青い瞳のディテールが作り込まれていればもっと良くなったんですがね~。
毛細血管などはしっかり塗装されています。

大怪獣シリーズ ファイブキング11
何気に左腕にある小さな目玉も、塗装によって非常に細かいところまで再現されています。
トゲトゲパーツも造形&塗装はバッチリですし、かなり手間がかかっていそう・・・
左腕はある程度動くので、角度を調節することができます。

大怪獣シリーズ ファイブキング12
超コッヴの下半身。
画像では分かり辛いですが、超コッヴは歯の部分までちゃんと塗装されている拘りっぷりです。
硬そうな部分と柔らかそうな部分も、メリハリのついた造形でしっかりと再現。

大怪獣シリーズ ファイブキング13
超コッヴの鎌を模している、足の部分もかなり細かく塗装されていました。
ここも左右に少しだけ回るので、ある程度角度を変えることができます。

大怪獣シリーズ ファイブキング14
背中にある、青いビクトリウム鉱石の部分は全てクリアパーツ仕様になっています。
うーん、どこから見ても惚れ惚れする出来ですねぇ・・・

大怪獣シリーズ ファイブキング15
ちなみに、ウルトラヒーロー500のウルトラマンギンガストリウム&ウルトラマンビクトリーと並べるとこんな感じです。
・・・うん、これは勝てる気がしない。

大怪獣シリーズ ファイブキング16
以上がファイブキングの軽いレビューになります。
スーツに忠実な造形で、尚且つ巨大であるというこのアイテムは、個人的には待ちに待った商品でした。
何より、大怪獣シリーズで平成ウルトラシリーズの怪獣が出るのはとても珍しいですからね~。
少々値が張る商品でもありましたが、それ以上の満足感に浸れる素晴らしいソフビ人形でした。

既にジャンボキング、タイラント、グランドキングも出ている事ですし、
同じ合体怪獣である「イズマエル」などの商品化も期待しちゃいます。
(もし実現すれば、初商品化にもなりますからね)


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|19:17

ウルトラマンX(エックス)のキーアイテム、「サイバーカード」が雑誌の付録として初登場!

本日二度目の記事更新になります。

昨日から、てれびくんとテレビマガジンの最新号が発売開始となっています。
ウルトラマンエックス情報は、7月放送分の第3話までの特集と、
ウルトラマンエックス(ベムスターアーマー)」が雑誌上では初公開となりました。

また、ウルトラマンフェスティバル2015に登場する新アーマーの元となる、
オリジナルウルトラ怪獣コンテストの結果も発表されています。
てれびくん側は可愛い怪獣「スケドン」が最優秀賞に輝き、
テレビマガジン側はかなり派手な怪獣「でんぱごん」が最優秀賞に選ばれています。
どちらもそれらがサイバーカードとなり、エックスが装着するアーマーとなって、ショーの方に登場するそうです。


そしてテレビマガジンには、ウルトラマンエックスのキーアイテムの一つ「サイバーカード」が付属しています。
もちろん今後発売されるカードと同じ仕様の「本物」で、いわゆるプロモーションカード的な扱いになるみたいですね。

サイバーカード ウルトラマンエックスウルトラマンギンガ
今回は「ウルトラマンエックス&ウルトラマンギンガ」というWヒーローカードでした。
カードは薄いプラスチック製で、大きさはお馴染みのカードダスシリーズと同じでした。
ウルトラマン側は、既存のスチール写真をサイバー風に加工した絵柄になっていますね。

サイバーカード ウルトラマンエックスウルトラマンギンガ0
裏面はXioが解析したようなイメージで、モニターに映っているかのように各キャラクターの写真が挿入されています。
説明文やパワー表記、キャラクターのスペックや謎の番号、
ライブサインにQRコード(画像は加工済み)と、情報量は中々のものですね。

ちなみにサインですが、ウルトラマンギンガ関連のグッズでは読み込めませんでした。
どうやら、ソフビのライブサインとは少し仕様が異なっているようです。
(ちなみにQRコードを読み込むと、今日から開設された専用のサイトでサイバーカードをコレクションできるそうです)

いよいよ7月ということで、ウルトラマンエックス関連グッズは10日から一気に発売されますが、
サイバーカードはその仕様が気に入ったので今後も集め続けたいと思います。
ちなみに、来月のてれびくんには「ウルトラマンエックス&ウルトラマンゼロ」の限定サイバーカードが付属するそうなので、
そちらも忘れないようにしないと・・・

youtubeでは、ウルトラファイトビクトリーの単独配信最終回が公開されています。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|19:54

帰ってきたウルトラマン、ウルトラマンガイア、ウルトラマンXのBlu-rayBOXが発売決定!

本日は、ウルトラシリーズのBlu-rayBOXがいきなり3つも発表されましたね~。

BOX ジャック
帰ってきたウルトラマン Blu-ray BOX
発売予定:2015年11月26日
税抜価格:49800円

■本編Disc
・9枚組
・本編全51話を収録
■特典Disc
・1枚組
・キャスト・スタッフインタビュー映像
・予告編全話
・作品企画書(デジタルギャラリー)
■特典
・解説書(78P)
■商品仕様
・特製スリーブ
・三方背収納ケース
・5枚組みデジパック×2
・ピクチャーレーベル


BOX エックス
ウルトラマンX Blu-ray BOX Ⅰ
(BOXデザインはまだ未公開)

発売予定:2015年12月24日
税抜価格:19800円
■本編Disc
・2枚組
・本編の前半を収録
■特典Disc
・1枚組
・メイキング
・キャストインタビュー
・ノンテロップOP/ED
・大地の怪獣ラボ
■特典
・作品解説書(24P)
■商品仕様
・特製三方背ブックケース仕様
※この他、ウルトラマンXはDVD-BOXも同時発売。


BOX ガイア
ウルトラマンガイア Complete Blu-ray BOX
(BOXデザインはまだ未公開)

発売予定:2016年2月24日
税抜価格:45000円
■本編Disc
・9枚組
・TVシリーズ全51話
・ウルトラマンガイアSPECIAL(最終3部作完全版)
・映画 ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ&ウルトラマンガイア 超時空の大決戦
・OV ウルトラマンガイア ガイアよ再び 完全版
・ノンクレジットOP(4種)
・ノンクレジットED(全51話)
■特典Disc
・1枚組
【新規映像】
・XIGメカ クロニクル
【TVシリーズメモリアルボックス映像特典】
・スペシャル対談
・MAKING OF GAIA 特撮編
・MAKING OF GAIA ロケ編
・海外番販用PV
・第1話予告CM
・発進シークエンス(フルバージョン)
・バンダイ変身スーツCM
・LD用映像特典
【劇場版+OVメモリアルボックス特典】
・映画メイキング
・特報&予告
・TVCM
・映画特番 集合!ウルトラ3大戦士 映画ガイアの秘密
・OVメイキング(完全版)
・OVメイキング(通常版)
・我夢VS藤宮対談
・主題歌プロモーション
・完全新作!テレマガとくせいスーパービデオ「ティガ・ダイナ・ガイア」
・ムーンスターTVCM
・玲子のある一日
■特典
・オールカラーブックレット(24P)
■商品仕様
・特製収納ボックス


あまりの物量&値段に眩暈がしそうですが、待望のBlu-ray化が続々と実現しましたね~。
順当に帰ってきたウルトラマンがブルーレイ化決定という中、
ティガからダイナの間は1年ほど空いていただけに、ここに来てガイアが2月発売というのには驚かされました。
来年はウルトラマン50周年記念というメモリアルイヤーでもありますし、
その第一陣を飾る大型商品はウルトラマンガイアのBOXになりそうですね~。

そして早くも、ウルトラマンエックスのソフト化も決定。
それぞれDVD&Blu-rayBOXでの発売となっていますが、単品売りはしないのかな?
(現在のところ、単品版はレンタル版のみが判明しています)
また、BOXⅡも3月に発売されることが決定していますね。
これは、1月以外は毎月何かしらのBOXが出るということに・・・?w

うーん、正直どこから手を付けていいのか迷ってしまいます。
これが嬉しい悲鳴というものなのでしょうか。
(何気にウルトラマンキッズもDVD-BOX化が決まっていますしね)
しかしこの調子だと、主要TVシリーズはほぼBlu-rayBOX化が期待できそうです。
本日は夜間に、もう一つ記事を更新する予定です。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|18:41
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ