FC2ブログ

大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

ウルトラマンUSAが遂にBlu-ray化へ!



ウルトラマンUSA Blu-ray
発売予定:2018年9月26日
税込価格:8424円

◆商品内容
【本編】
・日本語吹替版(75分):4:3<1080p High Definition>/リニアPCM(ステレオ)
・英語版(78分、字幕ON・OFF可能):4:3<1080p High Definition>/リニアPCM(モノラル)

【映像特典】
・企画書デジタルギャラリー
・ウルトラマン大会『ウルトラマンキッズ』幕間映像

【特典】
・作品解説書(4C/8P)
・2L判ビジュアルシート(Amazon.co.jp限定版のみ)



遂に、遂にウルトラマンUSAがブルーレイ化!
これにてグレートやパワードを始めとした海外ウルトラマン3作品が、BDで揃うことになりましたね。
どれもDVDが発売されなかった中での発表でしたが、あの辺りに子供時代を過ごした身としては本当に嬉しいです。
今回も通常版Amazon限定版の2種類が発売されるほか、
HMV・Loppi限定ウルトラマンUSA [Tシャツ付き]というバージョンもリリースされるそうです。

ウルトラマンUSAはアメリカ大陸を舞台に、3人の人間とウルトラヒーローの活躍を描いた物語。
ザ☆ウルトラマンと同様にアニメーション作品でもあるので、
当時の実写作品では表現し辛い描写も多く盛り込まれているほか、3人全員が主役というチーム表現など、
見所満載の内容になっているので、久しぶりにじっくりと見返せるのが楽しみですね。
特典映像では幕間に流されたウルトラマンキッズも見られるそうですし、今から秋の発売日が待ち遠しいです!



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|18:01

大怪獣シリーズ ウルトラマングレート

祖父の葬儀などでバタついていましたが、ようやく一息つけたのでブログ記事を更新したいと思います。
今回は以前から予約注文していた、ウルトラマングレートの新商品です!

大怪獣シリーズ ウルトラマングレート
大怪獣シリーズ ウルトラマングレート
エクスプラスより発売されているリアルソフビシリーズ、大怪獣シリーズにウルトラマングレートが仲間入りを果たしました。
LEDの発光ギミックが搭載されているショウネンリック限定版と、一般流通の通常版の2種類が存在しますが、
私は予算の都合上、通常版の方を購入しております。

大怪獣シリーズ ウルトラマングレート0
印象的なスチール写真を元に、オーストラリアで活躍した雄姿が見事に立体化されています。
そのスタイルの良さ、スーツの質感、ポージングに塗装まで、あらゆる点で自分の中の「理想のグレート像」そのもの。
いやー、本当にカッコいいですよグレート・・・

大怪獣シリーズ ウルトラマングレート1
大怪獣シリーズ ウルトラマングレート2
大怪獣シリーズ ウルトラマングレート3
グルリと一周。
パーツ分割も模様やシワの部分でされており、ほとんど目立ちません。
故に、本当にソフビ人形かと疑うほどの高い完成度を保っています。

大怪獣シリーズ ウルトラマングレート4
大怪獣シリーズ ウルトラマングレート5
大怪獣シリーズ ウルトラマングレート6
顔周りのアップ。
目とカラータイマーはクリアパーツ仕様となっています。
LED搭載版だと、ここが光るわけですね。
しかし初代ウルトラマンに似つつも、微妙にバランスの異なるマスクも見事に再現されていますね。
耳の形や口元まで、素晴らしい出来ではないかと。

大怪獣シリーズ ウルトラマングレート7
大怪獣シリーズ ウルトラマングレート8
大怪獣シリーズ ウルトラマングレート9
従来のウルトラマンのスーツとは異なる、タイツ製の生地の質感もここまで再現するとは。
塗装も微妙にラメが入っており、パールっぽい輝きを放っているのがお見事。
シワの表現までとことん追求されており、世代人にとっては涙が出るほど拘りを感じます・・・
そのシンプルさ故に、造形の方もかなり苦労されたのではないかと。

大怪獣シリーズ ウルトラマングレート10
以上が大怪獣シリーズ ウルトラマングレートの軽いレビューです。
買って良かった、大好きなキャラクターだけに尚更そう思える商品でした。
この調子で、大怪獣シリーズでも何らかのグレート怪獣が出てくれれば・・・!
(値段とサイズが凄い事になりそうですが)



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|18:03

SHODOウルトラマンVSで遊ぶ

多忙と祖父の体調不良などが重なり、家にいる時間が全然無くてブログが更新できませんでした。
昨日のアメトーーク!にて行われたウルトラマン芸人、面白かったですね!
個人的に驚いたのが、ウルトラマンXの「XIO密着24時」が大々的に取り上げられたことでしょうか。
近年の作品が大きく取り上げられるのもビックリでしたし、何より話題に事欠かないお話なので嬉しかったですね~。
宮迫さんが居るということでベリアルやジードについても触れられましたし、第2回がありそうなのでそちらも楽しみです。

さて、SHODOウルトラマンVSの第6弾をフラゲしたのですが、
レビューしている時間が無いので、ジオラマ遊びをした写真なんかを数点ご紹介します。
材料はアルティメットストラクチャー、SHODOウルトラマンVS、500サイズのウルトラ怪獣シリーズ、
そして昔のソフビセットに付いていた段ボール製の背景w

SHODOウルトラマンVS
ウルトラマン80VSサラマンドラ。
適当に並べるだけでもそれらしくなるので、アルティメットストラクチャーやSHODOの拡張セットは偉大だな~と。
しかしSHODOも80まで来ましたか・・・何だか感慨深いですね。

SHODOウルトラマンVS0
ダークロプスゼロ&メカゴモラ。
劇中では岩場でしたが、街中に現れたようなシチュエーションでも遊べます。
SHODOの拡張セットはスタンドも付いているので、腕組みをしながら飛んでいるダークロプスゼロも再現可能です。

SHODOウルトラマンVS1
ウルトラマンジード&ウルトラマンゼロVSウルトラマンベリアル。
曇り空の方がそれらしくなりますが、生憎背景は一種類のみなので青空の下での戦いに。
今回のゼロはウルティメイトブレスレットが無いバージョンですが、その内何かのオマケでそちらも商品化されるのかな?

SHODOウルトラマンVS2
最後はウルトラマンベリアル率いるSHODO怪獣軍団の図(こちらはジオラマ内に収まりませんでした)。
バルタン星人、レッドキング、ゼットン、キングジョー、ベムスター、エースキラー、テンペラー星人、
マグマ星人、ダークロプスゼロ、ダークロプス・・・
この他にもアストラにウルトラキーを持たせればニセアストラにもなりますし、SHODOでもたくさんの敵が出て嬉しい限り。
今後はウルトラマンエックスも商品化されるそうですし、手のひらサイズアクションフィギュアの充実に期待ですね。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|18:22

5月20日にアメトーーク!にて「ウルトラマン芸人」を放送!

http://www.tv-asahi.co.jp/ametalk/lineup/

2018年5月20日(日曜日) 午後6時57分より放送
◆出演者
宮迫博之(雨上がり決死隊)
蛍原徹(雨上がり決死隊)
榮倉奈々
川島明(麒麟)
つるの剛士
博多大吉(博多華丸・大吉)
田村亮(ロンドンブーツ1号2号)
古坂大魔王
出口博之
土屋伸之(ナイツ)
荒井義久



仮面ライダーやスーパー戦隊に続き、アメトーーク!内にてウルトラマンも取り上げられることが決定しました!
20日放送ということなので、まさかの放送まであと9日・・・急な発表に驚かされました。
しかもこの面々、普段からウルトラマンが好きだと公言している芸人の方々が中心となっています。
(蛍原さん、榮倉さん、川島さんがウルトラマン初心者として聞き手に回りそうですね)

何よりウルトラシリーズ出演者も参加されているのが嬉しい!
つるのさんは言わずと知れたウルトラマンダイナですし、ウルトラマンザ・プライムの司会である大吉さんと出口さん、
ウルトラ検定1級の持ち主である荒井さんもオーブの1話でトラック運転手を演じられていましたよね。
そしてアメトーーク!の司会者である宮迫さんは、ウルトラマンベリアルの初代声優。
その縁もあってか、公式HPの画像ではベリアルの人形が宮迫さんの周りに配置されている細かさw

宮迫さんと言えばウルトラマン最終回のモノマネ(ゾフィゾフィゾフィ・・・のくだり)もTVで何度か披露されていましたし、
ベリアル抜きでもウルトラシリーズの知識はそこそこ持ち合わせていそうなので、正に司会者として適任でしょう。
よくバラエティ番組で取り上げられるようなシリーズの迷シーン集なんかも飛び出しそうですが、
一体どんな内容に仕上がるのか、今から期待したいですね~。
(もちろん録画保存は決定です)



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|19:26

ムービーモンスターシリーズ メカキングギドラ、モスラ幼虫&成虫、ゴジラ・アース

では、4月下旬に発売されたゴジラの新作ソフビを一気にご紹介します。
今回は4体が同時発売となりました。

ムービーモンスターシリーズ メカキングギドラ
ムービーモンスターシリーズ
メカキングギドラ

映画「ゴジラVSキングギドラ」に登場した、未来人の手によって改造されたサイボーグ怪獣です。
過去のムービーモンスターシリーズのリペイント商品ですが、元の造型が大変よく出来ているので待望の再販となりました。

ムービーモンスターシリーズ メカキングギドラ0
ムービーモンスターシリーズ メカキングギドラ1
ムービーモンスターシリーズ メカキングギドラ2
以前のソフビに比べるとアーマ部分のシャドウ塗装だったり、他にも口内の塗装が省略されていますが、
全体的に鮮やかな色味になっているのでとても綺麗な印象を受けます。
可動箇所も、変わらず両翼と両足のみ。

ムービーモンスターシリーズ メカキングギドラ3
ムービーモンスターシリーズ メカキングギドラ4
顔周りのアップ。
サイズの影響で角がやや丸みを帯びていますが、体表のディテールなどは今見てもよく出来ていると思います。
中央のメカニカルな首も、目のメタリックグリーンが良い感じ。


ムービーモンスターシリーズ モスラ(幼虫)
ムービーモンスターシリーズ
モスラ(幼虫)

映画「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」に登場した、モスラの幼虫です。
こちらは新規造型のソフビとなっており、過去に発売されたムビモンよりも小さくなっています。

ムービーモンスターシリーズ モスラ(幼虫)0
ムービーモンスターシリーズ モスラ(幼虫)1
ムービーモンスターシリーズ モスラ(幼虫)2
シリーズで最も生物感のある幼虫でしたが、造形&塗装ともに出来は良いと思います。
(流石に当時品に比べるとディテールが劣りますが)
以前のムビモンでは「口が開いた幼虫(顔にそばかすがある雄)」と、
「口が閉じた幼虫(雌)」の二種類が発売されていましたが、今回は口が閉じた雌の方だけとなっていますね。

ムービーモンスターシリーズ モスラ(幼虫)3
ちなみに、底面もしっかり造形されています。
タグは何故か「ゴジラVSモスラ」版の写真が使われていました。
可動箇所は首のみです。


ムービーモンスターシリーズ モスラ(成虫)
ムービーモンスターシリーズ
モスラ(成虫)

映画「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」に登場した、モスラの幼虫です。
(デザイン的にほとんど変わらないので、ファイナルウォーズ版と言っても良いかもしれません)
こちらも過去のムビモン(小サイズの方)のリペイント商品となっています。

ムービーモンスターシリーズ モスラ(成虫)0
ムービーモンスターシリーズ モスラ(成虫)1
ムービーモンスターシリーズ モスラ(成虫)2
こちらは全体的に塗装が頑張っているのではないかと。
背中からお尻にかけての茶色い色味などが、より実物に近いイメージで塗装されています。
可動箇所は首のみ。
こちらのタグも、何故か写真だけ「ゴジラVSモスラ」版に・・・

ムービーモンスターシリーズ モスラ(成虫)3
ムービーモンスターシリーズ モスラ(成虫)4
ムービーモンスターシリーズ モスラ(成虫)5
ムービーモンスターシリーズ モスラ(成虫)6
翼の裏面ですが、以前に比べると微妙に塗装箇所が減っています。
しかしお腹の塗装が艶消しになるなど、質感の方はややグレードアップ。
翼の表面の方も、やや赤みが抑えられていますね。


ムービーモンスターシリーズ ゴジラ・アース(熱線放射ver)
ムービーモンスターシリーズ
ゴジラ・アース(放射熱線ver.)

映画「GODZILLA 怪獣惑星」及び「GODZILLA 決戦機動増殖都市」、そして第三章にも登場が決定している、
史上最大にして最凶のゴジラです。
去年はゴジラ2017名義で発売されましたが、あちらは子供の「ゴジラ・フィリウス」だったので、
今回がムビモンでは初の「ゴジラ・アース」商品化となりました。

ムービーモンスターシリーズ ゴジラ・アース(熱線放射ver)0
以前に発売されたものと似ていますが、今回はほとんど新規造型となっています。
熱線放射バージョンということで口が開き、手足も少しポーズが付けられたものに変更。
胴体も熱線が反射しているかのように、淡いメタリックブルーで塗装されていました。

ムービーモンスターシリーズ ゴジラ・アース(熱線放射ver)1
横から。
背鰭や尻尾も、熱線をイメージしたメタリックブルー塗装になっていました。

ムービーモンスターシリーズ ゴジラ・アース(熱線放射ver)2
背面です。
尻尾のみ以前の流用に見えますが、実際の所はどうなのか不明です。

ムービーモンスターシリーズ ゴジラ・アース(熱線放射ver)3
ムービーモンスターシリーズ ゴジラ・アース(熱線放射ver)4
顔周りのアップ。
ゴジラ・アースなので、顎の形状もヒゲが生えているかのようにギザギザに。
残念ながら、その圧倒的なサイズ差までは再現されませんでした(当たり前ですが)。

ムービーモンスターシリーズ ゴジラ・アース(熱線放射ver)5
背鰭はクリアパーツ仕様なので、光が透けて綺麗です。
以上が4体の軽いレビューです。
アニゴジ第二弾のメイン怪獣となるはずの「メカゴジラ」の発売が決まっていませんが、
小説の「プロジェクト・メカゴジラ」の描写を見る限りでは、今のメカゴジラがどのような形状になっているのか不明なので、
もしかすると商品化予定が無いのかもしれませんね。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|09:31

S.H.Figuarts ザラブ星人(限定品)

S.H.Figuarts(エス、エイチ、フィギュアーツ)の最新作が、プレミアムバンダイから発送されました。
今回、魂ウェブ商店限定で商品化されたのは、こちらのキャラクターです。

フィギュアーツ ザラブ星人
凶悪宇宙人 ザラブ星人
ウルトラマン第18話「遊星から来た兄弟」に登場した侵略者です。
当初は人類の味方として地球人を「兄弟」と呼び、友好的な素振りを見せて接触してきましたが、
本性は他人を騙して信頼感に付け込み、その間に文明を滅ぼすために暗躍を続けていた工作員でした。
ハヤタ隊員を拉致して彼が不在の間に「にせウルトラマン」へと変身し、街で大暴れをしましたが、
本物のウルトラマンが現れてからは形勢逆転、空中戦の末に倒されています。

フィギュアーツ ザラブ星人0
魂ウェブ商店限定商品として、ザラブ星人もウルトラアーツの仲間入りです。
まさかにせウルトラマンに先駆けてザラブ星人のアクションフィギュア化とは!
ウルトラアクトと見事に差別化をしてきているので嬉しいですね~。
造形も初代ザラブ星人が元になっており、少々スマートですがよく出来ています。

フィギュアーツ ザラブ星人1
横から。
ザラブ星人は真横から見ると本当に「薄い」ですね。
肩が存在しない奇怪なフォルムといい、見事なデザインだと思います。

フィギュアーツ ザラブ星人2
背面です。
チャック跡の造形はもちろんのこと、頭と胴体を結ぶベルト部分まで再現w
ザラブ星人のスーツはラゴンのものを改造したので、その名残も各所に見られますね。

フィギュアーツ ザラブ星人3
フィギュアーツ ザラブ星人4
フィギュアーツ ザラブ星人5
顔周りのアップ。
左右で少し形状が異なる目も再現されていますし、青い発光部分も綺麗ですね。
(さすがに口は可動しませんが)

フィギュアーツ ザラブ星人6
人型のキャラクターなので、各部がある程度可動します。
流石にウルトラヒーローほどではありませんが、それなりに動きますね。
(何だかめっちゃ楽しそうなポーズになってしまいましたが)

フィギュアーツ ザラブ星人7
胡坐もかけます。
メトロン星人の相手役にピッタリですね。

フィギュアーツ ザラブ星人8
フィギュアーツ ザラブ星人9
こちらはオマケパーツ一覧。
ザラブ星人お馴染みの電子頭脳入り翻訳機と、予備用のアンテナパーツです。
右端の茶色い謎のパーツですが、こちらは耳パーツ取り換え時に使用するものでした。

フィギュアーツ ザラブ星人10
手首を差し換えて専用の持ち手首を利用すれば、等身大の怪しげなザラブ星人の完成です。
「やぁ、諸君。我々の兄弟!」

フィギュアーツ ザラブ星人11
更に耳パーツを差し換えて、巨大化時の引っ込んだ状態も再現!
まさかこれまで再現できるとは、流石フィギュアーツです・・・
ザラブ星人2代目もコレですよね。

フィギュアーツ ザラブ星人12
最後は必殺技のザラブバルカンっぽいポーズで〆。
以上がザラブ星人の軽いレビューです。
どんどん充実してきたウルトラアーツの怪獣枠、これからも続々とリリースが決定しているので本当に嬉しいです。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|20:16
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ