FC2ブログ

大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

特撮大百科「イズマエル」のクオリティが凄すぎる!

ようやくマトモな休みが取れたので、今回は念願だった新商品をご紹介します。
少し前になりますが株式会社キャストさんの通販を利用しまして、
前回のビースト・ザ・ワン ベルゼブア・コローネに続いて、ウルトラマンの特撮大百科最新作を購入しました。
1万円しましたけど、そんな出費が気にならないほどのとんでもないフィギュアでした・・・!

特撮大百科 イズマエル
ウルトラマンネクサスの終盤に登場した、全スペースビーストが合体したとされる最強のビースト、
フィンディッシュタイプビースト イズマエルが遂に初フィギュア化となりました!
ネクサス放送当時からず~~~~~~~~~~~~~~~~~~~っと商品化を待ち続けていたキャラクターだけに、
15年かかりましたけどようやく立体物として入手することができて感動しています。
こちらは特撮大百科シリーズなので、一部組み立て式の彩色済みレジンキャスト製フィギュアとなっております。

特撮大百科 イズマエル0
まずは正面から。
全体的なフォルムは王道な怪獣型ですけど、細部はスペースビースト特有のおぞましさ。
いわゆる合体怪獣なので、ボリュームはかなりのものです。

特撮大百科 イズマエル1
特撮大百科 イズマエル2
左右から。
全身のディテールが鬼な上に、彩色もかなりカラフルなので今まで商品化されなかったのも納得です。

特撮大百科 イズマエル3
背面です。
こう見るとただのカッコいい怪獣なのですが。

特撮大百科 イズマエル4
特撮大百科 イズマエル5
特撮大百科 イズマエル6
顔周りのアップ。
頭部はガルベロスの中央の首に、ザ・ワンの要素を盛り込んだデザインですね。
めちゃくちゃカッコいいです、この顔こそがイズマエルの命。
口からは強力な熱線を発射します。

特撮大百科 イズマエル7
特撮大百科 イズマエル8
特撮大百科 イズマエル9
右肩にはメガフラシの頭部が突き出ています。
独特なフォルムが大のお気に入りなので、いずれフィギュア化して欲しいビーストの一体ですね~。
ここからは電撃を発射可能。

特撮大百科 イズマエル10
特撮大百科 イズマエル11
特撮大百科 イズマエル12
右肩にはノスフェルの顔が浮かび上がっているほか、右腕もノスフェルのものですね。
更にラフレイアの花弁から腕が出ているようなデザインになっています。
この鋭い爪でネクサスを引き裂いたほか、花弁からは花粉攻撃が可能。

特撮大百科 イズマエル13
特撮大百科 イズマエル14
特撮大百科 イズマエル15
左肩にはリザリアス・グローラーの顔が浮かび上がっています。
6つの赤い瞳も健在ですね。
ここからは熱線を発射可能です。

特撮大百科 イズマエル16
特撮大百科 イズマエル17
特撮大百科 イズマエル18
特撮大百科 イズマエル19
同じく左肩からは、グランテラの顔が突き出ています。
更に尻尾の先端もグランテラのものになっていますね。
尻尾の先にある気門からは、火球を発射できます。

特撮大百科 イズマエル20
特撮大百科 イズマエル21
左腕はゴルゴレムのようなディテールになっています。
劇中では左手が変化して、ゴルゴレムの長い口吻になっているシーンもありました。
ここからは電撃を発射できます。

特撮大百科 イズマエル22
胸にはバンピーラの顔が、腹にはクトゥーラの顔が浮かび上がっています。
クトゥーラのパーツは劇中では見え辛いですけど、こうしてフィギュアになると存在感が凄いですね。
バンピーラの部分からは粘着糸を発射可能。

特撮大百科 イズマエル23
特撮大百科 イズマエル24
特撮大百科 イズマエル25
右膝からはペドレオンの顔が、左膝からはバグバズンの顔が突き出ています。
また、足の形状自体はガルベロスやザ・ワンに酷似していますね。
ペドレオンのパーツからは火球を発射できます。

特撮大百科 イズマエル26
特撮大百科 イズマエル27
特撮大百科 イズマエル28
背中からは大きな二本の角が突き出ています。
こちらはザ・ワン由来のものですね。
全スペースビーストに、これと同じディテールが体のどこかに仕込まれているのは有名な裏話でしょうか。

特撮大百科 イズマエル29
特撮大百科 イズマエル30
こちらはイズマエルを乗せて飾ることができる台座です。
イズマエルの攻撃によって破壊された市街地がモチーフのようですね。

特撮大百科 イズマエル31
500サイズソフビのタイラントと比較。
イズマエルのサイズ自体は小さめの500怪獣ソフビと似たような印象ですが、
背中の棘を含めた全体的なボリュームはかなりのものです。
何よりレジンキャスト製なので、それなりに重量感もありますね。
(その反面、破損しやすいというデメリットもあるのですが)

特撮大百科 イズマエル32
以上がイズマエルの軽いレビューです。
念願の推しビーストが遂にフィギュア化、長い間待ち続けていただけに大満足でした。
何より造形も塗装も超ハイレベルですし、いきなり決定版のようなフィギュアを出してくれたキャストさんには感謝しかありません。
こちらは不定期に少数生産するらしいので、欲しい方はキャストさんのTwitterやブログを小まめに覗いてみては如何でしょうか。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|19:23

【動画投稿】 ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻 part61

第1回目の記事はこちらになっています!
http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1466.html

ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻61
https://www.nicovideo.jp/watch/sm36666244

ゆっくり怪獣解説動画の第六十一回目を投稿致しました。
今回はウルトラマンエースより「異次元人 ヤプール人」、「異次元超人 エースキラー」、「超人ロボット エースロボット」、
「異次元超人 巨大ヤプール」、「異次元人 女ヤプール」、「遊牧星人 サイモン星人の子供」、
ウルトラマンタロウより「異次元超人 改造巨大ヤプール」をご紹介。

ということで、まさかの異次元マラソンのスタートです!
前々から計画していた流れの通り進んで来れたので、雛の登場に合わせて厄そのものなキャラを取り上げようということで、
ヤプールを中心とした異次元の超人祭ということになりました。

ヤプール人は今見ても色褪せない「異次元の映像美」が魅力のキャラなだけに、動画の方でも再現を頑張ってみました。
異次元の悪魔と呼ばれるだけあって、ウルトラシリーズの中でも特に悪辣な印象を受けるヤプール。
配下の代表格であるエースキラーの一族もセットで取り上げる事も最初から決まっていたので、
次回からも大変な思いをしながら製作し続けたいと思いますw

今回はタロウの改造巨大ヤプールまでを取り上げましたが、ヤプール最大の売りともいえる「しつこさ」は、
平成になってから更にパワーアップしていくんですよね。
ここまでの段階では残党が居たり、改造して蘇生しただけに過ぎない訳で。
怨念パワーによる強化は、また次回以降に触れることにしましょう。

今回も面白いと感じて頂けたら動画へのコメントや、マイリスト登録して頂けるとありがたいです。
では、お楽しみ下さいませ~ 。




にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|21:11

ウルトラマンの新作ソフビをフラゲ!(ウルトラマンベリアル アーリースタイル)

明日発売の、ウルトラマンの新作ソフビをフラゲしました。
今回は1種類が発売となっています。

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンベリアル(アーリースタイル)
ウルトラヒーローシリーズ 73
ウルトラマンベリアル アーリースタイル

ウルトラマンベリアル本来の姿であるアーリースタイルが、500ソフビの仲間入りを果たしました。
既に中国で先行販売されていましたが、それが日本にも導入という形になりましたね。
光の国の戦士だった頃の姿なので、「ウルトラヒーローシリーズ」名義での発売というのも嬉しいポイントです。

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンベリアル(アーリースタイル)0
ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンベリアル(アーリースタイル)1
ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンベリアル(アーリースタイル)2
色んな角度から。
割と大胆に銀色のラインが塗装省略されています。
せめて手袋ぐらいは塗装して欲しかったですね。

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンベリアル(アーリースタイル)3
ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンベリアル(アーリースタイル)4
ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンベリアル(アーリースタイル)5
顔周りのアップ。
イベント展示用のウルトラマンゼアスのスーツを改造したというだけあって、顔立ちにゼアスの名残りが見られますね。
それと同時に、戦友であったウルトラの父に近い部分もあるのが因縁を感じさせます。

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンベリアル(アーリースタイル)6
ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンベリアル(アーリースタイル)7
中国限定版のアーリースタイルと比較。
向こうはセット商品という扱いでしたが、こう見比べると塗装がかなり豪華ですね。
日本版は単品600円売りなので、商品単価の違いもあるでしょうが。

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンベリアル(アーリースタイル)8
以上がアーリースタイルの軽いレビューです。
来月はキメラベロスが発売ですが、それ以降はウルトラマンZのラインナップへと移行するのでしょうか。
色々と厳しい状況下なだけに、今後の商品展開にも何かしらの影響が出るんだろうなぁと。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|17:27
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ