FC2ブログ

大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

【動画投稿】 ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻 part63

第1回目の記事はこちらになっています!
http://ultramanasina.blog102.fc2.com/blog-entry-1466.html


ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻63
https://www.nicovideo.jp/watch/sm38633852

ゆっくり怪獣解説動画の第六十三回目を投稿致しました。
今回はウルトラマンゼロより「究極超獣 ゼロキラーザウルス」、大怪獣ラッシュより「プラズマキラーザウルス」、
ウルトラファイトビクトリーより「異次元超人 ビクトリーキラー」、
ULTRAMANより「超一流の殺し屋(エースキラー)」、超闘士激伝より「エースキラー」、「ヤプール王」をご紹介。

大変お待たせ致しました。
ヤプール&エースキラーシリーズ特集の完結編です。
ウルトラマンZや博品館劇場など、次々と更新される異次元の勢いに負けて動画を作り直しておりました。
今回はウルトラマンゼロからの活躍を振り返りつつ、超闘士激伝やULTRAMANといった、
漫画&アニメ作品を中心に構成しております。

世界が違えばヤプールの扱いも全く異なるのが面白い所で、
偶然か否か、超闘士とULTRAMANでは意思疎通の測れる味方サイドキャラクターになっているんですよね。
特に超闘士では新章で美味しい活躍を見せてくれたのが記憶に新しいですし、
それでいて悪側のヤプールも描ききるというファン納得のストーリー仕立てになっていたのがお見事!
一方のエースキラーは・・・両作品だと対照的な性格でしたねw

ULTRAMANでは超一流の殺し屋さんが大のお気に入りでして、
アニメ版で平田さんの声がついた+ボスキャラとして強くしぶとくなったのが本当に嬉しかったです。
いつかリアル等身のフィギュアかプラモデルか発売されないかな~と。
ウルトラマンZについては最新作ということでザックリと取り上げるに留まっておりますが、
あのエース客演回は何度見返しても燃えますね、とにかく楽しいお話でした。

今回も面白いと感じて頂けたら動画へのコメントや、マイリスト登録して頂けるとありがたいです。
では、お楽しみ下さいませ~ 。




にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|11:10

ゴジラの新作ソフビを購入!(ムービーモンスターシリーズ アンギラス、マンダ)

本日より、ゴジラS.Pの新作ソフビが発売されました。
今回は2種類が同時発売となっております。


ムービーモンスターシリーズ アンギラス
ムービーモンスターシリーズ
アンギラス -ゴジラS.P-

アニメに登場したアンギラスが、ムビモン枠でソフビ化となりました。
劇中では「とある特殊能力」を披露しており、従来のアンギラスとは大きく異なる印象を受けるキャラとなっています。
ゴジラS.Pらしく巨大怪獣というわけではありませんが・・・?

ムービーモンスターシリーズ アンギラス0
ムービーモンスターシリーズ アンギラス1
ムービーモンスターシリーズ アンギラス2
アンギラスと言えば甲羅などに付いている多数のトゲですが、このソフビはとにかく造形が素晴らしく、
各部がデフォルメ気味とはいえイメージを損なわずに立体化されています。
このトゲトゲっぷり、子供向けソフビでここまで成型に気合を入れてくれるのは嬉しいです。

ムービーモンスターシリーズ アンギラス3
ムービーモンスターシリーズ アンギラス4
ムービーモンスターシリーズ アンギラス5
ムービーモンスターシリーズ アンギラス6
ムービーモンスターシリーズ アンギラス7
ムービーモンスターシリーズ アンギラス8
上と下から。
腹などもしっかり造形&塗装されています。
従来のアンギラスより、更に元となったアンキロサウルスのイメージに近付いているような気が。
ちなみにタグは購入時より外れておりました・・・

ムービーモンスターシリーズ アンギラス9
ムービーモンスターシリーズ アンギラス10
ムービーモンスターシリーズ アンギラス11
顔周りのアップ。
細部に渡るディテールの出来がとても良いです。
表情も怖さと愛らしさが両方感じられて好みですね~。

ムービーモンスターシリーズ アンギラス12
可動箇所は両前足、両後足、尻尾です。
サイズは高さ約11m、横幅約9cm、長さ約30cm。
手にした時のサイズ感がちょうどいい感じでした。


ムービーモンスターシリーズ マンダ
ムービーモンスターシリーズ
マンダ -ゴジラS.P-

アンギラスと同時発売されたのが、同じくアニメに登場しているマンダです。
マンダがムビモンというかバンダイから定番枠でソフビ化されるのは史上初!
これまで食玩のオマケなどでしか商品化されてきませんでしたからね~。

ムービーモンスターシリーズ マンダ0
ムービーモンスターシリーズ マンダ1
ムービーモンスターシリーズ マンダ2
マンダと言えば龍や蛇の特徴を持つ怪獣ということで、ソフビもとにかく細長いです。
玩具売り場で見た時は、旧ウルトラ怪獣シリーズのナースを思い出しましたw
他のマンダも発売されればさぞシュールな光景になりそう・・・

ムービーモンスターシリーズ マンダ3
ムービーモンスターシリーズ マンダ4
ムービーモンスターシリーズ マンダ5
ムービーモンスターシリーズ マンダ6
ムービーモンスターシリーズ マンダ7
ムービーモンスターシリーズ マンダ8
上下から。
このマンダは手足がカマキリの腕のようになっており、ソフビでは折り畳んだ状態で造形されています。
腹は全て白く塗装されていますね。
しかし、尻尾の先端がゴジラの背鰭と同じ形状をしているのは何か意味があるのでしょうか。

ムービーモンスターシリーズ マンダ9
ムービーモンスターシリーズ マンダ10
ムービーモンスターシリーズ マンダ11
顔周りのアップ。
表情や触角のような髭など、どことなく甲殻類を彷彿とさせる印象に仕上がっています。
全身にあるウロコ状ディテールも細かいですね。

ムービーモンスターシリーズ マンダ12
可動箇所というかなんというか。
各部が分割されているので、こうやって回すことも可能です。
サイズは高さ約4cm、横幅約3cm、長さ約33cmでした。


ムービーモンスターシリーズ マンダ13
以上がアンギラスとマンダの軽いレビューです。
ゴジラS.P、劇中で目立つ怪獣はこうしてソフビ化されるのでしょうかね?
ラドンを!ラドンを早く!!



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|12:08

ゴジラの新作ソフビを購入!(ムービーモンスターシリーズ ゴジラアクアティリス)

本日より、ゴジラS.Pの新作ソフビが発売されました。
発売日前日に公式から告知されるという、あまりに急な発売に驚きましたね~。

ムービーモンスターシリーズ ゴジラアクアティリス
ムービーモンスターシリーズ
ゴジラアクアティリス -ゴジラS.P-

アニメは現在第4話までNetflixで配信されていますが、
まだチラっとしか出ていないキャラクターなので謎が多い怪獣ですね。
名前と登場時の音楽からしてゴジラの亜種(?)のようですが・・・?

ムービーモンスターシリーズ ゴジラアクアティリス0
ムービーモンスターシリーズ ゴジラアクアティリス1
ムービーモンスターシリーズ ゴジラアクアティリス2
全身はとても長く、このソフビ人形も全長34cmほどあります。
水生生物らしいフォルムではありますけど、背中にはゴジラらしい特徴的な背鰭があるので、やはりゴジラなのでしょうか。

ムービーモンスターシリーズ ゴジラアクアティリス3
ムービーモンスターシリーズ ゴジラアクアティリス4
ムービーモンスターシリーズ ゴジラアクアティリス5
ムービーモンスターシリーズ ゴジラアクアティリス6
ムービーモンスターシリーズ ゴジラアクアティリス7
ムービーモンスターシリーズ ゴジラアクアティリス8
上と下から。
全身は小豆色の成型色です。
しかしこのデザイン、見れば見るほど・・・

ムービーモンスターシリーズ ゴジラアクアティリス9
ムービーモンスターシリーズ ゴジラアクアティリス10
ムービーモンスターシリーズ ゴジラアクアティリス11
顔周りのアップ。
魚類や爬虫類を彷彿とさせる面構えですね。
そんなことよりもこのカラーリング、ヒレ、触角・・・どう見てもチタノザウルスですよね?
単にそれのオマージュ的なデザインをしているだけなのか、それとも何か意味があるのか。
同じく海中から出現し続けているラドンの群れにもゴジラらしきパーツがありましたし、気になりますねぇ。

ムービーモンスターシリーズ ゴジラアクアティリス12
可動箇所は両腕と尻尾です。
PVでは海面から大きく飛び跳ねる姿も見せていましたが、まさかこれがゴジラだったとは。

ムービーモンスターシリーズ ゴジラアクアティリス13
発売済みのゴジラウルティマと比較。
アニメではウルティマらしき骨が登場していますけど、このゴジラアクアティリスはどういう立ち位置になるのでしょうかね。
シン・ゴジラのように形態変化でもするのか、それとも・・・?

ムービーモンスターシリーズ ゴジラアクアティリス14
以上がゴジラアクアティリスの軽いレビューです。
ゴジラS.P、今月は更にアンギラスとマンダがソフビ化されるそうなので、
どこまで登場怪獣が商品化するのか楽しみですね!



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|12:35

ウルトラ大怪獣シリーズ5000が到着!(テペト、テロチルス)

プレミアムバンダイ限定「ウルトラ大怪獣シリーズ5000」の新作が到着しました。
今回はこちらの2種類が商品化となっています。


ウルトラ大怪獣シリーズ5000 テペト
カッパ怪獣 テペト
ウルトラセブンの第41話「水中からの挑戦」 に登場した宇宙怪獣です。
テペト星人によって操られている怪獣で、彼らが湖に出現させた卵のような物体の内部から出現。
主人であるテペト星人ともども、日本の妖怪である河童に酷似した姿をしていますが関連性は不明です。
ウルトラセブンとの戦いでは降参したフリをして攻撃するという騙し討ち戦法を仕掛けたり、
頭の皿から光線を発射していましたが、セブンの敵ではなく最後はアイスラッガーで真っ二つにされてしまいました。

ウルトラ大怪獣シリーズ5000 テペト0
シリーズ第4弾、まずはテペトからご紹介していきます。
テペトがバンダイからソフビ化された事は一度もなく、更に少年リックの大怪獣シリーズでも未発売!
それがいきなり5000シリーズで商品化されたのは驚きでした。

ウルトラ大怪獣シリーズ5000 テペト1
ウルトラ大怪獣シリーズ5000 テペト2
ウルトラ大怪獣シリーズ5000 テペト3
グルリと一周。
劇中スチール写真が少ない怪獣の一体にも関わらず、ディテールなども細かく造形されています。
ポージングもテペトらしいものに仕上がっていますし、ウロコなどの塗装など全体的な出来はかなり良いと思います。
(写真では分かり辛いですが、頭部のお皿もシルバーで塗装されています)

ウルトラ大怪獣シリーズ5000 テペト4
ウルトラ大怪獣シリーズ5000 テペト5
ウルトラ大怪獣シリーズ5000 テペト6
バストアップ。
一つ目は当然ながら、赤く見え隠れする口(?)まで塗装されている細かさ。
塗れたように少しテカっている質感も好みですね。

ウルトラ大怪獣シリーズ5000 テペト7
お馴染みの、旧ウルトラ怪獣シリーズを彷彿とさせるデザインの付属タグです。
まさかテペトがこのタグの仲間入りを果たす日が来るとは・・・w


ウルトラ大怪獣シリーズ5000 テロチルス
始祖怪鳥 テロチルス
帰ってきたウルトラマンの第16話「大怪鳥テロチルスの謎」、第17話「怪鳥テロチルス 東京大空爆」に登場した、
始祖鳥かそれに近い種の生き物が生き残り進化をしたとされる怪獣です。
悪島から東京へと巣作りの為に飛来し、口から白い糸を吐いて巨大な巣を作り上げました。
この糸は排気ガスと混ざると赤い毒ガスになる習性を持っており、東京一帯を大混乱に陥れています。
超高速で飛行し、更に鼻先から棘のような光線を放つなど戦闘力も高い怪獣でした。

ウルトラ大怪獣シリーズ5000 テロチルス0
テペトと同時に発売されたのは、このテロチルスです。
バンダイのウルトラ怪獣シリーズでは過去に発売されたことが無いキャラクターですね。
(ポピーのキングザウルスシリーズではソフビ化されています)

ウルトラ大怪獣シリーズ5000 テロチルス1
ウルトラ大怪獣シリーズ5000 テロチルス2
ウルトラ大怪獣シリーズ5000 テロチルス3
グルりと一周。
羽が存在する怪獣なので、かなりボリュームのある仕上がりになっています。
首の羽毛?のようなパーツや全身のシワのようなディテールなど、とにかく造形のレベルが高いです。
元になった大怪獣シリーズのテロチルスの出来が良いおかげでもありますね。

ウルトラ大怪獣シリーズ5000 テロチルス4
ウルトラ大怪獣シリーズ5000 テロチルス5
ウルトラ大怪獣シリーズ5000 テロチルス6
バストアップ。
鳥のようでそうではない、絶妙な異形感のある頭部が素晴らしいです。
そして首元にある覗き穴まで再現されている細かさw
このサイズに縮小しても見劣りしないディテールは凄いなぁ・・・

ウルトラ大怪獣シリーズ5000 テロチルス7
付属タグです。
前後編怪獣ですし、テロチルスもこのタグの時代であればソフビ化する可能性もあったと思うのですが。


ウルトラ大怪獣シリーズ5000 テロチルス8
800サイズの旧ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンと比較。
テペトは高さ約17cm、テロチルスは高さ約20cmほどです。

ウルトラ大怪獣シリーズ5000 テロチルス9
以上がテペトとテロチルスの軽いレビューです。
渋い、本当にチョイスが渋いですこのシリーズ。
これからもブロッケン、マグラー、プラチク星人とまだまだ続くようなので楽しみですね!



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|19:35

恐怖の円盤生物フィギュアシリーズ! ブラックスター(恐怖の円盤生物キーホルダー!)

では、私が所持している円盤生物のフィギュアを紹介する、不定期コーナーの第31回目となります。
今回は「ブラックスター」の新作フィギュアをご紹介します。

円盤生物 ブラックスター 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト
こちらは「株式会社キャスト」の「恐怖の円盤生物キーホルダー!」シリーズの一つであり、
ひらかたパークのイベント開催時に購入したものになります。

円盤生物 ブラックスター 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト0
まずチョイスに目を疑いますよね、ブラックスターですよブラックスター。
ウルトラマンメビウスの外伝小説で「ブラックスターそのものも円盤生物だったのでは?」と推察されていたとはいえ、
まさかのフィギュア化に驚きを隠せません。
この破片からロベルガーが誕生したとはいえ、惑星のキーホルダーですからね・・・w
正面?にある巨大な火山の噴火口(に見える場所)は赤く塗装されています。

円盤生物 ブラックスター 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト1
円盤生物 ブラックスター 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト2
円盤生物 ブラックスター 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト3
左右と後ろから。
左にある巨大な噴火口らしき場所は緑色で塗装されています。
背面には版権表記があるので、こちらを後ろ側と見ています。

円盤生物 ブラックスター 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト4
円盤生物 ブラックスター 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト5
上と下から。
このサイズでは石ころにしか見えませんけど、ブラックスター表面にあるクレーターなども造形されています。

円盤生物 ブラックスター 恐怖の円盤生物キーホルダー! キャスト6
こちらは付属ヘッダーになります。
以上がブラックスターの軽いレビューです。
これにて円盤生物キーホルダーのウルトラマンレオ編は終了。
残る3種の番外キャラクターも近いうちに取り上げたいと思います。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|18:24

プライズ限定ソフビを入手!(ウルトラマンティガ、ウルトラマンダイナ、ウルトラマンガイア)

では、先週末にゲームセンターで入手した限定ソフビをご紹介します。
私が行った場所は大変取りやすい設定だったので入手は比較的楽だったのですが、
最初からタグが取り外された状態だったのでそちらの画像はありません。
ご了承くださいませ。

ウルトラヒーローシリーズ ウルクロZ ウルトラマンティガ(マルチタイプ)石化ver
ウルトラヒーローシリーズ
ウルトラマンティガ(マルチタイプ)石化ver.

まずはウルトラマンティガの限定カラーソフビです。
こちらは石化バージョンということで、第1話に登場したティガの石像をイメージしたカラーリングになっています。

ウルトラヒーローシリーズ ウルクロZ ウルトラマンティガ(マルチタイプ)石化ver0
ウルトラヒーローシリーズ ウルクロZ ウルトラマンティガ(マルチタイプ)石化ver1
造型は通常のティガ マルチタイプと同じで、全身はラメ入りのグレー成型色となっています。
塗装箇所は一切なし、石像なので違和感はありませんね。

ウルトラヒーローシリーズ ウルクロZ ウルトラマンティガ(マルチタイプ)石化ver2
ウルトラヒーローシリーズ ウルクロZ ウルトラマンティガ(マルチタイプ)石化ver3
ティガ マルチタイプのソフビや、限定品である光と闇の決戦セットに付属していた石像ティガと比較。
これで1話と最終章の石像ティガが共にソフビ化となりましたね~。


ウルトラヒーローシリーズ ウルクロZ ウルトラマンダイナ(フラッシュタイプ)変身時発光ver
ウルトラヒーローシリーズ
ウルトラマンダイナ(フラッシュタイプ)変身時発光ver.

お次はウルトラマンダイナの限定カラーソフビです。
こちらは変身時発光バージョンということで、初期の変身シーンをイメージしたカラーリングになっています。

ウルトラヒーローシリーズ ウルクロZ ウルトラマンダイナ(フラッシュタイプ)変身時発光ver0
ウルトラヒーローシリーズ ウルクロZ ウルトラマンダイナ(フラッシュタイプ)変身時発光ver1
造型は通常のダイナ フラッシュタイプと同じで、全身はラメ入りのクリアブルー成型色となっています。
前面、目、カラータイマーが塗装されていますね。

ウルトラヒーローシリーズ ウルクロZ ウルトラマンダイナ(フラッシュタイプ)変身時発光ver2
通常のダイナ フラッシュタイプと比較。
まるで色が違うので印象がかなり異なって見えます。


ウルトラヒーローシリーズ ウルクロZ ウルトラマンガイア(V2)光の巨人ver
ウルトラヒーローシリーズ
ウルトラマンガイア(V2)光の巨人ver.

最後はウルトラマンガイアの限定カラーソフビです。
こちらは光の巨人バージョンということで、最初に我夢の前に現れた姿をイメージしたカラーリングになっています。
(あれはV2ではないですけど、商品はV2のリペイントなのでこのような名義になっていると思われます)

ウルトラヒーローシリーズ ウルクロZ ウルトラマンガイア(V2)光の巨人ver0
ウルトラヒーローシリーズ ウルクロZ ウルトラマンガイア(V2)光の巨人ver1
造型は通常のガイア V2と同じで、全身はラメ入りのクリアレッド成型色となっています。
前面、目、カラータイマーが塗装されていますね。

ウルトラヒーローシリーズ ウルクロZ ウルトラマンガイア(V2)光の巨人ver2
通常のガイア V2と比較。
リペイントだけで再現できますし、通常のガイアV1も現行サイズでソフビ化してほしいですね~。


ウルトラヒーローシリーズ ウルクロZ ウルトラマンガイア(V2)光の巨人ver3
以上がティガ、ダイナ、ガイア限定ソフビの軽いレビューです。
今後もガーディー、イーヴィルティガ(再販)、ゲランダ、ゾイガー、カミーラ、ダーラム、ヒュドラの発売が決定。
そしてティガダーク&ティガトルネード&ティガブラストの限定ソフビもプレミアムバンダイで予約受付中ですし、
平成3部作の新商品がまだまだ止まらないようで楽しみですね!



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|12:28
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ