大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

ウルトラマン列伝 第53話

ウルトラマン列伝 タイトル
本日、第53話が放送されました!
第53話 「救えマックス!伝説の龍!!」
ウルトラマンマックス第9話「龍の恋人」の内容を放送しました。

まずはOPが新しくなり、映像も今後放送予定のウルトラ銀河伝説やキラーザビートスターがメインに。
高見沢さんの歌に合わせて最後にポーズを決める、
新生ウルティメイトフォースゼロの5人勢揃いの図がかっこよかったですね~
ゼロの新モードであるストロングコロナゼロ&ルナミラクルゼロもTV初登場となりました。


さて、本編ですが「奈津川村」と呼ばれる村が今回の舞台となります。
村に人を呼び戻す為にリゾート開発計画が持ち上がるのですが、
村長は開発計画の場所に、昔から言い伝えのある「龍の祠」があるので開発を拒んでいます。
村長の息子は開発に乗り気なのですが、父である村長は首を縦には振りません。
そこで村長を納得させる為に、観光客を呼び戻す作戦を思い立つのでした。
数日後、TVでは連日のように奈津川村の湖に龍が居るという話題で持ちきりに。
この事にDASHも関心を持ち、カイトとミズキの2人が村の調査に乗り出します。
しかし、2人の調査では巨大生物の動きはキャッチ出来ないのでした。
2人は引き上げようとするのですが、カイトは白い服を来た女の子が気になって後を追いかけます。
その女の子はこの土地に伝わるナツノメリュウの伝説をカイトに話し、
龍は土地を汚した者に襲い掛かったのですが、村の英雄によって祠に封じられた事を話します。
今のままだとリゾート開発により再び龍が目覚めてしまうので、
それを阻止して村を助けてほしいとカイトに話すのでした。

一方、DASH本部では湖に出現した龍の映像を解析し、偽者である事を見破ります。
村長の息子はヤラセである事を認めますが、反省はしていない様子。
村長も今日は一大行事である花火大会の日なので、
どうか内密にしておいて欲しいとカイトとミズキに頼み込むのでした。
再び白い服を着た女の子に出会ったカイトは、
祠に手を出したら龍が本当に暴れだすと再度警告されます。
龍を七色の光の中に封じた英雄の話も付け加え、
今の村には英雄は居ませんがカイトならそれが出来るとメッセージを伝えて消えてしまうのでした。

花火大会が始まる中、村長の息子はリゾート開発の障害となっている龍の祠を襲撃します。
カイトもそこに駆け付けるのですが、村長の息子は仲間達と共に祠を完全に破壊してしまうのでした。
その時、湖から巨大な龍が出現!
伝説通り、怒り狂うナツノメリュウが炎の翼を羽ばたかせて宙を舞うのでした。
花火大会の見物に来ていた客や、村に住む人々は龍の出現に逃げ惑います。
地上に降り立ち、炎を吐いて辺りを業火に包むナツノメリュウ。
ミズキ隊員に避難誘導を任せたカイトは変身しようとするのですが、
白い服を着た女の子に止められてしまいます。
全部人間の行いのせいだと話す女の子に対し、伝説を信じきれなかった自分も責任があると話すカイト。
カイトはマックススパークでウルトラマンマックスへと変身し、
暴れるナツノメリュウへと挑むのでした。

ナツノメリュウに次々と攻撃を仕掛け、燃え盛る炎も超能力で鎮めたマックス。
尚も暴れようとするナツノメリュウにトドメのマクシウムカノンを放とうとするのですが、
龍の涙から白い服を着た女の子が現れて静止されてしまうのでした。
龍はただこの村を守りたかっただけだと話し、
この怒りと憎しみは村の人々にも伝わったはずだと話す女の子はナツノメリュウに帰る様に説得をします。
マックスはその言葉に答え、ナツノメリュウを光の中に送り出すのでした。
その光景は、村に伝わる伝説の英雄と瓜二つ。
村の人々はその光景を見て驚き、今度は自分達が伝説を伝える番である事を知ります。
戦いが終わり、湖の畔を歩くカイトはある女性と出会います。
その女性は、昔に亡くなった自分の娘へ花を手向けている最中でした。
娘の写真を見たカイトは驚き、何とその姿は龍と関わりを持っていたあの女の子と瓜二つ・・・
ウルトラマン列伝 ナツノメリュウ

気温や湿度が高くなり、いよいよ夏も本番という事で夏らしいエピソードが放送されましたね。
少し怪談じみた所や、燃え盛る炎の特撮、花火をバックに出現するマックスと夏の要素が満載でした。
ナツノメリュウのスーツはとにかく首や尻尾が長く、
ソフビ人形でもそれが再現されていて嬉しかったのを覚えていますね~
劇中では更に炎の翼が生えるなど、色々と豪華なイメージを持つ怪獣でした。

さて、次回は7月10日の「ウルトラマンの日」の直後という事で、
初代ウルトラマンよりアボラスとバニラの2大怪獣が暴れるエピソードを放送予定となっています。
こちらも特撮がかなり豪華な話なので楽しみですね~


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|19:20
トラックバックURL - http://ultramanasina.blog102.fc2.com/tb.php/1186-a2b063ba
コメント
どんけつ 2012/07/05 09:20 id:hq/NCGns
2年目に突入した「ウル列」最初のエピソードですね。「マックス」は風刺や現代批判を混ぜ込んだ作品が多く、それは第1期ウルトラシリーズに通ずるものがあります。この「龍の恋人」も、本来崇め尊ぶべきものを忘れ去った人間の傲慢さが浮き彫りにされています。ウルトラシリーズは子供達に問題提起やメッセージを投げかける本質があるので、こういったエピソードが多いのかもしれませんね。さて、今回からOPが「ULTRA STEEL」にチェンジ!!私はまだOP映像を見ていませんが、CDを聴く限り、かつて無いほど格好いいウルトラソングに仕上がってると感じました。勿論。C/Wの「君だけを守りたい」もばっちり聴きましたよ!感涙…(T∀T)。2年目を迎えてますます勢いに乗る「ウル列」、これからも楽しみにしています。
まなしな 2012/07/05 18:12 id:q0noyqXo
>どんけつ様
怪談オチもノンマルトを思い起こさせるものでしたね。
CDはまだ買えていないので、「君だけを守りたい」を聞くのが楽しみです。
はるか&かのんパパ 2012/07/05 22:02 id:nop6DpOI
龍にまつわるストーリーには惹かれるものがあります。
物心ついて初めて観た龍型怪獣はキングギドラでしたが、ウルトラ怪獣で龍型の双璧はミズノエノリュウと今回登場のナツノメリュウでしょうね。(ナースは?? まあ「宇宙竜」ということで・・・・)
日本人は無宗教と言われる割に「龍」には特別な尊敬と畏怖の念があるのかもしれませんね(^_^)v
また、「ウルトラマンは神ではない」ため、龍「神」である龍型怪獣を倒さないのも魅力の一つかもしれません。
はるか&かのんパパ 2012/07/05 22:12 id:nop6DpOI
連続コメントお許しください。
ナツノメノリュウのスーツを地デジで観て、オンタイムのアナログ放送では分からなかった、顔の細かい所まで丁寧に作り込まれていることを確認し、非常に感激しました。
まなしな 2012/07/06 09:26 id:q0noyqXo
>はるか&かのんパパ様
西洋のドラゴン及び東洋の龍は、
昔から伝説上の怪物の中でも特別な存在に位置付けられていますね。
ミズノエノリュウといい、ウルトラシリーズとの相性も良いモチーフだと私も感じています。
コメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

トラックバック
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ