FC2ブログ

大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

プレイヒーローシリーズ ウルトラマン対決セットの怪獣ソフビをご紹介!(その50・ジャグラスジャグラー)

では、食玩「プレイヒーローシリーズ ウルトラマン対決セット」の怪獣ソフビをご紹介していきます。
今回は第三十九弾目である「熱血戦士ウルトラマンゼット編」より1体の敵キャラクター(?)をご紹介します。


プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ジャグラスジャグラーギャラクシーライジング
無幻魔人 ジャグラスジャグラー
ウルトラマンオーブにて初登場した、主人公クレナイ・ガイに付きまとう男、ジャグラスジャグラーが変身した姿です。
以前にもウルトラマン対決セットでミニソフビになっていましたが、
今回はウルトラマンZでの登場に合わせて「通常カラー」で再ラインナップとなりました。
全身はグレーブラウンの成型色になっています。

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ジャグラスジャグラーギャラクシーライジング0
背面です。
塗装箇所はありません。
可動箇所は両腕と腰でした。
これと同時収録されていたのは、ウルトラマンジード ギャラクシーライジングでした。

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ジャグラスジャグラーギャラクシーライジング1
以前に発売されたクリアバージョンと比較。
ようやく通常カラーで発売されて嬉しい限りです。
全身のディテールも今回の方がハッキリしていて分かりやすいですね。
塗装箇所に関しては全く同じでした。

プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ジャグラスジャグラーギャラクシーライジング2
プレイヒーロー ウルトラマン対決セット ジャグラスジャグラーギャラクシーライジング3
最後にオマケ、ジャグラスジャグラーとセットになっていたウルトラマンジード ギャラクシーライジングです。
今回初登場となった新規造型ソフビであり、500サイズのものに比べると塗装箇所は減っているものの、
造型自体は同じぐらいのクオリティなので見応えのあるミニソフビでした。


以上が、対決セット最新作で商品化された怪獣ソフビの軽いレビューです。
残り3種類はヒーロー同士のセット、そして何度も再録されているウルトラマンベリアルだったので割愛させて頂きます。
対決セットは、このまま年1回か2回のペースで発売されることになるのでしょうかね?
今回からパッケージも袋入りに変わりましたし、時代の移り変わりを感じさせられます。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|11:49

中国限定ソフビをご紹介!(ウルトラ怪獣シリーズ ハイパーゼットン イマーゴ)

では、ウルトラマンジード暴走状態に引き続き中国で限定販売されているソフビ人形を取り上げます。
今回は中国限定ソフビの一つ、ウルトラマンサーガよりハイパーゼットン(イマーゴ)をご紹介します。
(パッケージ画像も先行撮影していたのですが、ファイルが全て破損してしまったので中身のみのご紹介となります・・・)

中国限定ソフビ ウルトラ怪獣シリーズ ハイパーゼットン(イマーゴ)
こちらが中身のハイパーゼットン(イマーゴ)です。
サイズは800ソフビこと、旧ウルトラ怪獣シリーズに近いですね。
しかしこちらのソフビ、日本で販売されたものとは異なる造形に仕上がっています。

中国限定ソフビ ウルトラ怪獣シリーズ ハイパーゼットン(イマーゴ)0
中国限定ソフビ ウルトラ怪獣シリーズ ハイパーゼットン(イマーゴ)1
中国限定ソフビ ウルトラ怪獣シリーズ ハイパーゼットン(イマーゴ)2
中国限定ソフビ ウルトラ怪獣シリーズ ハイパーゼットン(イマーゴ)3
各部の塗装は、500ソフビ版のハイパーゼットンに近いイメージに仕上がっています。
造型に関しては500ソフビ版に非常に近いので、それを拡大して一部手直ししたものなのかな?と。
なので日本の800ソフビ版に比べると各部のシャープさに欠けており、ディテールも少し甘め。

中国限定ソフビ ウルトラ怪獣シリーズ ハイパーゼットン(イマーゴ)4
中国限定ソフビ ウルトラ怪獣シリーズ ハイパーゼットン(イマーゴ)5
中国限定ソフビ ウルトラ怪獣シリーズ ハイパーゼットン(イマーゴ)6
顔周りのアップ。
顔面の黄色い発光器官が蓄光カラーで塗装されていますが、光量はかなり弱めです。
頭部の角の処理は、500ソフビ版そのままですね。

中国限定ソフビ ウルトラ怪獣シリーズ ハイパーゼットン(イマーゴ)7
中国でウルトラマンXの展開が行われていた時期に発売されているので、
足の裏にはライブサインが存在します。
(日本版の玩具には反応しません)

中国限定ソフビ ウルトラ怪獣シリーズ ハイパーゼットン(イマーゴ)8
日本版800サイズのハイパーゼットンと比較。
左が中国版です。
中国版はサイズが大きいほか、腰の発光器官が塗装されていませんね。

中国限定ソフビ ウルトラ怪獣シリーズ ハイパーゼットン(イマーゴ)9
背面です。
右の日本版は羽が生えた完全体の下半身を流用しているので、尻尾まで造形されているのが特徴。
しかし左の中国版は500ソフビが元になっているので、尻尾が無い状態で造形されているという違いがあります。

中国限定ソフビ ウルトラ怪獣シリーズ ハイパーゼットン(イマーゴ)10
最後は500ソフビ版ハイパーゼットンと並べて〆。
以上が中国限定ソフビの軽いレビューです。
次回からはニュージェネ編に突入!



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|11:54

ウルトラマンZの新作ソフビをフラゲ!(ギャラクシーライジング、ギルバリス、サンダーキラー、ペダニウムゼットン)

明日発売の、ウルトラマンZの新作ソフビをフラゲしました。
今回は一気に4種類が発売となっています。


ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンジード ギャラクシーライジング
ウルトラヒーローシリーズ 77
ウルトラマンジード ギャラクシーライジング

朝倉リクが、ウルトラゼットライザーを使って変身するジードの新たなる形態です。
ウルトラマンギンガ、ウルトラマンエックス、ウルトラマンオーブのメダルを使用する事で変身する事が可能。
ジードらしい荒々しい戦いぶりは健在であり、Zではこの姿で活躍を続けるそうです。
主な必殺技は「レッキングフェニックス」など。

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンジード ギャラクシーライジング0
まずは放送前から話題になっていた、ジードの新形態から。
全身が鎧というか強化服に包まれたような異様な姿をしているのが目を惹きますね。
(ウルトラマンベリアル アトロシアスに近い印象を受けます)
それでも顔とカラータイマーだけはプリミティブのまま、ジードらしさはしっかりと残されています。

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンジード ギャラクシーライジング1
ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンジード ギャラクシーライジング2
横と後ろから。
全身は紺色の成型色ですね。
塗装はかなり省略されているので、リペイントしてやるとかなり化けるソフビだと思います。

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンジード ギャラクシーライジング3
ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンジード ギャラクシーライジング4
ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンジード ギャラクシーライジング5
顔周りのアップ。
ジードの顔はこれまでのソフビの中で一番似ているかも?
面構えが良いですね。

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンジード ギャラクシーライジング6
プリミティブと比較。
上でも書きましたが、顔とカラータイマー以外は全くの別物ですね。
第6話からようやく参戦とのことなので、これからどのように物語に絡んでくるのか楽しみです!


ウルトラ怪獣シリーズ ギルバリス
ウルトラ怪獣シリーズ 126
ラストジャッジメンター ギルバリス(完全体)

「劇場版ウルトラマンジード つなぐぜ!願い!!」にて初登場した、高度な知能を持つロボット怪獣です。
普段はサイバー惑星クシアに潜んでおり、宇宙の秩序を乱す知的生命体を抹殺するため、
様々な次元にギャラクトロンを送り込んで破壊活動を行っていました。
自身もこの姿になることで戦闘が可能であり、全身から砲撃をすることで敵を寄せ付けません。
劇中ではゼロ、オーブ、ジードを相手に激闘を繰り広げました。

ウルトラ怪獣シリーズ ギルバリス0
ウルトラマンZ登場に合わせて、ギルバリスが定番ソフビ化となりました!
以前のソフビに比べると造形が格段に進歩しており、小さいながらもディテールなどがしっかりと刻まれています。
サイズ的な問題で各部がデフォルメ気味になっていますけど、それ込みでも今回のソフビの方が良い出来だと思います。
手に取った時のボリュームも中々のものですし、こうして500サイズになってくれて嬉しいですね~。

ウルトラ怪獣シリーズ ギルバリス1
横から。
全身の成型色は黒ですね。

ウルトラ怪獣シリーズ ギルバリス2
背面です。
可動箇所は両腕と尻尾でした。

ウルトラ怪獣シリーズ ギルバリス3
ウルトラ怪獣シリーズ ギルバリス4
ウルトラ怪獣シリーズ ギルバリス5
顔周りのアップ。
角のディテールも今回の方がしっかりしています。
眼も以前は塗装で再現されていましたが、今回はちゃんと造形されていて一安心。
これも塗り足すだけで相当化けそうなソフビです。

ウルトラ怪獣シリーズ ギルバリス6
そしてギルバリスと言えばコレ!
腕をグルっと回転させて「一斉砲撃モード」へと変形させることが可能です。
元々ソフビ人形で再現できるギミックを盛り込もうというテーマで誕生した怪獣だけに、
定番ソフビになってもこのギミックが健在で嬉しいです。

ウルトラ怪獣シリーズ ギルバリス7
DXソフビと並べてみました。
足の開き具合やディテールの甘さなど惜しい点が目立ったDX版ギルバリスだけに、
500サイズでそのリベンジを果たしたかのような出来になったのは本当に嬉しかったです。


ウルトラ怪獣シリーズ サンダーキラー
ウルトラ怪獣シリーズ 127
ベリアル融合獣 サンダーキラー

ウルトラマンジード第5話「あいかた」にて初登場した、伏井出ケイが変身するベリアル融合獣の1体です。
エレキングとエースキラーの怪獣カプセルを組み合わせることで変身が可能。
近接戦闘では腕や尻尾に強力な電撃を纏って敵を攻撃できるほか、
遠距離戦では相手の放った光線を吸収して撃ち返す能力も備えており、どんな相手とでも渡り合える実力を持っています。

ウルトラ怪獣シリーズ サンダーキラー0
続いてはサンダーキラーが500サイズソフビの仲間入りです。
サイズは少し小さめで、ベリアル融合獣にしてはボリューム不足な点が否めません。
しかしDXソフビに比べると、体の模様などが実際のスーツに近付いていますね。
金色の鎧もそこそこ塗装されていますし、こちらももっと塗り足してやれば印象が変わりそうなソフビですね。

ウルトラ怪獣シリーズ サンダーキラー1
ウルトラ怪獣シリーズ サンダーキラー2
左右から。
エースキラーと同様に、爪の大きさは左右非対称です。

ウルトラ怪獣シリーズ サンダーキラー3
背面です。
可動箇所は両腕と尻尾でした。
せめてスカルゴモラと同じぐらい長い尻尾にしてほしかったですね~。

ウルトラ怪獣シリーズ サンダーキラー4
ウルトラ怪獣シリーズ サンダーキラー5
ウルトラ怪獣シリーズ サンダーキラー6
顔周りのアップ。
エレキングにエースキラーの鎧を被せたかのようなデザインが大好きです。
スーツと同様に、角の根元をグリーンに塗ってあげようかなぁ。

ウルトラ怪獣シリーズ サンダーキラー7
DXサイズのサンダーキラーと並べてみました。
ボリューム満点のDX版、スーツに近い500サイズ版、どちらも捨てがたい魅力を持っています。


ウルトラ怪獣シリーズ ペダニウムゼットン
ウルトラ怪獣シリーズ 128
ベリアル融合獣 ペダニウムゼットン

ウルトラマンジード第11話「ジードアイデンティティー」にて初登場した、伏井出ケイが変身するベリアル融合獣の1体です。
ゼットンとキングジョーの怪獣カプセルを組み合わせる事で変身が可能。
ゼットン由来のテレポーテーション能力、強力なバリア、火球攻撃を駆使して戦うほか、
キングジョー由来の光線や装甲の頑丈さを併せ持つ、ベリアル融合獣の中でも特に強力な1体です。

ウルトラ怪獣シリーズ ペダニウムゼットン0
最後はこちらも500サイズの仲間入りを果たした、ペダニウムゼットンです。
人型のキャラクターだからか、グリーザ(第三形態)のようにボリュームのあるソフビに仕上がっているのが嬉しいですね。
各部のスタイルも実物のスーツを参考に造形されているからか、DXソフビよりも劇中イメージに近付いています。
(特に腰回りのゼットンの甲羅のようなパーツの形状など)
塗り分けが細かいキャラクターだからか、お腹などの目立つ部分の塗装が大胆に省略されていますね。

ウルトラ怪獣シリーズ ペダニウムゼットン1
ウルトラ怪獣シリーズ ペダニウムゼットン2
横と後ろから。
可動箇所は両腕のみでした。
背面は成型色の通り、真っ黒です。

ウルトラ怪獣シリーズ ペダニウムゼットン3
ウルトラ怪獣シリーズ ペダニウムゼットン4
ウルトラ怪獣シリーズ ペダニウムゼットン5
顔周りのアップ。
角はDX版だとかなり大きくなっていましたが、今回は一体成型なので逆にちょっと小さめに造形されています。
何度も言っていますけど、これも塗れば化けるソフビでしょうね。

ウルトラ怪獣シリーズ ペダニウムゼットン6
個人的に一番喜んでいるポイントその1、ウルトラマンジードと並べても違和感の少ないサイズだということ!
DXソフビはウルトラBIGソフビと並べても少しサイズ感が違っただけに、ここに来てようやく待望の商品が出たなぁと。

ウルトラ怪獣シリーズ ペダニウムゼットン7
個人的に喜んでいるポイントその2、腕が動く!
こちらもDXソフビでは大きくポーズを付けられない分割だっただけに、そのリベンジが果たされたなぁと。

ウルトラ怪獣シリーズ ペダニウムゼットン8
DXソフビと比較。
前のペダニウムゼットンは、巨大化した「ペダニウムゼットン・エボルド」としても扱えそうです。

ウルトラ怪獣シリーズ ペダニウムゼットン9
以上が新作ソフビ4種の軽いレビューです。
ウルトラマンZというかほぼウルトラマンジードの新商品じゃないかといった内容でしたがw
久しぶりのソフビラッシュに満腹です、来月も何かしらの新作が出るのかな~?



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|20:43

ウルトラマンZの新作ソフビをフラゲ!(ゼッパンドン)

明日発売の、ウルトラマンZの新作ソフビをフラゲしました。
今回は1種類が発売となっています。

ウルトラ怪獣シリーズ ゼッパンドン
ウルトラ怪獣シリーズ 125
合体魔王獣 ゼッパンドン

ウルトラマンオーブ第16話「忘れられない場所」にて初登場した、合体怪獣の一種です。
マガオロチの尻尾、ゼットン、パンドンが融合した怪獣であり、更にジャグラスジャグラーが操っているという強敵。
頭部の両脇にあるパンドンの口から破壊光線を発射するほか、口からは火球を出して相手を攻撃することが可能です。
更に瞬間移動能力や強力なバリア「ゼッパンドンシールド」を展開するなど、攻守ともに隙がありません。
オーブの劇中では「ダークリング」の力によって召喚されていましたが・・・?

ウルトラ怪獣シリーズ ゼッパンドン0
ウルトラマンオーブ放送当時にウルトラ怪獣DXでソフビ化されたゼッパンドンが、500サイズの定番ソフビとなりました。
マガオロチもそうでしたけど、サイズが縮んだとはいえ出来の良さは健在。
よりスーツに近いスタイルで商品化されたのは嬉しいですね~。
塗装箇所も、500サイズソフビにしては多いと思います。

ウルトラ怪獣シリーズ ゼッパンドン1
横から。
成型色は赤ですね。

ウルトラ怪獣シリーズ ゼッパンドン2
後ろから。
塗装箇所はありません。
可動箇所は両腕と尻尾でした。

ウルトラ怪獣シリーズ ゼッパンドン3
ウルトラ怪獣シリーズ ゼッパンドン4
ウルトラ怪獣シリーズ ゼッパンドン5
顔周りのアップ。
ゼットンでもパンドンでもマガオロチでもない、サメに似た「ゼッパンドンの顔」はカッコいいですね。
表情もDXソフビに比べると、より実物のスーツに近付いています。

ウルトラ怪獣シリーズ ゼッパンドン6
最後はDXソフビと並べて〆。
以上がゼッパンドンの軽いレビューです。
来週も新商品ラッシュが続きますが、いつもと違って木曜日発売なので気を付けないと!



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|18:57

中国限定ソフビをご紹介!(ウルトラヒーローシリーズ500 ウルトラマンジード 暴走状態)

では、ハンターナイトツルギに引き続き中国で限定販売されているソフビ人形を取り上げます。
今回は中国限定ソフビの一つ、ウルトラマンジードよりウルトラマンジード(暴走状態)をご紹介します。

中国限定ソフビ ウルトラヒーローシリーズ500 ウルトラマンジード 暴走状態 赤目
中国限定ソフビ ウルトラヒーローシリーズ500 ウルトラマンジード 暴走状態 赤目0
まずはパッケージから。
こちらは現行ウルトラヒーローシリーズ、つまり500サイズソフビのセット商品です。
相方は劇場版ウルトラマンR/Bで共演したウルトラマントレギア。

中国限定ソフビ ウルトラヒーローシリーズ500 ウルトラマンジード 暴走状態 赤目1
こちらが中身のウルトラマンジード(暴走状態)です。
キメラベロスに取り込まれた時やギャラクトロンMK2を倒す際に登場した、いわゆる「赤目ジード」が遂にソフビ化!
この状態のジードを何と呼称するのかは媒体によって違いますが、この商品では暴走状態という名義ですね。
フィギュアーツもそうでしたけど、赤目ジードが海外限定品というのはどうも入手し辛いですねぇ。

中国限定ソフビ ウルトラヒーローシリーズ500 ウルトラマンジード 暴走状態 赤目2
中国限定ソフビ ウルトラヒーローシリーズ500 ウルトラマンジード 暴走状態 赤目3
中国限定ソフビ ウルトラヒーローシリーズ500 ウルトラマンジード 暴走状態 赤目4
中国限定ソフビ ウルトラヒーローシリーズ500 ウルトラマンジード 暴走状態 赤目5
グルっと一周。
基本は市販品の「ウルトラマンジード(プリミティブ)」と目の色以外は同じ仕様です。
塗装箇所もそれに準じていますね。

中国限定ソフビ ウルトラヒーローシリーズ500 ウルトラマンジード 暴走状態 赤目6
中国限定ソフビ ウルトラヒーローシリーズ500 ウルトラマンジード 暴走状態 赤目7
中国限定ソフビ ウルトラヒーローシリーズ500 ウルトラマンジード 暴走状態 赤目8
顔周りのアップ。
眼の色が異なるだけで全然雰囲気が違いますね。
ジードダークネスの時も思いましたが、より父親に近くなった気がします。

中国限定ソフビ ウルトラヒーローシリーズ500 ウルトラマンジード 暴走状態 赤目9
通常版のジードと比較。
上でも書いた通り、目の色以外は同じ仕様です。
今でもイベントでたまに赤目になる時があって、ショーの盛り上がりに一役買ってくれていますね。

中国限定ソフビ ウルトラヒーローシリーズ500 ウルトラマンジード 暴走状態 赤目10
オマケ、赤目ジードとセットになっているウルトラマントレギアです。
左が中国版で右が日本版です。
足の裏の刻印以外は全く同じ仕様でした。
以上が中国限定ソフビの軽いレビューです。
次の中国限定ソフビは、再び800サイズの方に戻る予定です。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|18:55

中国限定ソフビをご紹介!(ウルトラヒーローシリーズ500 ハンターナイトツルギ)

では、ウルトラマンエックス(ハイブリッドアーマー)に引き続き中国で限定販売されているソフビ人形を取り上げます。
今回は中国限定ソフビの一つ、ウルトラマンメビウスよりハンターナイトツルギをご紹介します。

中国限定ソフビ ウルトラヒーローシリーズ500 ハンターナイトツルギ
中国限定ソフビ ウルトラヒーローシリーズ500 ハンターナイトツルギ0
まずはパッケージから。
こちらは現行ウルトラヒーローシリーズ、つまり500サイズソフビのセット商品です。
相方は劇中で戦ったことが無いゴモラ。

中国限定ソフビ ウルトラヒーローシリーズ500 ハンターナイトツルギ1
こちらが中身のハンターナイトツルギです。
ウルトラマンヒカリは現行ウルトラヒーローシリーズでもラインナップされていますが、
ヒカリのもう1つの姿であるツルギはこれが500サイズ初商品化ですね。
ツルギの新商品というだけでかなり久しぶりな気が。

中国限定ソフビ ウルトラヒーローシリーズ500 ハンターナイトツルギ2
中国限定ソフビ ウルトラヒーローシリーズ500 ハンターナイトツルギ3
中国限定ソフビ ウルトラヒーローシリーズ500 ハンターナイトツルギ4
中国限定ソフビ ウルトラヒーローシリーズ500 ハンターナイトツルギ5
グルっと一周。
全身は濃い目のブルーで成型されています。
右腕に装着されているナイトブレスもある程度塗装されていますね。
かつて発売された800サイズのツルギとよく似た造形をしていますが、それを収縮したものなのか、
それとも完全な新規造型品なのかどうかは不明です。

中国限定ソフビ ウルトラヒーローシリーズ500 ハンターナイトツルギ6
中国限定ソフビ ウルトラヒーローシリーズ500 ハンターナイトツルギ7
中国限定ソフビ ウルトラヒーローシリーズ500 ハンターナイトツルギ8
顔周りのアップ。
目を完全に隠しているだけに、当初は本当にウルトラマンなのかどうか分からないミステリアスさがありましたね~。
このソフビも大まかな部分は塗装されていますし、出来が良い部類に入ると思います。

中国限定ソフビ ウルトラヒーローシリーズ500 ハンターナイトツルギ9
ウルトラマンヒカリと2ショット。
ようやくこのサイズでも並べられることが出来たので嬉しいですね。
ベリアルのアーリースタイルのように、日本でも発売してくれないかな~。

中国限定ソフビ ウルトラヒーローシリーズ500 ハンターナイトツルギ10
中国限定ソフビ ウルトラヒーローシリーズ500 ハンターナイトツルギ11
オマケ、ハンターナイトツルギとセットになっているゴモラです。
左が中国版で右が日本版ですが、中国版は角の赤い模様の色味が濃くなっているほか、
背面が塗装されていないという違いがありました。
以上が中国限定ソフビの軽いレビューです。
次回も中国限定、500サイズの新作ソフビをご紹介します。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|18:55

中国限定ソフビをご紹介!(ウルトラヒーローシリーズ500 ウルトラマンエックス ハイブリッドアーマー)

では、バルタン星人(ベーシカルバージョン)に引き続き中国で限定販売されているソフビ人形を取り上げます。
今回は中国限定ソフビの一つ、ウルトラマンXよりウルトラマンエックス(ハイブリッドアーマー)をご紹介します。
本来は「中国限定ソフビは怪獣しか買わない」と決めていたのですが、
今回の新ラインナップは私好みがあまりにも多くて・・・欲には勝てませんでしたですハイ。

中国限定ソフビ ウルトラヒーローシリーズ500 ウルトラマンエックス ハイブリッドアーマー
中国限定ソフビ ウルトラヒーローシリーズ500 ウルトラマンエックス ハイブリッドアーマー0
まずはパッケージから。
こちらは現行ウルトラヒーローシリーズ、つまり500サイズソフビのセット商品です。
相方は原作通りの対戦相手であるグリーザ(第三形態)。

中国限定ソフビ ウルトラヒーローシリーズ500 ウルトラマンエックス ハイブリッドアーマー1
こちらが中身のウルトラマンエックス(ハイブリッドアーマー)です。
ウルトラマンX最終回のみに登場した最終形態であり、放送当時から商品化に期待していたのですが、
今まではフィギュアーツのパーツ組み換えのみで再現が可能というだけでした。
(厳密に言うとエクスラッガーも必要なのですが)
しかしここに来て中国限定とはいえソフビ化、待ちに待った商品です!

中国限定ソフビ ウルトラヒーローシリーズ500 ウルトラマンエックス ハイブリッドアーマー2
中国限定ソフビ ウルトラヒーローシリーズ500 ウルトラマンエックス ハイブリッドアーマー3
中国限定ソフビ ウルトラヒーローシリーズ500 ウルトラマンエックス ハイブリッドアーマー4
中国限定ソフビ ウルトラヒーローシリーズ500 ウルトラマンエックス ハイブリッドアーマー5
グルっと一周。
上半身はゴモラアーマー、下半身は他のエックスと同様の共通の下半身を使用しています。
両腕のみが新規造型のようですね。
成型色も上半身、ベムスターアーマーのパーツ、下半身が銀ラメで両腕は赤でした。
この色の多さとモンスアーマー特有のボリューム感、これは他のウルトラマンと同じ値段では出せませんよねぇ。

中国限定ソフビ ウルトラヒーローシリーズ500 ウルトラマンエックス ハイブリッドアーマー6
胴体と右肩にはゴモラアーマーを装着。

中国限定ソフビ ウルトラヒーローシリーズ500 ウルトラマンエックス ハイブリッドアーマー7
左肩にはエレキングアーマーを装着。

中国限定ソフビ ウルトラヒーローシリーズ500 ウルトラマンエックス ハイブリッドアーマー8
左腕にはベムスターアーマーを装着。

中国限定ソフビ ウルトラヒーローシリーズ500 ウルトラマンエックス ハイブリッドアーマー9
右腕にはゼットンアーマーを装着。

中国限定ソフビ ウルトラヒーローシリーズ500 ウルトラマンエックス ハイブリッドアーマー10
オマケ。
こちらはウルトラマンエックス(ハイブリッドアーマー)とセットになっているグリーザ(第三形態)です。
左が中国版で右が日本版ですが、足の裏の刻印以外は全く同じ仕様になっていました。

中国限定ソフビ ウルトラヒーローシリーズ500 ウルトラマンエックス ハイブリッドアーマー11
やはりエクスラッガーが無いとどこか寂しい!
以上が中国限定ソフビの軽いレビューです。
次回も引き続き、中国限定500サイズソフビの新作を取り上げます。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|18:23

中国限定ソフビをご紹介!(ウルトラ怪獣シリーズ バルタン星人 ベーシカルバージョン)

では、ビクトリーキラーに引き続き中国で限定販売されているソフビ人形を取り上げます。
今回は中国限定ソフビの一つ、ウルトラマンコスモスよりバルタン星人(ベーシカルバージョン)をご紹介します。
(パッケージ画像も撮影していたのですが、ファイルが全て破損してしまったので中身のみのご紹介となります・・・)

中国限定ソフビ ウルトラ怪獣シリーズ バルタン星人(ベーシカルバージョン)
こちらが中身のバルタン星人(ベーシカルバージョン)です。
サイズは800ソフビこと、旧ウルトラ怪獣シリーズに近いですね。
しかしこちらのベーシカルバルタン、なんと完全新規造型となっています。

中国限定ソフビ ウルトラ怪獣シリーズ バルタン星人(ベーシカルバージョン)0
中国限定ソフビ ウルトラ怪獣シリーズ バルタン星人(ベーシカルバージョン)1
中国限定ソフビ ウルトラ怪獣シリーズ バルタン星人(ベーシカルバージョン)3
各部の塗装箇所は、大怪獣バトル展開時に発売されたソフビと非常に近いです。
しかし全体的に日本版ソフビよりもディテールが甘く、大味な印象を受ける造形ですね。
単体で見ると、決して造形が悪いわけではないのですが。

中国限定ソフビ ウルトラ怪獣シリーズ バルタン星人(ベーシカルバージョン)4
中国限定ソフビ ウルトラ怪獣シリーズ バルタン星人(ベーシカルバージョン)5
中国限定ソフビ ウルトラ怪獣シリーズ バルタン星人(ベーシカルバージョン)6
顔周りのアップ。
クワガタムシのデザインを取り入れたバルタン星人だけに、頭部の角の形状がクワガタの顎のようでカッコいいですね。
ちなみにオレンジ色で塗装されている目は蓄光仕様なので、暗い所だと光ります。
(光量は物凄く弱いですけど)

中国限定ソフビ ウルトラ怪獣シリーズ バルタン星人(ベーシカルバージョン)7
両腕は肘の先から別パーツになっており、こうやって可動させることが出来ます。
(修正:日本版もこのパーツは可動します)

中国限定ソフビ ウルトラ怪獣シリーズ バルタン星人(ベーシカルバージョン)8
最後は比較画像、左が日本版で右が中国限定版となります。
こう見比べると、どのパーツも似ているようで違うことが分かりやすいでしょうか。
以上が中国限定ソフビの軽いレビューです。
次回は久しぶりとなる、中国限定500サイズソフビの新作を取り上げます。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|19:01

ウルトラマン公式店の限定グッズを色々と購入!(ウルトラマンZ関連)

一昨日よりウルトラマン公式店にて発売された、この夏の限定グッズを購入しました。
本来はウルトラマンフェスティバルでも販売する予定だったんだろうなぁ、と思うと開催中止が本当に残念でなりません。
限定ソフビなど色々と購入したので、順番に取り上げたいと思います。


ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンゼット アルファエッジ スペシャルカラーver
ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンゼット アルファエッジ スペシャルカラーver0
ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンゼット アルファエッジ スペシャルカラーver1
ウルトラヒーローシリーズ
ウルトラマンゼット アルファエッジ スペシャルカラーver.

まずはアルファエッジの限定カラーソフビです。
全身がクリア金ラメ成型色になっており、胴体がブルー、腕がホワイト、下半身がレッドで色分けされていますね。
最近の限定ソフビと同様に、塗装箇所は通常版に比べて大幅に省略されています。
こちらには限定ウルトラメダルが付属していますが、それはまた後ほど。


ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンゼット ベータスマッシュ スペシャルカラーver
ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンゼット ベータスマッシュ スペシャルカラーver0
ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンゼット ベータスマッシュ スペシャルカラーver1
ウルトラヒーローシリーズ
ウルトラマンゼット ベータスマッシュ スペシャルカラーver.

続いてはベータスマッシュの限定カラーソフビです。
こちらは全身が金ラメ入りのクリアレッド成型色になっており、各部の塗装もメタリックカラーになっています。
通常版に比べると塗装箇所は減っていますね。
この調子でガンマフューチャーなどの限定ソフビも続々と発売される予感がします。


ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンゼロ ゼロ爆誕ver
ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンゼロ ゼロ爆誕ver0
ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンゼロ ゼロ爆誕ver1
ウルトラヒーローシリーズ
ウルトラマンゼロ ゼロ爆誕ver.

お次はウルトラマンゼロの限定カラーソフビです。
ゼロ誕生10周年を記念する特別アイテムであり、全身が金ラメ入りのクリアイエロー成型になっています。
こちらはウルトラ銀河伝説でセブンを助ける為に、怪獣墓場に降臨したシーンをイメージしたカラーリングらしいです。
確かに金色に輝いていましたけど、既存のウルトラマンゼロのリペイント商品であるため、
左腕にウルティメイトブレスレットを付けた状態になっているのがちょっと残念です。

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンゼロ ゼロ爆誕ver2
そしてアルファエッジとゼロの限定ソフビには、ここでしか手に入らない限定ウルトラメダルが付属しています。
マン、ゼロ、ゼットが映っているメダルはアルファエッジに付属しており、
「ウルトラマンゼット アルファエッジ スペシャル!」「ウルトラ気合い入れて行くぜ!」という専用音声が。
ゼロが映っているメダルはゼロに付属しており、
「ゼロ、テンアニバーサリー!」「ゼロ、師匠!10周年おめでとうございます!」という専用音声が流れます。


指人形 ウルトラマンゼット 限定
指人形 ウルトラマンゼット 限定0
指人形 ウルトラマンゼット 限定1
さて、恒例の限定指人形も発売されました。
ウルトラマンゼットのオリジナルアルファエッジベータスマッシュガンマフューチャーですね。
それぞれクリアカラー成型であり、通常版に先駆けての先行販売となっています。
何気にガンマフューチャーは初の商品化になりますね~。


ぬいぐるみ ウルトラマンゼット ヘビクラ隊長
最後はウルトラヒーローChibiぬいぐるみの新作、ヘビクラです。
まさかのヘビクラ隊長がぬいぐるみ化、防衛チームの隊長が商品化というのは異例すぎます。
まあ薄々とですが理由は分かっていますけど。
時折見せる前髪を下ろした姿な上に目の色が何かを彷彿とさせるオレンジ色、直球すぎる・・・

ぬいぐるみ ウルトラマンゼット ヘビクラ隊長0
ぬいぐるみ ウルトラマンゼット ヘビクラ隊長1
左腕にはセブンガーの顔が印象的なストレイジのエンブレムもプリントされています。
以上が公式店にて購入した限定グッズとなります。
来週も再来週も、恐らくその次の週も新作ソフビが出るようなので本当に嬉しいですね。
ウルトラマンZの番組も盛り上がっていますし、今年は商品展開の方も頑張ってもらいたいです!



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|12:48

ウルトラマンZの新作ソフビをフラゲ!(ウインダム)

明日発売の、ウルトラマンZの新作ソフビをフラゲしました。
今回は1種類が発売となっています。

ウルトラ怪獣シリーズ ウインダム
ウルトラ怪獣シリーズ 124
特空機2号 ウインダム

ウルトラマンZ第4話「二号ロボ起動計画」より登場する、ストレイジが操縦する新型ロボットです。
1号機のセブンガーに比べるとパワーは劣るものの、スピードや必殺攻撃の威力は勝るとされている機体であり、
特空機らしく飛行能力も備えている強力なマシーンだそうです。
主な必殺技は頭部から放つ「レーザーショット」。

ウルトラ怪獣シリーズ ウインダム0
ということで、遂に500サイズソフビにウインダムが仲間入りを果たしました!
今回はカプセル怪獣名義ではありませんけど、デザインそのものは初代ウインダムを踏襲していますね。
造型もメビウスから使用されているマケット怪獣版ウインダムに似ていますし、
Z版ウインダムのスーツはあれを手直ししたのでしょうかね?
出来は見ての通り、造形&塗装に至るまで一切の隙がありません。

ウルトラ怪獣シリーズ ウインダム1
ウルトラ怪獣シリーズ ウインダム2
横と後ろから。
可動箇所は両腕と腰です。
成型色は白ですが、全身がシルバーで「くるみ塗装」されているので質感はバッチリ。
ロボット怪獣はこういう塗装方式が多いので、とても出来が良いのが嬉しいです。
全身の穴状ディテールも再現度が高く、めちゃくちゃカッコいいですこのウインダム・・・・

ウルトラ怪獣シリーズ ウインダム3
ウルトラ怪獣シリーズ ウインダム4
ウルトラ怪獣シリーズ ウインダム5
顔周りのアップ。
THE 成田亨デザインといった面構えがたまりません。
首元の赤いパーツまで塗り分けされていますし、塗装に関してはほぼ完璧なのではないでしょうか。
ペガッサ星人ペガもそうでしたけど、また一つウルトラ怪獣シリーズに傑作が誕生したと言っていいと思います。

ウルトラ怪獣シリーズ ウインダム6
セブンガー、専用車両(トミカですけど!)、ウインダムとストレイジグッズが充実してきました!
以上がウインダムの軽いレビューです。
とにかく「出来が良い」の一言なので、超オススメのソフビ人形です。
次回はウルトラマン公式店で購入した限定グッズをご紹介します。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(1)トラックバック:(0)|19:14

ウルトラヒーローシリーズの新作を購入!(ウルトラマンゼット ベータスマッシュ)

昨日から発売された、ウルトラヒーローシリーズの新作ソフビを購入しました。
今回は1種類が発売となっております。

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンゼット ベータスマッシュ
ウルトラヒーローシリーズ 76
ウルトラマンゼット ベータスマッシュ

ウルトラマンゼットがウルトラマンメダル、ウルトラマンエースメダル、ウルトラマンタロウメダルを使用し、変身した姿です。
3人のパワーや必殺技を受け継いでおり、その超パワーで敵を圧倒するストロングスタイルなタイプであり、
プロレス技を多用するほか、怪獣を軽々と投げ飛ばす姿も見られました。
主な必殺技は「ゼスティウムアッパー」など。

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンゼット ベータスマッシュ0
昨日の放送で初登場となった、ベータスマッシュが定番ソフビになりました。
いわゆる筋肉キャラなので、これまでに登場したパワーファイター達のように筋骨隆々なスーツになっていますね。
ソフビでもその辺りは再現されており、去年のウルトラマンタイタスのようにムキムキな造形です。
今回は全身が赤いので、より力強い印象を受けました。

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンゼット ベータスマッシュ1
ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンゼット ベータスマッシュ2
横と後ろから。
全身は赤い成型色で再現。


ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンゼット ベータスマッシュ3
ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンゼット ベータスマッシュ4
ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンゼット ベータスマッシュ5
顔周りのアップ。
レッドマンやウルトラマントレギアを彷彿とさせる、マスク状のパーツで覆われた顔が良いですね。
ゼットのトサカが素材となったエースのトサカを彷彿とさせる目立ちっぷりになっていたり、
タロウのようなプロテクターが胸に出現していたりと、デザインの混ぜ方も面白いです。

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンゼット ベータスマッシュ6
1、2、3、ダーーーーッ!!
以上がウルトラマンゼット ベータスマッシュの軽いレビューです。
同日発売のヤマダ電機限定ソフビは売り切れで買い逃してしまいました、ウルトラショック!
来週はウインダムが発売予定となっております。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|12:38
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ