大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

S.H.MonsterArts MOGERA(モゲラ)

S.H.MonsterArts(エス、エイチ、モンスターアーツ)の最新作を購入しました。
今回発売されたのはこちらのキャラクターとなっています。

モンスターアーツ モゲラ
MOGERA
G-フォースがメカゴジラの後に製造した対ゴジラ用兵器であり、
正式名称は「Mobile Operation Godzilla Expert Robot Aero-type(対ゴジラ作戦用飛行型機動ロボット)」。
それらの頭文字を取って、「MOGERA(モゲラ)」と呼ばれています。
上半身を地中走行用戦車の「ランドモゲラー」、下半身を高速戦闘機の「スターファルコン」に分離可能であり、
状況に応じて分離や合体をし、戦いを優位に運ぶ事が可能な万能ロボットとして開発されました。
初出撃は宇宙から飛来したスペースゴジラ撃退の為でしたが、スペースゴジラの電磁波や強力な光線技に敗退。
後に地球で再度調整が行われ、武装面が大幅に強化されゴジラやスペースゴジラに挑む事となります。
メカゴジラに負けず劣らずの豊富な武装や、
分離しての2機での攻撃でスペースゴジラを倒そうとするゴジラをサポート。
スペースゴジラのエネルギー中継場所である福岡タワーの支柱を地下から破壊したり、
エネルギーを受けているスペースゴジラの両肩の結晶を破壊するなど大活躍を見せました。
スペースゴジラの攻撃で大破した後は捨て身の特攻でスペースゴジラを怯ませ、
最後はゴジラの熱線を受けスペースゴジラ共々爆発の中に消えるのでした・・・
(3人の操縦者は全員が脱出に成功)

メカゴジラに続く、Gフォースの巨大ロボットがモンスターアーツでアクションフィギュア化となりました。
メカゴジラはガルーダとの合体でパワーアップするという演出がありましたが、
こちらは2機の戦闘機に分離するという点が子供心を擽られましたね~
当時発売された、分離&合体可能なモゲラのフィギュアは未だに手放していません。
今回のフィギュアは流石に分離機能の再現はありませんでしたが、
モゲラの魅力を十分に伝えてくれる代物となっています。

モンスターアーツ モゲラ0
正面から。
造型&塗装共に作りがかなり丁寧で、全身はもちろんフル塗装。
口のドリルや背中のノコギリ部分が尖っているので、触る時はくれぐれもご注意をw

モンスターアーツ モゲラ1
背面から。
一部パーツが合金仕様なので、ロボット怪獣らしく重さがズッシリと来るのが良いですね~
尻尾や足の裏のノズル部分もしっかり塗装されていました。

モンスターアーツ モゲラ2
顔のドアップ。
目はクリアパーツで表現されており、内部の模様もしっかり再現されています。
モゲラの持ち味である口のドリルが、しっかりと回転するのが細かいですね。

モンスターアーツ モゲラ3
元々のデザインのせいもありますが、下半身はあまり動きません。
最も、劇中でも歩行よりはホバーでの移動が多かったので、スーツそのものも動きが制限されていたのでしょう。
上半身はそれなりに動きます。

モンスターアーツ モゲラ4
首、尻尾パーツの一部、足パーツの一部を差し替える事により、飛行形態も再現が可能となっています。
メカゴジラもそうでしたが、こういう配慮は嬉しい限りですね。

モンスターアーツ モゲラ5
横から。
スペースゴジラの飛行形態と対峙させたい所ですが、
あの巨大な結晶体を商品化しようと思うと軽く万単位は飛びそうですね・・・w

モンスターアーツ モゲラ6
腕パーツは閉じた状態のものと開閉可能なものの2種類が入っており、
開閉可能なものは腕の中に「スパイラルグレネードミサイル」を取り付ける事が可能です。
これは当時発売されたモゲラの玩具でも再現されていて嬉しかったですね~

モンスターアーツ モゲラ7
スパイラルグレネードミサイルを発射した煙エフェクトパーツも2つ付属するのですが・・・
撮影スペースに入りきらないほど長い!とにかく長い!
モゲラの腕のクリック関節のお陰で、封入されている支柱無しでも一応再現は可能となっています。

モンスターアーツ モゲラ8
こちらは支柱を刺す為の専用台座。
福岡の市街地を再現したであろう街並みになっています。

モンスターアーツ モゲラ9
背中パーツを外し、中にあるボタンを押す事で胸パーツが取れ、
胸パーツを差し替える事によって「プラズマメーサーキャノン」発射形態へ。

モンスターアーツ モゲラ10
そこに専用エフェクトパーツを被せ、
支柱と台座で支えればプラズマメーサーキャノンを発射している様子が再現出来ます。
こちらの台座も、街並みの道路が再現されています。

モンスターアーツも、商品が出る毎に段々とクオリティが上がっているのを実感出来ますね、
前回のスペースゴジラもそうでしたが、値段だけあって塗装も丁寧で好感が持てます。
次は限定品のリトルゴジラ、そして一般販売品ではファイヤーラドンと続くので、
今後のキャラクター達にも期待したいと思います。
キングギドラは今から置き場所を考えておかないと・・・w


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|13:53
トラックバックURL - http://ultramanasina.blog102.fc2.com/tb.php/1135-d10d49b5
コメント
マルス133 2012/05/14 19:38 id:IJzSxIP2
遂にでましたか~MOGERA。メカゴジラと並べてGフォースロボットコンビっていうのもイイですね~。
プラズマメーサーキャノンのエフェクトパーツがスペシウム光線みたいです。
予約したリトルゴジラも後は届くのを待つだけです。
2013年のヒーロークロスオーバー映画、もしこんな内容だったら? どんけつ 2012/05/16 08:41 id:hq/NCGns
MOGERA何気に好きなロボットです。昔ソフビも持ってました。元ネタは侵略者の侵略兵器でしたっけ?そして全く関係ない話で申し訳ありませんが、以前コメントで話題に挙がっていた「2013年に公開するかもしれないウルトラマン×仮面ライダー×スーパー戦隊」の映画がもしこんな内容だったらどうでしょうというオール妄想ネタでお送り致します(笑)。
①謎の宇宙人の影響により「フォーゼ」の世界と「ゴーバスターズの世界」が融合!人々が混乱…
②ゾディアーツとヴァグラスに対抗するために戦うフォーゼとゴーバスターズ!更に謎の宇宙人を追ってウルトラマンゼロもこの世界に飛来!
③地球に到着したゼロだが、ゴーバスターズに巨大メガゾードと間違えられる(笑)。とりあえず人間態になって逃げた先が天高。
④そこには仮面ライダー部の面々がいた。ひょんな事から自分の正体がウルトラマンゼロであることがばれてしまうが、仮面ライダー部の面々は持ち前のおおらかさであっさり受け入れ、弦太朗とはウマが合ったのか友情のシルシを交わす。
⑤そこにゾディアーツとヴァグラスが襲来!弦太朗と流星はフォーゼとメテオに変身し、ゴーバスターズも到着!しかし、謎の宇宙人の影響で力が増しているのか苦戦を強いられる。交わした友情に応えるためにゼロも変身!持ち前の強さでフォーゼとゴーバスターズを助ける!
⑥仮面ライダー部の面々は大喜びし、ゴーバスターズとの誤解も解けた。しかし、遂に謎の宇宙人がゾディアーツとヴァグラスの力を利用して襲来!今こそ3大ヒーローが力を合わせて悪に立ち向かう!
…といった感じです(笑)。収拾がつかなくなりそうなオールヒーロー大集結という感じではなく、ゼロ・フォーゼ・ゴーバスターズに絞れば何となく話の整合性がつくかなと思いました。皆さんはどう思いますか?
極悪地球人 2012/05/23 21:40 id:-
当時、モゲラの復活は意外&嬉しかったですね。しかし見所はスペゴジさんに取られて若干影が薄いのが残念・・・・。
コメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

トラックバック
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ