大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

ウルトラマン列伝 第94話

ウルトラマン列伝 タイトル
本日、第94話が放送されました!
第94話 「ようこそ地球へ!さらばバルタン星人!!」
ウルトラマンマックス第34話「ようこそ!地球へ 後編 さらば!バルタン星人」の内容を放送しました。

ダークバルタンの猛威により敗れ去ったウルトラマンマックス。
変身者のトウマ・カイトも瓦礫の下敷きとなり、身動きが取れない状態に・・・
穏健派のタイニーバルタンは大っぴらな行動が出来ない為、勉やミズキ隊員の協力で方舟アークへと戻り、
そのまま故郷のバルタン星にある、とあるアイテムを取りに帰ります。
一方、重力バランスが崩されて苦しむDASH基地。
システムの要でもあるエリーを正気に戻す為、ヒジカタ隊長はエリーが好意を寄せていたコバ隊員に、
愛の力で説得するように命令をします。
コバ隊員はその事に気が付いていなかったのか最初は戸惑いますが、
エリーに話しかけている内にエリーは段々と正気を取り戻し、遂に自我を取り戻します。
ショーン隊員もそれに乗じてシステムを元に戻そうとしますが、失敗して重力バランスが逆転。
そして元通りになったDASHは、ミズキ隊員の連絡を受けてダークバルタンとの決戦に挑みます。
しかしダークバルタンの超能力と科学力は段違いであり、やはり苦戦を強いられてしまいます。

地球に帰ってきたタイニーバルタンは勉や子供達を連れてカイトの元へと急ぎ、
自分が作った特殊な結晶体のエネルギーを使い、再びカイトをウルトラマンマックスへと変身させます。
しかしダークバルタンは体をバラバラにされても平気な顔をしており、
その科学力でとんでもない数のバルタン星人へと分身!
マックスも負けじと分身して戦いを挑みますが、
あのマックスギャラクシーすら受け付けないダークバルタンには大苦戦。
このまま再びマックスが敗れるかと思ったその時、
タイニーバルタンはバルタン星から持ってきた「銅鐸」の様なものを子供達と打ち鳴らし、
その音色でダークバルタンの荒ぶる心を鎮めます。

すっかり戦意を失ったダークバルタンは膝を付いて動かなくなり、
そこに「メタモルフォーザー」を持ってきたダテ博士が登場。
メタモルフォーザーを受けたダークバルタンは、何と人間の姿に変身するのでした。
その姿を見たタイニーバルタンの回想によって、
かつて平和だったバルタン星人達も地球人と似た様な姿であった事が明かされるのでした。
全てが終わり、故郷へと変えるダークバルタンとタイニーバルタンを見送る勉やDASH達。
警察官もその一部始終を見届け、地球の今後は大丈夫だと確信するのですが、
その足元には不法投棄されたゴミの山があふれており・・・
ウルトラマン列伝 ダークバルタン

という事で、ウルトラシリーズ史上においてもとんでもないバトルが展開される、
ウルトラマンマックスのバルタン星人前後編の後編でした。
あのダークバルタンの分身力についていけるウルトラマンマックスも相当なものですが、
それを更に凌駕するダークバルタンの特殊能力の数々・・・
今回はタイニーバルタンの助けが無ければ、確実にマックスは敗れていたでしょう。
ゲストとして前編に続き真夏竜さんが例の指輪を付けて出演していたり、
唐突に登場する二瓶正也さん演じるダテ博士も重要な役回りでしたね~
トミオカ長官達が話していた通り、地球人の宇宙進出や環境破壊における問題がテーマとなったこのお話。
ラストシーンのゴミも、これから人間達が直面していく大きな問題の一つという意味を込めているのでしょう。
この地球環境問題はウルトラマンマックスのテーマですが、それは最終章でも大きく関わる事になります・・・

次回はウルトラマンガイアの総集編前編、高山我夢のナビゲートという豪華なお話です。
youtubeでは、先週分のお話が配信されております。



にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|18:54
トラックバックURL - http://ultramanasina.blog102.fc2.com/tb.php/1455-ebabc1a3
コメント
てゃん 2013/04/17 19:12 id:PcXBI2y.
バルタン星人の事情をかなり詳しく描写してましたね。さすがは飯島監督といったところでしょうか。
しかし、せっかく穏健派バルタンタイニーと過激派ダークを出したのに二人が銅鐸の場面になるまで全く絡みが無かったのが少々残念。
バルタンたちがしきりに「お茶の子さいさい」と言っていたのも6代目ぽくてイイ!w
そして例の超分身バトル!
「仮面ライダーOOO」の分身するガタキリバの撮影にはかなりの予算がかかるらしいですが、無重力状態やCGといい、いったい今回は幾らかかってるんでしょうか?(仮面ライダーの話スミマセンwwww)
それにしても伏線もなしにいきなり銅鐸を出したのはどうかと思いました。地球とバルタンの文化は似ているというのは面白いですが、それなら前回から示唆してくれればいいのに…
くどくど言いましたが、私この話大好きですw
長文失礼しました~。
闇従者 2013/04/17 20:16 id:x8WRXstU
普通に更新されているようで、安心しました。
先日の件が、ずっと気になっていましたので・・・。

感想ですが、何度見ても…ダークバルタンはチート過ぎ、此処まで滅茶苦茶やってくれると、清々しさを覚えますね。勿論、良い意味でですが^^;
ちょろQ 2013/04/17 20:36 id:hq/NCGns
以前、何かの雑誌でバルタン星人の生みの親である飯島監督が「バルタン星人は人間の反面教師」だと言ってた記憶があります。人間も間違った方向に進化してしまったら、いつの日か母なる地球を滅ぼしてしまう可能性があるかもしれません。でも、正しい心を持っていればきっと未来は明るいと信じたいです。そんな正しい心を持つタイニーバルタンともいつか会って友達になってみたいです。次回から2週連続で「ガイア」の総集編!!大地の巨人と海の巨人、同じ地球から力を授かったウルトラマン同士でありながら考え方の違いで対立してしまうガイアとアグル・・・、その戦いの行方を見守りたいです。
極悪地球人 2013/04/17 23:30 id:-
前編の巨大化から切られた腕再生、バラバラになっても再生・・・・どころか無数に分身等等超が付くほどの特殊能力を見せてくれたダークバルタン。この凄さに魅了された方も多かったのでは??(私はそうですが・・・)全後編併せてとてもいい話でしたが、最後のあの銅鐸にもうちょっと説明が欲しかったかも・・・・急に出てきた感じがしてちょっと「ん?」と思ってしまいました・・・・・。
後、これ見ていつも思うのですが勉少年にカイト=マックスと言うのがバレてるんじゃあ・・・・なんて思っちゃうのは野暮ですかね??

しかし「お茶の子さいさい」って・・・・・・(笑)「お茶の子」ってたしか北関東辺りの方言だったはず・・・・。
2013/04/21 12:52 id:-
個人的にはなんとなく昔のウルトラマンのノリを感じた話だっと思います。銅鐸のくだりとか。
メタモルフォーザーは私がウルトラシリーズでもっとも望んでいた道具です。ジャミ(ry
ダークバルタンの分身も凄いですが、ギャラクシーカノンを反射したのもさりげなくヤバイですね。
コメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

トラックバック
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ