大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

ULTRA-ACT エースキラー

ULTRA-ACT(ウルトラアクト)の最新作が発売されています。
今月発売したのは、こちらのキャラクターとなっています。

ウルトラアクト エースキラー
異次元超人 エースキラー
異次元人ヤプールが、ウルトラマンエースを抹殺する為に作り出したロボット超人です。
ゴルゴダ星にウルトラ兄弟を誘き出したヤプールは4兄弟を十字架に磔にする事に成功し、
エースキラーにゾフィーのM87光線、ウルトラマンのスペシウム光線、ウルトラセブンのエメリウム光線、
ウルトラマンジャックのウルトラブレスレットの力を与えてエースキラーの能力を強化。
テストと称してエースを模したロボット超人であるエースロボットをエースキラーに立ち向かわせ、
必殺技のメタリウム光線を弾き返したエースキラーは4兄弟の必殺技を次々とエースロボットに発射。
エースロボットは爆発四散してしまい、後に駆け付けた本物のエースもロボット同様に大苦戦します。
しかし磔にされた4兄弟は残るエネルギーをウルトラマンエースに集め、
そのエネルギーを受けてエースは「スペースQ」をエースキラーに発射。
強力なエネルギー球の力には耐えられず、エースキラーは大爆発してしまうのでした。

悪の超人、エースキラーがアクションフィギュアとなりました!
デザインそのものはかなりかっこよく、現行ソフビ人形も型が古い為、待ちに待った商品化でしたね~
造型もウルトラアクトらしく、等身が高めでスマートなアレンジになっております。

ウルトラアクト エースキラー0
出来うんぬんというか、何よりエースキラーはかっこいい!
悪っぽいポーズがとことん映える仕様になっております。
手首の表情バリエーションも、思っていたより豊富で満足でした。

ウルトラアクト エースキラー1
顔のドアップ。
造形に関しては申し分無く、塗装も綺麗な仕上がりとなっていました。
瞳とタイマー部分はメタリックグリーンで塗装されています。

ウルトラアクト エースキラー2
全身に鎧パーツがある割には、可動範囲そのものは広めになっているのが好印象。
肩パーツも可動しますし、腰周りの鎧部分は軟質パーツ仕様で、可動の妨げにならない様に工夫されていました。
足首は少し特殊な構造になっていますが、動かし方を考えれば接地面もちゃんと確保出来ます。
ガシガシ動かせば、メビウスキラーっぽいポーズも勿論可能。

ウルトラアクト エースキラー3
付属エフェクトパーツその1、ウルトラマンから奪った「スペシウム光線」です。
右手首を差し替える事によって再現出来ますが、劇中の様に武器を持った状態では再現出来ない仕様でした。
まぁエフェクトパーツと武器の両方を腕に取り付けたら、重みで手首が大変な事になっちゃうんでしょうけど。

ウルトラアクト エースキラー4
付属エフェクトパーツその2、ウルトラセブンから奪った「エメリウム光線」です。
劇中と同じくカラフルな色合いになっており、取り付け方はエースキラーの額に引っ掛けるだけ。
残念ながら、続く「ウルトラブレスレット」は今回のエースキラーには付いておりません。
いずれエフェクトパーツセットなんかと一緒に補完して欲しいなぁ~

ウルトラアクト エースキラー5
付属エフェクトパーツその3、ゾフィーから奪った「M87光線」です。
劇中では光線というよりは光球に近いイメージでしたが、再現が難しかったのか今回は光線型に。
こちらも手首を丸ごと取り替えての再現となっています。

ウルトラアクト エースキラー6
付属エフェクトパーツその4、ウルトラマンエースの必殺技「スペースQ」です。
発売済みのウルトラマンエースに取り付けて遊ぶのが正解ですが、
先日の地震のせいでフィギュアを飾っている棚の内部が凄い状態になってしまい、
一時避難という事でウルトラ兄弟達のアクトは押入れにしまっているので撮影出来ませんでした・・・
という事で違和感バリバリのエースキラーが代役にw
カラフルな色合いがとても綺麗でした。

以上がエースキラーの簡単なレビューになっております。
久しぶりの悪役の商品化という事で、付属パーツなどもボリュームたっぷりの仕上がりでした。
来月の新作はウルトラの父という事で、ウルトラファミリーも着々と揃いつつありますね~
そう言えばこれのリデコでウルトラマンメビウスの「メビウスキラー」を出してくれという声がありますが、
よく見ると細部はエースキラーと全く違うデザインになっているので、
出るとしても流用箇所はほとんど無いでしょうね。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(8)トラックバック:(0)|17:45
トラックバックURL - http://ultramanasina.blog102.fc2.com/tb.php/1459-7b53f531
コメント
てゃん 2013/04/22 18:22 id:WawdmsrU
豊富な付属品、カッコいいアレンジと、かなり良い出来ですね。
私もレビュー記事書きましたが、その記事にはこれまでで最多の14コメが付きました!まさにエースキラー様様な結果になったわけです(笑)
まあ、ブレスレットが付かないのは残念ですけどね。
そこらへんは今度出るやもしれぬゴルゴダセット(仮)に期待しましょうか(笑)
ギーコン 2013/04/22 18:49 id:-
エースキラーのスペースQはワロタですwww
さすがにこれを出されては、Aもばく・・・いやいやw

メビウスキラーは確かに同じですね。微妙に変化がありますが
カブトザキラーも見たくなりますw
heart 2013/04/22 20:27 id:-
怪獣大百科の一報知りました。
今まで本当にお疲れ様でした。これからも応援していますので、いつまでも、怪獣博士のままでいてくださいね。
2013/04/23 15:30 id:-
なかなかかっこいいですね。こうした悪役も今後ラインナップが増えていくんでしょうか。
極悪地球人 2013/04/23 22:47 id:-
・・・・いかん、最後の写真がツボにはまった・・・!!
エースキラー発売してましたか。 ロンドン 2013/04/24 00:49 id:68VsimDA
この記事からコメントさせていただきます。エースキラー出てたんですか。見れば見る程カッコいいですなあ。画像を見る程惚れ惚れとします。しかし最後の画像は…極悪地球人様と同じくツボはまりますな…。もしもヤプールがエースキラー2代目なんてのを作る際、威力等を完全に再現する事は不可能でも、「スペースQ」を真似た技を使える様にした可能性もあった事でしょう(多分)。ACTの敵キャラは今の所このエースキラーで止まるみたいですけれど、タロウが出る事でACTのウルトラ兄弟は一応集結する事になりますから、次の敵キャラが出る場合、個人的に好きなタイラントがいいですねえ。最も、ACTの次回作が父である事を考えると、モチロンの商品化も考えられなくもないのですが…。
ウルトラマンベルゼブブ 2013/04/24 12:22 id:-
カッコいいですねエースキラー(≧∇≦)

何気にヒューマノイド系の敵キャラアクトも久々な気が…
こういったタイプはやはり栄えますね~

そして最後の写真はw
蓮沼 2013/05/12 22:13 id:8iCOsRG2
エースキラー、やっぱカッコイイですね。
そして最後のスペースQwww
エースキラーが再生・強化されたら使えるかもしれませんね。ゲームだとタロウのストリウム光線も使えた事ですし。いつかエースvsエースキラー。
因縁の決闘をまた見てみたいですね。その時は、自我に目覚めてヤプールの指令・支配を無視して、決着! なんて事になってほしいですね。
コメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

トラックバック
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ