大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

レトロ系ソフビ人形について語ってみる

怪獣ソフビ人形といえば、今現在主流なのはバンダイから発売されている「ウルトラ怪獣シリーズ」ですが、
日本の怪獣ソフビ人形そのものの歴史はこのシリーズが始まるよりずっと前から続いており、
ウルトラシリーズ及び日本の怪獣ものとほぼ同じ年数の歴史を歩んでいると言っても過言ではありません。
怪獣ソフビは「マルサン(マルザン)」に始まり、「ブルマァク」、「ポピー」、
そして「バンダイ」と大まかに分けると4つの会社がこの業界を牽引していた事になりますね。

今のウルトラ怪獣シリーズはポピーの「キングザウルスシリーズ」の企画を引き継いでおり、
商品の大まかなサイズの決定や実物のスーツに近付けたリアルな造型路線もここからスタートしています。
キングザウルスシリーズでは塗装面が玩具的な色合いが多かったのですが、
ウルトラ怪獣シリーズからは塗装も出来るだけ現物に近付けようとする商品が目立っているのも特徴ですね。
↓キングザウルスシリーズ一例
カタログ ポピー

一方のマルサンやブルマァクの時代では、子供が親しみやすい様にキャラクターの造型がディフォルメ化され、
塗装も派手な玩具っぽいカラーリングのものが目立っていました。
(造型に関しては、資料不足で似ていないというキャラクターも多かったそうですが)
第一次&第二次怪獣ブームを牽引した大きな要因でもあるこのシリーズは今でも人気が高く、
極初期に発売されたものや一部の少数生産商品に関しては、
たまに数十万~数百万円で取引されてちょっとしたニュースにもなっていますね。
大きさはウルトラ怪獣シリーズよりもふた回りほど大きく、ボリュームのある所も人気の秘訣でしょうか。
↓ブルマァク商品一例
カタログ ブルマァク

この項目で取り上げるレトロ系ソフビ人形は、
マルサンやブルマァクテイストに仕上げられた平成の世に生み出された怪獣ソフビ人形になります。
昔懐かしいテイストで作られただけではなく、
当時のシリーズでは発売されていなかったキャラクター達を「補完」する役割も担っており、
少数生産なので単価は普通のソフビ人形と比べるとかなり高いのですが、
驚くほどマイナーなキャラも立体化されているというのが強みなんですよね。
(既にこのブログでは円盤生物ブリザードなんかを取り上げていますが)
今現在、精力的にこの辺の商品を出し続けているメーカーの代表格が
マルサン
ブルマァク
M1号
ビリケン商会
マーミット
ベアモデル
やまなや(旧:円谷コミュニケーションズ)
となっています。
マーミットさんの新作がウルトラマンAの「アクエリウス」という事だけで、
そのラインナップの凄さが解って頂けるんじゃないかと・・・w
(丁度ウルトラマン列伝の公式ブログでは、
ブルマァクの新作であるウルトラマンゼロのレトロ風ソフビ人形が取り上げられていますね)

ただ現物に似せるのでは無く、どこか造型が緩く、塗装も実際のスーツとは関係の無い色を使う。
そのカラーリングのセンスが良ければ、オリジナルには無い魅力が出るという辺が凄く「良い」んですよね。
この魅力に気が付けたのもここ数年の事になりますが、
私も一怪獣ファンとしてそういう類の商品も少しずつ集めていたりしていました。
円盤生物に関してはブリザードの様に別の項目でご紹介する予定ですが、
ここはそれに当てはまらないキャラクターを随時紹介して行く予定です。

以前の記事でもご紹介しましたが、
「ウルトラ怪獣.com」というサイトにはこういうレトロ系のソフビ人形がほぼ全て掲載されております。
(今はウルトラセブン以外の項目がオープンしています)
少しでも興味を持たれた方は是非覗いてみて下さい。
その量に圧倒されると思いますので・・・w

特に記事にする話題が無ければ、明日に1体目のソフビ人形をご紹介する予定です。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(3)トラックバック:(0)|21:25
トラックバックURL - http://ultramanasina.blog102.fc2.com/tb.php/1248-2ea3c17d
コメント
すっごく可愛い!! GYUN 2012/09/08 22:36 id:-
配色も独特で欲しいなァ!
特にバルタンが超可愛い!霊夢も大喜びしそうですね…
まなしなさんは本当に詳しくて、文章読んでると、子供の時代を思い出します。
またウルトラブーム来ないかなぁ…
ちょろQ 2012/09/09 10:30 id:hq/NCGns
公式ブログでブルマァク版のウルトラマンゼロソフビが発売されるとの情報がありましたが、他のサイトで調べてみたところ、レトロ系ソフビって以外に値が張るんですね…。今の私にはとても手が出せる代物ではありません。でも、機会があったら、ゼロのソフビ3種は買ってみたいです。
まなしな 2012/09/09 17:06 id:q0noyqXo
>GYUN様
レトロソフビ最大の魅力は、配色センスにあると思います。
ピンク色のアボラスとかも平気で存在しますからねw

>ちょろQ様
レトロ系は基本的に定価5000円といった所ですからね。
時間が経つと、徐々に取引される値段が上がっていく所も困りものです。
コメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

トラックバック
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ