大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

ウルトラマンX(エックス) の10月分放送予定(ネタバレ有)

本日から、てれびくんとテレビマガジンの最新号が発売開始となりました。
ウルトラマンX情報は、10月放送予定分が掲載されています。


・10月6日放送 ウルトラマンX第12話「虹の行く先」
(変身怪獣ザラガス、溶鉄怪獣ツルギデマーガ、幻影宇宙女王ギナ・スペクター登場)

・10月13日放送 ウルトラマンX第13話「勝利への剣」
・10月20日放送 ウルトラマンX第14話「光る大空、繋がる大地」
(暗黒星人シャプレー星人、サーベル暴君マグマ星人、幻影宇宙女王ギナ・スペクター、
幻影宇宙大王モルド・スペクター、幻影宇宙帝王ジュダ・スペクター【魂】、幻影合身大魔帝グア・スペクター登場)

・10月27日放送 ウルトラマンX総集編2「限界を超えた勝利の光」



ということで、10月は「グア軍団」が登場する三部作+総集編第二弾という構成になっています。
ウルトラマンギンガSとのコラボ回なので、タイトルに「ショウとヒカルと大地」が入っているのが芸細ですね。
グア軍団はかつてアンドロメロスに登場したアンドロ警備隊の宿敵で、
「ジュダ」、「モルド」、「ギナ」という3人の幹部によって支配されている組織の総称です。
この3兄弟の本体こそが「グア」であり、グランテクターを身に纏ったアンドロメロスと最終決戦を繰り広げました。

ウルトラファイトビクトリーのボスとして登場していたジュダ・スペクターですが、
残る二人の兄弟もウルトラマンXに参戦が決定。
モルド・スペクターはジュダ・スペクターのボディ色変え+新規頭部と新規武器を手にした強敵で、
謎の「ダークサンダーエナジー」やスパークドールズを狙って、エックスの世界にやって来たようです。

そして12話の予告編でまさかの登場となったのが、ギナ・スペクター。
佃井皆美さんが演じられており、スーツはペダン星人ハーランのものを改造し、
そこにギナらしい武器と装飾を施したものになっています。
蛇の形をした装飾を身に着けている女性キャラクターだったので、やはり彼女こそがギナ・スペクターだったんですね~。
今回は人間体のみの登場のようですが、こんな形でギナを出すとは全く予想していませんでした。

グア軍団の一員として、シャプレー星人とマグマ星人が登場するのも面白いですね。
シャプレー星人は、UPGやXioと戦う等身大宇宙人の代表として選ばれたのでしょう。
一方のマグマ星人はアンドロメロスにも出演経験があるので、そこからの抜擢なのでしょうかね。
今回は2本のサーベルを手にし、モルド・スペクターと共に巨大化している姿も見られます。

そして既に倒されたジュダ・スペクターは魂となって登場し、武器の「バットキャリバー」に乗り移るそうです。
それにギナの魂が加わり、モルドが手にすることで3兄弟は合体。
「グア・スペクター」としてパワーアップする流れみたいですね。
(見た目はバットキャリバーとバットアックスを持ったモルド・スペクターまんまですが)

これに挑むのはウルトラマンエックス、ウルトラマンギンガ、ウルトラマンビクトリーの3大ウルトラ戦士。
ウルトラマンエクシードXとウルトラマンギンガビクトリーというタッグも見られるようですし、
ギンガSコラボ回は映画級のスケールで描かれる大作になる予感がします。
第二部のクライマックスでここまでやってしまうんですし、最終回辺りは一体どうなってしまうんでしょうか・・・w

他にも「ゴメス(S)」がウルトラマンエックス&サイバーゴモラと戦っている写真もありますが、
デマーガがツルギデマーガになったように、こちらもダークサンダーエナジーの力で強化されるそうです。
(ゴメスの場合は目が赤くなるだけですが)
恐らく、こちらは11月の頭に放送される第15話に登場するのでしょうかね?

サプライズ登場となった「スラン星人クワイラ」や「サメクジラジョリー」という前例もありますし、
雑誌掲載情報以外にも何かありそうな気がする10月のウルトラマンX。
次号は「最強の敵&怪獣軍団ぞくぞく登場!!」とのことなので、
いよいよダークサンダーエナジーに関わるボスキャラの正体が公開となるのでしょうか。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
関連記事
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|18:00

ウルトラマンX(エックス) 第11話感想(ややネタバレあり)

本日、第11話「未知なる友人」が放送されました!


エックスのメインテーマの1つ、「繋がる心」をメインに据えたお話でしたね。
今回は大空大地を中心に、大地とエックス、大地と両親、大地とXioの仲間、そして大地とゴモラという、
大地を取り巻くキャラクターたちとの関係性が大きくクローズアップされました。
普段からあんな良い人たちに囲まれている大地は幸せ者だな~とw

1話の冒頭でも描写されていた、サイバー怪獣の実体化実験。
この11話までの間にもかなりの回数が繰り返されており、実験成功まであと一歩という所まで進んでいたんですね。
しかし焦るあまり、己の体を酷使しすぎていた大地を一番心配していたのは、他ならぬゴモラだった。
アスナやエックスも含めると、大地は相棒が2人と1匹も存在することに・・・?
やっぱり幸せ者ですよ大地はw

そして宇宙から飛来してきたキングジョーでしたが、グルマン博士の口からペダン星人製であることは明言されましたね。
しかし、今回のペダン星人は歴代でも相当悪い連中のようです。
これまでにも軍事国家的な側面が何度か描写されていたとはいえ・・・

そんなキングジョーは、キングジョー好きな私が興奮してしまうほどの強敵として描写されていました!
円盤形態からの合体、着地。
半端な攻撃は受け付けない強固な装甲。
火力が明らかにアップしていた光線技。
そして自身に危機が迫ると分離してその攻撃をかわし、円盤形態のまま反撃に出て再合体する戦法!

歴代キングジョーの要素をふんだんに取り込み、2015年でも強敵として描写されていることが本当に嬉しかったです。
これまでゲームなどでしか見せていなかった、一度円盤に分離して、
再合体する前に円盤形態のまま攻撃をする流れもそうですし、その倒され方まで実に理想的でした。
初代キングジョーに比べると装甲がやや落ちたかもしれませんが、機敏性と攻撃力は素晴らしい向上力。
さすがペダン星驚異のメカニズム!

遂に実体化を果たしたサイバーゴモラですが、味方のゴモラなので大怪獣バトルの要素も少しだけ入っていましたね。
あの懐かしい動きやSEまで、ちゃんと再現されていたのには驚きました。
これからも、エックス&大地の頼もしい相棒として活躍し続けて欲しいものです。
それと、DXエクスデバイザーでサイバーゴモラを読み込ませた時の音声は、しっかり劇中再現だったんですね~。

今回と次回は、シリーズ後半戦に向けての新要素が、たくさん盛り込まれたお話になります。
もう大地の正体も、Xioに知らせた方が色々と楽になるんじゃないのかとも思ってしまいますが、
その辺りのドラマはやはり終盤の展開の為に取っておくのでしょうか。
ウルトラマンX、今回も楽しませてもらいました。
ウルトラマンX キングジョー


さて、次回からは坂本浩一監督による、ウルトラマンX第二部のラスト3部作がスタートします。
全三部作構成の作品ですが、どうやら中盤からは更にとてつもない展開に突入する模様。
次回予告に登場している新キャラクターは、衣装にある蛇の要素を見る限り、明らかに「アイツ」を意識していますよね。
エクシードXも登場する中、強大なる敵キャラクターがいよいよその姿を現すのでしょうか?
youtubeでは監督のコメント付き次回予告と、前回のお話が配信中です。




にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|19:36

【動画投稿】 ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻 part45

第1回目の記事はこちらになっています!
http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1466.html


ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻45
http://www.nicovideo.jp/watch/sm27253914

ゆっくり怪獣解説動画の第四十五回目を投稿致しました。
今回は平成ウルトラセブンより「太陽獣バンデラス」をご紹介。
何気に平成セブン単独は今回が初ですね。

ということで、単独で取り上げるのは初となる平成ウルトラセブンシリーズより、今回はバンデラスを取り上げています。
やり方が強引ながらも、敵意などは無いキャラクターだったのですが・・・
その残酷な真実を突き付けられて、ウルトラ警備隊と衝突していく流れはどこか悲しいものを感じました。
何気に戦闘力も高く、さすが恒星の化身だな~と。
それと、私は一昨年辺りに行われたウルトラマンギンガショーで、バンデラスのスーツが健在だったのを目撃していますw

物語の方も第二章のクライマックスに突入ということで、早ければpart50までには第二章が完結予定です。
メイン登場キャラをほぼ出揃える為の章だったので、思った以上に長くなってしまいました。
第三章からはお話がテンポ良く転がり始める予定なので、どうぞゆっくりとお待ちください。

今回も面白いと感じて頂けたら動画へのコメントや、マイリスト登録して頂けるとありがたいです。
では、お楽しみ下さいませ~
youtubeでは、「ゆっくり霊夢とやる夫が学ぶ 昆虫大百科 part24」を投稿しております。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|19:06

ウルトラマンXと連動、新作ソフビを入手!(エクシードX、サイバーゴモラ)

本日より、ウルトラヒーローX&ウルトラ怪獣Xの新作ソフビ人形が発売されました。
今回商品化されたのは、こちらのキャラクターになります。

ウルトラヒーローX ウルトラマンエクシードX
ウルトラヒーローX 07 ウルトラマンエクシードX(エックス)
エクスラッガーの力を使い、ウルトラマンエックスがパワーアップを果たした姿です。
再来週の放送で初登場するので、それに先駆けての発売となりました。
額にエクスラッガーが付いており、クリスタルのように輝いているので、何となくギンガ系の顔付きに見えます。
実際のスーツは体の模様がかなり複雑に構成されているので、ソフビの塗装は結構省略されていますね。

ウルトラヒーローX ウルトラマンエクシードX0
背面です。
ほとんど銀成型色になっていますね。
ライブサインを読み込ませると、「ウルトラマンエックス、パワーアップ」という音声が出ます。
専用効果音などは無いので、変身音が聞きたい方は「DXエクスラッガー」をお買い求め下さい。


ウルトラ怪獣X サイバーゴモラ
ウルトラ怪獣X 06 サイバーゴモラ
ウルトラマンXで初登場となるキャラクター、サイバーゴモラが早くもソフビ化となりました。
こちらは来週の放送に先駆けての発売になりましたね。
ボリュームもゴモラと同等で、腕が大きい分こちらの方がボリュームがあるように見えます。
結構ガッシリとした体格なので、造形はスーツ版というよりはデザイン画版といった感じでしょうか?

ウルトラ怪獣X サイバーゴモラ0
背面です。
人工的に生み出されたサイバー怪獣なので、全身のメカニカルなディテールが目を惹きます。
可動箇所は両腕と尻尾ですね。

ウルトラ怪獣X サイバーゴモラ1
ゴモラアーマーにも存在する、「G」のマークが目立つ大きな腕も健在です。
角の形状も、今までのゴモラには無い形をしていたんですね~。
ライブサインを読み込ませると、「リアライズ」という音声のみが鳴りました。


サイバーカード5
こちらは付属のサイバーカードです。
サイバーゴモラは、またもや絵柄違いになっていますね。

サイバーカード6
カードの裏面です。
サイバーゴモラは過去のカードと同じ音声で、エクシードXはライブサインと同様に、
「ウルトラマンエックス、パワーアップ」という音声でした。
必殺技音声も、通常のエックスと同様に「ザナディウム光線」でしたね。

さあ、10月も新作ソフビが色々と出るので楽しみです!
(例の如く、ソフビキャンペーンはハズレでした・・・)


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|18:00

ウルトラマンシリーズ宇宙一怪獣美少女コンテストが開催中!

hg.jpg
http://p-bandai.jp/gashadepa/special-1000005364/

プレミアムバンダイにて、HGウルトラマン絡みの謎の企画がスタートしています。
その名も「ウルトラマンシリーズ宇宙一怪獣美少女コンテスト」・・・
エントリーしている怪獣は以下の通りです。


ラゴン
地底人
フェミゴン
ケンタウルス星人
アプラサール
女ヤプール
アクエリウス
クイントータス
ガンザ
パンドラ
フライングライドロン(親)
きさらぎ星人
メモール
バットン
ローラン



・・・美少女?
HGウルトラマンの企画なので、既に商品化されているシーモンスは除外されて・・・
とかそんなツッコミがどうでもよくなるほどの顔ぶれです・・・w
せめてきさらぎ星人の代わりにスノーゴンを入れておけよ!と。

あくまで参考にするだけだそうですが、上位4名はHG化の可能性があるとのこと。
開催は10月1日までなので、皆様も投票企画に参加してみてはいかがでしょうか。
(ただし投票すると思わぬ妨害が・・・!)
とりあえず、HGウルトラマンの企画は鬼祭の後も続くようで何よりです。

youtubeでは、ウルトラマンXの第10話が配信開始となっています。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|18:01

ULTRA-ACTの最新作が魂ウェブにて公開!

ULTRA-ACT(ウルトラアクト)の最新作が魂ウェブ商店にて公開されました。
今回商品化となるのは、こちらのキャラクターです。


ウルトラアクト ウルトラマンメビウスフェニックスブレイブ
http://p-bandai.jp/item/item-1000099465/

ULTRA-ACT ウルトラマンメビウス メビウスフェニックスブレイブ
発送予定:2016年3月
税込価格:5940円
◆商品内容
・本体
・交換用手首左右各2種
・メビュームナイトシュート
・ファイナルメテオール用エフェクトパーツ


ウルトラマンメビウスの最終形態、メビウスフェニックスブレイブもアクト化決定ですね~。
これで、メビウスの残る形態もメビウスブレイブとメビウスインフィニティーのみになりました。
(グリッターバージョンなどをカウントするかどうかは置いといて)

発売済みのゾフィーと組み合わせて、ファイナルメテオールを使った光線発射シーンも再現可能とのことです。
後は腕をL字型に組んだバージョンの光線エフェクトもあれば完璧だったのですが。
エンペラ星人が発売される気配はありませんし、ウルトラ怪獣シリーズのソフビで代用しようかなぁ・・・
予約受付は明日25日の午後4時からになります。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|18:01

ウルトラマンX(エックス) 第10話感想(ややネタバレあり)

本日、第10話「怪獣は動かない」が放送されました!


突如、のどかな雰囲気の田舎「坂根村」に現れた怪獣ホオリンガ。
しかしその性質は大人しく、光合成をしつつ植物と言っていいほど「動かない」ので、
Xioは村の意向を受け入れて、衰弱しつつあるホオリンガを治療することに・・・
あらすじだけ見ると、ウルトラマンコスモスであってもおかしくないようなお話ですね。

村の人々はホオリンガを題材にした「村おこし」に躍起になっていましたが、
そのグッズの数々がまさに「今風」で、擬人化までやっていたのには大笑いしましたw
(まさか、あれがホオリンガの公式擬人化計画に!?)
村長もお調子者ながら悪人ではなく、村の公式ブログを活用するなど、この辺りも現代ならではの描写だな~と。
何気に悪い人間が誰一人として出なかった辺りも、今回のお話を気持ちよく見ることができた要因だったように感じます。

ホオリンガが村に留まり衰弱していた理由、少女「花」との交流、そして大昔から伝わるホオリンガ伝説・・・
もはや怪獣というよりは、精霊、物の怪、自然現象といった類に含まれるのでしょうか。
デマーガと同様にX世界の地球に住んでいた独自の怪獣ですし、色々と妄想が膨らむ良い設定だったと思います。
あの独特の体型も、「ああ、そういうことだったのか!」と納得できました。

一見おかしく見えるものも、あくまで自然現象なので、余計な手を出さずにそのまま見守ってやればいい。
今回はそんな教訓を得たような気がしました。
「怪獣は動かない、人間も動かなくていい」、まさにそんなお話でしたね。
ウルトラマンXの新技や閉鎖空間での戦いなど、何時もとはちょっと違ったバトルも面白かったです。
しかし花粉症である身からすると、今回のお話は応えたなぁ・・・w

これまで何回か触れられてきたテーマであり、大地の夢でもある「怪獣との共存」。
今回の事件は大地の中でも、とても大きな進展になったのではないでしょうか。
そんな大地は次回、色々と思い悩むことになる模様です。
更に次回でウルトラマンXの放送回数は、丁度半分の所までやって来ました。
そこから10月分のお話を含めて、いよいよ第2部ラストを飾る怒涛の4週間が始まります!
ウルトラマンX ホオリンガ


前回から今回のお話の流れを見ていると、実に「ウルトラシリーズらしい」な~と。
この自由度の高さ、そしてバラエティに富んだ展開の数々。
「1話完結もの」の王道を突き進むウルトラマンX、お世辞抜きでとても良い番組だと思います。
次回はロボット怪獣対決のお話ですし、この調子で最後まで突っ走ってほしいですね~。
youtubeでは監督のコメント付き次回予告と、前回のお話が配信中です。




にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|19:59

「元祖怪獣酒場」に行ってきた!(レポート記事その5)

昨日、久しぶりに元祖怪獣酒場へと行ってきました。
今回は「ゼットン」が来店すると耳にしたので、それ目当てですね。
(画像はクリックすると拡大します)


元祖怪獣酒場99
入り口の待ち列で待機していると、さっそくゼットンがお出迎え!
アトラクション用スーツですが、結構スマートで動きもゼットンらしくキビキビとしていました。

元祖怪獣酒場100
子供が近付いてくると、握手&撮影に快く応じる紳士っぷり。
さすが宇宙恐竜・・・

元祖怪獣酒場101
と思っていたら、まさかのこのポーズ!
ウルトラゾーンの「不良怪獣ゼットン君」だこれ!?

元祖怪獣酒場102
そして、「カネゴン店長」も登場しました。
こちらは最近に制作されたであろう、新規のアトラクション用スーツみたいですね。

元祖怪獣酒場103
今あるカネゴンのスーツの中で、一番出来がいいのでは?
錆びた10円玉のような彩色も細かいですし、生で見れて良かったです。

元祖怪獣酒場104
第二期ウルトラシリーズまでの怪獣がメインのお店ですが、何気に出口付近にある電柱には「ガンQ」の姿が・・・
こちらは目玉が監視カメラになっています。

元祖怪獣酒場106 元祖怪獣酒場105 元祖怪獣酒場107
これまで写真に収めていなかった部分を少しだけ。
奥にあるテーブル席の上には、レトロ系怪獣ソフビが色々と並べられています。
そしてその照明も、「ナメゴンの目玉」、「ガラダマ」、「メトロン星人の円盤」と、それぞれ凝った形になっています。

元祖怪獣酒場108
今回座った席の目の前には、ゼットンと「ライブキング」が!

元祖怪獣酒場109
相変わらず、マルサンやブルマァクのソフビ人形で埋め尽くされています。

元祖怪獣酒場110
浜田雅功さんこと、「M1号」もどこかに居るので探してみて下さいw

元祖怪獣酒場111 元祖怪獣酒場112
ポスターも小ネタ満載ですねぇ。
ウルトラマンのイベントも、怪獣たちの手にかかるとこの通り。

元祖怪獣酒場113
お月見の季節ということで、期間限定で特別展示物もありました。
モチロン」と、紙粘土製の怪獣お団子ですね。

元祖怪獣酒場114 元祖怪獣酒場115 元祖怪獣酒場116
お団子はカネゴン、エレキング、バードン、ノーバ、メトロン星人、キングジョー、巨大ヤプール、ベムスター、
メフィラス星人、ババルウ星人、ナックル星人、ゴモラ、マグマ星人、ガッツ星人、ドラゴリー
ですね。

元祖怪獣酒場117
今回の怪獣取り皿は「ブラックキング」でした。

元祖怪獣酒場118
お箸を入れてある袋を開封すると、おみくじになっています。
(この日に始めて知った!)

元祖怪獣酒場119
今回頼んだメニューですが、まずは「ババルウ星人のナルシストサラダ」。
見ての通りババルウ星人の顔を模したデザインになっており、顔になっている卵を割って、
下に溜まっているドレッシングとかき混ぜて頂くタイプのサラダです。
量が多いですし味も濃くて美味しいので、これだけでもお腹いっぱいになるかもしれません。

元祖怪獣酒場120
もう一つは「ジャミラピザ~ハチミツ降雨作戦~」です。
ジャミラ型のピザにはゴルゴンゾーラチーズなどが乗せてあり、水ならぬハチミツをかけて頂きます。
香ばしいのですがハチミツのおかげで甘く、何とも不思議な味になっていました。
何気にクセになりそうw

元祖怪獣酒場121
今回のウルトラマン箸置きは、「ウルトラマン」でした。
奇跡的に、箸置きシリーズはまだダブっていませんね。

元祖怪獣酒場122 元祖怪獣酒場123
怪獣コースターもリニューアルされ、今回は「ガンダー」と「メフィラス星人」が当たりました。
メフィラス星人は元祖怪獣酒場の副店長なので、いわゆる当たりですね。

元祖怪獣酒場124 元祖怪獣酒場125
そして、再びゼットン君が来襲。
セキュリティシステムを試すも顔認識されないので失敗したり、お客さんの来店を知らせるヤカンを振りまくったり、
座敷にあるサンダルを黒と黄色のゼットンカラーに並べたり、スペシウム光線ポーズをされると跳ね返す仕草をしたり、
子供や女性に優しかったり(ただし恥ずかしさのあまりシメ落とそうとする)と、かなり面白いゼットンでしたw

元祖怪獣酒場126
もちろん、カネゴン店長も巡回中。
お店に来てくれた人に挨拶をしに回っていました。

元祖怪獣酒場127
この混沌とした空間こそが、怪獣酒場の魅力だと思います。

元祖怪獣酒場128
最後に、お会計が3000円を超えたので、カネゴン店長からのメッセージカードと、
怪獣カードの「ノーバ」が配布されました。
これは嬉しい!


今回も大満足でした。
阪神競馬場とのコラボ企画もやっていますし、このシルバーウィーク中には、
怪獣が元祖怪獣酒場に多数来店するそうなので、皆様もこの機会に如何でしょうか?
(主にお昼時やディナータイムによく出現します)

9/20 カネゴン、マグマ星人
9/21 カネゴン、ゼットン
9/23 モチロン
9/26 カネゴン、ジャミラ
9/27 カネゴン、ジャミラ

さあ、私はこのシルバーウィーク中に、22日にアリオ八尾で行われるウルトラマンXショーを見に行きたいと思っています。
こちらには大空大地役の「高橋健介」くんがやってくるので、とても楽しみです!


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|11:38

【動画投稿】 ゆっくり霊夢とやる夫が学ぶ 昆虫大百科 part24

http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1464.html
第1回目の記事はこちらになっております。


ゆっくり霊夢とやる夫が学ぶ 昆虫大百科 part24
http://www.nicovideo.jp/watch/sm27186996

ゆっくり昆虫解説動画のpart24をアップ致しました。
第二十四回目は、今が一番鳴く時期の昆虫「エンマコオロギ」について解説します。
オマケとして、便所コオロギという不名誉なあだ名を持つ、「カマドウマ」についても軽く触れています。

近所では先月から鳴き始めていましたが、やはりこの季節になるとコオロギの鳴き声をよく耳にしますね。
特徴的な音色なので、恐らく多くの人は一度は耳にしているのではないでしょうか。
エンマコオロギは結構大きいので、草むらを覗くとすぐに発見できる辺りが好きですw
(マツムシなんかは、かなり分かり辛いですからね)

ということで、今回と次回は秋に鳴く虫の特集ですね。
今回はコオロギがメインなので、残りは次回にざっくりとご紹介したいと思います。
また、便所コオロギことカマドウマについても触れていますが、私自身はそこまで気持ち悪いとは思わない虫ですね。
流石に群れで居るとゾッとしますけどw
動画でも触れている通り、カマドウマはコオロギとは別種扱いになるのでご注意を。

秋に鳴く虫特集の前編であるpart24。
では、どうぞお楽しみ下さいませ~
(面白いと思っていただければ、動画へのコメントやマイリスト登録をして頂けると有難いです)
youtubeにて、「ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻 part44」を公開しました。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|12:20

ウルトラマンXと連動、ウルトラ怪獣X新作ソフビをフラゲ!(ホオリンガ)

明日発売の、ウルトラ怪獣Xの新作ソフビ人形を購入してきました。
今回商品化となったのは、こちらのキャラクターです。

ウルトラ怪獣X ホオリンガ
ウルトラ怪獣X 05 ホオリンガ
ウルトラマンXで初登場となる新キャラクター、ホオリンガが早くもソフビ人形になりました。
一応「植物怪獣」とのことですが・・・スーツがウルトラセブンXに登場した「ペジネラ」の改造だけに、
甲殻類や貝のような生き物っぽく見えてしまいますね。
8本の触手も全て造形されていますが、やはりソフビ人形では再現し辛いのか、
折り畳まれたり体にくっ付いた状態で造形されています。
両目は、通常時の青い状態で塗装されていますね。

ウルトラ怪獣X ホオリンガ0
背面です。
ペジネラの時から特徴的だった甲羅部分は、ほとんど塗装されていますね。
こうなるとグロテスクだった全身の血管部分も、葉脈のようなイメージで捉えられるから不思議なものです。
音声はホオリンガの名前は出ましたが、鳴き声は無く共通音声でした。
(むしろ、ガーゴルゴンまで収録されていたことが凄かったのですが)

ウルトラ怪獣X ホオリンガ1
全高は低めですが、体型が体型なので後ろ側にそこそこボリュームがあります。
亀というかヨコエビというか・・・やっぱり顔以外は植物に見えませんよねこれw
(ちなみに、全身の青さは実際のソフビだともう少し暗めになっています)

サイバーカード3
こちらは付属のサイバーカードです。
サイバーホオリンガは、何となくタコの怪獣に見えなくも無いですねw
音声はサイバーホオリンガの名前と、共通音声でした。

サイバーカード4
サイバーカードの裏面です。
別名は「不動怪獣」ということで、普段は全く動かない怪獣のようです。

以上がホオリンガの軽いレビューになります。
来週末からは、いよいよサイバーゴモラとエクシードXが発売になりますね~。
youtubeでは、ウルトラマンXの第9話が期間限定で配信されています。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|18:01

ULTRA-ACT ハンターナイトツルギ(限定商品)

魂ウェブ限定商品の、ULTRA-ACT(ウルトラアクト)最新作が到着しました。
今回商品化となったのは、こちらのキャラクターになります。

ウルトラアクト ハンターナイトツルギ
ハンターナイトツルギ
ウルトラマンメビウス第5話で初登場した、「復讐の鎧(アーブギア)」を身に纏った謎の戦士です。
その正体はウルトラマンヒカリであり、序盤はこの姿で宿敵ボガールと戦い続けていました。
その後は惑星アーブでのババルウ星人との戦いで再びアーブギアを身に纏い、
今度は「勇者の鎧」として活躍し、エンペラ星人との戦いではヒカリの命を救っています。

ウルトラマンヒカリに続いて、ヒカリのもう一つの姿とも言えるツルギも、ウルトラアクトでアクションフィギュア化となりました。
個人的に待ちに待った商品だけに、こうやって手元に届いた時は本当に嬉しかったですね~。

ウルトラアクト ハンターナイトツルギ0
ヒカリと似つつも、共通するパーツはほとんど無いので新規造型となっています。
スタイルも丁度いい感じではないでしょうか。

ウルトラアクト ハンターナイトツルギ1
背面です。
背中には、何時もの台座接続用パーツの取り外し口が見えますね。

ウルトラアクト ハンターナイトツルギ2
顔も目の部分が無いキャラクターなので、特徴をよく捉えられていると思います。
胸の金色のパーツも、メッキかと思うほどよく輝いているので綺麗ですね。

ウルトラアクト ハンターナイトツルギ3
右腕に装着されている「ナイトブレス」も、ヒカリに引き続いてクリアパーツなどで再現されています。

ウルトラアクト ハンターナイトツルギ4
可動範囲は、標準的なウルトラアクトといった印象です。
肩パーツがありますが、胴体パーツとの干渉を避けて腕を水平にすることはできました。
腹の上の方は装飾が多いですが、胸パーツと擦れるようなことはありませんでした。
股パーツの開き具合は、他より狭めですね。

ウルトラアクト ハンターナイトツルギ5
何となく悪そうポージングを。
こうするとババルウ星人が変身したニセツルギっぽい雰囲気に・・・?

ウルトラアクト ハンターナイトツルギ6
ナイトブレスパーツを差し換えることで、「ナイトビームブレード」展開状態を再現できます。
エフェクトの形状も、劇中に近いイメージで造形されていますね。

ウルトラアクト ハンターナイトツルギ7
やはり、ツルギと言えば剣を使ったアクションが多いイメージがあります。

ウルトラアクト ハンターナイトツルギ8
そしてナイトブレスにエネルギーを集めて・・・

ウルトラアクト ハンターナイトツルギ9
カキィンッ!

ウルトラアクト ハンターナイトツルギ10
必殺技の「ナイトシュート」を発射!
こちらは右手首パーツを差し換えることで再現可能です。

ウルトラアクト ハンターナイトツルギ11
以上がウルトラアクトのハンターナイトツルギの軽いレビューになります。
一応パッケージ上は「勇者の鎧」表記だったので、そちらのナイトシュートエフェクトも欲しかったですね~。
ニセツルギとして敵キャラクター扱いにもできますし、その辺りは汎用性が高いかも?


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|19:05

ウルトラマンX(エックス) 第9話感想(ややネタバレあり)

本日、第9話「われら星雲!」が放送されました!


今回は「日本ラグビーフットボール協会」とのコラボ企画ということで、ラグビーがメインになるお話・・・
となるのが普通の番組なのでしょうが、これは長年続いてきたウルトラシリーズ。
それに絡めて宇宙人と人間が同居するという、何気にとんでもない要素をぶち込んできましたw
(ちなみに、タイトルの元ネタは青春学園ドラマの「われら青春!」ですね)

主人公はワタル隊員の弟、イサム選手。
ラグビーの道を諦めようと逃げ出し、辿り着いた先のシェアハウスが「宇宙人の巣窟」だったという展開から、
既に何かがおかしかったです。
そこに住んでいたのはオネエの名栗さん(ナックル星人)、花の世話をしている伊刈さん(イカルス星人)、
そしてゲームに熱中している春木さん(バルキー星人)・・・

人間体は全て声を担当されていた方々が演じられており、更に狭い部屋で仲良く同居するこの感じ・・・
妙に懐かしさを感じると思ったら、ウルトラマンダイナの「ミジー星人」とほとんど同じシチュエーションなんですねw
(3人の内1人がオネエキャラなのも共通していますし)
しかし今回の3人には侵略の意思が無く、むしろ地球人に紛れてこの星で暮らし続けようという意思が感じられました。

彼らとは正反対に、悪名高い「暗黒星団」に所属するババルウ星人、ケムール人、ダダ、ゼットン星人。
サメクジラのジェリーを巡って争いになるかと思いきや、
こっちにはイサムが居るからと有利であろうラグビー勝負を申し込むも、
実はババルウ星人もその道のプロだったという予想外の返しには爆笑しました。
そしてそれを面白そうで平和な解決策だからと、簡単に了承する隊長も面白かったです。

今回のバルキー、イカルス、ナックル、ゼットン星人の4人はウルトラマンギンガシリーズと同じ声優さんでしたが、
彼らがあの世界からやって来た本人かどうかはボカされた感じでしたね。
まあ本人であろうが無かろうが、今回のお話の前には些細な問題なのでしょうがw
何気にイカルス星人のスーツが新規で、口がちゃんと動いていたのにも感動!

アクマニヤ星人の審判を交えて行われたラグビー対決もかなり混沌としており、
放送席にプロデューサーの岡崎さんが混じっていたのにはニヤリとしました。
暗黒星団も、彼ら独自の特殊能力を上手く活用していて流石だな~と。
ああいう連中にスポーツをやらせたら、そりゃこうなりますよねw

最後のエックスとの戦いも含めて、全編がカオスで楽しくてちょっと泣ける素晴らしいエピソードでした。
ただ、見ている途中は「これウルトラゾーンじゃね?」となりましたけどw
普段は冷静沈着であるはずの隊長と副隊長のオーバーリアクションにも笑いましたし、
私は肩の力を抜いて視聴できるこういうお話が大好きです。
怪獣ラボの大地とエックスの会話を含めて、やはりエックスのメインテーマは「異なるものとの共存」なんだな~と。
ウルトラマンX サメクジラジョリー


この調子だとこの地球には、Xioが把握していない宇宙人が相当数潜んでいそうですね。
(宇宙難民を受け入れる準備があるのは6話で既に明かされていましたが・・・)
今後も何かと宇宙人絡みの騒動が起きるかもしれません。
地球に居る宇宙人はグルマン博士や今回の3人みたいに、善良な宇宙人ばかりならまだ安心できるのですがね~。
youtubeでは監督のコメント付き次回予告と、前回のお話が配信中です。




にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(8)トラックバック:(0)|19:44

ウルトラ怪獣シリーズ ザゴン星人

先日に、タグ付き新品のソフビ人形を購入したので、今回はそちらをご紹介します。
こちらも一応所持はしていたのですが、タグ付きの新品はまだ持っていなかったんですよね~。

ウルトラ怪獣シリーズ ザゴン星人
猛毒宇宙人 ザゴン星人
ウルトラマンナイスの劇中に何度も登場し、その度にナイスにやられていた侵略者です。
一応ナイスの宿敵ということで、ウルトラ怪獣シリーズではボス格であったザゴン星人がソフビ化されました。
こちらは2000年頃に発売されたリペイント版で、彩色がより細かくなっているのが特徴です。
うーん、フィギュアの塗りが一番凝っていた時期の商品だけに、今では考えられないぐらい豪華に見えますね。

ウルトラ怪獣シリーズ ザゴン星人0
背面です。
こちらも、全身の赤い模様が手抜きなく塗装されていました。
可動箇所は両腕のみとなります。

ウルトラ怪獣シリーズ ザゴン星人1
タグは二つ折り仕様でした。
やっぱり顔の構造は、プロテ星人を彷彿とさせるものがありますね。

ウルトラ怪獣シリーズ ザゴン星人2
「ザゴ~ン!」
ザゴン星人と言えば、自分の名前を言うだけという、この独特な鳴き声が印象的ですw
こちらのキャラクターは以前に私の動画でも紹介済みなので、詳しくはそちらをご参照下さい。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|18:00

【動画投稿】 ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻 part44

第1回目の記事はこちらになっています!
http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1466.html


ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻44
http://www.nicovideo.jp/watch/sm27145898

ゆっくり怪獣解説動画の第四十四回目を投稿致しました。
今回はウルトラマンより「磁力怪獣アントラー」をご紹介。
ウルトラマンマックス10周年&ウルトラマンXへの出演記念ということで。

このタイミングで、昔から大好きな怪獣であるアントラーを取り上げることになりました。
砂場にソフビ人形を持って行くときは、高確率でアントラーをチョイスしていた記憶がありますねw
まず見た目の甲虫っぷりも素敵ですし、アリジゴクとしての特性を持ちつつも、
かなりの強敵として描写されている点も子供心にドストライクでした。
未だに昆虫怪獣の傑作だと思います。

マックスの客演記念でアントラーをチョイスしましたが、本当はスラン星人を解説する予定だったんですよねw
突然気が変わって、先にアントラーを取り上げようと考えたのが先週の日曜日。
まさか、ウルトラマンX最新話にスラン星人が登場するとは思いもしませんでした。
タイミング的に、ある意味回避して大正解。
またいずれ、エックスまでを含めたスラン星人回をちゃんと作りたいと思っています。

今回も面白いと感じて頂けたら動画へのコメントや、マイリスト登録して頂けるとありがたいです。
では、お楽しみ下さいませ~
youtubeでは、「やる夫とやらない夫がゆっくり三妖精に教える ゴジラ怪獣図鑑 part21」を投稿しております。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|17:56

帰ってきたウルトラマンマックス・・・と、アイツ!


youtubeにて、ウルトラマンXの第8話が期間限定で無料配信されています。
以下、ネタバレを含んだお話になるので、まずは本編をご視聴してからお読みください。
































さあ、ウルトラマンマックスがトウマ・カイトの姿を借りて、10年ぶりにTVシリーズへと帰ってきてくれました!
因縁のゼットン、そして敵に操られたゼットンアーマーを装着したエックスという「Wゼットン」に襲われるマックス!
敵も最強最速と評されたマックスらしい大ピンチでしたねw

そして雑誌などでは全く触れられていなかった、スラン星人の登場には本当に驚かされました。
今回はスラン星人クワイラという個体で、かつてマックスに敗れた同胞の仇を撃つべく、
エックスを利用してマックスを倒す為だけに地球にやってきた、そんな設定が面白い宇宙人でした。
(わざわざ別次元に来たのは、先にマックスがこちらに来ていたからなのでしょうか)

当麻博士は最初から怪しさ満点でしたけど、私はあの身なりとゼットンを操るという点からして、
ゼットン星人の変装だと思っていました。
それだけにOPクレジットの「高速宇宙人クワイラ」という表記や、本物のカイトの「スラン星人」という発言にビックリ!
敵キャラクターにも関わらずここまでその存在がシークレットにされていたのは、
ウルトラゼロファイト第二部のゼロダークネス以来ではないでしょうか。

ウルトラ10勇士で出番があったキャラクターとはいえ、まさかマックスと三度因縁の対決をやってくれるとは。
これからはマックスの宿敵といえば、スラン星人だと言われるでしょうね~。
(しかし必殺技の分身攻撃を、毎回マクシウムソードであっけなく破られるのは如何なものかとw)
クワイラはこれまでのスラン星人より更に先手を打つキャラクターでしたが、
その更に上を行くマックスという演出も流石でした。

ラストの別れのシーンやセリフも含めて、ウルトラマンマックスをリスペクトした実に良いお話だったと思います。
特に最終回のオマージュがたっぷりと詰まっていましたね。
ゼットン+スラン星人というキャラクターチョイスも、どちらもマックスの要素であるにも関わらず意外性がありましたし、
次回のまさかのサメクジラ(の幼体?)登場など、ウルトラマンXは今後も色々と驚かせてくれそうです。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(7)トラックバック:(0)|18:06

明日は、ニコニコ生放送で「ゾフィー出演作」が一挙放送!



ゾフィー遂に勝利の兆し記念?
ウルトラマンシリーズ ゾフィー出演作一挙放送

http://live.nicovideo.jp/watch/lv233733935



明日9月10日の午後7時より、円谷プロダクションの公式ニコニコ生放送が実施されることになりました。
今回はザ・ウルトラマンの短編アニメ公開を記念して、ゾフィーが出演した作品群を一挙放送するそうです。
その放送内容は、以下を予定しています。


○『ウルトラマン』より 
第39話 さらばウルトラマン

○ 『ウルトラマンA』より
第5話 大蟻超獣対ウルトラ兄弟
第13話 死刑! ウルトラ5兄弟
第14話 銀河に散った5つの星
第23話 逆転! ゾフィー只今参上
第35話 ゾフィーからの贈りもの

○ 『ウルトラマンタロウ』より
第17話 2大怪獣タロウに迫る!
第18話 ゾフィーが死んだ! タロウも死んだ!
第19話 ウルトラの母 愛の奇跡!
第33話 ウルトラの国 大爆発5秒前!
第34話 ウルトラ6兄弟最後の日!

○ 『ウルトラマンレオ』より
第38話 決闘! レオ兄弟対ウルトラ兄弟
第39話 レオ兄弟 ウルトラ兄弟 勝利の時

○ 映画『ウルトラマンZOFFY ウルトラの戦士VS大怪獣軍団』

○ 『ウルトラマンメビウス』より
第50話 最終三部作III 心からの言葉



ゾフィーが出演するということは、ウルトラ兄弟が客演する回が多いので、
そのラインナップも非常に豪華なものになっていますね。
ゾフィーが出演した全ての作品が放送されるわけではありませんが、映画ウルトラマンZOFFYもありますし、
何かと濃いお話ばかりなので盛り上がりそうです。

何時ごろまで放送されるのかは不明ですが、かなりの長丁場になりそうなので、
今の内にタイムシフト予約しておくことをオススメします。
いきなりウルトラマンのゼットン回からスタートしますし、できる限り参加したいですが・・・
さすがに夜中は無理だろうなぁw
とりあえずバードン3部作はゾフィー的に一番の盛り上がりどころ(?)ですし、最低でもそこまでは参加したいところ。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|18:00

ウルトラマンX(エックス) 第8話感想(ややネタバレあり)

本日、第8話「狙われたX」が放送されました!

えー、滅茶苦茶面白かったのですが、今回は内容が内容だけに細かい部分はほとんど語れません
少しでも内容に踏み込んでしまえばネタバレになる、そんな驚きが満ちたサプライズ祭のお話でした。

物語自体は、大空大地の焦る気持ちが裏目に出てしまい・・・という流れでしたね。
かなりの強敵であるゼットンに対抗する為に、
Xioにやって来た当麻博士の協力を得て、解析した情報を元に、強力なゼットンのサイバーカードを開発。
流れとしては自然でしたし、全体的にラボチームにスポットが当たっていたかな?と。

ゼットンの強さも健在で、Xioの攻撃もほとんど通っていませんでしたね。
マックス客演回ということで、バリアの形状も「ゼットンシャッター」を彷彿とさせる形状になっていたのも細かいな~と。
テレポート、バリア、波状光線に火球と、特殊能力も一通り披露してくれました。
何より格闘能力に優れており、エックスと殴り合うカットはカッコよかったですね~。
ゼットンアーマーの呪いの力といい、只者じゃない点が強調されていたと思いました。

そしてカイトもマックスも、かなりの活躍ぶりにビックリでした。
マックスと言えば戦闘力がかなり高いウルトラマンですが、彼が苦戦するような展開への持って行き方も上手でしたし、
それでいても「やはりマックスは強い!」という点もしっかり見せてくれたのは嬉しかったです。
もちろん主役のエックスもマックスに埋もれてしまわないように、見せ場が多くて震えました。
(特に今回のザナディウム光線のシーンは・・・!)

いやー、それにしても驚きました、OPクレジットを見て「あれ?」と思ってはいたのですが。
ここまで登場キャラクターを隠し通した円谷プロさんの腕は凄いな~とw
どの媒体でも発表されていませんでしたし、
その驚きが本編のキャラのリアクションと繋がる仕掛けになっていたように思えます。
ゼロダークネスの時以来ですかね、個人的に本編を見てビックリしたのは。

カイトのセリフの節々にマックスへの愛が感じられましたし、
敵キャラクターのチョイスと因縁作り、最後の大地との会話シーンなど、
今回は事実上の「ウルトラマンマックス第41話」と言っても良いような内容でした。
(マックスの最終回は第39話ですが、実は総集編である第40話が本放送には存在したのです)
とにかくありがとうトウマ・カイト!ありがとうウルトラマンマックス!
ウルトラマンX ゼットン


youtube配信組の方は、是非そのサプライズを金曜日に体験して下さい。
それ抜きでも面白かったお話でしたが・・・
ウルトラマンマックス、放送10年目にして更に好きになれた気がします。
youtudeでは監督のコメント付き次回予告と、前回のお話が配信中です。
(次回予告も結構衝撃的!)




にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|19:36

ウルトラマンエックスでも、引き続きソフビキャンペーンが実施!&ウルトラマンマックス配信中

ウルトラ怪獣X デマーガアイアンレッドver
http://www.b-boys.jp/ultrax/topics/

既に児童誌などでも発表されていましたが、
前作に引き続きウルトラマンエックスでも「ウルトラマン商品を買ってゲット!キャンペーン」が実施されます。
今回の景品は「ウルトラ怪獣X デマーガ(アイアンレッドVER.)」で、クリアレッド成型?になったデマーガですね。
恐らく、劇中で見せた全身から高熱を発している状態をイメージしたカラーリングなのでしょう。
(本当に劇中に登場する可能性も無くは無いですが)

今まで通り封入率はかなり少なそうですが、ハズレの場合でもサイバーカードのチェックシートが配布されるそうです。
(何気に、今後に発売されるカードが少しだけ公開されていますね)
キャンペーンの対象商品は「DXエクスラッガー」と、
ウルトラヒーロー500、ウルトラヒーローX、ウルトラ怪獣500、ウルトラ怪獣Xの3個以上まとめ買い」だそうです。
9月26日スタートなので、同時発売のエクシードX関連のグッズなどでチャレンジしてみようと思っています。




そしてyoutubeでは、先週末よりウルトラマンマックスの第13話「ゼットンの娘」が期間限定で公式配信されています。
ウルトラマンX本編に、マックスとゼットンが登場することを記念しての配信なんだそうです。
(何気にDVDより高画質な気が)
久しぶりに全部を通して視聴してみましたが、
後編のキングジョー回に続くこともあって、色んな要素を盛り込んだ凄まじいストーリーになっていますねw

マックスを完封しかけたゼットンの強さ、ウルトラマンゼノンの参戦、新武器のマックスギャラクシーも初登場。
1クール目の締めくくりなだけに、特撮パートも盛り沢山でした。
それにしても、ゼットン星人の侵略方法がいくらなんでも気長すぎるという点は、当時からツッコミを入れていた記憶が・・・w


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|18:00

ウルトラヒーローX ウルトラマンエックス(ゼットンアーマー)

本日より、ウルトラヒーローXの新作ソフビ人形が発売されました。
今回商品化されたのは、こちらのキャラクターになります。

ウルトラヒーローX ウルトラマンエックスゼットンアーマー
ウルトラヒーローX 06 ウルトラマンエックス(ゼットンアーマー)
サイバーカードの力を使い、エックスがゼットンのモンスアーマーを装着した姿です。
次回のウルトラマンXに登場する新型アーマーで、戦闘力が全体的に向上するそうです。
しかし、この鎧には「呪い」の力も込められており・・・?

ウルトラヒーローX ウルトラマンエックスゼットンアーマー0
背面です。
イベントなどで限定版が先行販売されていましたが、今回は一般販売版ということで劇中仕様のカラーリングですね。
ライブサインは通常のエックスとは異なるもので、ゼットンアーマー専用のものになっていました。
他のアーマーと同様に、元となった怪獣の鳴き声も鳴ります。

ウルトラヒーローX ウルトラマンエックスゼットンアーマー1
胴体、肩、腕がゼットンらしいデザインのアーマーで覆われています。
両腕には、「Z」のマークが刻まれていますね。

ウルトラヒーローX ウルトラマンエックスゼットンアーマー2
これにて、5種類のモンスアーマーが勢揃い!
ここからはエクシードXという強化形態が控えていますが、
昨年のウルトラマンビクトリー(ハイパーゼットンシザーズ)のように、終盤で新規アーマーが登場するのでしょうかね?


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|18:06

内山まもる氏の漫画「ザ・ウルトラマン 死闘!ジャッカル対ウルトラ兄弟」が短編アニメ化!

ザ・ウルトラマン
http://animatorexpo.com/theultraman/

「日本アニメ(ーター)見本市」にて、短編アニメーション作品「ザ・ウルトラマン ジャッカル対ウルトラマン」が公開されました。
こちらは内山まもる氏の漫画「ザ・ウルトラマン 死闘!ジャッカル対ウルトラ兄弟」のダイジェスト作品で、
本編の名シーンの数々がアニメ化されています。

本編はかなり駆け足気味に展開されていきますが、内山先生の絵柄が動き回っている上に、
その世界観までもがしっかり再現されているのに驚きました。
冒頭のウルトラマンとゼットンの戦いも、原作漫画にプラスアルファすることで、
ウルトラマンの強さとそれを上回るジャッカルゼットンの攻防戦が見事に描かれていました。
(何気に敗れたウルトラマンのカラータイマーが、結晶のような状態になる描写も細かい!)

声優は日本アニメ(ーター)見本市の恒例行事で、ほとんどのキャラを山寺宏一さんが担当されているのもポイントですw
しかしメロスもジャッカル大魔王も、違和感なくちゃんと演じ分けられている辺りは流石!
どちらも漫画のイメージを崩さない声色になっていましたね。

それにしてもアニメ化することで、ジャッカル大魔王の能力がここまで映えるとは!
数々の怪獣に姿を変えながら、メロスに挑むシーンは素直に感動しました。
破壊光線を放つ際に体の色が変化する所もバッチリでしたし、メロスやゾフィー達の必殺技もとにかくカッコいい!
やはりアニメーション化と相性抜群の題材でしたね。
グリッドマンに引き続き、とても良いものを見させてもらいました。

音楽やED曲にも驚かされましたが、エンディングのスタッフクレジットを見ていると納得できましたw
(あの方は、某自主制作の作品でも使用していましたしね)
とにかく見所満載のアニメ作品なので、一度ご視聴してみることをオススメします。



ちなみに、この作品については私の動画でも取り上げているので、詳しい内容についてはこちらをご参照下さい。
(今見ると、絵がイマイチだなぁ・・・)


youtubeでは、ウルトラマンXの総集編が期間限定で配信されています。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|18:00

ウルトラヒーロー500&ウルトラ怪獣500ソフビの一部が、既に販売終了になっている件について

500ソフビのチェックリストにも掲載済みですが、改めて記事で纏めたいと思います。
現在発売されているウルトラヒーロー500&ウルトラ怪獣500ソフビについてですが、
やはり何種類かは既に生産が終了しているようですね。

かなり前から噂されていましたが、先日にTwitterにて流れてきたお店の告知POP画像という証拠があったり、
私も近所の玩具屋で、店員さんから教えて頂いたのでほぼ確定と見ていいでしょう。
以下に記載するキャラクターは、かなり前から生産が終わっているんだそうです。


◆ウルトラヒーロー500
13:アストラ
15:ウルトラマン80
17:ウルトラマンネクサス(アンファンス)
22:ウルトラマンナイス



◆ウルトラ怪獣500
04:ザラガス
06:ゴドラ星人
15:ガヴァドン(B)
16:シーゴラス
19:キングクラブ
24:サラマンドラ
30:スノーゴン
32:巨大ヤプール
35:シルバゴン
37:ラゴラス
39:ロベルガー
40:エンペラ星人
42:ファイヤーゴルザ
48:ミラクル星人
50:ドラコ
54:バルタン星人(ベーシカルバージョン)
55:ミクラス



言われてみれば、再入荷の形跡が無いキャラクターばかりですね。
地元のトイザらス、西友、ジャスコなどでも、これらのキャラクターは纏めて少し離れた所に陳列されていたりと、
明らかに扱いが違ったので「なるほど」と。
何時ものパターンだと、いわゆる「定番落ち」扱いみたいですね。
(定番ソフビはコストの関係や売れ行きなどで、不定期にキャラクターが入れ替えられます)

これまで通りなら、これらのナンバーを埋める為に他のキャラクターに差し替えられるのが普通です。
いずれ大幅な入れ替えがあるのかどうかは不明ですが、とりあえずご参考までに。
お店の方によると再入荷の見込みは無く、あとは店頭在庫のみになるそうです。
再販があるにしても何時になるかは分かりませんし、
これらのキャラクターの中で、欲しいのにまだ買っていないという方は、お早めに入手されることをオススメします。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|19:25

ウルトラマンX(エックス) 総集編感想(ややネタバレあり)

500ソフビのチェックリストを更新しました!
(11月分までの新作を追加しています)


本日、総集編「出会い そして仲間たち」が放送されました!

今回は第1話~第7話までの総集編ということで、各話の見所や戦闘シーンなどがギュッと詰まった構成になっていました。
ナレーションは大空大地が担当していて、ザナディウム光線やスパークドールズの秘密などを、
分かりやすく解説してくれていましたね。

しかしこう纏めて見ると、特撮のクオリティが高い番組だな~と、改めて感じました。
ミニチュアの細かさもそうですが、アクションや合成、爆炎や舞い散る破片の動きなど、
アナログとデジタルの融合加減が年々進化して行っているように思えます。
最近ではガーゴルゴンが倒されるシーンなんかは、飛び散る破片がどこまでが合成でどこまでが実際にやっているのか、
あまり判別できませんでしたからね。

本編に関しては総集編なのであまり言うことはありませんが、最後に今後の展開をチラっと見せてくれたので大興奮!
巨大化したダダ、ゼットン星人、ババルウ星人と戦うウルトラマンエックス!
新たなる力、ウルトラマンエックス(ゼットンアーマー)!
キングジョーと戦うゼットンアーマー!
当麻博士と話す大地!
ウルトラマンマックスVSゼットン!
因縁の対決?サイバーゴモラVSザラガス!
凶悪なツルギデマーガに挑むウルトラマンエクシードX!


ということで、遂に当麻博士(トウマ・カイト)とウルトラマンマックスの客演情報が解禁です!
10年ぶりにカイト役を演じられた、青山草太さんもご自身のブログでコメントされています。
http://ameblo.jp/sotaaoyama/entry-12067942746.html?timestamp=1441061503
今年はウルトラマンマックス10周年、ファンにとってはこれ以上ないぐらいの嬉しいプレゼントですね~。

そんなカイト&マックスの客演回は、早くも次週の放送です!
超強力なゼットンの出現、呪われたゼットンアーマー、エックスを救うべく現れたウルトラマンマックス!
マックスとゼットンの因縁の対決再びなど、絶対に見逃せないお話になりそうです。

youtubeでは監督のコメント付き次回予告と、前回のお話が期間限定で配信中です。




にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|19:16
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ