大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

ウルトラマン列伝 第37話

ウルトラマン列伝 タイトル
昨日、第37話が放送されました!
第37話 「スフィアの脅威!太陽系消滅!!」
ウルトラマンダイナ第50話「最終章Ⅱ 太陽系消滅」の内容を放送しました。

火星の施設に駆け付けたスーパーGUTSの面々。
しかしそこにリョウとアスカの姿は無く、生き残ったレイカは二人はここには居ないと話します。
そんな時、謎の巨大な闇が出現。
冥王星を飲み込んだこの物体を撃退すべく出撃した、コスモアタッカー部隊も全滅。
スーパーGUTSの分析により、この闇は太陽系全ての惑星を狙っている事が発覚。
周囲に張り巡らされた強力な重力場のせいで攻撃も受け付けず、
スーパーGUTSは一時撤退を余儀なくされます。
一方、火星の大地を彷徨い、倒れこむアスカ。
そのアスカを、謎の人物が助けます。
目を覚ましたアスカは火星に存在するとある家に匿われており、
そこで少女と女性に介抱されていたのでした。
その女性は、かつてGUTSの隊員であったレナ!
アスカを助けたレナの主人は、バイオパークに居る事をアスカは知ります。

スーパーGUTSは闇の正体を突き止め、それは惑星クラスの大きさであるスフィアである事を知ります。
現状兵器でこの敵を止められない事を知っているTPCは、
一度封印した強力なパワーを持つ「ネオマキシマ砲」を解禁する事を決意。
一方、リョウはレイカと共にガッツシャドウに乗り込んでアスカを捜索していたのでした。
リョウは過去にレイカの大切な人が怪獣に殺され、
ウルトラマンの力を自由に使える計画に賛同していた事を知ります。
しかし、今のレイカはウルトラマンダイナであるアスカを信じている様子。

アスカはバイオパークで命の恩人に礼を言いますが、
その命の恩人は元GUTS隊員でありウルトラマンティガであったマドカ・ダイゴでした。
今のダイゴは火星で植物の栽培研究を行っており、
何時か火星の大地を植物でいっぱいにし、子供達が遊べたらいいなという理想を抱いている様子。
ガッツシャドウが到着し、アスカはまだダイゴに話したい事が色々あると言いますが、
それはダイゴも同じだと話します。
ダイゴはアスカの正体を見抜いており、かつてウルトラマンとして苦悩した経験があるが、
最後に決断するのは自分自身の意思である事をアスカに伝えます。

リョウに拾われたアスカはリーフラッシャーを受け取り、他の隊員達と合流すべくガニメデへと急ぎます。
ガニメデではクラーコフにネオマキシマ砲が搭載され、
そこには映画のモネラ星人襲撃事件で利用された、キサラギ・ルイ博士の姿も。
更に、元GUTS隊員のヤズミもバックアップとして加わり作戦の開始を待ちます。
そこに、スフィア合成獣ネオガイガレードが作戦の妨害をすべく登場。
迎え撃つスーパーGUTSでしたが、ネオガイガレードの強力なバリアーに阻まれ攻撃は受け付けません。
クラーコフへ向かって進むネオガイガレードでしたが、そこにウルトラマンダイナが到着。
激しい戦闘を繰り広げますが、ガッツシャドウの援軍もありダイナはネオガイガレードを何とか食い止めます。
闇が近付きつつある中、ネオマキシマ砲のエネルギーも充電完了。
クラーコフは浮上しますが、人工太陽を消滅させた闇はいよいよガニメデへも影響を与え始めます。
ネオマキシマ砲の発射準備が完了し、いよいよ闇に向かって撃ち込もうとした時、
その前にガッツシャドウを掴んだネオガイガレードが立ち塞がります。
リョウを盾にし、攻撃を阻止しようとするスフィア。
苦渋の選択を強いられたヒビキ隊長ですが、これ以上の被害は出せないとネオマキシマ砲発射を決意。
リョウも自分に構わず撃てと叫びますが、その前にダイナが登場。
「俺は今、君だけを守りたい」とリョウに話し、ネオガイガレードからガッツシャドウを奪還。
その隙にクラーコフからネオマキシマ砲が発射され・・・
ウルトラマン列伝 ネオガイガレード

最終章の中編という事で、敵の正体が超巨大なスフィアである事が発覚。
更にレナ、ダイゴ、ヤズミ、キサラギとこれまで様々な脅威に立ち向かった人々もゲストで登場。
特にウルトラマン同士である、ダイゴとアスカの会話は物語的にもかなり重要なシーンとなっています。
(あの場面でティガの名曲が流れるのは色んな意味で反則w)
ダイゴとヤズミはこれまでダイナ内では登場していなかったので、
ここで遂に登場したのは放送当時にかなり燃えた記憶がありますね~
前回のゴンドウ参謀や今回のキサラギ博士など、
劇場版のストーリーともリンクする演出がたまりませんでした。

戦いはいよいよクライマックスへ。
次回は特撮ヒーロー史の中でもかなり珍しい、
衝撃的な結末を迎えるウルトラマンダイナ最終回となっております。
映画「ウルトラマンサーガ」に続く、つるのさん演じるアスカの特別メッセージも放送される模様ですよ~


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|00:45
トラックバックURL - http://ultramanasina.blog102.fc2.com/tb.php/1091-89856bde
コメント
そんなこんなで どんけつ 2012/03/15 11:34 id:hq/NCGns
惑星級の巨大なスフィアというのは、歴代ウルトラシリーズの中でも、トップクラスの大きさですよね(にも関わらず、ダイナのソルジェント光線であっけなく爆発四散してしまうのですが…)。巨大怪獣は大体300~400m(Uキラーザウルス・ネオ、アークベリアル、ハイパーゼットン・ギガント)が定番で、ギガキマイラで全長約800m、ベリュドラで4,000mですから、惑星級は実質計測不能ですね。「ウルトラマンサーガ」ではスフィアの残党がS-GUTS火星基地を襲撃、その後バット星人に捕獲されあっという間にハイパーゼットンの餌に…(^△^;)。ウルトラシリーズの映画はみんなどこかで繋がってるんですよね。そんなこんなで公開までいよいよ1週間と少し!!来週19日には主題歌「Lost the way」とサントラをフラゲして参ります(≧▽≦)b!「HOBBY JAPAN」の特集記事にあったおか監督の旧友で造型師の寒河江さんによると、この映画はまず2D版で熱いドラマを堪能して、その後3D版で迫力の映像を楽しむのがオススメの観方だそうです。なので、私も24日に2D版と3D版合わせて2回観ようと思ってます!!
ベリアルの部下 2012/03/16 01:36 id:-
ついに最終回ですね!つるの剛さんのメッセージの放送もあるとは知りませんでした。ガイガレードがどのようにスフィアにとりつかれたのかわかりませんが、僕は結構好きな怪獣の部類です。

どんけつ様>映画でもラスボスでもありませんがバキューモンもお忘れなく・・・^^
忘れてた…(^∀^;) どんけつ 2012/03/16 08:18 id:hq/NCGns
ベリアルの部下様>
確かにそうでした(笑)。バキューモンは惑星さえも飲み込む無限大の敵ですからね。あいつは確かジャックに体内から攻撃されてやられたんでしたっけ?こうしてみると今の世の中、特撮ヒーローが戦う相手に巨大モンスターは欠かせなくなりましたが、ウルトラシリーズは結構昔から桁違いのスケールの敵を生み出しているんですよね。
さんちょう 2012/03/16 12:33 id:-
ダイナとネオガイガレードが対峙して木星が飲み込まれようとするシーンがとても緊迫感があってお気に入りです。当時CGがまだそこまで発達していない時代によくあんなすごい映像作ったなあと思いました。 スッタフの方々の情熱を感じます。
まなしな 2012/03/18 10:55 id:q0noyqXo
>どんけつ様
バキューモンといいグランスフィアといい、
図体は巨大なのですが防御力がイマイチでしたねw

>ベリアルの部下様
ガイガレードは宇宙空間を高速で飛行可能なので、
急いでダイナの元に向かわせるには好都合な存在だったのかもしれませんね。

>さんちょう様
当時はまだまだCGの使用方法や技術が未熟でしたからね。
それでも平成3部作は徐々にスキルアップしていく様が見れるのが面白いですが。
コメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

トラックバック
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ