大怪獣バトル!ウルトラブログ

データカードダス「大怪獣ラッシュ」の事や、ウルトラマンシリーズのファンの方々が楽しんでいただけるようなブログを目指したいと思っています。ソフビ人形情報もちらほら?
←ニコニコ動画の自コミュ。怪獣や特撮系の話題が中心の生放送も不定期に行っています。 twitter→  http://twitter.com/soundwave0628

話題のロボット&怪獣映画「パシフィック・リム」を観てきた!

パシフィック・リム ポスター
本日より全国劇場にて公開になった映画「パシフィック・リム」を観てきました。
あまりネタバレ的な事には突っ込まずに、軽い感想を書いて行きたいと思います。

本作は「ギレルモ・デル・トロ」監督が手掛けた作品であり、
彼は幼い頃から日本のアニメや特撮文化に触れて成長して来た生粋のオタク監督としても有名ですねw
特撮では特にゴジラ、ガメラ、ウルトラマンを好んでおり、
現在来日しているデル・トロ監督は日本で様々な怪獣のソフビやフィギュアを買い漁っている様子が、
TVなどでも放送されていましたね~
(そしてバルタン星人とも対面した事が、円谷プロの公式HPにも掲載されていました)
そんな彼が遂にハリウッドの超大作怪獣映画を手掛ける事になり、
出来上がった作品がこの「パシフィック・リム」であるという訳です。

内容としては巨大ロボットと肉体をリンクさせた人間達が、巨大怪獣と戦うという大変シンプルなもの。
ロボットは「イェーガー」と呼ばれており、各国で特性の違う専用機が次々と製作されています。
対する怪獣は「KAIJU(かいじゅう)」と実際に呼ばれている存在で、
モンスターでもクリーチャーでもありませんw
このKAIJU達が海底に開いた別次元の穴から次々と出現し、各国に大打撃を与えているのですが、
人類はイェーガーを使ってそれに対抗しているという世界観。
この辺りは冒頭で一気に説明されており、実際に本編が始まった時間軸だとイェーガーもKAIJUも、
既に一般的な存在として世間に認知されているという設定になっていました。
(なのでこの世界では、KAIJU達のソフビ人形が実際に売られていたりするのです!)

主人公はイェーガーのパイロットであるアメリカ人の「チャーリー・ハナム(演:ローリー・ベケット)」、
ヒロインであり重要な役割を担う日本人の「森マコ(演:菊池凜子)」、
司令官であるイギリス人の「スタッカー・ペントコスト(演:イドリス・エルバ)」の3人。
彼らの他にも多数の魅力的なキャラクター達が、常に画面を賑わせてくれましたね~
(個人的には怪しさ満点の怪獣ブローカー、ハンニバル・チャウ(演:ロン・パールマン)が一推しw)
ドラマはそこまで濃密ではありませんが、王道であり丁寧に各キャラクターの心情を描写していたと思います。
何よりドロドロした展開も暗くなる展開もほとんど無いので、とてもスッキリした内容なのが嬉しい!
吹き替え陣もロボットアニメの主演を務めた方々がメインであり、演技力についても申し分ありませんでした。
ゲストのケンドー・コバヤシさんも、ハンニバル役に結構ピッタリだったのでビックリ。

特撮の方はCGが主体でしたが、イェーガーとKAIJU達の重量感が出ていてとにかく大迫力!
しかも映画の半分ほどがアクションシーンに使用されているので、もうテンションが上がりっぱなしですw
それでも中だるみするシーンがほとんど無く、ほぼ全編が見せ場であるというのは本当に凄い事・・・
KAIJUが暴れてビルが倒壊し、車が押し潰され、橋が落ち、波しぶきが辺りに飛び散り、
そしてイェーガーとの格闘戦も一切手抜きが無く丁寧に各部パーツの壊れ方まで描写がされているという、
もう特撮やロボット好きからしたらたまらないシーンがこれでもかと詰め込まれていました。
少しだけですが日本も登場し、都市部がKAIJUに蹂躙されるシーンも存在します。
そのシーンが物語の中で非常に重要なものになっているので詳しい紹介は省きますが、
監督の日本大好き精神がこれでもかと画面から伝わりましたよ。
エセ日本ではなく、日本の都市部をちゃんと描写してくれたデル・トロ監督には感謝!

KAIJUもイェーガーもたくさん登場しますが、個人的に気に入ったのはKAIJU側が「ナイフヘッド」、
イェーガー側が「ストライカー・エウレカ」でした。
ナイフヘッドは文字通り顔がナイフ状になったKAIJUであり、
ミツクリザメがモチーフだからか顔付きはギロン&ジグラといった感じになっています。
ナイフヘッドは印象的なシーンに登場しますし、海からの出現シーンや頭部を使った突き刺しアクションなど、
非常に個性的なキャラクターだったので見事にツボに入りましたw
それにデル・トロ監督の指示により、
KAIJUは皆「中に人が入れるデザイン」にわざわざ仕上げてあるという拘りっぷりも凄い所です。
対するストライカー・エウレカはオーストラリアが開発した最新型にして最強のイェーガーであり、
強さもそうですが何よりデザインがかっこいいのなんの。
扱いも準主人公機でしたし、フィギュア化したら是非手に入れたいですね~

語りだしたら色々と止まらなくなる映画なのでこの辺りにしておきますが、
この夏公開の映画の中では間違いなく一番のお勧め作品です。
怪獣、特撮、ロボット、SF映画ファンの皆さんは、是非お盆休みを利用してこの映画を観て貰いたい!
ある種の「特撮映画の到達点」がそこに待っていますので・・・
(ちなみにグロいシーンやラブシーンも無いので、親子連れの方でも十分に視聴出来る作品です)




にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ

にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Permalinkコメント:(5)トラックバック:(0)|17:19
トラックバックURL - http://ultramanasina.blog102.fc2.com/tb.php/1561-f47915bb
コメント
てゃん 2013/08/09 17:48 id:smS5iWZk
うおおもう見てきましたか!
うらやましいのううらやましいのうww
私は水曜日ごろに友達と見に行きます!
GPD 2013/08/09 18:30 id:-
しかし日本の怪獣映画の方がレベル高いと思います。
坂田 2013/08/09 18:40 id:-
ものすごく面白かった!
日本もうかうかしていられないね。
スタスク 2013/08/09 18:47 id:-
さっそく見てきました。
最高の映画でしたね、特撮オタの夢が実現したような映画でした。

こんなすごいのを見ちゃうと、今後公開される新ハリウッド版ゴジラが大丈夫なのか?と心配しちゃうくらいでした。
ロンドン 2013/08/10 09:27 id:68VsimDA
 もう見たのですか。この夏絶対見たい映画なので自分も時間を見つけてから、見に行きたいと思います。
 余談ですが この映画の宣伝を最初に見た時、もう新ハリウッド版ゴジラが始まったのかと勘違いしてしまいました(笑)
コメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

トラックバック
プロフィール

まなしな

Author:まなしな
ただの怪獣マニアです。
ソフビ人形やレンタルビデオをきっかけにこの道へ堕ちました。
ウルトラシリーズ以外でも、
「怪獣」と名の付くものは何でも好きだったりします。

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ