大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

世代は君を待っていた、「ウルトラマングレート Blu-ray BOX」を購入!


この瞬間をどれほど待ちわびたことでしょうか。
VHSとLDでソフト化されながらも、一向に国内版DVD化の音沙汰が無かった「ウルトラマングレート」。
まさかのDVDをすっ飛ばしてのBlu-ray化が決まった時は狂喜乱舞したものですが、2017年1月27日より遂に発売となりました!
思えば昭和ウルトラシリーズが次々とDVD化していった辺りから「何時DVDになるんだろう?」と待ち続けていたので、
本当にこの瞬間を待っていたんですよ、現状最新のメディアで再ソフト化される事を!(以下、軽いレビューとなります)

ウルトラマングレート Blu-ray BOX
という事で、「ウルトラマングレート Blu-ray BOX」が手元に届いたので、一通り視聴してみました!
Amazon限定版を買ったと思いきや注文していたのが通常版だったというアクシデントもありましたが、
その分購入金額が浮いたので良しとしておきましょう・・・
(商品の到着も1日遅れだったので、本当にグダグダでした)
ちなみにAmazon限定版の購入特典は、表紙と同じデザインのA3サイズ布ポスターだったそうです。

ウルトラマングレート Blu-ray BOX0
本作も他のウルトラブルーレイシリーズと同じく、HDリマスター2.0企画で映像が丁寧にリマスタリングされていますが、
解説書でも説明されている通り、グレートは映像マスターが特殊な工程で製作されているので、
他のシリーズのような超高画質化!という訳には行かなかったようですね。
実際、本編よりも劇場版の方が多少綺麗に見えるなど違いも現れていましたが、
現状での最高画質という点はちゃんとクリアされていたと思います。

ウルトラマングレート Blu-ray BOX1
解説書はグレートの作品概要、ウルトラマングレートのスペック解説、HD化までのプロセス、高野宏一さんの功績、
一部メイキング資料、合作コーディネーターのインタビュー、登場怪獣紹介、UMAの紹介、ディスク内容の解説が掲載。
ディスク1はゴーデス(第一形態)のデザインで、内容は第1話~第4話までが収録。

ウルトラマングレート Blu-ray BOX2
ディスク2はバランガスのデザインで、内容は第5話~第7話までが収録。
ディスク3はリュグローのデザインで、内容は第8話~第10話までが収録。

ウルトラマングレート Blu-ray BOX3
ディスク4はコダラーのデザインで、内容は第11話~第13話(最終話)、そして新ウルトラマングレートのアバンタイトル、
ウルトラマングレートPV、LD抜粋版メイキング、LD抜粋版おまけメイキング集がそれぞれ映像特典として収録。
ディスク5はウルトラマングレートのデザインで、内容は劇場版2作品とその予告編が収録されていました。
もちろん、本編の方は字幕か吹き替えか選択して視聴することができます。
台詞の内容やニュアンスもかなり異なるので、本編はもう一週して楽しめますね~。

内容については今更言うまでもありませんが、個人的にはウルトラシリーズのベストの1つだと思っています。
直撃世代という事情もありますけど、内容が今見ても十分面白いという点が最大の理由でしょうか。
レギュラー&ゲストを含めて各キャラクターが立っている、台詞の言い回しが一々面白い、新怪獣オンリー、壮大な音楽、
1クール作品で見やすい、テンポの良いストーリー、太陽光が眩しく迫力あるシーンの多いオープンセットでの特撮・・・
これほどウルトラシリーズの初心者に勧めたくなる作品もそう無いと考えているぐらいです。

思えば私が幼少時より海外作品に抵抗が無かったのも、洋画の存在以上に、
ウルトラマングレートやウルトラマンパワードを親しんでいたからかもしれませんね。
ゴジラVSシリーズと並んで、私の中で大きな位置を占めているウルトラマングレート。
本当に本当に本っっっ当に待ちましたけど、このタイミングでブルーレイを手に出来たのは感謝の気持ちしかありません。
世代は君を待っていた、僕らのグレート!ウルトラマングレート!Blu-ray化ありがとうございました!!


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
関連記事
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|19:58

シリーズ50周年記念ソフビ「ウルトラセブン&ウルトラマンゼロ 50th SPECIAL SET」

本日より、ウルトラマンの新作ソフビ人形が発売開始となりました。
今回はシリーズ50周年を記念しての、ヒーロー同士の特別セット商品となります。

ウルトラセブンウルトラマンゼロ 50周年スペシャルセット
ウルトラセブン&ウルトラマンゼロ 50th SPECIAL SET
今年2017年はウルトラセブン放送50周年、更にTVではウルトラマンゼロTHE CHRONICLEが放送中。
ということで、それらを記念してセブン親子がセット商品として発売されました。

ウルトラセブンウルトラマンゼロ 50周年スペシャルセット0
箱の裏面には、それぞれの放送&上映リストが掲載されています。
(セブン第12話については、右下に欠番との表記有り)

ウルトラセブンウルトラマンゼロ 50周年スペシャルセット1
ちなみに箱の上部はこんな感じです。
ウルトラアイを模したデザインが素敵ですね。

ウルトラセブンウルトラマンゼロ 50周年スペシャルセット2
まずはウルトラセブンから。
本体は800シリーズソフビこと、旧ウルトラヒーローシリーズのウルトラセブンを流用しています。
新規造型品としては、ブラザーズマントと台座が付属していました。

ウルトラセブンウルトラマンゼロ 50周年スペシャルセット3
背面です。
ブラザーズマントは布製ではなく重みがあるので、専用台座を使うと安定性が増します。
こちらは既に発売されている、ウルトラマン&バルタン星人セットと同じものですね。

ウルトラセブンウルトラマンゼロ 50周年スペシャルセット4
旧ウルトラヒーローシリーズのウルトラセブンと比較、左が今回のもので右が旧商品になります。
目の二重塗装、プロテクターの溝の塗装、アイスラッガーの穴の黒い塗装が省略されましたが、
今回のものは各部にシャドウが吹いてあり、更に手足のブーツが塗装されているという違いがありました。

ウルトラセブンウルトラマンゼロ 50周年スペシャルセット5
背面の塗装に関しては省略箇所は無し。
成型色も、肉眼で確認する限りではほとんど差異が見られませんでした。
(ほんの少しだけ、今回の方がやや色味が濃い・・・?)

ウルトラセブンウルトラマンゼロ 50周年スペシャルセット6
続いてはウルトラマンゼロです。
こちらも800シリーズソフビこと、旧ウルトラヒーローシリーズのウルトラマンゼロを流用しています。
なので、左腕にはウルティメイトブレスレットが存在していません。

ウルトラセブンウルトラマンゼロ 50周年スペシャルセット7
背面です。
塗装省略箇所無し・・・と思いきや、首から後頭部にかけての一部ラインが省略されていました。

ウルトラセブンウルトラマンゼロ 50周年スペシャルセット8
旧ウルトラヒーローシリーズのウルトラマンゼロと比較、左が今回のもので右が旧商品になります。
違いとしては今回のものは各部にシャドウが吹いてあるほか、額のランプの色がやや濃いめに、
目がメタリック塗装になり、赤と青の成型色と塗装がそれぞれ明るめに変更されています。
また、全身のシルバー塗装も明るめになっていますね。

ウルトラセブンウルトラマンゼロ 50周年スペシャルセット9
背面です。
上記でも触れた、首~後頭部のラインが塗装してあるかどうかで見分けることができますね。
今回のゼロは、ここ最近のゼロをイメージしたカラーリングになっている気がしました。

ウルトラセブンウルトラマンゼロ 50周年スペシャルセット10
以上がウルトラセブン&ウルトラマンゼロセットの軽いレビューです。
相変わらず値段相応のクオリティかと言われると疑問ですが、前回のセットよりは塗装パターンの違いに意味があったかなと。
せっかくの機会だったので、ゼロはブレスレット付きの腕を選択してもらいたかった気持ちもありますが。
ともあれ、こちらも久しぶりの800サイズヒーローソフビなので、ちょっとだけ懐かしい気分に浸れました。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|20:34

「ウルトラBIGソフビ」の新作をフラゲ!(ウルトラマンベリアル)

明日発売の、ウルトラBIGソフビの最新作をフラゲして来ました。
今回商品化されたのは、こちらのキャラクターになります。

ウルトラBIGソフビ ウルトラマンベリアル
ウルトラBIGソフビ
ウルトラマンベリアル

悪の道に堕ちたとはいえ、ベリアル陛下も立派なウルトラマンの一人。
という事で、現在のところ唯一のウルトラBIGソフビにおける敵キャラクターとして、ウルトラマンベリアルが商品化されました!
このシリーズの造型は少し頭でっかちなものが多いですけど、体型が独特なベリアルだとほとんど違和感を感じませんね~。

ウルトラBIGソフビ ウルトラマンベリアル0
全高は23~24cmほどで、500ソフビと比較するとかなり大きめです。
全体的に500ソフビをそのままスケールアップしたような印象を受けますね。
もちろん、細部が異なるので完全新規造型でしょうけど。

ウルトラBIGソフビ ウルトラマンベリアル1
横から。
他のBIGソフビと同様に、体のラインは部分的に塗装省略されていますね。
しかしベリアルは横顔が本当にカッコいい・・・

ウルトラBIGソフビ ウルトラマンベリアル2
背面です。
500ソフビよりは塗装箇所が多いですけど、それでも若干省略気味。
ベリアルの特徴は、赤いラインの部分が少し窪んでいる所にありますね。

ウルトラBIGソフビ ウルトラマンベリアル3
顔のアップ。
異形の瞳、笑みを浮かべているような口元・・・正にTHE悪役といったデザインです。
紫色のカラータイマーも闇に染まっている感がよく出ていますよね。

ウルトラBIGソフビ ウルトラマンベリアル4
斜めからも。
ゼロもそうですけど、角度によって全然違う表情を見せる、奇跡的なバランスで纏まったマスクだと思います。
目が黄色とオレンジ色で二重塗装されていれば完璧でしたね。

ウルトラBIGソフビ ウルトラマンベリアル5
他のウルトラマンとは大きく異なる点の一つである手のアップ。
サイズが大きくなると、こういう部分の造型まで楽しめるのが利点ですね。
しかしこの手で小さなものを扱うのは大変でしょうね・・・w

ウルトラBIGソフビ ウルトラマンベリアル6
どの角度から見ても様になると思います。
個人的に、BIGソフビの中ではゼロと共に大当たり!
ウルトラマンゼロ THE CHRONICLEと連動して、このタイミングで商品化してくれたのは本当に嬉しいです。

ウルトラBIGソフビ ウルトラマンベリアル7
最後は宿敵と並べて〆。
以上がBIGソフビのウルトラマンベリアルの簡単なレビューです。
実際のベリアルのスーツにある細かい皺などのディテールは省かれていましたけど、BIGソフビなので迫力は十分でした。
ベリアル帝国民の方は是非お手元に!


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|20:08

ウルトラマンフュージョンファイト、第4弾の目的達成

現在稼働中の「ウルトラマンフュージョンファイト」第4弾ですが、お目当てのカードを全て入手することが出来ました。
欲しかったものは基本的にオーブレアのカードばかりなので、思ったよりも早く揃えられましたね。

ウルトラマンフュージョンファイト ウルトラマンネクサス、バルタン星人
まずはウルトラマンネクサス(ジュネッス)バルタン星人です。
ネクサスは前弾でオーブクリスタル付きのカードが初登場しましたが、ウルトラオーブレアだったので結局入手できず。
ですが今回はオーブレアだったので、ようやくオーブリング対応のネクサスカードが手に入りました。
そしてバルタン星人も、第4弾にして初めてオーブクリスタル付きのカードになりました。

ウルトラマンフュージョンファイト ウルトラマンネクサス、バルタン星人0
裏面です。
DXオーブリングでリードすると、ネクサスは名前&変身音&掛け声が鳴り、必殺技音声は「クロスレイ・シュトローム」でした。
バルタン星人も、名前と鳴き声が鳴り響きます。
ちなみにゼットンとバルタン星人を連続リードすると、「ゼットン!バルタン星人!」と、
ゼットンバルタン星人風の音声も再現可能ですw(あくまでそれっぽいだけですが)

ウルトラマンフュージョンファイト バードン、EXレッドキング
最後はバードンEXレッドキングです。
どちらも今回で初のオーブクリスタル付きのカードになりました。
大怪獣バトルシリーズで初登場したキャラクターは、下部のデザインがウルトラマンゼロ風になるんですね。(今更)
レイモンだとカラータイマーがありませんし、当然と言えば当然のチョイスですかね。

ウルトラマンフュージョンファイト バードン、EXレッドキング0
裏面です。
バードンもEXレッドキングも炎の技を持っているので、当然ながら属性は火。
どちらもDXオーブリングでリードすると、名前と鳴き声が鳴り響きます。

バキシムとミズノエノリュウも入手済みですし、今回狙っていたカードは全てコンプ完了。
この調子で、次弾も新たなオーブクリスタル付きのキャラクターを投入して欲しいですね~。
さて、次に狙うカードは来月のカードセット最新弾かな?


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|19:31

プレイヒーローシリーズ ウルトラマン対決セットの怪獣ソフビをご紹介!(その44・最新作!)

では、食玩「プレイヒーローシリーズ ウルトラマン対決セット」の怪獣ソフビをご紹介していきます。
今回は第三十三弾目である「ウルトラマンオーブ激闘編」の2体の敵キャラクターをご紹介します。
(本来は24日発売なのですが、フラゲ出来たのでご紹介します)


プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ジャグラスジャグラー
無幻魔人ジャグラスジャグラー
ウルトラマンオーブ第10話「ジャグラー死す!」で初めて本格的に登場した、ジャグラスジャグラーの魔人態です。
こちらは久々となる完全新規造型の敵キャラクターで、全体的に500サイズソフビに近いバランスで造形されていますね。
最近のフォーマットに従い、クリアスモーク成型仕様となっています。
しかしジャグラーも対決セットの仲間入りとは、感慨深いですね。

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ジャグラスジャグラー0
背面です。
こちらは成型色そのままでした。
可動箇所は両腕と腰になっています。
これと同時収録されていたのは、ウルトラマンオーブ(オーブオリジン)でした。


プレイヒーロー ウルトラマン対決セット クグツベムスター
クグツベムスター
ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA第2話「えにし ~所縁~」より登場した、クグツ怪獣の一体です。
こちらは平成版ベムスターのリペイント商品で、目の色が赤っぽくなり、左肩に紫色の塗装が追加されています。
劇中のクグツベムスターとは少々異なるカラーリングですが、一応新キャラ扱いになるので商品化は嬉しいですね。
こちらもクリアスモーク成型仕様となっています。

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット クグツベムスター0
背面です。
尻尾など必要な部分はちゃんと塗装されていました。
可動箇所は首と両腕になっています。
これと同時収録されていたのは、ウルトラマンオーブ(オリジン・ザ・ファースト)でした。


プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ウルトラマンオーブ(オーブオリジン)&オリジンザファースト
オマケ。
こちらがジャグラスジャグラーやクグツベムスターとセットになっていた、
ウルトラマンオーブ(オーブオリジン)とウルトラマンオーブ(オリジン・ザ・ファースト)です。
オリジンザファーストの一般販売商品は、これが初になりますね~。

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ウルトラマンオーブ(オーブオリジン)&オリジンザファースト0
背面です。
オーブオリジンはクリアスモーク成型、オリジン・ザ・ファーストはクリアレッド成型。
更にどちらも両腕はラメ入りのクリア成型となっていました。


以上が第三十三弾目のソフビになります。
他はウルトラマン同士のセットなので購入しませんでしたが、また新作が不定期に発売され始めたのは嬉しいですね。
噂によると、次回はスルーされていたウルトラマンエックスがいよいよ登場とのこと。
続報に期待ですね~。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|21:31

ウルトラマンフュージョンファイト、現時点での筐体限定オーブクリスタル付きカード

昨日から、データカードダス「ウルトラマンフュージョンファイト」の第4弾が稼働開始となりました。
今弾はオーブクリスタル付きの新怪獣カードが多く、私もそれらを目当てに少しだけプレイしてきました。
(ソフビ付属のジャグラスジャグラーとハイパーゼットンデスサイスを育てる目的もあったのですが)

全貌は把握していませんが、一部システム面に変更があったようで、
特にバトル終了後にたまに起こる新ミッションに笑ってしまいましたw
「侵略者を撃て」と題した、こちらに歩いてくる無数のバルタン星人をぶっ飛ばしまくるシュールすぎるミニゲーム!
ボーナスも入りますし、結構スカッとするのでこのイベントが発生すると嬉しいんですよね~。

他にもクレナイ・ガイとジャグラスジャグラーの新ボイスが多数収録されており、
特にジャグラーはバトル時にもかなり喋ってくれるので盛り上がりますね。
Twitterにもアップしましたが、ゼッパンドンへのフュージョン時にもボイスが追加されているのは流石!
(周りがうるさいので少し聞こえ辛いかもしれませんが)
https://twitter.com/soundwave0628/status/822284521143824384

ゼッパンドンへのフュージョンボイスは本編とはやや異なっており、怪獣に対する敬意を感じますね。
ウルトラヒーローズEXPOのゼットンバルタン星人もそうでしたが、
本編後のジャグラーは怪獣に対する意識が少し変化したのでしょうかね?

ウルトラマンフュージョンファイト バキシム、ミズノエノリュウ
そして本日当てることが出来たオーブクリスタル付きの怪獣カードは、バキシムミズノエノリュウでした。
どちらもオーブレアであり、比較的入手しやすい方だと思います。
現在のところ、筐体からしか排出されないオーブクリスタル付きカードなのでそういう意味では貴重ですが。

ウルトラマンフュージョンファイト バキシム、ミズノエノリュウ0
裏面です。
バキシムの必殺技は「ユニコーン・ボム」の誤植でしょうかね?
それぞれDXオーブリングでリードすると、名前と鳴き声が鳴り響きます。


さて、フュージョンカードにはこの2種類のように、現時点では筐体排出限定のオーブクリスタル付きカードが存在します。
カードセットや玩具に付属しない、データカードダスをプレイしないと入手できないオーブクリスタル付きカードは以下の通り。
(あくまで第4弾稼働時点でのお話になります)

ウルトラマンダイナ(ミラクルタイプ)
ウルトラマンアグル(V2)
ウルトラマンネクサス(ジュネッス)
ウルトラマンオーブ(オリジン・ザ・ファースト)
ジャグラスジャグラー(アーリースタイル)
バルタン星人
バキシム
バードン
ミズノエノリュウ
EXレッドキング


これらは筐体排出されるカードでないと、DXオーブリングでリードすることが出来ないんですよね。
ティガ(パワータイプ)、ダイナ(ストロングタイプ)、アントラーに関しては今後にカードセットや玩具付属で補完されますが、
上記のキャラクター達は現時点では未定。
なのでDXオーブリングやダークリング用のカードを集めたい!という方は、
これらのカードを優先的に入手しておくことをお勧めします。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|20:22

ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA 第3話&第4話感想



Amazonプライムにて、エピソード3「こだま ~谺~」、エピソード4「あととむ ~跡求~」が配信されました!
ガイとジャグラスジャグラーの2人だけで始まったファーストミッションでしたが、ここにきて仲間たちと次々合流。
カノン親衛隊のリッカ&ミコット、その隊長であるシンラ、そしてアスカ・シンと凄い面々になって来ましたね。
こうやって段々と仲間が増えていくのは、どこかRPG的な所があって面白いですね~。

さて、まずはレジェンドと言っても良い存在である歴代ウルトラマン達でしょう。
最初にガイ達の前に現れたのは、ウルトラマンダイナことアスカ・シン。
すっかり頼れる兄貴分となったアスカですが、時折かつての面影を覗かせる姿が嬉しいですw
ダイナのアレンジBGMをバックに大活躍、更にストロングタイプにまでチェンジ!
まだ頼りないオーブとは対照的に、文字通りの圧倒的な強さを見せてくれました。

一方、今やすっかりアスカの頼れる相棒となった、ウルトラマンコスモスこと春野ムサシ。
(まさかテレパシーで会話するとは思いませんでしたが)
惑星ジュランではリドリアスとボルギルスが登場するなど、あちらの世界も相変わらずの様子ですね。
ダイナに続いてコスモスの方もアレンジBGMが流されましたし、次回の本格的な活躍にも期待がかかります。
ただ、コスモスの力でベゼルブの毒が浄化できるのかどうか。

この両者で改めて感じましたけど、やはり客演においてオリジナルキャスト&音楽はとても大切なんだなと。
特に4話はダイナファン向けの演出や台詞がかなり多めで、「そう来たか!」「そこから持って来たか!」の連続。
あのアスカが、本当に立派に成長したんだなぁ・・・と感慨深くなりました。
(奇しくも、ガイとアスカはどちらも木之元亮さんから色んな事を教わっていますねw)

物語も少しずつ進み始めたかと思いきや、第4話の終盤で一気にクライマックス感が出てきましたね。
このペースだとあと2話ぐらいで一段落しそうですし、オリジンサーガは前半と後半の二部構成になるのでしょうかね?
(と言っても、物語自体はちゃんと連続しそうですが)
特に今のところは宇宙と地球を結ぶ接点が「種」しかありませんし、両陣営の本格的な接触もまだですからね。
サイキの思惑により風雲急を告げる王立惑星カノン、ここからどうストーリーが展開されていくのでしょうか。

何気に驚いたのは、ベゼルブのスーツがちゃんと2体作られていたところでしょうか。
(始めは合成かと思っていたのですが、映像を見る限りでは明らかに複数体が同じ画面に収まっていました)
こういう量産型キャラクターはスーツがいっぱいあった方が様になりますし、怪獣ファンとしても嬉しくなりますね。
ベゼルブも人間サイズからウルトラマンと同格サイズまで、大きさのバリエーションも豊かなので、
誰が相手でも戦えるのはとても便利だな~と。

監督も4話からおかひでき監督にバトンタッチされ、演出のキレがより良くなった印象を受けました。
等身大アクションも魅せてくれましたが、個人的に気になるのがジャグラスジャグラーに憧れてしまったミコットの存在。
ジャグラーも闇へと堕ちる片鱗を徐々に見せ始めましたし、
ミコットの存在がジャグラーの大きな転機になりそうな気がしてならないんですよね。
うーん、この二人の関係は今後どうなるのでしょうか。

次回はウルトラマンコスモスが本格登場、そしてサイキの魔の手が王立惑星カノンに迫る!
連続ドラマだけに、早く次が見たくなっちゃいますね。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|20:06

USJクールジャパンのゴジラ4Dに行ってきた&限定シン・ゴジラのソフビも購入!

私は大阪府民ながら、USJこと「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」には数えるほどしか訪れたことがありませんでしたが、
この度ユニバーサル・クールジャパン2017の企画の一つとして、何とシン・ゴジラが抜擢!
ゴジラ・ザ・リアル 4-D」というアトラクションが、2017年6月25日までの期間限定オープンとなりました。
ということで開催2日目となる本日にさっそく行ってきましたので、軽くレポート記事の方を・・・
(画像はクリックすると拡大します)

USJ クールジャパン シン・ゴジラ
こちらがユニバーサル・クールジャパン2017の面々である、名探偵コナン、モンスターハンター、進撃の巨人、
エヴァンゲリオン、そしてシン・ゴジラ。
この他にも大阪城で展開されている、戦国・ザ・リアルも存在しています。

USJ クールジャパン シン・ゴジラ0 USJ クールジャパン シン・ゴジラ1 USJ クールジャパン シン・ゴジラ2
USJ クールジャパン シン・ゴジラ3 USJ クールジャパン シン・ゴジラ4 USJ クールジャパン シン・ゴジラ5 USJ クールジャパン シン・ゴジラ6
クールジャパンコーナーはエントランスを抜けてすぐ左手にある施設に存在し、
USJ限定ゴジラグッズも多数販売されていました。
画像のほかにも様々なグッズがあって、楽しい光景でしたね。
こちらは一ヶ所に限らず、複数の店舗にて展開されています。
(置いてある商品は共通ですが)

USJ クールジャパン シン・ゴジラ7
そのすぐ近くには、「ゴジラSNACK」なる売店も設置されています。
USJの例に漏れず、こちらのクルーの方もお喋りが中々に達者。

USJ クールジャパン シン・ゴジラ8 USJ クールジャパン シン・ゴジラ9
この売店名物の「ゴジラのあしあとまん」です。
シン・ゴジラをイメージしたのか、黒い胡麻生地に赤い坦々風の具が入った肉まんでした。
辛みは無く美味しかったですけど、量の割にお値段が張るのはこの手の遊園地ではお約束。

USJ クールジャパン シン・ゴジラ10
さて、肝心のゴジラ4Dは3D眼鏡を装着して映像を鑑賞するタイプのアトラクションです。
4Dなので席が揺れるわ水が出るわ風が吹くわストロボが点滅するわで大迫力。
物語は戦闘機パイロットの一人称視点で繰り広げられ、大阪の名所を破壊するゴジラを食い止めるべく大奮闘!
大阪湾周辺、中之島、梅田、大阪城、道頓堀、USJがそれはもう凄いことに・・・
シン・ゴジラと繋がる部分もあるので、これはかなりお勧めです!

他にもエヴァンゲリオンの方にも参加しましたが、VRゴーグルを装着してジェットコースターに乗るというトンデモ企画でしたw
こちらもエヴァと使徒が戦う中を駆け抜ける脱出物語で、短いながらも素晴らしいVR体験ができました。
個人的には、先にゴジラに行ってそれからエヴァを体験する方が体を慣らすのにも丁度いいのではないかと。
注意点は食後に乗らないこと、人によっては相当酔うはずですw
では、以下はUSJで購入した限定ソフビのレビューになります。


ムービーモンスターシリーズ シン・ゴジラ USJ限定放射熱線カラー
ムービーモンスターシリーズ シン・ゴジラ
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンオリジナル 放射熱線カラー

一般販売されたシン・ゴジラ(第四形態)のソフビ人形のリペイント商品です。
こちらは完全にUSJ限定商品で、会場内のストアでないと購入できない商品でした。
(私がUSJに訪れた最大の理由は、これを購入する為です。ついでに年パスも作っちゃいました)

ムービーモンスターシリーズ シン・ゴジラ USJ限定放射熱線カラー0
基本仕様は通常版とほとんど同じで、一部カラーが変更されています。
正面からだと、首筋がメタリックパープルで塗装されていますね。

ムービーモンスターシリーズ シン・ゴジラ USJ限定放射熱線カラー1
横から。
放射熱線発射時をイメージした塗装であることがよく分かります。

ムービーモンスターシリーズ シン・ゴジラ USJ限定放射熱線カラー2
背面です。
こちらは1人につき5個までの購入制限がかけられていました。

ムービーモンスターシリーズ シン・ゴジラ USJ限定放射熱線カラー3
尻尾の先もメタリックパープル塗装になっています。
何だかより禍々しくなったような・・・

ムービーモンスターシリーズ シン・ゴジラ USJ限定放射熱線カラー4
背鰭の部分はクリアパーツ仕様になっており、強い光を当てると青く透けて見えます。
これがまたカッコいいんですよ、メタリックパープル塗装が良い具合にグラデーションになっていて。

ムービーモンスターシリーズ シン・ゴジラ USJ限定放射熱線カラー5
付属タグも完全新規デザインになっていました。
細かいですが、こういう仕様だと嬉しくなりますよね。

ムービーモンスターシリーズ シン・ゴジラ USJ限定放射熱線カラー6
最後は通常版、劇場限定版と並べて〆。
以上がUSJ限定ゴジラソフビの軽いレビューです。
会場限定品にするには勿体無いぐらい素敵な仕様だったので、果たして何時まで在庫が持つか・・・
府外の方は厳しいかもしれないですけど、確実に入手したいのであればお早めにどうぞ。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|22:28

ザンドリアスが地球に帰ってくる!!(確定)

http://ps-farm.net/projectDetail.php?r=ek2KtVPPFS3c

先日の記事で触れた「ザンドリアスをもう一度地球へ呼ぼう!」企画ですが、
何と僅か3日間で目標金額を達成してしまいました。

ウルトラ怪獣擬人化計画で知名度が向上し、更に特典内容も豪華だったという要素もあるのですが、
ザンドリアスを復活させる有料企画がこんなにアッサリと目標達成してしまうんですよ???
凄くないですか???
クレッセントやメカギラスやギマイラやガルタン大王やプラズマ・マイナズマやマーゴドンじゃないんですよ???
ウルトラマン80の4話に登場して親子喧嘩をしていた、だだっこ怪獣ザンドリアスですよ???

これをと言わずして何と言えばいいのでしょうか。
自分も参加しましたけど、こんなに早く達成するとはあまりにもビックリです。
(主催者側もそうなのではないでしょうかw)
ほら、ウルトラ怪獣はこんなにも愛されているんですよ!

尚、あくまで最低ラインを突破しただけであって、募集自体は引き続き行われるようです。
貴重な資料が手に入るチャンスでもありますし、気になる方は上記のURLをチェックしてみて下さい。
今後も同じような企画があればぜひ参加したいですね~。
ほら、円盤生物とかなら本気を出しますよ私。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(6)トラックバック:(0)|21:00

ウルトラマンゼロ THE CHRONICLE 第1話が公開!


ウルトラマンオーブのTVシリーズも一段落し、
昨日からは後番組である「ウルトラマンゼロ THE CHRONICLE」がスタートとなりました。
記念すべき第1話は 「ウルトラマンゼロ 仲間との絆!」ということで、近年のゼロの活躍を纏めた特別総集編。
過去の列伝の映像やウルトラ10勇士、ウルトラマンXのTVシリーズや劇場版から映像がチョイスされていました。

このゼロザクロニクルは、海外向けにゼロやベリアルの活躍を紹介するために製作された再編集番組で、
それを日本に逆輸入し、更に日本独自のナレーションや総集編&新撮映像を交えるという構成なんだそうです。
(少々ややこしいですが、再編集再編集番組ということに)
簡単に言ってしまえばウルトラマンゼロ版のウルトラマン列伝ということですね。
つまり何時も通りの列伝ですw

思えばウルトラマンゼロとウルトラマンベリアルが鮮烈なデビューを飾った映画、
「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」は2009年に公開された作品です。
それから7年後(実質8年後)に至る現在まで、ゼロもベリアルも多数のファンや子供たちから支持され続けているのは、
過去の例から見ても異例中の異例なのではないかと。
特にゼロは近年も出番が多いからか、その年の最新ウルトラマンと肩を並べるほど、高い人気を保ち続けていますしね。

初期は活躍媒体が限定されていましたが、ウルトラマン列伝が始まってからは認知度や人気も上昇し続け、
今年に入ってようやく「ウルトラマンゼロ」という名の冠番組を持てたのには、個人的にとても感慨深いものがあります。
何よりゼロもベリアルも私が大好きだった「大怪獣バトルシリーズ」の中で生まれたウルトラマンですし、
あらゆる意味で型破りなキャラクターがとても気に入っていたんですよね。
そんな二人の因縁の戦いを、より多くの人に知ってもらえる機会が到来したのは大歓迎です。

さて、次回からは「ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国」の分割放送がスタートしますが、
ゼロシリーズは既に列伝時代から何度も触れている作品なので、正直感想を書くことがもうありませんw
なのでゼロザクロニクルについては、何かしら新規映像や展開があった時のみ、ブログで触れていくことにします。

それと「なんで銀河伝説から順を追って放送していかないの?」という意見もちらほら見受けられましたが、
そこからスタートすると、タイトル詐欺になってしまうぐらいゼロの登場が遅れるんですよねw
(あの映画の前半はメビウス、レイ、ベリアルがメインなので)
海外版ゼロザクロニクルも、そこを考慮してベリアル銀河帝国からスタートしたのではないでしょうか。
何はともあれ、ここからしばらくの間はTVでゼロ&ネットでオーブと、一週間に二つのウルトラマンを楽しめますね~。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|20:17

「君はウルトラマン80のザンドリアスを見たくないかい?」

http://ps-farm.net/projectDetail.php?r=ek2KtVPPFS3c

本日二度目の記事更新となります。
お昼ごろにとんでもないニュースが飛び込んできました。
巷でよく耳にする「クラウドファンディング」企画ですが、その波が遂にウルトラ怪獣にも押し寄せてきました!
しかも今回抜擢されたのは、まさかの「だだっこ怪獣ザンドリアス」!!!


★プロジェクト概要
1980年4月に地球から去って以来、宇宙を旅していたザンドリアス。
「ウルトラ怪獣擬人化計画」にて、猫缶まっしぐら(ニトロプラス)氏によって擬人化され、
一部で爆発的な人気を博し、アニメ「怪獣娘~ウルトラ怪獣擬人化計画~」にも出演。
今まさに、“だだっこ怪獣”ブームが来ようとしている。
そんな「ザンドリアス」を再び地球に呼ぼうという大空に愛を込めたプロジェクトです。
なお、めでたくザンドリアスを呼べた場合は、地球に長期滞在してもらい、様々な活動を行っていく予定です。

本プロジェクトの目玉として【Aコース】【Bコース】【Cコース】にご支援頂いた方々を、
ポニーキャニオン本社で開催されるザンドリアスお披露目イベントにご招待します。


【目標金額:370,000円】
【支援申込期限:2017年1月31日23時59分】



支援金は3000円のAコース10000円のBコース100000円のCコースと三段階に分けられ、それぞれで特典も違いますが、
合計で37万円に到達するとプロジェクト完了になるみたいですね。
詳細は分かりませんが、文面を読む限りではこの企画が成立するとザンドリアスのスーツが作られるということに?
最近は擬人化計画で抜擢され、アニメ版にも出演して知名度をグイグイ上げてきた怪獣だけに、
その波に乗れるかどうか色々と試されている感が・・・

そもそもザンドリアスという怪獣は強面な外見とは裏腹に、マザーザンドリアスと喧嘩をして家出してきた駄々っ子という、
ウルトラ怪獣界隈においても唯一無二の個性を放つキャラクターなんですよね。
擬人化計画でもその辺りが強調され、反抗期の女の子になっていましたが。
もし今後の露出があるとするなら、そういったキャラクターとしても使えるので面白いな~と私は思うのですが。
(ザンドリアスのことをもっと知りたい方は、Amazonプライムビデオで配信されている80の第4話をご参照下さい)

ただ、37万円で怪獣のスーツが作れるのか?という疑問も。
例えアトラクション用スーツだったとしても、普通はもう少し行くんじゃないか?と。
お披露目イベントや特典もありますし、恐らくこの企画だけで製作費全てを回収するわけではないのでしょうが。
ともあれ、ザンドリアスが見たいという方は今月末までにお申し込みを!
※参加にはクレジットカードが必要です

私もイベントに行けるかどうかは分かりませんけど、オリジナルブックレットなどが貰えるBコースで参加致します。
第二期と平成に挟まれ、何かと取り上げられる機会の少ないウルトラマン80や80怪獣たちですが、
この企画を成立させたらそういう流れが少しでも変化するのではないかと。
こういうのは、そのキャラクターにどれほど需要があるのかという目安にもなりますしね。
もっと本音を言うと、今の時代に色んな怪獣の姿を見てみたい!という気持ちが一番強いのですが。

試されている、今まさに80ファンや怪獣ファンが試されていますよ!
(もしかしたら、「次」に繋がる可能性があるかもしれない!)
あまりこういうことを言うのは何ですが、
クラウドファンディングに必要なのは応援の声ではありません、支援金です!!




にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|17:00

ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA 第2話感想


Amazonプライムにて、エピソード2「えにし ~所縁~」が配信されました!
オーブによってベゼルブが倒されたことにより、嘆き悲しむクイーンベゼルブ。
そして彼女たちと同調してそれを感じ取り、「悲劇はもう沢山だ!」と叫ぶサイキ。
その一方で脅され自分の命が危なくなると、すぐに謝り譲歩して見せますが、実はそこにも裏があり・・・
と、サイキはかなりの曲者として描かれていますね。

心の奥底では争いや悲劇の無い宇宙平和を望んでいるようですが、そのやり方が強引かつ非道なので共感はされません。
かつてのダークルギエルもそうでしたが、自分が欲する結果を求めているだけであって、
問題を根本から解決している訳ではありませんからね。
サイキの場合はクイーンベゼルブ&ベゼルブの猛毒によって相手を洗脳&支配するという方法ですし、
全てを自分と一つにしようとした、グランスフィアの押し付けにも近いかもしれません。

自分に秘められた力を使いたくないアマテ、アマテに無理をさせまいとするシンラ、
家内の為にも一刻も早くサイキを討ち取りたいライゴウ、王立惑星カノンの方も様々な思惑の中で揺れ動いていますね。
そして回想シーンではまさかの戦神のスーツが登場、しかも相手はあのガーゴルゴン!
アマテの母が変身していましたが、相手が星を滅ぼし砂と石に変えてしまうガーゴルゴンというのは納得のチョイスです。
王立惑星カノンを救う為に散ったかつての戦神、アマテとシンラの考えもここから始まっていたのですね~。

ガイとジャグラーの凸凹コンビも、本編の関係と照らし合わせてみると面白いですねw
選ばれしものなのにまだまだ頼りないガイ、選ばれなかった故にガイをサポートするも中々助言を聞いてくれないジャグラー。
自由すぎるガイに対するジャグラーの苦労人っぷりが泣けてきますが、
どちらも観点こそ違えど、現実をしっかり見据えた考えの上で行動しているんですね。
一方が人を救い続けた救助隊、一方が敵を倒し続けた戦士というだけの違いであって。

オーブも二戦目にして、相手が光線技の効かない宇宙大怪獣クグツベムスターというのも中々にハードモード。
(気合で他のウルトラマンと同じ大きさにまで巨大化したのには笑えました)
光線を連射しても相手には一切通じず、ただただ体力を消耗していくだけ。
危険だと分かっていても宇宙にまで飛び出し、襲われている宇宙船を救おうとするガイ達の姿は勇敢でしたが、
宇宙空間はベムスターにとっては更に有利なフィールドですし、果たしてどう戦うつもりなのでしょうか?

シンラの裏切りにも似た行為の真意とは、更に地球の海底神殿で発見された種子が宇宙由来のものであると示唆され、
カノンを飛び立った宇宙船がガイとジャグラーと出会うなど、それぞれの物語が密接に交わってきた第2話。
連続ものだからこそ出来る構成でガンガン攻めてくるTHE ORIGIN SAGA、
次回からはいよいよ歴代のウルトラヒーロー達も参戦とのことなので、彼らとどういう形で出会うのか楽しみですね。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|11:52

冬もウルトラマン祭、「ウルトラヒーローズ EXPO 2017」に行ってきた!(レポート記事)


では、「ウルトラヒーローズ EXPO 2017 ニューイヤーフェスティバル IN 東京ドームシティ」のレポート記事です。
画像はクリックすると拡大しますが、めちゃ混みだったため、一部写真はブレまくりなのでご了承くださいませ。


2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO
まずは入口近くにある、ウルトラマンオーブ(オーブオリジン)の立像から。

2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO0
こうやって、新しいウルトラマンの立像が作られるのも随分と久しぶりな気がしますね。

2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO1
SOMETHING SEARCH PEOPLE専用車、SSP-7も展示されていました。
このお隣には、会場に入らなくても楽しめるゲームコーナーが設けられています。

2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO2
入り口に入ると、ウルトラマンウルトラマンティガがお出迎え。
真ん中に立つことで、スペシウムゼペリオンへのフュージョンアップ写真が撮れるというスポットです。

2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO3 2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO4 2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO5 2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO6
そして、いきなり四大魔王獣が出現!
まずは風ノ魔王獣マガバッサー、巨大な翼が大迫力でした。
アトラク用スーツではなく、ちゃんと本編用スーツなのが嬉しいですね。

2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO7 2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO8 2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO9 2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO10
続いては土ノ魔王獣マガグランドキング、こちらはスーツそのものがかなりの巨体。
重量感溢れる塗装と造型がとてもカッコよかったです。

2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO11 2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO12 2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO13 2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO14
お次は水ノ魔王獣マガジャッパ、一度イベントで見ていますが、今回は他の魔王獣と同様に電飾がOFF状態でした。
近付くと猛烈な悪臭は・・・ありませんでしたw

2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO15 2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO16 2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO17 2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO18
最後は火ノ魔王獣マガパンドン、こちらも各部の電飾が消えているので、より初代パンドンらしいイメージに。
これら魔王獣は高い位置に展示されているので、煽りショットもバンバン撮れます。

2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO19 2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO20
こちらは第7話に登場した、つばさぞう公園の象の像です。

2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO21 2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO22
岩場に突き刺さったオーブカリバー
たまに霧が出てくる演出もあるので、周囲が幻想的な雰囲気に包まれます。

2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO23 2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO24 2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO25 2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO26
2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO27 2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO28 2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO29 2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO30
その他、魔王獣コーナーでは劇中に登場した様々な小道具やミニチュアが展示されていました。
小ネタも満載で、ほとんど映っていないところまでよく作り込まれているな~と。

2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO31 2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO32
「ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA」コーナーも充実。
こちらはアマテガイの衣装、そして謎の巨大樹の根の部分ですね。

2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO33 2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO34 2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO35 2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO36
王立惑星カノンの王宮に飾られていた巨大樹と戦神のイラストも。
そしてウルトラマンオーブ(オリジン・ザ・ファースト)と、ジャグラスジャグラー(アーリースタイル)のスーツまで!

2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO38 2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO39 2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO37
まさかジャグラーがこちらの姿で展示されるとは、そしてジャグラーと一緒に写真を撮る親子連れの多いことw
ショーでもそうでしたが、ジャグラー人気の高さを改めて感じることができました。

2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO40
ショーの優先席用待ち列待機場所では、ウルトラマングレートのスーツが展示!

2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO41
同じくBlu-ray化記念として、ウルトラマンパワードウルトラマンゼアスも展示されていました。

2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO42
他にもブンダーキリエロイド巨大ヤプール宿那鬼パワードバルタン星人なども展示されていましたが、
とんでもない人の多さに撮影は断念しました・・・

2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO43
こちらはウルトラマン放送50周年を記念しての、出演者たちによるサイン&寄せ書きコーナー。
ショーの方はマガタノオロチやとんでもないサプライズキャラの登場などで大盛り上がり。
ガイとジャグラーのアドリブを交えた熱演も素晴らしかったですが、撮影禁止のため画像はありません。

2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO44 2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO45
ショーの合間には、ボイジャーのミニコンサートも実施。
更に大空大地がゲスト出演していた時期だったので、こちらにも顔を出して質問に答える姿が見られました。

2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO46 2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO47 2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO48
お土産コーナーでは、今後発売されるウルトラマングッズも多数展示されていました。
アルティメットルミナスに、シルバーブルーメも入ったウルトラ墨絵スイング、そしてオーブたちの可愛いぬいぐるみ・・・

2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO50 2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO49 2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO51
対決セットや新作ソフビ、フィギュアーツなどもありましたね。
こちらも人の多さに負けて、撮影を断念したものが色々とありました。

2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO52 2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO53
お土産コーナーの出口付近では、「劇場版ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!」コーナーが。
ウルトラマンオーブ(オーブトリニティ)のスーツが展示されています。

2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO54
劇場版の主題歌を担当する、Da-iCEのメンバーからのコメントも展示されています。

2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO55 2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO56
劇場版グッズもしっかり撮影してきました。
サデスにデアボリックと、ウルトラ怪獣DXソフビの新作にも期待ですね~。

2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO57 2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO58
出口ではウルトラセブンウルトラマンゼロ(ストロングコロナゼロ)がお見送り。
こちらではガイやジャグラーの新規ボイスも流されているので、ファンの方は要チェックです!
(入り口でもゼロ達の声が流されています)

2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO59
更に会場の入り口近くにあるSEGAでは、ウルトラマンオーブ(スペシウムゼペリオン)のスーツが。
こちらではデータカードダスのウルトラマンフュージョンファイトも楽しめます。

2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO60 2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO61
ゲームオリジナルフュージョンアップのデザイン画も多数展示。
まだ発表されていないキャラクターの一部も、シルエットで公開されていました。

2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO62 2017 関東遠征 ウルトラヒーローズEXPO63
最後はオマケ、それぞれソラマチや東京駅地下のウルトラマンオフィシャルショップで撮影した画像です。
東京駅の方は、展示物がウルトラマンギンガに変更されたんですね~。


以上がEXPO会場のレビュー記事となります。
いやー、昨年に比べると明らかに来場者が増えていましたね。
何といってもライブステージが素晴らしい内容だったのですが、ネタバレになるので今は黙っておきますね。
夏のウルフェスと同様に、ウルトラマンのお正月イベントもすっかり定着したようで。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|16:27

ウルトラマンオーブの指人形最新作!(ジャグラスジャグラーなど)

新年明けましておめでとうございます。
(本当は喪中なので使っちゃいけないのですが、既にTwitterでも言ってしまっているのでこちらでもご挨拶を)
東京から帰還し、ある程度落ち着いたのでブログを更新したいと思います。
ウルトラヒーローズEXPOでは、指人形の最新作も発売されていました。


指人形 ウルトラマンオーブ、オーブオリジン、オリジンザファースト
まずはウルトラマンオーブ(オーブオリジン)と、ウルトラマンオーブ(オリジン・ザ・ファースト)ですね。
スペシウムゼペリオンでは省略されていた、カラータイマーの塗装も復活。
それぞれ同じ金型を使用しており、下半身が赤か黒かの塗装ぐらいしか違いはありませんね。
また、限定品(?)としてクリアレッドバージョンも販売されていました。

指人形 ウルトラマンオーブ、オーブオリジン、オリジンザファースト0
背面です。
ここからだと両者を見分けるのは不可能w
ポージングは腰に手を当てた、ウルトラマンらしいものになっています。


指人形 ジャグラスジャグラー
続いてはオーブのライバル、ジャグラスジャグラーも指人形の仲間入りです。
デフォルメ具合が実に良い感じで、それでいてディテールも凝っているので素晴らしい出来です。
よく見ると胸の傷らしきディテールも存在しますが、ほぼ見えませんし塗装もされていないので、
これをアーリースタイルとして扱うことも出来そうですね。

指人形 ジャグラスジャグラー0
背面です。
こちらは塗装箇所無し。
ジャグラーも限定品(?)のスモーククリアバージョンが発売されていました。


指人形 ウルトラマンオーブ、ジャグラスジャグラー
以上が指人形最新作の軽いレビューです。
オーブといえばジャグラーというぐらい両者は密接な関係にありますし、指人形でも揃ったのは嬉しいですね。
では、今年もまたよろしくお願いします~。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|17:27
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ