大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

私が愛する悪役名簿 その9「マージョ一味」

不定期更新の企画です。
私が好きな作品の中でも、特にお気に入りの悪役をご紹介していくこのコーナー。
前回の記事ではクロノ・トリガーのラヴォスを取り上げましたが、
第9回はTVアニメ作品「タイムボカン」より、マージョ一味をご紹介します。

タイムボカンはタツノコプロによって製作されたアニメーション作品であり、
後にシリーズ化する「タイムボカンシリーズ」の第一作目で、
シリーズで一番有名な「ヤッターマン」は第二作目なのでその元祖と呼べる存在ですね。
「木江田博士」が発明したタイムボカンと呼ばれるタイムマシーンの第一号、
「タイムメカブトン」の試運転中に博士が行方不明となり、
「ペラ助」と呼ばれるお喋りなオウムだけが現代に戻ってきてしまうという事件が発生。
そのオウムは「ダイナモンド」と呼ばれるとても美しい宝石を身に着けており、
それを密かに持ち出したグロッキーという名の博士の助手をしていた細身の男は、
実はマージョという名の悪人の手下でした。
グロッキーは博士の下で働きながらタイムマシーンの技術を盗み出し、
マージョが気に入ったダイナモンドを集める為に相方のワルサーと共に様々な時代へと繰り出す事になります。
一方、グロッキーと共に博士の助手をしていた少年「丹平」と博士の孫娘「淳子」、
丹平が作ったロボット「チョロ坊」は博士を探す為に、
博士が消えた時代を知っているペラ助の証言を聞きながら様々な時代へと行く事になり、
その先々でダイナモンドを求めるマージョ一味と戦う事となるのでした・・・

基本は丹平達とマージョ一味があちこちの時代で戦うというシンプルなストーリーであり、
この時点でタイムボカンシリーズの基礎はほとんど完成されていますね。
私はタイムマシーンであるタイムメカブトンのデザインが大好きで、
後に登場するタイムドタバッタン、タイムクワガッタンと3機共に昆虫型のフォルムが素敵なんですよね~
タイムワープする時の当時最先端だったCGによる表現などかなり時代を先取りした映像や、
独特のデザインセンスなど、少し古いのですがお洒落なイメージもこの作品の良い所だと思っています。

さて、そんなタイムボカンですが、
やはりシリーズを通して登場するメインキャラクターと言えば
美人で色っぽいボス格の女性
細身で鼻が長くて出っ歯な発明家
ゴリラの様な体型で関西弁を話す力持ちの男
というお馴染みの面々で構成されている「三悪」でしょう。
一番有名なのはヤッターマンに登場した「ドロンボー一味」ですが、
今回取り上げるのはその元祖と言える三悪になっております。
シリーズによってはややキャラクター性やデザインが違っていますが、
基本パターンと声優は全く同じなのでイメージが湧きやすいのではないかと・・・w

マージョ一味:マージョ、グロッキー、ワルサー
(声優:小原乃梨子、八奈見乗児、たてかべ和也)

タイムボカン マージョ ワルサー グロッキー
マ「さァ、しゅっぱ~つ!」
グ「ヨイヨイサ!」
ワ「ホイホイサ!」

マージョはシリーズでお馴染みの三悪の女性リーダーであり、自他共に認める美貌の持ち主なのですが、
美しいダイナモンドに一目惚れをしている悪人であり、目的の為なら手段を選ばない冷酷な面も持っています。
しかしそれよりもグロッキーやワルサーとつるんでいるコミカルなシーンが目立ち、
これが後々の「三悪」に影響した大きな要素だと思いますね。
ただ、元祖だけはあり悪役っぷりはシリーズ一。
目的の為なら相手を殺そうとする事にも躊躇せず、実際に(昆虫人ですが)殺人を行った経験も。
その美貌を使った誘惑で相手を虜にするのが大得意ですが、
ヘビや絶叫マシーンが苦手という女性らしい一面も垣間見せています。
個人的な見解なのですが、歴代タイムボカン悪女の中では一番美人だと思うんですよねw
実際、平成に入ってからのゲームやOVAで再登場した時もかなり美人に描かれている事が多いですし。
年齢は30歳で、声優は旧のび太役でお馴染みの小原さん。

グロッキーはシリーズでお馴染みの三悪の頭脳であり、独特の「~なのよ」という口調も既に健在。
鼻が高く出っ歯なデザインも既に完成されていますが、人相がやや悪いのが最初の作品らしい所ですかねw
他の同系統のキャラクターに比べると、かなり背が高いという点も大きく違う所です。
基本的にコミカルなキャラクターであり、
タイムボカンシリーズの顔とも呼べる存在感をこの時点で発揮しているのは凄いな~とw
女子高生好きでボスの女性(今回はマージョ)の事も大好きという性格も既に確率されています。
毎回作るメカの基礎になるタイムマシーン「タイムガイコッツ」を作った張本人。
年齢は25歳で、声優はドラゴンボールのナレーション等でお馴染みの八奈見さん。

ワルサーもシリーズでお馴染みの三悪の怪力担当であり、
「~でまんねん」という怪しい関西弁の口調も既に確率されています。
肉弾戦や物を運んだりする事が大の得意であり、
グロッキーと共にメカを作るシーンはもはやお馴染みの光景でしたね。
こちらも後のシリーズのキャラクターに比べるとやや人相が悪いのですが、
少し抜けた性格などはさほど違いが無く、この時点でキャラクターがほぼ完成されているんですよね。
年齢は35歳で、声優は旧ジャイアン役でお馴染みのたてかべさん。
なので、後のシリーズでも小原さんと組んでドラえもんネタをする事がしばしばw

この3人は「今週のハイライト」でタイムボカンを倒そうとすると必ず失敗し、
返り討ちや自爆等によって負けてしまうというパターンで毎回終わってしまうんですよね。
目的であるダイナモンドも最終的には手に入れる事が出来たのですが、
ダイナモンドは長時間空気に触れているとその輝きを失ってしまう特性があり、
結局はただの石ころとなってしまうという悲惨な結果に終わってしまいます・・・w

タイムボカン マージョ ワルサー グロッキー0
三悪の魅力というのは、やはり自由で勝手で気ままという所でしょうか。
何度やられても必ず蘇り、次回でまた主人公達に挑むという「安心感」も他では得られないものがありますw
演じる3人の声優さん達もノリノリで、アドリブを入れまくりながら演じられていたというのは有名なお話ですね。
それが特に目立ち始めるのが次回作のヤッターマンに登場したドロンボー一味であり、
完成されたデザインと共に時代を超えた人気を獲得する事となります。
(声優さん達もお歳なのに、つい最近放送されたリメイク版ヤッターマンでも健在だったのが凄い!)
ちなみにこのマージョ一味とドロンボー一味は当初同一人物だと扱われており、
劇中でもそれを匂わせる発言などが多々あったのですが・・・
後に別人扱いと設定され、歴代三悪が共演する話ではしっかり並び立っていました。
このマージョ一味も元祖という事で、歴代シリーズに度々カメオ出演などを行っていましたね~

デザイン担当はファイナルファンタジーシリーズのキャラクターデザインやイメージ画でお馴染みの、
天野喜孝さんというのも今聞くと凄く豪華なイメージを持ってしまいます。
そんな三悪の元祖であるマージョ一味を今回は取り上げてみました。
「タ~イムボカンを追いかけて~ それゆけそれゆけガイコッツ~♪
ツンツン! ガ~イコッツ~♪(ウハハ!ウハハ!ウハハのハ!)」




にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|02:42
トラックバックURL - http://ultramanasina.blog102.fc2.com/tb.php/1280-50b5dff8
コメント
: 2012/10/07 12:22 id:-
タイムボカーンの三悪は私も大好きな悪役でしたね。
三人が歌う歌を覚えてよく歌ったものです。
主人公よりも彼らに勝ってほしくて毎回(再放送)、ドジする彼らに「なにやってんの!」とツッコミしまくったものです。
しかし、三悪のほとんどが最終回で悲惨と言うかろくでもないというか切ない最終回を迎えるんですよね。
ヤッターマンの三悪は実写版では真の主人公と言っても過言ではないぐらいに活躍し2008年ではよりコミカルにより小悪党になって苦労人+悲哀度アップと本当に飽きがこない人達ですよね。
そんな三悪も全ては彼等から始まったと思うと感慨深いものがありますね。

自分も悪役は大好きですから悪役名簿、次回も楽しみにしています。
では、
マルス133 2012/10/07 19:21 id:IJzSxIP2
マージョ一味こそ、僕が愛する悪役ナンバー1だと思います。
現在BSフジで毎週土曜の朝8時にタイムボカンが再放送されてるので見たらハマってしまい、いつの間にか毎週見るようになりました。
ついついタイムボカンよりもマージョ一味の方に注目してしまいます。
最後はどんなやられ方なのかなぁと楽しんでいます。リクエストとして仮面ライダーのショッカー戦闘員もお願いします。
まなしな 2012/10/08 11:52 id:q0noyqXo
>名無し様
EDでも使われている「それゆけガイコッツ」は名曲ですよね。
イントロがドロンボーのテーマでも使われていましたし。
毎回勝てそうで勝てない辺りも、彼らの人気が出た理由の一つなんでしょうね~

>マルス133様
そういえばBSで再放送していたんですね。
(15年ぐらい前の関西地上波でもヤッターマンは夏休みによく再放送していましたが)
ショッカー戦闘員は今の所予定は無いですね~
仮面ライダーのキャラは3人ほど取り上げる予定では居ますけど。
極悪地球人 2012/10/08 22:19 id:-
この3悪達は絶対に主役より目立ってますよね(笑)
いつも後一歩と言う所のつめの悪さはご愛嬌・・・・。
実写版にしても(これはやったーマンですが)やはり主役より話題を集めていましたね~(とくにドロンジョ様)
まなしな 2012/10/09 20:00 id:q0noyqXo
>極悪地球人様
ボカンシリーズは三悪が主役みたいなものですからねw
実写版ドロンボー一味も配役がピッタリだったので大満足でした。
コメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

トラックバック
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ