大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

だる~んシリーズにウルトラ怪獣が仲間入り!

http://www.movic.jp/info/darun/

本日は、数日前にTwitter上で話題になった新商品をご紹介します。
ムービックが展開している、様々なキャラをデフォルメ化してゆる~いポージングで商品化する「だる~ん」シリーズですが、
何とウルトラ怪獣がそのシリーズの仲間入りを果たしてしまいました。
ラバーストラップなのでフィギュアではありませんが、そのラインナップは中々目を見張るものがありますね。


http://www.movic.jp/shop/g/g01004-00348-00074/
ウルトラ怪獣 だる~んラバーストラップコレクション/昭和BOX
3月発売予定
1パック500円 8個入り4000円
◆ラインナップ
カネゴン(BOX購入特典)
バルタン星人
ピグモン
ジャミラ
ダダ
ゼットン
エレキング
キングジョー
恐竜戦車

http://www.movic.jp/shop/g/g01004-00348-00075/
ウルトラ怪獣 だる~んラバーストラップコレクション/平成BOX
3月発売予定
1パック500円 8個入り4000円
◆ラインナップ
イーヴィルティガ
ハネジロー
ガンQ
カオスヘッダー0
ホップホップ
ザムシャー
ウルトラマンベリアル
カイザーダークネス(BOX購入特典)
アンドロイド・ワンゼロ


昭和怪獣は第一期から人気キャラを集めた感じですが、平成怪獣は凄い面々!
特にカオスヘッダー0、ホップホップ、ワンゼロはフィギュア化もされていませんし、
ラバーストラップとはいえ、こうやってグッズ化されたのは嬉しいですね。
イラストも可愛いですし、何気に友好的な怪獣や、最終的に味方になったキャラが多くチョイスされているのも特徴でしょう。

欲を言えばネクサスからも何か欲しかった気もしますが、闇の巨人以外はスペースビーストばかりですし、
デフォルメされてもキツそうなのが多いと判断されたのでしょうかw
(怪獣らしいガルベロスも犬の顔が真っ二つになっていますし、イズマエルも全身に顔面が付いているデザインですからね)
そう考えると、最近は可愛い方にシフトしてきたガンQは本当に凄いものだな~と。
個人的には恐竜戦車やザムシャー辺りを狙いたいです。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
関連記事
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|18:00

ウルトラマンX(エックス)、12月分放送予定&映画情報が公開!(ネタバレ有)

本日からてれびくんとテレビマガジンの最新号が発売開始となりました。
ウルトラマンX情報は、12月分と劇場版の一部情報が掲載されています。


・12月1日放送 ウルトラマンX第19話「共に生きる」

・12月8日放送 ウルトラマンX第20話「絆-Unite-」

・12月15日放送 ウルトラマンX第21話「美しき終焉」

・12月22日放送 ウルトラマンX第22話(最終話)「虹の大地」

・登場予定怪獣
ゴモラ、EXゴモラ、M1号、バグバズンブルード、グリーザ(第一形態、第二形態、最終形態)



次回放送となる第19話と、ウルトラマンネクサスが登場する第20話の情報はほとんどありませんでした。
第20話には背中からスペースビースト特有の角を生やしたバグバズンブルードが登場しますが、
このビーストがTVシリーズに登場するのは何気に始めてですね~。
親玉のバグバズングローラーなども登場するのでしょうか。
しかしタイトルやスタッフクレジットなど、とことんネクサス愛に満ちたお話になる予感。

グリーザはトゲの生えた球体状の第一形態と、スマートな人型をした第二形態が初公開。
この第二形態に色んなパーツがくっ付いて、最初に公開された最終形態になるみたいですね。
全身からダークサンダーエナジーを放ち、頭部からは「グリーザダブルヘリックス」を発射。
更に吸収した怪獣などの力も使用できる、相当な強敵になっているようです。
エクシードXとサイバーゴモラの力でも敵わないグリーザですが、どういった形で決着が付くのでしょうか。

そして今回の目玉としては、来年の3月12日から公開となる新作映画、
劇場版ウルトラマンX きたぞ!われらのウルトラマン」情報でしょうか。
ウルトラマンエックスの新たなる姿、「ウルトラマンエクシードX(ベータスパークアーマー)」が初公開となり、
その姿は金と銀の鎧に包まれたエクシードXとなっています。
鎧は胸だけではなく手足にも装着され、さながら騎士のような出で立ちになっていますね。

ベータスパークアーマーは、「エクスベータカプセル」と「エクスパークレンス」という2大アイテムを合体させ、
「ベータスパークソード」や「ベータスパークアロー」という新武器で強敵に立ち向かうそうです。
その見た目や名前の通り、この姿はウルトラマンウルトラマンティガから力を授かって誕生したみたいですね。
映画にもその二人のウルトラマンが登場するそうですし、昭和と平成を代表するウルトラマンの客演は、
ウルトラマン50周年となる来年のスタートを飾るには相応しいチョイスだと思います。

更に背中からX型のサイバーウイングを展開するなど、エックス最強の姿になりそうなベータスパークアーマー。
これは昨日深夜から円谷プロダクションの公式HPでも公開され、謎の新怪獣と共に大きく映っていますね。
映画の続報は12月12日に公開とのことですし、予告編なども近い内に公開されるかもしれません。
http://m-78.jp/news/n-3460/

てれびくんでは12月4日に発売される、「スーパーてれびくん×ウルトラマンX」という書籍の告知も掲載されています。
こちらはウルトラマンXの情報に加え、限定ソフビ「ウルトラマンエクシードX イリュージョンレッドver.」も付属するそうです。
発売中のエクシードXのリペイント商品で、エクシードイリュージョン発動中の姿をイメージしているみたいですね。
これは残りのカラーも、どこかの限定品として商品化されそうな気が。

DXベータスパークやベータスパークアーマーのソフビ人形も、一部店舗にて予約が開始されています。
映画怪獣のソフビ人形も近い内に予約が開始されそうですし、その時に改めて情報を纏めたいと思います。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(6)トラックバック:(0)|18:01

ウルトラマンXと連動、新作ソフビをフラゲ!(ウルトラ怪獣DX グリーザ)

明日から発売開始となる、ウルトラマンXの新作ソフビ人形をフラゲしてきました。
今回商品化されたのは、こちらのキャラクターになります。

ウルトラ怪獣DX グリーザ
ウルトラ怪獣DX グリーザ
ウルトラマンXのラスボス、虚空怪獣グリーザが早くもソフビ化となりました。
劇中では段々と姿が変化していく怪獣らしく、この姿は「最終形態」なんだそうです。
ウルトラマンエックスの前に立ちはだかる最強の敵にして、数々の事件を引き起こした元凶とも言える存在。
ソフビ人形からも、只ならぬキャラクターであることがひしひしと伝わってきますね。
高さは約18cmほどなので、800ソフビの人型キャラクターと並べても違和感の無いサイズでした。

ウルトラ怪獣DX グリーザ0
このソフビは実際のスーツとは細部のディテールが異なっており、色味もかなり派手目になっていますね。
新怪獣恒例の、デザイン画をベースに原型を作ったパターンなのでしょうか。
成型色は細かいラメが入った白で、実際のソフビはこの画像より落ち着いた色合いになっています。
サグラダファミリア教会の天井を見上げた姿をイメージしてデザインされた怪獣だそうですが、
やはり「異様」な雰囲気が漂っていますね。

ウルトラ怪獣DX グリーザ1
背中にある突起物状のパーツも、細かいパーツ分けで再現されています。
グリーザは体を中心に、「あちこちに突起が伸びている」ようなデザインなんですね。
ちなみに、肩は紫色の成型色でパーツ分けされていました。

ウルトラ怪獣DX グリーザ2
背面です。
一部分が塗装されていますね。
背中の突起物も、形状が「X」になっているのが何か意味深。

ウルトラ怪獣DX グリーザ3
バストアップです。
オレンジ色の顔には8本のラインが入っていますが、ここが目に当たるのでしょうか。
劇中では黄色く発光し、ゼットンの顔のように電飾が上下するみたいですね。

ウルトラ怪獣DX グリーザ4
可動箇所は、両肩、両腕、腰となっています。
DXエクスデバイザーにライブサインを読み込ませると、「グリーザ」という音声が鳴りました。
鳴き声は無く、効果音は共通音声です。

サイバーカード15
こちらは付属のサイバーカードです。
まさしくボスキャラといった風格がありますね。

サイバーカード16
カードの裏面です。
こちらの音声は「サイバーグリーザ」で、攻撃音は共通音声でした。

ウルトラ怪獣DX グリーザ5
以上がグリーザのソフビ人形の軽いレビューになります。
ウルトラマンXのTVシリーズと連動したソフビ人形は、一般販売分はこれにて展開終了。
あとはガシャポン版ソフビや限定ソフビ、劇場版のソフビなどが控えています。
果たしてこのグリーザ、劇中ではどこまでの強敵っぷりを見せてくれるのでしょうか。

youtubeでは、ウルトラマンXの第18話が期間限定で配信中です。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|18:02

カミーラ、ダーラム、ヒュドラ 闇の三戦士のソフビ!

今回は、旧定番シリーズのソフビ人形をご紹介します。
今から15年ほど前になる、2000年に公開された映画「ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY」に合わせて、
ティガバトル6 超古代戦士セット」というソフビセットが発売されました。
これはティガダーク、ティガトルネード、ティガブラスト、カミーラ、ダーラム、ヒュドラと、
6体のソフビ人形がセットになっていたもので、今回はその中から闇の三巨人をご紹介します。


ウルトラ怪獣シリーズ カミーラ
愛憎戦士 カミーラ
闇の三巨人のリーダーにして、ウルトラマンティガの元恋人であるカミーラです。
女性戦士なので、ダーラムやヒュドラに比べると少しだけ小さめに造形されています。
闇の三巨人は後に単品版が発売されましたが、カミーラはその際に手が「平手」になっていました。
なので、この握り拳状態のカミーラは、このセット版のみの商品となります。

ウルトラ怪獣シリーズ カミーラ0
背面です。
模様の塗り分けもしっかりしていますし、ハイヒール状になっている足もちゃんと造型されていますね。
背びれ部分の「うねり」も素晴らしいです。


ウルトラ怪獣シリーズ ダーラム
剛力戦士 ダーラム
闇の三巨人のパワー担当、ダーラムです。
腕の筋肉の肉感や、全身の重そうな鎧の雰囲気がよく出ている造形だと思います。
こちらも後に一般販売されましたが、三巨人は全員「ウルトラ怪獣シリーズ」ではなく、
「ウルトラヒーローシリーズ」のEX枠としてリリースされていました。

ウルトラ怪獣シリーズ ダーラム0
背面です。
ダーラムは全身のガンメタ塗装が、鈍くギラギラと輝いていて見栄えが良いですね。
改めて見てみると、ダーラムの後頭部ってこんなデザインだったんですね~。


ウルトラ怪獣シリーズ ヒュドラ
俊敏戦士 ヒュドラ
闇の三巨人のスピード担当、ヒュドラです。
全身の紫色は、実際はもう少し赤っぽい印象です(やはりカメラで紫色を撮るのは難しい・・・)
ソフビの方も全体的にシャープな仕上がりになっており、右腕の武器「ドラフォーク」も再現されていますね。
顔も細かいところまでよく塗装されています。

ウルトラ怪獣シリーズ ヒュドラ0
背面です。
しかし闇の三巨人は、模様が背面まで複雑なものばかりですね。
それをしっかりと塗り分けてあるのも、今思えば凄いことなのですが。


ウルトラ怪獣シリーズ カミーラ、ダーラム、ヒュドラ
最後は闇の三巨人を全員集合させて〆。
以上がカミーラ、ダーラム、ヒュドラのソフビの軽いレビューになります。
やはりこの時期に発売された商品は、細かい部分まで塗装されているので、よく出来ているものが多いですね。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|18:24

ウルトラマンX(エックス) 第18話感想(ややネタバレあり)

本日、第18話「ワタルの恋」が放送されました!


ワタル隊員と、その幼馴染である菜々子と、ハヤト隊員の三角関係・・・というか三角関係にすらなっていませんでしたが。
色んな意味でワタル隊員が可哀想で、それでいて大人だなぁと思えたお話でした。
普通、ああいうシチュエーションになると女性を巡って喧嘩の一つにでもなりそうなものですが。
幼馴染だからか、最終的にワタル隊員にとっては妹を見守る兄のような視点で落ち着いたのかな?と。
何気に、ワタル隊員とラグビーを繋げるシーンが多かったお話でもありましたね。

存在するだけで「はた迷惑」なのが宇宙化猫というキャラクターで、
かつてはタマ・ミケ・クロの三匹がウルトラマンマックスと対決。
記憶を奪う能力で人々を大混乱させていましたが、今回のムーも周囲の機械類をダメにしてしまうだけではなく、
ダークサンダーエナジーを引き寄せてしまう性質を持つ、非常に厄介な存在でしたね。

何より厄介なのは本人にその自覚は無く、悪意すら持っていない存在だということ。
目的も自分が恋をした相手、ウルトラマンエックスに会う為だけでしたし、
今回も前回とは違った方法で記憶を奪う所を見せるなど、宇宙化猫らしいその大迷惑さは健在でした。
最後の最後までトラブルメーカーだったムー、違う意味で恐ろしい存在でしたね・・・

ただ、今回は他にもレッドキングやドラコも登場していましたが、
どちらもそのキャラクターでなくても良かったような構成でしたね。
特に初代版の姿をしたドラコは、ウルトラマンとの初対決・・・だと思っていた方も多かったのではないでしょうか。
(自分もその中の一人でしたが)
その辺りはちょっと肩透かしでした。

物語の展開もワタル隊員のモノローグで進む所が多く、更にムーのせいで不条理かつシュールな仕上がりになっていましたね。
ワタル隊員とムーの恋、もう少しうまく繋げられたら更に面白くなっていたと思うので、その辺りも勿体無いな~と。
どちらかを主題にして別々にお話を展開した方が、より纏まっていたんじゃないかと思いました。
今回の全体的にフワフワしたような空気は、かなり人を選ぶのではないかと。

そんな中でもザナディウム光線のカットは特に気合が入っており、
前回とはまた違ったスピーディーさで決めてくれたのでハッ!とさせられました。
ウルトラマンXという番組は、如何にしてトドメの一撃をカッコよく演出するかがよく考えられていると思います。
ムーも何気に合成に頼らず「操演」で動かされている場面が多かったですし、
レッドキングとエックスのコミカル(?)なやり取りなど、特撮に関しては今回も堪能させてもらいました。
ウルトラマンX ムー


次回はいよいよ大地のゴモラが実体化!
更にM1号の登場や、EX化してしまい凶暴化するゴモラなど、終盤に向けて本筋の方が大きく動くようです。
ウルトラマンX、TVシリーズは泣いても笑ってもあと4回!

youtubeでは監督のコメント付き次回予告と、前回のお話が配信中です。




にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(6)トラックバック:(0)|19:48

【動画投稿】 ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻 part47

第1回目の記事はこちらになっています!
http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1466.html


ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻47
http://www.nicovideo.jp/watch/sm27652247

ゆっくり怪獣解説動画の第四十七回目を投稿致しました。
今回はウルトラマングレートより「円盤生物UF-0(ユーエフゼロ)」をご紹介。

久しぶりに、ウルトラマングレートの怪獣を取り上げてみました。
ウルトラマンレオのものとは異なる円盤生物という、意外と珍しいキャラクターなんですよね。
そのUF-0(ユーエフゼロ)という、UFOをもじった妙な名前も印象的でしたが、
何よりノルバーグのキャラクターがかなり強烈なので、むしろそっちの方が印象が強かったですw

円盤生物と言えばトラウマメーカーとして名高いですが、ここでもノルバーグを吸収するシーンが少し怖かったですね。
思えば何から何まで謎だらけだった怪獣なので、そのミステリアスさも個性の一つと言えるのではないでしょうか。
何者かが作った生体兵器なのか、それともこういう習性を持つ宇宙生物なのか・・・

物語の方も、第二章があと数回で終わる予定なので、色々と大きく動いております。
今回も面白いと感じて頂けたら動画へのコメントや、マイリスト登録して頂けるとありがたいです。
では、お楽しみ下さいませ~
youtubeでは、「やる夫とやらない夫がゆっくり三妖精に教える ゴジラ怪獣図鑑 part23」を投稿しております。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|18:36

ウルトラマンX「サイバーカード カードダスコレクションVol.2」をフルコンプ!

カードダス自販機で展開されている、「サイバーカード カードダスコレクションVol.2」を購入しました。
前回と同様に1回100円で2枚入り、全9種類(18枚)という仕様になっています。
今回も、売り切れない限りは9回連続で回すとフルコンプリートできる仕様でした。
カードは全て紙製で、裏面は前回と同じく劇中仕様の共通デザインになっています。


サイバーカード カードダス9
ウルトラマンエックス(ゼットンアーマー)」&「サイバーゼットン」です。
ゼットンアーマーは初カード化で、サイバーゼットンはセット版と同じデザインですね。
どちらもゼットンの鳴き声が鳴り響き、必殺技音声は、「ゼットン火炎弾」でした。

サイバーカード カードダス10
ウルトラマンエックス(ベムスターアーマー)」&「サイバーベムスター」です。
ベムスターアーマーは初カード化で、サイバーベムスターはセット版と同じデザインですね。
どちらもベムスターの鳴き声が鳴り響き、必殺技音声は、「ベムスターリバース」でした。

サイバーカード カードダス11
ウルトラマンギンガストリウム」&「サイバースラン星人」です。
どちらも今回初登場で、スラン星人に個別音声はありませんでしたが、こうやってカード化されたのは嬉しいですね~。
スラン星人は共通音声で、ウルトラマンギンガストリウムの必殺技音声は「コスモミラクル光線」でした。

サイバーカード カードダス12
ウルトラマンキング」&「サイバーケムール人」です。
どちらも今回初登場で、ケムール人は顔にアルファベットの刻印があったり、ポーズが走っている状態だったりとかなり個性的。
ケムール人は鳴き声が鳴り響き、ウルトラマンキングの必殺技音声は「キングフラッシャー」でした。

サイバーカード カードダス13
ウルトラマンアグル」&「サイバーペスター」です。
どちらも今回初登場で、アグルはV1状態のデザインですね。(このコンビは海繋がり?)
ペスターは共通音声で、ウルトラマンアグルの必殺技音声は「フォトンスクリュー」でした。

サイバーカード カードダス14
ウルトラマンヒカリ」&「サイバーベロクロン」です。
どちらも今回初登場で、よく見るとベロクロンのアルファベットの綴りが間違っていますねw
ベロクロンは鳴き声が鳴り響き、ウルトラマンヒカリの必殺技音声は「ナイトシュート」でした。

サイバーカード カードダス15
ルナミラクルゼロ」&「サイバーウインダム」です。
どちらも今回初登場で、ウインダムは何と「タイプB」に分類されるんですね~。(顔がフクロウっぽいから?)
ウインダムは鳴き声が鳴り響き、ルナミラクルゼロの必殺技音声は通常のゼロと同じく「ワイドゼロショット」でした。

サイバーカード カードダス16
ミラーナイト」&「サイバーウルトラマンベリアル」です。
どちらも今回初登場で、UFZのメンバーは背景が黄色い「タイプH」に分類されるようです。(ベリアルはやはりUに分類)
ウルトラマンベリアルは鳴き声が鳴り響き、ミラーナイトの必殺技音声は「アタック!」のみでした。

サイバーカード カードダス17
グレンファイヤー」&「サイバーガタノゾーア」です。
どちらも今回初登場で、ガタノゾーアはサイバー化すると重ロボット怪獣のようなデザインになるんですねw
ガタノゾーアは鳴き声が鳴り響き、グレンファイヤーの必殺技音声は「アタック!」のみでした。


以上が、サイバーカード カードダスコレクション2の軽いレビューになります。
ボスキャラクターやウルティメイトフォースゼロに加え、青いウルトラマンが続々と参戦した弾でした。
サイバーカードと言えば、九州のイオン限定でガルベロスが配布されたり、
ヤマダ電機限定でジュダ・スペクターが配布されたりもしているようですが・・・
さすがにこれ以上はお金が持たないので、私はスルーしておきます。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|18:48

電子書籍で、内山まもる先生の「ザ・ウルトラマン」が復活!

本日からKindleストア、Reader Store、楽天Kobo、hontoなど、各電子書籍ストアにて、
内山まもる先生の漫画「ザ・ウルトラマン」シリーズの配信が開始されました。
私はamazonのKindleを利用して購入しましたが、こういう形で復刻となったのは本当に嬉しいです。
お値段は各巻400円(税別)で、ラインナップは以下の通り。



◆ザ・ウルトラマン(第1巻)
・ジャッカル対ウルトラ兄弟 第1話/姿なき強敵
・ジャッカル対ウルトラ兄弟 第2話/あやうし! ウルトラの国
・ジャッカル対ウルトラ兄弟 第3話/謎の超人現る!
・ジャッカル対ウルトラ兄弟 第4話/復活! ウルトラ兄弟
・若きファイタスの挑戦


◆ザ・ウルトラマン(第2巻)
・ウルトラマンエース 第1話/悪魔はやさしいお兄さん?
・ウルトラマンエース 第2話/うるさい音に気をつけろ!
・ウルトラマンエース 第3話/白い伝説
・ウルトラマンタロウ 第1話/ねらわれた少年タケル
・ウルトラマンタロウ 第2話/自分の足で歩くんだ!
・ウルトラマンタロウ 第3話/警官インベーダー
・ウルトラマンタロウ 第4話/ほんとに怪獣が出たぞ
・ウルトラマンタロウ 第5話/神の子になった少年
・ウルトラマンタロウ 第6話/涙のストリウム光線
・ウルトラマンタロウ 第7話/恐怖!ウルトラ蟻地獄


◆ザ・ウルトラマン(第3巻)
・闘え!ウルトラ兄弟
・ウルトラマンレオ 第1話/ウルトラマンレオ登場
・ウルトラマンレオ 第2話/危機一髪!モロボシダン
・ウルトラマンレオ 第3話/ウルトラキラーゴルゴ
・ウルトラマンレオ 第4話/復活!ウルトラセブン
・ウルトラマンレオ 第5話/帰ってきたウルトラマンのおくりもの
・ウルトラマンレオ 第6話/レオの弟・アストラ登場
・ウルトラマンレオ 第7話/伝説の長老ウルトラマンキング
・ウルトラマンレオ 第8話/最後の大決戦


◆ザ・ウルトラマン(第4巻)
・月面要さい大作戦――対ベーダー
・友情は永遠に…――タロウとエルフ
・1ダースの特攻隊――対アヌビス
・ゾフィーの危機――対アサシン


それぞれTVシリーズを踏襲した物語、キャラクターだけが同じで全く異なる展開を見せるオリジナルストーリー、
オリジナルキャラを交えた漫画ならではの完全オリジナルストーリー。
このようなバラエティ豊かな物語が織り交ぜられた構成ですね。

人気の高いオリジナルキャラクター、メロス、ファイタス、エルフを始め、ジャッカル大魔王、パイレーツ星人、
ウルトラキラーゴルゴ、キングベーダー、キングバルタン率いるバルタン星人軍団、アヌビス星人、アサシン星人など、
この漫画でしか見られない宇宙人も数多く登場します。
個人的にウルトラマンレオの物語が大好きでして、前作の主人公ウルトラマンタロウとの共演があったり、
円盤生物編で特攻して散るダン(ウルトラセブン)の雄姿など、漫画ならではの展開が盛り沢山なんですよね~。

「今回初めてザ・ウルトラマンを見る」という方は、
まずはジャッカル大魔王との戦いで有名な、第1巻から購入されることをオススメします。
その戦いの後日談でもあるファイタス編も収録されていますし、
ついでに「ウルトラマンメビウス外伝アーマードダークネス ジャッカル軍団大逆襲!!」をその後に読めば、
内山漫画におけるジャッカル軍団との戦いが網羅できますからね。

今後も色々と電子書籍化されるそうなので、いずれは内山先生の漫画が網羅されそうですね。
普通の書籍でも構わないので、何時かすべての作品を復刻して欲しいな~と。
youtubeでは、ウルトラマンXの第17話が期間限定で配信となっています。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|18:02

ULTRA-ACT グリッターティガ&カミーラ(限定商品)

魂ウェブ限定商品の、ULTRA-ACT(ウルトラアクト)最新作が到着しました。
今回商品化となったのは、こちらのキャラクターになります。


ウルトラアクト グリッターティガ&カミーラ
グリッターティガ&カミーラ
映画「ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY」に登場した2キャラクターが、ウルトラアクト化となりました。
久しぶりの2体セットな上に、敵キャラクターの商品化も何時ぶりになるのでしょうか。
付属品の数はそこそこで、今までの2体セットものに比べるとコンパクトに纏められています。


ウルトラアクト グリッターティガ&カミーラ0
まずはグリッターティガから。
ウルトラマンティガver.2のリペイント商品なので、簡単に紹介したいと思います。

ウルトラアクト グリッターティガ&カミーラ1
半透明の成型色の上から薄く塗装されており、、パールのような輝きが表現されています。
グリッターティガはTVシリーズの最終回にも登場しましたが、
全身が金色に輝き続けている姿はファイナルオデッセイ版ということになりますね。

ウルトラアクト グリッターティガ&カミーラ2
背面です。
背中には、台座接続用パーツを差し換え可能なジョイントが設けられています。
厳密に言うとグリッターティガは、通常のティガより遥かに巨大なのですが、流石に大きさの違いまでは再現されていません。

ウルトラアクト グリッターティガ&カミーラ3
バストアップ。
全身が同じように塗装されていました。

ウルトラアクト グリッターティガ&カミーラ4
可動範囲なども、ティガver.2と同じ仕様です。
ハイキック状態での自立も可能ですね。

ウルトラアクト グリッターティガ&カミーラ5
付属エフェクトパーツは、「グリッターゼペリオン光線」でした。
胸のプロテクター部分も、光線発射用のものと差し替えが可能です。


ウルトラアクト グリッターティガ&カミーラ6
続いては愛憎戦士カミーラ
ティガの元カノという斬新かつとんでもない設定でファンを驚かせた彼女ですが、
ウルトラの母やユリアンに続いて、まさか女性キャラクターがアクションフィギュア化されるとは思いもしませんでした。

ウルトラアクト グリッターティガ&カミーラ7
体型も女性らしくなっており、腕やウエストが細く、太ももの肉付きが良いですね。
全身がメタリック調で塗装されているのも、個人的に嬉しいポイントだったり。

ウルトラアクト グリッターティガ&カミーラ8
背面です。
背中には、台座接続用パーツを差し換え可能なジョイントが設けられています。

ウルトラアクト グリッターティガ&カミーラ9
バストアップ。
目や額のクリスタル部分は、クリアパーツで表現されています。

ウルトラアクト グリッターティガ&カミーラ10
可動範囲ですが、太ももが大きいので、股関節があまり開かないですね。
その反面、細い腕は結構動く印象を受けました。

ウルトラアクト グリッターティガ&カミーラ11
笑みを浮かべながら、相手を攻撃しているかのようなポーズをイメージ。
基本的に悪女キャラなので、悪っぽいポーズがよく似合います。

ウルトラアクト グリッターティガ&カミーラ12
付属エフェクトパーツその1、氷の剣「アイゾード」です。
これは手に持たせる仕様になっており、細長いクリアパーツで表現されていました。

ウルトラアクト グリッターティガ&カミーラ13
やはり剣持ちのキャラは、ポージングがカッコよく決まります。

ウルトラアクト グリッターティガ&カミーラ14
付属エフェクトパーツその2、氷の鞭「カミーラウィップ」です。
こちらは右手首との差し替えで再現できました。

ウルトラアクト グリッターティガ&カミーラ15
こちらも青いクリアパーツで表現されていました。
やはり女性には鞭がよく似合う(?)

ウルトラアクト グリッターティガ&カミーラ16
以上がグリッターティガ&カミーラセットの軽いレビューになります。
本音を言えばグリッターティガではなく、ティガダークのver.2をセットにして欲しかった気持ちもありますが。
何はともあれ、一応アクトでは初商品化の2人だったので、満足感は高かったです。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|19:59

ウルトラマンX(エックス) 第17話感想(ややネタバレあり)

本日、第17話「ともだちは怪獣」が放送されました!


人間に友好的な怪獣ピグモンと、田舎に引っ越してきたばかりの少女サクラとの交流が描かれたお話でした。
ウルトラマンXのメインテーマである「人間と怪獣との共存」が真正面から描かれていましたが、
ああいうピグモンのような、「大人しい小型の怪獣」とは共存がしやすいんですよね。
しかし体が大きくなると、どうしても人間社会に馴染めなくなり邪魔になってしまう。
かつてのガヴァドンもそうでしたが、巨大怪獣は存在するだけで社会の迷惑になってしまいます。

今回ウルトラマンエックスがキッパリと言っていましたが、怪獣との共存という言葉は聞こえが良いですけど、
実際のところは「人間にとって都合が良い状態にする」というのが怪獣保護や共存であって、
何かしらの事情があり「その存在が人間にとって都合が悪い」と排除対象になってしまう。
あくまで人間の尺度だけで考えた、身勝手なものなんですよね。
エックスは地球人では無い第三者なので、その目線からそこにツッコんでくれたのは嬉しかったです。

サクラの母親は「人間に対して無害な怪獣」に対しては呑気な考え方をしていましたが、
ショッピングモールに居る人たちのように、怪獣を敵だと考えている人間はあの世界に大勢居ることでしょう。
怪獣災害が頻発して十年以上が経過しており、その被害の大きさも計り知れない所まで来ていると思います。
前回を見ると宇宙人による事件も多発しているようですし、tE-rUを攻撃していた者のように、
宇宙人に対して快く思わない人間も大勢居ると思います。

そんな世界に住んでいるだけに、大地の夢はとても難しいものなのですが、
第2話に続いて前向きに考え続けていたのが彼の良い所。
怪獣との共存は、ウルトラマンガイアでは決着せず、ウルトラマンコスモスでも「地球上での共存」は叶いませんでした。
今回は怪獣をスパークドールズ化して、大地曰く「一時的な処置」を施しているわけですが、
このメインテーマがどういった形で着地するのか、個人的にXで楽しみにしている要素の一つです。

しかしウルトラマンXは、毎回のように演出が凝っていますね~。
特に今回はエクシードXを解除し、ザナディウム光線を放つまでの流れと、光線発射シーンの構図が素晴らしい!
十字路までをも活用し、まさに「この番組でしか出来ない」名シーンが誕生しました。
エクシードエックスは、あくまでダークサンダーエナジーに対する対抗策でしか無いので、
相手をスパークドールズにする場合はかならず通常の姿でトドメを刺す、この棲み分けは本当に良いアイデアだな~と。

ダークサンダーエナジーで強化された怪獣はとてつもなく強力ですが、
今回のキングゲスラも例外ではなく、猛毒の威力が上昇するばかりか新技まで披露しましたね。
ちゃんとデザインを活かした新技でしたし、X登場怪獣は新たな魅力を感じさせてくれるものが非常に多い印象です。
弱点克服という強化ぶりも凄かったですし、本来のテリトリーである海辺で戦っていれば更に強力だったのでしょうか・・・

冒頭のXioが回収したスパークドールズ、南米で目撃されたピグモン、例の「らくだ便」など、
各所の小ネタも非常に多く、出演者も辻本監督繋がりでTNGパトレイバーで見たような人たちが多かったですねw
物語も最後の最後までハラハラさせてくれましたし、ピグモンの扱い方も上手だったと思います。
色々とぶっ飛んだ話が続いていた中、こういうウルトラらしい物語が入ってくると個人的に凄く安心します。
・・・もっとも、次回はまたとんでもない展開になるようですがw
ウルトラマンX キングゲスラ


次回は「ウルトラマンに友好的」な怪獣が登場するそうですが・・・
その怪獣は、何とあの「宇宙化猫」の一種!
早くも嫌な予感しかしませんが・・・
あの笑撃から10年、今度は一体どんな大事件になってしまうのか!?

youtubeでは監督のコメント付き次回予告と、前回のお話が配信中です。




にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|21:12

恐怖の円盤生物フィギュアシリーズ! シルバーブルーメ

では、私が所持している円盤生物のフィギュアを紹介する、不定期コーナーの第17回目となります。
第17回目は、円盤生物の代表格ともいえるこのキャラクターをご紹介します。


円盤生物 シルバーブルーメ
円盤生物 シルバーブルーメ 超闘士激伝
ブラックスターから飛来した円盤生物第1号で、クラゲやイソギンチャクのような姿をしています。
長い触手や、体の下部から放つ黄色い溶解液が主な武器で、MAC基地を包み込んで飲み込んでしまった他、
ゲンに関わる大勢の人間を殺害した「最凶」の円盤生物として知られています。
飛行形態は、ガラス細工のような姿の円盤形態になります。

ということで、今回はシルバーブルーメです。
まずは「バンダイ」から発売された、「ウルトラマン超闘士激伝」のシルバーブルーメですね。
円盤生物セットの1体なのでサイズがかなり小さく、更に私が所持しているものはクリアレッド成型なので、
写真写りがかなり悪くなってしまいました・・・

円盤生物 シルバーブルーメ 超闘士激伝0
触手部分の先端はスタンドになっています。
そのデザインも円盤形態を模したものになっていますね。


円盤生物 シルバーブルーメ インスパイア
続いては「インスパイア」から発売された、「SSSコレクション」のシルバーブルーメです。
こちらには幾つかバリエーション違いが存在し、私が所持しているものは、
触手無しのリニューアルカラーバージョンになります。
触手がある通常版は、溶解マッキー2号の指人形が付属するかなり狂った仕様の商品だけに、何時か入手したいですねw

円盤生物 シルバーブルーメ インスパイア0
多少デフォルメされた造形ですが、色はリアル寄りになっていますね。
クリアパーツと塗装を上手く活用して、それらしく仕上がっていると思います。
赤い部分には、薄く塗装が施されているので綺麗ですね~。

円盤生物 シルバーブルーメ インスパイア1
内部にある、黄色い内臓部分も造形されています。
形状は劇中のものとはかなり違いますが、雰囲気は出ていますね。

円盤生物 シルバーブルーメ インスパイア2
底面です。
通常版は線の部分が切られており、中に溶けたマッキー2号の指人形を挿入できるギミックがありました。
こちらはそのギミックが廃されているので、軟質パーツではなく普通のソフビ製となっています。
触手も造形されていませんね。


円盤生物 シルバーブルーメ やまなや 怪獣郷
最後は「やまなや」から発売された、「怪獣郷」のシルバーブルーメです。
こちらもカラーバリエーションが幾つか存在し、私が所持しているのは下部パーツが黄色い成型色のものですね。
こちらはほとんどリアルタイプソフビと言っても良い出来で、現状で発売されている中では、
一番リアルなシルバーブルーメのフィギュアだと思います。

円盤生物 シルバーブルーメ やまなや 怪獣郷0
怪獣郷のシルバーブルーメは、どれも上部の塗装がかなり省略されており、ほとんど透明になっているのが特徴です。
短いながらも、5本の触手がちゃんと造型されていますね。

円盤生物 シルバーブルーメ やまなや 怪獣郷1
こちらも内蔵部分が別パーツで表現されており、一体成型ながらも劇中に近いトゲトゲした造形になっています。
カラーも下からパープル、ピンク、オレンジと、良い感じにグラデーションになっていました。

円盤生物 シルバーブルーメ やまなや 怪獣郷2
下部もしっかり造形されています。
シルバーブルーメの「口」をちゃんと造形した、珍しいソフビフィギュアとも言えますね。

円盤生物 シルバーブルーメ やまなや 怪獣郷3
大部分がクリアパーツなので、後ろから光を当ててみると非常に綺麗です。
こう見ていると、シルバーブルーメ型のルームライトや、風鈴なんかが欲しくなってきますねw


以上がシルバーブルーメフィギュアのレビューです。
この他にもやまなや製の指人形があるらしいですが、そちらは入手どころか発見すら出来ていません。
これで現在までに所持している円盤生物フィギュアは全て紹介できたかな?
これからも、まだまだ新作が発売されていくことを祈ります。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|18:52

ウルトラマンX新作ソフビ(キングゲスラ、ピグモン)&店舗限定配布サイバーカード3種を入手!

ウルトラマンXの新作ソフビ人形を購入してきました。
今回商品化されたのは、こちらのキャラクターになります。


ウルトラ怪獣X キングゲスラ
ウルトラ怪獣X 10 キングゲスラ
海獣ゲスラが強化された姿で、全身に猛毒を含む棘が生えている怪獣です。
ウルトラマンX出演と連動し、500サイズソフビ化となったキングゲスラ。
800ソフビや対決セットに続いて、このソフビも全身のディテールがよく出来ていると思います。
(トゲ部分は少し丸めですが)
口の中や、手足のヒレ部分の塗装は省略されていますね。

ウルトラ怪獣X キングゲスラ0
背面です。
本来、キングゲスラの背中のヒレは青い色をしているのですが、
このソフビではトサカや背中部分と共に、ヒレ全体が黄色く塗装されていますね。
これはこれで派手なので、個人的にはアリですが。
ちなみに、両腕の他に両足も可動します。

ウルトラ怪獣X キングゲスラ1
横から。
ライブサインはDXギンガスパーク、DXビクトリーランサー、DXエクスデバイザーなどそれぞれに対応しており、
「キングゲスラ」という音声が出ます。
鳴き声は無く、どれも共通音声でした。


ウルトラ怪獣X ピグモン
ウルトラ怪獣X 12 ピグモン
人間に友好的な小型の珍獣で、心優しい性格の持ち主です。
こちらもウルトラマンX出演と連動し、500サイズソフビ化となりました。
造形はウルトラマンマックスから使用されているスーツが元になっているので、あの「モロボシ君」としても扱えますね。
画像ではのっぺりとして見えますが、全身のヒダ部分はこのサイズにしてはよく再現されていると思います。

ウルトラ怪獣X ピグモン0
背面です。
上半身は赤い成型色で、両腕と下半身はベージュに近いグレーの成型色でした。
可動箇所は両腕のみですが、これで全身4パーツ構成というのが凄いな~と。

ウルトラ怪獣X ピグモン1
横から。
ライブサインはDXギンガスパーク、DXビクトリーランサー、DXエクスデバイザーなどそれぞれに対応しており、
「ピグモン」という音声が出ます。
更に、全てに鳴き声が収録されていました。


サイバーカード13
こちらはそれぞれに付属するサイバーカードです。
どちらもオリジナルの面影を残しながらも、サイバー怪獣アレンジが炸裂していますね~。

サイバーカード14
カードの裏面です。
これらの音声は「サイバーキングゲスラ」や「サイバーピグモン」で、どちらの攻撃音も共通音声でした。




さて、昨日Twitterにて知った情報なのですが。
何の事前告知も無く、昨日から店舗限定配布サイバーカードキャンペーンが開始されている模様です。
現状、私が知る限りは3種類が同時に開始されたらしく、
本日はあちこち回って、その3種類の限定サイバーカードを全て入手して来ました。


サイバーカード イオン限定 ガンQ
まずはガンQのサイバーカードです。
これはイオンの玩具売り場でウルトラマングッズを1000円以上購入すると、1枚配布されます。
頭の触角(?)が垂れ下がっている所を見ると、
大怪獣バトルから使用されているガンQのスーツを元にデザインされたのでしょうかw
しかし、サイバー怪獣になってもその「目力」は健在ですね。

サイバーカード イオン限定 ガンQ0
カードの裏面です。
こちらの音声は「サイバーガンQ」で、攻撃音は共通音声でした。
また、ソフビのライブサインなどと同様に鳴き声も鳴ります。
カードはプラ製ではなく紙製でした。


サイバーカード トイザらス限定 ハイパーゼットン
続いてはハイパーゼットンのサイバーカードです。
これはトイザらスでウルトラマングッズを2000円以上購入すると、1枚配布されます。
また、現在トイザらスではソフビ人形を2個以上買うと、ソフビの値段が10%割引になるキャンペーンも実施中でした。
全体的にはオリジナルのハイパーゼットンを踏襲していますが、細部がよりメカニカルなイメージになっていますね。

サイバーカード トイザらス限定 ハイパーゼットン0
カードの裏面です。
こちらの音声は「サイバーハイパーゼットン」で、攻撃音は共通音声でした。
また、ソフビのライブサインなどと同様に効果音は共通音声です。
カードはプラ製ではなく紙製でした。


サイバーカード イトーヨーカドー限定 カネゴン
最後はカネゴンのサイバーカードです。
これはイトーヨーカドーの玩具売り場でウルトラマングッズを2000円以上購入すると、1枚配布されます。
(私はアリオ八尾にて購入してきました)
全身シルバーのカネゴンというこのデザイン、そしてその青い発光部分からは宇宙的なイメージを感じましたw

サイバーカード イトーヨーカドー限定 カネゴン0
カードの裏面です。
こちらの音声は「サイバーカネゴン」で、攻撃音は共通音声でした。
また、ソフビのライブサインなどと同様に鳴き声も鳴ります。
カードはプラ製ではなく紙製でした。


以上が、新作ソフビと店舗限定配布サイバーカードのレビューになります。
いずれも配布されるかどうかは店舗次第なので、
まずは電話などでキャンペーンをやっているかどうかを確認しておいた方が良いと思います。

いきなりこんなキャンペーンが開始されたので正直驚きましたし、合計で5000円ほどグッズを購入してしまいました。
まだ来月頭からの、ファイブキングのサイバーカードキャンペーンも控えているというのに・・・w
ちなみに限定サイバー怪獣のカードは、カードナンバーを見る限りでは、まだ数種類存在するみたいですね。
今後はどんな方法で配布されるのか、戦々恐々としながら続報を待ちたいと思います。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|17:04

ウルトラマンガシャポンフィギュア最新作、「水際のジャミラ」

ウルトラマンのガシャポンフィギュアシリーズの最新作が発売開始となりました。
今回はコップのフチ子のような商品である、「水際のジャミラ」。
コップに乗せて遊ぶタイプのミニフィギュアですね。
ジャミラは水が弱点なので、水際のギリギリ感を攻めるコンセプトの商品・・・なんだそうです。

水際のジャミラ
ジャミラ(おすわりver.)
こちらはお座りタイプのジャミラです。
フィギュア自体は成型色の上から、全身に塗装が施されていますね。

水際のジャミラ0
ジャミラ(ひっかかりver.)
手を引っかけているタイプのジャミラです。
とにかくシュール。

水際のジャミラ1
ジャミラ(ぶらさがりver.)
足を引っかけているタイプのジャミラです。
これはコップの内側に配置するのが正解なのですが、フィギュアが見やすいように外側にぶら下げています。

水際のジャミラ2
ジャミラ(よいしょver.)
片足を引っかけているタイプのジャミラです。
この中では一番安定感がありますね。

水際のジャミラ3
ジャミラごっこ
今回の中で一番異彩を放っているのが、このジャミラごっこ。
私もかつてはシャツを頭に被ってこんな遊びをしていたものですが、これをフィギュア化しようという発想がまず凄い。
でもこれってシルエット的にはむしろザラブ星人ですよねw

水際のジャミラ4
本来は水際までのギリギリ感を攻めるタイプのフィギュアですが、コップに水をなみなみ注いでしまうと、
ジャミラが入水自殺しているようにしか見えなくなるので注意しましょう。

水際のジャミラ5
いい湯だな~♪(死亡)

水際のジャミラ6
どう見ても水攻め。

水際のジャミラ7
以上が水際のジャミラの軽いレビューになります。
何をやらせても基本的に超シュールなフィギュアなので、
そのポージングを活かして撮影すれば、何かのネタには使えるかもしれません。

youtubeでは、ウルトラマンXの第16話が期間限定で配信されています。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|18:02

【動画投稿】 やる夫とやらない夫がゆっくり三妖精に教える ゴジラ怪獣図鑑 part23

第1回目の記事はこちらになっています!
http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1716.html


やる夫とやらない夫がゆっくり三妖精に教える ゴジラ怪獣図鑑part23
http://www.nicovideo.jp/watch/sm27566350

私の手書きイラストによるゆっくり解説動画の最新パートを投稿しました。
第二十三回目は、怪虫「メガヌロン」&もはやトンボではなく竜な「メガギラス」をご紹介。
メガニューラなどについても触れています。

ラドンに続いては共演経験がある怪獣をチョイスしたかったので、早い内からメガヌロンとメガギラスに決定していました。
「空の大怪獣ラドン」という映画は前半と後半で空気が異なる作品なのですが、
その暗くホラーな雰囲気の前半の主役怪獣が、このメガヌロンです。
メガヌロンは等身大スーツなのでかなりの巨体で、劇中では様々な人間を捉えて惨殺したり、
民家に乗り込むシーンなどに更なる迫力が与えられていたと思います。

最後はラドンの餌となるメガヌロンでしたが、平成の世ではかなり異なるデザインで復活。
今度は成虫メガニューラになるばかりか、巨大なメガギラスまで登場するなど、映画のメイン怪獣として昇格しました。
メガギラスはかなり凶悪な顔付きながらも、ちゃんと「表情」があるのがどこか憎めませんよねw
ゴジラとの戦いも半分ギャグじみていましたし、どことなくチャンピオン祭的な雰囲気を感じる映画でもありました。
ゲームなどでは宿敵であるラドンとの戦闘が実現していますが・・・一度本気で戦い合う姿も見てみたいものです。

メガギラスはその飛翔能力が売りの怪獣なので、今回はちょっとだけ演出に凝ってみました。
動画の方も、最後の最後まで楽しんでくださいませ。
(大層なネタを仕込んでいる訳では無いですが)

今回も面白いと感じて頂けたら動画へのコメントや、マイリスト登録して頂けるとありがたいです。
では、お楽しみ下さいませ~
youtubeでは、「ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻 part46」を投稿しております。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|18:41

ウルトラマンX(エックス) 第16話感想(ややネタバレあり)

本日、第16話「激撮!Xio密着24時」が放送されました!


前回は平成ウルトラシリーズにおける傑作回と表現しましたが、
今回はウルトラマンの歴史に残る傑作回が誕生してしまいましたね。
「主人公たちがこの手の超常現象に挑む姿」をTVカメラが追うシチュエーションは、
XファイルやMM9など過去の作品にも色々とありましたが、これをウルトラマンでやってのけた事にまずは拍手!
防衛チームをTVクルーが密着取材する、この字面だけでも既に面白いですからね。

恐らくXio的には広報活動の一環であり、TV局的には市民なら誰もが興味ある防衛チームの裏側に迫れる。
この両者の意思が一致し、撮影許可が下りたものだと思われます。
(もしくは、現実のTVのように警察密着24時のノリで、向こうでは常態化したシリーズなのかもしれませんが)
ウルトラマンXの世界ではどんなTV番組が放送されているのか、今回はその一つを垣間見たことにもなりますね。

そしてこれはあくまでTV局が編集した映像なので、明らかに悪意のある撮り方をされていた人も居て大笑い。
大地は人形と話したりする危ない人扱いでしたし、ワタルは何時も以上のぶっ飛び具合。
更に神木隊長は前回の感動をぶち壊すほど何をやっても面白かったですし、ルイルイはもはや危険人物。
私は全編に渡って、ずっとニヤニヤしながら視聴していました。
(というか、スパークドールズって普段はああやって扱っていたのか!?)

しかしちゃんとXioの活躍シーンも抑えており、職務質問から敵陣への突入シーンまで、
警察官とほとんど同じような活動をしていることが明らかになっていましたね。
ただ、その対象はあくまで宇宙人などに限られるようで、そこが何時も見ている密着モノと大きく異なるのですが。
不審者丸出しのケムール人、何故か関西弁の不気味なセミ女、リーダー格のダダ。
各キャラクターも中々個性的に描かれていて、特にダダの顔変えネタには爆笑でした。

今回視聴していて特に唸ったのは、ウルトラマンXとグビラの戦闘シーンでしょう。
クローバーフィールドなどでも描かれた、「人間視点から見続けた巨大怪獣」という最高すぎるシチュエーション。
これをウルトラマンでもやってくれたのは本当に嬉しかったです。
定点カメラなども駆使して、色んなアングルからウルトラマンと怪獣の戦いをたっぷり見せてくれるとは!
特にザナディウム光線を放った後、爆発するシーンの車窓カットが素晴らしすぎて・・・

エクシードエックス関連のバンクシーンは流石にそのままでしたが、
あれはテロップが無かったので、「TVカメラには映っていない映像」という扱いなのでしょう。
そして今回はエクシード絡みのシーンを省いてしまうと、大地隊員がただの危ない人になってしまうので、
主人公であることを強調するには私的には必要だったと思いますw

もうほぼ全編が見所と言っても過言ではないトンデモ回でしたが、
「ダークサンダーエナジーの危険さ」や「副隊長、衝撃のプライベート」がサラっと描かれるなど、
ちゃんとウルトラマンXの1エピソードとしても機能しているのが何より凄い!
これを無くしてウルトラマンXは語れない、と言っても過言ではない名エピソード。
第16話、最高のお話でした。
ウルトラマンX グビラ


今回はもうお腹いっぱいです。
神木隊長が出てくるシーンが全部笑えるっていうのが特に・・・w
こんな笑撃のエピソードの後に放送される、次回のお話は果たして大丈夫なのでしょうか。
youtubeでは監督のコメント付き次回予告と、前回のお話が配信中です。




にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(7)トラックバック:(0)|19:50

レトロ系ソフビ人形 ツルク星人

では、レトロ系怪獣ソフビ人形の記事です。
今回取り上げるのは、こちらのキャラクターとなります。


レトロ風ソフビ ツルク星人
奇怪宇宙人 ツルク星人
ウルトラマンレオに登場した、両腕を刃に改造した猟奇的な宇宙人です。
人間を簡単にバラバラにしてしまう様など、多くの視聴者にトラウマを与えた存在でもありました。
このソフビ人形は2004年頃に「やまなや」から発売された「怪獣郷シリーズ」ものになり、
緑色の成型色である、一番最初に販売されたバージョンになります。
造形もスーツに近い雰囲気を残しながら微妙にデフォルメタイプで、赤いお腹など塗装は少し派手な印象になっていますね。

レトロ風ソフビ ツルク星人0
背面です。
腕や足に続き、背中にもスプレーしてあるゴールドカラーが実に綺麗です。
各部にはメタリックグリーンでもスプレーしてありますね。

レトロ風ソフビ ツルク星人1
可動箇所は、首、両腕、両足です。
手も左右で表情が違い、右手が閉じた状態、左手が開いた状態で造形されています。
このカラーリングだと、そのデザインが更に「トカゲ」っぽい印象を受けますね。

レトロ風ソフビ ツルク星人2
そして、オマケとして「ツルク星人(人間大)」のミニソフビ人形も付属!
こちらは過去にブルマァクから発売された「ミニサイズ」シリーズの復刻版で、
目の塗装が正しい位置になった、リニューアルカラーバージョンです。
造形そのものは、当時ものとしてはスーツの特徴を上手く捉えていると思います。

レトロ風ソフビ ツルク星人3
背面です。
藤色の成型色が綺麗ですね。
可動箇所は首のみでした。

レトロ風ソフビ ツルク星人4
以上がツルク星人ソフビの軽いレビューになります。
この他にもピンク色や、茶色い成型色のバリエーション違いも存在しています。
個人的には茶色い成型色のバージョンが、一番劇中に近いカラーリングだと思いますが、
この緑色のツルク星人も、中々良いセンスをしているのではないかと。
現時点では、人間大&巨大化のどちらの姿も、これが唯一のソフビ化ですね~。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|18:00

ウルトラマンX最大の敵、虚空怪獣グリーザ!

ウルトラ怪獣DX グリーザ!

既にネットの各所でも予約が開始されている、ソフビ人形「ウルトラ怪獣DXグリーザ」ですが、
児童誌に掲載されていた実際のスーツよりは、少しスマートなイメージになっていますね。
以前にも触れた通り、この「虚空怪獣グリーザ」がウルトラマンXのクライマックスに登場するボス怪獣のようです。

その設定も、【星の生体エネルギーを求めて宇宙を渡り歩いている「悪魔のような怪獣」で、
複数の形態に姿を変えて攻撃を仕掛けてくるほか、ダークサンダーエナジーを武器として使用したり、
敵の攻撃を無力化するバリアーなどを使用する超強敵】だそうです。
やはり「複数の形態に姿を変える」という点が気になりますが、この姿が最終形態なのでしょうかね?

人型をしていながら肩書きは怪獣扱いなのですが、サイバーカードを見る限りではタイプA(エイリアン)なんですね。
現状では喋るのかどうかさえも分からず、そのデザインも得体が知れないものに見受けられますね。
禍々しくも神々しい、実に捉えどころの無い姿をしていると思います。
(人型で怪獣であるボスキャラという点は、ゼットンを思い出してしまいます。こちらも顔らしい顔がありませんし)

そんなグリーザですが、昨日にTwitterの方で、ウルトラマンXに参加している脚本家の「中野貴雄」さんが、
グリーザについての興味深い裏話を公開されていました。
中野さんによると

・グリーザは訳の分からないデザインだと思われるかもしれないが、ちゃんとモチーフが存在
・それは「サグラダ・ファミリア聖堂」の天井を見上げたもの
・神のような悪魔のような理解を絶した存在

なんだそうです。
そこでGoogleでサグラダ・ファミリアの写真を調べてみると・・・
(画像はクリックすると拡大します)
ウルトラマンX グリーザのデザイン

確かに、グリーザの元ネタになったと言われると非常に納得できるものでした。
幾何学的でありながらも、この世のものとは思えない美しさを感じる見事な彫刻の数々ですね~。
神のような悪魔のような理解を絶した存在、グリーザのキャラクター性にもピッタリだったのでしょうか。

グリーザは本当に星の生体エネルギーのみを求めて生きているのであれば、
例え星を破壊しようともそれは悪意ではなく本能に他ならないので、
その辺りを本編にどう絡ませてくるのか、今から楽しみにしている要素の一つです。

ダークサンダーエナジーを照射し、数々の怪獣を強化&凶暴化させているばかりではなく、
もし紫色の発光体の正体であれば、ウルトラフレアを引き起こした元凶にもなるグリーザ。
本編への登場は12月中旬辺りからになるでしょうが、先に今月末発売のソフビ人形を入手して、
あれこれ妄想を膨らませながら放送を待ちたいと思います。

youtubeでは、ウルトラマンX第15話が期間限定で配信されています。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|18:02

ウルトラマンオフィシャルショップ限定、サイバーファイブキングカードが登場!

サイバーカード ウルトラマンオフィシャルショップ限定ファイブキング
http://www.tedori.co.jp/cgi-bin/uwm/index.cgi

ウルトラマンスタジアムの公式HPにて、ウルトラマンオフィシャルショップの新キャンペーンが告知されています。
12月1日から、一度に合計2500円以上のグッズを購入すると、「2016年ウルトラヒーローカレンダー」が配布されるそうです。
更に同日から、ウルトラマンX玩具の特別セットも限定販売されるそうです。

●ユナイトセット(税抜き3900円)
・DXエクスデバイザー
・ウルトラヒーローXシリーズ01~06のいずれか一種
・2016ウルトラヒーローカレンダー
・オリジナルサイバーカード(サイバーファイブキング)

●チャージセット(税抜き2900円)
・DXウルトライザー
・ウルトラヒーローXシリーズ01~06のいずれか一種
・2016ウルトラヒーローカレンダー
・オリジナルサイバーカード(サイバーファイブキング)


特別セットは以上の二種類で、それぞれ定価で買うよりは3割引ほどお得になっていますね。
更にここでしか入手できない、「サイバーファイブキング」のサイバーカードが付属するそうです。
エクスデバイザーもウルトライザーも既に持っている身としては、非常に悩むところw
予備用にエクスデバイザーをもう1個買っておくのか、ダブっても大丈夫?な仕様のウルトライザーを買い増しするか・・・

どちらにせよ、大晦日発売の限定ソフビを含めて、
12月は神戸のウルトラマンオフィシャルショップに二回も行くことになるかもしれません。
こちらはオフィシャルショップ限定セットなので、恐らく通販の怪獣デパートの方でも購入可能になると思われます。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|18:00

ウルトラマンX(エックス) 第15話感想(ややネタバレあり)

本日、第15話「戦士の背中」が放送されました!


ウルトラマンX・・・いや、平成ウルトラシリーズにおける傑作回がまた一つ誕生したと言っても良いでしょう。
これまで謎めいていた、神木隊長のプライベートな部分にスポットが当てられたお話でした。
これでにも、何かあると左胸に手を当てていた隊長でしたが・・・
胸ポケットの中に、「あんなもの」が隠されているとは思いもしませんでした。

隊長に娘が居るということは当然ながら奥さんも居た、ということですが・・・その辺りは予想通りの展開でした。
やはり防衛チームという職業は非常に特殊なものなので、激務の中で家族とすれ違うことは容易に想像ができます。
今までのシリーズにも、その辺りにスポットを当てたストーリーが存在していましたが、
すれ違いが続いている娘との結婚式と怪獣出現の間で揺れ動く、
隊長の心理をクローズアップしたのはとても良かったですね。

とにかく全編に渡って神木隊長の魅力が溢れており、渋い表情をしながら副隊長に相談するシーン、
距離を置かれた娘との会話シーン、家族を置いて出撃していくシーン、
その有能さが示されるダークサンダーエナジー直前のシーン・・・
極めつけは、「初出撃シーン」と「ラストの教会でのシーン」でしょう。
彼も一人の男であり隊長であり父親である、BGMと相まって個人的に拍手ものでした。

「あの曲」が流れたのは、もちろんそういうシチュエーションに置かれている娘を想い、
時間が迫り焦る隊長という表現もあるのでしょうが、
戦闘スタイルがボクシングだった流れを見ると、映画「ロッキー」も意識していたのでしょうかね。
しかし初出撃シーンがここまでカッコいい隊長も早々居ないと思いますw
あれは惚れる、間違いなく惚れる、男でも惚れる。

そして本日11月3日はゴジラの誕生日ということもあり、かつてゴジラのスーツを改造して作られた「古代怪獣ゴメス」が出現。
ゴメス(S)のSはスペシャルということで、ウルトラマンサイズの大型種という区別なんだそうです。
そういう経緯でチョイスされたことと、ゴジラなど怪獣愛に溢れる田口監督のお話なのである程度は予想していましたが・・・
いやいや、ここまでやってくれるなんて思いもしませんでした。
精々ダークサンダーエナジーで強化されて、口から熱線を吐くだけとばかり・・・

鳴き声も明らかに「アレ」が混じっていましたし、繰り出す技や出す直前の動作など、
もう元ゴジラキャラであることを隠そうともしない大暴れっぷり!
とにかく強い、とにかく硬い、難攻不落の要塞っぷりが実に「怪獣王」してたな~と。
エックスの戦い方も今までに無い技を繰り出したりと面白かったのですが、今回ばかりはゴメスをベタ褒めです。
ソフビをもう一つ買って、赤目仕様にする決意が固まりましたw

前半の観ている側が重くなってくるような父親と娘の会話シーン、後半の隊長の大活躍ぶりとラストシーンへ向けての流れ。
ウルトラマンX、こういうどちらかというと大人向けなお話でも、本当に外さないですね。
子供もゴメスとの激戦シーンに引き付けられるでしょうし、そういうバランス的な意味でも第15話は「傑作」だと思います。
神木隊長のあの仕草までも繋げてしまった最後の教会のシーン、また一つウルトラシリーズに名場面が誕生しましたね。
ウルトラマンX ゴメスS


さて、こんな真面目なお話の後に「大ドタバタ劇」が待っているのがウルトラマンXです。
かつてのイフ→タマ・ミケ・クロを思い出してしまいますが、バラエティに富んだお話があるのは非常に良いことではないかと。
次回も間違いなく面白いお話でしょうし、今年いっぱいはこんな番組が毎週のように見られるなんて本当に幸せです。
youtubeでは監督のコメント付き次回予告と、前回のお話が配信中です。




にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|19:45

【動画投稿】 ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻 part46

第1回目の記事はこちらになっています!
http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1466.html


ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻46
http://www.nicovideo.jp/watch/sm27504789

ゆっくり怪獣解説動画の第四十六回目を投稿致しました。
今回はウルトラマンメビウスより「策謀宇宙人デスレム」をご紹介。
炎上のデスローグなど、同族の「デスレ星雲人」にも触れています。

ということで、今回は本編に合わせてデスレム&デスレ星雲人特集です。
デスレムは何といってもその特徴的なフォルムが大好きでして、長い首に大きな左腕と、
「異形」であることを強調したかのようなデザインになっていますよね。
骨が外にあり、中に筋肉が通っているという奇抜さも素敵ですw
他の四天王と比べると出番は少なめでしたが、郷里さんの演技も相まって、相当なゲスキャラである点もお気に入りでした。

そしてウルトラゼロファイトと大怪獣ラッシュで、かなりの数の同族が増えたのも驚きましたね。
特にデフレイムは高い攻撃力が魅力的で、私のデッキでも第一線で活躍し続けていました。
しかしどいつもこいつも本当に描き辛い!
ディテールの塊のような見た目なので、描いている途中に何度か心が折れかけました・・・w
どれも見た目はかっこいいんですけどね~。

本編は次回で、いよいよ決戦に突入します。
今回も面白いと感じて頂けたら動画へのコメントや、マイリスト登録して頂けるとありがたいです。
では、お楽しみ下さいませ~
youtubeでは、「ゆっくり霊夢とやる夫が学ぶ 昆虫大百科 part25」を投稿しております。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|19:36
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ