大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

ウルトラマンX 9月分放送予定&ウルトラ怪獣X新作ソフビ(ネタバレ有)

本日、てれびくんとテレビマガジンの最新号が発売されました。
ウルトラマンX情報は、9月分のものが掲載されています。


・9月8日放送 ウルトラマンX第8話「狙われたX」
(宇宙恐竜ゼットン登場)

・9月15日放送 ウルトラマンX第9話「我ら星雲!」
(宇宙海人バルキー星人、異次元宇宙人イカルス星人、暗殺宇宙人ナックル星人グレイ、宇宙悪霊アクマニヤ星人、
暗黒星人ババルウ星人、誘拐怪人ケムール人、三面怪人ダダ、変身怪人ゼットン星人登場)

・9月22日放送 ウルトラマンX第10話「怪獣は動かない」
(新怪獣ホオリンガ登場)

・9月29日放送 ウルトラマンX第11話「未知なる友人」
(宇宙ロボット キングジョー、電脳怪獣サイバーゴモラ登場)



まずは明日放送の総集編を挟み、第8話はゼットンアーマーとゼットンが同時に登場するゼットン回。
こちらにはかなりのサプライズゲストが登場するので、明日放送のウルトラマンXは予告編まで要注目です!
それに続くのは、とある青年と闇のエージェントたちが、ババルウ星人率いる「暗黒星団チーム」とラグビー対決!?
正直、スチール写真を見ても訳がわからないほどカオスです。期待大ですねw
ゼットン星人は見た目がベルメそのものですが、本人かどうかは不明です。

新怪獣「ホオリンガ」が登場する第10話ですが、
ホオリンガはウルトラセブンXに登場した「ペジネラ」のスーツを改造して生み出されたみたいですね。
貝と植物が融合したような、何とも奇妙なデザインの怪獣でした。
最後はキングジョーと、ようやく実体化するサイバーゴモラが激突するロボット怪獣回!
こちらではウルトラマンXならではの新必殺技が飛び出すみたいなので、とても楽しみですね~。

そしてウルトラマンエックスの強化形態「ウルトラマンエクシードX」も初公開。
必殺技や、新武器の「エクスラッガー」なども公開されていました。
エクシードXは、額の虹色に輝くパーツを取り外してエクスラッガーにするんですね~。
こちらは10月上旬に登場し、デマーガの強化形態「ツルギデマーガ」と激戦を繰り広げる模様です。
(ツルギデマーガは、両腕と背中から巨大な爪を生やしており、目が赤く輝いています)


ウルトラ怪獣X1
てれびくんでは、新作ソフビ人形も公開されていました。
9月に発売されるウルトラヒーローXのウルトラマンエックス(ゼットンアーマー)ウルトラマンエクシードX
ウルトラ怪獣Xのホオリンガサイバーゴモラ
10月に発売されるウルトラ怪獣Xのメカゴモラゴメスモルド・スペクターですね。
ゼットンアーマー以外にはサイバーカードが付属するそうです。

キモ可愛い(?)ホオリンガ、思ったより塗られているサイバーゴモラ、対決セットよりは塗装が細かそうなメカゴモラ、
総天然色な色合いのゴメス、そしてその姿が初公開となったモルド・スペクター!斧のような武器持ちなのも嬉しいです。
先日発表された、ウルトラマンギンガSとのコラボ回に登場しそうですね。(ビクトリーがジュダ・スペクターを撃破しましたし)
残念ながらウルトラ怪獣DXのツルギデマーガは未公開でしたが、
これからも新作ソフビがどんどん出続けてくれるので、これらも集めたいと思います。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|22:39

【動画投稿】 やる夫とやらない夫がゆっくり三妖精に教える ゴジラ怪獣図鑑 part21

第1回目の記事はこちらになっています!
http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1716.html


やる夫とやらない夫がゆっくり三妖精に教える ゴジラ怪獣図鑑part21
http://www.nicovideo.jp/watch/sm27044749

私の手書きイラストによるゆっくり解説動画の最新パートを投稿しました。
第二十一回目は、東宝三大怪獣の一体である「ラドン」をご紹介。

ということで、ラドン紹介編の前編ですね。
「空の大怪獣ラドン」は、個人的にお気に入り№1の東宝怪獣映画です。
序盤のホラーじみた雰囲気から、ラドンが出現することにより一気にスケールアップする話の流れが大好きなんですよね。
1本で2度美味しいと言いますか、特撮のクオリティの高さも相まって小さい頃から大好きな作品でした。

この映画はとにかくミニチュアの精巧さ、壊れ方、風と煙の効果が素晴らしいので、
まだ見たことが無い方は1度ご視聴されることをオススメします。
東宝特撮映画のアナログ特撮の頂点と言っても過言ではないほど、素晴らしいシーンの連続ですから。

二代目など、これ以降のラドンは次回に纏めてご紹介する予定です。
本当は昭和と平成で分けたかったのですが、尺的に前編は初代オンリーということで。
動画内でも触れている通り、ラドンの餌怪獣に関してはまた個別に取り上げる予定です。

今回も面白いと感じて頂けたら動画へのコメントや、マイリスト登録して頂けるとありがたいです。
では、お楽しみ下さいませ~
youtubeでは、「ゆっくり霊夢とやる夫が学ぶ 昆虫大百科 part23」を投稿しております。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|03:54

ウルトラ怪獣シリーズ ベンゼン星人&レディベンゼン星人

今回は、先日に中古ショップ店で購入した、2体の宇宙人ソフビをご紹介します。
どちらもタグ付きの新品だったので、見かけた瞬間に即購入でした。


ウルトラ怪獣シリーズ ベンゼン星人
慢性ガス過多症宇宙人 ベンゼン星人
映画「ウルトラマンゼアス」に登場した、ゼアスの宿敵とも言える侵略者です。
やはりゼアスと言えばベンゼン星人ですね。
この頃からソフビ人形は軟質素材に切り替わり、
ゼアス当時にベンゼン星人とコッテンポッペの柔らかさに戸惑ったのを思い出しますw
塗装は少しイメージが違いますが、造形そのものは特徴をよく捉えていますね。

ウルトラ怪獣シリーズ ベンゼン星人0
背面です。
改めて見てみると、お尻には小さな尻尾のような突起があるんですね。
塗装箇所はありません。

ウルトラ怪獣シリーズ ベンゼン星人1
こちらは付属タグです。
丁度、ウルトラマン30周年の時期だったんですねぇ。


ウルトラ怪獣シリーズ レディベンゼン星人
妖艶宇宙女王 レディベンゼン星人
映画「ウルトラマンゼアス2 超人大戦 光と影」に登場した、ベンゼン星人の妻です。
女性キャラクターということで、夫よりもスマートなデザインになっていますね。
全体的に少しだけポーズが付いているのも、このソフビ人形の特徴です。
軟質ソフビですが、ベンゼン星人よりは少し硬めになりました。

ウルトラ怪獣シリーズ レディベンゼン星人0
背面です。
ほとんどがガンメタ寄りのシルバーで塗装されていますね。
どちらも両腕のみが可動します。

ウルトラ怪獣シリーズ レディベンゼン星人1
付属タグです。
設定上はベンゼン星人の方が巨大なのですが、ソフビ人形はレディベンゼン星人の方が大きめでした。


ウルトラ怪獣シリーズ レディベンゼン星人2
以上が、ベンゼン星人夫妻のソフビの軽いレビューになります。
バンダイの定番ソフビで夫婦揃って立体化されたのは、ウルトラの父&母と、この夫妻ぐらいではないでしょうか。
人間体も鹿賀丈史さん&神田うのさんという、非常にゴージャスな配役でしたね。

youtubeでは、ウルトラマンXの第7話が期間限定で配信されています。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|18:01

ULTRA-ACT ウルトラマンメビウス メビウスバーニングブレイブ(限定商品)

魂ウェブ限定商品の、ULTRA-ACT(ウルトラアクト)最新作が到着しました。
今回商品化となったのは、こちらのキャラクターになります。

ウルトラアクト ウルトラマンメビウス(メビウスバーニングブレイブ)
ウルトラマンメビウス メビウスバーニングブレイブ
メビウスとGUYSの仲間たちの絆の力が生んだ、ウルトラマンメビウスの強化形態です。
胸にはファイヤーシンボルのようなマークが浮き出ており、戦闘力も大幅に向上しています。
「メビュームバースト」など強力な必殺技を多数使用し、数々の強敵を打ち倒してきました。
本編から遥か未来の時間軸であっても、この姿を度々披露しています。

メビウスの強化形態であり、ウルトラ兄弟とよく共演していたバーニングブレイブがアクションフィギュアになりました!
基本的にはウルトラマンメビウスver.2をベースに制作されているみたいですね。

ウルトラアクト ウルトラマンメビウス(メビウスバーニングブレイブ)0
正面から。
適度に筋肉質で、スタイルなども最近のウルトラアクトらしい仕様になっています。

ウルトラアクト ウルトラマンメビウス(メビウスバーニングブレイブ)1
背面です。
背中には、お馴染みの台座接続用パーツと差し替えできる箇所が設けられています。

ウルトラアクト ウルトラマンメビウス(メビウスバーニングブレイブ)2
バストアップです。
目の上に繋がる赤い模様が微妙に途切れているのですが、これは仕様なのでしょうか?

ウルトラアクト ウルトラマンメビウス(メビウスバーニングブレイブ)3
全体的な可動範囲も、メビウスver.2に準じています。
(気持ち、股関節はよく動くような気が)
とりあえず片足立ちをやらせてみたくなる症候群。

ウルトラアクト ウルトラマンメビウス(メビウスバーニングブレイブ)4
変更点というか改善点としては、両腕に可動軸が追加されました。
これでメビウスブレスを正面に向けることが可能になりましたね~。

ウルトラアクト ウルトラマンメビウス(メビウスバーニングブレイブ)5
とりあえず、ウルトラ怪獣シリーズのインペライザーと2ショット。
インペライザーの方が小さめなのでサイズが合いませんが、あくまで雰囲気雰囲気。

ウルトラアクト ウルトラマンメビウス(メビウスバーニングブレイブ)6
エフェクト的が無いスピンキックは無理があるので、とりあえず飛び蹴りを一撃。

ウルトラアクト ウルトラマンメビウス(メビウスバーニングブレイブ)7
左腕のメビウスブレスを取り外し、「メビュームブレード」展開時のメビウスブレスに差し替え可能です。
でも、バーニングブレイブでメビュームブレードを使っている姿は、あまりイメージが無いですね。
造形も新規で、劇中に近いデザインになっていました。

ウルトラアクト ウルトラマンメビウス(メビウスバーニングブレイブ)8
カラータイマーは上部の金色のプロテクターパーツごと取り外すことで、赤い状態のものと差し替えが可能です。
そしてエネルギーを溜めて・・・

ウルトラアクト ウルトラマンメビウス(メビウスバーニングブレイブ)9
炎エフェクトパーツなどを手前に置けば、更にエネルギーチャージ中状態に。
こちらはメビュームバーストエフェクトに直接取り付けています。

ウルトラアクト ウルトラマンメビウス(メビウスバーニングブレイブ)10
「メビュームバースト」発射!
エフェクトパーツは球体に近いので、もう少し炎らしさが欲しかったですね。

ウルトラアクト ウルトラマンメビウス(メビウスバーニングブレイブ)11
以上がウルトラアクトのメビウスバーニングブレイブの軽いレビューになります。
メビウス系も充実してきましたが、ブレイブやフェニックスブレイブの発売は果たしてあるのでしょうか。
来月は、ハンターナイト・ツルギが到着予定です。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|18:35

ウルトラマンX(エックス) 第7話感想(ややネタバレあり)

本日2度目の記事更新になります。


本日、第7話「星を越えた誓い」が放送されました!

前回に引き続き、ゴールド星人tE-rU、ルディアン、ガーゴルゴンが登場する前後編の後編ですね。
前回の切り方がアレだっただけに、初っ端からバトルで魅せてくれましたね~。
特にガーゴルゴンは両肩にある蛇の首の使い方が実に気持ち悪く(褒め言葉)、
動きも相まって「ああ、もうストレートに蛇の怪獣なんだな」とw
石化光線を発射するシークエンスも凝っていて、蛇らしさを強調した良い演出でした。

その実力も、これまでに登場した怪獣より明らかに格上の存在で、
エックスとルディアンをあそこまで追い詰めてしまうとは!
一応序盤のクライマックスではありますが、7話にしてボス怪獣クラスの戦闘力を持っていたのは間違いないですね。
しかも、石化能力以外にもあんなに厄介な能力まで持っていたとは・・・

tE-rUと春崎優希の交流も描写されていましたが、結構アッサリ気味だったのは少し残念でした。
確かに異星人同士のラブストーリーをやっている場合では無いですがw
UNVERの南川大輔も少し急ぎすぎな感もありましたが、Xioと明確に敵対しようという心は無く、
あくまで地球と人類の為に徹してくれていたのも好印象。
ラストの隊長とのやり取りも、本心から来たものだったのでしょうね。

特撮パートも素晴らしいカットが多く、ルディアンとガーゴルゴンの真正面からの撃ち合い、
ルディアンの足元に到着するジオアトスなど、ハッとさせられるシーンが多かったですね。
何というか、合成シーンが非常に自然なんですよね。
特撮かと思ったら実景合成だったり、実写かと思ったらミニチュアだったり・・・
特にこの前後編は、車関係の描写が凝っていた気がします。

エックスの大ピンチに手を組んだXioとtE-rU、そしてラボ班も負けじと新兵器の量産。
それを使いこなしてガーゴルゴンにダメージを与え、ルディアンと共闘するアスナ、ハヤト、マモル・・・
こんなに序盤で、あの燃えるシチュエーションが見られるとは!
やはり色んなキャラクターが手を取り合い、強敵に立ち向かうという流れは何時の時代でも燃えるものがあります。

新登場のベムスターアーマーも、神話のゴルゴンの伝説通りの活躍ぶりでしたね。
ただの盾として使うのではなく、ああやって地面に突き刺すワンアクションがあるだけで、見栄えも随分違いました。
ルディアンも大活躍でしたし、「全員の力で戦ってる感」がよく出ていたと思います。
最後の「tE-rUの目線から見た地球人」の感想も新鮮でしたし、機会があればルディアンと共に再登場して欲しいですね~。
後編はちょっと尺足らずな印象も受けましたが、良い前後編だったと思います。
ウルトラマンX ガーゴルゴン


ガーゴルゴンはもっと喋るキャラかと思っていたのですが、あの1シーンのみでしたね。
(あまり喋りすぎても不気味さが出ませんが)
それとUNVERの本部がある場所も結構意外でした、ニューヨークやパリでは無かったんですねぇ。
次回は総集編ですが、その後も休止期間を挟まずに、ウルトラマンXは連続放送され続ける予定です。

youtubeでは次回予告と、前回のお話が期間限定で配信中です。




にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|20:50

【動画投稿】 ゆっくり霊夢とやる夫が学ぶ 昆虫大百科 part23

http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1464.html
第1回目の記事はこちらになっております。


ゆっくり霊夢とやる夫が学ぶ 昆虫大百科 part23
http://www.nicovideo.jp/watch/sm27011383

ゆっくり昆虫解説動画のpart23をアップ致しました。
第二十三回目は昆虫ファンの憧れの的「オオクワガタ」について解説します。
オマケとして、同じクワガタムシの「ヒラタクワガタ」や「コクワガタ」などについても軽く触れています。

お待たせしました、クワガタムシ特集の後編です。
今回はオオクワガタを中心に、越冬できるタイプのクワガタムシや、外国の珍しいクワガタムシにも少し触れています。
地元でもこの目で見たのはたったの一度きり、それほどまでに野生の個体を探すのは困難なのです。
(と言っても、大阪なら北の方へ行けば産地があるのですが)

動画内でもしつこく言っている通り、昆虫採集はマナーを守って行いましょう。
特に樹液が出ている木にダメージを与える行為は言語道断。
その木のポテンシャルを下げるばかりか、未来さえも奪ってしまいかねません。
既に地元でも愚かな行為を何度も見てきただけに、少しでも知識を身に付けてから採集に挑んでほしいものです。

他にも、採集方法や飼い方などについても触れております。
今回は動画制作に、思いのほか時間がかかってしまいました・・・

クワガタムシ解説の前編であるpart23。
では、どうぞお楽しみ下さいませ~
(面白いと思っていただければ、動画へのコメントやマイリスト登録をして頂けると有難いです)
youtubeにて、「ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻 part43.5」を公開しました。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|17:45

節分の時期にお届けします。「HG原色ウルトラ怪獣大百科その3 鬼スペシャル」が予約開始!

HG原色ウルトラ怪獣大百科その3 鬼スペシャル
http://p-bandai.jp/gashadepa/item-1000099261/

HG原色ウルトラ怪獣大百科その3 鬼スペシャル
発送予定:2016年1月
税込価格:8800円
◆ラインナップ
・ナマハゲ
・オニデビル
・オニバンバ
・オニオン



先日にウルトラマンフェスティバル会場で見たチラシの通り、HGウルトラマンの最新作が発表されました。
内容はまさかの鬼スぺシャルということで、鬼をモチーフにした昭和怪獣オンリーの内容に・・・
このシリーズは彩色が非常に細かいのがウリですが、そのぶっ飛んだラインナップも特徴の一つ。
普通では到底発売されないであろう怪獣をチョイスしまくっていますが、
恐らく今回の内容は、今までで一番買う層が限られているのではないかと・・・w

節分ぐらいの時期に発送ができるという点のみで、悪ノリで決めたかのようなこの面々。
特にスノーギランを操っていたナマハゲは、史上初の商品化でしょう。
(本物のなまはげ自体は、たまにフィギュア化されてはいますが)
大晦日の他にも2月に活躍する存在ではありますが・・・いやはや、それにしてもナマハゲですよナマハゲ。

ある意味、これが売れれば何でも売れそうという一種の基準にもなりかねないこのラインナップ。
私的には、これに続く4弾目が果たしてあるのかといういらない心配をしてしまいますが。
鬼怪獣オンリーのミニフィギュアで1万円近く・・・
試されてる・・・これはファンが試されていますよ・・・w


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|18:00

限定ウルトラヒーローシリーズ カオスロイドU(非売品ソフビ)

先日に、中古ショップで発見したソフビを今回はご紹介します。
ウルトラヒーローシリーズでは珍しい、完全新規造型にも関わらず、一般販売されなかった商品になります。

ウルトラヒーローシリーズ カオスロイドU
ウルトラヒーローシリーズ カオスロイドU
PS2用ゲーム「ウルトラマンFighting Evolution Rebirth」に登場した、
メフィラス星人がカオスヘッダーの力を使って誕生させた、ウルトラマンのコピー体です。
格闘術が得意で、カオススぺシウム光線、カオス八つ裂き光輪、キャッチリング・コピーが主な必殺技。
仲間であるカオスロイドSやカオスロイドTと共に、光の国を襲い大混乱を招きました。

ゲームの予約特典として、カオスロイドUはソフビ化されています。
模様のモールドが異なる完全新規造型品で、足裏のモールドにも非売品であることが強調されていました。
カオスウルトラマンとはまた違った、禍々しい雰囲気のデザインがカッコいいですね~。

ウルトラヒーローシリーズ カオスロイドU0
背面です。
この時代は、背面までしっかり塗装されているのが当たり前でした。
そもそも、ゲームの特典として限定ソフビが付属していた時点でかなり豪華!

ウルトラヒーローシリーズ カオスロイドU1
パッケージはこんな感じです。
フルカラーパッケージですし、デザインも完全新規ですね。

ウルトラヒーローシリーズ カオスロイドU2
裏面です。
ゲームでの活躍シーンが掲載されていますね。

ウルトラヒーローシリーズ カオスロイドU3
中にはタグカードも封入されていました。
カオスロイドUのデザイン画は、結構貴重かも?

ウルトラヒーローシリーズ カオスロイドU4
タグカードの裏側です。
丁度ウルトラマンマックス辺りの時期だったんですねぇ・・・

ウルトラヒーローシリーズ カオスロイドU5
カオスロイドUは後にスーツが制作されてイベントなどで大暴れした後に、
「ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル ウルトラ怪獣☆ヒーロー大乱戦!」でまさかの映像作品進出となりました。
残念ながらカオスロイドSとカオスロイドTはソフビ化されなかったので、イーヴィルティガ&カオスウルトラマンと並べて〆。

以上がカオスロイドUの簡単なレビューになります。
ギンガシリーズのキャラクターにもなりましたし、500ソフビ化の可能性もあるので、
もし出るなら今度こそ3人揃えて並べたいものですね~。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|18:55

ウルトラマンXと連動、ウルトラヒーローXの8月分新作ソフビをフラゲ!

明日から発売される、ウルトラヒーローXのソフビ人形をフラゲしてきました。
今回発売となったのは、この2体になります。


ウルトラヒーローX ウルトラマンエックスベムスターアーマー
ウルトラヒーローX 04 ウルトラマンエックス(ベムスターアーマー)
サイバーカードの力を使い、エックスがベムスターのアーマーを装着した姿です。
ゴモラーアーマーなどと同じく、アーマーを装着しているエックスにはサイバーカードは付属しません。
左腕にベムスターの腹の形をしたシールドを装着しており、これで敵の攻撃を吸い取って反射するそうです。

ウルトラヒーローX ウルトラマンエックスベムスターアーマー0
背面です。
ライブサインは通常のエックスとは異なるもので、ベムスターアーマー専用のものになっていました。
他のアーマーと同様に、元となった怪獣の鳴き声も鳴ります。

ウルトラヒーローX ウルトラマンエックスベムスターアーマー1
両肩に「B」のマークがありますね。
ベムスターシールドは盾ながらも、何かに突き刺せそうなツメ状の突起物もあるんですね~。


ウルトラヒーローX ウルトラマンエックスゼロアーマー
ウルトラヒーローX 05 ウルトラマンエックス(ゼロアーマー)
サイバーカードの力を使い、エックスがウルトラマンゼロのアーマーを装着した姿です。
(どちらかと言うとウルティメイトゼロですが)
ウルトラフレアの影響で歪んだ空間に入り込み、別の宇宙にまで辿り着くことが出来る凄いアーマー!

ウルトラヒーローX ウルトラマンエックスゼロアーマー0
背面です。
ちょっと鎧の幅が狭いので、エックスが苦しそうかもしれませんw
こちらもライブサインが専用のものになっており、ウルトラマンゼロの変身音も流れました。

ウルトラヒーローX ウルトラマンエックスゼロアーマー1
右腕には、ウルティメイトゼロソードが装備されています。
他のアーマーとは違い、これにはアルファベットの刻印はありませんでしたね。


以上が新作ソフビ2体の軽いレビューになります。
youtubeでは、ウルトラマンXの第6話が期間限定で配信中です。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|18:08

新食玩「ウルトラボーグ」を購入!

お菓子売り場にて、新食玩シリーズの「ウルトラボーグ」が順次発売開始となっていますね。
公式HPの設定によると、このシリーズのウルトラマンや怪獣は「マシンボーグ」と呼ばれる存在であり、
人間と共存して「ダークマシンボーグ軍団」と日夜戦いを繰り広げているそうです。

ウルトラボーグ
マシンボーグ ウルトラマン
空駆けるマシンボーグこと、ウルトラマンです。
あくまでマシンボーグがウルトラマンの姿を真似ただけであって、ウルトラマン本人では無いそうです。
設定通りメカニックなアレンジになっており、シルバーとメタリックレッドの塗装が輝いています。

ウルトラボーグ0
背面です。
変形の都合上、翼を背負っているスタイルが何だか新鮮ですね。

ウルトラボーグ1
マシンボーグ バルタン星人
双刃のマシンボーグこと、バルタン星人です。
両腕の、大きなハサミ状の武器が目を惹くアレンジになっていますね。

ウルトラボーグ2
背面です。
全体的なスタイルは初代バルタン星人ですね。

ウルトラボーグ3
マシンボーグ アントラー
疾走するマシンボーグこと、アントラーです。
まずアントラーというチョイスが嬉しいですし、昆虫怪獣だけにメカアレンジとの相性もバッチリですね。

ウルトラボーグ4
背面です。
変形の都合上、背負いものが目立ちますね。

ウルトラボーグ5
マシンボーグ ゴモラ
剛腕のマシンボーグこと、ゴモラです。
サイバーゴモラと同様に、腕が大きめにアレンジされていますね。ある意味メカゴモラでもあるのかも・・・w

ウルトラボーグ6
背面です。
4種類の中で、一番ボリュームがありました。

ウルトラボーグ7
ウルトラボーグが体のパーツを一旦バラし、再度組み直すことでボーグチェンジ遊びをすることができます。
ウルトラマンは、戦闘機風の「ソニックジェット」へと変形。

ウルトラボーグ8
バルタン星人は、宇宙船風の「グラビティバトルシップ」へと変形。
人型から大きくスタイルが変化しますね。

ウルトラボーグ9
アントラーは、バイク風の「マグネティックモーター」へと変形。
大顎パーツがタイヤになるとは!

ウルトラボーグ10
ゴモラは、重機風の「アームドタンク」へと変形。
個人的にこれが一番気に入りました。

ウルトラボーグ11
各キャラクターのパーツは自在に組み合わせることが可能で、
こんな感じでフル装備風のウルトラマンにすることも出来ましたw
ウルトラボーンと同様に、集めれば集めるほど楽しめそうですね~。

ウルトラボーグ12
その実態は、アントラーのバイクにゴテゴテとパーツを付けただけという・・・
パーツをとことん利用して、別の怪獣に見立てている方もいらっしゃいましたし、これは無限に遊べそうな予感が。
アソート的にはアントラーとゴモラが少な目だった気がします。

以上がウルトラボーグの軽いレビューになります。
食玩で流行りの、パーツ組み換えで遊べるロボット玩具のウルトラ版という感じでしたね。
こちらもシリーズが続いてキャラクターが増えるほど、より遊べる玩具になっていくのではないでしょうか。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|19:59

ウルトラマンX(エックス) 第6話感想(ややネタバレあり)

本日、第6話「星の記憶を持つ男」が放送されました!

ウルトラマンX初の前後編ということで、新キャラクターが3体も登場する非常に豪華な内容になっています。
故郷を滅ぼされ、難民となりながらも打倒ガーゴルゴンに燃える「ゴールド星人tE-rU」、
tE-rUが操る「メカ守護獣ルディアン」、そして全ての元凶とも言える「石化魔獣ガーゴルゴン」。
今回はtE-rUとルディアンがメインでしたね。

この世界でも侵略者というか宇宙人は差別対象にあるみたいですが、
描写されていないだけで、ザラブ星人のような輩がこれまでにも数多く出現したのでしょうね。
ファントン星人グルマン博士のような、善良な宇宙人の方が珍しいのかもしれません。
しかしXioは宇宙の難民の受け入れ態勢も整えていますし、
これまでのシリーズの組織とは、また違った対応を優先する辺りが独特ですね。

今回は上部組織のUNVERに所属する南川大輔が登場しましたが、
ウルトラシリーズではよくある、ただ防衛チームと対立する上司キャラクターという訳では無い様子?
後半を見てみるまでは分かりませんが、今回の彼の言い分は尤もだと思える所が多かったです。
それにしてもグルマン博士は本当に便利かつ有能!
tE-rUの体を調べて、数々の誤解を驚くほどスムーズに解いていくとは。

特撮パートも予想以上で、ルディアンが進撃するシーン、エックスとの戦闘で投げられるシーン、
駐車してある車が動かされるシーン、破片が飛び散って池に落ちる描写など、細かい所に拘りが見られました。
ルディアンのガトリング砲もカッコよかったですし、やはりロボット怪獣は良いものです。
今回の出番は少しだけでしたが、ガーゴルゴンの肩から伸びる蛇の首も、動きが生々しくて素敵でしたw
ゴールド星での暴れっぷりも、それだけで悪の存在だと分かるぐらいの強烈な映像でしたね。

それにしても、ガーゴルゴンの光線はどう見てもキングギドラの引力光線ですよね?
更にゴールド星人というのも、三大怪獣地球最大の決戦に登場した「金星人」にかけているのでしょうか?
ガーゴルゴンはウルトラ怪獣ではあまり数の多くない蛇型怪獣だけに、次回の暴れっぷりが楽しみです。
しかし本当に「ゴルゴン」の怪獣だったとは・・・

物語的には春崎優希とtE-rUの、惑星を越えた交流がメインとなりそうな後編。
予告の時点でウルトラマンエックスも大ピンチになっていますし、
この事件がどのように解決へと向かうのかがとても気になります。
果たしてエックスとルディアンは、序盤の強敵であるガーゴルゴンを打ち倒せるのでしょうか?
ウルトラマンX ルディアン


次回はガーゴルゴンが喋るみたいですが、担当される声優さんは、何とロシア人声優のジェーニャさんだそうです。
やはりゴルゴンの怪獣ですし、その体系からして雌の怪獣なんじゃないかな~と予想していたのですが、
これでほぼ決まりですね。
今回もその非道さを見せ付ける1シーンがありましたし、次回の活躍ぶりが更に楽しみになりました。

youtubeでは監督のコメント付き次回予告と、前回のお話が期間限定で配信中です。




にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(6)トラックバック:(0)|19:48

【動画投稿】 ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻 part43.5

第1回目の記事はこちらになっています!
http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1466.html


ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻43・5
http://www.nicovideo.jp/watch/sm26946430

ゆっくり怪獣解説動画の第四十三・五回目を投稿致しました。
今回は久しぶりの番外編ということで、「怪獣酒場」&「元祖怪獣酒場」をご紹介。
東西の怪獣酒場を制覇した記念として、動画にしてみました。

基本的な写真のほとんどは、既にブログにもアップしたものを使用しています。
本来は各メニューの味なども解説したかったのですが、どうも頭の中で纏まらない上に説明し辛いので、
その辺りはご自分の舌で確かめてもらうか、想像にお任せします。
展示物なども動画で紹介したものが全てではないので、何となくプロモーション的な内容になってしまいましたねw

ある程度落ち着いたら、また近い内に元祖怪獣酒場を訪れてみたいと思います。
まずはお酒以外の全メニュー制覇を目指して!

今回も面白いと感じて頂けたら動画へのコメントや、マイリスト登録して頂けるとありがたいです。
では、お楽しみ下さいませ~
youtubeでは、「ウルトラ大戦争 ウルティメイトウォーズ part4」を投稿しております。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|18:43

ウルトラマンフェスティバル2015に行ってきた!(レポート記事)

では、引き続き東京遠征の模様をご紹介します。
本日は東京遠征の目玉、ウルフェスこと「ウルトラマンフェスティバル2015」の会場の模様をご紹介します。
(画像はクリックすると拡大します)


ウルトラマンフェスティバル2015の
さて、池袋サンシャインシティの玄関口には毎年ウルトラマンの立像が展示されているのですが、
今年はウルトラマンコスモスが出迎えてくれました。
しかも現在は、ウルトラマンXで活躍中の「ジオアトス」が展示されているとのこと!
うーん、羨ましい・・・

ウルトラマンフェスティバル2015の0
そして会場前へと移動。
例年通りであれば、午前10時の会場時間まで並んで待つのですが・・・

ウルトラマンフェスティバル2015の1
まずは、会場のお隣にある「ウルトラマンカフェ」で朝ご飯です。
ここのメニューには、限定サイバーカードが付きますからね~。
(こちらも、オープンは午前10時からとなります)

ウルトラマンフェスティバル2015の2 ウルトラマンフェスティバル2015の3 ウルトラマンフェスティバル2015の4
内装はウルトラマンX尽くしといった感じです。
Xio関連のパネルも目立ちましたね。

ウルトラマンフェスティバル2015の5
入り口には、ウルトラマンギンガの立像が展示されていました。

ウルトラマンフェスティバル2015の6 ウルトラマンフェスティバル2015の7
ウルトラマンフェスティバル2015の8 ウルトラマンフェスティバル2015の9 ウルトラマンフェスティバル2015の10
こちらが、限定サイバーカードが付属している5種類のメニューとなります。
焼きそば、たこ焼き、ホットケーキ、カレー、オムライスですね。
見た目は面白いですが、味はどれもお子様用という感じでしたw
(それなりに美味しかったですけどね)

ウルトラマンフェスティバル2015の11 ウルトラマンフェスティバル2015の12 ウルトラマンフェスティバル2015の13
さて、会場に入るとまずはウルトラファイトビクトリーでも活躍した、
ウルトラマンビクトリーウルトラマンヒカリが展示されていました。

ウルトラマンフェスティバル2015の14 ウルトラマンフェスティバル2015の15 ウルトラマンフェスティバル2015の16
更に、ウルトラマンナイスハネジローの姿も。
ナイスは、こういうおふざけポーズがとてもよく似合いますねw

ウルトラマンフェスティバル2015の17 ウルトラマンフェスティバル2015の18
会場の各所には、隠れ怪獣も展示されているそうです。
とりあえず発見した、ゴルゴン星人を撮影しておきました。

ウルトラマンフェスティバル2015の19 ウルトラマンフェスティバル2015の20
ウルトラマンフェスティバル2015の21 ウルトラマンフェスティバル2015の22 ウルトラマンフェスティバル2015の23
マットアロー2号イカヅチウルトラマン80の飛び人形ウルトラマンメビウスの飛び人形
ウルトラマンダイナの飛び人形ウルトラマンガイアの飛び人形ウルトラマンコスモスの飛び人形
ダッシュバード3号ですね。

ウルトラマンフェスティバル2015の24 ウルトラマンフェスティバル2015の25
ウルトラマンフェスティバル2015の26 ウルトラマンフェスティバル2015の27
ゴルザ(強化)の遠景用人形アントラーの遠景用人形テレスドンの頭レイキュバスの遠景用人形です。
レイキュバスは手前に水槽が設置され、その中にカニが入っていました。
サンシャイン水族館とのコラボ展示ですね。

ウルトラマンフェスティバル2015の28 ウルトラマンフェスティバル2015の29
ゾイガーメルバの飛び人形です。
これは少し上の方に展示されているので、気が付いていない人も居たかも?

ウルトラマンフェスティバル2015の30 ウルトラマンフェスティバル2015の31 ウルトラマンフェスティバル2015の32
こちらにはゾフィーウルトラマンマックスが展示されていまして、
その手前にはレッドキングエレキングの尻尾が伸びています。
こちらは掴むなり押し倒されるなりして、自由に撮影することができるスポットでした。
それと、ガンQの頭が何故か台に貼りついています。

ウルトラマンフェスティバル2015の33 ウルトラマンフェスティバル2015の34 ウルトラマンフェスティバル2015の35
ウルトラマンフェスティバル2015の36 ウルトラマンフェスティバル2015の37 ウルトラマンフェスティバル2015の38
ウルトラマンフェスティバル2015の39 ウルトラマンフェスティバル2015の40 ウルトラマンフェスティバル2015の41
ウルトラマンフェスティバル2015の42 ウルトラマンフェスティバル2015の43
こちらは、会場の各所に展示されていたウルトラ戦士です。
ウルトラマン80ウルトラマンジョーニアスウルトラマンサーガウルトラマンレジェンドウルトラマンノア
ウルトラマンチャックウルトラマンスコットウルトラウーマンベスウルトラの父ウルトラの母ユリアン
ウルトラマングレートウルトラマンレオウルトラマンキングアストラウルトラマンパワード
ウルトラマンジャスティスウルトラセブン21ウルトラマンゼアスウルトラマンエースウルトラマンアグル
ウルトラマンネオスウルトラマンゼノンですね。

ウルトラマンフェスティバル2015の44 ウルトラマンフェスティバル2015の45 ウルトラマンフェスティバル2015の46
ウルトラマンフェスティバル2015の47 ウルトラマンフェスティバル2015の48 ウルトラマンフェスティバル2015の49
台本やプレスシート、企画書に絵コンテに撮影機材など、かなりマニアックな展示物も。
フィルムケースやフィルム缶など、経年劣化を感じさせるものもありますが、よく現存しているなぁ~と。

ウルトラマンフェスティバル2015の50 ウルトラマンフェスティバル2015の51
小窓を覗くと、中には撮影スタジオを再現したミニチュアが。
ウルトラマンエースの第5話をイメージしてか、アリブンタギロン人の姿がありますね。
ギロン人以外は、アルティメットソリッドなど既存のフィギュアを改造したものだと思います。

ウルトラマンフェスティバル2015の52 ウルトラマンフェスティバル2015の53 ウルトラマンフェスティバル2015の54
もちろん、ウルトラマンエックスも展示されています。
しかもまだ本編には登場していない、ウルトラマンエックス(ゼットンアーマー)
聞く所によると、私が訪れる前は普通のウルトラマンエックスだったそうです。
この展示入れ替えは大歓迎、塗装がキラキラしていてとてもカッコよかったです。

ウルトラマンフェスティバル2015の55 ウルトラマンフェスティバル2015の56 ウルトラマンフェスティバル2015の57
今年のふれあいステージは、「ゴモラ広場」という名称に変更されています。
巨大なゴモラが顔を覗かせており、たまにブルブルと震えたり、その視線を変えたりするギミックが仕込まれていました。

ウルトラマンフェスティバル2015の58 ウルトラマンフェスティバル2015の59
ふれあいステージのイベントは平常運転ですw
レイモンウルトラマンゼアス&ウルトラマンナイスなどを見ることが出来ました。

ウルトラマンフェスティバル2015の60 ウルトラマンフェスティバル2015の61
周辺のプレイコーナーには、ウルトラマンのふわふわアトラクションや、
巨大なバルタン星人アントラーも展示されています。

ウルトラマンフェスティバル2015の62
見事に復活となったウルフェス限定アイスクリームですが、今年も裏メニューが存在しました。
店員さんに「裏メニューありますか?」と聞けば、その一覧表を見ることができます。
私はゼロダークネスを注文しましたが、ストロベリー&ラズベリーのチョコアイスだったので、かなり美味しかったですね。

ウルトラマンフェスティバル2015の63 ウルトラマンフェスティバル2015の64
アイスコーナー周辺には、壁に歴代ゴモラの写真がありました。
ゴモラゴモラⅡゴモラ(レイオニックバースト)パワードゴモラEXゴモラメカゴモラ
そしてまだ雑誌などでは未公開のサイバーゴモラのスーツ画像ですね。

ウルトラマンフェスティバル2015の65 ウルトラマンフェスティバル2015の66 ウルトラマンフェスティバル2015の67
会場には、超巨大ウルトラセブンも展示されています。
落下してきたコンクリート破片を支えて、助けてくれているシチュエーションですね。
近くで見ると大迫力ですし、更に見え辛いところにガンダーも展示されています。

ウルトラマンフェスティバル2015の68 ウルトラマンフェスティバル2015の69
そして今回のウルフェスの目玉、巨大バトルジオラマです。
これがもう素晴らしく、ウルトラマン&怪獣ともに電飾が仕込まれていますし、
街のミニチュアもかなり精巧に作られているので、会場では何時間でも見ていれそうなぐらい惚れ惚れとしていました。
時間によって照明が変化し、更に様々なアングルで撮影できるので、それもまた楽しかったんですよね~。

ウルトラマンフェスティバル2015の70 ウルトラマンフェスティバル2015の71 ウルトラマンフェスティバル2015の72
ウルトラマンフェスティバル2015の73 ウルトラマンフェスティバル2015の74
ウルトラマンフェスティバル2015の75 ウルトラマンフェスティバル2015の76
まずはウルトラマンタロウ&ウルトラマンメビウスVSゾアムルチから。
手前にある鉄橋が、とてもいい仕事をしてくれています。
ここは超アオリアングルで、メビウスとゾアムルチを撮影するのがオススメ!

ウルトラマンフェスティバル2015の77 ウルトラマンフェスティバル2015の78
怪獣酒場やファミリーマートなど、様々なお店や企業の姿も。
特にファミリーマートは店内まで作り込まれているので、とにかく仕事の細かさに感動しました。

ウルトラマンフェスティバル2015の79 ウルトラマンフェスティバル2015の80
ウルトラマンフェスティバル2015の81 ウルトラマンフェスティバル2015の82
お次はウルトラマンコスモス&ウルトラマンゼロVSハイパーゼットン(イマーゴ)
周辺にはガッツウイングゼロガッツイーグルα号XIGファイターEXも飛翔しています。
こちらはちょっと遠景にあるので、近くでは撮影できないんですよね~。

ウルトラマンフェスティバル2015の84 ウルトラマンフェスティバル2015の85
ウルトラマンフェスティバル2015の86 ウルトラマンフェスティバル2015の87
続いてはウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ&ウルトラマンガイアVSファイブキングです。
これは各地の撮影ポイントから、良いアングルを探し出すのがとても楽しかったですね。
位置的にも、バトルジオラマのメインと言っても良いでしょう。

ウルトラマンフェスティバル2015の88
その手前には、オレンジ色の服装をした人物や、ポインターらしきものが・・・?

ウルトラマンフェスティバル2015の89 ウルトラマンフェスティバル2015の90 ウルトラマンフェスティバル2015の91
お次は、ウルトラマンVSゴメスです。
実はこの展示物も差し替え後で、本来はゴメスの代わりにジラースがここに立っていました。
居なくなったジラースはライブステージ第二部で活躍中ですが、実は会場の中には小さなジラースも居るらしく・・・?

ウルトラマンフェスティバル2015の92 ウルトラマンフェスティバル2015の93
バトルジオラマの最後は、ウルトラマンジャック&ウルトラマンギンガVSノコギリンです。
ここに来てノコギリンという謎のチョイスが素晴らしい!
やはり夏と言えば昆虫ですものねw
ノコギリンはアトラクション用スーツですが、目に電飾が灯っているのが嬉しいですね。

ウルトラマンフェスティバル2015の94
ライブステージ第一部では、始まる前に多数の友好的な宇宙人たちが、来場者に挨拶&誘導を行っていました。
フック星人ペダン星人ミジー星人ゼネキンダール人マグマ星人レイビーク星人が確認できましたね。
普通に喋りかけてくれますし、かなり気さくな宇宙人たちでしたw

ウルトラマンフェスティバル2015の95 ウルトラマンフェスティバル2015の96
ライブステージも、LEDスクリーンの投入によってド派手な演出が増え、かなり見応えのある内容になっていました。
詳しい話はネタバレになるので避けますが、空中戦までやってのけたのはビックリ!
演出は第一部が、登場キャラは第二部の方が個人的にインパクトがありましたね。
特に第二部に登場するゲストキャラには、本当に驚かされました!
(例年通り、フラッシュ撮影と動画撮影は禁止されていますのでご注意を)

ウルトラマンフェスティバル2015の97
デザインコンテスト最優秀賞作品の、スケドンアーマーデンパゴンアーマーも大活躍。
パネルでイラストも展示されていました。

ウルトラマンフェスティバル2015の98 ウルトラマンフェスティバル2015の99 ウルトラマンフェスティバル2015の100
オマケの、フィギュアなどの展示物の一部です。
HGウルトラマンの最新作、オニデビルにオニバンバになまはげにオニオンって正気か・・・!?w

ウルトラマンフェスティバル2015の101 ウルトラマンフェスティバル2015の102
最後は、東京駅地下にあるキャラクターストリートにて展開されている、ウルトラマンオフィシャルショップです。
リニューアルされたらしく、外観がかなり変化していましたね。

ウルトラマンフェスティバル2015の103
名誉店長である、ウルトラマンタロウもブラザーズマント付きで常設されていました。
やはり目やカラータイマーが光っていると、カッコよさも倍増ですね。


以上が、ウルフェス2015のレポート記事になります。
例年通りとても楽しかったですが、画像編集が多くて疲れました・・・w
これから会場に行かれる方は、是非楽しんできて下さいませ~。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|19:19

東京(新宿)巡り ゴジラ編(噂の激辛ゴジラカレーにも挑んでみた)

では、今回の東京遠征の模様をお伝えします。
まずはゴジラ編ということで、新宿周りのスポットのレポートになります。
(画像はクリックすると拡大します)


新宿ゴジラ
新宿駅から歩いてすぐの場所にある、歌舞伎町に存在しているのが「新宿東宝ビル」です。
いわゆるTOHOシネマズ新宿ですが、ご覧の通り壁にはゴジラの大きな顔が!

新宿ゴジラ0 新宿ゴジラ1
新宿ゴジラ2 新宿ゴジラ3
更に、その上には巨大なゴジラヘッドが展示されています。
メインストリートから非常によく見えるので、外国人観光客も含めて人気の撮影スポットになっていました。

新宿ゴジラ4 新宿ゴジラ5
内部にある「ホテルグレイスリー新宿」では、
エレベーター付近に子供たちが描いたであろうゴジラのイラストが展示されていました。

新宿ゴジラ6 新宿ゴジラ7
こちらのホテルの8階にある「カフェテラス ボンジュール」を利用すると、ゴジラヘッドのすぐ間近に行くことができます。
とりあえずドリンクを注文し、ゴジラの背中を眺めながらまったりと過ごしていました。
うーん、これは贅沢なひととき・・・

新宿ゴジラ8 新宿ゴジラ9 新宿ゴジラ10
新宿ゴジラ11 新宿ゴジラ12 新宿ゴジラ13
新宿ゴジラ14 新宿ゴジラ15
カフェには外に繋がる通路が存在し、そこを抜けるとゴジラヘッドの目の前まで行くことができました。
デザインはVSシリーズのバトゴジですが、身長50mサイズのゴジラを想定すると、これが本物サイズなんですよね。
とにかくその大きさに圧倒されました、顔だけでも存在感が半端無かったです。
口内や体表のディテールも丁寧に作られていましたし、怪獣ファンとしてはただただ感動。
最後の写真は、無謀にもゴジラに上ろうとしていたカマキリです。立派なカマキラスになれよ!

新宿ゴジラ16 新宿ゴジラ17
新宿ゴジラ18 新宿ゴジラ19
新宿ゴジラ20 新宿ゴジラ21
各部には、数々の怪獣造形を手掛けられた「安丸信行」さんによる、ゴジラレリーフが展示されていました。
それぞれ初代ゴジラ、84ゴジラ、ゴジラVSモスラをモチーフとしていますね。

新宿ゴジラ22
さて、ビル一階にある「インドカリーダイニング コバラカフェ」というレストランでは、
ゴジラとコラボしたメニューである「ゴジラカレー」を販売しています。

新宿ゴジラ23
こちらもコラボメニューの一つ、「ゴジラドリンク ゴジラの鼓動」というスペシャルドリンクです。
微炭酸の飲み物で、炭酸が苦手な私でも全然大丈夫なのが嬉しかったです。
最初は黒っぽいのですが、中にLEDが仕込まれた物体が投入されると、青や緑などに光り輝いてかなり綺麗でした。
味は不思議な感じで、サッパリとしてフルーティ。
カレーのお供としては最適な飲み物でしたね。(むしろこれが無ければゴジラカレー攻略は不可能でした)

新宿ゴジラ24
そしてこちらがゴジラカレーになります。
黒っぽい深緑色をした如何にも辛そうなルーには、エビなどが入っているので、
ゴジラ=海という連想からかシーフードカレーなんですね。
ライスには背びれに見立てたパパドゥ(豆せんべい)が刺さっており、更に尻尾をイメージしたナンも付いてきます。

そして味は・・・カレー好きな私としては大歓迎の美味しさでした!
が・・・文字通りの激辛!!
火を吹く辛さ」と評されていたのは伊達ではなく、ある程度辛いものに耐性がある私もノックアウト寸前!
一体どんなスパイスを使っているんだ!?
そんなことを心の中で叫びながらも、氷水とゴジラの鼓動を駆使しつつ、何とかチマチマと食べていき・・・

新宿ゴジラ25
遂に完食!いやー、さすがゴジラの名を持つカレーなだけに強敵でした・・・
時期が時期だけに、私の体は汗でびっしょり。
冗談では無く、メルトダウン寸前のところまで追い込まれました。
辛いものが好きな人は、是非挑戦してみては如何でしょうか。
ちなみに、この他にも「たまゴジラカリーライス」なるコラボメニューも存在しています。

新宿ゴジラ26
他にも、近くの道路の各所では歌舞伎町アートプロジェクト「怪獣street」も展開中。
各所にゴジラ怪獣をテーマにした、イラストの数々が展示されています。
その一例として、ビオランテを写真に収めてきました。

新宿ゴジラ27 新宿ゴジラ28 新宿ゴジラ29
新宿ゴジラ30 新宿ゴジラ31 新宿ゴジラ32
せっかく新宿に来たので、ここからは「新宿副都心」周辺をぶらぶらと散歩していました。
84版ゴジラ、ゴジラVSキングギドラ、ウルトラマンレオ、ULTRAMAN、クレヨンしんちゃん アクション仮面VSハイグレ魔王・・・
などなど、数々の作品で舞台になった場所でもありますからね。(いわゆる聖地巡礼)
特にレオで、円盤生物サタンモアが攻撃し続けていた「新宿住友ビル」を間近で見られたのは嬉しかったです。
確か84版ゴジラでもゴジラがぶっ壊したビルの一つでしたね。

新宿ゴジラ33 新宿ゴジラ35
新宿ゴジラ34 新宿ゴジラ36 新宿ゴジラ37
その流れで、「東京都庁舎」にも足を運んでいます。
ゴジラVSキングギドラで盛大に破壊され、ハイグレ魔王の宇宙船が取り付いた場所としても印象的でした。
Tバック男爵との空中戦が繰り広げられたのも、この近辺ですね。

新宿ゴジラ38 新宿ゴジラ39
新宿ゴジラ40 新宿ゴジラ41 新宿ゴジラ42
展望室にも足を運んでみましたが、あまりの高さに街並みがミニチュアにしか見えなかったですw
ウルトラマンザ・ネクストが飛翔した時の目線も、こんな感じだったのかな~と。
天候次第では、富士山も見えるそうです。

新宿ゴジラ43 新宿ゴジラ44 新宿ゴジラ45
さて、最後は都庁の隣にある「新宿中央公園」です。
ここの「水の広場」では、新宿クリエイターズ・フェスタの一環として「ゴジラ砂像」が建造中でした。
私が見た時は、ゴジラの顔の全体像が仕上げられている真っ最中。
ここから、更に掘り込むそうです。
こちらは8月18日(火)~9月27日(日)までの期間限定展示だそうですので、完成まであと少しですね。


以上が新宿散策のレポート記事になります。
明日はウルフェスのレポート記事を予定しています。
youtubeでは、ウルトラマンXの第5話が期間限定で配信されています。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|19:06

ウルトラマンX限定ソフビ人形&サイバーカードウエハースなど、ウルフェスのお土産編!

ようやく東京から帰還し、写真を整理できたので、先に東京で購入したものをご紹介します。
まずは限定ソフビ人形から!


ウルトラヒーローX ウルトラマンエックスゼットンアーマー限定
イベント限定 ウルトラマンエックス(ゼットンアーマー)クリアVER.
こちらはウルトラマンフェスティバル会場、各地のオフィシャルショップ、イベント会場などで、
8月11日から発売されている限定ソフビ人形です。
一般販売に先駆けての先行販売であり、全身がクリアラメ成型になっているのが特徴ですね。
エックスのモンスアーマーの中では比較的シンプルですが、各部にゼットンの特徴が見られるデザインになっています。

ウルトラヒーローX ウルトラマンエックスゼットンアーマー限定0
背面です。
DXエクスデバイザーでライブサインを読み込ませると、最初に「スペシャルイベント限定」という音が追加され、
あとはゼットンアーマー専用音声になっていました。
(ゼットンの鳴き声も鳴ります)


指人形 ウルトラマンエックス限定
こちらは、ウルフェス限定カラーのウルトラマンエックスの指人形です。
全身が渋めのメタリックブルー塗装になっており、造形などは通常版と同じものでした。


そして、ウルフェス会場やオフィシャルショップで先行販売されていた、
ウルトラマンX サイバーカードウエハース」も1BOX購入してきました。
1BOX(20袋入り)買うと、全12種類をフルコンプリートできる仕様になっています。
ウエハースの味は、去年に反響を呼んだ「ブイチョコウエハース」とほぼ同じ仕様だったので、美味しかったですね。
サイバーカードは紙製で、裏面はカードダス版などと同じ仕様でした。
また、全てのカードがキラ仕様になっているのもウエハース版の特徴です。

サイバーカード ウエハース
ウルトラマンエックスウルトラマンウルトラマンゼロです。
全て、サイバーカードウエハースだけの絵柄になっていますね。
必殺技はそれぞれ、ザナディウム光線スペシウム光線ワイドゼロショットでした。

サイバーカード ウエハース0
ウルトラマンマックスウルトラマンサーガウルトラマンビクトリーです。
マックスとサーガは、今回が初登場ですね。
必殺技はそれぞれ、マクシウムカノンサーガマキシマムビクトリウムシュートでした。

サイバーカード ウエハース1
サイバーゴモラサイバーエレキングサイバーバルタン星人です。
どれも既出カードですが、絵柄が新規のものになっていますね。
音声は通常版と同じ仕様でした。

サイバーカード ウエハース2
サイバーブラックキングサイバーアントラーサイバーナースです。
どれも今回が初登場で、サイバーアントラーはアルファベットの紋章の位置が面白いですねw
3枚ともに鳴き声が収録されており、必殺技音は共通音声でした。


最後は、ウルフェス会場の目の前にあるレストラン限定配布のサイバーカードです。
これは5種類のメニューにそれぞれ限定サイバーカードが付属していまして、
各種1日50枚限定配布というかなりの鬼畜仕様でした。
なので、カードが欲しい方は朝一からレストランに行って、先に食事をした方が良いと思います。
ちなみに、カードはプラスチック製でした。

サイバーカード ウルフェスレストラン限定
ウルトラマンナイスウルトラマンゼロです。
ナイスは初登場で、ゼロも新規絵柄になっていますね。

サイバーカード ウルフェスレストラン限定0
裏面です。
必殺技はそれぞれ、ベリーナイス光線ワイドゼロショットでした。

サイバーカード ウルフェスレストラン限定1
サイバーパンドンサイバーシーボーズサイバールナチクスです。
どれも今回が初登場の怪獣ばかりで、チョイスも結構通好みですねw

サイバーカード ウルフェスレストラン限定2
裏面です。
どれも鳴き声が無く、必殺技音も共通音声でした。


以上が東京で購入したグッズです。
実は東京で買ったものは他にもたくさんあるのですが、それはまた後日にご紹介します。
ウルフェス限定サイバーカードは、他にもまだ何種類も存在しているのですが、
諸々の事情で入手を断念しています。
(残りは既出キャラの絵違いばかりでしたしね)

ウルフェスなどのレポート記事は、今しばらくお待ちを・・・


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|10:43

ウルトラマンX(エックス) 第5話感想(ややネタバレあり)

本日、第5話「イージス 光る時」が放送されました!

夏休みだからか、第5話目にしていきなりイベント回というのが凄い構成ですねw
坂本浩一監督らしくスピーディーな展開・・・かと思いきや、前後編を1つの話に纏めたかのような凄まじい内容でした。

今後の展開に大きく関わりそうな要素を盛り込みつつ、
何といっても「ウルトラマンゼロの客演」というメインイベントをこなしていましたからね。
それに加えてルイルイとファントン星人グルマン博士らの奮闘ぶりも描写されていましたし、
とにかく濃密・・・いや、これでもか!というぐらいみっしりと詰まったお話でした。

ウルトライザーはウルトラマンの光線と同等の威力を再現しているという設定なので、
射撃の名手であるワタル隊員ですら、その反動によろめくシーンがこれまでにもありました。
そして今回のルイルイは開発に携わっていながらも、実戦での使用経験は無いので、
ああなってしまうのも必然なんですよね。
(逆に、それが功を奏していましたが)

スカイマスケッティからジオアトスが分離するシーンもかっこよかったですし、Xioの兵器周りの描写は毎回唸らせられます。
今回も、短い時間ながら見せ場しか無かったですね。
(車に搭乗して窓からチラっと顔を覗かせるグルマン博士のカットは笑ってしまいましたが)
さあ、今回でその立ち位置が変化してしまったグルマン博士は、今後の動向にも注目ですね。

ポンチョを身に纏い、見事な銃裁きで魅せてくれたナックル星人バンデロ。
顔が初代ナックル星人に近いのも嬉しいですし、悪党ながらも少し笑える所もあったりと、実に濃いキャラクターでした。
車に轢かれるところや電話中の会話の内容、それにアクションの数々など、
随所に小ネタが仕掛けられていたのも面白かったですね。
真っ当な意味で、悪役らしい悪役だったと思います。

バンデロが操るブラックキングも、原典以上の強さと硬さを見せてくれましたね。
光線を弾くポーズにもニヤリとさせられましたし、
「ドリルカスタム」というアンドロメロスに登場した改造ブラックキングを彷彿とさせる強化改造もお見事!
見た目で強くなったというのが分かりやすいですし、実際に攻撃力が向上していましたね。
ナックル星人にしろブラックキングにしろ、ただの再登場で終わらない辺りがXの良いところです。

そして今回のメインであるウルトラマンゼロ。
何気に「純粋なTVシリーズ」としては今回が初登場になるという事情もあってか、
ほぼ全編に渡って登場し、文字通り「ウルトラマンゼロ劇場」と言っても過言ではないぐらいの大活躍ぶりでしたね。
ゼロの特徴である強さ、カッコよさ、コミカルさの全てが集約されていましたし、
まさかあそこまでその力を見せてくれるとは思いもしませんでした。

エックスやルイルイとの絡みも笑えましたし、ああいう描写こそゼロならではの魅力です。
先輩に負けじとエックスも独自の能力であるモンスアーマーの力を最大限に活用していましたし、
新ヒーローも旧ヒーローも悪役も人間も立ててしまった今回のお話は、客演編としてはかなり高水準だと思いました。
ゼロからエックスへのバトン渡し的なカットもありましたし・・・(2人の間のギンガとビクトリーが抜けているのは置いといて)
個人的には文句なし、最初から最後まで全編楽しめた素晴らしいイベント回でした。
ウルトラマンX ブラックキングドリルカスタム


色々とてんこ盛りだった5話目でしたが、特撮やアクションも相変わらず気合十分で見応えがありましたね~。
安定のオープンセットでのカットも健在でしたし、坂本節全開といったお話でした。
ウルトラマンXは毎回度肝を抜かれるシーンが多々あるので、とても新鮮な気持ちで視聴できますね。
さあ、次回は新怪獣が登場する前後編の前編です!

youtubeでは監督のコメント付き次回予告と、前回のお話が期間限定で配信中です。




にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(11)トラックバック:(0)|19:48

川崎の「帰ってきた怪獣酒場」にようやく潜入してきた!

ただいま、ウルフェスなどの為に東京へと遠征中です。
ウルフェスのレポートは後日に纏めて更新するので、
本日は川崎にある「帰ってきた怪獣酒場」のレポート記事を投稿したいと思います。
今回はTwitterなどで知り合った某氏と2人で来店しています。
(画像はクリックすると拡大します)


帰ってきた怪獣酒場 帰ってきた怪獣酒場0
帰ってきた怪獣酒場1 帰ってきた怪獣酒場2 帰ってきた怪獣酒場3
まずはお店の外見から。
場所は川崎駅のすぐ近くにある、NOF川崎東口ビルのB1階です。
地下通路からも行くことができるので、暑い日や雨の日も安心ですね。
お店の壁には、ウルトラ怪獣たちの姿がたくさん描かれていました。

帰ってきた怪獣酒場4
入り口から入店すると、店員さんと共に「ジャミラの真実の口」がお出迎え。
この口の中に手を入れて、ヒーローではないことを確認してから席へとご案内されます。

帰ってきた怪獣酒場5 帰ってきた怪獣酒場6
そしてその隣では、キングジョーの立像が出迎えてくれます。
ちゃんと劇中通りに発光しているので、かなりの存在感でした。

帰ってきた怪獣酒場7 帰ってきた怪獣酒場8
レジにはカネゴンが設置してあったり、コダイゴンが祀られたりしていますw

帰ってきた怪獣酒場9 帰ってきた怪獣酒場10
更にケムジラ、アーストロン、マシュラ、女ヤプール、メトロン星人、チブル星人の忘れ物も。
というか、アーストロンはそれを取り外せたのかとw

帰ってきた怪獣酒場11
店内のいたる所に、著名人たちのサインが飾られていました。

帰ってきた怪獣酒場12 帰ってきた怪獣酒場13
帰ってきた怪獣酒場14 帰ってきた怪獣酒場15 帰ってきた怪獣酒場16
全ては撮影できませんでしたが、テーブルなどの装飾もかなり凝っています。
(私たちはフィギュアがいっぱい置いてあるカウンター席に座っていました)

帰ってきた怪獣酒場17 帰ってきた怪獣酒場18 帰ってきた怪獣酒場19
そしてお盆ということで、期間限定イベントである「怪獣供養祭」も開催されていました。
ウルトラ木魚を叩いて拝むも良し、隣にある紙に散っていった怪獣たちに対するメッセージを書いても良し。
ちなみに、店内で流されている映像も「怪獣墓場」がメインになっていました。

帰ってきた怪獣酒場20
元祖怪獣酒場に負けじ(?)と、店内のあちこちに変なポスターが貼られていますw
これはギリギリアウトな例。

帰ってきた怪獣酒場21 帰ってきた怪獣酒場22 帰ってきた怪獣酒場23
店内は基本的に怪獣だらけです。
エクスプラスの怪獣ソフビや、ガシャポンのHGシリーズなど、リアル指向のフィギュアを展示してありましたね。

帰ってきた怪獣酒場24
こちらは誕生月の方のみが入場可能な、ペガッサ星人の有名なスチール写真を再現できる隠し部屋です。

帰ってきた怪獣酒場25 帰ってきた怪獣酒場26 帰ってきた怪獣酒場27
他にも、フック星人とスチール星人が密談している部屋も。
こちらは扉のドアノブを回すと、二人の忠告?のような声を聴くことができます。

帰ってきた怪獣酒場28 帰ってきた怪獣酒場29 帰ってきた怪獣酒場30
帰ってきた怪獣酒場31 帰ってきた怪獣酒場32 帰ってきた怪獣酒場33
こちらも全ては撮り切れませんでしたが、宇宙人や怪獣に関係するプロップも多数展示されていました。
いつぞやのウルフェスで見かけたものが多いですねw

帰ってきた怪獣酒場34 帰ってきた怪獣酒場35
帰ってきた怪獣酒場36 帰ってきた怪獣酒場37
地球人やウルトラ戦士の戦力を分析するエリアも存在し、戦闘機や装備品などのプロップが展示されています。
ダン隊長の杖もこんなところに・・・w

帰ってきた怪獣酒場38 帰ってきた怪獣酒場39
更にこの時期は「宇宙人・怪獣連合」の会長を決めるための選挙も行われており、
お店に行くごとに1票を投じることができました。
私は迷うこと無く、円盤生物ノーバに一票を投じましたw

帰ってきた怪獣酒場40 帰ってきた怪獣酒場41
食べ物のメニューを頼むごとに、その時期に配布されている怪獣コースターを貰えます。
(私はドラゴリーが当たりました)
そして、来店記念品としてオリジナル小皿も配布されます。

帰ってきた怪獣酒場42
ドリンクですが、私は手前にある「アンドロイド少女ゼロワンのおすすめ とろりんマンゴジュース」を注文。
これは甘くて、とても美味しかったです。

帰ってきた怪獣酒場43
同行した某氏が頼んだのは、「出現!宇宙竜ナース」です。
ナース型のパーツが付属した、トルネードソーセージですね。
私も少し分けて頂きましたが、味が良くお酒に合いそうだなーとw
ちなみに、ナース型のパーツはお持ち帰り可能です。

帰ってきた怪獣酒場44
そして、私はこれを食べたいが為に来店したと言っても過言ではありません。
看板メニューの「グドンのおススメ!ツインテールフライ」です。
頭はカボチャのサラダ風で、胴体はベーコンで巻いた二本のエビフライ!
味も想像以上にジューシーで、大満足でした。

帰ってきた怪獣酒場45
更に「チーズスパイシーホットチキン」も注文。
ピリ辛で焦げたチーズが香ばしい、これまたお酒に合いそうな一品でした。

帰ってきた怪獣酒場46 帰ってきた怪獣酒場47
ある意味、パフォーマンス的には一番面白かったのがこちら。
バードン型のバーナーでチーズを焦がしてくれる、「自家製炙りチーズ薩摩焼き」です。
うーん、味もハズレ無し!凄いぞ怪獣酒場!

帰ってきた怪獣酒場48 帰ってきた怪獣酒場49
ウルトラセブンの脳髄を食べるかのような、衝撃的なメニューである「ウルトラセブンを解析せよ!」。
こちらはパンをモツ煮込みに漬けて食べる料理でして、見てくれはブッ飛んでいますが味は良かったです。

帰ってきた怪獣酒場50
最後は夏限定のメニュー、「円盤生物ブリザードのかき氷チョコバナナ」をデザートに。
一気に食べてしまい頭がキンキンしましたが、アルコールもあまり強くはなく、意外とサッパリしていたので一安心。
やはり、円盤生物メニューは頂かないと!


以上が、帰ってきた怪獣酒場のレポート記事になります。
やはり本家ということもあり、元祖怪獣酒場より展示品が凝っていましたね。
これで怪獣がやってくる頻度も高いんだから、本当に羨ましいです。

私はこれにて西と東の怪獣酒場を制覇しましたが、どちらにも共通する点としては、
味が良く、サービスが良く、怪獣愛に満ち溢れている・・・という所でしょうか。
一言で言うと、「天国」です。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|23:50

【動画投稿】 ウルトラ大戦争 ウルティメイトウォーズ part4

※part1の記事はこちらになります!
http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1434.html


ウルトラ大戦争 ウルティメイトウォーズ part4
http://www.nicovideo.jp/watch/sm26891631


大変お待たせ致しました!
同人作品「ウルトラ大戦争 ウルティメイトウォーズ」のpart4が完成したので、
ニコニコ動画の方へアップ致しました。
今回も素晴らしいイラストの数々を頂きまして、絵師様の皆様には大変感謝をしております。

本来はこの後も展開が続いていたのですが、あまりに長くなる為にひとまずはここまで、という形にしております。
part5の投稿もかなり先になりそうですが、どうか気を長くしてお待ちください。
今回の内容は、光の国の住人とエンペラ星人軍の接触~大戦争勃発までとなっています。

少々セキュリティが甘い気もしますが、この時期の光の国には宇宙警備隊がまだ存在せず、
一人も犯罪者が出ていないので、ああいう大規模な災いと直面するのは初めて、ということにしてあります。
警察も存在しない設定ですし、敵の空間転移能力なども考えるとああなるのが妥当かな、と。
次回からは戦闘シーンも入れていきますので、更に編集が大変なことになりそう・・・
(イラストを描いて頂いている絵師様はもっと大変なのは承知しております)

登場キャラクター解説については、また後日に別の記事にて行いたいと思います。
では、お楽しみくださいませ~。
youtubeでも、ウルトラ大戦争のpart3を公開しております。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|15:31

ウルトラマンXと連動、8月分の怪獣ソフビ人形をフラゲ!

明日発売予定の、ウルトラマンXの怪獣ソフビ人形の最新作をフラゲしてきました。
今回発売となるのは、こちらの2体です。


ウルトラ怪獣X ルディアン
ウルトラ怪獣X 04 ルディアン
ウルトラマンXで初登場となる新キャラクター、ルディアンが早くもソフビ人形になりました。
見た目はロボット怪獣といった雰囲気ですが、各部にはどことなく遺跡に刻まれているようなレリーフが存在しています。
犬っぽい顔付きに丸っこい体、ガトリング砲になっている両腕など、そのシルエットは非常に個性的ですね。
この体型でお分かりの通り、リフレクト星人のスーツを改造して制作されたキャラクターなのでしょうね。

ウルトラ怪獣X ルディアン0
背面です。
可動箇所は両腕のみとなっていました。
ライブサインをDXエクスデバイザーで読み込ませると、何と劇中に先駆けて鳴き声を聞くことができます!
デマーガもそうでしたが、新怪獣なのに鳴き声が既に収録されているというのは凄い!


ウルトラ怪獣DX ガーゴルゴン
ウルトラ怪獣DX ガーゴルゴン
ルディアンと同じく、ウルトラマンXで初登場となる新怪獣が、早くもDX枠でソフビ化です。
名前、見た目、石化能力から察するに、この怪獣のモチーフはギリシア神話の「ゴルゴン(ゴーゴン)」なのでしょう。
知能も高く、ルディアンと共にウルトラマンXの第6話と第7話に連続で登場するみたいですね。

ウルトラ怪獣DX ガーゴルゴン0
結構女性的な体系をしていますが、雌の怪獣なのでしょうかね。
両肩から伸びた蛇の首が、より異形感を強調しています。
全身のウロコなど、造形も細かくてカッコいいですね~。
高さは約18cmほどでした。

ウルトラ怪獣DX ガーゴルゴン1
背面です。
背中の模様やトゲの一部が塗装されていました。

ウルトラ怪獣DX ガーゴルゴン2
二本の尻尾も結構長め。
可動箇所は両腕、両膝、右の尻尾となっています。
こちらもDXエクスデバイザーでライブサインを読み込ませると、ちゃんと鳴き声が出ました。

ウルトラ怪獣DX ガーゴルゴン3
口の中に目玉があるというグロテスクなデザイン。
角の塗装も凝っていますし、何気にパーツ分割もかなり細かいソフビ人形でした。

サイバーカード1
どちらにも、プラスチック製のサイバーカードが付属します。
サイバーガーゴルゴンはとてもカッコいいですが、元からロボットであるサイバールディアンはあまり変わらないですねw

サイバーカード2
どちらもソフビ人形と同様に、鳴き声が収録されていました。
(必殺技は共通音声でした)

ウルトラ怪獣DX ガーゴルゴン4
以上がルディアンとガーゴルゴンの軽いレビューになります。
ウルトラマンX初の前後編に登場する新怪獣2体、劇中ではどのような活躍を見せてくれるのでしょうか。
しかしこうなると、今後発売される新怪獣の鳴き声収録にも期待して良いのかも?


youtubeでは、ウルトラマンXの第4話が期間限定で無料配信されています。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|19:23

ウルトラマンX(エックス)、「DXジオアラミス&ジオポルトス」を購入!

購入してから少し経ちますが、今回はウルトラマンXでXioが使用している特殊車両、
ジオアラミス」と「ジオポルトス」のミニカーをご紹介します。
以前に発売された、DXスカイマスケッティに対応している商品です。

DXジオアラミスジオポルトス
まずはジオポルトスから。
残念ながら、変形ギミックの都合もあってかダイキャストパーツは使用されていません。
また、車体のマーキングの大半もシールで表現されていますね。

DXジオアラミスジオポルトス0
歴代防衛チームの中でも、トラックがメイン車両の1つになるのは非常に稀ですね。
車輪が回転するので、転がし遊びが可能です。

DXジオアラミスジオポルトス1
ジオポルトスには、ジオアトスには存在しなかった変形ギミックがあります。
コンテナ部分が変形して、そこから砲塔が展開されていきます。

DXジオアラミスジオポルトス2
そして別売りのジオマスケッテイと合体させて、「ランドマスケッティ」に変形完了!
いわゆる戦車型の戦闘機になっており、ジオポルトスに合わせて黄色い面が強調されています。

DXジオアラミスジオポルトス3
砲塔は上下に可動。
劇中では、テレスドン戦で初登場しました。

DXジオアラミスジオポルトス4
続いてはジオアラミスです。
こちらもダイキャストパーツが使用されていないので、ジオアトスに比べるとちょっと安っぽい雰囲気なのが残念です。
模様などはペイントでしっかり再現されていました。

DXジオアラミスジオポルトス5
こちらも転がし遊びをすることができます。
全車に、ちゃんと日産のマーキングがありましたね。

DXジオアラミスジオポルトス6
ジオポルトスと同様に、変形ギミックが存在しています。
こちらは大きなブースターが展開されていきますね。

DXジオアラミスジオポルトス7
そしてジオマスケッテイと合体して、「スペースマスケッティ」へと変形完了!
こちらはSF映画に出てきそうな、円盤っぽいフォルムの戦闘機になっていますね。

DXジオアラミスジオポルトス8
スカイマスケッティをほぼ裏返したようなイメージなので、どうしてもネジ穴が目立ってしまいますね。
劇中では、ベムスター戦で初登場しました。

DXジオアラミスジオポルトス9
これにてXioのメインメカニックが集結!
(ジオマスケッテイは、劇中のように待機状態で立たせることも出来ました)

以上がジオアラミス&ジオポルトスの軽いレビューになります。
発売済みのジオマスケッテイと組み合わせることで、結構遊べるミニカーになっていました。
こうやってガシガシと変形させて違う戦闘機にする過程はかなり面白く、
歴代防衛チームの戦闘機の中でも、かなりプレイバリューが高い商品なのではないでしょうか。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|17:59

ウルトラマンX(エックス) 第4話感想(ややネタバレあり)

本日、第4話「オール・フォー・ワン」が放送されました!

今回はアスナ隊員、ハヤト隊員、ワタル隊員の3人がメインでしたね。
以前からライバル関係であろう描写が多かったハヤトとワタルですが、今回はそれが前面に出てきていました。
別に仲が悪いわけでは無いのですが、お互いに譲らず張り合っているような関係なんですね。
アスナは大地、ハヤトはワタルといった感じで、Xioは各キャラクターがコンビを組んでいるような関係性なのでしょう。

訓練時の張り合いが響き、大地が行方不明になってしまい、チームワークが乱れていた点を咎める隊長。
しかしただ叱るだけではなく、隊長の言葉の選び方がとても上手だな~と思いました。
そして取り逃した敵を今度こそ倒すために出撃する3人。
あの並び立って歩くカットは結構ありがちなのですが、いざ見てみるとやっぱりカッコいいんですよねw

坂本浩一監督らしく、ほぼ全編にアクションシーンが散りばめられていましたが、
敵キャラクターのザラブ星人やベムスターも非常によく動いていましたね。
ベムスターの街中に出たという巨大感も良かったですし、ザラブバルカンを連射する武闘派ザラブ星人というのも何だか新鮮。
更にベムスターの吸引能力が更に強化(というか変化?)されていたのは、唖然としてしまいましたw
大怪獣バトルのゲームでしか、ああいう光景は見られないと思っていたのですが。
ただ、今回はキャラクター的にザラブ星人でなくても良かった気はしましたね。

大地とウルトラマンエックスの関係性も更に進展がありましたし、
仮面ライダーXかよと思ってしまったエックスの新技披露も驚きましたが、
しかしそれ以上に凄いのは、現時点で出ている様々なアイテムがほぼ全て活躍した点でしょう。
スカイマスケッティ、ランドマスケッティ、スペースマスケッティ、ウルトライザー、サイバーカード・・・
ウルトラマンや怪獣だけではなく、Xioの兵器を1話の中であそこまで活躍させたのはお見事でした。

特に驚いたのはサイバーカードの使い方で、ウルトラマンにアーマーを装着させるだけではなく、
ああいう使い方もできるんだ!とハッとさせられました。
これならどんな怪獣のカードでも、その状況に応じて活躍させることが出来るのではないかと。
(というか、是非活躍させてほしい!)

とにかく展開がスピーディーで、文字通り「盛り沢山」だった第4話。
Xioの紹介編的な印象も受けましたが、次回はルイルイにスポットが当たるみたいですし、
従来のシリーズのように各キャラクターの主役回が用意されていそうですね。
それと前回でポンコツぶりを披露してしまったエックスでしたが、
今回は彼なりの考え方や使命感を知ることができたので、とても良かったです。
ウルトラマンX ベムスター


ベムスターはベムスターで、また新たな一面(可愛い)を見せてくれていましたが、
体内にちゃんと消化器官が存在?していたりと、生物としての一面も強調されていたのが好印象でした。
ウルトラマンX、あくまで個人的な印象ですが、毎回「怪獣愛」が画面の節々から感じられる番組だと思います。
さあ、次回は第5話にしてとんでもない展開になっています!
youtubeでは監督のコメント付き次回予告と、前回のお話が期間限定で配信中です。




にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(6)トラックバック:(0)|19:46

ULTRA-ACT×S.H.Figuarts ULTRAMAN

ULTRA-ACT(ウルトラアクト)の最新作が、先週末から発売となりました。
今回はS.H.Figuarts(エス、エイチ、フィギュアーツ)の要素も取り入れた商品になっています。

ウルトラアクト ULTRAMAN
ULTRAMAN
ハヤタ隊員の息子、早田進次郎がパワードスーツを身に纏った姿です。
いわゆる漫画版「ULTRAMAN」に登場した、ウルトラマンスーツですね。
巨大化もせず、地球側の抑止力として数々の凶悪宇宙人に戦いを挑んで行きます。

ウルトラアクト ULTRAMAN0
ULTRAMANが、遂にアクションフィギュアとして登場です!
立体物もまだ限られているキャラクターなので、ここに来てアクションフィギュアになったのはかなり嬉しいですね。
付属品も、最低限のものが用意されています。

ウルトラアクト ULTRAMAN1
プロポーションは漫画版のイメージそのままで、メカニックなディテールなどもちゃんと再現されています。
リボルテックなどのアイアンマンと並べても違和感が無さそうw

ウルトラアクト ULTRAMAN2
背面です。
大きさは16cmほどなので、ウルトラアクトの中では小さめ、フィギュアーツの中では大きめといった印象です。

ウルトラアクト ULTRAMAN3
可動範囲ですが、股関節はほぼ180度まで開くことができ、更に引き出し式なのでかなり動きます。
ですがデザインの都合上、腰と足首パーツは動きが制限されているのが残念でした。
特に足首パーツは左右には少し動くのですが、前後にはほとんど動きません。
肩関節などは水平にできるので、足回りが惜しいな~と。

ウルトラアクト ULTRAMAN4
とは言っても、全然動かないわけでは無いので色んなポージングで楽しめます。
劇中ではかなりアクロバティックな姿も披露していますし、魂STAGEなどを使用すると、より楽しめる商品なのではないかと。
(ただ、ウルトラアクトではお馴染みの台座接続用パーツが今回はありませんでしたが)

ウルトラアクト ULTRAMAN5
顔も雰囲気は似ていますが、もう少し彫りが深かったら更に似ていたと思います。
目も白い塗装だけなので、あまり目立っていないのはちょっと残念。
(目は元から小さいので、クリアパーツにして映えるかと言われると微妙なところですが)

ウルトラアクト ULTRAMAN6
腕のパーツも換装が可能で、スペシウムブレード展開状態にすることができます。
青いスペシウムエネルギーの部分は、ちゃんとクリアパーツです。

ウルトラアクト ULTRAMAN7
劇中ではこれを展開させて、空中をビュンビュン飛び回っていましたね。
(飛ぶというよりは大ジャンプ的な表現ですが)

ウルトラアクト ULTRAMAN8
更に、パーツ差し替えで両腕のパーツを展開した状態にすることも可能です。
いわゆるスペシウム光線発射形態ですが、劇中では展開していたのは左腕だけだった気が。
(それはそれで、左腕のみを差し換えればいいんですが)
ちなみに、胸パーツも光線発射用のものに差し替え可能です。

ウルトラアクト ULTRAMAN9
そしてエフェクトパーツを取り付けることにより、スペシウム光線発射!
ウルトラマンスーツは、左腕から横に光線が出るのが特徴ですね~。

ウルトラアクト ULTRAMAN10
「当たれェェェェェェェェェェェェェ!!」

ウルトラアクト ULTRAMAN11
以上がULTRAMANの軽いレビューになります。
デザインの都合上、可動が制限されている場所が多かったのは残念でしたが、
現時点ではULTRAMANの数少ないフィギュアの1つですし、
やはりポーズを付けているととてもかっこいいので満足感はありました。
あとはベムラーやバージョン7、エースなどと、この商品と絡むことができるキャラクターの発売にも期待したいですね。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|18:46

「ガシャポン ウルトラヒーロー500&ウルトラ怪獣500第1弾」をコンプリート!

500ソフビのチェックリストを更新しました!
(11月分までの新作を追加しています)


昨日に第2弾の情報が出た「ガシャポン ウルトラヒーロー500&ウルトラ怪獣500」ですが、
その第1弾を発見したのでさっそく回してきました。
・・・が、ウルトラの母が全然出ない!!
どうやら一つの筐体に2つしか入っていないそうで、通りでケロニアやドロボンばかり出る訳ですね。
何とかコンプリートはしましたけど、かなりの額をつぎ込んでしまいました・・・

ガシャポン ウルトラヒーロー500ウルトラ怪獣500 第1弾
商品はこんな感じのカプセルに入っていまして、1回500円のいわゆる「ガシャポンカン」で展開されています。
なので筐体を探す時は、既にガシャポンカンが設置されている所を把握していると見つけやすいと思います。
(今なら仮面ライダードライブのシフトカーなど)
結構かさばるカプセルですが、小物入れなどにも使えそうなので、とりあえず捨てずに取ってあります。
では、第1弾の全4種類をご紹介していきます。


ガシャポン ウルトラヒーロー500ウルトラ怪獣500 第1弾0
ウルトラの母
ウルトラの父の妻であり、ウルトラマンタロウの母親である銀十字軍の隊長、ウルトラの母も500ソフビの仲間入りです。
顔付きを見ると、平成版のスーツを元に造形されていますね。
お下げ部分も別パーツで再現されていますし、塗装が少ない点を除けば、回しまくって出した甲斐はあったかなと。
目はもう少し黄色い塗装でも良かったかもしれませんね。

ガシャポン ウルトラヒーロー500ウルトラ怪獣500 第1弾1
背面です。
DXギンガスパークやDXエクスデバイザーなどで、足の裏にあるライブサインを読み込んで遊べます。
(特別な効果音は無く共通音声でしたが)
ガシャポン版500ソフビは胴体など一部パーツが分割された状態で入っているので、組み立てることで完成となる仕様です。
なので、組み立てやすいように素材が柔らかめになっているのが特徴ですね。


ガシャポン ウルトラヒーロー500ウルトラ怪獣500 第1弾2
ミラーナイト
鏡の星出身の「鏡の騎士」で、現在はウルトラマンゼロらと共にウルティメイトフォースゼロの一員として活躍しています。
ジャンナインに続き、ミラーナイトも500ソフビになりました。
体の銀色のラインが塗られていないのは残念ですが、造形そのものはかなり良い出来だと思います。
個人的なイメージだと、ウルトラの母の次に出にくかったような。

ガシャポン ウルトラヒーロー500ウルトラ怪獣500 第1弾3
背面です。
ライブサインをDXギンガスパークやDXエクスデバイザーなどで読み込ませると、ミラーマン譲りの変身音が鳴りました。
(掛け声などはありません)


ガシャポン ウルトラヒーロー500ウルトラ怪獣500 第1弾4
吸血植物 ケロニア
ウルトラマンの第31話「来たのは誰だ」に登場した、非常に残忍かつ知能の高い植物人間です。
明らかに塗装が楽だからチョイスされたであろう、このケロニアw
目の部分以外は全く塗装されていませんが、特に違和感は無いのでその辺りの割り切りぶりは流石だなーと。
見た目は地味ですが、劇中ではその爛々と光る瞳や、怪しさ満点の人間体なども含めて非常に印象的な怪獣でしたね。

ガシャポン ウルトラヒーロー500ウルトラ怪獣500 第1弾5
背面です。
残念ながらDXギンガスパークなどには対応していないので、ライブサインはDXエクスデバイザーで読み込ませましょう。
(特別な効果音は無く、共通音声でした)


ガシャポン ウルトラヒーロー500ウルトラ怪獣500 第1弾6
泥棒怪獣 ドロボン
ウルトラマンタロウの第52話「ウルトラの命を盗め!」に登場した、ドロボン星の宇宙戦闘員です。
ウルトラマンジャックのカラータイマーを奪い、体をペシャンコにしてしまったことでも有名なドロボンがまさかのソフビ化!
こちらも体の色が少ないのでチョイスされたのでしょうが、ちゃんと右腕に棍棒を持っているのは嬉しいですね。
ケロニアといい、何が出るか分からないガシャポンという媒体だからこそ、こうやって500ソフビになれたのでしょうね~。

ガシャポン ウルトラヒーロー500ウルトラ怪獣500 第1弾7
背面です。
こちらもDXギンガスパークなどには対応していないので、ライブサインはDXエクスデバイザーで読み込ませましょう。
(特別な効果音は無く、共通音声でした)
あとはダストパンが出ればアレの再現が・・・いや、なんでもないです。


ガシャポン ウルトラヒーロー500ウルトラ怪獣500 第1弾8
以上がガシャポン版500ソフビ第1弾の軽いレビューになります。
一応は子供向けの商品ですし、ウルトラの母のアソート数が極端に少ないのは止めて欲しかったですね。
ですがガシャポンならではのマイナー怪獣投入という利点もありましたし、
塗装箇所が少ない影響もあってか、塗られている所の処理は普通の500ソフビよりも丁寧でした。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(8)トラックバック:(0)|14:25

ガシャポン版「ウルトラヒーロー500&ウルトラ怪獣500ソフビ 第2弾」のラインナップが凄すぎる!

ガチャガチャ王国という通販サイトにて、
ガシャポン版ウルトラヒーロー500&ウルトラ怪獣500第2弾の予約受付が開始されました。

ガシャポン ウルトラヒーロー500ウルトラ怪獣500 第2弾
ガシャポンウルトラヒーロー500&ウルトラ怪獣500 第2弾
11月発売予定
1回500円(ガシャカン)
◆ラインナップ
・ウルトラマンジョーニアス(アニメver.)
・キャラクターA
・バド星人
・ゼットン2代目



第1弾に続いて、早くも第2弾の情報が出ましたねー。
というかなんだこのラインナップ。
キャラクターAは、ウルトラマンXに今後登場する予定の新キャラクターかもしれませんが、
もう1つのウルトラマン枠はまさかのジョーニアス、しかもアニメバージョン!
怪獣側もバド星人にゼットン2代目と、ファンの間でよくネタにされているキャラを入れてくるとは・・・w

第1弾はウルトラの母がレア枠だったみたいですが、今回はジョーニアスがそれに当たるのでしょうかね。
まだライブサインが出ていないキャラですし、できれば多く入れてくれると有り難いのですが・・・
うーん、ケロニアやドロボンに続く怪獣枠も本当に凄いです。
やはり色彩的に簡単な塗装で出せて、尚且つカプセルに入りやすい人型のキャラが毎回チョイスされそうですね。
さあ、まずは第1弾を何とかフルコンプリートしないと・・・


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(7)トラックバック:(0)|17:04
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ