大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

シリーズ50周年記念ソフビ「ウルトラマン&バルタン星人 50th SPECIAL SET」

先週の土曜日より、ウルトラマンの新作ソフビ人形が発売開始となりました。
今回はシリーズ50周年を記念しての、ヒーロー&怪獣の特別セット商品となります。

ウルトラマンバルタン星人 50周年スペシャルセット
ウルトラマン&バルタン星人 50th SPECIAL SET
今年2016年はウルトラシリーズ放送開始50周年、そしてウルトラマンの宿敵であるバルタン星人も誕生50周年!
それを祝して、2体のソフビ人形がセットになった記念商品が発売されました。

ウルトラマンバルタン星人 50周年スペシャルセット0
箱の裏面には、ウルトラマンの放送リスト&登場怪獣が表記されています。
今回の商品はウルトラマンとバルタン星人のセットなので、第2話が強調されていますね。

ウルトラマンバルタン星人 50周年スペシャルセット1
まずはウルトラマンから。
本体は800シリーズソフビこと、旧ウルトラヒーローシリーズのウルトラマンを流用しています。
新規造型品としては、ブラザーズマントと台座が付属していました。

ウルトラマンバルタン星人 50周年スペシャルセット2
背面です。
ブラザーズマントは布製ではなく重みがあるので、専用台座を使うと安定性が増します。
まだ試していませんが、サイズ的に他の800サイズのウルトラ兄弟にも使えそうですね。

ウルトラマンバルタン星人 50周年スペシャルセット3
旧ウルトラヒーローシリーズのウルトラマンと比較、左が今回のもので右が旧商品になります。
大きな違いはありませんが、今回のウルトラマンは目が重塗装仕様になっていました。

ウルトラマンバルタン星人 50周年スペシャルセット4
背面の塗装は、今回の方が一部省略されてしまっています・・・
マントを装着する前提だからでしょうかね~。

ウルトラマンバルタン星人 50周年スペシャルセット5
続いてはバルタン星人です。
こちらも800サイズソフビこと、旧ウルトラ怪獣シリーズの流用品ですね。
造形自体は決定版とも言える出来なので、言う事がありません。

ウルトラマンバルタン星人 50周年スペシャルセット6
背面です。
こちらの塗装は、お尻のパーツに少しシルバーが吹いてある程度でした。
しかし今改めて見ても、ディテールが本当に凄い・・・

ウルトラマンバルタン星人 50周年スペシャルセット7
旧ウルトラ怪獣シリーズのバルタン星人と比較、左が今回のもので右が旧商品(大怪獣バトル以前のもの)になります。
成型色は今回の方が色味が濃く、ダークな雰囲気に仕上がっていますね。
しかし時代が違うとはいえ、旧バルタン星人の塗装は本当に凄すぎましたねぇ。(当時でも異常なレベルだったので)

ウルトラマンバルタン星人 50周年スペシャルセット8
背面です。
今回の塗装省略っぷりと、旧商品の凄まじさがハッキリと。
う~ん・・・

ウルトラマンバルタン星人 50周年スペシャルセット9
以上がウルトラマン&バルタン星人セットの軽いレビューです。
どちらも800ソフビのバリエーション商品なので、ちょっと懐かしい気分を味わえました。
(それと同時に、時代の違いも思い知らされましたが)
次はウルトラセブン&ウルトラマンゼロの親子セットになりますね~。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|19:27

Amazonプライムの「ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA」に、赤いオーブオリジンが登場!

http://m-78.jp/news/n-4304/

昨日に各ニュースサイトや円谷プロ公式HPなどでも発表されましたが、
例のAmazonプライム版ウルトラマンオーブの概要が遂に公開となりました。
こちらはTV版オーブの最終回直後である、12月26日から毎週月曜日に1話ずつ配信とのこと。
全12話の1クール作品であり、脚本を担当される小林弘利さんによると、TV版オーブと同じ尺であるそうです。
つまり、ウルトラマンオーブは実質3クール作品ということに!

監督も平成ウルトラシリーズではお馴染みの小中和哉さん、そしてウルトラゼロファイト以来となるおかひできさんのお二人!
物語はガイとジャグラーの過去が描かれるそうなので、TV版オーブの前日談として楽しめそうです。
既に出演者やスタッフが仄めかしている豪華な出演者や登場怪獣なども気になる所ですが、
Twitterのウルトラマンショップ公式アカウントでは、続報として赤いオーブオリジンが初公開されました。
https://twitter.com/ultraman_shop/status/803400883161612288

この姿は「ウルトラマンオーブ オリジン・ザ・ファースト」と呼ばれる形態であり、
その名の通りだとオーブオリジンよりも更に前、つまりこれこそがウルトラマンオーブ本来の姿ということに?
黒いラインが減って、更にシンプルかつウルトラマンらしい姿になりましたね~。
こちらは年末年始恒例となったイベント限定ソフビであり、12月29日からの限定発売なので、
今回もウルトラヒーローズEXPOや各イベント&オフィシャルショップで販売されることでしょう。

この後も映画やウルトラファイトオーブが控えていますし、来年の夏頃まで1年丸々オーブを楽しめそうで何よりです。
謎に包まれたガイとジャグラーの因縁がどのようなものなのか。
そして過去話となれば、未だに出番が無い闇ノ魔王獣マガタノゾーアの出番にも期待したい所ですが。
ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA、ネット配信番組だけに色んな意味で楽しみです!


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|20:38

Amazonプライム・ビデオにて、ウルトラマンなどが見放題配信開始!

今後、ウルトラマンオーブのスピンオフ作品も配信される予定の「Amazonプライム・ビデオ」ですが、
先日より過去作を含めたウルトラシリーズが、プライム会員向けの見放題作品に大量登録されています。
2016年11月27日現在、見放題に登録されている作品は以下の通り。


ウルトラマン


ウルトラセブン


帰ってきたウルトラマン


ウルトラマンエース


ウルトラマンタロウ


ウルトラマンレオ


ウルトラマン80


ウルトラマン物語


ウルトラマンゼアス


ウルトラマンゼアス2 超人大戦・光と影


ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ
光の星の戦士たち



ウルトラマンガイア


ウルトラマンコスモス


劇場版 ウルトラマンコスモス
THE FIRST CONTACT



劇場版 ウルトラマンコスモス2
THE BLUE PLANET



ウルトラマンネクサス


ウルトラマンマックス


ウルトラマンメビウス


ウルトラマンゼロ THE MOVIE
超決戦!ベリアル銀河帝国



ウルトラマンサーガ


ウルトラマンギンガ


ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル


ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル
ウルトラ怪獣☆ヒーロー大乱戦!



ウルトラマンギンガS


ウルトラマンエックス


ウルトラマンオーブ



現在の所、検索で確認できたのは以上になります。
凄いですね、プライム会員ならこれらの作品が全て無料で視聴できちゃうのはw
残念ながら長野博さんが出演しているからか、ティガやダイナのTVシリーズなどはありませんが、
国内の実写TVシリーズが大体網羅されているのは凄い事なのではないかと。
まだ登録作品に関してはHuluの方が多いですけど、他のシリーズのように徐々に登録作品が増えていきそうですね。

ただし、これらは何時でも視聴できるわけではありません。
しばらくの間は大丈夫でしょうが、何ヶ月か経つと見放題から外されて有料視聴作品になるはずです。
(プライムビデオはそういうパターンが多いので)
なのでプライム会員かつ気になる作品がある方は、お早めに視聴しておくことをお勧めします。
特に、レンタルDVDが存在しないウルトラマンゼアスシリーズがお勧めかな?

年末からはウルトラマンオーブのスピンオフ作品も配信しますし、他にも様々な音楽や映像作品を視聴可能。
更に一部商品は当日か翌日に配達されるという特典もありますし、
登録可能な条件を満たしている方は、Amazonプライム会員になることを私はお勧めします。
年会費がかかりますけど、確実にそれ以上のサービスを堪能できますからね~。
(私もそこそこ前からプライム会員だったり)

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|20:34

ウルトラマンオーブ 第21話感想&オーブトリニティがイベントに登場!

ブログを1週間ほど放置してしまい申し訳ありませんでした、そしてご心配をおかけしました。
Twitterでも呟きましたが、今週の頭ぐらいに胸に激痛が走り、そのまま倒れてしまいました。
原因は肋間神経痛だそうで、今後も回復に向かうかどうか今の時点では分からないそうです。
(そもそも複数の要因が考えられ、現段階では治療の仕様が無いので)
しばらくの間は安静にしないといけないので、ネットへの浮上も少なめになると思いますがご了承ください。




本日、第21話「青いリボンの少女」が放送されました!
ハイパーゼットンデスサイス&ゼットン星人マドックの逆襲編でしたね。
今回のハイパーゼットンデスサイスは(リザーバー)と呼ばれる個体であり、あのオーブオリジンを追い詰めるほどの強さ!
テレポート能力も更に強化されており、空中戦で上半身だけをテレポートさせて攻撃を避けたのにはビックリでした。
両腕の大きな鎌にスマートなデザインと戦い方、やはりハイパーゼットンデスサイスは素晴らしい怪獣です・・・

ゼットン星人マドックが意外な方法で逆襲劇を始めたのにも驚きましたが、
方法こそ違えど少女の身体を利用するやり方は、ウルトラマンマックスの個体を彷彿とさせました。
用意周到に下調べをする辺りもゼットン星人らしいですが、ガイの前に地球人の感情についてもっと学んでおくべきでしたね。
他にも老夫婦の名字が岩本ならぬ「岩木」である点など、細かい所に過去作へのオマージュが込められていましたね~。

お話の方は岩木夫妻とマーヤの出会いと別れがメインに据えられていましたが、
この両者の関係性はガイとSSPの関係とそっくりだな~と。
特にガイはアドバイスを送ったりマーヤを風来坊と呼ぶなど、自分と彼女を重ね合わせている節も見受けられましたし。
記憶を失ったとはいえ、自分の帰るべき場所ができたマーヤ。
あの旅立ちのシーンは、オーブの今後を示唆しているのでしょうか?

ここ最近はフュージョンアップからのオーブオリジン覚醒という流れが多かった中で、
今回はその真逆のパターンを持ってきたのにはハッとさせられました。
しかも大活躍したのは、あのサンダーブレスター!
暴走を克服し、ハイパーゼットンデスサイスを叩きのめす姿は実にヒーローらしかったですね。
(回転してボコボコにしておき、すかさず光線を撃ち込む戦闘スタイルは流石の一言でしたがw)

最後は今回の歴代サブタイトルネタですが。
ジェッタの台詞に含まれていた、ウルトラマンレオの「まぼろしの少女」でしたね。
円盤生物ブリザードが登場する、こちらも少女がキーキャラクターとなるお話でした。

ハイパーゼットンデスサイスも強化されていましたが、クレナイ・ガイの方も以前より遥かに成長して強くなった。
今回はそんな「これまでの積み重ね」を再確認できたお話だったと思います。
そして次回はブラックスターに赤星ブラック指令に円盤生物ノーバ!?
円盤生物ファンとしてはとても気になる、謎めいたお話になるようです。




そしてYouTubeでは、先日のイベントの模様がアップされています。
こちらではクレナイ・ガイ登場&オーブオリジン立像公開の他に、
劇場版ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!」の新情報が初公開!
映画に登場するオーブの新たなる姿「ウルトラマンオーブ(オーブトリニティ)」のお披露目会でもあったみたいですね。

オーブトリニティは右肩の武器を手にして戦う戦士であり、デザインを見る限りでは、
ウルトラマンギンガ、ウルトラマンビクトリー、ウルトラマンエックスの3人がフュージョンアップした姿のようです。
(実際、DXオーブリングに上記3人のカードを連続リードすると、「トリニティフュージョン!」という音声が鳴りますし)
上記3ヒーローの他にも大空大地、モロボシ・ダン、ウルトラセブン、ウルトラマンゼロも登場するという本作。
今後の続報にも期待が高まりますね~。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(10)トラックバック:(0)|21:09

ウルトラマンオーブ 第20話感想


本日、第20話「復讐の引き金」が放送されました!
惑星侵略連合の生き残り、メトロン星人タルデが両腕に重武装をし、ラウンドランチャーとして再登場。
復讐の鬼と化したメトロン星人がここまで好戦的だとは、かつてのメトロン星人Jr.とはまた違った復讐者でしたね。
地球に興味は無く、その目的はあくまでジャグラーの命のみ。
メトロン星人は変わり者が多い印象ですが、タルデも他の侵略者とは異なる存在なんだな~と。

ですが元々が惑星侵略連合に所属していた存在ですし、自分の邪魔をする者には誰であろうと一切容赦はしない。
この辺りが今回倒されてしまった要因なのでしょうね。
史上最強のメトロン星人と言ってもいいほどの戦闘力&防御力でしたし、「これでも倒れないのか!」とビックリ。
散り際の美しさも秀逸で、夕陽を愛する種族(?)らしいメトロン星人ならではの演出でした。
(もはやメトロン星人に夕陽は欠かせない存在となりましたねw)

そしてタルデが度々口にしていた、不穏な言葉の数々。
これから地球に大いなる災いが待ち受けているのを感じ取っていたようで、
既にソフビ人形が発売されているマガタノオロチ復活の前フリなのかと思ってしまいましたが。
地球の奥底に潜む大いなる闇、物語がクライマックスに向けて動き始めたような気がします。

さて、今回は何といってもジャグラスジャグラーでしょう。
ナオミ、ガイ、タルデと、自分に関わる全ての者を手玉に取り、利用し尽くした「極悪人」。
全てが奴の計画通り、何かあるんだろうなとは思っていましたが、ここまでやりますかジャグラーは。
その名の通りジャグラーな所、演じる青柳さんの怪演っぷり、嫌な奴なのにイラつくほどではない不思議な魅力。
ここまでの悪役は中々居ないんじゃないでしょうか、凄すぎますジャグラスジャグラー。

ですが、あそこまで性根の腐った奴であるにも関わらず、ナオミに身の上話をしていた所は本音が混じっていた気がします。
既に本編で触れられていたジャグラーの過去とも一致しますし、やはり自分の方が優れているにも関わらず、
光に選ばれたのがガイだったことに強い憤りを感じていたのでしょう。
それが原因で闇へと堕ち、飲み込まれてしまった・・・
大昔にガイと雌雄を決したかつてのジャグラーの姿は、どこかの媒体で見てみたいですね~。

今のジャグラーはマガオロチ復活の失敗、ゼッパンドンの敗北、ダークリングの消滅と文字通りどん底の状況でしょうが、
それでも何とか活路を見出してしぶとく生き残った辺りは流石というべきでしょうか。
しかし前以上に手段を選ばなくなってきた上に、地球に眠る大いなる闇の存在に気が付き狂喜乱舞していたあの姿。
徐々に「壊れてきた」感が出てきて、より狂気じみたキャラクターへと変貌している気がしてなりません。
こんなジャグラーの中にも僅かながら光があるのか、それとも・・・?

最後は今回の歴代サブタイトルネタですが。
ジェッタの台詞に含まれていた、ウルトラセブンの「円盤が来た」でしたね。
メトロン星人の産みの親である、実相寺昭雄監督が手掛けられたペロリンガ星人が登場するお話でした。

次回はハイパーゼットンデスサイス再び!
オーブオリジンを凌駕するほどパワーアップしており、予告編でも以前とは比べ物にならない強さを発揮している様子?
そしてハイパーゼットンデスサイスを操る謎の少女の正体、こちらも気になる所です。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|21:23

「ウルトラマンゼロ THE CHRONICLE」&「ウルトラファイトオーブ」!

http://m-78.jp/news/n-4280/

以前にもソフビ人形情報でチラっと触れましたが、円谷プロ公式HPでも発表となりましたね。
ウルトラマンオーブの後番組は「ウルトラマンゼロ THE CHRONICLE」で、
ゼロ出演作品を再編集した海外向け番組を、国内向けに更に再構成したという内容なんだそうです。
要するにウルトラマンゼロ版の列伝みたいなものですね。

新規総集編やショートコーナーなど、新撮映像もあるそうなので楽しみですね~。
ナビゲーターはウルトラマンゼロ役で宮野真守さんが抜擢されるそうですが、
こうしてゼロが「ウルトラマンゼロ」というタイトルの冠番組をようやく持てたのは感慨深いですね。
来年はウルトラマンゼロ登場から8周年、そして父親のウルトラセブンは50周年。
宿敵のベリアルと共に、この親子の活躍から目が離せません。

更に今回初出の情報としては、春から「ウルトラファイトオーブ」が連続放送されることでしょうか。
かつてのウルトラゼロファイトやウルトラファイトビクトリーのように、番組内で放送されるミニ番組になるそうです。
どちらも毎週見せ場のある構成で、一気見すると物凄い情報量の作品だっただけに、こちらの放送も楽しみですね。
時期的に劇場版オーブの後日談になるのでしょうか?

これでウルトラマンオーブという作品は

・TVシリーズ(約2クール)
・Amazonプライム(約1クール?)
・劇場版
・ウルトラファイトオーブ

という流れで展開していくことになりました。
媒体はそれぞれ異なりますけど、約1年間ずっと何らかの新作が視聴できるのは、とても嬉しいですね~。
特に気になっているのはAmazonプライムの内容なのですが、
こちらは今月末の児童誌で情報が公開されるそうなので、そちらの続報を待ちましょうか。
クレヨンしんちゃんのように短編の連続ものなのか、仮面ライダーアマゾンズのような一番組になるのか、果てさて。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|21:50

「ウルトラBIGソフビ」の新作を購入(ウルトラマンメビウス)

一昨日より、ウルトラBIGソフビの最新作が発売開始となりました。
今回商品化されたのは、こちらのキャラクターになります。

ウルトラBIGソフビ ウルトラマンメビウス
ウルトラBIGソフビ
ウルトラマンメビウス

今年で放送10周年を迎えるウルトラマンメビウスが、ウルトラBIGソフビの7体目として商品化されました。
個人的に待ちに待っていたメビウス、ようやくBIGソフビの仲間入りを果たしましたね~。
各部のモールドやデザインも、実物のスーツを参考に細かく再現されています。

ウルトラBIGソフビ ウルトラマンメビウス0
全高は23cmほどで、500ソフビと比較するとかなり大きめです。
500ソフビも良い出来でしたが、BIGソフビはそれ以上なのではないかと。
(全体的なバランスは、500ソフビの方に軍配が上がるかな?)

ウルトラBIGソフビ ウルトラマンメビウス1
横から。
左腕に装備されているメビウスブレスも、ちゃんと塗り分けられています。
メビウスは正面からだと銀、横からだと赤い色が目立ちますね~。

ウルトラBIGソフビ ウルトラマンメビウス2
背面です。
全身に走る細く赤いラインもちゃんと再現されていますね。
ここがメビウスのデザインのキモだと思うので嬉しい!

ウルトラBIGソフビ ウルトラマンメビウス3
バストアップ。
ツシマヤマネコを参考にデザインされたという、あの何とも言えない顔立ちがよく再現されていると思います。
口元や目元のラインもソックリですね。

ウルトラBIGソフビ ウルトラマンメビウス4
正面からも。
菱形のカラータイマーに入っているモールドも再現。
新人キャラにこの顔立ち、メビウスは何時見ても若々しいイメージがあります。

ウルトラBIGソフビ ウルトラマンメビウス5
以上がウルトラBIGソフビのウルトラマンメビウスの軽いレビューです。
この後もギンガ、ベリアル、オーブオリジン、セブンと毎月リリースされるウルトラBIGソフビ。
各ウルトラマンの基本形態だけでもいいので、是非コンプリートを目指して欲しいですね~。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|18:37

ウルトラマンオーブの新作ソフビを購入!(メトロン星人ラウンドランチャー)

本日二度目の記事更新となります。
今日から発売開始となった、ウルトラマンオーブ新作ソフビ人形を購入してきました。
今回商品化となったのは、こちらのキャラクターです。


ウルトラ怪獣オーブ メトロン星人(ラウンドランチャー)
ウルトラ怪獣オーブ 10
幻覚宇宙人 メトロン星人(ラウンドランチャー)

ウルトラマンオーブのセミレギュラーであった、惑星侵略連合の一員であるメトロン星人タルデ。
そのタルデが仲間を次々と倒してしまったジャグラスジャグラーに復讐をするべく、
両腕に強力なミサイルランチャーを装備した姿が、このラウンドランチャーとなっています。

ウルトラ怪獣オーブ メトロン星人(ラウンドランチャー)0
ベムラーやハイパーゼットンに続き、メトロン星人もリデコソフビ人形が発売されました。
変更点は両腕であり、劇中同様にランチャーを装備した状態になっています。
どう見ても流星人間ゾーンの流星ミサイルマイト・・・w

ウルトラ怪獣オーブ メトロン星人(ラウンドランチャー)1
背面です。
可動箇所は両腕と腰です。
胴体の塗装箇所は通常のメトロン星人と同じですね。

ウルトラ怪獣オーブ メトロン星人(ラウンドランチャー)2
通常のメトロン星人と比較。
パッと見では両腕以外同じに見えますが、ラウンドランチャーの方が赤い色が明るく、
黄色がオレンジに近い色合いに変更されています。

ウルトラマンフュージョンファイト メトロン星人(ラウンドランチャー)
こちらはメトロン星人(ラウンドランチャー)に付属する、ウルトラマンフュージョンファイトのカードです。
属性は風なんですね~。

ウルトラマンフュージョンファイト メトロン星人(ラウンドランチャー)0
裏面です。
DXオーブリングでリードすると、「メトロン星人」という名前や効果音が鳴り響きます。
(効果音は共通音声でした)


以上がメトロン星人(ラウンドランチャー)の軽いレビューです。
現状、500サイズのウルトラマンオーブ怪獣ソフビはこれで一旦打ち止めですね。
今年も色々と増えましたねぇ~。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|21:40

ウルトラマンオーブ 第19話感想


本日、第19話「私の中の鬼」が放送されました!
ある意味ウルトラマンオーブの主題とも言える、「心の中に潜む光と闇」を体現したかのようなお話でした。
今回はナオミにスポットが当てられましたが、SSPのキャップとはいえ、やはり彼女も一人の女性なんですよね。
自分の思い通りにならないことに苛立ったり、他の女性とは違いすぎる生活を送ることを馬鹿にされて落ち込んだり、
幸せを掴んだ者に対してほんの少しでも妬んでしまったり・・・

そんなナオミの心の闇とも言うべき感情が引き金となり、怨霊鬼の戀鬼を蘇らせてしまった。
以前のホーの時にも触れられた、負の心から生まれるマイナスエネルギーを彷彿とさせる部分もありましたが、
誰の心の中にもプラスの面とマイナスの面がある訳で、それはウルトラマンオーブ、更にあのジャグラーだってそうでしょう。
だからこそ感情が豊かであるんでしょうし、ガイの様に闇を受け入れて成長する事だってあります。
どちらか一方が欠けていたら成立しない、人の心はその様なものなのでしょうね。

今回は戀鬼が登場するので、ウルトラマンコスモスの第18話「二人山伝説」を彷彿とさせる要素もありましたね。
女性がメイン、少し陰のある大人っぽいストーリー、メインキャラ同士の過去が関わってくる展開・・・
ですが物語の中核となる石の存在は大きく変貌しており、コスモスの時に戀鬼が封印されていたのは「刀石」でしたが、
オーブでは自分の靴を備えて願えばそれが叶うという「想い石」になっていました。
ただ怨霊が封印されている訳では無く、ちゃんとプラスになる部分が存在するのがポイントですね。

かつては落ち武者そのものの姿をしていた戀鬼でしたが、オーブでは赤い鎧武者である戀鬼(紅蓮騎)として登場。
スーツが明らかにメカザムの改造なので大きなイメージチェンジとなりましたが、
白い顔が覗く目元の部分は瞳の色こそ違えど、かつての戀鬼に近い姿をしていましたし、風になびく黒い長髪も健在。
日本刀を操り、出現すると周囲が曇り空になったり、口を不気味に開閉させるなど、
コスモスの戀鬼を強く意識した演出も多くて嬉しかったですね~。

正攻法では倒せず、ウルトラマンですら苦戦させるほどの高い戦闘力も健在でしたが、
何より、ソフビ人形でも再現されていた黒っぽい靴の正体にビックリ!いやー、気が付きませんでした。
上記でも触れた通り、今回の戀鬼はただの怨霊ではないので、その結末もコスモスの時とは大きく異なりましたね。
オーブオリジンの必殺技の演出など、ああいうどこか悲しくも美しい締め方をしたのは、
今回がウルトラマンコスモス怪獣登場回だったからなのでしょうか。

夢を追い続けることの難しさ、それにちゃんと触れてくれたのもコスモスらしい要素だな~と感心。
何といいますか、平成ウルトラマンらしさを感じられる名編だったと思います。
ウルトラマンオーブのTVシリーズは2クールという放送期間ですけど、その話数の中でこういうお話が入ると、
物語全体の印象が締まって見えてくるのではないでしょうか。
ナオミの内面を大きく掘り下げましたし、前回とは打って変わって落ち着いたトーンの物語でしたしね。

イメージチェンジと言えば、髪型やアクセサリーなどが変化したジャグラスジャグラーもちゃんと登場。
相変わらず人の心につけ込み、闇へ誘おうとネチネチ絡んでくる奴でしたが、
ナオミとの関係はどうやら次回に大きく進展(?)するようですね。
第1話の出会いから大きく変わってきたナオミとジャグラーの関係、果たしてどうなることやら。

最後は今回の歴代サブタイトルネタですが。
ジャグラスジャグラーの台詞に含まれていた、帰ってきたウルトラマンの「地獄からの誘い」でしたね。
キングボックル登場回ですが、割と自然に台詞の中に馴染んでいたので、最初は気が付きませんでしたw

次回はジャグラスジャグラー大ピンチ!
惑星侵略連合の生き残り、メトロン星人タルデの復讐劇がいよいよ始まります。
両腕に新兵器を携えて、ここに史上最強のメトロン星人が現る・・・!?


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|20:47

ウルトラマンオーブ新作ソフビ人形を購入!(ベムラー強化、戀鬼・紅蓮騎、ハイパーゼットンデスサイス)

マガタノオロチと共に、ウルトラ怪獣オーブの新作ソフビ人形が3種類も同時発売となっています。
今回商品化されたのは、こちらのキャラクター達です。


ウルトラ怪獣オーブ ベムラー(強化)
ウルトラ怪獣オーブ 07
宇宙怪獣 ベムラー(強化)

ウルトラマンオーブ第18話に登場したベムラーの強化体であり、シャプレー星人カタロヒが操っていました。
これまでのベムラーよりも遥かに強力で、戦闘力が大幅に向上。
口からはオーブを吹っ飛ばすほどの威力を秘めた青い光線を放ちます。

ウルトラ怪獣オーブ ベムラー(強化)0
ウルトラマン放送50年目にして、記念すべき第1話怪獣であるベムラーがパワーアップ!
カラーリングが変わったほか、頭部には悪魔を連想させる二本の青い角が生えています。
「宇宙の平和を乱す悪魔のような怪獣」と評されているベムラーにはピッタリ?

ウルトラ怪獣オーブ ベムラー(強化)1
背面です。
可動箇所は首と尻尾のみ。
ベムラーと言えば青い光球なので、青いカラーリングが採用されたのでしょうか。

ウルトラ怪獣オーブ ベムラー(強化)2
通常のベムラーと比較。
基本的にベムラーのリデコ商品であり、頭部のみ新規造型ですね。
成型色もやや暗めになっているのが特徴でした。


ウルトラ怪獣オーブ 戀鬼(紅蓮騎)
ウルトラ怪獣オーブ 08
怨霊鬼 戀鬼(紅蓮騎)

ウルトラマンオーブ第19話に登場する、戦国時代の武将の怨霊が怪獣化した姿です。
かつてウルトラマンコスモスと戦った戀鬼の亜種であり、こちらは全身に赤い甲冑を装着しているのが特徴。
手にした刀を振るい、ウルトラマンオーブ(オーブオリジン)と激しい斬り合いを演じます。

ウルトラ怪獣オーブ 戀鬼(紅蓮騎)0
名前の読みは「レンキ・グレンキ」で、あの戀鬼が全く新しい姿となって再登場です!
スーツはメカザムの改造らしく、首から下にはその名残が色々と見られるほか、
目の周りの生身(?)の部分はかつての戀鬼とほとんど同じ姿みたいですね。

ウルトラ怪獣オーブ 戀鬼(紅蓮騎)1
背面です。
可動箇所は両腕と腰です。
特徴的な長い黒髪もありますし、戀鬼が甲冑を着込んだ姿・・・と考えれば納得のデザインですね。


ウルトラ怪獣オーブ ハイパーゼットン(デスサイス)
ウルトラ怪獣オーブ 09
宇宙恐竜 ハイパーゼットン(デスサイス)

ウルトラマンオーブ第5話と第21話に登場する、ハイパーゼットン(イマーゴ)の亜種です。
第5話ではハリケーンスラッシュと死闘を演じ、そのテレポート能力などでオーブを翻弄しました。
通常のハイパーゼットン(イマーゴ)とは異なり、両腕が大きな鎌になっているのが特徴です。

ウルトラ怪獣オーブ ハイパーゼットン(デスサイス)0
このカマキリのような大鎌がとても気に入っていた、ハイパーゼットン(デスサイス)が再登場に合わせて商品化です。
まるでハイパーゼットン(ギガント)と(イマーゴ)の良い所取りみたいなデザインですね、素晴らしい!
元のゼットン自体がどこか昆虫的な要素を持っていましたし、こういう腕でも親和性が高いのではないかと。

ウルトラ怪獣オーブ ハイパーゼットン(デスサイス)1
背面です。
可動箇所は両腕と腰です。
普通のハイパーゼットン(イマーゴ)とは異なり、背面の下半身は塗装されていませんでした。

ウルトラ怪獣オーブ ハイパーゼットン(デスサイス)2
通常のハイパーゼットン(イマーゴ)と比較。
両腕のほか、体の白い部分がグレーへと変更されていますね。
これはこれで渋さが増してカッコいいと思います。

ウルトラマンフュージョンファイト ベムラー(強化)、戀鬼(紅蓮騎)、ハイパーゼットン(デスサイス)
こちらはそれぞれに付属する、ウルトラマンフュージョンファイトのカードです。
相変わらずイラストがかっこいいなぁ・・・

ウルトラマンフュージョンファイト ベムラー(強化)、戀鬼(紅蓮騎)、ハイパーゼットン(デスサイス)0
裏面です。
DXオーブリングでリードすると、それぞれの名前や効果音が鳴り響きます。
(鳴き声付きなのはベムラーだけでした)


以上が新作ソフビ3種の軽いレビューです。
ベムラーとハイパーゼットンはリデコ品でしたが、既存キャラクターのリデコにしては結構印象が異なっているので、
素直に新キャラクターとして受け入れることが出来ました。
さあ、秋のリデコ祭は次のメトロン星人で一段落?


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|23:53

ウルトラマンオーブの新作ソフビを購入!(ウルトラ怪獣DX マガタノオロチ)

本日二度目の記事更新となります。
今日から発売開始となった、ウルトラマンオーブ新作ソフビ人形を購入してきました。
今回商品化となったのは、こちらのキャラクターです。

ウルトラ怪獣DX マガタノオロチ
ウルトラ怪獣DX
超大魔王獣 マガタノオロチ

ウルトラマンオーブを苦しめた、魔王獣の頂点であるマガオロチが成長した姿だとされています。
惑星上のものを全て食らい尽くす存在であり、地球でもその食性であらゆるものを食い散らし始めます。

ウルトラ怪獣DX マガタノオロチ0
来月の放送に先駆けて、マガタノオロチが早くもリリースとなりました。
例年のボスキャラであった、ダークルギエル、ビクトルギエル、グリーザに比べてもかなり早い発売なのでビックリ。
そしてその強烈なビジュアルに二度ビックリ。

ウルトラ怪獣DX マガタノオロチ1
横から。
タッコングやブラックエンドのような丸っこい体型が特徴で、前面には巨大な顔が付いています。
全身は青い触手や筋のようなもので覆われており、マガオロチの身体を突き破って色んなものが生えたような印象です。

ウルトラ怪獣DX マガタノオロチ2
背面です。
主な可動箇所は、左にある首と両足でした。
尻尾には、マガオロチの背中に生えていたパーツが見受けられますね。

ウルトラ怪獣DX マガタノオロチ3
まるでマガオロチの顔が胴体に埋まり、胸や腹のパーツがそのまま巨大な顔になったかのような・・・
しかしこの見た目、何だか獅子舞を思い出してしまいます。

ウルトラ怪獣DX マガタノオロチ4
全身のあちこちに、マガオロチの首のようなものが禍々しく生えています。
一部は顔先だけ別パーツで表現されていますね。

ウルトラ怪獣DX マガタノオロチ5
両足にもグルグルと巻き付くかの如く・・・
こちらは塗装で表現されています。

ウルトラ怪獣DX マガタノオロチ6
顔や首らしきパーツは、合計で8つほど見受けられました。
やはり元ネタであろう、八岐大蛇を意識しているのでしょうかね。

ウルトラ怪獣DX マガタノオロチ7
オーブオリジンと比較。
全高約21cm、全長約31cmほど。
丸っこい体型だけに、マガオロチ並かそれ以上のボリュームではないかと。

ウルトラマンフュージョンファイト マガタノオロチ
こちらはマガタノオロチ付属の、ウルトラマンフュージョンファイトのカードです。
マガオロチと同様に「全」の属性なので、DXオーブリングでは七色に輝きます。

ウルトラマンフュージョンファイト マガタノオロチ0
裏面です。
DXオーブリングでリードすると、名前と鳴き声が鳴り響き、専用必殺技音声も鳴り響きます。
鳴き声はマガオロチのものを更に禍々しく長くした感じでした。

ウルトラ怪獣DX マガタノオロチ8
以上がマガタノオロチの軽いレビューです。
放送前なので何とも言えませんけど、見た目のインパクトはとても強い怪獣ではないかと。
それに早すぎる発売時期や、その意味深すぎるデザインを見ると・・・
果たして、この後に何かが控えているのでしょうかね。
これがTVシリーズのラスボスになるか否か、今後のウルトラマンオーブにも注目です。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|21:53

ウルトラマンオーブ 第18話感想


本日、第18話「ハードボイルドリバー」が放送されました!
まずタイトルがズルいですよね、ハードボイルドリバー(渋川)っていうw
当初の雑誌などでは「渋川の長い一日」というタイトルでしたが、変更して大正解だったと思います。
文字通り渋川・・・というか、柳沢慎吾さん劇場といった内容でしたが。

ですがギャグ回という訳では無く、彼の一人娘である徹子との関係や、
普段の渋川がどういった仕事をしているのかに重点が置かれていましたね。
聞き込み調査や侵略者との対決など、ビートル隊も他の防衛チームと同様に大変なお仕事をしているようで。
しかしあのゼラン星人は何だったのでしょうか、服装からしてかなり怪しげな雰囲気でしたが。
(他にも宇宙人の殺人現場?もありましたね)

徹子は多少反抗期の時期でもあり、更に渋川の過保護すぎる態度に怒り心頭のご様子。
ですが似た者同士である一面も描かれましたし、何より父親の活躍を見て彼を見直すなど、
決して心の底から嫌っていた訳では無かったようで安心しました。
昨年のXにも親子の確執が描かれたお話がありましたけど、今回はあそこまでシリアスではなく、
あくまで中学生の反抗期や親子喧嘩といったマイルドさが感じられましたね。

何より今回の見所は渋川、これまで描かれなかった彼の父親&隊員としての一面が大きくクローズアップされました。
シャプレー星人カタロヒに押され気味ながらも、娘の声援を受けて戦うその姿は正しくヒーロー!
オーブとのシンクロ具合やお互いの信頼感を現したカットも秀逸で、爆破しての「アバヨ!」はもう最高でした。
柳沢慎吾さんだからこそ成立する、そして柳沢慎吾さんだからこそカッコ良かった名シーンだと思います。
美味しい、美味しすぎるぞ渋川!

戦闘シーンもオーブVSベムラー(強化)と、渋川VSカタロヒが同じ画面内で展開されたのにビックリ。
重量感溢れるウルトラマンと怪獣の戦い、一方で素早いアクションが展開された人間と宇宙人の戦い。
この対比も見事でしたし、何より合成の自然さも目を見張るものがありました。
オーブが吹き飛ばされて地面にめり込むカットも良かったですし、ベムラー強化の強さも予想以上。
ウルトラマンオーブは毎回見応えのある特撮シーンがありますけど、今回は個人的にベストだったかもしれません。

前回の大敗が響いて出番が無いかと思いきや、今回も出演していたジャグラスジャグラーさん。
カタロヒを辻斬りのように始末していましたが、どうやら服装などが以前のジャグラーとは異なる様子?
ダークリングが消滅して何かが吹っ切れたのか、それとも新たなる野望の為に心機一転したのか。
彼の動向も気になる所です。

最後は今回の歴代サブタイトルネタですが。
シャプレー星人カタロヒの台詞に含まれていた、ウルトラセブンの「人間牧場」でしたね。
こちらはシャプレー星人と同じ出演作である、セブンのブラコ星人回からのチョイスでした。

怒涛の展開が一段落し、久しぶりに日常的なお話だった今回のウルトラマンオーブ。
ガイも心なしか言動が明るくなっていましたし、今後もこのような「気の良い兄ちゃん」キャラで通していくのでしょうか。
次回はウルトラマンコスモスの戀鬼が、全く新しい姿となって再登場!
幽霊の次は怨霊、SSPも出番が多そう・・・?


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|19:41

祝・ウルトラマンティガ放送20周年! 「ティガモンスター超全集 第21話~第24話までの怪獣」

では、ウルトラマンティガ20周年企画のミニフィギュアレビューとなります。
第五回目は、第21話~第24話までに登場したキャラクターをご紹介します。


ウルトラマンティガ怪獣 ティガモンスター超全集 エノメナ
魔神 エノメナ
第21話「出番だデバン!」に登場。
全国各地に出没する明らかな悪意を持った正体不明の生命体で、、亜空間から度々姿を現しています。
自分の能力を無力化してしまうデバンを執拗に狙い続けた他、人々を狂わせ街を大混乱に陥れました。

ウルトラマンティガ怪獣 ティガモンスター超全集 エノメナ0
宇宙人でも異次元人でもない、そして男なのか女なのかも定かでは無い不思議なエノメナ。
劇中通りの嫌な笑みを浮かべた表情も再現されており、良い感じに不気味さが出ていると思います。
(胸飾りは流石に塗装されていませんでした)

ウルトラマンティガ怪獣 ティガモンスター超全集 エノメナ1
背面です。
主要なパーツは塗り分けられていますね。
太ももの造形ってこうなっていたんだ・・・


ウルトラマンティガ怪獣 ティガモンスター超全集 デバン
マスコット小怪獣 デバン(デバンダデバン)
第21話「出番だデバン!」に登場。
エノメナに追われ、自分を拾ってくれた一座と共に各地を転々としていた怪獣です。
知能がそれなりに高いほか、エノメナの電磁波を無力化してしまう力を秘めています。

ウルトラマンティガ怪獣 ティガモンスター超全集 デバン0
流星マーク+ピグモンといった感じの見た目をしたデバン。
このフィギュアもよく出来ており、造形&塗装ともにかなりハイレベルな印象を受けます。
エノメナのソフビがあれば、一緒に並べたくなるサイズなのですがw

ウルトラマンティガ怪獣 ティガモンスター超全集 デバン1
背面です。
ここから見てもシルエットはほとんど同じ。
短い尻尾も可愛いですね。


ウルトラマンティガ怪獣 ティガモンスター超全集 マグニア
寄生怪獣 マグニア
第22話「霧が来る」に登場。
怪しく光る隕石によって地球へと飛来した怪獣で、霧と共に自分の分裂体を周囲にバラ撒き、
人々に寄生してそのエネルギーを吸い取り続けていました。

ウルトラマンティガ怪獣 ティガモンスター超全集 マグニア0
気持ち悪いデザインと、絶対に出会いたくないその習性でインパクト抜群のマグニア。
一部分のみですが、このフィギュアも体の窪みがピンク色で塗装されています。
うーん、このカラーリングも中々に苦手w

ウルトラマンティガ怪獣 ティガモンスター超全集 マグニア1
背面です。
こちらは真っ白ですね。
これだとマシュマロに見えなくもないのでまだマシかも・・・


ウルトラマンティガ怪獣 ティガモンスター超全集 ウェポナイザー1号&2号
恐竜兵器 ウェポナイザー1号・2号
第23話「恐竜たちの星」に登場。
侵略者ナーガが恐竜を改造したサイボーグ怪獣であり、二体の体内には中性子爆弾が埋め込まれています。
ちなみに右が1号、左が2号。

ウルトラマンティガ怪獣 ティガモンスター超全集 ウェポナイザー1号&2号0
劇中で2体登場したウェポナイザーですが、このシリーズでもちゃんとそれぞれ別造型で商品化されています。
デザイン上に違いは無いので、口や胸部ハッチの開閉などで差別化されていますね。
色も、何となく2号の方が黄色っぽい?

ウルトラマンティガ怪獣 ティガモンスター超全集 ウェポナイザー1号&2号1
背面です。
こうなると体表の色合いやポーズで見分けるしかありませんねw
ちなみにアダムとイブはフィギュア化されませんでした。


ウルトラマンティガ怪獣 ティガモンスター超全集 リトマルス
強酸怪獣 リトマルス
第24話「行け!怪獣探険隊」に登場。
利戸間町に出現した怪獣で、排気ガスが好物という珍しい食性を持っています。
一方で酸性の霧を放出し、周囲の木々を枯らし続けていました。

ウルトラマンティガ怪獣 ティガモンスター超全集 リトマルス0
いわゆる「ツインテール体型」の怪獣で、顔が下にあるのでトンネルを覗いたりするユニークなシーンも印象的でした。
二本の触手がかなり長めに造形されており、他の怪獣よりもボリュームがあります。
これもソフビ人形で欲しかったなぁ・・・

ウルトラマンティガ怪獣 ティガモンスター超全集 リトマルス1
背面です。
このフィギュアでは通常形態である、赤い酸性の状態で商品化されました。
(劇中ではホリイの活躍で、青いアルカリ性になる場面があります)


以上が第21話~第24話までのミニフィギュアです。
次回は第25話~第28話までのキャラクターを取り上げる予定です。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|19:53

てれびくん&テレビマガジンよりウルトラマンオーブ最新情報(今月発売ソフビも公開!)

てれびくんとテレビマガジンの最新号が発売開始となりました。
どちらもウルトラマンオーブ情報が掲載されており、オーブオリジン関連の記事が中心となっています。

オーブカリバーから繰り出す4属性の必殺技も公開となり、剣で竜巻を起こして攻撃する「オーブウインドカリバー」、
大地から放たれた衝撃波で攻撃する「オーブグランドカリバー」、
地面から吹き出た水で攻撃する「オーブウォーターカリバー」、剣先から炎の輪を出し攻撃する「オーブフレイムカリバー」と、
それぞれ強力な効果を秘めた技なんだそうです。

何者かが操る、強化されたハイパーゼットンデスサイス「ハイパーゼットンデスサイス(リザーバー)」。
姿は以前のハイパーゼットンと同様ですが、今回はオーブオリジンを追い詰めるほどパワーアップしているんだとか。
他にも惑星侵略連合の生き残りである、「メトロン星人タルデ(ラウンドランチャー)」がジャグラーを狙って再登場。
ラウンドランチャーの名前通り、両腕を重武装して仲間の弔い合戦を行うようです。
と言う事で、11月はベムラー(強化)、戀鬼(紅蓮騎)と上記2種類の敵がオーブに挑むようですね。

そして遂に現れたマガオロチの成体、「超大魔王獣 マガタノオロチ」。
あのマガオロチが幼体だったことにも驚きですが、それ以上にビジュアルの強烈さに驚きw(後述の通りです)
惑星に存在するものを全て食らい尽くす強敵で、恐らく最終回辺りに登場するのではないでしょうか。
次号はTVのクライマックス、そして劇場版とアマゾンプライムのオーブ特集になるそうです。
ガイとジャグラーの因縁など、謎に包まれた過去も明らかに・・・?

ウルトラマンフュージョンファイト情報は、11月24日から稼働の第3弾にて、
オーブオリジンとウルトラマンネクサス(ジュネッス)が参戦することが明らかにされています。
そして新たなるオーブの姿として、ウルトラマンとネクサスのフュージョンアップである、
ウルトラマンオーブ(スペシウムシュトローム)」も初公開。
さて、今弾もどれほどの新しいフュージョンアップが登場するのでしょうか。


ここからは今月発売予定のソフビ人形情報となります。
11月の新作ソフビは以下の通り。


2016年11月発売分、ウルトラマンオーブ

11月5日発売
・ウルトラ怪獣オーブ 07 ベムラー(強化) 864円
・ウルトラ怪獣オーブ 08 戀鬼(紅蓮騎) 864円
・ウルトラ怪獣オーブ 09 ハイパーゼットン デスサイス 864円
・ウルトラ怪獣DX マガタノオロチ 2700円


11月11日発売
・ウルトラ怪獣オーブ 10 メトロン星人(ラウンドランチャー) 864円
・ウルトラBIGソフビ ウルトラマンメビウス 2160円


11月26日発売
・ウルトラマン&バルタン星人 50th SPECIAL SET 3780円


ウルトラマンオーブ登場の新怪獣、放送10周年のメビウスのBIGソフビ、マンとバルタン星人の50thセットですね。
やはり目を引くのはマガタノオロチ、いわゆるタッコング体型の怪獣ですが、とにかく顔と口がデカい!
全身にはマガオロチの顔が複数貼りついていますし、このデザインや早すぎる発売時期を見ても、
これがオーブ最後の怪獣とはどうしても思えないんですよね。
ここから更なる進化を遂げるのか、それともこの姿で滅茶苦茶強いのか(それはそれでアリですけど)。

とりあえず、次のソフビラッシュは今週の土曜日!
一気に4体の怪獣ソフビが手に入るなんて、とても嬉しいじゃないですか。
怪獣にはそれぞれデータカードダスも付属しますし、フュージョンファイトの方でも早速遊んでみたいと思います。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|20:57
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ