大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

ウルトラマンジード 第5話感想


ウルトラマンジード、昨日に第5話「あいかた」が放送されました。
今回は売れない芸人である新井タカシと、彼が拾った宇宙生物ルナー種(モコ)が主役のお話でした。
一番ビックリしたのは、ウルトラマンXにも登場した「サメクジラの子供」が再登場したことでしょうw
宇宙では怪獣兵器とは知らされずに、ペットとして流通していたとは・・・
地球でも捨てられていたところを見ると、地球在住の宇宙人が捨てたのでしょうかね~。

前回では「リトルスターが宿るのは地球人とは限らない」ことが明らかになりましたが、
今回は更に「人間以外の生物でもリトルスターは宿る」ことが判明しました。
タカシがヒーリング能力を持っていたわけではなく、超能力を使用していたのはモコ!
どうやらある程度の知能を持った、何らかの生命体であるとリトルスターが宿るようですね。
これは今後どんなキャラクターが能力を持ってしまっているのか、全く予想がつかなくなりました。

貧乏故なのかゼロも怒るほどのゲスっぽい面を持つタカシでしたが、
これまでの相方の中で唯一自分を見捨てなかった存在がモコであることを思い出し、
ほぼ捨て身の覚悟でモコを助けにいく辺りは「根は良い人」なんだろうな~と。
(最初の出会いの時に、お腹を空かせたモコに食料を分け与えた辺りからも伺えましたが)
今の所、リトルスターが宿る関係者に悪人が居ないのも何か法則性があるのでしょうかね。

リトルスターといえば、何かと事情に詳しいライハが「ずっと、子供だけに宿るもの」だと思い込んでいたのも意味深です。
未だに過去が見えないライハ、怪獣に変身する人間が居るのを知っていましたし、
母親がもう居ないことから考えると、やはり悲劇的な過去を持つキャラクターなのでしょう。
どこか影のある性格をしていますし、彼女の今後も気になるところです。

そんなモコのリトルスターを狙って現れたのは、凶暴怪獣アーストロン!
前回のエレキングと同様に、ウルトラカプセルから召喚された存在では無いようですね。
怪獣の視点からもケイと同じように、リトルスターが宿る者からは「光の柱が立ち上っているように見えている」のも新情報。
一体リトルスターの何が怪獣を惹きつけているのでしょうか。
また、今回はガスタンクのせいで光線技を撃てないという、街中ならではの状況が戦いに影響していたのも面白かったです。

そんなピンチも、モコのリトルスターがウルトラマンコスモスのウルトラカプセルを起動させたことにより一変。
ヒカリのカプセルとフュージョンライズさせることにより、遂に青き戦士アクロスマッシャーが初登場!
アクロバティックかつ華麗な戦闘スタイルを披露したほか、超能力や技を駆使して戦うスマートな戦士でしたね。
ヒカリ由来の光の剣を振るう一方で、アーストロンを大人しくさせ地底へと返すコスモスの慈愛の心も見せたアクロスマッシャー。
着地まで綺麗でしたし、劇中で女性人気が高いというのも頷けましたw

タカシとモコのコンビも無事に結成され、めでたしめでたし・・・と思いきや、今回はまさかの前編!
最後の最後で新たなるベリアル融合獣サンダーキラーが登場したのには驚いてしまいました。
次回はサンダーキラーとの決戦編、そしてリクとレイトが入れ替わって生活を送る!?
シリアスなのかギャグなのか全く読めない第6話、期待です!



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|19:02
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ