FC2ブログ

大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

S.H.Figuarts ガッツ星人をフラゲ!

明日発売の、S.H.Figuarts(エス、エイチ、フィギュアーツ)最新作をフラゲしてきました。
今回商品化されたのは、こちらのキャラクターです。

フィギュアーツ ガッツ星人
分身宇宙人 ガッツ星人
ウルトラセブン第39話「セブン暗殺計画(前篇)」、第40話「セブン暗殺計画(後編)」にて初登場した侵略者です。
まず怪獣アロンをセブンと戦わせて戦闘データを集め、作戦を立てた後に攻撃を仕掛けてセブンを一度倒してしまいました。
用意周到な作戦で数々の戦果を上げており、自らを「如何なる戦いにも負けたことのない無敵のガッツ星人」と称しています。

フィギュアーツ ガッツ星人0
ウルトラセブンの強敵宇宙人であるガッツ星人が、一般販売枠でフィギュアーツ化です。
私は限定品で出ると思っていただけに発表時は驚いてしまいましたが、
やはり分身用に2体購入する人が多いと判断されたのでしょうか。
ウルトラセブンに登場した、初代ガッツ星人を元に造形されていますね。

フィギュアーツ ガッツ星人1
横から。
鳥人そのものなフォルムと、複雑かつ奇抜なカラーリングが特徴的ですね。
色使いといい、個人的にかなりオシャレな部類に入る宇宙人ではないかと。
フィギュアーツでもダボっとした手足の造型や、独特のカラーリングが見事に再現されています。

フィギュアーツ ガッツ星人2
背面です。
頭部のピーコック模様もモールドと塗装によって表現されています。
体の各部にあるメタリックグリーンの模様も綺麗ですね。
分割線もデザインに合わせて目立たなくされているのが好印象。

フィギュアーツ ガッツ星人3
フィギュアーツ ガッツ星人4
顔周りのアップ。
実際のスーツに比べると目や嘴がやや大きめに感じますが、口は何とこのサイズで開閉するギミック付き!
このギミックを仕込むために、ややサイズアップしたのでしょうか。
グロテスクな喉元の造型もよく出来ています。

フィギュアーツ ガッツ星人5
見てお分かりだとは思いますが、ガッツ星人は頭部が大きいのでバランスを取るのがかなり難しいです。
(ハイキックポーズも、壁にもたれさせて何とか撮影しています)
なので可動範囲などは少々厳しめといった印象。

フィギュアーツ ガッツ星人6
足首や膝パーツもあまり曲がりませんが、股パーツはある程度動くのでお座りポーズはできました。
首元も前後に結構動きます。
(何だか尻もちを着いているようなポーズに・・・)

フィギュアーツ ガッツ星人7
やはりガッツ星人と言えばコレ、腕を前に突き出した元祖ガッツポーズ!
肩周りもよく動くので、デザインの割にはストレス無く可動させられます。
ちなみにエフェクト以外の交換手首は無し、まあガッツ星人は劇中でもほぼ開き手ですものね。

フィギュアーツ ガッツ星人8
付属エフェクトパーツその1、ウルトラセブン用の「ウルトラノック戦法」パーツです。
私はフィギュアーツのセブンをまだ所持していないので、こちらの使用はお預け。

フィギュアーツ ガッツ星人9
付属エフェクトパーツその2、ガッツ星人の得意技である拘束光線ことバインドビーム!
こちらは両手首を交換して、差し替えにより再現可能です。

フィギュアーツ ガッツ星人10
最後は暗闇がよく似合うキャラクターなので、それらしい画像で〆。
「我々ハ 如何ナル闘イニモ負ケタ事ノ無イ 無敵ノ ガッツ星人ダ!」
以上がガッツ星人の軽いレビューです。
敵キャラクターも段々充実してきましたし、ウルトラアーツが更に楽しくなってきました。
来月は限定品のザラブ星人が楽しみですね!



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|20:37

アルティメットルミナス グドン&ツインテール(限定品)

アルティメットルミナス グドンツインテール
プレミアムバンダイ限定の、アルティメットルミナス グドン&ツインテール(早期購入特典付き)が到着しました!
まずは両者のLEDをOFFにした状態から。
こう見ると何だか死んでいるみたいですね・・・(特にツインテールが)

アルティメットルミナス グドンツインテール0
ということで、まずは地底怪獣グドンのルミナスユニットをON!
グドンには赤いルミナスユニットが付属しており、目が赤く点灯します。

アルティメットルミナス グドンツインテール1
いやー、素晴らしい出来です。
帰ってきたウルトラマンに登場した、初代グドンのスーツを見事に再現。
過去に発売されたアルティメットモンスターズよりも、遥かに劇中スーツに近付いています。

アルティメットルミナス グドンツインテール2
横から。
頭部から尻尾にかけての「S字型体型」もイメージ通りです。
手の鞭も、有名なスチール写真を元に「うねり」が取り入れられていますね。

アルティメットルミナス グドンツインテール3
背面です。
アンバランスに配置された棘パーツもある程度鋭く造形されており、手に持つとグサグサ刺さりますw
このシャープさもグドンの魅力の一つですね。

アルティメットルミナス グドンツインテール4
アルティメットルミナス グドンツインテール5
アルティメットルミナス グドンツインテール6
アルティメットルミナス グドンツインテール7
そして見て下さい、この顔付き!
グドンのカッコよさが余すところ無く詰め込まれた、素晴らしい造形です。
更にルミナスユニットを点灯することにより、黒目が浮かび上がる仕様がカッコいいの何の。
思わず溜息が漏れてしまうほどのカッコよさ、さすがアルティメットルミナスです・・・


アルティメットルミナス グドンツインテール8
続いては古代怪獣ツインテールです。
ツインテールには白と緑のルミナスユニットが付属しており、それぞれを使用すると上下の目が白と緑に点灯します。

アルティメットルミナス グドンツインテール9
このツインテールも、サイズが近いアルティメットモンスターズより格段に良い出来となりましたね。
初代ツインテール特有のスマートな体系も再現されています。
グドンに比べるとどうしても分割線が目立ってしまいますが、そこはデザイン上仕方ないですかね。

アルティメットルミナス グドンツインテール10
横から。
顔を少し持ち上げ、体と尻尾をやや前に出している臨戦態勢を表現したポージングが素晴らしいです。
ディテールも良い感じですけど、もう少しモールドを強調させるような塗装でも良かった気がします。

アルティメットルミナス グドンツインテール11
背面です。
今回、造形面で一番苦戦したと言われている棘パーツの配置は流石の仕上がりでした。
また、微妙に土にまみれたような塗装もされているのが嬉しいです。

アルティメットルミナス グドンツインテール12
アルティメットルミナス グドンツインテール13
アルティメットルミナス グドンツインテール14
ツインテールの表情も中々いい感じです。
口内もある程度再現されていますし、下口の付け根にある空気を出すホース部分までしっかりと造型w
少し光量が強いので、劇中よりも目力が強くなっちゃっていますが。

アルティメットルミナス グドンツインテール15
更に、ツインテールの足もしっかりと造型されていました。
例の「スーツアクターの足の裏」まで・・・w
(実際のツインテールのスーツもこうなっています)

アルティメットルミナス グドンツインテール16
少し暗いところで点灯。
ゼットンやキングジョーほどの衝撃はありませんが、やはり光が灯った怪獣はカッコいいですね。
これぞアルティメットルミナスの醍醐味です。

アルティメットルミナス グドンツインテール17
帰ってきたウルトラマンこと、ウルトラマンジャックと並べて。
画像を加工しまくって夕焼けの戦い風にしてみましたが、カラータイマーが青い状態なので何か違和感が。
ジャックがブレスレットの無い初期の状態で商品化されたのは、これを見越してだったのでしょうか?


アルティメットルミナス グドンツインテール18
グドンとツインテールのルミナスユニットは取り外し可能なので、ウルトラマンギンガに使用してギンガファイヤーボール!
(目とカラータイマーまで赤くなるので怖いですけど)

アルティメットルミナス グドンツインテール19
もう一丁、ギンガコンフォート!
(こちらも目とカラータイマーが巻き添えに)

アルティメットルミナス グドンツインテール20
更に、ベリアルに支配されたり暴走状態の時に見せた、闇堕ちウルトラマンジード(赤目)も!
まさかこれまで可能とは、本当にこのセットを買って良かったです・・・

アルティメットルミナス グドンツインテール21
そして早期購入特典ということで、今後展開される予定の「アルティメットストラクチャー」のプロモーションも兼ねて、
電灯、高速道路、トラックのミニチュアが付属していました。
かなり小さいですけど、これはたくさん集めると凄いことになりそうです。

アルティメットルミナス グドンツインテール22
アルティメットルミナス グドンツインテール23
残念ながら高速道路は一つしか付属しないので、ドアップで使用してそれらしいアングルで収めてみました。
こちらは今後のアルティメットストラクチャーと連結可能らしいので、それから真価を発揮しそうです。
以上がグドンとツインテールの軽いレビューです。
新作のウルトラマンエックス&グリーザ(第二形態)も進行中らしいですし、予約開始が待ち遠しいですね~。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|21:05

恐怖の円盤生物フィギュアシリーズ! ハングラー その2(恐怖の円盤生物キーホルダー!)

では、私が所持している円盤生物のフィギュアを紹介する、不定期コーナーの第22回目となります。
第12回目に続いて、二度目の「円盤生物ハングラー」を取り上げます。


円盤生物 ハングラー 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト
こちらは「株式会社キャスト」の「恐怖の円盤生物キーホルダー!」シリーズの一つであり、
アブソーバと共に第2弾に抜擢されています。

円盤生物 ハングラー 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト0
チョウチンアンコウそのものなデザインのハングラー。
正面から見ると、ぶ厚い唇と相まって何だかオトボケキャラみたいな雰囲気ですね。
頭部にある触角は針金製で、かなり慎重に扱わないとポキッと折れてしまいそうです。

円盤生物 ハングラー 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト1
円盤生物 ハングラー 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト2
横と後ろから。
表面は二重に塗装されていて、ギラギラとした魚の「ぬめり」のような質感が出ています。
このシリーズは基本的にデフォルメ気味の造型ですけど、ハングラーは元とあまり変わらない気がしますね。

円盤生物 ハングラー 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト3
上から。
足が見えなければ、円盤形態に見えなくもない角度です。
背面のトゲは丸めに造形。

円盤生物 ハングラー 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト4
下から。
こちら側も造形&塗装ともに手抜き無し。
単純に出来が良いです、このハングラーは。

円盤生物 ハングラー 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト5
最後は袋に付いていたヘッダーで〆。
以上がハングラーの軽いレビューです。
次回は第3弾の商品をご紹介します。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|19:04

フィギュアーツのパンドン、モンスターアーツの3式機龍が予約開始!

モンスターアーツ 3式機龍予約
http://p-bandai.jp/item/item-1000123746

S.H.MonsterArts MFS-3 3式機龍 品川最終決戦Ver.
発送予定:2018年8月
税込価格:12960円
◆商品内容
・本体
・メーサーブレード
・レールガンユニット
・バックユニット
・交換用ヘッド2種
・アブソリュート・ゼロ エフェクトパーツ
・ダメージ再現パーツ2種
・エフェクト用台座



フィギュアーツ パンドン予約
http://p-bandai.jp/item/item-1000123814

S.H.Figuarts パンドン 史上最大の侵略セット
発送予定:2018年8月
税込価格:8100円
◆商品内容
・本体
・改造パンドン用 腕パーツ
・改造パンドン用 脚パーツ
・頭部世界観再現パーツ
・アイスラッガー持ち手首



昨日から、モンスターアーツとフィギュアーツの最新作がプレミアムバンダイにて予約開始となりました。
モンスターアーツは予約中の釈ゴジに合わせて、機龍が豪華仕様となって再販決定。
終盤のシーンを再現できる破損パーツや、アブソリュート・ゼロのエフェクトパーツなど盛り沢山の仕様ですね。
かねてより再販要望が高かったキャラクターだけに、今回が入手できる最後のチャンスになるかもしれません。

そしてウルトラアーツ最新作は、ウルトラセブン最終回を再現可能なパンドンセット!
まさかのパーツ差し替えで改造パンドンにもなれる上に、受け止めたアイスラッガーを手にしたり、
それを投げ返されて絶命したシーンまで再現できるパーツ付きとは・・・w
ゼットンやジャグラスジャグラーも居ますし、これでゼッパンドンに超合体している最中のシーンが遂に再現可能に!
うーん、値段が値段だけに今回はジャグラーのように2個買いするかどうか悩みますね・・・



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|21:59

明日発売の新作怪獣ソフビをフラゲ!(マガオロチ、ビオランテ)

明日発売の新作怪獣ソフビをフラゲしました。
(3式機龍改は売り切れていました・・・)
ということで、まずはウルトラ怪獣シリーズの方からご紹介します。


ウルトラ怪獣シリーズ マガオロチ
ウルトラ怪獣シリーズ 89
大魔王獣マガオロチ

ウルトラマンオーブ中盤の強敵、魔王獣の頂点に君臨するマガオロチが500サイズソフビの仲間入りを果たしました!
現在TVではオーブCHRONICLEが放送中なので、それに合わせて定番入りとなりましたね。
以前発売されたマガオロチはDXサイズなので、完全新規造型となっております。

ウルトラ怪獣シリーズ マガオロチ0
正面から。
龍のようで甲殻類のような独特のデザインが、このサイズでも再現されています。
DXソフビで塗装されていたお腹の目は、今回は省略されていますね。

ウルトラ怪獣シリーズ マガオロチ1
横から。
少々デフォルメされていますが、背面に突き出た突起パーツも健在です。
なので、このサイズでもボリュームは中々のもの。
ちなみに首、両腕、尻尾が可動します。

ウルトラ怪獣シリーズ マガオロチ2
背面です。
DXソフビでは突起の先端が塗装されていましたが、今回は省略。
手足の裏にある触手が絡みついたような部分は、メタリックパープルで塗装されていました。

ウルトラ怪獣シリーズ マガオロチ3
高さ自体はタイラントなどのように、500サイズ怪獣の中でも少し低めなのですが、
上でも触れた通り、背面から尻尾にかけてのボリュームが凄いので、値段以上の満足感がありました。
これから定番ソフビとして売られ続けるわけですし、これは人気が出そうです。

ウルトラ怪獣シリーズ マガオロチ4
最後はウルトラ怪獣DXシリーズのマガオロチと並べて。
こう見ると完全に親子サイズですね。
ディテールや再現度はDXサイズに軍配が上がりますが、顔付きは500サイズの方が似ているかも?


ムービーモンスターシリーズ ビオランテ
ムービーモンスターシリーズ
ビオランテ

映画ゴジラVSビオランテに登場した人気怪獣、ビオランテが遂にムービーモンスターシリーズの仲間入り!!
ソフビ自体はVSシリーズが盛り上がっていた頃に発売されましたけど、
バンダイのボーイズトイ事業部からはそれ以来のソフビ化となりますね~。
私も世代人の一人ですけど、やはりビオランテは特別な思い入れのある怪獣です。

ムービーモンスターシリーズ ビオランテ0
正面から。
いわゆる後半戦に登場した「植獣形態」がチョイスされています。
高さは他のムービーモンスターシリーズと比べて小さいのですが、触手などのおかげで結構なボリュームに。

ムービーモンスターシリーズ ビオランテ1
横から。
やはりビオランテは真横から見ると一番カッコいいです。
頭部から背面にかけては、明るめのグリーンで塗装されていますね。

ムービーモンスターシリーズ ビオランテ2
背面です。
こちらに生えている触手2本は、本体と一体成型という形で再現されています。
コストや売り場に陳列した時のサイズに配慮したのでしょうか。
(当時のビオランテのソフビも、箱入りでしたものね)

ムービーモンスターシリーズ ビオランテ3
顔周りのアップ。
本当に出来が良いです、顔も別パーツになっていますし。
メタリックオレンジで塗装されている内蔵も含めて、ディテールもこのサイズにしては頑張っていると思います。

ムービーモンスターシリーズ ビオランテ4
鋭い牙もソフビらしく落とし込んでおり、口内のディテールもある程度再現されていました。
ここから見ると、まるで飲み込まれそうになっているゴジラ目線。

ムービーモンスターシリーズ ビオランテ5
前に生えている2本の触手は、根元から可動します。
ビオランテのフィギュアは何かと場所を取るので、これで置き場のスペースを調整しましょう。
(幸いなことに、今回は後ろの触手があまりスペースを取らない仕様ですし)

ムービーモンスターシリーズ ビオランテ6
新旧ビオランテのソフビを並べて。
サイズは旧ソフビに軍配が上がりますが、やはり造形面では新ソフビの方が劇中似ですね。

ムービーモンスターシリーズ ビオランテ7
最後はかつて食玩のミニバトルGでソフビ化された、ビオランテ(花獣形態)と並べて〆。
こう並べてみると良いサイズ感だと思います。
以上がマガオロチとビオランテの軽いレビューです。
どちらも好きな怪獣ですし、こうやって新商品が発売されたことが嬉しい!
3式機龍改も、明日買いにいかないと!



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|20:21

少年リックより、ウルトラマングレートの新作ソフビフィギュアが予約開始!

ショウネンリック ウルトラマングレート
http://www.ric-toy.ne.jp/products/detail/120
大怪獣シリーズ
ウルトラマングレート ショウネンリック限定版

発送予定:2018年5月
税込価格:14040円




大怪獣シリーズ
ウルトラマングレート 一般流通版

発送予定:2018年5月
税込価格:10800円



エクスプラス製のソフビシリーズ、少年リックより大怪獣シリーズのウルトラマングレートが発売決定となりました!
ウルトラマンパワードに遅れること約5年、ようやく商品化となりましたね~。
ショウネンリック限定版は目とカラータイマーが発光&点滅するギミック付きであり、
その他は通常版とほぼ同じ仕様のようです。

何よりポージングと造型が素晴らしい!
独特のパールがかった色味も再現されていますし、ウルトラマングレートの決定版フィギュアでは?と思える仕上がりです。
限定版は2018年4月9日までの限定受注なので、欲しい方はお早めにどうぞ。
うーん、どちらを予約するか悩みますねぇ・・・w
この辺りは財布と相談しつつ決めたいと思います、どっちにしろ買いますよ!買わせて頂きます!!



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|20:50

恐怖の円盤生物フィギュアシリーズ! アブソーバ その2(恐怖の円盤生物キーホルダー!)

では、私が所持している円盤生物のフィギュアを紹介する、不定期コーナーの第21回目となります。
第5回目に続いて、二度目の「円盤生物アブソーバ」を取り上げます。


円盤生物 アブソーバ 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト
こちらは「株式会社キャスト」の「恐怖の円盤生物キーホルダー!」シリーズの一つであり、
アブソーバは第2弾に抜擢されています。

円盤生物 アブソーバ 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト0
クラゲのようなデザインだけに自立するのは不可能なので、ウルトラカプセルに支えてもらっています。
上部に本来存在しないはずの丸いポツポツが造形されていますけど、
恐らく爆破演出をするための火薬玉(弾着)も一緒に造形したのでしょうかね?

円盤生物 アブソーバ 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト1
円盤生物 アブソーバ 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト2
横と後ろから。
アブソーバはどの方向から見てもほとんど同じデザインですねw
赤い下部は艶有りですし、塗り分けも細かくていい感じです。

円盤生物 アブソーバ 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト3
上から。
頭頂部の赤いランプのような器官も再現。
ここにキーホルダーの軸が刺さって無くて良かったです。

円盤生物 アブソーバ 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト4
下から。
無数の触手は数本が纏めてあったり、本体と一体化させることで再現されていました。
レジンキャスト製の商品ですし、細長いパーツがあるとすぐに折れてしまいますからね~。

円盤生物 アブソーバ 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト5
最後は袋に付いていたヘッダーで〆。
以上がアブソーバの軽いレビューです。
次回は同じく第2弾の商品をご紹介します。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|18:41

恐怖の円盤生物フィギュアシリーズ! サタンモア(恐怖の円盤生物キーホルダー!)

では、私が所持している円盤生物のフィギュアを紹介する、不定期コーナーの第20回目となります。
今回も円盤生物キーホルダーの一種類をご紹介します。

円盤生物サタンモア
円盤生物 サタンモア 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト
ブラックスターから飛来した円盤生物第9号で、鳥に似た姿をしています。
鋭い嘴や体当たりで攻撃を行うほか、口から発射するミサイルや目から放つレーザーなど飛び道具も備えており、
更に腹部の穴からは自身の分身体とも言える「リトルモア」と呼ばれる小型怪鳥を放てます。
劇中では新宿に襲来し、高層ビル周辺を旋回して周囲を大混乱に陥れました。
円盤生物の中では珍しく円盤形態を持っておらず、この姿のまま地球へと飛来しています。

円盤生物 サタンモア 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト0
ブラックドームに続いて、同じくキーホルダー第1弾からサタンモアも史上初の商品化!
こちらは「株式会社キャスト」の「恐怖の円盤生物キーホルダー!」シリーズの一つであり、
ややデフォルメされた造形とリアルな塗装が特徴的です。
ブニョと並ぶ円盤生物の変わり種、そんなサタンモアも遂にフィギュアになったんだなぁ・・・と感慨深くなりました。

円盤生物 サタンモア 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト1
円盤生物 サタンモア 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト2
横と後ろから。
やはり横から見るのが一番様になるデザインですね。
(超音速旅客機のコンコルドのように見えます)
このサイズながら、瞳まで塗装されているのが細かい!

円盤生物 サタンモア 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト3
円盤生物 サタンモア 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト4
上下から。
深緑色で硬質感のある上部に対し、朱色で柔らかそうな質感の下部もよく再現されています。
下部の方がどこか生々しく、人間目線で見た時に恐怖感を煽るデザインになっているなぁと。
汚し塗装も決まっていますし、本当にクオリティが高いシリーズです。

円盤生物 サタンモア 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト5
最後は袋に付いていたヘッダーで〆。
以上がサタンモアの軽いレビューです。
あとはブラックテリナが出れば、円盤生物が一通り商品化されたことになるのですが。
次回は円盤生物キーホルダーの第2弾をご紹介します。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|20:24

ウルトラマンオーブのフュージョンカードが劇中仕様になって発売&DXダークリングが再販!

ウルトラマンオーブ ウルトラフュージョンカードコンプリートセット
http://p-bandai.jp/item/item-1000123401

ウルトラマンオーブ ウルトラフュージョンカードコンプリートセット
発送予定:2018年8月
税込価格:6696円
◆商品内容
・ウルトラフュージョンカード×43枚



いやー、ウルトラマンオーブの勢いが止まりません。
本日より、プレミアムバンダイ限定でフュージョンカードのコンプリートセットが予約開始となりました。
こちらは全カードの文字がウルトラ文字となり、裏面デザインも変更された劇中仕様のアイテムとなっております。
残念ながら劇中通りのデザインなのでバーコードは消されており、恐らくフュージョンファイト!には使用できなさそうです。
しかしNFCチップ入りなので、DXオーブリングやDXダークリングでリードできる機能はそのままとのこと。

何より、エンマーゴ、キングオブモンス、キングゲスラ、キングジョー、リトラ、シルバーブルーメ、テレスドン、アリブンタ、
ガッツ星人、ヒッポリト星人、テンペラー星人
の劇中デザインカードは今回が初の商品化!
怪獣ポーカーを再現したり、ジャグラーやムルナウの怪獣召喚のなりきり遊びが捗りそうです。
特にリトラなどと共に、ほんの一瞬だけ映ったシルバーブルーメのカードまで商品化されたのが本当に嬉しいです。
今年は円盤生物グッズに恵まれそうで嬉し涙が・・・価格もカード枚数を考えると妥当な設定になっているのが素敵。

http://p-bandai.jp/item/item-1000123415
更に、それに合わせるかのようにジャグラスジャグラーやムルナウが手にしたDXダークリングがまさかの再販決定!
こちらは再販なので以前のものと仕様変更はなく、2018年9月発送ということです。
しかしプレバン限定商品がこうして時間を空けて本格的に再販されるなんて、割と異例の出来事だと思います。
オーブクロニクル放送中とはいえ、バンダイは今年もオーブグッズにかなり力を入れていますね。
ソフビになりきりグッズにカードまで新規製作とは、もうこのノリで蛇心剣も商品化しちゃいましょうよ!



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|19:48

恐怖の円盤生物フィギュアシリーズ! ブラックドーム(恐怖の円盤生物キーホルダー!)

では、私が所持している円盤生物のフィギュアを紹介する、不定期コーナーの第19回目となります。
実はここ数ヶ月の間に、「京都みなみ会館」などで株式会社キャストが主催しているイベント、
「ウルトラ大全集」の方に何度か参加をしておりました。

特にブラック指令を演じられた大林丈史さんも登場した、円盤生物オンリーのイベントが素晴らしくて・・・w
(そちらの模様はTwitterにてアップしております、トークの詳細については持ち出し禁止のため書けません)
https://twitter.com/soundwave0628/status/957494506810572801
https://twitter.com/soundwave0628/status/957579037756436480
https://twitter.com/soundwave0628/status/972709683197657088

さて、それらのイベントでは限定商品ということで、何と「恐怖の円盤生物キーホルダー!」なるものが販売されました!
こちらはレジンキャスト製のキーホルダーフィギュアであり、各円盤生物を再現した素晴らしい逸品。
そこで、入手した円盤生物たちをこのカテゴリーで順次レビューしていきます。
まずはこちらから!


円盤生物ブラックドーム
円盤生物 ブラックドーム 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト
ブラックスターから飛来した円盤生物第2号で、蟹やカブトガニなどに似た姿をしています。
右腕にある大きなハサミを振るって攻撃をするほか、口からは溶解泡も発射することが可能です。
光に反応する習性があるので、ブラック指令は太陽光を水晶玉で屈折させて合図を送っていましたが、
その習性故に他の光に反応し、ブラック指令の命令を無視して暴れ回るなど、あまり知能は高くないようです。
小型化できるほか、手足や目を引っ込めてカブトガニのような円盤形態にも変身することが出来ます。

円盤生物 ブラックドーム 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト0
まずはこういう形では初商品化となるブラックドームから!
(実は怪獣郷のオマケで円盤形態の指人形が配布された事はあります)
まさかのキーホルダー第1弾からブラックドームをチョイスするとは、もう最高ですよ。
こちらは上記でも触れていた「株式会社キャスト」の「恐怖の円盤生物キーホルダー!」シリーズの一つですが、
破損しやすいレジンキャスト製の商品なので、キーホルダーとして使ってはいけませんw

円盤生物 ブラックドーム 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト1
円盤生物 ブラックドーム 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト2
横と後ろから。
このシリーズはややデフォルメ気味な造形と、リアルな塗装が売りのようですね。
サイズは数センチほどと小さく、かつてのキャラエッグなどあの辺りのサイズ感に近いかもしれません。
ブラックドームは小型の蟹とほぼ同じスケールなので、妙なリアル感が・・・w

円盤生物 ブラックドーム 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト3
円盤生物 ブラックドーム 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト4
上下から。
いやー、どの角度から見ても素敵です。
小さいながらも素晴らしいクオリティ、イベント限定品にするには正直勿体無いです。
(キャストの商品は全て少数精鋭による手作業での生産なので、仕方ないとは思いますけど)

円盤生物 ブラックドーム 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト5
最後は袋に付いていたヘッダーを、何気にデザインも凝っているんですよコレ。
以上がブラックドームの軽いレビューです。
ウルトラマンレオ45周年を目前に、素晴らしいフィギュアシリーズがスタートしたのは本当に嬉しいです。
是非、全円盤生物コンプリートを目指してほしい!もちろん付き合いますから!!
次回は同じく第1弾の商品である、サタンモアを取り上げる予定です。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|18:00

ウルトラマンジード超全集を購入&サントラCDが発売決定!

ウルトラマンジード超全集
ようやくウルトラマンジード超全集を購入できました。
超全集としては真っ当な内容であり、相変わらずのボリュームで今回も値段以上の満足感だな~と。
(オーブ完全超全集のような衝撃とまでは行きませんでしたが、あちらが異常すぎただけですね)
以下、軽い内容紹介を。


爆裂戦記ドンシャイン超全集
(ドンシャイン周りの詳細がバッチリ掲載されている付録、ヒロインであるレムの紹介ページは劇中の本と同じ!)

ウルトラマンジード影絵ギャラリー
(各話やDC版などに使用されていた影絵を一枚のイラストとして再構成、何気に新規のイラストも!)

ウルトラカプセル&怪獣カプセル完全カタログ
(劇中やウルトラカプセルナビで使用されたカプセルを全て掲載したコーナー)

ジードが守った地球(サイドアース)の秘密
(ウルトラゼロファイト第二部~ジードまでの間に、ベリアルが一体何を引き起こしたかを記載したコーナー)

ウルトラマンジードSTORY
(各話をスチール写真と文章で追うコーナー)

ウルトラマンジード キャラクター図鑑
(ジードに登場したウルトラマンや怪獣&登場人物などを紹介するコーナー、お馴染みの三面図もアリ)

劇場版ウルトラマンジード つなぐぜ!願い!!
(劇場版の内容や登場キャラクターを紹介するコーナー、少しネタバレ有りなので注意)

ウルトラマンジードメモリアル 濱田龍臣インタビュー
(朝倉リクを演じた濱田くんへのインタビュー記事、濱田くんのオタ話も炸裂!)

リクの爆裂戦記ドンシャインコレクション
(劇中で登場したドンシャイングッズなどを紹介するコーナー、まさかのドンシャイン全話タイトルも掲載!)

ウルトラマンジード監督インタビュー
(ジードに参加された監督たちによる裏話満載のインタビュー記事)

シリーズ構成 乙一スペシャルインタビュー
(ジードのメイン脚本家である乙一さんへのインタビュー記事、登場キャラのネーミングの元ネタ解説記事もアリ)

ジード苑
(劇中に登場した様々なキーワードを解説)

THE ART OF ウルトラマンジード
(ジードで初登場したキャラなどのデザイン画を一挙掲載、ゲーム限定キャラは現状発表されているものだけ収録)

オーブからジードへ!!ウルトライベント2017-2018
(リクたちが登場した様々なイベントの模様を掲載、ウルフェス限定キャラやウルトラマンゼロVRなどもここで紹介)

爆裂戦記ドンシャインお面 復刻版
(ドンシャイングッズがまさかの付録に!)


個人的に驚いたのは、ウルトラファイトオーブにてレイバトスがジードとベリアルの2パターンで倒されたことの真相や、
毎回リクが変身する度に映るジードオリジンとも言えるアーリースタイルそっくりなジードが掲載されている事でしょうか。
特に前者はどこかモヤモヤする所もあったので、ようやく納得のいく説明がなされてスッキリしました。
気になる方は本書を購入して下さい。
(露骨な宣伝)

そしてジードと言えば、今月の19日にサントラCDが発売されることも決定!
未配信だった楽曲も加えての文字通り「完全盤」になるようですね。
久しぶりにサントラCD化するのはワクワクしますし、やはりゼロやベリアルの新曲をようやく聞けることが嬉しいです。
こちらは「ウルトラマンジード Complete Original Sound Track」というタイトルのCD2枚組。
曲目には劇場版の楽曲も入っていますし、今から発売が楽しみですね~。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|20:46

ナムコのゲーセン限定ソフビ、ウルトラマンオーブ(オーブオリジン) ルサールカ出現ver.を入手!

本日からナムコのゲームセンター限定で、ウルトラマンの限定ソフビが景品として登場しています。
基本的にはジード、ゼロ、ベリアルの時と同様にクレーンゲームに入れられていましたね。
今回は1000円ほどで入手できたのでホッとしました。

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンオーブ(オーブオリジン) ルサールカ出現ver
ウルトラヒーローシリーズ
ウルトラマンオーブ(オーブオリジン) ルサールカ出現ver.

かつて地球に降り立ったクレナイ・ガイが、「ルサールカ」と呼ばれる土地で光ノ魔王獣マガゼットンと激突。
ルサールカに住んでいた女性「ナターシャ」の子孫であるナオミは、その時の光景を夢として何度も見ており、
マガゼットンと戦うウルトラマンオーブの姿は、夢の中では銀色に輝く光の巨人として描かれていました。

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンオーブ(オーブオリジン) ルサールカ出現ver0
現在発売中の500サイズソフビである、ウルトラマンオーブ(オーブオリジン)のリペイント商品ですね。
なので、造形などに変更はありません。
第1話の冒頭などで度々登場した、ルサールカで戦うオーブをイメージしたカラーリングになっています。
こういう劇中イメージのリペイント商品は大歓迎、これぞファンアイテム!という感じがします。
所々がシルバーで塗装されているのも効果が出ていますね。

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンオーブ(オーブオリジン) ルサールカ出現ver1
背面です。
全身はクリアホワイト成型。
背面に塗装箇所はありませんでした。

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンオーブ(オーブオリジン) ルサールカ出現ver2
付属タグです。
今回も例によってフルカラー印刷、限定品でこういう仕様は嬉しいです。
使用されている画像も変更されていますね。

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンオーブ(オーブオリジン) ルサールカ出現ver3
キャンペーン品である、500サイズソフビのマガゼットンと並べてみました。
というか今回のオーブは、これをやる為にあるようなものですねw
まさかエピソード10構想の一つ「ルサールカより愛をこめて」の戦いが、ソフビで再現できる日が来るなんて・・・

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンオーブ(オーブオリジン) ルサールカ出現ver4
どちらもクリアソフビなので、光に透かせると綺麗です。
以上がオーブ ルサールカver.の軽いレビューです。
入手方法が面倒とはいえ、素晴らしい限定アイテムがリリースされたことは本当に嬉しいです。
今月は500サイズのマガオロチ、来月にはノーバが発売されますし、オーブクロニクル万歳ですね。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|20:10

ウルトラBIGソフビの限定品が到着!(ウルトラマンジード オーシャンブルークリアver.)

ウルトラBIGソフビ ウルトラマンジード オーシャンブルークリアver
ウルトラBIGソフビ
ウルトラマンジード(プリミティブ) オーシャンブルークリアver

本日、ウルトラBIGソフビの新作が到着しました。
こちらはセブンネットにて、劇場版ウルトラマンジードの前売り券とセットで購入できた限定ソフビとなっています。


ウルトラBIGソフビ ウルトラマンジード オーシャンブルークリアver0
基本は一般販売されているジードと同じであり、カラーリングが異なるリペイント商品ですね。
成型色がクリアブルーとなり、各部の塗装がメタリックブルー系統に統一されています。

ウルトラBIGソフビ ウルトラマンジード オーシャンブルークリアver1
横から。
限定指人形もそうでしたが、どちらも映画の舞台となる沖縄の海をイメージしたカラーリングのようですね。

ウルトラBIGソフビ ウルトラマンジード オーシャンブルークリアver2
背面です。
そろそろ、こういう涼しげなカラーリングが嬉しくなる季節になってきました。

ウルトラBIGソフビ ウルトラマンジード オーシャンブルークリアver3
顔周りのアップ。
目やカラータイマーもそのままブルーなので、統一感のあるクールなイメージに。

ウルトラBIGソフビ ウルトラマンジード オーシャンブルークリアver4
これにて、BIGソフビのジードはバリエーションが3種類になりました。
以上が限定BIGソフビの軽いレビューです。
さあ、明日からはナムコのゲーセンでオーブの限定ソフビが登場です。
果たして初日に入手できるかどうか。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|18:16
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ