大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

S.H.MonsterArts スペースゴジラ

S.H.MonsterArts(エス、エイチ、モンスターアーツ)の最新作を購入しました。
今回も私の世代直撃である、平成のVSシリーズよりチョイスされています。

モンスターアーツ スペースゴジラ
スペースゴジラ
空へと消えたビオランテ、もしくは宇宙へ飛び去ったモスラに付着していたゴジラの細胞が宇宙へと行き、
そこでブラックホールに飲み込まれ、結晶生物や恒星のエネルギーを吸収して細胞が異常進化。
宇宙の環境に適応した、スペースゴジラとして誕生してしまったのがこの姿となります。
自分の分身である本物のゴジラを倒す為に、宇宙空間より地球に向かって結晶体を道標代わりに射出。
ゴジラとリトルゴジラが生息しているバース島を目指し宇宙空間を飛行していましたが、
G-フォースの新兵器であるモゲラが地球進入を防ぐ為に攻撃を仕掛けます。
しかしそのモゲラを難なく戦闘不能状態へと追い込み、遂にバース島へと到着。
ゴジラに大ダメージを与え、リトルゴジラを人質代わりに結晶体に封じ込めてしまうのでした。
スペースゴジラが宇宙からエネルギーを取り込む為に目を付けたのは、福岡県にある福岡タワー。
その周囲を結晶体だらけに変え、福岡タワー周辺を自分の戦闘テリトリーとしたのですが、
怒るゴジラとモゲラのアシストにより福岡タワーは倒壊。
更に肩のクリスタルを破壊されエネルギー吸収が不可能となり、
モゲラの手痛い一撃やゴジラの怒涛の猛攻を受け遂に倒されてしまうのでした。

VSシリーズの人気怪獣である、スペースゴジラがアクションフィギュア化となりました。
宇宙空間を飛行する際は背中に巨大な結晶体が生えたり、
独自の電磁波であらゆる機械類を駄目にしたり、
結晶体や重力を自在に操る超能力やゴジラの熱線を跳ね返すバリアーを展開出来る等、
その戦闘力や特殊能力はゴジラシリーズにおいてもかなりのレベルである強敵でしたね~
SFCの超ゴジラを友達とプレイ済みだった私はスペースゴジラのデザインが公開された時に、
「これゲームでゴジラが進化した姿やん!」と友達と話題になったのを思い出しますw
(実際、超ゴジラのデザインがスペースゴジラの元になったんですよね)
あの超ゴジラがまさかゴジラの敵になるなんて思いもしませんでしたし、
しかも水晶の要素も取り入れて更にデザインがかっこよくなったのも驚きました。
ちなみに私としてはスペースゴジラの口周りのデザイン的に、
ビオランテに付着していたG細胞が進化した姿だと考えています。

モンスターアーツ スペースゴジラ0
顔のドアップ。
額の黄色いクリスタルはクリアパーツ成型。
目の表情や顔付き等、実際のスーツを思い出させる素晴らしい出来になっていますね。
今回はゴジラに続いて、酒井ゆうじ氏が原型を担当されています。
口は当然開閉可能で、口内のディテールも作り込まれていました。

モンスターアーツ スペースゴジラ1
正面から。
全身のディテールやお腹の少しグロい部分までよく出来ていました。
写真では明るめの青に写っていますが、実物は劇中に近い濃い目の紺色となっています。

モンスターアーツ スペースゴジラ2
肩や背びれのクリスタルはクリア成型になっており、その上から塗装されています。
強い光を受けると少しだけ透けて見えて綺麗でしたね。
グラデーション塗装も施されており、かなり美しい見栄えになっていました。

モンスターアーツ スペースゴジラ3
背面です。
モゲラの腹を貫いた、尻尾の先端にあるクリスタルも綺麗ですねぇ。

モンスターアーツ スペースゴジラ4
全身の各部が可動し、実物のスーツより動くので様々な表情を付ける事が可能となっています。
可動範囲はゴジラよりもやや広めのような?

モンスターアーツ スペースゴジラ5
付属エフェクトパーツと支柱&専用台座を使用する事で、
口から放つ「コロナ・ビーム」を再現する事が可能となっています。
スペゴジと言えばこの技ですよね。

モンスターアーツ スペースゴジラ6
口の中に挟み込む方式で、上手くすれば支え無しで使用する事も可能。
パールイエローの塗装がこれまた綺麗で、劇中通りのうねった様な光線の造型も良いですね。

モンスターアーツ スペースゴジラ7
台座はスペースゴジラの能力で、地面から水晶体が突き出たデザインになっています。
パール塗装が美しく、これはもっと数があればスペースゴジラのバトルフィールドが再現出来そうですね。
(魂ウェブ限定商品のリトルゴジラに付属するクリスタルも要チェックです)

今回のフィギュアはスペースゴジラの宇宙的な美しさ、怪しさが良く表現されていたと思います。
とにかく塗装が綺麗なのが高ポイントでしたね。
新作のファイヤーラドンの発売も決まりましたし、
今後もVSシリーズの怪獣が充実して行きそうで何よりです。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(4)トラックバック:(0)|17:46
トラックバックURL - http://ultramanasina.blog102.fc2.com/tb.php/1099-cf55e458
コメント
ウルトラの星 2012/03/27 10:44 id:-
僕も昨日購入しました!初めてのS.H.Mだったのですが、すごいボリューム感ですね。ずっしりと重い感じがなんともいえません。「ゴジラVSスペースゴジラ」はまだ見ていないので、劇中での活躍も近日中に確認したいとお思います。
はるか&かのんパパ 2012/03/27 22:35 id:-
凄い出来栄えですね! 私も買いたい(^_^)v
(いつもショッピング情報として活用させていただいております)

飛行形態が結晶体で、発射というより噴射という感じで本物以上に美しいオプティカルな熱線! 降臨するや回りに水晶体の柱が林立した空間を作り出すなど、思い出すだけでまらない怪獣ですね~ェ
確かモゲラは宇宙空間でスペースゴジラを迎撃。その後、スペースゴジラに向かって九州の山中を移動中の”本物”にも攻撃を加えるなど、人間側のドラマもなかなか見応えがあった映画でした。

その後、ガイアの映画(ティガ・ダイナが客演)でキングオブモンスを観た時、?スペースゴジラに似てると思ったのは私だけでしょうか?
どちらも映画を観た後、「怪獣王」だから、それもアリと勝手に納得した私でした。
まなしな 2012/03/29 19:37 id:q0noyqXo
>ウルトラの星様
VSシリーズは全てストーリーが繋がっているので、
84年版ゴジラから順に見る事をお勧めします。

>はるか&かのんパパ様
宇宙イメージだからか、地球怪獣には無い煌びやかなイメージの怪獣でしたね、
キングギドラやガイガン等にも通じる魅力だと思います。
ウルトラマンベルゼブブ 2012/03/31 20:54 id:-
やっぱかっこいいですね、スペースゴジラ!というかもう発売していたとは失念でした(汗)
ゴジラに関してもつい最近購入したもので…

スペースゴジラのデザインはやはりあの超ゴジラがモデルでしたか!?流石に腹ビーム(攻略本で超ゴジラ最強の技名がこれでした)は取り除かれてるようですがね。
バガンに関しても何らかの形で登場してもらいたいですね(^_^)v←(モスラVSバガンが世に出ていれば実現も可能だったかも?)
コメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

トラックバック
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ