FC2ブログ

大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

ウルトラマンルーブ 第3話&第4話感想


ウルトラマンR/B(ウルトラマンルーブ)、先週の土曜日と昨日に、
第3話「アイゼンテックへようこそ」、第4話「光のウイニングボール」がそれぞれ放送されました!
ルーブのキーマンであろう、アイゼンテック社の社長である愛染マコトが湊兄弟と遂に対面しましたね。

愛染マコト、その独特の世界観を持つ強烈なキャラクターが売りのようですけど、
父が経営していた「愛染鉄工」と呼ばれる町工場から、今の大企業にまで伸し上げた手腕は只者じゃありませんね。
社員の事を隅々まで把握している記憶力の良さもそうですけど、少しぶっ飛んだ行動力、カリスマ性、
更に人当たりも良いですし、綾香市の救世主として市民から人気なのも頷ける人物です。

ただ、視聴者目線から見ると一番怪しい存在でもあったのは事実。
どうやら湊兄弟の母親であるミオと妖奇星などの研究を行っていたようですし、
妖奇星の正体が2人の巨人(ロッソ&ブル)と怪獣(グルジオボーン)であったこと、
更に巨人の肉体が散り散りとなりルーブクリスタルとなったことまで把握していたとは。

愛染マコト、3話では怪獣クリスタルを手にしてコレクションしているシーンが放送され話題になりましたけど、
4話では遂にルーブジャイロからレッドキングを召喚するシーンまで披露。
これはグルジオボーンやブラックキングも、彼が召喚した可能性が非常に高くなりましたね。
ガーゴルゴンも、マコトが冒頭の飛行中に予め召喚していた存在だと考えれば辻褄が合いますし。
そんな事をして一体何を狙っているのか、彼の真意は近い内に判明するかもしれませんね。

そして個人的にもう一人気になる存在であるのが、湊兄弟の妹であるアサヒ。
第1話は唐突に登場し、第2話は母親から伝えられた言葉を使ってイサミを諭し、
第3話は偶然なのか狙っているのかマコトの話をはぐらかし、第4話はカツミの野球に対する熱意をあまり知らなかった様子。
歳が少し離れているという事情があるにせよ、見れば見るほど引っ掛かるシーンが出てくるんですよね。
まだ彼女が幼い時のエピソードも皆無ですし、ミスリードなのか本当に何かあるのか気になる所ですが。

4話ではカツミの長男故の責任感の強さが描かれていましたが、大好きな野球の前ではその熱意も空回りするばかり。
監督の熊城も平泉さんの味のある演技で流石の存在感でしたけど、まさか早くも正体バレするとは思いもしませんでしたw
試合には負けても勝負には勝った、その言葉通りのビターエンドな結末を迎えましたけど、
今回はカツミを使って、ヒーローの孤独や責任の重さを描いていたのでしょうね。
カツミ、監督は快く迎え入れてくれましたけど他の選手からは一体どんな反応をされたのでしょうかね・・・

ロッソとブルもそれぞれ新武器「ルーブスラッガー」を装備しましたが、
気付かなかっただけで最初から備え付けられていたのにはビックリ、この辺りも素人ウルトラマンらしさがあります。
監督からは家宝であるルーブクリスタルを3つ授けられましたけど、そのメンバーがセブン、ゼロ、エックスと、
全て「スラッガー使い」なのが面白いですよね(ルーブスラッガーと野球のスラッガーがかかっているという)。
今後もこうして、かつてクリスタルが撒かれた綾香市の住民から新クリスタルを入手していくことになるのでしょうかね~。

敵怪獣も強力な面々が続いており、ガーゴルゴンはブルをすぐに石化してしまうなど相変わらずの強豪ぶり。
最初は近付くことすら敵いませんでしたし、倒され方も含めて「ガーゴルゴンらしい」要素がたっぷりで良かったです。
4話のレッドキングも凶暴性が増しており、往年の悪役プロレスラーを彷彿とさせるダーティーファイトぶり。
力任せだけではなく、ロッソの怪我を見抜いて弱点を集中的に攻めるズル賢さを見せたのは面白かった!
EX化無しであそこまで強いレッドキングも久しぶりな気がします。

こうして徐々にウルトラヒーローとして成長を見せ始めたロッソとブルですが、
次回も新ルーブクリスタルが登場するなど、精神面でも戦闘面でも更に進化を見せそうです。
とことん一般人目線で物語が進んでいくウルトラマンルーブ。
今回のようなゲストキャラクターとの絡みも多そうですし、散りばめられた謎の回収も含めて、
今後の展開も素直に楽しみですね。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|17:12

ソフビ魂 ウルトラマンギンガ&ウルトラマンビクトリーを購入!

かつてバンダイのコレクターズ事業部から発売されていたブランド、「ソフビ魂」。
それが2018年にまさかの復活を遂げ、KAIJUやウルトラマンにスポットを当てる新企画として再始動しています。
今回はそんなソフビ魂の最新作2種類をご紹介します。

ソフビ魂 ウルトラマンギンガ
ソフビ魂 ウルトラマンギンガ
新生ソフビ魂のウルトラマン第一号は、ニュージェネレーションシリーズの初陣を飾ったウルトラマンギンガ!
そういう意味でも納得のチョイスですね。

ソフビ魂 ウルトラマンギンガ0
ソフビ魂 ウルトラマンギンガ1
ソフビ魂 ウルトラマンギンガ2
ソフビ魂の特徴として、実際のスーツを3Dスキャンし、それを元に修正を重ねて原型製作が行われているのですが、
プロポーションなどを見る限り、確かに手間がかかっているだけあってイメージ通りのシルエットに仕上がっています。
ボーイズトイ事業部のソフビより割高なだけあって、スーツのラインや構造を活かしてパーツ分割が行われているほか、
複雑な模様などもフル塗装で再現されていました。
正に「大人向けのソフビ」といった仕様ですね。

ソフビ魂 ウルトラマンギンガ3
ソフビ魂 ウルトラマンギンガ4
ソフビ魂 ウルトラマンギンガ5
バストアップ。
目は塗装ですが、頭部や胸の発光体、それにカラータイマーはクリアパーツで再現されています。
造形も実物をスキャンしただけあって、かなり元のスーツに忠実ですね。
これは光ればもっとイメージに近付くんだろうなぁ・・・

ソフビ魂 ウルトラマンギンガ6
ソフビ魂 ウルトラマンギンガ7
肩、腕、足のクリスタルも全てクリアパーツ仕様。
これだけでもかなり雰囲気が出ていると思います。
ちなみに可動箇所はありませんでした。


ソフビ魂 ウルトラマンビクトリー
ソフビ魂 ウルトラマンビクトリー
続いてはウルトラマンギンガの相棒とも言える存在、ウルトラマンビクトリーです。
ニュージェネレーションウルトラマンの第2号、ギンガと並べるにはピッタリの人選ですね。

ソフビ魂 ウルトラマンビクトリー0
ソフビ魂 ウルトラマンビクトリー1
ソフビ魂 ウルトラマンビクトリー2
こちらの仕様もウルトラマンギンガとほぼ同じ。
BIGソフビもありませんし、ここまで完璧に再現されたビクトリーのフィギュアは、これが初めてではないでしょうか?
(写真では分かり辛いですが、背中のチャックのラインもしっかり造形されています)
これはリペイントでいいので、ビクトリーナイトも商品化してほしいですね~。

ソフビ魂 ウルトラマンビクトリー3
ソフビ魂 ウルトラマンビクトリー4
ソフビ魂 ウルトラマンビクトリー5
顔周りのアップ。
こちらも頭部のクリスタルやカラータイマーはクリアパーツ仕様。
ギンガに負けず劣らずの出来栄えです。
しかし角度によって全然違う表情に見えるウルトラマンの代表格ですね、ビクトリーは。

ソフビ魂 ウルトラマンビクトリー6
ソフビ魂 ウルトラマンビクトリー7
こちらも腕や脚のクリスタルがクリアパーツ仕様になっています。
うーん、どうにかして光らせてみたいのですが大改造しないと無理そうですね・・・
こちらも可動箇所はありません。


ソフビ魂 ウルトラマンビクトリー8
そしてこのソフビ魂の最大の売りは、かつて発売されていた800ソフビのウルトラヒーローシリーズと同サイズなんです!
というわけで、ウルトラ銀河伝説上映時に発売されたウルトラマンゼロのソフビと比較。
ギンガからのウルトラヒーローはこのサイズのソフビがありませんし、よくぞスポットを当ててくれた!と感動しました。
以上がソフビ魂の軽いレビューです。
イベントで試作品が展示されていた、ファイブキングやウルトラマンエックスも是非とも商品化してほしいですね~。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|18:12

ゲームセンター限定のソフビ人形を入手!(ウルトラマンロッソ、ブル、バルタン星人)

ゲームセンター限定のソフビ人形が出回り始めたので、今回も挑戦してきました。
前回や前々回とは打って変わり、今回は全3種類を1000円でコンプリート!
ですが、お店の判断からか最初からタグが切り離されていたので、今回はタグ無しでのご紹介になります。
(そのおかげで取りやすかったので、個人的には良かったんですけどね)


ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンロッソ アクア アクアカラーver
ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンロッソ アクア アクアカラーver0
ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンロッソ アクア アクアカラーver1
ウルトラヒーローシリーズ
ウルトラマンロッソ アクア アクアカラーver.

ウルフェス限定ソフビに続いて、ロッソのアクアも限定カラーで登場です。
基本は通常版ロッソ アクアのリペイント商品であり、全身がクリアブルーの銀ラメ成型になっているほか、
各部がメタリック塗装仕様になっています。
やはりこの季節にはブルー、涼しげなカラーリングの方が嬉しいですね。
メタリックブルーの塗装も良い感じ。


ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンブル フテイム フレイムカラーver
ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンブル フテイム フレイムカラーver0
ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンブル フテイム フレイムカラーver1
ウルトラヒーローシリーズ
ウルトラマンブル フレイム フレイムカラーver.

ブルの基本形態であるアクアに先駆けて、フレイムの方が限定カラーとなって登場です。
基本は通常版ブル フレイムのリペイント商品であり、全身がクリアレッドの金ラメ成型になっているほか、
各部がメタリック塗装仕様になっています。
ウルフェス限定のロッソ フレイムとほぼ同じ仕様になっていますね。
しかしブル アクアより先行して、ブル フレイムの方が限定ソフビになるとはw


ウルトラ怪獣シリーズ バルタン星人 分身カラーver
ウルトラ怪獣シリーズ バルタン星人 分身カラーver0
ウルトラ怪獣シリーズ バルタン星人 分身カラーver1
ウルトラ怪獣シリーズ
宇宙忍者 バルタン星人 分身カラーver.

ウルトラ怪獣の顔とも言えるバルタン星人も、遂に限定ソフビが登場となりました。
バルタン星人のリペイント商品では定番である、分身体をイメージした仕様になっていますね。
全身がクリアブルー成型になっているほか、目も白い塗装になっています。
普通、バンダイの分身バルタンは目が黄色か塗られていないパターンが多い中、
劇中イメージを優先して目が白く塗装されているのは嬉しいですね~。

ウルトラ怪獣シリーズ バルタン星人 分身カラーver2
通常のバルタン星人と比較。
こうなると、もう2~3体ほど分身カラーが欲しくなってしまいます。
以上がゲーセン限定ソフビの軽いレビューです。
ジードから始まったこのシリーズも、今後どんどん数を増していきそうですね~。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|18:14

ウルトラマンフェスティバル限定商品を購入!(ロッソやタロウなど)

昨日から、池袋サンシャインシティにて「ウルトラマンフェスティバル2018」が開催されていますね。
各地のオフィシャルショップでもウルフェス開催を記念して、様々な限定品が一斉に発売されています。
私は最寄りの大阪店に立ち寄り、限定ソフビを優先的に購入したので、今回はそちらをご紹介します。

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンロッソ フレイム フレイムカラーver
ウルトラヒーローシリーズ
ウルトラマンロッソ フレイム フレイムカラーver.

まずはウルフェス限定ソフビ第1弾、ウルトラマンロッソのフレイムカラーバージョンからです。
こちらは一般販売されているロッソ フレイムのリペイント商品であり、
全身の成型色がクリアレッド金ラメ仕様になっているほか、各部の塗装もメタリックカラーになっています。

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンロッソ フレイム フレイムカラーver0
ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンロッソ フレイム フレイムカラーver1
全身赤一色のロッソ、これはこれでカッコいいですね。
頭部のファイヤーパターンもメタリック塗装になったので、より一層映えている気がします。
ウルフェス後半からは、青いウルトラマンブルの限定ソフビも発売予定。


ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンタロウ スペシャルカラーver
ウルトラヒーローシリーズ
ウルトラマンタロウ スペシャルカラーver.

同じくウルフェス限定ソフビとして、ウルトラマンタロウのスペシャルカラーバージョンが登場です。
こちらも一般販売されているウルトラマンタロウのリペイント商品であり、
全身が金ラメ入りのクリアオレンジ成型になっているほか、各部がメタリック塗装仕様に。

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンタロウ スペシャルカラーver0
ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンタロウ スペシャルカラーver1
タロウの限定ソフビがまた一つ増えましたが、今回はゴールドに見立てたオレンジカラーというのが面白いです。
カラータイマーなども金色ですし、スペシャルカラーの名に恥じない仕上がりに。
そしてこのソフビ人形にはオマケが付属しており・・・

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンタロウ スペシャルカラーver2
それがこの、「スペシャル限定ルーブクリスタル」です。
仕様はDX版と同じであり、DXルーブジャイロに使用すると、「ウルトラマンフェスティバル!」という音声が流れます。
クリスタルに表示されている漢字は「祭」、うーん直球・・・w


指人形 ウルトラマンオーブダーク
指人形 ウルトラマンオーブダーク0
更に、指人形シリーズの最新作としてウルトラマンオーブダークも発売されていました!
まだまだ謎多きキャラクターが、ロッソやブルの通常版に先駆けてまさかの先行販売。
やはりオーブオリジンのリペイントで済むので、出しやすかったからなのでしょうか?
これらは全てウルフェス会場のほか、全国のウルトラマンオフィシャルショップでも購入する事が可能です。
さて、ゲーセン限定ソフビの方も取りに行かないと・・・



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|17:58

ウルトラ怪獣シリーズの新作ソフビをフラゲ!(ガーゴルゴン)

明日から発売される、ウルトラマンの新作ソフビをフラゲしました。
今回商品化されるのは、こちらのキャラクターです。

ウルトラ怪獣シリーズ ガーゴルゴン
ウルトラ怪獣シリーズ 92
石化魔獣 ガーゴルゴン

ウルトラマンXの第6話「星の記憶を持つ男」、第7話「星を超えた誓い」にて初登場した宇宙怪獣です。
かつてゴールド星を襲撃し、ゴールド星人たちを次々と石に変えてしまったほか、
太古の地球にも襲来し、ゴルゴン伝説の元になったともされている凶悪かつ知能の高い怪獣でもあります。
両肩から生えた蛇の首のような器官から雷撃を放つほか、顔にある大きな口の中のには目玉が存在し、
そこから全てを石に変えてしまう石化光線も発射可能です。

ウルトラ怪獣シリーズ ガーゴルゴン0
ウルトラマンルーブへの登場に合わせて、エックスや先代の戦神を苦しめた魔獣が500サイズ化&定番ソフビ入り!
タイラントやマガオロチもそうですが、DXサイズで発売された怪獣が新規造型で定番入りするのは大歓迎です。
造形もDXソフビに比べるとディテールがやや甘めになりながらも、より劇中スーツに近いバランスになっています。
特に両肩から生えている蛇の首が、やや前に向いているのが嬉しいですね。

ウルトラ怪獣シリーズ ガーゴルゴン1
横から。
足元などの塗装は省略されています。
尻尾もサイズ的な問題からか、少し短めになっていますね。
ですが両肩の首や二本の尻尾など、各部がボリュームのあるデザインなので、
500怪獣の中では結構大きく見えます。

ウルトラ怪獣シリーズ ガーゴルゴン2
背面です。
尻尾は無塗装ですが、背中の赤い模様は塗装されていたので一安心。
これがあると、より「蛇の怪獣」らしさが強調されると思うので。

ウルトラ怪獣シリーズ ガーゴルゴン3
可動箇所は両腕と腰です。
両腕は素材的にも柔らかめなので、後ろから指で押してやれば両腕を前に向けることも可能でした。

ウルトラ怪獣シリーズ ガーゴルゴン4
500サイズ化したので、宿敵であるルディアンともようやく同じサイズで並べられるように。
DXサイズのガーゴルゴンと並べるのは流石に厳しかったので、念願が叶って嬉しいです。

ウルトラ怪獣シリーズ ガーゴルゴン5
最後はDXと500のガーゴルゴンを並べて〆。
以上がガーゴルゴンの軽いレビューです。
サイズも値段も廉価版という印象を受けがちですけど、マガオロチと同様に、
後発商品だけに劇中スーツにある程度近付いたのは嬉しかったですね。
明日は限定品などをご紹介する予定です~。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|21:12

プレミアムバンダイにて、ウルトラマンルーブ関連商品が予約受付中!

アルティメットルミナス ウルトラマンルーブ
http://p-bandai.jp/item/item-1000127095/

アルティメットルミナスプレミアム ウルトラマンR/B
発送予定:2018年12月
税込価格:3980円
◆商品内容
・ウルトラマンロッソ フレイム
・ウルトラマンブル アクア
・ルミナスユニット×2個


アルティメットルミナスの最新作が、プレミアムバンダイにて予約受付中です。
シリーズ最新作となるウルトラマンルーブより、ロッソとブルが早くも商品化。
どちらも独特の構えポーズのほか、体に走る二重ラインも完璧に再現されていますね。
ウルトラマンエックスVSグリーザも開発が難航しているようですが、
他にも複数の新作が並行して開発中とのことなので、続報に期待しましょうか。


http://p-bandai.jp/chara/c0012/
https://bandai-fashion.jp/feature/quattro-MMMM/

そして劇中にも登場している、湊ウシオが手掛けるブランドを販売しているアパレル店、
クワトロM」関連のグッズもプレミアムバンダイ及びバンコレ内で予約受付中となっています。
第1話で強烈なインパクトを残した「うちゅ~ん」Tシャツを始め、湊兄弟の私服からアイゼンテック社のピンバッジまで、
様々なアイテムが続々と発売されるようです。

ニュージェネレーションシリーズは毎年アパレルグッズを展開していましたけど、
今年は劇中設定も相まって、例年以上に力が入っている印象を受けますね。
ウシオのセンスが光る「ダサT」も毎回違うものが登場するそうですし、
愛染マコトの「格言」も含めて、毎話のお楽しみになりそうですw



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|18:01

ウルトラマンルーブ 第2話感想


昨日、「ウルトラマンR/B(ウルトラマンルーブ)」の最新話が放送されました。
第2話は「兄弟の絆」ということで、第1話にてウルトラマンに変身できる力を手にした湊兄弟。
ならばそれを試してみたくなるのは当然の反応であり、二人は夜の山中でお試し変身・・・

普通、ウルトラマンに変身する時はよほどの緊急事態というパターンが多い中、
力を試すためだけに変身するというのはとても斬新でしたね。
ここで飛ぶことが出来るのも初確認しましたし、何も分からないまま巨人になってしまったのですから、
自分たちにどんなメリットが、そしてどんなデメリットがあるのか、それを確かめるのは当然の流れですよね。
ルーブはとことん「一般人」の反応を描いているのがとても好印象です。

その一方で、大きな力を手にしたことの意味を感じ始めるカツミとイサミ。
よくある「自分たちの正体を知られてはならない」というお約束も、
今回は「もし仮に正体を知られたら、負けが許されなくなり、敵に勝ち続けなくてはならなくなる」と、
世間からの反応を気にする形で纏められたのがとても自然だな~と。
ただの一般人である二人にはあまりにも重すぎる責任、これを負うのは相当な覚悟が無くては無理でしょう。

今回も軽く兄弟喧嘩が挟まれましたけど、仲が悪いという訳ではなく、ただお互いの考え方がズレているだけであり、
芯は深い絆で結ばれているという兄弟愛が再び描かれていましたね。
少し冷静な目で物事を捉えるカツミ、大胆な行動を取るイサミ、その仲裁役であるアサヒ。
第2話目にしてそれぞれの立ち位置もハッキリしてきましたし、この3兄妹のやり取りも楽しく見ることが出来そうです。

家族と言えば、父であるウシオが愛するミオにも少し不穏な空気が流れてきました。
著名な学者でもある、彼女のメモに記されたルーブクリスタルのイラスト。
やはり物語の中心にミオが存在するのは、ほぼ確実になったんだなと。
彼女がルーブジャイロやルーブクリスタルに何らかの形で関わっていたのでしょうか。

身体能力が高い人の力を「お借りします!」とスカウトしたり、「怪獣」や「ウルトラマン」という名称を世間に浸透させた、
アイゼンテック社の社長である愛染マコトの謎も含めて、
現時点で「誰が敵だか分からない」という構成になっているのはとても面白いと思います。
個人的にはアサヒの言動も少し気になる所がありますし、どこまでがミスリードなのかまだまだ分かりませんね~。

そんな黒幕が今回召喚した怪獣は、用心棒怪獣ブラックキング!
召喚された存在でしたが、地震を起こしながら地中から出現したりと、しっかり怪獣らしさもアピール出来ていたと思います。
何より過去に「家族や兄弟の絆を引き裂いた」宇宙人が操っていた怪獣でもありますし、ルーブに出演するのは適任かと。
バトルシーンでも空中で攻撃されるなど過去のブラックキングへのオマージュが見られつつ、
ロッソとブルが落下しながら光線を放つなど、珍しいカットも多くて楽しめました。

コメディとシリアスのバランスが取れており、とても見やすかった第2話。
次回は強敵ガーゴルゴンが登場し、新武器ルーブスラッガーも初登場。
兄弟揃ってアイゼンテックのマコトと初対面するようですし、メインキャラが一通り顔合わせすることになりそうですね。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|10:26

ウルトラマンルーブ「ルーブクリスタル」のチェックリストを作ってみた

ウルトラマンR/Bが放送開始となったので、去年のウルトラカプセルに引き続き、
個人的なメモも兼ねて「ルーブクリスタル」のチェックリストを作ってみました。
(並び方はキャラクターの登場順になっており、現時点で公式発表及び予約されているものに限ります)


最終更新日:2018年12月05日
◆DXルーブクリスタル
ウルトラマン:(DXルーブコウリン、DXウルトラマンルーブ最強なりきりセットに付属)
ウルトラセブン:(DXルーブクリスタルセット1に付属)
ウルトラマンジャック:(DXルーブクリスタルセット6に付属)
ウルトラマンエース:(DXルーブクリスタルセット4に付属)
ウルトラマンタロウ:(DXルーブジャイロに付属)
ウルトラマンレオ:(DXルーブクリスタルセット2に付属)
ウルトラマンティガ:(DXルーブクリスタルホルダーに付属)
ウルトラマンダイナ:(DXルーブクリスタルセット4に付属)
ウルトラマンコスモス:(DXルーブクリスタルセット4に付属)
ウルトラマンメビウス:(DXルーブクリスタルセット4に付属)
ウルトラマンヒカリ:(DXルーブクリスタルセット3に付属)
ウルトラマンベリアル:(DXルーブクリスタルセット5に付属)
ウルトラマンゼロ:(DXルーブスラッガーに付属)
ウルトラマンサーガ:(DXルーブクリスタルセット5に付属)
ウルトラマンギンガ:(DXルーブジャイロに付属)
ウルトラマンビクトリー:(DXルーブクリスタルセット3に付属)
ウルトラマンギンガビクトリー:(DXルーブクリスタルセット5に付属)
ウルトラマンエックス:(DXルーブクリスタルセット2に付属)
ウルトラマンオーブ(オーブオリジン):(DXオーブリングNEOに付属)
ウルトラマンオーブ(オーブトリニティ):(DXルーブクリスタルセット6に付属)
ウルトラマンジード(プリミティブ):(DXルーブクリスタルセット1に付属)
ウルトラマンゼロ ビヨンド:(DXルーブクリスタルコレクションケースに付属)

ニュージェネレーションヒーローズ:(DXウルトラマンルーブ最強なりきりセットに付属)
キワミクリスタル:(DXキワミクリスタル、DXウルトラマンルーブ最強なりきりセットに付属)

レッドキング:(DXルーブクリスタルセット2に付属)
ブラックキング:(DXルーブクリスタルセット1に付属)
ガーゴルゴン:(DXルーブクリスタルセット2に付属)
グルジオボーン:(DXルーブクリスタルセット1に付属)
グエバッサー:(DXルーブクリスタルセット3に付属)
ホロボロス:(DXルーブクリスタルセット3に付属)
グルジオキング:(DXルーブクリスタルセット5に付属)
グルジオレギーナ:(DXルーブクリスタルセット6に付属)
ルーゴサイト:(DXルーブクリスタルセット6に付属)


◆SG(食玩)ルーブクリスタル
ウルトラマンタロウ:(SG01弾)
アストラ:(SG02弾)
ウルトラマンキング:(SG03弾)
ウルトラマンティガ:(SG03弾)
ウルトラマンガイア(V2):(SG01弾)
ウルトラマンゼロ:(SG02弾)
ウルティメイトゼロ:(SG03弾)
ウルトラマンギンガ:(SG01弾)
ウルトラマンエクシードX:(SG01弾)
ウルトラマンオーブ(サンダーブレスター):(SG01弾)
ウルトラマンオーブ(オーブオリジン):(SG03弾)
ウルトラマンゼロ ビヨンド:(SG03弾)
ウルトラマンジード(ロイヤルメガマスター):(SG02弾)

バルタン星人:(SG02弾)
ゴモラ:(SG02弾)
ダダ(B):(SG02弾)
キングジョー:(SG02弾)
タイラント:(SG03弾)
メカゴモラ:(SG01弾)
ダークロプスゼロ:(SG02弾)
ハイパーゼットンデスサイス:(SG03弾)
ジャグラスジャグラー:(SG01弾)
ギャラクトロン:(SG01弾)


◆ガシャポンルーブクリスタル
ウルトラマン(Bタイプ):(06弾)
ウルトラマン色違いレア:(06弾)
ウルトラマンジャック:(05弾)
ウルトラマンエース:(04弾)
ウルトラマンタロウ:(01弾)
ウルトラの母:(06弾)
ウルトラマンレオ:(03弾)
アストラ:(02弾)
ウルトラマンジョーニアス:(06弾)
ウルトラマン80:(06弾)
ウルトラマングレート:(05弾)
ウルトラマンパワード:(05弾)
ウルトラマンゼアス:(04弾)
ウルトラマンティガ:(03弾)
ウルトラマンガイア(V1):(06弾)
ウルトラマンガイア(V2):(01弾)
ウルトラマンナイス:(05弾)
ウルトラマンネクサス(アンファンス):(04弾)
ウルトラマンネクサス(ジュネッス):(04弾)
ウルトラマンマックス:(06弾)
ウルトラマンメビウス:(04弾)
ウルトラマンヒカリ:(03弾)
ウルトラマンメビウス(バーニングブレイブ)レア:(04弾)
ウルトラマンゼロ:(02弾)
ウルトラマンサーガ:(05弾)
ウルトラマンギンガ:(01弾)
ウルトラマンギンガビクトリー:(05弾)
ウルトラマンギンガビクトリー色違いレア:(05弾)
ウルトラマンエクシードX:(02弾)
ウルトラマンエクシードX色違いレア:(02弾)
ウルトラマンオーブ(サンダーブレスター):(01弾)
ウルトラマンオーブ(オーブオリジン):(04弾)
ウルトラマンオーブ(オーブオリジン ダメージver.)レア:(03弾)
ウルトラマンジード(プリミティブ):(02弾)
ウルトラマンジード(ロイヤルメガマスター):(01弾)
ウルトラマンジード(ロイヤルメガマスター)色違いレア:(01弾)
ウルトラマンゼロ ビヨンド:(04弾)

バルタン星人:(01弾)
バルタン星人(分身体):(03弾)
ネロンガ:(03弾)
レッドキング:(02弾)
ピグモン:(05弾)
グビラ:(02弾)
ダダ(A):(02弾)
ブースカ:(04弾)
タイラント:(01弾)
メカゴモラ:(02弾)
ギャラクトロン:(01弾)
ベゼルブ:(03弾)
グエバッサー:(03弾)
グランドキングメガロス:(06弾)
カミソリデマーガ:(03弾)


◆付録やキャンペーン品など
ゾフィー:(書籍ウルトラヒーローズとあそぼう!に付属)
ウルトラの父:(ウルトラマンルーブ関連のアパレル商品に付属)
シャイニングウルトラマンゼロ:(てれびくん2018年10月号に付属)
ウルトラマンオーブ(スペシウムゼペリオン):(初回限定でDXルーブジャイロを買うと配布)
スペシャル限定:(ウルフェス及び公式店限定のウルトラマンタロウ限定ソフビに付属)
EXPOオリジナル:(セブンチケットでEXPO2018-2019の親子ペア前売り券を買うと配布)
クリスマスキャンペーン:(2018年12月1日~25日の間にウルトラマン公式店で4000円以上商品を買うと配布)
劇場版オリジナル:(劇場版ウルトラマンR/Bのルーブクリスタル付きムビチケを買うと配布)


このリストは随時更新予定です。
果たして放送終了までにどれほど展開されることやら。
(ウルトラカプセルの再禄込みでの全133本を超えるか!?)



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|12:53

ウルトラマンルーブのソフビが発売開始!(ロッソ、ブル、グルジオボーン)

本日2度目の記事更新となります。
ウルトラマンルーブ第1話放送日ということで、一気に5種類の新ソフビが発売開始となりました!

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンロッソ フレイム ウルトラマンブル アクア
ウルトラヒーローシリーズ 54 ウルトラマンロッソ フレイム
ウルトラヒーローシリーズ 55 ウルトラマンブル アクア

ウルトラマンR/Bの主人公である、ロッソとブルの基本形態です。
ウルトラマンタロウのルーブクリスタルの力を使い、火の属性を持つのがロッソ フレイム。
ウルトラマンギンガのルーブクリスタルの力を使い、水の属性を持つのがブル アクア。
「纏うは火、紅蓮の炎!」
「纏うは水、紺碧の海!」

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンロッソ フレイム ウルトラマンブル アクア0
ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンロッソ フレイム ウルトラマンブル アクア1
放送開始に合わせて、新たなウルトラヒーローが500サイズソフビの仲間入りです。
塗装は例によってそれぞれ最低限のみ。
ロッソ フレイムは上半身が赤のラメ入り成型色であり、その他が銀のラメ入り成型色。
ブル アクアは上半身が青のラメ入り成型色であり、両腕が銀のラメ入り成型色。下半身が黒のラメ入り成型色でした。
何となくブルの方が手間がかかっている気がしますw

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンロッソ アクア ウルトラマンブル フレイム
ウルトラヒーローシリーズ 56 ウルトラマンロッソ アクア
ウルトラヒーローシリーズ 57 ウルトラマンブル フレイム

カツミとイサミが、お互いのルーブクリスタルを交換した姿です。
なのでロッソが青の水属性、ブルが赤い火属性にチェンジ。
「纏うは水、紺碧の海!」
「纏うは火、紅蓮の炎!」

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンロッソ アクア ウルトラマンブル フレイム0
ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンロッソ アクア ウルトラマンブル フレイム1
初見だと非常にややこしい、それぞれの属性が入れ替わったロッソとブルも同時発売されました。
こちらは胴体のみが新規造型だと思われます。
腕もロッソ フレイム→ブル フレイム、ブル アクア→ロッソ アクアにそれぞれ流用しているように見えますね。
塗装箇所も、さほど変わりません。

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンロッソ アクア ウルトラマンロッソ フレイム
ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンブル アクア ウルトラマンブル フレイム
ロッソ同士&ブル同士を並べてみました。
こう見ると属性ごとに、頭部の模様、胸アーマーのディテール、両腕のヒレ状パーツが変化しているのが分かりますね。
シルエットや模様はほとんど変えず、色のチェンジで変化を付けているのはニュージェネ作品だと珍しいです。
(近年は特にぶっ飛び気味だっただけに)


ウルトラ怪獣シリーズ グルジオボーン
ウルトラ怪獣シリーズ 91 火炎骨獣グルジオボーン
ウルトラマンR/B第1話「ウルトラマンはじめます」に登場した新怪獣です。
綾香市の伝承に「墜落した妖奇星に潜んでいた偶龍璽王」という怪物として記録されている存在であり、
両腕や尻尾での攻撃で破壊活動を行うパワー自慢の怪獣です。
主な必殺技は、口から放つ火炎攻撃「ボーンブレスター」。

ウルトラ怪獣シリーズ グルジオボーン0
こちらも放送日に合わせて、グルジオボーンが500サイズソフビで定番入りとなりました。
第1話登場の新怪獣がこのサイズで商品化されるのは、デマーガ以来となりますね。
最初は骨怪獣だと思い込んでいましたが、どうやら赤い外骨格を見に纏っているデザインのようです。
一目で禍々しい存在だと分かるカラーリングとデザインが素敵ですねぇ。

ウルトラ怪獣シリーズ グルジオボーン1
横から。
デマーガに負けず劣らずの立派な背鰭を持っています。
赤い装甲は汚し塗装風になっていますし、見栄えが良いですね~。

ウルトラ怪獣シリーズ グルジオボーン2
背面です。
可動箇所は両腕、腰、尻尾でした。
今のところDX怪獣ソフビが出る気配は無いですが、今年は要所要所で出すのか、それとも予定が無いのでしょうかね。


ウルトラヒーローシリーズ ニュージェネレーションヒーローズ
最後はニュージェネレーションヒーローズを勢揃いさせて〆。
ウルトラマンゼロを入れれば、ロッソとブルで8人のウルトラマンが揃うことに・・・何だか感慨深いです。
以上が新作ソフビの軽いレビューです。
今年もいっぱいソフビ人形が発売されますように・・・(短冊代わり)



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|16:37

ウルトラマンルーブ 第1話感想


本日から、新番組「ウルトラマンR/B(ウルトラマンルーブ)」の放送が開始されました!
ルーブはOP曲や映像が爽やかかつスピーディーな構成であり、ここから一気に引き込まれましたね。
(オーブやジードに続き、影絵も続投!)

第1話は「ウルトラマンはじめました」ということで、主人公兄弟である湊カツミ湊イサミが冒頭から登場。
カツミは常識人であるしっかり者の兄であり、同時に番組のナレーターも兼任。
一方のイサミは大学で宇宙考古学の研究をしている、自由奔放かつ少し変わった面もある弟。
文字通りの凸凹兄弟でありお互いの性格が全く違う中、深い絆で結ばれている点も見受けられましたね。
(主にカツミがイサミに振り回されているようですが)

湊家の家族構成は、父親がセレクトショップ「クワトロM」のオーナーにして独特のセンスを持っている湊ウシオ
母親は宇宙考古学の研究員であり、現在は行方不明となっている湊ミオ
長男のカツミと次男のイサミに続いて、女子高生であり誰にでも敬語を使う長女の湊アサヒ
この5人のドタバタ家族物語が、今年のメインストーリーになってくるようですね。
(特に行方不明の母親が大きく関わってきそうです)

今回は大昔に妖奇星(あやかしぼし)が落下し、そこから偶龍璽王(ぐるじお)なる怪物が現れたと言い伝えられている、
綾香市(あやかし)と呼ばれている街が主な舞台となるそうで、第1話でもしっかり触れられていましたね。
そこに君臨している巨大企業「アイゼンテック」が街を今の地位に押し上げたとされており、
その社長である愛染マコトはTV出演も欠かさない相当な有名人のようです。
常に妙なテンションであり腹の底が見えない人物でしたが、彼が物語にどう関わってくるのかも見所になりそうですね。

さて、ルーブは前情報通りコメディタッチな作風が特徴であり、今回は兄弟揃って巨人に変身し戸惑いまくる姿に大笑い。
カツミもイサミも本当の意味での一般人であり、ルーブジャイロが二人にある程度情報を伝えてくれたとはいえ、
いきなり身長数十メートルの巨人になってしまったら、ああいう反応になるのは当然でしょう。
(ロッソが不思議そうに車両を掴んで眺めていたのもシュールでしたw)

ヒカルのような肝の据わった選ばれし者では無く、ショウのような戦士でも無く、エックスが色々と教えてくれた大地でも無く、
ジャグラーが助言してくれたガイでも無く、レムがサポートしてくれたリクでも無い。
2人纏めて素人ウルトラマンなのでアドバイスすら求められないという状況なのがとても新鮮でしたね。
光線の出し方すらよく分からず、フレンドリーファイアも当たり前。
普段は冷静なカツミも取り乱していましたし、イサミの無鉄砲さにも拍車がかかって・・・1話からグダッグダでしたねw

ですが普段から息の合っている兄弟ですから、一度ノリ始めるともう止まらない。
クリスタルの交換で戦法を変えてみたり、初戦闘とは思えないコンビネーション攻撃で見事に敵を撃破。
カラータイマーの意味もよく理解しておらず、気の抜けたような消え方が締まりませんでしたが、
この兄弟ウルトラマンの掛け合いがウルトラマンルーブの神髄になるのでしょうかね。
今までのダブルウルトラマンとは毛色が違いましたし、ここも新鮮なポイントでした。

偶龍璽王様そっくりな姿をした新怪獣グルジオボーン
過去にロッソやブルと戦闘経験があること以外の詳細は不明でしたが、その赤い装甲や火炎攻撃など、
エックスのデマーガとはまた違うパワフルな印象を受ける正統派怪獣だったな~と。
ロッソとブルのギャグに巻き込まれるなど、一瞬ですがコメディシーンがあったのも面白かったです。
どうやらルーブクリスタルで召喚された存在のようですけど、果たして何者が何の目的で・・・?

緩やかな前半戦とは打って変わり、怒涛の勢いで押してきた後半戦。
ウルトラマンルーブ、第1話からとても面白かったと思います。
次回は用心棒怪獣ブラックキングが登場し、どうやらウルトラマンになってしまった二人の心情が描かれるそう。
初心者丸出しのウルトラマン兄弟、彼らがここから本当のヒーローになっていくのかどうか。
今年も半年間、見守り続けたいと思います。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|15:24

ウルフェス2018限定ソフビが公開!(ウルトラマンロッソ、タロウ、ブル)

ウルトラマンフェスティバル2018限定ソフビ
https://www.ulfes.com/2018/news/502/

7月20日発売
・ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンロッソ フレイム フレイムカラーver.
(600円)
・ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンタロウ スペシャルカラーver.
(1000円、限定ルーブクリスタル付き)

8月8日発売
・ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンブル アクア アクアカラーver.
(600円)



今年のウルフェス限定ソフビが公式HPにて公開されました。
やはりロッソとブルのクリアラメカラーが来ましたが、それに加えてメモリアルイヤーのタロウまで!
タロウは過去にクリアソフビが発売されているので、今回はゴールドの塗装などで差別化されていますね。
更にウルフェス限定のルーブクリスタル付きということで、タロウだけ一足早く無くなりそうな気が。
これらは全てウルフェス会場及び、ウルトラマン公式店で限定販売されるとのことです。

ゲーセンの景品としてロッソ(アクア)とブル(フレイム)のクリアソフビも決定していますし、
ひとまずメインカラーである赤と青の限定ソフビは揃いそうですね。
ウルトラマンルーブも放送まであと2日ということで、
明日にソフビをフラゲできればブログなどでご紹介したいと思います。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|17:42
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ